Catalyst 6500 シリーズ スイッチ/Cisco 7600 シリーズ ルータ Firewall Services Module コマンド リファレンス 3.1(1)
clear configure ~ clear configure virtual コマンド
clear configure ~ clear configure virtual コマンド
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 14MB) | フィードバック

目次

clear configure ~

clear configure

clear configure aaa

clear configure aaa-server

clear configure access-group

clear configure access-list

clear configure alias

clear configure arp

clear configure arp-inspection

clear configure asdm

clear configure auth-prompt

clear configure auto-update

clear configure banner

clear configure ca certificate map

clear configure class

clear configure class-map

clear configure command-alias

clear configure console

clear configure context

clear configure crypto

clear configure crypto ca trustpoint

clear configure crypto dynamic-map

clear configure crypto map

clear configure dhcpd

clear configure dhcprelay

clear configure dns

clear configure established

clear configure failover

clear configure filter

clear configure firewall

clear configure fixup

clear configure fragment

clear configure ftp

clear configure ftp-map

clear configure global

clear configure group-policy

clear configure gtp-map

clear configure hostname

clear configure http

clear configure http-map

clear configure icmp

clear configure interface

clear configure interface bvi

clear configure ip

clear configure ip local pool

clear configure ip verify reverse-path

clear configure ipv6

clear configure isakmp

clear configure isakmp policy

clear configure logging

clear configure logging rate-limit

clear configure mac-address-table

clear configure mac-learn

clear configure mac-list

clear configure management-access

clear configure mgcp-map

clear configure monitor-interface

clear configure mroute

clear configure mtu

clear configure multicast-routing

clear configure name

clear configure nat

clear configure object-group

clear configure passwd

clear configure pim

clear configure policy-map

clear configure prefix-list

clear configure privilege

clear configure rip

clear configure route

clear configure route-map

clear configure router

clear configure service-policy

clear configure snmp-map

clear configure snmp-server

clear configure ssh

clear configure static

clear configure sunrpc-server

clear configure sysopt

clear configure telnet

clear configure terminal

clear configure time-range

clear configure timeout

clear configure tunnel-group

clear configure url-block

clear configure url-cache

clear configure url-server

clear configure username

clear configure virtual

clear configure ~
clear configure virtual コマンド

clear configure

実行コンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure コマンドを使用します。

clear configure { primary | secondary | all | command }

 
シンタックスの説明

command

指定したコマンドのコンフィギュレーションをクリアします。詳細については、 clear configure command コマンドに対するこのマニュアルの各エントリを参照してください。

primary

次のコマンドを含む、接続に関連するコマンドをクリアします。

tftp-server

shun

route

ip address

mtu

failover

monitor-interface

boot

secondary

primary キーワードを使用してクリアされた接続に関連しないコマンドをクリアします。

all

すべての実行コンフィギュレーションをクリアします。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが各コマンドのコンフィギュレーションをクリアできるように変更されました。

 
使用上のガイドライン

セキュリティ コンテキストにこのコマンドを入力すると、コンテキストのコンフィギュレーションだけがクリアされます。システムの実行スペースにこのコマンドを入力した場合、システムの実行コンフィギュレーションのほか、すべてのコンテキストの実行コンフィギュレーションがクリアされます。システム コンフィギュレーションのすべてのコンテキスト エントリをクリアしたため( context コマンドを参照)、コンテキストが稼働しなくなり、コンテキストの実行スペースに変更できなくなります。

コンフィギュレーションをクリアする前に、 boot config コマンド(スタートアップ コンフィギュレーションの場所を指定します)に対する変更内容がスタートアップ コンフィギュレーションに保存されていることを確認します。実行コンフィギュレーションだけでスタートアップ コンフィギュレーションの場所を変更している場合は、再起動すると、デフォルトの場所からコンフィギュレーションがロードされます。

次に、すべての実行コンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure all
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

configure http

指定した HTTP(HTTPS)URL のコンフィギュレーション ファイルを実行コンフィギュレーションにマージします。

configure memory

スタートアップ コンフィギュレーションに実行コンフィギュレーションをマージします。

configure net

指定された TFTP URL のコンフィギュレーション ファイルに実行コンフィギュレーションをマージします。

show running-config

実行コンフィギュレーションを表示します。

clear configure aaa

AAA のコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure aaa コマンドを使用します。 clear configure aaa コマンドは、コンフィギュレーションから AAA コマンドのステートメントを削除します。

clear configure aaa

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear aaa コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear aaa から変更されました。

 
使用上のガイドライン

また、このコマンドは、AAA パラメータ(存在する場合)をデフォルト値にリセットします。

hostname(config)# clear configure aaa
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa accounting

アカウンティングをイネーブルまたはディセーブルにします。

aaa authentication

ユーザ認証をイネーブルまたはディセーブルにします。

aaa authorization

ユーザ許可をイネーブルまたはディセーブルにします。

show running-config aaa

AAA のコンフィギュレーションを表示します。

clear configure aaa-server

すべての AAA サーバ グループを削除するか、指定したグループをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure aaa-server コマンドを使用します。

clear configure aaa-server [ server-tag ]

clear configure aaa-server [ server-tag ] host server-ip

 
シンタックスの説明

server-ip

AAA サーバの IP アドレス

server-tag

(任意)クリアするサーバ グループの記号名

 
デフォルト

すべての AAA サーバ グループを削除します。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear aaa-server コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear aaa-server から変更されました。

 
使用上のガイドライン

特定の AAA サーバ グループを指定するか、デフォルトですべての AAA サーバ グループを指定できます。

サーバ グループ内の特定のサーバを指定するには、 host キーワードを使用します。

また、このコマンドは、AAA サーバのパラメータ(存在する場合)をデフォルト値にリセットします。

次に、コンフィギュレーションの例を示します。

hostname(config)# aaa-server svrgrp1 protocol sdi
hostname(config)# aaa-server svrgrp1 host 1.2.3.4
hostname(config-aaa-server)# timeout 9
hostname(config-aaa-server)# retry 7
hostname(config-aaa-server)# sdi-version sdi-5
hostname(config-aaa-server)# exit
 

次に、コマンドを使用した場合の例をいくつか紹介します。

次のコマンドは、グループから特定のサーバを削除する方法を示します。

hostname(config)# clear config aaa-server svrgrp1 host 1.2.3.4
 

次のコマンドは、サーバ グループを削除する方法を示します。

hostname(config)# clear config aaa-server svrgrp1
 

次のコマンドは、すべてのサーバ グループを削除する方法を示します。

hostname(config)# clear config aaa-server
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa-server host

ホスト固有の AAA サーバ接続データを指定し、管理します。

aaa-server protocol

このコマンドを使用すると、グループに固有で、すべてのホストに共通の AAA サーバのパラメータを設定できます。

show running-config aaa

各ユーザで使用できる同時プロキシ接続の現在の最大数を、その他の AAA のコンフィギュレーション値と一緒に表示します。

 

clear configure access-group

すべてのインターフェイスからアクセス グループを削除するには、 clear configure access-group コマンドを使用します。

clear configure access-group

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear access-group から変更されました。

次に、すべてのアクセス グループを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure access-group
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

access-group

インターフェイスにアクセス リストをバインドします。

show running-config access-group

現在のアクセス グループのコンフィギュレーションを表示します。

clear configure access-list

実行コンフィギュレーションからアクセス リストをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure access list コマンドを使用します。

clear configure access-list [ id ]

 
シンタックスの説明

id

(任意)アクセス リストの名前または番号

 
デフォルト

実行コンフィギュレーションからすべてのアクセス リストがクリアされます。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、実行コンフィギュレーションからアクセス リストをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure access-list
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

access-list extended

設定にアクセス リストを追加し、ファイアウォールを通過する IP トラフィックのポリシーを設定します。

access-list standard

アクセス リストを追加して、OSPF ルートの宛先 IP アドレスを特定します。OSPF ルートは、OSPF 再配布用のルート マップに使用できます。

clear access-list

アクセス リストのカウンタをクリアします。

show access-list

アクセス リストのカウンタを表示します。

show running-config access-list

FWSM で稼働中のアクセス リストのコンフィギュレーションを表示します。

clear configure alias

コンフィギュレーションからすべての alias コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure alias コマンドを使用します。

clear configure alias

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear alias から変更されました。

次に、コンフィギュレーションからすべての alias コマンドを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure alias
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

alias

特定のアドレスを別のアドレスに変換します。

show running-config alias

オーバーラップするアドレスをデュアル NAT コマンドとともにコンフィギュレーション内に表示します。

clear configure arp

arp コマンドで追加したスタティック ARP エントリをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure arp コマンドを使用します。

clear configure arp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

configure キーワードが追加されました。

次に、コンフィギュレーションからスタティック ARP エントリをクリアする例を示します。

hostname# clear configure arp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp

