Cisco WAFS 3.0 コマンド リファレンス
Cisco WAFS ソフトウェア コマンド要 約
Cisco WAFS ソフトウェア コマンド要約
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco WAFS ソフトウェア コマンド要約

Cisco WAFS ソフトウェア コマンド要約

この章では Cisco WAFS 3.0 ソフトウェア コマンドを要約します。

表2-1 に WAFS コマンドをアルファベット順にリストし、各コマンドのコマンド モードを示します。 コンフィギュレーション モードのアクセスに使用されるコマンドには、 表2-1 に脚注でマークされています。 同じコマンドでも別のコマンド モードで入力されたときは別の結果をもたらすことがあります。このため、別にリストして説明します。 表2-1 では、最初に出現したものが EXEC モードで開始された場合、2 回目のものはグローバル コンフィギュレーション モードで開始されます。 最初に出現したものがグローバル コンフィギュレーション モードで開始された場合、2 回目のものはインターフェイス コンフィギュレーション モードで開始されます。

CLIコマンド モードの使用方法については、 第 1 章、 「WAFS コマンドライン インターフェイスの使用方法」 を参照してください。


) オンラインでこのマニュアルを参照するには、表の左の欄にあるコマンド名をクリックし、そのコマンドのページにジャンプしてください。コマンド構文、使用例、使用上の注意事項が記載されています。


 

表2-1 WAFS CLI コマンド

コマンド
説明
CLI モード

aaa accounting

この File Engine に対して authentication,
authorization, and accounting(AAA;認証、許可、アカウンティング) を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

alarm overload-detect

アラーム オーバーロードの検出を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

authentication

認証パラメータを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

autosense

現在のインターフェイスを自動感知に設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

bandwidth(インターフェイス コンフィギュレーション)

指定されたインターフェイス帯域幅を10、100、1000 Mbps のいずれかに設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

bypass

バイパス機能を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

central

ソフトウェア アップグレード イメージ レポジトリを管理します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

cd

ディレクトリを変更します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

cdp(グローバル コンフィギュレーション)

ACNS ネットワーク デバイスに対して Cisco Discovery Protocol(CDP)を有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

cdp(インターフェイス コンフィギュレーション)

インターフェイスの Cisco Discovery Protocol(CDP)を有効にします。

インターフェイス コンフィギュレーション

clear

カウンタおよび他の指定された機能をリセットします。

特権レベル EXEC

clock(EXEC)

システム クロックを管理します。

特権レベル EXEC

clock(グローバル コンフィギュレーション)

夏時間と時間帯を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

configure 1

特権 EXEC モードからコンフィギュレーション モードを開始します。

特権レベル EXEC

copy

CD-ROM、フラッシュ メモリ、ディスク、またはリモート ホスト間でコンフィギュレーション ファイルまたはイメージ ファイルのコピーを行います。

特権レベル EXEC

cpfile

ファイルをコピーします。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

debug

デバッグ オプションを設定します。

特権レベル EXEC

delfile

ファイルを削除します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

deltree

ディレクトリおよびそのサブディレクトリを削除します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

dir

長いリスト形式でファイルを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

disable

特権 EXEC コマンドを無効にします。

特権レベル EXEC

disk(EXEC)

cdnfs、cfs、mediafs、および sysfs ファイル システムにディスクを割り当てます。

特権レベル EXEC

disk(グローバル コンフィギュレーション)

ディスク エラーの処理方法を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

dnslookup

ホスト名(DNS)を解決します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

enable 1

特権 EXEC コマンドにアクセスします。

EXEC ユーザ

end

コンフィギュレーション モードおよび特権 EXEC モードを終了します。

グローバル コンフィギュレーション

exec-timeout

非アクティブ Telnet または Secure Shell
(SSH;セキュア シェル)セッションを開いたままにしておく時間の長さを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

exit

インターフェイス、グローバル コンフィギュレーション、特権 EXEC のいずれかのモードから終了します。

すべて

find-pattern

ファイル内の特定のパターンを検索します。

特権レベル EXEC

full-duplex

現在のインターフェイスを全二重モードに設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

half-duplex

現在のインターフェイスを半二重モードに設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

help

コマンドライン インターフェイスについてサポートします。

ユーザレベル EXEC、特権レベル EXEC、グローバル コンフィギュレーション

hostname

File Engine ネットワーク名を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

inetd

FTP、RCP、および TFTP サービスを有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

install

キャッシュ アプリケーションの新しいバージョンをインストールします。

特権レベル EXEC

interface 1

ファスト イーサネット、ファイバ チャネル、ギガビット イーサネット、またはポート チャネル インターフェイスを設定します。 インターフェイス コンフィギュレーション モードにアクセスします。

