Cisco IOS マルチプロトコル ラベル スイッチング コ ンフィギュレーション ガイド リリース15.1
MPLS DiffServ トンネリング モード
MPLS DiffServ トンネリング モード
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

MPLS DiffServ トンネリング モード

機能情報の確認

この章の構成

MPLS DiffServ トンネリング モードの前提条件

MPLS DiffServ トンネリング モードの制約事項

MPLS DiffServ トンネリング モードの概要

QoS および MPLS トンネリングでの QoS の使用

QoS とは

MPLS QoS によってサポートされるサービス

IP パケットへの QoS の提供

MPLS パケットへの QoS の提供

QoS の標準化としての DiffServ

MPLS DiffServ のトンネリング モード

MPLS PHB レイヤ管理

トンネリング モードの動作

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード

ショート パイプ モード

均一モード

MPLS DiffServ トンネリング モードの設定方法

適切なトンネリング モードの決定

MPLS EXP フィールドの設定

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定

入力 CE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

入力 CE ルータ:PE 方向インターフェイス

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

P ルータ:P 方向インターフェイス

出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

ショート パイプ モードの設定

入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

P ルータ:P 方向インターフェイス

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

均一モードの設定

入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

P ルータ:アップストリーム P 方向インターフェイス

P ルータ:ダウンストリーム P 方向インターフェイス

出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

MPLS DiffServ トンネリング モード サポートの確認

トラブルシューティングのヒント

MPLS DiffServ トンネリング モードの設定例

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定例

ショート パイプ モードの設定例

均一モードの設定例

その他の関連資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

MPLS DiffServ トンネリング モードの機能情報

用語集

MPLS DiffServ トンネリング モード

MPLS DiffServ トンネリング モードを使用すると、サービス プロバイダーは、ルータが MPLS ネットワーク内の Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)ラベルに提供する Quality of Service(QoS; サービス品質)を管理できます。MPLS DiffServ トンネリング モードは、均一モード、ショート パイプ モード、およびパイプ モード用の IETF ドラフト標準に準拠しています。また、シスコが定義した、カスタマー エッジ、プロバイダー エッジ、およびコア ルータでのこれらのモード用のスケーラブルな Command Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)管理の拡張も含まれています。

次の機能は、MPLS DiffServ トンネリング モードでサポートされています。

MPLS Per-Hop Behavior(PHB)レイヤ管理。

管理対象の Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)ルータでの制御によって、MPLS レイヤ管理のスケーラビリティが向上しました。

MPLS は、パケットの QoS を「トンネル」できます(つまり、QoS はエッジからエッジまで透過的です)。

MPLS Experimental(MPLS EXP)フィールドでは、IP Precedence または Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)フィールドでマークされている PHB とは異なるマーク、または関係ないマークを付けることができます。

IP ヘッダー内の DiffServ マーキングと、MPLS ヘッダー内の DiffServ マーキングとの間の動作および相互作用には、3 つの MPLS QoS トンネリング モード(明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード、ショート パイプ モード、および均一モード)があります。明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード、およびショート パイプ モードでは、MPLS ネットワークで、パケットの DiffServ マーキングが透過的にトンネルされるようにできます。

MPLS DiffServ トンネリング モードには、次の利点があります。

トンネリング モードによって、ラベル インポジション、フォワーディング、およびラベル ディスポジション時に MPLS EXP フィールドに独創的な操作が行われ、追加の QoS 機能が提供されます。

トンネリング モードは、サービス プロバイダーのさまざまなカスタマーに対して、共通の PHB セットを提供します。

パイプ モードは、透過性およびカスタマイズされたエッジ サービスを提供します。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードでは、カスタマー パケットごとのメータリングを実行し、サービス プロバイダーのカスタマー ネットワークの近くにマーキングすることで、管理のスケーラビリティが向上します。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードは、カスタマーのパケットがサービス プロバイダーのネットワークで再マーキングされないようにすることで、QoS 透過性を提供します。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードでは、明示的 NULL LSP によって、入力 CE から PE へのリンク上でサービス プロバイダーの PHB が適用されます。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードでは、サービス プロバイダーの PHB は、出力 PE から CE へのリンク上で適用されます。

ショート パイプ モードは、透過性、標準エッジ サービス、およびスケーラビリティを提供します。

ショート パイプ モードは、PE ルータ上での PHB 管理を提供します。カスタマーの一連の PHB は、出力 PE から CE へのリンク上および入力 CE から PE へのリンク上の両方で適用されます。

カスタマーは、マーキングがまったくないか、またはほとんどない場合は、均一モードを使用する傾向があります。カスタマーは、パケットのマーキングおよびそれらのマーキングの維持を Internet Service Provider(ISP; インターネット サービス プロバイダー)に任せます。

均一モードでは、QoS マーキングへのすべての変更が、各レベル(つまり、IGP、BGP、および IP)で反映されます。

均一モードでは、QoS マーキングが MPLS ネットワークで変更されると、IP パケットでも変更されます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、この章に記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「MPLS DiffServ トンネリング モードの機能情報」を参照してください。

プラットフォーム サポートと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージ サポートに関する情報を入手するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

MPLS DiffServ トンネリング モードの前提条件

MPLS を実行するようにネットワークをセットアップします。

IP Cisco Express Forwarding(CEF; シスコ エクスプレス フォワーディング)をイネーブルにします。

Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)を定義します。

各カスタマーのホップ単位の動作を把握します。

カスタマーが何を要求しているか。

カスタマーがトラフィックにマーキングするかどうか。

カスタマーのトラフィックが音声であるかデータであるかを特定します。

設定する必要があるトポロジおよびインターフェイスを決定します。

IP パケットと MPLS パケットの転送方法を理解します。

MPLS DiffServ トンネリング モードの制約事項

単一の Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)では、MPLS EXP フィールドが 3 ビット フィールドであるため、最大 8 つのトラフィック クラス(つまり 8 つの PHB)をサポートできます。

MPLS DiffServ トンネリング モードでは、L-LSP はサポートされません。E-LSP だけがサポートされています。

MPLS DiffServ トンネリング モードの概要

MPLS DiffServ トンネリング モードを設定するには、次の概念を理解しておく必要があります。

「QoS および MPLS トンネリングでの QoS の使用」

「MPLS DiffServ のトンネリング モード」

「MPLS PHB レイヤ管理」

「トンネリング モードの動作」

QoS および MPLS トンネリングでの QoS の使用

この項は次のサブ項目から構成されます。

「QoS とは」

「MPLS QoS によってサポートされるサービス」

「IP パケットへの QoS の提供」

「MPLS パケットへの QoS の提供」

「QoS の標準化としての DiffServ」

QoS とは

重要なアプリケーションは、ネットワーク トラフィック負荷の変動に左右されずに、必要なネットワーク リソースを保証される必要があります。QoS は、次の内容を管理する一連の技術です。

ネットワーク帯域幅:重要でないトラフィックが、重要なアプリケーションが必要としている帯域幅を使用することを阻止します。輻輳の主な原因は、帯域幅の不足です。

ネットワーク遅延(遅延とも呼ばれます):パケットを送信元から宛先までパスを介して移動するために必要な時間です。

ジッタ:パケット内遅延の分散です。つまり、パケット内での到着と出発の差です。ジッタによって、データ損失が発生する場合があります。

パケット損失:ドロップするパケットです。

MPLS VPN サービスおよび Traffic Engineering(TE; トラフィック エンジニアリング)サービスを提供するサービス プロバイダーは、異なるタイプのネットワーク トラフィック用にさまざまなレベルの QoS を提供できます。たとえば、Voice over IP(VoIP)トラフィックには、最小限の遅延が保証されたうえでサービスが提供され、一方、e- コマース トラフィックには、最小限の帯域幅が保証されます(遅延保証ではありません)。

QoS の詳細については、『 Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide , Release 12.2』および『 Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference , Release 12.2』を参照してください。

MPLS QoS によってサポートされるサービス

MPLS QoS によって、次のサービスがサポートされます。

Class-Based Weighted Fair Queuing(CBWFQ; クラスベース均等化キューイング):リアル タイム トラフィックで使用可能な完全プライオリティ キューは使用しないで、定義済みのクラスに基づくキューイングを提供します。均等化キューイングを使用すると、一致基準に基づいてトラフィック クラスを定義できます。クラスを定義したあとに、そのクラスに特性を割り当てることができます。たとえば、輻輳時には最小限の帯域幅をクラスに提供するように指定できます。

Low Latency Queuing(LLQ; 低遅延キューイング):完全プライオリティ キューイングを提供します。これにより、音声などの遅延に影響されやすいデータが最初に処理および送信され、そのあと、他のキュー内のパケットが処理されます。これにより、他のトラフィックを経由する、遅延に影響されやすいデータを優先的に処理できます。

