Cisco WAFS 3.0 コマンド リファレンス
D コマンド
D コマンド
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

D コマンド

debug

delfile

deltree

dir

disable

disk(EXEC)

disk(グローバル コンフィギュレーション)

dnslookup

D コマンド

この章では、文字 D で始まる Cisco WAFS 3.0 ソフトウェア コマンドについて詳しく説明します。 各コマンドの説明は、構文、デフォルト値、コマンド モード、使用上の注意事項、および使用例で構成されます。

CLI コマンド モードの使用方法については、 第 1 章、 「WAFS コマンドライン インターフェイスの使用方法」 を参照してください。

この章で説明するコマンドは、次のとおりです。

debug

delfile

deltree

dir

disable

disk(EXEC)

disk(グローバル コンフィギュレーション)

dnslookup

debug


debug コマンドは、TAC から指示があった場合にだけ使用することをお勧めします(詳細は、「テクニカル サポート」を参照してください)。 debugコマンドを実行すると、WAE のパフォーマンスに影響があります。


CIFS キャッシュ アプリケーション機能をモニタおよび記録するには、 debug EXEC コマンドを使用します。 デバッグ を無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug option

no debug option

 
構文の説明

option

デバッガ タイプを指定します。有効な値は、「」を参照してください。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

debug コマンドは、TAC から指示があった場合にだけ使用することをお勧めします(詳細は、「テクニカル サポート」を参照してください)。 debug コマンドを実行すると、WAE のパフォーマンスに影響があります。 有効な debug オプションを表示するには、 show debugging コマンドを使用します。

option 引数の有効な値は次のとおりです。

 

aaa accounting

AAA アカウンティング アクションを記録します。

all

すべてのデバッグ オプションを有効または無効にします。

authentication

print-services

user

認証をデバッグします。

プリント サービス認証をデバッグします。

システム認証に対してユーザ ログインをデバッグします。

buf

all

dmbuf

dmsg

バッファ マネージャをデバッグします。

すべてのバッファ マネージャ機能をデバッグします。

バッファ マネージャ dmbuf をデバッグします。

バッファ マネージャ dmsg をデバッグします。

cdp

adjacency

events

ip

packets

Cisco Discovery Protocol(CDP)を記録します。

CDP ネイバを記録します。

CDP イベントを記録します。

CDP IP を記録します。

パケット関連 CDP を記録します。

cli

all

bin

parser

CLI コマンドをデバッグします。

すべての CLI コマンドをデバッグします。

CLI コマンド バイナリ プログラム をデバッグします。

CLI コマンド パーサーをデバッグします。

dataserver

all

clientlib

server

データ サーバをデバッグします。

すべての データ サーバ機能をデバッグします。

データ サーバ クライアント ライブラリ モジュールをデバッグします。

データ サーバ モジュールをデバッグします。

dhcp

DHCP をデバッグします。

logging

all

ロギングをデバッグします。

すべてのロギング機能をデバッグします。

ntp

NTP をデバッグします。

print-spooler

all

brief

errors

warnings

プリント スプーラ機能をデバッグします。

(オプション)すべてのデバッグ機能を使用してプリント スプーラをデバッグします。

(オプション)簡潔なデバッグ メッセージだけを使用してプリント スプーラをデバッグします。

(オプション)エラー条件だけを使用してプリント スプーラをデバッグします。

(オプション)警告状態だけを使用してプリント スプーラをデバッグします。

stats

all

collection

computation

history

統計情報をデバッグします。

すべての統計機能をデバッグします。

統計情報収集機能をデバッグします。

統計情報計算をデバッグします。

統計情報履歴をデバッグします。

wccp

all

detail

error

events

keepalive

packets

slowstart

WCCP 情報をデバッグします。

すべての WCCP 機能をデバッグします。

WCCP 詳細情報をデバッグします。

WCCP エラーをデバッグします。

WCCP イベントをデバッグします。

アプリケーションに送信される WCCP キープアライブをデバッグします。

WCCP パケット関連情報をデバッグします。

WCCP スロースタートをデバッグします。

 
関連コマンド

show debugging

undebug

delfile

現在のディレクトリからファイルを削除するには、 delfile EXEC コマンドを使用します。

delfile filename

 
構文の説明

filename

削除するファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用して、WAE ディスク ドライブの SYSFS パーティションからファイルを削除します。

