Inverse Multiplexing over ATM Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

概要

ポート アダプタの概要

IMA の概要

機能

LED

ケーブル、コネクタ、およびピン割り当て

サポート対象プラットフォームでのポート アダプタ スロットの位置

Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco 7201 ルータのスロット番号

Cisco 7301 ルータのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7401 ASR ルータのスロット番号

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび FlexWAN モジュールを搭載した Cisco 7600 シリーズ ルータのスロットの番号

インターフェイス アドレスの識別

Cisco 7100 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

ルータおよび Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7401 ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび FlexWAN モジュールを搭載した Cisco 7600 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

ポート アダプタの概要

PA-A3-IMA(図1-1 および 図1-2 を参照)はシングル幅のポート アダプタで、Cisco 7100 シリーズ ルータ、Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco 7201 ルータ、Cisco 7301 ルータ、Cisco 7304 ルータの Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、Cisco 7401 ASR ルータ、Cisco 7500 シリーズ ルータ、および FlexWANモジュールを搭載した Catalyst 6000 ファミリ スイッチと Cisco 7600 シリーズ ルータが IMA(Inverse Multiplexing over ATM; ATM の逆多重化)をサポートできるようにします。PA-A3-IMA は、複数の DS1 または E1 リンクの帯域幅をグループに統合し、共同して高速の中間速度を実現することで、DS1 および DS3 レベル、または E1 および E3 レベル間のデータ レートをサポートします。Peripheral Component Interconnect(PCI)ベースのポート アダプタが、T1 バージョン(PA-A3-8T1 IMA)および E1 バージョン(PA-A3-8E1 IMA)で利用できます。


) PA-A3-8E1 IMA は、Cisco 7401 ASRルータではサポートされていません。



) ポート アダプタの前面プレートを細部にわたって完全に表示するため、図1-1 および図1-2 ではポート アダプタ ハンドルを省略しています。


図1-1 PA-A3-8T1 IMA --前面プレート

 

図1-2 PA-A3-8E1 IMA --前面プレート

 

PA-A3-IMA は、Cisco 7100 シリーズ ルータ、Cisco 7200 シリーズ ルータ、Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco 7201 ルータ、Cisco 7301 ルータ、Cisco 7304 ルータの Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード、Cisco 7401 ASR ルータ、Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP、Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータの Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールに取り付けることができます。取り付け可能なスロット位置については、「サポート対象プラットフォームでのポート アダプタ スロットの位置」を参照してください。

IMA の概要

IMA は、複数の DS1/E1 リンクの帯域幅をグループに統合し、共同して高速の中間速度を実現することで、DS1/E1 および DS3/E3 レベル間の速度(1.544/2.048 ~ 44.736/34.368 Mbps)で ATM ネットワークに接続できるようにします。複数リンクは、特に DS3/E3 リンクが少ないネットワークに適しています。

IMA は、ATM セル ストリームを分解して IMA グループの複数の物理リンクにセルを分散し、接続のもう一端でセルを単一ストリームに再統合します。ATM セルはラウンドロビン方式で IMA グループの物理リンクに分散され、IMA グループの受信側でデマルチプレックス(逆多重化)され、元の形式で ATM レイヤに渡されます(図1-3 を参照)。IMA グループの多重リンクを使用すると、ほぼ個々のリンク レートの合計に相当するまで、論理リンク帯域幅が増えます。

図1-3 IMA グループでの ATM セルのインバース マルチプレックス/デマルチプレックス

 

機能

PA-A3-IMA には次の機能があります。

最大 4 つの IMA グループ

8 つの標準 T1/E1(1.544/2.048 Mbps)インターフェイス(2 つの統合クワッド RJ-45 コネクタ装備)

IMA

合計最大 4096 の仮想回線(オープン VC)

一部のリンクが User Network Interface(UNI; ユーザ ネットワーク インターフェイス)モードで、残りが IMA グループである混合モード動作