スタティック ARP エントリを追加します。

arp-inspection

トランスペアレント ファイアウォール モードの場合に、ARP スプーフィングを防止するために ARP パケットを検査します。

firewall transparent

ファイアウォール モードをトランスペアレントに設定します。

show arp statistics

ARP 統計情報を表示します。

show running-config arp

ARP タイムアウトの現在の設定を表示します。

clear configure arp-inspection

ARP 検査のコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure arp-inspection コマンドを使用します。

clear configure arp-inspection

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear arp-inspection から変更されました。

次に、ARP 検査のコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure arp-inspection
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp

スタティック ARP エントリを追加します。

arp-inspection

トランスペアレント ファイアウォール モードの場合に、ARP スプーフィングを防止するために ARP パケットを検査します。

firewall transparent

ファイアウォール モードをトランスペアレントに設定します。

show arp statistics

ARP 統計情報を表示します。

show running-config arp

ARP タイムアウトの現在の設定を表示します。

clear configure asdm

実行コンフィギュレーションからすべての asdm コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure asdm コマンドを使用します。

clear configure asdm [ location | group ]

 
シンタックスの説明

group

(任意)実行コンフィギュレーションから asdm group コマンドだけをクリアします。

location

(任意)実行コンフィギュレーションから asdm location コマンドだけをクリアします。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear pdm コマンドとして、このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear pdm コマンドから clear configure asdm コマンドに変更されました。

 
使用上のガイドライン

実行コンフィギュレーションの asdm コマンドを表示するには、 show running-config asdm コマンドを使用します。

コンフィギュレーションから asdm location コマンドと asdm group コマンドをクリアすると、次回 ASDM がアクセスされるときに ASDM がこれらのコマンドを再生成しますが、アクティブ ASDM セッションを中断させる可能性があります。


) マルチ コンテキスト モードで稼働している FWSM では、ユーザ コンテキストでのみ clear configure asdm group コマンドと clear configure asdm location コマンドを使用できます。


次に、実行コンフィギュレーションから asdm group コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure asdm group
hostname(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

asdm group

これは ASDM が使用するコマンドで、インターフェイスにオブジェクト グループ名を関連付けます。

asdm location

これは ASDM が使用するコマンドで、インターフェイスのアソシエーションに IP アドレスを記録します。

show running-config asdm

実行コンフィギュレーション内に asdm コマンドを表示します。

clear configure auth-prompt

以前に指定した認証プロンプト チャレンジ テキストがある場合にそれを削除して、デフォルト値に戻すには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure auth-prompt コマンドを使用します。

clear configure auth-prompt

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear auth-prompt コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear auth-prompt から変更されました。

 
使用上のガイドライン

認証プロンプトをクリアすると、ユーザがログインするときに表示されるプロンプトは、使用しているプロトコルに応じて次の説明が表示されます。

HTTP を使用してログインするユーザに表示されるプロンプト:HTTP Authentication

FTP を使用してログインするユーザに表示されるプロンプト:FTP Authentication

Telnet を使用してログインするユーザには、プロンプトが表示されません。

次に、auth-prompt をクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure auth-prompt

 
関連コマンド

auth-prompt

ユーザ許可のプロンプトを設定します。

show running-config auth-prompt

ユーザ許可のプロンプトを表示します。

clear configure auto-update

Auto Update Server のコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure auto-update コマンドを使用します。

clear configure auto-update

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP 検査のコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure auto-update
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

auto-update device-id

Auto Update Server で使用する FWSM デバイス ID を設定します。

auto-update poll-period

FWSM が Auto Update Server からの更新をチェックする頻度を設定します。

auto-update server

Auto Update Server を識別します。

auto-update timeout

Auto Update Server がタイムアウト期間アクセスされていない場合に、FWSM を通過するトラフィックを停止します。

show running-config auto-update

Auto Update Server のコンフィギュレーションを表示します。

clear configure banner

すべてのバナーを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure banner コマンドを使用します。

clear configure banner

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

clear banner コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear configure banner に変更されました。

次に、バナーをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure banner
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner

セッション バナー、ログイン バナー、または MoTD(Message-of-The-Day)バナーを設定します。

show running-config banner

すべてのバナーを表示します。

clear configure ca certificate map

すべての証明書マップ エントリまたは指定した証明書マップ エントリを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ca certificate map コマンドを使用します。

clear configure ca certificate map [ sequence-number ]

 
シンタックスの説明

sequence-number

(任意)削除する証明書マップ ルールの番号を指定します。範囲は、1 ~ 65535 です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての証明書マップ エントリを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure ca certificate map
hostname(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ca certificate map

CA 証明書マップ モードを開始します。

clear configure class

クラスのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure class コマンドを使用します。

clear configure class

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

該当なし

該当なし

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear class から変更されました。

次に、クラスのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure class
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class

リソース クラスを設定します。

context

セキュリティ コンテキストを設定します。

limit-resource

クラスのリソース制限を設定します。

member

リソース クラスにコンテキストを割り当てます。

show class

クラスに割り当てられたコンテキストを表示します。

clear configure class-map

すべてのクラス マップを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure class-map コマンドを使用します。

clear configure class-map

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

特定のクラス マップ名のクラス マップをクリアするには、 class-map コマンドの no 形式を使用します。

次に、設定したすべてのクラス マップをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure class-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

インターフェイスにトラフィック クラスを適用します。

show running-config class-map

クラス マップの設定情報を表示します。

clear configure command-alias

非デフォルトのすべてのコマンド エイリアスを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure command-alias コマンドを使用します。

clear configure command-alias

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、非デフォルトのすべてのコマンド エイリアスを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure command-alias

 
関連コマンド

コマンド
説明

command-alias

コマンド エイリアスを作成します。

show running-config command-alias

非デフォルトのすべてのコマンド エイリアスを表示します。

clear configure console

コンソール接続の設定をデフォルト値にリセットするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure console コマンドを使用します。

clear configure console

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、コンソール接続の設定をデフォルト値にリセットする例を示します。

hostname(config)# clear configure console

 
関連コマンド

コマンド
説明

console timeout

FWSM とのコンソール接続のアイドル タイムアウトを設定します。

show running-config console timeout

FWSM に対するコンソール接続のアイドル タイムアウトを表示します。

clear configure context

システム コンフィギュレーションのすべてのコンテキスト コンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure context コマンドを使用します。

clear configure context [ noconfirm ]

 
シンタックスの説明

noconfirm

(任意)確認プロンプトを表示することなく、すべてのコンテキストを削除します。このオプションは、自動化されたスクリプトで便利です。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

該当なし

該当なし

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear context から変更されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、管理コンテキストを含む、すべてのコンテキストを削除できます。管理コンテキストは、 no context コマンドを使用して削除できませんが、 clear configure context コマンドを使用して削除できます。

次に、削除の確認プロンプトを表示することなく、システム コンフィギュレーションからすべてのコンテキストを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure context noconfirm
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

admin-context

admin コンテキストを設定します。

changeto

コンテキストとシステム実行スペースを切り替えます。

context

システム コンフィギュレーション内にセキュリティ コンテキストを作成し、コンテキスト コンフィギュレーション モードを開始します。

mode

コンテキスト モードをシングルまたはマルチに設定します。

show context

コンテキスト(システム実行スペース)リストまたは現在のコンテキストに関する情報を表示します。

clear configure crypto

IPSec、暗号マップ、ダイナミック クリプト マップ、CA トラストポイント、すべての証明書、証明書マップのコンフィギュレーション、ISAKMP を含む、すべての暗号コンフィギュレーションを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure crypto コマンドを使用します。特定のコンフィギュレーションを削除するには、構文に表示されるように、キーワードを指定してこのコマンドを使用します。このコマンドを使用する場合は、注意してください。

clear configure crypto [ ca | dynamic-map | ipsec | iskamp | map ]

