Cisco Wide Area Application Services コマンド リファレンス
CLI コマンド
CLI コマンド
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

CLI コマンド

EXEC モード コマンド

cd

cifs

clear

clock

cms

configure

copy cdrom

copy compactflash

copy disk

copy ftp

copy http

copy running-config

copy startup-config

copy sysreport

copy system-status

copy tech-support

copy tftp

cpfile

debug

delfile

deltree

dir

disable

disk

dnslookup

enable

exit

find-pattern

help

install

less

lls

ls

mkdir

mkfile

ntpdate

ping

pwd

reload

rename

restore

rmdir

scp

script

setup

show aaa accounting

show adapter

show alarms

show arp

show authentication

show auto-register

show banner

show bypass

show cdp

show cifs

show clock

show cms

show debugging

show device-mode

show disks

show egress-methods

show flash

show hardware

show hosts

show inetd

show interface

show inventory

show ip access-list

show ip routes

show kerberos

show key-manager

show logging

show memory

show ntp

show policy-engine application

show policy-engine status

show print-services

show processes

show radius-server

show running-config

show services

show smb-conf

show snmp

show ssh

show standby

show startup-config

show statistics authentication

show statistics cifs

show statistics content-distribution-network

show statistics dre

show statistics dre connection

show statistics dre peer

show statistics epm

show statistics flow

show statistics icmp

show statistics ip

show statistics key-manager

show statistics netstat

show statistics radius

show statistics services

show statistics snmp

show statistics tacacs

show statistics tcp

show statistics tfo

show statistics udp

show statistics wccp

show statistics windows-domain

show sysfs

show tacacs

show tcp

show tech-support

show telnet

show tfo accelerators

show tfo auto-discovery

show tfo bufpool

show tfo connection

show tfo egress-methods connection

show tfo filtering

show tfo status

show tfo synq

show transaction-logging

show user

show users administrative

show version

show wccp

show windows-domain

shutdown

snmp trigger

ssh

tcpdump

telnet

terminal

tethereal

traceroute

transaction-log

type

type-tail

undebug

wafs

whoami

windows-domain

write

コンフィギュレーション モード コマンド

(config) aaa accounting

(config) adapter

(config) alarm overload-detect

(config) asset

(config) authentication

(config) auto-register

(config) banner

(config) bypass

(config) cdp

(config) central-manager

(config) clock

(config) cms

(config) device mode

(config) disk disk-name

(config) disk encrypt

(config) disk error-handling

(config) disk logical shutdown

(config) egress-method

(config) end

(config) exec-timeout

(config) exit

(config) external-ip

(config) flow monitor

(config) help

(config) hostname

(config) inetd

(config) interface

(config) ip

(config) ip access-list

(config) kerberos

(config) kernel

(config) line

(config) logging

(config) no

(config) ntp

(config) policy-engine application classifier

(config) policy-engine application map adaptor EPM

(config) policy-engine application map adaptor WAFS transport

(config) policy-engine application map basic delete

(config) policy-engine application map basic disable

(config) policy-engine application map basic insert

(config) policy-engine application map basic list

(config) policy-engine application map basic move

(config) policy-engine application map basic name

(config) policy-engine application map other optimize DRE

(config) policy-engine application map other optimize full

(config) policy-engine application map other pass-through

(config) policy-engine application name

(config) policy-engine config

(config) port-channel

(config) primary-interface

(config) print-services

(config) radius-server

(config) smb-conf

(config) snmp-server access-list

(config) snmp-server community

(config) snmp-server contact

(config) snmp-server enable traps

(config) snmp-server group

(config) snmp-server host

(config) snmp-server location

(config) snmp-server mib

(config) snmp-server notify inform

(config) snmp-server user

(config) snmp-server view

(config) sshd

(config) ssh-key-generate

(config) tacacs

(config) tcp

(config) telnet enable

(config) tfo auto-discovery

(config) tfo optimize

(config) tfo tcp keepalive

(config) tfo tcp optimized-mss

(config) tfo tcp optimized-receive-buffer

(config) tfo tcp optimized-send-buffer

(config) tfo tcp original-mss

(config) tfo tcp original-receive-buffer

(config) tfo tcp original-send-buffer

(config) transaction-logs

(config) username

(config) wccp access-list

(config) wccp flow-redirect

(config) wccp router-list

(config) wccp shutdown

(config) wccp tcp-promiscuous

(config) wccp version

(config) windows-domain

インターフェイス コンフィギュレーション モード コマンド

(config-if) autosense

(config-if) bandwidth

(config-if) cdp

(config-if) exit

(config-if) failover timeout

(config-if) full-duplex

(config-if) half-duplex

(config-if) inline

(config-if) ip

(config-if) ip access-group

(config-if) mtu

(config-if) no

(config-if) shutdown

(config-if) standby

標準 ACL コンフィギュレーション モード コマンド

(config) ip access-list standard

(config-std-nacl) delete

(config-std-nacl) deny

(config-std-nacl) exit

(config-std-nacl) list

(config-std-nacl) move

(config-std-nacl) permit

拡張 ACL コンフィギュレーション モード コマンド

(config-ext-nacl) delete

(config-ext-nacl) deny

(config-ext-nacl) exit

(config-ext-nacl) list

(config-ext-nacl) move

(config-ext-nacl) permit

CLI コマンド

この章では、WAAS ソフトウェアの次のタイプの CLI コマンドについて詳しく説明します。

WAAS デバイスにログイン後に入力可能な EXEC モード コマンド。コマンドの詳細なリストについては、「EXEC モード コマンド」 セクションを参照してください。

WAAS デバイスにログインし、グローバル コンフィギュレーション モードにアクセスしたあとに入力可能なグローバル コンフィギュレーション モード コマンド。コマンドの詳細なリストについては、「コンフィギュレーション モード コマンド」 セクションを参照してください。

グローバル コンフィギュレーション モードにアクセスしたあとに入力可能なインターフェイス コンフィギュレーション モード コマンド。コマンドの詳細なリストについては、「インターフェイス コンフィギュレーション モード コマンド」 セクションを参照してください。

グローバル コンフィギュレーション モードにアクセスしたあとに入力可能な標準および拡張 ACL コンフィギュレーション モード コマンド。コマンドの詳細なリストについては、「(config) ip access-list」 および 「(config) ip access-list」 セクションを参照してください。

コマンドごとに次について説明します。

コマンドの構文、デフォルト値、コマンド モード、使用上のガイドライン、および例

関連コマンド(適用可能な場合)

CLI の使用方法と CLI コマンド モードの詳細については、 第1章「WAAS コマンドライン インターフェイスの使用方法」 を参照してください。

EXEC モード コマンド

EXEC モードは、システム動作の設定、表示、テスト用に使用します。通常、ユーザ EXEC コマンドにより、リモート デバイスへの接続、一時的な端末回線設定の変更、基本的なテストの実行、システム情報の表示ができます。

EXEC モードは、ユーザ レベルと特権レベルの 2 つのアクセス レベルに分かれています。

ユーザ EXEC モードはローカルおよび一般的なシステム管理者が使用し、特権 EXEC モードはルート管理者が使用します。2 つのモード間での切り替えには、 enable および disable コマンドを使用します。ユーザレベル EXEC コマンドラインのアクセスには有効なパスワードが必要です。

ユーザレベル EXEC コマンドは、特権レベル EXEC コマンドのサブセットです。ユーザレベル EXEC プロンプトはホスト名のあとに右山形カッコ(>)が続きます。特権レベル EXEC コマンドラインのプロンプトは、ポンド記号(#)です。EXEC コマンドを実行するには、EXEC システム プロンプトでコマンドを入力してから Enter キーを押します。


) ホスト名は、hostname グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して変更できます。


次の例では、ユーザ レベルから特権レベル EXEC コマンドラインにアクセスします。

WAE> enable
WAE#
 

EXEC モードを終了するには、システム プロンプトで exit コマンドを使用します。

WAE# exit
WAE>
 
 

cd

WAAS ソフトウェア内で、あるディレクトリから別のディレクトリに変更するには、 cd EXEC コマンドを使用します。

cd directoryname

 
シンタックスの説明

directoryname

ディレクトリ名

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

ディレクトリ間のナビゲートやファイル管理に、このコマンドを使用します。ディレクトリ名は、すべての相対パスに対するデフォルトのプレフィクスとなります。相対パスはスラッシュ(/)で始まりません。絶対パスはスラッシュ(/)で始まります。

次の例は、相対パスを使用してディレクトリを変更する方法を示します。

WAE(config)# cd local1
 

次の例は、絶対パスを使用してディレクトリを変更する方法を示します。

WAE(config)# cd /local1

cifs

CIFS アダプタ操作および実行コンフィギュレーションを制御するには、 cifs EXEC コマンドを使用します。

cifs {auto-discovery {disable | enable | reset-log} | mss value | restart [core | edge] | reverse-dns {active | disable | enable} | session disconnect [client-ip ipaddress | server-ip ipaddress ]}

 
シンタックスの説明

auto-discovery

CIFS 自動検出の設定およびデバッグを制御します。

disable

CIFS サーバの自動検出をディセーブルにします。

enable

CIFS サーバの自動検出をイネーブルにします。

reset-log

ログ メモリをリセットします。

mss

CIFS アダプタに TCP Maximum Segment Size(MSS; 最大セグメント サイズ)を設定します。

value

MSS。この値は 512 ~ 1460 の範囲の整数である必要があります。

restart

CIFS アプリケーションを再起動します。

core

Core WAE 上で CIFS アプリケーションを再起動します。

edge

Edge WAE 上で CIFS アプリケーションを再起動します。

reverse-dns

Core WAE 上でサーバ名を解決するには、リバース DNS を使用します。

active

リバース DNS がアクティブであるか確認します。

disable

Core WAE 上でリバース DNS を無効にします。

enable

Core WAE 上でリバース DNS をアクティブにします。

session

アクティブな CIFS セッションに操作を設定します。

disconnect

CIFS セッションを切断します。

client-ip

クライアントの IP アドレスまたはアドレス セットを設定します。

ipaddress

IP アドレス

server-ip

サーバの IP アドレスまたはアドレス セットを設定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

WAE をリブートしないで設定を変更するため WAFS サービスを再開するには、 cifs restart コマンドを使用します。

 
関連コマンド

show cifs

show statistics cifs

clear

ハードウェア インターフェイス、統計情報、およびその他の設定をクリアするには、 clear EXEC コマンドを使用します。

clear arp-cache [ ipaddress | interface {GigabitEthernet 1-2/port | PortChannel 1-2 | Standby 1-4 }]

clear cache dre

clear cdp {counters | table}

clear ip access-list counters [acl-num | acl-name]

clear logging

clear statistics {all | authentication | epm | flow monitor tcpstat-v1 | history | icmp | inline | ip | radius | running | tacacs | tcp | udp | windows-domain}

clear statistics dre [connection | global | nack | peer]

clear statistics tfo {all | auto-discovery | blacklist | filtering | peer | policy-engine | synq}

clear users administrative

clear windows-domain-log

 
シンタックスの説明

arp-cache

ARP キャッシュをクリアします。

ipaddress

IP アドレスの ARP エントリをすべてクリアします。

interface

インターフェイス上の ARP エントリをすべてクリアします。

GigabitEthernet

ギガビット イーサネット インターフェイス

1-2/port

ギガビット イーサネット スロット/ポート

PortChannel

PortChannel インターフェイス

1-2

PortChannel 番号。値は 1 または 2 です。

Standby

スタンバイ インターフェイス

1-4

スタンバイ インターフェイス番号 1、2、3、または 4

cache

キャッシュ オブジェクトをクリアします。

dre

DRE キャッシュをクリアします。

cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP)統計データをリセットします。

counters

CDP カウンタをクリアします。

table

CDP テーブルをクリアします。

ip access-list

IP アクセス リスト統計情報をクリアします。

counters

IP アクセス リスト カウンタをクリアします。

acl-num

(任意)数値の ID(標準アクセス リストの場合は 1 ~ 99、拡張アクセス リストの場合は 100 ~ 199)により識別される、指定のアクセス リストのカウンタをクリアします。

acl-name

(任意)文字で始まる最大 30 文字の英数字の ID で識別される、指定されたアクセス リストのカウンタをクリアします。

logging

ディスク ファイルに保存されている Syslog メッセージをクリアします。

statistics

指定されたとおりに統計情報をクリアします。

all

すべての統計情報をクリアします。

authentication

認証統計情報をクリアします。

dre

Data Redundancy Elimination(DRE)統計情報をクリアします。

connection

(任意)すべての DRE 接続の統計情報をクリアします。

global

(任意)グローバル DRE 統計情報をクリアします。

nack

(任意)すべての DRE NACK 統計情報をクリアします。

peer

(任意)すべての DRE ピアの統計情報をクリアします。

epm

DCE-RPC EPM 統計情報をクリアします。

flow

ネットワーク トラフィック フローの統計情報をクリアします。

monitor

モニタ フロー パフォーマンスの統計情報をクリアします。

tcpstat-v1

tcpstat-v1 コレクタの統計情報をクリアします。

history

統計情報の履歴をクリアします。

icmp

ICMP 統計情報をクリアします。

inline

インライン インターセプト統計情報をクリアします。

ip

IP 統計情報をクリアします。

radius

RADIUS 統計情報をクリアします。

running

実行中の統計情報をクリアします。

tacacs

TACACS+ 統計情報をクリアします。

tcp

TCP 統計情報をクリアします。

udp

UDP 統計情報をクリアします。

windows-domain

Windows ドメイン統計情報をクリアします。

tfo

TCP Flow Optimization(TFO)統計情報をクリアします。

all

TFO 統計情報をすべてクリアします。

auto-discovery

TFO auto-discovery 統計情報をクリアします。

blacklist

TFO blacklist 統計情報をクリアします。

filtering

TFO フィルタ テーブル統計情報をクリアします。

peer

TFO peer 統計情報をクリアします。

policy-engine

TFO アプリケーションおよびパススルー統計情報をクリアします。

synq

TFO SynQ モジュール統計情報をクリアします。

users

認証されたユーザの接続(ログイン)をクリアします。

administrative

リモート ログイン サービスを介して認証された管理ユーザの接続をクリアします。

windows-domain-log

Samba、Kerberos および Winbind ログ ファイルをクリアします。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

clear cache dre コマンドを使用したあと、最初の 1 MB のデータは最適化されません。Cisco WAAS は tcpproxy サービスの再開後、最初の 1 MB のデータを最適化しません。最初の 1 MB のデータのあとに送信されたデータは、設定したポリシーに従って最適化されます。

clear logging コマンドは、 syslog.txt ファイルから現在のエントリをすべて削除しますが、ファイルのアーカイブは作成しません。次の例のように syslog.txt ファイルに「Syslog cleared」というメッセージを入れて、Syslog がクリアされたことを示します。

Feb 14 12:17:18 WAE# exec_clear_logging:Syslog cleared
 

clear statistics コマンドは、指定されたパラメータに該当するすべての統計カウンタをクリアします。このコマンドを使用して、キャッシュ オブジェクトや設定を失うことなく、一部またはすべての機能に対する最新の統計データを監視します。

clear users administrative コマンドは、TACACS などのリモート ログイン サービスを介して認証された全管理ユーザの接続をクリアします。ローカル データベースを介して認証された管理ユーザは、このコマンドの影響を受けません。

clear windows-domain-log コマンドは、Windows ドメイン ログ ファイルから現在のエントリをすべて削除します。

次の例では、WAAS デバイス上の syslog.txt ファイルのすべてのエントリがクリアされます。

WAE# clear logging
 

次の例では、WAAS デバイス上の認証、RADIUS、および TACACS+ 情報がすべてクリアされます。

WAE# clear statistics radius
WAE# clear statistics tacacs
WAE# clear statistics authentication
 

次の例では、WAAS デバイス上の Windows ドメイン ログ ファイルのすべてのエントリがクリアされます。

WAE# clear windows-domain-log

 
関連コマンド

show interface

show wccp

clock

クロック機能を設定するか、カレンダーをアップデートするには、 clock EXEC コマンドを使用します。クロック機能とカレンダーをクリアするには、このコマンドの no 形式を使用します。

clock {read-calendar | set time day month year | update-calendar}

 
シンタックスの説明

read-calendar

カレンダーを読み込んでシステム クロックをアップデートします。

set

時刻と日付を設定します。

time

時刻を hh:mm:ss 形式(hh:00 ~ 23、mm:00 ~ 59、ss:00 ~ 59)で設定します。

day

日(1 ~ 31)

month

月(January、February、March、April、May、June、July、August、September、October、November、December)

year

年(1993 ~ 2035)

update-calendar

システム クロックとともにカレンダーをアップデートします。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

時刻サービス(NTP サーバなど)を提供する外部ソースがネットワークにある場合は、手動でシステム クロックを設定する必要はありません。クロックを設定する場合は、現地時間を入力します。WAAS デバイスでは、 clock timezone グローバル コンフィギュレーション コマンドによって設定された時間帯に基づいて UTC を算出します。

システムには、ソフトウェア クロックとハードウェア クロックの 2 つのクロックが存在します。ソフトウェアは、ソフトウェア クロックを使用します。ハードウェア クロックが使用されるのは、起動時にソフトウェア クロックを初期化する場合だけです。

ソフトウェア クロックは、 set キーワードで設定します。

次の例では、WAAS デバイスでソフトウェア クロックを設定します。

WAE# clock set 13:32:00 01 February 2005

 
関連コマンド

show clock

cms

WAAS の Centralized Management System(CMS)組み込みデータベースのパラメータを設定するには、 cms EXEC コマンドを使用します。

cms {config-sync | database {backup | create | delete | downgrade [script filename ] |
lcm {enable | disable } | maintenance {full | regular} | restore filename | validate} | deregister [force] | recover { identity word }}

 
シンタックスの説明

config-sync

設定を WAAS Cenral Manager と同期化するためのノードを設定します。

database

CMS 組み込みデータベース管理テーブルまたはファイルの作成、バックアップ、削除、復元または妥当性を検証します。

backup

データベース管理テーブルをバックアップします。

create

組み込みデータベース管理テーブルを作成します。

delete

組み込みデータベース ファイルを削除します。

downgrade

CMS データベースをダウングレードします。

script

(任意)ダウングレード スクリプトを適用して CMS データベースをダウングレードします。

filename

ダウングレードされたスクリプト ファイル名

lcm

WAAS Central Manager に登録されている WAAS デバイスでローカル/中央管理を設定します。

enable

デバイスの WAAS ネットワーク設定のローカル CLI コンフィグレーションとの同期化をイネーブルにします。

disable

デバイスの WAAS ネットワーク設定のローカル CLI 設定との同期化をディセーブルにします。

maintenance

組み込みデータベース テーブルをクリーンし、再度インデックスを付けます。

full

組み込みデータベース テーブルのフル メンテナンス ルーチンを指定します。

regular

組み込みデータベース テーブルの定期メンテナンス ルーチンを指定します。

restore

バックアップ ローカル ファイル名を使用してデータベース管理テーブルを復元します。

filename

データベースのローカル バックアップ ファイル名

validate

データベース ファイルを検証します。

deregister

CMS プロト デバイスの登録を削除します。

force

(任意)ノード登録を強制削除します。

recover

WAAS デバイスの ID を回復します。

identity

回復したデバイスの ID を指定します。

word

回復したデバイスの ID

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS ネットワークは WAAS デバイスと WAAS Central Manager ノードの集まりです。1 つのプライマリ WAAS Central Manager が WAAS ネットワーク設定を保持し、他の WAAS ネットワーク ノードにアップデートを提供します。ノード間の通信は Secure Shell Layer(SSL)プロトコルを使用してセキュア チャネルで行われ、WAAS ネットワーク上の各ノードは Rivest、Shamir、Adelman(RSA)認証鍵ペアを使用して他のノードと通信します。

cms config-sync コマンドを使用して、登録された WAAS デバイスとスタンバイ WAAS Central Manager が 5 分(デフォルト)のポーリング間隔の前にプライマリ WAAS Central Manager とただちに通信して getUpdate(コンフィギュレーション ポールの取得)要求を出せるようにします。たとえば、あるノードがプライマリ WAAS Central Manager に登録され起動されている場合、getUpdate 要求を送信するまで WAAS Central Manager GUI には Pending と示されます。 cms config-sync コマンドにより、登録されたノードはすぐに getUpdate を送信し、ノードのステータスは Onlineに変わります。

CMS データベースの初期化には cms database create コマンドを使用します。ノードは WAAS ネットワーク加入前にまず登録して、そのあと起動する必要があります。 cms enable グローバル コンフィギュレーション コマンドは自動的にノードをデータベース管理テーブルに登録し、CMS をイネーブルにします。ノードは属性情報を SSL プロトコルを介して WAAS Central Manager に送信し、新しいノード情報を保存します。WAAS Central Manager は許可管理なしでこれらのノード登録要求を受け付け、登録確認とアップデート取得に必要な他の関連セキュリティ情報で応答します。ノードは WAAS Central Manager GUI を使用して起動します。

ノードは起動したあと、WAAS Central Manager から自動的にコンフィギュレーション アップデートおよび必要なセキュリティ RSA 認証キーペアを受信します。このセキュリティキーによりノードは WAAS ネットワーク内の他のノードと通信できます。 cms deregister コマンドは登録情報とデータベース テーブルを削除して WAAS ネットワークからノードを削除します。

WAAS Central Manager の現在の管理データベースをバックアップするには、 cms database backup コマンドを使用します。データベースのバックアップでは次の項目を指定します。

位置、パスワードおよびユーザ ID

PostgreSQL プレーンテキスト構文でのダンプ フォーマット

バックアップ ファイルのネーミング規則にはタイム スタンプが含まれます。


) WAAS Cental Manager での CMS データベースのバックアップおよび復元手順の詳細は、『Cisco Wide Area Application Services Configuration Guide』を参照してください。


損失した登録情報のリカバリ時、または故障したノードを同じ登録情報を持つ新しいノードと交換する際に cms recover identity word コマンドを使用する場合は、WAAS Central Manager GUI の System.device.recovery.key ウィンドウの Modifying Config Property で設定したデバイス リカバリ キーを指定する必要があります。

lcm コマンドを使用して WAE のローカル/中央管理(LCM)を設定します。LCM 機能を利用して、デバイス CLI または GUI を使用して設定される設定を WAAS ネットワーク全体の設定データ(イネーブルまたはディセーブル)の一部として保存できます。

cms lcm enable コマンドを入力すると、WAE とスタンバイ WAAS Central Manager で動作している CMS プロセスが CLI を使用してこれらのデバイスで行われた設定変更を検出し、その変更をプライマリ WAAS Central Manager に送信します。

cms lcm disable コマンドを入力すると、WAE とスタンバイ WAAS Central Manager で動作している CMS プロセスは CLI 変更をプライマリ WAAS Central Manager に送信しません。デバイス CLI を使用した設定では、プライマリ WAAS Central Manager へ送信されません。

LCM がディセーブルである場合、WAAS Central Manager GUI からの設定では WAE からの設定を上書きしますが、この規則は、ローカル デバイス設定時に WAAS Central Manager が上書きしたローカル デバイス設定だけに適用されます。特定の設定が WAAS Central Manager により上書きされたあと、ローカル デバイス設定を(ローカル CLI ユーザとして)変更した場合、WAAS Central Manager が WAE からフル デバイス 統計情報アップデートを要求するまで(WAAS Central Manager GUI から Force full database update ボタンをクリックしてフル アップデートを開始する)、ローカル デバイス設定が適用されます。WAAS Central Manager がデバイスからフル アップデートを要求した場合、WAAS Central Manager の設定はローカル デバイス設定を上書きします。

次の例は、WAAS Central Manager、waas-cm 上の cms 管理テーブルをバックアップします。

waas-cm# cms database backup
creating backup file with label `backup'
backup file local1/acns-db-9-22-2002-17-36.dump is ready. use `copy' commands to move the backup file to a remote host.
 

次の例は、WAAS Central Manager、waas-cm 上の cms データベース管理テーブルを検証します。

waas-cm# cms database validate
Management tables are valid

 
関連コマンド

(config) cms

show cms

configure

グローバル コンフィギュレーション モードを開始するには、 configure EXEC コマンドを使用します。グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力するには、グローバル コンフィギュレーション モードを開始しておく必要があります。

configure

グローバル コンフィギュレーション モードを終了するには、 end または exit コマンドを使用します。 Ctrl-Z を押して、グローバル コンフィギュレーション モードを終了することもできます。

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用してグローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

次の例は、WAAS デバイスでグローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにする方法を示します。

WAE# configure
WAE(config)#

 
関連コマンド

(config) end

(config) exit

show running-config

show startup-config

copy cdrom

CD-ROM からソフトウェア リリース ファイルをコピーするには、 copy cdrom EXEC コマンドを使用します。

copy cdrom install filedir filename

 
シンタックスの説明

cdrom

CD-ROM からファイルをコピーします。

install

ソフトウェア リリース ファイルをインストールします。

filedir

ソフトウェア リリース ファイルのディレクトリ位置

filename

ソフトウェア リリース ファイルのファイル名

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy compactflash

CompactFlash カード からソフトウェア リリース ファイルをコピーするには、 copy compactflash EXEC コマンドを使用します。

copy compactflash install filename

 
シンタックスの説明

compactflash

CompactFlash カードからファイルをコピーします。

install

ソフトウェア リリース ファイルをインストールします。

filename

イメージ ファイル名

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy disk

FTP を使用してディスクからリモート位置またはスタートアップ コンフィギュレーションに、設定またはイメージ データをコピーするには、 copy disk EXEC コマンドを使用します。

copy disk {ftp { hostname | ip-address } remotefiledir remotefilename localfilename | startup-config filename }

 
シンタックスの説明

disk

ローカル ディスクのファイルをコピーします。

ftp

FTP サーバにファイルをコピーします。

hostname

FTP サーバのホスト名

ip-address

FTP サーバの IP アドレス

remotefiledir

ローカル ファイルのコピー先の FTP サーバ上のディレクトリ

remotefilename

すでに FTP サーバにコピーされているローカル ファイルの名前

localfilename

コピーするローカル ファイルの名前

startup-config

ディスクからスタートアップ コンフィギュレーション(NVRAM)に、コンフィギュレーション ファイルをコピーします。

filename

既存のコンフィギュレーション ファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

SYSFS パーティションから FTP サーバにファイルをコピーするには、 copy disk ftp EXEC コマンドを使用します。スタートアップ コンフィギュレーション ファイルを NVRAM にコピーするには、 copy disk startup-config EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy ftp

FTP サーバからソフトウェア設定またはイメージ データをコピーするには、 copy ftp EXEC コマンドを使用します。

copy ftp {central { hostname | ip-address } remotefiledir remotefilename slotnumber [ username username password | proxy { hostname | ip-address } proxy_portnum [ username username password ] | port port-num | md5 md5sum ] | disk { hostname | ip-address } remotefiledir remotefilename localfilename | install { hostname | ip-address } remotefiledir remotefilename }

 
シンタックスの説明

ftp

FTP サーバからファイルをコピーします。

central

ソフトウェア アップグレード イメージ リポジトリにファイルをコピーします。

hostname

FTP サーバのホスト名

ip-address

FTP サーバの IP アドレス

remotefiledir

コピーするイメージ ファイルがある FTP サーバ上のディレクトリ

remotefilename

イメージ リポジトリにコピーするファイルの名前

slotnumber

アップグレード イメージのコピー先のスロット位置(1 ~ 5)

username

(任意)FTP 認証を指定します。

username

(任意)クリア テキストでのユーザ名

password

(任意)FTP 認証用のパスワード

proxy

(任意)プロキシ アドレスを指定します。

hostname

(任意)プロキシ サーバのホスト名

ip-address

(任意)プロキシ サーバの IP アドレス

proxy_portnum

(任意)プロキシ サーバのポート番号

username

(任意)プロキシ サーバの認証ユーザ名を指定します。

username

(任意)クリア テキストでのユーザ名

password

(任意)プロキシ サーバ認証用のパスワード

port

(任意)FTP サーバに接続するポートを指定します。

port-num

(任意)FTP サーバのポート番号

md5

(任意)コピー元のファイルの MD5 シグニチャを指定します。

md5sum

(任意)MD5 シグニチャ

disk

ローカル ディスクにファイルをコピーします。

hostname

FTP サーバのホスト名

ip-address

FTP サーバの IP アドレス

remotefiledir

コピーするファイルがある FTP サーバ上のディレクトリ

remotefilename

(任意)ローカル ディスクにコピーするファイルの名前

localfilename

(任意)コピーされたファイルがローカル ディスクに表示されるときの名前

install

(任意)FTP サーバからファイルをコピーして、ローカル デバイスにソフトウェア リリース ファイルをインストールします。

hostname

(任意)FTP サーバの名前

ip-address

(任意)FTP サーバの IP アドレス

remotefiledir

リモート ファイルのディレクトリ

remotefilename

リモート ファイル名

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

FTP サーバから WAAS デバイスの SYSFS パーティションにファイルをコピーするには、 copy ftp disk EXEC コマンドを使用します。

FTP サーバからイメージ ファイルを WAAS デバイスにインストールするには、 copy ftp install EXEC コマンドを使用します。イメージの内、一部はディスクに、一部はフラッシュ メモリにインストールされます。FTP サーバからリポジトリにソフトウェア イメージをダウンロードするには、 copy ftp central EXEC コマンドを使用します。

copy ftp install EXEC コマンドを使用して、転送を別の場所にリダイレクトすることもできます。ユーザ名とパスワードは、WAAS デバイスへのソフトウェア リリース ファイルの転送が許可される前に、Primary Domain Controller(PDC; プライマリ ドメイン コントローラ)で認証を受けておく必要があります。

BIOS のアップグレード

WAE-511、WAE-512、WAE-611、WAE-612、WAE-7326 の BIOS はリモートでアップグレードできます。すべてのコンピュータ ハードウェアは、インターフェイスを介してソフトウェアと連動する必要があります。Basic Input/Output System(BIOS)は、そのようなインターフェイスを提供します。コンピュータに組み込まれたスタータ キットは、ハード ディスク ドライブから他のソフトウェアを実行します。BIOS は、基本命令セットを提供してコンピュータをブートする役割があります。Power-On Self Test(POST; パワーオン セルフ テスト)動作やハード ディスク ドライブからのオペレーティング システムのブーティングなど、起動時に実行する必要のあるタスクをすべて実行します。さらに、割り込みハンドラのライブラリの形式で、ハードウェアとオペレーティング システム間のインターフェイスを提供します。たとえば、キーが押されるたびに CPU は割り込みを実行してそのキーを読み取ります。これは、シリアルおよびパラレル ポート、ビデオ カード、サウンド カード、ハードディスク コントローラなどの他の入出力デバイスでも同様です。一部の旧式の PC では、最新のハードウェアとの相互運用を行えません。BIOS がハードウェアをサポートしておらず、オペレーティング システムが BIOS ルーチンを使用するためにコールできないためです。この問題は、新しいハードウェアをサポートする BIOS に交換するか、そのハードウェアに対応したデバイス ドライバをインストールすれば解決できます。

特定のハードウェア モデルの BIOS アップデートに必要なすべての BIOS ファイルは、1 つの .bin パッケージ ファイルとして Cisco.com で入手できます。このファイルは専用の
<WAAS-installable>.bin ファイルで、通常のソフトウェア アップデート手順でインストールできます。

BIOS のバージョン アップデートをサポートする WAAS デバイスの BIOS バージョンをアップデートするには、次のものが必要です。

ソフトウェア ファイルのある FTP サーバ

アップデートするデバイスとアップデート ファイルを格納するサーバ間のネットワーク接続

当該の .bin BIOS アップデート ファイル

511_bios.bin

611_bios.bin

7326_bios.bin


注意 フラッシュ BIOS をアップグレードする際は、特に注意してください。BIOS アップグレード パッチが完全に正しいものであることをしっかりと確認してください。適用したパッチが間違っていた場合、システムはブート不能になり、正しいパッチを適用し直しても回復不能になる可能性があります。


注意 フラッシュ BIOS アップデートの失敗で非常に深刻な結果がもたらされる可能性があるので、フラッシュ BIOS は必ず、最初にシステムを Uninterruptible Power Supply(UPS; 無停電電源装置)に接続してからアップデートしてください。

BIOS アップデート ファイルをリモートでインストールするには、次のように copy ftp install EXEC コマンドを使用します。

WAE# copy ftp install ftp-server remote_file_dir 7326_bios.bin
 

BIOS アップデート ファイルをシステムにコピーしたら、次のように reload EXEC コマンドを使用してリブートします。

WAE# reload
 

新しい BIOS は、システムをリブートしたあと、有効になります。

次の例は、FTP サーバからイメージ ファイルをコピーして、そのファイルをローカル デバイスにインストールする方法を示します。

WAE# copy ftp install 10.1.1.1 //ftp-sj.cisco.com/cisco/waas/4.0 WAAS-4.0.0-k9.bin
Enter username for remote ftp server:biff
Enter password for remote ftp server:*****
Initiating FTP download...
printing one # per 1MB downloaded
Sending:USER biff
10.1.1.1 FTP server (Version) Mon Feb 28 10:30:36 EST
2000) ready.
Password required for biff.
Sending:PASS *****
User biff logged in.
Sending:TYPE I
Type set to I.
Sending:PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,244,55,156)
Sending:CWD //ftp-sj.cisco.com/cisco/waas/4.0
CWD command successful.
Sending PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,244,55,156)
Sending:RETR WAAS-4.0.0-k9.bin
Opening BINARY mode data connection for ruby.bin (87376881 bytes).
###################################################################################
writing flash component:
.................................................................
The new software will run after you reload.
 

