PA-2FE-TX/PA-2FE-FX 2-Port ファーストイーサネット ポートアダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

概要

ポート アダプタの概要

ファスト イーサネットの概要

IEEE 802.3u の 100BASE-T 仕様

LED

レセプタクル、ケーブル、およびピン割り当て

ネットワーク管理

サポート対象プラットフォームでのポート アダプタ スロットの位置

Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7201 ルータのスロット番号

Cisco 7301 ルータのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

VIP を搭載した Cisco 7500 シリーズ ルータのスロット番号

インターフェイス アドレスの識別

Cisco 7120 ルータおよび Cisco 7140 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

ポート アダプタの概要

PA-2FE は、10/100 Mbps の 10/100BASE-T ファスト イーサネット/ISL(スイッチ間リンク)インターフェイスを 2 つ提供し、全二重と半二重の両方の動作をサポートします。詳細については、「ファスト イーサネットの概要」を参照してください。

PA-2FE の両方のモデル(PA-2FE-TX および PA-2FE-FX)を図1-1および図1-2 に示します。

図1-1 PA-2FE-TX ― 表面プレート表示

 

図1-2 PA-2FE-FX ― 表面プレート表示

 

ファスト イーサネットの概要

一般に「 イーサネット 」という用語は、IEEE 802.3u に規定されるファスト イーサネットなどのイーサネット仕様に準拠する、すべての CSMA/CD(キャリア検知多重アクセス/衝突検出)LAN を指します。


) 100BASE-TX は環境 A、100BASE-FX は環境 B を対象としており、いずれも IEEE 802.3u 規格に定められています。


IEEE802.3u は、ローカル通信メディアで散発的に発生する大量のトラフィックを最大データ レートで伝送する必要のある場合に適しています。CSMA/CD LAN 上のステーションは、いつでもネットワークにアクセスできます。ステーションは、データを送信する前に、ネットワークを リスニング し、そのネットワークが使用中かどうかを確認します。使用中であれば、ステーションはネットワークが空くまで待機してから送信を行います。これが 半二重動作 と呼ばれるプロセスです。2 つのステーションがネットワーク トラフィックをリスニングして、両方とも送信が行われていないと判断し、ほとんど同時に送信した場合に、コリジョンが発生します。コリジョンが発生すると、送信データは両方とも正常に受信されないので、両方のステーションで再送信が必要になります。コリジョンを検出したステーションは、バックオフ アルゴリズムを使用して、再送信の時期を判断します。

イーサネットおよび IEEE 802.3u は、どちらもブロードキャスト ネットワークです。したがって、すべてのステーションがすべての送信を認識します。各ステーションで、受信したフレームを調べ、自らが本来の宛先かどうかを判別します。そのステーション宛ての場合は、フレームを上位プロトコル レイヤに渡して処理します。

IEEE 802.3u では、100BASE-T に関して、次の各物理レイヤが規定されています。

100BASE-TX ― 100BASE-T、カテゴリ 5 UTP(シールドなしツイストペア)による半二重および全二重動作、EIA/TIA-568 準拠のケーブル

100BASE-FX ― 100BASE-T、光ファイバによる半二重および全二重

各物理レイヤ プロトコルの名前には、速度/シグナリング方式/セグメント長の形式で各プロトコルの特性が反映されています。速度は LAN 速度(Mbps 単位)、シグナリング方式はベースバンドまたはブロードバンド、セグメント長はステーション間の最大距離(100 m 単位)です。したがって、100BASE-T は最大ネットワーク セグメントを使用する 100 Mbps のベースバンド LAN を表します。

IEEE 802.3u の 100BASE-T 仕様

ここでは、IEEE 802.3u の 100BASE-T 仕様を説明します。 表1-1 に、UTP と Foil Twisted-Pair(FTP; フォイル ツイストペア)を使用する 100BASE-TX ファスト イーサネット、および光ファイバ ケーブルを使用する 100BASE-FX ファスト イーサネットのケーブル仕様を示します。また、IEEE802.3u 100BASE-TX および 100BASE-FX の物理特性も紹介します(図1-3 を参照)。

 

表1-1 ケーブル仕様

パラメータ
100BASE-TX
100BASE-FX(マルチモード)

