C7200 VSA (VPN Services Adapter) インストレーション コンフィギュレーション ガイド
VSA の取り外しおよび取り付け
VSA の取り外しおよび取り付け
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 753KB) | フィードバック

目次

VSA の取り外しおよび取り付け

VSA の取り扱い

OIR

警告および注意事項

VSA の取り外しおよび取り付け

VSA の取り外しおよび取り付け

この章では、サポート対象プラットフォームから C7200 VSA(VPN Services Adapter)を取り外す方法、および VSA を新しく取り付けたり交換したりする方法について説明します。

取り付け作業を始める前に、「インストレーションの準備」を参照し、取り付けに必要な部品および工具の一覧を確認してください。

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「VSA の取り扱い」

「OIR」

「警告および注意事項」

「VSA の取り外しおよび取り付け」


) システムで I/O コントローラまたは VSA を使用しない場合は、空のスロットでエアフローを確保する必要があります。

VSA 回路基盤は ESD(静電気放電)による損傷を受けやすい製品です。


VSA の取り扱い

VSA は金属製フレームに取り付けられたダブル幅の回路基盤です(図3-1 を参照)。


注意 VSA を持つときは必ずフレームの端とハンドルを持ち、VSA コンポーネントまたはコネクタ ピンには触れないでください(図3-1 を参照)。

図3-1 VSA の取り扱い

 

OIR

VSA は Cisco 7200VXR シリーズ シャーシの I/O コントローラ スロットに搭載します。VSA 暗号カードは活性挿抜(Online Insertion and Removal; OIR)に対応していません。VSA はシステムの初期化時にのみ起動します。システムがすでに稼働している状態で VSA を取り付けても、VSA は動作しません。CLI のディセーブル コマンドで、VSA をシャットダウンできます( VSA のイネーブル/ディセーブル化を参照)。CLI のディセーブル コマンドを実行すると、VSA を取り外す準備が整います。


注意 CLI コマンドを入力せずに VSA を取り外すと、VSA が故障する可能性があります。

OIR の詳細については、「VSA のイネーブル/ディセーブル化」を参照してください。

警告および注意事項

VSA の取り付けまたは取り外しを行うときは、次の警告および注意事項に従ってください。


警告 ブランクの前面プレートおよびカバー パネルには、3 つの重要な機能があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への EMI(電磁波干渉)の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーを取り付けた状態でシステムを運用してください。

保護カバーは製品に不可欠な部品です。保護カバーを取り付けない状態で装置を稼働させないでください。カバーを取り付けずに装置を稼働させると、安全性の認定が無効になり、発火または感電の危険が生じます。



警告 電源に接続されている装置を扱う場合は、事前に指輪、ネックレス、腕時計などの装身具を外しておいてください。これらの金属が電源やアースに接触すると、金属が過熱して大やけどをしたり、金属類が端子に焼き付くことがあります。

手または指で電源装置ベイに触れないでください。システムの稼働中は、電源バックプレーンに高電圧がかかっています。


VSA の取り外しおよび取り付け

ここでは、VSA の取り外しおよび取り付け手順について説明します。


警告 以下の手順の実行中は、ESD による損傷を防止するために、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。プラットフォームによっては、リスト ストラップを取り付ける ESD コネクタが付いています。手または金属製の工具でミッドプレーンまたはバックプレーンに直接触れないでください。感電する危険性があります。



) ルータの電源をオフにしたら、少なくとも 30 秒間待ってから電源を再投入してください。


Cisco 7200VXR シリーズ ルータでの VSA の取り外しおよび取り付け手順は、次のとおりです。


ステップ 1 電源スイッチをオフの位置にしたあと、電源コードを取り外します(Cisco 7200VXR シリーズ ルータの場合は任意です。前述の警告および注意事項を参照してください)。

ステップ 2 静電気防止用リスト ストラップを手首に装着し、ストラップの機器側をシャーシの塗装されていない面に接続します。

ステップ 3 スロットに VSA を固定しているネジを取り外します。

ステップ 4 VSA のハンドルを持ち、ルータから VSA を引き出します(図3-2 を参照)。

図3-2 Cisco 7206VXR シャーシ ― I/O コントローラ スロットからの VSA の取り外し

 

ステップ 5 新しい VSA のフレームを、I/O コントローラ スロットの上下のエッジに慎重に合わせます。


注意 I/O コントローラ ススットの上下のエッジ間でフレームが引っかからないように、また、VSA 背面のエッジ コネクタが I/O コントローラ スロット奥のコネクタときちんとかみ合うように、フレームの位置が正しいかどうかを確認してください(図3-2 を参照)。

ステップ 6 新しい VSA を I/O コントローラ スロットに差し込み、ルータのミッドプレーンに装着します。


注意 VSA のコンポーネントがシステム基盤に接触しないように注意してください。VSA が損傷することがあります。

VSA を取り外すだけで、新しい VSA を取り付けない場合は、内部コンポーネントに冷気が行き渡るようにするため、ブランク サービス アダプタ フィラーを空の I/O コントローラ スロットに取り付けておきます。

ステップ 7 電源コードを接続し、サポート ブラケット(使用している場合)にコードを通します。

ステップ 8 電源スイッチをオンの位置にして、ルータに電源を投入します。


 

Cisco 7200VXR シリーズ ルータでの VSA の取り外しおよび取り付け手順は、これで完了です。