次の例は、BIOS をアップグレードする方法を示します。すべての出力は、追跡できるように別のファイル(/local1/.bios_upgrade.txt)に書き込まれます。BIOS アップグレードのため Cisco.com からダウンロードされたハードウェア依存ファイルは、BIOS アップグレード手順の完了後、自動的に WAAS デバイスから削除されます。

WAE-7326# copy ftp install upgradeserver /bios/update53/derived/ 7326_bios.bin
Enter username for remote ftp server:myusername
Enter password for remote ftp server:*****
Initiating FTP download...
printing one # per 1MB downloaded
Sending:USER myusername
upgradeserver.cisco.com FTP server (Version wu-2.6.1-18) ready.
Password required for myusername.
Sending:PASS ********
Please read the file README_dotfiles
it was last modified on Wed Feb 19 16:10:26 2005- 94 days ago
Please read the file README_first
it was last modified on Wed Feb 19 16:05:29 2005- 94 days ago
User myusername logged in.
Sending:TYPE I
Type set to I.
Sending:PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,240,57,37)
Sending:CWD /bios/update53/derived/
CWD command successful.
Sending PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,240,146,117)
Sending:RETR 7326_bios.bin
Opening BINARY mode data connection for 7326_bios.bin (834689 bytes).
Fri Jan 7 15:29:07 UTC 2005
BIOS installer running!
Do not turnoff the system till BIOS installation is complete.
Flash chipset:Macronix 29LV320B
0055000.FLS:280000 [80000]
Erasing block 2f:280000 - 28ffff
Erasing block 30:290000 - 29ffff
Erasing block 31:2a0000 - 2affff
Erasing block 32:2b0000 - 2bffff
Erasing block 33:2c0000 - 2cffff
Erasing block 34:2d0000 - 2dffff
Erasing block 35:2e0000 - 2effff
Erasing block 36:2f0000 - 2fffff
Programming block 2f:280000 - 28ffff
Programming block 30:290000 - 29ffff
Programming block 31:2a0000 - 2affff
Programming block 32:2b0000 - 2bffff
Programming block 33:2c0000 - 2cffff
Programming block 34:2d0000 - 2dffff
Programming block 35:2e0000 - 2effff
Programming block 36:2f0000 - 2fffff
SCSIROM.BIN:260000 [20000]
Erasing block 2d:260000 - 26ffff
Erasing block 2e:270000 - 27ffff
Programming block 2d:260000 - 26ffff
Programming block 2e:270000 - 27ffff
PXEROM.BIN:250000 [10000]
Erasing block 2c:250000 - 25ffff
Programming block 2c:250000 - 25ffff
Primary BIOS flashed successfully
Cleanup BIOS related files that were downloaded....
The new software will run after you reload.
WAE-7326#

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy http

HTTP サーバから WAAS デバイスに設定またはイメージ ファイルをコピーするには、 copy http EXEC コマンドを使用します。

copy http install { hostname | ip-address } remotefiledir remotefilename [port portnum ] [proxy proxy_portnum ] [username username password ]

 
シンタックスの説明

http

HTTP サーバからファイルをコピーします。

install

HTTP サーバからファイルをコピーして、ローカル デバイスにソフトウェア リリース ファイルをインストールします。

hostname

HTTP サーバの名前

ip-address

HTTP サーバの IP アドレス

remotefiledir

リモート ファイルのディレクトリ

remotefilename

リモート ファイル名

port

(任意)HTTP サーバに接続するポート(デフォルトは 80)

portnum

HTTP サーバのポート番号(1 ~ 65535)

proxy

(任意)HTTP プロキシ サーバに要求をリダイレクトできるようにします。

proxy_portnum

HTTP プロキシ サーバのポート番号(1 ~ 65535)

username

(任意)HTTP プロキシ サーバにアクセスするためのユーザ名

username

ユーザのログイン名

password

パスワード認証を確立します。

 
デフォルト

HTTP サーバ ポート: 80

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

HTTP サーバからイメージ ファイルをインストールして、それを WAAS デバイスにインストールするには、 copy http install EXEC コマンドを使用します。転送プロトコルとして HTTP を使用して HTTP サーバから WASS デバイスにイメージを転送し、デバイスにソフトウェアをインストールします。イメージの内、一部はディスクに、一部はフラッシュ メモリにインストールされます。HTTP サーバからリポジトリにソフトウェア イメージをダウンロードするには、 copy http central EXEC コマンドを使用します。

proxy hostname | ip-address オプションを指定することで、 copy http install EXEC コマンドを使用して、転送を別の場所または HTTP プロキシ サーバにリダイレクトすることもできます。ユーザ名とパスワードは、WAAS デバイスへのソフトウェア リリース ファイルの転送が許可される前に、Primary Domain Controller(PDC; プライマリ ドメイン コントローラ)で認証を受けておく必要があります。

BIOS のアップグレード

WAE-511、WAE-512、WAE-611、WAE-612、WAE-7326 の BIOS はリモートでアップグレードできます。すべてのコンピュータ ハードウェアは、インターフェイスを介してソフトウェアと連動する必要があります。Basic Input/Output System(BIOS)は、そのようなインターフェイスを提供します。コンピュータに組み込まれたスタータ キットは、ハード ディスク ドライブから他のソフトウェアを実行します。BIOS は、基本命令セットを提供してコンピュータをブートする役割があります。Power-On Self Test(POST; パワーオン セルフ テスト)動作やハード ディスク ドライブからのオペレーティング システムのブーティングなど、起動時に実行する必要のあるタスクをすべて実行します。さらに、割り込みハンドラのライブラリの形式で、ハードウェアとオペレーティング システム間のインターフェイスを提供します。たとえば、キーが押されるたびに CPU は割り込みを実行してそのキーを読み取ります。これは、シリアルおよびパラレル ポート、ビデオ カード、サウンド カード、ハードディスク コントローラなどの他の入出力デバイスでも同様です。一部の旧式の PC では、最新のハードウェアとの相互運用を行えません。BIOS がハードウェアをサポートしておらず、オペレーティング システムが BIOS ルーチンを使用するためにコールできないためです。この問題は、新しいハードウェアをサポートする BIOS に交換するか、そのハードウェアに対応したデバイス ドライバをインストールすれば解決できます。

特定のハードウェア モデルの BIOS アップデートに必要なすべての BIOS ファイルは、1 つの .bin パッケージ ファイルとして Cisco.com で入手できます。このファイルは専用の <WAAS-installable>.bin ファイルで、通常のソフトウェア アップデート手順でインストールできます。

BIOS のバージョン アップデートをサポートする WAAS デバイスの BIOS バージョンをアップデートするには、次のものが必要です。

ソフトウェア ファイルのある HTTP サーバ

アップデートするデバイスとアップデート ファイルを格納するサーバ間のネットワーク接続

当該の .bin BIOS アップデート ファイル

511_bios.bin

611_bios.bin

7326_bios.bin


注意 フラッシュ BIOS をアップグレードする際は、特に注意してください。BIOS アップグレード パッチが完全に正しいものであることをしっかりと確認してください。適用したパッチが間違っていた場合、システムはブート不能になり、正しいパッチを適用し直しても回復不能になる可能性があります。


注意 フラッシュ BIOS アップデートの失敗で非常に深刻な結果がもたらされる可能性があるので、フラッシュ BIOS は必ず、最初にシステムを Uninterruptible Power Supply(UPS; 無停電電源装置)に接続してからアップデートしてください。

BIOS アップデート ファイルを WAAS デバイスにインストールするには、次のように copy http install EXEC コマンドを使用します。

WAE# copy http install http-server remote_file_dir 7326_bios.bin
[portnumber]
 

BIOS アップデート ファイルをシステムにコピーしたら、次のように reload EXEC コマンドを使用して WAAS デバイスをリブートします。

WAE# reload
 

新しい BIOS は、システムをリブートしたあと、有効になります。

次の例は、HTTP サーバからイメージ ファイルをコピーして、そのファイルを WAAS デバイスにインストールする方法を示します。

WAE# copy http install 10.1.1.1 //ftp-sj.cisco.com/cisco/waas/4.0 WAAS-4.0.0-k9.bin
Enter username for remote ftp server:biff
Enter password for remote ftp server:*****
Initiating FTP download...
printing one # per 1MB downloaded
Sending:USER biff
10.1.1.1 FTP server (Version) Mon Feb 28 10:30:36 EST
2000) ready.
Password required for biff.
Sending:PASS *****
User biff logged in.
Sending:TYPE I
Type set to I.
Sending:PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,244,55,156)
Sending:CWD //ftp-sj.cisco.com/cisco/waas/4.0
CWD command successful.
Sending PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,244,55,156)
Sending:RETR WAAS-4.0.0-k9.bin
Opening BINARY mode data connection for ruby.bin (87376881 bytes).
###################################################################################
writing flash component:
.................................................................
The new software will run after you reload.
 

次の例は、BIOS をアップグレードする方法を示します。すべての出力は、追跡できるように別のファイル(/local1/.bios_upgrade.txt)に書き込まれます。BIOS アップグレードのため Cisco.com からダウンロードされたハードウェア依存ファイルは、BIOS アップグレード手順の完了後、自動的に WAAS デバイスから削除されます。

WAE-7326# copy ftp install upgradeserver /bios/update53/derived/ 7326_bios.bin
Enter username for remote ftp server:myusername
Enter password for remote ftp server:*****
Initiating FTP download...
printing one # per 1MB downloaded
Sending:USER myusername
upgradeserver.cisco.com FTP server (Version wu-2.6.1-18) ready.
Password required for myusername.
Sending:PASS ********
Please read the file README_dotfiles
it was last modified on Wed Feb 19 16:10:26 2005- 94 days ago
Please read the file README_first
it was last modified on Wed Feb 19 16:05:29 2005- 94 days ago
User myusername logged in.
Sending:TYPE I
Type set to I.
Sending:PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,240,57,37)
Sending:CWD /bios/update53/derived/
CWD command successful.
Sending PASV
Entering Passive Mode (128,107,193,240,146,117)
Sending:RETR 7326_bios.bin
Opening BINARY mode data connection for 7326_bios.bin (834689 bytes).
Fri Jan 7 15:29:07 UTC 2005
BIOS installer running!
Do not turnoff the system till BIOS installation is complete.
Flash chipset:Macronix 29LV320B
0055000.FLS:280000 [80000]
Erasing block 2f:280000 - 28ffff
Erasing block 30:290000 - 29ffff
Erasing block 31:2a0000 - 2affff
Erasing block 32:2b0000 - 2bffff
Erasing block 33:2c0000 - 2cffff
Erasing block 34:2d0000 - 2dffff
Erasing block 35:2e0000 - 2effff
Erasing block 36:2f0000 - 2fffff
Programming block 2f:280000 - 28ffff
Programming block 30:290000 - 29ffff
Programming block 31:2a0000 - 2affff
Programming block 32:2b0000 - 2bffff
Programming block 33:2c0000 - 2cffff
Programming block 34:2d0000 - 2dffff
Programming block 35:2e0000 - 2effff
Programming block 36:2f0000 - 2fffff
SCSIROM.BIN:260000 [20000]
Erasing block 2d:260000 - 26ffff
Erasing block 2e:270000 - 27ffff
Programming block 2d:260000 - 26ffff
Programming block 2e:270000 - 27ffff
PXEROM.BIN:250000 [10000]
Erasing block 2c:250000 - 25ffff
Programming block 2c:250000 - 25ffff
Primary BIOS flashed successfully
Cleanup BIOS related files that were downloaded....
The new software will run after you reload.

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy running-config

現在の設定から設定データまたはイメージ データをコピーするには、 copy running-config EXEC コマンドを使用します。

copy running-config {disk filename | startup-config | tftp { hostname | ip-address } remotefilename }

 
シンタックスの説明

running-config

現在のシステム設定をコピーします。

disk

ディスク ファイルに現在のシステム設定をコピーします。

filename

ディスク上に作成するファイルの名前

startup-config

スタートアップ コンフィギュレーション(NVRAM)に、実行コンフィギュレーションをコピーします。

tftp

TFTP サーバ上のファイルに実行コンフィギュレーションをコピーします。

hostname

TFTP サーバのホスト名

ip-address

TFTP サーバの IP アドレス

remotefilename

TFTP サーバ上に作成されるコンフィギュレーション ファイルのリモート ファイル名。完全パス名を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS デバイスの実行システム コンフィギュレーションを SYSFS パーティション、フラッシュ メモリ、または TFTP サーバにコピーするには、 copy running-config EXEC コマンドを使用します。 copy running-config startup-config EXEC コマンドは、 write memory コマンドと同等です。

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションから設定データまたはイメージ データをコピーするには、 copy startup-config EXEC コマンドを使用します。

copy startup-config {disk filename | running-config | tftp { hostname | ip-address } remotefilename }

 
シンタックスの説明

startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションをコピーします。

disk

ディスク ファイルにスタートアップ コンフィギュレーションをコピーします。

filename

ローカル ディスクにコピーするスタートアップ コンフィギュレーション ファイルの名前

running-config

スタートアップ コンフィギュレーションを実行コンフィギュレーションにコピーします。

tftp

TFTP サーバ上のファイルにスタートアップ コンフィギュレーションをコピーします。

hostname

TFTP サーバのホスト名

ip-address

TFTP サーバの IP アドレス

remotefilename

TFTP サーバ上に作成されるスタートアップ コンフィギュレーション ファイルのリモート ファイル名。完全パス名を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

TFTP サーバまたは SYSFS パーティションにスタートアップ コンフィギュレーション ファイルをコピーするには、 copy startup-config EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy sysreport

デバイスからシステム トラブルシューティング情報をコピーするには、 copy sysreport EXEC コマンドを使用します。

copy sysreport {disk filename | ftp { hostname | ip-address } remotedirectory remotefilename | tftp { hostname | ip-address } remotefilename } [start-date { day month | month day } year [end-date { day month | month day } year ]]

 
シンタックスの説明

sysreport

WAAS システム情報が含まれるレポートを作成し、ファイルに保存します。

disk

ディスク ファイルにシステム情報をコピーします。

filename

ディスク上に作成するファイルの名前なお、.tar.gz が指定したファイル名に付け加えられます。

ftp

FTP サーバにシステム情報をコピーします。

hostname

FTP サーバのホスト名

ip-address

FTP サーバの IP アドレス

remotedirectory

システム情報ファイルが作成される FTP サーバ上のリモート ディレクトリ

remotefilename

FTP サーバ上に作成されるシステム情報ファイルのリモート ファイル名

tftp

TFTP サーバにシステム情報をコピーします。

hostname

TFTP サーバのホスト名

ip-address

TFTP サーバの IP アドレス

remotefilename

TFTP サーバ上に作成されるシステム情報ファイルのリモート ファイル名完全パス名を使用します。

start-date

(任意)作成されたシステム レポート内の情報の開始日

day month

開始の日付(1 ~ 31)および月(January、February、March、April、May、June、July、August、September、October、November、December)。先に月、そのあとに日を指定することもできます。

year

開始日の年(1993 ~ 2035)

end-date

(任意)作成されたシステム レポート内の情報の終了日。省略した場合、この日付はデフォルトにより本日の日付になります。レポートにはこの日の終わりまでのファイルが含まれます。

day month

終了日(1 ~ 31)および月(January、February、March、April、May、June、July、August、September、October、November、December)。先に月、そのあとに日を指定することもできます。

year

終了日の年(1993 ~ 2035)

 
デフォルト

終了日 を指定しないと、本日の日付が使用されます。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

copy sysreport コマンドはかなりの多くの CPU とディスク リソースを消費するので、実行中、システム パフォーマンスが低下する可能性があります。

次の例では、ローカル WAAS デバイスのファイル mysysinfo にシステム情報をコピーする方法を示します。

WAE# copy sysreport disk mysysinfo start-date 1 April 2006 end-date April 30 2006
 

次の例は、FTP サーバ myserver のルート ディレクトリにあるファイル foo に FTP によりシステム情報をコピーする方法を示します。

WAE# copy sysreport ftp myserver / foo start-date 1 April 2006 end-date April 30 2006
 

 
関連コマンド

show running-config

show startup-config

wafs

copy system-status

デバック目的でシステムからステータス情報をコピーするには、 copy system-status EXEC コマンドを使用します。

copy system-status disk filename

 
シンタックスの説明

system-status disk

ディスク ファイルにシステム ステータスをコピーします。

filename

ディスク上に作成するファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

ハードウェアおよびソフトウェア ステータス情報を格納する SYSFS パーティションにファイルを作成するには、 copy system-status EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy tech-support

Cisco TAC への問い合わせに利用するためシステムから設定またはイメージ データをコピーするには、 copy tech-support EXEC コマンドを使用します。

copy tech-support {disk filename | tftp { hostname | ip-address } remotefilename }

 
シンタックスの説明

tech-support

テクニカル サポート用にシステム情報をコピーします。

disk

テクニカル サポート用にシステム情報をディスク ファイルにコピーします。

filename

ディスク上に作成するファイルの名前

tftp

テクニカル サポート用にシステム情報を TFTP サーバにコピーします。

hostname

TFTP サーバのホスト名

ip-address

TFTP サーバの IP アドレス

remotefilename

TFTP サーバ上に作成されるシステム情報ファイルのリモート ファイル名。完全パス名を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

TFTP サーバまたは SYSFS パーティションにテクニカル サポート情報をコピーするには、 copy tech-support tftp EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

copy tftp

TFTP サーバから設定またはイメージ データをコピーするには、 copy tftp EXEC コマンドを使用します。

copy tftp {disk { hostname | ip-address } remotefilename localfilename | running-config
{ hostname | ip-address } remotefilename | startup-config { hostname | ip-address } remotefilename }

 
シンタックスの説明

tftp

TFTP サーバからのイメージをコピーします。

disk

ディスク ファイルに TFTP サーバからのイメージをコピーします。

hostname

TFTP サーバのホスト名

ip-address

TFTP サーバの IP アドレス

remotefilename

TFTP サーバからコピーするリモート イメージ ファイルの名前。完全パス名を使用します。

localfilename

ローカル ディスク上に作成するイメージ ファイルの名前

running-config

実行コンフィギュレーションに TFTP サーバからイメージをコピーします。

hostname

TFTP サーバのホスト名

ip-address

TFTP サーバの IP アドレス

remotefilename

TFTP サーバからコピーするリモート イメージ ファイルの名前。完全パス名を使用します。

startup-config

スタートアップ コンフィギュレーションに TFTP サーバからイメージをコピーします。

hostname

TFTP サーバのホスト名

ip-address

TFTP サーバの IP アドレス

remotefilename

TFTP サーバからコピーするリモート イメージ ファイルの名前。完全パス名を使用します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

TFTP サーバからディスクにファイルをコピーするには、 copy tftp disk EXEC コマンドを使用します。

 
関連コマンド

install

reload

show running-config

show startup-config

wafs

write

cpfile

ファイルのコピーを作成するには、 cpfile EXEC コマンドを使用します。

cpfile oldfilename newfilename

 
シンタックスの説明

oldfilename

コピーするファイルの名前

newfilename

作成されるファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用してファイルのコピーを作成します。SYSFS ファイルだけがコピーできます。

次の例は、ファイルのコピーを作成する方法を示します。

WAE# cpfile fe511-194616.bin fd511-194618.bin

 
関連コマンド

deltree

dir

lls

ls

mkdir

pwd

rename

debug

WAAS アプリケーション アクセラレーションおよびセントラル マネージャ機能をモニタおよび記録するには、 debug EXEC コマンドを使用します。 デバッギング をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します( undebug コマンドも参照)。

application-accelerator デバイス モードでは、 debug コマンドは次のとおりです。

debug authentication {content-request | user | windows-domain}

debug buf {all | dmbuf | dmsg}

debug cdp {adjacency | events | ip | packets}

debug cli {all | bin | parser}

debug cms

debug dataserver {all | clientlib | server}

debug dhcp

debug dre {aggregation | all | cache | connection {aggregation [ acl ] | cache [ acl ] | core [ acl ] | message [ acl ] | misc [ acl ] | acl } | core | lz | message | misc}

debug epm

debug flow monitor tcpstat-v1

debug logging all

debug ntp

debug print-spooler {all | brief | errors | warnings}

debug rbcp

debug snmp {all | cli | main | mib | traps}

debug stats {all | collections | computation | history}

debug tfo {buffer-mgr | connection [auto-discovery [ acl ] | comp-mgr [ acl ] | conn-mgr [ acl ] | egress-method [ acl ] | filtering [ acl ] | netio-engine [ acl ] | policy-engine [ acl ] | synq [ acl ] | acl ] | stat-mgr | translog}

debug translog export

debug wafs {{all | core-fe | edge-fe | manager | utilities} {debug | error | info | warn}}

debug wccp {all | detail | error | events | keepalive | packets | slowstart}


dreepmflow monitorprint-spoolerrbcptfotranslogwafs、および wccp コマンド オプションは application-accelerator デバイス モードのみでサポートされます。


central manager デバイス モードでは、 debug コマンドは次のとおりです。

debug aaa accounting

debug all

debug authentication {content-request | user | windows-domain}

debug buf {all | dmbuf | dmsg}

debug cdp {adjacency | events | ip | packets}

debug cli {all | bin | parser}

debug cms

debug dataserver {all | clientlib | server}

debug dhcp

debug emdb [level [ levelnum ]]

debug key-manager

debug logging all

debug ntp

debug rpc {detail | trace}

debug snmp {all | cli | main | mib | traps}

debug stats {all | collections | computation | history}


emdb および rpc コマンド オプションは、central manager デバイス モードでのみサポートされます。


 
シンタックスの説明

aaa accounting

(任意)AAA アカウンティング アクションをイネーブルにします。

all

(任意)すべてのデバッグ オプションをイネーブルにします。

authentication

(任意)認証デバッグをイネーブルにします。

content-request

コンテンツ要求認証のデバッグをイネーブルにします。

user

システム認証に対するユーザ ログインのデバッグをイネーブルにします。

windows-domain

Windows ドメイン認証のデバッグをイネーブルにします。

buf

(任意)バッファ マネージャのデバッグをイネーブルにします。

all

すべてのバッファ マネージャのデバッグをイネーブルにします。

dmbuf

dmbuf デバッグのみをイネーブルにします。

dmsg

dmsg デバッグだけをイネーブルにします。

cdp

(任意)CDP デバッグをイネーブルにします。

adjacency

CDP ネイバー情報のデバッグをイネーブルにします。

events

CDP イベントのデバッグをイネーブルにします。

ip

CDP IP のデバッグをイネーブルにします。

packets

パケット関連 CDP のデバッグをイネーブルにします。

cli

(任意)CLI デバッグをイネーブルにします。

all

すべての CLI のデバッグをイネーブルにします。

bin

CLI コマンド バイナリ プログラムのデバッグをイネーブルにします。

parser

CLI コマンド パーサーのデバッグをイネーブルにします。

cms

(任意)CMS デバッグをイネーブルにします。

dataserver

(任意)データ サーバのデバッグをイネーブルにします。

all

すべてのデータ サーバのデバッグをイネーブルにします。

clientlib

データ サーバ クライアント ライブラリ モジュールのデバッグをイネーブルにします。

server

データ サーバ モジュールのデバッグをイネーブルにします。

dhcp

(任意)DHCP デバッグをイネーブルにします。

dre

(任意)DREデバッグをイネーブルにします。

aggregation

DRE チャンク集約のデバッグをイネーブルにします。

all

すべての DRE コマンドのデバッグをイネーブルにします。

cache

DRE キャッシュのデバッグをイネーブルにします。

connection

DRE 接続のデバッグをイネーブルにします。

aggregation [ acl ]

指定された接続の DRE チャンク集約のデバッグをイネーブルにします。

cache [ acl ]

指定された接続の DRE キャッシュのデバッグをイネーブルにします。

core [ acl ]

指定された接続の DRE コアのデバッグをイネーブルにします。

message [ acl ]

指定された接続の DRE メッセージのデバッグをイネーブルにします。

misc [ acl ]

指定された接続のその他の DRE デバッグをイネーブルにします。

acl

トレースされた接続を制限する ACL

core

DRE コアのデバッグをイネーブルにします。

message

DRE メッセージのデバッグをイネーブルにします。

misc

その他の DRE デバッグをイネーブルにします。

epm

(任意)DCE-RPC EPM デバッグをイネーブルにします。

flow

(任意)ネットワーク トラフィック フローのデバッグをイネーブルにします。

monitor

モニタ フロー パフォーマンスのデバッグ コマンドをイネーブルにします。

tcpstat-v1

tcpstat-v1 のデバッグをイネーブルにします。

logging

(任意)ロギングのデバッグをイネーブルにします。

all

すべてのロギングのデバッグをイネーブルにします。

ntp

(任意)NTP デバッグをイネーブルにします。

print-spooler

(任意)プリント スプーラのデバッグをイネーブルにします。

all

すべてのデバッグ機能を使用して、プリント スプーラのデバッグをイネーブルにします。

brief

簡潔なデバッグ メッセージのみを使用して、プリント スプーラのデバッグをイネーブルにします。

errors

エラー条件のみを使用して、プリント スプーラのデバッグをイネーブルにします。

warnings

警告条件のみを使用して、プリント スプーラのデバッグをイネーブルにします。

rbcp

(任意)RBCP デバッグをイネーブルにします。

snmp

(任意)SNMP デバッグ コマンドをイネーブルにします。

all

すべての SNMP デバッグ コマンドをイネーブルにします。

cli

すべての SNMP CLI のデバッグをイネーブルにします。

main

SNMP のメイン デバッグをイネーブルにします。

mib

SNMP MIB のデバッグをイネーブルにします。

traps

SNMP トラップのデバッグをイネーブルにします。

stats

(任意)統計情報のデバッグをイネーブルにします。

all

すべての statistics デバッグ コマンドをイネーブルにします。

collection

統計情報収集のデバッグをイネーブルにします。

computation

統計情報計算のデバッグをイネーブルにします。

history

統計情報履歴のデバッグをイネーブルにします。

tfo

(任意)TFO デバッグをイネーブルにします。

buffer-mgr

TFO バッファ マネージャのデバッグをイネーブルにします。

connection

TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

auto-discovery [ acl ]

自動探索モジュールの TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

comp-mgr [ acl ]

圧縮モジュールの TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

conn-mgr [ acl ]

Connection Manager の TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

egress-method [ acl ]

接続出力方式の TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

filtering [ acl ]

フィルタリング モジュールの TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

netio-engine [ acl ]

ネットワーク入出力モジュールの TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

policy-engine [ acl ]

アプリケーション ポリシーの TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

synq [ acl ]

SynQ モジュールの TFO 接続のデバッグをイネーブルにします。

acl

TFO 接続を制限する ACL

stat-mgr

TFO Statistics Manager のデバッグをイネーブルにします。

translog

TFO トランザクション ログのデバッグをイネーブルにします。

translog

(任意)transaction logging デバッグ コマンドをイネーブルにします。

export

トランザクション ログ FTP エクスポートのデバッグをイネーブルにします。

wafs

(任意)WASS ソフトウェア コンポーネントとユーティリティからのメッセージがロギングされる通知レベル(debug、info、warn、error)をアンセットします。

all

すべてのソフトウェア コンポーネントとユーティリティのロギング レベルを同時にアンセットします。

core-fe

Core File Engine として機能する WAE のロギング レベルをアンセットします。

edge-fe

Edge File Engine として機能する WAE のロギング レベルをアンセットします。

manager

Device Manager のロギング レベルをアンセットします。

utilities

WAAS ユーティリティのロギング レベルをアンセットします。

wccp

(任意)WCCP 情報のデバッグをイネーブルにします。

all

すべての WCCP デバッグ機能をイネーブルにします。

detail

WCCP の詳細なデバッグをイネーブルにします。

error

WCCP エラーのデバッグをイネーブルにします。

events

WCCP イベントのデバッグをイネーブルにします。

keepalive

アプリケーションに送信される WCCP キープアライブのデバッグをイネーブルにします。

packets

WCCP パケット関連情報のデバッグをイネーブルにします。

slowstart

WCCP スロースタートのデバッグをイネーブルにします。

次の構文表では、central manager デバイス モードで使用するオプションについて説明します。

 

emdb

(任意)組み込みデータベースのデバッグをイネーブルにします。

level

(任意)EMDB サービスの指定されたデバッグ レベルをイネーブルにします。

levelnum

(任意)ディセーブルにするデバッグ レベル(レベル 0 はデバッグをディセーブルにします)

key-manager

(任意)Central Manager のキー マネージャのデバッグをイネーブルにします。

rpc

(任意)リモート プロシージャ コール(RPC)ログをイネーブルにします。

detail

プライオリティ レベルが「detail」以上の RPC ログをイネーブルにします。

trace

プライオリティ レベルが「trace」以上の RPC ログをイネーブルにします。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

debug コマンドを使用すると WAAS デバイスのパフォーマンスが低下するので、このコマンドはTAC から指示があった場合にだけ使用することを推奨します。詳細については、「マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン」を参照してください。

Watchdog ユーティリティが動作していないと、「WAAS is not running」メッセージが出力されます。

イネーブル化された debug オプションを表示するには、 show debugging コマンドを使用します。

次の例は、ユーザ認証のデバッグ モニタリングをイネーブルにし、イネーブルになっているか確認し、続いてデバッグ モニタリングをディセーブルにする方法を示します。

WAE# debug authentication user
WAE# show debugging
Debug authentication (user) is ON
WAE# no debug authentication user
 

次の例は、システム内の Core WAE のデバッグするためのロギング レベルを設定し、その後ロギング レベルをデフォルト(info)に戻す方法を示します。

WAE# debug wafs ?
all log level for all components
core-fe log level for Core FE
edge-fe log level for Edge FE
manager log level for Manager
utilities log level for Utilities
WAE# debug wafs core-fe ?
debug set log level to DEBUG
error set log level to ERROR
info set log level to INFO (default)
warn set log level to WARN
WAE# debug wafs core-fe debug
corefe log level set to DEBUG
 

 
関連コマンド

show debugging

undebug

delfile

現在のディレクトリからファイルを削除するには、 delfile EXEC コマンドを使用します。

delfile filename

 
シンタックスの説明

filename

削除するファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して、WAAS デバイスのディスク ドライブの SYSFS パーティションからファイルを削除します。

次の例は、絶対パスを使用して /local1 ディレクトリから一時ファイルを削除する方法を示します。

WAE# delfile /local1/tempfile

 
関連コマンド

cpfile

dir

lls

ls

mkdir

pwd

rename

deltree

ディレクトリを、そのすべてのサブディレクトリおよびファイルとともに削除するには、 deltree EXEC コマンドを使用します。

deltree directory

 
シンタックスの説明

directory

削除するディレクトリ ツリーの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用してディレクトリとそのディレクトリ内のすべてのファイルを、WAAS SYSFS ファイル システムから削除します。サブディレクトリおよびファイルを削除しているという警告は表示されません。


) WAAS が正常に機能するのに必要なファイルやディレクトリは、決して削除しないでください。


次の例は、/local1 ディレクトリから testdir ディレクトリを削除する方法を示します。

WAE# deltree /local1/testdir

 
関連コマンド

cpfile

dir

lls

ls

mkdir

pwd

rename

dir

ディレクトリの 1 つのファイルまたはすべてのファイルの詳細を表示するには、dir EXEC コマンドを使用します。

dir [ directory ]

 
シンタックスの説明

directory

(任意)リストするディレクトリの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して、名前、サイズ、作成時間など、作業ディレクトリ内部に含まれているファイルの詳細リストを表示します。lls EXEC コマンドも同じ出力を生成します。

次の例は、現在のディレクトリのすべてのファイルの詳細リストを示します。

WAE# dir
size time of last change name
------------- ------------------------- -----------
4096 Fri Feb 24 14:40:00 2006 <DIR> actona
4096 Tue Mar 28 14:42:44 2006 <DIR> core_dir
4096 Wed Apr 12 20:23:10 2006 <DIR> crash
4506 Tue Apr 11 13:52:45 2006 dbupgrade.log
4096 Tue Apr 4 22:50:11 2006 <DIR> downgrade
4096 Sun Apr 16 09:01:56 2006 <DIR> errorlog
4096 Wed Apr 12 20:23:41 2006 <DIR> logs
16384 Thu Feb 16 12:25:29 2006 <DIR> lost+found
4096 Wed Apr 12 03:26:02 2006 <DIR> sa
24576 Sun Apr 16 23:38:21 2006 <DIR> service_logs
4096 Thu Feb 16 12:26:09 2006 <DIR> spool
9945390 Sun Apr 16 23:38:20 2006 syslog.txt
10026298 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.1
10013564 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.2
10055850 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.3
10049181 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.4
4096 Thu Feb 16 12:29:30 2006 <DIR> var
508 Sat Feb 25 13:18:35 2006 wdd.sh.signed
 

次の例では、 logs ディレクトリの詳細情報のみを示します。

WAE# dir logs
size time of last change name
------------- ------------------------- -----------
4096 Thu Apr 6 12:13:50 2006 <DIR> actona
4096 Mon Mar 6 14:14:41 2006 <DIR> apache
4096 Sun Apr 16 23:36:40 2006 <DIR> emdb
4096 Thu Feb 16 11:51:51 2006 <DIR> export
92 Wed Apr 12 20:23:20 2006 ftp_export.status
4096 Wed Apr 12 20:23:43 2006 <DIR> rpc_httpd
0 Wed Apr 12 20:23:41 2006 snmpd.log
4096 Sun Mar 19 18:47:29 2006 <DIR> tfo

 
関連コマンド

lls

ls

disable

特権 EXEC コマンドを無効にするには、disable EXEC コマンドを使用します。

disable

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS ソフトウェアの CLI EXEC モードは、システム動作の設定、表示、テスト用に使用します。このコマンド モードは、ユーザと特権の 2 つのアクセス レベルに分けられます。特権レベル EXEC モードにアクセスするには、ユーザ アクセス レベルのプロンプトで enable EXEC コマンドを入力し、パスワードの入力のプロンプトが表示されたら特権 EXEC パスワード(スーパーユーザまたは管理者相当のパスワード)を指定します。

