PA-MC-2T3+ マルチチャネル T3 ポート アダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

概要

ポート アダプタの概要

チャネライズド T3 の概要

非チャネライズド T3 の概要

T3 仕様

DSU に関する非チャネライズド インターオペラビリティのガイドライン

LED

サポート対象プラットフォームでのポート アダプタのスロット位置

Cisco 7200 Series ルータのスロット番号

ポート アダプタ ジャケット カードを搭載した Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco 7301 ルータのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

VIP のスロット番号

インターフェイス アドレスの識別

Cisco 7200 Series ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

VIP のインターフェイス アドレス

ポート アダプタの概要

PA-MC-2T3+ は、BNC コネクタを使用して 2 つの T3 インターフェイス接続を提供する、シングル幅のポート アダプタです(図1-1 を参照)。各 T3 インターフェイスは、個別にチャネライズドまたは非チャネライズドとして設定できます。チャネライズド T3 では、28 本の T1 回線が多重化されて T3 になります。各 T1 回線を 1 つまたは複数のシリアル インターフェイス データ チャネルとして設定できます。

非チャネライズド T3 はシリアル インターフェイス データ チャネルを 1 つ提供しますが、そのチャネルは T3 帯域幅をすべて使用するように設定することも、帯域幅の一部分を使用するように設定することもできます。このモードは、フラクショナル(サブレート)DS3 DSU(データ サービス ユニット)を提供している複数のベンダーと互換性があります。

図1-1 PA-MC-2T3+ --前面パネル

 

PA-MC-2T3+ の機能および物理特性は、次のとおりです。

PA-MC-2T3+ は、チャネライズド動作と非チャネライズド動作を両方ともサポートします。

44.736 Mbps の T3 レートで、双方向データ送受信が可能です。

Digital Signal Level 3(DS3)回線の関連仕様に適合しています。

2 つのメス BNC コネクタで送信(TX)および受信(RX)が行われる T3 接続には、インピーダンスが 75 ohm の 734A 同軸ケーブルが必要です。

RFC 1406 および RFC 1407(CISCO-RFC-1407-CAPABILITY.my)をサポートします。RFC 1406 に関して、シスコは FarEnd テーブルを除くすべてのテーブルをサポートしています。RFC 1407 に関しては、シスコは FarEnd テーブルまたは Fractional テーブルをサポートしていません(Cisco MIB ファイルへのアクセスについては、『 Cisco MIB User Quick Reference 』を参照してください)。

PA-MC-2T3+ のマイクロコードは、初期化時にロードされて IOS ソフトウェアにバンドルされます。

チャネライズド T3 の概要

チャネライズドの動作モードでは、PA-MC-2T3+T3 リンクが標準規格の多重化形式で、28 本の DS1 データ回線にチャネル化されます。

各 T1 回線は、64 または 56 kbps のタイムスロットが 24 個で構成されます。T1 回線は、1 つまたは複数のユーザ データ チャネルをサポートできます。このようなデータ チャネルは、シリアル インターフェイスとしてシステムに認識されます。各シリアル インターフェイスには、n × 56 kbps または n × 64 kbps の帯域幅をシリアル インターフェイスに提供するタイムスロットが 1 つ以上割り当てられます。n は、割り当てられるタイムスロットの数です。T1 の未使用タイムスロットは、アイドル チャネル パターンで埋められます。

次の制限事項があります。1 つのタイムスロットは 1 つのシリアル インターフェイスに限って使用できます。1 つのシリアル インターフェイスで、複数の T1 回線に属するタイムスロットを使用することはできません。1 つの T3 に与えることができるシリアル インターフェイスの数は、最大で 128 です。ある T3 上で未使用のシリアル インターフェイスを他の T3 で使用することはできません。

PA-MC-2T3+ は、各シリアル インターフェイス上で Cisco High-Level Data Link Control(HDLC;ハイレベル データ リンク制御)、フレームリレー、PPP、および Switched Multimegabit Data Service(SMDS)Data Exchange Interface(DXI)カプセル化をサポートします。


