PA-MC-2E1/PA-MC-8E1 PRI Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
ポート アダプタの取り外しおよび 取り付け
ポート アダプタの取り外しおよび取り付け
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

ポート アダプタの取り扱い

活性挿抜

警告および注意事項

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Catalyst RSM/VIP2 —ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7100 シリーズ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ—ポート アダプタの取り外し

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ—ポート アダプタの取り付け

Cisco 7201 ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7301 ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7401 ASR ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

VIP —ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

ネットワーク インターフェイス ケーブルの接続

ポート アダプタの接続の確認

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

この章では、サポート対象プラットフォームから PA-MC-2E1 Port Adapter または PA-MC-8E1 Port Adapter を取り外して、新しいポート アダプタを取り付ける手順を説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「ポート アダプタの取り扱い」

「活性挿抜」

「警告および注意事項」

「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「ネットワーク インターフェイス ケーブルの接続」

「ポート アダプタの接続の確認」

ポート アダプタの取り扱い

金属フレームに取り付けられているポート アダプタの基板は、ESD(静電気放電)によって破壊されることがあります。


) ポート アダプタ スロットを使用しない場合には、ルータまたはスイッチを EMI(電磁波干渉)要件に準拠させ、ポート アダプタ全体に適切なエア フローを提供するために、空きスロットに必ずブランク ポート アダプタを取り付けてください。新しいポート アダプタを未使用のスロットに搭載する場合は、まず、ブランク ポート アダプタを取り外す必要があります。



注意 ルータの電源をオフにし、30 秒以上経過してから、もう一度電源を入れます。


注意 ポート アダプタを取り扱う際は、必ず先端の部分およびハンドルだけを持ってください。ポート アダプタのコンポーネントまたはコネクタ ピンには絶対に手を触れないでください(図3-1 を参照)。

図3-1 ポート アダプタの取り扱い

 

活性挿抜

一部のプラットフォームは、ポート アダプタの活性挿抜(online insertion and removal; OIR)をサポートしています。Cisco 7100 シリーズ ルータ、Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco uBR7200 シリーズ ルータ、または Cisco 7201 ルータ、Cisco 7301 ルータ、または Cisco 7401ASR ルータ上で PA-MC-2E1 および PA-MC-8E1 の取り外しおよび取り付けを行うときには、ルータの電源を切る必要はありません。

Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、および VIP では活性挿抜がサポートされますが、個々のポート アダプタではサポートされません。ポート アダプタの作業を行うときには、まずシャーシから Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP を取り外したあとに、必要に応じてポート アダプタの取り付けまたは交換を行います。新しいポート アダプタを取り付ける Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP にブランク ポート アダプタが入っている場合は、最初に Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP をシャーシから取り外してから、ブランク ポート アダプタを外す必要があります。


注意 システムに問題が生じるのを防ぐため、システム稼働中は、Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP からポート アダプタを取り外したり、マザーボードに他のポート アダプタを取り付けたりしないでください。ポート アダプタの取り付けまたは交換を行うときには、最初に Catalyst RSM/VIP2、Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、または VIP をインターフェイス プロセッサ スロットから取り外します。

アクティブ トラフィックが通過中のポート アダプタを取り外す場合は、システムを正常にシャットダウンしてから取り外すことを推奨します。トラフィックがポートを通過している間にポート アダプタを取り外すと、システムが破損することがあります。ポート アダプタの挿入後、ポートを再起動できます。


) ポート アダプタをルータまたはスイッチから取り外すと、活性挿抜はポート アダプタのすべてのアクティブなインターフェイスを管理上のシャットダウンにします。


活性挿抜を使用すると、ソフトウェアに通知したり、システム電源をシャットダウンしたりせずに、ルータが稼働した状態でポート アダプタの取り付けおよび交換を行うことができます。ただし、ポート アダプタを取り外している間は、そのポート アダプタ内をトラフィックが通過しないようにする必要があります。活性挿抜は、ネットワークのエンド ユーザがすべてのルーティング情報をメンテナンスしたり、セッションを保護するためのシームレスな方法です。

ここでは、活性挿抜の一般的な機能についてのみ説明します。サポート対象プラットフォームにおけるポート アダプタの取り付けおよび取り外し手順については、「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」を参照してください。

