PA-T3+ Serial Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
PA-T3+ の設定
PA-T3+ の設定
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

PA-T3+ の設定

EXEC コマンド インタプリタの使用方法

インターフェイスの設定

インターフェイスのシャットダウン

基本的なインターフェイス コンフィギュレーションの実行

タイミング(クロック)信号の設定

クロック レートの設定

クロック信号の反転

データ信号の反転

NRZI フォーマットの設定

巡回冗長検査の設定

半二重およびバイナリ同期通信の設定( ルータの場合)

帯域幅の設定

DSU モードの定義

T3+ スクランブリングのイネーブル化

T3+ フレーミングの指定

ケーブル長の設定

コンフィギュレーションの確認

show コマンドによる新規インターフェイスのステータス確認

show version または show hardware コマンドの使用例

show diag コマンドの使用例

show interfaces コマンドの使用例

ping コマンドによるネットワーク接続の確認

loopback コマンドの使用例

PA-T3+ の設定

PA-T3+ Port Adapter のインストレーションの次の段階として、シリアル インターフェイスを設定する必要があります。ここで説明する手順は、サポート対象の全プラットフォームに当てはまります。プラットフォーム別に、Cisco IOS コマンドの多少の相違点についても説明します。

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「EXEC コマンド インタプリタの使用方法」

「インターフェイスの設定」

「コンフィギュレーションの確認」

EXEC コマンド インタプリタの使用方法

ルータのコンフィギュレーションを変更するには、EXEC(またはイネーブル モード)と呼ばれるソフトウェア コマンド インタプリタを使用します。 configure コマンドを使用して新規インターフェイスを設定したり、既存のインターフェイス設定を変更するには、まず enable コマンドを入力して、EXEC コマンド インタプリタの特権レベルを開始する必要があります。パスワードが設定されている場合には、パスワードの入力が要求されます。特権レベルのシステム プロンプトでは、最後にかぎカッコ(>)ではなくポンド記号(#)が表示されます。

コンソール端末で特権レベルを開始する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ユーザ レベル EXEC プロンプトで、 enable コマンドを入力します。次のように、特権レベルのパスワードの入力が要求されます。

Router> enable
Password:

ステップ 2 パスワードを入力します(パスワードは大文字と小文字が区別されます)。セキュリティ保護のため、入力したパスワードは表示されません。

正しいパスワードを入力すると、特権レベルのシステム プロンプト(#)が表示されます。

Router#
 


 

新規インターフェイスを設定する場合は、次の「インターフェイスの設定」に進んでください。

インターフェイスの設定

新しい PA-T3+ が正しく搭載されている(ENABLED LED が点灯する)ことを確認してから、特権レベルの configure コマンドを使用して、新規インターフェイスを設定します。次の情報を用意しておく必要があります。

クロック ソースおよびフレーミング タイプなどの T3+ 情報

新規インターフェイスそれぞれに適用するルーティング プロトコル

IP アドレス(インターフェイスに IP ルーティングを設定する場合)

使用するブリッジング プロトコル

新規インターフェイス用のタイミング ソースおよび外部タイミング用のクロック速度

新しい PA-T3+ を取り付けた場合、または既存インターフェイスの設定を変更する場合は、コンフィギュレーション モードを開始して、新規インターフェイスを設定する必要があります。設定済みの PA-T3+ を交換した場合は、システムが新規インターフェイスを認識して、既存の設定で新規インターフェイスのそれぞれを起動します。

使用できるコンフィギュレーション オプションの概要、および PA-T3+ 上のインターフェイスの設定手順については、「関連資料」の該当するコンフィギュレーション マニュアルを参照してください。

EXEC コマンド インタプリタの特権レベルでコンフィギュレーション コマンドを実行するには、通常、パスワードが必要になります。必要ならば、システム管理者からパスワード情報を入手してください(特権 EXEC レベルの詳細は、EXEC コマンド インタプリタの使用方法を参照)。

ここでは、次の内容について説明します。

「インターフェイスのシャットダウン」

「基本的なインターフェイス コンフィギュレーションの実行」

「タイミング(クロック)信号の設定」

「NRZI フォーマットの設定」

「巡回冗長検査の設定」

「半二重およびバイナリ同期通信の設定(Cisco 7200 シリーズ ルータの場合)」

「帯域幅の設定」

「DSU モードの定義」

「T3+ スクランブリングのイネーブル化」

「T3+ フレーミングの指定」

「ケーブル長の設定」

インターフェイスのシャットダウン

インターフェイスを交換せずに取り外す場合、またはポート アダプタを交換する場合は、その前に shutdown コマンドを使用してインターフェイスをシャットダウン(ディセーブル)にし、新規インターフェイス プロセッサまたは設定変更したインターフェイス プロセッサを取り付けたときに異常が発生しないようにしてください。インターフェイスをシャットダウンすると、 show コマンドの出力に administratively down として示されます。

次の手順で、インターフェイスをシャットダウンします。


ステップ 1 EXEC コマンド インタプリタの特権レベル(別名イネーブル モード)を開始します(手順については、EXEC コマンド インタプリタの使用方法を参照してください)。

ステップ 2 特権レベルのプロンプトからコンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの送信元としてコンソール端末を指定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
 

ステップ 3 interface serial サブコマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス アドレス)を入力し、さらに shutdown コマンドを入力して、インターフェイスをシャットダウンします。

作業を終えたら、 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z を押す)か、 end または exit と入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタプリタに戻ります。

表4-1 にサポート対象の各プラットフォームで使用する shutdown コマンド構文を示します。

 

表4-1 サポート対象プラットフォームにおける shutdown コマンド構文

プラットフォーム
コマンド

Catalyst 6000 ファミリー
スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール

interface 、続けて type serial )および mod_num / bay / port (モジュール スロット番号/ポート アダプタ ベイ番号/インターフェイス ポート番号)

shutdown

次の例では、モジュール スロット 3 に搭載した FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 0 のインターフェイス 0 およびインターフェイス 1 を指定しています。

Router(config-if)# interface serial 3/0/0
Router(config-if)# shutdown
Router(config-if)# interface serial 3/0/1
Router(config-if)# shutdown
Ctrl-Z
Router#

Cisco7200 シリーズ ルータおよび Cisco7200 VXR ルータ

interface 、続けて type serial )および slot/port (ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号)

shutdown

次の例では、ポート アダプタ スロット 6 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 およびインターフェイス 1 を指定しています。

Router(config-if)# interface serial 6/0
Router(config-if)# shutdown
Router(config-if)# interface serial 6/1
Router(config-if)# shutdown
Ctrl-Z
Router#

Cisco 7201 ルータ

interface 、続けて type serial )および slot/port (ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

shutdown

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 およびインターフェイス 1 を指定しています。

Router(config-if)# interface serial 1/0
Router(config-if)# shutdown
Router(config-if)# interface serial 1/1
Router(config-if)# shutdown
Ctrl-Z
Router#

Cisco 7301 ルータ

interface 、続けて type serial )および slot/port (ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

shutdown

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 およびインターフェイス 1 を指定しています。

Router(config-if)# interface serial 1/0
Router(config-if)# shutdown
Router(config-if)# interface serial 1/1
Router(config-if)# shutdown
Ctrl-Z
Router#

Cisco 7304ルータに搭載されているCisco 7304 PCIポート アダプタ キャリア カード

interface 、続けて type serial )および slot/port (モジュール スロット番号/インターフェイス ポート番号)

shutdown

次の例では、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 3 に搭載した Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのポート アダプタでインターフェイス 0 およびインターフェイス 1 を指定しています。

Router(config-if)# interface serial 3/0
Router(config-if)# shutdown
Router(config-if)# interface serial 3/1
Router(config-if)# shutdown
Ctrl-Z
Router#

Cisco 7401 ASR ルータ

interface 、続けて type serial )および slot/port (ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

shutdown

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 およびインターフェイス 1 を指定しています。

Router(config)# interface serial 1/0
Router(config-if)# shutdown
Router(config-if)# interface serial 1/1
Router(config-if)# shutdown
Ctrl-Z
Router#

Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP

interface 、続けて type serial )および slot/port adapter/port (インターフェイス プロセッサ スロット番号 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号)

shutdown

次の例では、インターフェイス プロセッサ スロット 1 に搭載した VIP のポート アダプタ スロット 1 にポート アダプタを搭載し、インターフェイス 1 およびインターフェイス 0 を指定しています。

Router(config-if)# interface serial 1/1/1
Router(config-if)# shutdown
Router(config-if)# interface serial 1/1/0
Router(config-if)# shutdown
Ctrl-Z
Router#

) 他のインターフェイスをシャットダウンする場合は、ポート アダプタ上のインターフェイスごとに、interface serialコマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス アドレス)を入力します。インターフェイスをイネーブルにするには、no shutdownコマンドを使用します。


ステップ 4 次の手順で、新しいコンフィギュレーションを NVRAM(不揮発性 RAM)に保管します。

Router# copy running-config startup-config
[OK]
Router#
 

NVRAM にコンフィギュレーションが保管されると、OK メッセージが表示されます。

ステップ 5 show interfaces コマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス タイプおよびインターフェイス アドレス)を入力して指定したインターフェイスを表示し、新しいインターフェイスが正しいステート(シャットダウン)にあることを確認します。

表4-2 に、 show interfaces serial コマンドの例を示します。

 

表4-2 サポート対象プラットフォームにおける show interfaces serial コマンド構文

プラットフォーム
コマンド

Catalyst 6000 ファミリー
スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール

show interfaces serial 、続けて mod_num / bay / port (モジュール スロット番号/ポート アダプタ ベイ番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、モジュール スロット 3 に搭載した FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 0 のインターフェイス 0 を指定しています。

Router# show interfaces serial 3/0/0
 
Serial 3/0/0 is administratively down, line protocol is down
 
(テキスト出力は省略)

Cisco7200 シリーズ ルータ
および Cisco VXR ルータ

show interfaces serial 、続けて slot/port (ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 6 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 を指定しています。

Router# show interfaces serial 6/0
 
Serial 6/0 is administratively down, line protocol is down
 
(テキスト出力は省略)

Cisco 7201 ルータ

show interfaces serial 、続けて slot/port (ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 を指定しています。

Router# show interfaces serial 1/0
 
Serial 1/0 is administratively down, line protocol is down
 
(テキスト出力は省略)

Cisco 7301 ルータ

show interfaces serial 、続けて slot/port (ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 を指定しています。

Router# show interfaces serial 1/0
 
Serial 1/0 is administratively down, line protocol is down
 
(テキスト出力は省略)

Cisco 7304ルータに搭載されているCisco 7304 PCIポート アダプタ キャリア カード

show interfaces serial 、続けて slot/port (モジュール スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 3 に搭載した Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのポート アダプタでインターフェイス 0 を指定しています。

Router# show interfaces serial 3/0

Serial 3/0 is administratively down, line protocol is down

(テキスト出力は省略)

Cisco 7401 ASR ルータ

show interfaces serial 、続けて slot/port (ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 を指定しています。

Router# show interfaces serial 1/0
 
Serial 1/0 is administratively down, line protocol is down
 
(テキスト出力は省略)

Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco7500 シリーズ ルータの VIP

show interfaces serial 、続けて slot/port adapter/port (インターフェイス プロセッサ スロット番号/
ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、インターフェイス プロセッサ スロット 1 に搭載した VIP のポート アダプタ スロット 1 にポート アダプタを搭載し、インターフェイス 0 を指定しています。

Router# show interfaces serial 1/1/0
 
Serial 1/1/0 is administratively down, line protocol is down
 
(テキスト出力は省略)

ステップ 6 次の手順で、インターフェイスを再びイネーブルにします。

a. ステップ 3 を繰り返して、インターフェイスを再びイネーブルにします。 shutdown コマンドの代わりに no shutdown コマンドを使用します。

b. ステップ 4を繰り返して、新しいコンフィギュレーションをメモリに保管します。 copy running-config startup-config コマンドを使用します。

c. ステップ 5を繰り返して、インターフェイスが正しいステートになっていることを確認します。 show interfaces コマンドを使用し、続いてインターフェイス タイプおよびインターフェイス アドレスを入力します。


 

ソフトウェア コンフィギュレーション コマンドの詳細については、「関連資料」に記載されているマニュアルを参照してください。

基本的なインターフェイス コンフィギュレーションの実行

以下に、インターフェイスのイネーブル化、IP ルーティングの指定、および DCE インターフェイスに対する外部タイミングの設定を含め、基本的なコンフィギュレーションを実行するための手順を示します。ただし、システム コンフィギュレーションの要件およびインターフェイスのルーティング プロトコルに応じて、他のコンフィギュレーション サブコマンドが必要になることもあります。シリアル インターフェイスに使用できるコンフィギュレーション サブコマンドおよびコンフィギュレーション オプションの詳細については、該当するソフトウェア マニュアルを参照してください。

次の手順では、特に明記されていないかぎり、各ステップの最後に Return キーを押します。次のようにプロンプトに disable と入力すると、いつでも特権レベルを終了し、ユーザ レベルに戻ることができます。

Router# disable
 
Router>

ステップ 1 コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの送信元としてコンソール端末を指定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
 

ステップ 2 interface serial サブコマンド、続いて設定対象のインターフェイスのインターフェイス アドレスを入力して、最初に設定するインターフェイスを指定します

表4-3 に、サポート対象のプラットフォームに対する interface serial サブコマンドの例を示します。

 

表4-3 サポート対象プラットフォームにおける interface serial サブコマンド構文

プラットフォーム
コマンド

Catalyst 6000 ファミリー
スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール

interface serial 、続けて mod_num / bay / port (モジュール スロット番号/ポート アダプタ ベイ番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、モジュール スロット 3 に搭載した FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 0 のインターフェイス 0 を指定しています。

Router(config)# interface serial 3/0/0
Router(config-if)#

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ

interface serial 、続けて slot/port
(ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 6 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 を指定しています。

Router(config)# interface serial 6/0
Router(config-if)#

Cisco 7201 ルータ

interface serial 、続けて slot/port
(ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタに最初のインターフェイスを指定しています。

Router(config)# interface serial 1/0
Router(config-if)#

Cisco 7301 ルータ

interface serial 、続けて slot/port
(ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタに最初のインターフェイスを指定しています。

Router(config)# interface serial 1/0
Router(config-if)#

Cisco 7304ルータに搭載されているCisco 7304 PCIポート アダプタ キャリア カード

interface serial 、続けて slot/port
(モジュール スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 3 に搭載した Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのポート アダプタでインターフェイス 0 を指定しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)#

Cisco 7401 ASR ルータ

interface serial 、続けて slot/port
(ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 を指定しています。

Router(config)# interface serial 1/0
Router(config-if)#

Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP

interface serial 、続けて
slot/port adapter/port (インターフェイス プロセッサ スロット番号/
ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号)

次の例では、インターフェイス プロセッサ スロット 1 の VIP でポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタのインターフェイス 0 を指定しています。

Router(config)# interface serial 1/1/0
Router(config-if)#

ステップ 3 (IP ルーティングがイネーブルに設定されているシステムでは)次のように ip address サブコマンドを入力し、IP アドレスおよびサブネット マスクを割り当てます。

Router(config-if)# ip address 10.0.0.0 10.255.255.255
 

ステップ 4 ルーティング プロトコルをイネーブルにするために必要なコンフィギュレーション サブコマンドを追加し、インターフェイス特性を設定します。

ステップ 5 no shutdown コマンドを使用して、インターフェイスを再びイネーブルにします(インターフェイスのシャットダウンを参照)。

ステップ 6 他の必要なポート アダプタ インターフェイスをすべて設定します。

ステップ 7 コンフィギュレーション サブコマンドをすべて入力し、コンフィギュレーションを完了したら、 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z を押す)か、 end または exit と入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタプリタ プロンプトに戻ります。

ステップ 8 次の手順で、新しいコンフィギュレーションを NVRAM に保管します。

Router# copy running-config startup-config
[OK]
Router#
 


 

