8-Port Multichannel T1/E1 PRI Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

概要

ポート アダプタの概要

チャネライズド T1/E1 の概要

機能

制約事項

LED

ケーブル、コネクタ、ピン割り当て

サポート対象プラットフォーム上でのポート アダプタのスロット位置

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7201 ルータのスロット番号

Cisco 7301 ルータのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

FlexWAN モジュールが搭載された Catalyst 6000 ファミリ スイッチ および Cisco 7600 シリーズ ルータのスロット番号

インターフェイス アドレスの識別

Cisco 7200 および Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

FlexWAN モジュールが搭載された Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

ポート アダプタの概要

PA-MC-8TE1+(図1-1 を参照)は、8 つの T1 または E1 インターフェイスを提供するシングル幅のポート アダプタです。PA-MC-8TE1+ インターフェイスは、チャネライズド、フラクショナル、またはアンフレームド(E1 のみ)に対応できます。

図1-1 PA-MC-8TE1+ Port Adapter --前面プレート

 

チャネライズド T1/E1 の概要

チャネライズド データを使用している場合、各 DS1 インターフェイスは、最大 24 の T1 チャネル グループ(PA-MC-8TE1+ が T1 用に設定されている場合)、または最大 31 の E1 チャネル グループ(PA-MC-8TE1+ が E1 用に設定されている場合)を提供します。T1 グループには、0 ~ 23 の番号が付けられ、E1 グループには、0 ~ 30 の番号が付けられます。各 T1 チャネル グループは、最大 24 の 64 kbps タイム スロット(番号 1 ~ 24)を提供します。各 E1 チャネル グループは、最大 31 の 64 kbps タイム スロット(番号 1 ~ 31)を提供します。複数のタイム スロットを 1 つのチャネル グループに対応付けることができます。システムは各チャネル グループを 1 つのシリアル インターフェイスとして認識するので、各チャネル グループ単位で設定することができます。各チャネル グループで使用可能な帯域幅は、n× 56 kbps またはn× 64 kbps で計算します。nは T1 タイム スロットの数(1 ~ 24)または E1 チャネルの数(1 ~ 31)です。

ISDN PRI を使用している場合、各 T1 インターフェイスは、64 kbps 全二重でデータを送受信する 23 本のベアラ(B)チャネルと 64 kbps 全二重でデータを送受信する 1 本のデータ(D)チャネルを提供します。各 E1 インターフェイスは、64 kbps 全二重でデータを送受信する 30 本のベアラ(B)チャネルと 64 kbps 全二重でデータを送受信する 1 本のデータ(D)チャネルを提供します。B チャネルはユーザ データの伝送に使用されます。D チャネルは、コール セットアップ制御やネットワーク接続の切断に使用されるほか、ルータと ISDN スイッチの間の通信も提供します。システムは B チャネルと D チャネルを、High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク制御)および PPP(ポイントツーポイント プロトコル)カプセル化をサポートする1つのシリアル インターフェイスとして認識します。ISDN PRI を使用している場合、マルチチャネル PA-MC-8TE1+ Port Adapter は、Dial-on-Demand Routing(DDR; ダイヤル オンデマンド ルーティング)をサポートします。


) PA-MC-8TE1+ が FlexWAN モジュールに搭載されている場合は、ISDN PRI をサポートしません。


PA-MC-8TE1+ 上の各チャネルは、データ伝送に帯域の一部分(フラクショナル T1 または E1)または帯域全体を使用します。各チャネルが使用可能な帯域幅は、n× 56 kbps またはn× 64 kbps で計算します。 n は T1 では 1 ~ 24、E1 では 1 ~ 31 の数です。T1 および E1 の全帯域を使用していない場合は、未使用部分の帯域は使用できず、アイドル チャネル データで埋められます。


) PA-MC-8TE1+ のタイム スロットの番号は、T1 では 1 ~ 24、E1 では 1 ~ 31 です。これは他のシスコ製品で使用されているゼロ方式(0 ~ 23 または 0 ~ 30)と異なります。このような番号方式を使用しているのは、チャネライズド機器の T1 および E1 用に使用される Telco の番号方式との整合性を保証するためです。


PA-MC-8TE1+ は、T1 ネットワークで Extended Super Frame(ESF; 拡張スーパ フレーム)の Facility Data Link(FDL; ファシリティ データ リンク)をサポートするとともに、ネットワークおよびペイロードのループバックもサポートします。また、各 T1 または E1 リンク上での Bit Error Rate Test(BERT; ビット誤り率テスト)もサポートします。