WAE> enable
 

パスワード:

disable コマンドにより、ユーザレベルの EXEC シェルに入ります(プロンプトが変わります)。

次の例では、特権 EXEC モードからユーザレベル EXEC モードに入ります。

WAE# disable
WAE>

 
関連コマンド

enable

disk

WAAS デバイスでディスクを設定するには、 disk EXEC コマンドを使用します。

disk delete-partitions diskname

disk disk-name disk xx replace

disk insert diskname

disk recreate-raid

disk reformat diskname

disk scan-errors diskname

 

delete-partitions

指定された論理ディスク ドライブのデータを削除します。このコマンドの実行後は、指定されたディスク ドライブは WAAS ソフトウェアによってブランクとして取り扱われます。そのドライブの以前のデータは、すべてアクセス不能です。

diskname

パーティションを削除するディスクの名前(disk00、disk01)。

RAID-5 システムの場合、1 つの論理ドライブのみがアクティブなので、このオプションは利用できません。

disk-name disk xx replace

RAID-5 アレイで交換できるように、disk xx という名前の物理ディスク(disk00、disk01 など)をシャットダウンします。


) このオプションは RAID-5 システムでのみ利用できます。


insert

新しく挿入されたディスクを検出およびマウントするために、SCSI ホストにバスを再スキャンさせます。


) このオプションは、WAE-612 および WAE-7326 モデルでのみ利用できます。


diskname

挿入するディスクの名前(disk00、disk01)

recreate-raid

RAID-5 アレイを再構築します。


) このオプションは RAID-5 システムでのみ利用できます。


reformat

SCSI ディスク ドライブのローレベル再フォーマットを行い、不良セクタをリマップします。


注意 このコマンドはデータを損失しないよう十分に注意して使用してください。

) このオプションは RAID-5 システムでは利用できません。


diskname

再フォーマットするディスクの名前(disk00、disk01)

scan-errors

エラーがないか SCSI または IDE ディスクをスキャンし、未使用の場合は不良セクターをリマップします。

RAID-5 システムの場合、このコマンドは論理 RAID デバイスにエラーがないかスキャンします。これらのシステムでは、 diskname オプションはありません。

diskname

再フォーマットするディスクの名前(disk00、disk01)

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

RAID-5 を処理する論理ディスク

Redundant Array of Independent Disks-5(RAID-5; 冗長ディスク アレイ 5)を処理する論理ディスクは、ハードウェア機能として WAAS に実装されています。RAID-5 デバイスは、論理ディスクの容量を増やすため最大 6 つの物理ハード ディスク ドライブを備えた単一の論理ディスク ドライブを作成できます(WAE-7341 は 4 つのディスクをサポートし、WAE-7371 は 6 つのディスクをサポートします)。

物理ドライブの 1 つに障害が発生しても(RAID-5 によりドライブが Defunct ステートに移行)、RAID-5 を備えたシステムは操作を続けることができます。障害が発生したドライブを適切にシャットダウンしたあと、RAID-5 はディスク ハードウェアのホットスワップも可能にします(RAID-5 システムのディスクの取り外しおよび交換手順については、『 Cisco Wide Area Application Services Configuration Guide 』の第 14 章を参照してください)。

RAID-1 を処理する論理ディスク

RAID-1 は、ソフトウェア機能として WAAS に実装されています。RAID-1 WAAS デバイスは信頼性を向上するため、2 つのディスク ドライブを使用できます。RAID-1 はディスク ミラーリングを提供します(データは 2 つ以上のドライブに重複して書き込まれます)。冗長性による信頼性の向上が目的です。RAID-1 の場合、1 つのディスク書き込みを 2 つのディスク ドライブに対して行う必要があるため、ファイル システムの書き込みパフォーマンスに影響を与えます。RAID-1(ミラーリング)は RAID-1 デバイス上のすべてのファイル システムに使用されます。このセットアップにより、すべての場合でソフトウェアの確実な実行が保証されます。


) WAAS ソフトウェアは、Wide Area File Services(WAFS; ワイド エリア ファイル サービス)ファイル システムおよび、データ冗長性除去(DRE)キャッシュの両方に CONTENT ファイル システムを使用します。


WAE-612、WAE-7326、WAE-7341、および WAE-7371 ディスク ドライブのホット スワップ

このリリースの WAAS は、障害が発生したディスクの交換とスケジューリングされたディスク メンテナンス両方のホットスワップ機能をサポートします。WAE-612 および WAE-7326 では、 disk disk-name diskxx shutdown グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、スケジューリングされたディスク メンテナンスを行うディスクをシャットダウンします。WAE-7341 および WAE-7371 では、 disk disk-name diskxx replace EXEC コマンドを使用して、ディスクをシャットダウンします(スケジューリングされたディスク メンテナンス手順については、『 Cisco Wide Area Application Services Configuration Guide 』の第 14 章を参照してください)。

WAE からディスクを取り外す前に、ディスクを完全にシャットダウンするまで待つ必要があります。RAID の取り外しプロセスが完了すると、WAAS はディスク障害アラームとトラップを生成します。さらに、Syslog ERROR メッセージがロギングされます。

RAID の再構築プロセス中にソフトウェアが障害の発生したディスクを取り外す場合、RAID rebuild failure アラームが生成されます。RAID の再構築プロセス中に管理上、ディスクをシャットダウンする場合、代わりに RAID rebuild abort アラームが生成されます。

RAID の再構築プロセス中に取り外しイベントが発生した場合、RAID 取り外しプロセスは完了するまで最大で 1 分かかります。このプロセスの正確な時間は、ディスクのサイズによって異なります。

障害の発生したディスクの自動処理

システムがクリティカル ディスク アラームを検出すると、ディスクのホットスワップ機能が障害の発生したディスクを自動的にディセーブルにします。 disk error-handling が設定されているかどうかに関係なく、障害の発生したディスクは自動的に削除されます。

障害の発生したディスクの交換

WAE-7341 および WAE-7371 モデルでは、ソフトウェアによって自動的にディセーブルされた障害のあるディスクを交換すると、ディスクは自動的にサービス状態に戻ります。WAE-612 および WAE-7326 モデルでは、ソフトウェアによって自動的にディセーブルされた障害のあるディスクを交換する場合、EXEC モードの disk insert コマンドを使用するとディスクをサービス状態に戻します。その他のモデルについては、「 (config) disk disk-name 」コマンドを参照してください。

RAID-5 ディスク アレイの再構築

RAID-5 システムの論理ディスク アレイを再構築するには、一連の設定で示すように、EXEC モードの disk recreate-raid コマンドを使用します。

WAE-7341(config)# disk logical shutdown
WAE-7341# reload
WAE-7341# copy running-config startup-config
 

システムが起動するのを待ちます。

WAE-7341# disk recreate-raid
WAE-7341(config)# no disk logical shutdown
WAE-7341# reload
WAE-7341# copy running-config startup-config
 

システムが起動したら、すべてのファイルシステムを再構築するまで約 30 分間待ちます。


注意 RAID-5 ディスク アレイを再構築すると、ドライブ上のすべてのデータが失われます。

EXEC モードで copy ftp install を入力してソフトウェアを再インストールします。

300 GB SAS ドライブの場合、RAID アレイを再構築し同期化するのに最大で 5 時間かかります。RAID-5 の同期化がバックグラウンドで実行されている間、システムは完全に機能していますが、パフォーマンスはバックグラウンド操作によって影響を受けます。

ディスク情報

障害のあるディスクまたは不良ディスクを特定するには、 show disks failed-disk-id EXEC コマンドを使用します。このリストにあるシリアル番号を持ったディスクは再挿入しないでください。


) このコマンドは、WAE-7341 および WAE-7371 モデルでは利用できません。


SCSI ディスク ドライブの再フォーマット

WAAS デバイスの SCSI ディスク ドライブを再フォーマットするには、 disk reformat EXEC コマンドを使用します。このコマンドを実行するとき、SCSI ドライブは使用できません。


注意 データの損失を防止するため、このコマンドは十分に注意して使用してください。


) このコマンドは、SCSI ドライブを装備したシステム(WAE-612)でのみ有効です。このコマンドは、WAAS 4.0.13 の WAE-611 および WAE-7326 システムでは削除されています。


SCSI ドライブを再フォーマットする方法を、次のシナリオで説明します。

1. ファイルシステムをアンマウントし、グローバル コンフィギュレーション モードで
disk disk-name diskxx shutdown コマンドを使用して RAID-1 アレイからディスクを削除します。

WAE611(config)# disk disk-name disk01 shutdown
 

2. ディスクを再フォーマットします。このコマンドが完了すると、ドライブはブランクになります。

WAE611# disk reformat disk01
 

3. グローバル コンフィギュレーション モードで no disk disk-name diskxx shutdown コマンドを使用してディスクをサービス状態に戻します。

WAE611(config)# no disk disk-name disk01 shutdown
 

disk scan errors コマンドを使用するには、 disk reformat コマンドと同じ手順に従います。

1 つのディスク ドライブのすべてのディスク パーティションの削除およびRAID-5 システムの論理ドライブのディスク パーティションの削除

WAAS デバイス上の 1 つのディスク ドライブのすべてのディスク パーティションを削除する、または RAID-5 システムの論理ドライブのディスク パーティションを削除するには、
disk delete-partitions EXEC コマンドを使用します。


注意 disk delete-partitions EXEC コマンドの実行後は、指定されたディスク ドライブは WAAS ソフトウェアによってブランクとして取り扱われます。そのドライブの以前のデータは、すべてアクセス不能です。

このコマンドは、新しいディスク ドライブを追加する場合に、そのドライブが以前に別のオペレーティング システム(たとえば、Microsoft Windows や Linux オペレーティング システム)で使用されていたときに使用します。ディスク上のすべてを消去するか尋ねられたら、次のように「yes」を指定して続けます。

WAE# disk delete-partitions disk01
This will erase everything on disk. Are you sure? [no] yes
 

) WAE-7341 または WAE-7371 モデルで disk delete-partitions EXEC コマンドを使用する場合、コマンドは論理容量全体を削除します。個々のディスク名オプションは、これらのプラットフォームでは利用できません。


 
関連コマンド

(config) disk disk-name

(config) disk error-handling

(config) disk logical shutdown

show disks

dnslookup

ホスト名またはドメイン名をIP アドレスに解決するには、 dnslookup EXEC コマンドを使用します。

dnslookup { hostname | domainname }

 
シンタックスの説明

hostname

ネットワーク上の DNS サーバの名前

domainname

ドメインの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

次の 3 つの例では、 dnslookup コマンドを使用して、ホスト名 myhost を IP アドレス 172.31.69.11 に解決し、 abd.com を IP アドレス 192.168.219.25 に解決し、ホスト名として使用されている IP アドレスを 10.0.11.0 に解決する方法を示します。

WAE# dnslookup myhost
official hostname: myhost.abc.com
address: 172.31.69.11
 
WAE# dnslookup abc.com
official hostname: abc.com
address: 192.168.219.25
 
WAE# dnslookup 10.0.11.0
official hostname: 10.0.11.0
address: 10.0.11.0

enable

特権 EXEC コマンドにアクセスするには、 enable EXEC コマンドを使用します。

enable

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS ソフトウェアの CLI EXEC モードは、システム動作の設定、表示、テスト用に使用します。このコマンド モードは、ユーザ レベルと特権レベルの 2 つのアクセス レベルに分かれています。特権レベル EXEC モードにアクセスするには、ユーザ アクセス レベルのプロンプトで enable EXEC コマンドを入力し、パスワードの入力のプロンプトが表示されたら特権 EXEC パスワード(スーパーユーザまたは管理者相当のパスワード)を指定します。

TACACS+ にはイネーブル パスワード機能があり、これにより管理者は、管理レベル ユーザごとに異なるイネーブル パスワードを定義できます。管理レベル ユーザが、管理者または管理者相当のユーザ アカウント(特権レベル 15)ではなく、標準レベルのユーザ アカウント(特権レベル 0)で WAAS デバイスにログインした場合、特権レベル EXEC モードにアクセスするには、管理者パスワードを入力する必要があります。

WAE> enable
 

パスワード:


) この警告は、WAAS ユーザがログイン認証に TACACS+ を使用している場合でも当てはまります。


disable コマンドで、特権 EXEC モードからユーザ EXEC モードに移行します。

次の例は、特権 EXEC モードにアクセスする方法を示します。

WAE> enable
WAE#

 
関連コマンド

disable

exit

exit

特権レベル EXEC モードを終了させてユーザ レベル EXEC モードに戻るには、 exit コマンドを使用します。

exit

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

すべてのモード

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、 Ctrl-Z または end コマンドと同じです。ユーザレベル EXEC シェルで発行された exit コマンドは、コンソールまたは Telnet セッションを終了します。

次の例では、特権レベル EXEC モードを終了してユーザレベル EXEC モードに戻る方法を示します。

WAE# exit
WAE>

find-pattern

ファイル内の特定のパターンを検索するには、EXEC モードで find-pattern コマンドを使用します。

find-pattern {binary reg-express filename | case {binary reg-express filename | count reg-express filename | lineno reg-express filename | match reg-express filename | nomatch reg-express filename | recursive reg-express filename } | count reg-express filename | lineno reg-express filename | match reg-express filename | nomatch reg-express filename | recursive reg-express filename }

 
シンタックスの説明

binary

バイナリ出力を抑制しません。

reg-express

照合する正規表現

filename

ファイル名

case

大文字小文字を区別するパターンを照合します。

count

一致する行数を表示します。

lineno

出力とともに行番号を表示します。

match

一致する行を表示します。

nomatch

一致しない行を表示します。

recursive

ディレクトリを反復して検索します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して、ファイル内の特定の正規表現パターンを検索します。

次の例は、大文字と小文字を区別するパターンについてファイルを反復して検索する方法を示します。

WAE# find-pattern case recursive admin removed_core
-rw------- 1 admin root 95600640 Oct 12 10:27 /local/local1/core_dir/
core.3.0.0.b5.eh.2796
-rw------- 1 admin root 97054720 Jan 11 11:31 /local/local1/core_dir/
core.cache.3.0.0.b131.cnbuild.14086
-rw------- 1 admin root 96845824 Jan 11 11:32 /local/local1/core_dir/
core.cache.3.0.0.b131.cnbuild.14823
-rw------- 1 admin root 101580800 Jan 11 12:01 /local/local1/core_dir/
core.cache.3.0.0.b131.cnbuild.15134
-rw------- 1 admin root 96759808 Jan 11 12:59 /local/local1/core_dir/
core.cache.3.0.0.b131.cnbuild.20016
-rw------- 1 admin root 97124352 Jan 11 13:26 /local/local1/core_dir/
core.cache.3.0.0.b131.cnbuild.8095
 

次の例では、あるパターンについてファイルを検索し、一致する行を印刷する方法を示します。

WAE# find-pattern match 10 removed_core
Tue Oct 12 10:30:03 UTC 2004
-rw------- 1 admin root 95600640 Oct 12 10:27 /local/local1/core_dir/
core.3.0.0.b5.eh.2796
-rw------- 1 admin root 101580800 Jan 11 12:01 /local/local1/core_dir/
core.cache.3.0.0.b131.cnbuild.15134
 

次の例では、あるパターンについてファイルを検索し、一致する行数を印刷する方法を示します。

WAE# find-pattern count 10 removed_core
3

 
関連コマンド

cd

dir

lls

ls

help

コマンドライン インターフェイスのオンライン ヘルプを取得するには、 help EXEC コマンドを使用します。

help

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC およびグローバル コンフィギュレーション

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

コマンド内のどの位置でも疑問符( ? )を入力すればヘルプが得られます。一致するものがない場合、ヘルプ リストは空なので、利用できるオプションが表示されるまで、 ? の位置を前にずらして入力する必要があります。

次の 2 つのヘルプ スタイルが用意されています。

コマンド引数を入力する準備ができている場合、完全ヘルプを使って(たとえば show ? )、可能な引数を表示できます。

コマンドを簡略化して入力し、どんな引数がその入力に一致するか知るには(たとえば、 show stat? )、部分ヘルプを使用します。

次の例は、 help EXEC コマンドの出力を示します。

WAE# help
Help may be requested at any point in a command by entering a question mark '?'. If nothing matches, the help list will be empty and you must backup until entering a '?' shows the available options.
 
Two styles of help are provided:
1. Full help is available when you are ready to enter a command argument.
2. Partial help is provided when an abbreviated argument is entered.

install

新しいソフトウェア イメージ(WAAS ソフトウェアなど)を WAAS デバイス上のフラッシュにインストールするには、 install EXEC コマンドを使用します。

install imagefilename

 
シンタックスの説明

imagefilename

インストールする .bin ファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

install コマンドは、システム イメージをフラッシュ メモリにロードし、オプションのソフトウェアのコンポーネントをソフトウェア ファイルシステム(swfs)パーティションにコピーします。


) 任意のソフトウェアを格納するシステム イメージをインストールする場合は、SWFS パーティションが disk00 にマウントされていることを確認してください。


システム イメージをインストールするには、イメージ ファイルを SYSFS ディレクトリ local1 または local2 にコピーします。 install コマンドを実行する前に、現在の作業ディレクトリをシステム イメージのあるディレクトリに変更します。 install コマンドを実行すると、イメージ ファイルは拡張されます。拡張されたファイルは、WAAS デバイス上の既存のファイルを上書きします。システム イメージをリロードすると、新たにインストールされたバージョンが適用されます。


installコマンドは .pax ファイルを受け付けません。ファイルのタイプは .bin(たとえば、cache-sw.bin)である必要があります。また、インストールするリリースが新しいシステム イメージを必要としない場合は、フラッシュ メモリに書き込む必要がないこともあります。新しいバージョンに変更が加えられており、そのために、新しいシステム イメージをインストールする必要がある場合は、install コマンドによって、フラッシュ メモリへの書き込みが実行される場合があります。


次の例は、 wae511-cache-300.bin ファイルに格納されたシステム イメージをロードします。

WAE# install wae511-cache-300.bin

 
関連コマンド

copy disk

reload

less

LESS アプリケーションを使用するファイルを表示するには、 less EXEC コマンドを使用します。

less file_name

 
シンタックスの説明

file_name

表示するファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

LESS は、テキスト ファイルを一度に 1 ページずつ表示するアプリケーションです。LESS を使用してファイルの内容を表示できます。ただし、編集はできません。LESS は、type などの従来のテキスト ファイル ビューア アプリケーションと比較した場合、追加機能を備えています。追加機能は次のとおりです。

後方移動 ― 表示されたテキストの後方に移動できます。後方移動には、 k Ctrl-k y Ctrl-y を使用します。詳細は LESS コマンドの要約を参照してください。要約を表示するには、LESS でファイルを表示中に h または H を押します。

検索および強調表示 ― 表示しているファイル内のテキストを検索できます。前方と後方に検索ができます。LESS では検索に一致するテキストを強調表示して、一致している位置を見つけやすくします。

複数ファイルのサポート ― LESS では、異なるファイル間で切り替えができ、各ファイルでの位置を記憶しています。処理している全ファイルにまたがって検索を行うこともできます。

LESS アプリケーションを使用する syslog.txt ファイルのテキストを表示するには、次のコマンドを入力します。

WAE# less syslog.txt

lls

ディレクトリ名の長いリストを表示するには、 lls EXEC コマンドを使用します。

lls [ directory ]

 
シンタックスの説明

directory

(任意)長いファイル リストを表示するディレクトリの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、現在の作業ディレクトリに格納されているファイルとサブディレクトリに関する詳細な情報(サイズ、作成の日付時刻、SYSFS名、ファイルのロング ネームなど)を提供します。この情報は、dirコマンドでも表示できます。

次の例は、現在のディレクトリ内のすべてのファイルの詳細リストを提供します。

WAE# lls
size time of last change name
-------------- ------------------------- -----------
4096 Fri Feb 24 14:40:00 2006 <DIR> actona
4096 Tue Mar 28 14:42:44 2006 <DIR> core_dir
4096 Wed Apr 12 20:23:10 2006 <DIR> crash
4506 Tue Apr 11 13:52:45 2006 dbupgrade.log
4096 Tue Apr 4 22:50:11 2006 <DIR> downgrade
4096 Sun Apr 16 09:01:56 2006 <DIR> errorlog
4096 Wed Apr 12 20:23:41 2006 <DIR> logs
16384 Thu Feb 16 12:25:29 2006 <DIR> lost+found
4096 Wed Apr 12 03:26:02 2006 <DIR> sa
24576 Sun Apr 16 23:54:30 2006 <DIR> service_logs
4096 Thu Feb 16 12:26:09 2006 <DIR> spool
9951236 Sun Apr 16 23:54:20 2006 syslog.txt
10026298 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.1
10013564 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.2
10055850 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.3
10049181 Thu Apr 6 12:25:00 2006 syslog.txt.4
4096 Thu Feb 16 12:29:30 2006 <DIR> var
508 Sat Feb 25 13:18:35 2006 wdd.sh.signed

 
関連コマンド

dir

lls

ls

ls

ディレクトリ内のファイル名やサブディレクトリ名のリストを表示するには、 ls EXEC コマンドを使用します。

ls [ directory ]

 
シンタックスの説明

directory

(任意)ファイル リストを表示するディレクトリの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

特定のディレクトリ内のファイル名やサブディレクトリをリストするには、ls directory コマンドを使用します。

現在の作業ディレクトリのファイル名やサブディレクトリをリストするには、ls コマンドを使用します。

現在の作業ディレクトリを表示するには、pwd コマンドを使用します。

次の例は、ルート ディレクトリ内でリストされたファイルとサブディレクトリを示します。

WAE# ls
actona
core_dir
crash
dbupgrade.log
downgrade
errorlog
logs
lost+found
sa
service_logs
spool
syslog.txt
syslog.txt.1
syslog.txt.2
syslog.txt.3
syslog.txt.4
var
wdd.sh.signed

 
関連コマンド

dir

lls

pwd

mkdir

ディレクトリを作成するには、 mkdir EXEC コマンドを使用します。

mkdir directory

 
シンタックスの説明

directory

作成するディレクトリの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して、WAAS ファイル システムに新しいディレクトリまたはサブディレクトリを作成します。

次の例では、新しいディレクトリ oldpaxfiles を作成する方法を示します。

WAE# mkdir /oldpaxfiles

 
関連コマンド

cpfile

dir

lls

ls

pwd

rename

rmdir

mkfile

新しいファイルを作成するには、 mkfile EXEC コマンドを使用します。

mkfile filename

 
シンタックスの説明

filename

作成するファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して、WAAS デバイスの任意のディレクトリに新しいファイルを作成します。

次の例では、ルート ディレクトリに新しいファイル traceinfo を作成する方法を示します。

WAE# mkfile traceinfo

 
関連コマンド

cpfile

dir

lls

ls

mkdir

pwd

rename

ntpdate

NTP サーバを使用して WAAS デバイスのソフトウェア クロック(日付時刻)を設定するには、 ntpdate EXEC コマンドを使用します。

ntpdate { hostname | ip-address }

 
シンタックスの説明

hostname

NTP ホスト名

ip-address

NTP サーバ IP アドレス

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

NTP を使用して現在の時刻を検出し、WAAS デバイスの現在時刻を一致するように設定します。時刻は、リロード後復元する予定の場合は、 clock save コマンドを使用してハードウェア クロックに保存する必要があります。

次の例では、NTP サーバを使用して WAAS デバイスのソフトウェア クロックを設定する方法を示します。

WAE# ntpdate 10.11.23.40

 
関連コマンド

clock

(config) clock

show clock

show ntp

ping

ネットワーク上の基本ネットワーク接続を診断する目的でエコー パケットを送信するには、 ping EXEC コマンドを使用します。

ping { hostname | ip-address }

 
シンタックスの説明

hostname

ping を実行するシステムのホスト名

ip-address

ping を実行するシステムの IP アドレス

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

引数 hostname を指定してこのコマンドを使用するには、WAAS デバイスに DNS 機能が設定されていることを確認してください。応答のないホストを強制的にタイムアウトする場合、またはループ サイクルを解除する場合は、 Ctrl-C を押します。

次の例は、アドレスが 172.19.131.189 のマシンにエコー パケットを送信して、ネットワーク上でのそのアベイラビリティを確認する方法を示します。

WAE# ping 172.19.131.189
PING 172.19.131.189 (172.19.131.189) from 10.1.1.21 : 56(84) bytes of
data.
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=0 ttl=249 time=613 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=1 ttl=249 time=485 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=2 ttl=249 time=494 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=3 ttl=249 time=510 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=4 ttl=249 time=493 usec
 
--- 172.19.131.189 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max/mdev = 0.485/0.519/0.613/0.047 ms
WAE#

pwd

WAAS デバイスの現在の作業ディレクトリを表示するには、 pwd EXEC コマンドを使用します。

pwd

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用して、WAAS デバイスの現在の作業ディレクトリを表示させます。

次の例は、現在の作業ディレクトリを表示する方法を示します。

WAE# pwd
/local1

 
関連コマンド

cd

dir

lls

ls

reload

WAAS デバイスを停止してコールド リスタートを実行するには、 reload EXEC コマンドを使用します。

reload [force]

 
シンタックスの説明

force

(任意)追加要求なしでリブートを強制実行させます。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS デバイスをリブートするには、 reload コマンドを使用します。フラッシュ メモリに設定が保存されていない場合は、再起動時にコンフィギュレーション パラメータの入力を要求されます。開いている接続がある場合は、このコマンドを発行するとドロップされ、ファイル システムは再起動時に再フォーマットされます。

次の例は、WAAS デバイスの動作を停止させ、フラッシュ メモリに保存されている設定でリブートする方法を示します。プロセス中に確認のプロンプトは出ません。

WAE# reload force

 
関連コマンド

write

rename

WAAS デバイスのファイルの名前を変更するには、 rename EXEC コマンドを使用します。

rename oldfilename newfilename

 
シンタックスの説明

oldfilename

元のファイル名

newfilename

新しいファイル名

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用して、ファイルのコピーを作成しないで SYSFS ファイルの名前を変更します。

次の例では、ファイル名を errlog.txt から old_errlog.txt に変更する方法を示します。

WAE# rename errlog.txt old_errlog.txt

 
関連コマンド

cpfile

restore

デバイスを工場出荷時のデフォルト状態に戻し、ディスクとフラッシュ メモリからユーザ データを削除するには、 restore EXEC コマンドを使用します。

restore {factory-default [preserve basic-config] | rollback}

 
シンタックスの説明

factory-default

デバイス コンフィギュレーションおよびデータを工場出荷時のデフォルト状態にリセットします。

preserve

(任意)デバイスの設定とデータの一部を保存します。

basic-config

(任意)基本ネットワーク コンフィギュレーションを選択します。

rollback

直前に機能していたソフトウェアおよびデバイス コンフィギュレーションに設定をロールバックします。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して、特定のタイムスタンプ評価データを保存しながら、ディスク上およびフラッシュ メモリ内のデータを工場出荷時のデフォルトに復元したり、直前に機能していたデータおよびデバイス コンフィギュレーションに設定をロールバックします。

このコマンドは、デバイス上にある既存のコンテンツをすべて消去します。ただし、ネットワーク コンフィギュレーションは保存されており、リブート後、Telnet および Secure Shell(SSH; セキュア シェル)セッションを介してアクセス可能です。

Central Manager データベースのバックアップ

プライマリ WAAS Central Manager で restore factory-default コマンドを使用する、またはプライマリからスタンバイ WAAS Central Manager に切り替える前に必ず、WAAS Central Manager データベースをバックアップし、バックアップ ファイルを WAAS Central Manager から離れた安全な場所にコピーしてください。WAAS Central Manager の動作を停止してから、バックアップおよび復元コマンドを始める必要があります。


注意 このコマンドは、フラッシュ イメージに保存されているユーザ指定の設定を消去し、ディスクやユーザ定義のディスク パーティション上のデータ、およびCentral Manager データベース全体を削除します。削除されるユーザ定義のディスク パーティションには、SYSFS、WAAS、および PRINTSPOOLFS パーティションが含まれます。削除される設定には、デバイスの起動設定が含まれます。

WAAS Central Manager データベースを削除することによって、WAAS ネットワーク全体のすべての設定記録が削除されます。有効なバックアップ ファイルまたはスタンバイ WAAS Central Manager がない場合、以前に設定したデータはすべて失われるので、すべての WAE を WAAS Central Manager に登録する必要があります。

プライマリ Central Manager を再設定しながらスタンバイ WAAS Central Manager を使用してデータベースを保存した場合は、以前のプライマリを新しいスタンバイ WAAS Central Manager として登録するだけで済みます。

プライマリ WAAS Central Manager を設定しながらバックアップ ファイルを作成している場合は、バックアップ ファイルをこの新たに再設定された WAAS Central Manager にコピーできます。

設定のロールバック

restore rollback コマンドを使用して、WAAS デバイスのソフトウェアと設定を以前のバージョンにロールバックできます。ソフトウェアのロールバックは、通常、新たにインストールしたバージョンの WAAS ソフトウェアが正常に機能しない場合だけです。

restore rollback コマンドは最後に保存された WAAS.bin イメージをシステム ディスクにインストールします。ソフトウェア インストール中に WAAS.bin イメージが作成され、システム ディスクに保存されます。WAAS デバイスに保存されたバージョンがない場合は、ソフトウェアはロールバックされません。


) WAFS から WAAS への移行はサポートされていますが、WAAS から WAFS へのロールバックはサポートされていません。


次の 2 つの例は、 restore factory-default および restore factory-default preserve basic-config コマンドを使用する方法を示します。コンフィギュレーション パラメータとデータが失われるため、復元操作の前にプロンプトが示され、処理を進めて良いか確認を取ります。

WAE# restore factory-default
This command will wipe out all of data on the disks
and wipe out WAAS CLI configurations you have ever made.
If the box is in evaluation period of certain product,
the evaluation process will not be affected though.
 
It is highly recommended that you stop all active services
before this command is run.
 
Are you sure you want to go ahead?[yes/no]
 
WAE# restore factory-default preserve basic-config
This command will wipe out all of data on the disks
and all of WAAS CLI configurations except basic network
configurations for keeping the device online.
The to-be-preserved configurations are network interfaces,
default gateway, domain name, name server and hostname.
If the box is in evaluation period of certain product,
the evaluation process will not be affected.
 
It is highly recommended that you stop all active services
before this command is run.
 
Are you sure you want to go ahead?[yes/no]

) この時点、またはあとでコマンドライン インターフェイスの入力を通じて、基本のコンフィギュレーション パラメータ(IP アドレス、ホスト名、ネーム サーバなど)を入力できます。


次の例では、 restore コマンドの使用後 show disks details コマンドを入力し、 restore コマンドによって、データがパーティション化されたファイルシステム、SYSFS、WAAS、および PRINTSPOOLFS から削除されたことを確認します。

WAE# show disks details
 
Physical disk information:
 
disk00: Normal (h00 c00 i00 l00 - DAS) 140011MB(136.7GB)
disk01: Normal (h00 c00 i01 l00 - DAS) 140011MB(136.7GB)
 
 
Mounted filesystems:
 
MOUNT POINT TYPE DEVICE SIZE INUSE FREE USE%
/ root /dev/root 35MB 30MB 5MB 85%
/swstore internal /dev/md1 991MB 333MB 658MB 33%
/state internal /dev/md2 3967MB 83MB 3884MB 2%
/disk00-04 CONTENT /dev/md4 122764MB 33MB 122731MB 0%
/local/local1 SYSFS /dev/md5 3967MB 271MB 3696MB 6%
.../local1/spool PRINTSPOOL /dev/md6 991MB 16MB 975MB 1%
/sw internal /dev/md0 991MB 424MB 567MB 42%
 
 
Software RAID devices:
 
DEVICE NAME TYPE STATUS PHYSICAL DEVICES AND STATUS
/dev/md0 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/00[GOOD] disk01/00[GOOD]
/dev/md1 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/01[GOOD] disk01/01[GOOD]
/dev/md2 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/02[GOOD] disk01/02[GOOD]
/dev/md3 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/03[GOOD] disk01/03[GOOD]
/dev/md4 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/04[GOOD] disk01/04[GOOD]
/dev/md5 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/05[GOOD] disk01/05[GOOD]
/dev/md6 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/06[GOOD] disk01/06[GOOD]
Currently content-filesystems RAID level is not configured to change.
 

次の例では、WAAS ソフトウェアをアップグレードまたは古いバージョンに戻す方法を示します。最初の例では、バージョン Y のソフトウェアがインストールされています( copy コマンドを使用)が、管理者がまだ切り替えていないので、現在のバージョンはまだ X のままです。このあと、システムはリロードされ( reload コマンドを使用)、バージョン Y が現在稼働するバージョンであることを確認します。

最後の例では、ソフトウェアがバージョン X にロールバックされ( restore rollback コマンドを使用)、ソフトウェアが再度リロードされます。

WAE# copy ftp install server path waas.versionY.bin
WAE# show version
Cisco Wide Area Application Services Software (WAAS)
Copyright (c) 1999-2006 by Cisco Systems, Inc.
Cisco Wide Area Application Services Software Release 4.0.0 (build b340 Mar 25 2
006)
Version: fe611-4.0.0.340
 
Compiled 17:26:17 Mar 25 2006 by cnbuild
 
System was restarted on Mon Mar 27 15:25:02 2006.
The system has been up for 3 days, 21 hours, 9 minutes, 17 seconds.
 