これで基本的なコンフィギュレーションの作成作業は完了です。

タイミング(クロック)信号の設定

EIA(米国電子工業会)/TIA(米国通信工業会)-232 インターフェイスはすべて、ポートに接続されたコンパクト シリアル ケーブルのモードに応じて、Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)モードと DCE モードの両方をサポートします。ポートを DTE インターフェイスとして使用する場合は、ポートに DTE コンパクト シリアル ケーブルを接続します。DTE モード ケーブルを検出したシステムは、自動的に外部タイミング信号を使用します。DCE モードでポートを使用する場合は、DCE コンパクト シリアル ケーブルを接続し、 clock rate コンフィギュレーション コマンドでクロック レートを設定する必要があります。ループバック テストを実行する場合も、クロック レートの設定が必要です。ここでは、DCE ポート上でクロック レートを設定し、必要に応じてクロックを反転させ、データ信号とクロック信号間のフェーズ シフトを修正する方法について説明します。 表4-4 に、クロック レート設定に使用するコマンドの概要を示します。詳細については、以下の該当する項を参照してください。

 

表4-4 クロック レート コンフィギュレーション コマンド

目的
コマンド
参照

標準クロック レートの設定

clock rate

次の例では、シリアル インターフェイスに、72 kbps の標準クロック レートを設定しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# clock rate 7200

「クロック レートの設定」

非標準クロック レートの設定

clock rate

次の例では、シリアル インターフェイスに、1234567 kbps の非標準クロック レートを設定しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# clock rate 1234567

「巡回冗長検査の設定」

設定済みクロック レートの削除

no clock rate

次の例では、シリアル インターフェイスに設定されている 72 kbps の標準クロック レートを削除しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# clock rate 7200
Router(config-if)# no clock rate

「クロック レートの設定」

送信クロック信号の反転

invert-txc

次の例では、シリアル インターフェイスの送信クロック信号を反転しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# invert-txc

「クロック信号の反転」

クロック信号を元のフェーズに戻す

no invert-txc

次の例では、シリアル インターフェイスの送信クロック信号を元のフェーズに戻しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# no invert-txc

「クロック信号の反転」

データ信号の反転

invert data

次の例では、シリアル インターフェイスの送信および受信の両方で、データ ストリームを反転しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# invert data

「データ信号の反転」

クロック レートの設定

PA-T3+ DCE インターフェイスのデフォルトの動作では、DCE デバイスが独自のクロック信号(TxC)を生成してリモート DTE に送信します。リモート DTE デバイスはクロック信号を DCE(PA-T3+)に戻します。インターフェイスのクロック レートを設定するには、 clock rate サブコマンドを使用し、クロック レートを bps(ビット/秒)値で指定します。このサブコマンドは、サポート対象のすべてのプラットフォームに共通です。

クロック レートを設定する前に、 interface serial コマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス アドレス)を使用して、クロック レート値を設定するインターフェイスを選択する必要があります。

次に、72 kbps のクロック レートを指定する例を示します。このコマンド例は、PA-T3+ をサポートするすべてのシステムに当てはまります。

Router(config-if)# clock rate 72000
 

クロック レートを削除するには、 no clock rate コマンドを使用します。

標準クロック レートは、次のとおりです。

1200、2400、4800、9600、19200、38400、 56000、64000、
72000、125000、148000、250000、500000、800000、1000000、
1300000、2000000、4000000、8000000

作業を終えたら、 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z を押す)か、 end または exit と入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタプリタ プロンプトに戻ります。

さらに、 copy running-config startup-config コマンドを使用して、新しいコンフィギュレーションを NVRAM に保管します。


) Cisco 7200 ルータまたは VIP2-40(=) を搭載したCisco 7000 シリーズ/Cisco 7500 シリーズ ルータの場合、Cisco IOS Release 11.2(7a)P 以上の 11.2 P リリース、または 11.1(10)CA 以上の 11.1 CA リリースがロードされていれば、 PA-T3+ インターフェイスで非標準クロック レート(1200 ~ 8000000 の任意値)がサポートされます。

Cisco IOS Release 12.0(3)T 以上の 12.0T リリース、または Release 12.0(1)XE 以上の 12.0XE では、Cisco 7204 VXR および Cisco 7206VXR ルータに搭載された PA-T3+ インターフェイスで非標準クロック レートがサポートされます。

Cisco uBR7200 シリーズ ルータの場合、Cisco IOS Release 11.3(7)NA 以上の 11.3 NA リリース、または Release 12.0(3)T 以上の 12.0T リリースがロードされていれば、PA-T3+ インターフェイスで非標準クロック レート(1200 ~ 8000000 の任意値)がサポートされます。

非標準クロック レートは、必要に応じてハードウェアでサポートされる最も近いクロック レート値に調整されます。


インターフェイスに非標準クロック レートを設定する場合は、 clock rate サブコマンドを使用します。非標準クロック レートを設定する前に、 interface serial コマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス アドレス)を使用して、非標準のクロック レート値を設定するインターフェイスを選択する必要があります。

次に、1234567 bps の非標準クロック レートを指定する例を示します。このコマンド例は、PA-T3+ をサポートするすべてのシステムに当てはまります。

Router(config-if)# clock rate 1234567
 

クロック レートを削除するには、 no clock rate コマンドを使用します。

作業を終えたら、 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z を押す)か、 end または exit と入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタプリタ プロンプトに戻ります。

さらに、 copy running-config startup-config コマンドを使用して、新しいコンフィギュレーションを NVRAM に保管します。

次に、 show running-config コマンドを使用して、調整後の非標準クロック レートの値を確認する例を示します。この例は、 show running-config コマンド関連の出力だけを示しています。他の情報は省略されています。

Router# show running-config
Building configuration...
...
!
interface Serial1/0 (interface Serial3/1/0 on a VIP2)
 
no ip address
clockrate 1151526
!
...
 

クロック信号の反転

長いケーブルまたは TxC(クロック)信号を送信しないケーブルを使用するシステムでは、伝送速度が速い場合、エラー率が高くなることがあります。PA-T3+ DCE ポートのエラー パケット数が多い場合、原因としてフェーズ シフトが考えられます。このフェーズ シフトは、クロックを反転させることで修正できることがあります。

EIA/TIA-232 インターフェイスが DTE の場合、 invert-txc コマンドによって、DTE がリモート DCE から受信する TxC 信号を反転します。EIA/TIA-232 インターフェイスが DCE の場合、 invert-txc コマンドによって、リモート DTE ポートへのクロック信号を反転します。クロック信号を元のフェーズに戻す場合は、 no invert-txc コマンドを使用します。

データ信号の反転

PA-T3+ Port Adapter の EIA/TIA-232 インターフェイスで、B8ZS 符号化をサポートしていない専用 T1 回線(15 のゼロを避ける方式)を使用する場合には、接続先の CSU(チャネル サービス ユニット)/DSU(データ サービス ユニット)またはインターフェイス上のどちらかで、データ ストリーム(TXD と RXD の両方)を反転させる必要があります。PA-T3+ からのデータ ストリームを反転させるには、invert dataコマンドを使用します。High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク制御)データ ストリームを反転させることにより、HDLC ゼロ挿入アルゴリズムが、1 を挿入するアルゴリズムになるので、T1 の要件が満たされます。


) データの反転は、PA-T3+ インターフェイスまたはCSU/DSU のどちらか一方だけで行います。両方で反転させると、データの反転がどちらもキャンセルされます。


NRZI フォーマットの設定

PA-T3+ 上のすべての EIA/TIA-232 インターフェイスは、nonreturn-to-zero(NRZ)および nonreturn to zero inverted(NRZI)フォーマットに対応しています。NRZ と NRZI とでは、伝送に使用する電圧レベルがそれぞれ異なります。ビット インターバル中、NRZ 信号は、信号伝送なしの一定した電圧レベル(NRZ 電圧レベル)を維持し、絶対値 0 および 1 を使用して信号をデコードします。NRZI は、同じ一定した信号レベルを使用しますが、ビット インターバルの先頭のデータの欠如(スペース)を信号伝送ありと解釈し、データの存在(マーク)を信号伝送なしと解釈します。NRZI は、絶対値を判別する代わりに、リレーショナル符号化を使用して信号を解釈します。

NRZ フォーマット(すべてのインターフェイス上の出荷時デフォルト)の方が一般的です。IBM 環境では、一般的に EIA/TIA-232 接続と併せて NRZI フォーマットが使用されます。

表4-5 に、NRZI フォーマット コマンドの概要を示します。

 

