Cisco インターフェイス カード ハードウェア インストレーション ガイド
シリアル インターフェイス カードの ネットワーク接続
シリアル インターフェイス カードのネットワーク接続
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

シリアル インターフェイス カードのネットワーク接続

シリアルWIC

1ポートおよび2ポート シリアルWIC

2ポート非同期/同期シリアルWIC

1ポートおよび2ポート シリアルWICのネットワーク接続

1ポートおよび2ポート シリアルWICのケーブル タイプ

シリアルWICのネットワーク接続

シリアルHWIC

4ポート マルチプロトコル高速HWIC

4ポート マルチプロトコル低速非同期/同期HWIC

8ポートRS-232非同期/同期HWIC

8ポート非同期HWIC

16ポート非同期HWIC

LEDステータス

シリアルHWICのケーブル タイプ

4ポート シリアルHWICのケーブル

8ポートおよび16ポート シリアルHWICのケーブル

シリアルHWICのネットワーク接続

シリアル インターフェイス カードのネットワーク接続

この章では、Ciscoシリアル インターフェイス カードをネットワークに接続する手順について説明します。

「シリアルWIC」

「シリアルHWIC」

シリアルWIC

ここでは、1ポートおよび2ポートのシリアルCisco WAN Interface Card(WIC;WANインターフェイス カード)をネットワークに接続する方法について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「1ポートおよび2ポート シリアルWIC」

「2ポート非同期/同期シリアルWIC」

「1ポートおよび2ポート シリアルWICのネットワーク接続」

1ポートおよび2ポート シリアルWIC

1ポート シリアルWIC(WIC-1T)(図3-1)および2ポート シリアルWIC(WIC-2T)(図3-2)は、シスコ製モジュラ ルータに対してEIA/TIA-232、EIA/TIA-449、V.35、X.21、Data Terminal Equipment/Data Communications Equipment(DTE/DCE;データ端末装置/データ通信装置)、EIA-530 DTE、またはnonreturn to zero/nonreturn to zero inverted(NRZ/NRZI)シリアル インターフェイスを提供します。


) Cisco 3600シリーズおよびCisco 2600シリーズ ルータでは、2ポート シリアルWICは非同期(最大115.2 kbps)および同期(最大2.048 Mbps)の両方のデータ レートをサポートします。1ポート シリアルWICがサポートするのは、最大2.048 Mbpsの同期データ レートのみです。



) Cisco 1720シリーズ ルータでは、1ポートおよび2ポート シリアルWICによって、非同期(最大115.2 kbps)および同期(最大2.048 Mbps)の両方のデータ レートがサポートされます。



) Cisco 1600シリーズ ルータでは、1ポート シリアルWICは最大115.2 kbpsの非同期データ レートをサポートし、最大2.048 Mbpsの同期データ レートをサポートします。2ポート シリアルWICは、このルータではサポートされません。


各シリアルWICには、ポートごとにCONNというラベルのLEDが1つずつあり、シリアル ポートが接続されているときに点灯します。ポートがDTEモードの場合、CONN LEDはData Send Ready(DSR;データ送信可)、Data Carrier Detect(DCD;データ キャリア検知)、およびClear to Send(CTS;送信可)が検出されたことを示します。ポートがDCEモードの場合は、Data Terminal Ready(DTR;データ端末動作可能)およびReady To Send(RTS)が検出されたことを示します。

図3-1 1ポート シリアルWICの前面パネル(WIC-1T)

 

図3-2 2ポート シリアルWICの前面パネル(WIC-2T)

 

2ポート非同期/同期シリアルWIC

2ポートA/S(非同期/同期)WIC(WIC-2A/S)(図3-3)は、シスコ製モジュラ ルータに対してEIA/TIA-232、EIA/TIA-449、V.35、X.21、DTE/DCE、EIA 530、またはEIA 530Aシリアル インターフェイスを提供します。


注意 電磁適合性および安全性のためのTelcordia GR-1089 NEBS規格に準拠するため、2ポートA/S WIC(WIC-2A/S)は、建物内または屋内の配線またはケーブルにのみ接続するようにしてください。


