Multichannel DS1/PRI Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

概要

ポート アダプタの概要

マルチチャネル DS1/PRI の概要

機能

LED

ケーブルおよびコネクタ

サポート プラットフォーム上でのポート アダプタ搭載位置

Catalyst RSM/VIP2 のスロット番号

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールのスロット番号

Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7201 ルータのスロット番号

Cisco 7301 ルータのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

インターフェイス アドレスの識別

Catalyst RSM/VIP2 のインターフェイス アドレス

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールのインターフェイス アドレス

Cisco 7100 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

ポート アダプタの概要

Multichannel DS1/PRI Port Adapter(PA-MC-2T1、PA-MC-4T1、および PA-MC-8T1)は、CSU(チャネル サービス ユニット)機能、DSU(データ サービス ユニット)機能、および DS0 チャネル サポートを Cisco ルータに統合するシングル幅ポート アダプタです。PA-MC-8DSX1 は、Cisco ルータに DS1 DSU 機能および DS0 チャネル サポートを統合します。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter には、2、4、または 8 個の T1(100 ohm)接続用 RJ-48C コネクタが付いています(図1-1図1-2、および図1-3 を参照)。各 Multichannel DS1/PRI Port Adapter は、最大 128 の全二重 HDLC DS0、フラクショナル T1、またはフル T1 のチャネルを提供します。


) 各ポート アダプタにはハンドルが付いていますが、このマニュアルの図では、ポート アダプタの前面プレートをわかりやすく示すためにハンドル部分は省略しています。


図1-1 DS1/PRI Port Adapter の前面パネル(2 ポート バージョン)

 

図1-2 DS1/PRI Port Adapter の前面パネル(4 ポート バージョン)

 

図1-3 DS1/PRI Port Adapter の前面パネル(8 ポート バージョン)

 

次に、各プラットフォームでサポートされるポート アダプタの一覧を示します。

 

表1-1 各プラットフォームでサポートされるポート アダプタ

プラットフォーム
サポートされるポート アダプタ

Catalyst 5000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst RSM/VIP2

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

Catalyst 6000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

Cisco 7120 シリーズ ルータ

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

Cisco 7140 シリーズ ルータ

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

Cisco 7200 シリーズ ルータ

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

Cisco 7201 ルータ

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

Cisco uBR7223 ルータ

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

Cisco uBR7246 ルータ

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

Cisco 7301 ルータ

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

Cisco 7304 ルータの Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

Cisco 7401ASR ルータ

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP

PA-MC-2T1

PA-MC-4T1

PA-MC-8T1

PA-MC-8DSX1

マルチチャネル DS1/PRI の概要

チャネライズド T1 の使用時、各 DS1 インターフェイスに、0 ~ 23 の番号が付けられる最大 24 の T1 チャネル グループを設定できます。各チャネル グループは、1 ~ 24 の番号が付けられる最大 24 の 64 kbps タイム スロット(DS0 チャネル)を提供します。また、複数のタイム スロットを 1 つのチャネル グループに対応づけることができます。各チャネル グループは、個別に設定できるシリアル インターフェイスとして認識されます。各チャネル グループの使用可能帯域幅は、n× 56 kbps またはn× 64 kbps で計算します。nは、DS0 タイム スロットの数(1 ~ 24)です。


) Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールは、ISDN をサポートしません。


ISDN PRI を使用する場合、各 DS1 インターフェイスは、64 kbps 全二重でデータを送受信できる B(Bearer)チャネルを 23 本、および 16 kbps 全二重でデータを送受信できる D(Data)チャネルを 1 本提供します。B チャネルは、ユーザ データの伝送に使用されます。D チャネルは、コール セットアップの制御やネットワーク接続の切断などに使用され、ルータから ISDN スイッチへの通信を提供します。B および D チャネルは、HDLC(High-Level Data Link Control)および PPP(ポイントツーポイント プロトコル)カプセル化をサポートするシリアル インターフェイスとして認識されます。Multichannel DS1/PRI Port Adapter は、ISDN PRI の使用時には、DDR(ダイヤルオンデマンド ルーティング)をサポートします。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter 上の各 T1 チャネルは、T1 帯域幅の一部(フラクショナル T1)または T1 帯域幅のすべてをデータ伝送に使用します。各 T1 の使用可能帯域幅は、 n × 64 または n × 56 kbps で、 n は 1 ~ 24 です。フル T1 速度でない場合、T1 帯域幅の未使用部分は利用できず、アイドル チャネル データが埋め込まれます。


