PA-POS-1OC3 Single-Port Port Adapter インストレーション コンフィギュレーション ガイド
PA-POS-1OC3 の取り外しおよび 取り付け
PA-POS-1OC3 の取り外しおよび取り付け
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

PA-POS-1OC3 の取り外しおよび取り付け

ポート アダプタの取り扱い

OIR

OIR 機能の概要

警告および注意事項

ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

Cisco 7200 VXR ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7201 ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7301 ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7401ASR ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7500 シリーズ ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7600 シリーズ ルータ—ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

PA-POS-1OC3 インターフェイス ケーブルの接続

SFP 光モジュールの交換

SFP 光モジュールの取り扱い

SFP 光モジュールの取り外し

SFP 光モジュールの取り付け

SFP 光モジュールの取り付けの確認

PA-POS-1OC3 の取り外しおよび取り付け

この章では、PA-POS-1OC3をサポート対象プラットフォームから取り外す手順、新規または交換用ポート アダプタの取り付け手順、およびケーブルの接続手順について説明します。

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「ポート アダプタの取り扱い」

「OIR」

「警告および注意事項」

「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」

「PA-POS-1OC3 インターフェイス ケーブルの接続」

「SFP 光モジュールの交換」

インストレーションを開始する前に、「必要な工具および機器」を参照し、インストレーションに必要な部品および工具を確認してください。

ポート アダプタの取り扱い

各ポート アダプタの基板は金属フレームに搭載されており、静電破壊を受けやすくなっています。


) ポート アダプタ スロットを使用しない場合、ルータまたはスイッチを EMI(電磁波干渉)放射規格に適合させ、ポート アダプタ周辺のエアーフローが適切な状態になるように、空スロットにブランク ポート アダプタを取り付けておく必要があります。したがって、未使用スロットに新しいポート アダプタを取り付ける場合、最初にブランク ポート アダプタを取り外す必要があります。



注意 ルータの電源を切断した場合、電源の再投入は 30 秒待ってから行ってください。


注意 ポート アダプタを取り扱う際は、常にフレームのエッジおよびハンドル部分だけを持ってください。ポート アダプタのコンポーネントまたはコネクタ ピンには絶対に触れないでください(図3-1 を参照)。

図3-1 ポート アダプタの取り扱い

 

OIR

一部のプラットフォームは、ポート アダプタの活性挿抜(Online Insertion and Removal; OIR)をサポートしています。Cisco 7200 VXR ルータ、Cisco 7201 ルータ、Cisco 7301 ルータ、または Cisco 74101ASR ルータでは、PA-POS-1OC3 の取り付けおよび取り外しを行うときにルータの電源を切断する必要はありません。

Cisco 7304 ルータの場合は、ポート アダプタの取り付けまたは取り外しを行う前に、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードを取り外す必要があります。

Cisco 7500 シリーズ ルータの場合は、ポート アダプタの取り付けおよび取り外しを行う前に、VIP を取り外す必要があります。

Cisco 7600 シリーズ ルータの場合は、ポート アダプタの取り付けおよび取り外しを行う前に、FlexWAN モジュールを取り外す必要があります。

アクティブ トラフィックが通過しているポート アダプタまたはモジュールを取り外す前に、システムをシャットダウンすることを推奨します。トラフィックがポート内を通過しているときにポート アダプタまたはモジュールを取り外すと、システム破壊が生じることがあります。ポート アダプタまたはモジュールを取り付けると、ポートは復元されます。


) ルータまたはスイッチからポート アダプタを取り外すと、OIR 機能により、ポート アダプタのすべてのアクティブ インターフェイスが管理上のシャットダウンに切り替えられます。


OIR では、ルータが動作中でもポート アダプタまたはサービス アダプタ(キャリア カード、VIP、および FlexWAN モジュール)の取り付けおよび取り外しができます。ソフトウェアに通知したり、またはシステム電源をシャットダウンする必要はありません。ただし、取り外し作業中のポート アダプタにトラフィックを流すことはできません。OIR とは、ネットワークのエンド ユーザには影響を与えることがなく、ルーティング情報とセッションを維持できる方式です。

OIR 機能の概要

次に参考資料として、OIR の機能を説明します。サポート対象プラットフォームでのポート アダプタの取り付けおよび取り外し手順については、「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」を参照してください。