) PA-MC-8TE1+ では、BERT を実行できるのはフレームド T1/E1 信号の場合だけです。


PA-MC-8TE1+ は、高帯域データ レートにおける複数の T1 または E1 の集束( インバース多重 または ボンディング と呼ばれます)には 対応していません 。マルチチャネル PA-MC-8TE1+ は、各 T1 または E1 リンクで、Cisco HDLC、フレームリレー、PPP、Switched Multimegabit Data Service(SMDS; スイッチド マルチメガビット データ サービス)、Data Exchange Interface(DXI; データ交換インターフェイス)カプセル化をサポートします。SMDS の場合だけ、T1 または E1 回線上で DXI が送信されるので、DXI 直接入力機能を持つ SMDS スイッチに接続する必要があります。

機能

PA-MC-8TE1+ は、以下の機能を提供します。

NxDS0 BERT 機能により、BERT をチャネル/タイムスロットごとに実行できます(NxDS0 BERT は、既存の BERT の機能性を拡張したものであり、BERT が DS0 ごとにテストできるようします)。

ユニバーサル ポート -- 各ポート アダプタの 8 つのインターフェイス ポートは T1 設定(CSU [チャネル サービス ユニット]または DSU[データ サービス ユニット]内蔵)または E1 設定(G.703/G.704 平衡型 120 Ω インターフェイス内蔵)が可能です。

最大 248 の全二重 HDLC チャネルに対する全 T1/E1 ポートの完全な DS0 チャネル化機能

各チャネルのデータ レートは、56 kbps または 64 kbps の倍数

各ポートの最大データレートは、1.536 Mbps(T1)、1.984 Mbps(E1 G.704)、2.048 Mbps(E1 アンフレームド)

T1/E1 の統合 -- 回線符号化方式は、T1 回線では Alternate Mark Inversion(AMI; 交互マーク反転)または B8ZS、E1 回線ではフレーム同期 AMI または HDB3。フレーミング フォーマットは、T1 回線では SF または ESF、E1 回線では CRC4、非 CRC4、またはアンフレームド

FDL のフルサポート、および ANSI T1.403 または AT&T TR 54016 による FDL パフォーマンス モニタリング

Network Processing Engine(NPE; ネットワーク処理エンジン)を介した 23B+D(T1)または 30B+D に対する ISDN のフルサポート


) PA-MC-8TE1+ が FlexWAN モジュールに搭載されている場合は、ISDN PRI をサポートしません。


パフォーマンス モニタリング

アラームの統合、検出、挿入

DS0 単位でのラインおよびペイロードのループバック

クロック ジッタ減衰器

ラインまたは内部クロッキング

制約事項

Cisco 7500 シリーズ ルータ、または Cisco 7600 シリーズ ルータを使用する場合は次の制約事項があります。

PA-MC-8TE1+ が FlexWAN モジュールに搭載されている場合は、ISDN PRI をサポートしません。

PA-MC-8TE1+ が、Cisco 7500 シリーズ ルータの Versatile Interface Processor(VIP)に搭載されている場合は、 card type コマンドの実行後に MEMD の再分割が行われます。メモリが再分割されている間、システムは 3 分間にわたり停止します。


) この状態は、CSCec11122 を内蔵していないイメージに限り発生します。


LED

PA-MC-8TE1+ には、グリーンのイネーブル(EN)LED が 1 つ、オレンジ/レッドのアラーム(AL)LED が 1 つあります。さらにグリーン/イエローのポート ステータス LED が、ポート アダプタの各ポートに 1 つずつあります(図1-2 を参照)。

図1-2 PA-MC-8TE1+ の LED

 

システムの初期設定後、イネーブル LED が点灯し、ポート アダプタが動作可能になっていることを示します。

PA-MC-8TE1+ をイネーブルにするには、次の条件が満たされている必要があります。

PA-MC-8TE1+ が正しく接続され、電力が供給されている。

ポート アダプタ用の有効なシステム ソフトウェア イメージが正常にダウンロードされている。

システムが PA-MC-8TE1+ を認識している。

上記のいずれかの条件が満たされていない場合、またはその他の理由で初期設定に失敗した場合は、イネーブル LED は点灯しません。

表1-1 に、LED の機能を示します。

 