各ポート アダプタには、モジュールをルータに接続するバス コネクタが装備されています。各コネクタに付いている 3 種類の長さのピン セットにより、ポート アダプタの接続および切断時に、システムに特定の信号が送信されます。システムは受信した信号および信号の順序を評価し、ポート アダプタがシステムから取り外されたのか、またはシステムに取り付けられたのかを判別します。これらの信号に基づいて、システムは新しいインターフェイスを再初期化するか、または取り外されたインターフェイスをシャットダウンするかを判別します。

たとえば、ポート アダプタを取り付けると、最も長いピンが最初にポート アダプタに接触し、最も短いピンが最後に接触します。システムはこれらの信号、および信号が受信された順番を認識します。

ポート アダプタの取り外しまたは取り付けを行うと、ピンはシステムに変更を通知する信号を送信します。ルータは次の手順を実行します。

1. 短時間でシステムをスキャンし、設定の変更を確認します。

2. 新規に取り付けられたポート アダプタを初期化するか、または空きインターフェイスを管理上のシャットダウン ステートにします。

3. ポート アダプタ上のすべての設定済みインターフェイスを、取り付け時の状態に戻します。新しく取り付けられたインターフェイスは、起動時に搭載されていた(未設定の)インターフェイスであるかのように、管理上のシャットダウン ステートに設定されます。同じタイプのポート アダプタをスロットに再挿入した場合には、ポートが設定され、オンライン状態になり、そのタイプのポート アダプタの本来のポート カウントに設定されます。


) 取り付け作業を始める前に、取り付けに必要な工具および部品について、「インストレーションの準備」を参照してください。


警告および注意事項

ポート アダプタの取り外しまたは取り付けを行うときは、次の警告および注意に従ってください。


注意 必要なケーブルをすべて接続するまでは、ポート アダプタをスロットに完全に挿入しないでください。ルータまたはスイッチの正常な動作が妨げられることがあります。


) ポート アダプタ レバーまたは他の固定メカニズムがロック位置にならない場合は、ポート アダプタがミッドプレーンに完全に装着されていません。ポート アダプタをスロットから半分ほど引き出し、入れ直してから、ポート アダプタ レバーまたはその他の固定メカニズムをロック位置に合わせます。



注意 フレームをポート アダプタ スロットの上下エッジ間に引っ掛けないように、また、ポート アダプタ背面のエッジ コネクタがポート アダプタ スロット奥のコネクタに確実にかみ合うようにするため、「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」の拡大図を参照して、フレームを正しい位置に取り付けてください。


警告 作業中は、カードの静電破壊を防ぐため、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。手または金属製の工具が直接ミッドプレーンに接触しないようにしてください。感電する危険性があります。ステートメント 181


ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

ここでは、ポート アダプタの取り外しおよび取り付けの手順を、図によって詳しく説明します。次の図が掲載されています。

「Catalyst RSM/VIP2 --ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7100 シリーズ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り外し」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り付け」

「Cisco 7201 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7301 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7401 ASR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「VIP --ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

Catalyst RSM/VIP2 --ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7100 シリーズ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り外し

 

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り付け

 

Cisco 7201 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7301 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅ポート アダプタを 1 つ搭載できます。ここでは、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに対するポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順を段階的に説明します。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに対するポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順については、図3-2を参照し、次の手順を行ってください。


ステップ 1 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードがルータに搭載されている場合は、これを取り外してから、ポート アダプタを取り外します。

ステップ 2 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードからポート アダプタを取り外す場合は、ポート アダプタのロックを回して、水平方向のロック位置(図3-2の A)から垂直方向のロック解除位置(図3-2の B)にします。

ステップ 3 ポート アダプタのハンドルを持って、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードからポート アダプタを引き抜きます(Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを取り外す場合は、ポート アダプタからケーブルを取り外しておきます)。

ステップ 4 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードにポート アダプタを取り付けるには、ポート アダプタを所定位置に保持する Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード内のガイド レールの位置を特定します。ガイド レールはポート アダプタの左右上部にあり、約 1 インチ窪んでいます(図3-2の C)。

ステップ 5 ポート アダプタを Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに慎重に差し込んで、ポート アダプタのインターフェイス コネクタに接触させます。ポート アダプタを完全に装着すると、前面パネルが Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードの前面と同一平面上になります。

