Cisco Wide Area Application Engine 7326 ハードウェア インストレーション ガイド
Wide Area Application Engine 7326 ハードウェアの仕様
Wide Area Application Engine 7326 ハードウェアの仕様
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Wide Area Application Engine 7326 ハードウェアの仕様

アプライアンスの仕様

アダプタの仕様

Wide Area Application Engine 7326 ハードウェアの仕様

この付録では、WAE-7326 アプライアンスおよびオプションの Cisco WAE インライン ネットワーク アダプタのハードウェア仕様について説明します。この章の構成は、次のとおりです。

「アプライアンスの仕様」

「アダプタの仕様」

アプライアンスの仕様

表A-1 に、Wide Area Application Engine(WAE) 7326 の機能と仕様をまとめます。

 

表A-1 WAE 7326 の機能と仕様

仕様
説明

マイクロプロセッサ

3.2 GHz Nocona プロセッサ× 2

1 MB レベル 2 キャッシュ

800 MHz Front-Side Bus(FSB; フロントサイド バス)


) Configuration/Setup Utility プログラムを使用すると、マイクロプロセッサのタイプと速度を判別できます。


メモリ

最小:512 MB

最大:16 GB

タイプ:2 ウェイ インターリーブ PC3200、ECC DDR II SDRAM、レジスタード DIMM のみ。

サイズ:256 MB、512 MB、1 GB、または 2 GB

ドライブ標準

CD-ROM

拡張ベイ

ホットスワップ 3.5 インチ ディスク ドライブ ベイ× 6

13.34 cm(5.25 インチ)ベイ× 1(CD-ROM ドライブ装着済み)

ホットスワップ ファン

最小: 6

最大:12 -- 冗長冷却を提供

ホットスワップ電源装置

625 ワット(100 ~ 240 V AC)

最小: 1

最大:2 -- 冗長電源を提供

拡張スロット

PCI-X ホットプラグ非対応 133 MHz/64 ビット× 2

PCI-X ホットプラグ非対応 100 MHz/64 ビット(ロー プロファイル)× 2

サイズ

高さ:85.4 mm(3.36 インチ)

奥行:702.0 mm(27.64 インチ)

幅:443.6 mm(17.5 インチ)

重量

重量:21.09 ~ 29.03 kg(46.5 ~ 64 lb)(構成により異なる)

統合機能

ベースボード管理コントローラ

Broadcom 10/100/1000 イーサネット コントローラ(デュアルポート設計) Wake on LAN ® サポート付き× 2

シリアル ポート× 1

外部および内部 Ultra320 SCSI ポート(統合 RAID 付きデュアルチャネル コントローラ)×各 1


) ベースボード管理コントローラは、サービス プロセッサとも呼ばれます。


電源入力

必要な正弦波入力(50 ~ 60 Hz)

入力電圧範囲は、自動選択

低入力電圧範囲:

最小:100 V AC

最大:137 V AC

高入力電圧範囲:

最小:200 V AC

最大:240 V AC

入力 kiloVolt-Amperes(kVA)概算値:

最小:0.36 kVA

最大:0.83 kVA

環境

温度:

サーバの稼働時:10 ~ 35°C(50 ~ 95°F)、高度:0 ~ 2133 m(6998.0 フィート)

サーバの停止時:10 ~ 43°C(50 ~ 109.4°F)、最高高度:2133 m(6998.0 フィート)

湿度

サーバの稼働時:8 ~ 80%

サーバの停止時:8 ~ 80%

1 騒音

公表音響出力(アイドリング時):6.6 ベル 2

公表音響出力(動作時):6.6 ベル

3 熱出力

最小構成:1230 Btu 4 (360 W)

最大構成:2840 Btu(830 W)

1.騒音レベルは、American National Standards Institute(ANSI) S12.10 および ISO 7779 で規定された手順に従い、制御された騒音環境で測定され、ISO 9296 に従って報告されています。所定の場所での実際の音圧レベルは、室内の反響やその他の周辺ノイズ源によって、記載された平均値を超えることがあります。公表音響出力レベルは、大部分のコンピュータが稼働する際の上限値を示しています。

2.音響出力レベルとは、基準値に対する実際の値の比を対数で表したものです。対数の基数(指定がないかぎり、常に 10)、基準値、該当するレベルは、指定されています。ベルは、対数の基数が 10 の場合のレベルの単位で、対象となる量は出力に比例します。

3.電力消費量と熱出力は、インストールされているオプション機能の数とタイプ、および使用されている電力管理オプション機能によって異なります。

4.British thermal unit(英式熱量単位)

アダプタの仕様

表A-2 に、ファイバ チャネル アダプタの仕様を示します。

 

表A-2 ファイバ チャネル アダプタの仕様

ファイバ チャネル
アダプタ

バスの種類:光ファイバ メディア(短波 50 µ)

バス転送速度:半二重で最大 2 Gbps、全二重で最大 4 Gbps

プロトコル:FCP 5 -SCSI プロトコルをサポート

5.FCP = Fibre Channel Protocol(ファイバ チャネル プロトコル)

表A-3 に、インライン ネットワーク アダプタの技術仕様および一般的な仕様を示します。


) インライン ネットワーク アダプタには、WAAS 4.0.7 以降のリリースのソフトウェアが必要です。


 

表A-3 インライン ネットワーク アダプタの仕様

仕様
説明
銅線ギガビット イーサネットの仕様

IEEE 標準

ギガビット イーサネット、1000BASE-T

ファスト イーサネット、100BASE-T

イーサネット、10BASE-T

全二重および半二重

すべての動作速度で、半二重および全二重の両方の動作をサポートします。

自動ネゴシエーション

全二重および半二重の動作間、および 1000 Mbps、100 Mbps、10 Mbps の速度間で自動ネゴシエートします。

データ転送速度

半二重モードで、ポートあたり 1000 Mbps、100 Mbps、および 10 Mbps 速度

全二重モードで、ポートあたり 2000 Mbps、200 Mbps、および 20 Mbps 速度

一般的な技術仕様

インターフェイスの標準

PCI v2.2 32/64 ビット、33/66 MHz

PCI-X v1.0 32/64 ビット、66/100/133 MHz

サイズ

167.64 mm × 106.68 mm(6.6 インチ× 4.2 インチ)

PCI コネクタ

ユニバーサル 64 ビット コネクタ

PCI 電圧

+12 V(最小 11.4 V、最大 12.6 V)

+3.3 V(最小 3.04 V、最大 3.6 V)

重量

175 g(6.18 オンス)

動作時の湿度

0~ 90%、結露しないこと

動作時の温度

0 ~ 50°C(32 ~ -122°F)

保管時の温度

-20 ~ -65°C(-4 ~ -149°F)