Weighed Fair Queuing(WFQ; 重み付け均等化キューイング):キューイング アルゴリズムを使用して、すべてのネットワーク トラフィックに対して帯域幅を公平に割り当てる自動スケジューリング システムです。重み付け均等化キューイングは、各キューに適用される相対的な帯域幅に基づきます。

Weighted Random Early Detection(WRED; 重み付けランダム早期検出):RED は、エンド ホストがパケットの送信を一時的に停止する必要がある場合に、そのことをエンド ホストに示すことで、平均キュー サイズを制御する輻輳回避メカニズムです。輻輳が検出された場合、当該キューが完全にオーバーフローする前に、わずかな割合のパケットがドロップされます。

WRED の重み付け機能によって、輻輳中、優先度の高いトラフィックは、他のトラフィックよりも損失レートが低くなります。WRED は、特定のマーキングを持つパケットを破棄するように設定できます。パケットは、ルータに入ると、破棄クラスと呼ばれる内部変数を割り当てられます。必要に応じて、入力インターフェイスで破棄クラスを設定できます。出力インターフェイスでは、MPLS EXP フィールドではなく、WRED 用の破棄クラスを使用するように、ルータを設定できます。

MPLS トンネリングで使用されるサービス レベル契約

サービス プロバイダーは、カスタマーごとに SLA を締結しています。カスタマーごとに異なる SLA を締結できます。たとえば、カスタマー C1 の SLA では、256 キロビットの帯域幅を TCP パケット(FTP パケットや Telnet パケットなど)に許可し、1 秒ごとに 1 MB の音声トラフィックを許可します。カスタマーが 1 秒ごとに 1 MB の音声トラフィックを送信する場合、サービス プロバイダーは、そのトラフィックをカスタマー ネットワークのもう一方の側に配信します。カスタマーがこれよりも多く送信すると、過剰なトラフィックはレート外のトラフィックと見なされ、場合によっては破棄されます。

サービス プロバイダーは、輻輳が発生すると、これらのパケットを処理する方法を決定します。たとえば、サービス プロバイダーは、パケットをドロップするか、または少ない帯域幅をパケットに提供します。PHB では、パケットをドロップするか、またはリンク帯域幅の 20% をパケットに提供する場合があります。

サービス プロバイダーが提供するパケット用の PHB は、カスタマーがカスタマーのネットワークでトラフィックに必要とする PHB とは異なる場合があります。カスタマーは、カスタマーのネットワーク内の各ルータの出力インターフェイスで QoS を提供する場合があります。ただし、カスタマーは、サービス プロバイダーが提供するのとは異なる量の帯域幅をこれらのリンクで提供する場合があります。たとえば、カスタマーが、音声用に 50% のリンク帯域幅を使用するとします。一方、サービス プロバイダーでは、音声用に 10% のリンク帯域幅だけを使用する場合があります。

IP パケットへの QoS の提供

IP パケットでは、ルータが提供する必要がある QoS は、従来、IP Precedence フィールドに指定されていました。IP Precedence は、IP パケットのヘッダー内の Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)バイトの最初の 3 ビットです。IP パケット内の IP Precedence および Differentiated Services Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)によって、クラスが定義されます。これらは、クラス内の廃棄プロファイルを指定する場合もあります。DSCP は、DiffServ に関する IETF 標準で指定されています。これは、QoS 用の新しい IETF 標準です。

引き続き IP Precedence フィールドを使用しているユーザもいますが、その他のユーザは、DSCP を使用して、IP パケットに提供される PHB を示します。

ラベル インポジション後に、設定可能なマッピング機能によって、IP Precedence または IP DSCP マーキングに基づいて、等価な PHB が 3 ビットの MPLS EXP フィールド値にマークされます。

MPLS パケットへの QoS の提供

MPLS パケットでは、PHB は、MPLS ラベル エントリ内の MPLS EXP フィールドにマークされます。

EXP ビットは、機能において、IP ネットワークの IP Precedence および DSCP に似ています。EXP ビットでは、一般的に、IP Precedence または DSCP で符号化されたすべての情報を伝送します。

MPLS ヘッダーをインポーズするエッジ LSR は、MPLS EXP フィールドを値に設定します。

QoS の標準化としての DiffServ

DiffServ は、IP ネットワークの QoS アーキテクチャです。DiffServ 対応ネットワーク内のパケットは、QoS の要件に基づいて、premium、gold、silver、bronze などのクラスに分類されます。たとえば、VoIP パケットは、premium クラスにグループ化され、e- コマース HTTP パケットは gold クラスにグループ化されます。

各クラスには、そのクラスに関連付けられたマーキングがあります。これにより、パケットの分類が非常にスケーラブルになり、ネットワークでの適切な帯域幅および遅延が保証されます。パケットがネットワークに入ると、これらのパケットは、ネットワーク境界ルータでの分類ポリシーに基づいてマークされます。また、境界ルータでは、ネットワークに入るトラフィック量を制御するために、トラフィック コンディショニング機能も適用します。トラフィック コンディショニングでは、次の処理を行います。

シェーピング:ネットワークへのパケットの送信レートの平滑化

ポリシング:サブスクライブ上限レートを超過したパケットをドロップするか、またはサブスクライブ レートを超過したパケットに再マーキングするため、輻輳が発生すると、パケットがドロップされる可能性が高くなります。

ネットワーク内の各ルータは、次に、パケットが伝送するマーキングに基づいて、異なるキューイングおよびドロップ ポリシーを各パケットに適用します。

DiffServ の詳細については、『 Cisco IOS Switching Services Configuration Guide , Release 2.2』を参照してください。

MPLS DiffServ のトンネリング モード

トンネリングは、あるネットワーク エッジから別のネットワーク エッジまでの QoS 透過性を提供します。トンネルは、ラベル インポジションが存在する箇所から開始されます。トンネルは、ラベル ディスポジションが存在する箇所で終了します。つまり、ラベルがスタックからポップされ、パケットが、下の異なる PHB レイヤを使用する MPLS パケットとして、または IP PHB レイヤを使用する IP パケットとして送信される箇所です。

ネットワークを介してパケットを転送する方法は 3 通りあります。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード

ショート パイプ モード

均一モード

パイプ モードおよびショート パイプ モードは、QoS 透過性を提供します。QoS 透過性では、IP パケット内のカスタマーの IP マーキングが保持されます。


) パイプ モードとショート パイプ モードでは、サービス プロバイダーの出力エッジ ルータでどの PHB が使用されるかだけが異なります。明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードでは、QoS は、サービス プロバイダーの PHB マーキングに基づいて、PE から CE へのリンクで行われます。出力 LSR では、中間 LSR によって使用されたマーキングが引き続き使用されます。


3 つのすべてのトンネリング モードは、ラベルがプッシュ(パケットへの追加)およびポップ(パケットからの削除)される、エッジ ルータおよび最後から 2 番めの Label Switching Router(LSR; ラベル スイッチング ルータ)の動作に影響を及ぼします。これらのモードは、中間ルータでのラベル スワッピングには影響しません。サービス プロバイダーは、カスタマーごとに異なるタイプのトンネリング モードを選択できます。

次に、各トンネリング モードを簡単に説明します。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード:QoS は、1 つ以上のラベル エントリがポップされた場合でも、受信した MPLS EXP フィールドに基づいて、PE ルータの出力インターフェイスで行われます。IP Precedence フィールド、EXP ビット、および DSCP フィールドは、MPLS ネットワークの入力から出力への移動時に変更されません。

MPLS ネットワーク内のパケット マーキングに対するあらゆる変更は、永続的なものではなく、パケットが MPLS ネットワークを出るときに伝播されません。出力 LSR では、中間 Provider(P; プロバイダー)コア ルータによって使用されたマーキングが引き続き使用されます。ただし、出力 Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータは、元のパケットにインポーズされたラベルを削除する必要があります。ラベルで伝送されるマーキングを維持するために、エッジ PE ルータは、マーキングの内部コピーを保管してから、ラベルを削除します。この内部コピーは、ラベルが削除されたあとに、(CE 方向の)アウトバウンド インターフェイス上のパケットを分類するために使用されます。

詳細な説明については、「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード」を参照してください。

設定手順については、「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定」を参照してください。

例については、「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定例」を参照してください。

ショート パイプ モード:ショート パイプ モードでは、出力 PE ルータは、中間 P ルータが使用したマーキングではなく、元のパケット マーキングを使用します。

