Cisco Multiprocessor WAN Application Module ユーザ ガイド
コマンド リファレンス
コマンド リファレンス
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

コマンド リファレンス

スーパバイザ コンソール コマンド

PCコマンド

MWAMコンソール コマンド

コマンドの詳細

mwam module allowed-vlan

mwam module vlan-based

session slot

show mwam module

mwam bootflash access

logging listen mwam

execute-on

mwam module cpu logging

show logging

clear logging slot

show processor

show log upgrade

reload

recover-ios

normal-ios

show images

restore ios

mwam config-mode

show mwam config-mode

logging main-cpu

show mwam

コマンド リファレンス

この章では、MWAM設定用のコマンドのうち、新規のコマンドと改訂されたコマンドについて説明します。コマンドは、どのコンソールから実行するかに基づいて分類しています。

スーパバイザ コンソール コマンド

次のコマンドは、スーパバイザのコンソールで使用できます。

mwam module allowed-vlan

mwam module vlan-based

session slot

show mwam module

mwam bootflash access

execute-on

logging listen mwam

mwam module cpu logging

show logging

clear logging slot

PCコマンド

Processor Control(PC;プロセッサ制御)コマンドは、スーパバイザ コンソールからMWAMプロセッサ1へのセッション時に使用できます。PCコマンドで、MWAMプロセッサのさまざまな機能を実行します。

PCコマンドにアクセスするには、 session slot コマンドを使用してプロセッサ1との接続を確立します。さらに、パスワード cicso を指定し、ユーザ root としてPCにログインします。

show processor

show log upgrade

reload

recover-ios

normal-ios

show images

restore ios

MWAMコンソール コマンド

次のコマンドは、MWAMのコンソールで使用できます。

mwam config-mode

show mwam config-mode

logging main-cpu

show mwam

コマンドの詳細

mwam module allowed-vlan

バックプレーン(すなわち、スイッチ ファブリック)からMWAM上の個々のプロセッサへのイーサネット接続を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードでmwam module allowed-vlanコマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドのno形式を使用します。

mwam module slot_number port port_number allowed-vlan vlan-list

no mwam module slot_number port port_number allowed-vlan vlan-list

 
構文の説明

slot_number

モジュールが搭載されているスロットを指定します。

port port_number

MWAM内のプロセッサ コンプレックスとの接続に使用する実ポートの番号(1~3)を指定します(ポートのレイアウトについては図 1-1を参照)。

allowed-vlan vlan-list

このポートに適切なVLANを設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(9)ZA

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

各プロセッサはイーサネット ポートの接続を通じてバックプレーン(すなわち、スイッチ ファブリック)に接続されます。1つのコンプレックス内の両方のプロセッサをイネーブルにした場合、2つのプロセッサはイーサネット ポートの接続を共用するので、両方のプロセッサのポート設定を一致させなければなりません。

各プロセッサに対応するポートについては、図 1-1および 表 1-1 を参照してください。

mwam module allowed-vlan コマンドの使用例を示します。

router(config)# mwam module 4 port 2 allowed-vlan 101
 

mwam module vlan-based

VLAN QoSポリシーにMWAMトラフィックを割り当てるには、 グローバル コンフィギュレーション モードでmwam module vlan-basedコマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドのno形式を使用します。

mwam module slot_number port port_number vlan-based

no mwam module slot_number port port_number vlan-based

 
構文の説明

slot_number

モジュールが搭載されているスロットを指定します。

port_number

スーパバイザ モジュールとMWAMを接続する、3つのスイッチ ファブリック インターフェイス ポート(1~3)のうちの1つを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(14)ZA7

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、VLAN QoSポリシーにMWAMトラフィックを割り当てる場合に使用します。

各プロセッサに対応するポートについては、図 1-1および 表 1-1 を参照してください。

mwam module vlan-basedコマンドの使用例を示します。

Sup-7606(config)# mwam module 5 port 1 vlan-based
Sup-7606(config)# mwam module 5 port 2 vlan-based
Sup-7606(config)# mwam module 5 port 3 vlan-based
 

session slot

MWAM上のプロセッサに対してコマンド セッションを確立するには、イネーブルEXECモードで session slot コマンドを使用します。

session slot slot_number processor processor_number

 
構文の説明

slot_number

MWAMが搭載されているスロットを指定します。

processor processor_number

接続するMWAMプロセッサ(1~6)を指定します。


) MWAMプロセッサ2~6には、アプリケーション イメージが格納されます。MWAMプロセッサ1は、MWAMプロセッサおよびコンプレックス用の制御コマンドを提供します。


 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

イネーブルEXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(9)ZA

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

プロセッサ1とのセッションを開始するには、ユーザ名( root )とパスワード( cisco )を入力する必要があります。

スロット9に搭載されたMWAM上のプロセッサ2に対するsession slotコマンドの使用例を示します。

Sup-7606#session slot 9 processor 2
The default escape character is Ctrl-^, then x.
You can also type 'exit' at the remote prompt to end the session
Trying 127.0.0.92 ... Open
 
proc2-9>
 
 
Press RETURN to get started!
 
 
proc2-9>
 
 

スロット9に搭載されたMWAM上のプロセッサ1に対するsession slotコマンドの使用例を示します。

Sup-7606#session slot 9 processor 1
The default escape character is Ctrl-^, then x.
You can also type 'exit' at the remote prompt to end the session
Trying 127.0.0.91 ... Open
 
 
SVCMWAM Image version 2.1(0.1b)
Tue Oct 14 11:04:43 EDT 2003
Copyright (c) 2002-2003 by cisco Systems, Inc.
All rights reserved.
Kernel 2.4.10.komodo on an i686
login: root
Password:
 
SVCMWAM Image version 2.1(0.1b)
Tue Oct 14 11:04:43 EDT 2003
Copyright (c) 2002-2003 by cisco Systems, Inc.
All rights reserved.
 