ケーブル仕様

カテゴリ 5 1 UTP 2 、22 ~ 24 AWG

62.5/125 マルチモード光ファイバ

最大セグメント長(半二重) 3

100 m

412 m

最大セグメント長(全二重) 3

100 m

2,000 m

最大ネットワーク長(半二重、リピータ 1 つ) 4

200 m

272 m

データ レート

100 Mbps

100 Mbps

シグナリング方式

4B/5B 5 ブロック符号、スクランブル、MLT-3 回線符号化方式

4B/5B ブロック符号、NRZI 回線符号化方式

コネクタ

RJ-45(ISO/IEC 60603-7:-1990)

SC タイプ:デュアル シンプレックスまたはシングル デュプレックス(RX および TX)

トポロジ

スター/ハブ

スター/ハブ

1.EIA/TIA-568 または EIA-TIA-568 TSB-36 に準拠。

2.カテゴリ 5 UTP RJ-45 ケーブルは別途必要です。

3.Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)(DTE から DTE)(図1-3 を参照)。

4.DTE、リピータ、DTE(図1-3 を参照)。

5.4B/5B 符号化またはブロック符号化は、4 つのデータ ビットを 5 ビットの送信シーケンスに符号化します。

図1-3 最大セグメント長および最大ネットワーク長 ― 100BASE-FX および 100BASE-TX

 


) PA-2FE-FX では、SC コネクタの付いた 62.5/125 ミクロンのマルチモード光ファイバを使用します。


LED

PA-2FE には 7 つの LED(ENABLED LED、LINK、TRANSMIT、およびポートごとの RECEIVE LED)が配置されています。図1-4に LED を図示します。

図1-4 PA-2FE の LED ― PA-2FE-TX の表面プレート表示

 

システムの初期化が終了すると、ENABLED LED が点灯します。これは PA-2FE が動作可能になったことを示しています。ENABLED LED が点灯するには、次の条件が満たされている必要があります。

PA-2FE が正しく接続され、電力が供給されている。

PA-2FE が搭載されたカードまたはシャーシに、正常にダウンロードされた有効なバージョンのマイクロコードが組み込まれている。

バスが PA-2FE を認識している。

上記のいずれかの条件が満たされていない場合、または他の理由で正しく初期化できなかった場合、ENABLED LED は点灯しません。LED のカラーとインジケータ機能を 表1-2 に示します。

 

表1-2 PA-2FE の LED

LED のラベル
カラー
ステート
機能

ENABLED

グリーン

点灯

ポート アダプタは動作可能

LINK0

グリーン

点灯

ポート 0 がネットワークからキャリア信号を受信中 6

TX0

グリーン

点灯

ポート 0 がデータを送信中

RX0

グリーン

点灯

ポート 0 がデータを受信中

RX1

グリーン

点灯

ポート 1 がデータを受信中

TX1

グリーン

点灯

ポート 1 がデータを送信中

LINK1

グリーン

点灯

ポート 1 がネットワークからキャリア信号を受信中 1

6.RJ-45 または SC ポートがアクティブな場合

レセプタクル、ケーブル、およびピン割り当て

PA-2FE 上の 2 つのインターフェイス レセプタクルは、シングル RJ-45 接続(PA-2FE-TX)または SC タイプ光ファイバ接続(PA-2FE-FX)です。各接続は、100BASE-X および 10/100BASE-T 規格に準拠した IEEE802.3u インターフェイスをサポートします。RJ-45 接続の場合は、外部トランシーバは必要ありません。

図1-5は RJ-45 ケーブル コネクタを示しています。カテゴリ 5 UTP RJ-45 ケーブルは別途必要です。PA-2FE-TX RJ-45 コネクタのピン割り当ておよび信号を 表1-3 に示します。

図1-5 RJ-45 ポートおよびコネクタ

 

1

RJ-45 コネクタおよびポート

 

表1-3 IRJ-45 ポート ピン割り当て情報

ピン
説明

1

TxD+ 7

2

TxD-

3

RxD+ 8

6

RxD-

7.TxD = データ送信

8.RxD = データ受信


表1-3の RJ-45 ピン割り当てを参照して、未使用のカテゴリ 5 UTP ケーブル ペア 4/5 および 7/8 に、適切なコモンモード回線ターミネーションを使用する必要があります。コモンモード回線ターミネーションにより、EMI(電磁波干渉)が発生しにくくなるとともに、コモンモードの影響を受けにくくなります。ワイヤ ペア 4/5 および 7/8 は、PA-2FE-TX の RJ-45、100BASE-TX ポート回路でパッシブとして終端します。