詳細な説明については、「ショート パイプ モード」を参照してください。

設定手順については、「ショート パイプ モードの設定」を参照してください。

例については、「ショート パイプ モードの設定例」を参照してください。

均一モード:均一モードでは、コア内のサービス プロバイダーの QoS マーキングを反映するように、IP パケット内のマーキングを操作できます。

詳細な説明については、「均一モード」を参照してください。

設定手順については、「均一モードの設定」を参照してください。

例については、「均一モードの設定例」を参照してください。

MPLS PHB レイヤ管理

ルータのネットワーク全体で、MPLS EXP フィールドには、DSCP フィールドの IP Precedence にマークされた PHB とは異なるマーク、または無関係のマークを付けることができます。サービス プロバイダーは、既存の分類基準(IP PHB マーキングを含む、または含まない)から選択して、パケットを異なる PHB に分類できます。この PHB は、ラベル インポジション時に MPLS EXP フィールドでだけマークされます。

レイヤ管理は、PHB マーキングの追加レイヤをパケットに適用する機能です。PHB は、ルータでのパケットの動作です(つまり、パケットに適用される、固有の破棄およびスケジューリング動作です)。レイヤ管理は、サービス プロバイダーの管理対象 CE ルータ、またはサービス プロバイダーのエッジ ルータ(PE ルータ)で発生します。

パケットが IP パケットとしてネットワークに到達した場合、そのパケットは、ToS バイトのマーキングで表される PHB レイヤをすでに持っている場合があります。このマーキングは、IP Precedence ビットまたは DSCP です。

パケットが MPLS パケットとして到達した場合、そのパケットには、次の 2 つの PHB レイヤがすでにあります。

IP レイヤ

MPLS レイヤ。このレイヤでは、マーキングが、最上位ラベル エントリの MPLS EXP フィールドにあります。

指定されたホップで、1 つの PHB レイヤをパケットに追加できます。1 つのラベルだけがパケットにプッシュされる場合、追加される PHB レイヤのマーキングは、1 つのラベルにだけ含められます。

2 つ以上のラベルがパケットにプッシュされる場合、追加される PHB レイヤは、そのときにプッシュされるすべてのラベル エントリ内の同じ MPLS EXP フィールドでマークされます。

トンネリング モードの動作


) Cisco IOS では、柔軟な設定が可能です。MPLS EXP フィールドの PHB 定義は、IP Precedence および DSCP の PHB 定義とは異なる内容にできます。


サービス プロバイダーが、カスタマーのパケットの PHB マーキングに留意する必要があるかどうかは、状況によって異なります。たとえば、カスタマー C1 のネットワークでは、IP Precedence 値の 5 が、音声を示します。カスタマー C2 のネットワークでは、IP Precedence 値の 3 が、音声を示します。サービス プロバイダーにとって、音声に対して 2 つの異なる IP Precedence 値を使用することは望ましくありません。サービス プロバイダーのカスタマーの数が多い場合、音声に関して「数多くの」値が存在する可能性があります。使用できる EXP 値は 8 つだけです。

同じ PHB(ここでは音声用)を複数の異なる IP Precedence 値で表している場合、これらの値を処理するために、サービス プロバイダーは次のことを実行する必要があります。

1. PHB を表す 1 つの共通 MPLS EXP フィールド値を任意に選択する。たとえば、2 で音声を表すことができます。

2. 各カスタマーのパケットを確認する。サービス プロバイダーは、IP Precedence フィールド値、またはすべてのネットワークで常に同じである音声用 UDP ポート番号を確認できます。

3. すべてのカスタマーに関して、各音声パケットを、サービス プロバイダーのすべてのカスタマー ポートで MPLS EXP フィールド値 2 に設定する。この結果、サービス プロバイダーのネットワーク内の各ルータは、音声に関しては、MPLS EXP フィールド値 2 だけを探せばいいことになります。

別のソリューションでは、DSCP 値を 2 に設定しますが、これにより、カスタマーの PHB が変更されます。MPLS DiffServ トンネリング モードでは、DSCP 値を変更することなく、同じ結果を実現できます。

この項では、次の内容を図示および説明します。

「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード」

「ショート パイプ モード」

「均一モード」

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モード

ここでは、次の内容について説明します。

「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの概要」

「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの動作の手順」

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの概要

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードには、次の特性があります。

QoS トンネルは、入力 CE ルータから PE ルータを経由して出力 CE ルータまでとなります。

CE ルータから PE ルータへの明示的 NULL LSP が存在します。ラベル エントリには MPLS EXP フィールドが含まれていますが、ラベル エントリによってラベル値が転送目的で伝送されることはありません。ラベル エントリには、入力 PE ルータに送信されるすべてのパケット用のゼロ(ヌル ラベル値)が含まれています。

出力 PE ルータによって、ラベル エントリが削除され、パケットが IP として転送されますが、QoS は、出力 PE ルータが受信した MPLS EXP フィールドに基づいて、出力インターフェイスで実行されます。

サービス プロバイダーは、サービス プロバイダー ネットワーク内の IP Precedence 値を上書きしません。

図 1 に、明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの概要を示します。

図 1 明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの概要

 


) PE1 および PE2 は、MPLS ネットワークと IP ネットワークの境界にあります。


図 1 に、次の内容を示します。

1. IP パケットは、DSCP 値 1 が設定され、C1、CE1 に到着します。

2. C2、CE1 は、ヌル ラベルのラベル インポジション時に、MPLS EXP フィールド値を 5 に設定します。

3. パケットは、MPLS EXP フィールド値が 5 に設定されて、サービス プロバイダーのネットワークを通過します。

4. サービス プロバイダーのネットワーク内の各ルータは、MPLS EXP フィールドを確認し、その値に基づいて QoS を実行します。

5. C1 ネットワークに戻る出力 PE ルータにパケットが到達すると、そのパケットが IP パケットとして送信される場合でも、PE ルータはパケットの MPLS EXP に基づいて QoS を実行します。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの動作の手順

図 2 に、MPLS VPN がイネーブルな場合の、カスタマー 1 の明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの動作を示します。VPN がイネーブルであるため、2 つの MPLS ラベル エントリがあります。それ以外の場合は、1 つのエントリだけがあります。この機能は、カスタマー 2 の場合と似ていますが、DSCP 値は 3 になります。

図 2 MPLS VPN がイネーブルになっている場合の、明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの動作

 

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードは、次のように機能します。この図の下の丸で囲まれた番号は、対応する手順番号を示します。

1. IP パケットが、管理対象 CE ルータであるルータ CE1 に、DSCP 値 1 が設定されて到達します。

2. 明示的ヌル ラベル エントリは、EXP 値 5 が含まれるパケットにインポーズされます。

3. このパケットは、明示的 NULL LSP で PE1 に送信されます。

4. PE1 ルータは、MPLS EXP フィールドの値を保存し、明示的ヌル エントリを削除します。次に、PE1 ルータは、新しいラベルを IP パケットにインポーズします。各ラベル エントリは、保存された MPLS EXP フィールド 5 に設定されます。

5. パケットは、P1 に送信されます。

6. P1 では、受信した EXP 値が、交換されたラベル エントリにコピーされます。

7. パケットは、P2 に送信されます。

8. P2 では、最上位ラベルがポップされ、同様に EXP 値 5 を持つラベル エントリをエクスポーズします。

9. パケットは、PE2 に送信されます。

10. PE2 では、qos-group 変数および discard-class 変数内の MPLS EXP フィールドの値が保存され、パケットからラベル エントリが削除されます。

11. CE2 へのパケットの送信時に、PE2 は、MPLS EXP フィールド(qos-group と discard-class)の保存された値に基づいて、PE2 の出力インターフェイスで QoS を実行します。

12. IP パケットは、CE2 ルータに到達します。

ショート パイプ モード

ここでは、次の内容について説明します。

「ショート パイプ モードの概要」

「ショート パイプ モードの動作の手順」

ショート パイプ モードの概要

ショート パイプ モードには、次の特性があります。

QoS トンネルは、入力 PE ルータから出力 PE ルータまでとなります。

出力 PE ルータは、パケットを IP として送信し、QoS は、IP DSCP または IP Precedence の値に基づいて、出力インターフェイスで実行されます。

サービス プロバイダーは、サービス プロバイダー ネットワーク内の DSCP または IP Precedence の値を上書きしません。

図 3 に、ショート パイプ モードの概要を示します。

図 3 ショート パイプ モードの概要

 


