Cisco WAFS 3.0 コマンド リファレンス
索引
Symbols
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Symbols

.bin ファイル

インストール  10-3

.pax ファイル

インストール  10-3

A

aaa accounting

設定、表示  16-5

認証、許可、アカウンティングの設定  3-2

ACNS キャッシュ アプリケーション

インストール  10-3

ACPI

モデルのサポート  16-84

ARP テーブル、表示  16-10

authentication コマンド  3-11

autosense

イーサネット インターフェイス上、有効化および無効化  3-17

C

CDP

インターフェイス上での有効化  5-4

カウンタとテーブル、クリア  5-6

設定  5-3

設定、表示  16-13

Cisco Discovery Protocol

CDPを参照

Cisco Technical Assistance Center (TAC)  16-72

CLI

アクセスおよび使用方法  1-1

コマンド モード、の説明  1-2

コマンド モードの要約(表)  1-5

CLI の使用方法  1-1

Content Engineのリブート  15-5

TCP-over-satellite extensions

概要  17-9

D

debug

ソフトウェア機能  6-2

無効化  18-2

有効化されたオプション、表示  16-18

DHCP サービス

有効化  10-7

disk error-handling コマンド  6-13

disk reformat コマンド  6-10

DNS lookup  6-14

E

Event MIB

永続性の設定  16-103

EXEC コマンド モード

復帰  7-5

EXEC コマンド モード、の説明  1-3

F

FTP

アクセス リスト  10-16

サービス、有効化  10-2

G

GMT

UTC および  5-10

H

HTTP

オブジェクト キャッシュ

クリア  5-6

ユーザ、管理  18-4

I

ICMP

アクセス リスト  10-16

統計情報

クリア  5-6

表示  16-59

メッセージ タイプおよびコードのキーワード  10-21

inetd  10-2, 16-27

IP アクセス リスト

WCCP  19-2

IP アドレス

Content Engine、設定  10-13

DHCP のネゴシエーション  10-13

自動検出ユーティリティの起動  10-11

セカンダリ インターフェイス  10-13

統計情報、クリア  5-6

変更  10-13

IPアドレス

単一インターフェイスでの複数のIPアドレス  10-6

IP デフォルト ゲートウェイ

削除  10-10

定義  10-10

IP デフォルト ドメイン名

削除  10-10

定義  10-10

IP統計情報

表示  16-60

IP ルーティング テーブル、表示  16-32

L

LESS アプリケーション  11-3

M

MIB の持続的データ

ディスクへの書き込み  19-17

MIB ビュー

定義  16-108

MTU

パケット サイズの設定  12-4

N

NTP

システム クロック、同期化  13-6

ステータス、表示  16-35

設定と有効化  13-6

ソフトウェアの日付時刻の設定  13-7

NVRAM

スタートアップ コンフィギュレーション、書き込みまたは消去  19-17

保存された設定、表示  16-57

P

PAP

パスワード認証  3-14

Password Authentication Protocol、PAP を参照

ping  14-2

R

RADIUS キー

Content Engine での指定  3-13

RADIUS サーバ

情報、表示  16-43

統計情報

クリア  5-6

表示  16-62

認証  15-2

認証サーバとしての  3-12

認証設定  3-12

パラメータ、設定  15-2

RADIUS 認証

概要  3-12

設定  3-12

RCP サービス

有効化  10-2

reload  15-5

S

setup

設定  16-4

show snmp events コマンド  16-111

SNMP

Event MIBの永続性、設定  16-103

MIB データの保存  16-110

Version 2 MIB ビュー、定義  16-108

エージェントとコミュニティ アクセス ストリング  16-91

サーバのユーザ、定義  16-106

システム位置の文字列、設定  16-102

システム サーバ担当者文字列、設定  16-93