IMA グループの一部を構成する各回線間で T1 の場合最大 250 ミリ秒、E1 の場合 190 ミリ秒のディファレンシャル遅延

ATM UNI 規格に基づくT1 の Binary 8-Zero Substitution(B8ZS; バイナリ 8 ゼロ置換)回線符号化および E1 の High-Density Bipolar(HDB3)回線符号化、および T1/E1 用の Alternate Mark Inversion(AMI; 交互マーク反転)回線符号化

T1 用 Super Frame(SF; スーパ フレーム)および拡張スーパ フレーム(Extended Super Frame)フレーム構成、E1 用基本フレーム、クリア E1、CCS-CRC フレーム構成

ATM フレーム構成用 Header Error Control(HEC; ヘッダー エラー制御)ベースのセル同期

T1 用 Facility Data Link(FDL; ファシリティ データ リンク)処理

T1/E1 回線用選択可能 Tx クロック ソース

活性挿抜(OIR; Online Insertion and Removal)

VP シェーピング

IP-ATM 間の Class of Service(CoS; サービス クラス)マッピング

3 つの QoS(Quality of Service)

Unspecified Bit Rate(UBR; 未指定ビット レート)

Variable Bit Rate(VBR; 可変ビット レート)

Available Bit Rate(ABR; 使用可能ビット レート)

LED

PA-A3-IMA には、10 の LED があります。2 色 ALARM LED が 1 つ、グリーンの ENABLED LED が 1 つ、および 2 色ポート ステータス LED が 8 つあります(図1-4 を参照)。

図1-4 PA-A3-IMA の LED

 

システムの初期設定が終了すると、ENABLED LED が点灯し、ポート アダプタが動作可能になったことを示します。

PA-A3-IMA が使用可能になるには、次の条件を満たしている必要があります。

PA-A3-IMA が正しく接続され、電力が供給されている。

ポート アダプタ用の有効なシステム ソフトウェア イメージが正常にダウンロードされている。

システムが PA-A3-IMA、PA-A3-IMA を搭載した VIP、または PA-A3-IMA が搭載された FlexWAN モジュールを搭載した Catalyst 6000 ファミリ スイッチまたは Cisco 7600 シリーズ ルータを認識する。

上記のいずれかの条件が満たされていない場合、または他の理由で正しく初期設定できていない場合には、ENABLED LED は点灯しません。

表1-1 に、LED のカラーと意味を示します。

 

表1-1 PA-A3-IMA の LED

LED のラベル
カラー
ステート
機能

ALRM

イエロー

点灯

T1/E1 ポートのいずれかでのマイナー アラームを示します。

レッド

点灯

T1/E1 ポートのいずれかでのメジャー アラームを示します。

ENABLED

グリーン

点灯

IMA ポート アダプタが動作可能になっていることを示します。

ポート 0 ~ 7

グリーン

点灯

ポートが使用可能になっており、フレーム内にあることを示します。

グリーン/イエロー

消灯

ポートが初期設定されていないか、またはアラーム状態にあることを示します。

イエロー

点灯

ポートがループバック状態にあることを示します。

ケーブル、コネクタ、およびピン割り当て

PA-A3-IMA 上の 8 つの DS1/E1 インターフェイス レセプタクルは、T1 用(100 Ω)または E1 用(120 Ω)RJ-45 コネクタです。ATM インターフェイスとして 8 つすべてを同時に使用することも、IMA グループの作成に使用することもできます。


) ポートを回線に正しく接続してから、回線がアップしていることを Cisco IOS ソフトウェアが報告するまでに、約 30 秒かかります。


各接続は、T1.403 および ACCUNET TR62411 規格を満たす T1(100 Ω)または E1(120 Ω)インターフェイスをサポートします。RJ-45 接続は、外付けトランシーバを必要としません。DS1 ポートは、Foil Twisted-Pair(FTP; フォイル ツイストペア)ケーブルを使用する T1 インターフェイスです。