表1-1 PA-MC-8TE1+ の LED

LED の
ラベル
カラー
状態
説明

EN

グリーン

点灯

PA-MC-8TE1+ は起動しています。

消灯

PA-MC-8TE1+ がまだ起動していないか、ディセーブル状態です。

AL

オレンジ

点灯

いずれかの T1/E1 ポートのリモート側がアラーム状態です。

レッド

点灯

いずれかの T1/E1 ポートがローカルでアラーム状態です。

消灯

いずれのポートでもアラーム状態は検出されていません。

0 ~ 7

グリーン

点灯

ポートはイネーブルでフレーム内にあります。

イエロー

点灯

ポートはループバック状態です。

消灯

ポートがイネーブルになっていないか、受信信号が不良であるか、あるいは、アラーム状態となっています。

ケーブル、コネクタ、ピン割り当て

PA-MC-8TE1+ の T1/E1 インターフェイス レセプタクルは、T1(100 Ω)と E1(120 Ω)両用の RJ-48C コネクタです。

ポートを回線に適切に接続したあと、Cisco IOS が回線の起動を報告するまで、約 30 秒かかります。

各コネクタは、T1.403 および ACCUNET TR62411 の規格に適合した T1(100 Ω)または E1(120 Ω)のインターフェイスをサポートします。RJ-48C コネクタには、外付けトランシーバは必要ありません。DS1 ポートは、Foil Twisted-Pair(FTP;フォイル ツイストペア)ケーブルを使用する T1 インターフェイスです。

CE マーキングの適合要件を満たすためには、インピーダンス 120 Ωのシールド付き FTP ケーブルを使用する必要があります。

図1-3 に、PA-MC-8TE1+ のインターフェイス ケーブル コネクタを示します。PA-MC-8TE1+ へのケーブル接続の方法については、「インターフェイス ケーブルの接続」を参照してください。

図1-3 PA-MC-8TE1+ Port Adapter のインターフェイス コネクタ

 

表1-2 に、RJ-48C コネクタの信号ピン割り当てを示します。

 

表1-2 RJ-48C コネクタのピン割り当て

ピン
信号
ピン
信号

1

RX Ring

5

TX Tip

2

RX Tip

6

未接続

3

未接続

7

未接続

4

TX Ring

8

未接続

サポート対象プラットフォーム上でのポート アダプタのスロット位置

ここでは、サポート対象プラットフォーム上でのポート アダプタのスロット位置について説明します。次のプラットフォームのスロット位置を図で示します。

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのスロット番号」

「Cisco 7201 ルータのスロット番号」

「Cisco 7301 ルータのスロット番号」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号」

「Cisco 7401ASR ルータのスロット番号」

「Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号」

「FlexWAN モジュールが搭載された Catalyst 6000 ファミリ スイッチ および Cisco 7600 シリーズ ルータのスロット番号」

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7204 ルータと Cisco 7204VXR ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 4 つ、入力/出力(I/O)コントローラ用のスロットが 1 つあります。Cisco 7204VXR ルータには、NPE 用、または Network Services Engine(NSE; ネットワーク サービス エンジン)用のスロットも 1 つあります。スロットは、左下から右上にスロット 1 ~ スロット 4 までの番号が付けられています。ポート アダプタは任意のスロット(スロット 1 ~ スロット 4 まで)に搭載することができます。スロット 0 は常に I/O コントローラ専用です。図1-4 に、Cisco 7204 ルータのスロット番号を示します。図1-5 に、Cisco 7204VXR ルータのスロット番号を示します。

図1-4 Cisco 7204 ルータのポート アダプタ スロット

 

図1-5 Cisco 7204VXR ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7206 ルータと Cisco 7206VXR ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 6 つ、入力/出力(I/O)コントローラ用のスロットが 1 つあります。Cisco 7206VXR には、NPE 用または NSE 用のスロットも 1 つあります。スロットは、左下から右上にスロット 1 ~ スロット 6 までの番号が付けられています。ポート アダプタは任意のスロット(スロット 1 ~ スロット 6 まで)に搭載することができます。スロット 0 は常に I/O コントローラ専用です。図1-6 に、Cisco 7206 ルータのスロット番号を示します。図1-7 に、Cisco 7206VXR ルータのスロット番号を示します。

図1-6 Cisco 7206 ルータのポート アダプタ スロット

 

