Cisco Wide Area Application Services コンフィギュレーション ガイド ソフトウェア バージョン 5.2.1
索引
Index
発行日;2013/08/08 | 英語版ドキュメント(2013/04/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

Index

数字

10 ギガビット イーサネット インターフェイス

変更 6-7

A

AAA アカウンティング

設定 7-32

AAA に基づく管理システム 2-26, 7-1

ACL

代行受信 5-30

「IP ACL」も参照

AppNav

appnav-controller 代行受信 5-61

AppNav クラスタ 4-2

AppNav コントローラ 4-1

AppNav コントローラ インターフェイス モジュール 4-4

AppNav コントローラ グループ 4-2

WAAS ノード 4-2

WAAS ノード グループ 4-2

WAAS ノード グループの設定 4-45

WAAS ノードの設定 4-44

インターフェイス ウィザード 4-21

クラスタ ウィザード 4-17

クラスタの設定 4-38

クラスタのモニタリング 4-51

クラス マップ 4-5

クラス マップの設定 4-24

コントローラの設定 4-40

サービス コンテキスト 4-2

設定 4-1, 4-13

デバイスの追加および削除 4-46

導入モデル 4-3

ポリシー 4-5

ポリシー ルールの設定 4-30

WAAS ノードのクラスタの設定 4-45

AppNav-XE

Central Manager への証明書の再インポート 10-35

インターフェイスの WAAS サービス挿入のイネーブル化 6-19

登録プロセス 10-29

AppNav

接続統計情報 4-56

接続トレース 4-55

B

BIC TCP 1-6

BMC

IPMI over LAN のイネーブル化 10-28

IPMI SoL のイネーブル化 10-28

BMC ファームウェア アップデート 10-26

C

CDP

設定 6-29

cdp enable コマンド 5-43

cdp run コマンド 5-43

Central Manager。「WAAS Central Manager」を参照

CIFS 12-1

SMB アクセラレータを使用 12-19

準備 12-7

使用するポート 2-6

CifsAO WAE Device Manager オプション 11-13

CIFS アクセラレータ

設定 12-9

有効化 13-3

CIFS 設定プロセス 12-9

Cisco.com

ソフトウェア ファイルの入手 16-3

Cisco Discovery Protocol。「CDP」を参照

clear statistics all コマンド 7-26

clear statistics authentication コマンド 7-26

clear statistics windows-domain コマンド 7-26

CLI ユーザ

作成 8-4

cms database backup コマンド 16-9

cms database restore コマンド 16-11

CMS データベース

バックアップおよび復元の手順 16-9

copy disk ftp コマンド 16-10

Core WAE、定義 1-9

D

debug コマンド 17-61

[Device Dashboard] ウィンドウ 17-9

[Device Home] ウィンドウ。「Device Dashboard ウィンドウ」を参照

[Devices] ウィンドウ 17-7

DHCP

インターフェイスの設定 6-15

インターフェイスレベル 2-9

自動登録 2-8

DHCP サーバ

自動登録の要件 2-8

directed モード 6-31

DNS、設定 6-29

DRE 設定

設定 13-8

DRE、定義 1-6

DSCP 13-58

グローバルなデフォルト 13-63

E

Edge WAE、定義 1-9

enable コマンド 7-15

EPM アクセラレータ

有効化 13-3

EtherChannel

設定 6-10

F

File Server Rename ユーティリティ 11-13

G

GRE カプセル化 5-16, 5-17

GRE トンネル、ルータ上での設定 5-34

GRE パケット転送 5-17

H

HTTP アクセラレータ

設定 13-8