) Cisco 3700シリーズ、Cisco 3600シリーズ、Cisco 2600シリーズ、Cisco 1720、およびCisco MWR 1941-DCルータでは、2ポートA/S WICは非同期(最大115.2 kbps)および同期(最大128 kbps)の両方のデータ レートをサポートします。



) 2ポートA/S WICは、Cisco 1600シリーズ ルータではサポートされません。


図3-3 2ポートA/SシリアルWICの前面パネル(WIC-2A/S)

 

1ポートおよび2ポート シリアルWICのネットワーク接続

1ポート シリアルWICでDB-60シリアル ポートが使われるのに対して、2ポート シリアルWICおよび2ポートA/S WICではCiscoスマート シリアル ポートが用いられます。お手持ちのシリアルWICに適したケーブルを使用してください。

スマート シリアル ポートに接続されたシリアル ケーブルは、ポートの電気的なインターフェイス タイプおよびモード(DTEまたはDCE)を判別します。


ヒント サージ保護機能を備えたケーブル(CAB-SS-SURGE)もシスコシステムズから入手できます。サージ保護ケーブルの接続手順については、「シリアルWICのネットワーク接続」を参照してください。


1ポートおよび2ポート シリアルWICのケーブル タイプ

シスコ システムズでは、1ポートおよび2ポート シリアルWIC用に、6種類のシリアル ケーブル(別名、 シリアル アダプタ ケーブル または シリアル変換ケーブル )を提供しています。

EIA/TIA-232シリアル ケーブル アセンブリ

EIA/TIA-449シリアル ケーブル アセンブリ

V.35シリアル ケーブル アセンブリ

X.21シリアル ケーブル アセンブリ

EIA/TIA-530シリアル ケーブル アセンブリ

EIA/TIA-530Aシリアル ケーブル アセンブリ

上記のシリアル ケーブルはすべて、インターフェイス カード側にユニバーサル プラグを装備しています。各ケーブルのネットワーク側は、そのインターフェイスで最も一般的な物理コネクタを装備しています。たとえば、EIA/TIA-232シリアル ケーブルのネットワーク側は、EIA/TIA-232コネクタでは最も普及しているDB-25コネクタです。

EIA-530以外のシリアル インターフェイス タイプはすべて、DTEまたはDCEのどちらのモードでも使用できます。DTEはネットワーク側がプラグ コネクタ、DCEはネットワーク側がレセプタクルです。V.35は、ネットワーク側でオス/メスを使い分け、どちらのモードでも使用できます。EIA-530はDTE専用です。

シリアルWICのネットワーク接続

シリアルWICを取り付けたあとで、適切なシリアル ケーブルを使用して、WICのシリアル ポートを次の装置タイプのどちらか一方に接続します(図3-5を参照)。

非同期モデム(アナログ電話回線に接続する場合)

同期モデム、DSUまたはCSU、またはその他のDCE(デジタルWAN回線に接続する場合)


) 接続の制限事項については、「1ポートおよび2ポート シリアルWIC」および「2ポート非同期/同期シリアルWIC」を参照してください。


WANにシリアル カードを接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ルータの電源がオフになっていることを確認します。

Cisco MWR 1941-DCルータでは、回路ブレーカーのDC電源をオフにし、回路ブレーカーをオフの位置にテープで固定して、ルータの電源を切断します。


注意 電磁適合性および安全性のためのTelcordia GR-1089 NEBS規格に準拠するため、2ポートA/S WIC(WIC-2A/S)は、建物内または屋内の配線またはケーブルにのみ接続するようにしてください。

ステップ 2 (任意)カードの前面プレート上のコネクタに、サージ保護ケーブルを接続します(図3-4を参照)。

ステップ 3 (任意)サージ保護ケーブルのもう一方側に、該当するシリアル ケーブルの片側を接続します(図3-4を参照)。

図3-4 Ciscoサージ保護ケーブル(CAB-SS-SURGE)のシリアルWICへの接続

 

