Cisco WAFS 3.0 コマンド リファレンス
U コマンド
U コマンド
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

U コマンド

undebug

username

U コマンド

この章では、文字 U で始まる Cisco WAFS 3.0 ソフトウェア コマンドについて詳しく説明します。 各コマンドの説明は、構文、デフォルト値、コマンド モード、使用上の注意事項、および使用例で構成されます。

CLI コマンド モードの使用方法については、 第 1 章、「WAFS コマンドライン インターフェイスの使用方法」 を参照してください。

この章で説明するコマンドは、次のとおりです。

undebug

username

undebug

デバッグ機能を無効にするには、 undebug EXEC コマンドを使用します。 debug EXEC コマンドも参照してください。 デバッグ機能の詳細は、「debug」を参照してください。

undebug [ aaa accounting | all | authentication [ print-services | user ] | buf [ all | dmbuf | dmsg ] | cdp [ adjacency | events | ip | packets ] | cli [ all | bin | parser ] | dataserver [ all | clientlib | server ] | dhcp | logging [ all ] | ntp | print-spooler [ all | brief | errors | warnings ] | snmp [ all | cli | main | mib | traps ] | wccp [ all | detail | error | events | keepalive | packets | slowstart ]]

 
構文の説明

aaa accounting

AAA アカウンティングのデバッグを無効にします。

all

すべての デバッグを有効または無効にします。

authentication

認証のデバッグを無効にします。

print-services

プリント サービス認証のデバッグを無効にします。

user

システム ログイン認証のデバッグを無効にします。

buf

バッファ マネージャのデバッグを無効にします。

all

すべてのバッファ マネージャのデバッグを無効にします。

dmbuf

dmbuf デバッグだけを無効にします。

dmsg

dmsg デバッグだけを無効にします。

cdp

CDP のデバッグを無効にします。

adjacency

CDP ネイバ情報のデバッグを無効にします。

events

CDP イベントのデバッグを無効にします。

ip

CDP IP 情報のデバッグを無効にします。

packets

CDP パケット関連情報のデバッグを無効にします。

cli

CLI のデバッグを無効にします。

all

すべての CLI のデバッグを無効にします。

bin

CLI バイナリ プログラムのデバッグを無効にします。

parser

CLI パーサーのデバッグを無効にします。

dataserver

Dataserver のデバッグを無効にします。

all

すべての Dataserver のデバッグを無効にします。

clientlib

Dataserver クライアント モジュールのデバッグだけを無効にします。

server

Dataserver サーバ モジュールのデバッグだけを無効にします。

dhcp

DHCP のデバッグを無効にします。

logging

ログのデバッグを無効にします。

all

すべてのログのデバッグを無効にします。

ntp

NTP のデバッグを無効にします。

print-spooler

プリント スプーラのデバッグを無効にします。

all

すべてのプリント スプーラのデバッグを無効にします。

brief

プリント スプーラの簡潔なメッセージのデバッグだけを無効にします。

errors

プリント スプーラのエラー条件のデバッグだけを無効にします。

warnings

プリント スプーラの警告状態のデバッグだけを無効にします。

snmp

SNMP のデバッグを無効にします。

all

すべての SNMP のデバッグを無効にします。

cli

CLI SNMP コマンドのデバッグだけを無効にします。

main

メインの SNMP のデバッグだけを無効にします。

mib

SNMP MIB デバッグだけを無効にします。

traps

SNMP トラップのデバッグだけを無効にします。

wccp

WCCP のデバッグを無効にします。

all

すべての WCCP のデバッグを無効にします。

detail

WCCP 詳細情報のデバッグだけを無効にします。

error

WCCP エラー情報のデバッグだけを無効にします。

events

WCCP イベントのデバッグだけを無効にします。

keepalive

WCCP キープアライブのデバッグだけを無効にします。

packets

WCCP パケット関連情報のデバッグだけを無効にします。

slowstart

WCCP スロースタートのデバッグだけを無効にします。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

debug および undebug コマンドは、シスコシステムズのテクニカル サポートの担当者から指示があった場合にだけ使用することをお勧めします。

 
関連コマンド

debug

no debug

show debug

username

ユーザ名認証を設定するには、 username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

username name { cifs-password { 0 plainword | 1 cryptoword } uid uid } | password { 0 plainword | 1 cryptoword } uid uid } | privilege { 0 | 15 } | samba-password }

no username name

 
構文の説明

name

ユーザ名。

cifs-password

Windows ユーザ パスワードを設定します。

0

暗号化されていない Windows ユーザ パスワードが続くことを指定します。

plainword

実際のクリアテキスト Windows ユーザ パスワード。

1

非表示の Windows ユーザ パスワードが続くことを指定します。

cryptoword

暗号化されたユーザ パスワード。

uid

パスワードに対するユーザ ID を設定します。

uid

テキスト パスワード ユーザ ID(2001~65535)。

password

ユーザ パスワードを設定します。

privilege

ユーザの特権レベルを設定します。

0

標準ユーザのユーザ特権レベル。

15

スーパーユーザのユーザ特権レベル。

samba-password

cifs-password と同じ(非推奨)。

 
デフォルト

password 値はデフォルトで 0(クリア テキスト)に設定されています。

デフォルトの管理者アカウント:

Uid:0

ユーザ名:admin

パスワード:デフォルト

特権:スーパーユーザ(15)

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

username グローバル コンフィギュレーション コマンドは、既存のユーザ アカウントのパスワードおよび特権レベルを変更します。

ユーザ認証

ユーザのアクセスは認証レベルで制御されます。 すべての CLI および API 要求などの WAE に着信するすべてのHTTP 要求について、認証レベルは指定されたユーザ名およびパスワードで認識できます。 CLI で設定されたパラメータに基づいて、要求を受け入れるか拒否するかの決定がなされます。 この決定は、ローカル認証を確認するか、リモート認証サーバにクエリーを送信することで行われます。 認証レベルは許可レベルとは切り離され、認証レベルでロールやドメインの概念はありません。

ローカル CLI 認証を使用すると、すべての設定済みユーザは、 show running-config コマンドを発行すると表示できます。

ユーザ許可

ドメインとロールは、許可レベルで WAE によって適用されます。 要求は、許可レベルによって検討される前に、認証レベルによって受け入れられる必要があります。 許可レベルでは、WAFS Manager GUI およびドメイン設定の指定されたロールに基づいて、リソースへのアクセスを規制します。

認証メカニズムに関係なく、すべてのユーザ許可設定は GUI で参照できます。

最初に WAE を WAFS ネットワークに接続したとき、すぐにユーザ名 admin (パスワードが デフォルト 、特権レベルがスーパーユーザ)のパスワードを変更する必要があります。 次のコマンドはパスワードを変更します。

WAE(config)# username admin password yoursecret
 

次の例は、パスワードと特権レベルを再設定する方法を示します。

WAE# show user username abeddoe
Uid : 2003
Username : abeddoe
Password : ghQ.GyGhP96K6
Privilege : normal user
 
WAE# show user username bwhidney
Uid : 2002
Username : bwhidney
Password : bhlohlbIwAMOk
Privilege : normal user
 
WAE(config)# username bwhidney password 1 victoria
 
WAE(config)# username abeddoe privilege 15
User's privilege changed to super user (=15)
 
WAE# show user username abeddoe
Uid : 2003
Username : abeddoe
Password : ghQ.GyGhP96K6
Privilege : super user
 
WAE# show user username bwhidney
Uid : 2002
Username : bwhidney
Password : mhYWYw.7P1Ld6
Privilege : normal user

 
関連コマンド

show user