) PA-MC-2T3+ 上の T1 回線には、他のシスコ製品で採用されている従来型のゼロベース方式(0 ~ 27)ではなく、1 ~ 28 の番号が与えられます。これにより、チャネライズド T3 機器内部の T1 回線に使用される Telco の番号方式との一貫性が得られます。



) PA-MC-2T3+ では、ハードウェアにおける複数 T1 回線の集束(逆多重化または結合)による、さらに大きな広帯域幅データ レートは実現されません。この目的には、ソフトウェアの MLPPP を使用できます。


PA-MC-2T3+ の T3 セクションは、C ビット パリティ フレーミングとローカルおよびネットワーク ループバックの使用時に、Maintenance Data Link(MDL)チャネルをサポートします。PA-MC-2T3+ の T1 セクションは、Extended Superframe(ESF; 拡張スーパ フレーム)フレーミングでの Facility Data Link(FDL; ファシリティ データ リンク)および各種ループバックをサポートしています。個々の T1 回線での Bit Error Rate Testing(BERT; ビット エラー レート テスト)はサポートされますが、一度に複数の T1 でこのテストをアクティブにすることはできません。BERT は、フレームまたは非フレーム T1 信号を介して実行できます。

非チャネライズド T3 の概要

非チャネライズドの動作モードにおいて、T3 リンクは 28 本の T1 回線に多重化されるのではなく、単一の高速ユーザ データ チャネルを提供します。このデータ チャネルはシリアル インターフェイスとしてシステムに認識されます。このチャネルは T3 帯域幅をすべて使用するように設定することも、T3 帯域幅の一部分を使用するように設定することもできます。T3 帯域幅の分割に関する標準規格はありませんが、T3 リンクの遠端で使用した場合、PA-MC-2T3+ は T3 DSU ベンダー 5 社の独自フォーマットと互換性があります。

非チャネライズド T3 モードにおいて、T3 セクションは、C ビット パリティ フレーミングおよびローカル ループバックとネットワーク ループバックの使用時に、MDL チャネルをサポートします。また、T3 リンクでの BERT が可能です。PA-MC-2T3+ は、シリアル インターフェイス上で Cisco HDLC、フレームリレー、PPP、および SMDS DXI カプセル化をサポートします。

T3 仕様

PA-MC-2T3+ T3 ポートは、DSX-3 レベルで送受信を行い、75 ohm 同軸ケーブル(ATT 734A または同等の品質の同軸)で駆動するように設計されています。T3 ポートは、DSX-3 レベルの BNC コネクタを備えた任意の装置に直接接続します。

表1-1 に、T3 フロントエンド設計の前提となる仕様を示します。

 

表1-1 T3 フロントエンドの仕様

パラメータ
仕様

伝送速度

44.736 Mbps(± 20 ppm)

伝送符号

B3ZS(バイポーラ 3 ゼロ置換)

インピーダンス

75 ohm

出力パルスの形状

ANSI T1.102、パルス振幅は 0.36 ~ 0.85 ボルト(ピーク)

入力信号

0.035 ~ 1.1 ボルト(ピーク)

出力信号

75 ohm 同軸ケーブル(734A または同等のもの)で 450 フィート(135 m)の出力が可能、パルス形状テンプレートに適合可能


) T3 BNC コネクタの同軸シールド側は、ルータ シャーシのアースに接続します。


DSU に関する非チャネライズド インターオペラビリティのガイドライン

PA-MC-2T3+ は、数種類の統合 DSU をサポートします。 表1-2 に、PA-MC-2T3+ と DSU 間における機能の互換性を示します。

 

表1-2 PA-MC-2T3+ と DSU 間における機能の互換性

ベンダー
DSU モデル
フルレート
サポート
スクランブリング サポート
サブレート
サポート

Digital Link

DL3100

ADC Kentrox

T3/E3 IDSU

Larscom

Access T45

Adtran

T3SU 300

Verilink

HDM2182


) PA-MC-2T3+ は、C ビット パリティ フレーミングでの MDL チャネルを使用する、遠端 T3 DSU コンフィギュレーションをサポートしません。


LED

PA-MC-2T3+ には、前面プレートにステータス LED が 7 個あります。ENABLED、ALARM、LOOP、LOS、OOF、AIS、および FERF です(図1-2 の左から右に順番に対応)。