WAE# show version last
Nothing is displayed.
WAE# show version pending
WAAS 4.0.1 Version Y
WAE# reload
...... reloading ......
WAE# show version
Cisco Wide Area Application Services Software (WAAS)
...
WAE# restore rollback
WAE# reload
...... reloading ......
 

フラッシュ メモリの設定は restore コマンドの実行後失われているため、 show startup-config コマンドでは、フラッシュ メモリのデータは何も返されません。 show running-config コマンドは、デフォルトの実行コンフィギュレーションを返します。

 
関連コマンド

reload

show disks

show running-config

show startup-config

show version

rmdir

WAAS デバイスのディリクトリを削除するには、 rmdir EXEC コマンドを使用します。

rmdir directory

 
シンタックスの説明

directory

削除するディレクトリの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して WAAS ファイルシステムからディレクトリを削除します。 rmdir コマンドは空のディレクトリしか削除できません。

次の例は、 local1 ディレクトリから oldfiles ディレクトリを削除する方法を示します。

WAE# rmdir /local1/oldfiles

 
関連コマンド

cpfile

dir

lls

ls

mkdir

pwd

rename

scp

ネットワーク ホスト間でファイルをコピーするには、 scp コマンドを使用します。

scp [ 1 ][ 2 ][ 4 ][ 6 ][ B ][ C ][ p ][ q ][ r ][ v ] [c cipher ] [F config-file ] [i id-file ] [l limit ]
[o ssh_option ] [P port ] [S program ] [[ user @ ] host : file ] [...] [[ user-n @] host-n : file-n ]

 
シンタックスの説明

1

(任意)このコマンドでプロトコル 1 を強制的に使用します。

2

(任意)このコマンドでプロトコル 2 を強制的に使用します。

4

(任意)このコマンドで IPv4 アドレスのみを強制的に使用します。

6

(任意)このコマンドで IPv6 アドレスのみを強制的に使用します。

B

(任意)バッチ モードを指定します。このモードでは、 scp コマンドはパスワードまたはパスフレーズの入力を要求しません。

C

(任意)圧縮をイネーブルにします。 scp コマンドはこのオプションを ssh コマンドに渡し、圧縮をイネーブルにします。

p

(任意)ソース ファイルから、修正時刻、アクセス時刻、およびモードを保存します。

q

(任意)進捗情報の表示をディセーブルにします。

r

(任意)ディレクトリとそのコンテンツを繰り返しコピーします。

v

(任意)詳細なモードを指定します。 scp コマンドと ssh コマンドにその進行についてのデバッグ メッセージをプリントさせます。このオプションは、接続、認証、設定問題のトラブルシューティングに役立ちます。

c

(任意)コピー元のデータの暗号化に使用する暗号を指定します。 scp コマンドはこのオプションを ssh コマンドにそのまま渡します。

cipher

コピー元のデータの暗号化に使用する暗号

F

(任意)Secure Shell(SSH)の別のユーザごとの設定ファイルを指定します。 scp コマンドはこのオプションを ssh コマンドにそのまま渡します。

config-file

コンフィギュレーション ファイルの名前

i

(任意)RSA 認証の秘密鍵が格納されているファイルを指定します。 scp コマンドはこの情報を ssh コマンドにそのまま渡します。

id-file

RSA 認証の秘密鍵が格納されているファイルの名前

l

(任意)帯域幅の使用を制限します。

limit

ファイルのコピーに使用する帯域幅(kbps)

o

(任意)オプションを ssh_config5 で使用されるフォーマットで ssh コマンドに渡します。

ssh_option

利用できるオプションの詳細は、 ssh コマンドを参照してください。

P

(任意)リモート ホスト上の接続先ポートを指定します。

port

リモート ホスト上の接続先ポート

S

(任意)暗号化接続に使用するプログラムを指定します。

program

暗号化接続に使用するプログラムの名前

user

(任意)ユーザ名

host

(任意)ホスト名

file

(任意)コピーするファイルの名前

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

scp コマンドはホスト間のデータ転送に SSH を使用します。

このコマンドは、認証に必要な場合、パスワードまたはパス フレーズの入力を要求します。

 
関連コマンド

ssh

script

シスコが提供するスクリプトを実行するか、エラーがないかスクリプトを確認するには、 script EXEC コマンドを使用します。

script {check | execute} file_name

 
シンタックスの説明

check

スクリプトの有効性を確認します。

execute

スクリプトを実行します。スクリプト ファイルは、現在のディレクトリの SYSFS ファイルである必要があります。

file_name

スクリプト ファイルの名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

script EXEC コマンドはスクリプト ユーティリティを開き、これにより、シスコが提供するスクリプトを実行するか、このスクリプト内のエラーを確認できます。スクリプト ユーティリティは、実行するスクリプトがユーザからの入力を必要とする場合は、ユーザからの標準端末入力を読み込めます。


) スクリプト ユーティリティは、シスコが提供するスクリプトだけを実行するように設計されています。シスコのシグニチャがないスクリプト ファイルや、破損または変更されたスクリプト ファイルは実行できません。


次の例は、スクリプト ファイル test_script.pl にエラーがないか確認する方法を示します。

WAE# script check test_script.pl
 

setup

WAAS デバイスの基本構成設定(一般設定、デバイス ネットワーク コンフィギュレーション、およびディスク コンフィギュレーション)を設定する、または WAAS ソフトウェアへのアップグレード後に基本設定を完了するには、 setup EXEC コマンドを使用します。

setup

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

setup コマンドの使用方法は、『 Cisco Wide Area Application Services Quick Configuration Guide 』を参照してください。

次の例は、WAAS ソフトウェアを実行している WAAS デバイスで、 setup EXEC コマンドを実行したときの、ウィザードの最初の画面を示します。

WAE# setup
Please choose an interface to configure from the following list:
1: GigabitEthernet 1/0
2: GigabitEthernet 2/0
 
Enter choice:
 
.
.
.
Press the ESC key at any time to quit this session
 

show aaa accounting

WAAS デバイスの Authentication, Authorization, Accounting(AAA; 認証、許可、アカウンティング)アカウンティング設定情報を表示するには、 show aaa accounting EXEC コマンドを使用します。

show aaa accounting

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用し、次の AAA アカウンティング タイプの設定設定を表示します。

Exec シェル

コマンド(標準ユーザおよびスーパーユーザ)

システム

表3-1 では、 show aaa accounting 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-1 show aaa accounting コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Accounting Type

次のユーザ アカウント タイプの AAA アカウンティング設定を表示します。

Exec
コマンド レベル 0
コマンド レベル 15
システム

Record Event(s)

アカウンティング サーバに送信される AAA アカウンティング通知の設定を表示します。

stop-only

WAAS デバイスは、指定されたアクティビティまたはイベントの終了時に、停止レコード アカウンティング通知を TACACS+ アカウンティング サーバへ送信します。

start-stop

WAAS デバイスは、イベントの開始時に開始レコード アカウンティング通知を、イベントの終了時に停止レコード アカウンティング通知をTACACS+ アカウンティング サーバへ送信します。

アカウンティング開始記録はバックグラウンドで送信されます。TACACS+ アカウンティング サーバがアカウンティング開始レコードを確認応答したかどうかに関係なく、要求されたユーザ サービスが開始されます。

wait-start

WAAS デバイスは、開始および停止のアカウンティング レコード両方を TACACS+ アカウンティング サーバに送信します。ただし、要求されたユーザ サービスは、アカウンティング開始レコードが確認応答されるまで開始されません。アカウンティング停止レコードも送信されます。

disabled

指定されたイベントでは、アカウンティングはディセーブルです。

Protocol

設定されたアカウンティング プロトコルを表示します。

 
関連コマンド

cd

show adapter

EndPoint Mapper(EPM)アダプタのステータスと設定を表示するには、 show adapter EXEC コマンドを使用します。

show adapter epm

 
シンタックスの説明

epm

Microsoft PortMapper アダプタを指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、WAE application-accelerator アプライアンスで有効です。Central Manager(CM)アプライアンスでは有効ではありません。

表3-2 では、show adapter epm 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-2 show adapter epm コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

EPM (MS-PortMapper) adapter is enabled.

EPM アダプタの設定ステータス

EPM (MS-PortMapper) adapter is disabled.

 
関連コマンド

(config) adapter

show statistics epm

show alarms

WAAS デバイスで各種のアラーム、そのステータス、および履歴を表示するには、 show alarms EXEC コマンドを使用します。

show alarms [critical [detail [support]] | detail [support] | history [ start_num [ end_num [detail [support]]] | critical [ start_num [ end_num [detail [support]]]] | detail [support] | major [ start_num [ end_num [detail [support]]]] | minor [ start_num [ end_num [detail [support]]]]] | detail [support] | major [detail [support]] | minor [detail [support]] | status]

 
シンタックスの説明

critical

(任意)クリティカル アラーム情報を表示します。

detail

(任意)各アラームの詳細情報を表示します。

support

(任意)各アラームの追加情報を表示します。

history

(任意)さまざまなアラームの履歴に関する情報を表示します。

start_num

(任意)アラーム履歴の最初に出現するアラーム番号

end_num

(任意)アラーム履歴の最後に出現するアラーム番号

major

(任意)メジャー アラームに関する情報を表示します。

minor

(任意)マイナー アラームに関する情報を表示します。

status

(任意)さまざまなアラームのステータスとアラーム オーバーロード設定を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS ソフトウェアの Node Health Manager により、WAAS アプリケーションはアラームを発生させ、エラーまたは注意を要する状態であることを教えます。Node Health Manager は、このようなアラームのデータ リポジトリであり、WAAS デバイスでモニタされるアプリケーション、サービスおよびリソース(ディスク ドライブなど)のヘルスおよびアラーム情報を集約します。たとえば、この機能により、WAE が大量のアラームを受信しているかどうかを判別するメカニズムが提供されます。このようなアラームは「WAAS ソフトウェア アラーム」と呼ばれます。

WAAS ソフトウェアは、SNMP トラップを生成することにより、SNMP を使ってエラー状態を通知します。次の WAAS アプリケーションは、WAAS ソフトウェア アラームを生成できます。

Node Health Manager(アラーム過負荷状態)

System Monitor(sysmon)(ディスク障害用)

WAAS ソフトウェアには次の 3 つのアラーム レベルがあります。

クリティカル ― WAE を介して既存のトラフィックに影響を与えるアラームで、致命的とみなされる(WAE は回復して、トラフィックを処理し続けることができません)。

メジャー ― 主要なサービス(たとえば、キャッシュ サービス)が損傷したか失われたことを示すアラーム。このサービスを復元するには緊急の対策が必要です。ただし、他のノード コンポーネントは完全に機能するため、既存のサービスに対する影響は最小限です。

マイナー ― サービスに影響を与えない状況が発生しているが、重大な障害が発生しないように処置が必要なことを示すアラーム。

snmp-server enable traps alarms グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、アラームを設定できます。

show alarms critical EXEC コマンドを使用すると、WAAS ソフトウェア アプリケーションによって生成されている現在のクリティカル アラームを表示できます。 show alarms critical detail EXEC コマンドを使用すると、生成されている各クリティカル アラームの追加の詳細情報を表示できます。アラームが発生した状況に関する説明と問題の原因を検出する方法は、 show alarms critical detail support EXEC コマンドを使用すると、表示されます。同様に、メジャーおよびマイナー アラームの詳細情報も、 show alarms major および show alarms minor EXEC コマンドを使用して表示できます。

ソフトウェアが最後にリロードされてから WAAS デバイス上で WAAS ソフトウェアによって生成され、クリアされたアラームの履歴を表示するには、 show alarms history EXECコマンドを使用します。WAAS ソフトウェアは、直近の 100 個のアラーム生成およびクリア イベントだけを保持できます。

現在のアラームのステータス、WAAS デバイスのアラーム過負荷状態およびアラーム過負荷設定を表示するには、 show alarms status EXEC コマンドを使用します。

表3-3 では、 show alarms history 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-3 show alarms history コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Op

アラームの動作ステータス。値は、R-Raised または C-Cleared です。

Sev

アラームの重大度。値は、Cr-Critical、Ma-Major、または Mi-Minor です。

Alarm ID

アラームの原因となるイベント タイプ。たとえば、wafs_edge_down、wafs_core_down です。

Module/Submodule

影響を受けたソフトウェア モジュール。たとえば、wafs です。

Instance

このアラームが関連付けられたオブジェクト。たとえば、Alarm ID disk_failed のあるアラーム イベントの場合、インスタンスは障害の発生したディスクの名前になります。Instance フィールドでは値を事前に定義しません。これはアプリケーション固有です。

表3-4 では、 show alarms status 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-4 show alarms status コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Critical Alarms

クリティカル アラーム数

Major Alarms

メジャー アラーム数

Minor Alarms

マイナー アラーム数

Overall Alarm Status

アラーム ステータスを集約します。

Device is NOT in alarm overload state.

デバイス アラーム過負荷状態のステータス

Device enters alarm overload state @ 999 alarms/sec.

デバイスがアラーム過負荷状態になる場合の秒単位のアラーム数のしきい値

Device exits alarm overload state @ 99 alarms/sec.

デバイスがアラーム過負荷状態を終了する場合の秒単位のアラーム数のしきい値

Overload detection is ENABLED.

デバイス上で過負荷状態の検出がイネーブルであるかどうかのステータス

 
関連コマンド

(config) alarm overload-detect

(config) snmp-server enable traps

show arp

WAAS デバイスの ARP テーブルを表示するには、 show arp EXEC コマンドを使用します。

show arp

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)のインターネットからイーサネットへのアドレス変換テーブルを表示するには、 show arp コマンドを使用します。フラグがない場合は、ホスト名の現在の ARP エントリが表示されます。

表3-5 では、 show arp 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-5 show arp コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Protocol

プロトコルのタイプ

Address

ホスト名の IP アドレス

Flags

現在の ARP フラグ ステータス

Hardware Addr

コロンで区切られた 6 個の 16 進バイトで示されるハードウェア IP アドレス

Type

ワイドエリア ネットワークのタイプ

Interface

インターフェイスの名前およびスロット/ポート情報

show authentication

WAAS デバイスの認証設定を表示するには、 show authentication EXEC コマンドを使用します。

show authentication {user | content-request }

 
シンタックスの説明s

user

システムにログインするユーザの認証設定を表示します。

content-request

切断モードでのコンテンツ要求認証の設定情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS デバイスが、NTLM、LDAP、TACACS+、RADIUS、または Windows ドメイン サーバを介してユーザを認証すると、認証の記録がローカルに保存されます。そのエントリが保存されている限り、同一ユーザによる制限されたインターネット コンテンツへのその後のアクセスで、再度サーバをルックアップする必要はありません。ユーザ ログインに対するローカルおよびリモートの認証設定を表示するには、 show authentication user EXEC コマンドを使用します。

切断モードでコンテンツ要求認証の設定情報を表示するには、 show authentication content-request EXEC コマンドを使用します。

表3-6 では、 show authentication user 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-6 show authentication user コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Login Authentication:
Console/Telnet/Ftp/SSH Session

ログイン認証に対してイネーブルになる認証サービスとサービスの設定ステータスを表示します。

Windows domain

認証サービスの動作ステータス。 値は enabled または disabled です。

各認証サービスのプライオリティ ステータス。値は、primary、secondary、または tertiary です。

RADIUS

TACACS+

Local

Configuration Authentication:
Console/Telnet/Ftp/SSH Session

設定認証に対してイネーブルになる認証サービスとサービスの設定ステータスを表示します。

Windows domain

認証サービスの動作ステータス。 値はイネーブルまたはディセーブルです。

各認証サービスのプライオリティ ステータス。値は、primary、secondary、または tertiary です。

RADIUS

TACACS+

Local

表3-7 では、 show authentication content-request 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-7 show authentication content-request コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

The content request authentication in disconnected mode is XXX.

切断モードでのコンテンツ要求認証の動作ステータス。 値はイネーブルまたはディセーブルです。

 
関連コマンド

(config) authentication

clear

show statistics authentication

show auto-register

WAEの自動登録機能のステータスを表示するには、 show auto-register EXEC コマンドを使用します。

show auto-register

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

表3-8 に、 show auto-register 表示の出力について説明します。

 

表3-8 show auto-register コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Auto registration is enabled.

自動登録機能の設定ステータス

Auto registration is disabled.

 
関連コマンド

(config) auto-register

show banner

Message of the Day(MOTD; 日付メッセージ)、ログイン、EXEC バナーの設定を表示するには、 show banner EXEC コマンドを使用します。

show banner

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-9 では、 show banner 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-9 show banner コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Banner is enabled.

バナー機能の設定ステータス

MOTD banner is:abc

(日付メッセージ)その日に設定されたメッセージを表示します。

Login banner is:acb

設定されたログイン バナーを表示します。

Exec banner is:abc

設定された EXEC バナーを表示します。

 
関連コマンド

(config) auto-register

show bypass

WAE の静的バイパス設定情報を表示するには、 show bypass EXEC コマンドを使用します。

show bypass list

 
シンタックスの説明

list

バイパス リスト エントリを表示します。最大 50 です。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

静的バイパス エントリの最大数は 50 です。

表3-10 では、 show bypass list 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-10 show bypass list コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Client

クライアントの IP アドレスおよびポート。この IP アドレスのあるクライアントの場合、WAE はパケットを処理しませんが、パケットをバイパスしてルータに送信します。

Server

サーバの IP アドレスおよびポート

Entry type

バイパス リスト エントリのタイプ。Entry type には、static-config、auth-traffic、server-error、または accept のいずれかの値が含まれます。

static-config エントリは、ユーザ設定であるバイパス リスト エントリです。auth-traffic エントリは、サーバが認証を要求したときに内部ソフトウェアが自動的に追加するダイナミック エントリのタイプです。

 
関連コマンド

(config) bypass

show cdp

CDP 設定情報を表示するには、 show cdp EXEC コマンドを使用します。

show cdp [entry neighbor [protocol | version [protocol]] | holdtime | interface [FastEthernet slot/port | GigabitEthernet slot/port ] | neighbors [detail | FastEthernet slot/port [detail] | GigabitEthernet slot/port [detail]] | run | timer | traffic]

 
シンタックスの説明

entry

(任意)特定のネイバー エントリの情報を表示します。

neighbor

CDP ネイバー エントリの名前

protocol

(任意)CDP プロトコル情報を表示します。

version

(任意)CDP のバージョンを表示します。

holdtime

(任意)CDP 情報がネイバーによって保持される時間の長さを表示します。

interface

(任意)インターフェイスのステータスと設定を表示します。

FastEthernet

(任意)ファスト イーサネット設定を表示します。

slot/port

ファスト イーサネット スロット(0 ~ 3)およびポート番号

GigabitEthernet

(任意)ギガビット イーサネット設定を表示します。

slot/port

ギガビット イーサネット スロット(1 ~ 2)およびポート番号

neighbors

(任意)CDP ネイバー エントリを表示します。

detail

(任意)詳細なネイバー エントリ情報を表示します。

FastEthernet

(任意)ネイバー ファスト イーサネット情報を表示します。

slot/port

ネイバー ファスト イーサネット スロット(0 ~ 3)およびポート番号

detail

詳細なネイバー ファスト イーサネット ネットワーク情報を表示します。

GigabitEthernet

(任意)ネイバー ギガビット イーサネット情報を表示します。

slot/port

ネイバー ギガビット イーサネット スロット(1 ~ 2)およびポート番号

detail

(任意)詳細なギガビット イーサネット ネイバー ネットワーク情報を表示します。

run

(任意)CDP プロセスのステータスを表示します。

timer

(任意)CDP 情報がネイバーに再送信される時間を表示します。

traffic

(任意)CDP 統計情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

show cdp コマンドは、CDP パケットがネイバーに再送信される頻度、ネイバーによって CDP パケットが保持される時間、CDP バージョン 2 マルチキャスト アドバタイズのディセーブル化したステータス、CDP イーサネット インターフェイス ポート、CDP トラフィックの概要などの情報を表示します。

表3-11 では、 show cdp 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-11 show cdp コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Sending CDP packets every XX seconds

CDP アドバタイズメントの送信間隔(秒)。このフィールドは、 cdp timer コマンドによって制御されます。

Sending a holdtime value of XX seconds

デバイスがネイバーに対し、CDP アドバタイズメントを廃棄するまで保持するよう指示する時間(秒)。このフィールドは、 cdp holdtime コマンドによって制御されます。

Sending CDPv2

advertisements is XX

CDP Version-2 タイプ アドバタイズメントを送信するための送信ステータス。可能な値は enabled または disabled です。

表3-12 では、 show cdp entry neighbor 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-12 show cdp entry コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Device ID

近接デバイスの名前と、このデバイスの MAC(メディア アクセス制御)アドレスまたはシリアル番号

Entry address (es)

IP address

近接デバイスの IP アドレス

CLNS address

非 IP ネットワーク アドレス。ネイバー タイプによって異なります。

DECnet address

非 IP ネットワーク アドレス。ネイバー タイプによって異なります。

Platform

近接デバイスの製品名および製品番号

Interface

接続メディアが使用するプロトコル

Port ID (outgoing port)

近接デバイス上のポートのポート番号

Capabilities

近接デバイス上で検出された機能コード。これは、CDP Neighbors テーブルで示すデバイスのタイプです。可能な値は次のとおりです。

R ― ルータ

T ― 透過的なブリッジ

B ― 送信元ルーティング ブリッジ

S ― スイッチ

H ― ホスト

I ― IGMP デバイス

R ― リピータ

Holdtime

現在のデバイスが、送信ルータからの CDP アドバタイズメントを廃棄するまで保持する時間(秒)

Version

近接デバイス上で動作するソフトウェアのバージョン

表3-13 では、 show cdp entry neighbor protocol 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-13 show cdp entry protocol コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Protocol information for XX

近接デバイスの名前または ID

IP address

近接デバイスの IP アドレス

CLNS address

非 IP ネットワーク アドレス。ネイバー タイプによって異なります。

DECnet address

非 IP ネットワーク アドレス。ネイバー タイプによって異なります。

表3-14 では、 show cdp entry neighbor version 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-14 show cdp entry version コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Version information for XX

近接デバイスの名前または ID

Software, Version

近接デバイス上で動作するソフトウェアのバージョン

Copyright

近接デバイスの著作権情報

表3-15 では、 show cdp holdtime 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-15 show cdp holdtime コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

XX seconds

現在のデバイスが、送信ルータからの CDP アドバタイズメントを廃棄するまで保持する時間(秒)

表3-16 では、 show cdp interface 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-16 show cdp interface コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Interface_slot/port is XX

CDP インターフェイスの動作ステータス。値は up または down です。

CDP protocol is XX

接続メディアが使用するプロトコル

表3-17 では、 show cdp neighbors 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-17 show cdp neighbors コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Device ID

近接デバイスの設定された ID(名前)、MAC アドレス、またはシリアル番号

Local Intrfce

(ローカル インターフェイス)接続メディアが使用するプロトコル

Holdtime

現在のデバイスが、送信ルータからの CDP アドバタイズメントを廃棄するまで保持する時間(秒)

Capability

デバイス上で検出された機能コード。これは、CDP Neighbors テーブルで示すデバイスのタイプです。可能な値は次のとおりです。

R ― ルータ

T ― 透過的なブリッジ

B ― 送信元ルーティング ブリッジ

S ― スイッチ

H ― ホスト

I ― IGMP デバイス

R ― リピータ

Platform

デバイスの製品番号

Port ID (outgoing port)

デバイスのポート番号

表3-18 では、 show cdp neighbors detail 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-18 show cdp neighbors detail コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Device ID

近接デバイスの設定された ID(名前)、MAC アドレス、またはシリアル番号

Entry address (es)

近接デバイスのネットワーク アドレス リスト

Platform

近接デバイスの製品名および製品番号

Capabilities

ネイバーのデバイス タイプ。このデバイスは、ルータ、ブリッジ、透過的なブリッジ、送信元ルーティング ブリッジ、スイッチ、ホスト、IGMP デバイス、またはリピータになることができます。

Interface

接続メディアが使用するプロトコル

Port ID (outgoing port)

近接デバイス上のポートのポート番号

Holdtime

現在のデバイスが、送信ルータからの CDP アドバタイズメントを廃棄するまで保持する時間(秒)

Version

近接デバイス上で動作するソフトウェアのバージョン

Copyright

近接デバイスの著作権情報

advertisement version

CDP アドバタイズメントに使用する CDP のバージョン

VTP Management Domain

VLAN(バーチャル LAN)Trunk Protocol 管理ドメイン。VLAN 情報は、同じドメインの一部であるすべてのスイッチに配信されます。

Native VLAN

ネイバー インターフェイスが所属する VLAN

表3-19 では、 show cdp run 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-19 show cdp run コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

CDP is XX.

CDP がイネーブルかディセーブルかを示します。

表3-20 では、 show cdp timer 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-20 show cdp timer コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

cdp timer XX

CDP 情報をネイバーに再送信する時間

表3-21 では、 show cdp traffic 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-21 show cdp traffic コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Total packets Output

(送信されたパケットの総数)ローカル デバイスによって送信された CDP アドバタイズメントの数。この値は、CDP Version 1 advertisements output フィールドと CDP Version 2 advertisements output フィールドの合計であることに注意してください。

Input

(受信したパケットの総数)ローカル デバイスによって受信された CDP アドバタイズメントの数。この値は、CDP Version 1 advertisements input フィールドと CDP Version 2 advertisements input フィールドの合計であることに注意してください。

Hdr syntax

(ヘッダー構文)ローカル デバイスによって受信された、不良ヘッダーのある CDP アドバタイズメントの数

Chksum error

(チェックサム エラー)チェックサム(確認)動作が着信 CDP アドバタイズメント上で失敗した回数

Encaps failed

(カプセル化の失敗)ローカル デバイスのブリッジ ポートが引き起こした障害によって、CDP がインターフェイス上でアドバタイズメントの送信に失敗した回数

No memory

ローカル デバイスが送信用のアドバタイズメント パケットを組み立てようとしたとき、およびこのパケットの受信時にその解析を試みたときに、ローカル デバイスで、アドバタイズメント キャッシュ テーブルに CDP アドバタイズメントを保管できるだけのメモリがなかった回数

Invalid packet

ローカル デバイスによって送受信された無効な CDP アドバタイズメントの数

Fragmented

完全なアドバタイズメントではなく、1 つの CDP アドバタイズメントのフラグメントまたは部分がローカル デバイスによって受信された回数

CDP version 1 advertisements Output

ローカル デバイスによって送信された CDP バージョン 1 アドバタイズメントの数

Input

ローカル デバイスによって受信された CDP バージョン 1 アドバタイズメントの数

CDP version 2 advertisements Output

ローカル デバイスによって送信された CDP バージョン 2 アドバタイズメントの数

Input

ローカル デバイスによって受信された CDP バージョン 2 アドバタイズメントの数

 
関連コマンド

(config) cdp

(config-if) cdp

clear

show cifs

CIFS 実行時情報を表示するには、 show cifs EXEC コマンドを使用します。

show cifs {auto-discovery [enabled | host-db | last] | cache {disk-use | entry-count} | connectivity peers | mss | requests {count | waiting} | sessions {count | list}}

 
シンタックスの説明

auto-discovery

CIFS 自動検出ステータスおよび実行時データ

enabled

CIFS 自動検出の現在のステートを表示します。

host-db

現在、わかっているホストを表示します。

last

最後の自動検出エントリを表示します。

cache

CIFS キャッシュ情報を表示します。

disk-use

CIFS キャッシュ用のディスクの総使用量を表示します。

entry-count

キャッシュされたファイルおよびディレクトリ エントリのカウント

connectivity

Edge-Core 接続に関する実行時情報を表示します。

peers

接続されたコアのリストを表示します。

mss

CIFS アダプタの TCP Maximum Segment Size(MSS; 最大セグメント サイズ)を表示します。セグメント サイズの範囲は 512 ~ 1460 です。

requests

アクティブな CIFS 要求に関する実行時情報を表示します。

count

保留中の CIFS 要求の数

waiting

待機中の CIFS 要求の数

sessions

アクティブな CIFS セッションに関する実行時情報を表示します。

count

接続されたセッション カウント

list

接続された CIFS セッションのリスト

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

キャッシング効率に関する情報を表示するには、 show cifs cache コマンドを使用します。このコマンドを使用して、キャッシュに十分なスペースがあるか、またはより多くのスペースが必要であるか判断できます。パフォーマンスに問題がある場合、このコマンドを使用してキャッシュがフルであるかどうか判断できます。

WAN リンク ステートと、Edge と Core の接続性を検証するには、 show cifs connectivity peers コマンドを使用します。このコマンドは、一般的なモニタリングとデバッグに利用できます。

CIFS トラフィックの負荷を監視するには、 show cifs requests count または show cifs requests waiting コマンドを使用します。処理されない要求を隔離するため、デバッグ目的でこのコマンドを使用することもできます。

セッション情報を表示するには、 show cifs sessions count または show cifs sessions list コマンドを使用します。ピーク時とオフピーク時に接続されたユーザを監視するために、このコマンドを使用できます。

 
関連コマンド

cifs

show clock

WAAS デバイスのシステム クロックに関する情報を表示するには、 show clock EXEC コマンドを使用します。

show clock [detail | standard-timezones {all | details timezone | regions | zones region-name }]

 
シンタックスの説明

detail

(任意)詳細情報を表示します。クロック ソース(NTP)と現在の夏時間設定(ある場合)を示します。

standard-timezones

(任意)標準時間帯に関する情報を表示します。

all

すべての標準時間帯(約 1500 の時間帯)を表示します。各時間帯を個別の行でリストします。

details

特定の時間帯の詳細情報を表示します。

timezone

時間帯の名前

regions

すべての標準時間帯の地域名を表示します。1500 の時間帯すべてが地域別にディレクトリに編成されています。

zones

指定された地域内のすべての時間帯の名前を表示します。

region-name

地域の名前

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS デバイスには、事前に定義されたいくつかの「標準」時間帯があります。夏時間情報が組み込まれている時間帯もあれば、そうでない時間帯もあります。たとえば、アメリカ合衆国(US)の東部地域にいる場合、夏時間情報を含んだ US/Eastern 時間帯を使用して、システム クロックが毎 4 月および 10 月に自動的に調整されるようにする必要があります。約 1500 の「標準」時間帯名があります。

標準時間帯が設定されている場合、厳密な確認により clock summertime コマンドはディセーブルになります。夏時間は、時間帯が標準時間帯でない(つまり、時間帯が「カスタマイズ」時間帯である)場合にしか設定できません。

show clock standard-timezones all EXEC コマンドにより、すべての標準時間帯を参照し、事前に定義されたこれらの時間帯から選択できます。これにより、標準時間帯の事前に定義された名前と競合しないカスタマイズ名を選択できます。大部分の標準時間帯の事前に定義された名前には、地域名とゾーン名の 2 つの要素があります。時間帯は、地域やゾーンなどいくつかの条件でリストできます。地域別のディレクトリに編成された第 1 レベルの時間帯名をすべて表示するには、 show clock standard-timezones region EXEC コマンドを使用します。

show clock コマンドは現地の日付時刻情報を示し、 show clock detail コマンドはオプションの詳細な日付時刻情報を示します。

表3-22 では、 show clock 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-22 show clock コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Local time

UTC オフセットを基準にした現地時間の曜日、月、日付、時刻(hh:mm:ss)、および年

表3-23 では、 show clock detail 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-23 show clock detail コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Local time

UTC を基準にした現地時間

UTC time

世界標準時の日付および時間

Epoch

1970 年 1 月 1 日以降の秒数

UTC offset

秒、分、時間単位の UTC オフセット

 
関連コマンド

clock

(config) clock

show cms

WAAS デバイスの Centralized Management System(CMS)組み込みデータベースのコンテンツとメンテナンス ステータス、およびその他の情報を表示するには、 show cms EXEC コマンドを使用します。

show cms {database content {dump filename | text | xml} | info | processes}

 
シンタックスの説明

database

組み込みデータベースのメンテナンス情報を表示します。

content

ファイルにデータベースのコンテンツを書き込みます。

dump

テキスト ファイルにすべてのデータベース コンテンツをダンプします。

filename

local1 ディレクトリに保存するファイルの名前

text

テキスト フォーマットのファイルにデータベース コンテンツを書き込みます。

xml

XML フォーマットのファイルにデータベース コンテンツを書き込みます。

info

CMS アプリケーション情報を表示します。

processes

CMS アプリケーション プロセスを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-24 では、WAAS アプリケーション エンジンの show cms info 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-24 WAAS アプリケーション エンジンの show cms info コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

デバイス登録情報

Device Id

登録時に Central Manager によってデバイスに与えられた一意な ID。デバイスの管理に使用します。

Device registered as

登録時に使用するデバイス タイプ。WAAS Application Engine または WAAS Central Manager。

Current WAAS Central Manager

central-manager address グローバル コンフィギュレーション コマンドで現在設定された Central Manager のアドレス。デバイスが登録されているプライマリ Central Manager の代わりにスタンバイ Central Manager がデバイスを管理する場合、このアドレスは登録したアドレスとは異なります。

Registered with WAAS Central Manager

デバイスが登録されている Central Manager のアドレス

Status

デバイスと Central Manager の接続ステータス。このフィールドには、online、offline、または pending の値のいずれかが含まれます。

Time of last config-sync

アップデートのため、デバイス マネジメント サービスが最後に Central Manager に接続した時間

CMS サービス情報

Service cms_ce is running

WAE デバイス マネジメント サービスのステータス(動作中または動作していない)。このフィールドは、WAE のみに固有です。

表3-25 では、WAAS Central Manager の show cms info 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-25 WAAS Central Manager の show cms info コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

デバイス登録情報

Device Id

登録時に Central Manager によってデバイスに与えられた一意な ID。デバイスの管理に使用します。

Device registered as

登録時に使用するデバイス タイプ。WAAS Application Engine または WAAS Central Manager。

Current WAAS Central Manager role

現在の Central Manager の役割。プライマリまたはスタンバイです。


) プライマリおよびスタンバイ Central Manager デバイスの出力は異なります。スタンバイでは、出力にCurrent WAAS Central Manager と Registered with WAAS Central Manager に関する追加情報が含まれます。


Current WAAS Central Manager

central-manager address グローバル コンフィギュレーション コマンドで現在設定されたスタンバイ Central Manager のアドレス

Registered with WAAS Central Manager

デバイスが登録されているスタンバイ Central Manager のアドレス

CMS サービス情報

Service cms_httpd is running

マネジメント サービスのステータス(動作中または動作していない)。このフィールドは、Central Manager のみに固有です。

Service cms_cdm is running

マネジメント サービスのステータス(動作中または動作していない)。このフィールドは、Central Manager のみに固有です。

表3-26 では、 show cms database content text 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-26 show cms database content text コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Database content can be found in /local1/cms-db-12-12-2002-17:06:08:070.txt.

