PA-MC-T3 Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

概要

ポート アダプタの概要

マルチチャネル T3 の概要

機能

インターフェイス仕様

LED

ケーブル、コネクタ、ピン割り当て

サポート対象プラットフォーム上でのポート アダプタのスロット位置

Catalyst RSM/VIP2 のスロット番号

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールのスロット番号

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco 7201 ルータのスロット番号

Cisco 7301 ルータのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

インターフェイス アドレスの識別

Catalyst 5000 ファミリ スイッチに搭載した Catalyst RSM/VIP2 のインターフェイス アドレス

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

ポート アダプタの概要

PA-MC-T3 は、BNC コネクタを使用して 1 つの T3 インターフェイス接続を提供するシングル幅の 1 ポート アダプタです(図1-1 を参照)。このインターフェイスで、最大 28 の T1 回線(1 つの T3 グループ)をサポートできます。各 T1 回線は、個別に設定できるシリアル インターフェイスとして構成されます。

図1-1 PA-MC-T3 -- 前面プレート図

 

マルチチャネル T3 の概要

PA-MC-T3 の T3 リンクは、28 の独立した T1 データ回線としてチャネライズされます。各 T1 回線を、シリアル データ伝送用としてチャネライズまたは非チャネライズできます。

各 T1 回線には、T1 の全帯域幅、T1 帯域幅の一部、またはデータ伝送用にチャネライズした T1 帯域幅を割り当てることができます。各 T1 回線の使用可能帯域幅は、 n × 56 kbps または n × 64 kbps で、 n は、1 ~ 24 の番号が割り当てられているタイムスロットの番号です。チャネライズド T1 では各 T1 回線に最大 24 のタイムスロット(56/64 kbps)を使用できます。T1 帯域幅を最大速度で利用しない場合、未使用の T1 帯域幅の一部は使用不可となり、アイドル チャネル データ用になります。複数の T1 回線の集線化はサポートされません。PA-MC-T3 がサポートしている論理チャネル数は、最大 128 です。


) PA-MC-T3 上の T1 回線には、他のシスコ製品に使用されている従来のゼロからの番号設定(0 ~ 27)と異なり、1 ~ 28 の番号が割り当てられています。これは、チャネライズド(マルチチャネル)T3 機器における Telco の番号設定方式と一致しています。


PA-MC-T3 の T3 セクションは、(c-bit パリティを使用した)メンテナンス データリンク チャネル、ペイロード、およびネットワーク ループバックをサポートしています。PA-MC-T3 の T1 セクションは、Extended Super Frame(ESF; 拡張スーパ フレーム)フレーミングの Facility Data Link(FDL)および各種のループバックをサポートしています。各 T1 回線において、Bit Error Rate(BER; ビット誤り率)テストがサポートされます。テストは通常、フレーム化されていない T1 信号上で実施されます。

PA-MC-T3 の各 T1 リンク上では、Cisco High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク制御)、フレーム リレー、PPP(ポイントツーポイント プロトコル)、および Switched Multimegabit Data Service(SMDS)Data Exchange Interface(DXI; データ交換インターフェイス)カプセル化がサポートされます。DXI は、SMDS のためだけに T1 回線上に送信されるので、DXI 用の直接入力端子がある SMDS スイッチに接続する必要があります。


) PA-MC-T3 は、複数 T1 回線の集線化(「逆多重化」または「接合」と呼ばれる)によるデータ伝送の高速化をサポートしていません


PA-MC-T3 上の物理 T3 リンクには、受信(RX)用と送信(TX)用の 2 つのメス BNC コネクタが付いています。PA-MC-T3 インターフェイスに外部 T3 機器を接続するには、オス BNC コネクタが付いている 75 Ω RG-59 同軸インターフェイス ケーブルを使用する必要があります(ケーブルの詳細については、ケーブル、コネクタ、ピン割り当てを参照)。

28 ある T1 回線はいずれも、チャネライズド T1 回線として設定できます。また、複数の T1 回線のタイムスロットをグループ化して、いくつかの個別の論理チャネル グループを構成し、各グループのデータ伝送にそれぞれ異なるデータリンク レイヤ プロトコル カプセル化を使用することができます。