ステップ 4 カードの前面プレートのコネクタに、該当するシリアル ケーブルの一方を接続します。

ステップ 5 ケーブルのもう一方の側を適切なタイプの装置に接続します(図3-5を参照)。

図3-5 モデムまたはDSU/CSUへのシリアルWANポートの接続

 

ステップ 6 電源スイッチをON( | )の位置にして、ルータの電源をオンにします。

Cisco MWR 1941-DCルータでは、回路ブレーカーのDC電源をオンすることにより、ルータの電源をオンにします。

ステップ 7 CONN LEDが点灯し、カードのシリアル ポートでWANのシリアル接続が検出されたことを確認します。


 

シリアルHWIC

CiscoシリアルHigh-speed WIC(HWIC)は5個あります。この項ではHWICについて説明し、ネットワークへの接続方法についても説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「4ポート マルチプロトコル高速HWIC」

「4ポート マルチプロトコル低速非同期/同期HWIC」

「8ポートRS-232非同期/同期HWIC」

「8ポート非同期HWIC」

「16ポート非同期HWIC」

「LEDステータス」

「シリアルHWICのケーブル タイプ」

「シリアルHWICのネットワーク接続」

4ポート マルチプロトコル高速HWIC

図3-6で、4ポート マルチプロトコル高速HWIC(HWIC-4T)の外形を示します。サポートされるプロトコルは、Async(SLIP)、Async(PPP)、HDLC、Bisync、およびトランスペアレントなプロトコルです。

サポートされるインターフェイスは次のとおりです。

DTE形式とDCE形式の両方: V35、X21、RS-232、およびRS-449

DTE形式のみ: EIA-530およびEIA-530A

サポートされる最大データ レートは、ポートあたり8 Mbpsです。

図3-6 4ポート マルチプロトコルHWICの前面パネル(HWIC-4T)

 

4ポート マルチプロトコル低速非同期/同期HWIC

図3-7で、4ポート マルチプロトコル低速非同期/同期HWIC(HWIC-4A/S)の外形を示します。サポートされるプロトコルは、Async(SLIP)、Async(PPP)、HDLC、Bisync、およびトランスペアレントなプロトコルです。

サポートされるインターフェイスは次のとおりです。

DTE形式とDCE形式の両方: V35、X21、RS-232、およびRS-449

DTE形式のみ: EIA-530およびEIA-530A

サポートされる最大データ レートは、ポートあたり256 kbpsです(同期)。

図3-7 4ポート マルチプロトコルA/S HWICの前面パネル(HWIC-4A/S)

 

8ポートRS-232非同期/同期HWIC

図3-8で示す8ポートRS-232非同期/同期HWIC(HWIC-8A-RS232)では、DCE形式およびDTE形式の両方で使用できる、8個の非同期/同期RS-232インターフェイスが提供されます。非同期モードでは230.4 kbpsまでのデータ レートがサポートされ、同期モードでは256 kbpsまでがサポートされます。

図3-8 8ポートRS-232非同期/同期HWICの前面パネル(HWIC-8A/S-RS232)

 

8ポート非同期HWIC

図3-9で示す8ポート非同期HWIC(HWIC-8A)では、DTE形式の8個の非同期RS-232インターフェイスが提供されます。サポートされる最大データ レートは230.4 kbpsです。

図3-9 8ポート非同期HWICの前面パネル(HWIC-8A)

 

16ポート非同期HWIC

図3-10で示す16ポート非同期HWIC(HWIC-16A)では、DTE形式の16個の非同期RS-232インターフェイスが提供されます。サポートされる最大データ レートは230.4 kbpsです。

図3-10 16ポート非同期HWICの前面パネル(HWIC-16A)

 

LEDステータス

HWICの前面パネルではポート密度が高いため、ポートごとのステータスを表すLEDの数には制限があります。送信または受信アクティビティ、またはクロック ステータスを示すために、LEDを個別に装備するスペースはありません。