図1-7 Cisco 7206VXR ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7201 ルータのスロット番号

図1-8は、ポート アダプタが搭載された Cisco 7201 ルータの前面図です。Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロットは 1 つだけです(スロット 1)。

図1-8 Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7301 ルータのスロット番号

図1-9は、ポート アダプタが搭載された Cisco 7301 ルータの前面図です。Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロットは 1 つだけです(スロット 1)。

図1-9 Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは、Cisco 7304 ルータ モジュールのスロット 2 ~ 5 に取り付けます。図1-10 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを示します。Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅のポート アダプタを 1 つ搭載することができます。

図1-11 に、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット番号を示します。ポート アダプタ スロット番号は、モジュール スロット番号と同じです。スロット 0 とスロット 1 は、NPE モジュールまたは NSE モジュール専用です。

図1-10 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード--ポート アダプタ搭載

 

図1-11 Cisco 7304 ルータのモジュール スロット

 

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

図1-12は、ポート アダプタが搭載された Cisco 7401ASR ルータの前面図です。Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタ スロットは 1 つだけです(スロット 1)。

図1-12 Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

ポート アダプタは、Cisco 7500 シリーズ ルータで使用される VIP でサポートされています。Cisco 7505 ルータでは、VIP マザーボードは VIP スロットに水平に搭載されます。Cisco 7507 ルータおよび Cisco 7513 ルータでは、VIP マザーボードは VIP スロットに垂直に搭載されます。ポート アダプタは VIP 上のどちらのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)にも搭載することができます。VIP 上のベイは、左から右に番号が付けられています。図1-13 に、VIP 上のスロット番号を示します。

図1-13 VIP のスロットの位置--水平方向

 

Cisco 7505 ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 4 つ、RSP 用のスロットが 1 つあります。スロット番号は下から上に付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 3)に搭載することができます。スロットのうち 1 つは、常に RSP 専用にします。図1-14 に、Cisco 7505 ルータのスロット番号を示します。

図1-14 Cisco 7505 ルータの VIP スロット

 

Cisco 7507 ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 5 つ、RSP 用のスロットが 2 つあります。スロット番号は左から右に付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0、1、4、5、または 6)に搭載することができます。スロット 2 と 3 は、常に RSP 専用です。図1-15 に、Cisco 7507 ルータのスロット番号を示します。

図1-15 Cisco 7507 ルータの VIP スロット

 

Cisco 7513 ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 11 個、RSP 用のスロットが 2 つあります。スロット番号は左から右に付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 5、またはスロット 9 ~ 12)に搭載することができます。スロット 6 と 7 は、常に RSP 専用です。図1-16 に、Cisco 7513 ルータのスロット番号を示します。

図1-16 Cisco 7513 ルータの VIP スロット

 

FlexWAN モジュールが搭載された Catalyst 6000 ファミリ スイッチ および Cisco 7600 シリーズ ルータのスロット番号

FlexWAN モジュールは、スーパーバイザ エンジン専用のスロット 1 を除き、Catalyst 6000 ファミリ スイッチまたは Cisco 7600 シリーズ ルータの任意のスロットに搭載することができます。ポート アダプタは、FlexWAN モジュールのモジュール ベイ 0 またはモジュール ベイ 1 のいずれかに搭載することができます。図1-17 に、2 つのブランク ポート アダプタが搭載された FlexWAN モジュールを示します。スロット番号の付け方は、Catalyst 6000 ファミリ スイッチと Cisco 7600 シリーズ ルータで同じです。


) スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合は、スロット 2 に搭載します。それ以外の場合は、他のモジュール用にスロット 2 を使用できます。


図1-17 ポート アダプタを 1 つ搭載した FlexWAN モジュール

 

Cisco 7603 ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 2 つあります。スロット番号は上から下に付けられています。ポート アダプタは、いずれかの FlexWAN モジュール スロット(スロット 2 または 3)に搭載することができます。スロット 1 は、常にスーパーバイザ エンジン専用です。図1-18 に、Cisco 7603 ルータのスロット番号を示します。

図1-18 Cisco 7603 ルータの FlexWAN および 拡張 FlexWAN スロット

 

Cisco 7606 ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 5 つあります。スロット番号は上から下に付けられています。ポート アダプタは、任意の FlexWAN モジュール スロット(スロット 2 ~ 6)に搭載することができます。スロット 1 は、常にスーパーバイザ エンジン専用です。図1-19 に、Cisco 7606 ルータのスロット番号を示します。