) Multichannel DS1/PRI Port Adapter の T1 タイム スロットには、他の Cisco 製品で使用されている 0 ベース方式(0 ~ 23)ではなく、1 ~ 24 の番号が使用されます。この番号方式が採用されているのは、チャネライズド機器における Telco の T1 チャネル番号設定と一致させるためです。


Multichannel DS1/PRI Port Adapter は、ESF(拡張スーパ フレーム)での FDL(ファシリティ データ リンク)、ネットワーク ループバック、およびペイロード ループバックをサポートしています。また、各 T1 リンクは、BERT(ビット エラー レート テスト)に対応しています。BERT を実行できるのは、フレーム化された T1 信号の場合 だけ です。また、一度に 1 つのポートでしかテストを実行することはできません。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter は、複数 T1 の集束( 逆多重化 または 結合 )による広帯域幅データ レートをサポートして いません 。Multichannel DS1/PRI Port Adapter がサポートしているのは、各 T1 リンク上での Cisco HDLC、フレーム リレー、PPP、および SMDS(Switched Multimegabit Data Service)DXI(Data Exchange Interface)の各カプセル化です。SMDS の場合に限り、T1 回線上に DXI が送信されるので、直接 DXI 入力ができる SMDS スイッチに接続する必要があります。

機能

Multichannel DS1/PRI Port Adapter の機能および物理特性は、次のとおりです。

各 T1 ポートで、1.536 Mbps の双方向データ送受信が可能です。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter の DSX-1 バージョンの各 T1 接続部を、100 ohm の RJ-48C ケーブルを使用して、外部 CSU、MIP(マルチチャネル インターフェイス プロセッサ)、または DSX-1 インターフェイスを使用する他の機器に接続することができます。


) 外部 DSX-1 チャネルには、CSU 機能はありません。したがって、長距離接続には外部 CSU を使用する必要があります。


RFC 1406 のサポート -- Cisco MIB ファイルについては、『 Cisco MIB User Quick Reference 』を参照してください。RFC 1406 では、[Frac] テーブルを除くすべてのテーブルがサポートされます。

WAN では、Multichannel DS1/PRI Port Adapter がリモート サイトのコンセントレータとして機能します。


) Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー スイッチ、Cisco 7000 シリーズ ルータと Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP、および Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードはホットスワップ(OIR)に対応していますが、ポート アダプタそのものは対応していません。ポート アダプタを交換するには、最初にシャーシから Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP を取り外す必要があります。さらに、必要に応じてポート アダプタを交換します。Cisco 7100 シリーズ ルータ、Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco uBR7200 シリーズ ルータ、Cisco 7201 ルータ、Cisco 7301 ルータ、および Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタは、ホットスワップ対応です。


DS1/PRI LIU(Line Interface Unit)は、入力ジッタ許容値、パルス波形/振幅(T1 および DSX1)、回線終端、およびジッタ転送について、次の仕様に準拠しています( 表1-2 を参照)。

ANSI 62411

Bellcore TR499

表1-2 に、Multichannel DS1/PRI Port Adapter の T1 チャネルのデータ レートを示します。

 

表1-2 T1 チャネルのデータ レート

DS1/PRI チャネル番号
データ レート

0~23

n × 56 kbps 最大フル T1(1.344 Mbps)または
n × 64 kbps 最大フル T1(1.536 Mbps) 1

1.または、n× 56 および n × 64 の組み合わせ(ただし、2n < 24 の場合)

Multichannel DS1/PRI Port Adapter の DS1/PRI ポートは、100 ohm の STP(シールド付きツイストペア)ケーブルを通じて、T1 および DSX-1 レベルの送受信を行います。このポート アダプタは、T1 または DSX-1 レベルの入出力が可能なあらゆる機器に直接接続できます。DS1/PRI のフロント エンドは、次の仕様に準拠しています。

回線速度:1.544 Mbps(± 32 ppm)

回線コード:外部ポート上での AMI または B8ZS(バイナリ 8 ゼロ置換)

インピーダンス:100 ohm

パルス波形:ANSI T1.102、パルス振幅:2.4 ~ 3.6V ピーク

出力信号:DSX-1 には 655 フィート(199.6 m)の 100 ohm STP ケーブルを使用でき、回線側で DSX-1 パルス波形テンプレートに対応しています。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter の T1 バージョンは、すべての DSX-1 仕様を満たしたうえで、次の機能も備えています。