HWIC-4TおよびHWIC-4A/Sには2色LEDが1つあり、4つのポートのステータスが表示されます。HWIC-8AにはLEDが1つあり、8つのポートのステータスが表示されます。HWIC-8A/S-RS232には2つのLEDがあり、それぞれが4つのポート ステータスを表示します。HWIC-16Aには2つのLEDがあり、それぞれが8つのポート ステータスを表示します。

HWICのLEDステータスの定義については、 表3-1 を参照してください。

 

表3-1 HWICのLEDステータス

LEDステータス
定義

グリーンの点灯

モニタ対象ポートがアクティブです(正常に初期化されました)。

イエローの点灯

最低1つのモニタ対象ポートがループバック モードになっています。

消灯

モニタ対象ポートがアクティブでないか、初期化に失敗しました。

シリアルHWICのケーブル タイプ

4ポートのシリアルHWICには26ピンの12-in-1 Ciscoスマート シリアル ポートがあり、8ポートおよび16ポートのシリアルHWICには68ピンのシリアル ポートがあります。お手持ちのシリアルHWICに適したケーブルを使用してください。

4ポート シリアルHWICのケーブル

4ポートのシリアルHWICにはCiscoスマート シリアル ケーブルを使用します。次の6種類のスマート シリアル ケーブルを使用できます。

EIA/TIA-232シリアル ケーブル アセンブリ

EIA/TIA-449シリアル ケーブル アセンブリ

V.35シリアル ケーブル アセンブリ

X.21シリアル ケーブル アセンブリ

EIA-530シリアル ケーブル アセンブリ

EIA-530Aシリアル ケーブル アセンブリ

上記のシリアル ケーブルではすべて、インターフェイス カード側に26ピンのプラグを装備しています。各ケーブルのネットワーク側は、そのインターフェイスで最も一般的な物理コネクタを装備しています。たとえば、EIA/TIA-232シリアル ケーブルのネットワーク側は、EIA/TIA-232コネクタでは最も普及しているDB-25コネクタです。

ケーブルのネットワーク側コネクタおよびピン割り当てについては、『 Cisco Modular Access Router Cable Specifications 』を参照してください。

EIA-530およびEIA-530Aのシリアル ケーブルは、DTE形式でのみ使用できます。その他すべてのケーブルは、DTE形式またはDCE形式のいずれかで使用できます。

8ポートおよび16ポート シリアルHWICのケーブル

シスコ システムズでは、8ポートおよび16ポート シリアルHWIC用に次のケーブルを用意しています。

8ポートRS-232非同期/同期HWIC用ケーブル

8ポートRS-232非同期/同期HWICには、インターフェイス カード側の68ピン コネクタおよびシステム側の4つのDB-25コネクタから構成される、クワッド ケーブルを使用します(図3-11を参照)。このケーブルはDCE形式またはDTE形式のいずれかで使用できます。

図3-11 クワッド シリアル ケーブル

 

8ポートおよび16ポート非同期HWIC用ケーブル

8ポートおよび16ポート非同期HWICには、インターフェイス カード側の68ピン コネクタおよびシステム側の8つのRJ-45コネクタから構成される、オクタル ケーブルを使用します(図3-12を参照)。このケーブルはDTE形式でのみ使用できます。

図3-12 オクタル シリアル ケーブル

 

シリアルHWICのネットワーク接続

シリアルHWICを取り付けたあとで、適切なシリアル ケーブルを使用して、HWICポートを次のタイプの機器に接続します

非同期モデム(アナログ電話回線に接続する場合)

同期モデム、DSU/CSU(データ サービス ユニット/チャネル サービス ユニット)、またはその他のDCE(デジタルWAN回線に接続する場合)

シリアルHWICをネットワークに接続する手順は次のとおりです。


ステップ 1 ルータの電源がオフになっていることを確認します。

ステップ 2 カードの前面プレートのコネクタに、適正なシリアル ケーブルの一方の端を接続します。

ステップ 3 適切なタイプの機器にケーブルのもう一方の端(または複数の終端)を接続します。

ステップ 4 ルータの電源をオンにします。

ステップ 5 CONN LEDが点灯し、カードのシリアル ポートでWANのシリアル接続が検出されたことを確認します。