図1-19 Cisco 7606 ルータの FlexWAN および 拡張 FlexWAN スロット

 


) Cisco 7606 ルータで FlexWAN モジュール用に使用されるスロットの一部は、スーパーバイザ エンジン、RSP、OSM を搭載することもできます。詳細については、次の URL にアクセスして、『Cisco 7600 Series Router Installation Guide』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps368/products_installation_guide_book09186a008080269a.html


Cisco 7609 ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 8 つあります。スロット番号は右から左に付けられています。ポート アダプタは、任意の FlexWAN モジュール スロット(スロット 2 ~ 9)に搭載することができます。スロット 1 は、常にスーパーバイザ エンジン専用です。図1-20 に、Cisco 7609 ルータのスロット番号を示します。

図1-20 Cisco 7609 ルータの FlexWAN および 拡張 FlexWAN スロット

 

 

1

FlexWAN モジュール -- スロット 9

6

FlexWAN モジュール -- スロット 4

2

FlexWAN モジュール -- スロット 8

7

FlexWAN モジュール -- スロット 3

3

FlexWAN モジュール -- スロット 7

8

FlexWAN モジュール -- スロット 2

4

FlexWAN モジュール -- スロット 6

9

スーパーバイザ エンジン -- スロット 1

5

FlexWAN モジュール -- スロット 5

 

 


) Cisco 7609 ルータで FlexWAN モジュール用に使用されるスロットの一部は、スーパーバイザ エンジン、RSP、OSM を搭載することもできます。詳細については、次の URL にアクセスして、『Cisco 7600 Series Router Installation Guide』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps368/products_installation_guide_book09186a008080269a.html


Cisco 7613 ルータには、ポート アダプタ用のスロットが 12 個あります。スロット番号は上から下に付けられています。ポート アダプタは、任意の FlexWAN モジュール スロット(スロット 2 ~ 13)に搭載することができます。スロット 1 は、常にスーパーバイザ エンジン専用です。図1-21 に、Cisco 7613 ルータのスロット番号を示します。

図1-21 Cisco 7613 ルータの FlexWAN および 拡張 FlexWAN スロット

 

 

1

スーパーバイザ エンジン -- スロット 1

8

FlexWAN モジュール -- スロット 8

2

FlexWAN モジュール -- スロット 2

9

FlexWAN モジュール -- スロット 9

3

FlexWAN モジュール -- スロット 3

10

FlexWAN モジュール -- スロット 10

4

FlexWAN モジュール -- スロット 4

11

FlexWAN モジュール -- スロット 11

5

FlexWAN モジュール -- スロット 5

12

FlexWAN モジュール -- スロット 12

6

FlexWAN モジュール -- スロット 6

13

FlexWAN モジュール -- スロット 13

7

FlexWAN モジュール -- スロット 7

 

 


) Cisco 7613 ルータで FlexWAN モジュール用に使用されるスロットの一部は、スーパーバイザ エンジン、RSP、OSM を搭載することもできます。詳細については、次の URL にアクセスして、『Cisco 7600 Series Router Installation Guide』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/hw/routers/ps368/products_installation_guide_book09186a008080269a.html


インターフェイス アドレスの識別

ここでは、サポート対象プラットフォームで PA-MC-8TE1+ のインターフェイス アドレスを識別する方法について説明します。インターフェイス アドレスは、ルータまたはスイッチ上の各インターフェイスの物理的な位置を指定します。

ルータに搭載された PA-MC-8TE1+ のインターフェイスは、他のポート アダプタの取り付け/取り外しに関係なく、常に同じアドレスを保持します。ただし、ポート アダプタを別のスロットに移動すると、インターフェイス アドレスの最初の番号が移動先のポート アダプタ スロット番号に変わります。

VIP または FlexWAN モジュールに搭載された PA-MC-8TE1+ のインターフェイスは、他のインターフェイス プロセッサまたはモジュールの取り付け/取り外しに関係なく、常に同じアドレスを保持します。ただし、VIP または FlexWAN モジュールを別のスロットに移動すると、インターフェイス プロセッサまたはモジュールのスロット番号が移動先のインターフェイス プロセッサまたはモジュールのスロット番号に変わります。