 
 
SVCMWAM Image version 2.1(0.1b)
Tue Oct 14 11:04:43 EDT 2003
Copyright (c) 2002-2003 by cisco Systems, Inc.
All rights reserved.
 
 
root@mwam-9#
 
 

show mwam module

MWAM上の個々のプロセッサの接続情報を表示するには、イネーブルEXECモードでshow mwam moduleコマンドを使用します。

show mwam module slot_number port port_number { state | traffic }

 
構文の説明

slot_number

モジュールが搭載されているスロットが表示されます。

port port_number

MWAM内のプロセッサ コンプレックスとの接続に使用される実ポートの番号(1~3)が表示されます(図 1-1を参照)。

state

インターフェイスのステータスが表示されます。

traffic

インターフェイスの統計情報が表示されます。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

イネーブルEXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(9)ZA

このコマンドが新規導入されました。

show mwam module コマンドの例を示します。

Sup-7606#sho mwam mod 7 port 1 state
Mwam module 7 data-port 1:
Switchport: Enabled
Administrative Mode: trunk
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: Off
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-999
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Vlans allowed on trunk:1-999
Vlans allowed and active in management domain:1,3,11-12,17,60
Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned:
1,3,11-12,17,60
Allowed-vlan : 1-999
 
Sup-7606#sho mwam mod 7 port 1 traffic
Specified interface is up line protocol is up
Hardware is C6k 1000Mb 802.3, address is 0010.7b00.0cb0 (bia 0010.7b00.0cb0)
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full-duplex, 1000Mb/s
Last input never, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/2000/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 67
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 1000 bits/sec, 3 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 input packets with dribble condition detected
46504312 packets output, 2501255885 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 10 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
 
Sup-7606#sho mwam mod 7 port 2 state
Mwam module 7 data-port 2:
Switchport: Enabled
Administrative Mode: trunk
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: Off
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-999
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Vlans allowed on trunk:1-999
Vlans allowed and active in management domain:1,3,11-12,17,60
Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned:
1,3,11-12,17,60
Allowed-vlan : 1-999
 
Sup-7606#sho mwam mod 7 port 2 traffic
Specified interface is up line protocol is up
Hardware is C6k 1000Mb 802.3, address is 0010.7b00.0cb1 (bia 0010.7b00.0cb1)
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full-duplex, 1000Mb/s
Last input 00:00:09, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/2000/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 68
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 1000 bits/sec, 1 packets/sec
5 minute output rate 1000 bits/sec, 2 packets/sec
24922473 packets input, 430882532 bytes, 0 no buffer
Received 93145 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 input packets with dribble condition detected
26261319 packets output, 4263983434 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 10 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
 
Sup-7606#sho mwam mod 7 port 3 state
Mwam module 7 data-port 3:
Switchport: Enabled
Administrative Mode: trunk
Operational Mode: trunk
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Operational Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: Off
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-999
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Vlans allowed on trunk:1-999
Vlans allowed and active in management domain:1,3,11-12,17,60
Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned:
1,3,11-12,17,60
Allowed-vlan : 1-999
 
Sup-7606#sho mwam mod 7 port 3 traffic
Specified interface is up line protocol is up
Hardware is C6k 1000Mb 802.3, address is 0010.7b00.0cb2 (bia 0010.7b00.0cb2)
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
Full-duplex, 1000Mb/s
Last input 00:00:11, output never, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/2000/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 22
Queueing strategy: fifo
Output queue :0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 1000 bits/sec, 2 packets/sec
35270 packets input, 5189978 bytes, 0 no buffer
Received 4444 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
0 input packets with dribble condition detected
46510270 packets output, 2501832096 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 10 interface resets
0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
0 lost carrier, 0 no carrier
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

mwam bootflash access


スーパバイザ モードで動作する場合は、MWAMブートフラッシュ アクセスがイネーブルでなければなりません。


スーパバイザのブートフラッシュとMWAM上の個々のプロセッサ間でファイル転送を要求できるようにするには、コンフィギュレーション モードでmwam bootflash accessコマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドのno形式を使用します。

mwam bootflash access

no mwam bootflash access

 
構文の説明

mwam bootflash access

MWAMファイル転送要求のためにブートフラッシュ アクセスを設定します。

 
デフォルト

MWAMブートフラッシュ アクセス はデフォルトでイネーブルです。アクセスを禁止するには、 no mwam bootflash access を実行します。

 
コマンド モード

コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(14)ZA4

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

スーパバイザ ブートフラッシュへのMWAMアクセスを禁止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

mwam bootflash accessコマンドの例を示します。

Sup-7606(config)# mwam bootflash access
 

logging listen mwam

シャーシ内のMWAMからスーパバイザへのMWAMログ入力を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで logging listen mwamコマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドのno形式を使用します。

logging listen mwam udp_port

no logging listen mwam udp_port

 
構文の説明

udp_port

シャーシに搭載されたMWAM(複数可)からのログを待ち受ける、スーパバイザ モジュール上のUDPポートを指定します。リモート コンソールおよびロギング機能を使用できるようにするには、このコマンドが必要です。

