Catalyst 6500 シリーズ スイッチ/Cisco 7600 シリーズ ルータ Firewall Services Module コマンド リファレンス 3.1(1)
索引
A
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

?

コマンド文字列  1-4

ヘルプ  1-4

A

AAA

アカウンティングのセットアップ  2-1

許可キャッシュの削除  7-42, 30-26

許可サービスの設定  2-27, 2-33

サーバの設定  2-27, 2-33

alternate address、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

ARP スプーフィング  3-27

C

Cisco IP Phone

アプリケーション検査  15-39

clear

auth-prompt  6-11, 28-14, 29-20, 29-22

CLI

構文の形式  1-3

コマンド出力のページング  1-6

コマンドの短縮形  1-3

コマンドラインの編集  1-3

コメントの追加  1-6

表示  1-6

ページング  1-6

ヘルプ  1-4

conversion error、ICMP メッセージ  2-55, 14-2

CTIQBE  15-1

D

Diffie-Hellman

グループの選択  9-42

Diffie-Hellman グループ

group 1  16-48

group 2  16-48

group 5  16-48

設定  16-48

E

echo reply、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

EMBLEM、Syslog メッセージの形式  19-36

estabilied コマンド

セキュリティ レベルの要件  24-8

H

H.225

接続フラグ  25-31

トラブルシューティング  26-22

H.245

トラブルシューティング  26-20

H.323

トラブルシューティング  26-18, 26-22

フィックスアップ プロトコル  26-22

I

ICMP タイプ

アクセス リストの使用  2-54

きめ細かいアクセスの指定  2-54

選択  14-2

ICMP メッセージ

information reply  2-54

information request  2-54

ILS

アプリケーション検査  15-24, 15-29, 15-48, 15-52

IM  15-37

information reply、ICMP メッセージ  14-2

information request、ICMP メッセージ  14-2

J

Java アプレット

フィルタリング  12-40

L

LDAP

アプリケーション検査  15-24, 15-29, 15-48, 15-52

M

MAC アドレス テーブル

リソース管理  18-13, 27-89

mask reply、ICMP メッセージ  2-55, 14-2

mask request、ICMP メッセージ  2-55, 14-2

mobile redirection、ICMP メッセージ  2-55, 14-2

More プロンプト  1-6

N

N2H2

URL フィルタリング  33-6

URL フィルタリング サーバの指定  33-8, 33-9

サーバ要求のキャッシング  33-6

NAT

NAT ID  13-4, 21-7

NAT からの除外

概要  21-8

NAT のバイパス

概要  21-8

RCP のサポート対象外  15-48

アイデンティティ NAT

概要  21-8

セキュリティ レベルの要件  24-8

P

parameter-problem、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

PAT(ポート アドレス変換)

NAT も参照

制限  15-34

ping 送信

設定可能なプロキシ  14-2

ユーザ許可での使用  2-29

PORT コマンド、FTP  15-9

R

RAS

H.323 トラブルシューティング  26-22

フィックスアップ プロトコル  26-22

redirect、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

router advertisement、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

router solicitation、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

S

show コマンド、出力のフィルタリング  1-5

SIP

タイムアウト値の設定  29-40, 32-8

トラブルシューティング  30-8

SNMP

担当者、場所、およびホスト情報の設定  31-10

source quench、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

Syslog サーバ

EMBLEM の形式  19-35, 19-36

T

TCP

シーケンス番号ランダム化  24-15

送信元へのリセット フラグ(RST)の戻し  24-11

パケットのランダム化の禁止  31-31

Telnet

アクティブ セッションの表示  33-34

コンソール タイムアウトの設定  32-2

終了  17-7, 33-34

セッションの終了  17-7

time exceeded、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

timestamp

reply、ICMP メッセージ  2-54

request、ICMP メッセージ  2-54

timestamp reply、ICMP メッセージ  14-2

timestamp request、ICMP メッセージ  14-2

traceroute、ICMP メッセージ  2-55

U

unreachable、ICMP メッセージ  2-54, 14-2

URL

フィルタリング  12-47, 33-6, 33-9

フィルタリング サーバの設定  30-30

V

VLAN

マッピング インターフェイス名  3-10

Voice over IP(VoIP)