) インターフェイス ポートは、0 から始まり左から右に番号が付けられています。


以下の項では、サポート対象プラットフォームごとのインターフェイス アドレス フォーマットについて説明します。

「Cisco 7200 および Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス」

「FlexWAN モジュールが搭載された Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

表1-3 に、サポート対象プラットフォームでのインターフェイス アドレス フォーマットの要約を示します。

 

表1-3 インターフェイス アドレスの識別

プラットフォーム
インターフェイス アドレス
フォーマット
番号
構文

Cisco 7200 シリーズ ルータ
および Cisco 7200VXR ルータ(7204、7204VXR、7206、7206VXR)

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 1 1 ~ 6(ルータのスロット数により異なる)

インターフェイス ポート -- 0 ~ 7

1/0

Cisco 7201 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 7

1/0

Cisco 7301 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 7

1/0

Cisco 7304 ルータ用 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

モジュール スロット番号/
インターフェイス ポート番号

モジュール スロット -- 2 ~ 5

インターフェイス ポート -- 0 ~ 7

3/0

Cisco 7401ASR ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号

ポート アダプタ スロット -- 常に 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 7

1/0

Cisco 7500 シリーズ ルータ(7505、7507、7513、7576)用 VIP

インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号

インターフェイス プロセッサ スロット -- 0 ~ 12(ルータのスロット数により異なる)

ポート アダプタ スロット -- 1 または 0

インターフェイス ポート -- 0 ~ 7

3/1/0

Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータ(7603、7606、7609、7613)上の FlexWAN または拡張 FlexWAN モジュール

モジュール スロット番号/ポート アダプタ ベイ番号/インターフェイス ポート番号

モジュール スロット -- 2 2 ~ 13(ルータのスロット数により異なる)

ポート アダプタ ベイ -- 0 または 1

インターフェイス ポート -- 0 ~ 7

3/0/0

1.ポート アダプタ スロット 0 は、常に I/O コントローラ上のファスト イーサネット ポート専用です(存在する場合)。

2.スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合は、スロット 2 に搭載します。それ以外の場合は、他のモジュール用にスロット 2 を使用できます。

Cisco 7200 および Cisco 7200 VXR シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのポート アダプタ スロットは、左下から右上に番号が付けられています。スロット番号はいずれも スロット 1 から始まり、Cisco 7204 と Cisco 7204VXR はスロット 4 まで、Cisco 7206 と Cisco 7206VXR はスロット 6 まであります。ポート アダプタ は、1 ~ 6 まで(ルータのスロット数により異なる)の任意のポート アダプタ スロットに搭載することができます(スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です)。図1-4図1-5図1-6、および図1-7 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 の形式で表します( 表1-3 を参照)。たとえば、8 ポート PA-MC-8TE1+ が Cisco 7200 シリーズ ルータのスロット 3 に搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 3/0 ~ 3/7 になります(ポート アダプタ スロットが 3、インターフェイス ポートが 0 ~ 7)。

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータでは、ポート アダプタを搭載できるスロットは 1 つだけで、スロット番号は 1 です(図1-8 を参照)。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 の形式で表します( 表1-3 を参照)。たとえば、8 ポート PA-MC-8TE1+ が Cisco 7201 ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 ~ 1/7 になります(ポート アダプタ スロットが 1、インターフェイス ポートが 0 ~ 7)。

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータでは、ポート アダプタを搭載できるスロットは 1 つだけで、スロット番号は 1 です(図1-9 を参照)。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 の形式で表します( 表1-3 を参照)。たとえば、8 ポート PA-MC-8TE1+ が Cisco 7301 ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 ~ 1/7 になります(ポート アダプタ スロットが 1、インターフェイス ポートが 0 ~ 7)。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 ルータでは、ポート アダプタは Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 2 ~ 5 に搭載された Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに搭載されます。ポート アダプタ スロット番号は、モジュール スロット番号と同じです(図1-10、および図1-11 を参照)。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、 モジュール スロット番号/インターフェイス ポート番号 の形式で表します( 表1-3 を参照)。たとえば、8 ポート PA-MC-8TE1+ が、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 3 に搭載されている Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに搭載された場合、インターフェイス アドレスは 3/0 ~ 3/7 になります(ポート アダプタ スロットが 3、インターフェイス ポートが 0 ~ 7)。

Cisco 7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータでは、ポート アダプタを搭載できるスロットは 1 つだけで、スロット番号は 1 です(図1-12 を参照)。