) VCCI クラス II EMI 要件を満たすには、FTP ケーブルを使用する必要があります。


図1-5 に、PA-A3-IMA のインターフェイス ケーブル コネクタを示します。IMA グループのケーブル接続の手順については、「PA-A3-IMA の設定」を参照してください。

図1-5 PA-A3-IMA インターフェイス コネクタ

 

表1-2「IMA インターフェイス ケーブル RJ-45 コネクタのピン割り当て」 に、信号のピン割り当てと RJ-45 コネクタの説明を示します。

 

表1-2 IMA インターフェイス ケーブル RJ-45 コネクタのピン割り当て

ピン
信号
信号
方向

J1-1

RX 1 ring

TX 2 ring

J2-4

J1-2

RX tip

TX tip

J2-5

J1-3

RX shield

TX shield

NC

J1-4

TX ring

RX ring

J2-1

J1-5

TX tip

RX tip

J2-2

J1-6

TX shield

RX shield

NC

J1-7

NC 3

NC

J1-8

NC

NC

1.RX = 受信

2.TX = 送信

3.NC = 未接続

サポート対象プラットフォームでのポート アダプタ スロットの位置

ここでは、ポート アダプタ スロットの位置および関連情報について説明します。

「Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号」

「Cisco 7201 ルータのスロット番号」

「Cisco 7301 ルータのスロット番号」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号」

「Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号」

「Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび FlexWAN モジュールを搭載した Cisco 7600 シリーズ ルータのスロットの番号」

Cisco 7100 シリーズ ルータのスロット番号

PA-A3-IMA は Cisco 7120 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット 3 および Cisco 7140 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット 4 に取り付けることができます。図1-6 に、Cisco 7120 シリーズ ルータのスロット番号を示します。図1-7 に、Cisco 7140 シリーズ ルータのスロット番号を示します。

図1-6 Cisco 7120 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット

 

図1-7 Cisco 7140 シリーズ ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco 7202 ルータにはポート アダプタ スロットが 2 つあります。スロットには左から右に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 1 またはスロット 2 のどちらに取り付けることもできます。Cisco 7202 ルータの図はありません。

Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204 VXR ルータにはポート アダプタ スロットが 4 つ、Input/Output(I/O; 入力/出力)コントローラ スロットが 1 つあります。スロットには左下から右上にスロット 1 からスロット 4 まで番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 1 ~スロット 4 の任意のスロットに取り付けることができます。スロット 0 は I/O コントローラ専用です。Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204 VXR の図はありません。

Cisco 7206 ルータおよび Cisco 7206 VXR ルータ(Cisco AS 5800 ユニバーサル アクセス サーバのルータ シェルフとしての Cisco 7206 および Cisco 7206 VXR ルータを含む)にはポート アダプタ スロットが 6 つ、I/O コントローラ スロットが 1 つあります。スロットには左下から右上にスロット 1 からスロット 6 まで番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 1 ~スロット 6 の任意のスロットに取り付けることができます。スロット 0 は I/O コントローラ専用です。

図1-8 に、Cisco 7206 ルータのスロット番号を示します。Cisco 7206 VXR ルータの図はありません。

図1-8 Cisco 7206 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7201 ルータのスロット番号

図1-9 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7201 ルータの前面図を示します。Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロットは 1 つのみです(スロット 1)。

図1-9 Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7301 ルータのスロット番号

図1-10 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7301 ルータの前面図を示します。Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロットは 1 つのみです(スロット 1)。

図1-10 Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは Cisco 7304 ルータ モジュールのスロット 2 ~ 5 に取り付けます。図1-11 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを示します。Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅のポート アダプタを 1 つ取り付けることができます。

図1-12 に、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット番号を示します。ポート アダプタ スロット番号は、モジュール スロット番号と同じです。スロット 0 およびスロット 1 は、NPE モジュールまたは NSE モジュール専用です。

図1-11 ポート アダプタ搭載の Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

 

図1-12 Cisco 7304 ルータのモジュール スロット

 

Cisco 7401 ASR ルータのスロット番号

図1-13 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7401 ASR ルータの前面図を示します。Cisco 7401 ASR ルータのポート アダプタ スロットは 1 つのみです(スロット 1)。