各論理チャネル グループは、個々の 56/64 kbps タイムスロットで構成します。また、1、9、および 12 ~ 14 のタイムスロットのように個々のタイムスロットと 指定範囲 のタイムスロットによって構成することもできます。1 つの論理チャネル グループに 1 ~ 24 のタイムスロットを指定できますが、同じタイムスロットを複数の論理チャネル グループに設定することはできません。未使用のタイムスロットには、プログラマブル アイドル チャネル データが保管されます。

各 T1 回線には、オンボード T1 Bit Error Rate Test(BERT; ビット誤り率テスト)回路が組み込まれています。これにより、ポート アダプタ ソフトウェアはプログラマブル パターンの送信と検出を実行します。BERT は、任意の T1 回線だけで実行することも、28 の全 T1 回線で同時に実行することもできます。


) オンボード T3 BERT はサポートされません。


機能

PA-MC-T3 は、次の機能を備えています。

44.736 Mbps の T3 伝送速度での双方向データ送受信(T3 回線では、DS3 [デジタル信号レベル 3] デジタル信号が伝送されます)。

送信(TX)/受信(RX)用の 2 つのメス BNC コネクタによる T3 接続、インピーダンス 75 Ω の RG-59 同軸ケーブルが必要です。

RFC 1406 および RFC 1407 をサポート(CISCO-RFC-1407-CAPABILITY.my)。RFC 1406 では、Frac テーブル以外の全テーブルがサポートされます。RFC 1407 では、FraEnd テーブル以外の全テーブルがサポートされます(Cisco MIB [管理情報ベース] ファイルへのアクセスについては、『 Cisco Management Information Base(MIB)User Quick Reference 』を参照してください)。

PA-MC-T3 マイクロコードは DRAM(または SDRAM)構成にロードされ、そこから実行されます。DRAM の構成は PA-MC-T3 が搭載されている VIP モデルによって異なります。

Catalyst RSM/VIP2 では、PA-MC-T3 マイクロコードは、Catalyst RSM/VIP2-40 の DRAM にロードされ、DRAM から実行されます。

インターフェイス仕様

PA-MC-T3 ポートは、75 Ω 同軸ケーブル(ATT 728A type coax)経由で伝送される DSX-3 レベル信号を送受信するように設計されています。T3 ポートは、DSX-3 レベル BNC コネクタを備えている任意の機器に接続することができます。

表1-1 に、T3 フロント エンドの仕様を示します。

 

表1-1 T3 フロント エンドの仕様

パラメータ
仕様

回線速度

44.736 Mbps(±20 ppm)

ライン コード

B3ZS(バイポーラ 3 ゼロ置換)

インピーダンス

75 Ω

パルス波形

ANSI T1.102、パルス振幅 = 0.36 ~ 0.85 V ピーク

入力信号

DSX-3(9.7 ~ 11.8 dB)

出力信号

DSX-3、75 Ω 同軸ケーブル(728A または同等品)上で 450 フィート(135 m)まで送信可能。回線側のパルス波形テンプレートに適合。

LED

PA-MC-T3 には、6 つのステータス LED と 1 つの ENABLED LED が一列に並んでいます(図1-2 を参照)。

図1-2 PA-MC-T3 の LED

 

表1-2 にポート LED のカラーと意味を示します。

 

表1-2 PA-MC-T3 の LED

LED のラベル
カラー
状態
意味

ENABLED

グリーン

点灯

ポート アダプタは動作可能です。

ALARM

イエロー

点灯

設定済みの T1 回線または T3 リンク上で、アラーム条件 1 を受信しました。

点滅

ポート アダプタにブート障害が発生しました。 2

LOOP

イエロー

点灯

T1 回線または T3 リンクがループバック ステートです。標準データ トラフィックを処理できません。

LOS

イエロー

点灯

ポート アダプタの Line Interface Unit(LIU)により、T3 リンク上で受信信号損失が検出されました。

OOF

イエロー

点灯

DS3 Out of Frame(OOF; フレーム同期外れ)が検出されました。

AIS

イエロー

点灯

T3 リンク上でアラーム表示信号を受信しました。

FERF

イエロー

点灯

レシーバーにより、Far-End Receive Failure(FERF; 遠端側受信障害)信号が検出されました。 3

1.アラームには次のものがあります。T1 Loss of Frame(LOF; フレーム損失)、T1 Alarm Indication Signal(AIS; アラーム表示信号)、T1 イエロー アラーム、T3 Loss of Signal(LOS; 信号損失)、T3 AIS、および T3 FERF イエロー アラーム