表4-5 NRZI フォーマット コマンド

目的
コマンド

NRZI 符号化をイネーブルにする

nrzi-encoding [ mark ] 1

次の例では、シリアル インターフェイスに NRZI マーク符号化を指定しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# nrzi-encoding mark
 

次の例では、シリアル インターフェイスに NRZI スペース符号化を指定しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# nrzi-encoding

NRZI 符号化をディセーブルにする

no nrzi-encoding

次の例では、シリアル インターフェイスの NRZI 符号化をディセーブルにしています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# no nrzi-encoding

1.markはオプションの引数です。markを使用すると、信号伝送は行われません。ビット インターバルの先頭にデータ(マーク)が付加されます。markを使用しない場合、信号伝送が行われます。ビット インターバルの先頭にデータ(スペース)は付加されません。

どのインターフェイス上でも NRZI 符号化をイネーブルにするには、 nrzi-encoding [ mark ] コマンドを使用します。コマンドの後の引数は信号伝送とは解釈されず、 mark は信号伝送なしと解釈されます。このコマンドは、サポート対象のすべてのプラットフォームに共通です。NRZI 符号化をイネーブルにするには、その前に、 interface serial コマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス アドレス)を使用して、NRZI 符号化をイネーブルにするインターフェイスを選択する必要があります。

次に、信号伝送ありの NRZI 符号化(引数なし)を指定する例を示します。

Router(config-if)# nrzi-encoding
 

次に、信号伝送なしの NRZI 符号化(引数を含む)を指定する例を示します。

Router(config-if)# nrzi-encoding mark
 

NRZI 符号化をディセーブルにする場合は、 no nrzi-encoding コマンドを使用します。

作業を終えたら、 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z を押す)か、 end または exit と入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタプリタ プロンプトに戻ります。

さらに、 copy running-config startup-config コマンドを使用して、新しいコンフィギュレーションを NVRAM に保管します。

コマンドの完全な説明および使用法については、Cisco.com で『Configuration Fundamentals Configuration Guide』を参照してください。

巡回冗長検査の設定

巡回冗長検査(CRC)は、計算した数値を使用して、送信データのエラーを検出するエラー検査技法です。デフォルトでは、すべてのインターフェイスが 16 ビット CRC(CRC-CITT)を使用しますが、32 ビット CRC もサポートされます。データ フレームの送信側が Frame Check Sequence(FCS)を計算します。送信側は、フレームを送信する前に、メッセージに FCS 値を付加します。受信側は FCS を再計算し、計算結果と送信側からの FCS を比較します。2 つの計算値が異なっている場合、受信側は送信エラーが発生したものとみなし、フレームの再送信を送信側に要求します。

表4-6 に CRC コマンドの要約を示します。

 

表4-6 CRC コマンド

目的
コマンド

32 ビット CRC をイネーブルにする

crc size

次の例では、シリアル インターフェイス上で 32 ビットの CRC をイネーブルにしています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# crc 32

デフォルトの 16 ビット CRC に戻す

no crc size

次の例では、シリアル インターフェイス上の 32 ビット CRC をディセーブルにし、デフォルトの 16 ビット CRC に戻しています。

Router(config)# interface serial 3/0
Router(config-if)# no crc 32

32 ビット CRC をイネーブルにするには、 crc 32 コマンドを使用します。32 ビット CRC をイネーブルにするには、その前に、 interface serial コマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス アドレス)を使用して、32 ビットの CRC をイネーブルにするインターフェイスを選択する必要があります。このコマンドは、サポート対象のすべてのプラットフォームに共通です。

次に、32 ビット CRC を指定する例を示します。

Router(config-if)# crc 32
 

CRC-32 をディセーブルにして、インターフェイス設定をデフォルトの CRC-16(CRC-CITT)に戻す場合は、 no crc 32 コマンドを使用します。

作業を終えたら、 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z を押す)か、 end または exit と入力して、コンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタプリタ プロンプトに戻ります。さらに、 copy running-config startup-config コマンドを使用して、新しいコンフィギュレーションを NVRAM に保管します。

コマンドについては、Cisco.com で『Configuration Fundamentals Configuration Guide』を参照してください。


) Cisco 7200シリーズ ルータに搭載した PA-T3+ を設定していて、インターフェイスに半二重またはバイナリ同期を設定する場合は、次の「半二重およびバイナリ同期通信の設定(Cisco 7200 シリーズ ルータの場合)」に進んでください。それ以外の場合は、「帯域幅の設定」に進んでください。


半二重およびバイナリ同期通信の設定(Cisco 7200 シリーズ ルータの場合)

ここでは、Cisco 7200シリーズ ルータの EIA/TIA-232 インターフェイスに半二重およびバイナリ同期を設定する方法について説明します。


) Cisco IOS Release 11.2(7a)P 以上の 11.2P リリースでは、Cisco 7200 シリーズ ルータの PA-T3+ で半二重とバイナリ同期の動作がサポートされます。
Cisco IOS Release 11.1(19)CC1 以上の 11.1 CC リリース、または Release 11.3(4)AA 以上の 11.3AA リリースでは、Cisco 7202 ルータに搭載された PA-T3+ で半二重とバイナリ同期の動作がサポートされます。

Cisco IOS Release 12.0(3)T 以上の 12.0T リリース、または Release 12.0(2)XE 以上の 12.0XE では、Cisco 7204 VXR ルータ、および Cisco 7206 VXR ルータに搭載された PA-T3+ で半二重とバイナリ同期の動作がサポートされます。
Catalyst RSM/VIP2、Cisco 7100 シリーズ ルータ、Cisco uBR7200 シリーズ ルータ、および VIP では、PA-T3+ 上での半二重とバイナリ同期の動作はサポートされません。


half-duplex コマンドを使用して、EIA/TIA-232 インターフェイスを半二重モードに設定します。低速シリアル インターフェイスの場合、全二重モードがデフォルトの設定です。半二重モードのシリアル DCE インターフェイスは、コントロールド キャリア モードまたはコンスタント キャリア モードとして設定できます。デフォルトはコンスタント キャリア モードです。コントロールド キャリア モードでは、EIA/TIA-232 インターフェイスは、インターフェイス上にデータが送信された時点でData Carrier Detect(DCD; データ キャリア検知)がオフになるよう設定されます。データを受信すると、DCD がアクティブになり、インターフェイスはユーザが設定した時間だけ待機したあとで、そのデータを送信します。データ送信後、インターフェイスはユーザが設定した時間だけ待機したあとで、DCD をオフにします。コンスタント キャリア モードの場合、DCD は常にアクティブです。

half-duplex controlled-carrier コマンドを使用して、EIA/TIA-232 インターフェイスをコントロールド キャリア モードとして設定します。インターフェイスをコンスタント キャリア モードに戻す場合は、 no half-duplex controlled-carrier コマンドを使用します。

EIA/TIA-232 インターフェイスにコントロールド キャリア モードを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 コンフィギュレーション モードを開始し、コンフィギュレーション サブコマンドの送信元としてコンソール端末を指定します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
 

ステップ 2 interface serial サブコマンド(続けて、インターフェイスのインターフェイス アドレス)を使用して、コントロールド キャリア モードに設定するインターフェイスを指定し、 half-duplex controlled-carrier サブコマンドを入力します。

次に、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタの最初のインターフェイスを指定する例を示します。

Router(config)# interface serial 1/0
Router(config-if)# half-duplex controlled-carrier

ステップ 3 次のコマンドを使用して、コントロールド キャリア モードに設定したインターフェイスのタイマー遅延を指定します。

Router(config-if)# half-duplex timer {cts-delay value | cts-drop-timeout value | dcd-drop-delay value | dcd-txstart-delay value | rts-drop-delay value | rts-timeout value | transmit-delay value}
 

value には、タイマー遅延の長さをミリ秒で指定します。

次に、ポート アダプタ スロット 1 に搭載したポート アダプタの最初のインターフェイスに、100 ミリ秒の DCD 廃棄遅延を指定する例を示します。

Router(config)# interface serial 1/0
Router(config-if)# half-duplex timer dcd-drop-delay 100 ms
 

表4-7 に、 half-duplex timer コマンドで指定できる、各タイマーのデフォルトの遅延設定および value 引数を示します。

 