) PA-A3-8E1 IMA は、Cisco 7401 ASR ルータではサポートされていません。


図1-13 Cisco 7401 ASR ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

Cisco 7500 シリーズ ルータで使用される Versatile Interface Processor(VIP)では、ポート アダプタがサポートされています。Cisco 7505 ルータでは、VIP マザーボードを VIP スロットに水平方向に取り付けます。Cisco 7507 ルータおよび Cisco 7513 ルータでは、VIP マザーボードを VIP スロットに垂直方向に取り付けます。ポート アダプタは VIP のどちらのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)にも取り付けることができます。VIP のベイには左から右に番号が付けられます。図1-14 に VIP のスロット番号を示します。

図1-14 VIP のスロット位置(水平方向、一部)

 

Cisco 7505 ルータにはポート アダプタ スロットが 4 つ、ルート スイッチ プロセッサ スロットが 1 つあります。スロットには下から上に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 0 ~ 3 の任意の VIP インターフェイス スロットに装着できます。ルート スイッチ プロセッサ専用のスロットが 1 つあります。図1-15 に、Cisco 7505 ルータのスロット番号を示します。

図1-15 Cisco 7505 ルータの VIP スロット

 

Cisco 7507 ルータにはポート アダプタ スロットが 5 つ、ルート スイッチ プロセッサ スロットが 2 つあります。スロットには左から右に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 0、1、4、5、または 6 の任意の VIP インターフェイス スロットに装着できます。スロット 2 と 3 はルート スイッチ プロセッサ専用です。Cisco 7507 ルータの図はありません。

Cisco 7513 ルータにはポート アダプタ スロットが 11、ルート スイッチ プロセッサ スロットが 2 つあります。スロットには左から右に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 0 ~ 5 または 9 ~ 12 の任意の VIP インターフェイス スロットに装着できます。スロット 6 と 7 はルート スイッチ プロセッサ専用です。Cisco 7513 ルータの図はありません。

Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび FlexWAN モジュールを搭載した Cisco 7600 シリーズ ルータのスロットの番号

FlexWAN モジュールは、スーパーバイザ エンジン専用であるスロット 1 を除き、Catalyst 6000 ファミリ スイッチまたは Cisco 7600 シリーズ ルータの任意のスロットに取り付けることができます。ポート アダプタは、FlexWAN モジュールのモジュール ベイ 0 またはモジュール ベイ 1 のいずれかに取り付けることができます。図1-16 に、ブランク ポート アダプタが 2 つ取り付けられている FlexWAN モジュールを示します。ベイは、FlexWAN モジュール上で左から右へ番号が付けられます。Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータについては、スロットの番号は同じです。


) スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合は、スロット 2 に取り付けます。冗長スーパーバイザ エンジンを使用しない場合は、スロット 2 に別のモジュールを取り付けることができます。


図1-16 FlexWAN モジュールにポート アダプタを取り付けた Catalyst 6000 ファミリ スイッチ

 

Cisco 7603 ルータにはポート アダプタ用のスロットが 2 つあります。スロットには上から下に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 2 または 3 のいずれかの FlexWAN モジュール スロットに装着できます。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。Cisco 7603 ルータの図はありません。

Cisco 7606 ルータにはポート アダプタ用のスロットが 5 つあります。スロットには上から下に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 2 ~ 6 の任意の FlexWAN モジュール スロットに装着できます。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。Cisco 7606 ルータの図はありません。

Cisco 7609 ルータにはポート アダプタ用のスロットが 8 つあります。スロットには右から左に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 2 ~ 9 の任意の FlexWAN モジュール スロットに装着できます。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。Cisco 7609 ルータの図はありません。

Cisco 7613 ルータにはポート アダプタ用のスロットが 12 あります。スロットには上から下に番号が付けられます。ポート アダプタは、スロット 2 ~ 13 の任意の FlexWAN モジュール スロットに装着できます。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。Cisco 7613 ルータの図はありません。