データベース コンテンツ テキスト ファイルの名前と場所。このコマンドは、現在の設定を自動的に生成されたファイルにテキスト フォーマットで書き込むようマネジメント サービスに要求します。

表3-27 では、 show cms database content xml 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-27 show cms database content xml コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Database content can be found in /local1/cms-db-12-12-2002-17:07:11:629.xml.

データベース コンテンツ XML ファイルの名前と場所。このコマンドは、現在の設定を自動的に生成されたファイルに XML フォーマットで書き込むようマネジメント サービスに要求します。

 
関連コマンド

cms

(config) cms

show debugging

WAAS デバイスで以前にイネーブル化された各デバッグ オプションの状態を表示するには、 show debugging EXEC コマンドを使用します。

show debugging

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、イネーブル化またはディセーブル化されたデバッグ オプションを表示します。デバッグ オプションが設定されていない場合、このコマンドは出力を表示しません。

dre epm flow print-spooler rbcp tfo translog wafs 、および wccp コマンド オプションは application-accelerator デバイス モードのみでサポートされます。 emdb および rpc コマンド オプションは、central manager デバイス モードでのみサポートされます。

このコマンドが表示するのはイネーブル化されたデバッグ タイプだけで、特定のコマンドのサブセットは表示しません。

次の例では、 debug tfo buffer-mgr および debug tfo connection コマンドと組み合わせた show debugging コマンドが、 tfo buffer-mgr および tfo connection デバッグ オプションの状態を示します。

WAE# debug tfo buffer-mgr
WAE# debug tfo connection
WAE# show debugging
tfo bufmgr debugging is on
tfo compmgr debugging is on
tfo connmgr debugging is on
tfo netio debugging is on
tfo statmgr debugging is on
tfo translog debugging is on

 
関連コマンド

debug

undebug

show device-mode

WAAS デバイスの設定された、または現在のデバイス モードを表示するには、 show device-mode EXEC コマンドを使用します。

show device-mode {configured | current}

 
シンタックスの説明

configured

設定されたデバイス モードを表示します。ただし、まだ有効になっていません。

current

現在のデバイス モードを表示します。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS Central Manager は専用アプライアンスで展開する必要があります。デバイス モード機能により、WAAS デバイスは WAAS Central Manger または WAE のどちらかで展開できます。WAAS Central Manager は専用アプライアンスで展開する必要があるため、WAAS デバイスは
central-manager モードまたは application-accelerator モードのどちらか 1 つのデバイス モードで動作できるだけです。

設定されたデバイス モードと現在のモードが異なる場合、設定されたデバイス モードを有効にするにはリロードが必要です。

WAAS デバイスの現在のデバイス モードを表示するには、 show device mode EXEC コマンドを入力します。

WAE# show device mode
 

WAAS デバイスが動作している現在のモードを表示するには、 show device-mode current EXEC コマンドを入力します。

WAE# show device-mode current
Current device mode: application-accelerator
 

まだ有効になっていない設定されたデバイス モードを表示するには、 show device-mode configured EXEC コマンドを入力します。たとえば、WAAS デバイスで device mode central-manager グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力してデバイス モードを central manager に変更したあと、 copy run start EXEC コマンドを入力してデバイスの実行コンフィギュレーションをまだ保存していない場合、WAAS デバイスで show device-mode configured コマンドを入力すると、コマンド出力は設定されたデバイス モードが central-manager であることを示します。

WAE# show device-mode configured
Configured device mode: central-manager
 

表3-28 では、 show device-mode current 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-28 show device-mode current コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Current device mode

WAAS デバイスが動作する現在のモード

表3-29 では、 show device-mode configured 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-29 show device-mode configured コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Configured device mode

設定されていますが、まだ有効になっていないデバイス モード

 
関連コマンド

(config) device mode

show disks

WAAS デバイスのディスクに関する情報を表示するには、 show disks EXEC コマンドを使用します。

show disks {details | failed-disk-id | failed-sectors [ disk_name ] | tech-support [details]}

 
シンタックスの説明

details

現在有効な設定を詳細情報とともに表示します。

failed-disk-id

障害があるとして識別されたディスクのシリアル番号のリストを表示します。


) このオプションは、WAE-7341 および WAE-7371 モデルでは利用できません。


failed-sectors

すべてのディスクの障害のあるセクターのリストを表示します。

disk_name

(任意)障害のあるセクターが表示されているディスクの名前(disk00 または disk01)

tech-support

ハードドライブ診断情報および近い将来のディスク障害に関する情報を表示します。

ディスク ステータス(論理または物理)、ディスク ベンダー ID、シリアル番号を含めた、RAID コントローラから利用できる情報をすべて表示します。

このコマンドは show disk smart-info EXEC コマンドに代わるものです。

details

(任意)詳細な SMART ディスク モニタリング情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

show disks details EXEC コマンドは、リブート後、各ファイル システムに割り当てられたディスク領域の割合や量、ディスク ドライブの動作ステータスを表示します。

WAAS ソフトウェアは、IDE、SCSI、および SATA ディスクの単一障害セクションに対する、複数の Syslog メッセージのフィルタリングをサポートします。全ディスク ドライブにおける障害のあるセクターのリストを表示するには、 show disks failed-sectors EXEC コマンドを入力します。

WAE# show disks failed-sectors
disk00
=========
89923
9232112
 
disk01
=========
(None)
 

特定のディスク ドライブのみにおける障害のあるセクターのリストを表示するには、 show disks failed-sectors コマンドの入力時に、ディスクの名前を指定します。次の例は、disk01 における障害のあるセクターのリストを表示する方法を示します。

WAE# show disks failed-sectors disk01
disk01
=========
(None)
 

ディスク障害がある場合は、メッセージが表示され、ログイン時にこの状況について通知します。

SMART によるディスク ヘルスの予防的モニタリング

SMART を使用すると、ディスク ヘルスの予防的モニタリング機能が利用できます。SMART は、ハードドライブ診断情報および近い将来のディスク障害に関する情報を提供します。

SMART はほとんどのディスク ベンダーによってサポートされており、ディスク ヘルスを判断する標準的な方法です。SMART の属性にはいくつかの読み取り専用属性があり(たとえば、稼動時間属性や、ロードおよびアンロード カウント属性)、これにより WAAS ソフトウェアに、近い将来のディスク障害を示唆する動作および環境状態に関する情報を提供します。

SMART のサポートは、ベンダーおよびドライブ テクノロジー(IDE または SCSI ディスク ドライブ)依存です。各ディスク ベンダーで、サポートしている SMART 属性セットは異なります。

SMART 属性はベンダーに依存しますが、ほとんどの SMART 属性を解釈する一般的な方法があります。各 SMART 属性には、正規化された現在値としきい値があります。現在値がしきい値を超えると、ディスクは「障害が発生した」とみなされます。WAAS ソフトウェアは SMART 属性をモニタし、Syslog メッセージ、SNMP トラップ、およびアラームを介して、将来の障害を通知します。

SMART 情報を表示するには、 show disks tech-support EXEC コマンドを使用します。詳細な SMART 情報を表示するには、 show disks tech-support details EXEC コマンドを入力します。 show tech-support EXEC コマンドの出力には、SMART 情報も含まれます。

表3-30 では、 show disks failed-disk-id 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-30 show disks failed-disk-id コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Diskxx

物理ディスクの番号と場所

Alpha-numeric string

ディスクのシリアル番号

表3-31 では、 show disks details 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-31 show disks details コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Physical disk information

番号別にディスクをリストします。WAE 7300 シリーズ アプライアンスは 6 つのディスク ドライブの情報を示し、WAE 500 および 600 シリーズ アプライアンスは 2 つのディスク ドライブの情報を示します。

disk00

ディスクのアベイラビリティ(Present、Not present or Not responding、または Not used [*])。

ディスク識別番号およびタイプ(たとえば、h00 c00i00 100 - DAS)。

メガバイトまたはギガバイト単位のディスク サイズ(たとえば、140011MB [136.7GB])。

disk01

同じタイプの情報がディスクごとに表示されます。

Mounted filesystems

次のカラム ヘッドを含んだ表

Mount point

ファイル システムのマウント ポイント。たとえば、SYSFS のマウント ポイントは /local/local1 です。

Type

ファイル システムのタイプ。値には、root、internal、CONTENT、SYSFS、および PRINTSPOOL が含まれます。

Device

ディスク上のパーティションへのパス

Size

ファイル システムの総サイズ(メガバイト単位)

Inuse

ファイル システムが使用するディスク スペース量

Free

ファイル システム用の未使用のディスク スペース量

Use%

ファイル システムによって使用される、利用可能な総ディスク スペースの比率

Software RAID devices

ある場合、ソフトウェア RAID デバイスをリストし、次の各情報を提供します。

Device name

ディスク上のパーティションへのパス。パーティション名「md1」は、そのパーティションは RAID のパーティションであり、RAID タイプが RAID-1 であることを示します。

Type

RAID タイプ(たとえば、RAID-1)

Status

RAID デバイスの動作ステータス。ステータスには、NORMAL OPERATION または REBUILDING が含まれます

Physical devices and status

ディスク番号とディスクの動作ステータス([GOOD] または [BAD] など)

次の例では、ディスク disk00 および disk01 のパーティション 04 とパーティション 05 は GOOD であり、RAID のパーティション /dev/md4 & /dev/md5 は NORMAL OPERATION である出力を示します。ただし、RAID のパーティション /dev/md8 の場合、ドライブの 1 つに問題があります。パーティション 00 のある disk04 は GOOD ですが、このパーティション上にペアがないのでステータスでは ONE OR MORE DRIVES ABNORMAL が表示されます。

/dev/md4 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/04[GOOD]
disk01/04[GOOD]
/dev/md5 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/05[GOOD]
disk01/05[GOOD]
...
/dev/md8 RAID-1 ONE OR MORE DRIVES ABNORMAL disk04/00[GOOD]

表3-32 では、SMART をサポートする RAID-1 アプライアンスの show disks tech-support 出力の一般的な一部のフィールドについて説明します。SMART アトリビュートは、ベンダー依存です。ディスク ベンダーごとに、異なる、サポート対象の SMART アトリビュート セットがあります。

 

表3-32 show disks tech-support コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

disk00--disk05

WAE 7300 シリーズ アプライアンスは 6 つのディスク ドライブの情報を示し、WAE 500 および 600 シリーズ アプライアンスは 2 つのディスク ドライブの情報を示します。

Device

ディスクのベンダー番号とバージョン番号

Serial Number

ディスクのシリアル番号

Device type

デバイスのタイプはディスクです。

Transport protocol

物理レイヤ接続情報(たとえば、Parallel SCSI [SPI-4])

Local time is

曜日、月、日付、時刻(hh:mm:ss)、年、およびクロック標準。たとえば、Mon Mar 19 23:33:12 2007 UTC。

Device supports SMART and is Enabled

SMART サポートのステータス(Enabled または Disabled)

Temperature Warning Enabled

温度警告ステータス(Enabled または Disabled)

SMART Health Status:

ディスクのヘルス ステータス(OK または Failed)

表3-33 では、SMART をサポートする RAID-1 アプライアンスの show disks tech-support details 出力のフィールドについて説明します。この出力の詳細は、ドライブ メーカーやドライブによって異なります。

 

表3-33 show disks tech-support details コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

disk00--disk05

WAE 7300 シリーズ アプライアンスは 6 つのディスク ドライブの情報を示し、WAE 500 および 600 シリーズ アプライアンスは 2 つのディスク ドライブの情報を示します。

Device

ディスクのベンダー番号とバージョン番号

Serial Number

ディスクのシリアル番号

Device type

デバイスのタイプはディスクです。

Transport protocol

物理レイヤ接続情報(たとえば、Parallel SCSI [SPI-4])

Local time is

曜日、月、日付、時刻(hh:mm:ss)、年、およびクロック標準。たとえば、Mon Mar 19 23:33:12 2007 UTC。

Device supports SMART and is Enabled

SMART サポートのステータス(Enabled または Disabled)

Temperature Warning Enabled

温度警告ステータス(Enabled または Disabled)

SMART Health Status:

ディスクのヘルス ステータス(OK または Failed)

Current Drive Temperature

ドライブの温度(摂氏)

Manufactured in week XX of year

製造の詳細

Current start stop count

デバイスが停止または開始した回数

Recommended maximum start stop count

ディスクの平均寿命を測定するのに使用する、推奨の最大カウント

Error counter log

エラー カウント ログを表示するテーブル。さまざまなディスク エラー タイプのカウンタ

表3-34 では、RAID-5 アプライアンスの show disks tech-support 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-34 show disks tech-support コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Controllers found

検出した RAID コントローラの数

コントローラ情報

Controller Status

コントローラの機能ステータス

Channel description

チャネル転送プロトコルの説明

Controller Model

コントローラのモデルを作成します。

Controller Serial Number

ServeRAID コントローラのシリアル番号

Physical Slot

スロット番号

Installed memory

ディスクのメモリ量

Copyback

copyback がイネーブルまたはディセーブルであるかのステータス

Data scrubbing

data scrubbing がイネーブルまたはディセーブルであるかのステータス

Defunct disk drive count

存在しないディスク ドライブの数

Logical drives/Offline/Critical

論理ドライブ数、オフラインであるドライブ数、およびクリティカル アラーム数

コントローラ バージョン情報

BIOS

BIOS のバージョン番号

Firmware

Firmware のバージョン番号

Driver

Driver のバージョン番号

Boot Flash

Boot Flash のバージョン番号

コントローラ バッテリ情報

Status

コントローラ バッテリの機能ステータス

Over temperature

バッテリの過熱状態

Capacity remaining

残りのバッテリ容量のパーセント

Time remaining (at current draw)

電流の消費量に基づく残りのバッテリ寿命の日数、時間数、および分数

コントローラの Vital Product Data

VPD Assigned#

コントローラの Vital Product Data(VPD)に割り当てられた番号

EC Version#

バージョン番号

Controller FRU#

コントローラの現場交換可能部品に割り当てられた番号

Battery FRU#

バッテリの現場交換可能部品に割り当てられた番号

論理ドライブ情報

Logical drive number

情報が適用される論理ドライブを識別する番号

Logical drive name

論理ドライブ名

RAID level

論理ドライブの RAID レベル

Status of logical drive

論理ドライブの機能ステータス

Size

論理ドライブのサイズ(メガバイト単位)

Read-cache mode

read-cache モードの設定ステータス(Enabled または Disabled)

Write-cache mode

write-back の書き込みキャッシュ モードの設定ステータス(Enabled または Disabled)

Write-cache setting

write-back の書き込みキャッシュ設定の設定ステータス(Enabled または Disabled)

Partitioned

パーティション ステート。値は Yes または No です。

Number of chunks

RAID-5 アレイに組み込まれたディスクの数

Stripe-unit size

ストライプ ユニットごとのデータ ストレージ量。デフォルトは、論理アレイのディスクごとに 256 KB です。パラメータは設定可能ではありません。

Stripe order (Channel,Device)

RAID アレイでグループ化された物理ドライブのグループにわたってストライプ化したデータの順序

Bad stripes

不良ストライプのフラグ。フラグの値は Yes または No です。

物理ドライブ情報

Device #

情報が適用されるデバイス番号

Device is a xxxx

デバイスのタイプ

State

デバイスのステート(Online または Offline)

Supported

デバイスがサポートされているかを示すステータス

Transfer Speed

デバイス転送速度

Reported Channel,Device

RAID-5 アレイに組み込まれたディスクすべてにチャネル情報を提供します。

Reported Enclosure,Slot

デバイス番号とスロット番号

Vendor

ベンダー識別番号

Model

モデル番号

Firmware

ファームウェア番号

Serial number

シリアル番号

Size

物理ドライブのサイズ(メガバイト単位)

Write Cache

書き込みキャッシュがイネーブルであるかのステータス

FRU

Field Replaceable Unit(FRU; 現場交換可能ユニット)番号。提供された FRU 番号のある指定されたハード ディスク ドライブが RAID 設定に失敗した場合に、RAID にドライブが存在しない FRU イベントが発生します。このフィールドのデフォルト値は NONE です。

PFA

Predictive Failure Analysis(PFA; 事前障害分析機能)フラグ。フラグのデフォルト値は No です。RAID がドライブの障害を予測している場合、このフィールドは Yes に設定され、WAE でクリティカル アラームが生成されます。

 
関連コマンド

disk

(config) disk error-handling

show tech-support

show egress-methods

設定され、特定の WAE で使用する出力方式を表示するには、 show egress-methods EXEC コマンドを使用します。

show egress-methods

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

表3-35 では、 show egress-methods 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-35 show egress-methods コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Intercept method

パケットを WAE へ送信するのにルータが使用する代行受信方法

TCP Promiscuous 61 or 62

WCCP サービス番号

WCCP negotiated return method

WCCP は、ルータが使用する方法を戻します。
値は、WCCP_GRE、WCCP_L2、NEG_RTN_PENDING(ネゴシエーションは保留中)、および UNKNOWN です。

Destination

この値は設定可能ではありません。このフィールドの値は常に ANY です。

Egress Method Configured

CLI(コマンドライン インターフェイス)で設定された出力方式

Egress Method Used

使用する出力方式

 
関連コマンド

show tfo egress-methods connection

(config) egress-method

show flash

WAAS デバイスのフラッシュ メモリのバージョンと使用状況の情報を表示するには、 show flash EXEC コマンドを使用します。

show flash

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-36 では、 show flash 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-36 show flash コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

WAAS software version (disk-based code)

デバイスで動作する WAAS ソフトウェア バージョンとビルド番号

フラッシュ上のシステム イメージ

Version

フラッシュ メモリに保存されるソフトウェアのバージョンとビルド番号

システム フラッシュ ディレクトリ

System image

システム イメージが使用するセクターの数

Bootloader, rescue image, and other reserved areas

ブートローダが使用するセクターの数、回復用イメージ、および他の予約領域

XX sectors total, XX sectors free

ピアの総数。フリー セクターの数。

show hardware

WAAS デバイスのシステム ハードウェアのステータスを表示するには、 show hardware EXEC コマンドを使用します。

show hardware

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

show hardware コマンドは、バージョン番号、起動した日時、起動後の実行時間、マイクロプロセッサのタイプと速度、利用可能な物理メモリの量、ディスク ドライブの一覧など、システム ハードウェアのステータスをリストします。

表3-37 では、 show hardware 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-37 show hardware コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Cisco Wide Area Application Services Software (WAAS)

Copyright (c) year by Cisco Systems, Inc.

Cisco Wide Area Application Services Software Release XXX (build bXXX month day year)

ソフトウェア アプリケーション、著作権、リリース、およびビルド情報

Version

デバイスで動作するソフトウェアのバージョン番号

Compiled hour:minute:second month day year by cnbuild

ソフトウェア ビルドのコンパイル情報

System was restarted on day of week month day hour:minute:second year

システムが最後に起動した日付と時間

The system has been up for X hours, X minutes, X seconds

最後のリブート以降、システムが動作していた時間の長さ

CPU 0 is

CPU メーカーの情報

Total X CPU

デバイス上の CPU の数

XXXX Mbytes of Physical memory

デバイス上の物理メモリのメガバイト数

X CD ROM drive

デバイス上の CD-ROM ドライブの数

X GigabitEthernet interfaces

デバイス上のギガビット イーサネットの数

X InlineGroup interfaces

デバイス上の InlineGroup インターフェイスの数

X Console interface

デバイス上のコンソール インターフェイスの数

Manufactured As

製品識別情報

BIOS Information

BIOS に関する情報

Vendor

BIOS ベンダーの名前

Version

BIOS バージョン番号

Rel.Date

(リリース日)BIOS がリリースされた日付

Cookie 情報

SerialNumber

WAE のシリアル番号

SerialNumber (raw)

ASCII 値としてのWAE のシリアル番号

TestDate

WAE がテストされた日付

ExtModel

デバイスのハードウェア モデル(たとえば、WAE612)

ModelNum (raw)

ExtModel 番号に対応する内部モデル番号(ASCII 値)

HWVersion

現在のハードウェア バージョンの番号

PartNumber

実装されていません。

BoardRevision

現在のシステム ボードの改訂番号

ChipRev

現在のチップセットの改訂番号

VendID

cookie のベンダー ID

CookieVer

cookie のバージョン番号

Chksum

cookie のチェックサム。cookie が有効かどうか示します。

すべてのディスク ドライブのリスト

Physical disk information

番号別にリストされたディスク。WAE 7300 シリーズ アプライアンスは 6 つのディスク ドライブの情報を示し、WAE 500 および 600 シリーズ アプライアンスは 2 つのディスク ドライブの情報を示します。

disk00

ディスクのアベイラビリティ(Present、Not present or Not responding、または Not used [*])。

ディスク識別番号およびタイプ(たとえば、h00 c00i00 100 - DAS)

メガバイトまたはギガバイト単位のディスク サイズ(たとえば、140011MB [136.7GB])。

disk01

同じタイプの情報がディスクごとに表示されます。

Mounted filesystems

次のカラム ヘッドを含んだ表

Mount point

ファイル システムのマウント ポイント。たとえば、SYSFS のマウント ポイントは /local/local1 です。

Type

ファイル システムのタイプ。値には、root、internal、CONTENT、SYSFS、および PRINTSPOOL が含まれます。

Device

ディスク上のパーティションへのパス

Size

ファイル システムの総サイズ(メガバイト単位)

Inuse

ファイル システムが使用するディスク スペース量

Free

ファイル システム用の未使用のディスク スペース量

Use%

ファイル システムによって使用される、利用可能な総ディスク スペースの比率

Software RAID devices

存在する場合、ソフトウェア RAID デバイスをリストし、次の各情報を提供します。

Device name

ディスク上のパーティションへのパス。パーティション名「md1」は、そのパーティションが RAID のパーティションであり、RAID タイプが RAID-1 であることを示します(RAID-1 は WAAS でサポートされた唯一の RAID タイプです)。

Type

RAID タイプ(たとえば、RAID-1)

Status

RAID デバイスの動作ステータス。ステータスには、NORMAL OPERATION または REBUILDING が含まれます。

Physical devices and status

ディスク番号とディスクの動作ステータス([GOOD] または [BAD] など)

 
関連コマンド

show disks

show version

show hosts

WAAS デバイスのホストを表示するには、 show hosts EXEC コマンドを使用します。

show hosts

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

次の show hosts コマンドは、ネーム サーバと対応する IP アドレスをリストします。また、ホスト テーブル サマリーとして、ホスト名、対応する IP アドレス、および対応するエイリアス(該当する場合)もリストします。

表3-38 では、 show hosts 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-38 show hosts コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Domain names

IP アドレスを解決するために WAE が使用するドメイン名

Name Server(s)

Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)ネーム サーバの IP アドレス

ホスト テーブル

hostname

現在のデバイスの FQDN(ホスト名およびドメイン)

inet address

現在のホスト デバイスの IP アドレス

aliases

host グローバル コンフィギュレーション コマンドに基づき、現在のデバイス用に設定された名前

show inetd

WAAS デバイスの TCP/IP サービスのステータスを表示するには、 show inetd EXEC コマンドを使用します。

show inetd

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

show inetd EXEC コマンドは、WAAS デバイスで TCP/IP サービスがイネーブルであるか、ディセーブルであるかのステータスを表示します。Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)は WAAS ではサポートされないので、TFTP サービス ステータスを無視できます。

表3-39 では、 show inetd 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-39 show inted コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Inetd service configurations:

ftp

FTP サービスがイネーブルかディセーブルかどうかのステータス

rcp

RCP サービスがイネーブルかディセーブルかどうかのステータス

tftp

TFTP サービスがイネーブルかディセーブルかどうかのステータス

 
関連コマンド

(config) inetd

show interface

WAAS デバイスのハードウェア インターフェイス情報を表示するには、 show interface EXEC コマンドを使用します。

show interface {GigabitEthernet slot/port } | {ide control_num } | {InlineGroup slot / grpnumber } | {InlinePort slot / grpnumber / {lan | wan}} | {PortChannel port-num } | {scsi device_num }
| {Standby group_num | usb}

 
シンタックスの説明

GigabitEthernet

ギガビット イーサネット インターフェイスのデバイス情報を表示します(適切に装備されたシステム上のみ)。

slot/port

ギガビット イーサネット インターフェイスのスロットおよびポート番号。スロットの範囲は 0 ~ 3 で、ポートの範囲は 0 ~ 3 です。スロットおよびポート番号はスラッシュ(/)で区切ります。

ide

IDE インターフェイスのデバイス情報を表示します。

control_num

IDE コントローラ番号(0 ~ 1)

InlineGroup

インライン グループ情報を表示します。

slot / grpnumber

選択したインターフェイスのスロットおよびインライン グループ番号

InlinePort

インライン ポート情報を表示します。

slot / grpnumber/

選択したインターフェイスのスロットおよびインライン グループ番号

lan

LAN ポートのインライン ポート情報を表示します。

wan

WAN ポートのインライン ポート情報を表示します。

PortChannel

ポート チャネル インターフェイスのデバイス情報を表示します。

port-num

ポート チャネル インターフェイスのポート番号(1 ~ 2)

scsi

SCSI インターフェイスのデバイス情報を表示します。

device_num

SCSI デバイス番号(0 ~ 7)

Standby

スタンバイ グループ情報を表示します。

group_num

スタンバイ グループ番号(1 ~ 4)

usb

USB インターフェイスのデバイス情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-40 では、 show interface GigabitEthernet 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-40 show interface GigabitEthernet コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Description

description option of the interface グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定されたデバイスの説明

Type

インターフェイスのタイプ。常にイーサネットです。

Ethernet address

レイヤ 2 MAC(メディア アクセス制御)アドレス

Internet address

このインターフェイスに設定されたインターネット IP アドレス

Broadcast address

このインターフェイスに設定されたブロードキャスト アドレス

Netmask

このインターフェイスに設定されたネットマスク

Maximum Transfer Unit Size

現在設定された最大伝送ユニット(maximum transmission unit; MTU)の値

Metric

インターフェイスのメトリック設定。デフォルトは 1 です。最適なルートを決定するために、ルーティング メトリックはルーティング プロトコルによって使用されます。メトリックは、宛先ネットワークまたはホストへの追加ホップとしてカウントされます。メトリック値が高いほどルートの優先度は低くなります。

Packets Received

このインターフェイスによって受信されるパケットの総数

Input Errors

このインターフェイス上の着信エラーの数

Input Packets Dropped

このインターフェイス上でドロップされた着信パケットの数

Input Packets Overruns

着信パケット オーバーラン エラーの数

Input Packets Frames

着信パケット フレーム エラーの数

Packet Sent

このインターフェイスから送信されたパケットの総数

Output Errors

発信パケット エラーの数

Output Packets Dropped

このインターフェイスによってドロップされた発信パケットの数

Output Packets Overruns

発信パケット オーバーラン エラーの数

Output Packets Carrier

発信パケット キャリア エラーの数

Output Queue Length

バイト単位の出力キューの長さ

Collisions

このインターフェイスでのパケット衝突の数

Interrupts

このインターフェイスでのパケット中断の数

Base address

基本的なアドレス。16 進数値。

Flags

インターフェイス ステータス インジケータ。値には Up、Broadcast、Running、および Multicast が含まれます。

Mode

このインターフェイスの速度設定、転送モード、および転送速度

次の例は、WAE インライン ネットワーク アダプタで設定されたスロット 1 の inlineGroup 0 の情報を表示します。

WAE612# show interface inlineGroup 1/0
Interface is in intercept operating mode.
Standard NIC mode is off.
Disable bypass mode is off.
VLAN IDs configured for inline interception: All
Watchdog timer is enabled.
Timer frequency: 1600 ms.
Autoreset frequency 500 ms.
The watchdog timer will expire in 1221 ms.
 

