Cisco Multiprocessor WAN Application Module ユーザ ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

はじめに

マニュアルの改訂履歴

マニュアルの構成

対象読者

このマニュアルのスタイルおよび表記法

強調

コマンドライン

関連資料

マニュアルの入手方法

Cisco.com

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイト

Japan TAC Webサイト

TAC Escalation Center

その他の資料および情報の入手方法

はじめに

ここでは、このマニュアルの各章について簡単に説明します。さらに、このマニュアルのスタイルおよび表記法についても説明します。


) この資料は、関連資料に記載されているマニュアルと併せてご利用ください。


ここで説明する内容は、次のとおりです。

マニュアルの改訂履歴

マニュアルの構成

対象読者

このマニュアルのスタイルおよび表記法

関連資料

マニュアルの改訂履歴

 

リビジョン番号
日付
変更の概要

OL-4858-02

2004年1月12日

大部分のNTP/クロック コマンドがMWAMでサポートされるようになりました。サポートされないコマンドについては、 サポート対象外のコマンド を参照してください。Cisco IOS 12.3(3)B1に伴って導入されました。

OL-4858-03

2004年2月26日

Cisco IOS 12.3(5a)Bに伴い、次の機能が組み込まれました。

PCのリモート コンソール サポート

APからのインラインIOSイメージ アップグレード

持続型ログ ファイル

Cisco IOS 12.2(14)ZA7に伴い、次の機能が組み込まれました。

VLAN QoSポリシーへのMWAMトラフィックの割り当て

コマンド リファレンス に次のコマンドが追加されました。

show images

restore ios

show mwam

mwam module vlan-based

MWAMと組み合わせた場合のHSRPに、次の制限事項が追加されました。

HSRPの設定

OL-4858-04

2004年3月12日

1つのMWAMプロセッサで1 GBのメモリをサポートすることについての記述が含まれました。

マニュアルの構成

このマニュアルでは、Multiprocessor WAN Application Module(MWAM)、MWAMの機能および設定の概要を紹介します。次の表に、各章の概要を示します。

 

タイトル
説明

はじめに

このマニュアルの内容、シスコのマニュアル セットで使用しているスタイルおよび表記法について、簡単に説明します。

第1章

MWAMの概要

MWAMの概要、MWAMのアーキテクチャ、ソフトウェア、機能、およびシステム要件を示します。

第2章

MWAMの取り付け

安全上の注意事項、準備作業、MWAMの取り付け手順、および取り付け後の確認作業について説明します。

第3章

MWAMの取り外し

MWAMの取り外し手順について説明します。

第4章

MWAMのロード

イメージ ロード プロセスの概要、ロード手順、アプリケーションの起動手順について説明します。

第5章

MWAMの設定

設定の概要、設定作業の一覧、および設定作業について説明します。

第6章

コマンド リファレンス

MWAM関連コマンドの構文、使用上の注意事項、および例を示します。

第7章

エラー メッセージ

MWAMのエラー メッセージ、メッセージの説明、および対処方法を示します。

対象読者

このマニュアルは、MWAMの管理またはテクニカル サービスを担当する方のためのサポート資料です。導入先の要件に合わせてMWAMを設定し、操作できるように、機能を十分に理解していただくことを目的に作成されています。

ネットワーキング製品、概念、および用語についてはすでに理解されていることが前提ですが、シスコ製品またはシスコ用語に精通している必要はありません。

このマニュアルのスタイルおよび表記法

『Cisco Multiprocessor WAN Application Moduleユーザ ガイド』では全体を通じて、重要事項、重要な定義、または用語を強調するために、特殊なスタイルをいくつか使用します。以下、こうした特殊なスタイルのそれぞれについて説明します。

強調

文章の中で新しい用語または重要事項を紹介するときには、強調形式を使用します。強調形式を使用するのは、セクション内でその用語が初めて登場したときに限られ、 イタリック体 で表します。

コマンドライン

コマンドラインはすべて、次の例のように、コマンドライン専用の字体で示します。

cd /cdrom/cdrom0

関連資料

インストレーションおよびコンフィギュレーションに関する詳細は、次の資料を参照してください。

Regulatory Compliance and Safety Information for the Catalyst 6000 Family Switches

Catalyst 6000 Family Installation Guide

Catalyst 6000 Family Module Installation Guide

Catalyst 6000 Family IOS Software Configuration Guide

『Catalyst 6000 Family IOS Command Reference』

『Cisco 7600 Series Internet Router Installation Guide』

『Cisco 7600 Series Internet Router Module Installation Guide』

『Cisco 7600 Internet Router IOS Software Configuration Guide』

『Cisco 7600 Internet Router IOS Command Reference』

『Site Preparation and Safety Guide

『System Message Guide--Catalyst 6000 Family, 5000 Family, 4000 Family, 2926G Series, 2948G, and 2980G Switches』

『Cisco Packet Data Serving Note (PDSN)』 Release 1.2

『Cisco Mobile Wireless Home Agent』

『Service Selection Gateway』

『GGSN Configuration Guide』


) IPSecサービスを配備する場合は、インストレーションおよびコンフィギュレーションに関して、Documentation CD-ROM、またはCisco.comで提供されている以下の資料を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/lan/cat6000/122yo/index.htm