有効化 13-3

I

ICA アクセラレータ

設定 13-30

IP ACL

WAE 上 2-25

アプリケーションとの関連付け 9-6

インターフェイスへの適用 9-6

概要 9-1

削除 9-7

条件の追加 9-3

条件、変更または削除 9-6

新規作成 9-3

設定に関する制約 9-2

ルータ上 2-25

IPMI over LAN

SoL のイネーブル化 10-28

イネーブル化 10-28

定義 10-26

ip wccp redirect-list コマンド 5-10

ip wccp コマンド 5-11

ip web-cache redirect コマンド 5-11

IP アクセス コントロール リスト。「IP ACL」を参照

IP アドレス

固定 2-9

複数、1 つのインターフェイスでの設定 6-7

IP ルート

設定 6-28

L

LDAP サーバ署名

Microsoft サーバでの設定 7-25

WAE での設定 7-25

WAE での無効化 7-26

概要 7-24

LZ 圧縮、定義 1-6

M

MAPI アクセラレータ

設定 13-12

有効化 13-3

Maximum Segment Size 13-67

message of the day 設定

設定 7-10

MIB

サポートされる 18-4

MIB トラップ

WAE Device Manager を使用した設定 11-8

N

NAM 15-1

NAS アプライアンス 1-21

NAT アドレス 10-2

NAT 設定 10-2

NetBIOS 10-2

NetQoS のモニタリング 17-49

NFS アクセラレータ

有効化 13-3

NTP、設定 10-5

P

Passthrough 処理 13-57

PBR、定義 1-23

R

RADIUS

データベース 7-2

デフォルト設定 7-4

認証の概要 7-12

RAID 1-24

RCP サービス、有効化 10-4

Receive Buffer Size 13-67

S

SACK、定義 1-6

Send Buffer Size 13-67

Send TCP Keepalive 13-66

set ip next-hop verify-availability コマンド 5-44

show cdp neighbors コマンド 5-43

show command ユーティリティ

トラブルシューティング用 17-62

show version コマンド 16-21

Simple Network Management Protocol。「SNMP」を参照

SMB アクセラレータ

設定 12-19

SNMP 1-24

SNMP エージェントの有効化 18-13

WAE Device Manager を使用した設定 11-8

カスタム トラップの定義 18-17

グループ設定 18-22

コミュニティ設定 18-20

サポートされる MIB 18-4

サポートされるバージョン 18-3

資産タグ設定 18-25

準備 18-14

セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベル 18-4

設定プロセス 18-13

トラップ ソース設定 18-26

トラップの有効化 18-15

ビュー設定 18-21

ホスト設定 18-19

マネージャ

作成 18-3

モニタリング 18-1

有効化 18-14

ユーザ設定 18-24

連絡先設定 18-25

SSL

設定 13-32

T

TACACS+

データベース 7-2

デフォルト設定 7-4

認証および許可、概要 7-14

有効化パスワードの属性 7-15

TCP

再送信タイマー 6-26

スロー スタート 6-27

接続の表示 17-42

パラメータ設定 6-25

輻輳ウィンドウ 6-26

明示的輻輳通知 6-26

tcpdump コマンド 17-61

TCP の初期ウィンドウ サイズ、定義 1-5

TCP 無差別モード サービス

概要 2-24

tethereal コマンド 17-61

TFO

定義 1-5

TFO and LZ compression 処理 13-57

TFO only 処理 13-57

TFO with DRE(アダプティブ キャッシュ)処理 13-57

TFO with DRE(双方向キャッシュ)処理 13-57

TFO with DRE(単方向キャッシュ)処理 13-57

TFO 機能 1-5