2.この LED は、ポート アダプタ初期化中に瞬間的に点滅します。

3.OOF LED が点灯した場合、FERF LED は OOF が発生する前のステートにとどまります。これは、最後に認識された遠端側受信装置の状態を意味します。OOF LED が消灯すると、FERF LED は遠端側受信装置の現在の状態を示します。

システムの初期設定が完了すると、ポートが作動可能になったことを示すため、ENABLED LED が点灯します。

PA-MC-T3 をイネーブルにするには、次の条件が満たされている必要があります。

ポート アダプタが正しく接続され、次のいずれかから電力が供給されていること

Catalyst RSM/VIP2 マザーボード

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール

VIP

ポート アダプタに有効なシステム ソフトウェア イメージが、正しくダウンロードされていること

システム バスが次のいずれかを認識していること。

PA-MC-T3

PA-MC-T3 を搭載した Catalyst RSM/VIP2

PA-MC-T3 を搭載した Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール

PA-MC-T3 を搭載した VIP

上記のいずれかの条件が満たされていない場合、または他の理由により初期設定に失敗した場合、ENABLED LED は点灯しません。


) LED が示すインターフェイス ステータス情報のほかにも、ルータのコンソール ポートや Telnet または SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)を通じて、詳細なインターフェイス ステータス情報を入手することができます。


ケーブル、コネクタ、ピン割り当て

PA-MC-T3 のインターフェイス コネクタは RG-59 同軸 BNC タイプで、送信(TX)用および受信(RX)用に各 1 つのコネクタが付いています。BNC コネクタは、トランスフォーマによって、PA-MC-T3 上のアナログ物理インターフェイスである PA-MC-T3 LIU に連結されています。

PA-MC-T3 上の BNC コネクタのピン配置および信号は、次のとおりです。

送信(TX)側 ― 信号はセンタ コンタクト上で送信されます。外側シールドは、TX BNC コネクタに接続する 75 Ω RG-59 同軸ケーブル用のアースです。

受信(RX)側 ― 信号はセンタ コンタクト上で受信されます。外側シールドは、RX BNC コネクタに接続する 75 Ω RG-59 同軸ケーブル用のアースです。


注意 PA-MC-T3 から外部 DS3(T3)機器への接続に長いケーブルが必要な場合には、問題が発生しないように、使用する 75 Ω RJ-59 同軸ケーブルの仕様を事前に確認してください。

EMI(電磁波干渉)を軽減するために、各 75 Ω 同軸ケーブルにフェライト スリーブ(コモンモード チョーク)を取り付ける必要があります(PA-MC-T3 では、各 75 Ω 同軸ケーブルに 2 つのフェライト スリーブが付属品として含まれています)。


) フェライト スリーブは、各同軸ケーブルの PA-MC-T3 側の、BNC コネクタにできるだけ近い位置に取り付ける必要があります(図1-3 を参照)。



注意 フェライト スリーブは、T3 システムを EMI から保護し、システムを正常に運用するための必須コンポーネントです。

図1-3 同軸ケーブルへのフェライト スリーブの取り付け

 

図1-4 に、PA-MC-T3 に使用する一般的な 75 Ω RG-59 同軸ケーブル ペアを示します。PA-MC-T3 の接続には、必ず、このタイプの同軸ケーブル ペアを使用してください。PA-MC-T3 の各接続(RX および TX)に、75 Ω 同軸ケーブルを 1 本使用します。

図1-4 に示すように、送信用と受信用の 2 本のケーブルは、EMI を防ぐために全体を 1 本にまとめておくことを推奨します。標準的な熱加工シュリンク チューブまたはケーブル タイを使用してください。

図1-4 フェライト スリーブを取り付けた 75 Ω RG-59 同軸ケーブル ペア

 

最初からフェライト ビードが取り付けられている 75 Ω 同軸ケーブル ペア(シスコ製品番号:CAB-ATM-DS3/E3)を発注することもできます(図1-5 を参照)。このタイプの 75 Ω 同軸ケーブルは、他のケーブル ベンダーでは市販されて いません

図1-5 CAB-ATM-DS3/E3 ケーブル -- BNC コネクタ付きの 75 Ω RG-59 同軸ケーブル

 

サポート対象プラットフォーム上でのポート アダプタのスロット位置

ここでは、サポート対象プラットフォーム上でのポート アダプタのスロット位置について説明します。次の各プラットフォームのスロット位置の規則を図で示します。

「Catalyst RSM/VIP2 のスロット番号」

「Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールのスロット番号」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号」

