Cisco WAFS 3.0 コマンド リファレンス
S コマンド
S コマンド
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

S コマンド

script

setup

show aaa accounting

show alarms

show arp

show authentication

show bypass

show cdp

show clock

show debugging

show disks

show flash

show hardware

show hosts

show inetd

show interface

show inventory

show ip access-list

show ip routes

show logging

show memory

show ntp

show print-services

show processes

show radius-server

show running-config

show smb-conf

show snmp

show ssh

show standby

show startup-config

show statistics authentication

show statistics icmp

show statistics ip

show statistics netstat

show statistics radius

show statistics services

show statistics snmp

show statistics tacacs

show statistics tcp

show statistics udp

show statistics wccp

show statistics windows-domain

show tacacs

show tcp

show tech-support

show telnet

show users

show version

show wccp

shutdown(インターフェイス コンフィギュレーション)

shutdown(EXEC)

smb-conf

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify inform

snmp-server user

snmp-server view

snmp trigger

speed

sshd

ssh-key-generate

standby

S コマンド

この章では、文字 S で始まる Cisco WAFS 3.0 ソフトウェア コマンドについて詳しく説明します。 各コマンドの説明は、構文、デフォルト値、コマンド モード、使用上の注意事項、および使用例で構成されます。

CLI コマンド モードの使用方法については、 第 1 章、「WAFS コマンドライン インターフェイスの使用方法」 を参照してください。

この章で説明するコマンドは、次のとおりです。

script

setup

show

show aaa accounting

show alarms

show arp

show authentication

show bypass

show cdp

show clock

show debugging

show disks

show flash

show hardware

show hosts

show inetd

show interface

show inventory

show ip access-list

show ip routes

show logging

show memory

show ntp

show print-services

show processes

show radius-server

show running-config

show smb-conf

show snmp

show ssh

show standby

show startup-config

show statistics authentication

show statistics icmp

show statistics ip

show statistics netstat

show statistics radius

show statistics services

show statistics snmp

show statistics tacacs

show statistics tcp

show statistics udp

show statistics wccp

show statistics windows-domain

show tacacs

show tcp

show tech-support

show telnet

show users

show version

show wccp

shutdown(インターフェイス コンフィギュレーション)

shutdown(EXEC)

smb-conf

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify inform

snmp-server user

snmp-server view

snmp trigger

speed

sshd

ssh-key-generate

standby

script

シスコが提供するスクリプトを実行するか、エラーがないかスクリプトを確認するには、 script EXEC コマンドを使用します。

script { check | execute } file_name

 
構文の説明

check

スクリプトの有効性を確認します。

execute

スクリプトを実行します。 スクリプト ファイルは、現在のディレクトリの SYSFS ファイルである必要があります。

file_name

スクリプト ファイルの名前。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

script EXEC コマンドはスクリプト ユーティリティを開き、これにより、シスコが提供するスクリプトを実行するか、このスクリプト内のエラーを確認できます。 スクリプト ユーティリティは、実行するスクリプトがユーザからの入力を必要とする場合は、ユーザからの標準端末入力を読み込めます。


) スクリプト ユーティリティは、シスコが提供するスクリプトだけを実行するように設計されています。 シスコのシグニチャがないスクリプト ファイルや、破損または変更されたスクリプト ファイルは実行できません。


次の例は、スクリプト ファイル test_script.pl にエラーがないか確認します。

WAE# script check test_script.pl

setup

WAE の基本構成設定(一般設定、デバイス ネットワーク コンフィギュレーション、およびディスク コンフィギュレーション)および一般的に使用されるキャッシュ サービスのセットを設定するには、 setup EXEC コマンドを使用します。 また、WAFS 3.x ソフトウェアへのアップグレード後、 setup EXEC コマンドを使用して、基本設定を完成することもできます。

setup

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

setup コマンドの使用方法の詳細は、『 Cisco WAFS 3.0 Configuration Guide 』を参照してください。

次の例は、WAE 稼働 WAFS ソフトウェアで、 setup EXEC コマンドを実行したときの、ウィザードの最初の画面を示します。

WAE# setup
Please choose an interface to configure from the following list:
1: GigabitEthernet 1/0
2: GigabitEthernet 2/0
 
Enter choice:
 
.
.
.
Press the ESC key at any time to quit this session
 

show aaa accounting

authentication, authorization, and accounting(AAA; 認証、許可、アカウンティング)設定を表示するには、 show aaa accounting EXEC コマンドを使用します。

show aaa accounting

 
構文の説明

accounting

次のアカウンティング タイプの AAA アカウンティング設定を表示します。

Exec シェル

コマンド(標準ユーザおよびスーパーユーザ)

システム

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show aaa accounting
Accounting Type Record event(s) Protocol
----------------------------------------------------
Exec shell start-stop tacacs
Command level 0 stop-only tacacs
Command level 15 disabled
System start-stop tacacs

 
関連コマンド

aaa accounting

show alarms

各種のアラーム、そのステータス、および履歴を表示するには、 show alarms EXEC コマンドを使用します。

show alarms [ critical [ detail [ support ]] | detail [ support ]] | history [[ start_num [ end_num [ detail [ support ]] | detail [ support ]] | critical [ start_num [ end_num [ detail [ support ]] | detail [ support ]]] | detail [ support ] | major [ start_num [ end_num [ detail [ support ]] | detail [ support ]]]] | [ minor [ start_num [ end_num [ detail [ support ]]] | detail [ support ]]]] | major [ detail [ support ]] | minor [ detail [ support ]] | status ]

 
構文の説明

critical

(オプション)クリティカル アラーム情報を表示します。

detail

(オプション)各アラームの詳細情報を表示します。

support

(オプション)各アラームの追加情報を表示します。

history

(オプション)さまざまなアラームの履歴に関する情報を表示します。

start_num

(オプション)アラーム履歴の最初に出現するアラーム番号。

end_num

(オプション)アラーム履歴の最後に出現するアラーム番号。

major

(オプション)メジャー アラームに関する情報を表示します。

minor

(オプション)マイナー アラームに関する情報を表示します。

status

(オプション)さまざまなアラームのステータスとアラーム オーバーロード設定を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

WAFS ソフトウェアの Node Health Manager により、WAFS アプリケーションはアラームを発生させ、エラーまたは注意を要する状態であることを教えます。 Node Health Manager は、このようなアラームのデータ リポジトリであり、WAE でモニタされるアプリケーション、サービス(CIFS サービスなど)、およびリソース(ディスク ドライブなど)のヘルスおよびアラーム情報を集約します。 たとえば、この機能により、WAE が大量のアラームを受信しているかどうかを判別するメカニズムが提供されます。 このようなアラームは「WAFS ソフトウェア アラーム」と呼ばれます。

WAFS ソフトウェアは、SNMP トラップを生成することにより、SNMP を使ってエラー状態を通知します。 次の WAE アプリケーションは、WAFS ソフトウェア アラームを生成できます。

Node Health Manager(アラーム過負荷状態)

System Monitor(sysmon)(ディスク障害用)

WAFS ソフトウェアには次の 3 つのアラーム レベルがあります。

クリティカル:WAE を介して既存のトラフィックに影響を与えるアラームで、致命的とみなされる(WAE は回復して、トラフィックを処理し続けることができません)。

メジャー:主要なサービス(たとえば、キャッシュ サービス)が損傷したか失われたことを示すアラーム。 このサービスを復元するには緊急の対策が必要です。 ただし、他のノード コンポーネントは完全に機能するため、既存のサービスに対する影響は最小限です。

マイナー:サービスに影響を与えない状況が発生しているが、重大な障害が発生しないように処置が必要なことを示すアラーム。

snmp-server enable traps alarms グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、アラームを設定できます。

show alarms critical EXEC コマンドを使用すると、WAFS ソフトウェア アプリケーションによって生成されている現在のクリティカル アラームを表示できます。 show alarms critical detail EXEC コマンドを使用すると、生成されている各クリティカル アラームの追加の詳細情報を表示できます。 アラームが発生した状況に関する説明と問題の原因を検出する方法は、 show alarms critical detail support EXEC コマンドを使用すると、表示されます。 同様に、メジャーおよびマイナー アラームの詳細情報も、 show alarms major および show alarms minor EXEC コマンドを使用して表示できます。

WAE 上で WAFS ソフトウェアによって生成され、クリアされたアラームの履歴を表示するには、 show alarms history EXECコマンドを使用します。 WAFS ソフトウェアだけが、直近の 100 個のアラーム生成およびクリア イベントを保持できます。

show alarm status EXEC コマンドを使用して現在のアラームのステータス、WAE のアラーム過負荷状態およびアラーム過負荷設定を表示します。

次の show alarm history コマンドの出力例は、最後のリロード以降に WAE で生成されたすべてのメジャー アラームを表示します。

WAE# show alarms history
 
Op Sev Alarm ID Module/Submodule Instance
-- --- -------------------- -------------------- --------------------
1 R Cr svcdisabled nodemgr smbd
2 C Mi servicedead nodemgr smbd
3 R Mi servicedead nodemgr smbd
4 C Mi servicedead nodemgr actastor_watchdog
5 R Mi servicedead nodemgr actastor_watchdog
6 C Mi servicedead nodemgr actastor_watchdog
7 R Mi servicedead nodemgr actastor_watchdog
 
Op - Operation: R-Raised, C-Cleared
Sev - Severity: Cr-Critical, Ma-Major, Mi-Minor
 

次の show alarm history コマンドの出力例は、アラーム履歴イベント記録のアラーム 1~3 の完全な詳細情報を表示します。

WAE# show alarms history 1 3 detail support
 
Op Sev Alarm ID Module/Submodule Instance
-- --- -------------------- -------------------- --------------------
1 R Cr svcdisabled nodemgr smbd
Mar 20 00:38:21.224 IST, Processing Error Alarm, #000013, 2000:330001
nodemgr: The smbd service has been disabled.
 
/alm/crit/nodemgr/-service name-/svcdisabled:
 
-service name- service has been disabled.
 
Explanation:
The node manager tried restarting the specified service but
the service kept restarting. The number of restarts has
exceeded an internal limit and the service has been
disabled.
 
Action:
The device may have to be reloaded for the service to be
reenabled.
 
2 C Mi servicedead nodemgr smbd
Mar 20 00:38:21.222 IST, Processing Error Alarm, #000003, 2000:330004
nodemgr: The smbd service died.
 
/alm/min/nodemgr/-service_name-/servicedead:
 
-service name- service died.
 
Explanation:
The node manager found the specified service to be dead.
Attempts will be made to restart this service.
 
Action:
Examine the syslog for messages relating to cause of service
death. The alarm will be cleared if the service stays
alive and does not restart in a short while.
 
3 R Mi servicedead nodemgr smbd
Mar 20 00:38:00.031 IST, Processing Error Alarm, #000003, 2000:330004
nodemgr: The smbd service died.
 
/alm/min/nodemgr/-service_name-/servicedead:
 
-service name- service died.
 
Explanation:
The node manager found the specified service to be dead.
Attempts will be made to restart this service.
 
Action:
Examine the syslog for messages relating to cause of service
death. The alarm will be cleared if the service stays
alive and does not restart in a short while.
 
Op - Operation: R-Raised, C-Cleared
Sev - Severity: Cr-Critical, Ma-Major, Mi-Minor
 

次の show alarm status コマンドの出力例は、クリティカル、メジャー、およびマイナー アラームのステータスと、 WAE のアラーム過負荷状態およびアラーム過負荷設定を表示します。

WAE# show alarms status
 
Critical Alarms : 1
Major Alarms : 0
Minor Alarms : 0
 
Overall Alarm Status : Critical
Device is NOT in alarm overload state.
 
Device enters alarm overload state @ 10 alarms/sec.
Device exits alarm overload state @ 1 alarms/sec.
Overload detection is ENABLED.
 
WAE#

 
関連コマンド

alarm overload-detect

snmp-server enable traps

show arp

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス レゾリューション プロトコル)テーブルを表示するには、 show arp EXEC コマンドを使用します。

show arp

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show arp
Protocol Address Flags Hardware Addr Type Interface
Internet 10.56.40.17 Adj 00:06:5B:FE:4D:05 ARPA GigabitEthernet1/0
Internet 10.56.40.2 Adj 00:0F:F8:A0:9F:8A ARPA GigabitEthernet1/0
Internet 10.56.40.1 Adj 00:00:0C:07:AC:01 ARPA GigabitEthernet1/0
 

show arp コマンドは、アドレス レゾリューション プロトコルのインターネットからイーサネットへのアドレス変換テーブルを表示します。 フラグがない場合は、ホスト名の現在の ARP エントリが表示されます。

表16-1 に、表示されるフィールドについて説明します。

 

表16-1 show arp 出力フィールド説明

フィールド
説明

Protocol

プロトコルのタイプ

Address

ホスト名の IP アドレス

Flags

現在の ARP フラグ ステータス

Hardware Addr

コロンで区切られた 6 個の 16 進バイトで示されるハードウェア IP アドレス

Type

ワイドエリア ネットワークのタイプ

Interface

インターフェイスの名前およびスロット/ポート情報

show authentication

認証設定を表示するには、 show authentication EXEC コマンドを使用します。

show authentication { print-services | user }

 
構文の説明

print-services

WAFS プリント サービスの認証設定を表示します。

user

システムにログインするユーザの認証設定を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

WAFS 3.x ソフトウェアでは、Windows ドメイン サーバを介したプリント サービス要求認証をサポートします。 プリント サービス要求は、WAE によって処理されるユーザの要求を許可する前に、事前に設定された Windows ドメイン サーバでユーザのドメインとパスワードを認証します。 プリント サービス要求の認証を表示するには、 show authentication print-services EXEC コマンドを使用します。 プリント サービスのユーザ許可を表示するには、 show print-services admin-group EXEC コマンドを使用します。

WAE が、NTLM、LDAP、TACACS+、RADIUS、または Windows ドメイン サーバを介してユーザを認証すると、認証の記録がローカルに保存されます。 そのエントリが保存されている限り、同一ユーザによる制限されたインターネット コンテンツへのその後のアクセスで、再度サーバをルックアップする必要はありません。 ユーザ ログインに対するローカルおよびリモートの認証設定を表示するには、 show authentication user コマンドを使用します。

次の例は、プリント サービスの認証および許可情報を表示します。

WAE# show authentication print-services
Windows domain server authenticates the Print Services
WAE# show print-services admin-group
There is no configured administrator group for print-services.
 

次の例は、ユーザのログイン認証および許可についてのローカル、Windows ドメイン、RADIUS、および TACACS+ の設定を表示します。

WAE# show authentication user
Login Authentication: Console/Telnet/Ftp/SSH Session
----------------------------- ------------------------------
local enabled (primary)
Windows domain enabled
Radius disabled
Tacacs+ disabled
 
Configuration Authentication: Console/Telnet/Ftp/SSH Session
----------------------------- ------------------------------
local enabled (primary)
Radius disabled
Tacacs+ disabled
 

 
関連コマンド

authentication configuration

authentication login

show statistics authentication

clear statistics authentication

show bypass

静的バイパス設定情報を表示するには、 show bypass EXEC コマンドを使用します。

show bypass list

 
構文の説明

list

バイパス リストのエントリ。 最大 50 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

静的バイパス エントリの最大数は 50 です。

次の例は、バイパス リストのエントリ一覧を表示します。

WAE# show bypass list
 
Client Server Entry type
------ ------ ----------
172.16.11.11:0 any-server:0 static-config
any-client:0 172.31.23.23:0 static-config
 

 
関連コマンド

bypass

show cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP)設定情報を表示するには、 show cdp EXEC コマンドを使用します。

show cdp [ entry neighbor [ protocol | version [ protocol ]] | holdtime | interface [ FastEthernet slot/port | GigabitEthernet slot/port ] | neighbors [ detail | FastEthernet slot/port [ detail ] | GigabitEthernet slot/port [ detail ]] | run | timer | traffic ]

 
構文の説明

entry

(オプション)特定のネイバ エントリの情報を表示します。

neighbor

CDP ネイバ エントリの名前。

protocol

(オプション)CDP プロトコル情報。

version

(オプション)CDP のバージョン。

holdtime

(オプション)CDP 情報がネイバによって保持される時間の長さを表示します。

interface

(オプション)インターフェイスのステータスと設定を表示します。

FastEthernet

(オプション)ファスト イーサネット設定を表示します。

slot/port

ファスト イーサネット スロット(0~3)およびポート番号。

GigabitEthernet

(オプション)ギガビット イーサネット設定を表示します。

slot/port

ギガビット イーサネット スロット(1~2)およびポート番号。

neighbors

(オプション)CDP ネイバ エントリを表示します。

detail

(オプション)詳細なネイバ エントリ情報を表示します。

FastEthernet

(オプション)ネイバ ファスト イーサネット情報を表示します。

slot/port

ネイバ ファスト イーサネット スロット(0~3)およびポート番号。

detail

詳細なネイバ ファスト イーサネット ネットワーク情報。

GigabitEthernet

(オプション)ネイバ ギガビット イーサネット情報を表示します。

slot/port

ネイバ ギガビット イーサネット スロット(1~2)およびポート番号。

detail

(オプション)詳細なギガビット イーサネット ネイバ ネットワーク情報。

run

(オプション)CDP プロセスのステータスを表示します。

timer

(オプション) CDP 情報がネイバに再送信される時間を表示します。

traffic

(オプション)CDP 統計情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、CDP パケットがネイバに再送信される頻度、ネイバによって CDP パケットが保持される時間、CDP バージョン 2 マルチキャスト アドバタイズの無効化したステータス、CDP イーサネット インターフェイス ポート、CDP トラフィックの概要など、CDP に関する情報を表示します。

WAE# show cdp
Global CDP information:
Sending CDP packets every 60 seconds
Sending a holdtime value of 180 seconds
Sending CDPv2 advertisements is not enabled
 
WAE# show cdp holdtime
180 seconds
 
WAE# show cdp interface gigabitethernet 1/0
GigabitEthernet1/0 is up, line protocol is up
Encapsulation ARPA
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
 
WAE# show cdp neighbors gigabitethernet 1/0 detail
Device ID: actona-core1-6513(L)
Entry address(es):
IP address: 10.10.40.3
Platform: cisco WS-C6513, Capabilities: Router Switch IGMP
Interface: GigabitEthernet1/0, Port ID (outgoing port): GigabitEthernet5/30
Holdtime : 124 sec
 
Version :
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) c6sup2_rp Software (c6sup2_rp-PS-M), Version 12.1(26)E, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2005 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 24-Dec-04 08:02
 
advertisement version: 2
VTP Management Domain: 'actona'
Native VLAN: 1
 
WAE# show cdp traffic
CDP counters :
Total packets Output: 188242, Input: 186151
Hdr syntax: 0, Chksum error: 0, Encaps failed: 0
No memory: 0, Invalid packet: 0, Fragmented: 0
CDP version 1 advertisements Output: 188242, Input: 93072
CDP version 2 advertisements Output: 0, Input: 93079
 

 
関連コマンド

cdp enable

cdp holdtime

cdp timer

clear cdp counters

clear cdp table

show clock

システム クロックを表示するには、 show clock EXEC コマンドを使用します。

show clock [ detail | standard-timezones { all | details timezone | regions | zones region-name } ]

 
構文の説明

detail

(オプション)詳細情報を表示します。クロック ソース(NTP)と現在の夏時間設定(ある場合)を示します。

standard-timezones

(オプション)標準時間帯に関する情報を表示します。

all

すべての標準時間帯(約 1500 の時間帯)を表示します。 各時間帯を個別の行でリストします。

details

特定の時間帯の詳細情報を表示します。

timezone

時間帯の名前。

regions

すべての標準時間帯の地域名を表示します。 1500 の時間帯すべてが地域別に、ディレクトリに編成されています。

zones

指定された地域内のすべての時間帯の名前を表示します。

region-name

地域の名前。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

WAFS システムには、事前に定義されたいくつかの「標準」時間帯があります。 夏時間情報が組み込まれている時間帯もあれば、そうでない時間帯もあります。 たとえば、アメリカ合衆国(US)の東部地域にいる場合、夏時間情報を含んだ US/Eastern 時間帯を使用して、システム クロックが毎 4 月および 10 月に自動的に調整されるようにする必要があります。 約 1500 の「標準」時間帯名があります。

標準時間帯が設定されている場合、厳密な確認により clock summertime コマンドは無効になります。 夏時間は、時間帯が標準時間帯でない(つまり、時間帯が「カスタマイズ」時間帯である)場合にしか設定できません。

show clock standard-timezones all EXEC コマンドにより、すべての標準時間帯を参照し、事前に定義されたこれらの時間帯から選択できます。 これにより、標準時間帯の事前に定義された名前と競合しないカスタマイズ名を選択できます。 大部分の標準時間帯の事前に定義された名前には、地域名とゾーン名の 2 つの要素があります。 時間帯は、地域やゾーンなどいくつかの条件でリストできます。

次の例は、イスラエルの標準時間(Coordinated Universal Time(UTC; 世界標準時) + 2 時間)を基準にした現地時間の曜日、月、時刻(hh:mm:ss)、年などの日付時刻情報を示します。

WAE# show clock
Local time: Wed Apr 6 20:03:56 IST 2005

次の例は、UTC を基準にした現地時間などの、オプションの詳細な日付時刻情報を示します。 show clock detail では、前の例で示す情報以外に、世界標準時(UTC)オフセットおよび現地の時間帯も表示します。

WAE# show clock detail
Local time: Wed Apr 6 20:10:40 IST 2005
 
UTC time: Wed Apr 6 18:10:40 UTC 2005
 
Epoch: 1112811040 seconds
UTC offset: 7200 seconds (2 hours 0 minutes)
 

次の例は、 show clock standard-timezones all EXEC コマンドの出力の一部です。 リストの一部を示します。 各時間帯を個別の行でリストします。

WAE # show clock standard-timezones all
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
Africa/Algiers
Africa/Asmera
Africa/Bamako
Africa/Bangui
Africa/Banjul
Africa/Bissau
Africa/Blantyre
Africa/Brazzaville
Africa/Bujumbura
Africa/Casablanca
Africa/Ceuta
Africa/Conakry
Africa/Dakar
Africa/Dar_es_Salaam
Africa/Djibouti
.
.

.