BIC TCP 1-6

TCP の初期ウィンドウ サイズの最大化 1-5

圧縮 1-6

ウィンドウの拡大縮小 1-5

選択的受信確認 1-6

バッファリングの強化 1-5

TFO 適応バッファリング 13-68

traceroute 17-62

track コマンド 5-44

[Troubleshooting Devices] ウィンドウ 17-5

U

Unicode サポート 2-10

UTC オフセット 10-8

「GMT オフセット」も参照

V

VLAN ID チェック 5-49

VLAN のサポート 5-48

VPATH 代行受信 5-60

vWAAS

VPATH 代行受信 5-60

仮想インターフェイスの設定 6-15

W

WAAS

インターフェイス 1-10

利点 1-20

WAAS Central Manager

アップグレード 16-5

バックアップ 16-9

復元 16-9

WAAS Central Manager GUI

アクセス 1-11

アスクバー アイコン 1-16

定義 1-11

WAAS CLI、定義 1-19

WAAS Express

Central Manager 証明書のインポート 10-32

Central Manager への証明書の再インポート 10-35

Central Manager への登録 10-35

HTTP セキュア サーバの有効化 10-34

NTP サーバの設定 10-35

インターフェイスの最適化の設定 6-17

デバイス証明書の設定 10-33

ユーザの設定 10-31

ライセンスのインストール 10-34

登録プロセス 10-29

WAAS TCP Traceroute 17-62

WAAS インターフェイス

CLI 1-19

WAAS Central Manager GUI 1-11

WAE Device Manager GUI 1-18

WAAS サービス、定義 1-4

WAAS ネットワーク

IOS との相互運用性 2-11

トラフィック リダイレクション方式 2-18

ネットワークの計画 2-1

WAE Device Manager

Configuration オプション 11-8

Utilities オプション 11-11

WAE 用の Control オプション 11-4

概要 11-2

タブ 11-9

定義 1-18, 11-1

ログアウト 11-3

ワークフロー 11-3

WAE デバイス

サポート対象 2-10

制御されたシャットダウン 16-36

設定プロパティの変更 10-1

バックアップ 16-11

復元 16-11

WAE パケット返信 5-16

WAFS Cache Cleanup ユーティリティ 11-12

WAFS。「CIFS」を参照

WCCP

Cisco Express Forwarding(CEF) 5-17

GRE パケット返信 5-32

SC 上での代行受信の設定 5-25

WAE 上での代行受信の設定 5-19

シャット ダウン 5-29

使用するポート 2-6

定義 1-22, 5-3, 5-12

フロー リダイレクション、有効化と無効化 5-18

WCCP に基づくルーティング

設定上のガイドライン 5-4

長所と短所 2-20

ルータの高度な設定 5-7

Web アプリケーション フィルタ

設定 10-21

Web ブラウザのサポート 2-10

Windows ドメイン サーバ設定 7-17

Windows 認証

Central Manager の設定 7-16

Windows ネーム サービス 6-30

Windows プリント アクセラレータ、定義 1-9

アカウント

削除 8-6

作成 8-4

作成プロセス 8-2

種類 8-1

表示 8-8

ローカル CLI 8-2

ロールに基づく 8-2

アクセラレーション

TCP 設定 13-66

TCP 適応バッファリング設定 13-68

機能 1-7

定義 1-7, 13-1

アクセラレータ

有効化 13-3

アクセラレータしきい値 13-60

アクティブ化、デバイスの 16-35

圧縮、定義 1-6

アップグレード

WAAS Central Manager デバイス 16-5

デバイス グループ 16-8

プロセス 16-1

アプリケーション

モニタリング 13-63, 17-2

アプリケーション アクセラレーション

定義 1-7, 13-1

有効化 13-3

アプリケーション定義

作成 13-54

アプリケーション分類子