システム通知インフォーム文字列、設定  16-105, 16-109

セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベル  16-98

セキュリティ モデル グループ、定義  16-97

通信ステータス、表示  16-50

統計情報、表示  16-64

トラップ トリガー  16-110

トラップの削除  16-111

トラップの有効化  16-110

トラップ、有効化  16-94

ホスト トラップ受信者、設定  16-100

SNMP Event MIBの永続性

設定  16-103

snmp mib persist event コマンド  16-110

snmp trigger コマンド  16-110

snmp-server enable traps コマンド  16-110

SSH

セッション タイムアウト  7-4

設定とステータス、表示  16-55

デーモンの有効化  16-113

ホスト キーの生成  16-115

syslog

sysfs の場所  11-8

設定  11-6

設定、表示  16-33

T

TAC

テクニカル サポート情報の表示  16-72

TACACS+

サーバ パラメータの設定  17-2

統計情報

クリア  5-6

表示  16-65

認証情報、表示  16-70

TACACS+ イネーブル パスワード属性  3-14

TACACS+ キー

Content Engine での指定  3-14

TACACS+ サーバ

認証サーバとしての指定  3-14

TACACS+ 認証

パスワード認証方式  3-14

TACACS+ 認証および許可

概要  3-13

TCP

アクセス リスト  10-16

キーワードとポート番号  10-21

再送信タイマー  17-8

スロースタート  17-8

設定  17-5

設定、表示  16-71

統計情報

クリア  5-6

表示  16-66

輻輳ウィンドウ  17-7

明示的輻輳通知  17-7

TCP/IP サービス

ステータス、表示  16-27

Telnet サービス

セッション タイムアウト  2-2

Telnetサービス

セッション タイムアウト  7-4

設定、表示  16-78

有効化  17-13

terminal

表示される行数の設定  17-14

TFTP

アクセス リスト  10-16

サービス

有効化  10-2

U

UDP

アクセス リスト  10-16

キーワードとポート番号  10-20

統計情報

クリア  5-6

表示  16-67

UTC

clock EXEC コマンド  5-10

時間帯オフセット  5-10

UTC からのオフセット  5-10

W

WAE

自動リロード  6-13

GUI. WAFS Central Manager GUI、FE Manager GUI を参照

WCCP

アクセス リスト  19-2

クリーン シャットダウン  19-9

シャットダウン前の最大時間間隔の設定  19-9

情報、表示  16-80

スロースタート、有効化  19-10

統計情報

表示  16-68

バージョン、設定  19-11

フロー リダイレクション、有効化  19-7

ルータ リスト  19-8

write mib-data コマンド  16-110

アクセス リスト

SNMP エージェントを介したアクセス  16-90

WCCP  19-2

インターフェイスおよびアプリケーション

STATUS  16-31

適用  10-16

インターフェイスへの適用  10-15

アドレス変換テーブル  16-10

アプリケーション

アクセス リストの適用  10-16

アラーム

ステータスおよび履歴を表示  16-6

アラーム オーバーロード  3-6

アラーム トラップ

生成  16-94

設定  16-94

リスト  16-95

イメ―ジ データ

コピー  5-14

インターネット ソケット接続統計情報

表示  16-61

インターフェイス

ID  10-6

アクセス リストの適用  10-15

スタンバイ  16-56, 16-116

設定  10-4

全二重  8-4

ハードウェアのステータスの表示  16-28

半二重  9-2

インターフェイス コンフィギュレーション コマンド モード  1-4

インターフェイス コンフィギュレーションの無効化  13-3

エコー パケット

送信  14-2

エコー パケットの送信(ping)  14-2

応答のないホストのタイムアウト  14-2

オプションのソフトウェア

インストール  10-3

オンライン ヘルプ  9-3

カーネル デバッガ  11-2

カレンダー

設定  5-8

カレンダーのアップデート  5-8

管理者の権限