表4-7 半二重タイマーのデフォルトの遅延設定値

タイマー
コマンド構文
デフォルトの設定値 2

CTS 遅延 3

half-duplex timer cts-delay

0

CTS 廃棄タイムアウト

half-duplex timer cts-drop-timeout

250

DCD 廃棄遅延 4

half-duplex timer dcd-drop-delay

100

DCD 送信開始遅延

half-duplex timer dcd-txstart-delay

100

RTS 廃棄遅延 5

half-duplex timer rts-drop-delay

3

RTS タイムアウト

half-duplex timer rts-timeout

3

送信遅延

half-duplex transmit-delay

0

2.ms(ミリ秒)単位

3.CTS = 送信可

4.DCD = データ キャリア検出

5.RTS = 送信要求

ステップ 4 Ctrl-Z を押す( Ctrl キーを押しながら Z を押す)か、 end または exit と入力してコンフィギュレーション モードを終了し、EXEC コマンド インタプリタ プロンプトに戻ります。

ステップ 5 次の手順で、新しいコンフィギュレーションを NVRAM に保管します。

Router# copy running-config startup-config
[OK]
Router#
 


 

これで、EIA/TIA-232 インターフェイスにコントロールド キャリア モードを設定する作業は完了です。低速シリアル インターフェイスに半二重動作を設定する手順については、Cisco.com で『 Configuration Fundamentals Configuration Guide 』の「Configuring Interfaces」を参照してください。

シリーズ ルータの EIA/TIA-232 インターフェイスにバイナリ同期を設定する場合は、Cisco.com で『 Bridging and IBM Networking Configuration Guide 』の「Configuring Serial Tunnel (STUN) and Block Serial Tunnel (BSTUN)」にある「Block Serial Tunneling (BSTUN)」を参照してください。

帯域幅の設定

インターフェイス コンフィギュレーション モードで、次の例のように、 dsu bandwidth コンフィギュレーション サブコマンドを入力し、有効な帯域幅(22 ~ 44210 kbps)を縮小します。

router(config-if)# dsu bandwidth 16000
 

デフォルトの 44210 に戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。


) ローカル ポートの設定は、リモート ポートの設定と一致していなければなりません。たとえば、ローカル ポートの有効帯域幅を 16000 に縮小する場合、リモート ポートの帯域幅も同じ値に設定する必要があります。


DSU モードの定義

インターフェイス コンフィギュレーション モードで、次の例のように dsu mode [ 0 | 1 | 2 ] コンフィギュレーション サブコマンドを入力することにより、DSU インターオペラビィリティ モードを定義します。

router(config-if)# dsu mode 1
 

デフォルトの 0 に戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。


) ローカル ポートの設定は、リモート ポートの設定と一致していなければなりません。たとえば、ローカル ポートで DSU インターオペラビリティ モードを 1 に定義する場合、リモート ポートにも同じ値を定義する必要があります。PA-T3+ とリモート ポートの DSU を相互運用する場合は、その DSU のタイプを把握しておく必要があります。T3+ シリアル インターフェイスの場合、PA-T3+ から別の PA-T3+ またはデジタル リンク DSU(DL3100)への接続には、モード 0 を指定します。PA-T3+ から Kentrox DSU への接続にはモード 1 を指定します。PA-T3+ から Larscom DSU への接続にはモード 2 を指定します。


DSU 機能の互換性については、「PA-T3+ DSU の相互運用性に関する注意事項」も参照してください。

T3+ スクランブリングのイネーブル化

インターフェイス コンフィギュレーション モードで、次の例のように、 scramble コンフィギュレーション サブコマンドを入力することにより、T3+ スクランブリングをイネーブルにします。

router(config-if)# scramble
 

デフォルト値をディセーブルに戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。


) ローカル ポートの設定は、リモート ポートの設定と一致していなければなりません。たとえば、ローカル ポートでスクランブリングをイネーブルにする場合は、リモート ポートも同じ設定にする必要があります。


DSU 機能の互換性については、「PA-T3+ DSU の相互運用性に関する注意事項」も参照してください。

T3+ フレーミングの指定

インターフェイス コンフィギュレーション モードで、次の例のように、 framing { c-bit | m13 | bypass } コンフィギュレーション サブコマンドを入力することにより、T3+ フレーミングを指定します。

Router(config-if)# framing c-bit
 

デフォルトの C ビット フレーミングに戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。


bypassオプションを使用する場合は、スクランブリングをデフォルトのディセーブルに設定する必要があります。また、DSU モードはデフォルトの 0、DSU 帯域幅はデフォルトの 44210 にそれぞれ設定する必要があります。


ケーブル長の設定

インターフェイス コンフィギュレーション モードで、次の例のように、ケーブル長(0 ~ 450 フィート)を設定します。

Router(config-if)# cablelength 250
 

デフォルトの 10 フィートに戻す場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

コンフィギュレーションの確認

新規インターフェイスを設定したあとで、 show コマンドを使用して新規インターフェイスまたは全インターフェイスのステータスを表示し、 ping および loopback コマンドを使用して接続状態を確認します。ここで説明する内容は、次のとおりです。

「show コマンドによる新規インターフェイスのステータス確認」

「ping コマンドによるネットワーク接続の確認」

「loopback コマンドの使用例」

show コマンドによる新規インターフェイスのステータス確認

表4-8 に、 show コマンドを使用して、新規インターフェイスが正しく設定されていて正常に動作しているかどうか、PA-T3+ が正しく表示されているかどうかを確認する方法を示します。以降に、一部の show コマンドの出力例が掲載されています。コマンドの詳細および使用例については、「関連資料」に記載されているマニュアルを参照してください。


) このマニュアルに記載されている出力例は、実際のコマンド出力とは異なることがあります。あくまで例として参照してください。


 

表4-8 show コマンドの使用方法

コマンド
機能

show version または
show hardware

システム ハードウェア構成、搭載されている各インターフェイス タイプの数、Cisco IOS ソフトウェアのバージョン、コンフィギュレーション ファイルの名前/ソース、およびブート イメージを表示します。

Router# show version

show controllers

現在のインターフェイス プロセッサおよびそのインターフェイスをすべて表示します。

Router# show controllers

show diag slot

システムに搭載されているポート アダプタのタイプと共に、特定のポート アダプタ スロット、インターフェイス プロセッサ スロット、またはシャーシ スロットの情報を表示します。

Router# show diag 2

show interfaces type module-slot- number / port-adapter-bay-number /
interface-port-number

Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール上の特定のインターフェイス タイプ(シリアルなど)について、ステータス情報を表示します。

Router# show interfaces serial 3/0/0

show interfaces type port-adapter-slot-number/
interface-port-number

Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco 7201 ルータ、Cisco 7301 ルータ、およびCisco 7401 ASR ルータに搭載されたインターフェイスのタイプに関するステータス情報を表示します。

Router# show interfaces serial 1/0

show interfaces タイプ 2 3 4 または 5 /
interface-port-number

Cisco 7304 ルータに搭載された Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード上の特定のインターフェイス タイプ(シリアルなど)について、ステータス情報を表示します。

Router# show interfaces serial 3/0

show interfaces type interface-processor-slot - number /
port-adapter-slot-number/
interface-port-number

Cisco 7000 シリーズまたは Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載された VIP 上の特定のインターフェイス タイプ(シリアルなど)について、ステータス情報を表示します。

Router# show interfaces serial 3/1/0

show protocols

システム全体および特定のインターフェイスに設定されているプロトコルを表示します。

Router# show protocols

show running-config

実行コンフィギュレーション ファイルを表示します。

Router# show running-config

show startup-config

NVRAM に保管されているコンフィギュレーションを表示します。

Router# show startup-config

アップに設定したインターフェイスがシャットダウンになっている場合、またはハードウェアが正しく動作していないというメッセージが表示された場合には、インターフェイスが正しく接続され、終端されているかどうかを確認してください。なお、インターフェイスをアップに設定できないときは、製品を購入した代理店に連絡してください。ここでは次の内容について説明し、一部のサポート対象プラットフォームについてはプラットフォーム別の出力例も示します。