 
シンタックスの説明

ca

CA ポリシーを削除します。

dynamic-map

ダイナミック クリプト マップのコンフィギュレーションを削除します。

ipsec

IPSec のコンフィギュレーションを削除します。

isakmp

ISAKMP のコンフィギュレーションを削除します。

map

暗号マップのコンフィギュレーションを削除します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードで、FWSM から暗号コンフィギュレーションをすべて削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure crypto
hostname(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear configure crypto dynamic-map

コンフィギュレーションからすべてのダイナミック クリプト マップまたは指定したダイナミック クリプト マップをクリアします。

clear configure crypto map

コンフィギュレーションからすべての暗号マップまたは指定した暗号マップをクリアします。

clear configure isakmp policy

ISAKMP ポリシー設定をすべて消去します。

show running-config crypto

IPSec、暗号マップ、ダイナミック クリプト マップ、ISAKMP を含む、すべての暗号コンフィギュレーションを表示します。

clear configure crypto ca trustpoint

コンフィギュレーションからすべてのトラストポイントを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure crypto ca trustpoint コマンドを使用します。

clear configure crypto ca trustpoint

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードで、コンフィギュレーションからすべてのトラストポイントを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure crypto ca trustpoint
hostname(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ca trustpoint

指定されたトラストポイントのトラストポイント サブコンフィギュレーション レベルを開始します。

clear configure crypto dynamic-map

コンフィギュレーションからすべてのダイナミック クリプト マップまたは指定したダイナミック クリプト マップを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure crypto dynamic-map コマンドを使用します。

clear configure crypto dynamic-map dynamic-map-name dynamic-seq-num

 
シンタックスの説明

dynamic-map-name

特定のダイナミック クリプト マップの名前を指定します。

dynamic-seq-num

ダイナミック クリプト マップのシーケンス番号を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear crypto dynamic-map から変更されました。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードで、コンフィギュレーションからシーケンス番号が 3 のダイナミック クリプト マップ mymaps を削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure crypto dynamic-map mymaps 3
hostname(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear configure crypto map

すべての暗号マップまたは指定した暗号マップのコンフィギュレーションをクリアします。

show running-config crypto dynamic-map

すべてのダイナミック クリプト マップのアクティブ コンフィギュレーションを表示します。

show running-config crypto map

すべての暗号マップのアクティブ コンフィギュレーションを表示します。

clear configure crypto map

コンフィギュレーションからすべての暗号マップまたは指定した暗号マップを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure crypto map コマンドを使用します。

clear configure crypto map map-name seq-num

 
シンタックスの説明

map-name

特定の暗号マップの名前を指定します。

seq-num

暗号マップのシーケンス番号を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードで、コンフィギュレーションからシーケンス番号が 3 の暗号マップ mymaps を削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure crypto map mymaps 3
hostname(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear configure crypto dynamic-map

すべてのダイナミック クリプト マップまたは指定したダイナミック クリプト マップのコンフィギュレーションをクリアします。

crypto map interface

インターフェイスに暗号マップを適用します。

show running-config crypto map

すべての暗号マップのアクティブ コンフィギュレーションを表示します。

show running-config crypto dynamic-map

すべてのダイナミック クリプト マップのアクティブ コンフィギュレーションを表示します。

clear configure dhcpd

DHCP サーバ コマンド、バインディング、および統計情報をすべてクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure dhcpd コマンドを使用します。

clear configure dhcpd

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure dhcpd コマンドは、 dhcpd コマンド、バインディング、および統計情報をすべてクリアします。統計カウンタまたはバインディング情報だけをクリアするには、 clear dhcpd コマンドを使用します。

次に、すべての dhcpd コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure dhcpd
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear dhcpd

DHCP サーバのバインディングおよび統計カウンタをクリアします。

show running-config dhcpd

現在の DHCP サーバ設定を表示します。

clear configure dhcprelay

DHCP リレーのコンフィギュレーションをすべてクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure dhcprelay コマンドを使用します。

clear configure dhcprelay

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure dhcprelay コマンドは、DHCP リレーの統計情報とコンフィギュレーションをクリアします。DHCP の統計カウンタだけをクリアするには、 clear dhcprelay statistics コマンドを使用します。

次に、DHCP リレーのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure dhcprelay
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear dhcprelay statistics

DHCP リレー エージェント統計情報カウンタをクリアします。

debug dhcprelay

DHCP リレー エージェントのデバッグ情報を表示します。

show dhcprelay statistics

DHCPリレー エージェント統計情報を表示します。

show running-config dhcprelay

DHCP リレー エージェントの現在の設定を表示します。

clear configure dns

すべての DNS コマンドをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure dns コマンドを使用します。

clear configure dns

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての DNS コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure dns
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

dns domain-lookup

FWSM による名前検索をイネーブルにします。

dns name-server

DNS サーバ アドレスを設定します。

dns retries

FWSM が応答を受信しない場合に、DNS サーバ リストを再試行する回数を指定します。

dns timeout

次の DNS サーバを試行するまでの待機時間を指定します。

show dns-hosts

DNS キャッシュを表示します。

clear configure established

確立されたすべてのコマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure established コマンドを使用します。

clear configure established

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear established から変更されました。

 
使用上のガイドライン

established コマンドで作成し、確立されている接続を削除するには、 clear local-hosts コマンドを入力します。

次に、確立されたコマンドを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure established
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

established

確立された接続に基づくポートで、リターン接続を許可します。

show running-config established

確立された接続に基づいて許可された着信接続を表示します。

clear local-hosts

現在の接続をクリアします。

clear configure failover

コンフィギュレーションから failover コマンドを削除して、デフォルト値に戻すには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure failover コマンドを使用します。

clear configure failover

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear failover コマンドとして、このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear failover から clear configure failover に変更されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、実行コンフィギュレーションからすべての failover コマンドをクリアして、デフォルト値に戻します。 show running-config failover コマンドに all キーワードを使用すると、デフォルトのフェールオーバーのコンフィギュレーションが表示されます。

clear configure failover コマンドは、マルチ コンフィギュレーション モードのセキュリティ コンテキストで使用できません。システムの実行スペースでコマンドを入力する必要があります。

次に、コンフィギュレーションからすべての failover コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure failover
hostname(config)# show running-configuration failover
no failover
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config failover

実行コンフィギュレーションの failover コマンドを表示します。

clear configure filter

URL、FTP、および HTTPS フィルタリングのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure filter コマンドを使用します。

clear configure filter

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear filter から変更されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure filter コマンドは、URL、FTP、および HTTPS フィルタリングのコンフィギュレーションをクリアします。

次に、URL、FTP、および HTTPS フィルタリングのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure filter
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

filter ftp

URL フィルタリング サーバでフィルタリングされる FTP(ファイル転送プロトコル)トラフィックを識別します。

filter https

Websense サーバでフィルタリングされる HTTPS トラフィックを識別します。

filter url

トラフィックを URL フィルタリング サーバに転送します。

show running-config filter

フィルタリングのコンフィギュレーションを表示します。

url-server

filter コマンドで使用する N2H2 または Websense サーバを識別します。

clear configure firewall

ファイアウォール モードをデフォルトのルーテッド モードに設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure firewall コマンドを使用します。

clear configure firewall

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

マルチ コンテキスト モードでは、コンテキスト内でのみこのコマンドを入力できます。以前は、システムの実行スペースに入力していました。また、このコマンドが clear firewall から変更されました。

次に、ファイアウォール モードをデフォルトに設定する例を示します。

hostname(config)# clear configure firewall
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

arp

スタティック ARP エントリを追加します。

firewall transparent

ファイアウォール モードをトランスペアレントに設定します。

show arp statistics

ARP 統計情報を表示します。

show running-config arp

ARP タイムアウトの現在の設定を表示します。

clear configure fixup

フィックスアップのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure fixup コマンドを使用します。

clear configure fixup

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear fixup コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear fixup から変更されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure fixup コマンドは、フィックスアップのコンフィギュレーションを削除します。

次に、フィックスアップのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure fixup
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