グローバル コンフィギュレーション

ip(グローバル コンフィギュレーション)

インターネット プロトコルを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

ip(インターフェイス コンフィギュレーション)

File Engine インターフェイス上で IP アドレス、サブネット マスク、または DHCP IP アドレス ネゴシエーションを設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

ip access-group

定義済みアクセス リストを設定することによって、特定のインターフェイスでの接続を制御します。

インターフェイス コンフィギュレーション

ip access-list 1

インターフェイスまたはアプリケーションのアクセス制御のため、アクセス リストを作成または修正します。 ACL コンフィギュレーション モードにアクセスします。

グローバル コンフィギュレーション

kernel

カーネル デバッガ コンフィギュレーション モードを有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

less

LESS アプリケーションを使用してファイルの内容を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

line

端末回線設定を指定します。

グローバル コンフィギュレーション

lls

長いリスト形式でファイルを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

logging

システム ロギング(syslog)を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

ls

ディレクトリ内のファイルとサブディレクトリをリストします。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

mkdir

ディレクトリを作成します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

mkfile

ファイルを作成します(テスト用)。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

mtu

インターフェイスの最大伝送ユニット パケット サイズを設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

no (EXEC)

デバッグ機能を無効にします。 undebug を参照してください。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

no(グローバル コンフィギュレーション)

グローバル コンフィギュレーション コマンドを無効にするか、そのデフォルト値に設定します。

グローバル コンフィギュレーション

no(インターフェイス コンフィギュレーション)

インターフェイス コマンドを無効にするか、そのデフォルト値に設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

ntp

ネットワーク タイム プロトコル サーバを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

ntpdate

NTP サーバ名を設定します。

特権レベル EXEC

ping

エコー パケットを送信します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

port-channel

ポート チャネル ロードバランシング オプションを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

print-services

プリント サービスを有効または無効にし、管理グループを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

pwd

現在の作業ディレクトリを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

radius-server

RADIUS 認証を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

reload

デバイスを停止してコールド リスタートを実行します。

特権レベル EXEC

rename

ファイル名を変更します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

restore

工場出荷時のデフォルトの状態にデバイスを復元します。

特権レベル EXEC

rmdir

ディレクトリを削除します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

script

スクリプト内のエラーを調べるか、またはスクリプトを実行します。

特権レベル EXEC

setup

基本的な設定値と通常使用されるキャッシュ サービスのセットを設定します。

特権レベル EXEC

show

稼動中のシステムの情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show aaa accounting

AAA アカウンティング設定を表示します。

特権レベル EXEC

show alarms

各種のアラーム、そのステータス、および履歴に関する情報を表示します。

特権レベル EXEC

show arp

アドレス レゾリューション プロトコル エントリを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show authentication

認証設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show bypass

File Engine バイパス設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show cdp

Cisco Discovery Protocol 設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show clock

システム クロックを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show debugging

各デバッグ オプションの状態を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show disks

ディスク設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show flash

フラッシュ メモリ情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show hardware

システム ハードウェア情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show hosts

IP ドメイン名、ネーム サーバ、IP アドレス、およびホスト テーブルを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show inetd

TCP/IP サービスのステータスを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show interface

ハードウェア インターフェイス情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show inventory

システム インベントリ情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show ip access-list

定義済みで特定のインターフェイスまたはアプリケーションに適用されているアクセス リストに関する情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show ip routes

IP ルーティング テーブルを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show logging

システム ロギング設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show memory

メモリ ブロックおよび統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show ntp

ネットワーク タイム プロトコル コンフィギュレーション ステータスを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show print-services

プリント サービス管理者およびプロセス情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show processes

プロセス ステータスを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show radius-server

RADIUS サーバ情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show running-config

現在稼動中のコンフィギュレーションを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show ssh

セキュア シェル ステータスおよび設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show snmp

SNMP 統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show standby

スタンバイ インターフェイスの関連情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics authentication

認証情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics icmp

インターネット制御メッセージ プロトコル統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics ip

インターネット プロトコル統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics netstat

インターネット ソケット接続統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics radius

RADIUS 認証統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics services

サービス統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics tacacs

TACACS+ 認証および許可統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics tcp

Transmission Control Protocol 統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics udp