「show version または show hardware コマンドの使用例」

「show diag コマンドの使用例」

「show interfaces コマンドの使用例」

使用システムに当てはまる項目を選択してください。 show コマンドでの作業が終了したら、「ping コマンドによるネットワーク接続の確認」に進んでください。

show version または show hardware コマンドの使用例

システム ハードウェア構成、搭載されている各インターフェイス タイプの数、Cisco IOS ソフトウェアのバージョン、コンフィギュレーション ファイルの名前/ソース、およびブート イメージを表示するには、 show version (または show hardware )コマンドを使用します。


) このマニュアルに記載されている出力例は、実際のコマンド出力とは異なることがあります。あくまで例として参照してください。また、すべてのプラットフォームの出力例が記載されているわけではありません。


次に、 show version コマンドを使用したプラットフォーム固有の出力例を示します。

「Catalyst 6000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール-- show version コマンドの出力例」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよびCisco 7200 VXR ルータ-- show version コマンドの出力例」

「Cisco 7201 ルータ-- show version コマンドの出力例」

「Cisco 7401 ASR ルータ-- show version コマンドの出力例」

「Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載の VIP-- show version コマンドの出力例」

Catalyst 6000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール-- show version コマンドの出力例

次に、PA-T3+ を搭載した Catalyst 6000 ファミリー スイッチでの show version コマンドの出力例を示します。

Router# show version
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) MSFC Software (C6MSFC-JSV-M), Experimental Version 12.1(20000209:134547) [amcrae-cosmos_e_nightly 163]
Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 09-Feb-00 07:10 by
Image text-base: 0x60008900, data-base: 0x6140E000
 
ROM: System Bootstrap, Version 12.0(3)XE, RELEASE SOFTWARE
 
const-uut uptime is 5 minutes
System returned to ROM by reload
System image file is "bootflash:c6msfc-jsv-mz.Feb9"
 
cisco Cat6k-MSFC (R5000) processor with 122880K/8192K bytes of memory.
Processor board ID SAD03457061
R5000 CPU at 200Mhz, Implementation 35, Rev 2.1, 512KB L2 Cache
Last reset from power-on
Channelized E1, Version 1.0.
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
TN3270 Emulation software.
Primary Rate ISDN software, Version 1.1.
6 FlexWAN controllers (13 Serial)(8 E1)(8 T1)(2 HSSI)(2 ATM)(1 Channelized T3)(1 Channelized E3)(2 POS).
1 Virtual Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
17 Serial network interface(s)
2 HSSI network interface(s)
2 ATM network interface(s)
2 Packet over SONET network interface(s)
1 Channelized T3 port(s)
1 Channelized E3 port(s)
123K bytes of non-volatile configuration memory.
4096K bytes of packet SRAM memory.
 
16384K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x1
 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよびCisco 7200 VXR ルータ-- show version コマンドの出力例

次に、PA-T3+ を搭載した Cisco 7200 シリーズ ルータでの show version コマンドの出力例を示します。

Router# show version
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7200 Software (C7200-J-M), Released Version 11.1(24)CC
FIB_branch Synced to mainline version:11.1(21.2)CA
Copyright (c) 1986-1998 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 03-Nov-98 16:44 by
Image text-base:0x600088E0, data-base:0x60882000
 
ROM:System Bootstrap, Version 11.1(13)CA, RELEASE SOFTWARE
 
router uptime is 2 days, 14 hours, 48 minutes
System restarted by reload
System image file is "slot0:c7200-j-mz.111CC", booted via console
 
cisco 7206 (NPE200) processor with 122880K/8192K bytes of memory.
R5000 processor, Implementation 35, Revision 2.1 (512KB Level 2 Cache)
Last reset from power-on
Bridging software.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
TN3270 Emulation software (copyright 1994 by TGV Inc).
4 Ethernet/IEEE 802.3 interfaces.
3 FastEthernet/IEEE 802.3 interfaces.
3 Serial network interfaces.
125K bytes of non-volatile configuration memory.
4096K bytes of packet SRAM memory.
 
20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 0 (Sector size 128K).
4096K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x0
 

Cisco 7201 ルータ-- show version コマンドの出力例

次に、Cisco 7201 ルータでの show version コマンドの出力例を示します。

Router# show version
 
Cisco IOS Software, 7200 Software (C7200P-ADVENTERPRISEK9-M), Version 12.4(biffDEV.061001), INTERIM SOFTWARE Copyright (c) 1986-2006 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Sun 01-Oct-06 23:42 by biff
ROM: System Bootstrap, Version 12.4(4r)XD5, RELEASE SOFTWARE (fc1)
BOOTLDR: Cisco IOS Software, 7200 Software (C7200P-KBOOT-M), Version 12.4(TAZ3DEV.060927), INTERIM SOFTWARE
c7201alpha1 uptime is 5 days, 18 hours, 32 minutes System returned to ROM by power-on System image file is "disk0:c7200p-adventerprisek9-mz.2006-10-01.biffdev"
This product contains cryptographic features and is subject to United States and local country laws governing import, export, transfer and use. Delivery of Cisco cryptographic products does not imply third-party authority to import, export, distribute or use encryption.
Importers, exporters, distributors and users are responsible for compliance with U.S. and local country laws. By using this product you agree to comply with applicable laws and regulations. If you are unable to comply with U.S. and local laws, return this product immediately.
A summary of U.S. laws governing Cisco cryptographic products may be found at:
http://www.cisco.com/wwl/export/crypto/tool/stqrg.html
If you require further assistance please contact us by sending email to export@cisco.com.
Cisco 7201 (c7201) processor (revision A) with 917504K/65536K bytes of memory.
Processor board ID 2222222222222
MPC7448 CPU at 1666Mhz, Implementation 0, Rev 2.2
1 slot midplane, Version 2.255
Last reset from power-on
1 FastEthernet interface
4 Gigabit Ethernet interfaces
2045K bytes of NVRAM.
62443K bytes of USB Flash usbflash0 (Read/Write)
250880K bytes of ATA PCMCIA card at slot 0 (Sector size 512 bytes).
65536K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
Configuration register is 0x2
 

Cisco 7401 ASR ルータ-- show version コマンドの出力例

次に、PA-T3+ を搭載した Cisco 7401 ASR ルータでの show version コマンドの出力例を示します。

Router# show version
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7401ASR Software (C7401ASR-J-M), Released Version 11.1(24)CC
FIB_branch Synced to mainline version:11.1(21.2)CA
Copyright (c) 1986-1998 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 03-Nov-98 16:44 by
Image text-base:0x600088E0, data-base:0x60882000
 
ROM:System Bootstrap, Version 11.1(13)CA, RELEASE SOFTWARE
 
router uptime is 2 days, 14 hours, 48 minutes
System restarted by reload
System image file is "slot0:c7200-j-mz.111CC", booted via console
 
cisco 7401ASR processor with 122880K/8192K bytes of memory.
R5000 processor, Implementation 35, Revision 2.1 (512KB Level 2 Cache)
Last reset from power-on
Bridging software.
SuperLAT software (copyright 1990 by Meridian Technology Corp).
X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
TN3270 Emulation software (copyright 1994 by TGV Inc).
4 Ethernet/IEEE 802.3 interfaces.
3 FastEthernet/IEEE 802.3 interfaces.
3 Serial network interfaces.
125K bytes of non-volatile configuration memory.
4096K bytes of packet SRAM memory.
 
20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 0 (Sector size 128K).
4096K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
 

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載の VIP-- show version コマンドの出力例

次に、PA-T3+ を搭載した Cisco 7500 シリーズ ルータでの show version コマンドの出力例を示します。

Router# show version
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) GS Software (RSP-PV-M), Released Version 11.1(24)CC
FIB_branch Synced to mainline version:11.1(21.2)CA
Copyright (c) 1986-1998 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 03-Nov-98 17:20 by
Image text-base:0x60010910, data-base:0x6081E000
 
ROM:System Bootstrap, Version 11.1(8)CA1, RELEASE SOFTWARE
 
router uptime is 2 days, 14 hours, 52 minutes
System restarted by reload
System image file is "rsp-pv-mz.111CC", booted via console
 
cisco RSP4 (R5000) processor with 65536K/2072K bytes of memory.
R5000 processor, Implementation 35, Revision 2.1 (512KB Level 2 Cache)
Last reset from power-on
G.703/E1 software, Version 1.0.
G.703/JT2 software, Version 1.0.
X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
Chassis Interface.
1 EIP controller (6 Ethernet).
1 VIP2 controller (4 Serial).
2 VIP2 R5K controllers (2 Serial)(2 HSSI).
6 Ethernet/IEEE 802.3 interfaces.
6 Serial network interfaces.
2 HSSI network interfaces.
123K bytes of non-volatile configuration memory.
 