RJ-45 インターフェイスのケーブル接続要件により、図1-6および図1-7のピン割り当てを使用します。

図1-6 ストレート ケーブルのピン割り当て ― ハブまたはリピータと PA-2FE-TX RJ-45 の接続

 

図1-7 クロスケーブルのピン割り当て ― ハブとリピータの間の PA-2FE-TX RJ-45 接続

 

図1-8 に、PA-2FE-FX の光ファイバ接続に使用されるデュプレックス SC コネクタ(1 つで送信と受信の両方に対応)を示します。図1-9に、シンプレックス SC コネクタ(送信と受信に 1 つずつ、計 2 つ必要)を示します。これらのマルチモード光ファイバケーブルは、別途必要です。

図1-8 PA-2FE-FX デュプレックス通信用 SC コネクタ

 

図1-9 PA-2FE-FX シンプレックス通信用 SC コネクタ

 

ネットワーク管理

PA-2FE は次の規格をサポートしています。

SNMP エージェント v1(RFC 1155 ~ 1157)

イーサネット MIB(RFC 1398)

CSMA/CD の IEEE 802.3 LAN 仕様

TCP/IP ベースのインターネットのネットワーク管理用 MIB:MIB-II(RFC 1213)

ブリッジ用管理オブジェクトの定義(RFC 1493)

MIB-II インターフェイス グループの発展(RFC 1573)

サポート対象プラットフォームでのポート アダプタ スロットの位置

ここでは、サポート対象プラットフォームでのポート アダプタ スロットの位置について説明します。次の各プラットフォームのスロット番号の規定を図で示します。

「Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号」

「Cisco 7201 ルータのスロット番号」

「Cisco 7301 ルータのスロット番号」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号」

「Cisco 7401ASR ルータのスロット番号」

「VIP を搭載した Cisco 7500 シリーズ ルータのスロット番号」


) スロット ID の図に示されたポート アダプタは、このマニュアルに記載されているポート アダプタと異なる場合があります。


Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号

PA-2FE は Cisco 7120 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット 3、および Cisco 7140 シリーズ ルータのアダプタ スロット 4 にインストールできます。図1-10に Cisco 7120 シリーズ ルータのスロット番号を示します。図1-11に Cisco 7140 シリーズ ルータのスロット番号を示します。

図1-10 Cisco 7120 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット

 

図1-11 Cisco 7140 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco 7202 ルータには 2 つのポート アダプタ スロットがあります。スロット番号は左から右に向かって付けられています。ポート アダプタはスロット 1、スロット 2 のどちらにもインストールできます。Cisco 7202 ルータは示されていません。

Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204VXR ルータにはポート アダプタ用に 4 つのスロットと、I/O コントローラ用に 1 つのスロットがあります。スロット番号は左下から右上に向かって、スロット 1 からスロット 4 まで付けられています。ポート アダプタは、スロット 1 からスロット 4 のいずれにもインストールできます。スロット 0 は I/O コントローラ用に予約されています。Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204VXR は示されていません。

Cisco 7206 ルータおよび Cisco 7206VXR ルータにはポート アダプタ用に 6 つのスロットと、I/O コントローラ用に 1 つのスロットがあります。スロット番号は左下から右上に向かって、スロット 1 からスロット 6 まで付けられています。ポート アダプタは、スロット 1 からスロット 6 のいずれにもインストールできます。スロット 0 は I/O コントローラ用に予約されています。図1-12に Cisco 7206 ルータのスロット番号を示します。Cisco 7206VXR ルータは示されていません。

図1-12 Cisco 7206 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco uBR7223 ルータには 1 つのポート アダプタ スロット(スロット 1)があります。スロット 0 は I/O コントローラ用に予約されています(使用する場合)。Cisco uBR7223 ルータは示されていません。

Cisco uBR7246 ルータおよび Cisco uBR7246VXR ルータには、スロット 1 とスロット 2 の 2 つのポート アダプタ スロットがあります。スロット 0 は I/O コントローラ用に予約されています(使用する場合)。図1-13に Cisco uBR7246VXR ルータのポート アダプタのスロット番号を示します。Cisco uBR7246 ルータは示されていません。

