Cisco IOS IP ルーティング: OSPF コンフィギュレーション ガイド
OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラ フィック統計情報
OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報

この章で紹介する機能情報の入手方法

この章の構成

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報の前提条件

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報について

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報を調べる利点

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報を表示およびクリアする方法

OSPFv2 の OSPF トラフィック統計情報の表示とクリア

OSPFv3 の OSPF トラフィック統計情報の表示とクリア

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック コマンドの設定例

OSPFv2 の拡張トラフィック統計情報の表示とクリア:例

OSPFv3 の拡張トラフィック統計情報の表示とクリア:例

参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報の機能情報

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報

ここでは、OSPFv2 および OSPFv3 の拡張 OSPF トラフィック統計情報を提供する、新しいコマンドと変更されたコマンドについて説明します。より詳細なトラフィック統計情報を収集して表示する機能によって、トラブルシューティングのプロセスが効率化され、OSPF ネットワークのアベイラビリティが向上します。

新しい OSPF トラフィック統計情報では、次の情報が収集され表示されるようになりました。

OSPF Hello 入力キューおよび OSPF プロセス キューのステータス情報と統計情報

グローバル OSPF トラフィック統計情報

OSPF インターフェイス別トラフィック統計情報

OSPF プロセス別トラフィック統計情報

この章で紹介する機能情報の入手方法

お使いのソフトウェア リリースが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。最新の機能情報および警告については、ご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。この章に記載されている機能の詳細、および各機能がサポートされているリリースのリストについては、「OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報の機能情報」 を参照してください。

プラットフォームのサポートおよび Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスしてください。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報の前提条件

ルータで OSPFv2 または OSPFv3 が設定されている必要があります。

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報について

OSPF 拡張トラフィック統計情報はデフォルトでイネーブルになっています。ディセーブルにはできません。OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報を使用するには、その前に次の概念について理解しておく必要があります。

「OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報を調べる利点」

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報を調べる利点

詳細な OSPF トラフィック統計情報は、次のタイプの OSPF の不安定状態についてトラブルシューティングする際に特に役に立ちます。

OSPF プロセスが、OSPF に対して送信されたトラフィック量を処理できるかどうかネットワーク管理者が判断する際に、OSPF プロセス キューのステータス情報および統計情報が役に立ちます。

OSPF パケット ヘッダー エラーおよび LSA エラーに関する統計情報には、受信した OSPF パケットのなかに検出されたさまざまなエラーが記録されます。

また、OSPF 拡張トラフィック制御統計情報は、OSPF プロセス間で交換されるトラフィック制御の量をモニタします。低速リンクを使用し、かつ、トポロジ変化が頻繁に発生するネットワーク環境では、トラフィック制御の量は重要な考慮事項です。

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報を表示およびクリアする方法

ここでは、次の作業について説明します。

「OSPFv2 の OSPF トラフィック統計情報の表示とクリア」

「OSPFv3 の OSPF トラフィック統計情報の表示とクリア」

OSPFv2 の OSPF トラフィック統計情報の表示とクリア

ネットワークで IPv4 を実行している場合、詳細なトラフィック統計情報の収集、表示、およびクリアを行うには、次のタスクの手順を実行します。トラフィック統計情報には、HELLO 出力、プロセス キューのステータス、グローバル OSPF トラフィック統計情報、OSPF インターフェイス別トラフィック統計情報、および OSPF プロセス別トラフィック統計情報があります。

手順の概要

1. enable

2. show ip ospf [ process-id ] traffic [ interface-type interface-number ]

3. clear ip ospf traffic

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show ip ospf [ process-id ] traffic [ interface-type interface-number ]

 

Router# show ip ospf traffic statistics

OSPFv2 トラフィック統計情報を表示します。

ステップ 3

clear ip ospf traffic

 

Router# clear ip ospf traffic

OSPFv2 トラフィック統計情報をクリアします。

OSPFv3 の OSPF トラフィック統計情報の表示とクリア

ネットワークで IPv6 を実行している場合、詳細なトラフィック統計情報の収集、表示、およびクリアを行うには、次のタスクの手順を実行します。トラフィック統計情報には、HELLO 出力、プロセス キューのステータス、グローバル OSPF トラフィック統計情報、OSPF インターフェイス別トラフィック統計情報、および OSPF プロセス別トラフィック統計情報があります。

手順の概要

1. enable

2. show ipv6 ospf [ process-id ] traffic [ interface-type interface-number ]

3. clear ipv6 ospf traffic

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

show ipv6 ospf [ process-id ] traffic [ interface-type interface-number ]

 