次の例は、絶対パスを使用して /local1 ディレクトリから一時ファイルを削除します。

WAE# delfile /local1/tempfile

 
関連コマンド

cpfile

deltree

mkdir

mkfile

rmdir

deltree

ディレクトリを、そのすべてのサブディレクトリおよびファイルとともに削除するには、 deltree EXEC コマンドを使用します。

deltree directory

 
構文の説明

directory

削除するディレクトリ ツリーの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用してディレクトリとそのディレクトリ内のすべてのファイルを、WAE SYSFS ファイル システムから削除します。 サブディレクトリおよびファイルを削除しているという警告は表示されません。


) WAE が正常に機能するのに必要なファイルやディレクトリは、決して削除しないでください。


次の例は、/local1 ディレクトリから testdir ディレクトリを削除します。

WAE# deltree /local1/testdir

 
関連コマンド

delfile

mkdir

mkfile

rmdir

dir

ディレクトリの 1 つのファイルまたはすべてのファイルの詳細を表示するには、 dir EXEC コマンドを使用します。

dir [ directory ]

 
構文の説明

directory

(オプション)リストするディレクトリの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用して、名前、サイズ、作成時間など、作業ディレクトリ内部に含まれているファイルの詳細リストを表示します。 lls コマンドも同じ出力を生成します。

次の例は、現在のディレクトリのすべてのファイルの詳細リストを表示します。

WAE# dir
size time of last change name
-------------- ------------------------- -----------
4096 Wed Oct 8 18:59:42 2003 <DIR> actona
4096 Wed Oct 8 18:59:50 2003 <DIR> core_dir
4096 Wed Oct 8 18:59:24 2003 <DIR> crash
4096 Wed Feb 9 18:20:36 2005 <DIR> errorlog
4096 Wed Oct 8 19:00:08 2003 <DIR> logs
16384 Wed Oct 8 18:59:14 2003 <DIR> lost+found
4096 Tue Feb 1 03:26:00 2005 <DIR> sa
4096 Mon Jan 31 11:44:29 2005 <DIR> service_logs
4096 Wed Oct 8 18:59:41 2003 <DIR> spool
682156 Thu Mar 31 01:39:35 2005 syslog.txt
4096 Wed Oct 8 18:59:48 2003 <DIR> var
 

次の例では、 logs ディレクトリについてのみ、詳細情報を表示します。

WAE# dir logs
size time of last change name
-------------- ------------------------- -----------
4096 Wed Apr 20 09:49:44 2005 <DIR> actona
551 Tue Mar 22 01:10:25 2005 cups_access_log
4096 Sun Jan 30 09:17:52 2005 <DIR> export
92 Sat May 21 09:38:28 2005 ftp_export.status
0 Sat May 21 09:38:42 2005 snmpd.log

 
関連コマンド

lls

ls

disable

特権 EXEC コマンドを無効にするには、disable EXEC コマンドを使用します。

disable

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

disable コマンドにより、ユーザレベルの EXEC シェルに入ります(プロンプトが変わります)。 特権 EXEC モードに戻るには、 enable コマンドを使用します。

次の例では、特権 EXEC モードからユーザレベル EXEC モードに入ります。

WAE# disable
WAE>

 
関連コマンド

enable

disk(EXEC)