スーパバイザとMWAMの両方でUDPポートを定義する必要があります。また、定義したポートが一致していなければなりません。

ポート範囲は4000~10000です。ポートは(MWAMプロセッサが識別できるように)100で割り切れる必要があります。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(14)ZA4

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MWAMログを待ち受けるスーパバイザのUDPポートを指定する場合に使用します。MWAMコンソールから logging main-cpu コマンドを使用して、スーパバイザに対するスレーブ側のログ生成をイネーブルにします。スーパバイザとMWAMの両方で、同じUDPポートを定義する必要があります。

MWAMプロセッサ用のUDPポートを選択するときには、スーパバイザで使用する基本UDPポートを定義します。選択したポートに基づいて、さらに2つの送信元ポートが自動的に定義されます。

たとえば、スーパバイザ上で次のように設定します。

logging listen mwam 10000
 

MWAM上では次のようにプロセッサ2を設定します。

logging main-cpu 10000 emergencies 99.99.99.99
 

スーパバイザはポート10000で待ち受け、このポートをスーパバイザの基本UDPポートとして使用します。ポート10002および10012がトラフィック ストリーム用に自動的に定義されます。MWAMプロセッサ3で定義されるポートは1003および10013になります。追加ポートの番号づけのパターンは、次のとおりです。

 

MWAMプロセッサ
2
3
4
5
6
基本UDPポート1

<40-100>00

<40-100>00

<40-100>00

<40-100>00

<40-100>00

追加のUDPポート

<40-100>02

<40-100>03

<40-100>04

<40-100>05

<40-100>06

追加のUDPポート

<40-100>12

<40-100>13

<40-100>14

<40-100>15

<40-100>16

1.4000~10000の範囲内にあり、100の倍数でなければなりません。

スーパバイザまたはMWAMプロセッサ上で他のUDPポートを設定する場合、ポートの番号づけパターンが重要になります。

logging listen mwamコマンドの例を示します。

router(config)# logging listen mwam 4100
 

execute-on

スーパバイザのコンソールからMWAMプロセッサへのリモート コマンド要求を開始するには、イネーブルEXECモードでexecute-onコマンドを使用します。

execute-on { slot_number | all } { processor_number | all } command [ subcommand ]

 
構文の説明

slot_number

モジュールが搭載されているスロットを指定します。

all

シャーシ内のすべてのMWAMを指定します。2

processor_number

MWAM内のプロセッサ番号を指定します。

all

MWAMのすべてのプロセッサを指定します。 1

command

MWAMプロセッサで実行するコマンドを指定します。サポートされるコマンドは、次のとおりです。

debug

dir

show

systat

undebug

ping ip_addr

log { show | systat | dir }

PCのコマンドもサポートされます(「 PCコマンド 」を参照)。

subcommand

(任意)コマンドとともに指定し、リモート プロセッサに実行させる追加パラメータです。


) コマンドのパラメータ部分に関しては、ヘルプ機能を利用できません。


2.allオプションを使用すると、アクティブなすべてのプロセッサ上でコマンドが実行されますが、アクティブではないプロセッサでは実行されません。show loggingコマンドを使用すると、プロセッサの状態を表示できます。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

イネーブルEXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(14)ZA4

このコマンドが新規導入されました。

12.3(5a)B

PCコマンドのリモート コンソール サポートが追加されました。

 
使用上の注意事項

execute-on コマンドを使用するには、リモート コンソールおよびロギング機能を設定する必要があります。「 リモート コンソールおよびロギングの設定 」を参照してください。

all オプションを使用すると、すべてのアクティブ プロセッサ上で指定したコマンドが実行されます。アクティブではないプロセッサは無視されます。プロセッサがアクティブかどうかを調べるには、 show logging コマンドを使用します。

実行中のリモート コマンドを打ち切るには、スーパバイザ コンソールで定義されたエスケープ シーケンスをアクティブにします。たとえば、リモートMWAMプロセッサ上で log show コマンドを開始したところ、コマンドの実行が予想以上に長引いた場合、スーパバイザのコンソールから Ctrl-^ を入力すると、コマンドの実行を中止できます。コンソール/VTY接続に対応するエスケープ シーケンスを調べるには、 show line line_number コマンドを使用します。

スロット5に搭載されたMWAMのプロセッサ2で log show running-config コマンドを実行する例を示します。

Sup-7600# execute-on 5 2 log show running-config
 

mwam module cpu logging

スーパバイザ モジュールに送信するMWAM ログ情報の重大度を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで wam module cpu loggingコマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドのno形式を使用します。

mwam module { slot_number | all } cpu { processor_number | all } logging log_level

no mwam module { slot_number | all } cpu { processor_number | all } logging log_level