図1-2 PA-MC-2T3+ のステータス LED --水平に置いた場合(部分図)

 

システムの初期化が終了すると、グリーンの ENABLED LED が点灯し、ポート アダプタが動作可能になったことが示されます。

PA-MC-2T3+ が動作可能になるには、次の条件が満たされている必要があります。

ポート アダプタが VIP のマザーボード、あるいは Cisco 7200 シリーズ ルータのスロットに正しく搭載されていて、電力が供給されている。

システム ソフトウェアが PA-MC-2T3+ を認識している。

どちらかの条件が満たされていない場合、またはその他の原因で初期化が完了しなかった場合、ENABLED LED は点灯しません。

表1-3 に、LED のカラーおよび意味を示します。

 

表1-3 PA-MC-2T3+ の LED

LED のラベル
カラー
状態
意味

ALARM

イエロー

点灯

T1 Loss of Frame(LOF; フレーム損失)
T1 Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)
T3 Loss of Signal(LOS; 信号損失)
T3 AIS
T3 Out of Frame(OoF; フレーム同期外れ)
T3 Far-End Receive Failure(FERF; 遠端側受信障害)

LOOP

イエロー

点灯

T1 回線または T3 リンクがループバック ステートのため、通常のデータ トラフィックには使用不能。

LOS

イエロー

点灯

T3 リンク受信信号損失。
ALARM LED と連動。

AIS

イエロー

点灯

T3 リンクが AIS を受信。
ALARM LED と連動。

OOF

イエロー

点灯

DS3 OOF 条件を表示。ALARM LED と連動。

FERF

イエロー

点灯

受信側が遠端からの FERF 信号を検出。ALARM LED と連動。

LED によるインターフェイス ステータス情報以外に、ルータのコンソール ポートを使用して、あるいは Telnet または SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)を使用して、インターフェイス ステータスの詳細情報を取得することもできます。

サポート対象プラットフォームでのポート アダプタのスロット位置

ここでは、サポート対象プラットフォームでのポート アダプタのスロット位置について説明します。図では各プラットフォームのスロットの位置を示します。

「Cisco 7200 Series ルータのスロット番号」

「Cisco 7301 ルータのスロット番号」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号」

「Cisco 7401ASR ルータのスロット番号」

「VIP のスロット番号」

Cisco 7200 Series ルータのスロット番号

図1-4 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7206 を示します。Cisco 7206(Cisco AS5800 ユニバーサル アクセス サーバのルータ シェルフとしての Cisco 7206 および Cisco 7206 VXR を含む)では、左下の位置がポート アダプタ スロット 1、右上の位置がポート アダプタ スロット 6 です(ここでは Cisco 7202 および Cisco 7204 は示していませんが、空いている任意のポート アダプタ スロット 1 ~ 6 に PA-MC-2T3+ を搭載できます)。

ポート アダプタ ジャケット カードを搭載した Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

図1-3 ポート アダプタ ジャケット カードを搭載した Cisco 7206 VXR ルータのポート アダプタ スロット

 

1

スロット 5

5

スロット 6

2

スロット 3

6

スロット 4

3

スロット 1

7

スロット 2

4

スロット 7 -- ポート アダプタ(スロット 0 -- ジャケット カード)

表1-3 は、ポート アダプタ ジャケット カードを搭載した Cisco 7200 VXR ルータのポート アダプタのスロット番号を示します。Cisco 7200 VXR ルータのポート アダプタ スロットには、左から右へと番号が付けられています。NPE-G1 または NPE-G2 が搭載されている場合は、ポート アダプタ スロット 0 にポート アダプタ ジャケット カードを取り付けることができます。ポート アダプタ ジャケット カードは、ポート アダプタ スロット 0 に相当します。ポート アダプタ ジャケット カードに取り付けられたポート アダプタは、Cisco 7204 VXR ルータのポート アダプタ スロット 5、または Cisco 7206 VXR ルータのポート アダプタ スロット 7 に相当します。