「Cisco 7201 ルータのスロット番号」

「Cisco 7301 ルータのスロット番号」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号」

「Cisco 7401ASR ルータのスロット番号」

「Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号」

Catalyst RSM/VIP2 のスロット番号

Catalyst RSM/VIP2 は、Catalyst 5000 ファミリスイッチの一番上のスロット(スーパーバイザ エンジンを含む)を除く任意のスロットに搭載できます。Catalyst RSM/VIP2 はインターフェイス プロセッサ スロット番号を使用しません。したがって、搭載されたスロットではスロット番号は記載されていません。ポート アダプタは、Catalyst RSM/VIP2 のポート アダプタ スロット 0 または 1 のどちらにでも搭載できます。図1-6 に、Catalyst RSM/VIP2 に 2 つのポート アダプタを搭載した Catalyst 5000 ファミリ スイッチを示します。

図1-6 Catalyst RSM/VIP2 にポート アダプタが搭載された Catalyst 5000 ファミリ スイッチ

 

図1-7 に、Catalyst RSM/VIP2-40 のポート アダプタ スロット 0 とスロット 1 に搭載した 2 つの PA-MC-T3 を示します。

図1-7 2 つの PA-MC-T3 を搭載した Catalyst RSM/VIP2-40

 

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールのスロット番号

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールは、Catalyst 6000 ファミリ スイッチのスロット 1 以外の任意のスロットに搭載できます。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。ポート アダプタは、FlexWAN モジュール上のポート アダプタ ベイ 0 または 1 のどちらかに搭載できます。図1-8 に、FlexWAN モジュールに 2 つのブランク ポート アダプタを搭載した Catalyst 6000 ファミリ スイッチを示します。


) スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合、スロット 2 に取り付けます。冗長スーパーバイザ エンジンを使用しない場合、スロット 2 は他のモジュールに使用できます。


図1-8 FlexWAN モジュールにポート アダプタが搭載された Catalyst 6000 ファミリ スイッチ

 

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのスロット番号

Cisco 7202 ルータには、ポート アダプタ用スロットが 2 つあります。スロットは、左から右に番号が付けられています。ポート アダプタは、どちらのスロット(スロット 1 またはスロット 2)にも取り付けることができます。ここでは、Cisco 7202 ルータの図はありません。

Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204VXR ルータには、ポート アダプタ用スロットが 4 つ、input/output(I/O; 入力/出力)コントローラ用スロットが 1 つあります。スロットは左下から右上に番号が付けられ、スロット 1 からスロット 4 になります。ポート アダプタは、任意のスロット(スロット 1 ~ 4)に取り付けることができます。スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です。Cisco 7204 ルータおよび Cisco 7204VXR の図はありません。

Cisco 7206 ルータおよび Cisco 7206VXR ルータ(Cisco AS5800 ユニバーサル アクセス サーバに搭載のルータ シェルフとしての Cisco 7206 および Cisco 7206VXR ルータを含む)には、ポート アダプタ用スロットが 6 つ、I/O コントローラ用スロットが 1 つあります。スロットは左下から右上に番号が付けられ、スロット 1 からスロット 6 になります。ポート アダプタは、6 つのスロットのうち、任意のスロット(スロット 1 ~ 6)に取り付けることができます。スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です。

図1-9 に、Cisco 7206 ルータのスロット番号を示します。

図1-9 Cisco 7206 ルータのポート アダプタ スロット

 

図1-10 に、Cisco 7206 ルータのポート アダプタ スロット 3 に搭載した PA-MC-T3 を示します。

図1-10 PA-MC-T3 を搭載した Cisco 7206

 

Cisco 7206VXR ルータの図はありません。

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのスロット番号

Cisco uBR7223 ルータは、ポート アダプタ スロットを 1 つ(スロット 1)備えています。スロット 0 が存在する場合、常に I/O コントローラ専用になります。Cisco uBR7223 ルータの図はありません。

Cisco uBR7246 ルータおよび Cisco uBR7246VXR ルータには、ポート アダプタ用スロットが 2 つがあります(スロット 1 およびスロット 2)。スロット 0 が存在する場合、常に I/O コントローラ専用になります。

図1-11 に、Cisco uBR7246 ルータまたは Cisco uBR7246VXR ルータのポート アダプタのスロット番号を示します。

図1-11 Cisco uBR7246 および Cisco uBR7246VXR ルータのポート アダプタ スロット

 