セキュリティ アクションを適用するトラフィック クラスを定義します。

policy-map

特定のセキュリティ アクションにクラス マップを対応付けます。

clear configure fragment

すべての IP フラグメント再構成のコンフィギュレーションをデフォルト値にリセットするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure fragment コマンドを使用します。

clear configure fragment [ interface ]

 
シンタックスの説明

interface

(任意)FWSM インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

interface を指定しない場合、このコマンドはすべてのインターフェイスに適用されます

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear fragment コマンドが追加されました。

3.1(1)

configure キーワードとオプションの interface 引数が追加されました。また、このコマンドが 2 つのコマンド( clear fragment clear configure fragment )に分かれ、運用データのクリアとコンフィギュレーション データのクリアが区別されるようになりました。

 
使用上のガイドライン

clear configure fragment コマンドは、すべての IP フラグメント再構成のコンフィギュレーションをデフォルト値にリセットします。さらに、chain、size、および timeout キーワードは、デフォルト値にリセットされます。説明は、次のとおりです。

chain は、24 パケットです。

size は、200 です。

timeout は、5 秒です。

次に、すべての IP フラグメント再構成のコンフィギュレーションをデフォルト値にリセットする例を示します。

hostname(config)# clear configure fragment

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear fragment

IP フラグメント再構成モジュールの処理データを消去します。

fragment

パケット フラグメンテーションをさらに詳細に管理して、NFS との互換性を高めます。

show fragment

IP フラグメント再構成モジュールの処理データを表示します。

show running-config fragment

IP フラグメント再構成設定を表示します。

clear configure ftp

FTP のコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ftp コマンドを使用します。

clear configure ftp

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure ftp コマンドは、FTP のコンフィギュレーションをクリアします。

次に、FTP のコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure filter
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

filter ftp

URL フィルタリング サーバでフィルタリングされる FTP(ファイル転送プロトコル)トラフィックを識別します。

filter https

Websense サーバでフィルタリングされる HTTPS トラフィックを識別します。

filter url

トラフィックを URL フィルタリング サーバに転送します。

show running-config filter

フィルタリングのコンフィギュレーションを表示します。

url-server

filter コマンドで使用する N2H2 または Websense サーバを識別します。

clear configure ftp-map

FTP マップのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ftp-map コマンドを使用します。

clear configure ftp-map

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure ftp-map コマンドは、FTP マップのコンフィギュレーションを削除します。

次に、FTP マップのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure ftp-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

セキュリティ アクションを適用するトラフィック クラスを定義します。

ftp-map

FTP マップを定義し、FTP マップ コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

inspect ftp

特定の FTP マップがアプリケーション検査で使用されるようにします。

request-command deny

禁止する FTP コマンドを指定します。

clear configure global

コンフィギュレーションから global コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure global コマンドを使用します。

clear configure global

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear global から変更されました。

次に、コンフィギュレーションから global コマンドを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure global
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

global

グローバル アドレス プールからエントリを作成します。

show running-config global

コンフィギュレーションの global コマンドを表示します。

clear configure group-policy

特定のグループ ポリシーのコンフィギュレーションを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure group-policy コマンドを使用して、グループ ポリシーの名前を追加します。デフォルトのグループ ポリシー以外のすべてのグループ ポリシー コマンドをコンフィギュレーションから削除するには、引数を指定せずにこのコマンドを使用します。

clear configure group-policy [ name ]

 
シンタックスの説明

name

グループ ポリシーの名前を指定します。

 
デフォルト

デフォルトのグループ ポリシー以外のすべてのグループ ポリシー コマンドをコンフィギュレーションから削除します。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、FirstGroup という名前のグループ ポリシーのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure group-policy FirstGroup

 
関連コマンド

コマンド
説明

group-policy

グループ ポリシーを作成、編集、または削除します。

group-policy attributes

グループポリシー属性モードを開始し、指定されたグループ ポリシーの AVP を設定できるようにします。

show running-config group-policy

特定のグループ ポリシーまたはすべてのグループ ポリシーの実行コンフィギュレーションを表示します。

clear configure gtp-map

GTP マップのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure gtp-map コマンドを使用します。

clear configure gtp-map

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure gtp -map コマンドは、GTP マップのコンフィギュレーションを削除します。

次に、GTP マップのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure gtp-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear service-policy inspect gtp

グローバル GTP 統計情報を消去します。

debug gtp

GTP 検査の詳細情報を表示します。

gtp-map

GTP マップを定義し、GTP マップ コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

inspect gtp

特定の GTP マップがアプリケーション検査で使用されるようにします。

show service-policy inspect gtp

GTP 設定を表示します。

clear configure hostname

ホスト名をデフォルトにリセットするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure hostname コマンドを使用します。

clear configure hostname

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルトのホスト名は FWSM です。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

configure キーワードが追加されました。

次に、ホスト名をクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure hostname
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner

ログイン、MoTD(Message of The Day)、またはイネーブル バナーを設定します。

domain-name

デフォルトのドメイン名を設定します。

hostname

FWSM のホスト名を設定します。

clear configure http

HTTP サーバをディセーブルにして、設定されたホスト(HTTP サーバにアクセス可能なホスト)を削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure http コマンドを使用します。

clear configure http

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

既存

このコマンドは既存コマンドです。

次に、HTTP のコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure http
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

http

IP アドレスおよびサブネット マスクを使用して HTTP サーバにアクセスできるホストを指定します。また、ホストが HTTP サーバにアクセスできる FWSM インターフェイスを指定します。

http authentication-certificate

FWSM との HTTPS 接続を確立しているユーザからの証明書を介して、認証を要求します。

http server enable

HTTP サーバをイネーブルにします。

show running-config http

HTTP サーバがイネーブルであるかどうかに関係なく、HTTP サーバにアクセスできるホストを表示します。

clear configure http-map

HTTP マップのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure http-map コマンドを使用します。

clear configure http-map

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure http-map コマンドは、HTTP マップのコンフィギュレーションを削除します。

次に、HTTP マップのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure http-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

セキュリティ アクションを適用するトラフィック クラスを定義します。

debug http-map

HTTP マップに関連付けられたトラフィックの詳細情報を表示します。

http-map

拡張 HTTP 検査を設定するために HTTP マップを定義します。

inspect http

特定の HTTP マップがアプリケーション検査で使用されるようにします。

policy-map

特定のセキュリティ アクションにクラス マップを対応付けます。

clear configure icmp

ICMP トラフィックに対して設定されたアクセス ルールをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure icmp コマンドを使用します。

clear configure icmp

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure icmp コマンドは、ICMP トラフィックに対して設定されたアクセス ルールをクリアします。

次に、ICMP トラフィックに対して設定されたアクセス ルールをクリアする例を示します。

hostname# clear configure icmp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear configure icmp

ICMP 設定を消去します。

debug icmp

ICMP のデバッグ情報表示をイネーブルにします。

show icmp

ICMP 設定を表示します。

timeout icmp

ICMP のアイドル タイムアウトを設定します。

clear configure interface

インターフェイスのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure interface コマンドを使用します。

clear configure interface [ mapped_name | interface_name ]

 
シンタックスの説明

interface_name

(任意) nameif コマンドで設定されたインターフェイス名を識別します。

mapped_name

(任意)マルチ コンテキスト モードの場合、 allocate-interface コマンドを使用して割り当てられたマッピング名を識別します。

 
デフォルト

インターフェイスを指定しないと、FWSM がすべてのインターフェイスのコンフィギュレーションをクリアします。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

システム実行スペース内ではインターフェイス名を使用できません。 nameif コマンドを使用できるのは、コンテキスト内のみです。同様に、 allocate-interface コマンドを使用してマッピング名にインターフェイス ID をマッピングした場合、このマッピング名を使用できるのはコンテキスト内のみです。

次に、インターフェイスのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure interface
 

次に、内部インターフェイスのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure interface inside
 

