PA-MC-E3 Multi-Channel E3 Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
ポート アダプタの取り外しおよび取り 付け
ポート アダプタの取り外しおよび取り付け
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

ポート アダプタの取り扱い

活性挿抜

警告および注意事項

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Catalyst RSM/VIP2 ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Cisco uBR7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り外し手順

Cisco uBR7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り付け手順

Cisco 7201 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Cisco 7301 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

VIP ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

PA-MC-E3 インターフェイス ケーブルの接続

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

この章では、サポートされるプラットフォームから PA-MC-E3 Port Adapter を取り外す手順、および新規または交換用ポート アダプタを取り付ける手順について説明します。この章で説明する内容は、次のとおりです。

「ポート アダプタの取り扱い」

「活性挿抜」

「警告および注意事項」

「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「PA-MC-E3 インターフェイス ケーブルの接続」

ポート アダプタの取り扱い

各ポート アダプタの金属フレームには、ESD(静電気放電)破壊を受けやすいプリント基板が組み込まれています。


) ポート アダプタ スロットを使用しない場合、ルータまたはスイッチを EMI(電磁波干渉)規格に適合させ、ポート アダプタ周辺のエア フローが適切になるように、空スロットにブランク ポート アダプタを取り付けておく必要があります。したがって、未使用スロットに新しいポート アダプタを取り付ける場合、最初にブランク ポート アダプタを取り外す必要があります。



注意 ルータの電源をオフにした場合は、最低 30 秒経過してから、再度電源をオンにしてください。


注意 ポート アダプタを取り扱う際は、常にフレームのエッジおよびハンドル部分だけを持ってください。ポート アダプタのコンポーネントまたはコネクタ ピンには絶対に触れないでください(図3-1 を参照)。

図3-1 ポート アダプタの取り扱い

 

活性挿抜

一部のプラットフォームでは、ポート アダプタの活性挿抜(online insertion and removal; OIR)がサポートされています。したがって、Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco uBR7200 シリーズ ルータ、Cisco 7201 ルータ、または Cisco 7301 ルータでは、PA-MC-E3 の取り外しおよび取り付け時に、ルータの電源を切る必要はありません。

Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、および VIP は、活性挿抜対応ですが、個々のポート アダプタは活性挿抜対応ではありません。Catalyst 5000 スイッチ、Catalyst 6000 スイッチ、Cisco 7304 ルータ、および Cisco 7000 シリーズ ルータ、および Cisco 7500 シリーズ ルータのポート アダプタを交換する場合、先に Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP をシャーシから取り出し、そのあとで必要に応じてポートの設置または交換を行います。新しいポート アダプタを取り付ける Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP にブランク ポート アダプタが取り付けられている場合は、先に Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP をシャーシから取り外し、そのあとでブランク ポート アダプタを取り外してください。


注意 システムの問題を防ぐために、システムの動作中に Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、および VIP からポート アダプタを取り外したり、マザーボードに他のポート アダプタを取り付けたりしないでください。ポート アダプタの設置または交換を行う場合は、先に Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP をインターフェイス プロセッサ スロットから取り外します。

アクティブなトラフィックが通過しているポート アダプタを取り外す前に、システムをシャットダウンすることを推奨します。トラフィックがポートを通過中にポート アダプタを取り外すと、システム破壊が生じる可能性があります。ポート アダプタを取り付けると、ポートを稼働状態に戻すことができます。


) ルータまたはスイッチからポート アダプタを取り外すと、活性挿抜機能により、ポート アダプタのすべてのアクティブ インターフェイスが管理上のシャットダウンに切り替えられます。


活性挿抜機能により、ルータの稼働中にポート アダプタの取り付けおよび取り外しを行うことができます。ソフトウェアに通知したり、システムの電源をシャットダウンする必要はありません。ただし、取り外し中のポート アダプタには、トラフィックが通過しないようにしてください。活性挿抜は、ネットワーク上のエンド ユーザに影響を与えず、すべてのルーティング情報を維持しながら、セッションを中断させることもない方法です。

