Cisco IOS IP ルーティング: OSPF コンフィギュレーション ガイド
OSPF 再送信回数制限
OSPF 再送信回数制限
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

OSPF 再送信回数制限

機能概要

利点

制約事項

関連機能およびテクノロジー

サポートされているプラットフォーム

設定作業

OSPF 再送信回数制限の設定

コマンド リファレンス

OSPF 再送信回数制限

機能の履歴

リリース
変更点

12.2(11)T

この機能が導入されました。

ここでは、Open Shortest Path First (OSPF)プロトコルの再送信処理の変更点について説明します。このモジュールの構成は次のとおりです。

「機能概要」

「利点」

「制約事項」

「関連機能およびテクノロジー」

「サポートされているプラットフォーム」

「設定作業」

「コマンド リファレンス」

機能概要

Cisco IOS リリース 12.2(4)T から、デマンド回線および非デマンド回線の両方について、データベース交換パケットおよびアップデート パケットの再送信回数を制限する機能が追加されました。これらのパケットの再送は、いったんリトライ制限に到達すると停止します。これにより、ネイバーが隣接関係の形成中に何らかの理由で応答しない場合に、パケット再送の繰り返しでリンクが不要に使用されることを防ぎます。

デマンド回線と非デマンド回線の再送信の制限はいずれも 24 回です。

limit-retransmissions コマンドを使用すると、再送数の制限を解除(ディセーブルに)するか、再送の最大数を 1 ~ 255 の範囲の値に変更できます。

利点

limit-retransmissions コマンドを設定することで、Cisco IOS ソフトウェアの以前のリリースまたは他のリリース、あるいはこの機能を持たない他のルータとの下位互換性が確保されます。

制約事項

再送数の制限は、非ブロードキャスト マルチアクセス(NBMA)ポイントツーマルチポイントの直接回線でのアップデート パケットには適用されません。この場合は、デッド タイマーを使用して応答しないネイバーとの通信を終了することで再送信を停止します。

関連機能およびテクノロジー

この機能は、OSPF ルーティング プロトコルを拡張したものです。OSPF の設定、およびルート集約とフィルタリングの設定の詳細については、『 Cisco IOS IP Routing Protocols Configuration Guide 』および『 Cisco IOS IP Routing: OSPF Command Reference 』の「Configuring OSPF」の章を参照してください。

サポートされているプラットフォーム

limit-retransmissions コマンドは、Cisco IOS リリース 12.2(11)T の次のプラットフォームでサポートされます。

Cisco AS5300

Cisco AS5400

Cisco AS5800

Cisco 1400 シリーズ

Cisco 1600 シリーズ

Cisco 1600R シリーズ

Cisco 1710

Cisco 1720

Cisco 1721

Cisco 1750

Cisco 1751

Cisco 2500 シリーズ

Cisco 2600 シリーズ

Cisco 3620

Cisco 3631

Cisco 3640

Cisco 3725

Cisco 3745

Cisco 3660

Cisco IGX 8400 シリーズ URM

Cisco MC3810

Cisco 7100 シリーズ

Cisco 7200 シリーズ

Cisco 7500 シリーズ

Cisco uBR7200 シリーズ

この章で紹介する機能情報の入手方法

お使いの Cisco IOS ソフトウェアが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。最新の機能情報および警告については、ご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

設定作業

OSPF 再送信回数制限機能の設定タスクについては、次の各項を参照してください。一覧内の各作業は、必須と任意に分けています。

「OSPF 再送信回数制限の設定」 (必須)

OSPF 再送信回数制限の設定

OSPF 再送信回数制限を設定するには、ルータのコンフィギュレーションモードを開始して、次のコマンドを実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# router ospf process-id

OSPF プロセスを実行するよう、ルータを設定します。

ステップ 2

Router(config-router)# limit retransmissions {[ dc { max-number | disable }] [ non-dc { max-number | disable }]}

デマンド回線および非デマンド回線の両方について、データベース交換パケットおよびアップデート パケットの再送信回数の制限を設定します。

コマンド リファレンス

次に示すコマンドは、このモジュールに記載されている機能に導入、または変更されたものです。これらのコマンドの詳細については、『Cisco IOS IP Routing: OSPF Command Reference』を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドの詳細については、 http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、Cisco IOS マスター コマンド リストを参照してください。

limit retransmissions