) PE1 および PE2 は、MPLS ネットワークと IP ネットワークの境界にあります。


図 3 に、次の内容を示します。

1. IP パケットは、DSCP 値 1 が設定され、C1、CE1 に到着します。

2. C1、CE1 は、IP パケットを C1、PE1 に送信します。

3. C1、PE1 は、VPN ラベル エントリのラベル インポジション時に、MPLS EXP フィールド値を 5 に設定します。

4. パケットは、MPLS EXP フィールド値が 5 に設定されて、サービス プロバイダーのネットワークを通過します。

5. サービス プロバイダーのネットワーク内の各ルータは、MPLS EXP フィールドを確認し、その値に基づいて QoS を実行します。

6. C1 ネットワークに戻る出力 PE ルータにパケットが到達すると、PE ルータは、IP DSCP フィールドに基づいて QoS を実行します。

ショート パイプ モードの動作の手順

図 4 に、ショート パイプ モードを示します。

図 4 ショート パイプ モードの動作

 

ショート パイプ モードは、次のように機能します。この図の下の丸で囲まれた番号は、対応する手順番号を示します。

1. C1、CE1 は、IP DSCP 値 1 が設定された IP パケットを PE1 に送信します。

2. PE1 は、インポーズされたラベル エントリで MPLS EXP フィールドを 5 に設定します。

3. PE1 は、パケットを P1 に送信します。

4. P1 は、交換されたラベル エントリで MPLS EXP フィールド値を 5 に設定します。

5. P1 は、パケットを P2 に送信します。

6. P2 は、IGP ラベル エントリをポップします。

7. P2 は、パケットを PE2 に送信します。

8. PE2 は、BGP ラベルをポップします。

9. PE2 は、パケットを C1、CE2 に送信しますが、IP DSCP 値に基づいて QoS を実行します。

均一モード

ここでは、次の内容について説明します。

「均一モードの概要」

「均一モードの動作の手順」

均一モードの概要

ラベルの MPLS EXP フィールドは、ラベル値と同じではありません。

最上位のラベル エントリには、次の内容が含まれています。

ラベル値。この値には、パケットを転送するための、ラベルおよびその他の情報が含まれています。

MPLS EXP フィールド。このフィールドは、ルートではなく、パケットの QoS だけに関係します。EXP フィールド値はアドバタイズされません。値は、パケットが受信された方法から得られます。

均一モードでは、パケットは、IP ネットワークおよび MPLS ネットワークで均一に処理されます。つまり、IP Precedence 値および MPLS EXP ビットは、常に同一となります。ルータがパケットの PHB を変更またはリカラーするたびに、その変更は、すべてのカプセル化マーキングに伝播される必要があります。ルータによる伝播が行われるのは、パケットのパス上にあるいずれかのルータでラベルのインポジションまたはディスポジションが行われたために、PHB が追加またはエクスポーズされた場合だけです。カラーは、全レベルのあらゆる場所に反映される必要があります。たとえば、パケットの QoS マーキングが MPLS ネットワークで変更された場合、IP QoS マーキングにその変更が反映されます。

均一モードは、次のように機能します。

MPLS から MPLS へのパスおよび MPLS から IP へのパスの両方において、ポップされた最上位ラベルの PHB は、新しい最上位ラベルにコピーされるか、またはラベルがない場合は IP DSCP にコピーされます。

最大 8 つの PHB を使用できます。

PHB が、3 よりも多い Precedence ビットを使用して囲まれている場合は、MPLS クラウドへのエントリ時に、DSCP を MPLS にマップする必要があります。

パケットが MPLS クラウドから発信されるとき、IP ヘッダーで MPLS EXP 値から DSCP フィールドに再マップする必要があります。

均一モードの動作の手順

図 5 に、均一モードの動作を示します。

図 5 均一モードの動作

 

この手順は、IP Precedence ビット マーキングまたは DSCP マーキングが存在するかどうかによって異なります。

次のアクションは、IP Precedence ビット マーキングが存在する場合に発生します。

1. IP パケットは、サービス プロバイダーのエッジ ルータである PE1 の MPLS ネットワークに到達します。

2. ラベルは、このパケットにコピーされます。

3. MPLS EXP フィールド値がリカラーされた場合(送信されるパケットが多すぎるためにパケットがレート外となった場合など)、その値は IGP ラベルにコピーされます。BGP ラベルの値は、変更されません。

4. 最後から 2 番めのホップで、IGP ラベルが削除されます。この値は、次に低いレベルのラベルにコピーされます。

5. すべての MPLS ラベルが、IP パケットとして送信されたパケットから削除されると、IP Precedence または DSCP 値は、コア内の最後に変更された EXP 値に設定されます。

次に、IP precedence ビット マーキングがある場合の例を示します。

1. CE1(カスタマー装置 1)で、IP パケットは IP Precedence 値 5 を持ちます。

2. このパケットが PE1(サービス プロバイダーのエッジ ルータ)で MPLS ネットワークに到達すると、IP Precedence 値 5 は、パケットのインポーズされたラベル エントリにコピーされます。

3. IGP ラベル ヘッダー内の MPLS EXP フィールドは、MPLS コア(P1 など)で変更される場合があります。


) IP Precedence ビットは 5 であるため、BGP ラベルおよび IGP ラベルにも 5 が含まれます。これは、均一モードでは、ラベルは常に同じになるためです。パケットは、IP ネットワークおよび MPLS ネットワークで均一に処理されます。


4. P2 では、IGP ラベルが削除されると、このラベル エントリ内の MPLS EXP フィールドは、基になる BGP ラベルにコピーされます。

5. PE2 では、BGP ラベルがポップされると、ラベル ヘッダー内の EXP フィールドは、基になる IP ヘッダーの IP Precedence フィールドにコピーされます。

MPLS DiffServ トンネリング モードの設定方法

ここでは、次の各手順について説明します。

「適切なトンネリング モードの決定」(必須)

「MPLS EXP フィールドの設定」 (任意)

「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定」 (任意)

「ショート パイプ モードの設定」 (任意)

「均一モードの設定」 (任意)


) 1 つのトンネリング モードだけを設定できます。


適切なトンネリング モードの決定

管理対象の Customer Edge(CE; カスタマー エッジ)ルータが存在する場合は、明示的 NULL LSP によるパイプ モードを使用して、PE から CE へのリンク上にサービス プロバイダーの PHB が存在するようにすることを推奨します。

管理対象の CE ルータが存在しない場合は、ショート パイプ モードを使用することを推奨します。

マーキングがまったくないか、ほとんどない場合、カスタマーは、均一モードを使用する傾向があります。

MPLS EXP フィールドの設定

MPLS EXP フィールドを設定するには、次の 2 つの方法があります。

set mpls experimental topmost コマンドを使用して、最上位のラベル エントリの値を、入力インターフェイスや出力インターフェイス上のパケットに直接設定します。

set mpls experimental imposition コマンドを入力インターフェイスで使用して、プッシュされたラベル エントリの値をラベル インポジション時に設定します。

デフォルトでは、ラベル エッジ ルータが、プッシュされたすべてのラベル エントリの MPLS EXP フィールドに IP パケットの IP Precedence をコピーします。

任意で、 set mpls experimental imposition コマンドを使用して、IP Precedence または DSCP フィールドを、MPLS ヘッダー内の MPLS EXP フィールドにマップできます。

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定

ここでは、次の内容の設定方法を説明します。

「入力 CE ルータ:カスタマー方向インターフェイス」

「入力 CE ルータ:PE 方向インターフェイス」

「入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス」

「P ルータ:P 方向インターフェイス」

「出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス」

「出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス」

例については、「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定例」を参照してください。


) 以降の手順は、明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードを設定するための 1 つの方法であり、唯一の方法を示しているわけではありません。


入力 CE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この手順では、インポーズされたラベル エントリに MPLS EXP フィールドを設定するために、ポリシー マップを設定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match ip dscp dscp-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. police bps [ burst-normal ] [ burst-max ] conform-action action exceed-action action [ violate-action action ]

6. interface type slot / port

7. service-policy input name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map IP-AF11

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match ip dscp dscp-values

 

Router(config-c-map)# match ip dscp 4

IP として送信されるコントロール プレーン トラフィックおよびその他のトラフィックの一致基準として、DSCP 値を使用します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map set-MPLS-PHB

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class IP-AF11

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

police bps [ burst-normal ] [ burst-max ] conform-action action exceed-action action [ violate-action action ]

 

Router(config-p-map-c)# police 8000 conform-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 4 exceed-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 2

次の内容を含む、トラフィック ポリシング機能を設定します。

Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)で指定されているレート制限に準拠するパケットに対して実行するアクション

SLA で指定されているレート制限を超えたパケットに対して実行するアクション

action フィールドに、 set-mpls-experimental-imposition value を入力します。ここで、 value は、MPLS EXP フィールドが設定される値です。

ステップ 6

interface type slot / port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 7

service-policy input name

 