WAE でディスクを設定するには、 disk EXEC コマンドを使用します。

disk cancel-wafsfs-raidlevel-change

disk delete-partitions diskname

disk mark diskname { bad | good }

disk reformat diskname

disk scan-errors diskname

disk wafsfs-raidlevel { raid-0 | raid-1 }

 
構文の説明

cancel-wafsfs-
raidlevel-change

ソフトウェア RAID レベルに対する変更を行った後、WAE をリブートしていない場合は、その変更をキャンセルします。

delete-partitions

指定されたディスク ドライブのデータを削除します。 このコマンドの実行後は、指定されたディスク ドライブは WAFS ソフトウェアによってブランクとして取り扱われます。 そのドライブの以前のデータは、すべてアクセス不能です。

diskname

パーティションを削除するディスクの名前(disk00、disk01)。

mark

ディスク ドライブが正常か不良かマーク付けします。

diskname

マーク付けするディスクの名前(disk00、disk01)。

bad

指定されたディスク ドライブを不良としてマーク付けします。 このコマンドを使用すると、このディスクのデータはアクセス不能になります。 このディスクを後で正常としてマーク付けすると、WAFS ソフトウェアによってブランク ドライブとして取り扱われます。

good

指定されたディスク ドライブを正常としてマーク付けします。

reformat

SCSI ディスク ドライブを再フォーマットします。

diskname

再フォーマットするディスクの名前(disk00、disk01)。

scan-errors

エラーがないか SCSI または IDE ディスクをスキャンし、未使用の場合は不良セクターをリマップします。

diskname

エラーがないかスキャンするディスクの名前(disk00、disk01)。

wafsfs-raidlevel

ディスク ドライブで使用するソフトウェア RAID レベルを指定します。

raid-0

WAFSFS ファイルシステムに RAID-0(ストライピング)を使用します。

raid-1

WAFSFS ファイルシステムに RAID-1(ミラーリング)を使用します(デフォルト)。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

WAE ディスク ドライブの手動でのマーク付けおよびマーク解除

WAE 上のディスク ドライブは、正常に動作し、使用できるものは正常なドライブとしてマーク付けできます。また、動作が異常で、 reload コマンドの実行後に使用しないドライブは不良ドライブとしてマーク付けできます。

disk01 を不良としてマーク付けし、 WAE をリロードして、その後 disk01 を正常としてマーク付けして再度使用できるようにする方法を、次のシナリオで説明します。

1. 次のように disk mark EXEC コマンドを入力して、disk01 を不良としてマーク付けします。

WAE# disk mark disk01 bad
disk01 is marked as bad.
It will be not used after reload.
 

2. show disks details EXEC コマンドを入力し、ディスクに関する詳細情報を表示させます。 disk01 は、ここでアスタリスク(*)付きで表示されます。WAE のブート後にマーク付けされたためです。 disk01 は、「Normal」(正常)としてレポートされています(現在使用中)。

WAE# show disks details
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Normal (h01 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB) (*)
 
(*) Disk drive won't be used after reload.
 
Mounted filesystems:
 
MOUNT POINT TYPE DEVICE SIZE INUSE FREE USE%
/ root /dev/root 34MB 28MB 6MB 82%
...
 

3. reload EXEC コマンドを入力して WAE をリロードします。問い合せされたら、 Enter を押してリロードを進めます。 WAE をリロードすると、不良ディスク ドライブとしてマーク付けされている disk01 は使用されなくなります。

WAE# reload
Proceed with reload?[confirm]
...
 

4. リロードが完了したら、 show disks details EXEC コマンドを入力してディスクに関する詳細情報を表示させます。 disk01 はここでは「Not used (*)」(未使用)として表示されています。WAE のリブート後、不良として検出されたためです。

WAE# show disks details
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Not used
 
(*) Disk drive won't be used after reload.
...
 

5. 次のように disk mark EXEC コマンドを入力して、disk01 を正常としてマーク付けします。

WAE# disk mark disk01 good
disk01 is marked as good.
It will be used after reload.
 

6. show disks details EXEC コマンドを入力して、disk01 が現在「Not used」としてマーク付けされていることを確認します。 reload EXEC コマンドを入力して WAE をリロードします。 問い合せされたら、 Enter を押してリロードを進めます。 WAE をリロードすると、正常なディスク ドライブとしてマーク付けされている disk01 は再度使用されます。 show disks details コマンドを使用してこれを確認します。

WAE# show disks details
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Not used
...
 