次の例は、 show clock standard-timezones region EXEC コマンドの出力の一部です。 第 1 レベルの時間帯名とディレクトリがすべて表示されています。 1500 の時間帯すべてが地域別にディレクトリに編成されています。

WAE # show clock standard-timezones regions
Africa/
America/
Antarctica/
Arctic/
Asia/
Atlantic/
Australia/
Brazil/
CET
.
.
.
US/
UTC
Universal
W-SU
WET
Zulu
 

次の例は、 show clock standard-timezones zones EXEC コマンドの出力の一部です。 このコマンドは、指定された地域(たとえば、US 地域)内のすべての時間帯名を表示します。

WAE # show clock standard-timezones zones US
Zones within region US
======================
 
US/Alaska
US/Aleutian
US/Arizona
US/Central
US/East-Indiana
US/Eastern
US/Hawaii
US/Indiana-Starke
US/Michigan
US/Mountain
US/Pacific
US/Samoa
 

次の例は、 show clock standard-timezones details EXEC コマンドの出力の一部です。 時間帯は大文字小文字を区別します。 このコマンドは、指定された時間帯(たとえば、US/Eastern 時間帯)に関する詳細情報を表示します。 コマンドの出力には Greenwich mean time(GMT; グリニッジ標準時)からの標準オフセットも含まれています。

WAE # show clock standard-timezones details US/Eastern
US/Eastern is standard timezone.
Getting offset information (may take a while) ...
Standard offset from GMT is -300 minutes (-5 hour(s)).
It has built-in summertime.
Summer offset from GMT is -240 minutes. (-4 hour(s)).
 

 
関連コマンド

clock summertime

clock timezone

show debugging

各デバッグ オプションの状態を表示するには、 show debugging EXEC コマンドを使用します。

show debugging

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
使用上の注意事項

このコマンドが表示するのは有効化されたデバッグ タイプだけで、特定のコマンドのサブセットは表示しません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例では、 debug wccp コマンドと組み合わせた show debugging コマンドが、Web Cache
Coordination Protocol(WCCP)デバッグが有効になったことを示し、イベントをモニタリングしています。

WAE# debug wccp ?
all WCCP Turn on all debugging
detail WCCP detailed information
error WCCP error information
events WCCP events
keepalive WCCP keepalive to applications
packets WCCP packet-related information
slowstart WCCP slowstart information
WAE# debug wccp events
WAE# show debug
Debug wccp (events) is ON

 
関連コマンド

debug

undebug

show disks

ディスクに関する情報を表示するには、 show disks EXEC コマンドを使用します。

show disks { details | failed-sectors [ disk_name ] | SMART-info [ details ]}

 
構文の説明

details

現在有効な設定を詳細情報とともに表示します。

failed-sectors

全ディスクの障害のあるセクターのリストを表示します。

disk_name

(オプション)障害のあるセクターが表示されているディスクの名前(disk00 または disk01)。

SMART-info

ハードドライブ診断情報および近い将来のディスク障害に関する情報を表示します。

details

(オプション)詳細な SMART ディスク モニタリング情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

show disks details コマンドは、リブート後、各ファイル システムに割り当てられたディスク領域の割合や量、ディスク ドライブの動作ステータスを表示します。

WAFS 3.0 は、IDE、SCSI、および SATA ディスクの単一障害セクションに対する、複数の Syslog メッセージのフィルタリングをサポートします。 全ディスク ドライブにおける障害のあるセクターのリストを表示するには、 show disks failed-sectors EXEC コマンドを入力します。

WAE# show disks failed-sectors
disk00
=========
89923
9232112
 
disk01
=========
(None)
 

特定のディスク ドライブのみにおける障害のあるセクターのリストを表示するには、 show disks failed-sectors コマンドの入力時に、ディスクの名前を指定します。 次の例は、disk01 における障害のあるセクターのリストを表示する方法を示します。

WAE# show disks failed-sectors disk01
disk01
=========
(None)
 

ディスク障害がある場合は、メッセージが表示され、ログイン時にこの状況について通知します。

SMART によるディスク ヘルスの予防的モニタリング

Self Monitoring, Analysis, and Reporting Technology(SMART)を使用すると、ディスク ヘルスの予防的モニタリング機能が利用できます。 SMART は、ハードドライブ診断情報および近い将来のディスク障害に関する情報を提供します。

SMART はほとんどのディスク ベンダーによってサポートされており、ディスク ヘルスを判断する標準的な方法です。 SMART の属性にはいくつかの読み取り専用属性があり(たとえば、稼動時間属性や、ロードおよびアンロード カウント属性)、これにより WAFS ソフトウェアに、近い将来のディスク障害を示唆する動作および環境状態に関する情報を提供します。

SMART のサポートは、ベンダーおよびドライブ テクノロジー(Integrated Drive Electronics(IDE)または Small Computer Systems Interface(SCSI) ディスク ドライブ)依存です。 各ディスク ベンダーで、サポートしている SMART 属性セットは異なります。

SMART 属性はベンダーに依存しますが、ほとんどの SMART 属性を解釈する一般的な方法があります。 各 SMART 属性には、正規化された現在値としきい値があります。 現在値がしきい値を超えると、ディスクは「障害が発生した」とみなされます。 WAFS ソフトウェアは SMART 属性をモニタし、Syslog メッセージ、SNMP トラップ、およびアラームを介して、将来の障害を通知します。

SMART 情報を表示するには、 show disks SMART-info EXEC コマンドを使用します。 詳細な SMART 情報を表示するには、 show disks SMART-info details EXEC コマンドを入力します。 show
tech-support
EXEC コマンドの出力には、SMART 情報も含まれます。

次の例では、 show disks details EXEC コマンドを実行して、WAE での現在のディスク設定に関する詳細情報を表示します。

WAE# show disks details
 
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Normal (h01 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
 
 
Mounted filesystems:
 
MOUNT POINT TYPE DEVICE SIZE INUSE FREE USE%
/ root /dev/root 33MB 27MB 6MB 81%
/swstore internal /dev/md1 495MB 210MB 285MB 42%
/state internal /dev/md2 4031MB 64MB 3967MB 1%
/disk00-04 WAFSFS /dev/md4 63035MB 32MB 63003MB 0%
/local/local1 SYSFS /dev/md5 3967MB 490MB 3477MB 12%
.../local1/spool PRINTSPOOL /dev/md6 991MB 16MB 975MB 1%
/sw internal /dev/md0 991MB 290MB 701MB 29%
 
 
Software RAID devices:
 
DEVICE NAME TYPE STATUS PHYSICAL DEVICES AND STATUS
/dev/md0 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/00[GOOD] disk01/00[GOOD]
/dev/md1 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/01[GOOD] disk01/01[GOOD]
/dev/md2 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/02[GOOD] disk01/02[GOOD]
/dev/md3 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/03[GOOD] disk01/03[GOOD]
/dev/md4 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/04[GOOD] disk01/04[GOOD]
/dev/md5 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/05[GOOD] disk01/05[GOOD]
/dev/md6 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/06[GOOD] disk01/06[GOOD]
 
Currently WAFSFS RAID level is not configured to change.
 

次の例は、 show disks SMART-info EXEC コマンドの出力を示します。

WAEA# show disks SMART-info
=== disk00 ===
=== START OF INFORMATION SECTION ===
Device Model: Maxtor 6Y080M0
Serial Number: 12345678
Firmware Version: YAR51HW0
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: 7
ATA Standard is: ATA/ATAPI-7 T13 1532D revision 0
Local Time is: Tue Jun 14 06:58:45 2005 IST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled
 
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED
 
 
=== disk01 ===
=== START OF INFORMATION SECTION ===
Device Model: Maxtor 6Y080M0
Serial Number: 87654321
Firmware Version: YAR51HW0
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: 7
ATA Standard is: ATA/ATAPI-7 T13 1532D revision 0
Local Time is: Tue Jun 14 06:58:46 2005 IST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled
 
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED
 

詳細な SMART 情報を表示するには、 show disks SMART-info details EXEC コマンドを入力します。

WAE# show disks SMART-info details
=== disk00 ===
=== START OF INFORMATION SECTION ===
Device Model: Maxtor 6Y080M0
Serial Number: 12345678
Firmware Version: 91011121
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: 7
ATA Standard is: ATA/ATAPI-7 T13 1532D revision 0
Local Time is: Tue Jun 14 07:00:19 2005 IST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled
 
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED
 
SMART Attributes Data Structure revision number: 16
ID: SMART Attribute ID
VALUE: normalized value (range 1-254)
Attribute fails if the value is less than
or equal to the threshold value.
WORST: worst VALUE in history
THRESH: threshold attribute value
TYPE: type of the attribute, where
* Pre-fail - Failure of the attribute indicates pending disk failure
* Old-age - Failure of the attribute indicate end-of-product
life from aging or wearout
UPDATED: when the attribute value gets updated, where
* off-line - updated during off-line data collection activities
* always - updated both off-line and normal disk operation time
WHEN_FAILED: when the failure of the attribute happened
(FAILING_NOW/In_the_past)
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME VALUE WORST THRESH TYPE UPDATED WHEN_FAILED R
AW_VALUE
3 Spin_Up_Time 252 252 063 Pre-fail Always -
4 Start_Stop_Count 253 253 000 Old_age Always - 5
5 Reallocated_Sector_Ct 253 253 063 Pre-fail Always -
6 Read_Channel_Margin 253 253 100 Pre-fail Offline -
7 Seek_Error_Rate 253 252 000 Old_age Always - 0
8 Seek_Time_Performance 245 241 187 Pre-fail Always -
9 Power_On_Minutes 246 246 000 Old_age Always - 2
96h+29m
10 Spin_Retry_Count 252 252 157 Pre-fail Always -
11 Calibration_Retry_Count 252 252 223 Pre-fail Always -
12 Power_Cycle_Count 253 253 000 Old_age Always - 7
192 Power-Off_Retract_Count 253 253 000 Old_age Always - 0
193 Load_Cycle_Count 253 253 000 Old_age Always - 0
194 Temperature_Celsius 253 253 000 Old_age Always - 2
5
195 Hardware_ECC_Recovered 253 252 000 Old_age Always - 2
949
196 Reallocated_Event_Count 253 253 000 Old_age Offline - 0
197 Current_Pending_Sector 253 253 000 Old_age Offline - 0
198 Offline_Uncorrectable 253 253 000 Old_age Offline - 0
199 UDMA_CRC_Error_Count 199 199 000 Old_age Offline - 0
200 Multi_Zone_Error_Rate 253 252 000 Old_age Always - 0
201 Soft_Read_Error_Rate 253 250 000 Old_age Always - 6
202 TA_Increase_Count 253 252 000 Old_age Always - 0
203 Run_Out_Cancel 253 252 180 Pre-fail Always -
204 Shock_Count_Write_Opern 253 252 000 Old_age Always - 0
205 Shock_Rate_Write_Opern 253 252 000 Old_age Always - 0
207 Spin_High_Current 252 252 000 Old_age Always - 0
208 Spin_Buzz 252 252 000 Old_age Always - 0
209 Offline_Seek_Performnce 253 253 000 Old_age Offline - 0
99 Unknown_Attribute 253 253 000 Old_age Offline - 0
100 Unknown_Attribute 253 253 000 Old_age Offline -
101 Unknown_Attribute 253 253 000 Old_age Offline - 0
 
SMART Error Log Version: 1
No Errors Logged
 
 
=== disk01 ===
=== START OF INFORMATION SECTION ===
Device Model: Maxtor 6Y080M0
Serial Number: 12345789
...
208 Spin_Buzz 252 252 000 Old_age Always - 0
209 Offline_Seek_Performnce 253 253 000 Old_age Offline - 0
99 Unknown_Attribute 253 253 000 Old_age Offline - 0
100 Unknown_Attribute 253 253 000 Old_age Offline - 0
101 Unknown_Attribute 253 253 000 Old_age Offline - 0
 
SMART Error Log Version: 1
No Errors Logged
 

 
関連コマンド

disk (EXEC モード)

show tech-support

show flash

フラッシュ メモリのバージョンと使用状況の情報を表示するには、 show flash EXEC コマンドを使用します。

show flash

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、フラッシュ メモリ情報を表示します。 新しいソフトウェア イメージがダウンロードされていますが、まだ配備されていません。

WAE# show flash
Pending software change will occur on next bootup.
Information that follows is for the new software that will run.
WAFS software version (disk-based code): WAFS-3.0.0-b260
 
System image on flash:
Version: DEVELOPMENT[wafs-build2:/local/users/admin/wafs]
 
System flash directory:
System image: 97 sectors
Bootloader, rescue image, and other reserved areas: 24 sectors
256 sectors total, 135 sectors free.
 

show hardware

システム ハードウェアのステータスを表示するには、 show hardware EXEC コマンドを使用します。

show hardware

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、バージョン番号、起動した日時、起動後の実行時間、マイクロプロセッサのタイプと速度、利用可能な物理メモリの量、ディスク ドライブの一覧など、システム ハードウェアのステータスをリストします。

WAE# show hardware
Wide Area Filesystem Software (WAFS)
Copyright (c) 1999-2005 by Cisco Systems, Inc.
Wide Area Filesystem Software Release 3.0.0 (build b260 Jun 7 2005)
Version: fe511-DEVELOPMENT[wafs-build2:/local/users/admin/wafs]
 
Compiled 10:45:01 Jun 7 2005 by admin
 
System was restarted on Tue Jun 14 06:34:31 2005.
The system has been up for 47 minutes, 59 seconds.
 
CPU 0 is GenuineIntel Intel(R) Celeron(R) CPU 2.80GHz (rev 3) running at 2800MHz
.
Total 1 CPU.
512 Mbytes of Physical memory.
1 CD ROM drive (CD-224E)
2 GigabitEthernet interfaces
1 Console interface
2 USB interfaces [Not supported in this version of software]
 
Manufactured As: FE-511-K9 [-[8836C9X]-]
 
BIOS Information:
Vendor : IBM
Version : -[KEEC25AUS-1.25]-
Rel. Date : 08/17/2004
 
Cookie info:
SerialNumber: 12345678
SerialNumber (raw): 75 80 66 65 82 49 48 0 0 0 0
TestDate: 1-30-2005
ExtModel: FE511
ModelNum (raw): 55 0 0 0 1
HWVersion: 1
PartNumber: 53 54 55 56 57
BoardRevision: 1
ChipRev: 1
VendID: 0
CookieVer: 2
Chksum: 0xfcd3
 
List of all disk drives:
 
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Normal (h01 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
 
 
Mounted filesystems:
 
MOUNT POINT TYPE DEVICE SIZE INUSE FREE USE%
/ root /dev/root 33MB 27MB 6MB 81%
/swstore internal /dev/md1 495MB 210MB 285MB 42%
/state internal /dev/md2 4031MB 65MB 3966MB 1%
/disk00-04 WAFSFS /dev/md4 63035MB 32MB 63003MB 0%
/local/local1 SYSFS /dev/md5 3967MB 491MB 3476MB 12%
.../local1/spool PRINTSPOOL /dev/md6 991MB 16MB 975MB 1%
/sw internal /dev/md0 991MB 290MB 701MB 29%
 
 
Software RAID devices:
 
DEVICE NAME TYPE STATUS PHYSICAL DEVICES AND STATUS
/dev/md0 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/00[GOOD] disk01/00[GOOD]
/dev/md1 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/01[GOOD] disk01/01[GOOD]
/dev/md2 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/02[GOOD] disk01/02[GOOD]
/dev/md3 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/03[GOOD] disk01/03[GOOD]
/dev/md4 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/04[GOOD] disk01/04[GOOD]
/dev/md5 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/05[GOOD] disk01/05[GOOD]
/dev/md6 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/06[GOOD] disk01/06[GOOD]
 
Currently WAFSFS RAID level is not configured to change.
 

 
関連コマンド

show disks

show version

show hosts

WAE のホストを表示するには、 show hosts EXEC コマンドを使用します。

show hosts

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の show hosts コマンドの例は、ネーム サーバと対応する IP アドレスをリストします。 また、ホスト テーブル サマリーとして、ホスト名、対応する IP アドレス、および対応するエイリアス(該当する場合)もリストします。

WAE# show hosts
Domain names:
------------
cisco.com
 
Name Server(s):
-------------
10.10.40.17
 
Host Table:
hostname inet address aliases
-------- ------------ -------
localhost 192.0.0.1
wafs-511-30.cisco.com 10.10.41.180 wafs-511-30
wafs-511-30.cisco.com 192.168.12.180 wafs-511-30

show inetd

TCP/IP サービスのステータスを表示するには、 show inetd EXEC コマンドを使用します。

show inetd

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、TCP/IP サービスが有効であるか、無効であるかのステータスを表示します。

WAE# show inetd
Inetd service configurations:
ftp enable
rcp disabled
tftp disabled

 
関連コマンド

inetd

show interface

ハードウェア インターフェイス情報を表示するには、 show interface EXEC コマンドを使用します。

show interface { FibreChannel slot/port | GigabitEthernet slot/port | ide control_num | PortChannel port-num | scsi device_num | Standby group_num | usb }

 
構文の説明

FibreChannel

ファイバ チャネル インターフェイスのデバイス情報を表示します。

slot/port

ファイバ チャネル インターフェイスのスロットおよびポート番号。 スロットの範囲は 0~0 で、ポートの範囲は 0~0 です。スロットおよびポート番号はスラッシュ(/)で区切ります。

GigabitEthernet

ギガビット イーサネット インターフェイスのデバイス情報を表示します(適切に装備されたシステム上のみ)。

slot/port

ギガビット イーサネット インターフェイスのスロットおよびポート番号。 スロットの範囲は 0~3 で、ポートの範囲は 0~3 です。スロットおよびポート番号はスラッシュ(/)で区切ります。

ide

Integrated Drive Electronics(IDE)インターフェイスのデバイス情報を表示します。

control_num

IDE コントローラ番号(0~1)。

PortChannel

ポート チャネル インターフェイスのデバイス情報を表示します。

port-num

ポート チャネル インターフェイスのポート番号(1~2)。

scsi

SCSI インターフェイスのデバイス情報を表示します。

device_num

SCSI デバイス番号(0~7)。

Standby

スタンバイ グループ情報を表示します。

group_num

スタンバイ グループ番号(1~4)。

usb

Universal Serial Bus(USB)インターフェイス デバイス情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、WAE に設定されたギガビット イーサネット インターフェイス スロット 1/ポート 0 の情報を表示します。

WAE# show interface GigabitEthernet 1/0
Type:Ethernet
Ethernet address:00:0D:60:84:30:84
Internet address:10.56.41.180
Broadcast address:10.56.43.255
Netmask:255.255.252.0
Maximum Transfer Unit Size:1500
Metric:1
Packets Received: 49288883
Input Errors: 0
Input Packets Dropped: 0
Input Packets Overruns: 0
Input Packets Frames: 0
Packet Sent: 547899
Output Errors: 0
Output Packets Dropped: 0
Output Packets Overruns: 0
Output Packets Carrier: 0
Output Queue Length:1000
Collisions: 0
Interrupts:18
Base address:0x2000
Flags:UP BROADCAST RUNNING MULTICAST
Mode: autoselect, full-duplex, 1000baseTX
 

次の例は、WAE に設定されたポート チャネル インターフェイスの情報を表示します。

ContentDistributionManager# show interface PortChannel 1
Interface PortChannel 1 (0 physical interface(s)):
---------------------
Type:Ethernet
Ethernet address:00:00:00:00:00:00
Maximum Transfer Unit Size:1500
Metric:1
Packets Received: 0
Input Errors: 0
Input Packets Dropped: 0
Input Packets Overruns: 0
Input Packets Frames: 0
Packet Sent: 0
Output Errors: 0
Output Packets Dropped: 0
Output Packets Overruns: 0
Output Packets Carrier: 0
Output Queue Length:0
Collisions: 0
Flags:BROADCAST MASTER MULTICAST
 

次の例は、WAE に設定された SCSI インターフェイスの情報を表示します。

ContentDistributionManager# show interface scsi 1
SCSI interface 0: LSI Chip sym53c895, device id 0xc, revision id 0x2
 

次の例は、WAE のスタンバイ インターフェイスの情報を表示します。

WAE# show interface Standby 4
Standby Group: 4
Description: This is an interface that acts as a backup
IP address: 1.2.3.4, netmask: 255.0.0.0
Member interfaces: none
Active interface: none
WAE#
 

 
関連コマンド

interface

show running-config

show startup-config

show inventory

システム コンポーネント情報を表示するには、 show inventory EXEC コマンドを使用します。

show inventory

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

show inventory コマンドにより、WAE の unique device identifier(UDI)情報を表示できます。 通常、Cisco WAE には次の 3 つの ID 項目が含まれており、それにより UDI を構成します。

Product ID(PID; 製品 ID)

Version ID(VID; バージョン ID)

Serial number(SN; シリアル番号)

ID 情報は、WAE の不揮発性メモリに保存されています。

UDI は、製品のオペレーティング システムまたはネットワーク管理アプリケーションによって電子的にアクセスされ、固有のハードウェア デバイスの識別を可能にします。 UDI のデータ整合性はお客様に不可欠です。 WAE の不揮発性メモリにプログラミングされている UDI は、製品ラベルおよび輸送用カートンのラベルに記載されている UDI と同じです。 また、電子的手段で表示できるもの、およびお客様の目に触れるシステムやツールの UDI とも同じです。 現在は CLI でしか UDI にアクセスできません。SNMP がUDI 情報にアクセスすることはありません。

show tech-support EXEC コマンドを使用しても WAE の UDI を表示できます。

次の例は、WAE モデル WAE-511 のコンポーネント情報を示します。

WAE# show inventory
 
PID: WAE-511-K9 VID: 0 SN: serial_number
 

この例で、 serial number は WAE のシリアル番号です。 バージョン ID は「0」として表示されます。バージョン番号が取得できないためです。

 
関連コマンド

show tech-support

show ip access-list

特定のインターフェイスまたはアプリケーションに対して定義、適用されるアクセス リストを表示するには、show ip access-list EXEC コマンドを使用します。

show ip access-list [ acl-name | acl-num ]

 
構文の説明

acl-name

(オプション)文字で始まる最大 30 文字の英数字の ID を使用する、特定のアクセス リストの情報を表示します。

acl-num

(オプション)数値の ID(標準アクセス リストの場合は 0~99、拡張アクセス リストの場合は 100~199)を使用する、特定のアクセス リストの情報を表示します。