ユーザ データグラム プロトコル統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics wccp

File Engine の WCCP 統計情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show statistics windows-domain

Windows ドメイン設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show tacacs

TACACS+ 設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show tcp

TCP設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show tech-support

シスコ テクニカル サポートのシステム情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show telnet

Telnet サービス設定を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show users

指定されたユーザを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show version

ソフトウェアのバージョンを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

show wccp

WCCP 情報を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

shutdown(インターフェイス コンフィギュレーション)

指定されたインターフェイスをシャットダウンします。

インターフェイス コンフィギュレーション

shutdown(EXEC)

デバイスをシャットダウンします(すべてのアプリケーションとオペレーティング システムを停止します)。

特権レベル EXEC

smb-conf

Samba コンフィギュレーション ファイル smb-conf のパラメータを手動で設定します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server access-list

アクセス コントロール リストを設定し、SNMP エージェントを介してアクセスできるようにします。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server community

SNMP を有効にします。つまり、コミュニティ ストリングを設定し、オプションでグループに名前を付け、コミュニティ ストリングで読み取り/書き込みアクセスを有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server contact

MIB オブジェクト sysContact のテキストを指定します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server enable traps

SNMP トラップを有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server group

ユーザ セキュリティ モデル グループを定義します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server host

SNMP トラップを受信するホストを指定します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server location

MIB オブジェクト sysLocation のパスを指定します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server mib

SNMP イベント MIB の永続性を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server notify inform

SNMP のインフォーム要求を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server user

SNMP エンジンにアクセス可能なユーザを定義します。

グローバル コンフィギュレーション

snmp-server view

バージョン 2 SNMP(SNMPv2) MIB ビューを定義します。

グローバル コンフィギュレーション

speed

ファイバ チャネル インターフェイス速度を設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

sshd

SSH サービス パラメータを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

ssh-key-generate

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)ホスト キーを生成します。

グローバル コンフィギュレーション

standby

あるインターフェイスが別のインターフェイスのバックアップになるように設定します。

インターフェイス コンフィギュレーション

tacacs

TACACS+ 認証パラメータを有効にして設定します。

グローバル コンフィギュレーション

tcp

TCP パラメータを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

tcpdump

ネットワーク上の TCP トラフィックをダンプします。

特権レベル EXEC

telnet

Telnet クライアントを起動します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

telnet enable

Telnet サービスを有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

terminal

端末出力コマンドを設定します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

tethereal

コマンドラインからネットワーク トラフィックを分析します。

特権レベル EXEC

traceroute

リモート ホストへのルートを追跡します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

type

ファイルを表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

type-tail

ファイルの最後の数行を表示します。

ユーザレベル EXEC および特権レベル EXEC

undebug

デバッグ機能を無効にします( debug も参照)。

特権レベル EXEC

username

ユーザ名認証を確立します。

グローバル コンフィギュレーション

wccp access-list

着信 WCCP GRE カプセル化トラフィックに対する IP アクセス リストを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

wccp cifs-cache

CIFS キャッシュ サービスを有効にし、利用可能な File Engine 間で負荷分散を割り当てます。

グローバル コンフィギュレーション

wccp flow-redirect

WCCP ロー リダイレクションを有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

wccp router-list

WCCP バージョン 2 サービスで使用するためのルータ リストを作成します。

グローバル コンフィギュレーション

wccp shutdown

File Engine がクリーン シャットダウンを実行してからの最大時間間隔を設定します。

グローバル コンフィギュレーション

wccp slow-start

スロースタート機能を有効にします。

グローバル コンフィギュレーション

wccp version

WCCP バージョン番号を指定します。

グローバル コンフィギュレーション

whoami

現在のユーザの名前を表示します。

両 EXEC

windows-domain(EXEC)

Windows ドメイン ユーティリティにアクセスします。

特権レベル EXEC

windows-domain(グローバル コンフィギュレーション)

Windows ドメイン サーバ オプションを設定します。

グローバル コンフィギュレーション

write

スタートアップ コンフィギュレーションを NVRAM または端末セッションに書き込むか消去します。あるいは MIB の永続的な設定をディスクに書き込みます。

特権レベル EXEC

1.コンフィギュレーション モードのアクセスに使用するコマンド