次に、コンテキスト内の int1 インターフェイスのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。「int1」はマッピング名です。

hostname/contexta(config)# clear configure interface int1
 

次に、すべてのインターフェイスのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure interface
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

allocate-interface

セキュリティ コンテキストにインターフェイスおよびサブインターフェイスを割り当てます。

clear interface

show interface コマンドのカウンタを消去します。

interface

インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

show interface

インターフェイスのランタイム ステータスおよび統計情報を表示します。

 

clear configure interface bvi

ブリッジ仮想インターフェイスのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure interface bvi コマンドを使用します。

clear configure interface bvi bridge_group_number

 
シンタックスの説明

bridge_group_number

ブリッジ グループ番号を 1 ~ 100 の整数で指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ブリッジ グループ 1 のインターフェイスのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure interface bvi 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

bridge-group

トランスペアレント ファイアウォール インターフェイスをブリッジ グループにグループ化します。

interface

インターフェイスを設定します。

interface bvi

管理 IP アドレスを設定できるように、ブリッジ グループについてインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ip address

ブリッジ グループの管理 IP アドレスを設定します。

show running-config interface bvi

ブリッジ仮想インターフェイスの設定を表示します。

clear configure ip

ip address コマンドで設定したすべての IP アドレスをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ip コマンドを使用します。

clear configure ip

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

トランスペアレント ファイアウォール モードの場合、このコマンドはブリッジ グループの管理 IP アドレスをクリアします。

古い IP アドレスを使用する現在のすべての接続を停止するには、clear local-hosts コマンドを入力します。入力しない場合は、従来どおりに接続がタイムアウトします。

次に、すべての IP アドレスをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure ip
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

allocate-interface

セキュリティ コンテキストにインターフェイスおよびサブインターフェイスを割り当てます。

clear configure interface

インターフェイスに対応するすべてのコンフィギュレーションを消去します。

interface

インターフェイスを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ip address

インターフェイスの IP アドレスを設定します。

show running-config interface

インターフェイスのコンフィギュレーションを表示します。

clear configure ip local pool

IP アドレス プールを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ip local pool コマンドを使用します。

clear ip local pool [ poolname ]

 
シンタックスの説明

poolname

(任意)IP アドレス プールの名前を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、実行コンフィギュレーションからすべての IP アドレス プールを削除する例を示します。

hostname(config)# clear config ip local pool
hostname(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear configure ip local pool

すべての IP ローカル プールを削除します。

ip local pool

IP アドレス プールを設定します。

clear configure ip verify reverse-path

ip verify reverse-path のコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ip verify reverse-path コマンドを使用します。

clear configure ip verify reverse-path

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear ip verify reverse-path コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear configure ip verify reverse-path に変更されました。

次に、すべてのインターフェイスに対する ip verify reverse-path のコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure ip verify reverse-path
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip verify statistics

ユニキャスト Reverse Path Fowarding(RPF)統計情報を消去します。

ip verify reverse-path

IP スプーフィングを防止するためにユニキャスト RPF 機能をイネーブルにします。

show ip verify statistics

ユニキャスト RPF 統計情報を表示します。

show running-config ip verify reverse-path

ip verify reverse-path のコンフィギュレーションを表示します。

clear configure ipv6

実行コンフィギュレーションからグローバル IPv6 コマンドをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ipv6 コマンドを使用します。

clear configure ipv6 [ route | access-list ]

 
シンタックスの説明

route

(任意)IPv6 ルーティング テーブルのルートを静的に定義するコマンドを実行コンフィギュレーションからクリアします。

access-list

(任意)実行コンフィギュレーションから IPv6 アクセス リストのコマンドをクリアします。

 
デフォルト

キーワードを指定しない場合、このコマンドは実行コンフィギュレーションからすべての IPv6 コマンドをクリアします。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、実行コンフィギュレーションからグローバル IPv6 コマンドだけをクリアします。インターフェイス コンフィギュレーション モードで入力された IPv6 コマンドはクリアしません。

次に、静的に定義された IPv6 ルートを IPv6 ルーティング テーブルからクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure ipv6 route
hostname(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 route

IPv6 ルーティング テーブルにスタティック ルートを定義します。

show ipv6 route

IPv6 ルーティング テーブルの内容を表示します。

show running-config ipv6

実行コンフィギュレーション内に IPv6 コマンドを表示します。

clear configure isakmp

ISAKMP のコンフィギュレーションをすべて削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure isakmp コマンドを使用します。

clear configure isakmp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードで、FWSM から ISAKMP のコンフィギュレーションをすべて削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure isakmp
hostname(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear configure isakmp policy

ISAKMP ポリシー設定をすべて消去します。

isakmp enable

IPSec ピアが FWSM と通信するインターフェイス上で、ISAKMP ネゴシエーションをイネーブルにします。

show isakmp stats

ランタイムの統計情報を表示します。

show isakmp sa

IKE ランタイム SA データベースおよび追加情報を表示します。

show running-config isakmp

アクティブなすべての設定を表示します。

clear configure isakmp policy

ISAKMP ポリシーのコンフィギュレーションをすべて削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure isakmp policy コマンドを使用します。

clear configure isakmp policy priority

 
シンタックスの説明

priority

クリアする ISAKMP プライオリティのプライオリティを指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、プライオリティ 3 の ISAKMP ポリシーをコンフィギュレーションから削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure isakmp policy 3
hostname(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

isakmp enable

IPSec ピアが FWSM と通信するインターフェイス上で、ISAKMP ネゴシエーションをイネーブルにします。

show isakmp stats

ランタイムの統計情報を表示します。

show isakmp sa

IKE ランタイム SA データベースおよび追加情報を表示します。

show running-config isakmp

アクティブなすべての設定を表示します。

clear configure logging

ロギング コンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure logging コマンドを使用します。

clear configure logging [ disabled | level ]

 
シンタックスの説明

ディセーブル

(任意)ディセーブルにされたすべてのシステム ログ メッセージを再イネーブルにするように指定します。このオプションを使用する場合、他のロギング コンフィギュレーションはクリアされません。

level

(任意)システム ログ メッセージの重大度の割り当てをデフォルト値にリセットするように指定します。このオプションを使用する場合、他のロギング コンフィギュレーションはクリアされません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show running-config logging コマンドを使用して、すべてのロギング コンフィギュレーションの設定を表示できます。disabled または level キーワードを指定せずに clear configure logging コマンドを使用すると、すべてのロギング コンフィギュレーションの設定がクリアされます。

次に、ロギング コンフィギュレーションをクリアする例を示します。 show logging コマンドの出力は、すべてのロギング機能がディセーブルにされていることを示します。

hostname(config)# clear configure logging
hostname(config)# show logging
Syslog logging: disabled
Facility: 20
Timestamp logging: disabled
Standby logging: disabled
Deny Conn when Queue Full: disabled
Console logging: disabled
Monitor logging: disabled
Buffer logging: disabled
Trap logging: disabled
History logging: disabled
Device ID: disabled
Mail logging: disabled
ASDM logging: disabled
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show logging

イネーブルに設定されているロギング オプションを表示します。

show running-config logging

実行コンフィギュレーションのうち、ロギング関連の部分を表示します。

clear configure logging rate-limit

ロギング レート制限をデフォルトにリセットするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure logging rate-limit コマンドを使用します。

clear configure logging rate-limit

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ロギング レート制限をリセットする例を示します。

hostname(config)# clear configure logging rate-limit
 

情報が消去されると、ホストが接続を再確立するまで何も表示されません。

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging rate limit

システム ログ メッセージが生成されるレートを制限します。

show running config logging rate-limit

現在のロギング レート制限の設定を表示します。

clear configure mac-address-table

mac-address-table static mac-address-table aging-time コンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure mac-address-table コマンドを使用します。

clear configure mac-address-table

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、 mac-address-table static mac-address-table aging-time コンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure mac-address-table
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

firewall transparent

ファイアウォール モードをトランスペアレントに設定します。

mac-address-table aging-time

ダイナミック MAC(メディア アクセス制御)アドレス エントリのタイムアウトを設定します。

mac-address-table static

MAC(メディア アクセス制御)アドレス テーブルにスタティック MAC アドレス エントリを追加します。

mac-learn

インターフェイスの MAC アドレス ラーニングをディセーブルにします。

show mac-address-table

ダイナミック エントリおよびスタティック エントリを含めて、MAC アドレス テーブルを表示します。

clear configure mac-learn

mac-learn コンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure mac-learn コマンドを使用します。

clear configure mac-learn

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear mac-learn から変更されました。

次に、 mac-learn コンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure mac-learn
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

firewall transparent

ファイアウォール モードをトランスペアレントに設定します。

mac-address-table static

MAC(メディア アクセス制御)アドレス テーブルにスタティック MAC アドレス エントリを追加します。

mac-learn

インターフェイスの MAC アドレス ラーニングをディセーブルにします。

show mac-address-table

ダイナミック エントリおよびスタティック エントリを含めて、MAC アドレス テーブルを表示します。

clear configure mac-list

指定した MAC アドレスのリスト( mac-list コマンドで以前に指定したリスト)を削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure mac-list コマンドを使用します。

clear configure mac-list id

 
シンタックスの説明

id

MAC アドレスのリスト名

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

MAC アドレスのリストを削除するには、 clear mac-list コマンドを使用します。

次に、MAC アドレス リストをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure mac-list firstmaclist

