Cisco Multiprocessor WAN Application Module ユーザ ガイド
MWAMの取り外し
MWAMの取り外し
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

MWAMの取り外し

MWAMの取り外し

ここでは、Catalyst 6500/Cisco 7600シャーシからMWAMを取り外す手順について説明します。


注意 MWAMが完全にシャットダウンし、STATUS LEDがオレンジになるか消灯するまで、シャーシからこのモジュールを取り外さないでください。完全にシャットダウンしないうちにシャーシからモジュールを取り外すと、モジュールが故障する場合があります。


警告 作業中は、カードの静電破壊を防ぐため、必ず静電気防止用リスト ストラップを着用してください。感電する危険があるので、手や金属工具がバックプレーンに直接触れないようにしてください。



警告 システムの設置、操作、または保守を行う前に、『Site Preparation and Safety Guide』を参照してください。このマニュアルには、システムを扱う前に理解しておく必要がある安全に関する重要な情報が記載されています。



警告 接続されていない光ファイバ ケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を凝視したり、光機器を使用して直視したりしないでください。


MWAMを取り外す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 次のコマンドを使用して、モジュールをシャットダウンします。

a. show module コマンドを入力し、MWAMのステータスが OK であることを確認します。

b. イネーブル モードで hw-module module mod shutdown コマンドを使用して、モジュールをシャットダウンします(このコマンドを入力してモジュールをシャットダウンした場合は、あとでhw- module module mod reset コマンドを入力することによってモジュールを再起動できます)。

c. show module コマンドを入力し、MWAMのステータスが ShutDown であり、LEDがオレンジになっていることを確認します。

d. モジュールがどのコマンドにも応答しない場合は、小さくて先のとがったものを使用して、モジュールの前面パネル上にあるSHUTDOWNボタンを押します。


) シャットダウンの完了には、数分かかることがあります。


ステップ 2 MWAMがシャットダウン状態になっていることを確認します。STATUS LEDが消灯するかオレンジになるまで、スイッチからこのモジュールを取り外さないでください。

ステップ 3 シャーシに搭載されているすべてのモジュールの非脱落型ネジが締められていることを確認します。

この確認が必要なのは、モジュールが取り外された空きスロットのスペースが狭くならないようにするためです。


) 非脱落型ネジが緩んでいると、搭載されているモジュールのEMI(電磁波干渉)ガスケットによって、モジュールが空スロットの方に押され、空スロットのスペースが狭くなり、モジュールの再取り付けが難しくなります。


ステップ 4 モジュールの2つの非脱落型ネジを緩めます。

ステップ 5 シャーシ スロットの向き(水平型または垂直型)に応じて、次のいずれかの手順を行います。

水平型スロット

a. 左右のイジェクト レバーに親指をかけて同時に外側に開き、バックプレーン コネクタからモジュールを外します。

b. モジュールの前面の端を持ち、モジュールをスロットから少し引き出します。もう一方の手をモジュールの下に添えて、モジュールの重さを支えます。モジュールの回路には触れないように注意してください。

垂直型スロット

a. モジュールの上下のイジェクト レバーに親指をかけて同時に外側に開き、バックプレーン コネクタからモジュールを外します。

b. モジュールの端を持ち、モジュールをスロットからまっすぐ引き出します。モジュールの回路には触れないように注意してください。

ステップ 6 静電気防止用マットまたは静電気防止材の上に取り外したモジュールを置くか、すぐに別のスロットに取り付けます。

ステップ 7 スロットを空のままにしておく場合は、シャーシに埃が入らないように、また、シャーシ全体の空気の流れを適切に保つために、モジュール フィラー プレートを取り付けます。


 


警告 ブランク前面プレート(フィラー パネル)には、3つの重要な役割があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置へのEMIの影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカードおよび前面プレートを正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。