 
構文の説明

slot_number | all

モジュールが搭載されているスロットを指定するか、またはシャーシ内の全MWAMを指定します。

cpu_number | all

MWAM上のプロセッサを指定するか、またはMWAM上の全プロセッサを指定します。

log_level

スーパバイザに送信するメッセージのロギングを指定したレベルに限定します(たとえば、 log_level critical にした場合、緊急、アラート、およびクリティカル イベントが送信されます)。レベル番号または名前を入力できます。

emergencies (重大度0) ― システムは使用不能

alerts (重大度1) ― 即時対処が必要

critical (重大度2) ― クリティカル状態

errors (重大度3) ― エラー状態

warnings (重大度4) ― 警告状態

notifications (重大度5) ― 正常だが注意を要する状態

informational (重大度6) ― 通知メッセージ

debugging (重大度7) ― デバッグ メッセージ

 
デフォルト

デフォルトの設定では、すべてのMWAMプロセッサでemergencies(緊急)のロギングがイネーブルです。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(14)ZA4

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

ロギング方式によっては、ログ トラフィックの受信側の宛先IPアドレスなど、追加設定が必要になることがあります。宛先IPアドレスを設定するには、 logging main-cpu コマンドを使用します。

シャーシ内の全MWAMプロセッサに対して、ロギング レベルをエラーに設定する例を示します。

Sup-7600(config)# mwam module all cpu all logging error
 

スーパバイザのコンソールで、スロット5に搭載されたMWAMのプロセッサ2から受信したデバッグ ログ メッセージを表示できるようにする例を示します。

Sup-7600(config)#mwam module 5 cpu 2 logging debug

show logging

MWAM上でイネーブルになっているスレーブ側のログ オプションを表示するには、イネーブルEXECモードで show loggingコマンドを使用します。

show logging { slot slot_number | summary }

 
構文の説明

slot_number

モジュールが搭載されているスロットを指定します。

summary

シャーシ内の全MWAMについて、ログ情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

イネーブルEXECコンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(14)ZA4

このコマンドが新規導入されました。

12.2(14)ZA5

このコマンドの出力が変更され、情報の表示方式が改良されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、イネーブルになっているスレーブ側のログ オプションを表示する場合に使用します。

show logging コマンドの例を示します。

router# show logging slot 5
CPU: 05/2 State: ACTIVE Command Active: No
ttynum: -1 Logging Level: debugging
timeouts: 1 logevents: 0
sequence errors: 0 reset count: 16001 KPA_missed: 4294967201
send seq: 5 tty recv seq: 0 log recv seq: 0
Current queue count: 0 IP addr: 172.18.48.94
.
.
.

) 出力には、スロット5に搭載されたMWAM上の各プロセッサ(CPU)が示されます。


このコマンド出力の各フィールドについて説明します。

 

Active

プロセッサが動作可能で、リモート コンソールおよびロギング機能がアクティブです。

Online

プロセッサは動作可能ですが、リモート コンソールおよびロギング機能がアクティブではありません。


) この状態は通常、MWAM上で稼働しているアプリケーションがプロセッサをイネーブルにしていない場合に発生します。


Inactive

プロセッサが休止またはリセット中であり、リモート コンソールおよびロギング機能がアクティブではありません。

Proving

ACTIVEステートに移行する前に、リモート コンソール接続でスーパバイザとMWAMプロセッサ間のIPパスをテストしています。設定上の問題またはVLANの不一致が検出された場合、設定の問題が解消されるまで、接続がProvingステートのままになる可能性があります。

ttynum

プロセッサ上にアクティブ コマンドがあるユーザの回線番号です。-1の値はユーザがいないことを意味します。

Logging Level

スーパバイザが表示するMWAMからのログ メッセージの最も高い重大度です。

timeouts

リモート コマンドの実行がタイムアウトした回数です。

logevents

ログ イベント数です。

sequence errors

オーバーランまたはタイムアウトが原因で発生したプロトコル シーケンス エラーの数です。

reset count

接続タイムアウトまたはMWAMプロセッサのリロードが原因で、接続がリセットされた回数です。

KPA_missed

キープアライブ エラーの回数です。

send seq

送信されたリモート コマンドのシーケンス番号です。

tty recv seq

MWAMプロセッサから受信したリモート コマンド応答メッセージのシーケンス番号です。

log recv seq

MWAMプロセッサから受信したリモート ロギング メッセージのシーケンス番号です。

Current queue count

スーパバイザが受信し、キューで処理(ログ/表示)待ちしているメッセージ数です。

IP addr

MWAMプロセッサのIPアドレスです。


) これは通常、内部アドレスですが、例で示したプロセッサ6(06/6)の場合のように、定義されたアドレスになることもあります。必要に応じて異なるIPアドレスを定義するには、MWAMプロセッサ上でlogging main-cpuコマンドを使用します。


clear logging slot

MWAM上でイネーブルになっているスレーブ側のログ オプションを削除するには、イネーブルEXECモードで clear logging slotコマンドを使用します。

clear logging slot slot_number counts

 
構文の説明

slot_number

モジュールが搭載されているスロットを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

イネーブルEXECコンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(14)ZA4

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、イネーブルになっているスレーブ側のログ オプションを削除する場合に使用します。

clear logging slotコマンドの例を示します。

router# clear logging slot 6 counts
 

show processor

MWAMプロセッサのステータス情報を表示するには、PCコンプレックス(MWAM上のプロセッサ1)でshow processorコマンドを使用します。

show processor { processor_number | all }

 
構文の説明

show processor

MWAMプロセッサのステータス情報を表示します。

processor_number

MWAMプロセッサ番号(2~6)を指定します。

all

MWAMのすべてのプロセッサを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

PCコマンド

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(3)B1

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、1つまたは複数のMWAMプロセッサのステータスを表示する場合に使用します。