図1-12 に、Cisco uBR7246 ルータのポート アダプタ スロット 2 に搭載した PA-MC-T3 を示します。

図1-12 PA-MC-T3 を搭載した Cisco uBR7246

 

Cisco 7201 ルータのスロット番号

図1-13 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7201 ルータの前面図を示します。Cisco 7201 ルータには、ポート アダプタ スロットが 1 つだけあります(スロット 1)。

図1-13 Cisco 7201 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7301 ルータのスロット番号

図1-14 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7301 ルータの前面図を示します。Cisco 7301 ルータには、ポート アダプタ スロットが 1 つだけあります(スロット 1)。

図1-14 Cisco 7301 ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのスロット番号

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 2 ~ 5 に搭載します。図1-15 に、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット番号を示します。ポート アダプタのスロット番号は、モジュールのスロット番号と同じです。スロット 0 とスロット 1 は、NPE モジュールまたは NSE モジュール専用です。

図1-16 に、ポート アダプタを搭載した Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを示します。Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅のポート アダプタを 1 つ取り付けることができます。

図1-15 Cisco 7304 ルータのモジュール スロット

 

図1-16 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード -- ポート アダプタを搭載

 

Cisco 7401ASR ルータのスロット番号

図1-17 に、ポート アダプタが搭載された Cisco 7401ASR ルータの前面図を示します。Cisco 7401ASR ルータには、ポート アダプタ スロットが 1 つだけあります(スロット 1)。

図1-17 Cisco 7401ASR ルータのポート アダプタ スロット

 

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP スロット番号

PA-MC-T3 は、Cisco 7000 シリーズおよび Cisco 7500 シリーズ ルータで使用されている Versatile Interface Processor 2(VIP2; 第二世代 Versatile Interface Processor)および Versatile Interface Processor 4(VIP4; 第四世代 Versatile Interface Processor)でサポートされています。Cisco 7010 ルータおよび Cisco 7505 ルータの場合、VIP スロットに VIP マザーボードを水平方向に搭載します。Cisco 7507 ルータおよび Cisco 7513 ルータの場合、VIP スロットに VIP マザーボードを垂直方向に搭載します。ポート アダプタは、VIP のどちらのベイにも搭載できます(ポート アダプタ スロット 0 または 1)。ベイは、VIP 上で左から右に番号付けられています。

図1-18 に、VIP2 上のスロット番号を示します。

図1-18 VIP2 のスロット位置

 

図1-19 に、VIP4 上のスロット番号を示します。

図1-19 VIP4 のスロット位置

 

図1-20 に、VIP2-40 のスロット 0 およびスロット 1 に搭載した 2 つの PA-MC-T3 ポート アダプタを示します。

図1-20 VIP2-40 のポート アダプタ スロット 0 および 1 に搭載した 2 つの PA-MC-T3

 

Cisco 7010 ルータにはポート アダプタ用スロットが 3 つ、Route Switch Processor(RSP)用スロットが 2 つあります。スロットは、下から上へ番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 2)に取り付けることができます。スロット 3 および 4 は、常に RSP 専用です。Cisco 7010 ルータの図はありません。

Cisco 7505 ルータには、ポート アダプタ用スロットが 4 つ、RSP 用スロットが 1 つあります。スロットは、下から上へ番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 3)に取り付けることができます。1 つのスロットは、常に RSP 専用です。Cisco 7505 ルータの図はありません。

Cisco 7507 ルータには、ポート アダプタ用スロットが 5 つ、RSP 用スロットが 2 つあります。スロットは、左から右に番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0、1、4、5、または 6)に取り付けることができます。スロット 2 および 3 は、常に RSP 専用です。Cisco 7507 ルータの図はありません。

Cisco 7513 ルータには、ポート アダプタ用スロットが 11 個、RSP 用スロットが 2 つあります。スロットは、左から右に番号が付けられています。ポート アダプタは、任意の VIP インターフェイス スロット(スロット 0 ~ 5、またはスロット 9 ~ 12)に取り付けることができます。スロット 6 および 7 は、常に RSP 専用です。Cisco 7513 ルータの図はありません。

インターフェイス アドレスの識別

ここでは、サポート対象のプラットフォームに搭載した PA-MC-T3 のインターフェイス アドレスの識別方法について説明します。インターフェイス アドレスは、ルータまたはスイッチ上の各インターフェイスの物理的な位置を表します。