20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 0 (Sector size 128K).
20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 1 (Sector size 128K).
8192K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x100
 

show diag コマンドの使用例

show diag slot コマンドを使用して、システムに搭載されたポート アダプタのタイプ(および固有の情報)を表示します。ここで slot は、Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco 7201 ルータ、Cisco 7301 ルータ、または Cisco 7401 ASR ルータの ポート アダプタ スロット 、Cisco 7304 ルータに搭載した Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードの モジュール スロット 、および VIP を搭載した Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータの インターフェイス プロセッサ スロット を表します。FlexWAN モジュールの場合、show diag コマンドは、 slot を指定せずに使用します。


) このマニュアルに記載されている出力例は、実際のコマンド出力とは異なることがあります。あくまで例として参照してください。


次に、 show diag コマンドを使用したプラットフォーム固有の出力例を示します。

「Catalyst 6000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール-- show diag コマンドの出力例」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよびCisco 7200 VXR ルータ-- show diag コマンドの出力例」

「Cisco 7201 ルータ-- show diag コマンドの出力例」

「Cisco 7401 ASR ルータ-- show diag コマンドの出力例」

「Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載の VIP -- show diag コマンドの出力例」

Catalyst 6000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール-- show diag コマンドの出力例

次に、Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュールのシャーシ スロット 9 に搭載された PA-T3+ での show diag コマンドの出力例を示します。

Router# show diag
 
(テキスト出力は省略)
Slot 9: Logical_index 18
Board is analyzed ipc ready FlexWAN controller
 
Slot database information:
Flags: 0x2004 Insertion time: unknown
 
CWAN Controller Memory Size: Unknown
 
PA Bay 0 Information:
T3+ Serial PA, 1 ports
EEPROM format version 0
HW rev 0.00, Board revision UNKNOWN
Serial number: 00000000 Part number: 00-0000-00
(テキスト出力は省略)
 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよびCisco 7200 VXR ルータ-- show diag コマンドの出力例

次に、Cisco 7200 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット 6 に搭載された PA-T3+ での show diag コマンドの出力例を示します。

Router# show diag 6
Slot 6:
T3+ PA port adapter, 1 port
Port adapter is analyzed
Port adapter insertion time 2d14h ago
Hardware revision 255.255 Board revision UNKNOWN
Serial number 4294967295 Part number 255-65535-255
Test history 0xFF RMA number 255-255-255
EEPROM format version 1
EEPROM contents (hex):
0x20:01 CB FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
0x30:FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
 

Cisco 7201 ルータ-- show diag コマンドの出力例

次に、Cisco 7201 ルータでの show diag コマンドの出力例を示します。

Router# show diag 1
Slot 1:
Dual OC3 POS Port adapter, 2 ports
Port adapter is analyzed
Port adapter insertion time 00:02:19 ago
EEPROM contents at hardware discovery:
Hardware Revision : 1.0
PCB Serial Number : JAE07520DYL
Part Number : 73-8220-02
Board Revision : A0
RMA Test History : 00
RMA Number : 0-0-0-0
RMA History : 00
Deviation Number : 0
Product (FRU) Number : PA-POS-2OC3
Top Assy. Part Number : 800-21857-02
EEPROM format version 4
EEPROM contents (hex):
0x00: 04 FF 40 03 E3 41 01 00 C1 8B 4A 41 45 30 37 35
0x10: 32 30 44 59 4C 82 49 20 1C 02 42 41 30 03 00 81
0x20: 00 00 00 00 04 00 88 00 00 00 00 CB 94 50 41 2D
0x30: 50 4F 53 2D 32 4F 43 33 20 20 20 20 20 20 20 20
0x40: 20 C0 46 03 20 00 55 61 02 FF FF FF FF FF FF FF
0x50: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
0x60: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
0x70: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
 

Cisco 7401 ASR ルータ-- show diag コマンドの出力例

次に、Cisco 7401 ASRのポート アダプタ スロット 1 に搭載された PA-T3+ での show diag コマンドの出力例を示します。

Router# show diag 1
Slot 1:
T3+ PA port adapter, 1 port
Port adapter is analyzed
Port adapter insertion time 2d14h ago
Hardware revision 255.255 Board revision UNKNOWN
Serial number 4294967295 Part number 255-65535-255
Test history 0xFF RMA number 255-255-255
EEPROM format version 1
EEPROM contents (hex):
0x20:01 CB FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
0x30:FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
 

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載の VIP -- show diag コマンドの出力例

次に、インターフェイス プロセッサ ポート 10 に搭載された VIP のポート アダプタ スロット 1 に PA-T3+ を搭載した場合の show diag コマンドの出力例を示します。

Router# show diag 10
slot 10:
Physical slot 1, ~physical slot 0xE, logical slot 1, CBus 0
Microcode Status 0x4
Master Enable, LED, WCS Loaded
Board is analyzed
Pending I/O Status:None
EEPROM format version 1
VIP2 R5K controller, HW rev 2.02, board revision A0
Serial number:08217772 Part number:73-2167-04
Test history:0x00 RMA number:00-00-00
Flags:cisco 7000 board; 7500 compatible
 
EEPROM contents (hex):
0x20:01 1E 02 02 00 7D 64 AC 49 08 77 04 00 00 00 00
0x30:50 00 00 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
Slot database information:
Flags:0x4 Insertion time:0x1B28 (2d14h ago)
 
Controller Memory Size:64 MBytes DRAM, 8192 KBytes SRAM
 
PA Bay 0 Information:
T3+ Serial PA, 1 ports
EEPROM format version 1
HW rev 255.255, Board revision UNKNOWN
Serial number:4294967295 Part number:255-65535-255
 
PA Bay 1 Information:
T3+ Serial PA, 1 ports
EEPROM format version 1
HW rev 255.255, Board revision UNKNOWN
Serial number:4294967295 Part number:255-65535-255
 

show interfaces コマンドの使用例

show interfaces コマンドによって指定したインターフェイスのステータス情報(物理スロットおよびインターフェイス アドレス)を表示します。

個別のプラットフォームで使用できるインターフェイス サブコマンド、およびコンフィギュレーション オプションの詳細については、「関連資料」に記載されているマニュアルを参照してください。


) このマニュアルに記載されている出力例は、実際のコマンド出力とは異なることがあります。あくまで例として参照してください。


次に、 show interfaces コマンドを使用したプラットフォーム固有の出力例を示します。

「Catalyst 6000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール-- show interfaces コマンドの出力例」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよびCisco 7200 VXR ルータ-- show interfaces コマンドの出力例」

「Cisco 7201 ルータ-- show interfaces コマンドの出力例」

「Cisco 7401 ASR ルータ-- show interfaces コマンドの出力例」

「Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載の VIP-- show interfaces コマンドの出力例」

Catalyst 6000 ファミリー スイッチに搭載の Catalyst 6000 ファミリー FlexWAN モジュール-- show interfaces コマンドの出力例

次に、FlexWAN モジュールでの show interfaces serial コマンドの出力例を示します。これら例には、モジュール スロット 9 の FlexWAN モジュールのベイ 0 に搭載されたポート アダプタについて、2 つのシリアル インターフェイス(0 および 1)が表示されています。各インターフェイスのステータス情報は大部分が省略されています(インターフェイスはユーザがイネーブルにしないかぎり、管理上のシャットダウン状態になります)。

Router# show interfaces serial 9/0/0
Serial9/0/0 is administratively down, line protocol is down
Hardware is PODS3+ Serial
MTU 4470 bytes, BW 44210 Kbit, DLY 200 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
(テキスト出力は省略)
 
Router# show interfaces serial 9/0/1
Serial9/0/1 is administratively down, line protocol is down
Hardware is PODS3+ Serial
MTU 4470 bytes, BW 44210 Kbit, DLY 200 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation HDLC, crc 16, loopback not set
(テキスト出力は省略)
 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよびCisco 7200 VXR ルータ-- show interfaces コマンドの出力例