インターフェイス アドレスは 2 つの番号からなり、 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 の形式で表します( 表1-3 を参照)。たとえば、8 ポート PA-MC-8TE1+ が Cisco 7401ASR ルータに搭載されている場合、インターフェイス アドレスは 1/0 ~ 1/7 になります(ポート アダプタ スロットが 1、インターフェイス ポートが 0 ~ 7)。

Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータでは、ポート アダプタはインターフェイス プロセッサ スロット 0 ~ 12(ルータのスロット数により異なる)に搭載された VIP に搭載されます。ポート アダプタは VIP 上のどちらのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)にも搭載することができます。図1-13図1-14図1-15、および図1-16 を参照してください。

VIP のインターフェイス アドレスは 3 つの番号からなり、 インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号 の形式で表します( 表1-3 を参照)。

最初の番号は、VIP が搭載されたスロットを識別します(ルータのスロットの数によりスロット 0 ~ 12)。

2 番めの番号は、ポートアダプタが搭載された VIP のベイ(ポート アダプタ スロット)を識別します(0 または 1)。ベイは VIP 上で左から右に番号が付けられます。

3 番めの番号は、ポート アダプタ上の物理ポート番号(インターフェイス ポート番号)を識別します。ポート番号は常に 0 から始まり、左から右に番号が付けられます。その他のポートの番号は、ポート アダプタのポートの数により異なります。PA-MC-8TE1+ は 8 ポートのポート アダプタなので、ポートは 0 ~ 7 になります。

たとえば、8 ポート PA-MC-8TE1+ が、インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1 に搭載されている VIP に搭載された場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0 ~ 3/1/7 になります(インターフェイス プロセッサ スロットが 3、ポート アダプタ スロットが 1、インターフェイスが 0、1、2、3、4、5、6、および 7)。


) 7 スロット Cisco 7507、13 スロットCisco 7513、および Cisco 7576 のプロセッサ スロットは垂直方向に、5 スロットCisco 7505のプロセッサ スロットは水平方向に並んでいますが、Cisco 7500 シリーズ ルータのスロットおよびポートはすべて同じ方法で番号が付けられています。



注意 MEMD の再分割の詳細については、「制約事項」を参照してください。

FlexWAN モジュールが搭載された Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Catalyst 6000 ファミリ スイッチおよび Cisco 7600 シリーズ ルータでは、ポート アダプタはモジュール スロット 2 ~ 13(ルータのスロット数により異なる)に搭載された FlexWAN モジュールに搭載されます。ポート アダプタは FlexWAN モジュールのどちらのベイ(ポート アダプタ スロット 0 または 1)にも搭載することができます。図1-17図1-18図1-19図1-20、および図1-21 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 3 つの番号からなり、 モジュール スロット番号/ポート アダプタ ベイ番号/インターフェイス ポート番号 の形式で表します( 表1-3 を参照)。

最初の番号は、FlexWAN モジュールが搭載された、シャーシのモジュール スロットを識別します(シャーシのスロットの数によりスロット 2 ~ 3、6、9、または 13 まで)。モジュール スロットには、通常上から下に向かってスロット 1 から順番に番号が付けられます。ただし、Cisco 7609 は、例外的に右から左に向かってスロット 1 から順番に番号が付けられます。

2 番めの番号は、ポート アダプタが搭載された FlexWAN モジュールのベイを識別します(0 または 1)。ベイは FlexWAN モジュール上で左から右に番号が付けられます。

3番めの番号は、ポート アダプタ上の物理ポート番号を識別します。PA-MC-8TE1+ は 8 ポートのポート アダプタなので、ポートは 0 ~ 7 になります。

たとえば、8 ポート PA-MC-8TE1+ が、モジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0 に搭載されている FlexWAN モジュールに搭載された場合、インターフェイス アドレスは 3/0/0 ~ 3/0/7 になります(モジュール スロットが 3、ポート アダプタ スロットが 0、インターフェイスが 0、1、2、3、4、5、6、および 7)。FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 1 に同じポート アダプタがある場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0 ~ 3/1/7 になります(モジュール スロットが 3、ポート アダプタ スロットが 1、インターフェイスが 0、1、2、3、4、5、6、および 7)。


) 従来の Catalyst 6000 ファミリのポート アドレスはスロット 1 から始まりますが、FlexWAN モジュールの物理ポート アドレスはスロット 0 から始まります。