マニュアルの入手方法

シスコの製品マニュアル、テクニカル サポート、およびその他のリソースは、さまざまな方法で入手することができます。ここでは、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

WWW上の次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコのWebサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

シスコのWebサイトの各国語版へは、次のURLからアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCisco Documentation CD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは定期的に更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独、年間または3カ月契約で入手することができます。

Cisco.com登録ユーザの場合、Cisco OrderingツールからDocumentation CD-ROM(Customer Order Number DOC-CONDOCCD=)を単独で発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/ordering_place_order_ordering_tool_launch.html

また、どなたでも、オンラインのSubscription Storeから毎月または3カ月ごとの購読契約で発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace

マニュアルの発注方法

マニュアルの発注方法については、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/pdi.htm

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/index.shtml

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

シスコシステムズでは、技術上のあらゆる問題の支援窓口として、TAC Webサイトを含むCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーはTAC Webサイトからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、TACツール、ユーティリティなど、TAC Webサイトで提供するすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラム、およびリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスを提供しています。

Cisco.comは、広範囲の機能やサービスを通してお客様に次のような利点を提供します。

業務の円滑化と生産性の向上

オンライン サポートによる技術上の問題の解決

ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト

シスコのトレーニング資料および製品の発注

スキル査定、トレーニング、認定プログラムへのオンライン登録

また、Cisco.comに登録することにより、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

TAC

シスコの製品、テクノロジー、またはソリューションについて技術的な支援が必要な場合には、TACをご利用いただくことができます。TACでは、2種類のサポートを提供しています。TAC WebサイトとTAC Escalation Centerです。問題のプライオリティおよびサービス契約の内容に応じて、適切なTACサービスを選択してください。

TACへの問い合わせは、問題の緊急性に応じて分類されます。

プライオリティ レベル4(P4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要で、業務への影響がほとんどまたはまったくない場合。

プライオリティ レベル3(P3) ― ネットワークのパフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用は機能している場合。十分に運用できるレベルまで、通常の業務時間内にサービスの復旧を行います。

プライオリティ レベル2(P2) ― 既存のネットワークのパフォーマンスが著しく低下している、またはシスコ製品の性能が十分ではないため業務に重大な影響が出ている場合。通常の業務時間内にフルタイムで問題の解決にあたります。

プライオリティ レベル1(P1) ― 既存のネットワークが「ダウン」している、または業務運用に致命的な損害が出ている場合。24時間体制であらゆる手段を使用して問題の解決にあたります。

TAC Webサイト

TAC Webサイトでは、オンラインで資料やツールを利用して、トラブルシューティングやシスコ製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立てることができます。TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

シスコシステムズとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラーは、TAC Webサイトのすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco TAC Webサイトの一部のサービスには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do

Cisco.com登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、次のURLからTAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

インターネットを利用する場合、P3およびP4の問題については、状況を十分に説明し必要なファイルを添付できるよう、TAC WebサイトでCase Openツールを利用することをお勧めします。

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

TAC Escalation Center

TAC Escalation Centerでは、P1およびP2レベルの問題に対応しています。このレベルに分類されるのは、ネットワークの機能が著しく低下し、業務の運用に重大な影響がある場合です。TAC Escalation Centerにお問い合わせいただいたP1またはP2の問題には、TACエンジニアが対応します。

TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

ご連絡に先立って、お客様が契約しているシスコ サポート サービスがどのような契約となっているか(たとえば、SMARTnet、SMARTnet Onsite、またはNetwork Supported Accounts[NSA;ネットワーク サポート アカウント]など)、お客様のネットワーク管理部門にご確認ください。また、お客様のサービス契約番号およびご使用の製品のシリアル番号をお手元にご用意ください。

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手することができます。

Cisco Product Catalog 』には、シスコシステムズが提供するネットワーキング製品のほか、発注方法やカスタマー サポート サービスについての情報が記載されています。『 Cisco Product Catalog 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/products/products_catalog_links_launch.html

Cisco Pressでは、ネットワーク関連の出版物を幅広く発行しています。初心者から上級者まで、さまざまな読者向けの出版物があります。『 Internetworking Terms and Acronyms Dictionary 』、『Internetworking Technology Handbook』、『 Internetworking Troubleshooting Guide 』、『Internetworking Design Guide』などです。Cisco Pressの最新の出版情報などについては、次のURLからアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet 』は、シスコシステムズが発行する季刊誌で、業界の専門家向けにネットワーク分野の最新動向、テクノロジーの進展、およびシスコの製品やソリューションに関する情報を提供し、ネットワークへの投資を最大限に活用するのに役立ちます。ネットワークの配置やトラブルシューティングのヒント、設定例、お客様の事例研究、チュートリアル、教育や認定に関する情報、および多数の詳細なオンライン リソースを紹介しています。『 Packet 』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/packet

『iQ Magazine』は、シスコシステムズが発行する隔月刊誌で、経営幹部向けにインターネット ビジネス戦略の最新情報を提供します。『iQ Magazine』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

『Internet Protocol Journal』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコシステムズが発行する季刊誌です。『Internet Protocol Journal』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/about/ac123/ac147/about_cisco_the_internet_protocol_journal.html

トレーニング ― シスコシステムズでは、最高水準のネットワーク関連のトレーニングを実施しています。トレーニングの最新情報については、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/index.html