図1-4 Cisco 7206 のポート アダプタ スロット

 

Cisco 7301 ルータのスロット番号

図1-5 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7301 ルータの前面図を示します。Cisco 7301 ルータには、標準のポート アダプタ スロットが 1 つあります。

図1-5 Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅ポートアダプタを 1 つ取り付けることができます。図1-6 にポート アダプタを搭載した Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを示します。

図1-6 ポート アダプタ搭載の Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは、Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 2 ~ 5 に取り付けます。Cisco 7304 ルータのモジュール スロットの番号については、図1-7 を参照してください。

図1-7 Cisco 7304 ルータのモジュール スロット

 

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

図1-8 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7401ASR ルータの前面図を示します。Cisco 7401ASR ルータにはポート アダプタ スロットが 1 つしかありません。

図1-8 Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタ スロット

 

VIP のスロット番号

図1-9は、ポート アダプタを搭載した VIP マザーボードの部分図です。マザーボードを図1-9のように見た場合、左側のポート アダプタはポート アダプタ スロット 0 に、右側のポート アダプタはポート アダプタ スロット 1 に搭載されていることになります。

図1-9 2 つのポート アダプタを搭載した VIP マザーボード--横方向の図

 


) Cisco 7000、Cisco 7507、および Cisco 7513 のシャーシでは、VIP マザーボードを縦方向に搭載します。Cisco 7010 および Cisco 7505 のシャーシでは、VIP マザーボードを横方向に搭載します。


インターフェイス プロセッサのスロット番号については、図1-10 を参照してください。

図1-10 インターフェイスのスロット番号-- Cisco 7505 の場合

 

インターフェイス アドレスの識別

ここでは、サポート対象プラットフォームでPA-MC-2T3+ のインターフェイス アドレスを識別する方法について説明します。インターフェイス アドレスで、ルータまたはスイッチ上の各インターフェイスの物理位置を指定します。

ルータに搭載されたPA-MC-2T3+ のインターフェイスは、他のポート アダプタの取り付けまたは取り外しに関係なく、常に同じアドレスを維持します。ただし、ポート アダプタを別のスロットに移した場合は、インターフェイス アドレスの最初の数値が新しいポート アダプタ スロット番号に変わります。

VIP に搭載されたPA-MC-2T3+ のインターフェイスは、他のインターフェイス プロセッサの取り付けまたは取り外しに関係なく、常に同じアドレスを維持します。ただし、VIP を別のスロットに移した場合は、インターフェイス プロセッサのスロット番号が新しいインターフェイス プロセッサのスロット番号に変わります。


) インターフェイス ポートには、0 から始まって左から右に番号が付けられています。


表1-4 に、インターフェイス アドレスの識別方法を示します。

 

表1-4 インターフェイス アドレスの識別

プラットフォーム
インターフェイス アドレスのフォーマット
番号
構文

Cisco 7120 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 3

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

3/1

Cisco 7140 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 4

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

4/0

Cisco 7200 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 0 ~ 6(ルータのスロット数による) 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

1/0

Cisco 7200 VXR ルータに搭載されたポート アダプタ ジャケット カード 2

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 0 ~ 7(ルータのスロット数による) 3

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

1/0

Cisco 7301 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

1/0

Cisco 7304 ルータの Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- ルータ モジュール スロット 2 ~ 5

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

3/0

Cisco 7401ASR ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

1/0

Cisco 7000 シリーズまたは Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載の VIP

インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

インターフェイス プロセッサ スロット -- 0 ~ 12(ルータのスロット数による)

ポート アダプタ スロット -- 常に 0 または 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 1

3/1/0

1.ポート アダプタ スロット 0 は、I/O コントローラ使用時のファスト イーサネット ポート専用です。

2.NPE-G1 または NPE-G2 が搭載されている場合は、ポート アダプタ スロット 0 にポート アダプタ ジャケット カードを取り付けることができます。