表3-41 では、 show interface InlinePort 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-41 show interface InlinePort コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Device name

インラインポート インターフェイスの ID 番号(eth0、eth1 など)

Packets Received

インラインポート インターフェイス上で受信されるパケットの総数

Packets Intercepted

代行受信されたパケットの総数(TCP パケットのみが代行受信されます)

Packets Bridged

ブリッジングされるパケット数。代行受信されないパケットがブリッジングされます。

Packets Forwarded

インライン インターフェイスから送信されたパケット数

Packets Dropped

ドロップされたパケット数

Packets Received on native

ネイティブ(GigabitEthernet 1/0)インターフェイス上で受信され、インライン モジュールによって転送されたパケットの数

n flows through this interface

このインラインポート インターフェイス上でアクティブな TCP 接続の数

Ethernet Driver Status

Type

インターフェイスのタイプ。常にイーサネットです。

Ethernet address

レイヤ 2 MAC(メディア アクセス制御)アドレス

Maximum Transfer Unit Size

現在設定された MTU の値

Metric

インターフェイスのメトリック設定。デフォルトは 1 です。最適なルートを決定するために、ルーティング メトリックはルーティング プロトコルによって使用されます。メトリックは、宛先ネットワークまたはホストへの追加ホップとしてカウントされます。メトリック値が高いほどルートの優先度は低くなります。

Packets Received

このインターフェイスによって受信されるパケットの総数

Input Errors

このインターフェイス上の着信エラーの数

Input Packets Dropped

このインターフェイス上でドロップされた着信パケットの数

Input Packets Overruns

着信パケット オーバーラン エラーの数

Input Packets Frames

着信パケット フレーム エラーの数

Packet Sent

このインターフェイスから送信されたパケットの総数

Output Errors

発信パケット エラーの数

Output Packets Dropped

このインターフェイスによってドロップされた発信パケットの数

Output Packets Overruns

発信パケット オーバーラン エラーの数

Output Packets Carrier

発信パケット キャリア エラーの数

Output Queue Length

バイト単位の出力キューの長さ

Collisions

このインターフェイスでのパケット衝突の数

Base address

基本的なアドレス。16 進数値。

Flags

インターフェイス ステータス インジケータ。値には Up、Broadcast、Running、および Multicast が含まれます。

Mode

このインターフェイスの速度設定、転送モード、および転送速度

表3-42 では、 show interface PortChannel 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-42 show interface PortChannel コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Type

インターフェイスのタイプ。常にイーサネットです。

Ethernet address

レイヤ 2 MAC アドレス

Maximum Transfer Unit Size

現在設定された MTU の値

Metric

インターフェイスのメトリック設定。デフォルトは 1 です。ルーティング メトリックはルーティング プロトコルによって使用されます。メトリック値が高いほどルートの優先度が低くなります。メトリックは、宛先ネットワークまたはホストへの追加ホップとしてカウントされます。

Packets Received

このインターフェイスによって受信されるパケットの総数

Input Errors

このインターフェイス上の着信エラーの数

Input Packets Dropped

このインターフェイス上でドロップされた着信パケットの数

Input Packets Overruns

着信パケット オーバーラン エラーの数

Input Packets Frames

着信パケット フレーム エラーの数

Packet Sent

このインターフェイスから送信されたパケットの総数

Output Errors

発信パケット エラーの数

Output Packets Dropped

このインターフェイスによってドロップされた発信パケットの数

Output Packets Overruns

発信パケット オーバーラン エラーの数

Output Packets Carrier

発信パケット キャリア エラーの数

Output Queue Length

バイト単位の出力キューの長さ

Collisions

このインターフェイスでのパケット衝突の数

Flags

インターフェイス ステータス インジケータ。値には Up、Broadcast、Running、および Multicast が含まれます。

表3-43 では、 show interface scsi 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-43 show interface scsi コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

SCSI interface X

SCSI デバイス番号 X に関する情報。SCSI デバイスの製造、デバイス ID 番号、モデル番号、およびタイプを示します。

表3-44 では、 show interface standby 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-44 show interface standby コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Standby Group

スタンバイ グループを識別する番号

Description

description option of the interface グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定されたデバイスの説明

IP address, netmask

スタンバイ グループの IP アドレスおよびネットマスク

Member interfaces

スタンバイ グループのメンバー インターフェイス。スタンバイ グループの一部である物理インターフェイスを示します。インターフェイスの定義を示します(GigabitEthernet 1/0 など)。

Active interface

現在、スタンバイ グループでアクティブであるインターフェイス

 
関連コマンド

(config) interface

show running-config

show startup-config

show inventory

WAAS デバイスのシステム コンポーネント情報を表示するには、 show inventory EXEC コマンドを使用します。

show inventory

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

show inventory EXEC コマンドにより、WAAS デバイスの UDI を表示できます。ID 情報は、WAAS デバイスの不揮発性メモリに保存されています。

UDI は、製品のオペレーティング システムまたはネットワーク管理アプリケーションによって電子的にアクセスされ、固有のハードウェア デバイスの識別を可能にします。UDI のデータ整合性はお客様に不可欠です。WAAS デバイスの不揮発性メモリにプログラミングされている UDI は、製品ラベルおよび輸送用カートンのラベルに記載されている UDI と同じです。また、電子的手段で表示できるもの、およびお客様の目に触れるシステムやツールの UDI とも同じです。現在は CLI でしか UDI にアクセスできません。SNMP がUDI 情報にアクセスすることはありません。

show tech-support EXEC コマンドを使用しても WAAS デバイスの UDI を表示できます。

表3-45 では、 show inventory 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-45 show inventory コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

PID

デバイスの製品識別(ID)番号

VID

デバイスのバージョン ID 番号。バージョン番号が使用できない場合、0 と表示されます。

SN

デバイスのシリアル番号

 
関連コマンド

show tech-support

show ip access-list

WAAS デバイスの特定のインターフェイスまたはアプリケーションに対して定義、適用されるアクセス リストを表示するには、show ip access-list EXEC コマンドを使用します。

show ip access-list [ acl-name | acl-num ]

 
シンタックスの説明

acl-name

(任意)文字で始まる最大 30 文字の英数字の ID を使用する、特定のアクセス リストの情報

acl-num

(任意)数値の ID(標準アクセス リストの場合は 0 ~ 99、拡張アクセス リストの場合は 100 ~ 199)を使用する、特定のアクセス リストの情報

 
デフォルト

すべての定義済みアクセス リストに関する情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS デバイスで定義されているアクセス リストを表示するには、show ip access-list EXEC コマンドを使用します。名前または番号で特定のアクセス リストを識別しない限りは、次のセクションを含めて、すべての定義済みアクセス リストに関する情報が表示されます。

新しいリストおよび条件に利用可能なスペース

定義済みアクセス リスト

インターフェイスおよびアプリケーションによる参照

表3-46 では、 show ip access-list 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-46 show ip access-list コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

利用可能なスペース

XX access lists

許可された最大 50 のリストのうち残っているアクセス リストの数

XXX access list conditions

許可された最大 500 の条件のうち残っているアクセス リスト条件の数

Standard IP access list

設定された標準 IP アクセス リスト名。このリストに設定された条件のリストを表示します。

Extended IP access list

設定された拡張 IP アクセス リスト名。このリストに設定された条件のリストを表示します。

Interface access list references

インターフェイスのリストと、インターフェイスが関連付けられたアクセス リスト。次のフォーマットで表示されます。

interface slot/port

interface direction

access list number

Application access list references

アプリケーションのリストと、アプリケーションが関連付けられたアクセス リスト。次のフォーマットで表示されます。

application type

access list type and number

associated port

 
関連コマンド

clear

(config) ip access-list

show ip routes

WAAS デバイスの IP ルーティング テーブルを表示するには、 show ip routes EXEC コマンドを使用します。

show ip routes

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドは IP ルート テーブルを表示します。これは WAE 上で設定された異なるルートのすべてをリストします。WAE はこのテーブルを使用して、ネクストホップを判別します。このテーブルには、WAE GigabitEthernet インターフェイス、ユーザ設定されたスタティック ルート、およびデフォルト ゲートウェイからのルートが含まれます。このテーブルの最後の行はデフォルト ルートを示します。

表3-47 では、 show ip routes 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-47 show ip routes コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Destination

ルートごとの宛先 IP アドレス

Gateway

ルートごとのゲートウェイ アドレス

Netmask

ルートごとのネットマスク

Number of route cache entries

ルート キャッシュのエントリ数。

ルート キャッシュは個別のエンティティで、このフィールドは IP ルート テーブルのエントリと関連付けられていません。ルート キャッシュのエンティティ数はオープンである接続の数によって異なります。

 
関連コマンド

(config) ip

(config-if) ip

show kerberos

WAAS デバイスの Kerberos 認証設定を表示するには、 show kerberos EXEC コマンドを使用します。

show kerberos

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS デバイスで発生したイベントに関する情報を表示するには、システム メッセージ ログを使用します。 syslog.txt ファイルは、 /local1 ディレクトリに格納されています。

表3-48 では、 show kerberos 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-48 show Kerberos コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Kerberos の設定

Local Realm

ローカル レルム名

DNS suffix

レルムの Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)サフィックス

Realm for DNS suffix

このレルムの一部であるコンピュータの DNS アドレス

Name of host running KDC for realm

レルムの Key Distribution Center(KDC; 鍵発行局)を実行するホストの名前

Master KDC

プライマリまたはメイン KDC

Port

クライアントからの着信要求用に Kerberos サーバが使用するポート。デフォルトはポート 88 です。

 
関連コマンド

clear

(config) logging

show key-manager

各 WAAS デバイスのキー マネージャ情報を表示するには、 show key-manager EXEC コマンドを使用します。

show key-manager {key | status}

 
シンタックスの説明

key

Central Manager に登録されている各 WAE デバイスのキー マネージャの詳細情報を表示します。

status

暗号化ステータス情報全体を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

central-manager

表3-49 では、 show key-manager key 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-49 show key-manager key コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

WAE Device

デバイス名

Key ID

暗号キー識別番号

Creation Time

キーが作成された日時

Encryption Algorithm

暗号化アルゴリズム

 
関連コマンド

show statistics key-manager

show logging

WAAS デバイスのシステム メッセージ ログ設定を表示するには、 show logging EXEC コマンドを使用します。

show logging

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

WAAS デバイスで発生したイベントに関する情報を表示するには、システム メッセージ ログを使用します。 syslog.txt ファイルは、 /local1 ディレクトリに格納されています。

次の例は、WAAS デバイス上の Syslog ホスト設定を表示します。

WAE# show logging
Syslog to host is disabled
Priority for host logging is set to: warning
 
Syslog to console is disabled
Priority for console logging is set to: warning
 
Syslog to disk is enabled
Priority for disk logging is set to: notice
Filename for disk logging is set to: /local1/syslog.txt
 
Syslog facility is set to *
 
Syslog disk file recycle size is set to 1000000

 
関連コマンド

clear

(config) logging

show sysfs

show memory

WAAS デバイスのメモリ ブロックおよび統計情報を表示するには、 show memory EXEC コマンドを使用します。

show memory

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-50 では、 show memory 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-50 show memory コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Total physical memory

KB 単位の物理メモリの総量

Total free memory

総利用可能メモリ(KB 単位)

Total buffer memory

メモリ バッファのメモリ総量(KB 単位)

Total cached memory

メモリ キャッシュのメモリ総量(KB 単位)

Total swap

スワップ用途のメモリ総量(KB 単位)

Total free swap

スワップ用途に利用可能な総メモリ(KB 単位)

show ntp

WAAS デバイスの NTP パラメータを表示するには、 show ntp EXEC コマンドを使用します。

show ntp status

 
シンタックスの説明

status

NTP ステータスを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-51 では、 show ntp status 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-51 show ntp status コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

NTP

NTP がイネーブルかディセーブルかを示します。

server list

NTP サーバ IP およびサブネット アドレス

remote

リモート NTP サーバの名前(最初の 15 文字)

*

remote の欄で、クロックを同期化するシステム ピアを識別します。

+

remote の欄で、NTP 同期化に有効または適格なピアを識別します。

space

remote の欄で、ピアが拒否されたことを示します(ピアは NTP サーバに到達できないか、到達の際、過度の遅延が発生しています)。

x

remote の欄で、失敗したティックを示します。NTP サーバは、これを無視します。

-

remote の欄で、クロックの許容制限を超えた読み込みを示します。NTP サーバは、これを無視します。

refid

リモート NTP サーバを同期化するクロック リファレンス ID

st

クロック サーバ ストラタムまたはレイヤ。この例では、ストラタム 1 は上位レイヤです。

t

ピアのタイプ( l (ローカル)、 u (ユニキャスト)、 m (マルチキャスト)、 b (ブロードキャスト)

when

サーバから最後のパケットを受信したタイミングを秒単位で示します。

poll

時間確認または相関ポーリング インターバル(秒単位)

reach

8 ビット到達可能性レジスタ。最後のポーリング インターバル中にサーバに到達可能な場合は 1 が記録され、そうでない場合は 0 が記録されます。8 進数値 377 以上は、ポーリングがすべてサーバに到達したことを示します。

delay

要求側とサーバ間の推定遅延(ミリ秒単位)

offset

サーバを基準としたクロック オフセット

jitter

クロック ジッタ

 
関連コマンド

clock

(config) clock

(config) ntp

show policy-engine application

WAE のアプリケーション ポリシー情報を表示するには、show policy-engine application EXEC コマンドを使用します。

show policy-engine application {classifier [ app-classifier ] | dynamic | name}

 
シンタックスの説明

classifier

指定されたアプリケーション分類子に関する情報を表示します。分類子を指定しないと、このコマンドはすべての分類子に関する情報を表示します。単一一致を持つすべてのアプリケーション分類子が 1 行に表示されます。

app-classifier

(任意)アプリケーション分類子の名前。名前は 30 文字以内です。

dynamic

アプリケーション動的一致情報を示します。

name

アプリケーション名リストを示します。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

リストに追加する自動検出 CIFS ファイル サーバを表示するには、 show policy-engine application dynamic コマンドを使用します。サーバは、アクティビティが終了したあと、制限された時間(デフォルトでは 3 分)の間ダイナミック リストに表示され、別のクライアント要求により再度自動検出されるまで、ダイナミック リストから廃棄されます。

表3-52 では、 show policy-engine application classifier 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-52 show policy-engine application classifier コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Number of Application Classifiers:

設定されたアプリケーション分類子の数

0 to N

表3-53 では、 show policy-engine application dynamic 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-53 show policy-engine application dynamic コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

ダイナミック一致フリーリスト情報

Allocated

割り当て可能なダイナミック ポリシーの総数

In Use

現在使用しているダイナミック一致の数

Max In Use

最後のリブート以降に使用したダイナミック一致の最大数

Allocations

ダイナミック一致エントリが追加された回数

Individual Dynamic Match Information:

ダイナミック アプリケーション用に内部設定された一致値を表示します。ダイナミック アプリケーションは割り当てられたポートをスタティックに使用しませんが、ポートがアプリケーション トラフィックを処理するようネゴシエートします。

Number

リストの一致条件の数

Type

一致するトラフィックのタイプ。たとえば、Any-->Local は、送信元からローカル WAE へのトラフィックをテストします。

User Id

エントリを挿入したアクセラレータの数

Src

送信元の一致条件の値。値は ANY、LOCAL、IP アドレス、またはアプリケーションが適用されるポートです。

Dst

宛先一致条件の値。値は ANY、LOCAL、IP アドレス、またはアプリケーションが適用されるポートです。

Map Name

ダイナミック一致エントリが接続と一致した場合に呼び出されるポリシー エンジン アプリケーション マップ

Flags

異なる接続処理オプションを指定する動作フラグ

Seconds

ダイナミック一致エントリが終了する制限時間として指定された秒数

Remaining

ダイナミック一致エントリが期限切れになり、削除されるまでの残りの秒数

Hits

一致した接続の数

表3-54 では、 show policy-engine application name 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-54 show policy-engine application name コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Number of Applications:X

デフォルト アプリケーションすべてを含んだ、WAE で定義されたアプリケーションの数。WAAS には 150 を越えるデフォルトのアプリケーション ポリシーが含まれます(デフォルト アプリケーション ポリシーのリストについては、『 Cisco Wide Area Application Services Configuration Guide 』の付録 A を参照してください)。

次に、名前別に WAE で定義された各アプリケーションを示します。

1) Authentication (15)

アプリケーション名と数値の内部 ID。ポリシー エンジンでアプリケーション名を管理するのに使用します。

2) Backup (18)

3) Call-Management (17)

4) Conferencing (8)

5) Console (4)

6) Content-Management (21)

7) Directory-Services (6)

8) Email-and-Messaging (12)

9) Enterprise-Applications (13)

10) File-System (2)

11) File-Transfer (16)

12) Instant-Messaging (22)

13) Name-Services (25)

14) Network-Analysis (26)

15) P2P (7)

16) Printing (14)

17) Remote-Desktop (5)

18) Replication (20)

19) SQL (1)

20) SSH (24)

21) Storage (27)

22) Streaming (11)

23) Systems-Management (3)

24) VPN (23)

25) Version-Management (9)

26) WAFS (10)

27) Web (19)

28) Other (0)

 
関連コマンド

(config) policy-engine application classifier

(config) policy-engine application map adaptor EPM

(config) policy-engine application map adaptor WAFS transport

(config) policy-engine application map basic delete

(config) policy-engine application map basic disable

(config) policy-engine application map basic insert

(config) policy-engine application map basic list

(config) policy-engine application map basic move

(config) policy-engine application map basic name

(config) policy-engine application map other optimize DRE

(config) policy-engine application map other optimize full

(config) policy-engine application map other pass-through

(config) policy-engine application name

(config) policy-engine config

show policy-engine status

WAE のポリシー エンジンに関する高度な情報を表示するには、show policy-engine status EXEC コマンドを使用します。この情報にはアプリケーション名、分類子および条件など利用可能なリソースの使用状況が含まれます。

show policy-engine status

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

表3-55 では、 show policy-engine status 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-55 show policy-engine status コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Policy-engine resources usage:

表のカラムは Total、Used、および Available です。

Application names

アプリケーション名の総数。使用するアプリケーション名の数。利用可能なアプリケーション名の数。

Classifiers

設定された分類子の総数。使用する分類子の数。利用可能な分類子の数。許可された分類子の最大数は 512 です。

Conditions

設定された条件の総数。使用する条件の数。利用可能な条件の数。許可された一致条件の最大数は 1024 です。

Policies

設定されたポリシーの総数。使用するポリシーの数。利用可能なポリシーの数。許可されたポリシーの最大数は 512 です。

 
関連コマンド

(config) policy-engine application classifier

(config) policy-engine application map adaptor EPM

(config) policy-engine application map adaptor WAFS transport

(config) policy-engine application map basic delete

(config) policy-engine application map basic disable

(config) policy-engine application map basic insert

(config) policy-engine application map basic list

(config) policy-engine application map basic move

(config) policy-engine application map basic name

(config) policy-engine application map other optimize DRE

(config) policy-engine application map other optimize full

(config) policy-engine application map other pass-through

(config) policy-engine application name

(config) policy-engine config

show print-services

WAAS デバイス上の設定権限、プリント サービスまたはプリント サービス プロセスにアクセスできる管理ユーザを表示するには、 show print-services EXEC コマンドを使用します。

show print-services {drivers user username | process}

 
シンタックスの説明

process

プリント サーバおよびプリント スプーラに関する情報を表示します。

drivers

このプリント サーバのプリンタ ドライバを表示します。

user username

プリント管理グループに所属するユーザ名を指定します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-56 では、 show print-services process 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-56 show print-services process コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Print server is running.

プリント サーバの動作ステータス

Print spooler is running.

プリント スプーラの動作ステータス

プリント サーバのステータス

Samba version 3.0.20

使用する Samba バージョン

PID

プロセス ID。WAE Linux アプライアンス上の Samba プロセスのプロセス識別番号。

Username

Samba プロセスを開始した UNIX ユーザ

Group

ユーザが所属する UNIX グループ

Machine

マシン名と IP アドレス。マシン名は NetBIOS 名と同じです。

Service

プリント サーバに接続するため、クライアントが使用するリモート プロシージャ コール(RPC)ポート。値は常に IPC$ です。

pid

プロセス ID。WAE Linux アプライアンス上の Samba プロセスのプロセス識別番号。

machine

マシン名

Connected at

プリント サーバに接続する日時

No locked files

コメント行

プリント スプーラのステータス

scheduler is running

プリント スプーラ スケジューラの動作ステータス

system default destination

WAAS デフォルト プリント宛先(VistaPrinterOnWAAS)

device for (VistaPrinterOnWAAS)

システム デフォルト プリント宛先のソケット アドレス

(VistaPrinterOnWAAS) accepting requests

システム デフォルト プリント宛先のアベイラビリティ ステータス

printer (VistaPrinterOnWAAS) is idle. enabled

システム デフォルト プリンタの動作ステータス

 
関連コマンド

(config) authentication

(config) print-services

show authentication

windows-domain

(config) windows-domain

show processes

WAAS デバイスの CPU またはメモリ プロセスを表示するには、 show processes EXEC コマンドを使用します。

show processes [cpu | debug pid | memory | system [delay 1-60 | count 1-100 ]]

 
シンタックスの説明

cpu

(任意)CPU 利用率を表示します。

debug

(任意)指定されたプロセス ID のシステム コールと信号トレースを出力して、システムの進行状況を表示します。

pid

プロセス ID

memory

(任意)メモリ割り当てプロセスを表示します。

system

(任意)アップデートに関してシステムのロード情報を表示します。

delay

(任意)アップデート間の遅延を秒単位で指定します(1 ~ 60)。

count

(任意)表示されるアップデートの数を指定します(1 ~ 100)。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

ここに示す EXEC コマンドを使用して、システムの CPU 利用率を追跡して分析します。

show processes debug コマンドは、各プロセスによって作成された各システムコール(引数付き)の拡張内部システム コール情報と詳細なアカウント、および受信した信号を表示します。

show processes system コマンドを使用して、アップデートに関するシステムのロード情報を表示します。delay オプションは、アップデート間の遅延を秒単位で指定します。count オプションは、表示されるアップデートの数を指定します。このコマンドは次の項目を表示します。

ワイド形式でのすべてのプロセスのリスト

CPU リソースを利用するプロセスをリストした 2 つのテーブル。最初のテーブルは、CPU リソースの利用率の降順でのプロセスのリストを表示します。このリストは、プロセス システム(ps)出力が表示されたあとに取られたスナップショットに基づきます。第 2 のテーブルは、最初のスナップショットの 5 秒後に取られたスナップショットに基づいて同じプロセスを表示します。

対応するプロセスが、1 秒で区切った一連の 5 つのスナップショットで使用する仮想メモリ。


) これらのコマンドを使用すると、CPU 利用率とシステム パフォーマンスは深刻な影響を受けます。したがって、これらのコマンド、特に、show processes debug コマンドは、絶対に必要な場合以外には、使用しないようにしてください。


表3-57 では、 show processes 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-57 show processes コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

CPU Usage

ユーザ、システム オーバーヘッド、およびアイドルの各割合を示した CPU 利用率

PID

プロセス ID

STATE

対応するプロセスの現在の状態

R =稼働中
S = 割り込み待機でスリープ状態
D = 割り込み以外の待機でスリープ状態またはスワッピング
Z = ゾンビ
T = 信号でトレースまたは停止

PRI

プロセスのプライオリティ

User T

ユーザ時間の使用量(秒単位)

Sys T

システム時間の使用量(秒単位)

COMMAND

プロセス コマンド

Total

総利用可能メモリ(バイト単位)

Used

現在使用されているメモリ(バイト単位)

Free

利用可能な空きメモリ(バイト単位)

Shared

現在使用されている共有メモリ(バイト単位)

Buffers

現在使用されているバッファ メモリ(バイト単位)

Cached

現在使用されているキャッシュ メモリ(バイト単位)

SwapTotal

スワップ用途に利用可能な総メモリ(バイト単位)

show radius-server

WAAS デバイスの RADIUS 設定情報を表示するには、 show radius-server EXEC コマンドを使用します。

show radius-server

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-58 では、 show radius-server 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-58 show radius-server コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Login Authentication for Console/Telnet Session

RADIUS サーバが、ログイン認証に対してイネーブルになっているかどうかを示します。

Configuration Authentication for Console/Telnet Session

RADIUS サーバが、許可または設定認証に対してイネーブルになっているかどうかを示します。

Authentication scheme fail-over reason

プライマリ管理ログイン認証方式が失敗した場合はいつでも、管理ログイン認証のセカンダリ方式に WAAS デバイスがフェールオーバーするかどうかを示します。

RADIUS Configuration

RADIUS 認証設定

Key

RADIUS クライアント(WAAS デバイス)と RADIUS サーバ間のすべての通信の暗号化と認証に使用するキー

Timeout

WAAS デバイスが、タイムアウトを宣言するまで、指定された RADIUS 認証サーバからの応答を待つ秒数

Servers

WAAS デバイスが RADIUS 認証に使用する RADIUS サーバ

IP

RADIUS サーバのホスト名または IP アドレス

Port

RADIUS サーバが受信しているポート番号

 
関連コマンド

(config) radius-server

show running-config

端末に WAAS デバイスの現在の実行コンフィギュレーション情報を表示するには、
show running-config EXEC コマンドを使用します。このコマンドは write terminal コマンドに代わるものです。

show running-config

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドは show startup-config コマンドと組み合わせて使用し、稼動中のメモリの情報と、起動中に使用されるスタートアップ コンフィギュレーションとを比較します。

次の例は、WAAS デバイスの 現在実行中のコンフィギュレーションを表示します。

WAE# show running-config
! WAAS version 4.0.0
!
device mode central-manager
!
!
hostname waas-cm
!
!
!
!
!
exec-timeout 60
!
!
primary-interface GigabitEthernet 1/0
!
!
...

 
関連コマンド

configure

copy running-config

copy startup-config

show services

WAAS デバイスのサービス関連情報を表示するには、 show services EXEC コマンドを使用します。

show services {ports [ port-num ] | summary}

 
シンタックスの説明

ports

サービスをポート番号別に表示します。

port-num

(任意)最大 8 つのポート番号(1 ~ 65535)

summary

サービス要約を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

次の例は、サービスの要約を表示します。

WAE# show services summary
 
Service Ports
-----------------------------------------------------
CMS 1100 5256
NLM 4045
WAFS 1099
emdb 5432
MOUNT 3058
MgmtAgent 5252
WAFS_tunnel 4050
CMS_db_vacuum 5257
 

show smb-conf

Samba コンフィギュレーション ファイル smb.conf の WAAS デバイスの現在値を表示するには、 show smb-conf EXEC コマンドを使用します。

show smb-conf

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、トラブルシューティングの目的で、 smb.conf ファイルの global、print$、および printers パラメータの値を表示します。これらのパラメータの説明とその値については、「(config) smb-conf」 コマンドを参照してください。

次の例は、現在の設定におけるすべてのパラメータ値を表示します。

WAE# show smb-conf
 
Current smb-conf configurations -->
 
smb-conf section "global" name "ldap ssl" value "start_tls"
smb-conf section "printers" name "printer admin" value "root"
 
Output of current smb.conf file on disk -->
 
 
==============================================
 
# File automatically generated
 
 
[global]
idmap uid = 70000-200000
idmap gid = 70000-200000
winbind enum users = no
winbind enum groups = no
winbind cache time = 10
winbind use default domain = yes
printcap name = cups
load printers = yes
printing = cups
cups options = "raw"
force printername = yes
lpq cache time = 0
log file = /local/local1/errorlog/samba.log
max log size = 50
socket options = TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
smb ports = 50139
local master = no
domain master = no
preferred master = no
dns proxy = no
template homedir = /local/local1/
template shell = /admin-shell
ldap ssl = start_tls
comment = Comment:
netbios name = MYFILEENGINE
realm = ABC
wins server = 10.10.10.1
password server = 10.10.10.10
security = domain
 
[print$]
path = /state/samba/printers
guest ok = yes
browseable = yes
read only = yes
write list = root
 
 
[printers]
path = /local/local1/spool/samba
browseable = no
guest ok = yes
writable = no
printable = yes
printer admin = root
 
==============================================

 
関連コマンド

(config) smb-conf

windows-domain

(config) windows-domain

show snmp

WAAS デバイスの SNMP 通信のステータスを確認するには、 show snmp EXEC コマンドを使用します。

show snmp {alarm-history | engine ID | event | group | stats | user}

 
シンタックスの説明

alarm-history

SNMP アラーム履歴情報を表示します。

engineID

ローカル SNMP エンジンの ID を表示します。

event

Event MIB を介して設定されたイベントを表示します。

group

SNMP グループを表示します。

stats

SNMP 統計情報を表示します。

user

SNMP ユーザを表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドは、さまざまな SNMP 変数に関する情報と、SNMP 運用に関する統計情報を提供します。

表3-59 では、 show snmp alarm-history 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-59 show snmp alarm-history コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Index

リストされているアラームのシリアル番号を表示します。

Type

アラームが発生(R)したかクリア(C)されたかを示します。

Sev

アラーム重大度のレベル:クリティカル(Cr)、メジャー(Ma)、マイナー(Mi)

Alarm ID

WAE によって送信されるトラップには、数値のアラーム ID が含まれます。

ModuleID

WAE によって送信されるトラップには、数値のモジュール ID が含まれます(モジュール名をモジュール ID にマップする場合は、次の表を参照してください)。

Category

WAE によって送信されるトラップには、数値のカテゴリ ID が含まれます(カテゴリ名をカテゴリ ID にマップする場合は、次の表を参照してください)。

Descr

WAASS ソフトウェア アラームとアラームを生成したアプリケーションの説明を提供します。

表3-60 では、モジュール ID へのモジュール名のマッピングを要約します。

 

表3-60 モジュール名の ID 番号への要約

モジュール名
モジュール ID

AD_DATABASE

8000

NHM

1

NHM/NHM

2500

nodemgr

2000

standby

4000

sysmon

1000

UNICAST_DATA_RECEIVER

5000

UNICAST_DATA_SENDER

6000

表3-61 では、カテゴリ ID へのカテゴリ名のマッピングを要約します。

 

表3-61 カテゴリ名の ID 番号への要約

カテゴリ名
カテゴリ ID

Communications

1

Service Quality

2

Processing Error

3

Equipment

4

Environment

5

Content

6

表3-62 では、 show snmp engineID 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-62 show snmp engineID コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Local SNMP Engine ID

ローカル デバイス上の SNMP のコピーを識別するストリング

表3-63 では、 show snmp event 出力のフィールドについて説明します。 show snmp event コマンドは、「snmp trigger」 コマンドを使用して設定されたSNMP イベントに関する情報を表示します。

 

表3-63 show snmp event コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Mgmt Triggers

管理トリガーの出力。1、2、3 などの番号で識別されます。

(1): Owner:

トリガーを設定した人物の名前。「CLI」はデフォルトのオーナーです。システムには設定されたデフォルトのトリガーがあります。

(1):

トリガーの名前。この名前はローカルに一意で、管理上割り当てられています。たとえば、このフィールドには「isValid」というトリガー名が含まれています。番号は、 show 出力にリストされた最初の管理トリガーであることを示します。

Comment:

トリガーの機能および使用方法の説明。たとえば、WAFS ライセンス ファイルは有効ではありません。

Sample:

テスト サンプルを評価する基準。たとえば、Abs(Absolute)または Delta です。

Freq:

頻度。トリガーのサンプリングを待機する秒数。サンプリングでの一貫性を推奨するため、チェックの開始から次のチェックの開始までの間隔を測定し、チェックが完了したときではなく、間隔が経過するとただちにタイマーを再開します。

Test:

設定された SNMP トリガーに基づいて実行するトリガー検査のタイプ。Test フィールドには次の検査タイプが含まれます。

Absent ― 不在検査

Boolean ― ブール値検査

Equal ― 等価しきい値検査

Falling ― 下限しきい値検査

Greater-than ― しきい値を越える検査

Less-than ― しきい値未満の検査

On-change ― 変動の有無についての検査

Present ― 存在検査

Rising ― 上限しきい値検査

ObjectOwner:

snmp trigger create グローバル コンフィギュレーション コマンドまたは SNMP インターフェイスを使用してトリガーを作成したオブジェクト オーナーの名前。「CLI」はデフォルトのオーナーです。

Object:

オブジェクトを識別するストリング

ブール エントリ

Value:

トリガーを実行するかどうかを判断するためサンプリングする MIB オブジェクトの object identifier(OID; オブジェクト ID)

Cmp:

比較。実行するブール比較のタイプ。1 ~ 6 の番号は次のブール比較に対応します。

unequal(1)

equal(2)

less(3)

lessOrEqual(4)

greater(5)

greaterOrEqual(6)

Start:

このインスタンスを発生させる開始値

ObjOwn:

オブジェクト オーナー

Obj:

オブジェクト

EveOwn:

イベント オーナー

Eve:

イベント。SNMP イベントのタイプ。たとえば、CLI_EVENT です。

Delta Value Table:

デルタ サンプリングに関するトリガー情報を含んだテーブル

(0):

Thresh:

トリガー タイプがしきい値であるか検査するしきい値

Exis:

実行する存在検査のタイプ。値は 1 または 0 です。

Read:

MIB インスタンスがクエリーされたかどうかを示します。

OID:

オブジェクト ID(MIB インスタンスと同じ)

val:

値の ID

(2):

トリガーが設定されている MIB インスタンス。これは、 show 出力にリストされた 2 番めの管理トリガーです。このフィールドは、この show コマンドでリストされたインスタンスごとに繰り返されます。

表3-64 では、 show snmp group 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-64 show snmp group コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

groupname

SNMP グループの名前、または一般的なアクセス ポリシーを持ったユーザの集まり

security_model

グループが使用するセキュリティ モデル(v1、v2c、または v3 のいずれか)

readview

グループの読み取りビューを識別するストリング

writeview

グループの書き込みビューを識別するストリング

notifyview

グループの通知ビューを識別するストリング

表3-65 では、 show snmp stats 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-65 show snmp stats コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

SNMP packets input

入力された SNMP パケットの総数

Bad SNMP version errors

SNMP のバージョンが無効なパケットの数

Unknown community name

未知のコミュニティ名の SNMP パケットの数

Illegal operation for community name supplied

そのコミュニティで許可されていない動作を要求するパケットの数

Encoding errors

誤って符号化されている SNMP パケットの数

Number of requested variables

SNMP マネージャによって要求されている変数の数

Number of altered variables

SNMP マネージャによって変更されている変数の数

Get-request PDUs

受信した GET 要求の数

Get-next PDUs

受信した GET-NEXT 要求の数

Set-request PDUs

受信した SET 要求の数

SNMP packets output

ルータによって送信された SNMP パケットの総数

Too big errors

最大パケット サイズより大きな SNMP パケットの数

Maximum packet size

SNMP パケットの最大サイズ

No such name errors

存在しない MIB オブジェクトを指定した SNMP 要求の数

Bad values errors

MIB オブジェクトの無効な値を指定した SNMP SET 要求の数

General errors

その他のエラーが原因で失敗した SNMP SET 要求の数(No such name error、Bad values error など特定されているエラー以外のエラー)

Response PDUs

要求に対応して送信された応答数

Trap PDUs

送信された SNMP トラップの数

表3-66 では、 show snmp user 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-66 show snmp user コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

User name

SNMP ユーザの名前を識別するストリング

Engine ID

デバイス上の SNMP のコピー名を識別するストリング

Group Name

SNMP グループの名前、または一般的なアクセス ポリシーを持ったユーザの集まり

 
関連コマンド

(config) snmp-server community

(config) snmp-server contact

(config) snmp-server enable traps

(config) snmp-server group

(config) snmp-server host

(config) snmp-server location

(config) snmp-server mib

(config) snmp-server notify inform

(config) snmp-server user

(config) snmp-server view

snmp trigger

show ssh

WAAS デバイスの Secure Shell(SSH; セキュア シェル)サービスのステータスと設定情報を表示するには、 show ssh EXEC コマンドを使用します。

show ssh

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-67 では、 show ssh 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-67 show ssh コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

SSH server supports SSH2 protocol (SSH1 compatible).

プロトコルがステートメントをサポートします。

SSH service is not enabled.

SSH サービスがイネーブルであるかどうかのステータス

Currently there are no active SSH sessions.

アクティブな SSH セッションの数

Number of successful SSH sessions since last reboot:

最後のリブート以降、成功した SSH セッションの数

Number of failed SSH sessions since last reboot:

最後のリブート以降、失敗した SSH セッションの数

SSH key has not been generated or previous key has been removed.

SSH キーのステータス

SSH login grace time value is 300 seconds.

ログインに許可された時間

Allow 3 password guess(es).

許可されるパスワード推測の数

 
関連コマンド

(config) ssh-key-generate

(config) sshd

show standby

WAAS デバイスのスタンバイ インターフェイスに関する情報を表示するには、 show standby EXEC コマンドを使用します。

show standby

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

特定のスタンバイ グループ設定に関する情報を表示するには、 show interface standby standby group_num EXEC コマンドを入力します。

表3-68 では、 show standby 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-68 show standby コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Standby Group

スタンバイ グループを識別する番号

Description

description option of the interface グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定されたデバイスの説明

IP address

スタンバイ グループの IP アドレス

netmask

スタンバイ グループのネットマスク

Member interfaces

スタンバイ グループのメンバー インターフェイス。スタンバイ グループの一部である物理インターフェイスを示します。インターフェイスの定義を示します(GigabitEthernet 1/0 など)。

priority

各インターフェイスのプライオリティ ステータス

Active interface

現在、スタンバイ グループでアクティブであるインターフェイス

Maximum errors allowed on the active interface

アクティブ インターフェイス上で許可されたエラーの最大数

 
関連コマンド

show interface

show running-config

show startup-config

(config-if) standby

show startup-config

WAAS デバイスのスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config EXEC コマンドを使用します。

show startup-config

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

この EXEC コマンドを使用して、初期起動中に使用される設定(NVRAM [不揮発性 RAM] に保存)を表示します。このコマンドと、 show running-config コマンドの出力の違いに注意してください。

次の例は、WAAS デバイスの始動時に使用するために保存された設定を表示します。

WAE# show startup-config
! WAAS version 4.0.0
!
device mode central-manager
!
!
hostname Edge-WAE1
!
!
!
!
!
exec-timeout 60
!
!
primary-interface GigabitEthernet 1/0
!
!
!
interface GigabitEthernet 1/0
ip address 10.10.10.33 255.255.255.0
exit
interface GigabitEthernet 2/0
shutdown
...