図1-13 Cisco uBR7246VXR ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7201 ルータのスロット番号

図1-14に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7201 ルータの前面図を示します。Cisco7201 ルータのポート アダプタ スロットは 1 つ(スロット 1)だけです。

図1-14 Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7301 ルータのスロット番号

図1-15に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7301 ルータの前面図を示します。Cisco7301 ルータのポート アダプタ スロットは 1 つ(スロット 1)だけです。

図1-15 Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 2 ~ 5 に搭載します。Cisco 7304 ルータのモジュール スロット番号は、図1-16を参照してください。ポート アダプタ スロット番号は、モジュールのスロット番号と同じです。スロット 0 およびスロット 1 は NPE モジュールまたは NSE モジュール用に予約されています。

図1-16 Cisco 7304 ルータのモジュール スロット

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、1 つのシングル幅ポート アダプタを取り付けられます。図1-17は、ポート アダプタを取り付けた Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードです。

図1-17 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード ― ポート アダプタを取り付けた状態

 

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

図1-18に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7401ASR ルータの前面図を示します。Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタ スロットは 1 つ(スロット 1)だけです。

図1-18 Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタ スロット

 

VIP を搭載した Cisco 7500 シリーズ ルータのスロット番号

PA-2FE は、Cisco 7500 シリーズ ルータで使用される VIP2、VIP4、VIP6-80 でサポートされます。Cisco 7505 ルータでは、VIP スロットに VIP マザーボードを水平に搭載します。Cisco 7507 ルータおよび Cisco 7513 ルータでは、VIP スロットに VIP マザーボードを垂直に搭載します。ポート アダプタ は、VIP のどちらのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)にもインストールできます。ベイは VIP の左から右に向かって番号付けられています。図1-19に VIP のスロット番号を示します。

図1-19 VIP スロット位置

 

1

VIP ポート アダプタ スロット 0

2

VIP ポート アダプタ スロット 1

Cisco 7505 ルータにはポート アダプタ用に 4 つのスロットと、RSP(ルート スイッチ プロセッサ)用に 1 つのスロットがあります。スロット番号は下から上に向かって付けられています。ポート アダプタは VIP インターフェイス スロットのどのスロット(スロット 0 ~ 3)にも搭載できます。1 つのスロットが RSP 用に予約されています。図1-20に Cisco 7505 ルータのスロット番号を示します。

図1-20 Cisco 7505 ルータの VIP スロット

 

1

RSP

4

VIP インターフェイス ― スロット 1

2

VIP インターフェイス ― スロット 3

5

VIP インターフェイス ― スロット 0

3

VIP インターフェイス ― スロット 2

Cisco 7507 ルータには 5 つのポート アダプタ用スロットと、2 つの RSP 用スロットがあります。スロット番号は左から右に向かって付けられています。ポート アダプタは VIP インターフェイス スロットのどのスロット(スロット 0、1、4、5、または 6)にも搭載できます。スロット 2 と 3 は RSP 用に予約されています。図1-21に Cisco 7507 ルータのスロット番号を示します。

図1-21 Cisco 7507 ルータの VIP スロット

 

1

VIP インターフェイス ― スロット 0

5

VIP インターフェイス ― スロット 4

2

VIP インターフェイス ― スロット 1

6

VIP インターフェイス ― スロット 5

3

RSP ― スロット 2

7

VIP インターフェイス ― スロット 6

4

RSP ― スロット 3

Cisco 7513 ルータには 11 のポート アダプタ用スロットと、2 つの RSP 用スロットがあります。スロット番号は左から右に向かって付けられています。ポート アダプタは VIP インターフェイス スロットのどのスロット(スロット 0 ~ 5、またはスロット 9 ~ 12)にも搭載できます。スロット 6 と 7 は RSP 用に予約されています。図1-22に Cisco 7513 ルータのスロット番号を示します。

図1-22 Cisco 7513 ルータの VIP スロット

 