ユーザ、クリア  5-6

管理ログイン認証および許可

RADIUS

概要  3-12

有効化および無効化  15-3

TACACS+

概要  3-13

デフォルト  3-11

ローカル データベース

説明  3-12

キーストロークの組み合わせ、CLI  1-6

ギガビット イーサネット

インターフェイス コンフィギュレーション コマンドの無効化  13-3

設定  10-4

基本構成設定

設定  16-4

キャッシュ

HTTP

オブジェクト  5-6

キャッシュ アプリケーション、インストール  10-3

キャッシュ サービス

設定  16-4

クリーン シャットダウン  19-9

グリニッジ標準時

GMT を参照

グローバル コンフィギュレーション

概要  1-3

グローバル コンフィギュレーション コマンドの取り消し  13-2

グローバル コンフィギュレーション コマンド モード

開始  5-13

コマンドの無効化  13-2

終了  7-3

設定  5-13

クロック

Content Engine、同期化  13-6

UTC オフセット、設定  5-10

UTC 現在時刻、設定  5-10

システム クロック設定、表示  16-15

ソフトウェアの日付時刻、設定  13-7

夏時間と現地時間、設定  5-9

標準時間帯の表示  16-15

現在の作業ディレクトリ

情報、表示  11-5, 14-9

コールド リスタート  15-5

コピー

イメ―ジ データ  5-14

設定データ  5-14

ファイル  5-22, 5-18

コマンド

no 形式  1-8

コマンド構文  1-7

コマンドの no 形式  1-8

コマンド モード

EXEC  1-3

インターフェイス コンフィギュレーション  1-4

グローバル コンフィギュレーション  1-4

コマンドライン処理  1-6

コンソール

表示の長さの設定  17-14

コンポーネント情報

表示  16-30

サービス

アクセス リスト  10-16

統計情報  16-63

再送信カウント

RADIUS サーバ認証の  3-13

TACACS+ サーバ認証  3-14

再送信時間係数

概要  17-8

最大伝送ユニット

MTU を参照

削除

ディレクトリ  6-5, 15-11

ディレクトリ ツリー  6-5

ファイル  6-4

サブディレクトリ

名前の表示  11-5

サブネット マスク

設定  10-13

変更  10-13

時間帯

オフセット設定  5-10

設定  5-9

シスコのスクリプト

実行  16-3

システム イメージ

インストール  10-3

システム イメ―ジのインストール  10-3

システム クロック

タイム サーバによる同期化  13-6

システム コンポーネント

表示  16-30

システム ハードウェア

ステータスの表示  16-24

システム ヘルプ  1-8

システム ロギング

設定  11-9

実行コンフィギュレーション、現在のプロファイルの表示  16-45

実行統計情報、クリア  5-6

シャットダウン

Content Distribution Manager  16-84

Content Engine  16-84

Content Router  16-84

Program Manager  16-84

WCCP  19-9

終了

コンフィギュレーション モードから  7-5

特権 EXEC モードから  6-7

循環したログ ファイル  11-8

初期のネットワーク デバイス設定

変更  10-10

スクリプト

実行  16-3

スタートアップ コンフィギュレーション

表示  16-57

スタティック IP ルーティング

設定  10-11

スタンバイ インターフェイス

情報の表示  16-56

設定  16-116

スタンバイ グループ、インターフェイス  16-117

スロースタート  19-10

正規パターン表現

検索  8-2

世界標準時

UTC を参照

設定

RADIUS 認証  3-12

アラーム トラップ  16-94

全二重動作  8-4

速度

ファイバ チャネル インターフェイスの設定  16-112

ソケット接続

統計情報、表示  16-61

ソフトウェア クロック

設定  13-7

タイムアウト インターバル

RADIUS サーバ認証の  3-13

TACACS+ サーバ認証  3-14

ディスク

詳細、表示  16-19

設定  6-8

パーティション、削除  15-7

ディスク ドライブ

クリティカル  6-12

手動でのマーク解除  6-9

パーティションの削除  6-10

ディレクトリ

削除  6-5, 15-11

作成  12-2

ファイル、表示  6-6, 11-5