各ポート アダプタには、ルータに接続するバス コネクタが 1 つあります。このコネクタには、3 種類の長さの階段状のピンがあり、ポート アダプタと接続すると特定の信号をシステムに送信します。システムは、受信した信号と信号を受信した順番を確認し、ポート アダプタがシステムから取り外されたか、またはシステムに取り付けられたかを判断します。これらの信号により、システムは新規インターフェイスを再初期化するか、または取り外されたインターフェイスをシャット ダウンするかどうかを判断します。

具体的には、ポート アダプタを取り付けると、最初に最長ピンがポート アダプタと接触し、最後に最短ピンが接触します。システムは信号および信号を受信した順番を認識します。

ポート アダプタを取り外す、または取り付けると、ピンからシステムに変更を通知する信号が送信されます。ルータは、次の処理を実行します。

1. コンフィギュレーションの変更について、システムを速やかにスキャンします。

2. 新規に搭載したポート アダプタを初期化するか、空インターフェイスを管理上のシャットダウンに切り替えます。

3. ポート アダプタの以前設定されたインターフェイスすべてを、以前取り付けられていたときの状態に戻します。新規に搭載したインターフェイスは、起動時に(未設定ながらも)存在していたものと見なされ、管理上のシャットダウン ステートに切り替わります。スロットに同様のポート アダプタ タイプを再び搭載すると、ポートが設定され、最大で当初搭載されていたそのタイプのポート アダプタのポートの数だけオンラインになります。

警告および注意事項

ポート アダプタの取り付けまたは取り外しを行う際には、次のすべての警告および注意に従ってください。


注意 必要なすべてのケーブルを接続するまでは、ポート アダプタをスロット内に完全に挿入しないでください。完全に挿入すると、ルータまたはスイッチの正常な動作が妨げられます。


注意 ポート アダプタ レバーまたは他の固定機構をロックの位置に移動できない場合、ポート アダプタがミッドプレーンに完全に装着されていません。ポート アダプタをスロットから半分ほど慎重に引き抜き、再び挿入してから、ポート アダプタのレバーまたは他の固定機構をロック位置に移動させてください。


注意 フレームをポート アダプタ スロットの上下のエッジに引っ掛けないように、また、ポート アダプタ背面のエッジ コネクタがポート アダプタ スロット奥のコネクタと適正にかみ合うように、「ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順」を参照して、フレームを正しい位置に取り付けてください。


警告 ブランクの前面プレートおよびカバー パネルには、3 つの重要な機能があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への EMI の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーをスロットに正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。


ポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順

ここでは、次の各サポート対象プラットフォームでポート アダプタの取り外しおよび取り付けを行う手順を、一連の図で説明します。

「Cisco 7200 VXR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7201 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7301 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7401ASR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7500 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

「Cisco 7600 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け」

ケーブル接続については、「PA-POS-1OC3 インターフェイス ケーブルの接続」を参照してください。

Cisco 7200 VXR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7201 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7301 ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードには、シングル幅のポート アダプタを1つ取り付けられます。ここでは、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードでのポート アダプタの取り外しおよび取り付け手順について順を追って説明します。


注意 次の手順を行うときは、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードの静電破壊を防ぐために、静電気防止用リスト ストラップを着用してください。


) Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードがまだルータに搭載されている場合、必ず先にポート アダプタ キャリア カードを取り外してから、ポート アダプタを取り外してください。


Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードでポート アダプタの取り外しおよび取り付けを行うには、図3-2を参照し、次の作業を実行します。


ステップ 1 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードからポート アダプタを取り外すには、図3-2の A に示す水平のロック位置から、図3-2の B に示す垂直のロック解除位置にポート アダプタのロックを回します。

ステップ 2 ポート アダプタのケーブルがすべて外れているのを確認してから、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードをシャーシから取り外します。

ステップ 3 ポート アダプタのハンドルを持ち、ポート アダプタをCisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードから引き出します。

ステップ 4 ポート アダプタを Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに取り付けるには、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード内のポート アダプタを固定するガイド レールの位置を確認します。ガイド レールは、図3-2の C に示すとおり、ポート アダプタ スロットの上部左側および上部右側の、約 1 インチ奥にあります。

ステップ 5 ポート アダプタをCisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードに慎重に差し込んで、ポート アダプタをポート アダプタ インターフェイス コネクタに接触させます。完全に装着されると、ポート アダプタの前面パネルは Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードの表面と揃います。

