Cisco WAFS 3.0 システム メッセージ リファレンス
Cisco WAFS 3.0 のシステム メッセー ジについて
Cisco WAFS 3.0 のシステム メッセージについて
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Cisco WAFS 3.0 のシステム メッセージについて

システム ログ メッセージのフォーマット

システム メッセージと履歴の取得

システム メッセージ ログの保存

Syslog サーバへのシステム メッセージの記録

Cisco WAFS 3.0 のシステム メッセージについて

この章では、syslog プロトコル(RFC3164)で定義されているシステム メッセージについて説明します。 syslog メッセージのフォーマットと取得方法について説明しています。

この章には、次の項があります。

「システム ログ メッセージのフォーマット」

「システム メッセージと履歴の取得」

システム ログ メッセージのフォーマット

システムログ メッセージは、パーセント記号(%)で始まり、次のフォーマットで表示されます( 表1-1 を参照してください)。

month dd hh:mm:ss switchname facility-severity-MNEMONIC description
or
month dd hh:mm:ss switchname facility-SLOTnumber-severity-MNEMONIC description
or
month dd hh:mm:ss switchname facility-STANDBY-severity-MNEMONIC description
 

次に例を示します。

Nov 1 14:07:58 excal-113 %MODULE-5-MOD_OK: Module 1 is online
Nov 1 14:07:58 excal-113 %PORT-3-IF_UNSUPPORTED_TRANSCEIVER: Transceiver for interface fc1/13 is not supported
.

 

表1-1 システム ログメッセージのフォーマットの説明

要素
内容

month dd

エラーまたはイベントの日付と月。

hh:mm:ss

エラーまたはイベントの時刻。

switchname

スイッチの名前。

facility

エラーまたはイベントのファシリティ(デーモン、カーネル、VSHD、または他のファシリティ)。

severity

メッセージの重大度を表す 1 桁コード(0 ~ 7)。

MNEMONIC

システム メッセージを一意に記述するテキスト ストリング。

%$VSAN #%$

VLAN IDが必要なメッセージの説明に現れるオプションのVLAN ID。

説明

レポートされたイベントに関する詳細な情報を含むテキスト ストリング。

FACILITY は、システム メッセージが参照するファシリティを示す 2 文字以上の大文字で構成されるコードです。 ファシリティとは、ハードウェア デバイス、プロトコル、機能、またはシステム ソフトウェアのモジュールです。

システム メッセージの SEVERITY コードは、0 ~ 7 で状態の重大度を表します。 値が低いほど、重大度が増します。 表1-2 に重大度を示します。

 

表1-2 システム メッセージの重大度

レベル
内容

0―emergency

システムは使用不能

1―alert

すぐに措置が必要

2―critical


 

3―error

エラー状態

4― warning

警告状態

5― notification

正常ではあるが注意を要する状況

6― informational

情報メッセージ

7―debugging

デバッグ専用メッセージ

MNEMONIC は、システム メッセージを一意に識別するコードです。

Message-Text は、状態を記述するテキスト ストリングです。 メッセージのこの部分には、端末のポート番号、ネットワーク アドレス、またはシステム メモリのアドレス スペース内の位置に対応するアドレスのようなイベントに関する詳細情報が含まれる場合があります。 変数フィールドの内容はメッセージごとに変化するので、ここでは角カッコ( [ ] )で囲んだストリングとして表現します。 たとえば、10 進数は [dec] と表現します。

表1-3 に、変数フィールドとフィールドの情報の種類を示します。

 

 

表1-3 システム メッセージの変数フィールドの表現

表現
情報の種類

[dec]

10 進数

[hex]

16 進数

[char]

単一の文字

[chars]

文字列

次のシステム メッセージ例に、変数フィールドの使用方法を示します。

%MODULE-5-MOD_MINORSWFAIL: Module [dec] reported a failure in service [chars]

この例で、

ファシリティ コード= MODULE(モジュール固有のエラーであることを示します)

重大度= 5(notification)

アラート/イベント コード= MOD_MINORSWFAIL

問題の説明=モジュール [dec] がサービス [chars] の障害をレポートしました。

[dec] は、このメッセージに関連するモジュールのスロット番号です。

[chars]は、この障害が発生したサービスの名前です。

システム メッセージと履歴の取得

システム メッセージは、デフォルトでただちにコンソールに表示され、内部ログ ファイルまたは syslog サーバにリダイレクトすることもできます。 システム メッセージの重大度は、 logging グローバル設定コマンドが割り当てるキーワードに対応しています。 キーワードは、メッセージが表示される状況と重大度を定義します。 設定されたログ レベル以上の重大度をもつメッセージに対応するシステム メッセージだけが、ログに記録されます。 たとえば、ログ レベルを 3(error)に設定すると、エラー、クリティカル、警告、および緊急レベルのシステム メッセージは記録されますが、警告、通知、情報、またはデバッグ レベルのシステム メッセージは記録されません。

システム メッセージ ログの保存

logging logfile グローバル設定コマンドを使用すると、内部ログ ファイルにシステム メッセージをコピーしたり、オプションでファイルのサイズを設定したりすることができます。 ファイルに記録されたメッセージを表示するには、 show logging EXEC コマンドを使用します。 バッファ内の最も古いメッセージから順番に表示されます。 現在のバッファの内容を消去するには、 clear debug-logfile 特権 EXEC コマンドを使用します。

Syslog サーバへのシステム メッセージの記録

logging host-name コマンドは、ログ メッセージを受信する syslog サーバ ホストを指定します。 host-name 引数は、ホストの名前またはインターネット アドレスです。 このコマンドを複数回発行すると、ログ メッセージを受信する syslog サーバのリストを作成できます。 no logging host-name コマンドは、指定されたアドレスを持つ syslog サーバを syslog サーバのリストから削除します。