 
デフォルト

すべての定義済みアクセス リストに関する情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

現在のシステムで定義されているアクセス リストを表示するには、show ip access-list EXEC コマンドを使用します。 名前または番号で特定のアクセス リストを識別しない限りは、次のセクションを含めて、すべての定義済みアクセス リストに関する情報が表示されます。

新しいリストおよび条件に利用可能なスペース

定義済みアクセス リスト

インターフェイスおよびアプリケーションによる参照

次に、show ip access-list コマンドによる出力例を示します。

WAE# show ip access-list
Space available:
47 access lists
492 access list conditions
 
Standard IP access list 1 1 permit 10.1.1.2
2 deny 10.1.2.1
(implicit deny any: 2 matches)
total invocations: 2
Extended IP access list 100
1 permit tcp host 10.1.1.1 any
2 permit tcp host 10.1.1.2 any
3 permit tcp host 10.1.1.3 any
(implicit fragment permit: 0 matches)
(implicit deny ip any any: 0 matches)
total invocations: 0
Standard IP access list test
1 permit 1.1.1.1 (10 matches)
2 permit 1.1.1.3
3 permit 1.1.1.2
(implicit deny: 2 matches)
total invocations: 12
 
Interface access list references:
GigabitEthernet 1/0 inbound 100
 
Application access list references:
tftp_server standard 1
UDP ports: 69

次に、testという名前のアクセス リストに対するshow ip access-list コマンドによる出力例を示します。

WAE# show ip access-list test
Standard IP access list test
1 permit 1.1.1.1 (10 matches)
2 permit 1.1.1.3
3 permit 1.1.1.2
(implicit deny: 2 matches)
total invocations: 12
 

) 条件文に一致したパケット数が、0 より大きい場合にのみ表示されます。


 
関連コマンド

clear ip access-list counters

ip access-list

show ip routes

IP ルーティング テーブルを表示するには、 show ip routes EXEC コマンドを使用します。

show ip routes

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、IP ルーティング テーブルを表示します。

WAE# show ip routes
Destination Gateway Netmask
---------------- ---------------- ----------------
10.56.41.180 0.0.0.0 255.255.255.255
192.168.12.180 0.0.0.0 255.255.255.255
192.168.12.0 0.0.0.0 255.255.255.0
10.56.40.0 0.0.0.0 255.255.252.0
0.0.0.0 10.56.40.1 0.0.0.0
 
 
Number of route cache entries: 183
 

 
関連コマンド

ip route

show logging

システム メッセージ ログ設定を表示するには、 show logging EXEC コマンドを使用します。

show logging

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

システム メッセージ ログを使用して、WAE で発生しているイベントに関する情報を表示できます。 syslog.txt ファイルは、 /local1 ディレクトリに格納されています。

次の例は、WAE 上の Syslog ホスト設定を表示します。

WAE# show logging
Syslog to host is disabled
Priority for host logging is set to: warning
 
Syslog to console is disabled
Priority for console logging is set to: warning
 
Syslog to disk is enabled
Priority for disk logging is set to: notice
Filename for disk logging is set to: /local1/syslog.txt
 
Syslog facility is set to *
 
Syslog disk file recycle size is set to 1000000

 
関連コマンド

clear logging

logging

show memory

メモリ ブロックおよび 統計情報を表示するには、 show memory EXEC コマンドを使用します。

show memory

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show memory
Total physical memory : 510164 KB
Total free memory : 43220 KB
Total memory shared : 0 KB
Total buffer memory : 12768 KB
Total cached memory : 344472 KB
Total swap : 509940 KB
Total free swap : 509940 KB
 

show ntp

Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)パラメータを表示するには、 show ntp EXEC コマンドを使用します。

show ntp status

 
構文の説明

status

NTP ステータスを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show ntp status
ntp disabled
server list:
 
WAE(config)# ntp server 172.16.10.80 172.16.10.150
WAE(config)# exit
WAE(config)# show ntp status
ntp enabled
server list: 172.16.10.80 172.16.10.50
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
ntp-sj1.cisco.c 0.0.0.0 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
ntp-sj2.cisco.c 0.0.0.0 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
 

表16-2 に、出力に示されるフィールドについて説明します。

 

表16-2 show ntp フィールド説明

フィールド
説明

NTP

NTP が有効か無効かを示します。

server list

NTP サーバ IP およびサブネット アドレス。

remote

リモート NTP サーバの名前(最初の 15 文字)。

*

remote の欄で、クロックを同期化するシステム ピアを識別します。

+

remote の欄で、NTP 同期化に有効または適格なピアを識別します。

space

remote の欄で、ピアが拒否されたことを示します(ピアは NTP サーバに到達できないか、到達の際、過度の遅延が発生しています)。

x

remote の欄で、失敗したティックを示します。NTP サーバは、これを無視します。

-

remote の欄で、クロックの許容制限を超えた読み込みを示します。NTP サーバは、これを無視します。

refid

リモート NTP サーバを同期化させるクロック リファレンス ID。

st

クロック サーバ ストラタムまたはレイヤ。 この例では、ストラタム 1 は上位レイヤです。

t

ピアのタイプ( l (ローカル)、 u (ユニキャスト)、 m (マルチキャスト)、 b (ブロードキャスト))。

when

サーバから最後のパケットを受信したタイミングを秒単位で示します。

poll

時間確認または相関ポーリング インターバル(秒単位)。

reach

8 ビット到達可能性レジスタ。 最後のポーリング インターバル中にサーバに到達可能な場合は 1 が記録され、そうでない場合は 0 が記録されます。 8 進数値 377 以上は、ポーリングがすべてサーバに到達したことを示します。

delay

要求側とサーバ間の推定遅延(ミリ秒単位)。

offset

サーバを基準としたクロック オフセット。

jitter

クロック ジッタ。

 
関連コマンド

ntp server

clock set

clock timezone

show print-services

プリント サービスに対してアクセスおよび設定権限を持つ管理ユーザや、プリント サービス プロセスを表示するには、 show print-services EXEC コマンドを使用します。

show print-services { admin-group | process }

 
構文の説明

admin-group

プリント サービス管理者グループ情報を表示します。

process

プリント サーバおよびプリント スプーラに関する情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

管理グループ別のプリント サービス設定情報を表示する方法を示します。

WAE# show print-services admin-group
 
Administrator Group for print-services is : cupsAdmin
 

管理グループが設定されていない場合、出力は次のようになります。

WAE# show print-services admin-group
There is no configured administrator group for print-services.
 

プリント サービス プロセス別のプリント サービス設定情報を表示する方法を示します。

WAE# show print-services process
 
Print server is running.
 
-------------- Print Server Status ---------------
 
Samba version 3.0.7
PID Username Group Machine
-------------------------------------------------------------------
 
Service pid machine Connected at
-------------------------------------------------------
No locked files
 
-------------- Print Spooler Status ---------------
 
scheduler is running
system default destination: printer1
members of class checkthisCL:
BDLab
HP7CD460
printer1
printer2
printer3
device for printer1: http://hostname:631/ipp/
device for printer2: http://hostname:631/ipp/port1
device for printer3: lpd://hostname/queue
printer1 accepting requests
printer2 accepting requests
printer3 not accepting requests
printer printer1 is idle.
printer printer2 disabled
reason unknown
printer printer3 is idle.
 

Samba(smbd)および CUPS(cupsd)プロセスが実行中でない場合、出力は次のようになります。

Print server is not running.
Print spooler is not running.
 

 
関連コマンド

authentication

print-services

show authentication

windows-domain

show processes

CPU またはメモリ プロセスを表示するには、 show processes EXEC コマンドを使用します。

show processes [ cpu | debug pid | memory | system [ delay 1-60 | count 1-100 ]]

 
構文の説明

cpu

(オプション)CPU 利用率を表示します。

debug

(オプション)指定された process identifier(PID; プロセス ID)のシステム コールと信号トレースを出力して、システムの進行状況を表示します。

pid

プロセス ID 。

memory

(オプション)メモリ割り当てプロセスを表示します。

system

(オプション)アップデートに関してシステムのロード情報を表示します。

delay

(オプション)アップデート間の遅延を秒単位で指定します(1~60)。

count

(オプション)表示されるアップデートの数を指定します(1~100)。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

ここに示すコマンドを使用して、システムの CPU 利用率を追跡して分析します。

show processes debug コマンドは、各プロセスによって作成された各システムコール(引数付き)の拡張内部システム コール情報と詳細なアカウント、および受信した信号を表示します。

show processes system コマンドを使用して、アップデートに関するシステムのロード情報を表示します。 delay オプションは、アップデート間の遅延を秒単位で指定します。 count オプションは、表示されるアップデートの数を指定します。 このコマンドは次の項目を表示します。

ワイド形式でのすべてのプロセスのリスト。

CPU リソースを利用するプロセスをリストした 2 つのテーブル。 最初のテーブルは、 CPU リソースの利用率の降順でのプロセスのリストを表示します。このリストは、プロセス システム(ps)出力が表示された後に取られたスナップショットに基づきます。 第 2 のテーブルは、最初のスナップショットの 5 秒後に取られたスナップショットに基づいて同じプロセスを表示します。

対応するプロセスが、1 秒で区切った一連の 5 つのスナップショットで使用する仮想メモリ。


) これらのコマンドを使用すると、CPU 利用率とシステム パフォーマンスは深刻な影響を受けます。 したがって、これらのコマンド、特に、show processes debug コマンドは、絶対に必要な場合以外には、使用しないようにしてください。


WAE# show processes cpu
CPU Usage:
CPU average usage since last reboot:
cpu: 0.24% User, 0.21% System, 0.00% User(nice), 99.55% Idle
cpu0: 0.24% User, 0.21% System, 0.00% User(nice), 99.55% Idle
--------------------------------------------------------------------
PID STATE PRI User T SYS T COMMAND
----- ----- --- ------ ------ --------------------
1 S 0 3571 3674 (init)
2 S 0 0 0 (keventd)
3 S 19 0 0 (ksoftirqd_CPU0)
4 S 0 0 0 (kswapd)
5 S 0 0 0 (bdflush)
6 S 0 0 0 (kupdated)
7 S 0 0 0 (katad-1)
9 S 0 0 0 (scsi_eh_0)
10 S 0 0 0 (scsi_eh_1)
11 S -20 0 0 (mdrecoveryd)
182 S -10 0 1 (nodehealthmgr)
183 S 0 716 1181 (nodemgr)
187 S -10 0 0 (nodehealthds)
189 S -10 0 0 (nodehealthmgr)
190 S -10 0 0 (nodehealthmgr)
194 S 0 0 1 (syslogd)
195 S 0 159 48 (dataserver)
263 S 0 0 0 (kjournald)
268 S 0 0 0 (kjournald)
275 S 0 0 0 (kjournald)
280 S 0 0 0 (kjournald)
313 S 0 0 0 (kjournald)
1072 S 0 0 0 (parser_server)
1074 S 0 0 0 (standby)
1085 S 0 0 0 (common_edm)
1086 S 0 42731 40261 (sysmon)
1089 S 0 12 3 (parser_server)
1478 S 0 0 0 (wccp)
1483 S 0 0 0 (unified_log)
1484 S 0 0 0 (unified_errlogd)
1485 S 0 19254 22147 (smartd)
1495 S 0 1 0 (java)
1501 S 0 60896 72242 (netcm)
1518 S 0 183 90 (java)
1519 S 0 0 0 (java)
1520 S 0 0 0 (java)
1521 S 0 0 0 (java)
1527 S 0 0 0 (java)
1531 S 0 0 0 (java)
1532 S 0 0 0 (java)
1533 S 0 0 0 (java)
1534 S 0 0 0 (java)
1539 S 0 28 490 (disk_seek_rando)
1543 S 0 0 0 (inetd)
1589 S 0 8 27 (in.telnetd)
1594 S 0 0 0 (ntpd)
1603 S 0 0 0 (java)
1604 S 0 0 0 (java)
1667 S 0 1119007 123159 (crond)
8587 S 0 0 0 (sh)
24684 S 0 2 2 (cupsd)
22355 S 0 0 0 (mingetty)
3210 S 0 0 0 (in.telnetd)
3211 S 0 0 0 (login)
3212 S 0 0 1 (admin-shell)
3213 S 0 0 0 (parser_server)
3258 S 0 0 0 (more)
3259 R 0 0 0 (exec_show_proce)
 
WAE# show processes memory
Total Used Free Shared Buffers Cached
522317824 503152640 19165184 0 75587584 364298240
 
Swap Total Used Free
522178560 0 522178560
 
PID State TTY %MEM VM Size RSS (pages) Name
------ ----- ------ ----- ---------- ----------- ----
1 S 0 0.1 1441792 131 (init)
2 S 0 0.0 0 0 (keventd)
3 S 0 0.0 0 0 (ksoftirqd_CPU0)
4 S 0 0.0 0 0 (kswapd)
5 S 0 0.0 0 0 (bdflush)
6 S 0 0.0 0 0 (kupdated)
7 S 0 0.0 0 0 (katad-1)
9 S 0 0.0 0 0 (scsi_eh_0)
10 S 0 0.0 0 0 (scsi_eh_1)
11 S 0 0.0 0 0 (mdrecoveryd)
182 S 0 0.1 4399104 202 (nodehealthmgr)
183 S 0 0.2 2351104 283 (nodemgr)
187 S 0 0.1 2260992 233 (nodehealthds)
189 S 0 0.1 4399104 202 (nodehealthmgr)
190 S 0 0.1 4399104 202 (nodehealthmgr)
194 S 0 0.1 1662976 174 (syslogd)
195 S 0 0.2 2617344 322 (dataserver)
263 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
268 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
275 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
280 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
313 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
1072 S 0 0.4 6754304 548 (parser_server)
1074 S 0 0.1 2146304 191 (standby)
1085 S 0 0.3 4640768 417 (common_edm)
1086 S 0 0.1 3080192 231 (sysmon)
1089 S 0 0.4 6754304 548 (parser_server)
1478 S 0 0.2 4665344 339 (wccp)
1483 S 0 0.1 2199552 217 (unified_log)
1484 S 0 0.1 1454080 129 (unified_errlogd)
1485 S 0 0.1 1818624 197 (smartd)
1495 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1501 S 0 0.5 4546560 702 (netcm)
1518 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1519 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1520 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1521 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1527 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1531 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1532 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1533 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1534 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1539 S 0 0.3 4612096 398 (disk_seek_rando)
1543 S 0 0.1 1474560 136 (inetd)
1589 S 0 0.1 1548288 135 (in.telnetd)
1594 S 0 0.3 2064384 502 (ntpd)
1603 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1604 S 0 6.0 174481408 7658 (java)
1667 S 0 0.1 1490944 157 (crond)
8587 S 0 0.1 2064384 244 (sh)
24684 S 0 0.3 5349376 489 (cupsd)
22355 S 1088 0.0 1413120 107 (mingetty)
3210 S 0 0.1 1552384 160 (in.telnetd)
3211 S 34816 0.2 2097152 275 (login)
3212 S 34816 0.3 4083712 435 (admin-shell)
3213 S 0 0.4 6754304 548 (parser_server)
3356 S 34816 0.1 1728512 136 (more)
3357 R 34816 0.3 4882432 477 (exec_show_proce)
 
WAE# show processes
CPU average usage since last reboot:
cpu: 0.24% User, 0.21% System, 0.00% User(nice), 99.55% Idle
cpu0: 0.24% User, 0.21% System, 0.00% User(nice), 99.55% Idle
--------------------------------------------------------------------
PID STATE PRI User T SYS T COMMAND
----- ----- --- ------ ------ --------------------
1 S 0 3571 3675 (init)
2 S 0 0 0 (keventd)
3 S 19 0 0 (ksoftirqd_CPU0)
4 S 0 0 0 (kswapd)
5 S 0 0 0 (bdflush)
6 S 0 0 0 (kupdated)
7 S 0 0 0 (katad-1)
9 S 0 0 0 (scsi_eh_0)
10 S 0 0 0 (scsi_eh_1)
11 S -20 0 0 (mdrecoveryd)
182 S -10 0 1 (nodehealthmgr)
183 S 0 716 1181 (nodemgr)
187 S -10 0 0 (nodehealthds)
189 S -10 0 0 (nodehealthmgr)
190 S -10 0 0 (nodehealthmgr)
194 S 0 0 1 (syslogd)
195 S 0 159 48 (dataserver)
263 S 0 0 0 (kjournald)
268 S 0 0 0 (kjournald)
275 S 0 0 0 (kjournald)
280 S 0 0 0 (kjournald)
313 S 0 0 0 (kjournald)
1072 S 0 0 0 (parser_server)
1074 S 0 0 0 (standby)
1085 S 0 0 0 (common_edm)
1086 S 0 42733 40263 (sysmon)
1089 S 0 12 3 (parser_server)
1478 S 0 0 0 (wccp)
1483 S 0 0 0 (unified_log)
1484 S 0 0 0 (unified_errlogd)
1485 S 0 19256 22149 (smartd)
1495 S 0 1 0 (java)
1501 S 0 60899 72247 (netcm)
1518 S 0 183 90 (java)
1519 S 0 0 0 (java)
1520 S 0 0 0 (java)
1521 S 0 0 0 (java)
1527 S 0 0 0 (java)
1531 S 0 0 0 (java)
1532 S 0 0 0 (java)
1533 S 0 0 0 (java)
1534 S 0 0 0 (java)
1539 S 0 28 490 (disk_seek_rando)
1543 S 0 0 0 (inetd)
1589 S 0 8 27 (in.telnetd)
1594 S 0 0 0 (ntpd)
1603 S 0 0 0 (java)
1604 S 0 0 0 (java)
1667 S 0 1119118 123164 (crond)
8587 S 0 0 0 (sh)
24684 S 0 2 2 (cupsd)
22355 S 0 0 0 (mingetty)
3210 S 0 0 0 (in.telnetd)
3211 S 0 0 0 (login)
3212 S 0 4 2 (admin-shell)
3213 S 0 0 0 (parser_server)
3375 S 0 0 0 (more)
3376 R 0 0 0 (exec_show_proce)
 

表16-3 に、出力に示されるフィールドについて説明します。

 

表16-3 show processes フィールド説明

フィールド
説明

CPU Usage

ユーザ、システム オーバーヘッド、およびアイドルの各割合を示した CPU 利用率。

PID

プロセス ID 。

STATE

対応するプロセスの現在の状態。

R =稼働中

S =中断可能な待機状態でスリープ中

D =中断不可能な待機状態でスリープ中またはスワッピング中

Z =ゾンビ状態

T =信号で追跡済みまたは停止状態

PRI

プロセスのプライオリティ。

User T

ユーザ時間の使用量(秒単位)。

Sys T

システム時間の使用量(秒単位)。

COMMAND

プロセス コマンド。

Total

総利用可能メモリ(バイト単位)。

Used

現在使用されているメモリ(バイト単位)。

Free

利用可能な空きメモリ(バイト単位)。

Shared

現在使用されている共有メモリ(バイト単位)。

Buffers

現在使用されているバッファ メモリ(バイト単位)。

Cached

現在使用されているキャッシュ メモリ(バイト単位)。

SwapTotal

スワップ用途に利用可能な総メモリ(バイト単位)。

show radius-server

RADIUS 情報を表示するには、 show radius-server EXEC コマンドを使用します。

show radius-server

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、リダイレクションが有効になっている RADIUS サーバ認証オプションを表示します。

WAE# show radius-server
Login Authentication for Console/Telnet Session:disabled
Configuration Authentication for Console/Telnet Session:disabled
Authentication scheme fail-over reason: server unreachable (disabled due to configuration problems)
 
Radius Configuration:
---------------------
Radius Authentication is on
Timeout = 5
Retransmit = 2
Key = ****
Radius Redirect is on
Reply-Message URL(s) to authentication failure instructions expired http://www.cisco.com
Servers
-------
IP 10.2.3.4 Port = 1645
 

表16-4 に、出力に示されるフィールドについて説明します。

 

表16-4 show radius-server フィールド説明

フィールド
説明

Login Authentication for Console/Telnet Session

RADIUS サーバが、ログイン認証に対して有効になっているかどうかを示します。

Configuration Authentication for Console/Telnet Session

RADIUS サーバが、許可または設定認証に対して有効になっているかどうかを示します。

Authentication scheme fail-over reason

プライマリ管理ログイン認証方式が失敗した場合はいつでも、管理ログイン認証のセカンダリ方式に WAE がフェールオーバーするかどうかを示します。

RADIUS Configuration

RADIUS 認証設定。

RADIUS Authentication

WAE で RADIUS 認証が有効かどうかを示します。

Key

RADIUS クライアント(WAE)と RADIUS サーバ間のすべての通信の暗号化と認証に使用するキー。

Timeout

WAE が、タイムアウトを宣言するまで、指定された RADIUS 認証サーバからの応答を待つ秒数。

Retransmit

RADIUS タイムアウト インターバルを超過した場合に、WAE が RADIUS に接続を再送信する回数。

Radius Redirect

認証要求が失敗した場合に、RADIUS サーバが応答をリダイレクトするかどうかを示します。

Reply-Message

リダイレクションが発生した場合に、ユーザに送信されるメッセージ。

URL(s) to authentication failure instructions expired

リダイレクト メッセージが送信される HTML ページの場所、または URL。

Servers

WAE が RADIUS 認証に使用する RADIUS サーバ。

IP

RADIUS サーバのホスト名または IP アドレス。

ポート

RADIUS サーバが受信しているポート番号。

次の例は、リダイレクションが無効になっている RADIUS サーバ認証オプションを表示します。

WAE# show radius-server
Login Authentication for Console/Telnet Session:disabled
Configuration Authentication for Console/Telnet Session:disabled
 
Radius Configuration:
---------------------
Radius Authentication is on
Timeout = 5
Retransmit = 2
Key = ****
Radius Redirect is off
There is no URL to authentication failure instructions
Servers
-------
IP 10.77.155.170 Port = 1645

 
関連コマンド

radius-server

show running-config

端末に現在の実行コンフィギュレーション情報を表示するには、 show running-config EXEC コマンドを使用します。 このコマンドは write terminal コマンドに代わるものです。

show running-config

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドは show startup-config コマンドと組み合わせて使用し、稼動中のメモリの情報と、起動中に使用されるスタートアップ コンフィギュレーションとを比較します。