先にプロセッサ1とのセッションを確立する必要があります(session slotコマンド)


スロット9のプロセッサ2に対するshow processorコマンドの例を示します。

root@mwam-9#show processor 2
 
Processor 2, Complex 1, Core 0
Complex Status is Online
Information
Health Monitoring
0 User Resets, 0 IOS Reloads
0 Timeouts
0 Consecutive heartbearts missed
244528/244528 Heartbeats acked since last reset
0% CPU Utilization
Messages
4115/4115 VRTC Update(s) acked by PC
244528/244528 Heartbeats(s) acked from IOS
1/1 ROMMON Config Msg(s) acked from ROMMON
0/0 Supervisor Switchover Msg(s) acked from IOS
0/0 Prepare Reload Msg(s) acked from IOS
root@mwam-9#
 

show log upgrade

アップグレード ログを表示するには、PCコンプレックス(MWAM上のプロセッサ1)でshow log upgradeコマンドを使用します。

show log upgrade

 
構文の説明

show log upgrade

アップグレード ログを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

PCコマンド

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(3)B1

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、アップグレード ログの内容を表示する場合に使用します。


先にプロセッサ1とのセッションを確立する必要があります(session slotコマンド)


show log upgradeコマンドの例を示します。

root@mwam-9#show log upgrade
Log 'upgrade' is not available.
 
 

reload

MWAM上のプロセッサをリロードするには、PCコンプレックス(MWAM上のプロセッサ1)でreloadコマンドを使用します。

reload { processor processor_number | complex complex_number | all }

 
構文の説明

reload

MWAM上の指定されたプロセッサ(複数可)またはプロセッサ コンプレックスをリロードします。

processor processor_number

MWAM上のプロセッサ(2~6)を指定します。


) 指定しているプロセッサは1つだけですが、コンプレックス上のプロセッサが両方ともリロードされます。


complex complex_number

MWAM上のコンプレックス(0、1、2、またはall)を指定します。

all

MWAMのすべてのプロセッサを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

PCコマンド

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(3)B1

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MWAMプロセッサまたはコンプレックスをリロードする場合に使用します。プロセッサを1つリロードすると、コンプレックスのもう一方のプロセッサもリロードされます。プロセッサとコンプレックスの対応については、 表 1-1 を参照してください。


先にプロセッサ1とのセッションを確立する必要があります(session slotコマンド)


reloadコマンドの例を示します。

スロット9に搭載されたMWAMのコンプレックス2上で、プロセッサ4および5をリロードする例を示します。

root@mwam-9#reload complex 2
 

次の例も、スロット9に搭載されたMWAMのコンプレックス2上で、プロセッサ4および5がリロードされます。

root@mwam-9#reload processor 4
 

スロット9に搭載されたMWAMのプロセッサ2~6をリロードする例を示します。

root@mwam-9#reload all
 

recover-ios

有効なコンフィギュレーションを使用して起動するように、コンフィギュレーション レジスタを設定するには、PCコンプレックス(MWAM上のプロセッサ1)でrecover-iosコマンドを使用します。

recover-ios complex_number

 
構文の説明

recover-ios

正しいコンフィギュレーションを使用して起動するように、コンフィギュレーション レジスタを設定します。

complex_number

MWAM上のコンプレックス(0、1、2、またはall)を指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

PCコマンド

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.2(9)ZA

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、「 MWAMプロセッサのロックアウトの解消 」で説明した、MWAMプロセッサのロックアウト状態を解消する場合に使用します。


先にプロセッサ1とのセッションを確立する必要があります(session slotコマンド)


スロット9に搭載されたMWAMのプロセッサ コンプレックス2に対するrecover-iosコマンドの使用例を示します。

root@mwam-9#recover-ios 2
processing -p
processing -c
Setting DHCP options for processor complex 2
Setting config-reg value to: 0x40
Base external MAC: "0003.FEAB.9FB6"
Internet Software Consortium DHCP Server V3.0.1rc6
Copyright 1995-2001 Internet Software Consortium.
All rights reserved.
For info, please visit http://www.isc.org/products/DHCP
Wrote 0 deleted host decls to leases file.
Wrote 0 new dynamic host decls to leases file.
Wrote 0 leases to leases file.
Listening on LPF/eth0/02:00:00:00:0f:00/128.0.1.0/24
Sending on LPF/eth0/02:00:00:00:0f:00/128.0.1.0/24
Listening on LPF/eth1/02:00:00:00:0f:10/128.0.2.0/24
Sending on LPF/eth1/02:00:00:00:0f:10/128.0.2.0/24
Sending on Socket/fallback/fallback-net

normal-ios

標準のコンフィギュレーションを使用して起動するように、コンフィギュレーション レジスタを設定するには、PCコンプレックス(MWAM上のプロセッサ1)でnormal-iosコマンドを使用します。

normal-ios

 
構文の説明

normal-ios

標準のコンフィギュレーションを使用して起動するように、コンフィギュレーション レジスタを設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