PA-MC-T3 インターフェイス アドレスは、常に T1 回線番号:チャネル グループ番号 で終了します。

T1 回線番号 は、PA-MC-T3 の T1 回線番号で、1 ~ 28 です。

チャネル グループ番号 は T1 回線上の論理チャネル グループの番号で、0 ~ 23 です。

ルータに搭載した PA-MC-T3 上のインターフェイスは、他のポート アダプタの取り付けまたは取り外しに関係なく、常に同じアドレスを保持します。ただし、ポート アダプタを別のスロットに移動した場合には、インターフェイス アドレスの最初の数値が新しいポート アダプタ スロット番号に変わります。

VIP または FlexWAN モジュールに搭載した PA-MC-T3 上のインターフェイスも、他のインターフェイス プロセッサまたはモジュールの取り付けまたは取り外しに関係なく、同じアドレスを保持します。ただし、VIP または FlexWAN モジュールを別のスロットに移動した場合には、インターフェイス プロセッサまたはモジュール スロット番号が、新しいスロット番号に変わります。


) Cisco IOS ソフトウェアは設定済みの論理チャネル グループを 1 つのシリアル インターフェイスとして認識します。そのため、設定済みの論理チャネル グループには、シリアル インターフェイスに対して有効なすべてのコンフィギュレーション コマンドを実行できます。設定した論理チャネル グループでは、PPP、HDLC、SMDS、およびフレームリレーの各カプセル化方式を使用してデータ トラフィックを転送することができます。使用するカプセル化方式は、シリアル インターフェイス コンフィギュレーション コマンドで指定します。また、設定済みの論理チャネル グループには、シリアル インターフェイスに適用できるすべてのコマンド スイッチ(最適スイッチングを含む)を使用することができます。



) インターフェイス ポートには、0 で始まって左から右に番号が付けられています。


次のサブセクションでは、サポート対象プラットフォームのインターフェイス アドレスのフォーマットについて説明します。

「Catalyst 5000 ファミリ スイッチに搭載した Catalyst RSM/VIP2 のインターフェイス アドレス」

「Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス」

「Cisco7401ASR ルータのインターフェイス アドレス」

「Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス」

表1-3 に、サポート対象プラットフォームのインターフェイス アドレスのフォーマットをまとめています。

 

表1-3 インターフェイス アドレスの識別

プラットフォーム
インターフェイス アドレスのフォーマット
番号
構文

Catalyst 5000 ファミリ スイッチに搭載した Catalyst RSM/VIP

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット ― 0 または 1

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

0/0/1:0

Catalyst 6000 ファミリ スイッチに搭載した Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュール

モジュール スロット番号/
ポート アダプタ ベイ番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

モジュール スロット ― 2 4 ~ 13(スイッチのスロット数によって異なる)

ポート アダプタ ベイ ― 0 または 1

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

3/0/0/1:0

Cisco7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット ― 1 ~ 6(ルータのスロット数による) 5

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

1/0/1:0

Cisco 7201 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 1

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

1/0/1:0

Cisco uBR7223 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 1 2

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

1/0/1:0

Cisco uBR7246 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット ― 1 または 2 2

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

1/0/1:0

Cisco 7301 ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 1

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

1/0/1:0

Cisco 7304 ルータに搭載の Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード

モジュール スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

モジュール スロット ― 2 ~ 5

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

3/0/1:0

Cisco 7401ASR ルータ

ポート アダプタ スロット番号/
インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

ポート アダプタ スロット ― 常に 1

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

1/0/1:0

Cisco 7000 シリーズ ルータまたは Cisco 7500 シリーズ ルータに搭載した VIP

インターフェイス プロセッサ スロット番号/ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/
T1 回線番号:チャネル グループ番号

インターフェイス プロセッサ スロット ― 0 ~ 12(ルータのスロット数による)

ポート アダプタ スロット ― 0 または 1

インターフェイス ポート ― 0

T1 回線番号 ― 1 ~ 28

T1 回線上の論理チャネル グループ ― 0 ~ 23

3/1/0/1:0

4.スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。冗長スーパーバイザ エンジンを使用する場合、スロット 2 に取り付けます。冗長スーパーバイザ エンジンを使用しない場合、スロット 2 は他のモジュールに使用できます。