ステップ 6 ポート アダプタが正しく装着されたら、図3-2の A に示すように、ポート アダプタのロックを水平方向のロックの位置に回します。


 

図3-2に、Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カードのポート アダプタの取り外しおよび取り付け方法を示します。

図3-2 Cisco 7304 PCI ポート アダプタ キャリア カード--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7401ASR ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7500 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

Cisco 7600 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付け

 

PA-POS-1OC3 インターフェイス ケーブルの接続

PA-POS-1OC3 のインストレーションでは、次にインターフェイス ケーブルを接続する必要があります。ここで説明する手順は、サポート対象の全プラットフォームに共通です。


) 光ファイバ ケーブルは別途必要です。このポート アダプタに使用するケーブルの詳細については、「ケーブルおよびコネクタ」を参照してください。



) 新しく光ファイバ装置へ接続する前に光ファイバ コネクタをクリーニングしておくことを強く推奨します。詳細については、『Inspection and Cleaning Procedures for Fiber-Optic Connections
http://www.cisco.com/en/US/tech/tk482/tk876/technologies_white_paper09186a0080254eba.shtml)および『Compressed Air Cleaning Issues for Fiber-Optic Connections
http://www.cisco.com/en/US/tech/tk482/tk611/technologies_white_paper09186a00801b08da.shtml)を参照してください。


PA-POS-1OC3 にケーブルを接続するには、PA-POS-1OC3 上の PA-POS-1OC3 インターフェイス ポートとネットワークの間に 1 本のデュプレックス光ファイバ ケーブルまたは 2 本のシンプレックス光ファイバ ケーブルを取り付けます(図3-3 を参照)。

受信(RX)ケーブルが PA-POS-1OC3 の RX LC タイプ レセプタクルに、送信(TX)ケーブルが PA-POS-1OC3 の TX LC タイプ レセプタクルに接続されているかどうかを確認してください。

図3-3 PA-POS-1OC3 へのシンプレックスまたはデュプレックス光ファイバ ケーブルの接続

 


警告 クラス 1 レーザー製品です。



警告 接続されていない光ファイバケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。


SFP 光モジュールの交換

ここでは、PA-POS-1OC3 での Small Form-factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)光モジュールの取り外しおよび取り付けの手順について説明します。


) PA-POS-1OC3 で使用する SFP 光モジュールには、LC タイプのコネクタが付いています。


SFP 光モジュールは、OIR 対応です。ただし、ポート アダプタがルータにすでに搭載されていて、システムが稼働している場合は、SFP ポートを管理上のシャットダウンにしてから、新しい SFP 光モジュールを取り付けることを推奨します。

利用可能なシスコの SFP 光モジュールは、次のとおりです。

POM-OC3-MM(短距離、マルチモード ファイバ)

POM-OC3-SMIR(中距離、シングルモード ファイバ)

POM-OC3-SMLR(長距離、シングルモード ファイバ)

SFP 光モジュールの取り扱い

SFP 光モジュールを取り扱う際には、次の注意事項に従ってください。

SFP 光モジュールは、静電気の影響を受けやすい部品です。ESD による損傷を防ぐために、基板およびコンポーネントの取り扱い手順に従ってください。

SFP 光モジュールは、埃による影響を受けやすい部品です。SFP 光モジュールを保管する、または光ファイバ ケーブルがコネクタに接続していないときは、必ず SFP 光ファイバ ケーブル用の穴にプラグを取り付けてください。

光コネクタのフェルールにたまった埃が原因で、光ファイバの穴が汚れることがあります。光ファイバ コネクタの点検および清掃については、『 Inspection and Cleaning Procedures for Fiber-Optic Connections
http://www.cisco.com/en/US/tech/tk482/tk876/technologies_white_paper09186a0080254eba.shtml ) および『 Compressed Air Cleaning Issues for Fiber-Optic Connections
http://www.cisco.com/en/US/tech/tk482/tk611/technologies_white_paper09186a00801b08da.shtml )を参照してください。