Router(config-if)# service-policy input set-MPLS-PHB

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

入力 CE ルータ:PE 方向インターフェイス

この手順では、パケットをパケットの MPLS EXP フィールドに基づいて分類し、適切な破棄処理およびスケジューリング処理を提供します。

手順の概要

1. class-map match-any class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. match ip dscp dscp-values

4. policy-map name

5. class class-name

6. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

7. random-detect

8. interface type slot / port

9. service-policy output name

10. mpls ip encapsulate explicit-null

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map match-any class-name

 

Router(config)# class-map match-any MPLS-AF1

パケットがいずれかの一致基準を満たしている場合に、そのトラフィック クラスのメンバであると見なされることを指定します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 2 4

最大 8 つの MPLS EXP フィールド値をマッチングします。一致したパケットを同じクラスに追加します。

ステップ 3

match ip dscp dscp-values

 

Router(config-c-map)# match ip dscp 4

IP として送信されるコントロール プレーン トラフィックおよびその他のトラフィックの一致基準として、DSCP 値を使用します。

ステップ 4

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 5

class class-name

 

Router(config-p-map)# class MPLS-AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 6

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 7

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

IP Precedence または MPLS EXP フィールド値に基づいて、WRED をポリシーに適用します。

ステップ 8

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 9

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

ステップ 10

mpls ip encapsulate explicit-null

 

Router(config-if)# mpls ip encapsulate explicit-null

明示的ヌル ラベル ヘッダーを使用して、このインターフェイスからサブインターフェイスに転送されるすべてのパケットをカプセル化します。

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この手順では、デフォルトのラベル交換動作によって、受信した MPLS EXP フィールド値が出力 MPLS EXP フィールドにコピーされます。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

6. random-detect

7. interface type slot/port

8. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map MPLS-AF1

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 2 4

クラスにパケットが属しているかどうかをチェックする一致基準として使用する MPLS 値を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class MPLS-AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 6

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

IP Precedence または MPLS EXP フィールド値に基づいて、WRED をポリシーに適用します。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 8

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

P ルータ:P 方向インターフェイス

この手順では、パケットをパケットの MPLS EXP フィールドに基づいて分類し、適切な破棄処理およびスケジューリング処理を提供します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. set mpls experimental topmost value

6. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

7. random-detect

8. interface type slot/port

9. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map MPLS-AF1

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 2 4

クラスにパケットが属しているかどうかをチェックする一致基準として使用する MPLS EXP フィールド値を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class MPLS-AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

set mpls experimental topmost value

 

Router(config-p-map-c)# set mpls experimental topmost 3

入力インターフェイスや出力インターフェイスでの最上位 MPLS ラベル ヘッダーに MPLS EXP フィールド値を設定します。このコマンドは任意です。

ステップ 6

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 7

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

IP Precedence または MPLS EXP フィールド値に基づいて、WRED をポリシーに適用します。

ステップ 8

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 9

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この手順では、qos-group および discard-class によって、パケットの PHB が出力インターフェイスに伝送されます。qos-group および discard-class は、QoS 分類のために使用され、その後破棄されます。出力 IP パケットの ToS フィールドは、上書きされません。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. set qos-group qos-group-value

6. set discard-class value

7. interface type slot/port

8. service-policy input name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map MPLS-AF11

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 4

クラスに対してマッチングされるパケット特性を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map set-PHB

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class MPLS-AF11

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

set qos-group qos-group-value

 

Router(config-p-map-c)# set qos-group 1

あとでパケットの分類に使用できるグループ ID を設定します。有効値は、0 ~ 99 です。

ステップ 6

set discard-class value

 

Router(config-p-map-c)# set discard-class 1

discard-class 値を使用してパケットをマークします。輻輳が発生した場合にドロップされるトラフィック タイプを指定します。有効な値は 0 ~ 7 です。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 8

service-policy input name

 

Router(config-if)# service-policy input set-PHB

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この手順では、QoS グループ ID に基づいてパケットを分類し、discard-class アトリビュートに従ってパケットの破棄処理を決定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match qos-group qos-group-value

3. policy-map name

4. class class-name

5. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

6. random-detect discard-class-based

7. interface type slot/port

8. mpls ip

9. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map Local-AF1

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match qos-group qos-group-value

 

Router(config-c-map)# match qos-group 1

指定された QoS グループ値を一致基準として指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class Local-AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 6

random-detect discard-class-based

 

Router(config-p-map-c)# random-detect discard-class-based

パケットの破棄クラス値に応じて WRED を行います。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 8

mpls ip

 
Router(config-if)# mpls ip

特定のインターフェイス用に通常ルーティングされるパスに沿って IP Version 4(IPv4; IP バージョン 4)パケットの MPLS 転送が行われるようにします。

(注) このインターフェイスで mpls ip コマンドを発行して、明示的ヌル ラベルが設定されたパケットを CE ルータから受信する必要があります。mpls ip コマンドは、このインターフェイスに接続されている CE ルータのインターフェイスでは設定されておらず、そのため、このリンクでは、いずれの LDP セッションまたはその他のラベル配布プロトコル セッションも確立されません。

ステップ 9

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

ショート パイプ モードの設定

ここでは、次の内容の設定方法を説明します。

「入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス」

「入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス」

「P ルータ:P 方向インターフェイス」

「出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス」

「機能情報の確認」 例については、「ショート パイプ モードの設定例」を参照してください。


) 以降の手順は、ショート パイプ モードを設定するための 1 つの方法であり、唯一の方法を示しているわけではありません。


入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この手順では、インポーズされたラベル エントリに MPLS EXP フィールドを設定するために、ポリシー マップを設定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match ip dscp dscp-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. police bps [ burst-normal ] [ burst-max ] conform-action action exceed-action action [ violate-action action ]

6. interface type slot/port

7. service-policy input name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map IP-AF11

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match ip dscp dscp-values

 

Router(config-c-map)# match ip dscp 4

DSCP 値を一致基準として使用します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map set-MPLS-PHB

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class IP-AF11

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

police bps [ burst-normal ] [ burst-max ] conform-action action exceed-action action [ violate-action action ]

 

Router(config-p-map-c)# police 8000 conform-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 4 exceed-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 2

次の内容を含む、トラフィック ポリシング機能を設定します。

SLA で指定されているレート制限に準拠するパケットに対して実行するアクション。

SLA で指定されているレート制限を超えたパケットに対して実行するアクション。

action フィールドに、 set-mpls-experimental-imposition value を入力します。ここで、 value は、MPLS EXP フィールドが設定される値です。

ステップ 6

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 7

service-policy input name

 

Router(config-if)# service-policy input set-MPLS-PHB

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この手順では、パケットをパケットの MPLS EXP フィールドに基づいて分類し、適切な破棄処理およびスケジューリング処理を提供します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

6. random-detect

7. interface type slot/port

8. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map MPLS-AF1

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 2 4

クラスにパケットが属しているかどうかをチェックする一致基準として使用する MPLS EXP フィールド値を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class MPLS-AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 6

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

帯域幅保証が設定されたトラフィック クラスの WRED ドロップ ポリシーをイネーブルにします。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 8

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

P ルータ:P 方向インターフェイス

この手順では、パケットをパケットの MPLS EXP フィールドに基づいて分類し、適切な破棄処理およびスケジューリング処理を提供します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

6. random-detect

7. interface type slot/port

8. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map MPLS-AF1

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 2 4

クラスにパケットが属しているかどうかをチェックする一致基準として使用する MPLS EXP フィールド値を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class MPLS-AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 6

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

IP Precedence または MPLS EXP フィールド値に基づいて、WRED をポリシーに適用します。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 8

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この手順では、パケットの IP DSCP 値に基づいてパケットを分類し、適切な破棄およびスケジューリング処理を提供します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match ip dscp dscp-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

6. random-detect dscp-based

7. interface type slot/port

8. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map IP-AF1

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match ip dscp dscp-values

 

Router(config-c-map)# match ip dscp 4 0

DSCP 値を一致基準として使用します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 6

random-detect dscp-based

 

Router(config-p-map-c)# random-detect dscp-based

帯域幅保証が設定されたトラフィック クラスの WRED ドロップ ポリシーをイネーブルにします。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 8

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

均一モードの設定

ここでは、次の内容の設定方法を説明します。

「入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス」

「入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス」

「P ルータ:アップストリーム P 方向インターフェイス」

「P ルータ:ダウンストリーム P 方向インターフェイス」

「出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス」

「出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス」

例については、「均一モードの設定例」を参照してください。


) 以降の手順は、均一モードを設定するための 1 つの方法であり、唯一の方法を示しているわけではありません。


入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この手順では、インポーズされたラベル エントリに MPLS EXP フィールドを設定するために、ポリシー マップを設定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match ip dscp dscp-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. police bps [ burst-normal ] [ burst-max ] conform-action action exceed-action action [ violate-action action ]