) Cisco 7606 ルータ、Cisco 7609 ルータ、および Cisco 7613 ルータの FlexWAN モジュールで使用するスロットの一部は、別のスーパーバイザ エンジン、ルート スイッチ プロセッサ、OSM(オプティカル サービス モジュール)でも使用できます。詳細については、次の URL の『Cisco 7600 Series Router Installation Guide』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps368/products_installation_guide_book09186a008080269a.html


インターフェイス アドレスの識別

ここでは、サポート対象プラットフォームで PA-A3-IMA のインターフェイス アドレスを識別する方法について説明します。インターフェイス アドレスで、ルータまたはスイッチ上の各インターフェイスの物理的位置を指定します。

ルータに搭載された PA-A3-IMA のインターフェイスは、他のポート アダプタの取り付けまたは取り外しに関係なく、常に同じアドレスを保持します。ただし、ポート アダプタを別のスロットに移した場合は、インターフェイス アドレスの最初の数値が新しいポート アダプタ スロット番号に変わります。

VIP または FlexWAN モジュールに搭載された PA-A3-IMA のインターフェイスは、他のインターフェイス プロセッサやモジュールの取り付けまたは取り外しに関係なく、常に同じアドレスを保持します。ただし、VIP または FlexWAN モジュールを別のスロットに移した場合は、インターフェイス プロセッサまたはモジュール スロットの番号が新しいインターフェイス プロセッサまたはモジュール スロットの番号に変わります。


) インターフェイス ポートは、0 から始まり左から右へ番号が付けられます。


次に、サポート対象プラットフォームのインターフェイス アドレス フォーマットについて説明します。

「Cisco 7100 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7201 ルータのスロット番号」

「Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7401 ASR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス」

「Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび FlexWAN モジュールを搭載した Cisco 7600 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

表1-3 に、サポート対象ルータのインターフェイス アドレス フォーマットを示します。

 

表1-3 インターフェイス アドレスの識別

プラットフォーム
インターフェイス アドレスの
フォーマット
番号
構文

Cisco 7120 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット:常に 3

インターフェイス ポート:0 ~ 7

3/1

Cisco 7140 シリーズ ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット:常に 4

インターフェイス ポート:0 ~ 7

4/0

Cisco 7200 ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ(7202、7204、7204 VXR、7206、および 7206 VXR)

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット:1 4 ~ 6(ルータのスロット数によって異なる)

インターフェイス ポート:0 ~ 7

1/0

Cisco 7201 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット:常に 1

インターフェイス ポート:0 ~ 7

1/0

Cisco 7301 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット:常に 1

インターフェイス ポート:0 ~ 7

1/0

Cisco 7304 ルータの Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

モジュール スロット番号/インターフェイス ポート番号

モジュール スロット:2 ~ 5

インターフェイス ポート:0 ~ 7

3/0

Cisco 7401 ASR ルータ

ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット:常に 1

インターフェイス ポート:0 ~ 7

1/0

VIP を搭載した Cisco 7500 シリーズ ルータ(7505、7507、7513)

インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ
スロット番号/インターフェイス ポート番号

インターフェイス プロセッサ スロット:0 ~ 12(ルータのスロット数によって異なる)

ポート アダプタ スロット:0 または 1

インターフェイス ポート:0 ~ 7

3/1/0

Catalyst 6000 ファミリ スイッチまたは Cisco 7600 シリーズ ルータ(7603、7606、7609、7613)の FlexWAN または Enhanced FlexWAN モジュール

モジュール スロット番号/ポート アダプタ ベイ番号/
インターフェイス ポート番号

モジュール スロット番号:2 5 ~ 13(スイッチ/ルータのスロット数によって異なる)

ポート アダプタ ベイ:0 または 1

インターフェイス ポート:0 ~ 7

3/0/0

4.ポート アダプタ スロット 0 は、I/O コントローラ(使用する場合)のファースト イーサネット ポート専用です。

5.スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合は、スロット 2 に取り付けます。冗長スーパーバイザ エンジンを使用しない場合は、スロット 2 に別のモジュールを取り付けることができます。