5.ポート アダプタ スロット 0 は、I/O コントローラ(使用する場合)のファスト イーサネット ポート専用です。

Catalyst 5000 ファミリ スイッチに搭載した Catalyst RSM/VIP2 のインターフェイス アドレス

Catalyst 5000 ファミリ スイッチの場合、Catalyst RSM/VIP2 は、最上段のスロット(スーパーバイザ エンジン モジュールを搭載)を除く任意のスロットに搭載できます。Catalyst 5000 ファミリ スイッチの Catalyst RSM/VIP2 は、インターフェイス プロセッサ スロット番号を使用しません。したがって、搭載されたスロットではスロット番号は記載されていません。ポート アダプタは、Catalyst RSM/VIP2 のポート アダプタ スロット 0 またはスロット 1 のいずれかに搭載できます。図1-6 および図1-7 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの数値で構成され、フォーマットは次のとおりです。 ポート アダプタ スロット 番号 /インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。たとえば、Catalyst 5000 ファミリ スイッチの Catalyst RSM/VIP2 のポート アダプタ スロット 1 に PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 1/0/1/0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、チャネル グループ 0)。

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールのインターフェイス アドレス

Catalyst 6000 ファミリ FlexWAN モジュールをモジュール スロットの 2 ~ 9 に搭載できます(ルータのスロット数によって異なる)。スロット 1 は、スーパーバイザ エンジン専用です。ポート アダプタは、FlexWAN モジュール上のポート アダプタ ベイ 0 または 1 のどちらかに搭載できます。図1-8 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 5 つの番号で構成されています。アドレス フォーマットは、次のとおりです。 モジュール番号/ポート アダプタ ベイ番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。

最初の番号は、FlexWAN モジュールが搭載されているシャーシのモジュール スロットを示しています(シャーシのスロット数に応じてスロット 2 ~ 3、6、または 9)。これらのモジュール スロットは、通常、上から下へ、1 から番号が付けられています。

2 番めの番号は、ポート アダプタが搭載されている FlexWAN モジュールのベイ(0 または 1)を示しています。FlexWAN モジュール上のベイは左から右に番号が付けられています。

3 番めの番号は、ポート アダプタの物理ポート番号を示しています。PA-E3+ はシングルポート ポート アダプタなので、ポート番号は常に 0 になります。PA-MC-T3 はシングルポート ポート アダプタなので、ポートは常に 0 になります。

4 番めの数値は PA-MC-T3 の T1 回線番号で、1 ~ 28 です。

5 番めの数値は T1 回線上の論理チャネル グループの番号で、0 ~ 23 です。

たとえば、PA-MC-T3 をモジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0 の FlexWAN モジュールに搭載した場合、インターフェイス アドレスは 3/0/0/1:0(モジュール スロット 3、ポート アダプタ ベイ 0、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、論理チャネル グループ 0)です。ポート アダプタを FlexWAN モジュールのポート アダプタ ベイ 1 に搭載した場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0/1:0 です。


) モジュール スロット 3 から PA-MC-T3 が搭載されている FlexWAN モジュールを取り外してモジュール スロット 6、ポート アダプタ ベイ 0 に取り付けると、インターフェイス アドレスは 6/0/0/1:0 になります。



) FlexWAN モジュールの物理ポート アドレスは 0 がベースで、これは従来の Catalyst 6000 ファミリの 1 をベースとしたポート アドレスとは異なっています。


Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7200 シリーズ ルータおよび Cisco 7200 VXR ルータでは、ポート アダプタ スロットが左下から右上に番号が付けられ、Cisco 7202 の場合はスロット 1 からスロット 2、Cisco 7204 および Cisco 7204VXR の場合はスロット 1 からスロット 4、Cisco 7206 および Cisco 7206VXR の場合はスロット 1 からスロット 6 になります。ポート アダプタは、スロット 1 ~ 6 の任意のポート アダプタ スロットに搭載できます(ルータのスロット数によって異なる)(スロット 0 は、常に I/O コントローラ専用です)。図1-9 および図1-10 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは次のとおりです。 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。たとえば、Cisco 7200 シリーズ ルータのスロット 1 に PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 1/0/1:0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、論理チャネル グループ 0)。スロット 4 に PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 4/0/1:0 になります。