次に、活性挿抜の予備知識のみを説明します。サポート対象プラットフォームにおける、ポート アダプタの取り付けおよび取り外しに関する個々の手順については、「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」を参照してください。

各ポート アダプタには、ルータ接続用のバス コネクタがあります。コネクタには、3 種類の長さの階層状のピンのセットがあり、ポート アダプタに接触すると、システムに特有の信号を送信します。システムでは、受信信号およびその受信順序を評価して、ポート アダプタがシステムから取り外されたか、または取り付けられたかを判断します。システムは、これらの信号から、新しいインターフェイスを再度初期化するか、または取り外されたインターフェイスをシャットダウンするかを判断します。

具体的には、ポート アダプタが取り付けられると、一番長いピンが最初にポート アダプタに接触して、一番短いピンが最後に接触します。システムは、信号およびその受信順序を認識します。

ポート アダプタを取り外すまたは取り付ける場合、ピンが信号を送信して、システムの変更を通知します。すると、ルータは次の手順を実行します。

1. システムを迅速にスキャンして、設定変更を確認します。

2. 新しく取り付けられたポート アダプタを初期化するか、または空のインターフェイスを管理上でシャットダウンします。

3. 以前設定されていたポート アダプタ上のインターフェイスをすべて、以前取り付けられた状態に戻します。新しく取り付けられたインターフェイスは、起動時に(設定はされていなくとも)存在していたものとみなされ、管理上のシャットダウン状態にされます。同様なタイプのポート アダプタをスロットに再度取り付けると、そのポートは設定され、最大で、以前取り付けられていたそのタイプのポート アダプタのポート数だけオンラインになります。


) インストレーションを開始する前に、「インストレーションの準備」を参照し、必要な部品および工具を確認してください。


警告および注意事項

ポート アダプタの取り付けまたは取り外しを行う際は、次の警告および注意に従ってください。


注意 必要なすべてのケーブルを接続するまでは、ポート アダプタをスロット内に完全に挿入しないでください。さもないと、ルータまたはスイッチの正常な動作が妨げられます。


) ポート アダプタ レバーまたは他の固定機構をロックの位置に移動できない場合、ポート アダプタがミッドプレーンに完全に装着されていません。ポート アダプタをスロットから半分ほど注意深く引き抜き、再び挿入してから、ポート アダプタのレバー(または他の機構)をロックの位置に移動してください。



注意 フレームをポート アダプタ スロットの上下のエッジに引っ掛けないように、また、ポート アダプタ背面のエッジ コネクタがポート アダプタ スロット奧のコネクタと適正にかみ合うように、「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」に示す拡大図を参照して、フレームを正しい位置に取り付けてください。


警告 次の手順を実行するときは、カードの静電破壊を防ぐため、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。プラットフォームによっては、リスト ストラップを取り付ける ESD コネクタが付いています。手や金属製の工具が直接ミッドプレーンやバックプレーンに接触しないようにしてください。感電する危険性があります。


ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

ここでは、ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順を図とともに詳しく説明します。ここでは、次の図について説明します。

「Catalyst RSM/VIP2 ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「Cisco uBR7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り外し手順」

「Cisco uBR7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り付け手順」

「Cisco 7201 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「Cisco 7301 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「VIP ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

Catalyst RSM/VIP2 ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

 

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

 

Cisco uBR7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り外し手順

 

Cisco uBR7200 シリーズ ― ポート アダプタの取り付け手順

 

Cisco 7201 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

 

Cisco 7301 ルータ ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅のポート アダプタを 1 つ取り付けることができます。ここでは、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードでのポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順について説明します。


警告 次の作業を行うときは、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードの ESD 破壊を防止するために、静電気防止用リスト ストラップを着用してください。プラットフォームによっては、リスト ストラップを取り付ける ESD コネクタが付いています。手や金属製の工具が直接ミッドプレーンやバックプレーンに接触しないようにしてください。感電する危険性があります。


Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのポート アダプタを取り外したり、取り付けたりするには、図3-2 を参照して、次の手順を実行します。