1

VIP インターフェイス ― スロット 0

8

RSP ― スロット 7

2

VIP インターフェイス ― スロット 1

9

VIP インターフェイス ― スロット 8

3

VIP インターフェイス ― スロット 2

10

VIP インターフェイス ― スロット 9

4

VIP インターフェイス ― スロット 3

11

VIP インターフェイス ― スロット 10

5

VIP インターフェイス ― スロット 4

12

VIP インターフェイス ― スロット 11

6

VIP インターフェイス ― スロット 5

13

VIP インターフェイス ― スロット 12

7

RSP ― スロット 6

インターフェイス アドレスの識別

ここでは、サポートされるプラットフォームにおける PA-2FE のインターフェイス アドレスのフォーマットについて説明します。インターフェイス アドレスは、ルータまたはスイッチの各インターフェイスの物理位置を表します。

ルータに搭載された PA-2FE のインターフェイスは、他のポート アダプタの取り付けおよび取り外しに関係なく、常に同じアドレスを維持します。ただし、ポート アダプタを別のスロットに移した場合は、インターフェイス アドレスの最初の数字が新しいポート アダプタ スロット番号に変わります。

VIP に搭載された PA-2FE のインターフェイスは、他のインターフェイス プロセッサの取り付けおよび取り外しに関係なく、常に同じアドレスを維持します。ただし、VIP を別のスロットに移した場合は、インターフェイス プロセッサのスロット番号が新しいインターフェイス プロセッサ スロット番号に変わります。


) インターフェイス ポートは、左から右へ、0 から順番に番号が付けられます。


ここでは、サポートされているプラットフォームのインターフェイス アドレスのフォーマットについて説明します。

「Cisco 7120 ルータおよび Cisco 7140 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス」

表1-4 にサポートされているプラットフォームのインターフェイス アドレスのフォーマットを要約してあります。

 

表1-4 インターフェイス アドレスの識別

プラットフォーム
インターフェイス アドレスの
フォーマット
番号
構文

Cisco 7120 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 3

インターフェイス ポート ― 0 または 1

3/0

Cisco 7140 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 4

インターフェイス ポート ― 0 または 1

4/0

Cisco 7200 シリーズ ルータ
および Cisco 7200 VXR ルータ(Cisco 7202、Cisco 7204、
Cisco 7204VXR、Cisco 7206、Cisco 7206VXR)

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 1 ~ 6(ルータのスロット数による)

インターフェイス ポート ― 0 または 1

1/0

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ(Cisco uBR7223)

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 1

インターフェイス ポート ― 0 または 1

1/0

Cisco uBR7200 シリーズ ルータ(Cisco uBR7246、Cisco uBR7246VXR)

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 1 および 2

インターフェイス ポート ― 0 または 1

1/0

Cisco 7201 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 1

インターフェイス ポート ― 0 または 1

1/0

Cisco 7301 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 1

インターフェイス ポート ― 0 または 1

1/0

Cisco 7304 ルータに搭載の
Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

モジュール スロット番号/インターフェイス ポート番号

モジュール スロット ― スロット 2 ~ 5

インターフェイス ポート ― 0 または 1

3/0

Cisco 7401ASR ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 1

インターフェイス ポート ― 0 または 1

1/0

Cisco 7500シリーズ ルータの VIP

インターフェイス プロセッサ
スロット番号/ポート アダプタ
スロット番号/インターフェイス ポート番号

インターフェイス プロセッサ スロット ― 0 ~ 12(ルータのスロット数による)

ポート アダプタ スロット ― 0 または 1

インターフェイス ポート ― 0 または 1

3/1/0

) Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、および Cisco uBR7200 シリーズ ルータでは、ポート アダプタ スロット 0 は I/O コントローラ(使用する場合)のファスト イーサネット用に予約されています。


Cisco 7120 ルータおよび Cisco 7140 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7120 シリーズ ルータでは、ポート アダプタはポート アダプタ スロット 3 にインストールします。図1-10を参照してください。Cisco 7140 シリーズ ルータでは、ポート アダプタはポート アダプタ スロット 4 にインストールします。図1-11を参照してください。

インターフェイス アドレスは、2 つの番号からなり、フォーマットは、ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号です。 表1-4 を参照してください。例えば、2 ポート PA-2FE が Cisco 7120 ルータにインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 3/0 および 3/1 になります。2 ポート PA-2FE が Cisco 7140 ルータにインストールされている場合は、インターフェイス アドレスは 4/0 および 4/1 になります。