次に、Cisco 7200 シリーズ ルータでの show interfaces serial コマンドの出力例を示します。これらの例には、ポート アダプタ スロット 1 に搭載されたポート アダプタについて、2 つのシリアル インターフェイス(0 と 1)が表示されています。各インターフェイスのステータス情報は大部分が省略されています(インターフェイスはユーザがイネーブルにしないかぎり、管理上のシャットダウン状態になります)。

Router# show interfaces serial 1/0
Serial1/0 is up, line protocol is up
Hardware is M8T-RS232
Internet address is 10.0.0.0
MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
(テキスト出力は省略)
 
Router# show interfaces serial 1/1
Serial1/1 is up, line protocol is up
Hardware is M8T-RS232
Internet address is 10.0.0.1
MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
(テキスト出力は省略)
 

Cisco 7201 ルータ-- show interfaces コマンドの出力例

次に、Cisco 7201 ルータでの show interfaces コマンドの出力例を示します。

Router# show interfaces
GigabitEthernet0/0 is up, line protocol is up
Hardware is MV64460 Internal MAC, address is 0019.56c5.2adb (bia
0019.56c5.2adb)
Internet address is 209.165.200.225
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 45/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full-duplex, 1000Mb/s, media type is RJ45
output flow-control is XON, input flow-control is XON
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input 00:07:03, output 00:00:07, output hang never
Last clearing of "show interface" counters 00:00:04
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
5 minute input rate 180240000 bits/sec, 430965 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
2222975 packets input, 133378500 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 watchdog, 0 multicast, 0 pause input
0 input packets with dribble condition detected
0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier, 0 pause output
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
 

Cisco 7401 ASR ルータ-- show interfaces コマンドの出力例

次に、Cisco 7401 ASR ルータでの show interfaces コマンドの出力例を示します。これらの例には、ポート アダプタ スロット 1 に搭載されたポート アダプタについて、2 つのシリアル インターフェイス(0 と 1)が表示されています。各インターフェイスのステータス情報は大部分が省略されています(インターフェイスはユーザがイネーブルにしないかぎり、管理上のシャットダウン状態になります)。

Router# show interfaces serial 1/0
Serial1/0 is up, line protocol is up
Hardware is M8T-RS232
Internet address is 10.0.0.0
MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
(テキスト出力は省略)
 
Router# show interfaces serial 1/1
Serial1/1 is up, line protocol is up
Hardware is M8T-RS232
Internet address is 10.0.0.1
MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
(テキスト出力は省略)
 

Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載の VIP-- show interfaces コマンドの出力例

次に、VIP での show interfaces コマンドの出力例を示します。これらの例では、インターフェイス プロセッサ スロット 3 の VIP のポート アダプタ スロット 1 に搭載されたポート アダプタについて、2 つのシリアル インターフェイス(0 と 1)が表示されています。各インターフェイスのステータス情報は大部分が省略されています(インターフェイスはユーザがイネーブルにしないかぎり、管理上のシャットダウン状態になります)。

Router# show interfaces serial 3/1/0
Serial3/1/0 is up, line protocol is up
Hardware is cyBus Serial
Internet address is 10.0.0.0
MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive not set
(テキスト出力は省略)
 
Router# show interfaces serial 3/1/1
Serial3/1/1 is up, line protocol is up
Hardware is cyBus Serial
Internet address is 10.0.0.1
MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive not set
(テキスト出力は省略)
 

次の「ping コマンドによるネットワーク接続の確認」では、 PA-T3+ とスイッチまたはルータ間のネットワーク接続を確認します。

ping コマンドによるネットワーク接続の確認

ping コマンドを使用することにより、インターフェイス ポートが正常に動作しているかどうかを確認できます。ここでは、ping コマンドの概要について説明します。コマンドの詳細および使用例については、「関連資料」に記載されているマニュアルを参照してください。

ping コマンドは、指定した IP アドレスのリモート デバイスに対して、エコー要求パケットを送信します。エコー要求の送信後、システムは指定された時間だけ、リモート デバイスからの応答を待機します。エコー応答は、コンソール端末に感嘆符(!)で表示されます。タイムアウトまでに戻されなかった各要求は、ピリオド(.)で表示されます。連続する感嘆符(!!!!!)は正常な接続状態を示します。連続するピリオド(.....)、[timed out]、または [failed] メッセージが表示された場合は、接続に失敗したことを意味します。

次に、アドレス 10.0.0.10 のリモート サーバに対して ping コマンドを実行し、正常に接続した例を示します。

Router# ping 10.0.0.10 <Return>
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echoes to 10.0.0.10, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/15/64 ms
Router#
 

接続に失敗した場合は、宛先の IP アドレスが正しいこと、およびデバイスがアクティブである(電源がオンになっている)ことを確認し、もう一度 ping コマンドを実行してください。

次の「loopback コマンドの使用例」で、ネットワーク接続をさらに確認します。

loopback コマンドの使用例

ループバック テストでPA-T3+インターフェイスとリモート デバイス(モデムまたは CSU/DSU など)間の接続をテストすることにより、装置の誤作動を検出し、問題の原因を判別することができます。 loopback コマンドでインターフェイスをループバック モードにすると、 ping コマンドで生成されたパケットをリモート デバイスまたはコンパクト シリアル ケーブル経由でループさせてテストできます。パケットが完全にループされれば、接続は良好です。完全にループされない場合は、ループバック テスト パス上のリモート デバイスまたはコンパクト シリアル ケーブルに障害があると考えられます。

ポートのモードに応じて、 loopback コマンドを実行し、次のパスをチェックします。

PA-T3+ インターフェイス ポートにコンパクト シリアル ケーブルが接続されていない場合、またはライン プロトコルをアップとして設定したポートに DCE ケーブルが接続されている場合は、 loopback コマンドで、(Network Processing Engine[NPE; ネットワーク処理エンジン]とポート アダプタから出ずに)NPE とインターフェイス ポート間のパスだけをテストします。

ポートに DTE ケーブルが接続されている場合は、 loopback コマンドで NPE と DSU/モデムの近接(NPE)側との間のパスをテストすることにより、PA-T3+ インターフェイスとコンパクト シリアル ケーブルをテストします。

表4-9 に、 loopback { dte | local | network { line | payload } | remote }コマンドの例を示します。この例では、Cisco 7500 シリーズ ルータのシャーシ スロット 10 に搭載した VIP のポート アダプタ スロット 0 に 1 ポート PA-T3+ を搭載し、インターフェイス 0 を指定しています。

 

表4-9 loopback コマンドの使用例

コマンド
機能

loopback dte

インターフェイスをループバック DTE モードに設定します。ループバック DTE は、ルータ出力データをルータにループバックします(LIU のあと)。

Router(config)# interface serial 1/0
router(config-if)# loopback dte

loopback local

インターフェイスをローカル ループバック モードに設定します。ローカル ループバックは、フレーマーのルータに対して、ルータの出力データをループバックします。

Router(config)# interface serial 10/0/0
router(config-if)# loopback local

loopback network line

インターフェイスをネットワーク回線ループバック モードに設定します。ネットワーク回線ループバックは、ネットワークに対して(フレーマーの手前で)データをループバックします。

Router(config)# interface serial 10/0/0
router(config-if)# loopback network line

loopback network payload

インターフェイスをネットワーク ペイロード ループバック モードに設定します。ネットワーク ペイロード ループバックは、T3+ フレーマーにおいて、ネットワークに対してペイロード データだけをループバックします。

Router(config)# interface serial 10/0/0
router(config-if)# loopback network payload

loopback remote 6

インターフェイスをリモート ループバック モードに設定します。リモート ループバックは、ネットワークに対して(リモート T3 デバイスのフレーマーの手前で)データをループバックします。

Router(config)# interface serial 10/0/0
router(config-if)# loopback remote

6.リモート ループバック モードは、C ビット フレーミングでしか動作しません。上記のその他のループバック モードは、C ビット、M13、およびバイパス フレーミングで動作します。C ビット フレーミングの設定については、「T3+ フレーミングの指定」を参照してください。