PCコマンド

 
コマンド履歴

リリース
変更

12(9)ZA

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、標準のスタートアップ コンフィギュレーションを使用して起動するように、コンフィギュレーション レジスタを設定する場合に使用します。 このコマンドを実行すると、 recover-ios コマンドの作用がリセットされます。recover-iosコマンドは、「 MWAMプロセッサのロックアウトの解消 」で使用します。


先にプロセッサ1とのセッションを確立する必要があります(session slotコマンド)


normal-iosコマンドの例を示します。

root@mwam-9#normal-ios
Base external MAC: "0003.FEAB.9FB6"
Internet Software Consortium DHCP Server V3.0.1rc6
Copyright 1995-2001 Internet Software Consortium.
All rights reserved.
For info, please visit http://www.isc.org/products/DHCP
Wrote 0 deleted host decls to leases file.
Wrote 0 new dynamic host decls to leases file.
Wrote 0 leases to leases file.
Listening on LPF/eth0/02:00:00:00:0f:00/128.0.1.0/24
Sending on LPF/eth0/02:00:00:00:0f:00/128.0.1.0/24
Listening on LPF/eth1/02:00:00:00:0f:10/128.0.2.0/24
Sending on LPF/eth1/02:00:00:00:0f:10/128.0.2.0/24
Sending on Socket/fallback/fallback-net
root@mwam-9#

show images

MWAM上で保管されているイメージの一覧を表示するには、PCコンプレックス(MWAM上のプロセッサ1)でshow imagesコマンドを使用します。

show images

 
構文の説明

show images

MWAM上で保管されているイメージを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

PCコマンド

 
コマンド履歴

リリース
変更

12(9)ZA

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MWAM上のイメージ名の一覧を表示する場合に使用します。


先にプロセッサ1とのセッションを確立する必要があります(session slotコマンド)


show imagesコマンドの例を示します。

root@mwam-9#show images
Device name Partition# Image name
----------- ---------- ----------
Compact flash(cf) 6 SIMPSON_RAM.bin
Version Information:
Compiled Tue 19-Aug-03 13:35 by dchih
Compact flash(cf) 6 svcmwam-js-mz.geo_t_040121
Version Information:
Compiled Wed 21-Jan-04 02:34 by $
 
AP software is c6svcmwam-js-mz.geo_t_040121.2-1-0-3b.6cpu.bin
root@mwam-9#

restore ios

以前ロードしていたIOSイメージを復元するには、PCコンプレックス(MWAM上のプロセッサ1)でrestore iosコマンドを使用します。

restore ios

 
構文の説明

restore ios

以前ロードしていたMWAM用のIOSイメージを復元します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

PCコマンド

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(5a)B

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MWAMに以前ロードしていたIOSイメージを復元する場合に使用します。 さらに、MWAMまたは個々のプロセッサをリロードしてイメージをアクティブにする必要があります。以前のイメージに戻すことができるのは、MWAMを再起動またはオフ/オンしていない場合に限られます。


先にプロセッサ1とのセッションを確立する必要があります(session slotコマンド)


restore ios コマンドの例を示します。

root@mwam-9#restore ios
Restoring image
Restoring configuration files
Operation completed successfully
root@mwam-9#
 

mwam config-mode

MWAMのコンフィギュレーション ファイルの保管方式を設定するには、MWAMのコンソールからイネーブルEXECモードでmwam config-modeコマンドを使用します。

mwam config-mode { local | supervisor }

 
構文の説明

mwam config-mode

MWAMコンフィギュレーション ファイルの保管方式を設定します。

local

MWAMプロセッサのNVRAMに、ローカルにコンフィギュレーション ファイルを保管します。

supervisor

スーパバイザのブートフラッシュにコンフィギュレーション ファイルを保管します。

 
デフォルト

デフォルトの設定は、NVRAMの内容によって決まります。NVRAMに スタートアップ コンフィギュレーション ファイルが保管されていない場合は、スーパバイザ モードがデフォルトの設定です。NVRAMに スタートアップ コンフィギュレーション ファイルが保管されている場合は、ローカル モードがデフォルトの設定です。

 
コマンド モード

イネーブルEXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(1a)BW

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MWAMのコンフィギュレーション ファイルの保管方式を設定する場合に使用します。 先に、スーパバイザのコンソールからmwam bootflash accessコマンドを使用して、スーパバイザのブートフラッシュにMWAMからアクセスできるようにする必要があります。