回線の選択:0 dB、-7.5 dB、または -22.5 dB

レシーバー ゲインの選択:26 ~ 36 dB

UL 1459/1950 および FCC part 68 に基づく回線保護


) 各 Multichannel DS1/PRI Port Adapter に設定できるインターフェイス数は、最大 128 です。たとえば、8 ポート Multichannel DS1/PRI Port Adapter の各ポートに 24 チャネルずつ設定すると、インターフェイス数が 24×8 = 192 となり、128 を超えてしまうため、全ポートに 24 チャネルを設定することはできません。


LED

Multichannel DS1/PRI Port Adapter には、すべてのポート アダプタに標準装備されているENABLED LED に加えて、各ポートに 1 つずつステータス LED があります(図1-4図1-5、および図1-6 の LED を参照)。

図1-4 2 ポート Multichannel DS1/PRI Port Adapter の LED(横方向)

 

図1-5 4 ポート Multichannel DS1/PRI Port Adapter の LED(横方向)

 

図1-6 8 ポート Multichannel DS1/PRI Port Adapter の LED(横方向)

 

システムが初期化されると、ENABLED LED が点灯し、Multichannel DS1/PRI Port Adapter が動作可能な状態であることを示します。システムの再初期化中に、各インターフェイスが検出されると、コンソール画面にメッセージが表示されます。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter を動作可能にするためには、次の条件が満たされている必要があります。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter がバックプレーンに正しく接続され、電力が供給されている。

Multichannel DS1/PRI Port Adapter マイクロコードの有効なバージョンがロードされて稼働している。

システム バスが Multichannel DS1/PRI Port Adapter を認識している。

いずれかの条件が満たされていない場合、またはその他の原因で初期化が完了しなかった場合、ENABLED LED は点灯しません。

表1-3 に、CPU ブート プロセス中やマイクロコードのダウンロード中に、Multichannel DS1/PRI Port Adapter 前面パネルのステータス LED によって示される各種システムのステータスおよび機能を示します。

 

表1-3 LED によるポート ステータス表示

LED カラー
状態
説明

イエロー

点灯

RAM テストが開始されました。

ダウンロード待機中。

グリーン

点灯(1 回点滅)

RAM テストが完了しました。

点灯してから消灯

ダウンロードが開始されました。

点灯(1 回点滅してから消灯)

ダウンロードが完了しました。


) Multichannel DS1/PRI Port Adapter のマイクロコードがブートすると、LED はマイクロコードによって制御されます。


システムのブート プロセス中およびマイクロコードのダウンロード中にエラーが発生した場合は、ポート ステータス LED にイエローが数回点滅してから停止し、再び点滅を繰り返します。点滅回数によってエラーを判断することができます。 表1-4 に、LED によるエラー表示を示します。

 

表1-4 LED のエラー表示

イエローの点滅回数
説明

1

メモリ テストの失敗

2

PLX メールボックス テストの失敗

3

データのダウンロードが不完全

4

ダウンロード中にチェックサム エラーが発生

5

コマンドが無効(点滅は反復されず、処理が続行されます)

6

ダウンロードした運用コードから予期せぬリターンが検出

7

プロセッサの例外条件が発生

上記のいずれかのエラーが発生すると、CPU はループを繰り返すため、マイクロコードのダウンロードは進行しません。

CPU ブート プロセスおよびマイクロコードのダウンロードが正常に完了すると、Multichannel DS1/PRI Port Adapter 前面パネルのポート ステータス LED により、システムのステータスおよび機能が示されます( 表1-5 を参照)。

 

表1-5 LED のポート ステータス表示(ブート完了後)

LED カラー
状態
説明

グリーン

点灯

ポート アダプタは正常な信号を受信しています。

イエロー

点灯

ポート アダプタはループバック モードにあります。

なし

消灯

正常な信号を受信していません。ループバック モードでもありません。

ケーブルおよびコネクタ

Multichannel DS1/PRI Port Adapter の DS1/PRI インターフェイス レセプタクルは、T1 対応の RJ-48C(100 ohm)です。すべてのインターフェイス レセプタクルを同時に使用することができます。


) ポートを回線に正しく接続した後、Cisco IOS ソフトウェアによって回線がアップになったことが通知されるまで、約 30 秒かかります。


各接続により、T1.403 および ACCUNET TR62411 仕様に準拠している T1(100 ohm)インターフェイスがサポートされます。RJ-48C 接続には、外部トランシーバは必要ありません。DS1/PRI ポートは、100 ohm の Unshielded Twisted-Pair(UTP; シールドなしツイストペア)または Shielded Twisted-Pair(STP; シールド付きツイストペア)ケーブルを使用する T1 インターフェイスです。図1-7 に、Multichannel DS1/PRI Port Adapter のインターフェイス ケーブルおよびコネクタを示します。