3.ポート アダプタ スロット 0 は、I/O コントローラ使用時のファスト イーサネット ポート専用です。

Cisco 7200 Series ルータのインターフェイス アドレス

ここでは、Cisco 7200シリーズ ルータに搭載した PA-MC-2T3+ に使用するインターフェイス アドレスを識別する方法について説明します。インターフェイス アドレスは 2 つの番号で構成され、フォーマットはポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号です。インターフェイス アドレスのフォーマットについては、 表1-4 を参照してください。

Cisco 7200 シリーズ ルータでは、ポート アダプタ スロットは左下から右上に向かって番号付けされています。ポート アダプタ スロット 1 から始まり、Cisco 7202 ではポート アダプタ スロット 2 まで、Cisco 7204 および Cisco 7204 VXR ではスロット 4 まで、Cisco 7206 および Cisco 7206 VXR ではスロット 6 まであります(ポート アダプタ スロット 0 は、I/O コントローラ使用時のオプションのファスト イーサネット ポート専用です)。

ポート アダプタ スロット 1 に搭載のPA-MC-2T3+ 上のインターフェイスのインターフェイス アドレスは、1/0 ~ 1/1(ポート アダプタ スロット 1 とインターフェイス 0 ~ 1)です。PA-MC-2T3+ がポート アダプタ スロット 4 に搭載されている場合、同じインターフェイスでも番号は 4/0 ~ 4/1(ポート アダプタ スロット 4、インターフェイス 0 ~ 1)です。

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

ここでは、Cisco 7301 ルータに搭載した PA-MC-2T3+ に使用するアドレスを識別する方法について説明します。Cisco 7301 ルータでは、スロット 1 が PA-MC-2T3+ 用のポート アダプタ スロットです(図1-5 を参照)。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号で構成され、フォーマットは ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。インターフェイス アドレスのフォーマットについては、 表1-4 を参照してください。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

ここでは、Cisco 7304 ルータの Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに搭載した PA-MC-2T3+ に使用するインターフェイス アドレスを識別する方法について説明します。インターフェイス アドレスは 2 つの番号で構成され、フォーマットは ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは、Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 2 ~ 5 に取り付けます(図1-7 を参照)。ポート アダプタ スロット番号は、Cisco 7304 ルータ モジュール スロット番号です。たとえば、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードが Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 3 に取り付けられている PA-MC-2T3+ のポート 0 のインターフェイス アドレスは 3/0 です。

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

ここでは、Cisco 7401ASR ルータに搭載した PA-MC-2T3+ に使用するアドレスを識別する方法について説明します。Cisco 7401ASR ルータでは、スロット 1 が PA-MC-2T3+ 用のポート アダプタ スロットです(図1-8 を参照)。インターフェイス アドレスは 2 つの番号で構成され、フォーマットは ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。インターフェイス アドレスのフォーマットについては、 表1-4 を参照してください。

VIP のインターフェイス アドレス

ここでは、Cisco 7000 シリーズおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP に搭載した PA-MC-2T3+ に使用するアドレスを識別する方法について説明します。


) 7 スロットのCisco 7000およびCisco 7507、13 スロットのCisco 7513および Cisco 7576 のプロセッサ スロットは縦方向に、5 スロットのCisco 7010およびCisco 7505のプロセッサ スロットは横方向に配置されていますが、Cisco 7000 シリーズおよび Cisco 7500 シリーズ ルータはすべて同じ方式のスロット番号およびポート番号を採用しています。


インターフェイス アドレスのフォーマットについては、 表1-4 を参照してください。インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは インターフェイス プロセッサ スロット 番号 /ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。

VIP がインターフェイス プロセッサ スロット 3 に搭載されている場合は、PA-MC-2T3+ のインターフェイス アドレスは 3/1/0 ~ 3/1/1(インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス 0 ~ 1)です。ポート アダプタが VIP のポート アダプタ スロット 0 に搭載されている場合は、同じインターフェイスでもアドレスは 3/0/0 ~ 3/0/1 になります。


) PA-MC-2T3+ が搭載されている VIP(図1-9を参照)をインターフェイス プロセッサ スロット 3 から取り外して、インターフェイス プロセッサ スロット 2 に取り付けた場合、インターフェイス アドレスは 2/1/0 ~ 2/1/1 になります。