注意 シャーシに冗長スーパバイザ モジュールが装備されていないときにスーパバイザ モードで動作する場合は、スーパバイザ モジュールのstartup-configファイルとブートフラッシュ デバイス上のすべてのSLOT*PC*.cfgファイルについて、バックアップを作成します。この手順を省略すると、すべてのMWAMコンフィギュレーションがスーパバイザのコンフィギュレーションとともに失われることがあります。

mwam config-modeコマンドの例を示します。

mwam-6-4# mwam config-mode local
Building configuration...
[OK]
Successfully changed mode: mwam config-mode local
 
 
mwam-6-4# mwam config-mode supervisor
Writing bootflash:SLOT6PC4.cfg
Config uploaded to supervisor in slot 1
 
Successfully changed mode: mwam config-mode supervisor
 

show mwam config-mode

MWAMのコンフィギュレーション ファイルの保管方式を表示するには、イネーブルEXECモードでshow mwam config-modeコマンドを使用します。

show mwam config-mode

 
構文の説明

show mwam config-mode

MWAMコンフィギュレーション ファイルの保管方式を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

イネーブルEXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(1a)BW

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、MWAMのコンフィギュレーション ファイルについて、現在のファイル保管方式を表示する場合に使用します。

show mwam config-modeコマンドの例を示します。

mwam-6-4# show mwam config-mode
mwam config-mode local
 
 
mwam-6-6# show mwam config-mode
mwam config-mode supervisor
 

logging main-cpu

指定した最高ログ レベルまでのすべてのイベントについて、スーパバイザへのMWAMログ リダイレクトを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードでlogging main-cpuコマンドを使用します。この設定を削除するには、このコマンドのno形式を使用します。

logging main-cpu udp_port [ log_level ] [ ip_addr ]

no logging main-cpu udp_port [ log_level ] [ ip_addr ]

 
構文の説明

udp_port

スーパバイザにログを送信する、MWAM上のUDPポートを指定します。

スーパバイザとMWAMの両方でUDPポートを定義する必要があります。また、ポートが一致していなければなりません。

ポート範囲は4000~10000です。ポートは100で割り切れる必要があります。

log_level

(任意)コンソール端末に表示するメッセージのロギングを指定したレベルに限定します(たとえば、 log_level critical にした場合、緊急、アラート、およびクリティカル イベントが送信されます)。レベル番号または名前を入力できます。

emergencies (重大度0) ― システムは使用不能

alerts (重大度1) ― 即時対処が必要

critical (重大度2) ― クリティカル状態

errors (重大度3) ― エラー状態

warnings (重大度4) ― 警告状態

notifications (重大度5) ― 正常だが注意を要する状態

informational (重大度6) ― 通知メッセージ

debugging (重大度7) ― デバッグ メッセージ

ip_addr

(任意)スイッチング ファブリックを通過するトラフィック フローにEOBCではなくIPアドレスを指定します。このオプションを使用すると、専用の管理VLANでトラフィックを転送できます。

 
デフォルト

ログ レベルのデフォルト値は errors (3)です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(1a)BW

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドは、スーパバイザにMWAMログを送信する、MWAMのUDPポートを指定する場合に使用します。スーパバイザへのMWAMログ入力を可能にするには、スーパバイザのコンソールから logging listen mwam コマンドを使用します。スーパバイザとMWAMの両方で、同じUDPポートを定義する必要があります。

MWAMプロセッサ用のUDPポートを選択するときには、スーパバイザで使用する基本UDPポートを定義します。選択したポートに基づいて、さらに2つの送信元ポートが自動的に定義されます。

たとえば、スーパバイザ上で次のように設定します。

logging listen mwam 10000
 

MWAM上では次のようにプロセッサ2を設定します。

logging main-cpu 10000 emergencies 99.99.99.99
 

スーパバイザはポート10000で待ち受け、このポートをスーパバイザの基本UDPポートとして使用します。ポート10002および10012がトラフィック ストリーム用に自動的に定義されます。MWAMプロセッサ3で定義されるポートは10003および10013になります。追加ポートの番号づけのパターンは、次のとおりです。

 

MWAMプロセッサ
2
3
4
5
6
基本UDPポート3

<40-100>00

<40-100>00

<40-100>00

<40-100>00

<40-100>00

追加のUDPポート

<40-100>02

<40-100>03

<40-100>04

<40-100>05

<40-100>06

追加のUDPポート

<40-100>12

<40-100>13

<40-100>14

<40-100>15

<40-100>16

3.4000~10000の範囲内にあり、100の倍数でなければなりません。

スーパバイザまたはMWAMプロセッサ上で他のUDPポートを設定する場合、ポートの番号づけパターンが重要になります。

MWAMプロセッサに対してリモート コンソールおよびロギング機能をイネーブルに設定し、スーパバイザ上で指定されたポートに合わせてUDPポート10000を指定する例を示します。ロギングのデフォルト値はないので、このコマンドでイネーブルになるのは、機能のコンソール部分だけです。

mwam-6-4(config)#logging main-cpu 10000
 

レベル7(デバッグ)までのロギング メッセージをスーパバイザ モジュールに送信できるようにする例を示します。ロギング メッセージをスーパバイザに転送するには、ロギング レベルを指定する必要があります。

mwam-6-4(config)#logging main-cpu 10000 debug
 

Catalystのスイッチング ファブリックにロギングおよびコンソール メッセージを転送するために、IPアドレスを指定する例を示します。サービス プロバイダーがこれを使用すると、スーパバイザと各MWAMプロセッサ間に管理VLANを定義できます。

mwam-6-4(config)#logging main-cpu 10000 debug 172.18.48.84
 

show mwam

MWAM Transation Look-aside Buffers(TLB)およびキャッシュ エラーを表示するには、イネーブルEXECモードでshow mwamコマンドを使用します。

show mwam

 
構文の説明

show mwam

MWAM TLBおよびキャッシュ エラーを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作または値はありません。

