Cisco WAFS 3.0 コマンド リファレンス
E コマンド
E コマンド
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

E コマンド

enable

end

exec-timeout

exit

E コマンド

この章では、文字 E で始まる Cisco WAFS 3.0 ソフトウェア コマンドについて詳しく説明します。 各コマンドの説明は、構文、デフォルト値、コマンド モード、使用上の注意事項、および使用例で構成されます。

CLI コマンド モードの使用方法については、 第 1 章、 「WAFS コマンドライン インターフェイスの使用方法」 を参照してください。

この章で説明するコマンドは、次のとおりです。

enable

end

exec-timeout

exit

enable

特権 EXEC コマンドにアクセスするには、 enable EXEC コマンドを使用します。

enable

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

ユーザ EXEC モードから特権 EXEC モードにアクセスするには、 enable コマンドを使用します。 disable コマンドで、特権 EXEC モードからユーザ EXEC モードに移行します。

次の例は、特権 EXEC モードにアクセスする方法を示します。

WAE> enable
WAE#

 
関連コマンド

disable

exit

end

グローバル コンフィギュレーション モードを終了するには、 end グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

end

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

実行コンフィギュレーションへの変更を完了した後は常に、 end コマンドを使用してグローバル コンフィギュレーション モードを終了します。 NVRAM への新しいコンフィギュレーションを保存するには、 write コマンドを使用します。

Ctrl-Z コマンドもグローバル コンフィギュレーション モードを終了します。

次の例は、グローバル コンフィギュレーション モードを終了する方法を示します。

WAE(config)# end
WAE#

 
関連コマンド

exit

Ctrl-Z

exec-timeout

非アクティブな Telnet または Secure Shell(SSH; セキュア シェル)セッションを開いたままにしておく時間の長さを設定するには、 exec-timeout グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

exec-timeout timeout

no exec-timeout

 
構文の説明

timeout

タイムアウト(分単位)(0~44640)

 
デフォルト

デフォルトは 15 分です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

WAE での Telnet または SSH セッションは、 exec-timeout コマンドによって指定されたインターバルの間、非アクティブな状態で開いたままにしておくことができます。 exec-timeout によるインターバルが経過すると、WAE では自動的に Telnet または SSH セッションを閉じます。

次の例は、タイムアウトを 100 分に設定します。

WAE(config)# exec-timeout 100
 

次の例では、設定された 100 分のタイムアウトを無効にし、デフォルトの 15 分に戻します。

WAE(config)# no exec-timeout
 

 
関連コマンド

telnet enable

exit

グローバル、インターフェイス、およびデバッグ コンフィギュレーション コマンド シェルから EXEC コマンド シェルにアクセスするには、 exit コマンドを使用します。

exit

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC、グローバル コンフィギュレーション、およびインターフェイス コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

いずれのコンフィギュレーション モードでも exit コマンドを使用すれば、EXEC モードに戻ります。 これは、 Ctrl-Z または end コマンドと同じです。

ユーザレベル EXEC シェルで発行された exit コマンドは、コンソールまたは Telnet セッションを終了します。

次の例は、グローバル コンフィギュレーション モードを終了して特権レベル EXEC モードに戻ります。

WAE(config)# exit
WAE#
 

次の例では、特権レベル EXEC モードを終了してユーザレベル EXEC モードに戻ります。

WAE# exit
WAE>

 
関連コマンド

end