ステップ 6 ポート アダプタが適切に装着されたら、ポート アダプタのロックを回して、水平方向のロック位置(図3-2 の A)にします。


 

図3-2 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7401 ASR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

VIP --ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

ネットワーク インターフェイス ケーブルの接続

Multichannel E1/PRI Port Adapter の取り付けを続けるためには、ポート アダプタ インターフェイス ケーブルを接続する必要があります。ここで説明する手順は、すべてのサポート対象プラットフォームに適用されます。

1 つの Multichannel E1/PRI Port Adapter に、RJ-48C ケーブルを 2 本(PA-MC-2E1)または 8 本(PA-MC-8E1)接続することができます。


) Catalyst RSM/VIP2 および Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールがサポートしているのは、PA-MC-8E1 Port Adapter だけです。


RJ-48C シールドなしケーブルを PA-MC-2E1 または PA-MC-8E1 Port Adapter に接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Multichannel E1/PRI Port Adapter の RJ-48C ポートの 1 つに、カテゴリ 3 または 5 の Unshielded Twisted-Pair(UTP; シールドなしツイストペア)ケーブルを直接取り付けます。


) VCCI クラス II の EMI(電磁波干渉)要件を満たすには、Foil Twisted-Pair(FTP; フォイル ツイストペア)ケーブルを使用する必要があります。


ステップ 2 RJ-48C シールドなしケーブルのネットワーク側を外部装置に接続します。

ステップ 3 残りの各インターフェイスに対して、ステップ 1 およびステップ 2 を行います。


 

ポート アダプタの接続の確認

次の手順で、Multichannel E1/PRI Port Adapter が正しく接続されていることを確認します。


ステップ 1 システムが各インターフェイスを再初期化する間、コンソールの表示メッセージを観察し、システムが PA-MC-2E1 または PA-MC-8E1 Port Adapter を検出しているかどうかを確認します。システムは PA-MC-2E1 または PA-MC-8E1 Port Adapter のインターフェイスを認識しても、 down の設定のままにしておきます。

ステップ 2 再初期化が完了したら、Multichannel E1/PRI Port Adapter の ENABLED LED が点灯状態になっているかどうかを確認します。LED が点灯状態になった場合は、ステップ 5に進みます。ENABLED LED が点灯状態にならない場合は、次のステップに進みます。

ステップ 3 Multichannel E1/PRI Port Adapter の ENABLED LED が点灯しない場合は、アダプタ ボードのコネクタがバックプレーンに正しく装着されていないと考えられます。ポート アダプタを入れ直して、コネクタをバックプレーンに完全にかみ合わせてください。システムがインターフェイスを再初期化すると、Multichannel E1/PRI Port Adapter の ENABLED LED が点灯します。ENABLED LED が点灯した場合は、ステップ 5に進みます。ENABLED LED が点灯しない場合は、次のステップに進みます。

ステップ 4 ENABLED LED が点灯しない場合は、Multichannel E1/PRI Port Adapter を取り外して、使用可能な別のポート アダプタ スロットに取り付けます。

新しいスロットに搭載後、Multichannel E1/PRI Port Adapter の ENABLED LED が点灯した場合は、元のポート アダプタ スロットのバックプレーン ポートが故障していると考えられます。

それでも ENABLED LED が点灯せず、Multichannel E1/PRI Port Adapter の他の LED が点灯している(アクティブである)場合は、ステップ 5に進んで、インストレーションのチェックを行います。Multichannel E1/PRI Port Adapter の ENABLED LED が故障している可能性があります。

Multichannel E1/PRI Port Adapter の LED が 1 つも点灯しない場合は、Multichannel E1/PRI Port Adapter が故障していると考えられます。取り付け作業を中断し、製品を購入した代理店に問い合わせてください。

ステップ 5 show interfaces コマンドを使用して、Multichannel E1/PRI Port Adapter のインターフェイスのステータスを確認します(インターフェイスが設定されていない場合は、 インターフェイスの設定の手順で設定してください)。


 

これで、ポート アダプタ ケーブルの接続は終了です。「PA-MC-2E1 および PA-MC-8E1 の設定」に進んでください。