 
コマンド モード

イネーブルEXEC

 
コマンド履歴

リリース
変更

12.3(5a)B

このコマンドが新規導入されました。

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用すると、TLBおよびキャッシュ エラーの情報が得られます。

show mwamコマンドの例を示します。

mwam-7-2#show mwam
Slot Number: 7, Complex Number: 1, Global Session Number: 2
2 active cpu(s) in complex
 
Gi0/0 IDB: 0x235D978C, MAC address: 0005.9a38.3820
Gi0/1 IDB: 0x235F0BF8, MAC address: 0200.0000.0110, IP address: 128.0.1.2
Gi0/2 IDB: 0x23606778, MAC address: 0200.0000.0120
 
Network IO Interrupt Throttling:
throttle count=0, timer count=0
active=0, configured=0
netint usec=4000, netint mask usec=200
 
 
512k of L2 cache shared between CPU 0 and 1
 
 
TLB entries (49/64 used):
Virt Address range Phy Address range Attributes
0x10000000:0x101FFFFF 0x020000000:0x0201FFFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x10200000:0x103FFFFF 0x020200000:0x0203FFFFF CacheMode=2, RW, Valid
0x20200000:0x203FFFFF 0x000200000:0x0003FFFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x20400000:0x205FFFFF 0x000400000:0x0005FFFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x20600000:0x207FFFFF 0x000600000:0x0007FFFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x20800000:0x20FFFFFF 0x000800000:0x000FFFFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x21000000:0x211FFFFF 0x001000000:0x0011FFFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x21200000:0x213FFFFF 0x001200000:0x0013FFFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x21400000:0x2147FFFF 0x001400000:0x00147FFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x21480000:0x214FFFFF 0x001480000:0x0014FFFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x21500000:0x2151FFFF 0x001500000:0x00151FFFF CacheMode=5, RO, Valid
0x21520000:0x21527FFF 0x001520000:0x001527FFF CacheMode=5, RO, Valid
0x21528000:0x2152FFFF 0x001528000:0x00152FFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x21530000:0x21537FFF 0x001530000:0x001537FFF CacheMode=5, RW, Valid
0x21538000:0x2153FFFF 0x001538000:0x00153FFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x21540000:0x2155FFFF 0x001540000:0x00155FFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x21560000:0x2157FFFF 0x001560000:0x00157FFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x21580000:0x215FFFFF 0x001580000:0x0015FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x21600000:0x217FFFFF 0x001600000:0x0017FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x21800000:0x21FFFFFF 0x001800000:0x001FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22000000:0x221FFFFF 0x002000000:0x0021FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22200000:0x2227FFFF 0x002200000:0x00227FFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22280000:0x2229FFFF 0x002280000:0x00229FFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x222A0000:0x222BFFFF 0x0022A0000:0x0022BFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x222C0000:0x222DFFFF 0x0022C0000:0x0022DFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x222E0000:0x222FFFFF 0x0022E0000:0x0022FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22300000:0x2237FFFF 0x002300000:0x00237FFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22380000:0x223FFFFF 0x002380000:0x0023FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22400000:0x225FFFFF 0x002400000:0x0025FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22600000:0x227FFFFF 0x002600000:0x0027FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x22800000:0x22FFFFFF 0x002800000:0x002FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x23000000:0x237FFFFF 0x003000000:0x0037FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x23800000:0x23FFFFFF 0x003800000:0x003FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x24000000:0x25FFFFFF 0x080000000:0x081FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x26000000:0x27FFFFFF 0x082000000:0x083FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x28000000:0x29FFFFFF 0x084000000:0x085FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x2A000000:0x2BFFFFFF 0x086000000:0x087FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x2C000000:0x2DFFFFFF 0x090000000:0x091FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x2E000000:0x2FFFFFFF 0x092000000:0x093FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x30000000:0x31FFFFFF 0x094000000:0x095FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x32000000:0x33FFFFFF 0x096000000:0x097FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x34000000:0x35FFFFFF 0x0C0000000:0x0C1FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x36000000:0x37FFFFFF 0x0C2000000:0x0C3FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x38000000:0x39FFFFFF 0x0C4000000:0x0C5FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x3A000000:0x3BFFFFFF 0x0C6000000:0x0C7FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x3C000000:0x3C7FFFFF 0x008000000:0x0087FFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x3C800000:0x3CFFFFFF 0x008800000:0x008FFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x1A000000:0x1BFFFFFF 0x00A000000:0x00BFFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
0x1E000000:0x1FFFFFFF 0x00E000000:0x00FFFFFFF CacheMode=5, RW, Valid
 
0 spurious cache errors detected.
0 correctable ECC errors have occured, A_BUS_L2_ERRORS: 0x0, A_BUS_MEMIO_ERRORS: 0x0