T1/E1 Digital Voice Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション
ポート アダプタの取り外し/取り付け
ポート アダプタの取り外し/取り付け
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ポート アダプタの取り外し/取り付け

ポート アダプタの取り扱い

活性挿抜(OIR)

警告および注意事項

シャーシに関する警告 ― 電話線の取り外し

雷に関する警告

保守担当者に関する警告

No. 26 AWG に関する警告

顧客宅内装置に関する警告

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7301 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7401ASR ルータ ― ポート アダプタの取り外し/取り付け

Cisco 7500 シリーズ ― インターフェイス プロセッサの取り外しおよび取り付け

VIP ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

インターフェイス ケーブルの接続

ポート アダプタの取り外し/取り付け

この章では、サポート対象プラットフォームから PA-VXA、PA-VXB、および PA-VXC ポート アダプタを取り外す手順および新規または交換用ポート アダプタを取り付ける手順について説明します。この章で説明する内容は、次のとおりです。

「ポート アダプタの取り扱い」

「活性挿抜(OIR)」

「警告および注意事項」

「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「インターフェイス ケーブルの接続」

各ポート アダプタの金属フレームには、静電破壊を受けやすいプリント回路ボードが組み込まれています。


) ポート アダプタ スロットを使用しない場合、ルータまたはスイッチを EMI(電磁波干渉)規格に適合させ、ポート アダプタ周辺のエアフローが適切になるように、空スロットにブランク ポート アダプタを取り付けておく必要があります。したがって、未使用スロットに新しいポート アダプタを取り付ける場合、最初にブランク ポート アダプタを取り外す必要があります。



注意 ルータの電源を切って再び電源をオンにするまで最低 30 秒待ってください。

ポート アダプタの取り扱い


注意 ポート アダプタを取り扱う際は、常にフレームの端およびハンドルだけを持ってください。ポート アダプタのコンポーネントまたはコネクタ ピンには絶対に触れないでください(図3-1 を参照)。

図3-1 ポート アダプタの取り扱い

 


注意 VIP を取り扱う際は、必ずフレームの端およびハンドルを持つようにしてください。VIP のコンポーネントまたはコネクタ ピンには絶対に触れないでください(図3-2 を参照)。

図3-2 VIP の取り扱い ― 上から見た図

 

活性挿抜(OIR)

一部のプラットフォームでは、活性挿抜(OIR; Online Insertion and Removal)がサポートされています。Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco 7301 ルータ、および Cisco 7401ASR ルータでは、PA-VXA、PA-VXB、または PA-VXC ポート アダプタの取り外しまたは交換時に、ルータの電源を切る必要はありません。


) Cisco 7301 ルータは、現在 PA-VXB-2TE1+(=) および PA-VXC-2TE1(=) ポート アダプタのみでサポートされます。



) Cisco 7401ASR ルータは、現在 PA-VXB-2TE1+(=) および PA-VXC-2TE1+(=) ポート アダプタのみでサポートされます。


Cisco 7500 シリーズ ルータは VIP マザーボードのホットスワップに対応していますが、VIP に対する個々のポート アダプタの取り付け/取り外しを行う場合は、まずルータのシャーシから VIP を取り外す必要があります。Cisco 7500 シリーズ ルータに新しいポート アダプタを取り付ける場合は、あらかじめ VIP マザーボードにポート アダプタを取り付けておかなければなりません。


注意 システムに問題が生じないようにするため、VIP マザーボードから PA-VXA、PA-VXB、または PA-VXC を取り外さないでください。これらのポート アダプタの取り付け/取り外しを行う際には、まずインターフェイス プロセッサ スロットから VIP を取り外してください。

アクティブなトラフィックが通過しているポート アダプタを取り外す前に、システムを適切にシャットダウンすることを推奨します。トラフィックがポートを通過しているときにモジュールを取り外すと、システムが停止することがあります。モジュールを挿入すると、ポートは再びバックアップに戻ります。


) ルータまたはスイッチからモジュールを取り外すと、活性挿抜によって、モジュールのすべてのアクティブ インターフェイスが管理上のシャットダウン状態になります。


活性挿抜により、他のソフトウェアに通知したり、システム電源をシャットダウンさせたりせずに、ルータを稼働させた状態でモジュールの取り付けおよび取り外しができます。ただし、モジュールの交換中に、取り外すモジュール上にトラフィックが通過しないようにする必要があります。活性挿抜では、ネットワーク上のエンド ユーザにはまったく影響がなく、すべてのルーティング情報が保持されるため、セッションを維持できます。

次の情報はあくまでも、活性挿抜の機能の基礎情報です。サポートされるプラットフォームでのモジュールの取り付けおよび交換に関する具体的な手順については、「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」を参照してください。

各モジュールには、ルータと接続するためのバス コネクタがあります。コネクタには、3 種類の長さで層状に配置されたピンのセットがあり、モジュールの接続時に、システムに特定の信号を送信します。システムは、受信した信号および順序を確認し、モジュールがシステムから取り外されたのか、あるいはシステムに取り付けられたのかを判断します。これらの信号から、システムは新しいインターフェイスを再初期化するのか、接続されていないインターフェイスをシャットダウンするのかを決定します。