) VCCI クラス II の EMI 要件を満たすには、STP ケーブルを使用する必要があります。


図1-7 DS1/PRI インターフェイスのケーブルおよびコネクタ

 

表1-6 に、RJ-48C コネクタの信号のピン配置を示します。

 

表1-6 100 ohm RJ-48C コネクタのピン配置

ピン
信号 2

1

RX ring

2

RX tip

3

NC

4

TX ring

5

TX tip

6

NC

7

NC

8

NC

2.TX = 送信、RX = 受信、NC = 接続なし

サポート プラットフォーム上でのポート アダプタ搭載位置

ここでは、サポート プラットフォームにおけるポート アダプタ スロットの位置について説明します。図では、各プラットフォームのスロットの位置を示します。ここでは、次の設定手順について説明します。

「Catalyst RSM/VIP2 のスロット番号」

「Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールのスロット番号」

「Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号」

「Cisco 7201 ルータのスロット番号」

「Cisco 7301 ルータのスロット番号」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号」

「Cisco 7401ASR ルータのスロット番号」

「Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号」

Catalyst RSM/VIP2 のスロット番号

Catalyst RSM/VIP2 は、スーパーバイザ エンジン モジュール用のトップ スロット以外の Catalyst 5000 ファミリー スイッチの任意のスロットに搭載できます。Catalyst RSM/VIP2 は、インターフェイス プロセッサのスロット番号を使用しません。したがって、搭載されているスロットは、番号付けされていません。Multichannel DS1/PRI Port Adapter は、Catalyst RSM/VIP2 のポート アダプタ スロット 0 または 1 のいずれかに搭載できます。図1-8 に、2 つのポート アダプタを搭載した Catalyst RSM/VIP2 を示します。


) Catalyst 5500 スイッチには 13 のスロットがあります。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合、スロット 2 に搭載しますが、使用しない場合、スロット 2 には他のモジュールを搭載できます。スロット 13 は、ASP(ATM スイッチ プロセッサ)モジュール専用スロットです。Catalyst RSM/VIP2 の追加スロットの制限については、『Catalyst 5000 Series Route Switch Module Installation and Configuration Note』を参照してください。


図1-8 Catalyst RSM/VIP2 にポート アダプタを搭載した Catalyst 5000 ファミリー スイッチ

 

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールのスロット番号

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールは、スーパーバイザ エンジン専用のスロット 1 以外の任意のスロットに搭載できます。Multichannel DS1/PRI Port Adapter は、FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 0 または 1 のいずれかに搭載できます。図1-9 に、2 つのブランク ポート アダプタを搭載した FlexWAN モジュールを示します。


) スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合、スロット 2 に搭載しますが、使用しない場合、スロット 2 には他のモジュールを搭載できます。


図1-9 FlexWAN モジュールにブランク ポート アダプタを搭載した Catalyst 6000 ファミリー スイッチ

 

Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号

Multichannel DS1/PRI Port Adapter は、Cisco 7120 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット 3、および Cisco 7140 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット 4に搭載できます。図1-10 に、Cisco 7120 シリーズ ルータのスロット番号を示します。図1-11 に、Cisco 7140 シリーズ ルータのスロット番号を示します。

図1-10 Cisco 7120 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット

 

図1-11 Cisco 7140 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco 7202 ルータには、2 つのポート アダプタ スロットがあります。スロットには、左から右に番号が付けられています。ポート アダプタは、いずれかのスロット(スロット 1 またはスロット 2)に取り付けることができます。Cisco 7202 ルータでの例は示していません。

Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204VXR ルータには、ポート アダプタ用に 4 つのスロットと、入出力(I/O)コントローラ用に 1 つのスロットがあります。スロット番号は左下から右上にスロット 1 からスロット 4 までの番号が付けられています。ポート アダプタは、任意のスロット(スロット 1 からスロット 4)に取り付けることができます。スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です。Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204VXR での例は示していません。

Cisco 7206 ルータおよび Cisco 7206VXR ルータ(Cisco AS5800 ユニバーサル アクセス サーバでのルータ シェルフとしての Cisco 7206 および Cisco 7206VXR ルータを含む)には、ポート アダプタ用に 6 つのスロットと、入出力(I/O)コントローラ用に 1 つのスロットがあります。スロット番号は左下から右上にスロット 1 からスロット 6 までの番号が付けられています。ポート アダプタは、任意のスロット(スロット 1 からスロット 6)に取り付けることができます。スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です。図1-12 に、Cisco 7206 ルータのスロット番号を示します。Cisco 7206VXR ルータでの例は示していません。