 
関連コマンド

configure

copy running-config

show running-config

show statistics authentication

WAAS デバイスの認証統計情報を表示するには、show statistics authentication EXEC コマンドを使用します。

show statistics authentication

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

記録された認証アクセス要求、拒否、許可の数を表示するには、 show statistics authentication コマンドを使用します。

次の例は、WAAS デバイスでの認証に関連する統計情報を表示します。

WAE# show statistics authentication
Authentication Statistics
--------------------------------------
Number of access requests: 115
Number of access deny responses: 12
Number of access allow responses: 103

 
関連コマンド

(config) authentication

clear

show authentication

show statistics cifs

CIFS 統計情報を表示するには、show statistics cifs EXEC コマンドを使用します。

show statistics cifs {cache eviction | requests}

 
シンタックスの説明

cache

CIFS キャッシュの統計情報

eviction

CIFS キャッシュ除去のステータス

requests

CIFS 要求の統計情報

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

要求タイプ別に項目化された CIFS トラフィックの詳細を表示するには、 show statistics cifs EXEC コマンドを使用します。このコマンドは、システムの使用方法を理解する場合に便利です。たとえば、要求にはデータ転送、ブラウジング、データベース アクティビティ、または他の目的のためのものなどがあります。トラブルシューティング目的で、これらの統計情報とパフォーマンス問題を関連付けられます。または、これらの統計情報を使用して、どの特定のパフォーマンス最適化を設定するかを決定することもできます。

表3-69 では、 show statistics cifs requests 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-69 show statistics cifs requests コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Statistics gathering period

統計情報収集期間の時間、分、秒、およびミリ秒の数

Total

CIFS 要求の総数

Remote

ローカル キャッシュから処理されなかった CIFS 要求の数

ALL_COMMANDS

表示された CIFS コマンドすべてのエイリアス

total

すべてのコマンドの要求の総数

remote

すべてのコマンドのリモート要求の数

async

すべてのコマンドの async 要求の数

avg local

すべてのコマンドのローカル要求の平均時間(ミリ秒単位)

avg remote

すべてのコマンドのリモート要求の平均時間(ミリ秒単位)

CONNECT

接続確認コマンド

total

このコマンドの要求の総数

remote

このコマンドのリモート要求の数

async

このコマンドの async 要求の数

avg local

このコマンドのローカル要求の平均時間(ミリ秒単位)

avg remote

このコマンドのリモート要求の平均時間(ミリ秒単位)

NB_SESSION_REQ

NetBIOS セッション要求コマンド

VFN_LIVELINESS

Liveliness 確認コマンド

 
関連コマンド

cifs

show cifs

show statistics content-distribution-network

WAAS Central Manager に登録されている WAE またはデバイス グループのステータスを表示するには、show statistics content-distribution-network EXEC コマンドを使用します。このコマンドは WAAS Central Manager だけで利用できます。

show statistics content-distribution-network device status device_id

 
シンタックスの説明

device status

WAAS Central Manager に登録されている WAE またはデバイス グループのスターテスを表示します。

device_id

デバイスまたはデバイス グループの名前または ID

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

central-manager

 
使用上のガイドライン

show statistics content-distribution-network EXEC コマンドを使用し、デバイス グループ内の WAE に関する ID 詳細情報を表示し、WAE がオンラインになっているか確認します。

次の例は、WAAS Central Manager に登録されている WAE の ID 詳細情報を表示します。

WAE# show statistics content-distribution-network device status edge-wae-11
Device id="CdmConfig_142" name="edge-wae-11" status="Online";
 

show statistics dre

WAE の Data Redundancy Elimination(DRE)一般統計情報を表示するには、show statistics dre EXEC コマンドを使用します。

show statistics dre

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

表3-70 では、 show statistics dre 出力のフィールドについて説明します。このコマンドは、すべての接続の集約された統計情報を表示します。

 

表3-70 show statistics dre コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Cache

集約された DRE キャッシュ データ統計情報

Status

現在の DRE ステータス。Status 値には、Initializing、Usable、Temporarily Fail、および Fail が含まれます。

Oldest Data (age)

DRE データが、日(d)、時間(h)、分(m)、および秒(s)形式でキャッシュに保存された時間。

たとえば、「1d1h」は 1 日、1 時間を意味します。

Total usable disk size

DRE キャッシュに割り当てられた総ディスク スペース

Used (%)

使用する総 DRE キャッシュ ディスク スペースの比率

Hash table RAM size

DRE ハッシュ テーブルに割り当てられたメモリ量

Used (%)

DRE ハッシュ テーブルに使用する割り当てメモリの比率

完了した接続

Total (cumulative):

処理された累積接続の数

Active:

まだオープンである接続の数

Encode

圧縮されたメッセージの統計情報

Overall:[msg | in | out | ratio]

圧縮されたメッセージの集約情報

msg = メッセージの総数

in = 圧縮までのバイト数

out = 圧縮後のバイト数

ratio = 圧縮された総バイト数の比率

DRE:[msg | in | out | ratio]

DRE メッセージ数

DRE bypass

圧縮のためバイパスされた DRE メッセージの数

LZ:[msg | in | out | ratio]

LZ メッセージの数


) DRE 圧縮が適用されたあとに LZ 圧縮が適用されます(必ず DRE 圧縮が最初に適用されます)。


LZ Bypass:[msg | in | out | ratio]

圧縮のためバイパスされた LZ メッセージの数

Average Latency

DRE と LZ 両方のメッセージ 1 つを圧縮する平均時間(ミリ秒 [ms] 単位)

Message size distribution

各サイズのグループに分類されるメッセージの比率(message size フィールドは 6 つのサイズのグループに分割されます)

Decode

圧縮解除されたメッセージの統計情報

Overall:[msg | in | out | ratio]

圧縮解除されたメッセージの集約情報

msg = メッセージの総数

in = 圧縮解除までのバイト数

out = 圧縮解除後のバイト数

ratio = 圧縮解除された総バイト数の比率

DRE:[msg | in | out | ratio]

DRE メッセージ数

DRE Bypass [msg | in]

圧縮解除のためバイパスされた DRE メッセージの数

LZ:[msg | in | out | ratio]

LZ メッセージの数

LZ Bypass:[msg | in]

圧縮解除のためバイパスされた LZ メッセージの数

Latency (Last 3 sec):[max | avg]

DRE と LZ 両方のメッセージ 1 つを圧縮解除する最大時間(ミリ秒単位)。

DRE と LZ 両方のメッセージ 1 つを圧縮解除する平均時間(ミリ秒単位)。

Message size distribution

各サイズのグループに分類されるメッセージの比率(message size フィールドは 6 つのサイズのグループに分割されます)

 
関連コマンド

debug

show statistics dre connection

show statistics dre peer

show statistics dre connection

WAE の Data Redundancy Elimination(DRE)接続統計情報を表示するには、show statistics dre connection EXEC コマンドを使用します。

show statistics dre connection [active [client-ip { ip_address | hostname } | client-port port |
id connection_id | last | peer-no peer_id | server-ip { ip_address | hostname } | server-port port ] | client-ip { ip_address | hostname } | client-port port | id connection_id | last | peer-no peer_id | server-ip { ip_address | hostname } | server-port port ]

 
シンタックスの説明

active

(任意)すべてのアクティブな接続の統計情報を表示します。

client-ip

(任意)指定された IP アドレスまたはホスト名をもつクライアントの接続統計情報を表示します。

ip_address

クライアントまたはサーバの IP アドレス

hostname

クライアントまたはサーバのホスト名

client-port

(任意)指定されたポート番号をもつクライアントの接続統計情報を表示します。

port

クライアントまたはサーバのポート番号(1 ~ 65535)

id

(任意)指定された識別子をもつ接続の接続統計情報を表示します。

connection_id

接続を識別する 0 ~ 4294967295 の数字

last

(任意)直近の接続の統計情報を表示します。

peer-no

(任意)指定された識別子をもつピアの接続統計情報を表示します。

peer_id

ピアを識別する 0 ~ 4294967295 の数字

server-ip

(任意)指定された IP アドレスとホスト名をもつサーバの接続統計情報を表示します。

server-port

(任意)指定されたポート番号をもつサービスの接続統計情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

このコマンドは DRE 圧縮が適用されている個々の TCP 接続の統計情報を表示します。この情報はリアルタイムでアップデートされます。

オプションなしでこのコマンドを使用すると、DRE が適用される WAE 上のすべての TCP 接続のオンライン要約を表示します。ある接続の詳細統計情報を取得するには、コマンド オプションを使用して接続を絞り込みます。大半のフィルタは詳細統計情報を表示します。一部のフィルタ(ピア番号など)はサマリー情報を表示し、詳細は表示しません。

表3-71 では、 show statistics dre connection 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-71 show statistics dre connection コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Conn-ID

接続ごとにデバイスによって割り当てられた接続 ID

Peer No.

ピア圧縮デバイスに割り当てられた番号

Client-ip:port

TCP 接続を初期化したクライアント デバイスの IP アドレスとポート(ユーザの PC やノート型パソコンなど)

Server-ip:port

サーバの IP アドレスおよびポート

Encode-in

圧縮によるバイト数

Decode-in

圧縮解除によるバイト数

PID

ピア ID。ピア デバイスのMAC(メディア アクセス制御)アドレス。

Status

接続ステートおよびステートの時間可能な値は Active または Closed です。

A = アクティブ

C = クローズド

たとえば、C(22h) は接続が 22 時間の間、閉じていたことを示します。

 
関連コマンド

debug

show statistics dre connection

show statistics dre peer

WAE の Data Redundancy Elimination(DRE)ピア統計情報を表示するには、 show statistics dre peer EXEC コマンドを使用します。

show statistics dre peer { context context-value [ ip ip-address | peer-id peer-id |
peer-no peer-no ] | ip ip-address [ context context-value | ip ip-address | peer-id peer-id | peer-no peer-no ] | peer-id peer-id [ context context-value | ip ip-address | peer-no peer-no ] |
peer-no peer-no [ context context-value | ip ip-address | peer-id peer-id ]}

 
シンタックスの説明

context

指定されたコンテキストのピア統計情報を表示します。

context-value

コンテキスト(0 ~ 4294967295)

ip

(任意)ピアの IP アドレスを指定します。

ip_address

ピアの IP アドレス

peer-id

(任意)ピアの MAC アドレスを指定します。

peer-id

ピア ID(0 ~ 4294967295)

peer-no

(任意)ピア番号を指定します。

peer-no

ピア番号

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

表3-72 では、 show statistics dre peer 出力のフィールドについて説明します。このコマンドは DRE ピア デバイス接続情報を表示します。

 

表3-72 show statistics dre peer コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Peer-No

ピア圧縮デバイスに割り当てられた番号

Context

DRE デバッグ トレースのコンテキスト ID

Peer-ID

ピア デバイスの MAC アドレス

Hostname

ピア デバイスのホスト名

Cache

ピアが示す DRE キャッシュ データ統計情報

Used disk:

DRE キャッシュのディスク上で使用する MB 数

Age:

DRE データが、日(d)、時間(h)、分(m)、および秒(s)形式でキャッシュに保存された時間

接続

Total (cumulative):

処理された累積接続の数

Active:

まだオープンである接続の数

同時接続(最後の 2 分)

max

最後の 2 分間での同時接続の数

avg

最後の 2 分間での同時接続の平均数

Encode

圧縮されたメッセージの統計情報

Overall:[msg | in | out | ratio]

圧縮されたメッセージの集約情報

msg = メッセージの総数

in = 圧縮解除までのバイト数

out = 圧縮解除後のバイト数

ratio = 圧縮された総バイト数の比率

DRE:[msg | in | out | ratio]

DRE メッセージ数

DRE Bypass:[msg | in]

圧縮のためバイパスされた DRE メッセージの数

LZ:[msg | in | out | ratio]

LZ メッセージの数

LZ Bypass:[msg | in]

圧縮のためバイパスされた LZ メッセージの数

Message size distribution

各サイズのグループに分類されるメッセージの比率(message size フィールドは 6 つのサイズのグループに分割されます)

Decode

圧縮解除されたメッセージの統計情報

Overall:[msg | in | out | ratio]

圧縮解除されたメッセージの集約情報

msg = メッセージの総数

in = 圧縮解除までのバイト数

out = 圧縮解除後のバイト数

ratio = 圧縮解除された総バイト数の比率

DRE:[msg | in | out | ratio]

DRE メッセージ数

DRE Bypass:[msg | in]

圧縮解除のためバイパスされた DRE メッセージの数

LZ:[msg | in | out | ratio]

LZ メッセージの数

LZ Bypass:[msg | in]

圧縮解除のためバイパスされた LZ メッセージの数

Latency (Last 3 sec):[max | avg]

DRE と LZ 両方のメッセージ 1 つを圧縮解除する最大時間(ミリ秒単位)。

DRE と LZ 両方のメッセージ 1 つを圧縮解除する平均時間(ミリ秒単位)。

Message size distribution

各サイズのグループに分類されるメッセージの比率(message size フィールドは 6 つのサイズのグループに分割されます)

 
関連コマンド

debug

show statistics dre connection

show statistics epm

WAE のEndPoint Mapper(EPM) 統計情報を表示するには、show statistics epm EXEC コマンドを使用します。

show statistics epm

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

このコマンドは記録された要求と応答の総数を表示します。

表3-73 では、 show statistics epm 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-73 show statistics epm コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Total requests

EPM アダプタによって処理された要求の数(接続ごとに 1 回増加)

success

EPM アダプタによって正常に解析された EPM 要求の数

fault

不良クライアント要求(または EPM アダプタによる処理を必要としない有効な要求)により、正常に処理されなかった接続の数

Total responses

EPM アダプタによって処理された応答の数(接続ごとに 1 回増加)

policy match

EPM アダプタによって正常に処理された接続の数(たとえば、作成されたダイナミック一致など)

UUID not configured

ポリシー エンジンに設定されていないサービスを、クライアントが要求した回数

service unavailable

サーバが利用できないことを通知するサービスを、クライアントが要求した回数

fault

不良クライアント応答またはクライアント応答の処理中に発生した内部エラーにより、正常に処理されなかった接続の数

 
関連コマンド

(config) policy-engine application map adaptor EPM

show statistics flow

WAAS デバイスのフロー統計情報を表示するには、show statistics flow EXEC コマンドを使用します。

show statistics flow {filters | monitor tcpstat-v1}

 
シンタックスの説明

filters

フロー フィルタ統計情報を表示します。

monitor

パフォーマンス統計情報を表示します。

tcpstat-v1

tcpstat-v1 コレクタの統計情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

表3-74 では、 show statistics flow filters 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-74 show statistics flow filters コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Number of Filters

フィルタの数

Status

フィルタがイネーブルまたはディセーブルであるかどうかのステータス

Capture Mode

フィルタの動作。値には FILTER または PROMISCUOUS が含まれます。混合モード動作は現在、WAAS では利用できません。

Server

フローを監視するサーバの IP アドレス リスト

Flow Hits

サーバ別のフロー ヒットの数

Flags

フローを識別するフラグ

CSN:非最適化されたクライアント側(エッジ)

SSO:最適化されたサーバ側(エッジ)

CSO:最適化されたクライアント側(コア)

SSN:非最適化されたサーバ側(コア)

PT:パススルー(Edge/Core/Intermediate)

IC:内部クライアント

表3-75 では、 show statistics flow monitor 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-75 show statistics flow monitor コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

ホスト接続

Configured host address

接続用 tcpstat-v1 コンソールの IP アドレス

Connection State

接続のステート

Connection Attempts

接続試行の数

Connection Failures

接続失敗の数

Last connection failure

最後に接続が失敗した日時

Last configuration check sent

最後の設定チェックが送信された日時

Last registration occurred

最後の登録が行われた日時

Host Version

接続用 tcpstat-v1 コンソールのバージョン番号

コレクタ接続

Collector host address:port

ホスト接続を通じて特定された tcpstat-v1 アグリゲータの IP アドレスおよびポート番号

Connection State

接続のステート

Connection Attempts

接続試行の数

Connection Failures

接続失敗の数

Last connection failure

最後に接続が失敗した日時

Last configuration check sent

最後の設定チェックが送信された日時

Last update sent

最後のアップデートが送信された日時

Updates sent

送信されたアップデートの数

Summaries discarded

ストレージ用に割り当てられたディスク スペースが限界に達し、廃棄されたサマリーの数。

このフィールドの数は、サマリーをコレクタに転送する能力より高速で収集している場合を示します。

このフィールドのカウンタは、data_update アラームを生成します。

Last registration occurred

最後の登録が行われた日時

Host Version

接続用 tcpstat-v1 アグリゲータのバージョン番号

収集統計情報

Collection State

サマリー収集動作のステート

Summaries collected

収集されたサマリーの数。サマリーは、監視されるトラフィックのパケット ダイジェストです。

Summaries dropped

ドロップされたサマリーの総数。これは次のサブカテゴリの合計です。

Dropped by TFO

メモリを割り当てることができないなどのエラーにより、TFO によってドロップされたパケットの数

Dropped due to backlog

キュー制限に達したことによりドロップされたパケットの数。

このカウンタは、フロー モニタ アプリケーションが受信されるサマリーの数に対応可能かどうかを示します。

Summary backlog

WAE のコレクタ モジュールによって読み取られるために、キューで待機するパケットの数

Last drop occurred

最後のパケットがドロップされた日時

 
関連コマンド

clear

show statistics icmp

WAAS デバイスの ICMP 統計情報を表示するには、show statistics icmp EXEC コマンドを使用します。

show statistics icmp

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-76 では、 show statistics icmp 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-76 show statistics icmp コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

ICMP messages received

エンティティが受信した Internet Control Message Protocol(ICMP; インターネット制御メッセージ プロトコル)メッセージの総数。ICMP 入力エラーとしてカウントされたメッセージすべてを含みます。

ICMP messages receive failed

エンティティが受信したにもかかわらず、ICMP 固有のエラー(不良 ICMP チェックサム、長さ不良など)があると判断した ICMP メッセージの数

Destination unreachable

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Timeout in transit

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Wrong parameters

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Source quenches

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Redirects

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Echo requests

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Echo replies

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Timestamp requests

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Timestamp replies

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Address mask requests

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Address mask replies

受信したこのタイプの ICMP メッセージの数

ICMP messages sent

このエンティティが送信しようとした ICMP メッセージの総数。このカウンタには、ICMP 出力エラーとしてカウントされたメッセージがすべて含まれます。

ICMP messages send failed

バッファの不足などの ICMP 内の問題により、このエンティティが送信しなかった ICMP メッセージの数

Destination unreachable

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Time exceeded

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Wrong parameters

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Source quenches

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Redirects

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Echo requests

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Echo replies

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Timestamp requests

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Timestamp replies

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Address mask requests

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

Address mask replies

送信したこのタイプの ICMP メッセージの数

 
関連コマンド

clear

show statistics ip

WAAS デバイスの IP 統計情報を表示するには、show statistics ip EXEC コマンドを使用します。

show statistics ip

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-77 では、 show statistics ip 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-77 show statistics ip コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

IP 統計情報

Total packets in

インターフェイスから受信した入力データグラムの総数。入力エラーとしてカウントされたデータグラムすべてを含みます。

with invalid address

IP ヘッダー宛先フィールドの IP アドレスが、このエンティティで受信される有効なアドレスでなかったことにより、廃棄された入力データグラムの数。この数には、無効なアドレス(0.0.0.0 など)と、サポートされていないクラス(クラス E など)のアドレスが含まれます。IP ゲートウェイではなく、データグラムを転送しないエンティティの場合、宛先アドレスがローカル アドレスではないので、このカウンタには廃棄されたデータグラムが含まれます。

with invalid header

IP ヘッダのエラー(不良チェックサム、バージョン番号の不一致、その他の形式エラー、Time-to-Live(TTL; 存続可能時間)超過エラー、IP オプションの処理中に検出されたエラーなどを含む)により、廃棄された入力データグラムの数

forwarded

このエンティティが最終の IP 宛先ではなかった入力データグラムの数。結果的に最終の宛先に転送するためのルートを検出しようとします。IP ゲートウェイとして機能しないエンティティでは、このカウンタには、このエンティティ経由でソースルートであったパケットのみが含まれます。ソースルート オプションは正常に処理されます。

unknown protocol

プロトコルが不明であるか、サポートされていないので、正常に受信したものの廃棄されたローカル アドレス データグラムの数

discarded

処理の続行を妨げる問題がなかったにもかかわらず、(バッファ スペースの不足などにより)廃棄された入力 IP データグラムの数。この数には、再構成の待機中に廃棄されたデータグラムは含まれません。

delivered

IP ユーザ プロトコル(ICMP を含む)に正常に配信された入力 IP データグラムの総数

Total packets out

ローカル IP ユーザ プロトコル(ICMP を含む)が送信要求に対して提供した、IP データグラムの総数。この数には、転送フィールドでカウントされたデータグラムは含まれません。

dropped

宛先への送信を妨げる問題がなかったにもかかわらず、(バッファ スペースの不足などにより)廃棄された出力 IP データグラムの数。パケットがこの廃棄基準(任意)を満たしている場合、このカウントには転送フィールドでカウントされたデータグラムが含まれます。

dropped (no route)

宛先に送信するためのルートが検出できなかったので廃棄された IP データグラムの数。このカウンタには、このルート基準を満たさない、転送フィールドでカウントされたパケットや、デフォルト ゲートウェイがすべてダウンしているので、ホストがルーティングできなかったデータグラムが含まれます。

Fragments dropped after timeout

このエンティティで再構成の待機中に受信したフラグメントが保持される最大秒数

Reassemblies required

このエンティティで受信した、再構成する必要がある IP フラグメントの数

Packets reassembled

正常に再構成した IP データグラムの数

Packets reassemble failed

IP 再構成アルゴリズムが検出した障害の数(タイムアウト、エラーなど理由は問いません)。このカウントは、必ずしも、廃棄された IP フラグメントのカウントではありません。これは、一部のアルゴリズム(特に、RFC 815 のアルゴリズム)では、フラグメントの受信時に結合するので、フラグメント数を追跡できなくなるからです。

Fragments received

このエンティティで正常にフラグメント化された IP データグラムの総数

Fragments failed

このエンティティでフラグメント化する必要があったにもかかわらず、フラグメント化できなかった(Don’t Fragment フラグが設定されていた)ので、廃棄された IP データグラムの数

Fragments created

このエンティティでのフラグメンテーションの結果とし生成された IP データグラム フラグメントの数

 
関連コマンド

clear

(config) ip

(config-if) ip

show ip routes

show statistics key-manager

各 WAAS デバイスのキー マネージャ情報を表示するには、 show statistics key-manager EXEC コマンドを使用します。

show statistics key-manager

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

central-manager

表3-78 では、 show statistics key-manager 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-78 show statistics key-manager コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Count of Retrieve key

取得した暗号キーの数

Count of Create new key

作成した新しいキーの数

 
関連コマンド

show statistics key-manager

show statistics netstat

WAAS デバイスのインターネット ソケット接続統計情報を表示するには、show statistics netstat EXEC コマンドを使用します。

show statistics netstat

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-79 では、 show statistics netstat 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-79 show statistics netstat コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Active Internet connections (w/o servers)

次の出力では、この WAE の間のオープンなインターネット接続すべてのリストを表示します。

Proto

TCP や UDP などのインターネット接続で使用するレイヤ 4 プロトコル

Recv-Q

接続上の受信方向のレイヤ 4 プロトコル スタックによってバッファリングされたデータ量

Send-Q

接続上の送信方向のレイヤ 4 プロトコル スタックによってバッファリングされたデータ量

Local Address

接続の WAE エンド ポイントで使用する IP アドレスおよびレイヤ 4 ポート

Foreign Address

接続のリモート エンド ポイントで使用する IP アドレスおよびレイヤ 4 ポート

State

接続のレイヤ 4 ステート。TCP ステートには、ESTABLISHED、TIME-WAIT、LAST-ACK、CLOSED、CLOSED-WAIT、SYN-SENT、SYN-RCVD、SYN-SENT、SYN-ACK-SENT、および LISTEN が含まれます。

show statistics radius

WAAS デバイスの RADIUS 認証統計情報を表示するには、show statistics radius EXEC コマンドを使用します。

show statistics radius

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-80 では、 show statistics radius 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-80 show statistics radius コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

RADIUS 統計情報

認証

Number of access requests

アクセス要求の数

Number of access deny responses

アクセス拒否応答の数

Number of access allow responses

アクセス許可応答の数

許可

Number of authorization requests

許可要求の数

Number of authorization failure responses

許可失敗応答の数

Number of authorization success responses

許可成功応答の数

アカウンティング

Number of accounting requests

アカウンティング要求の数

Number of accounting failure responses

アカウンティング失敗応答の数

Number of accounting success responses

アカウンティング成功応答の数

 
関連コマンド

clear

(config) radius-server

show radius-server

show statistics services

WAAS デバイスのサービス統計情報を表示するには、show statistics services EXEC コマンドを使用します。

show statistics services

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-81 では、 show statistics services 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-81 show statistics services コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Port Statistics

WAAS デバイス上の各ポートのサービス関連統計情報

Port

ポート番号

Total Connections

接続の総数

 
関連コマンド

show services

show statistics snmp

WAAS デバイスの SNMP統計情報を表示するには、show statistics snmp EXEC コマンドを使用します。

show statistics snmp

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-82 では、 show statistics snmp 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-82 show statistics snmp コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

SNMP packets input

入力された SNMP パケットの総数

Bad SNMP version errors

SNMP のバージョンが無効なパケットの数

Unknown community name

未知のコミュニティ名の SNMP パケットの数

Illegal operation for community name supplied

そのコミュニティで許可されていない動作を要求するパケットの数

Encoding errors

誤って符号化されている SNMP パケットの数

Number of requested variables

SNMP マネージャによって要求されている変数の数

Number of altered variables

SNMP マネージャによって変更されている変数の数

Get-request PDUs

受信した GET 要求の数

Get-next PDUs

受信した GET-NEXT 要求の数

Set-request PDUs

受信した SET 要求の数

SNMP packets output

ルータによって送信された SNMP パケットの総数

Too big errors

最大パケット サイズより大きな SNMP パケットの数

Maximum packet size

SNMP パケットの最大サイズ

No such name errors

存在しない MIB オブジェクトを指定した SNMP 要求の数

Bad values errors

MIB オブジェクトの無効な値を指定した SNMP SET 要求の数

General errors

その他のエラーが原因で失敗した SNMP SET 要求の数(No such name error、Bad values error など特定されているエラー以外のエラー)

Response PDUs

要求に対応して送信された応答数

Trap PDUs

送信された SNMP トラップの数

 
関連コマンド

show snmp

(config) snmp-server user

(config) snmp-server view

show statistics tacacs

WAAS デバイスの TACACS+ 認証および許可統計情報を表示するには、show statistics tacacs EXEC コマンドを使用します。

show statistics tacacs

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-83 では、 show statistics tacacs 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-83 show statistics tacacs コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

TACACS+ 統計情報

認証

Number of access requests

アクセス要求の数

Number of access deny responses

アクセス拒否応答の数

Number of access allow responses

アクセス許可応答の数

許可

Number of authorization requests

許可要求の数

Number of authorization failure responses

許可失敗応答の数

Number of authorization success responses

許可成功応答の数

アカウンティング

Number of accounting requests

アカウンティング要求の数

Number of accounting failure responses

アカウンティング失敗応答の数

Number of accounting success responses

アカウンティング成功応答の数

 
関連コマンド

clear

(config) tacacs

show tacacs

show statistics tcp

WAAS デバイスの TCP 統計情報を表示するには、show statistics tcp EXEC コマンドを使用します。

show statistics tcp

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-84 では、 show statistics tcp 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-84 show statistics tcp コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

TCP 統計情報

Server connection openings

TCP 接続が CLOSED ステートから SYN-SENT ステートに直接移行した回数

Client connection openings

TCP 接続が LISTEN ステートから SYN-RCVD ステートに直接移行した回数

Failed connection attempts

TCP 接続が SYN-SENT ステートまたは SYN-RCVD ステートのいずれかから CLOSED ステートに直接移行した回数。および TCP 接続が SYN-RCVD ステートから LISTEN ステートに直接移行した回数。

Connections established

現在のステートが ESTABLISHED または CLOSE-WAIT のいずれかである TCP 接続の数

Connections resets received

TCP 接続が ESTABLISHED ステートまたは CLOSE-WAIT ステートのいずれかから CLOSED ステートに直接移行した回数。

Connection resets sent

RST フラグを含む、送信された TCP セグメントの数

Segments received

受信したセグメントの総数。受信エラーのあったものを含みます。このカウントには、現在確立されている接続で受信したセグメントが含まれます。

Segments sent

送信されたセグメントの総数。現在の接続上で送信されたものを含みますが、再送信されたオクテットのみを含んだものは除外します。

Bad segments received

受信した不良セグメントの数

Segments retransmitted

再送信されたセグメントの総数。すなわち、すでに送信済みの 1 つまたは複数のオクテットを含む、送信された TCP セグメントの数。

Retransmit timer expirations

再送信タイマーの満了によって再送信された TCP パケットの数

Server segments received

サーバから受信した TCP パケットの数

Server segments sent

サーバに送信された TCP パケットの数

Server segments retransmitted

サーバに再送信された TCP パケットの数

Client segments received

クライアントから受信した TCP パケットの数

Client segments sent

クライアントに送信された TCP パケットの数

Client segments retransmitted

クライアントに再送信された TCP パケットの数

TCP 拡張統計情報

Sync cookies sent

SYN パケットに応じて SYN cookie を使用して送信された SYN-ACK パケットの数

Sync cookies received

デバイスによって SYN-ACK パケットで送信された正しい SYN cookie を使用して、受信した ACK パケットの数

Sync cookies failed

デバイスによって SYN-ACK パケットで送信された不正な SYN cookie を使用して、受信した ACK パケットの数

Embryonic connection resets

TCP 接続が SYN-RCVD ステート、SYN-SENT ステート、または SYN-ACK-SENT ステートのいずれかから CLOSED ステートに直接移行した回数

Prune message called

デバイスが、接続用に割り当てられたメモリ プールを超過した回数

Packets pruned from receive queue

メモリ オーバーランにより、接続の受信キューからドロップされたパケットの数

Out-of-order-queue pruned

メモリ オーバーランにより、out-of-order キューがプルーニングされた回数

Out-of-window Icmp messages

受信したウィンドウからの、TCP 接続上で受信した ICMP パケットの数

Lock dropped Icmp messages

ソケットがビジー状態なのでドロップされた ICMP パケットの数

Arp filter

ARP フィルタによりドロップされた ICMP 応答の数

Time-wait sockets

TCP 接続が TIME-WAIT ステートから CLOSED ステートに移行した回数

Time-wait sockets recycled

TCP 接続が TIME-WAIT ステートから CLOSED ステートに移行した回数

Time-wait sockets killed

TCP 接続が TIME-WAIT ステートから CLOSED ステートに移行した回数

PAWS passive

PAWS チェックの失敗によりドロップされた着信 SYN パケットの数

PAWS active

PAWS チェックの失敗によりドロップされた着信 SYN-ACK パケットの数

PAWS established

PAWS チェックの失敗により ESTABLISHED ステートでドロップされたパケットの数

Delayed acks sent

送信された遅延 ACK の数

Delayed acks blocked by socket lock

ソケットのビジー状態により延期された遅延 ACK の数

Delayed acks lost

失われた遅延 ACK の数

Listen queue overflows

受信サーバ キューのオーバーフローにより、ドロップされた着信 TCP 接続の数

Connections dropped by listen queue

内部エラーによりドロップされた着信 TCP 接続の数

TCP packets queued to prequeue

プロセスに事前にキューイングされた着信 TCP パケットの数

TCP packets directly copied from backlog

backlog キューからプロセスに直接コピーされた着信 TCP パケットの数

TCP packets directly copied from prequeue

prequeue からプロセスに直接コピーされた着信 TCP パケットの数

TCP prequeue dropped packets

TCP prequeue から削除されたパケットの数

TCP header predicted packets

TCP ヘッダー予測パケットの数

Packets header predicted and queued to user

ヘッダー予測され、ユーザにキューイングされた TCP パケットの数

TCP pure ack packets

データなしで受信した ACK パケットの数

TCP header predicted acks

ヘッダー予測された TCP ACK パケットの数

TCP Reno recoveries

TCP Reno リカバリの数

TCP SACK recoveries

TCP SACK リカバリの数

TCP SACK reneging

TCP SACK 違反の数

TCP FACK reorders

TCP FACK reorder の数

TCP SACK reorders

TCP SACK reorder の数

TCP Reno reorders

TCP Reno reorder の数

TCP TimeStamp reorders

TCP TimeStamp reorder の数

TCP full undos

TCP full undo の数

TCP partial undos

TCP partial undo の数

TCP DSACK undos

TCP DSACK undo の数

TCP loss undos

TCP loss undo の数

TCP losses

TCP 損失の数

TCP lost retransmit

TCP の失われた再送信の数

TCP Reno failures

TCP Reno 障害の数

TCP SACK failures

TCP SACK 障害の数

TCP loss failures

TCP 損失障害の数

TCP fast retransmissions

TCP 高速再送信の数

TCP forward retransmissions

TCP 転送再送信の数

TCP slowstart retransmissions

TCP スロースタート再送信の数

TCP Timeouts

TCP タイムアウトの数

TCP Reno recovery fail

TCP Reno リカバリ失敗の数

TCP Sack recovery fail

TCP SACK リカバリ失敗の数

TCP scheduler failed

TCP スケジューラ障害の数

TCP receiver collapsed

TCP レシーバー コラプスト障害の数

TCP DSACK old packets sent

送信された TCP DSACK の古いパケットの数

TCP DSACK out-of-order packets sent

送信された TCP DSACK out-of-order パケットの数

TCP DSACK packets received

受信した TCP DSACK パケットの数

TCP DSACK out-of-order packets received

受信した TCP DSACK out-of-order パケットの数

TCP connections abort on sync

sync で打ち切られた TCP 接続の数

TCP connections abort on data

データで打ち切られた TCP 接続の数

TCP connections abort on close

close で打ち切られた TCP 接続の数

TCP connections abort on memory

メモリで打ち切られた TCP 接続の数

TCP connections abort on timeout

タイムアウトで打ち切られた TCP 接続の数

TCP connections abort on linger

リンガーで打ち切られた TCP 接続の数

TCP connections abort failed

失敗した TCP 接続打ち切りの数

TCP memory pressures

デバイスが TCP スタック用に割り当てられたメモリ プールを処理する回数

 
関連コマンド

clear

show tcp

(config) tcp

show statistics tfo

WAE の Traffic Flow Optimization(TFO; トラフィック フロー最適化)統計情報を表示するには、show statistics tfo EXEC コマンドを使用します。

show statistics tfo [application app-name | pass-through | peer | saving app-name ]