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac-list

初回一致の検索を使用した MAC アドレスのリストを追加します。

show running-config mac-list

id 値で指定した MAC アドレス リストの MAC アドレスを表示します。

clear configure management-access

FWSM の管理アクセスに対する内部インターフェイスのコンフィギュレーションを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure management-access コマンドを使用します。

clear configure management-access

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

configure キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

management-access コマンドを使用すると、 mgmt_if で指定されたファイアウォール インターフェイスの IP アドレスを使用して、内部管理インターフェイスを定義することができます(インターフェイス名は nameif コマンドで定義され、 show interface コマンドの出力では引用符 " " で囲まれて表示されます)。 clear configure management-access コマンドは、 management-access コマンドで指定した内部管理インターフェイスのコンフィギュレーションを削除します。

次に、FWSM の管理アクセスに対する内部インターフェイスのコンフィギュレーションを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure management-access

 
関連コマンド

コマンド
説明

management-access

内部インターフェイスを管理アクセス用に設定します。

show running-config management-access

管理アクセスに対して設定された内部インターフェイスの名前を表示します。

clear configure mgcp-map

MGCP マップのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure mgcp-map コマンドを使用します。

clear configure mgcp-map

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure mgcp-map は、MGCP マップのコンフィギュレーションをクリアします。

次に、MGCP マップのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure mgcp-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug mgcp

MGCP のデバッグ情報をイネーブルにします。

mgcp-map

MGCP マップを定義し、MGCP マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

show conn

各接続タイプの接続状態を表示します。

show mgcp

FWSM を介して確立された MGCP セッションの情報を表示します。

clear configure monitor-interface

実行コンフィギュレーションからすべての monitor-interface コマンドを削除して、デフォルトのインターフェイス ヘルス モニタリングに戻すには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure monitor-interface コマンドを使用します。

clear configure monitor-interface

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトでは、フェールオーバーで仮想インターフェイスが監視されません。 clear monitor-interface コマンドは、実行コンフィギュレーションから monitor-interface コマンドをクリアします。実行コンフィギュレーションの monitor-interface コマンドを表示するには、 show running-config monitor-interface コマンドを使用します。

次に、実行コンフィギュレーションから monitor-interface コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure monitor-interface
hostname(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

monitor-interface

フェールオーバー用に指定されたインターフェイスのヘルス モニタリングをイネーブルにします。

show running-config monitor-interface

実行コンフィギュレーションに含まれている monitor-interface コマンドを表示します。

clear configure mroute

実行コンフィギュレーションから mroute コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure mroute コマンドを使用します。

clear configure mroute

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、コンフィギュレーションから mroute コマンドを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure mroute
hostname(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mroute

スタティック マルチキャスト ルートを設定します。

show mroute

IPv4 マルチキャスト ルーティング テーブルを表示します。

show running-config mroute

設定されたマルチキャスト ルートを表示します。

clear configure mtu

すべてのインターフェイス上に設定された Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)値をクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure mtu コマンドを使用します。

clear configure mtu

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

clear configure mtu コマンドを使用すると、すべてのイーサネット インターフェイスの MTU がデフォルトの 1500 に設定されます。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのインターフェイス上の現在の MTU 値をクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure mtu
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mtu

インターフェイスに MTU を指定します。

show running-config mtu

現在の MTU ブロック サイズを表示します。

clear configure multicast-routing

実行コンフィギュレーションから multicast-routing コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure multicast-routing コマンドを使用します。

clear configure multicast-routing

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure multicast-routing コマンドは、実行コンフィギュレーションから multicast-routing を削除します。 no multicast-routing コマンドでも、実行コンフィギュレーションから multicast-routing コマンドが削除されます。

次に、実行コンフィギュレーションから multicast-routing コマンドを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure multicast-routing
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

multicast-routing

FWSM のマルチキャスト ルーティングをイネーブルにします。

clear configure name

コンフィギュレーションから名前のリストをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure name コマンドを使用します。

clear configure name

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear name コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear configure name に変更されました。

次に、名前のリストをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure name

 
関連コマンド

コマンド
説明

name

IP アドレスに名前を関連付けます。

show running-config name

IP アドレスに関連付けられた名前のリストを表示します。

clear configure nat

NAT のコンフィギュレーションを削除するには、特権 EXEC モードで clear configure nat コマンドを使用します。

clear configure nat

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

特権 EXEC

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

2.2(1)

ローカル ホストの UDP 最大接続数をサポートするように、このコマンドが変更されました。

3.1(1)

このコマンドが clear nat から変更されました。

 
使用上のガイドライン

次の内容は、トランスペアレント ファイアウォール モードに適用されます。


) トランスペアレント ファイアウォール モードの場合、有効な NAT ID は 0 だけです。


次に、NAT のコンフィギュレーションを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure nat
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

nat

ネットワークにグローバル IP アドレスのプールを対応付けます。

show running-config nat

ネットワークに対応付られているグローバル IP アドレス プールを表示します。

clear configure object-group

コンフィギュレーションからすべての object group コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure object-group コマンドを使用します。

clear configure object-group [{protocol | service | icmp-type | network}]

 
シンタックスの説明

icmp-type

(任意)すべての ICMP グループをクリアします。

network

(任意)すべてのネットワーク グループをクリアします。

protocol

(任意)すべてのプロトコル グループをクリアします。

service

(任意)すべてのサービス グループをクリアします。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear object-group から変更されました。

次に、コンフィギュレーションからすべての object-group コマンドを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure object-group
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

group-object

ネットワーク オブジェクト グループを追加します。

network-object

ネットワーク オブジェクト グループにネットワーク オブジェクトを追加します。

object-group

設定を最適化するオブジェクト グループを定義します。

port-object

サービス オブジェクト グループにポート オブジェクトを追加します。

show running-config object-group

現在のオブジェクト グループを表示します。

clear configure passwd

ログイン パスワードのコンフィギュレーションをクリアして、[cisco] のデフォルト設定に戻すには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure passwd コマンドを使用します。

clear configure { passwd | password }

 
シンタックスの説明

passwd | password

どちらのコマンドも入力できます。表記が異なるだけで内容は同じです。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear passwd コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear configure passwd に変更されました。

次に、ログイン パスワードをクリアして、[cisco] のデフォルトに戻す例を示します。

hostname(config)# clear configure passwd
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable

特権 EXEC モードを開始します。

enable password

イネーブル パスワードを設定します。

passwd

ログイン パスワードを設定します。

show curpriv

現在ログインしているユーザ名およびユーザ特権レベルを表示します。

show running-config passwd

暗号形式でログイン パスワードを表示します。

clear configure pim

実行コンフィギュレーションからグローバル pim コマンドをすべてクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure pim コマンドを使用します。

clear configure pim

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure pim コマンドは、実行コンフィギュレーションからすべての pim コマンドをクリアします。PIM トラフィックのカウンタとトポロジ情報をクリアするには、 clear pim counters コマンドと clear pim topology コマンドを使用します。

clear configure pim コマンドは、グローバル コンフィギュレーション モードで入力された pim コマンドだけをクリアします。インターフェイス固有の pim コマンドはクリアしません。

次に、実行コンフィギュレーションからすべての pim コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure pim
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear pim topology