Router# show ipv6 ospf traffic statistics

OSPFv3 トラフィック統計情報を表示します。

ステップ 3

clear ipv6 ospf traffic

 

Router# clear ipv6 ospf traffic

OSPFv3 トラフィック統計情報をクリアします。

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック コマンドの設定例

ここでは、次の例について説明します。

「OSPFv2 の拡張トラフィック統計情報の表示とクリア:例」

「OSPFv3 の拡張トラフィック統計情報の表示とクリア:例」

OSPFv2 の拡張トラフィック統計情報の表示とクリア:例

次の例は、OSPFv2 の show ip ospf traffic コマンドの出力を示しています。

Router# show ip ospf traffic
 
OSPF statistics:
Rcvd: 55 total, 0 checksum errors
22 hello, 7 database desc, 2 link state req
6 link state updates, 6 link state acks
 
Sent: 68 total
45 hello, 7 database desc, 2 link state req
10 link state updates, 4 link state acks
 
 
 
OSPF Router with ID (10.1.1.1) (Process ID 8)
 
OSPF queues statistic for process ID 8:
 
OSPF Hello queue size 0, no limit, drops 0, max size 0
OSPF Router queue size 0, limit 200, drops 0, max size 0
 
 
Interface statistics:
 
 
Interface Ethernet0/0.1
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 0 0
RX DB des 0 0
RX LS req 0 0
RX LS upd 0 0
RX LS ack 0 0
RX Total 0 0
 
TX Failed 0 0
TX Hello 16 1216
TX DB des 0 0
TX LS req 0 0
TX LS upd 0 0
TX LS ack 0 0
TX Total 16 1216
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, Hello 0,
MTU Mismatch 0, Nbr Ignored 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
 
Summary traffic statistics for process ID 8:
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 0 0
RX DB des 0 0
RX LS req 0 0
RX LS upd 0 0
RX LS ack 0 0
RX Total 0 0
 
TX Failed 0 0
TX Hello 16 1216
TX DB des 0 0
TX LS req 0 0
TX LS upd 0 0
TX LS ack 0 0
TX Total 16 1216
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, Hello 0,
MTU Mismatch 0, Nbr Ignored 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
 
 
OSPF Router with ID (10.1.1.4) (Process ID 1)
 
OSPF queues statistic for process ID 1:
 
OSPF Hello queue size 0, no limit, drops 0, max size 2
OSPF Router queue size 0, limit 200, drops 0, max size 2
 
 
Interface statistics:
 
 
Interface Serial2/0
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 11 528
RX DB des 4 148
RX LS req 1 60
RX LS upd 3 216
RX LS ack 2 128
RX Total 21 1080
 
TX Failed 0 0
TX Hello 14 1104
TX DB des 3 252
TX LS req 1 56
TX LS upd 3 392
TX LS ack 2 128
TX Total 23 1932
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 0,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, Hello 0,
MTU Mismatch 0, Nbr Ignored 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
 
Interface Ethernet0/0
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 13 620
RX DB des 3 116
RX LS req 1 36
RX LS upd 3 228
RX LS ack 4 216
RX Total 24 1216
 
TX Failed 0 0
TX Hello 17 1344
TX DB des 4 276
TX LS req 1 56
TX LS upd 7 656
TX LS ack 2 128
TX Total 31 2460
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 13,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, Hello 0,
MTU Mismatch 0, Nbr Ignored 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
Summary traffic statistics for process ID 1:
 
OSPF packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 24 1148
RX DB des 7 264
RX LS req 2 96
RX LS upd 6 444
RX LS ack 6 344
RX Total 45 2296
 
TX Failed 0 0
TX Hello 31 2448
TX DB des 7 528
TX LS req 2 112
TX LS upd 10 1048
TX LS ack 4 256
TX Total 54 4392
 
OSPF header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, Bad Source 13,
No Virtual Link 0, Area Mismatch 0, No Sham Link 0,
Self Originated 0, Duplicate ID 0, Hello 0,
MTU Mismatch 0, Nbr Ignored 0, LLS 0,
Authentication 0,
 
OSPF LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 

ネットワーク管理者は clear ip ospf traffic コマンドを実行して、すべてのカウンタをリセットし、すべての統計情報の収集を再起動できます。

Router# clear ip ospf traffic
 

OSPFv3 の拡張トラフィック統計情報の表示とクリア:例

次の例は、OSPFv3 の show ipv6 ospf traffic コマンドの出力を示しています。

Router# show ipv6 ospf traffic
 
OSPFv3 statistics:
Rcvd: 32 total, 0 checksum errors
10 hello, 7 database desc, 2 link state req
9 link state updates, 4 link state acks
0 LSA ignored
 