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのインターフェイス アドレス

Cisco uBR7223 ルータの場合、ポート アダプタを取り付けることができるのは 1 つのスロットだけです(スロット 1)。

Cisco uBR7246 ルータおよび Cisco uBR7246VXR ルータでは、2 つのポート アダプタ スロットにポート アダプタを搭載できます(スロット 1 およびスロット 2)。スロット 0 が存在する場合、常に I/O コントローラ専用になります。図1-11 および図1-12 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは次のとおりです。 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。たとえば、Cisco uBR7223 ルータのスロット 1 に PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 1/0/1/0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、およびチャネル グループ 0)。Cisco uBR7246 ルータのスロット 2 に PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 2/0/1/0 になります(ポート アダプタ スロット 2、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7201 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7201 ルータの場合、ポート アダプタを取り付けることができるのは 1 つのスロットだけです(スロット 1)。図1-13 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは次のとおりです。 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。たとえば、Cisco 7201 ルータに PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 1/0/1/0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7301 ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7301 ルータの場合、ポート アダプタを取り付けることができるのは 1 つのスロットだけです(スロット 1)。図1-14 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは次のとおりです。 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。たとえば、Cisco 7301 ルータに PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 1/0/1/0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのインターフェイス アドレス

Cisco 7304 ルータでは、ポート アダプタは Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに取り付けられます。Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードは、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 2 ~ 5 に取り付けます。ポート アダプタのスロット番号は、モジュールのスロット番号と同じです。図1-15 および図1-16 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは次のとおりです。 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。たとえば、Cisco 7304 ルータのモジュール スロット 3 の Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 3/0/1/0 になります(ポート アダプタ スロット 3、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、チャネル グループ 0)。

Cisco7401ASR ルータのインターフェイス アドレス

Cisco 7401ASR ルータの場合、ポート アダプタを取り付けることができるのは 1 つのスロットだけです(スロット 1)。図1-17 を参照してください。

インターフェイス アドレスは 4 つの番号で構成され、フォーマットは次のとおりです。 ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。たとえば、Cisco 7401ASR ルータに PA-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 1/0/1/0 になります(ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス ポート 0、T1 回線 1、およびチャネル グループ 0)。

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの VIP インターフェイス アドレス

Cisco 7000 シリーズ ルータおよび Cisco 7500 シリーズ ルータの場合、ポート アダプタは VIP に取り付けられます。VIP はインターフェイス プロセッサ スロット 0 ~ 12 に取り付けます(ルータのスロット数によって異なる)。ポート アダプタは、VIP のどちらのベイにも搭載できます(ポート アダプタ スロット 0 または 1)。図1-18図1-19、および図1-20 を参照してください。

VIP のインターフェイス アドレスは 5 つの番号で構成されています。アドレス フォーマットは、次のとおりです。 インターフェイス プロセッサ スロット 番号 /ポート アダプタ スロット番号/インターフェイス ポート番号/T1 回線番号:チャネル グループ番号 表1-3 を参照してください。

最初の番号は、VIP が搭載されているスロットを示しています(スロット 0 ~ 12、ルータのスロット数によって異なる)。

2 番めの番号は、ポート アダプタが搭載された VIP のベイ(ポート アダプタ スロット)を示しています(0 または 1)。ベイは、VIP 上で左から右に番号付けられています。

3 番めの番号は、ポート アダプタの物理ポート番号(インターフェイス ポート番号)を示しています。ポート番号は常に 0 から始まり、左から右に番号が付けられています。追加のポート数は、ポート アダプタ上のポート数によって異なります。PA-MC-T3 はシングルポート ポート アダプタなので、ポートは常に 0 になります。

4 番めの数値は PA-MC-T3 の T1 回線番号で、1 ~ 28 です。

5 番めの数値は T1 回線上の論理チャネル グループの番号で、0 ~ 23 です。

たとえば、インターフェイス プロセッサ スロット 3、ポート アダプタ スロット 1 の VIP に PC-MC-T3 を搭載した場合、インターフェイス アドレスは 3/1/0/1:0 になります(インターフェイス プロセッサ 3、ポート アダプタ スロット 1、インターフェイス 0、T1 回線 1、チャネル グループ 0)。ポート アダプタを VIP のポート アダプタ スロット 0 に搭載した場合、同じインターフェイスのインターフェイス アドレスは、3/0/0/1:0 になります。


) 7 スロットの Cisco 7507 および、13 スロットの Cisco 7513 シャーシのプロセッサ スロットは、垂直方向に、5 スロットの Cisco 7010 および Cisco 7505 シャーシのプロセッサ スロットは水平方向に配置されていますが、Cisco 7500 シリーズのルータはすべて同じスロット番号とポート番号を採用しています。