WAE# show running-config
! WAFS version 3.0.0
!
!
hostname wafs-r9-511-30
!
clock timezone IST 2 0
!
!
ip domain-name cisco.com
!
interface GigabitEthernet 1/0
ip address 10.56.41.180 255.255.252.0
exit
interface GigabitEthernet 2/0
ip address 192.168.12.180 255.255.255.0
exit
!
interface PortChannel 2
ip access-group extended_ip_acl in
ip access-group 101 out
shutdown
exit
!
ip default-gateway 10.56.40.1
!
ip access-list standard 10
deny any
deny 10.1.1.1
exit
!
ip access-list standard 98
permit any
exit
!
ip access-list extended 100
permit icmp any any
exit
!
ip access-list extended 101
permit ip any any
exit
!
ip access-list extended 102
permit icmp 0.0.1.1 255.255.0.0 any
exit
!
ip access-list extended 111
permit gre 0.1.1.1 255.0.0.0 any
exit
!
ip access-list extended 112
permit ip any any
exit
!
ip access-list extended 113
permit gre 0.1.1.1 255.0.0.0 any
exit
!
ip access-list extended ext_acl_2
permit gre any any
exit
!
ip access-list extended extended_ip_acl
permit tcp any eq 2 any eq exec
exit
!
logging facility syslog
logging host 1.2.1.1
logging console enable
!
bypass static any-client 1.2.3.4
!
ip name-server 10.56.40.17
!
ntp server 10.56.40.17
ntp server 10.254.49.187
ntp server 10.254.49.188
ntp server 10.254.15.122
!
wccp router-list 1 1.1.1.1
wccp router-list 3 1.4.5.6
wccp port-list 1 1
wccp dns router-list-num 3
wccp version 2
!
username admin password 1 bVmDmMMmZAPjY
username admin privilege 15
username cisco password 1 meYjSh.Ip.RXA uid 2002
username cisco privilege 0
username sample1 password 1 OszWHEZOgfYcA uid 2003
username sample1 privilege 0
username sample2 password 1 Cs2klvDtNE5lA uid 2004
username sample2 privilege 0
username user1 password 1 etLYMNNMAPKeI uid 2001
username user1 privilege 0
username user2 password 1 791lvYweJxoc2 uid 65535
username user2 privilege 0
username user2 cifs-password 1 2FEE38AC020EA782AAD3B435B51404EE E7AA6786F8D97524A
6F44C206C274FC9
!
snmp-server enable traps config
snmp-server enable traps content-engine disk-read
snmp-server enable traps content-engine disk-write
snmp-server enable traps content-engine disk-fail
snmp-server enable traps content-engine overload-bypass
snmp-server enable traps content-engine transaction-log
snmp-server enable traps alarm raise-critical
snmp-server enable traps alarm clear-critical
snmp-server enable traps alarm raise-major
snmp-server enable traps alarm raise-minor
snmp-server enable traps entity
snmp-server enable traps snmp authentication
snmp-server enable traps snmp cold-start
snmp-server mib persist event
snmp-server host 10.1.1.1 com
snmp-server user user1 group1 auth sha ****
snmp-server user admin group2 remote 7
snmp-server user snmp_user1 group3 remote 56 auth md5 **** priv ****
snmp-server view view1 entityMIB included
snmp-server community community1
snmp-server notify inform
snmp-server access-list 2
!
radius-server key ****
radius-server host 10.77.7.7 auth-port 1645
!
tacacs key ****
tacacs host 172.16.26.12 primary
!
ntlm allow-domain enable
!
smb-conf section "printers" name "printer admin" value "root"
authentication login local enable primary
authentication configuration local enable primary
authentication configuration tacacs enable primary
authentication fail-over server-unreachable
!
aaa accounting system default start-stop tacacs
!
access-lists enable
!
no sshd version 2
sshd enable
!
print-services enable
!
kernel kdb
no cdp enable
!
! End of WAFS configuration
 
WAE#

 
関連コマンド

configure

copy running-config

copy startup-config

show smb-conf

Samba コンフィギュレーション ファイル smb.conf の現在値を表示するには、 show smb-conf EXEC コマンドを使用します。

show smb-conf

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドは、トラブルシューティングの目的で、 smb.conf ファイルの global、print$、および printers パラメータの値を表示します。 これらのパラメータの説明とその値については、「smb-conf」を参照してください。

次の例は、現在の設定におけるすべてのパラメータ値を表示します。

WAE# show smb-conf
 
Current smb-conf configurations -->
 
smb-conf section "printers" name "printer admin" value "root"
 
 
Output of current smb.conf file on disk -->
 
 
==============================================
 
# File automatically generated
 
 
[global]
idmap uid = 70000-200000
idmap gid = 70000-200000
winbind enum users = no
winbind enum groups = no
winbind cache time = 10
winbind use default domain = yes
printcap name = cups
load printers = yes
printing = cups
cups options = "raw"
force printername = yes
lpq cache time = 0
log file = /local/local1/errorlog/samba.log
max log size = 50
socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
smb ports = 50139
local master = no
domain master = no
preferred master = no
dns proxy = no
template homedir = /local/local1/
template shell = /admin-shell
comment = Comment:
netbios name = MYFILEENGINE
realm = CISCO
wins server = 10.10.10.1
password server = 10.10.10.10
security = domain
 
 
[print$]
path = /state/samba/printers
guest ok = yes
browseable = yes
read only = yes
write list = root
 
 
[printers]
path = /local/local1/spool/samba
browseable = no
guest ok = yes
writable = no
printable = yes
printer admin = root
 
==============================================

 
関連コマンド

smb-conf

windows-domain

show snmp

SNMP 通信のステータスを確認するには、 show snmp EXEC コマンドを使用します。

show snmp { alarm-history | engine ID | event | group | stats | user }

 
構文の説明

alarm-history

SNMP アラーム履歴情報を表示します。

engineID

ローカル SNMP エンジンの ID を表示します。

event

Event MIB を介して設定されたイベントを表示します。

group

SNMP グループを表示します。

stats

SNMP 統計情報を表示します。

user

SNMP ユーザを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドは、さまざまな SNMP 変数に関する情報と、SNMP 運用に関する統計情報を提供します。

次の例は SNMP アラーム履歴情報を表示します。

WAE# show snmp alarm-history
Index Type Sev Alarm ID ModuleID Category Descr
----- ---- --- -------- -------- -------- -----
1 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The rtspg service died.
2 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The mediacache service died.
3 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The sshdaemon service died.
4 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The cache service died.
5 R Ma 330003 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The ntpd service died.
6 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The mediacache service died.
7 R Ma 445001 1000 3 Raise-Alarm: Kernel Crash files and / or User Core files detected
8 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The cache service died.
9 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The mediacache service died.
10 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The rpc_httpd service died.
11 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The rpc_httpd service died.
12 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The cache service died.
13 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The mediacache service died.
14 R Ma 330003 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The ntpd service died.
15 R Ma 330003 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The ntpd service died.
16 R Mi 330004 2000 3 Raise-Alarm: nodemgr: The mediacache service died.
WAE#
 

表16-5 に、出力に示されるフィールドについて説明します。

 

表16-5 show snmp alarm-history フィールド説明

フィールド
説明

Index

リストされているアラームのシリアル番号。

Type

アラームが R (発生)したか C (クリア)されたかを示します。

Sev

アラームの重大度のレベル( Cr (クリティカル)、 Ma (メジャー)、または Mi (マイナー))。

Alarm ID

WAE によって送信されるトラップには、数値のアラーム ID が含まれます。

ModuleID

WAE によって送信されるトラップには、数値のモジュール ID が含まれます。 モジュール名をモジュール ID にマップする場合は、 表16-6 を参照してください。

Category

WAE によって送信されるトラップには、数値のカテゴリ ID が含まれます。 カテゴリ名をカテゴリ ID にマップする場合は、 表16-7 を参照してください。

Descr

WAFS ソフトウェア アラームとアラームを生成したアプリケーションの説明。

 

表16-6 モジュール名のモジュール IDへのマッピング

モジュール名
モジュール ID

AD_DATABASE

8000

NHM

1

NHM/NHM

2500

nodemgr

2000

standby

4000

sysmon

1000

UNICAST_DATA_RECEIVER

5000

UNICAST_DATA_SENDER

6000

 

表16-7 カテゴリ名のカテゴリ IDへのマッピング

カテゴリ名
カテゴリ ID

Communications

1

Service Quality

2

Processing Error

3

Equipment

4

Environment

5

Content

6

次の例は、SNMP エンジン ID と SNMP 統計データを表示します。

WAE# show snmp engineID
Local SNMP Engine ID: 00000009000000A11A3829CE
 
WAE# show snmp stats
Contact: username, system admin, user@cisco.com 555-1111
Location: Building 2, Floor 1, LabA
146 SNMP packets input
0 Bad SNMP version errors
0 Unknown community name
0 Illegal operation for community name supplied
0 Encoding errors
0 Number of requested variables
120 Number of altered variables
0 Get-request PDUs
0 Get-next PDUs
120 Set-request PDUs
146 SNMP packets output
0 Too big errors
2048 Maximum packet size
0 No such name errors
0 Bad values errors
0 General errors
146 Response PDUs
0 Trap PDUs
 

表16-8 に、出力に示されるフィールドについて説明します。

 

表16-8 show snmp stats フィールド説明

フィールド
説明

SNMP packets input

入力された SNMP パケットの総数。

Bad SNMP version errors

SNMP のバージョンが無効なパケットの数。

Unknown community name

未知のコミュニティ名の SNMP パケットの数。

Illegal operation for community name supplied

そのコミュニティで許可されていない動作を要求するパケットの数。

Encoding errors

誤って符号化されている SNMP パケットの数。

Number of requested variables

SNMP マネージャによって要求されている変数の数。

Number of altered variables

SNMP マネージャによって変更されている変数の数。

Get-request PDUs

受信した GET 要求の数。

Get-next PDUs

受信した GET-NEXT 要求の数。

Set-request PDUs

受信した SET 要求の数。

SNMP packets output

ルータによって送信された SNMP パケットの総数。

Too big errors

最大パケット サイズより大きな SNMP パケットの数。

Maximum packet size

SNMP パケットの最大サイズ。

No such name errors

存在しない MIB オブジェクトを指定した SNMP 要求の数。

Bad values errors

MIB オブジェクトの無効な値を指定した SNMP SET 要求の数。

General errors

その他のエラーが原因で失敗した SNMP SET 要求の数(No such name error、Bad values error など特定されているエラー以外のエラー)。

Response PDUs

要求に対応して送信された応答数。

Trap PDUs

送信された SNMP トラップの数。

次の例は、 snmp trigger グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定された SNMP イベントに関する情報を表示します。

WAE# show snmp event
 
Mgmt Triggers:
(1): Owner: CLI
(1): 01 , Comment: isValid == 0, Sample: Abs, Freq: 120
Test: Boolean
ObjectOwner: CLI, Object: CLI1
Boolean Entry:
Value: 0, Cmp: 2, Start: 1
ObjOwn: , Obj: , EveOwn: CLI, Eve: CLI_EVENT
 
Delta Value Table:
(0): Thresh: , Exis: 1, Read: 0, OID: isValid.0 , val: 1
(2): 02 , Comment: daysLeft, Sample: Abs, Freq: 120
Test: Boolean
ObjectOwner: CLI, Object: CLI2
Boolean Entry:
Value: 10, Cmp: 3, Start: 1
ObjOwn: , Obj: , EveOwn: CLI, Eve: CLI_EVENT
 
Delta Value Table:
(0): Thresh: , Exis: 1, Read: 0, OID: daysLeft.0 , val: 99999
(3): 03 , Comment: esConTabIsConnected, Sample: Abs, Freq: 60
Test: Boolean
ObjectOwner: CLI, Object: CLI3
Boolean Entry:
Value: 0, Cmp: 2, Start: 1
ObjOwn: , Obj: , EveOwn: CLI, Eve: CLI_EVENT
 
Delta Value Table:
(4): 04 , Comment: esConnectedSessionCount, Sample: Abs, Freq: 120
Test: Boolean
ObjectOwner: CLI, Object: CLI4
Boolean Entry:
Value: 80, Cmp: 5, Start: 1
ObjOwn: , Obj: , EveOwn: CLI, Eve: CLI_EVENT
 
Delta Value Table:
(5): 05 , Comment: esCifsOpenFiles, Sample: Abs, Freq: 60
Test: Boolean
ObjectOwner: CLI, Object: CLI5
Boolean Entry:
Value: 4500, Cmp: 5, Start: 1
ObjOwn: , Obj: , EveOwn: CLI, Eve: CLI_EVENT
 
Delta Value Table:
(6): 06 , Comment: esEvictedAge, Sample: Abs, Freq: 60
Test: Boolean
ObjectOwner: CLI, Object: CLI6
Boolean Entry:
Value: 120960000, Cmp: 3, Start: 1
ObjOwn: , Obj: , EveOwn: CLI, Eve: CLI_EVENT
 
Delta Value Table:
 
Mgmt Events:
(1): Owner: CLI
(1)Name: CLI_EVENT, Comment: , Action: Notify, Enabled: 1 Status: 1
Notification Entry:
ObjOwn: , Obj: , OID: 0.0
 
Object Table:Failures: Event = 0, Trigger = 0

 
関連コマンド

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp trigger

show ssh

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)ステータスと設定情報を表示するには、 show ssh EXEC コマンドを使用します。

show ssh

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show ssh
SSH server supports SSH2 protocol (SSH1 compatible).
Ssh service is not enabled.
Currently there are no active ssh sessions.
Number of successful SSH sessions since last reboot: 0
Number of failed SSH sessions since last reboot: 0
SSH key has not been generated or previous key has been removed.
SSH login grace time value is 300 seconds.
Allow 3 password guess(es).

 
関連コマンド

ssh-key-generate

sshd

show standby

スタンバイ インターフェイス情報を表示するには、 show standby EXEC コマンドを使用します。

show standby

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次のコマンド出力例では、1 つのスタンバイ グループ(Standby Group 1)がこの WAE に対して設定されます。 コマンド出力では、どのメンバー インターフェイスがアクティブなインターフェイスであるかも示します。 ここでは、アクティブなインターフェイスはギガビット イーサネット スロット 1/ポート 0 インターフェイスです。

WAE# show standby
Standby Group: 1
Description: This a backup for Gigabit Ethernet 1/0.
IP address: 192.168.10.10, netmask: 255.0.0.0
Member interfaces:
GigabitEthernet 2/0 priority: 100
Active interface: GigabitEthernet 1/0
Maximum errors allowed on the active interface: 500

) 特定のスタンバイ グループ設定に関する情報を表示するには、show interface standby standby group_num EXEC コマンドを入力します。


 
関連コマンド

show interface

show running-config

show startup-config

standby

show startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config EXEC コマンドを使用します。

show startup-config

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用して、初期起動中に使用される設定(nonvolatile random-access memory(NVRAM; 不揮発性 RAM)に保存)を表示します。 このコマンドと、 show running-config コマンドの出力の違いに注意してください。

WAE# show startup-config
! WAFS version 3.0.0
!
hostname wafs-r9-511-30
!
clock timezone IST 2 0
!
ip domain-name cisco.com
!
interface GigabitEthernet 1/0
ip address 10.56.41.180 255.255.252.0
exit
interface GigabitEthernet 2/0
ip address 192.168.12.180 255.255.255.0
exit
!
ip default-gateway 10.56.40.1
!
ip name-server 10.56.40.17
!
ntp server 10.56.40.17
ntp server 10.254.49.187
ntp server 10.254.49.188
ntp server 10.254.15.122
!
username admin password 1 bVmDmMMmZAPjY
username admin privilege 15
!
authentication login local enable primary
authentication configuration local enable primary
!
! End of WAFS configuration
WAE#
 

 
関連コマンド

configure

copy running-config

show running-config

show statistics authentication

WAE 認証統計情報を表示するには、show statistics authentication EXEC コマンドを使用します。

show statistics authentication

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

認証統計情報には、記録されたアクセス要求、拒否、および許可数が表示されます。 show statistics authentication コマンドを使用して、記録された認証アクセス数を表示します。

WAE# show statistics authentication
Authentication Statistics
--------------------------------------
Number of access requests: 115
Number of access deny responses: 12
Number of access allow responses: 103

 
関連コマンド

authentication

clear statistics

show authentication

show statistics authentication

show statistics icmp

WAE Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)統計情報を表示するには、 show statistics icmp EXEC コマンドを使用します。

show statistics icmp

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics icmp
ICMP statistics
---------------
ICMP messages received = 1351
ICMP messages receive failed = 190
Destination unreachable = 431
Timeout in transit = 1
Wrong parameters = 0
Source quenches = 0
Redirects = 0
Echo requests = 729
Echo replies = 0
Timestamp requests = 0
Timestamp replies = 0
Address mask requests = 0
Address mask replies = 0
ICMP messages sent = 2280
ICMP messages send failed = 0
Destination unreachable = 1551
Time exceeded = 0
Wrong parameters = 0
Source quenches = 0
Redirects = 0
Echo requests = 0
Echo replies = 729
Timestamp requests = 0
Timestamp replies = 0
Address mask requests = 0
Address mask replies = 0
 

 
関連コマンド

clear statistics icmp

show statistics ip

WAE IP 統計情報を表示するには、show statistics ip EXEC コマンドを使用します。

show statistics ip

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics ip
IP statistics
-------------
Total packets in = 19959308
with invalid header = 0
with invalid address = 0
forwarded = 0
unknown protocol = 0
discarded = 0
delivered = 10074121
Total packets out = 44784
dropped = 0
dropped (no route) = 0
Fragments dropped after timeout = 0
Reassemblies required = 0
Packets reassembled = 0
Packets reassemble failed = 0
Fragments received = 0
Fragments failed = 0
Fragments created = 0
 

 
関連コマンド

clear statistics ip

ip

show ip routes

show statistics netstat

WAE インターネット ソケット接続統計情報を表示するには、show statistics netstat EXEC コマンドを使用します。

show statistics netstat

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics netstat
Active Internet connections (w/o servers)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State
tcp 0 4 10.10.41.180:23 10.10.230.11:3105 ESTABLISHED
 

show statistics radius

RADIUS 認証統計情報を表示するには、show statistics radius EXEC コマンドを使用します。

show statistics radius

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics radius
RADIUS Statistics
-----------------------------------------------
Authentication:
Number of access requests: 0
Number of access deny responses: 0
Number of access allow responses: 0
 
Authorization:
Number of authorization requests: 0
Number of authorization failure responses: 0
Number of authorization success responses: 0
 
Accounting:
Number of accounting requests: 0
Number of accounting failure responses: 0
Number of accounting success responses: 0

 
関連コマンド

radius-server

clear statistics radius

show radius-server

show statistics services

WAE サービス統計情報を表示するには、show statistics services EXEC コマンドを使用します。

show statistics services

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics services
 
Port Statistics
Port Total Connections
---------------------------------------------------------------
20 0
21 0
22 0
23 0
42 0
49 0
53 0
69 0
80 0
123 0
137 0
138 0
139 0
161 0
443 0
514 0
2048 0
3130 0

 
関連コマンド

show services ports

show services summary

show statistics snmp

WAE SNMP 統計情報を表示するには、show statistics snmp EXEC コマンドを使用します。

show statistics snmp

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、SNMP 統計情報を表示します。

WAE# show statistics snmp
Contact: Mary Brown, system admin, mbrown@acme.com 555-1111
Location: Building 2, Floor 1, LabA
146 SNMP packets input
0 Bad SNMP version errors
0 Unknown community name
0 Illegal operation for community name supplied
0 Encoding errors
0 Number of requested variables
120 Number of altered variables
0 Get-request PDUs
0 Get-next PDUs
120 Set-request PDUs
146 SNMP packets output
0 Too big errors
2048 Maximum packet size
0 No such name errors
0 Bad values errors
0 General errors
146 Response PDUs
0 Trap PDUs
 

出力に表示されるフィールドの説明については、表16-8を参照してください。

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server

show statistics tacacs

WAE TACACS+ 認証および許可統計情報を表示するには、show statistics tacacs EXEC コマンドを使用します。

show statistics tacacs

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics tacacs
TACACS+ Statistics
-----------------------------------------------------------
Authentication:
Number of access requests: 3
Number of access deny responses: 1
Number of acess allow responses: 2
 
Authorization:
Number of authorization requests: 1
Number of authorization failure responses: 0
Number of authorization success responses: 1
 

 
関連コマンド

clear statistics tacacs

tacacs

show tacacs

show statistics tcp

WAE TCP(Transmission Control Protocol)統計情報を表示するには、show statistics tcp EXEC コマンドを使用します。

show statistics tcp

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics tcp
TCP statistics
--------------
Server connection openings = 12
Client connection openings = 194
Failed connection attempts = 0
Connections established = 0
Connections resets received = 0
Connection resets sent = 7791
Segments received = 11368
Segments sent = 10895
Bad segments received = 0
Segments retransmitted = 28
Retransmit timer expirations = 28
Server segments received = 135
Server segments sent = 143
Server segments retransmitted = 0
Client segments received = 3438
Client segments sent = 10752
Client segments retransmitted = 28
 
TCP extended statistics
-----------------------
Sync cookies sent = 0
Sync cookies received = 0
Sync cookies failed = 0
Embryonic connection resets = 0
Prune message called = 0
Packets pruned from receive queue = 0
Out-of-order-queue pruned = 0
Out-of-window Icmp messages = 0
Lock dropped Icmp messages = 0
Arp filter = 0
Time-wait sockets = 10
Time-wait sockets recycled = 0
Time-wait sockets killed = 0
PAWS passive = 0
PAWS active = 0
PAWS established = 0
Delayed acks sent = 82
Delayed acks blocked by socket lock = 0
Delayed acks lost = 5
Listen queue overflows = 0
Connections dropped by listen queue = 0
TCP packets queued to prequeue = 0
TCP packets directly copied from backlog = 0
TCP packets directly copied from prequeue = 0
TCP prequeue dropped packets = 0
TCP header predicted packets = 324
Packets header predicted and queued to user = 0
TCP pure ack packets = 1340
TCP header predicted acks = 106
TCP Reno failures = 0
TCP SACK failures = 1
TCP loss failures = 0
TCP fast retransmissions = 0
TCP forward retransmissions = 0
TCP slowstart retransmissions = 0
TCP Timeouts = 12
TCP Reno recovery fail = 0
TCP Sack recovery fail = 0
TCP scheduler failed = 0
TCP receiver collapsed = 0
TCP DSACK old packets sent = 12
TCP DSACK out-of-order packets sent = 0
TCP DSACK packets received = 0
TCP DSACK out-of-order packets received = 0
TCP connections abort on sync = 0
TCP connections abort on data = 0
TCP connections abort on close = 0
TCP connections abort on memory = 0
TCP connections abort on timeout = 3
TCP connections abort on linger = 0
TCP connections abort failed = 0
TCP memory pressures = 0