Cisco 7100 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7120 シリーズ ルータのポート アダプタは、ポート アダプタ スロット 3 に取り付けます。図1-6 を参照してください。Cisco 7140 シリーズ ルータのポート アダプタは、ポート アダプタ スロット 4 に取り付けます。図1-7 を参照してください。

インターフェイス アドレスは、2 つの番号で構成され、フォーマットは、ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号です。 表1-3 を参照してください。たとえば、Cisco 7120 ルータに 8 ポート PA-A3-IMA を取り付ける場合、インターフェイス アドレスは 3/0 ~ 3/7(ポート アダプタ スロット 3、インターフェイス 0、1、2、3、4、5、6、7)です。Cisco 7140 ルータに 8 ポート PA-A3-IMA を取り付ける場合、インターフェイス アドレスは 4/0 ~ 4/7(ポート アダプタ スロット 4、インターフェイス 0、1、2、3、4、5、6、7)です。

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータでは、ポート アダプタ スロットは左下から右上に向かって番号が付けられます。ポート アダプタ スロット 1 から始まり、Cisco 7202 の場合はスロット 2 まで、Cisco 7204 および Cisco 7204 VXR の場合はスロット 4 まで、Cisco 7206 および Cisco 7206 VXR の場合はスロット 6 まであります。ポート アダプタは、1 ~ 6(ルータのスロット数によって異なる)のうち空いている任意のポート アダプタ スロットに取り付けることができます(スロット 0 は I/O コントローラ専用です)。図1-8 を参照してください。

図1-17 に、Cisco 7206 ルータのポート アダプタ スロット 3 に搭載した PA-A3-IMA を示します。

図1-17 Cisco 7206 ルータのスロット 3 に搭載した PA-A3-IMA

 

インターフェイス アドレスは、2 つの番号で構成され、フォーマットは ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-3 を参照してください。たとえば、8 ポート PA-A3-IMA を Cisco 7200 シリーズ ルータのスロット 3 に取り付ける場合(図1-17 の Cisco 7206 ルータの場合を参照)、インターフェイス アドレスは 3/0 ~ 3/7(ポート アダプタ スロットは 3、インターフェイスは 0 ~ 7)です。

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータのポート アダプタは 1 つのスロットにのみ取り付けることができ、スロット 1 の番号が付けられます。図1-9 を参照してください。

インターフェイス アドレスは、2 つの番号で構成され、フォーマットは ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-3 を参照してください。たとえば、8 ポート PA-A3-IMA を Cisco 7201 に取り付ける場合、インターフェイス アドレスは 1/0 ~ 1/7 です。

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータのポート アダプタは 1 つのスロットにのみ取り付けることができ、スロット 1 の番号が付けられます。図1-10 を参照してください。

インターフェイス アドレスは、2 つの番号で構成され、フォーマットは ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-3 を参照してください。たとえば、8 ポート PA-A3-IMA を Cisco 7301 に取り付ける場合、インターフェイス アドレスは 1/0 ~ 1/7 です。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 ルータのポート アダプタは Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに装着し、Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 2 ~ 5 に取り付けます。ポート アダプタ スロット番号はモジュール スロット番号と同じです。図1-11 および 図1-12 を参照してください。

インターフェイス アドレスは、2 つの番号で構成され、フォーマットは モジュール スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-3 を参照してください。たとえば、8 ポート PA-A3-IMA を Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに装着して Cisco 7304 ルータ モジュール スロット 3 に取り付ける場合、インターフェイス アドレスは 3/0 ~ 3/7 です。

Cisco 7401 ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7401 ASR ルータのポート アダプタは 1 つのスロットにのみ取り付けることができ、スロット 1 の番号が付けられます。図1-13 を参照してください。