Sent: 45 total, 0 failed
17 hello, 12 database desc, 2 link state req
8 link state updates, 6 link state acks
 
 
 
OSPFv3 Router with ID (10.1.1.4) (Process ID 6)
 
OSPFv3 queues statistic for process ID 6
Hello queue size 0, no limit, max size 2
Router queue size 0, limit 200, drops 0, max size 2
 
 
Interface statistics:
 
 
Interface Serial2/0
 
OSPFv3 packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 5 196
RX DB des 4 172
RX LS req 1 52
RX LS upd 4 320
RX LS ack 2 112
RX Total 16 852
 
TX Failed 0 0
TX Hello 8 304
TX DB des 3 144
TX LS req 1 52
TX LS upd 3 252
TX LS ack 3 148
TX Total 18 900
 
OSPFv3 header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, No Virtual Link 0,
Area Mismatch 0, Self Originated 0, Duplicate ID 0,
Instance ID 0, Hello 0, MTU Mismatch 0,
Nbr Ignored 0, Authentication 0,
 
OSPFv3 LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
 
Interface Ethernet0/0
 
OSPFv3 packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 6 240
RX DB des 3 144
RX LS req 1 52
RX LS upd 5 372
RX LS ack 2 152
RX Total 17 960
 
TX Failed 0 0
TX Hello 11 420
TX DB des 9 312
TX LS req 1 52
TX LS upd 5 376
TX LS ack 3 148
TX Total 29 1308
 
OSPFv3 header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, No Virtual Link 0,
Area Mismatch 0, Self Originated 0, Duplicate ID 0,
Instance ID 0, Hello 0, MTU Mismatch 0,
Nbr Ignored 0, Authentication 0,
 
OSPFv3 LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 
 
Summary traffic statistics for process ID 6:
 
OSPFv3 packets received/sent
 
Type Packets Bytes
RX Invalid 0 0
RX Hello 11 436
RX DB des 7 316
RX LS req 2 104
RX LS upd 9 692
RX LS ack 4 264
RX Total 33 1812
 
TX Failed 0 0
TX Hello 19 724
TX DB des 12 456
TX LS req 2 104
TX LS upd 8 628
TX LS ack 6 296
TX Total 47 2208
 
OSPFv3 header errors
Length 0, Checksum 0, Version 0, No Virtual Link 0,
Area Mismatch 0, Self Originated 0, Duplicate ID 0,
Instance ID 0, Hello 0, MTU Mismatch 0,
Nbr Ignored 0, Authentication 0,
 
OSPFv3 LSA errors
Type 0, Length 0, Data 0, Checksum 0,
 

ネットワーク管理者は clear ipv6 ospf traffic コマンドを実行して、すべてのカウンタをリセットし、すべての統計情報の収集を再起動できます。

Router# clear ipv6 ospf traffic
 

参考資料

ここでは、OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報機能に関する参考資料を紹介します。

関連資料

関連項目
参照先

OSPF コマンド

『Cisco IOS IP Routing: OSPF Command Reference』

OSPF 設定

Configuring OSPF

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

なし

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログイン ID またはパスワードを取得していない場合は、Cisco.com でまず登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/techsupport

コマンド リファレンス

次に示すコマンドは、この章に記載されている機能に導入、または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『Cisco IOS IP Routing: OSPF Command Reference』を参照してください。Cisco IOS の全コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にあるコマンド検索ツールを使用するか、または『 Cisco IOS Master Command List 』を参照してください。

clear ipv6 ospf traffic

show ip ospf traffic

show ipv6 ospf traffic

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報の機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、コマンドの中に一部使用できないものがあります。特定のコマンドに関するリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、フィーチャ セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS および Catalyst OS のソフトウェア イメージを判別できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。


表 1 に、特定の Cisco IOS ソフトウェア リリース群で特定の機能をサポートする Cisco IOS ソフトウェア リリースだけを示します。特に明記されていない限り、Cisco IOS ソフトウェア リリース群の後続のリリースでもこの機能をサポートします。


 

表 1 OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報の機能情報

機能名
リリース
機能情報

OSPFv2 および OSPFv3 の OSPF 拡張トラフィック統計情報

12.4(6)T
12.2(31)SB2
12.2(33)SRB

このドキュメントでは、新しいコマンドまたは変更されたコマンドである、OSPFv2 および OSPFv3 の show コマンドを実行して得られる、詳細な OSPF トラフィック統計情報について説明します。

次のコマンドが導入または変更されました。 clear ipv6 ospf traffic show ip ospf traffic show ipv6 ospf traffic