 
関連コマンド

tcp

clear statistics tcp

show tcp

show statistics udp

WAE User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)統計情報を表示するには、show statistics udp EXEC コマンドを使用します。

show statistics udp

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics udp
UDP statistics
--------------
Packets received = 222616
Packets to unknown port received = 904
Packet receive error = 0
Packet sent = 25821

show statistics wccp

WAE WCCP 統計情報を表示するには、 show statistics wccp EXEC コマンドを使用します。

show statistics wccp gre

 
構文の説明

gre

WCCP 総称ルーティング カプセル化パケット関連の統計情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show statistics wccp gre
Transparent GRE packets received: 0
Transparent non-GRE packets received: 0
Transparent non-GRE packets passed through: 0
Total packets accepted: 0
Invalid packets received: 0
Packets received with invalid service: 0
Packets received on a disabled service: 0
Packets received too small: 0
Packets dropped due to zero TTL: 0
Packets dropped due to bad buckets: 0
Packets dropped due to no redirect address: 0
Connections bypassed due to load: 0
Packets sent back to router: 0
Packets sent to another CE: 0
GRE fragments redirected: 0
Packets failed GRE encapsulation: 0
Packets dropped due to invalid fwd method: 0
Packets dropped due to insufficient memory: 0
Packets bypassed, no conn at all: 0
Packets bypassed, no pending connection: 0
Packets due to clean wccp shutdown: 0
Packets bypassed due to bypass-list lookup: 0
Packets received with client IP addresses: 0
Conditionally Accepted connections: 0
Conditionally Bypassed connections: 0
L2 Bypass packets destined for loopback: 0
Packets w/WCCP GRE received too small: 0
Packets dropped due to IP access-list deny: 0
WAE#

 
関連コマンド

wccp

show statistics windows-domain

Windows ドメイン サーバ情報を表示するには、 show windows-domain EXEC コマンドを使用します。

show statistics windows-domain

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は、Windows ドメイン サーバ統計情報を表示します。

WAE# show statistics windows-domain
Windows Domain Statistics
-----------------------------------------------
Authentication:
Number of access requests: 2
Number of access deny responses: 2
Number of access allow responses: 0
 
Authorization:
Number of authorization requests: 0
Number of authorization failure responses: 0
Number of authorization success responses: 0
 
Accounting:
Number of accounting requests: 0
Number of accounting failure responses: 0
Number of accounting success responses: 0
 

 
関連コマンド

windows-domain

show tacacs

TACACS+ 認証プロトコル設定情報を表示するには、 show tacacs EXEC コマンドを使用します。

show tacacs

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show tacacs
Login Authentication for Console/Telnet Session: disabled
Configuration Authentication for Console/Telnet Session: disabled
 
TACACS+ Configuration:
---------------------
TACACS+ Authentication is off
Key =
Timeout = 5
Retransmit = 2
Password type: pap
 
Server Status
---------------------------- ------
192.168.2.5 primary
WAE#
 

表16-9 に、出力に示されるフィールドについて説明します。

 

表16-9 show tacacs フィールド説明

フィールド
説明

Login Authentication for Console/Telnet Session

TACACS+ サーバが、ログイン認証に対して有効になっているかどうかを示します。

Configuration Authentication for Console/Telnet Session

TACACS+ サーバが、許可または設定認証に対して有効になっているかどうかを示します。

TACACS+ Configuration

TACACS+ サーバ パラメータ。

TACACS+ Authentication

WAE で TACACS+ 認証が有効かどうかを示します。

Key

WAE が TACACS+ サーバとの通信に使用する秘密鍵。
TACACS+ キーの最大文字数は、印字可能 ASCII 文字(タブは除く)で 99 文字を超えてはなりません。

Timeout

WAE が、タイムアウトを宣言するまで、指定された TACACS+ 認証サーバからの応答を待つ秒数。

Retransmit

TACACS+ タイムアウト インターバルを超過した場合に、WAE が TACACS+ に接続を再送信する回数。

Password type

パスワード認証のメカニズム。 デフォルトでは、Password Authentication Protocol(PAP; パスワード認証プロトコル)がパスワード認証のメカニズムです。

Server

TACACS+ サーバのホスト名または IP アドレス。

Status

サーバがプライマリまたはセカンダリ ホストであるかどうかを示します。

 
関連コマンド

clear statistics tacacs

show statistics tacacs

tacacs

show tcp

Transmission Control Protocol(TCP)設定情報を表示するには、 show tcp EXEC コマンドを使用します。

show tcp

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show tcp
==TCP Configuration==
TCP keepalive timeout 90 sec
TCP keepalive probe count 4
TCP keepalive probe interval 75 sec
TCP satellite (RFC1323) disabled
TCP explicit congestion notification disabled
TCP cwnd base value 2
TCP initial slowstart threshold value 2
TCP increase(multiply) retransmit timer by 1

 
関連コマンド

clear statistics tcp

show statistics tcp

tcp

show tech-support

Cisco Technical Assistance Center(TAC)のサポートを利用するのに必要な情報を表示するには、 show tech-support EXEC コマンドを使用します。

show tech-support [ page ]

 
構文の説明

page

(オプション)出力によるページ

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

このコマンドを使用して、使用している WAE について TAC のサポートを得るのに必要なシステム情報を表示します。 出力をディスク ファイルにロギングすることをお勧めします(「logging」を参照してください)。

次の例は、WAFS ソフトウェアに関して入手できる情報のタイプを示します。 show tech-support コマンドの出力は広範にわたり、量が多い可能性があるため、次の例ではこの一部だけを示します。

WAE# show tech-support
 
------------------ version and hardware --------------------
 
Wide Area Filesystem Software (WAFS)
Copyright (c) 1999-2005 by Cisco Systems, Inc.
Wide Area Filesystem Software Release 3.0.0 (build b260 Jun 7 2005)
Version: ce511-DEVELOPMENT[wafs-build2:/local/users/opromano/wafs]
 
Compiled 10:45:01 Jun 7 2005 by opromano
 
System was restarted on Tue Jun 14 06:34:31 2005.
The system has been up for 1 hour, 16 minutes, 52 seconds.
 
CPU 0 is GenuineIntel Intel(R) Celeron(R) CPU 2.80GHz (rev 3) running at 2800MHz
.
Total 1 CPU.
512 Mbytes of Physical memory.
1 CD ROM drive (CD-224E)
2 GigabitEthernet interfaces
1 Console interface
2 USB interfaces [Not supported in this version of software]
Manufactured As: FE-511-K9 [-[8836C9X]-]
 
BIOS Information:
Vendor : IBM
Version : -[KEEC25AUS-1.25]-
Rel. Date : 08/17/2004
 
Cookie info:
SerialNumber: KPBAR10
SerialNumber (raw): 75 80 66 65 82 49 48 0 0 0 0
TestDate: 1-30-2005
ExtModel: CE511
ModelNum (raw): 55 0 0 0 1
HWVersion: 1
PartNumber: 53 54 55 56 57
BoardRevision: 1
ChipRev: 1
VendID: 0
CookieVer: 2
Chksum: 0xfcd3
 
List of all disk drives:
 
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Normal (h01 c00 i00 l00 - DAS) 76324MB( 74.5GB)
 
 
Mounted filesystems:
 
MOUNT POINT TYPE DEVICE SIZE INUSE FREE USE%
/ root /dev/root 33MB 27MB 6MB 81%
/swstore internal /dev/md1 495MB 210MB 285MB 42%
/state internal /dev/md2 4031MB 65MB 3966MB 1%
/disk00-04 WAFSFS /dev/md4 63035MB 32MB 63003MB 0%
/local/local1 SYSFS /dev/md5 3967MB 491MB 3476MB 12%
.../local1/spool PRINTSPOOL /dev/md6 991MB 16MB 975MB 1%
/sw internal /dev/md0 991MB 290MB 701MB 29%
 
 
Software RAID devices:
 
DEVICE NAME TYPE STATUS PHYSICAL DEVICES AND STATUS
/dev/md0 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/00[GOOD] disk01/00[GOOD]
/dev/md1 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/01[GOOD] disk01/01[GOOD]
/dev/md2 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/02[GOOD] disk01/02[GOOD]
/dev/md3 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/03[GOOD] disk01/03[GOOD]
/dev/md4 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/04[GOOD] disk01/04[GOOD]
/dev/md5 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/05[GOOD] disk01/05[GOOD]
/dev/md6 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/06[GOOD] disk01/06[GOOD]
 
Currently WAFSFS RAID level is not configured to change.
 
 
------------------ running configuration -------------------
 
! WAFS version 3.0.0
!
hostname FE-511
!
clock timezone IST 2 0
!
ip domain-name cisco.com
!
interface PortChannel 2
ip address 10.10.10.10 255.0.0.0
exit
!
interface Standby 1
description This a backup for Gigabit Ethernet 2/0.
ip address 192.168.10.10 255.0.0.0
errors 500
exit
!
interface GigabitEthernet 1/0
ip address 10.56.41.206 255.255.252.0
exit
interface GigabitEthernet 2/0
ip address 192.168.12.206 255.255.255.0
exit
!
ip default-gateway 10.56.40.1
!
ip name-server 10.56.40.17
!
ip access-list standard 1
permit any
exit
!
ip access-list extended 100
permit gre any 0.0.215.21 255.255.0.0
exit
!
ntp server 10.56.40.17
ntp server 10.254.49.187
ntp server 10.254.49.188
ntp server 10.254.15.122
!
bypass static any-client 192.168.5.10
!
wccp router-list 1 10.10.10.1
wccp router-list 2 10.10.20.1
wccp cifs-cache mask dst-ip-mask 0x1234
wccp cifs-cache router-list-num 2 l2-redirect mask-assign
wccp version 2
no wccp slow-start enable
!
username admin password 1 bVmDmMMmZAPjY
username admin privilege 15
!
radius-server timeout 10
!
tacacs host 192.168.2.5 primary
!
windows-domain comment "Comment:"
windows-domain netbios-name "MYFILEENGINE"
windows-domain realm "CISCO"
windows-domain wins-server 10.10.10.1
windows-domain password-server 10.10.10.10
!
smb-conf section "printers" name "printer admin" value "root"
authentication login local enable primary
authentication login windows-domain enable
authentication configuration local enable primary
!
authentication print-services windows-domain enable
!
print-services enable
!
! End of WAFS configuration
Default Bitrate for large prepositioned files via HTTP is 1500 kbps
No limit set for wmt outgoing bitrate
No limit set for wmt incoming bitrate
 
------------------ processes --------------------
 
CPU average usage since last reboot:
cpu: 1.95% User, 1.01% System, 0.00% User(nice), 97.04% Idle
cpu0: 1.95% User, 1.01% System, 0.00% User(nice), 97.04% Idle
--------------------------------------------------------------------
PID STATE PRI User T SYS T COMMAND
----- ----- --- ------ ------ --------------------
1 S 0 7251 5245 (init)
2 S 0 0 0 (keventd)
3 R 19 0 0 (ksoftirqd_CPU0)
4 S 0 0 0 (kswapd)
5 S 0 0 0 (bdflush)
6 S 0 0 0 (kupdated)
7 S 0 0 0 (katad-1)
8 S 0 0 0 (katad-2)
9 S 0 0 0 (scsi_eh_0)
10 S 0 0 0 (scsi_eh_1)
11 S -20 0 0 (mdrecoveryd)
182 S -10 0 1 (nodehealthmgr)
183 S 0 74533 52848 (nodemgr)
187 S -10 0 0 (nodehealthds)
189 S -10 0 0 (nodehealthmgr)
190 S -10 0 0 (nodehealthmgr)
194 S 0 0 0 (syslogd)
195 R 0 194 71 (dataserver)
287 S -20 0 0 (raid1d)
288 S 19 0 0 (raid1syncd)
290 S -20 0 0 (raid1d)
291 S 19 0 0 (raid1syncd)
293 S -20 0 0 (raid1d)
294 S 19 0 0 (raid1syncd)
296 S -20 0 0 (raid1d)
297 S 19 0 0 (raid1syncd)
299 S -20 0 0 (raid1d)
300 S 19 0 0 (raid1syncd)
302 S -20 0 0 (raid1d)
303 S 19 0 0 (raid1syncd)
305 S -20 0 0 (raid1d)
306 S 19 0 0 (raid1syncd)
331 S 0 0 0 (kjournald)
336 S 0 0 0 (kjournald)
343 S 0 0 0 (kjournald)
348 S 0 0 0 (kjournald)
381 S 0 0 0 (kjournald)
1149 S 0 0 0 (parser_server)
1151 S 0 0 0 (standby)
1162 S 0 0 0 (common_edm)
1163 S 0 44174 43366 (sysmon)
1166 S 0 23 9 (parser_server)
1555 S 0 0 0 (wccp)
1560 S 0 0 0 (unified_log)
1561 S 0 0 0 (unified_errlogd)
1562 S 0 19438 24034 (smartd)
1574 S 0 63269 77047 (netcm)
1626 S 0 50 605 (disk_seek_rando)
1641 S 0 0 0 (inetd)
1715 S 0 1 11 (in.telnetd)
1720 S 0 0 0 (ntpd)
1746 S 0 1140364 127257 (crond)
26218 S 0 1 0 (wccp)
24253 S 0 1 1 (java)
24257 S 0 185 77 (java)
24258 S 0 0 0 (java)
24259 S 0 0 0 (java)
24260 S 0 0 0 (java)
24261 S 0 0 0 (java)
24262 S 0 0 0 (java)
24263 S 0 0 0 (java)
24264 S 0 0 0 (java)
24265 S 0 0 0 (java)
24269 S 0 0 0 (java)
24270 S 0 0 0 (java)
27803 S 0 2 3 (cupsd)
9161 S 0 0 0 (login)
9163 S 0 9 5 (admin-shell)
9164 S 0 0 0 (parser_server)
9492 S 0 0 0 (more)
9493 S 0 7 30 (exec_show_tech-)
9523 R 0 0 0 (exec_show_proce)
 
------------------ process memory --------------------
 
Total Used Free Shared Buffers Cached
522407936 483291136 39116800 0 15544320 352980992
 
Swap Total Used Free
522178560 0 522178560
 
PID State TTY %MEM VM Size RSS (pages) Name
1 S 0 0.1 1441792 131 (init)
2 S 0 0.0 0 0 (keventd)
3 R 0 0.0 0 0 (ksoftirqd_CPU0)
4 S 0 0.0 0 0 (kswapd)
5 S 0 0.0 0 0 (bdflush)
6 S 0 0.0 0 0 (kupdated)
7 S 0 0.0 0 0 (katad-1)
8 S 0 0.0 0 0 (katad-2)
9 S 0 0.0 0 0 (scsi_eh_0)
10 S 0 0.0 0 0 (scsi_eh_1)
11 S 0 0.0 0 0 (mdrecoveryd)
184 S 0 0.1 4419584 207 (nodehealthmgr)
185 S 0 0.2 2367488 288 (nodemgr)
189 S 0 0.1 2277376 234 (nodehealthds)
191 S 0 0.1 4419584 207 (nodehealthmgr)
192 S 0 0.1 4419584 207 (nodehealthmgr)
196 S 0 0.1 1654784 173 (syslogd)
197 S 0 0.2 2633728 324 (dataserver)
227 S 0 0.0 0 0 (raid1d)
229 S 0 0.0 0 0 (raid1d)
231 S 0 0.0 0 0 (raid1d)
233 S 0 0.0 0 0 (raid1d)
235 S 0 0.0 0 0 (raid1d)
237 S 0 0.0 0 0 (raid1d)
239 S 0 0.0 0 0 (raid1d)
277 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
288 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
301 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
312 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
345 S 0 0.0 0 0 (kjournald)
1263 S 0 0.4 6733824 545 (parser_server)
1265 S 0 0.1 2166784 197 (standby)
1276 S 0 0.3 4608000 400 (common_edm)
1277 S 0 0.1 3100672 236 (sysmon)
1280 S 0 0.4 6733824 545 (parser_server)
1983 S 0 0.4 4722688 597 (wccp)
1984 S 0 0.3 5808128 478 (snmpced)
1985 S 0 0.3 6131712 401 (wafsmib_edm)
1986 S 0 0.3 6131712 401 (wafsmib_edm)
1987 S 0 0.3 5808128 478 (snmpced)
1990 S 0 0.3 5808128 478 (snmpced)
1991 S 0 0.3 6131712 401 (wafsmib_edm)
2024 S 0 0.4 4722688 597 (wccp)
2205 S 0 0.1 2220032 223 (unified_log)
2207 S 0 0.1 1454080 129 (unified_errlogd)
2208 S 0 0.1 1814528 195 (smartd)
2223 S 0 0.2 2166784 271 (actastor_wrappe)
2230 S 0 0.5 4546560 700 (netcm)
2260 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2261 S 0 0.3 3072000 436 (rollingOut.pl)
2277 R 0 6.3 196919296 8107 (java)
2295 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2301 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2309 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2313 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2314 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2321 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2322 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2323 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2324 S 0 6.3 196919296 8107 (java)
2327 S 0 0.3 4579328 392 (disk_seek_rando)
2331 S 0 0.1 1474560 136 (inetd)
2350 S 0 0.1 1548288 134 (in.telnetd)
2357 S 0 0.3 2064384 502 (ntpd)
2374 S 0 0.3 5410816 496 (cupsd)
2375 S 0 0.4 6651904 541 (winbindd)
...
5701 S 1088 0.3 4587520 390 (exec_show_tech-)
5734 R 1088 0.4 5279744 579 (exec_show_proce)
5968 S 0 6.3 196919296 8112 (java)
5969 S 0 6.3 196919296 8112 (java)
 
------------------ system memory --------------------
 
Total physical memory : 510164 KB
Total free memory : 37508 KB
Total memory shared : 0 KB
Total buffer memory : 15732 KB
Total cached memory : 344744 KB
Total swap : 509940 KB
Total free swap : 509940 KB
 
------------------ filesystem information ------------------
 
Filesystem 1k-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/ram0 34594 28274 6320 82% /
/dev/md1 507620 214879 292741 43% /swstore
/dev/md2 4128320 66824 4061496 2% /state
/dev/md4 64548488 32828 64515660 1% /disk00-04
/dev/md5 4062784 502568 3560216 13% /local/local1
/dev/md6 1015576 16436 999140 2% /local/local1/spool
/dev/md0 1015576 273012 742564 27% /sw
 
Filesystem Inodes IUsed IFree IUse% Mounted on
/dev/ram0 9280 4645 4635 51% /
/dev/md1 131072 26 131046 1% /swstore
/dev/md2 524288 583 523705 1% /state
/dev/md4 16662624 11 16662613 1% /disk00-04
/dev/md5 1048576 140 1048436 1% /local/local1
/dev/md6 262144 13 262131 1% /local/local1/spool
/dev/md0 262144 7773 254371 3% /sw
 
contents of file /tmp/ruby_disk_debug.txt:
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md0: clean, 7884/262144 files, 82400/262112 blocks
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md1: clean, 35/131072 files, 231419/524160 blocks
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md0: clean, 7884/262144 files, 82400/262112 blocks
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md1: clean, 35/131072 files, 231419/524160 blocks
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md2: recovering journal
/dev/md2: clean, 1042/524288 files, 34256/1048544 blocks
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md4: recovering journal
/dev/md4: clean, 11/16662624 files, 529997/16658912 blocks
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
Tue Jun 14 04:35:07 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md5: recovering journal
/dev/md5: clean, 334/1048576 files, 158359/1048544 blocks
Tue Jun 14 04:35:08 UTC 2005
Tue Jun 14 04:35:08 UTC 2005
e2fsck 1.32 (09-Nov-2002)
/dev/md6: recovering journal
/dev/md6: clean, 13/262144 files, 12327/262112 blocks
Tue Jun 14 04:35:08 UTC 2005
Tue Jun 14 04:35:36 UTC 2005
 
 
 
 

show telnet

Telnet サービス設定を表示するには、 show telnet EXEC コマンドを使用します。

show telnet

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

Enabled

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show telnet
telnet service is enabled

 
関連コマンド

telnet enable

exec-timeout

show users

ユーザを表示するには、 show users EXEC コマンドを使用します。

show users administrative

 
構文の説明

administrative

管理特権のあるユーザをリストします。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show users administrative
UID USERNAME
0 admin
 

 
関連コマンド

clear users

user

show version

WAE ソフトウェアに関するバージョン情報を表示するには、 show version EXEC コマンドを使用します。

show version

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

WAE# show version
Wide Area Filesystem Software (WAFS)
Copyright (c) 1999-2005 by Cisco Systems, Inc.
Wide Area Filesystem Software Release 3.0.0 (build b11 Jan 19 2005)
Version: fe511[builder5:/builder5_disk5/admin/wafs]
 
Compiled 03:58:54 Jan 19 2005 by admin
 
System was restarted on Sun Jan 30 16:39:52 2005.
The system has been up for 10 weeks, 3 days, 6 hours, 31 minutes, 2 seconds.
 