インターフェイス アドレスは、2 つの番号で構成され、フォーマットは ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-3 を参照してください。たとえば、8 ポート PA-A3-IMA を Cisco 7401 ASR ルータに取り付ける場合、インターフェイス アドレスは 1/0 ~ 1/7 です。

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータのポート アダプタは VIP に装着し、インターフェイス プロセッサ スロット 0 ~ 12(ルータのスロット数によって異なる)に取り付けます。ポート アダプタは VIP のどちらのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)にも取り付けることができます。図1-14 および 図1-15 を参照してください。

VIP のインターフェイス アドレスは、3 つの番号で構成され、フォーマットは インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-3 を参照してください。

最初の番号は VIP を取り付けるスロットを識別します(ルータのスロット数によりスロット 0 ~ 12)。

2 番めの番号はポート アダプタを取り付ける VIP のベイ(ポート アダプタ スロット)を識別します(0 または 1)。ベイは、VIP 上で左から右へ番号が付けられます。

3 番めの番号は、ポート アダプタの物理ポート番号(インターフェイス ポート番号)を識別します。ポート番号は常に 0 から始まり、左から右に番号が付けられます。追加ポートの番号はポート アダプタのポート数によって異なります。PA-A3-IMA は 8 ポートのポート アダプタなので、ポートは 0 ~ 7 となります。

図1-18 に、Cisco 7505 ルータのポート アダプタ スロット 3 に搭載した PA-A3-IMA を示します。

図1-18 Cisco 7505 ルータのスロット 3 に搭載した PA-A3-IMA

 

たとえば、8 ポート PA-A3-IMA を VIP に取り付けて、インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1(図1-18 の Cisco 7505 ルータを参照)に装着する場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0 ~ 3/1/7(インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1、およびインターフェイス 0、1、2、3、4、5、6、7)です。


) プロセッサ スロットは、7 スロットの Cisco 7507、13 スロットの Cisco 7513 および Cisco 7576 では垂直方向ですが、5 スロットの Cisco 7505 では水平方向です。スロットおよびポート番号の付け方は、すべての Cisco 7500 シリーズ ルータで共通です。


Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび FlexWAN モジュールを搭載した Cisco 7600 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータのポート アダプタは FlexWAN モジュールに取り付け、モジュール スロット 2 ~ 13(ルータのスロット数によって異なる)に装着します。ポート アダプタは FlexWAN モジュールのどちらのベイ(ポート アダプタ ベイ 0 または 1)にも取り付けることができます。図1-16 を参照してください。

インターフェイス アドレスは、3 つの番号で構成され、フォーマットは モジュール スロット番号/ポート アダプタ ベイ番号/インターフェイス ポート番号 です。 表1-3 を参照してください。

最初の番号は、FlexWAN モジュールが搭載されているシャーシのモジュール スロット(シャーシのスロット数によりスロット 2 ~ 3、6、9、または 13)を識別します。このモジュール スロットは、1 から始まり通常上から下へ番号が付けられます。Cisco 7609 は例外で、1 から始まり右から左へ番号が付けられます。

2 番めの番号は、ポート アダプタが取り付けられている FlexWAN モジュールのベイ(0 または 1)を識別します。ベイは、FlexWAN モジュール上で左から右へ番号が付けられます。

3 番めの番号は、ポート アダプタの物理ポート番号を識別します。PA-A3-IMA は 8 ポートのポート アダプタなので、ポートは 0 ~ 7 となります。

たとえば、8 ポート PA-A3-IMA を FlexWAN モジュールに取り付けてモジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0 に装着する場合、インターエイス アドレスは 3/0/0 ~ 3/0/7(インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 0、およびインターフェイス 0、1、2、3、4、5、6、7)です。同じポート アダプタを FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 1 に装着した場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0 ~ 3/1/7(インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1、およびインターフェイス 0、1、2、3、4、5、6、7)です。


) FlexWAN モジュールの物理ポートアドレスは、1 から始まる従来の Catalyst 6000 ファミリ ポート アドレスとは異なり、0 から始まります。