 
シンタックスの説明

application

(任意)アプリケーションごとに統計情報を表示します。

app-name

アプリケーション名

pass-through

(任意)パススルー統計情報を表示します。

peer

(任意)ピア情報を表示します。

saving

(任意)すべてのアプリケーションの保存情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

表3-85 では、 show statistics tfo コマンドのフィールドについて説明します。

 

表3-85 show statistics tfo コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Total number of optimized connections

最後の TFO 統計情報リセット以降に最適化された TCP 接続の総数

No. of active connections

最適化された TCP 接続の総数

No. of pending (to be accepted) connections

最適化されますが、現在はセットアップ段階である TCP 接続の数

No. of connections closed normally

TCP FIN を使用して問題なく終了した、最適化された接続の数

No. of connections closed with error

問題が発生して、または TCP RST を使用して終了した、最適化された接続の数

Total number of peers

アクティブなピア WAE の数(接続ごとに 2 つの WAE[この WAE とピア WAE]の間で最適化されます)

No. of entries into overload mode

WAE が過負荷状態になった回数。過負荷状態では、新しい接続はパススルーに設定されます。この状態は、同時接続数が最大に達した場合など、さまざまな理由で発生します。

No. of connections reset due to

エラーが発生して終了した接続数の詳細

Socket write failure

ソケットでの書き込みに失敗しました(LAN 側または WAN 側)。

Socket read failure

ソケットでの読み込みに失敗しました(LAN 側または WAN 側)。

Opt socket close while waiting to write

書き込みが完了する前に終了した 2 つの WAE の間のソケット(WAN ソケット)

Unopt socket close while waiting to write

書き込みが完了する前に終了した、WAE とクライアント/サーバの間のソケット(LAN ソケット)

Opt socket error close while waiting to read

読み込みが完了する前に終了した 2 つの WAE の間のソケット(WAN ソケット)

Unopt socket error close while waiting to read

読み込みが完了する前に終了した、WAE とクライアント/サーバの間のソケット(LAN ソケット)

DRE decode failure

データのデコード中の DRE 内部エラー(発生してはいけません)

DRE encode failure

データの符号化中の DRE 内部エラー(発生してはいけません)

Connection init failure

自動検出は正常に終了しましたが、接続のセットアップに失敗しました。

Opt socket unexpected close while waiting to read

読み込みが完了する前に終了した 2 つの WAE の間のソケット(WAN ソケット)

Exceeded maximum number of supported connections

WAE がスケーラビリティ制限に達したので、途中で終了した接続

Buffer allocation or manipulation failed

内部メモリ割り当てエラー(発生してはいけません)

Peer received reset from end host

サーバまたはクライアントによって送信された TCP RST(通常の動作で、必ずしも問題を示すものではありません)

DRE connection state out of sync

DRE 内部エラー(発生してはいけません)

Memory allocation failed for buffer heads

内部メモリ割り当てエラー(発生してはいけません)

 
関連コマンド

show tfo accelerators

show tfo bufpool

show tfo connection

show tfo status

show statistics udp

WAAS デバイスの User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)統計情報を表示するには、 show statistics udp EXEC コマンドを使用します。

show statistics udp

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-86 では、 show statistics udp 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-86 show statistics udp コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

UDP 統計情報

Packets received

UDP ユーザに配信される UDP データグラムの総数

Packets to unknown port received

宛先ポートにアプリケーションがなかった受信 UDP データグラムの総数

Packet receive error

宛先ポートにアプリケーションが存在しないという理由以外で、配信できなかった受信 UDP データグラムの数

Packet sent

このエンティティから送信された UDP データグラムの総数

show statistics wccp

WAE の WCCP 統計情報を表示するには、 show statistics wccp EXEC コマンドを使用します。

show statistics wccp gre

 
シンタックスの説明

gre

WCCP 総称ルーティング カプセル化パケット関連の統計情報を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

GRE は、WCCP 対応ルータでデータグラムを IP パケットにカプセル化し、その後 WAE(透過型プロキシ サーバ)にリダイレクトできるレイヤ 3 技術です。この中間宛先で、データグラムは非カプセル化されたあとオリジン サーバにルーティングされ、キャッシュ ミスが発生した場合に要求に応えます。そのとき、オリジン サーバへのトリップは内部データグラムに 1 ホップとして現れます。通常、GRE を使用してリダイレクトされたトラフィックは GRE トンネル トラフィックと呼ばれます。GRE を使用すると、すべてのリダイレクションはルータ ソフトウェアにより取り扱われます。

WCCP リダイレクションを使用した場合、Cisco ルータは接続の宛先ポートで WCCP がイネーブルになっているため、TCP SYN パケットを宛先に転送しません。その代わり、WCCP 対応ルータが GRE トンネリングを使用してパケットをカプセル化し、それをこの WCCP対応ルータからリダイレクトされたパケットを受け付けるように設定された WAE に送信します。

リダイレクトされたパケットを受信後、WAE は次のような処置を行います。

1. パケットから GRE レイヤを取り除きます。

2. このリダイレクトされたパケットを受け付けるべきか決定し、コンテンツの要求を次のように処理します。

a. WAE が要求を受け付けた場合は、クライアントに TCP SYN ACK パケットを送信します。この応答パケットで、WAE は送信元アドレスとして指定された本来の宛先(オリジン サーバ)の IP アドレスを使用して WAE がクライアントに見えないよう(トランスペアレント)に、クライアントの TCP SYN パケットが到達しようとした宛先であるかのように動作します。

b. WAE が要求を受け付けない場合は、TCP SYN パケットを GRE に再カプセル化し、それを WCCP 対応ルータに戻します。ルータは、WAE がこの接続に関心がないとみなし、パケットを本来の宛先(オリジン サーバ)に転送します。

たとえば、WAE は、特定のクライアントから発信されたり特定のサーバへ送信される要求をバイパスするように設定されている場合は、要求を受け付けません。

表3-87 では、 show statistics wccp gre 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-87 show statistics wccp gre コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Transparent GRE packets received

WCCP により代行受信されたかどうかに関係なく、WAE により受信された GRE パケットの総数。GRE は、WAE へのパスにルータが何台あってもパケットが WAE に到達できるようにするレイヤ 3 技術です。

Transparent non-GRE packets received

WAE に要求を透過的にリダイレクトするレイヤ 2 またはレイヤ 4 スイッチング(コンテント スイッチング モジュール [CSM])でルータ ハードウェアのトラフィック代行受信およびリダレクト機能のどちらかを使用して、WAE により受信された 非 GRE パケットの数

Transparent non-GRE packets passed through

レイヤ 4 スイッチにより透過的に代行受信され、WAE にリダイレクトされる非 GRE パケットの数

Total packets accepted

クライアントのコンテンツ要求に応えるため、透過的に代行受信され、WAE にリダイレクトされるパケットの総数

Invalid packets received

リダイレクトされたパケットが GRE パケットで WCCP GRE ヘッダーのデータが無効である、またはリダイレクトされたパケットの IP ヘッダーが無効であるため、ドロップされるパケットの数

Packets received with invalid service

無効な WCCP サービス番号が格納されている WCCP バージョン 2 GRE リダイレクト パケットの数

Packets received on a disabled service

WAE でイネーブルになっていないサービスの WCCP サービス番号を指定する WCCP バージョン 2 GRE リダイレクト パケットの数。たとえば、HTTPS キャッシング サービス(サービス 70)がイネーブルになっていない場合に WAE にリダイレクトされる HTTPS 要求

Packets received too small

WAE にリダイレクトされ、WCCP GRE ヘッダーに必要な最小限のデータが格納されていない GRE パケットの数

Packets dropped due to zero TTL

リダイレクトされたパケットの IP ヘッダーの TTL がゼロのため、WAE によりドロップされる GRE パケットの数

Packets dropped due to bad buckets

不良マスクまたはハッシュ バケット判定により WCCP フロー リダイレクションを実行できなかったため、WAE によりドロップされるパケットの数


) バケットは、WAE クラスタ内の各 WAE へ割り当てられたハッシュのサブセクションとして定義されます。この環境に WAE が 1 つだけ存在する場合は、256 個のバケットが割り当てられています。


Packets dropped due to no redirect address

フロー リダイレクションの宛先 IP アドレスを判別できなかったため、ドロップされるパケットの数

Packets dropped due to loopback redirect

宛先 IP アドレスがループバック アドレスと同じ場合に WAE によりドロップされるパケットの数

Pass-through pkts dropped on assignment update

TFO パススルー宛ですが、デバイスがバケットを所有していないので代わりにドロップされるパケットの数

Connections bypassed due to load

WAE が過負荷の場合、バイパスされる接続フローの数。過負荷バイパス オプションがイネーブルになっている場合、WAE はバケットをバイパスし、過負荷トラフィックを再ルーティングします。負荷が高いままの場合、さらにもう 1 つのバケットもバイパスされ、WAE が負荷を処理できるようになるまでパイパスが続きます。

Packets sent back to router

要求を受け取った WCCP 対応ルータに WAE により戻される要求の数。ルータはこのあとフローを、Web ブラウザから直接オリジン Web サーバへ送信し、WAE をバイパスします。

Packets sent to another WAE

WCCP サービス グループの別の WAE にリダイレクトされるパケットの数。サービス グループは最大 32 個の WAE と 32 個の WCCP 対応ルータで構成されます。どちらのパケット転送方式でも、ハッシュ パラメータが、WCCP サービス グループの WAE 間でのリダイレクトされたトラフィックのロード バランシング方法を指定します。

GRE fragments redirected

WAE により受信され、断片化された GRE パケットの数これらのパケットはルータにリダイレクトされます。

GRE encapsulated fragments received

WAE が受信する GRE カプセル化フラグメントの数。tcp-promiscuous サービスはポート情報を検査しないので、ルータまたはスイッチが IP フラグメントを GRE カプセル化し、WAE にリダイレクトします。これらのフラグメントはパケットに再構成されてから、処理されます。

Packets failed encapsulated reassembly

再構成された GRE カプセル化パケットで、再構成健全性チェックに失敗したためドロップされた数。再構成された GRE カプセル化パケットは、複数の GRE カプセル化フラグメントで構成されます。このフィールドは、以前の統計に関連しています。

Packets failed GRE encapsulation

GRE ヘッダー付きパケットのカプセル化中に問題が発生してリダイレクトできなかったため、WAE によりドロップされる GRE パケットの数

Packets dropped due to invalid fwd method

GRE を使用してリダイレクトされたが、WCCP サービスでレイヤ 2 リダイレクションが設定されていたため、WAE によりドロップされる GRE パケットの数

Packets dropped due to insufficient memory

GRE パケットの取り扱いに必要な付加メモリ リソースの割り当てに失敗したため、WAE によりドロップされる GRE パケットの数

Packets bypassed, no conn at all

受信待機中の TCP ポートがなかったため、存在するフローと関連付けできなかったパケットの数。WCCP は非対称パケット フローを取り扱うこともでき、WCCP サービス グループ(クラスタ内の最大 32 個の WAE と通信する最大 32 個のルータまたはスイッチ)で使用されるスイッチまたはルータの数に関係なく、常にキャッシュへの Web サーバの一貫したマッピングを維持します。

Packets bypassed, no pending connection

初期ハンドシェイクが完了しなかったため、保留中の接続と関連付けできなかったパケットの数

Packets due to clean wccp shutdown

クリーンな WCCP シャットダウンのためバイパスされる接続フローの数。WCCP の適切なシャットダウン中、WAE は処理中のフローについては引き続きサービスを提供する一方で、新しいフローのバイパスを開始します。フローの数が 0 になると、WAE は、リード WAE に自分のパケットを他の WAE へ再割り当てさせることで、自分自身はクラスタから脱退します。

Packets bypassed due to bypass-list lookup

バイパス リスト エントリによりバイパスされる接続フローの数。WAE はオリジン サーバからエラー応答を受信すると、サーバのエントリをそのバイパイス リストに追加します。バイパスされたサーバに存在するコンテンツの次の要求を受信した場合は、パケットをバイパス ゲートウェイにリダイレクトします。バイパス ゲートウェイが設定されていない場合、パケットはリダイレクトしているレイヤ 4 スイッチに戻されます。

Packets received with client IP addresses

スプーフィングされている接続フローに関連するパケットの数。クライアントの IP アドレスをスプーフィングして WAE はクライアント IP(WAE 自身の IP アドレスとは別のもの)を持つパケットを受信し、そのパケットを待機している正しいアプリケーションに送信できます。

Conditionally Accepted connections

条件付き受け付け機能のため、WAE によって受け付けられる接続フローの数

Conditionally Bypassed connections

条件付き受け付け機能のため、WAE によってバイパスされる接続フローの数

Packets dropped due to received on loopback

パケットがループバック インターフェイスで受信されましたが、デバイスのローカル アドレス宛ではなかったため、WCCP L2 インターセプト レイヤよってドロップされたパケットの数。パケットには有効でない、または使用しないルートがあります。

Packets w/WCCP GRE received too small

レイヤ 2 で WCCP 対応ルータによって透過的に代行受信されたあと WAE に送信され、GRE を使用してパケットをリダイレクトするために断片化が必要なパケットの数。WAE は IP ヘッダーをカプセル化できないので、パケットをドロップします。

Packets dropped due to IP access-list deny

WAE が WCCP GRE カプセル化パケットに適用する IP アクセス リストが WCCP アプリケーションのアクセスを拒否している場合( wccp access-list コマンド)、WAE によりドロップされるパケットの数

Packets fragmented for bypass

IP ヘッダーを保持する十分なデータが格納されていない GRE パケットの数

Packet pullups needed

パケットを処理の一部として統合する回数。パケットがフラグメントとして受信され、最初のフラグメントに処理に必要な情報がすべて含まれていない場合に、統合が必要になります。

Packets dropped due to no route found

WAE がルートを発見できないため、ドロップされるパケットの数

 
関連コマンド

(config) wccp access-list

(config) wccp flow-redirect

(config) wccp router-list

(config) wccp shutdown

(config) wccp tcp-promiscuous

(config) wccp tcp-promiscuous

show statistics windows-domain

WAAS デバイスの Windows ドメイン サーバ情報を表示するには、 show windows-domain EXEC コマンドを使用します。

show statistics windows-domain

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

how windows-domain EXEC コマンドを使用して Windows ドメイン サーバ統計情報を表示したあと、 clear statistics windows-domain EXEC コマンドを入力すると、これらの統計情報のカウンタをクリアできます。

表3-88 では、 show statistics windows-domain 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-88 show statistics windows-domain コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Windows ドメイン統計情報

認証

Number of access requests

アクセス要求の数

Number of access deny responses

アクセス拒否応答の数

Number of access allow responses

アクセス許可応答の数

許可

Number of authorization requests

許可要求の数

Number of authorization failure responses

許可失敗応答の数

Number of authorization success responses

許可成功応答の数

アカウンティング

Number of accounting requests

アカウンティング要求の数

Number of accounting failure responses

アカウンティング失敗応答の数

Number of accounting success responses

アカウンティング成功応答の数

 
関連コマンド

windows-domain

(config) windows-domain

show sysfs

WAAS デバイスのシステム ファイル システム(sysfs)情報を表示するには、show sysfs EXEC コマンドを使用します。

show sysfs volumes

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

システム ファイル システム(sysfs)はトランザクション ログ、Syslog、内部デバッグ ログなどのログ ファイルを保存します。システム イメージ ファイルとオペレーティング システム ファイルも保存します。

表3-89 では、 show sysfs volumes 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-89 show sysfs volumes コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

sysfs 00-04

システム ファイル システムおよびディスク番号

/local/local1-5

ボリュームのマウント ポイント

nnnnnnKB

ボリュームのサイズ(KB 単位)

nn% free

SYSFS パーティションのフリー スペースの比率

 
関連コマンド

disk

(config) disk error-handling

show tacacs

WAAS デバイスの TACACS+ 認証プロトコル設定情報を表示するには、 show tacacs EXEC コマンドを使用します。

show tacacs

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-90 では、 show tacacs 出力のフィールドについて説明します。

 

表3-90 show tacacs コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

Login Authentication for Console/Telnet Session

TACACS+ サーバが、ログイン認証に対してイネーブルになっているかどうかを示します。

Configuration Authentication for Console/Telnet Session

TACACS+ サーバが、許可または設定認証に対してイネーブルになっているかどうかを示します。

TACACS+ Configuration

TACACS+ サーバ パラメータ

TACACS+ Authentication

WAAS デバイスで TACACS+ 認証がイネーブルかどうかを示します。

Key

WAE が TACACS+ サーバとの通信に使用する秘密鍵。TACACS+ キーの最大文字数は、印字可能 ASCII 文字(タブは除く)で 99 文字を超えてはなりません。

Timeout

WAAS デバイスが、タイムアウトを宣言するまで、指定された TACACS+ 認証サーバからの応答を待つ秒数

Retransmit

TACACS+ タイムアウト インターバルを超過した場合に、WAAS デバイスが TACACS+ に接続を再送信する回数

Password type

パスワード認証のメカニズム。デフォルトでは、Password Authentication Protocol(PAP; パスワード認証プロトコル)がパスワード認証のメカニズムです。

Server

TACACS+ サーバのホスト名または IP アドレス

Status

サーバがプライマリまたはセカンダリ ホストであるかどうかを示します。

 
関連コマンド

clear

show statistics tacacs

show tacacs

(config) tacacs

show tcp

WAAS デバイスの TCP 設定情報を表示するには、 show tcp EXEC コマンドを使用します。

show tcp

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

表3-91 では、 show tcp 出力のフィールドについて説明します。このコマンドは、 tcp グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定された設定を表示します。

 

表3-91 show tcp コマンドのフィールドの説明

フィールド
説明

TCP 設定

TCP keepalive timeout XX sec

WAAS デバイスが接続を切断するまで開いたままにするよう設定された時間の長さ

TCP keepalive probe count X

接続が失敗したとみなされるまで、WAAS デバイスが接続を再試行する時間数

TCP keepalive probe interval XX sec

WAAS デバイスがアイドル接続を開いたままにするよう設定された時間の長さ(秒単位)

TCP explicit congestion notification disabled

TCP の Explicit Congestion Notification(ECN; 明示的輻輳通知)機能の設定ステータス。値は enabled または disabled です。

TCP cwnd base value X

送信輻輳ウィンドウの値(セグメント単位)

TCP initial slowstart threshold value X

スロー スタートのしきい値(セグメント単位)

TCP increase (multiply) retransmit timer by X

再送信タイマーの基準値を増やすよう設定された回数

TCP memory_limit

Low water mark

メモリ プレッシャ モードの下限(MB 単位)。これより低いと TCP が通常のメモリ割り当てモードに入ります。

High water mark (pressure)

通常のメモリ割り当てモードの上限(MB 単位)。これを越えると TCP がメモリ プレッシャ モードに入ります。

High water mark (absolute)

TCP のメモリ使用状況(MB 単位)の絶対限界

 
関連コマンド

clear

show statistics tcp

(config) tcp

show tech-support

TAC のサポートを利用するのに必要な情報を表示するには、 show tech-support EXEC コマンドを使用します。

show tech-support [page]

 
シンタックスの説明

page

(任意)ページごとの出力を表示します。

 
デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用して、使用している WAAS デバイスについて TAC のサポートを得るのに必要なシステム情報を表示します。出力をディスク ファイルにロギングすることを推奨します(「(config) logging」 コマンドを参照)。

次の例は、テクニカル サポート情報を表示します。


show tech-support コマンドの出力は長くなる可能性があるため、この例では一部を示します。


WAE# show tech-support
------------------ version and hardware --------------------
 
Cisco Wide Area Application Services Software (WAAS)
Copyright (c) 1999-2006 by Cisco Systems, Inc.
...
Version: ce510-4.0.0.180
 
Compiled 18:08:17 Feb 16 2006 by cnbuild
 
System was restarted on Fri Feb 17 23:09:53 2006.
The system has been up for 5 weeks, 3 days, 2 hours, 9 minutes, 49 seconds.
 
CPU 0 is GenuineIntel Intel(R) Celeron(R) CPU 2.40GHz (rev 2) running at 2401MHz
.
Total 1 CPU.
512 Mbytes of Physical memory.
...
BIOS Information:
Vendor : IBM
Version : -[PLEC52AUS-C.52]-
Rel. Date : 05/19/03
...
List of all disk drives:
Physical disk information:
 
disk00: Normal (IDE disk) 76324MB( 74.5GB)
disk01: Normal (IDE disk) 76324MB( 74.5GB)
 
 
Mounted filesystems:
 
MOUNT POINT TYPE DEVICE SIZE INUSE FREE USE%
/ root /dev/root 31MB 26MB 5MB 83%
/sw internal /dev/md0 991MB 430MB 561MB 43%
/swstore internal /dev/md1 991MB 287MB 704MB 28%
/state internal /dev/md2 3967MB 61MB 3906MB 1%
/disk00-04 CONTENT /dev/md4 62539MB 32MB 62507MB 0%
/local/local1 SYSFS /dev/md5 3967MB 197MB 3770MB 4%
.../local1/spool PRINTSPOOL /dev/md6 991MB 16MB 975MB 1%
 
 
Software RAID devices:
 
DEVICE NAME TYPE STATUS PHYSICAL DEVICES AND STATUS
/dev/md0 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/00[GOOD] disk01/00[GOOD]
/dev/md1 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/01[GOOD] disk01/01[GOOD]
/dev/md0 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/00[GOOD] disk01/00[GOOD]
/dev/md1 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/01[GOOD] disk01/01[GOOD]
/dev/md2 RAID-1 NORMAL OPERATION disk00/02[GOOD] disk01/02[GOOD]
...
Currently content-filesystems RAID level is not configured to change.
 
 
------------------ running configuration -------------------
 
! WAAS version 4.0.0
!
!
...
------------------ processes --------------------
 
CPU average usage since last reboot:
cpu: 0.00% User, 1.79% System, 3.21% User(nice), 95.00% Idle
--------------------------------------------------------------------
PID STATE PRI User T SYS T COMMAND
----- ----- --- ------ ------ --------------------
1 S 0 20138 21906 (init)
2 S 0 0 0 (migration/0)
3 S 19 0 0 (ksoftirqd/0)
4 S -10 0 0 (events/0)
5 S -10 0 0 (khelper)
17 S -10 0 0 (kacpid)
93 S -10 0 0 (kblockd/0)
...

 
関連コマンド

show version

show hardware

show disks details

show running-config

show processes

show processes memory

show memory

show interface

show cdp entry

show cdp neighbors

show statistics wccp

show alarms all

show statistics tfo

show statistics tfo application

show statistics tfo saving

show statistics tfo pass-through

show statistics tfo peer

show tfo auto-discovery

show tfo status

show tfo accelerators

show tfo bufpool accounting

show policy-engine status

show policy-engine application

show statistics dre

show statistics dre peer

show statistics tcp

show statistics ip

show statistics icmp

show standby

show statistics netstat

show disks SMART-info

show disks SMART-info details

show disks failed-sectors

show telnet

WAAS デバイスの Telnet サービス設定を表示するには、 show telnet EXEC コマンドを使用します。

show telnet

 
シンタックスの説明

このコマンドには引数やキーワードがありません。

 
デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

central-manager

次の例は、WAAS デバイスで Telnet がイネーブルになっているかどうかを表示します。

WAE# show telnet
telnet service is enabled

 
関連コマンド

telnet

(config) telnet enable

(config) exec-timeout

show tfo accelerators

WAE の Traffic Flow Optimization(TFO)アクセラレータ情報を表示するには、show tfo accelerators EXEC コマンドを使用します。

show tfo accelerators

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

次の例は WAE の TFO アクセラレータ情報を表示します。

WAE# show tfo accelerators
Name: TFO State: Registered, Handling Level: 100%
Keepalive timeout: 3.0 seconds, Session timeouts: 0, Total timeouts: 0
Last keepalive received 00.5 Secs ago
Last registration occurred 11:21:43:38.4 Days:Hours:Mins:Secs ago
Name: EPM State: Registered, Handling Level: 100%
Keepalive timeout: 5.0 seconds, Session timeouts: 0, Total timeouts: 0
Last keepalive received 00.2 Secs ago
Last registration occurred 11:21:43:36.7 Days:Hours:Mins:Secs ago
Name: CIFS State: Not Registered, Handling Level: 0%
Keepalive timeout: 0.0 seconds, Session timeouts: 0, Total timeouts: 0
Last keepalive received -Never-
Last Registration occurred -Never-

 
関連コマンド

show tfo auto-discovery

show tfo bufpool

show tfo connection

show tfo filtering

show tfo status

show tfo auto-discovery

WAE の Traffic Flow Optimization(TFO)自動探索統計情報を表示するには、show tfo auto-discovery EXEC コマンドを使用します。

show tfo auto-discovery [blacklist {entries [netmask netmask ] [|] | statistics [|]}] [list] [| {begin regex [ regex ] | exclude regex [ regex ] | include regex [ regex ]}]

 
シンタックスの説明

blacklist

(任意)ブラックリスト サーバ テーブルを表示します。

entries

自動探索ブラックリスト サーバ テーブルのエントリすべてを表示します。

netmask

テーブル出力をフィルタリングするネットワーク マスクを表示します。

netmask

一致するアドレスを表示するネットワーク マスク(A.B.C.D/)

statistics

自動探索ブラックリスト サーバ テーブルの管理統計情報を表示します。

list

(任意)WAE が現在最適化またはパススルーしている TCP フローをリストします。

|

(任意)出力修飾子

begin

正規表現と一致する行で開始します。

regex

一致する正規表現。複数の表現を入力できます。

exclude

正規表現と一致する行を除外します。

include

正規表現と一致する行を含めます。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

次の例は WAE の TFO 自動探索統計情報を表示します。

WAE# show tfo auto-discovery
Auto discovery structure:
Allocation Failure: 0
Allocation Success: 6615
Deallocations: 6615
Timed Out: 0
Auto discovery table:
Bucket Overflows: 0
Table Overflows: 0
Entry Adds: 6615
Entry Drops: 6615
Entry Count: 0
Lookups: 6624
Bind hash add failures: 0
Route Lookup:
Failures: 0
Success: 0
Socket:
Allocation failures: 0
Accept pair allocation failures: 0
Unix allocation failures: 0
Connect lookup failures: 0
Packets:
Memory allocation failures: 0
Total Sent: 6624
Total Received: 13228
Incorrect length or checksum received: 0
Invalid filtering tuple received: 0
Received for dead connection: 0
Ack dropped in synack received state: 0
Non Syn dropped in nostate state: 0
Auto discovery failure:
No peer or asymmetric route: 6604
Insufficient option space: 0
Invalid connection state: 0
Missing Ack conf: 0
Auto discovery success TO:
Internal server: 0
External server: 0
Auto discovery success FOR:
Internal client: 0
External client: 0
Auto discovery success SYN retransmission:
Zero retransmit: 0
One retransmit: 0
Two+ retransmit: 0
Auto discovery Miscellaneous:
Intermediate device: 0
RST received: 0
SYNs found with our device id: 0
SYN retransmit count resets: 0
 

 
関連コマンド

show statistics tfo

show tfo accelerators

show tfo bufpool

show tfo connection

show tfo filtering

show tfo status

show tfo bufpool

WAE の Traffic Flow Optimization(TFO)バッファ プール情報を表示するには、show tfo bufpool EXEC コマンドを使用します。

show tfo bufpool {accounting | from-index index | owner-connection conn-id |
owner-module {RElib | tcpproxy} [from-index index | owner-connection conn-id |
state {free | in-use} [from-index index | owner-connection conn-id | to-index index ] |
to-index index ] | state {free | in-use} [from-index index | owner-connection conn-id |
to-index index ] | to-index index }

 
シンタックスの説明

accounting

バッファ プール全体の使用状況を表示します。

from-index

バッファ ユニットの開始インデックスを表示します。

index

バッファ ユニットのインデックス(0 ~ 4294967295)

owner-connection

バッファ ユニットのオーナー接続を表示します。

conn-id

接続 ID(0 ~ 4294967295)

owner-module

バッファ ユニットのオーナー モジュールを表示します。

RElib

RE ライブラリが所有するバッファ ユニットを示します。

tcpproxy

TCP プロキシが所有するバッファ ユニットを示します。

state

バッファ ユニットの状態(フリーまたは使用)を表示します。

free

フリーのバッファ ユニットを示します。

in-use

使用中のバッファ ユニットを示します。

to-index

バッファ ユニットの終了インデックスを表示します。

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

次の例は WAE の TFO バッファ プール情報を表示します。

WAE# show tfo bufpool accounting
Total buffer pool size: 80740352 bytes
Free buffer: 80740352 bytes, in 78848 units (unit size: 1024 bytes)
Used buffer: 0 bytes, in 0 units
Buffer usage by module:
Tcpproxy: using 0 bytes, in 0 units
RElib: using 0 bytes, in 0 units
LZlib: using 0 bytes, in 0 units
Buffer usage by connection:

 
関連コマンド

show tfo accelerators

show tfo auto-discovery

show tfo connection

show tfo filtering

show tfo status

show statistics tfo

show tfo connection

WAE の Traffic Flow Optimization(TFO)接続情報を表示するには、show tfo connection EXEC コマンドを使用します。

show tfo connection [[summary] | [client-ip host-address | client-port port | peer-id mac |
server-ip host-address | server-port port ]]

 
シンタックスの説明

summary

(任意)接続の要約 リストを表示します。

client-ip

(任意)送信元 IP アドレス

host-address

ホスト名または IP アドレス

client-port

(任意)送信元クライアントのIP アドレス

port

クライアントまたはサーバのポート番号

peer-id

(任意)特定ピアの接続統計情報を表示します。

mac

ピア ホストの MAC(メディア アクセス制御)アドレス

server-ip

(任意)宛先サーバの IP アドレス

server-port

(任意)宛先ポート番号

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

オプションなしでこのコマンドを使用すると、WAE の TFO 接続それぞれに関する詳細情報を表示します。接続の要約 リストを表示するには、 summary オプションを使用します。

リスト中の F、D または L 最適化ポリシーを持つ接続では、 show statistics dre connection コマンドと特定の接続 ID を識別する id オプションを使用して DRE 統計情報に関する補足情報を検索できます。

次の例は、WAE の TFO 最適化接続の要約を表示します。

WAE# show tfo connection summary
 
Optimized Connection List
Policy summary order: Our's, Peer's, Negotiated, Applied
F: Full optimization, D: DRE only, L: LZ Compression, T: TCP Optimization
 
Local-IP:Port Remote-IP:Port ConId PeerId Policy
10.77.156.99:59950 10.77.156.106:10005 21 00:11:25:ac:3e:04 F,F,F,F
10.77.156.99:59951 10.77.156.106:10007 22 00:11:25:ac:3e:04 F,F,F,F
10.77.156.99:59952 10.77.156.106:10008 23 00:11:25:ac:3e:04 F,F,F,F
10.77.156.99:59953 10.77.156.106:10009 24 00:11:25:ac:3e:04 F,F,F,F
10.77.156.99:59954 10.77.156.106:10010 25 00:11:25:ac:3e:04 F,F,F,F
 

 
関連コマンド

show statistics dre connection

show statistics tfo

show tfo accelerators

show tfo auto-discovery

show tfo bufpool

show tfo filtering

show tfo status

show tfo egress-methods connection

WAE の接続セグメントに関する詳細な出力方式関連情報を表示するには、show tfo egress-methods connection EXEC コマンドを使用します。

show tfo egress-methods connection [local-ip ipaddress | local-port port | remote-ip ipaddress | remote-port port ]

 
シンタックスの説明

egress-methods

出力方式に関する詳細情報を表示します。

connection

接続の出力方式関連の統計情報を表示します。

local-ip

(任意)接続タプルのローカル IP アドレス

ipaddress

IP アドレス

local-port

(任意)接続タプルのローカル ポート番号

port

ポート番号

remote-ip

(任意)接続タプルのリモート IP アドレス

ipaddress

IP アドレス

remote-port

(任意)接続タプルのリモート ポート番号

port

ポート番号

 
コマンド モード

EXEC

デバイス モード

application-accelerator

 
使用上のガイドライン

オプションなしでこのコマンドを使用すると、WAE の TFO 接続それぞれに関する詳細情報を表示します。

このコマンドは、開始点から終了点までのデータ フローが複数のデバイスによって透過的に代行受信される環境において、接続セグメントに関する出力方式関連情報を表示します。接続タプルは、WAAS デバイス(WAE)が処理のため代行受信するエンドツーエンド接続の 1 つのセグメントを表します。

たとえば、単一のクライアント サーバ接続には次の 3 つのセグメントがあります(図3-1 を参照)。