PIM トポロジ テーブルをクリアします。

clear pim counters

PIM トラフィック カウンタをクリアします。

show running-config pim

実行コンフィギュレーション内に pim コマンドを表示します。

clear configure policy-map

コンフィギュレーションからポリシー マップの指定を解除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure policy-map コマンドを使用します。

clear configure policy-map

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、 clear configure policy-map コマンドの例を示します。

hostname(config)# clear configure policy-map

 
関連コマンド

コマンド
説明

policy-map

トラフィック クラスと 1 つ以上のアクションを関連付けたものであるポリシーを設定します。

show running-config policy-map

ポリシーのすべてのコンフィギュレーションを表示します。

clear configure prefix-list

実行コンフィギュレーションから prefix-list コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure prefix-list コマンドを使用します。

clear configure prefix-list [ prefix-list-name ]

 
シンタックスの説明

prefix-list-name

(任意)プレフィクス リストの名前。プレフィクス リストの名前が指定されると、そのプレフィクス リストのコマンドだけがコンフィギュレーションから削除されます。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear prefix-list コマンドとして、このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear prefix-list から clear configure prefix-list に変更されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure prefix-list コマンドは、実行コンフィギュレーションから prefix-list コマンドと prefix-list description コマンドを削除します。プレフィクス リスト名が指定されると、そのプレフィクス リストの prefix-list コマンドと prefix-list description コマンド(存在する場合)だけが実行コンフィギュレーションから削除されます。

このコマンドは、実行コンフィギュレーションから no prefix-list sequence コマンドを削除しません。

次に、実行コンフィギュレーションから MyPrefixList という名前のプレフィクス リストのすべての prefix-list コマンドを削除する例を示します。

hostname# clear configure prefix-list MyPrefixList
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config prefix-list

実行コンフィギュレーションに含まれている prefix-list コマンドを表示します。

clear configure privilege

コマンドに対して設定された特権レベルを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure privilege コマンドを使用します。

clear configure privilege

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear privilege コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear privilege から変更されました。

 
使用上のガイドライン

元に戻す機能はありません。

次に、コマンドに対して設定された特権レベルをリセットする例を示します。

hostname(config)# clear configure privilege

 
関連コマンド

コマンド
説明

privilege

コマンドの特権レベルを設定します。

show curpriv

現在の特権レベルを表示します。

show running-config privilege

コマンドの特権レベルを表示します。

clear configure rip

実行コンフィギュレーションから rip コマンドをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure rip コマンドを使用します。

clear configure rip

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear rip コマンドとして、このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear rip から clear configure rip に変更されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure rip コマンドは、コンフィギュレーションからすべての rip コマンドを削除します。特定のコマンドをクリアするには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、実行コンフィギュレーションからすべての RIP コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure rip
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug rip

RIP のデバッグ情報を表示します。

rip

指定されたインターフェイスに RIP を設定します。

show running-config rip

実行コンフィギュレーションの RIP コマンドを表示します。

clear configure route

コンフィギュレーションから connect キーワードを含まない route コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure route コマンドを使用します。

clear configure route [ interface_name ip_address [ netmask gateway_ip ]]

 
シンタックスの説明

gateway_ip

(任意)ゲートウェイ ルータの IP アドレス(このルートのネクスト ホップ アドレス)を指定します。

interface_name

(任意)内部または外部ネットワークのインターフェイス名

ip_address

(任意)内部または外部ネットワークの IP アドレス

netmask

(任意) ip_address に適用するネットワーク マスクを指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear route コマンドとして、このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear route から clear configure route に変更されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルト ルートを指定するには、 0.0.0.0 を使用します。0.0.0.0 の IP アドレスを 0 に、0.0.0.0 の netmask 0 に省略できます。

次に、コンフィギュレーションから connect キーワードを含まない route コマンドを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure route
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

route

インターフェイスのスタティックまたはデフォルト ルートを指定します。

show route

ルート情報を表示します。

show running-config route

設定されているルートを表示します。

clear configure route-map

ルート マップのすべてを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure route-map コマンドを使用します。

clear configure route-map

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear route-map コマンドとして、このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear route-map から clear configure route-map に変更されました。

 
使用上のガイドライン

コンフィギュレーション内のすべての route-map コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure route-map コマンドを使用します。 route-map コマンドは、あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を設定するのに使用されます。

それぞれの route-map コマンドを削除するには、 no route-map コマンドを使用します。

次に、あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure route-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

route-map

ルーティング プロトコル間でルートを再配布する条件を定義します。

show running-config route-map

ルート マップの設定情報を表示します。

clear configure router

実行コンフィギュレーションからすべてのルータ コマンドをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure router コマンドを使用します。

clear configure router [ ospf id ]

 
シンタックスの説明

id

OSPF プロセス ID

ospf

コンフィギュレーションから OSPF コマンドだけを削除するように指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear router コマンドとして、このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear router から clear configure router に変更されました。

次に、OSPF プロセス 1 に関連付けられたすべての OSPF コマンドを実行コンフィギュレーションからクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure router ospf 1
hostname(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config router

グローバル ルータ コンフィギュレーションに指定されているコマンドを表示します。

clear configure service-policy

イネーブルにされたポリシーに対するサービス ポリシーのコンフィギュレーションをクリアするには、特権 EXEC モードで clear configure service-policy コマンドを使用します。

clear configure service-policy

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

特権 EXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、 clear service-policy コマンドの例を示します。

hostname(config)# clear configure service-policy

 
関連コマンド

コマンド
説明

show service-policy

サービス ポリシーを表示します。

show running-config service-policy

実行コンフィギュレーションで設定されたサービス ポリシーを表示します。

service-policy

サービス ポリシーを設定します。

clear service-policy

サービス ポリシーの統計情報を消去します。

clear configure snmp-map

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)マップのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure snmp-map コマンドを使用します。

clear configure snmp-map

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure snmp-map コマンドは、SNMP マップのコンフィギュレーションを削除します。

次に、SNMP マップのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure snmp-map
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

セキュリティ アクションを適用するトラフィック クラスを定義します。

deny version

特定のバージョンの SNMP を使用してトラフィックを禁止します。

inspect snmp

SNMP アプリケーション検査をイネーブルにします。

snmp-map

SNMP マップを定義し、SNMP マップ コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

clear configure snmp-server

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)サーバをディセーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure snmp-server コマンドを使用します。

clear configure snmp-server

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドにはデフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドのサポートが追加されました。

次に、SNMP サーバをディセーブルにする例を示します。

hostname #clear snmp-server
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server

SNMP を介してセキュリティ アプライアンス イベント情報を提供します。

show snmp-server statistics

SNMP サーバのコンフィギュレーションに関する情報を表示します。

clear configure ssh

実行コンフィギュレーションからすべての SSH コマンドをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure ssh コマンドを使用します。

clear configure ssh

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが clear ssh コマンドから clear configure ssh コマンドに変更されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、コンフィギュレーションからすべての SSH コマンドをクリアします。特定のコマンドをクリアするには、このコマンドの no 形式を使用します。

次に、コンフィギュレーションからすべての SSH コマンドをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure ssh
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config ssh

実行コンフィギュレーションに現在含まれている SSH コマンドを表示します。

ssh

指定されたクライアントまたはネットワークから FWSM への SSH 接続を許可します。

ssh scopy enable

FWSM 上でセキュアなコピー サーバをイネーブルにします。

ssh timeout

アイドルな SSH セッションのタイムアウト値を設定します。

ssh version

SSH Version 1 または SSH Version 2 を使用するように FWSM を制限します。

clear configure static

コンフィギュレーションからすべての static コマンドを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure static コマンドを使用します。

clear configure static

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

2.2(1)

ローカル ホストの UDP 最大接続数をサポートするように、このコマンドが変更されました。

3.1(1)

このコマンドが clear static から変更されました。

次に、コンフィギュレーションから static コマンドをすべて削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure static
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config static

コンフィギュレーション内にすべての static コマンドを表示します。

static

ローカル IP アドレスをグローバル IP アドレスにマッピングして、1 対 1 の永続的なアドレス変換ルールを設定します。

clear configure sunrpc-server

FWSM からリモート プロセッサのコール サービスをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure sunrpc-server コマンドを使用します。

clear configure sunrpc-server [active]