WAE#

show wccp

WCCP 情報を表示するには、 show wccp EXEC コマンドを使用します。

show wccp waes

show wccp flows { service-number service_num }

show wccp gre

show wccp masks { service-number service_num }

show wccp modules

show wccp routers

show wccp services [ detail ]

show wccp slowstart { service-number service_num }

show wccp status

 
構文の説明

wae

どの WAE がどのルータによって認識されているかを表示します。

service-number

WCCP サービス番号を表示します。

service_num

サービス番号(90~97)。

gre

WCCP 総称ルーティング カプセル化パケット関連の情報を表示します。

masks

所定のサービスの WCCP マスク割り当てを表示します。

modules

WCCP 登録モジュールの実行状態 を表示します。

routers

この WAE が認識するルータとそうでないルータを表示します。

services

設定された WCCP サービスを表示します。

detail

(オプション)サービスの詳細を表示します。

slowstart

選択したサービスの WCCP スロースタート状態を表示します。

status

有効化され、実行している WCCP のバージョンを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

次の例は show wccp gre コマンドの出力を示します。

WAE# show wccp gre
Transparent GRE packets received: 366
Transparent non-GRE packets received: 0
Transparent non-GRE packets passed through: 0
Total packets accepted: 337
Invalid packets received: 0
Packets received with invalid service: 0
Packets received on a disabled service: 0
Packets received too small: 0
Packets dropped due to zero TTL: 0
Packets dropped due to bad buckets: 0
Packets dropped due to no redirect address: 0
Packets dropped due to loopback redirect: 0
Connections bypassed due to load: 0
Packets sent back to router: 0
Packets sent to another CE: 0
GRE fragments redirected: 0
Packets failed GRE encapsulation: 0
Packets dropped due to invalid fwd method: 0
Packets dropped due to insufficient memory: 0
Packets bypassed, no conn at all: 0
Packets bypassed, no pending connection: 0
Packets due to clean wccp shutdown: 0
Packets bypassed due to bypass-list lookup: 0
Packets received with client IP addresses: 0
Conditionally Accepted connections: 0
Conditionally Bypassed connections: 0
L2 Bypass packets destined for loopback: 0
Packets w/WCCP GRE received too small: 0
Packets dropped due to IP access-list deny: 29
L2 Packets fragmented for bypass: 0
WAE#
 

次の例は、 show wccp modules コマンドの出力を示します。

WAE# show wccp modules
 
Modules registered with WCCP on this WAE
 
Module Socket Expire(sec) Name Supported Services
------ ------ ----------- --------------- ------------------
0 18 3 ? CIFS Cache
 

次の例は、 show wccp services コマンドの出力を示します。

WAE# show wccp services
Services configured on this Content Engine
CIFS Cache
 
WAE#
 

次の例は、 show wccp services detail コマンドの出力の一部を示します。

WAE# show wccp services detail
 
Service Details for Web Cache Service
Service Enabled : Yes
Service Priority : 240
Service Protocol : 6
Application : Caching
Service Flags (in Hex) : 512
Service Ports : 80 0 0 0
: 0 0 0 0
Security Enabled for Service : No
Multicast Enabled for Service : No
Weight for this Web-CE : 0
Negotiated forwarding method : GRE
Negotiated assignment method : HASH
Received Values:
Source IP mask (in Hex) : 0
Destination IP mask (in Hex) : 0
Source Port mask (in Hex) : 0
Destination Port mask (in Hex) : 0
Calculated Values:
Source IP mask (in Hex) : 0
Destination IP mask (in Hex) : fe000000
Source Port mask (in Hex) : 0
Destination Port mask (in Hex) : 0Service Details for CIFS Cache Service
Service Enabled : Yes
Service Priority : 224
Service Protocol : 6
Application : Unknown
Service Flags (in Hex) : 511
Service Ports : 139 445 0 0
: 0 0 0 0
Security Enabled for Service : No
Multicast Enabled for Service : No
Weight for this Web-CE : 0
Negotiated forwarding method : GRE
Negotiated assignment method : HASH
Received Values:
Source IP mask (in Hex) : 0
Destination IP mask (in Hex) : 0
Source Port mask (in Hex) : 0
Destination Port mask (in Hex) : 0
Calculated Values:
Source IP mask (in Hex) : 0
Destination IP mask (in Hex) : 1741
Source Port mask (in Hex) : 0
Destination Port mask (in Hex) : 0
 

次の例は、 show wccp routers コマンドの出力を示します。

WAE# show wccp routers
Router Information for Service: CIFS Cache
Routers Configured and Seeing this WAE(1)
Router Id Sent To Recv ID
0.0.0.0 10.10.20.1 00000000
Routers not Seeing this WAE
10.10.20.1
Routers Notified of but not Configured
-NONE-
Multicast Addresses Configured
-NONE-
 

次の例は、 show wccp status コマンドの出力を示します。

WAE# show wccp status
WCCP version 2 is enabled and currently active

 
関連コマンド

wccp

shutdown(インターフェイス コンフィギュレーション)

特定のハードウェア インターフェイスをシャットダウンするには、 shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。 インターフェイスを稼働状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

shutdown

no shutdown

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

代替構文は、「interface」を参照してください。

WAE(config-if)# shutdown
 

 
関連コマンド

interface

show interface

show running-config

show startup-config

shutdown(EXEC)

WAE をシャットダウンするには、 shutdown EXEC コマンドを使用します。

shutdown [ poweroff ]

 
構文の説明

poweroff

(オプション)すべてのアプリケーションとオペレーティング システムを閉じた後、電源を切断します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

制御シャットダウンとは、デバイスの電源を切断しないで WAE を正常にシャットダウンするプロセスを指します。 制御シャットダウンでは、すべてのアプリケーション アクティビティとオペレーティング システムが WAE で正常に停止しますが、電源は投入されたままです。 WAE の 制御シャットダウンにより、WAE が処理されているときのダウンタイムを最小限にできます。


注意 制御シャットダウンが実行されていない場合、WAE のファイル システムは破損する可能性があります。 また、WAE が正常にシャットダウンされていない場合、リブートするのに長くかかります。


) WAFS ソフトウェアの電源切断後は、WAE はこのソフトウェアを使用して電源を再度投入することができません。 1 度電源ボタンを押して、このような WAE をオンラインに戻す必要があります。


shutdown EXEC コマンドは、WAE の正常なシャットダウンを助けるコマンドで、すべての WAE ハードウェア モデルでサポートされています。 shutdown poweroff コマンドも、Advanced
Configuration and Power Interface(ACPI)をサポートするので、すべての WAE ハードウェア モデルでサポートされています。

shutdown コマンドはすべてのアプリケーションを終了し、すべてのシステム アクティビティを停止しますが、電源は投入したままに維持します。 ファンは動作し続け、電源 LED は点灯し、デバイスに電源がまだ入っていることを示します。 シャットダウン プロセスが完了すると、デバイスのコンソールに次のメニューが表示されます。

================= SHUTDOWN SHELL =================
System has been shut down.
 
 
You can
0. Power down system by pressing and holding power button
1. Reload system by software
2. Power down system by software
[1-2]?
 

shutdown poweroff コマンドはすべてのアプリケーションとオペレーティング システムを終了し、すべてのシステム アクティビティを停止し、電源を切断します。 ファンは動作を停止し、電源 LED は点滅し始め、デバイスの電源が切断されていることを示します。


shutdown または shutdown poweroff コマンドを使用すると、次回の電源投入時とデバイスのブート時に、ファイル システムのチェックが行われません。


表16-10 に、WAE に対する shutdown だけの動作と shutdown poweroff の動作について説明します。

 

表16-10 CLI コマンドを使用した WAE のシャットダウン

アクティビティ
プロセス

ユーザが WAE でシャットダウン操作を実行

Shutdown poweroff

WAE# shutdown poweroff
 

WAE をオンラインに戻すためユーザが手動操作

shutdown poweroff の実行後、電源ボタンを 1 度押して WAE をオンラインに戻す必要があります。

ファイル システムのチェック

電源を再度投入して WAE をリブートした後は、実行され ません

コンソール セッションまたはリモート セッションから shutdown EXEC コマンドを入力することで(Telnet または SSH バージョン 1 あるいは SSH バージョン 2)、WAE に対してシャットダウンを実行できます。

WAE に対してシャットダウンを実行するには、次のように shutdown EXEC コマンドを入力します。

WAE# shutdown
 

システム設定を保存するか尋ねられたら、yes を入力します。

System configuration has been modified. Save?[yes]:yes
 

シャットダウンを進めるか尋ねられたら、 Enter を押してシャットダウンの操作を進めます。

Device can not be powered on again through software after shutdown.
Proceed with shutdown?[confirm]
 

メッセージが表示され、この WAE のすべてのサービスがシャットダウン中であることを通知します。

Shutting down all services, will timeout in 15 minutes.shutdown in progress ..System halted.

 

システムをシャットダウンすると(システムが停止する)、WAFS ソフトウェアのシャットダウン シェルが、コンソール上にシステムの現在の状態を表示します(例:「System has been shut down」)。 ソフトウェアによる電源切断を実行するか( Power down system by software オプション)、ソフトウェアを介してシステムをリロードするか尋ねられます。

 
================= SHUTDOWN SHELL =================
System has been shut down.
You can either
Power down system by pressing and holding power button
or
1. Reload system through software
2. Power down system through software
 

WAE の電源を切断するには、WAE の電源ボタンを押し続けるか、次のいずれかの方法で shutdown poweroff を実行します。

コンソールのコマンドラインで、次のように要求があった場合、 2 を入力します。

================= SHUTDOWN SHELL =================
System has been shut down.
You can either
Power down system by pressing and holding power button
or
1. Reload system through software
2. Power down system through software
 

WAE CLI で、次のように shutdown poweroff EXEC コマンドを入力します。

WAE# shutdown poweroff

システム設定を保存するか尋ねられたら、 yes を入力します。

System configuration has been modified. Save?[yes]:yes
 

決定の確認を求められたら、 Enter キーを押します。

Device can not be powered on again through software after poweroff.
Proceed with poweroff?[confirm]
Shutting down all services, will timeout in 15 minutes.
poweroff in progress ..Power down.

次の例では、 shutdown コマンドを使用して、すべてのアプリケーションを終了し、すべてのシステム アクティビティを停止します。

WAE1# shutdown
System configuration has been modified. Save?[yes]:yes
Device can not be powered on again through software after shutdown.
Proceed with shutdown?[confirm]
Shutting down all services, will timeout in 15 minutes.
shutdown in progress ..System halted.
 

次の例では、 shutdown poweroff コマンドを使用して、すべてのアプリケーションを終了し、すべてのシステム アクティビティを停止、WAE の電源を切断します。

WAE2# shutdown poweroff
System configuration has been modified. Save?[yes]:yes
Device can not be powered on again through software after poweroff.
Proceed with poweroff?[confirm]
Shutting down all services, will timeout in 15 minutes.
poweroff in progress ..Power down.
 

smb-conf

Samba コンフィギュレーション ファイル smb.conf に手動でパラメータを設定するには、 smb-conf グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 パラメータをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

smb-conf section {global | print$ | printers} name attr-name value attr-value

no smb-conf section {global | print$ | printers} name attr-name value attr-value

 
構文の説明

global

global プリント パラメータの 1 つを指定します。

print$

print$ パラメータの 1 つを指定します。

printers

printers パラメータの 1 つを指定します。

name

手動で設定するパラメータの名前を指定されたセクションに指定します。

attr-name

最大 80 文字のパラメータ名。

value

パラメータの値を指定します。

attr-value

最大 255 文字のパラメータ名。

名前やデフォルト値などパラメータの詳細については、下の「使用上の注意事項」の 表16-11 を参照してください。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

smb.conf ファイルには、 表16-11 に示すようにさまざまなプリント関連パラメータが含まれています。

global パラメータは、サーバ全体に適用されます。 残りすべてのセクションおよび共有に対するデフォルト設定を定義するサービス レベルのパラメータは、このパラメータ セットに含まれています。 これにより、繰り返し同じ値を設定する必要がなくなります。 このようなグローバルに設定された共有設定を上書きし、個々のセクションや共有に対して他の値を指定できます。 print$ パラメータは、プリンタに適用されます。 printers パラメータは、共有に適用されます。 これらのパラメータにより、最小限の設定ですべてのプリンタを共有できるようになります。 これらのパラメータは、デフォルトですべてのプリンタに適用されます。

 

表16-11 smb.conf ファイルのパラメータ

パラメータ名
デフォルト値
パラメータの説明
global パラメータ

idmap uid

70000-200000

idmap gid

70000-200000

winbind enum users

no

MSRPC を使用しているドメイン ユーザは列挙しません。

winbind enum groups

no

MSRPC を使用しているドメイン グループは列挙しません。

winbind cache time

10

ドメイン ユーザまたはグループ情報が、期限切れするまでキャッシュ内に残存する時間。

winbind use default domain

yes

ユーザとグループにデフォルトのドメインを使用します。

printcap name

cups

CUPS を使用して利用可能なプリンタ名を決定します。

load printers

yes

すべての利用可能なプリンタ共有を自動的に作成します。

printing

cups

CUPS 互換のプリント コマンドを使用します。

cups options

raw

プリント 出力のフォーマットを raw に設定します。

force printername

yes

lpq cache time

0

lpq コマンドの結果に対するキャッシュ時間を制御します。

log file

/local/local1/errorlog/samba.log

プリント関連のエラーがログに記録されている場所。

max log size

50

ログ ファイルに収容できるエラーの最大数。 エラーが 50 を超えると、新しいエラーを記録するために、最も古いエラーを削除します。

socket options

TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192

smb ports

50139

Samba サーバ上の利用可能なポート。

local master

no

domain master

no

preferred master

no

dns proxy

no

Domain Name Service(DNS; ドメイン ネーム サービス)プロキシが有効化されていません。

template homedir

/local/local1/

File Engine または WAE のホーム ディレクトリ。

template shell

/admin-shell

管理シェルのディレクトリ。

comment

Comment:

クライアントがサーバにクエリを送信する際に表示されるプリント サーバ(または共有)の任意の記述。

netbios name

MYFILEENGINE

プリント サービスをホスティングする Samba サーバの名前。

realm

CISCO

Active Directory ドメイン名。 必ず大文字にします。

wins server

10.10.10.1

プリント サービスへのユーザ アクセスの認証に使用した Windows ドメイン サーバの IP アドレス。

password server

10.10.10.10

ユーザの認証に使用したパスワード サーバのオプションの IP アドレス。

security

domain

認証に Windows ドメイン サーバを使用します。

print$ パラメータ

path

/state/samba/printers

プリンタ リストの場所。

guest ok

yes

プリンタに接続するのにパスワードは不要です。

browseable

yes

利用可能なプリンタのリストにそのプリンタが表示されるようにします。

read only

yes

ユーザがプリンタ リストを作成または変更しないようにします。

write list

root

プリンタ管理者(root ユーザ)はプリンタ リストを変更できます。

printers パラメータ

path

/local/local1/spool/samba.log

着信ファイルがプリント用にスプールされる場所。

browseable

no

printable が yes の場合は、常に no に設定します。 これにより、利用可能な共有リストでプリンタ共有が非表示になります。

guest ok

yes

プリンタのサービスに接続するのにパスワードは不要です。

writable

no

ユーザが、プリント サービス ディレクトリのファイルを作成または変更しないようにします。

printable

yes

接続したクライアントが、スプール ファイルを開き、書き込み、プリントのパス パラメータで指定したディレクトリに送信できるようにします。 Samba がプリンタ共有とファイル共有を区別するために使用します。 no に設定した場合、プリントは許可されません。

printer admin

root

プリンタ管理者(root ユーザ)はドライバの追加とプリンタ プロパティの設定ができます。

次の例は、Samba エラー ログ ファイルの最大サイズを 50 エラーから 70 エラーに変更する方法を示します。

WAE# smb-conf global max log size 75
 

次の例は、レルムをデフォルトの CISCO から MYCOMPANYNAME に変更する方法を示します。

WAE# smb-conf global realm MYCOMPANYNAME
 

 
関連コマンド

show smb-conf

windows-domain

snmp-server access-list

標準アクセス コントロール リストを設定して、SNMP エージェントを介してアクセスできるようにするには、 snmp-server access-list グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 標準アクセス コントロール リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server access-list { num | name }

no snmp-server access-list { num | name }

 
構文の説明

num

標準アクセス リストの番号(1~99)

name

標準アクセス リストの名前(最大 30 文字)

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

snmp-server access-list number グローバル コンフィギュレーション コマンドは、アクセス コントロール リストを設定して SNMP エージェントがアクセスできるようにします。 number 変数は 1~99 の範囲の数値で、標準アクセス コントロール リストを示します。 SNMP は、着信パケットを、アクセス コントロール リストでチェックしてから、受け入れるかまたはドロップするかします。

WAE で標準 IP ACL を使用して、SNMP エージェントのアクセスを制御する方法の段階的な説明については、『 Cisco WAFS CLI Configuration Guide 』を参照してください。

次の例では、SNMP エージェントは、パケットをアクセス コントロール リスト 12 でチェックしてから、受け入れまたはドロップできます。

WAE(config)# snmp-server access-list 12
 

) 最初に ip access-list standard グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、アクセス リスト 12 を作成する必要があります。


 
関連コマンド

ip access-list

show running-configuration

snmp-server community

SNMP エージェントを有効にして、コミュニティ アクセス ストリングを設定し、SNMP エージェントがアクセスできるようにするには、 snmp-server community グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 SNMP エージェントを無効にして以前設定したコミュニティ ストリングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server community string [ group groupname | rw ]

no snmp-server community string [ group groupname | rw ]

 
構文の説明

string

パスワードのように機能し、SNMP エージェントのアクセスを許可するコミュニティ ストリング。 最大 64 文字まで使用できます。

group

(オプション)コミュニティ ストリングが所属するグループを指定します。

groupname

グループの名前。 最大 64 文字まで使用できます。

rw

(オプション)このコミュニティ ストリングへの読み取り/書き込み アクセスを可能にします。

 
デフォルト

SNMP エージェントは無効化されており、コミュニティ ストリングは設定されていません。 設定されると、SNMP コミュニティ ストリングはデフォルトですべてのオブジェクトに対する読み取り専用アクセスを許可します。

 
使用上の注意事項

SNMP コミュニティ ストリングは、WAE 上で SNMP エージェントにアクセスする際、認証のパスワードとして使用されます。 認証を受けるため、WAE に送信される SNMP メッセージの Community Name フィールドは、WAE で定義された SNMP コミュニティ ストリングに一致する必要があります。

WAE の SNMP エージェントは、WAE で SNMP コミュニティ ストリングが定義されると有効になります。 作成できる SNMP コミュニティの最大数は 10 です。

snmp-server community string グローバル コンフィギュレーション コマンドは、SNMPv1、
SNMPv2c、および SNMPv3 にビューベースのアクセス コントロールを提供しますが、異なるバージョン間の下位互換性も引き続き維持します。


ヒント 認証を受けるためには、WAE に送信される SNMP メッセージの「Community Name」フィールドは必ず、ここで定義されるコミュニティ ストリングと一致せねばなりません。

WAFS 3.0 ソフトウェア リリースより前の WAFS ソフトウェアでは、 snmp-server community string グローバル コンフィギュレーション コマンドには、SNMP メッセージが MIB オブジェクトに対して SET 操作を実行できるようにするコミュニティ ストリングを作成するオプションがありませんでした。 rw オプションはこの目的で導入されました。 また、以前のバージョンの SNMP エージェントは、MIB オブジェクトに対して選択的なアクセス コントロールができませんでした。 MIB オブジェクトへのアクセスは、SNMP コミュニティ ストリングの認証に基づいて拒否または許可されていました。

ビューベースのアクセス コントロールの導入により、現在では、MIB サブツリーの一部分に対してだけアクセスを許可するコミュニティ ストリングを設定できます。 このコマンドの旧バージョンとの下位互換性を維持するため、デフォルトの読み取りグループまたはデフォルトの書き込みグループは(コマンドラインに rw オプションが指定されている場合)、グループ名が指定されないときは、コミュニティ ストリングに関連付けられます。 このデフォルト グループは両方とも、ユーザには非表示で、コンフィギュレーション ファイルや show snmp group EXEC コマンドに表示されませんが、SNMP エージェントの初期化中に作成されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

次の例は、SNMP エージェントを有効にし、コミュニティ ストリング comaccess を SNMP に割り当てます。

WAE(config)# snmp-server community comaccess
 

次の例は、SNMP エージェントを無効にし、定義済みのコミュニティ ストリングを削除します。

WAE(config)# no snmp-server community

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server contact

システム サーバ担当者(sysContact)文字列を設定するには、 snmp-server contact グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 このコマンドの no 形式を使用すると、システム担当者情報を削除できます。

snmp-server contact line

no snmp-server contact

 
構文の説明

contact

MIB-II オブジェクト sysContact のテキストを指定します。

line

この管理対象ノードの担当者の ID。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
デフォルト

システム担当者文字列は設定されていません。

 
使用上の注意事項

システム担当者文字列は、MIB-II システム グループ sysContact オブジェクトに保存されている値です。

これはシステム担当者文字列の例です。

WAE(config)# snmp-server contact Dial System Operator at beeper # 27345
 
WAE(config)# no snmp-server contact

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server community

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server enable traps

WAE が SNMP トラップを送信できるようにするには、 snmp-server enable traps グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 すべての SNMP トラップまたは SNMP 認証トラップだけを無効にする場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server enable traps [ alarm [ clear-critical | clear-major | clear-minor | raise-critical | raise-major | raise-minor ] | config | content-engine [ disk-fail | disk-read | disk-write | overload-bypass | transaction-log ] | entity | event | snmp [ authentication | cold-start ] | wafs [ cslog | eslog | mgrlog ]]

no snmp-server enable traps [ alarm [ clear-critical | clear-major | clear-minor | raise-critical | raise-major | raise-minor ] | config | content-engine [ disk-fail | disk-read | disk-write | overload-bypass | transaction-log ] | entity | event | snmp [ authentication | cold-start ] | wafs [ cslog | eslog | mgrlog ]]