一致条件 13-59

作成 13-55

復元 13-62

アプリケーション ポリシー

位置 13-64

作成 13-55

作成プロセス 13-53

準備作業 13-53

デフォルトの復元 13-62

アプリケーション リスト、表示 13-61

アラート 17-5

アラーム

デバイス報告 17-4

アラーム過負荷検出、有効化 10-24

アラーム パネル

[System Dashboard] ウィンドウ 17-3

暗号化

セキュア ストアの有効化 10-10

ディスク 16-31

移行、データ 2-28

位置

削除 3-11

作成 3-11

定義 3-10

位置、アプリケーション ポリシー 13-64

位置ツリー

表示 3-12

一貫性

経過時間に基づく検査 12-5

一致条件、作成 13-59

印刷サービス

定義 1-9

インターフェイス

DHCP 用の手動設定 6-15

WAAS Express の最適化 6-17

インライン 5-45

仮想の設定 6-15

設定 6-1

ブリッジ グループへの割り当て 6-22

AppNav-XE サービス挿入のイネーブル化 6-19

インターフェイス モジュール インライン モード 5-45

インターフェイスレベルの DHCP

説明 2-9

インテリジェントなメッセージ予測 1-7

インライン ネットワーク アダプタ カード 5-45

インライン モード 5-45

IP アドレスの設定 5-55

VLAN ID チェック 5-49

VLAN 設定 5-57

インターフェイス設定 5-50

シリアル クラスタリング 5-57

インライン モードでのクラスタリング 5-57

インライン モードでのシリアル クラスタリング 5-57

ウィンドウの拡大縮小、定義 1-5

エラー

ディスク ドライブ 16-33

エンティティ

ドメインへの追加 8-16

カーネル デバッガ

有効化 17-59

回線コンソール キャリア検出

設定 7-11

仮想インターフェイス

変更 6-15

仮想化。「仮想ブレード」を参照

仮想ブレード

開始および停止 14-9

設定 14-1, 14-4

ディスク イメージのコピー 14-10

バックアップおよび復元 14-12

有効化 14-3

監査証跡ログ

表示 7-34, 17-58

完全最適化(アダプティブ キャッシュ)処理 13-57

完全最適化(双方向キャッシュ)処理 13-57

完全最適化(単方向キャッシュ)処理 13-57

管理 IP アドレス 10-2

管理ログイン認証フェールオーバー 7-27

管理ログインの認証および許可

RADIUS の概要 7-12

TACACS+ の概要 7-14

WAE 用 7-2

Windows ドメインの概要 7-16

概要 7-1

デフォルト 7-4

ローカル データベースの説明 7-6

ギガビット イーサネット インターフェイス

変更 6-7

起動、WAE コンポーネントの 11-5

起動フラグ 16-21

強制、グループ設定の 3-8

許可

機能のデフォルト値 7-4

グループ。「ユーザ グループ」を参照

欠落、ディスクに基づくソフトウェアの

復旧 16-22

現在のソフトウェア バージョン

決定 16-3

高速オフライン検出

設定 10-23

定義 10-24

広帯域幅 WAN リンク 2-7

固定 IP アドレス 2-9

固定 IP ルート

設定 6-28

壊れているシステム イメージ

復旧 16-18

サービス コンテキスト、AppNav 4-2

サービス パスワード

設定 5-11

再起動、デバイスの 16-36

再送信時間倍率

定義 6-26

最適化

WAAS Express インターフェイスの設定 6-17

グローバル機能の有効化 13-3

サイトおよびネットワークの計画 2-4

削除

アカウント 8-6

位置 3-11

ソフトウェア ファイル 16-8

デバイス グループ 3-6

ユーザ グループ 8-21

ロール 8-13

作成

アカウント 8-4

新しいソフトウェア ファイル 16-4

アプリケーション定義 13-54

アプリケーション分類子 13-55

アプリケーション ポリシー 13-55

一致条件 13-59

事前配置スケジュール 12-18

事前配置ディレクティブ 12-11

ローカル ユーザ 8-4

サポートされる WAVE デバイス 2-10

サポートされるハードウェア デバイス 2-10

時間帯

地域の略号 10-7