 
シンタックスの説明

active

(任意)FWSM 上で現在アクティブな SunRPC サービスを指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

sunrpc-server コマンドは、設定された router ospf コマンドを表示します。


) FWSM の最上位の IP アドレスがプライベート アドレスになっている場合、このアドレスは Hello パケットおよびデータベース定義内に格納されて送信されます。こうした動作を防ぐためには、router-id ip_address をグローバル アドレスに設定します。


次に、FWSM から SunRPC サービスをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure sunrpc-server active
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

sunrpc-server

SunRPC サービス テーブルを作成します。

show running-config sunrpc-server

SunRPC の設定に関する情報を表示します。

clear configure sysopt

すべての sysopt コマンドのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure sysopt コマンドを使用します。

clear configure sysopt

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear sysopt から変更されました。

次に、すべての sysopt コマンドのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure sysopt
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config sysopt

sysopt コマンドの設定を表示します。

sysopt connection permit-ipsec

インターフェイスのアクセス リストを確認することなく、IPSec トンネルを経由してきたパケットを許可します。

sysopt connection tcpmss

最大 TCP セグメント サイズを上書きしたり、最大値が必ず指定サイズ以上となるようにします。

sysopt connection timewait

最後の標準 TCP 停止シーケンス後も、各 TCP 接続が短縮された TIME_WAIT 状態にとどまるように設定します。

sysopt nodnsalias

alias コマンドを使用する場合に、DNS A レコード アドレスの変更を禁止します。

clear configure telnet

コンフィギュレーションから Telnet 接続およびアイドル タイムアウトを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure telnet コマンドを使用します。

clear configure telnet

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

configure キーワードが追加されました。

次に、FWSM のコンフィギュレーションから Telnet 接続とアイドル タイムアウトを削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure telnet

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config telnet

FWSM に対して Telnet 接続を使用することが許可された IP アドレスの現在のリストを表示します。

telnet

コンソールへの Telnet アクセスを追加し、アイドル タイムアウトを設定します。

clear configure terminal

端末の表示幅の設定をクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure terminal コマンドを使用します。

clear configure terminal

 
シンタックスの説明

このコマンドに引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

デフォルト表示幅は 80 カラムです。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

2.2(1)

clear terminal コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear configure terminal に変更されました。

次に、表示幅をクリアする例を示します。

hostname# clear configure terminal
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

terminal

端末行パラメータを設定します。

terminal width

端末の表示幅を設定します。

show running-config terminal

現在の端末設定を表示します。

clear configure time-range

すべての設定済み時間範囲をクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure time-range コマンドを使用します。

clear configure time-range

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての設定済み時間範囲をクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure time-range
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show time-range

すべての時間範囲エントリを表示します。

clear configure timeout

コンフィギュレーションのデフォルトのアイドル時間に戻すには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure timeout コマンドを使用します。

clear configure timeout

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear timeout から変更されました。

次に、コンフィギュレーションから最大アイドル時間を削除する例を示します。

hostname(config)# clear configure timeout
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config timeout

指定されたプロトコルのタイムアウト値を表示します。

timeout

最大アイドル期間を設定します。

clear configure tunnel-group

コンフィギュレーションからすべてのトンネル グループまたは指定したトンネル グループを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear config tunnel-group コマンドを使用します。

clear config tunnel-group [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)トンネル グループの名前を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

3.1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、グローバル コンフィギュレーション モードで、コンフィギュレーションから toengineering トンネル グループを削除する例を示します。

hostname(config)# clear config tunnel-group toengineering
hostname(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config tunnel-group

すべてのトンネル グループまたは選択したトンネル グループに関する情報を表示します。

tunnel-group

指定されたタイプの tunnel-group サブコンフィギュレーション モードを開始します。

clear configure url-block

URL 保留ブロック バッファと長い URL サポートのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure url-block コマンドを使用します。

clear configure url-block

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear url-block から変更されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure url-block コマンドは、URL 保留ブロック バッファと長い URL サポートのコンフィギュレーションをクリアします。

次に、URL 保留ブロック バッファと長い URL サポートのコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname# clear configure url-block
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear url-block block statistics

ブロック バッファ使用率カウンタを消去します。

show url-block

N2H2 または Websense フィルタリング サーバからの応答を待機する間に URL をバッファに格納するための URL キャッシュの情報を表示します。

url-block

Web サーバ応答に使用される URL バッファを管理します。

url-cache

N2H2 または Websense サーバからの応答を保留している間の URL キャッシングをイネーブルにし、キャッシュ サイズを設定します。

url-server

filter コマンドで使用する N2H2 または Websense サーバを識別します。

clear configure url-cache

URL キャッシュをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure url-cache コマンドを使用します。

clear configure url-cache

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear url-cache から変更されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure url-cache コマンドは、URL キャッシュをクリアします。

次に、URL キャッシュをクリアする例を示します。

hostname# clear configure url-cache
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear url-cache statistics

コンフィギュレーションから url-cache コマンドのステートメントを削除します。

filter url

トラフィックを URL フィルタリング サーバに転送します。

show url-cache statistics

N2H2 または Websense フィルタリング サーバからの応答を待機する間に URL をバッファに格納するための URL キャッシュの情報を表示します。

url-cache

N2H2 または Websense サーバからの応答を保留している間の URL キャッシングをイネーブルにし、キャッシュ サイズを設定します。

url-server

filter コマンドで使用する N2H2 または Websense サーバを識別します。

clear configure url-server

URL フィルタリング サーバのコンフィギュレーションをクリアするには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure url-server コマンドを使用します。

clear configure url-server

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

このコマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear url-server から変更されました。

 
使用上のガイドライン

clear configure url-server コマンドは、URL フィルタリング サーバのコンフィギュレーションをクリアします。

次に、URL フィルタリング サーバのコンフィギュレーションの例を示します。

hostname# clear configure url-server
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear url-server

URL フィルタリング サーバの統計情報を消去します。

show url-server

N2H2 または Websense フィルタリング サーバからの応答を待機する間に URL をバッファに格納するための URL キャッシュの情報を表示します。

url-cache

N2H2 または Websense サーバからの応答を保留している間の URL キャッシングをイネーブルにし、キャッシュ サイズを設定します。

url-block

フィルタリング サーバのフィルタリング判断を待機する間 Web サーバ応答で使用する URL バッファを管理します。

url-server

filter コマンドで使用する N2H2 または Websense サーバを識別します。

clear configure username

ユーザ名のデータベースをクリアするには、 clear configure username コマンドを使用します。特定のユーザのコンフィギュレーションをクリアするには、このコマンドを使用して、ユーザ名を追加します。

clear configure username [ name ]

 
シンタックスの説明

name

(任意)削除するユーザ名を指定します。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear username コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear username から変更されました。

 
使用上のガイドライン

内部ユーザ認証データベースは、 username コマンドで入力されたユーザで構成されています。 login コマンドは、このデータベースを使用して認証します。

次に、anyuser というユーザ名のコンフィギュレーションをクリアする例を示します。

hostname(config)# clear configure username anyuser

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config username

特定のユーザまたはすべてのユーザの実行コンフィギュレーションを表示します。

username

FWSM データベースにユーザを追加します。

username attributes

特定のユーザに対応した AVP を設定できるようにします。

clear configure virtual

コンフィギュレーションから認証仮想サーバを削除するには、グローバル コンフィギュレーション モードで clear configure virtual コマンドを使用します。

clear configure virtual

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

このコマンドには、デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

次の表に、コマンドを入力できるモードを示します。

 

コマンド モード
ファイアウォール モード
セキュリティ コンテキスト
ルーテッド
トランスペアレント
シングル
マルチ
コンテキスト
システム

グローバル コンフィギュレーション

--

--

 
コマンド履歴

リリース
変更

1.1(1)

clear virtual コマンドが追加されました。

3.1(1)

このコマンドが clear virtual から変更されました。

 
使用上のガイドライン

元に戻す機能はありません。

次に、 clear configure virtual コマンドの例を示します。

hostname(config)# clear configure virtual
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config virtual

認証仮想サーバの IP アドレスを表示します。

virtual http

認証を FWSM と HTTP サーバから分離できるようにします。

virtual telnet

FWSM が認証プロンプトを提供してないトラフィック タイプの仮想 Telnet サーバを使用して、ユーザを認証します。