) 新しく光ファイバ装置へ接続する前に光ファイバ コネクタをクリーニングしておくことを強く推奨します。


SFP 光モジュールの取り外し

ここでは、垂直方向または水平方向のポート アダプタ スロットから SFP 光モジュールを取り外す手順について説明します。


警告 この製品を廃棄処分する際には、各国の法律または規制に従って取り扱ってください。



注意 SFP 光モジュールの取り外しおよび取り付けはシステムの電源を入れたままで行えますが、光ファイバ ケーブルを接続した状態で SFP 光モジュールの取り外しまたは取り付けを行うことは避けてください。

SFP 光モジュールを取り外すには、次の作業を行います。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを着用して、シャーシの ESD 接続ソケットまたはシャーシ/フレームの塗装されていない金属面に接続します。

ステップ 2 SFP 光モジュール コネクタからネットワーク ファイバ ケーブルを外します。

ステップ 3 スロットから SFP 光モジュールを取り外します。

a. 親指と人差し指で、SFP 光モジュール前面の色のついたラッチ バンドを持ちます。

b. ラッチ バンドをゆっくりと SFP スロットの方に押し戻します。カチッという音がして、SFP 光モジュールが固定ラッチから外れたことがわかります。


) すべての SFP 光モジュールが、同じラッチ機構を備えているわけではありません。


c. ラッチ バンドを固定しながら、スロットから SFP 光モジュールを引き出します。

ステップ 4 SFP 光モジュールを脇の静電気防止用マットの上に置きます。


 

SFP 光モジュールの取り付け

SFP 光モジュールを取り付ける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 静電気防止用リスト ストラップを装着し、シャーシの塗装されていない面に接続します。

ステップ 2 取り付けるモジュールが、適正な SFP 光モジュールであるかどうかを確認します。

a. SFP 光モジュールのラベルにある部品番号および距離情報を確認します。

b. ラベルに距離情報が記されていない場合には、SFP 光モジュールの取り付け後に show controller pos x/y コマンドを使用して、距離情報を確認します。コマンドの使用方法については、「SFP 光モジュールの取り付けの確認」を参照してください。

ステップ 3 SFP 光モジュールをスロットの位置に合わせて、ラベルがハンドルと反対側を向くようにします。

図3-4 SFP 光モジュールの取り付け

 

ステップ 4 (親指と人差し指で)モジュールのラッチ バンドを持ち、SFP 光モジュールをポート アダプタのスロットに挿入します。

ステップ 5 ラッチが固定されるまで、モジュールをスロットに押し戻します。完全に挿入されると、SFP 光モジュールの前面部分のバンドだけが見える状態になります。

ステップ 6 SFP 光ファイバ ケーブル用の穴からプラグを外して、あとで使用できるようにプラグを保管します。

ステップ 7 ネットワーク インターフェイス光ファイバ ケーブルを接続します(Cisco 7500 シリーズ ルータ--ポート アダプタの取り外しおよび取り付けを参照)。


 

SFP 光モジュールの取り付けの確認

SFP の取り付けは、2 つの方法で確認できます。

コンソールを使用して、取り付けた SFP 光モジュールのタイプを確認する

SFP 光モジュールにケーブルを接続し、PA-POS-1OC3 の前面にある LED を確認する

PA-POS-1OC3 への SFP 光モジュールの取り付けを確認する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show controller pos x/y (例:1/0)コマンドを入力して、取り付けた SFP 光モジュールのタイプを確認します。

ステップ 2 出力テキストから、取り付けられた SFP のタイプを確認します。

NPE-400#show controller pos 1/0
(テキスト出力は省略)
ipv62tag optimum fs = 0x612C6754, ipv62tagfs = 0x612C6754
SFP is TRP-03L3I1BCS OC3 SM-IR
Serial Number : 2014293
Framer is PMC PM5379 S/UNI-4x155 1 0
(テキスト出力は省略)
 

ステップ 3 グリーンの LINK LED が点灯しているかどうかを見て、SFP 光モジュールが正しく動作しているかどうかを確認します。


) ケーブルが接続され、リンクがアップしていれば、グリーンの LINK LED が点灯します。インターフェイス上に SONET アラームが検出されると、オレンジの ALARM LED が点灯します。


ステップ 4 ケーブルが正しく接続されていることを確認します。シングルモードはシングルモードに、マルチモードはマルチモードに接続されます。


 


) SFP 光モジュールの波長が一致していても、モードが違っていると(シングルモードに対してマルチモード、またはその逆)、SFP 光モジュールの動作は不安定になります。