パラメータ設定 10-5

システム イベント ログ機能

設定 17-52

メッセージの優先順位 17-54

ログの表示 17-58

システム イメージ

復旧 16-18

システム ステータス

モニタリング 17-5

システム設定 10-18

システム ソフトウェア

復旧 16-18

システム ソフトウェアのインストール 16-12

システム ソフトウェアの再インストール 16-12

システム メッセージ ログ

使用 17-52

表示 17-58

事前配置

WAE Device Manager での表示 11-14

スケジューリング 12-18

ステータスの確認 12-19

説明 12-6

ディレクティブの作成 12-11

自動検出 1-21

自動登録

DHCP サーバの要件 2-8

シャット ダウン、WCCP の 5-29

シャドウ コピー、共有フォルダ用の 12-7

出力方式

設定 5-32

条件

変更または IP ACL からの削除 9-6

証明書

再インポート 10-35

処理

Passthrough 13-57

TFO only 13-57

TFO with DRE(アダプティブ キャッシュ) 13-57

TFO with DRE(双方向キャッシュ) 13-57

TFO with DRE(単方向キャッシュ) 13-57

TFO with LZ compression 13-57

完全最適化(アダプティブ キャッシュ) 13-57

完全最適化(双方向キャッシュ) 13-57

完全最適化(単方向キャッシュ) 13-57

種類 13-57

診断テスト 17-60

スケジューリング

事前配置 12-18

レポート 17-47

スタンバイ インターフェイス

設定 6-3

物理インターフェイスの割り当て 6-6

プライマリ インターフェイス 6-6

スタンバイ グループ

インターフェイス 6-3

制御されたシャットダウン 16-36

セキュア シェル

設定 7-7

ホストのキー 7-8

セキュア ストア

Central Manager での有効化 10-12

WAE での有効化 10-14

スタンバイ Central Manager での有効化 10-13

設定 10-10

無効化 10-18

セキュリティ

セキュア ストアの有効化 10-10

ディスク暗号化 16-31

接続

TCP 接続の表示 17-42

接続統計情報、AppNav 4-56

接続統計情報レポート 17-42

接続トレース 4-55

選択的受信確認 1-6

総称ルーティング カプセル化。「GRE カプセル化」を参照

ソフトウェア

復旧 16-18

ソフトウェア クロック 10-6

ソフトウェアのアップグレード 16-4

複数のデバイス用 16-8

プロセス 16-1

ソフトウェアのバージョン 16-3

ソフトウェア バージョン

決定 16-3

ソフトウェア ファイル

Cisco.com からの入手 16-3

ソフトウェア ファイルの入手 16-3

ソフトウェア ライセンス 10-3

ソフトウェア リカバリ 16-12

代行受信

appnav-controller 5-61

VPATH 5-60

WCCP 5-12

ポリシーベース ルーティング 5-36

代行受信 ACL 5-30

ダイナミック共有

CIFS アクセラレータ用に作成 12-10

SMB アクセラレータ用に作成 12-20

ダウングレード 16-3

タスクバー アイコン 1-16

ダッシュボード

カスタマイズ 17-11

デバイス 17-9

チャート

カスタマイズ 17-11

設定 17-14

説明 17-15

追加 17-13

追加

チャート 17-13

通知設定

アラート 11-9

レポート 10-25

停止、WAE コンポーネントの 11-5

ディスク

モニタリング 17-44

ディスク暗号化 16-31

ディスク処理

エラー処理方法の設定 16-33

拡張オブジェクト キャッシュの設定 16-33

ディスクに基づくソフトウェア、欠落

復旧 16-22

ディスク レポート 17-44

停電 16-18

データ移行 2-28

データ一貫性、定義 12-4

データ冗長性除去、定義 1-6

データ並列性、定義 12-5

データベースのバックアップ 16-9

適応バッファリング、TFO 13-68

テスト コマンド、トラブルシューティング用の 17-61

デバイス

アクティブ化 16-35

アラーム 17-4

グループ割り当ての表示 3-6