6. interface type slot/port

7. service-policy input name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map IP-AF11

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match ip dscp dscp-values

 

Router(config-c-map)# match ip dscp 4

DSCP 値を一致基準として使用します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map set-MPLS-PHB

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class IP-AF11

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

police bps [ burst-normal ] [ burst-max ] conform-action action exceed-action action [ violate-action action ]

 

Router(config-p-map-c)# police 8000 conform-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 3 exceed-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 2

次の内容を含む、トラフィック ポリシング機能を設定します。

SLA で指定されているレート制限に準拠するパケットに対して実行するアクション。

SLA で指定されているレート制限を超えたパケットに対して実行するアクション。

action フィールドに、 set-mpls-experimental-imposition value を入力します。ここで、 value は、MPLS EXP フィールドが設定される値です。

ステップ 6

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 7

service-policy input name

 

Router(config-if)# service-policy input set-MPLS-PHB

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この手順では、パケットをパケットの MPLS EXP フィールドに基づいて分類し、適切な破棄処理およびスケジューリング処理を提供します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

6. random-detect

7. interface type slot / port

8. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map MPLS-AF1

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 2 3

クラスにパケットが属しているかどうかをチェックする一致基準として使用する MPLS EXP フィールド値を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map output-qos

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class MPLS-AF1

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 6

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

帯域幅保証が設定されたトラフィック クラスの WRED ドロップ ポリシーをイネーブルにします。

ステップ 7

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 8

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output-qos

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスから発信されるパケットに QoS ポリシーが適用される必要があることを指定します。

P ルータ:アップストリーム P 方向インターフェイス

この手順では、MPLS EXP フィールドに基づいてパケットを分類し、QoS グループ ID を設定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. set qos-group mpls experimental topmost

6. interface type slot / port

7. service-policy input name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map mpls-in

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 4 5

クラスにパケットが属しているかどうかをチェックする一致基準として使用する MPLS EXP フィールド値を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map policy2

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class mpls-in

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

set qos-group mpls experimental topmost

 

Router(config-p-map-c)# set qos-group mpls experimental topmost

MPLS EXP 最上位フィールド値を QoS グループ ID にコピーします。詳細については、『 Enhanced Packet Marking , Release 12.2(13)T』を参照してください。

ステップ 6

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 7

service-policy input name

 

Router(config-if)# service-policy input policy2

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

P ルータ:ダウンストリーム P 方向インターフェイス

この手順では、パケットの QoS ID に基づいてパケットをマッチングし、最上位ラベル ヘッダーの MPLS EXP フィールドを QoS グループ ID に設定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match qos-group qos-group-value

3. policy-map name

4. class class-name

5. set mpls experimental topmost qos-group

6. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

7. random-detect

8. interface type slot / port

9. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map qos-group-out

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match qos-group qos-group-value

 

Router(config-c-map)# match qos-group 4

特定の QoS グループ値を一致基準として識別します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map policy3

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class qos-group-out

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

set mpls experimental topmost qos-group

 

Router(config-p-map-c)# set mpls experimental topmost qos-group

QoS グループ ID を最上位ラベル ヘッダーの MPLS EXP フィールドにコピーします。詳細については、『 Enhanced Packet Marking , Release 12.2(13)T』を参照してください。

ステップ 6

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 7

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

IP Precedence または MPLS EXP フィールド値に基づいて、WRED をポリシーに適用します。

ステップ 8

interface type slot/port

 

Router(config)# interface ethernet 3/1

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 9

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output policy3

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この手順では、MPLS EXP フィールドに基づいてパケットを分類し、QoS グループ ID を設定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match mpls experimental topmost mpls-values

3. policy-map name

4. class class-name

5. set qos-group mpls experimental topmost

6. interface type slot / port

7. service-policy input name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map mpls-in

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match mpls experimental topmost mpls-values

 

Router(config-c-map)# match mpls experimental topmost 4 5

クラスにパケットが属しているかどうかをチェックする一致基準として使用する MPLS EXP フィールド値を指定します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map foo

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class mpls-in

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

set qos-group mpls experimental topmost

 

Router(config-p-map)# set qos-group mpls experimental topmost

MPLS EXP 最上位フィールド値を QoS グループ ID にコピーします。詳細については、『 Enhanced Packet Marking , Release 12.2(13)T』を参照してください。

ステップ 6

interface type slot / port

 

Router(config)# interface ethernet 3/0

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 7

service-policy input name

 

Router(config-if)# service-policy input foo

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この手順では、パケットの QoS ID に基づいてパケットをマッチングし、IP Precedence フィールドを QoS グループ ID に設定します。

手順の概要

1. class-map class-name

2. match qos-group qos-group-value

3. policy-map name

4. class class-name

5. set precedence qos-group

6. bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

7. random-detect

8. interface type slot / port

9. service-policy output name

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

class-map class-name

 

Router(config)# class-map qos-out

パケットがマップされる(マッチングされる)クラスマップを指定します。トラフィック クラスを作成します。

ステップ 2

match qos-group qos-group-value

 

Router(config-c-map)# match qos-group 4

特定の QoS グループ値を一致基準として識別します。

ステップ 3

policy-map name

 

Router(config)# policy-map foo-out

クラス(1 つまたは複数)に一致するパケット用 QoS ポリシーを設定します。

ステップ 4

class class-name

 

Router(config-p-map)# class qos-out

トラフィック クラスをこのサービス ポリシーに関連付けます。

ステップ 5

set precedence qos-group

 

Router(config-p-map-c)# set precedence qos-group

パケット ヘッダーに Precedence 値を設定します。詳細については、『 Enhanced Packet Marking , Release 12.2(13)T』を参照してください。

ステップ 6

bandwidth { bandwidth-kbps | percent percent }

 

Router(config-p-map-c)# bandwidth percent 40

トラフィック クラスに対する最小限の帯域幅保証を指定します。最小限の帯域幅保証は、キロビット/秒単位で、または帯域幅全体のパーセントで指定できます。

ステップ 7

random-detect

 

Router(config-p-map-c)# random-detect

IP Precedence または MPLS EXP フィールド値に基づいて、WRED をポリシーに適用します。

ステップ 8

interface type slot / port

 

Router(config)# interface ethernet 3/1

Cisco シリーズ 7200 ルータおよび Cisco シリーズ 7500 ルータのインターフェイス タイプを設定します。設定するインターフェイスのタイプ、ポート、コネクタ、インターフェイス カード番号、およびバックプレーン スロット番号を指定します。

ステップ 9

service-policy output name

 

Router(config-if)# service-policy output foo-out

QoS ポリシーをインターフェイスに添付し、このインターフェイスに着信するパケットにポリシーが適用される必要があることを指定します。

MPLS DiffServ トンネリング モード サポートの確認

PE ルータでは、 show policy-map interface コマンドによって、破棄クラスベースの WRED が出力に表示されます。

ショート パイプ モードでは、 show policy-map interface コマンドによって、 set mpls experimental imposition コマンドが検索されます。

トラブルシューティングのヒント

IP QoS マーキングは、サービス プロバイダーのネットワークでは変更されません。

QoS 統計情報には、パケットが適切なクラスでスケジュールされたことが示されます。

MPLS DiffServ トンネリング モードの設定例

ここでは、次の設定例について説明します。

「明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定例」

「ショート パイプ モードの設定例」

「均一モードの設定例」


) • 1 つのトンネリング モードだけを設定できます。

以降の例は、トンネリング モードを設定するための 1 つの方法であり、唯一の方法を示しているわけではありません。


 

明示的 NULL LSP を使用するパイプ モードの設定例

入力 CE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この例では、パケットが class-map IP-AF11 に対してマッチングされます。DSCP 値 4 は、パケットがクラスに属しているかどうかを判断するための一致基準として使用されます。準拠するパケットでは、その MPLS EXP フィールドが 4 に設定されます。レート外のパケットでは、その MPLS EXP フィールドが 2 に設定されます。

class-map IP-AF11
match ip dscp 4
 
policy-map set-MPLS-PHB
class IP-AF11
police 8000 conform-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 4 exceed-action
set-mpls-experimental-imposition-transmit 2
 
interface ethernet 3/0
service-policy input set-MPLS-PHB

入力 CE ルータ:PE 方向インターフェイス

この例では、MPLS EXP 2 および 4 は、class-map MPLS-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットでは、WRED および WFQ がイネーブルになります。

class-map match-any MPLS-AF1
match mpls experimental topmost 2 4
match ip dscp 4
 
policy-map output-qos
class MPLS-AF1
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/0
service-policy output output-qos
mpls ip encapsulate explicit-null