具体的には、モジュールを挿入すると、最も長いピンが最初にモジュールと接触して信号を送信し、最も短いピンが最後に信号を送信します。システムは信号および信号を受信した順序を認識します。

モジュールの取り外しまたは挿入を行うと、変更を通知する信号がピンからシステムに送信されます。その後、ルータは次の手順を実行します。

1. システムはただちに構成に変更がないかスキャンします。

2. 新たに挿入されたポート アダプタを初期化するか、あるいは空いているインターフェイスを管理上のシャットダウン状態にします。

3. モジュールに設定されていたすべてのインターフェイスを、以前に取り付けられていたときの状態に戻します。新たに挿入されたインターフェイスは、起動時に存在していたインターフェイス(ただし設定されていない)であるかのように、管理上のシャットダウン状態になります。同じタイプのモジュールがスロットに再度挿入された場合には、そのポートが設定されてオンライン状態になり、同じタイプのモジュールが取り付けられていた元のポート カウントに設定されます。


) 搭載作業を開始する前に、第2章「搭載作業の準備」を参照し、必要な部品および工具を確認してください。


警告および注意事項

ポート アダプタの取り付け/取り外しを行う際に、次の警告および注意に従ってください。


注意 必要なすべてのケーブルを接続するまで、ポート アダプタまたは VIP マザーボードをスロット内に完全に挿入しないでください。ルータまたはスイッチの正常な動作が妨げられます。


) ポート アダプタ レバーまたは他の固定機構をロック位置に移動できない場合は、ポート アダプタまたは VIP マザーボードがルータのミッドプレーンまたはバックプレーンに正しく装着されていません。ポート アダプタをスロットから半分ほど注意深く引き抜き、再び挿入してから、ポート アダプタのレバーまたは他の機構をロック位置に合わせてください。


シャーシに関する警告 ― 電話線の取り外し


警告 シャーシを開ける前に、電話線を取り外し、電話網の電圧に接触しないようにしてください。


雷に関する警告


警告 雷が発生しているときには、システムに手を加えたり、ケーブルの接続や取り外しを行わないでください。


保守担当者に関する警告


警告 この装置の取り付けおよび保守は、AS/NZS 3260 Clause 1.2.14.3 Service Personnel に定められている保守担当者が行ってください。


No. 26 AWG に関する警告


警告 火災防止のため、No. 26 AWG 以上の電話線を使用してください。


顧客宅内装置に関する警告


警告 E1 インターフェイス カードを搭載できるのは、ACA 認定の顧客宅内装置または ACA の認定要件を免除されている DTE(データ端末装置)だけです。顧客宅内装置は、ユーザが宅内装置の過電圧に触れないよう、ネジ留め式のふたが付いたキャビネットに収容する必要があります。宅内装置には、電話網電圧がかかっている可能性のある回路が組み込まれています。



警告 次の手順を実行するときは、カードの静電破壊を防ぐために、静電気防止用リスト ストラップを着用してください。プラットフォームによっては、リスト ストラップ接続用の ESD コネクタが付いています。ミッドプレーンまたはバックプレーンに手や金属製の工具で直接触れないでください。感電することがあります。



注意 フレームをポート アダプタ スロットまたはインターフェイス プロセッサ スロットの上下のエッジに引っ掛けないように、また、ポート アダプタまたは VIP の背面のエッジ コネクタがミッドプレーンまたはバックプレーンと正しくかみ合うように、フレームを正しい位置に取り付けてください(拡大図を参照)。

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

ここでは、Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco 7401ASR ルータ、および Cisco 7500 シリーズ ルータでポート アダプタの取り外しおよび取り付けを行う手順を、一連の図を使用して説明します。ここで説明する手順は、次のとおりです。

「Cisco 7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7301 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7401ASR ルータ ― ポート アダプタの取り外し/取り付け」

「Cisco 7500 シリーズ ― インターフェイス プロセッサの取り外しおよび取り付け」

「VIP ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

Cisco 7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7301 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7401ASR ルータ ― ポート アダプタの取り外し/取り付け

 

Cisco 7500 シリーズ ― インターフェイス プロセッサの取り外しおよび取り付け

 

VIP ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

インターフェイス ケーブルの接続

PA-VXA、PA-VXB および PA-VXC ポート アダプタは、RJ-45コネクタを装備したシールド付きツイストペア ケーブルを使用して、PBX または PSTN に接続します。

CE マーキング要件を満たすには、インピーダンスが 120 Ωのシールド付きケーブル(ホイル ツイストペア [FTP])が必要です。これらのシールド付きケーブルは別途必要です。

PA-VXA、PA-VXB、または PA-VXC ポート アダプタに RJ-45 コネクタを装備したシールド付きツイストペア ケーブルを接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 PA-VXA、PA-VXB、または PA-VXC ポート アダプタにケーブルを RJ-45 ポートの 1 つに直接接続します。

ステップ 2 ケーブルのネットワーク側を外付け装置に接続します。

ステップ 3 残りの PA-VXB または PA-VXC ポートについても、ステップ 1およびステップ 2 の手順を実行します。


 

図3-3 RJ-45 コネクタを装備した PA-VXC ツイストペア ケーブルの接続

 


) ポート アダプタにはハンドルが付いていますが、ポート アダプタの前面プレートの細部を示すため、図3-3ではこのハンドルを省略しています。