クロック設定 10-5

再起動 16-36

自動検出 1-21

情報の表示 17-6, 17-37, 17-42

デバイス グループ設定の変更 3-9

デバイス グループへの追加 3-5

トポロジ 17-41

複数のグループに割り当てる影響 3-9

複数のデバイス グループへの追加 3-7

リブート 16-36

デバイス位置

削除 3-11

作成 3-11

定義 3-10

デバイス グループ

グループ設定の強制 3-8

削除 3-6

作成 3-3

作成プロセス 3-2

重複の有効化 3-7

設定 3-4

設定の変更 3-8

設定優先の設定 3-8

定義 3-1

デバイスの追加および削除 3-5

リスト 3-7

デバイス登録情報

復旧 16-23

デバイス ログ、表示 17-59

デフォルト状態、復元 16-11

透過リダイレクション、ルータでの設定 5-7

統計情報、収集 13-54

動作予測とバッチ処理 1-7

登録

WAAS Express デバイス 10-29

WAE Device Manager での WAE 11-6

AppNav-XE デバイス 10-29

時計

設定 10-5

トポロジ レポート 17-41

ドメイン

エンティティの追加 8-16

削除 8-17

作成 8-15

定義 8-14

表示 8-18

変更および削除 8-17

ユーザ アカウントへの割り当て 8-16

ユーザ グループへの割り当て 8-20

トラップ

SNMP の定義 18-17

有効化 18-15

トラフィック統計情報の収集、有効化 13-54

トラフィック統計レポート 17-2

チャートの説明 17-15

トラブルシューティング

Central Manager 診断テストを使用した 17-60

CLI コマンド 17-61

show command ユーティリティを使用した 17-62

TCPdump を使用した 17-61

Tethereal を使用した 17-61

WAAS TCP Traceroute を使用した 17-62

トランザクション ログ機能 17-55

設定 17-55

ログ形式 B-1

トリガー

SNMP の定義 18-17

認証

機能のデフォルト値 7-4

認証サーバ

設定 7-12

認証データベース、種類 7-2

ネットワーク

情報の表示 17-1

ネットワーク解析モジュールの統合 15-1

ネットワーク タイム プロトコル。「NTP」を参照

ネットワーク トラフィック アナライザ ツール 17-61

ハードウェア クロック 10-6

パケット転送方式 5-16

レイヤ 2 リダイレクション 5-18

レイヤ 3 GRE 5-17

パケット返信 5-16

パスワード

アカウントの変更 8-6, 8-7

管理者の復旧 16-21

バックアップ

WAAS Central Manager 16-9

WAE デバイス 16-11

設定ファイル 11-7

バックアップおよび復元

CMS データベース 16-9

仮想ブレード 14-12

バッファリングの強化 1-5

バナー

設定 7-10

汎用 GRE 出力方式 5-32

ビデオ アクセラレータ

設定 13-24

有効化 13-3

表示

WAE Device Manager でのログ 11-21

アプリケーション リスト 13-61

分類子レポート 13-62

ポリシー レポート 13-61

ロール設定 8-14

ファイアウォール、設定 6-31

ファイル サーバ

サポート対象 12-8

ファイル サービス 12-9

SMB 設定プロセス 12-19

機能 1-9

準備 12-7

定義 1-8

ファイル ロック、定義 12-6

フェールオーバー、管理ログイン認証 7-27

復元

WAAS Central Manager 16-9

WAE デバイス 16-11

WAE をデフォルト状態に 16-11

アプリケーション分類子 13-62

アプリケーション ポリシー 13-62

設定ファイル 11-7

複数の IP アドレス

1 つのインターフェイスでの設定 6-7

輻輳通知、定義 6-26

復旧

システム ソフトウェア 16-18

ディスクに基づくソフトウェアの欠落からの 16-22

デバイス登録情報 16-23

紛失した管理者パスワード 16-21

復旧用システム イメージ 16-18

ブラウザのサポート 2-10

フラッシュ メモリ

壊れた 16-18

ブリッジ仮想インターフェイス