WAE# reload
Proceed with reload?[confirm]
...
WAE# show disks details
 
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Normal (h01 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
...
 

SCSI ディスク ドライブの再フォーマット

SCSI ディスク ドライブを再フォーマットするには、 disk reformat EXEC コマンドを使用します。 このコマンドを実行するとき、SCSI ドライブは使用できません。


) このコマンドは、SCSI ドライブのあるシステム、WAE-611 および WAE-7326 でのみ有効です。


SCSI ドライブを再フォーマットする方法を、次のシナリオで説明します。

1. SCSI ドライブを不良としてマーク付けします。 この例では disk01 です。

WAE# disk mark disk01 bad
 

2. WAE をリブートして不良ディスクが使用されないようにします。

WAE# reload
 

3. ディスクを再フォーマットします。 このコマンドが完了すると、ドライブはブランクになります。

WAE# disk reformat disk01
 

4. WAE をリブートします。 通常のソフトウェア RAID リカバリが実行され、再フォーマットされたディスクは使用できるようになります。

WAE# reload
 

1 つのディスク ドライブのすべてのパーティションの削除

1 つのディスク ドライブのすべてのパーティションを削除するには、 disk delete-partitions EXEC コマンドを使用します。


注意 disk delete-partitions EXEC コマンドの実行後は、指定されたディスク ドライブは WAFS ソフトウェアによってブランクとして取り扱われます。 そのドライブの以前のデータは、すべてアクセス不能です。

通常、このコマンドが使用されるのは、新しいディスク ドライブを追加する場合に、そのドライブが以前に別のオペレーティング システム(たとえば、Microsoft Windows や Linux オペレーティング システム)で使用されていたときです。 ディスク上のすべてを消去するか尋ねられたら、次のように「yes」を指定して続けます。

WAE# disk delete-partitions disk01
This will erase everything on disk. Are you sure? [no] yes

次の例は、disk01 のデフォルトの RAID-1 設定を RAID-0 に変更した後、変更をキャンセルします。

WAE# disk wafsfs-raidlevel raid-0
 
WAE# disk cancel-wafsfs-raidlevel-change
 

 
関連コマンド

disk (グローバル コンフィギュレーション)

show disks

show statistics

disk(グローバル コンフィギュレーション)

ディスク エラーの処理方法を設定し、ディスク エラー処理のしきい値を定義するには、 disk グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 デフォルトのエラー処理しきい値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

disk error-handling { reload | remap | threshold number }

no disk error-handling { reload | remap | threshold number }

 
構文の説明

error-handling

ディスク エラー処理を設定します。

reload

disk00 のシステム ファイル システム(SYSFS)に問題がある場合、ディスクをリロードします。

remap

ディスク エラーを自動的にリマップするようにディスクを設定します。

threshold

ディスクが不良としてマーク付けされるまでに許容されるディスク エラーの数を設定します。

number

ディスクが不良としてマーク付けされるまでに許容されるディスク エラーの数(0~100)。 デフォルト値は 10 です。0 を設定した場合、ディスクは不良としてマーク付けされません。

 
デフォルト

error-handling threshold number :10

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

2 ドライブ システムで、デフォルトの WAFSFS RAID-1 機能を使用している場合、RAID ソフトウェアは、SYSFS を単一ドライブ障害から保護し、アプリケーションが I/O エラーを認識しないようにします。 このような設定では、エラー処理は指定する必要がありません。 その他のすべての設定では、エラー処理は指定する必要があります。

正常に動作するには、WAE は disk00 という名前のディスク ドライブを備えている必要があります。 また、WAE は、SYSFS(システム ファイル システム)の第 1 パーティションを格納するディスク ドライブを備えている必要もあります。 SYSFS パーティションは、システム ログや内部デバッグ ログなどのログ ファイルを保存するために使用します。 WAE のイメージ ファイルやコンフィギュレーション ファイルの保存にも使用できます。 disk00 は常に SYSFS パーティションを格納します。 ソフトウェア RAID を適用した場合、SYSFS パーティションには disk00 と disk01 の両方が格納されています。 いずれにしても、disk00 のディスクおよび SYSFS の第 1 パーティションを格納するディスクは、 クリティカル ドライブ と呼ばれ、WAE の正常な動作に必要です。