ステップ 1 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードが、ルータに搭載されたままの場合は、まず Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを取り外してから、ポート アダプタを取り外す必要があります。

ステップ 2 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードから、ポート アダプタを取り外すには、ポート アダプタのロックを水平なロックの位置(図3-2 の A を参照)から垂直なロック解除の位置(図3-2 の B を参照)に回します。

ステップ 3 ポート アダプタのハンドルをつかみ、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードからポート アダプタを引き出します(Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを取り外すときに、あらかじめポート アダプタのケーブルを外しておきます)。

ステップ 4 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードにポート アダプタを挿入するには、ポート アダプタを固定している Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード内のガイド レールを確認します。ガイド レールはポート アダプタ スロットの上部両側にあり、約 1 インチ奥に入っています(図3-2 の C を参照)。

ステップ 5 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードにポート アダプタを慎重に挿入し、ポート アダプタ インターフェイス コネクタに装着します。完全に装着されると、ポート アダプタの前面パネルが Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードの前面に揃います。

ステップ 6 ポート アダプタが適切に装着されたら、ポート アダプタのロックを水平なロックの位置に回します(図3-2 の A を参照)。


 

図3-2 に、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順を示します。

図3-2 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

 

VIP ― ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

 

PA-MC-E3 インターフェイス ケーブルの接続

ここでは、PA-MC-E3 と外部 E3 機器を同軸ケーブルで接続する手順について説明します。すべての E3 接続で使用できるのは、75 ΩRG-59 同軸ケーブルだけです(特定のケーブル規格およびオプションについては、 ケーブル、コネクタ、およびピン配置を参照)。


) E3 接続に使用する 75 Ω同軸ケーブルに、フェライト スリーブ(PA-MC-E3 の付属品、 ケーブル、コネクタ、およびピン配置を参照)を取り付ける必要があります。各フェライト スリーブは、75 Ω同軸ケーブル上でポート アダプタにできるだけ近い位置に取り付けてください(図3-3 を参照)。

送信ケーブルおよび受信ケーブルは、「ケーブル、コネクタ、およびピン配置」に示すように、ケーブル長全体にわたって束ねておくことを強く推奨します。そうすることで、EMI の影響を低減できます。標準的な熱収縮チューブまたはケーブル タイを使用してください。

フェライト スリーブがすでに取り付けられている 75 Ω同軸ケーブル ペアを使用することもできます。このケーブル ペアは、シスコに発注して入手できます(製品番号:CAB-ATM-DS3/E3 ― 図3-3 を参照)。


E3 リンクごとに、外部 E3 機器への受信および送信の接続が個別に必要です。

PA-MC-E3 に 75 Ω同軸ケーブルを接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 75 ΩRG-59 同軸ケーブルを、PA-MC-E3 の BNC ポートに直接接続します。ケーブルの一方の端をラベル TX の付いたポートに、もう一方の端をラベル RX の付いたポートに接続します(図3-3 を参照)。

図3-3 PA-MC-E3 への 75 Ω同軸ケーブルの接続

 


注意 問題の発生を防止し、適正なケーブル接続を行うために、PA-MC-E3 の RX ポートおよび TX ポートとの接続は、ステップ 2 に示す手順のとおりに行ってください。


) MC-E3 Port Adapter には内部ストラッピング オプションが含まれており、受信接続の外部シールドとアース間を分離する必要がある場合には、これを取り外します。


ステップ 2 次の手順で、2 つの 75 Ω同軸ケーブルのネットワーク端を、外部 E3 機器に接続します。

PA-MC-E3 TX ポートからの同軸ケーブルを、外部 E3 機器の RX ポートに接続します。

PA-MC-E3 RX ポートからの同軸ケーブルを、外部 E3 機器の TX ポートに接続します。


 

以上で、PA-MC-E3 のインストレーションおよび 75 Ω同軸ケーブルの接続は終了です。「PA-MC-E3 の設定」に進み、PA-MC-E3 のインターフェイスを設定してください。