変更  5-2

テクニカル サポート情報

表示  16-72

デバイス

シャットダウン  16-84

デバイス復元時に設定を保存  15-7

デバイス復元時にデータを保存  15-7

デフォルト ゲートウェイ

削除  10-10

定義  10-10

デフォルト状態

復元  15-7

電源の切断  16-84

同期化

システム クロック  13-6

統計情報

クリア  5-6

特権レベル EXEC コマンド

アクセス  7-2

無効化  6-7

ドメイン名

IP アドレスに解決  6-14

トラップ

有効化  16-94

夏時間

設定  5-9

認証

サーバの冗長性  3-12

設定  3-9

設定、表示  16-11

統計情報

クリア  5-6

表示  16-58

ユーザ

TACACS+  3-9, 3-10

作成  18-4

ローカル  3-9

ネットワーク接続

テスト  14-2

ネットワーク タイム プロトコル

NTPを参照

ネットワーク トラフィック

ダンプ  17-11

ネットワーク トラフィックのダンプ  17-11

ネットワーク ホスト名

Content Engine  9-4

バージョン

WCCP

指定  19-11

情報の表示  16-79

ハードウェア インターフェイス

シャットダウン  16-83

情報の表示  16-28

ハードウェア インターフェイスのシャットダウン  16-83

ハードウェアのステータス、表示  16-24

バイパス

静的エントリの最大数  16-12

静的リスト、設定  4-3

設定、表示  16-12

無効化および有効化  4-3

パターン

ファイル内の検索  8-2

バックアップ インターフェイス

設定  16-116

範囲要求  17-9

半二重動作  9-2

日付時刻

設定  13-7

秘密鍵

RADIUS  3-13

TACACS+  3-14

表記法  xiii

マニュアル  xiii

表示される行数  17-14

標準アクセス リスト

SNMP エージェントを介したアクセス  16-90

標準時間帯、表示  16-15

ファイバ チャネル

インターフェイス コンフィギュレーションの無効化  13-3

インターフェイス速度の設定  16-112

ファイル

管理  5-2

コピー  5-22

削除  6-4

作成  12-3

名前の表示  11-5, 17-17

名前変更  15-6

ファイルの名前変更  15-6

復元

デバイスをデフォルト状態に  15-7

複数のIPアドレス

単一インターフェイス構成での設定  10-6

輻輳ウィンドウ

概要  17-7

フラッシュ メモリ

データ、削除  15-7

バージョンと使用状況、表示  16-23

リロード時に設定  15-5

フロー リダイレクション

WCCP、有効化  19-7

プロセス

CPU またはメモリ、表示  16-38

ヘルプ システム  1-8, 9-3

ポート チャネル

インターフェイス コンフィギュレーションの無効化  13-3

設定  10-4

ロードバランシング オプション  14-3

ホスト

ネーム サーバと IP アドレス、表示  16-26

ホスト名

Content Engineの  9-4

IP アドレスに解決  6-14

保存

設定変更  1-9

ファイルシステムの内容  15-5

明示的輻輳通知

概要  17-7

メモリ統計情報

表示  16-34

モード

こまんど

EXEC  1-3

インターフェイス コンフィギュレーション  1-4

グローバル コンフィギュレーション  1-3

設定

HTTP サーバ  1-5

拡張 ACL  1-5

標準 ACL  1-5

ユーザ

SNMP サーバの定義  16-106

管理および認証済み、表示  16-79

ディスクからデータを削除  15-7

認証  18-4

認証されたユーザ、クリア  5-6

ユーザ認証

RADIUS  3-10

TACACS+  3-9

ローカル  3-9

ユーザレベル EXEC コマンド モード  1-3

リスタート、コールド  15-5

リスト

ディレクトリ名  11-5

ファイル  11-10

リセット

デバイスをデフォルト状態に  15-7

リモート ホストのルートのトレース  17-16

履歴

統計情報、クリア  5-6

リロード

WAE、自動リロード オプション  6-13

リンク速度  4-2

ルータ リスト

WCCP  19-8

ルート

テーブルの表示  16-32

トレース  17-16

ロードバランシング

ポート チャネルの  14-3

ロギング

Syslog メッセージのクリア  5-6

設定  11-6

ログのファイル循環  11-8

ログ ファイル

表示する行数  17-18