図1-12 Cisco 7206 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco uBR7223 ルータには、ポート アダプタ スロットが 1 つあります(スロット 1)。スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です(ある場合)。Cisco uBR7223 ルータでの例は示していません。

Cisco uBR7246 ルータおよび Cisco uBR7246VXR ルータには、2 つのポート アダプタ スロットがあります(スロット 1 とスロット 2)。スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です(ある場合)。図1-13 に、Cisco uBR7246 ルータまたは Cisco uBR7246VXR ルータのポート アダプタ スロットの番号を示します。

図1-13 Cisco uBR7246 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7201 ルータのスロット番号

図1-14 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7201 ルータの前面を示します。Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロットは、1 つ(スロット 1)だけです。

図1-14 Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7301 ルータのスロット番号

図1-15 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7301 ルータの前面を示します。Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロットは、1 つ(スロット 1)だけです。

図1-15 Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは、Cisco 7304 ルータ モジュールのスロット 2 から 5 に搭載します。図1-16 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを示します。Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅ポート アダプタを 1 つ取り付けられます。

図1-17 に、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット番号を示します。ポート アダプタ スロット番号は、モジュール スロット番号と同じです。スロット 0 とスロット 1 は、NPE モジュールまたは NSE モジュール専用です。

図1-16 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード(ポート アダプタ搭載済み)

 

図1-17 Cisco 7304 ルータのモジュール スロット

 

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

図1-18 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7401ASR ルータの前面を示します。Cisco 7401AXR ルータのポート アダプタ スロットは、1 つ(スロット 1)だけです。

図1-18 Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

ポート アダプタは、Cisco 7000シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータで使用される VIP(Versatile Interface Processor)でサポートされています。Cisco 7010 ルータおよび Cisco 7505 ルータでは、VIP マザーボードは VIP スロットに水平に取り付けられています。Cisco 7507 ルータおよび Cisco 7513 ルータでは、VIP マザーボードは VIP スロットに垂直に取り付けられています。ポート アダプタは、VIP のいずれかのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)に取り付けることができます。ベイは、VIP の左から右に番号が付けられています。図1-19 に、VIP のスロット番号を示します。

図1-19 VIP スロットの場所

 

Cisco 7010 ルータには、ポート アダプタ用に 3 つのスロットと、ルート スイッチ プロセッサ(RSP)用に 2 つのスロットがあります。スロットは、下から上に番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 2)に取り付けることができます。スロット 3 と 4 は、常に RSP 専用です。Cisco 7010 ルータでの例は示していません。

Cisco 7505 ルータには、ポート アダプタ用に 4 つのスロットと、RSP 用に 1 つのスロットがあります。スロットは、下から上に番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 3)に取り付けることができます。1 つのスロットは、常に RSP 専用です。図1-20 に、Cisco 7505 ルータのスロット番号を示します。

図1-20 Cisco 7505 ルータの VIP スロット

 

Cisco 7507 ルータには、ポート アダプタ用に 5 つのスロットと、RSP 用に 2 つのスロットがあります。スロットは、左から右に番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0、1、4、5、または 6)に取り付けることができます。スロット 2 と 3 は、常に RSP 専用です。Cisco 7507 ルータでの例は示していません。

Cisco 7513 ルータには、ポート アダプタ用に 11 のスロットと、RSP 用に 2 つのスロットがあります。スロットは、左から右に番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 5、またはスロット 9 ~ 12)に取り付けることができます。スロット 6 と 7 は、常に RSP 専用です。Cisco 7513 ルータでの例は示していません。

インターフェイス アドレスの識別

ここでは、サポート プラットフォームに搭載した Multichannel DS1/PRI Port Adapter のインターフェイス アドレスの識別方法について説明します。インターフェイス アドレスには、ルータまたはスイッチ上の各インターフェイスの物理的な位置が指定されます。

ルータに搭載した Multichannel DS1/PRI Port Adapter のインターフェイスは、他のポート アダプタの取り付けまたは取り外しに関係なく、常に同じアドレスを保持します。ただし、ポート アダプタを別のスロットに移動すると、インターフェイス アドレスの最初の番号が移動先のポート アダプタ スロット番号に変わります。

VIP または FlexWAN モジュールに搭載した Multichannel DS1/PRI Port Adapter のインターフェイスは、他のインターフェイス プロセッサの取り付けまたは取り外しに関係なく、常に同じアドレスを保持します。ただし、VIP または FlexWAN モジュールを別のスロットに移動すると、インターフェイス プロセッサまたはモジュールのスロット番号が移動先のインターフェイス プロセッサまたはモジュールのスロット番号に変わります。