フィックスアップ プロトコル  26-22

VoIP

アプリケーション検査  15-36

トラブルシューティング  26-18

プロキシ サーバ  15-36

W

Websense  12-48

URL フィルタリング  33-6

URL フィルタリング サーバの指定  33-8, 33-9

サーバ パラメータの指定  33-8

サーバ要求のキャッシング  33-6

アカウンティング

RADIUS の使用  2-1, 2-8

TACACS+ の使用  2-1, 2-8

セットアップ  2-1

ユーザベース アカウンティングの提供  2-1, 2-3, 2-8

アクティベーション キー

表示  24-29

変更  3-1

アプリケーション検査

設定  15-52

暗号マップ

エントリの削除  9-3, 9-9

エントリの作成  9-3, 9-9

イネーブル モード

プロンプト  1-2

イネーブル レベル

変更  22-45

インスタント メッセージング

IM を参照

インスペクション エンジン

セキュリティ レベルの要件  24-8

エイリアス

ネットワークに対する指定  3-6

オブジェクト グループ

グループ化  21-22

サービス  21-22

削除  21-21

ネットワーク  21-21

プロトコル  21-22

介入者攻撃  3-27

確立されている接続

接続の許可  12-14

関連資料  xxxiv

疑問符

コマンド文字列  1-4

ヘルプ  1-4

許可

確立されている接続上のリターン接続  12-14

構文の形式  1-3

コマンド

clear

auth-prompt  6-11, 28-14, 29-20, 29-22

コマンド プロンプト  1-2

コマンドの短縮形  1-3

コマンドラインの編集  1-3

コメント

設定  1-6

コンフィギュレーション モード

プロンプト  1-2

サービス

IDENT 接続の処理  24-11

削除

AAA アカウンティングの設定  6-3

アカウンティング  6-3

認証キャッシュ  7-42, 30-26

サブコマンド モード プロンプト  1-2

シーケンス番号、ランダム化  21-6

終了

Telnet セッション  17-7

シングル モード

設定  20-54

セキュリティ コンテキスト

プロンプト  1-2

マッピング インターフェイス名  3-10

接続フラグ

H.225  25-31

H.323  25-31

設定

Diffie-Hellman グループ  16-48

URL フィルタリング サーバ  30-30

コメント  1-6

ソフトウェア バージョン、表示  30-32

デイジーチェーン接続、PIX Firewall 装置  2-19

ディセーブル化

コマンド モード  11-29

トラブルシューティング

CTIQBE フィックスアップ  25-63

H.323  26-18

H.323 RAS  26-22

SIP  30-8

接続の詳細の表示  25-32

認証

HTTPS を使用  2-24

RADIUS の使用  2-13

SSL を使用  2-24

TACACS+ の使用  2-13

ネットワーク エイリアス、指定  3-6

パケット キャプチャ、イネーブル化  5-4, 5-30, 8-28, 25-25

バッファ

パケット キャプチャ  5-4

非イネーブル モード

プロンプト  1-2

ヒストリ、コマンド  26-23

表示

Telnet セッション  33-34

URL サーバ  33-4

コマンド ヒストリ  26-23

ソフトウェア バージョン  30-32

テクニカル サポート出力  30-18

ファイアウォールのパフォーマンス  22-8, 22-9, 22-10

フィックスアップ プロトコル

CTIQBE  15-1

H.323  26-22

VoIP  26-22

フィルタリング

show コマンドの出力  1-5

グループ単位  12-48

セキュリティ レベルの要件  24-8

ユーザ名  12-48

プール

アドレス

グローバル NAT  13-3

プロキシ

ping 送信  14-2

プロキシ サーバ

SIP と併用  15-36

プロンプト

More  1-6

コマンド  1-2

ページング画面の表示  1-6

ヘルプ、コマンドライン  1-4

ポリシー NAT

概要  21-9

マッピング インターフェイス名  3-10

マニュアルの構成  xxxiv

モニタ

ファイアウォールのパフォーマンス  22-8, 22-9, 22-10

ユーザ アカウンティング  2-1, 2-3, 2-8

ユーザ名、フィルタリング  12-48

ランダム化、シーケンス番号  21-6

リソース管理

リソース タイプ  18-13

リソース使用率

リソース タイプ  27-89

リロード

設定変更の保存  23-11

ロギング

システム ログ サーバの指定  19-35, 19-36

システム ログ(syslog) サーバの指定  19-35

メッセージ  27-7

モニタ  19-9, 19-44