作成 6-21

ブリッジ グループ

作成 6-21

物理インターフェイスの割り当て 6-22

プリント アクセラレータ 1-10

フロー モニタリング

設定 17-49

紛失した管理者パスワード

復旧 16-21

分類子、作成 13-55

分類子レポート、表示 13-62

ポート

139 2-6

バイパス 2-7

445 2-6

CIFS での使用 2-6

ポート チャネル インターフェイス

設定 6-10

物理インターフェイスの割り当て 6-13

ロード バランシング 6-14

ポリシーベース ルーティング

概要 2-21

代行受信の設定 5-36

定義 1-23

ネクストホップが使用できるかどうかの確認 5-42

ポリシー レポート、表示 13-61

無効化、WCCP フロー リダイレクション 5-18

明示的輻輳通知

定義 6-26

メッセージ ログ

表示 17-58

モニタリング

NetQoS のフロー 17-49

SNMP を使用した 18-1

WAE Device Manager を使用した 11-17

アプリケーション 13-63, 17-2

カスタム レポートの作成 17-45

システム ステータス 17-5

チャートの設定 17-14

チャートの説明 17-15

定義済みレポート 17-36

ディスク情報 17-44

リソース使用率 17-44

有効化

SNMP 18-14

SNMP エージェント 18-13

WCCP フロー リダイレクション 5-18

仮想ブレード 14-3

最適化およびアクセラレータ 13-3

トラフィック統計情報の収集 13-54

ユーザ アカウント

監査証跡ログ

表示 7-34, 17-58

管理 8-7, 8-8

削除 8-6

作成 8-4

作成プロセス 8-2

ドメイン 8-15

ドメイン エンティティの追加 8-16

ドメインの削除 8-17

ドメインの表示 8-18

ドメインへの割り当て 8-16

パスワードの変更 8-6, 8-7

表示 8-8

変更および削除 8-6

ロール

作成 8-11

表示 8-14

変更および削除 8-13

割り当て 8-13

ユーザ グループ

削除 8-21

作成 8-19

定義 8-18

ドメインへの割り当て 8-20

表示 8-21

ロールの割り当て 8-19

ユーザ認証。「ログイン認証」を参照

ユーザ認証「ログイン認証」を参照

優先順位 17-54

要求リダイレクション方式 5-1

ライセンス 10-3

リソース使用率レポート 17-44

リダイレクション方式 5-1

リブート、デバイスの 16-36

リモート ログイン

アクセスの制御 7-7

ルータ

WCCP 透過リダイレクションの設定 5-7

レイヤ 2 リダイレクション 5-18

レポート

E メール サーバ設定の構成 10-25

カスタマイズ 17-11

カスタムの作成 17-45

カスタムの表示 17-47

管理 17-45

スケジューリング 17-47

接続統計情報 17-42

定義済み 17-36

トポロジ 17-41

編集 17-47

リソース使用率 17-44

レポートの E メール サーバ設定 10-25

ローカル CLI アカウント、定義 8-2

ローカル ユーザ、作成 8-4

ロード バランシング 1-23, 5-13, 6-14

ロール

サービスへの読み取りアクセス 8-11

削除 8-13

作成および管理 8-11

設定の表示 8-14

定義 8-10

表示 8-14

変更および削除 8-13

ユーザ アカウントへの割り当て 8-13

ユーザ グループへの割り当て 8-19

ロールに基づくアカウント

定義 8-2, 8-3

ログ

WAE Device Manager での重大度 11-22

WAE Device Manager での表示 11-21

ログイン

WAE Device Manager 11-1

ログイン アクセス

制御 7-7

ログイン認証

定義 2-26, 7-1

ログ機能

監査証跡ログの表示 17-58

システム メッセージの表示 17-58

システム ログ機能の設定 17-52

デバイス ログの表示 17-59

トランザクション ログ機能 17-55

トランザクション ログ形式 B-1

メッセージの優先順位 17-54

割り当て

事前配置ディレクティブへのデバイスの 12-16

デバイス グループへのデバイスの 3-5

複数のデバイス グループへのデバイスの 3-7