) インターフェイス ポート番号は 0 で始まり、左から右へ番号が割り振られます。


次の項目では、サポート対象のプラットフォームのインターフェイス アドレス フォーマットについて説明しています。

「Catalyst RSM/VIP2 のインターフェイス アドレス」

「Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7100 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7200 シリーズおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス」

表1-7 に、サポート対象のプラットフォームのインターフェイス アドレス フォーマットをまとめます。

 

表1-7 インターフェイス アドレスの識別

プラットフォーム
インターフェイス アドレスの
フォーマット
番号
構文

Catalyst 5000 ファミリー
スイッチに搭載の
Catalyst RSM/VIP2

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 0 または 1

インターフェイス ポート 3

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

0/1:0

Catalyst 6000 ファミリー
スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール

モジュール スロット番号/
ポート アダプタ ベイ番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

モジュール スロット -- 2 4 ~ 13(スイッチのスロット数による)

ポート アダプタ ベイ -- 0 または 1

インターフェイス ポート 5

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

3/0/0:0

Cisco 7120 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 3

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 ~ 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

3/0:0

Cisco 7140 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 4

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 ~ 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

4/0:0

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 0 ~ 6(ルータのスロット数による) 6

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 ~ 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

1/0:0

Cisco 7201 ルータ 7

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 または 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

チャネル グループ -- 0 ~ 23

1/0:0

Cisco uBR7223 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1 4

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 または 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

1/0:0

Cisco uBR7246 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 1 または 2 4

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 または 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

1/2:0

Cisco 7301 ルータ 8

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

1/0:0

Cisco 7304 ルータの Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

モジュール スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

モジュール スロット -- 2 ~ 5

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 または 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

3/0:0

Cisco 7401ASR ルータ 9

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号:
チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

1/0:0

Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP

インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号

インターフェイス プロセッサ スロット -- 0 ~ 12(ルータのスロット数による)

ポート アダプタ スロット -- 0 または 1

インターフェイス ポート

PA-MC-2T1 -- 0 または 1

PA-MC-4T1 -- 0 ~ 3

PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 -- 0 ~ 7

チャネル グループ -- 0 ~ 23

3/1/0:0

3.Catalyst RSM/VIP2 には、PA-MC-2T1 Multichannel DS1/PRI Port Adapter は搭載できません。

4.スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合、スロット 2 に搭載しますが、使用しない場合、スロット 2 には他のモジュールを搭載できます。

5.Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールに搭載できるのは、PA-MC-4T1 および PA-MC-8T1 Multichannel DS1/PRI Port Adapter のみです。

6.ポート アダプタ スロット 0 は、I/O コントローラ(使用する場合)のファスト イーサネット ポート専用です。

7.Cisco 7201 ルータには、PA-MC-2T1 および PA-MC-4T1 ポート アダプタを搭載できます。

8.Cisco 7301 ルータには、PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 ポート アダプタを搭載できます。

9.Cisco 7401ASR ルータには、PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 ポート アダプタを搭載できます。

Catalyst RSM/VIP2 のインターフェイス アドレス

Catalyst 5000 ファミリー スイッチでは、Catalyst RSM/VIP2 は、スーパーバイザ エンジン モジュール用のトップ スロット以外の任意のスロットに搭載できます。Catalyst 5000 ファミリー スイッチの Catalyst RSM/VIP2 は、インターフェイス プロセッサのスロット番号を使用しません。したがって、搭載されているスロットは、番号付けされていません。ポート アダプタは、Catalyst RSIM/VIP2 のポート アダプタ スロット 0 またはスロット 1 のいずれかに搭載できます。図1-8 を参照してください。

インターフェイス アドレスは、3 つの番号で構成され、フォーマットはポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号です。 表1-7 を参照してください。たとえば、4 ポートの PA-MC-4T1 が Catalyst 5000 ファミリー スイッチの Catalyst RSM/VIP2 のスロット 1 に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0:0、1/1:0、1/2:0、1/3:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 3、およびチャネル グループ 0)。8 ポートの PA-MC-8T1 または PA-MC-8DSX1 が同じスロットに搭載されている場合は、インターフェイス アドレスが 1/0:0、1/1:0、1/2:0、1/3:0、1/4:0、1/5:0、1/6:0、および 1/7:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 7、およびチャネル グループ 0)。