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この例では、デフォルトのラベル交換動作によって、受信した MPLS EXP フィールド値が出力 MPLS EXP フィールドにコピーされます。MPLS EXP 値 2 および 4 を持つパケットは、class-map MPLS-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットでは、WRED および WFQ がイネーブルになります。

class-map MPLS-AF1
match mpls experimental topmost 2 4
 
policy-map output-qos
class MPLS-AF1
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/0
service-policy output output-qos

P ルータ:P 方向インターフェイス

この例では、MPLS EXP 値 2 または 4 を持つパケットは、class-map MPLS-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットでは、WRED および WFQ がイネーブルになります。

class-map MPLS-AF1
match mpls experimental topmost 2 4
 
policy-map output-qos
class MPLS-AF1
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/0
service-policy output output-qos

出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この例では、qos-group 1 および discard-class 1 は、パケットの PHB を示すように設定されている必要があります。qos-group および discard-class は、出力インターフェイスでの QoS 分類に使用されます。

class-map MPLS-AF11
match mpls experimental topmost 4
 
class-map MPLS-AF12
match mpls experimental topmost 2
 
policy-map set-PHB
class MPLS-AF11
set qos-group 1
set discard-class 1
 
class MPLS-AF12
set qos-group 1
set discard-class 2
 
interface ethernet 3/0
service-policy input set-PHB

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この例では、qos-group 値 1 を持つパケットは、class-map Local-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットには、パケットの破棄クラス値に基づく WRED が適用されます。


) このインターフェイスで mpls ip コマンドを発行して、明示的ヌル ラベルが設定されたパケットを CE ルータから受信する必要があります。mpls ip コマンドは、このインターフェイスに接続されている CE ルータのインターフェイスでは設定されておらず、そのため、このリンクでは、いずれの LDP セッションまたはその他のラベル配布プロトコル セッションも確立されません。


class-map Local-AF1
match qos-group 1
 
policy-map output-qos
class Local-AF1
bandwidth percent 40
random-detect discard-class-based
 
interface ethernet 3/0
mpls ip
service-policy output output-qos

ショート パイプ モードの設定例


) ショート パイプ モードは、CE ルータでは設定されません。


入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この例では、IP パケットは class-map IP-AF11 に対してマッチングされます。準拠するパケットでは、その MPLS EXP フィールドが 4 に設定されます。レート外のパケットでは、その MPLS EXP フィールドが 2 に設定されます。

class-map IP-AF11
match ip dscp 4
 
policy-map set-MPLS-PHB
class IP-AF11
police 8000 conform-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 4 exceed-action
set-mpls-experimental-imposition-transmit 2
 
interface ethernet 3/0
service-policy input set-MPLS-PHB

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この例では、MPLS EXP 2 および 4 は、class-map MPLS-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットでは、WRED および WFQ がイネーブルになります。

class-map MPLS-AF1
match mpls experimental topmost 2 4
 
policy-map output-qos
class MPLS-AF1
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/0
service-policy output output-qos

P ルータ:P 方向インターフェイス

この例では、MPLS EXP 2 および 4 は、class-map MPLS-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットでは、WRED および WFQ がイネーブルになります。

class-map MPLS-AF1
match mpls experimental topmost 2 4
 
policy-map output-qos
class MPLS-AF1
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/0
service-policy output output-qos

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この例では、出力 PE ルータが IP パケットを送信します。パケットは class-map IP-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットでは、WRED および WFQ がイネーブルになります。

class-map IP-AF1
match ip dscp 4 0
 
policy-map output-qos
class AF1
bandwidth percent 40
random-detect dscp-based
 
interface ethernet 3/0
service-policy output output-qos

均一モードの設定例

入力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この例では、IP パケットは class-map IP-AF11 に対してマッチングされます。準拠するパケットでは、その MPLS EXP フィールドが 3 に設定されます。レート外のパケットでは、その MPLS EXP フィールドが 2 に設定されます。

class-map IP-AF11
match ip dscp 4
 
policy-map set-MPLS-PHB
class IP-AF11
police 8000 conform-action set-mpls-experimental-imposition-transmit 3 exceed-action
set-mpls-experimental-imposition-transmit 2
 
interface ethernet 3/0
service-policy input set-MPLS-PHB

入力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この例では、MPLS EXP 2 および 3 は、class-map MPLS-AF1 に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットでは、WRED および WFQ がイネーブルになります。

class-map MPLS-AF1
match mpls experimental topmost 2 3
 
policy-map output-qos
class MPLS-AF1
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/0
service-policy output output-qos

P ルータ:アップストリーム P 方向インターフェイス

IGP ラベルがポップされた、最後から 2 番めの P ルータの入力インターフェイスで、IGP ラベルの EXP フィールド値が QoS グループ ID にコピーされます。IGP ラベルの MPLS EXP フィールド値が、コアで 4 または 5 にリカラーされたと想定します。この例では、MPLS EXP 値 4 および 5 は、class-map mpls-in に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットの場合、IGP ラベルの MPLS EXP 値は、QoS グループ ID にコピーされます。

class-map mpls-in
match mpls experimental topmost 4 5
 
policy-map policy2
class mpls-in
set qos-group mpls experimental topmost
 
interface ethernet 3/0
service-policy input policy2

P ルータ:ダウンストリーム P 方向インターフェイス

この例では、QoS グループ ID 4 および 5 は、class-map qos-group-out に対してマッチングされます。このクラスに一致するパケットの場合、最上位の出力ラベルの MPLS EXP フィールドは、QoS グループ ID に設定されます。

class-map qos-group-out
match qos-group 4
match qos-group 5
 
policy-map policy3
class qos-group-out
set mpls experimental topmost qos-group
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/1
service-policy output policy3

出力 PE ルータ:P 方向インターフェイス

この例では、MPLS EXP 値 4 または 5 を持つパケットは、class-map mpls-in に対してマッチングされます。ラベル ヘッダーの EXP フィールド値は、QoS グループ ID にコピーされます。

class-map mpls-in
match mpls experimental topmost 4 5
 
policy-map foo
class mpls-in
set qos-group mpls experimental topmost
 
interface ethernet 3/0
service-policy input foo

出力 PE ルータ:カスタマー方向インターフェイス

この例では、出力 PE ルータが IP パケットを送信します。QoS グループ ID 4 および 5 は、class-map qos-out にマッチングされ、これらのパケットの IP Precedence フィールドは、この QoS グループ ID に設定されます。

class-map qos-out
match qos-group 4
match qos-group 5
 
policy-map foo-out
class qos-out
set precedence qos-group
bandwidth percent 40
random-detect
 
interface ethernet 3/1
service-policy output foo-out

その他の関連資料

次の項では、MPLS DiffServ トンネリング モード機能に関連したその他の参考資料について説明します。

関連資料

 

関連項目
参照先

DiffServ

Cisco IOS Switching Services Command Reference , Release 12.2』

Cisco IOS Terminal Services Configuration Guide , Release 12.2』

MPLS Class of Service Enhancements , Release 12.1(5)T』

MPLS トラフィック エンジニアリング

Cisco IOS Switching Services Command Reference , Release 12.2』

Cisco IOS Terminal Services Configuration Guide , Release 12.2』

Diff-Serv-aware MPLS Traffic Engineering , Release 12.2(4)T』

QoS

Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference , Release 12.2』

Cisco IOS Quality of Service Solutions Configuration Guide , Release 12.2』

Enhanced Packet Marking , Release 12.2(13)T』

規格

 

規格
タイトル

この機能によってサポートされる新しい規格または変更された規格はありません。またこの機能による既存規格のサポートに変更はありません。

--

MIB

 

MIB
MIB リンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

 

RFC
タイトル

この機能によってサポートされる新しい RFC または変更された RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

 

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次のコマンドは、この章に記載されている機能または機能群において、新たに導入または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『 Cisco IOS Multiprotocol Label Switching Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mpls/command/reference/mp_book.html )を参照してください。Cisco IOS の全コマンドを参照する場合は、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )にアクセスしてください。

match discard-class

match mpls experimental topmost

match qos-group

mpls ip encapsulate explicit-null

police

random-detect discard-class

random-detect discard-class-based

set discard-class

set mpls experimental imposition

set mpls experimental topmost

set qos-group

MPLS DiffServ トンネリング モードの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、Cisco IOS ソフトウェア イメージおよび Catalyst OS ソフトウェア イメージがサポートする特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームを確認できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 には、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースのうち、特定の機能が初めて導入された Cisco IOS ソフトウェア リリースだけが記載されています。特に明記していないかぎり、その機能は、一連の Cisco IOS ソフトウェア リリースの以降のリリースでもサポートされます。