WAE をブートし、クリティカル ディスク ドライブがシステムの起動時に検出されないと、WAFS システムはサービス低下の状態で動作します。 クリティカル ディスク ドライブの 1 つが実行時に不良になった場合、WAFS システムは、アプリケーションの誤動作、ハング、クラッシュなどの症状を示すことがあります。あるいはWAFS システムがハングまたはクラッシュすることもあります。 WAE のクリティカル ディスク ドライブをモニタして、ディスク ドライブ エラーがあれば TAC にレポートする必要があります。

WAFS システムでは、ディスク デバイス エラーは次のいずれかのイベントとして定義されます。

Small Computer System Interface(SCSI)または Integrated Drive Electronics(IDE)デバイス エラーが、Linux カーネルによって出力される。

アプリケーションによるディスク デバイス アクセス(たとえば、open(2)、read(2)、write(2) システム コール)が、EIO エラー コードで失敗する。

起動時に存在したディスク デバイスが、実行時にアクセスできない。

ディスクのステータスはフラッシュ メモリ(不揮発性メモリ)に記録されます。 WAE ディスク デバイスでエラーが発生すると、SYSFS パーティションがまだ損なわれていない場合はメッセージがシステム ログ(Syslog)に書き込まれ、WAE で SNMP が設定されている場合は SNMP トラップが生成されます。

ディスク エラー処理のしきい値の指定

WAE で ディスク デバイス エラー処理のしきい値を定義できます。 ディスク デバイス エラーの数が指定されたしきい値に達した場合は、対応するディスク デバイスは自動的に不良としてマーク付けされます。 デフォルトでは、このしきい値は 10 に設定されています。WAFS システムでは、不良ディスク デバイスの使用をすぐには止めません。次にリブートした後に、不良ディスク ドライブの使用を中止します。

デフォルトのしきい値を変更するには、 disk error-handling threshold グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 ディスク ドライブを不良としてマーク付けさせたくない場合は、0 を指定します。

指定されたしきい値を超えた場合は、WAE はこのイベントを記録するか、またはリブートします。 不良ディスク ドライブがクリティカル ディスク ドライブであり、自動リロード機能( disk
error-handling reload
コマンド)が有効な場合、WAFS ソフトウェアはディスク ドライブを不良としてマーク付けし、WAE が自動的にリロードされます。 WAE がリロードされると、Syslog メッセージと SNMP トラップが生成されます。

デフォルトでは、WAE の自動リロード機能は無効になっています。 自動リロード機能を有効にするには、 disk error-handling reload グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 自動リロード機能を有効にした後、無効にするには、 no disk error-handling reload グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、管理者は特定のディスク ドライブ(たとえば、disk00)に対して、ディスク ドライブが不良として自動的にマーク付けされるまでに許容されるエラーの最大数を 5 ディスク ドライブ エラーとして設定します。

WAE(config)# disk error-handling threshold 5
 

 
関連コマンド

disk (EXEC モード)

show disks details

dnslookup

ホストまたはドメイン名を IP アドレスに解決するには、 dnslookup EXEC コマンドを使用します。

dnslookup { hostname | domainname }

 
構文の説明

hostname

ネットワーク上の DNS サーバの名前

domainname

ドメインの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の 3 つの例では、 dnslookup コマンドを使用してホスト名 myhost を IP アドレス 172.31.69.11 に解決し、 cisco.com を IP アドレス 192.168.219.25 に解決し、ホスト名として使用されている IP アドレスを 10.0.11.0 に解決します。

WAE# dnslookup myhost
official hostname: myhost.cisco.com
address: 172.31.69.11
 
WAE# dnslookup cisco.com
official hostname: cisco.com
address: 192.168.219.25
 
WAE# dnslookup 10.0.11.0
official hostname: 10.0.11.0
address: 10.0.11.0