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールのインターフェイス アドレス

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールは、モジュール スロット 2 ~ 9(ルータのスロット数による)に搭載できます。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。ポート アダプタは、FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 0 またはベイ 1 のいずれかに搭載できます。図1-9 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは、 モジュール番号/ポート アダプタ ベイ番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。

最初の番号では、搭載されている FlexWAN モジュールのシャーシのモジュール スロットが識別されます(シャーシのスロット数により、スロット 2、3、6、または 9)。これらのモジュール スロットは通常、上から下に、1 から番号が付けられます。

2 番めの番号では、ポート アダプタが搭載されている FlexWAN モジュールのベイが識別されます(0 または 1)。ベイは、FlexWAN モジュールの左から右に番号が付けられています。

3 番めの番号では、ポート アダプタの物理ポート番号が識別されます。PA-MC-4T1 は 4 ポートのポート アダプタなので、ポート番号は 0 ~ 3 となります。PA-MC-8T1 は 8 ポートのポート アダプタなので、ポート番号は 0 ~ 7 となります。

4 番めの番号では、論理チャネル グループが識別され、番号は 0 ~ 23 です。

たとえば、4 ポートの PA-MC-4T1 が、モジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0 の FlexWAN モジュールに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/0:0、3/1:0、3/2:0、3/3:0 となります(モジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0、インターフェイス ポート 0 ~ 3、およびチャネル グループ 0)。8 ポートの PA-MC-8T1 が、モジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0 の FlexWAN モジュールに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/0/0:0 ~ 3/0/7:0 になります(モジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0、インターフェイス ポート 0 ~ 7、およびチャネル グループ 0)。


) FlexWAN モジュールの物理ポート アドレスは、従来の Catalyst 6000 ファミリーのポート アドレス(スロット 1 で始まる)と異なり、スロット 0 で始まります。


Cisco 7100 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7120 シリーズ ルータでは、ポート アダプタはポート アダプタ スロット 3 に搭載されます。図1-10 を参照してください。Cisco 7140 シリーズ ルータでは、ポート アダプタはポート アダプタ スロット 4 に搭載されます。図1-11 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは、ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号です。 表1-7 を参照してください。たとえば、デュアルポート PA-MC-2T1 が Cisco 7120 ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/0:0 および 3/1:0 となります。デュアルポート PA-MC-2T1 が Cisco 7140 ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 4/0:0 および 4/1:0 となります。

Cisco 7200 シリーズおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータでは、ポート アダプタ スロットには、左下から右上に向かってスロット 1 から番号が付けられています。Cisco 7202 ではスロット 2 まで、Cisco 7204 および Cisco 7204VXR ではスロット 4 まで、Cisco 7206 および Cisco 7206VXR ではスロット 6 までとなります。ポート アダプタは、スロット 1 ~ 6(ルータのスロット数による)の任意の使用可能なポート アダプタ スロットに搭載できます(スロット 0 は、I/O コントローラ専用です)。図1-12 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは、ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 :チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。たとえば、デュアルポート PA-MC-2T1 が Cisco 7200 シリーズ ルータのスロット 1 に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0:0 および 1/1:0 となります。4 ポートの PA-MC-4T1 が Cisco 7200 シリーズ ルータのスロット 1 に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0:0、1/1:0、1/2:0、および 1/3:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 3、およびチャネル グループ 0)。8 ポートの PA-MC-8T1 または PA-MC-8DSX1 が Cisco 7200 シリーズ ルータのスロット 1 に搭載されている場合は、インターフェイス アドレスは 1/0:0、1/1:0、1/2:0、1/3:0、1/4:0、1/5:0、1/6:0、および 1/7:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 7、およびチャネル グループ 0)。

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco uBR7223 ルータでは、ポート アダプタを搭載できるのは、スロット 1 の番号が付けられたスロットだけです。

Cisco uBR7246 ルータおよび Cisco uBR7246VXR ルータには、2 つのポート アダプタ スロット(スロット 1 とスロット 2)にポート アダプタを搭載できます。スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です(ある場合)。図1-13 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは、ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 :チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。たとえば、デュアルポート PA-MC-2T1 が Cisco uBR7223 ルータのスロット 1 に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0:0 および 1/1:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 および 1、チャネル グループ 0)。デュアルポート PA-MC-2T1 が Cisco uBR7246 ルータのスロット 2 に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 2/0:0 および 2/1:0 になります(ポート アダプタ スロット 2、インターフェイス ポート 0 および 1、チャネル グループ 0)。