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータでは、ポート アダプタ スロットは左下から右上に向かって番号付けられています。スロット 1 から始まって、Cisco 7202 はスロット 2 まで、Cisco 7204 および Cisco 7204VXR はスロット 4 まで、Cisco 7206 および Cisco 7206VXR はスロット 6 まであります。ポート アダプタは、1 ~ 6(ルータのスロット数に応じて)の使用可能ないずれのポート アダプタ スロットにでもインストールできます(スロット 0 は I/O コントローラ用に予約されています)。図1-12を参照してください。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、フォーマットは、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-4 を参照してください。例えば、2 ポート PA-2FE が Cisco 7200 シリーズ ルータのスロット 1 にインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 と 1/1(スロット 1 でポート 0 と 1)になります。2 ポート PA-2FE がスロット 4 にインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 4/0 と 4/1(スロット 4 でポート 0 と 1)になります。

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco uBR7223 ルータでは、1 つのスロットだけにポート アダプタをインストールでき、そのスロット番号は 1 です。

Cisco uBR7246 ルータおよび Cisco uBR7246VXR ルータでは、ポート アダプタを 2 つのポート アダプタ スロットにインストールできます(スロット 1 とスロット 2)。スロット 0 は I/O コントローラ用に予約されています(使用する場合)。図1-13を参照してください。

インターフェイス アドレスは、2 つの番号からなり、フォーマットは、ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号です。 表1-4 を参照してください。例えば、2 ポート PA-2FE が Cisco uBR7223 シリーズ ルータのスロット 1 にインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 と 1/1(スロット 1 でポート 0 と 1)になります。2 ポート ポート アダプタが Cisco uBR7246 または Cisco uBR7248VXR ルータのスロット 2 にインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 2/0 と 2/1(スロット 2 でポート 0 と 1)になります。

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータでは、1 つのスロットだけにポート アダプタをインストールでき、そのスロット番号は 1 です。図1-14を参照してください。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、フォーマットは、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-4 を参照してください。例えば、2 ポート PA-2FE が Cisco 7201 ルータにインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 と 1/1 になります。

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータでは、1 つのスロットだけにポート アダプタをインストールでき、そのスロット番号は 1 です。図1-15を参照してください。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、フォーマットは、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-4 を参照してください。例えば、2 ポート PA-2FE が Cisco 7301 ルータにインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 と 1/1 になります。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 ルータの場合、ポート アダプタは、Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 2 ~ 5 に搭載されている Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードにインストールします。ポート アダプタ スロット番号はモジュール スロット 番号と同じです。図1-16を参照してください。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、フォーマットは、 モジュール スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-4 を参照してください。例えば、2 ポート PA-2FE が、Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 3 に搭載されている Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードにインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 3/0 と 3/2 になります。

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータでは、1 つのスロットだけにポート アダプタをインストールでき、そのスロット番号は 1 です。図1-18を参照してください。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、フォーマットは、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-4 を参照してください。例えば、2 ポート PA-2FE が Cisco 7401ASR ルータにインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 と 1/1 になります。

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

Cisco 7500 シリーズ ルータでは、ポート アダプタは インターフェイス プロセッサ スロット 0 ~ 12 (ルータのスロット数に応じて)にインストールされている VIP にインストールします。ポート アダプタ は、VIP のどちらのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)にもインストールできます。図1-19図1-20図1-21、および図1-22を参照してください。

VIP のインターフェイス アドレスは 3 つの番号からなり、フォーマットは、 インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-4 を参照してください。

最初の番号は VIP がインストールされているスロット(スロット 0 ~ 12、ルータのスロット数に依存)を表しています。

2 番めの番号はポート アダプタがインストールされている VIP のベイ(ポート アダプタ スロット)を表しています(0 または 1)。ベイは VIP 上で左から右に向かって番号付けられています。

3 番めの番号はポート アダプタの物理的なポート番号(インターフェイス ポート番号)を表しています。ポート番号は 0 から始まり、左から右に番号付けられています。PA-2FE は 2 ポート ポート アダプタなので、ポートは 0 または 1 です。

例えば、2 ポート PA-2FE がインターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1 の VIP にインストールされている場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0 と 3/1/1 になります。


) 7 スロットの Cisco 7507 と 13 スロットの Cisco 7513 シャーシは縦形で、5 スロットの Cisco 7505 横型ですが、スロットおよびポート番号の付け方は、すべての Cisco 7500 シリーズ ルータで共通です。