 
構文の説明

alarm

(オプション)Content Engine アラーム トラップを有効にします。

clear-critical

(オプション)clear-critical アラーム トラップを有効にします。

clear-major

(オプション)clear-major アラーム トラップを有効にします。

clear-minor

(オプション)clear-minor アラーム トラップを有効にします。

raise-critical

(オプション)raise-critical アラーム トラップを有効にします。

raise-major

(オプション)raise-major アラーム トラップを有効にします。

raise-minor

(オプション)raise-minor アラーム トラップを有効にします。

config

(オプション)CiscoConfigManEvent トラップを有効にします。

content-engine

(オプション)SNMP Content Engine トラップを有効にします。

disk-fail

(オプション)ディスク障害エラー トラップを有効にします。

disk-read

(オプション)ディスク読み取りエラー トラップを有効にします。

disk-write

(オプション)ディスク書き込みエラー トラップを有効にします。

overload-bypass

(オプション)WCCP 過負荷バイパス エラー トラップを有効にします。

transaction-log

(オプション)トランザクション ログ書き込みエラー トラップを有効にします。

entity

(オプション)SNMP エンティティ トラップを有効にします。

event

(オプション)Event MIB トラップを有効にします。

snmp

(オプション)SNMP 固有トラップを有効にします。

authentication

(オプション)認証トラップを有効にします。

cold-start

(オプション)コールド スタート トラップを有効にします。

wafs

(オプション)すべての WAFS 固有トラップを有効にします。

cslog

(オプション)CS ログ トラップを有効にします。

eslog

(オプション)ES ログ トラップを有効にします。

mgrlog

(オプション)Manager ログ トラップを有効にします。

 
デフォルト

このコマンドはデフォルトで無効に設定されています。 どのトラップも有効になっていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

特定のアラーム条件に対して SNMP トラップを生成するように WAE を設定できます。 次の事項に基づいて、WAE にSNMP アラーム トラップ生成を設定できます。

アラームの重大度(クリティカル、メジャー、マイナー)

動作(アラームの発生またはクリア)

WAFS 3.0 ソフトウェア リリースでは、CISCO-CONTENT-ENGINE-MIB(CCE MIB)で次の 6 つの汎用アラーム トラップが利用できます。 表16-12 を参照してください。

 

表16-12 汎用アラーム トラップ

アラーム トラップの名前
重大度
動作

cceAlarmCriticalRaised

クリティカル

発生

cceAlarmCriticalCleared

クリティカル

クリア

cceAlarmMajorRaised

メジャー

発生

cceAlarmMajorCleared

メジャー

クリア

cceAlarmMinorRaised

マイナー

発生

cceAlarmMinorCleared

マイナー

クリア


) デフォルトでは、この 6 つの汎用アラーム トラップは無効に設定されています。


この 6 つの汎用アラーム トラップは、SNMP と Node Health Manager の統合をもたらします。 6 つの汎用アラーム トラップのそれぞれが、WAE CLI を使用して有効または無効にできます。

トラップを設定するには、 snmp-server enable traps コマンドを実行する必要があります。
snmp-server enable traps
コマンドを実行しないと、トラップは送信されません。

snmp-server enable traps コマンドは、 snmp-server host コマンドと一緒に使用します。 snmp-server host コマンドを使用して、SNMP トラップを受信するホストを 1 つまたは複数、指定します。 トラップを送信するには、 snmp-server host コマンドを使用して少なくとも 1 つホストを設定する必要があります。

トラップを受信するホストについては、 snmp-server enable traps コマンドと snmp-server host コマンドの両方を、そのホストに対して有効にしておく必要があります。

また、SNMP は、 snmp-server community コマンドで有効にしておく必要があります。

MIB-II SNMP 認証トラップの送信を無効にするには、 no snmp-server enable traps snmp authentication コマンドを入力します。

次の例は、コミュニティ ストリング public を使用して、WAE がホスト 172.31.2.160 にすべてのトラップを送信できるようにします。

WAE(config)# snmp-server enable traps
WAE(config)# snmp-server host 172.31.2.160 public
 

次の例では、すべてのトラップを無効にします。

WAE(config)# no snmp-server enable traps

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server host

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server group

ユーザ セキュリティ モデル グループを定義するには、 snmp-server group グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 指定したグループを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server group name { v1 [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | v2c [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | v3 { auth [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | noauth [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | priv [ notify name ] [ read name ] [ write name ]}}

no snmp-server group name { v1 [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | v2c [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | v3 { auth [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | noauth [ notify name ] [ read name ] [ write name ] | priv [ notify name ] [ read name ] [ write name ]}}

 
構文の説明

name

SNMP グループの名前。 最大 64 文字まで使用できます。

v1

Version 1 セキュリティ モデルを使用するグループを指定します。

notify

(オプション)通知、インフォーム、トラップの指定を可能にするグループの通知ビューを指定します。

name

通知ビューの名前。 最大 64 文字まで使用できます。

read

(オプション)エージェントのコンテンツの表示だけを可能にするグループの読み取りビューを指定します。

name

読み取りビューの名前。 最大 64 文字まで使用できます。

write

(オプション)データ入力とエージェントのコンテンツの設定を可能にするグループの書き込みビューを指定します。

name

書き込みビューの名前。 最大 64 文字まで使用できます。

v2c

Version 2c セキュリティ モデルを使用するグループを指定します。

v3

ユーザ セキュリティ モデル(SNMPv3)を使用するグループを指定します。

auth

AuthNoPriv セキュリティ レベルを使用するグループを指定します。

noauth

noAuthNoPriv セキュリティ レベルを使用するグループを指定します。

priv

AuthPriv セキュリティ レベルを使用するグループを指定します。

 
デフォルト

デフォルトでは、ユーザ セキュリティ モデル グループは定義されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

作成できる SNMP グループの最大数は 10 です。

Version 1( v1 )セキュリティ モデル、Version 2c( v2c )セキュリティ モデル、またはユーザ セキュリティ モデル( v3 または SNMPv3)の 3 つの SNMP セキュリティ モデル グループのいずれか 1 つを選択します。 オプションで、選択した特定のセキュリティ モデルについて、グループの通知、読み取り、または書き込みビューを指定します。 v3 オプションにより、 auth (AuthNoPriv セキュリティ レベル)、 noauth (noAuthNoPriv セキュリティ レベル)、 または priv (AuthPriv セキュリティ レベル)の 3 つのセキュリティ レベルのいずれか 1 つを使用するグループを指定できます。

WAFS 3.x ソフトウェアは、次のバージョンの SNMP をサポートします。

Version 1(SNMPv1):SNMP の最初に実装された製品です。 この機能の詳細は、RFC 1157 を参照してください。

Version 2(SNMPv2c): SNMP の 2 番目のリリースで、RFC 1902 で規定されています。データ タイプ、カウンタ サイズ、プロトコル オペレーションに対して追加が行われています。

Version 3(SNMPv3):SNMP の最新版で、RFC 2271~RFC 2275 に規定されています。

SNMP セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベル

SNMPv1 および SNMPv2c は、通信回線上の SNMP パケット トラフィックの機密を保持するセキュリティ(認証またはプライバシ) メカニズムを備えていません。 その結果、通信回線上のパケットは検出される可能性があり、SNMP コミュニティ ストリングは漏えいすることがあります。

SNMPv1 および SNMPv2c のセキュリティ上の欠陥を補うため、SNMPv3 では、ネットワーク上のパケットを認証および暗号化することで、WAE への安全なアクセスを実現します。 WAFS 3.x ソフトウェアの SNMP エージェントは、SNMPv1 および SNMPv2c だけでなく、SNMPv3 もサポートします。

SNMPv3 が備えているセキュリティ機能は次のとおりです。

メッセージの整合性 :伝送中のパケットに何の干渉もされないことを保証します。

認証 :有効な送信元からのメッセージであるかどうかを判別します。

暗号化 :パケットの内容をスクランブルして、不正な送信元から見られないようします。

SNMPv3 は、セキュリティ レベルだけでなくセキュリティ モデルも備えています。 セキュリティ モデルは、ユーザおよびユーザが所属するグループに対して設定する認証プロセスです。 セキュリティ レベルは、セキュリティ モデルの中で許容されるセキュリティのレベルです。 セキュリティ モデルとセキュリティ レベルの組み合わせによって、SNMP パケットの取り扱いに使用されるセキュリティ プロセスが決まります。 セキュリティ モデルには、SNMPv1、SNMPv2c、および SNMPv3 があります。

表16-13 に、セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベルの組み合わせを示します。

 

表16-13 SNMP セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベル

モデル
レベル
認証
暗号化
プロセス

v1

noAuthNoPriv

コミュニティ ストリング

なし

ユーザ認証にコミュニティ ストリングの照合を使用します。

v2c

noAuthNoPriv

コミュニティ ストリング

なし

ユーザ認証にコミュニティ ストリングの照合を使用します。

v3

noAuthNoPriv

ユーザ名

なし

ユーザ認証にユーザ名の照合を使用します。

v3

AuthNoPriv

Message Digest 5(MD5)または Secure Hash Algorithm(SHA)

なし

Hash-Based Message Authentication Code(HMAC)-MD5 または HMAC-SHA アルゴリズムに基づいて認証します。

v3

AuthPriv

MD5 または SHA

あり

HMAC-MD5 または HMAC-SHA アルゴリズムに基づいて認証します。 cipher block chaining(CBC; 暗号ブロック連鎖)-DES (DES-56) 標準に基づいて、Data Encryption Standard(DES; データ暗号規格) 56 ビット暗号化(パケット認証)を実現します。

SNMPv3 エージェントは、次のモードで使用できます。

noAuthNoPriv モード(パケットに対して有効になっているセキュリティ メカニズムがない)

AuthNoPriv モード(プライバシ アルゴリズム(DES 56)を使用して暗号化する必要のないパケット用)

AuthPriv モード(暗号化が必要なパケット用。プライバシは、パケットに対して認証の実行を要求する)

SNMPv3 を使用すると、ユーザは、データを改ざんされる心配なしに、SNMP エージェントから管理情報を安全に収集できます。 また、WAE の設定を変更する SNMP セット パケットなどの機密情報が暗号化されるので、通信回線上でコンテンツが流出するのを防止できます。 さらに、グループ ベースの管理モデルでは、異なるユーザが、異なるアクセス特権を使用して同じ SNMP エージェントにアクセスすることもできます。

WAE(config)# snmp-server group acme v1 notify mymib

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server host

ホスト SNMP トラップ操作の受信者を指定するには、 snmp-server host グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 指定したホストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server host { hostname | ip-address } communitystring [ v2c [ retry number ] [ timeout seconds ] | [ v3 { auth [ retry number ] [ timeout seconds ] | noauth [ retry number ] [ timeout seconds ] | priv [ retry number ] [ timeout seconds ]}]

no snmp-server host { hostname | ip-address } [ v2c [ retry number ] [ timeout seconds ] | [ v3 { auth [ retry number ] [ timeout seconds ] | noauth [ retry number ] [ timeout seconds ] | priv [ retry number ] [ timeout seconds ]}| communitystring ]

 
構文の説明

hostname

WAE からの SNMP トラップ メッセージで送信される SNMP トラップ ホストのホスト名。

ip-address

WAE からの SNMP トラップ メッセージで送信される SNMP トラップ ホストの IP アドレス。

communitystring

WAE からの SNMP トラップ メッセージで送信されるパスワード形式のコミュニティ ストリング。 最大 64 文字まで入力できます。

v2c

(オプション)Version 2c セキュリティ モデルを指定します。

retry

(オプション)インフォーム要求の再試行回数を設定します(デフォルトは 2 回です)。

number

インフォーム要求の再試行数(1~10)。

timeout

(オプション)インフォーム要求のタイムアウトを設定します(1~1000)(デフォルトは 15 秒です)。

seconds

タイムアウトの値(秒単位)。

v3

(オプション)ユーザ セキュリティ モデル(SNMPv3)を指定します。

auth

AuthNoPriv セキュリティ レベルを使用する通知を送信します。

noauth

noAuthNoPriv セキュリティ レベルを使用する通知を送信します。

priv

AuthPriv セキュリティ レベルを使用する通知を送信します。

 
デフォルト

このコマンドはデフォルトで無効に設定されています。 どのトラップも送信されません。 有効にした場合、トラップの送信に使用される SNMP プロトコルのデフォルトのバージョンは、SNMP Version 1 です。

retry number :2 回の再試行

timeout :15 秒

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

snmp-server host コマンドを実行しないと、トラップは送信されません。 WAE が SNMP トラップを送信するように設定するには、少なくとも 1 度 snmp-server host コマンドを実行する必要があります。 複数のホストを有効にするには、各ホストに対して別に snmp-server host コマンドを発行する必要があります。 snmp-server host コマンドの最大数は 4 です。

同じホストに対して複数の snmp-server host コマンドが発行される場合は、直前のコマンドのコミュニティ ストリングが使用されます。

snmp-server host コマンドは、 snmp-server enable traps コマンドと一緒に使用して SNMP トラップを有効にします。

また、SNMP は、 snmp-server community コマンドで有効にしておく必要があります。

次の例は、RFC 1157 で規定された SNMP トラップを、IP アドレス 172.16.2.160 で指定されたホストに送信します。 コミュニティ ストリングは comaccess です。

WAE(config)# snmp-server enable traps
WAE(config)# snmp-server host 172.16.2.160 comaccess
 

次の例は、SNMP トラップ受信者リストからホスト 172.16.2.160 を削除します。

WAE(config)# no snmp-server host 172.16.2.160

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server location

SNMP システム位置の文字列を設定するには、 snmp-server location グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 位置の文字列を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server location line

no snmp-server location

 
構文の説明

location

MIB-II オブジェクト sysLocation のテキストを指定します。

line

このノードの物理的な位置を記述する文字列。

 
デフォルト

システム位置文字列は設定されていません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

システム位置文字列は、MIB-II システム グループ システム位置オブジェクトに保存されている値です。 システム位置文字列は、 show snmp EXEC コマンドで確認できます。

これはシステム位置文字列の例です。

WAE(config)# snmp-server location Building 3/Room 214

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server mib

SNMP Event MIB の永続性を設定するには、 snmp-server mib グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 Event MIB を無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server mib persist event

no snmp-server mib persist event

 
構文の説明

persist

MIB の永続性を設定します。

event

Event MIB の MIB 永続性を有効にします。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

Event MIB は、WAFS 3.x ソフトウェアによってサポートされている MIB 変数に対してしきい値を設定し、そのしきい値を永続的にディスクに保存できます。

WAFS 3.x ソフトウェアの SNMP の実装では、次に示す MIB をサポートします。

MIB-II

ENTITY-MIB

EVENT-MIB

HOST-RESOURCES-MIB

CISCO-CONTENT-ENGINE-MIB(一部)

CISCO-ENTITY-ASSET-MIB

CISCO-CONFIG-MAN-MIB

CISCO-CDP-MIB

SNMPv2

ACTONA-ACTASTORE-MIB


) WAFS 3.x ソフトウェアでは、SNMP および Node Health Manager 統合の CISCO-CONTENT-ENGINE-MIB に 6 つの汎用アラーム トラップがあります。


WAFS 3.x ソフトウェアでは、IP Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)を使用して WAE での SNMP アクセスを制御できます。

WAE への MIB ファイルのダウンロード

WAFS 3.x ソフトウェア稼働の WAE によってサポートされているすべての MIB の MIB ファイルを、次のシスコ FTP サイトからダウンロードできます。

ftp://ftp.cisco.com/pub/mibs/v2

各 MIB で定義されている MIB オブジェクトは、上記の FTP サイトにある MIB ファイル内に記述されているため、ここでは説明しません。

次の例では、Event MIB の永続性を設定しています。

WAE(config)# snmp-server mib persist event

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server notify

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server notify inform

SNMP 通知インフォーム要求を設定するには、 snmp-server notify inform グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 設定をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server notify inform

no snmp-server notify inform

 
構文の説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

snmp-server notify inform コマンドを発行しない場合、デフォルトは SNMP トラップ要求です。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

WAE(config)# snmp-server notify inform

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server user

snmp-server view

snmp-server user

SNMP サーバにアクセスできるユーザを定義するには、 snmp-server user グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 アクセスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server user name group [ auth { md5 password [ priv password ] | sha password [ priv password ]} | remote octetstring [ auth { md5 password [ priv password ] | sha password [ priv password ]}]]

no snmp-server user name group [ auth { md5 password | sha password } [ priv password ] | remote octetstring [ auth { md5 password | sha password } [ priv password ]]]

 
構文の説明

name

SNMP ユーザの名前。 文字、数字、ダッシュ、および下線を使用できますが、空白は使用できません。 これは、WAE の SNMP エージェントと通信する SNMP ホスト上のユーザの名前です。 最大 64 文字まで入力できます。

group

SNMP ユーザが所属するグループの名前。 最大 64 文字まで入力できます。

auth

(オプション)ユーザ認証パラメータを設定します。

md5

Hashed-Based Message Authentication Code Message Digest 5(HMAC MD5)認証アルゴリズムを設定します。

password

HMAC MD5 ユーザ認証パスワード。

priv

(オプション)パケットの認証パラメータを設定します。

password

HMAC MD5 ユーザ プライベート パスワード。 最大 256 文字まで入力できます。

sha

HMAC Secure Hash Algorithm(SHA)認証アルゴリズムを設定します。

password

HMAC SHA 認証パスワード。 最大 256 文字まで入力できます。

remote

(オプション)ユーザが所属するリモート SNMP エンティティのエンジン ID を指定します。

octetstring

最低限 1 人の SNMP ユーザに対する、リモート SNMP エンティティ用のグローバルに一意の ID(たとえば、SNMP ネットワーク管理ステーション)。

ヒント SNMPv3 インフォーム メッセージを送信するには、リモート
SNMP ID オプションを持った最低限 1 人の SNMPv3 ユーザが、WAE に設定されている必要があります。 SNMP ID はオクテット文字列形式で入力します。 たとえば、リモート SNMP エンティティの IP アドレスが 192.147.142.129 である場合、オクテット文字列は 00:00:63:00:00:00:a1:c0:93:8e:81 になります。

 

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

WAE 用に SNMP ユーザを定義する場合、次の点に注意してください。

SNMPv3 プロトコルを SNMP 要求用に使用する場合は、WAE が SNMP を介してアクセスされるため、最低限 1 つの SNMPv3 ユーザ アカウントを WAE 上に設定する必要があります。

SNMPv1 または SNMPv2c セキュリティ モデルで定義されたグループは、SNMP ユーザと関連付けしてはなりません。コミュニティ ストリングとのみ、関連付けてください。

次の例では、WAE に SNMPv3 ユーザ アカウントを作成します。 SNMPv3 ユーザは acme という名前で、 admin というグループに所属しています。 この SNMP ユーザ アカウントは認証パスワードなしで設定されているため、WAE 上の SNMP エージェントはこのユーザからの SNMP 要求に対する認証を実行しません。

WAE(config)# snmp-server user acme admin
 

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server view

snmp-server view

SNMP Version 2(SNMPv2) MIB ビューを定義するには、 snmp-server view グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 MIB ビュー定義を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp-server view viewname MIBfamily { excluded | included }

no snmp-server view viewname MIBfamily [ excluded | included ]

 
構文の説明

viewname

このビュー サブツリー ファミリの名前。 最大 64 文字まで入力できます。

MIBfamily

MIB のサブツリーを識別するオブジェクトの ID。 最大 64 文字まで入力できます。

excluded

ビューから MIB ファミリを除外します。

included

ビューに MIB ファミリを入れます。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

WAE(config)# snmp-server view fileview ciscoFileEngineMIB included

 
関連コマンド

show snmp

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server notify

snmp-server user

snmp trigger

モニタリング目的でユーザが選択した MIB オブジェクトのしきい値を設定するには、 snmp trigger グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 設定をデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

snmp trigger { create mibvar [ wildcard ] [ wait-time [ absent [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ] | equal [ absolute value [[ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ] | delta value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ]] | falling [ absolute value [ LINE | mibvar1 mibvar ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ] | delta value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ]] | greater-than [ absolute value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ] | delta value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ]] | less-than [ absolute value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ] | delta value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ]] | on-change [ [ LINE | mibvar1 mibvar1 ][ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ]] | present [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ] | rising [ absolute value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ] | delta value [ LINE | mibvar1 mibvar1 ] [ LINE | mibvar2 mibvar2 ] [ LINE | mibvar3 mibvar3 ] [ LINE ]]]] | delete mibvar }

 
構文の説明

create

MIB オブジェクトのしきい値を設定します。

mibvar

モニタ対象の MIB オブジェクトの名前、またはモニタリングしきい値を削除する MIB オブジェクトの名前。

wildcard

(オプション)指定された MIB 変数名を、ワイルドカードが含まれているものとして取り扱います。

wait-time

トリガー サンプル間に待機する秒数(60~600)。

absent

不在検査を適用します。

LINE

作成されるしきい値の記述。

mibvar1、mibvar2、mibvar3

(オプション) MIB オブジェクトを通知に追加します。

mibvar1、mibvar2、mibvar3

通知に追加する MIB オブジェクトの名前。

equal

等価しきい値検査を適用します。

falling

下降しきい値検査を適用します。

greater-than

大なりしきい値検査を適用します。

less-than

小なりしきい値検査を適用します。

on-change

変動の有無についての検査を適用します。

present

存在しきい値検査を適用します。

rising

上昇しきい値検査を適用します。

delete

MIB オブジェクトのしきい値を削除します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

 
使用上の注意事項

snmp trigger グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、特定の設定に関連している他の MIB オブジェクトに対して追加の SNMP トラップを定義できます。 すべてのサポート MIB の中から任意の MIB オブジェクトを、トラップとして選択できます。 トラップは次に示す各種の検査に基づいて生成できます。

absent:最後のサンプリング時点で存在していた指定の MIB オブジェクトが、現在のサンプリング時点でもはや存在しない。

equal:指定した MIB オブジェクトの値が、指定したしきい値と等しい。

falling:指定した MIB オブジェクトの値が、指定したしきい値を下回っている。 この条件に対してトラップが生成されると、サンプリングした MIB オブジェクトの値がしきい値を超えて上昇し、再度下降しきい値を下回らない限り、同じ条件の別のトラップは生成されません。

greater-than:指定した MIB オブジェクトの値が、指定したしきい値より大きい。

less-than:指定した MIB オブジェクトの値が、指定したしきい値より小さい。

on-change:指定した MIB オブジェクトの値が、最後のサンプリング以来変動している。

present:以前のサンプリング時点で不在だった指定の MIB オブジェクトが、現在のサンプリング時点で存在する。

rising:指定した MIB オブジェクトの値が、指定したしきい値を上回っている。 この条件に対してトラップが生成されると、サンプリングした MIB オブジェクトの値がしきい値より下に低下し、再度上昇しきい値を上回らない限り、同じ条件の別のトラップは生成されません。