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータでは、ポート アダプタを搭載できるのは、スロット 1 の番号が付けられたスロットだけです。図1-14 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは、ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 :チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。たとえば、4 ポートの PA-MC-4T1 が Cisco 7201 ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0:0、1/1:0、1/2:0、および 1/3:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 3、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータでは、ポート アダプタを搭載できるのは、スロット 1 の番号が付けられたスロットだけです。図1-15 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。たとえば、8 ポートの PA-MC-8T1 または PA-MC-8DSX1 が Cisco 7301 ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0:0、1/1:0、1/2:0、1/3:0、1/4:0、1/5:0、1/6:0、および 1/7:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 7、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 ルータでは、ポート アダプタは、Cisco 7304 ルータ モジュールのスロット 2 ~ 5 に搭載される Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに搭載されます。ポート アダプタ スロット番号は、モジュール スロット番号と同じです。図1-16 および図1-17 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは、 モジュール スロット番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。たとえば、デュアルポート PA-MC-2T1 が Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 3 の Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/0:0 および 3/1:0 となります(ポート アダプタ スロット 3、インターフェイス ポート 0 および 1、チャネル グループ 0)。4 ポートの PA-MC-4T1 が Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 3 の Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/0:0、3/1:0、3/2:0 および 3/3:0 となります(ポート アダプタ スロット 3、インターフェイス ポート 0 ~ 3、チャネル グループ 0)。8 ポートの PA-MC-8T1 または PA-MC-8DSX1 が Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 3 の Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/0:0、3/1:0、3/2:0、3/3:0、3/4:0、3/5:0、3/6:0、および 3/7:0 になります(ポート アダプタ スロット 3、インターフェイス ポート 0 ~ 7、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータでは、ポート アダプタを搭載できるのは、スロット 1 の番号が付けられたスロットだけです。図1-18 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号で構成され、フォーマットは、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。たとえば、8 ポートの PA-MC-8T1 または PA-MC-8DSX1 が Cisco 7401ASR ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0:0、1/1:0、1/2:0、1/3:0、1/4:0、1/5:0、1/6:0、および 1/7:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 7、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータでは、ポート アダプタはインターフェイス プロセッサ スロット 0 ~ 12(ルータのスロット数による)に搭載される Versatile Interface Processor(VIP)に搭載されます。ポート アダプタは、VIP のいずれかのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)に取り付けることができます。図1-19 および図1-20 を参照してください。

VIP のインターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは、 インターフェイス プロセッサ スロット 番号 /ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号:チャネル グループ番号 です。 表1-7 を参照してください。

最初の番号では、VIP が搭載されるスロット(ルータのスロット数により、スロット 0 ~ 12)が識別されます。

2 番めの番号では、ポート アダプタが搭載される VIP のベイ(ポート アダプタ スロット)が識別されます(0 または 1)。ベイは、VIP の左から右に番号が付けられています。

3 番めの番号では、ポート アダプタの物理ポート番号(インターフェイス ポート番号)が識別されます。ポート番号は常に 0 から始まり、左から右に番号が付けられています。追加できるポート数は、ポート アダプタのポート数によって異なります。PA-MC-2T1 はデュアルポートのポート アダプタなので、ポート番号は 0 または 1 となります。PA-MC-4T1 は 4 ポートのポート アダプタなので、ポート番号は 0 ~ 3 となります。PA-MC-8T1 および PA-MC-8DSX1 は 8 ポートのポート アダプタなので、ポート番号は 0 ~ 7 となります。

4 番めの番号では、論理チャネル グループが識別され、番号は 0 ~ 23 です。

たとえば、デュアルポート PA-MC-2T1 がインターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1 の VIP に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0:0 および 3/1/1:0 になります(インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 および 1、チャネル グループ 0)。4 ポートの PA-MC-4T1 がインターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1 の VIP に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0:0、3/1/1:0、3/1/2:0、および 3/1/3:0 になります(インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 3、チャネル グループ 0)。8 ポートの PA-MC-8T1 または PA-MC-8DSX1 がインターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1 の VIP に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0:0、3/1/1:0、3/1/2:0、3/1/3:0、3/1/4:0、3/1/5:0、3/1/6:0、および 3/1/7:0 になります(インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0 ~ 7、チャネル グループ 0)。


) 7 スロットのCisco 7000/Cisco 7507 ルータ、および 13 スロットのCisco 7513/Cisco 7576 ルータのプロセッサ スロットは縦方向に、5 スロットのCisco 7010/Cisco 7505 ルータのプロセッサ スロットは横方向に配置されていますが、Cisco 7000 シリーズおよび Cisco 7500 シリーズ ルータではすべて同じ形式のスロット番号およびポート番号が採用されています。