 

表 1 MPLS DiffServ トンネリング モードの機能情報

機能名
リリース
機能情報

12.2(13)T
12.2(28)SB

MPLS DiffServ トンネリング モード機能を使用すると、サービス プロバイダーは、ルータが MPLS ネットワークの MPLS パケットに提供する QoS を管理できます。

この機能は、12.2(13)T で初めて導入されました。

この機能は、12.2(28)SB で統合されました。

用語集

CE ルータ :Customer Edge(カスタマー エッジ)ルータ。カスタマー ネットワークの一部であり、Provider Edge(PE; プロバイダー エッジ)ルータへのインターフェイスとなるルータ。

class-map :パケットで何をマッチングするかを定義します。たとえば、class-map を使用して音声パケットを指定できます。

DiffServ :帯域幅、遅延、ジッタ、およびパケット損失を制御するメカニズムが組み込まれたアーキテクチャにおける、アプリケーションレベルの QoS およびトラフィック管理。アプリケーション トラフィックは、各クラスに定義された QoS パラメータを使用して、複数のクラスに分類(集約)できます。通常の調整では、トラフィックは、premium、gold、silver、bronze、および best-effort の各クラスに分類されます。

discard-class :破棄プロファイルを示すために使用されるローカル変数。

DSCP :Differentiated Services Code Point、または DiffServ Code Point(DiffServ コード ポイント)。さまざまなパケット ストリームに対して異なるグレードを適用することをネットワーク ルータに求める、各 IP パケットのヘッダー内のマーカー。IP ヘッダーの値は、パケットに適用される PHB を示します。

E-LSP :パケットの QoS が、MPLS ヘッダーの MPLS EXP フィールドによってだけ決定される LSP。E-LSP は、ATM-LSR ではサポートされていません。

IP Precedence フィールド :IP パケットのヘッダー内の最初の 3 ビット。この 3 ビットを使用して、IP パケットの QoS を指定できます。

L-LSP :DiffServ を使用して QoS を実装する特定のメカニズムが使用される LSP。パケット ラベルおよび EXP ビット(または、セルモード MPLS 用の CLP ビット)から、MPLS パケットの QoS 処理をルータが推察する LSP。このラベルを使用して、パケットが属しているクラスを符号化し、MPLS EXP フィールド(またはセルモード MPLS 用の CLP ビット)を使用して、パケットのドロップ優先順位を符号化します。

LSR :MPLS ネットワークの一部であるルータ。LSR は、パケットにカプセル化されたラベルの値に基づいて、パケットを転送します。

MPLS :Multiprotocol Label Switching(マルチプロトコル ラベル スイッチング)。ラベル スイッチングの基礎となる、新たな業界標準。

MPLS EXP フィールド :MPLS エントリでは、Per-Hop Behavior(PHB)が、MPLS ラベル エントリ内の MPLS EXP フィールドにマークされます。

P ルータ :プロバイダー コア ルータ。

PE ルータ :Provider Edge(プロバイダー エッジ)ルータ。サービス プロバイダーのネットワークのエッジにある、CE ルータへのインターフェイスとなるルータ。

PHB :Per-Hop Behavior(ホップ単位の動作)。パケットに適用される、固有の破棄およびスケジューリング動作。同じ DiffServ サービスを受けるすべてのパケットに対して、ルータが適用する DiffServ 処理(スケジューリング/ドロップ)。

QoS :Quality of Service。伝送システムのパフォーマンスの測定。伝送システムの伝送品質およびサービス アベイラビリティ反映されます。

QoS 透過性 :IP パケットでのカスタマーの IP マーキングが保持されるネットワークを介したパケット転送方法。

qos-group :PHB Scheduling Class(PSC)を示すローカル変数。

ToS :Type of Service(タイプ オブ サービス)。IPv4 ヘッダーのバイト。

VPN :Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)。トンネリングを使用することにより、パブリック TCP/IP ネットワーク経由でも IP トラフィックをセキュアに転送できるネットワーク。

WRED :Weighted Random Early Detection(重み付けランダム早期検出)。輻輳中、優先度の高いトラフィックが、他のトラフィックよりも損失レートが低くなるようにするキューイング方法。

エッジ ルータ :ネットワークのエッジにあるルータ。MPLS ネットワークの境界を定義します。パケットを送受信します。エッジ ラベル スイッチ ルータおよびラベル エッジ ルータとも呼ばれます。

カスタマー ネットワーク :エンド カスタマーの制御下にあるネットワーク。カスタマー ネットワークでは、RFC 1918 で定義しているように、プライベート アドレスを使用できます。カスタマー ネットワークは、論理上、互いに独立しており、サービス プロバイダーのネットワークから切り離されています。

カプセル化 :特定のプロトコル ヘッダーにデータをラップすること。たとえば、イーサネット データは、ネットワークを通過する前に、特定のイーサネット ヘッダーにラップされます。

クラス :音声などのトラフィックを分類します。 class-map コマンドを使用して、トラフィック クラスを定義します。

コア :MPLS ネットワーク。エッジには、エッジ ルータが存在します。

交換 :パケットのラベル エントリを置き換えること。

最後から 2 番めのホップでのポッピング :最後から 2 番めのルータでのラベルの削除。ラベルが削除され、1 つ下のラベルにコピーされます。

最後から 2 番めのルータ :最後から 2 番めのルータ、つまり、出力ルータの直前にあるルータ。

出力ルータ :パケットが発信されるネットワークのエッジにあるルータ。

透過性 :IP パケット内のカスタマーの IP マーキングの保持。

トラフィック ポリシー :トラフィック ポリシーは、1 つのトラフィック クラスおよび 1 つ以上の QoS 機能で構成されます。トラフィック ポリシーは、( policy-map コマンドを使用して)トラフィック クラスを 1 つ以上の QoS 機能に関連付けることで作成します。

トンネリング :あるネットワーク エッジから別のネットワーク エッジまで、QoS が透過的になる機能。

入力ルータ :ネットワークを介してパケットを受信する、ネットワークのエッジにあるルータ。

プッシュ :パケットにラベル エントリを追加すること。

プロバイダー ネットワーク :サービス プロバイダーの制御下にあるバックボーン ネットワーク。カスタマー サイト間の転送を実行します。

ポップ :ラベル エントリをパケットから削除する動作。

ポリシー マップ :クラスマップで指定した内容とパケットが一致する場合に実行されるアクション。たとえば、音声パケットが識別され、クラスマップと音声パケットが受信されると、指定したポリシー マップ アクションが実行されます。

ポリシング :ユーザ定義の基準に基づいた、トラフィックのクラスの入力または出力伝送レートの制限。ポリシングでは、IP precedence 値、qos-group、または DSCP 値を設定することで、パケットをマークします。

明示的ヌル ラベル :EXP 値だけを持つラベル。値ゼロ(0)は、明示的ヌル ラベルを表します。このラベルは、ラベル スタックの一番下にだけ入れることができます。これは、ラベル スタックがポップされ、パケットの転送が IPv4 ヘッダーに基づくことを示します。ラベルが必要ない場合でも、ラベルをスタックに入れておくことが必要となることがあります。ネクストホップに MPLS EXP フィールドを維持する必要がある場合は、明示的ヌルを使用します。

ラベル :データ(パケット)の転送方法をスイッチング ノードに知らせる、固定長の短いラベル。MPLS は、ラベルを各ルートに関連付けます。ラベルによって、パケットが送信される出力インターフェイスにネットワーク アドレスが関連付けられます。MPLS ネットワークでは、ネクストホップ IGP(内部ゲートウェイ プロトコル)ルータが、パケットに入れる必要があるラベルを、前の IGP ルータ(アップストリーム ルータ)に常にアドバタイズします。ネクストホップ Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルータは、パケットに入れる必要があるラベルを、前の BGP ルータに常にアドバタイズします。

ラベル インポジション :Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)での伝送のために、MPLS ラベルをパケットに付加する動作。

ラベル エントリ :ラベル エントリには、ラベル値(パケットを転送するためのラベルおよびその他の情報が含まれています)および MPLS EXP フィールド(パケットの QoS に関連します)が含まれています。2 つのラベル エントリがある場合、最上位ラベル エントリは、Interior Gateway Protocol(IGP; 内部ゲートウェイ プロトコル)ラベルです。一番下のラベル エントリは、Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ラベルです。

ラベル ディスポジション :最後の MPLS ラベルをパケットから削除する動作。

リカラー :パケットの PHB マーキングを変更すること。

レイヤ管理 :PHB マーキングの追加レイヤをパケットに適用する機能。

レート制限 :「 ポリシング 」を参照してください。

Copyright © 2002-2010, シスコシステムズ合同会社.
All rights reserved.