しきい値は、 絶対 サンプル タイプ、または デルタ サンプル タイプに基づくことができます。 絶対サンプル タイプは、0~4294967295 の間の固定整数値に対して、検査が評価されたサンプル タイプです。 デルタ サンプル タイプは、現在のサンプリングと以前のサンプリングの間における MIB オブジェクトの値の変動に対して、検査が評価されたサンプル タイプです。

SNMP トラップの設定後、作成したばかりのイベント トラップが生成されるようにするには、 snmp-server enable traps event グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用する必要があります。 また、システムをリブートしても SNMP トラップ設定を保持するには、 snmp mib persist event グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してイベント永続性を設定し、 write mib-data EXEC コマンドを使用して MIB データを保存する必要があります。

次の例は、MIB オブジェクト esConTabIsConnected のしきい値を作成して、Edge File Engine として機能する WAE から Core File Engine として機能する WAE への接続が失われたとき、トラップが送信されるようにする方法を示します。

WAE# snmp trigger create esConTabIsConnected ?
<60-600> The number of seconds to wait between trigger sample
wildcard Option to treat the MIB variable as wildcarded
WAE# snmp trigger create esConTabIsConnected wildcard 600 ?
absent Absent existence test
equal Equalality threshold test
falling Falling threshold test
greater-than Greater-than threshold test
less-than Less-than threshold test
on-change Changed existence test
present Present present test
rising Rising threshold test
WAE# snmp trigger create esConTabIsConnected wildcard 600 falling ?
absolute Absolute sample type
delta Delta sample type
WAE# snmp trigger create esConTabIsConnected wildcard 600 falling absolute ?
<0-4294967295> Falling threshold value
WAE# snmp trigger create esConTabIsConnected wildcard 600 falling absolute 1 ?
LINE Trigger-comment
mibvar1 Optional mib object to add to the notification
WAE# snmp trigger create esConTabIsConnected wildcard 600 falling absolute 1 "Lost the connection with the core server."
WAE# configure
WAE(config)# snmp-server enable traps event
 

WAE が SNMP トラップを送信するように設定すると、この新たに作成されたトラップの結果を、 show snmp events EXEC コマンドを使用して表示できます。

ユーザ作成のSNMP トラップを削除することもできます。 次の例は、前の例で作成した esConTabIsConnected に対して設定されたトラップを削除する方法を示します。

WAE# snmp trigger delete esConTabIsConnected
 

 
関連コマンド

show snmp events

snmp-server access-list

snmp-server community

snmp-server contact

snmp-server enable traps

snmp-server group

snmp-server host

snmp-server location

snmp-server mib

snmp-server user

snmp-server view

speed

ファイバ チャネル インターフェイスの速度を設定するには、 speed インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。 インターフェイスの速度をリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

speed { 1 | 2 | autosense }

no speed { 1 | 2 | autosense }

 
構文の説明

1

ファイバ チャネル インターフェイス速度を 1 Gbps に設定します。

2

ファイバ チャネル インターフェイス速度を 2 Gbps に設定します。

autosense

ファイバ チャネルが自動的にインターフェイスの速度を感知するように設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

WAE(config-if)# speed 1
 
WAE(config-if)# speed autosense

 
関連コマンド

interface

show interface

show running-config

show startup-config

sshd

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)デーモンを有効にするには、グローバル コンフィギュレーション モードで sshd コマンドを使用します。 SSH を無効にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

sshd { enable | password-guesses number | timeout seconds | version { 1 | 2 }}

no sshd { enable | password-guesses | timeout | version { 1 | 2 }}

 
構文の説明

enable

SSH 機能を有効にします。

password-guesses

接続当たりの許容パスワード推測数を指定します。

number

許容される不正パスワード推測の最大数(1~99)(デフォルトは 3 回です)。

timeout

クライアントとサーバ間のネゴシエーション(認証)フェーズの間、タイムアウトするまでに SSH セッションがアクティブな秒数を設定します。


) WAE に SSH 接続を確立し、ログイン プロンプトで要求されたときにユーザ名を入力しなかった場合、正常なログイン後でも、猶予期間が期限切れしていれば、WAE によって接続が打ち切られます。


 

seconds

秒単位の SSH ログイン猶予期間の値(1~99999)(デフォルトは 300 秒です)。

version

その SSH バージョンが WAE でサポートされるように設定します。

1

SSH バージョン 1 を WAE でサポートするように指定します。

2

SSH バージョン 2 を WAE でサポートするように指定します。

 
デフォルト

password-guesses number :推測回数 3 回

timeout seconds :300 秒

version :SSH バージョン 1 および 2 の両方が有効

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

SSH は、安全で暗号化されたチャネルを介して WAE にログイン アクセスできるようにします。 SSH は、サーバとクライアント プログラムで構成されます。 Telnet と同様、クライアント プログラムを使用して SSH サーバが稼働するマシンにリモートでログインできますが、クライアントとサーバ間を転送されるメッセージが暗号化される点が Telnet と異なります。 SSH の機能には、ユーザ認証、メッセージの暗号化、およびメッセージ認証があります。

sshd コマンドを有効にする前に、 ssh-key-generate コマンドを使用して秘密および公開のホスト キーを作成します。クライアント プログラムは、このキーを使用してサーバの ID を確認します。

sshd password-guesses コマンドでは SSH サーバ側から許容パスワード推測数を指定しますが、SSH ログイン セッションの実際のパスワード推測数は、SSH サーバおよび SSH クライアントの許容パスワード推測数を組み合わせたもので決まります。 SSH サーバ側で推測数 3 を超えて許容している場合でも、一部の SSH クライアントは、許容パスワード推測数を 3(場合によっては 1)に制限します。

sshd password-guesses を入力する際、許容パスワード推測数 n を入力すると、特定の SSH クライアントはこの 数値 n +1 として解釈します。 たとえば、特定のデバイスに対してコマンド sshd
password-guesses 2
を発行して推測数を 2 に設定すると、一部の SSH クライアントの SSH セッションは推測数 3 回を許可します。

sshd version グローバル コンフィギュレーション コマンドにより、SSH バージョン 1 または SSH バージョン 2 のどちらもサポートが可能になります。 sshd enable グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、SSH を有効にすると、ACNS ソフトウェアは、WAE で SSH バージョン 1 および SSH バージョン 2 の両方のサポートを有効にします。 WAE に SSH の一方のバージョンだけ(たとえばSSH バージョン 2)をサポートさせるには、 no sshd version 1 コマンドを使用して、もう一方のバージョン(この例では SSH バージョン 1)を無効にします。

WAE で SSH バージョン 1 および SSH バージョン 2 の両方のサポートが有効な場合、 show
running-config
EXEC コマンドの出力には sshd 設定が表示されません。 SSH の一方のバージョンのサポートを無効にした場合、 show running-config EXEC コマンドの出力には次の行が表示されます。

no sshd version version_number
 

) WAE では SSH の両方のバージョンをともに無効にはできません。 WAE の SSH を無効にするには、no sshd enable グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。


WAE(config)# sshd enable
WAE(config)# sshd password-guesses 4
WAE(config)# sshd timeout 20
 

次の例は、WAE の SSH バージョン 1 のサポートを無効にします。

WAE(config)# no sshd version 1

 
関連コマンド

ssh-key-generate

show ssh

ssh-key-generate

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)ホスト キーを生成するには、 ssh-key-generate グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 SSH キーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ssh-key-generate [ key-length length ]

no ssh-key-generate [ key-length length ]

 
構文の説明

key-length

(オプション)SSH キーの長さを設定します。

length

SSH キー作成のビット数を指定します(512~2048)。

 
デフォルト

key-length length :1024 ビット

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

sshd コマンドを有効にする前に、 ssh-key-generate コマンドを使用して秘密および公開のホスト キーを作成します。クライアント プログラムは、このキーを使用してサーバの ID を確認します。

SSH クライアントを実行して WAE にログインすると、WAE 上で稼働する SSH デーモンの公開鍵がクライアント マシンのユーザのホーム ディレクトリにある known_hosts ファイルに記録されます。 その後、WAE 管理者が ssh-key-generate コマンドを発行してホスト キーを再生成した場合、ユーザは、 known_hosts ファイルにある WAE に関連付けられた古い公開鍵のエントリを削除してから、SSH クライアント プログラムを実行して WAE にログインする必要があります。 ユーザが古いエントリの削除後、クライアント プログラムを実行すると、 known_hosts ファイルが WAE の新しい SSH 公開鍵でアップデートされます。

次の例は、SSH 公開鍵を作成し、その後 SSH デーモンを有効にします。

WAE(config)# ssh-key-generate
Ssh host key generated successfully
Saving the host key to box ...
Host key saved successfully
WAE(config)# sshd enable
Starting ssh daemon ...
Ssh daemon started successfully

 
関連コマンド

sshd

standby

インターフェイスが別のインターフェイスをバックアップするよう設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで standby コマンドを使用します。 このコマンドの no 形式を使用すると、インターフェイスのデフォルト設定に戻ります。

standby group_number { description text | errors max-errors | ip ip-address netmask | priority priority_level | shutdown }

no standby group_number { description text | errors max-errors | ip ip-address netmask | priority priority_level | shutdown }

 
構文の説明

group_number

スタンバイ グループ番号(1~4)。

description

(オプション)指定されたインターフェイスの説明を設定します。

text

指定されたインターフェイスの説明。 説明のテキストの長さは最大 240 文字です。

errors

インターフェイスがシャットダウンし、スタンバイ インターフェイスが起動するまでに、アクティブなインターフェイスで許容されるエラーの最大数を設定します。 このオプションはデフォルトで無効に設定されています。

max-errors

エラーの最大数(0~4294967295)。

ip

指定されたスタンバイ グループ(Standby Group 1、2、3、4のいずれか)の IP アドレスを設定します。

ip-address

指定されたスタンバイ グループ(Standby Group 1、2、3、4のいずれか)の IP アドレス。 スタンバイ グループのグループ IP アドレスとネットマスクは、メンバー インターフェイスのすべてに対して設定する必要があります。

netmask

指定されたスタンバイ グループ(Standby Group 1、2、3、4のいずれか)の ネットマスク。

priority

スタンバイ グループ内のメンバー インターフェイスのプライオリティを設定します。 メンバー インターフェイスのプライオリティは、実行時に変更できます。 この変更後、最も高いプライオリティを持つメンバー インターフェイスが、新しいアクティブ インターフェイスになります(デフォルトの動作は、プライオリティの高いインターフェイスが存在する場合に、現在アクティブなインターフェイスをプリエンプトすることです)。

priority_level

各メンバー インターフェイスには、プライオリティの数値が割り当てられます。 最も高いプライオリティ数値を持つメンバー インターフェイスが、そのスタンバイ グループのアクティブ インターフェイスになります。 アクティブ インターフェイスだけがグループ IP アドレスを使用できます。

プライオリティの数値なしで priority オプションを指定した場合、デフォルト値の 100 が使用されます。

shutdown

(オプション)指定されたスタンバイ グループ(Standby Group 1、2、3、4のいずれか)をシャットダウンします。 スタンバイ グループのグループ IP アドレスを設定していなくても、スタンバイ グループをシャットダウンできます。


) スタンバイ グループをシャットダウンすると、このスタンバイ グループによって以前に生成されたアラームがすべてクリアされます。


 

 
デフォルト

デフォルトではスタンバイ インターフェイスはありません。 errors オプションはデフォルトで無効に設定されています。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

 
使用上の注意事項

複数のインターフェイスを、WAE の別のインターフェイスのバックアップ インターフェイス(バックアップ インターフェイス)として機能するように設定できます。 この機能を「スタンバイ インターフェイスのサポート」と呼びます。 スタンバイ グループは、インターフェイスの論理グループであり、この機能を実装するために使用します。 アクティブなネットワーク インターフェイスに障害が発生(原因はケーブルの問題。レイヤ 2 スイッチの障害、高いエラー数、またはその他の障害)し、そのインターフェイスがスタンバイ グループの一部である場合は、スタンバイ インターフェイスがアクティブになり、障害が発生したインターフェイスのロードを引き取ります。

スタンバイ グループには最低限 2 つのインターフェイスが必要です。 スタンバイ グループの一部であるインターフェイスは、「メンバー インターフェイス」と呼ばれます。 スタンバイ グループの作成後、どのインターフェイスをこの論理グループに割り当てるかを定義します。 メンバー インターフェイスの定義の一環として、スタンバイ グループ内の各メンバー インターフェイスのプライオリティを指定します。 最も高いプライオリティを割り当てられたメンバー インターフェイスが、その特定スタンバイ グループのアクティブ インターフェイスになります。 アクティブ インターフェイスに障害が発生した場合は、スタンバイ グループ内で次にプライオリティの高い動作可能なメンバーがアップしてくることになります。 その特定スタンバイ グループのすべてのメンバー インターフェイスがダウンし、その後にメンバー インターフェイスの1 つがアップした場合、WAFS ソフトウェアはこの状況を検出し、アップしてきたメンバー インターフェイスの上にスタンバイ グループを持ってきます。

スタンバイ グループ内のメンバー インターフェイスの障害またはフェールオーバーは、アラームとトラップを発生させます(WAE でアラームとトラップが有効になっている場合)。 アラームはスタンバイ グループのメンバー インターフェイス間でフェールオーバーが発生すると送出されます。 具体的には、メンバー インターフェイスに障害が発生したときに、マイナー アラームが送出され、このアラームは、インターフェイスのフェールオーバーが正常に終了すると、自動的にクリアされます。 メジャー アラームは、スタンバイ グループがダウンすると(つまり、スタンバイ グループのメンバー インターフェイスが起動しない)送出されます。


) 物理インターフェイスは複数のスタンバイ グループに所属できます。 したがって、1 つのインターフェイスは複数のスタンバイ グループのスタンバイ インターフェイスとして機能できます。


スタンバイ インターフェイスを設定するには、インターフェイスを論理的にスタンバイ グループに割り当てます。 次の規則により、スタンバイ グループの関係を定義します。

各スタンバイ グループに一意のスタンバイ IP アドレスを割り当て、スタンバイ グループのすべてのメンバー インターフェイスで共有する。 スタンバイ グループの IP アドレスはメンバー インターフェイス間で共有されますが、スタンバイ グループのアクティブ インターフェイスだけが常にこの共有 IP アドレスを使用します。 この共有 IP アドレスは、アクティブ インターフェイスのエイリアスとして設定されます。

信頼性向上のため、メンバー インターフェイスのデュプレックスおよび速度設定値を設定する。

スタンバイ グループのすべてのメンバー インターフェイスに障害が発生し、1 つが回復した場合、WAFS ソフトウェアは、動作可能なメンバー インターフェイスの上にスタンバイ グループを持ってくる。

物理インターフェイスがポート チャネル グループのメンバーである場合は、スタンバイ グループに参加できない。 同様に、物理インターフェイスがスタンバイ グループのメンバーである場合は、ポート チャネル グループに参加できない。

スタンバイ グループは 2 つ以上のインターフェイスで構成される。

WAE でのスタンバイ グループの最大数は 4 である。


) インターフェイス IP アドレスおよびスタンバイ グループ IP アドレスは、動作の信頼性を確保するため別のサブネット上にある必要があります。 ダミーの IP アドレスをプライベート アドレス領域で使用してインターフェイスのプライマリ IP アドレスとして機能させ、実際の WAE IP アドレスを使用して別のサブネットのスタンバイ グループ IP アドレスとして機能させ、この要求を満たすことができます。 ダミーの IP アドレスを使用した場合、このインターフェイス IP アドレスはインターフェイス起動の代替手段としてしか機能しません。 たとえば、WAE インターフェイスは初期化のため、インターフェイスの IP アドレスが必要です。 必ず、ip route コマンドではなく、ip default-gateway グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、インターフェイスのデフォルト ゲートウェイを設定してください。


スタンバイ グループの各インターフェイスに、プライオリティを割り当てる。 スタンバイ グループで最も高いプライオリティを持つ動作可能なインターフェイスが、アクティブ インターフェイスになります。 アクティブ インターフェイスだけがグループ IP アドレスを使用できます。

スタンバイ グループ内インターフェイスのプライオリティは、実行時に変更できる。 この変更後、最高のプライオリティを持つメンバー インターフェイスが、新しいアクティブ インターフェイスになります(デフォルトの動作は、プライオリティの高いインターフェイスが存在する場合に、現在アクティブなインターフェイスをプリエンプトすることです)。

インターフェイスをシャットダウンし、スタンバイ インターフェイスを起動するまでにアクティブ インターフェイス上で許容されるエラーの最大数は、 errors オプションで設定する。これはデフォルトでは、無効に設定されています。


ヒント インターフェイスが複数のスタンバイ グループに所属する場合、ロードバランシングの向上のため、各スタンバイグループのインターフェイスに異なるプライオリティを設定できます。 たとえば、インターフェイス ギガビット イーサネット 1/0 およびギガビット イーサネット 2/0 は、ともにスタンバイ グループ 1 とスタンバイ グループ 2 にあります。ギガビット イーサネット 1/0 をスタンバイ グループ 1 で最高のプライオリティに設定し、ギガビット イーサネット 2/0 をスタンバイ グループ 2 で最高のプライオリティに設定した場合、スタンバイ グループ 1 はギガビット イーサネット 1/0 をアクティブ インターフェイスとして使用し、スタンバイ グループ 2 ではギガビット イーサネット 2/0 をアクティブ インターフェイスとして使用します。 この設定により、各インターフェイスは、どちらかに障害が発生した場合、もう 1 つのインターフェイスでバックアップできます。



) ポート チャネルとは異なり、スタンバイ グループはグループ レベルで IP ACL をサポートしません。 ただし、スタンバイ グループのメンバー インターフェイスがインターフェイス レベルで IP ACL をサポートするように設定できます。 たとえば、個別に Standby Group 1 の 2 つのメンバー インターフェイスを設定(ギガビット イーサネット スロット 1/ポート 0 インターフェイスとギガビット イーサネット スロット 2/ポート 0 インターフェイス)して、ACL1 という名前の IP ACL をサポートできますが、Standby Group 1 が ACL1 をサポートするようには設定できません。


次の例は、2 つのギガビット イーサネット インターフェイスが、インターフェイス 1/0 をアクティブ インターフェイスとして、同じスタンバイ グループのメンバーになるように設定します。

Console(config-if)# interface gigabitEthernet 1/0 standby 1 ip 10.16.10.10 255.255.254.0
Console(config-if)# interface gigabitEthernet 2/0 standby 1 ip 10.16.10.10 255.255.254.0
Console(config-if)# interface gigabitEthernet 1/0 standby 1 priority 300
Console(config-if)# interface gigabitEthernet 2/0 standby 1 priority 200
Console(config-if)# interface gigabitEthernet 1/0 standby 1 errors 10000
Console(config-if)# interface gigabitEthernet 2/0 standby 1 errors 10000
 

次の例では、 show standby EXEC コマンドを入力して、スタンバイ グループの設定に関する情報を表示します。 次のコマンド出力例では、1 つのスタンバイ グループ(Standby Group 1)がこの WAE に対して設定されています。 コマンド出力では、どのメンバー インターフェイスがアクティブなインターフェイスであるかも示しています。 この場合、アクティブなインターフェイスはギガビット イーサネット スロット 1/ポート 0 インターフェイスです。

WAE# show standby
Standby Group: 1
Description: This a backup for Gigabit Ethernet 2/0.
IP address: 10.16.10.10, netmask: 255.0.0.0
Member interfaces: none
Active interface: Gigabit Ethernet 1/0
Maximum errors allowed on the active interface: 500
 

) 特定のスタンバイ グループ設定に関する情報を表示するには、show interface standby group_number EXEC コマンドを入力します。


次の例では、スタンバイ グループ Standby Group 1 を作成します。

WAE# configure
WAE(config)# interface standby 1
WAE(config-if)#
 

次の例では、Standby Group 1 に グループ IP アドレス 10.10.10.10 とネットマスク 255.0.0.0 を割り当てます。 スタンバイ グループがシャットダウンしているかどうかに関係なく、グループ IP アドレスを設定できます。

WAE(config-if)# ip address 10.10.10.10 255.0.0.0
WAE(config-if)# errors 500
 

次の例は、2 つのギガビット イーサネット インターフェイスを Standby Group 1 に追加して、これらのメンバー インターフェイスそれぞれにグループ内のプライオリティを割り当てる方法を示します。

a. 最初にギガビット イーサネット インターフェイス(スロット 1/ポート 0)を Standby Group 1 に追加し、プライオリティ 150 を割り当てます。

WAE(config)# interface gigabitEthernet 1/0
WAE(config-if)# standby 1 priority 150
 

b. 次に、2 番目のギガビット イーサネット インターフェイス(スロット 2/ポート 0)を Standby Group 1 に追加し、プライオリティ 100(デフォルト値)を割り当てます。

WAE(config)# interface gigabitEthernet 2/0
WAE(config-if)# standby 1
WAE(config-if)# exit
WAE(config)#
 

GigabitEthernet 0/0 に、グループ内の全メンバー インターフェイスの中で最高のプライオリティが割り当てられているため(プライオリティの数値が 150)、起動時にはそのグループのアクティブ インターフェイスとして選択されます。

次の例は、 standby コマンドの no 形式を使用して、GigabitEthernet スロット 1/ポート 0 インターフェイスを Standby Group 1 から削除します。

WAE(config)# interface gigabitEthernet 1/0
WAE(config-if)# no standby 1
WAE(config-if)# exit
WAE(config)#
 

次の例は、Standby Group 1 をシャットダウンする方法を示します。 スタンバイ グループをシャットダウンすると、このスタンバイ グループによって以前に生成されたアラームがすべてクリアされます。

WAE(config)# interface standby 1
WAE(config-if)# exit
WAE(config)# exit
 

次の例は、Standby Group 1 を削除する方法を示します。

WAE(config)# interface standby 1
WAE(config-if)# no ip address 10.10.10.10 255.0.0.0
Please remove member interface(s) from this standby group first.
WAE(config)# interface GigabitEthernet 2/0
WAE(config-if)# no standby 1
WAE(config-if)# exit
WAE(config)# interface standby 1
WAE(config-if)# no ip address 10.10.10.10 255.0.0.0
WAE(config-if)# exit
WAE(config)# no interface standby 1
WAE(config)# exit
 

 
関連コマンド

show standby

interface

show interface

show running-config

show startup-config