Cisco IOS IP ルーティング: OSPF コンフィギュレーション ガイド
接続された IP プレフィクスを LSA アドバタ イズメントから除外する OSPF メカニズム
接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズム
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズム

この章の構成

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの前提条件

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムについて

LSA で伝送される IP プレフィクスの数を制限する従来の方法

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの機能概要

接続された IP プレフィクスを OSPF LSA から除外する方法

OSPF プロセスごとの IP プレフィクス除外

インターフェイス単位での IP プレフィクスの除外

IP プレフィクス抑制のトラブルシューティング

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの設定例

OSPF プロセスの IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する例

特定のインターフェイスの IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する例

参考資料

関連資料

規格

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

用語集

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズム

このドキュメントでは、接続されたネットワークの IP プレフィクスをリンクステート アドバタイズメント(LSA)から除外する Open Shortest Path First(OSPF)メカニズムについて説明します。OSPF が大規模ネットワークに配置されている場合、OSPF LSA に伝送される IP プレフィクスの数を制限すると OSPF の統合速度を上げることができます。

この機能では、ネットワーク管理者が内部ノードへの IP ルーティングを回避できるようにすることにより、OSPF ネットワークのセキュリティも強化されます。

この章で紹介する機能情報の入手方法

お使いの Cisco IOS ソフトウェアが、このモジュールで説明されている機能の一部をサポートしていないことがあります。 このモジュールに記載されている機能に関するドキュメントへのリンク、および各機能がサポートされているリリースに関するリストについては、「接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの機能概要」を参照してください。

プラットフォームと Cisco IOS および Catalyst OS ソフトウェア イメージのサポート情報の検索

Cisco Feature Navigator を使用すると、プラットフォーム、Cisco IOS ソフトウェア イメージ、および Cisco Catalyst OS ソフトウェア イメージの各サポート情報を検索できます。Cisco Feature Navigator には、 http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの前提条件

このメカニズムを使用して IP プレフィクスを LSA から除外するには、その前に OSPF ルーティング プロトコルを設定しておく必要があります。

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムについて

OSPF ネットワーク統合を改善する方法の 1 つとして、LSA で伝送される IP プレフィクスの数の制限があります。

「LSA で伝送される IP プレフィクスの数を制限する従来の方法」

「接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの機能概要」

LSA で伝送される IP プレフィクスの数を制限する従来の方法

インターフェイスを無制限 IP プレフィクスとして設定します。ただし、ネットワーク管理面や、インターフェイスの数に制限があると、インターフェイスの特定やトラブルシューティングが容易にできるため、インターフェイスの数に制限を設け、さらに IP アドバタイズメントの数にも制限を設けることもできます。

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの機能概要

接続している IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムにより、ネットワーク管理者は LSA にインストールされている IP プレフィクスを管理できるようになります。この機能は次のようにルータ LSA およびネットワーク LSA 向けに実装されます。

ルータ LSA がプレフィクスを除外する場合、リンク タイプ 3(スタブ リンク)が除外されます。

ネットワーク LSA の場合、OSPF Designated Router(DR)は特殊な /32 ネットワーク マスク(0xFFFFFFFF)で LSA を生成します。


) この機能が備わっていない Cisco IOS ソフトウェアの旧バージョンでは、/32 プレフィクスがルーティング テーブルにインストールされます。


OSPF プロセスごとの IP プレフィクス アドバタイズメントのグローバル抑制

prefix-suppression コマンドをルータ コンフィギュレーション モードで使用し、ルータ上で OSPF プロセスを設定すると、すべての IP プレフィクスのアドバタイズメントを防ぎ、OSPF の統合時間を短縮できます。


) ループバック、セカンダリ IP アドレス、およびパッシブ インターフェイスと関連付けられたプレフィクスは、通常のネットワーク設計で到達可能で保持しておく必要があるため、プロセス設定から除外されます。


インターフェイス単位での IP プレフィクス アドバタイズメントの抑制

ip ospf prefix-suppression コマンドをインターフェイス コンフィギュレーション モードで使用することにより、OSPF インターフェイスのネイバーに IP ネットワークをアドバタイズしないように明示的に設定できます。


prefix-suppression ルータ コンフィギュレーション コマンドを設定して、接続している IP ネットワークから IP プレフィクスをグローバルに抑制した場合、インターフェイス コンフィギュレーション コマンドは、ルータ コンフィギュレーション モード コマンドよりも優先されます。


接続された IP プレフィクスを OSPF LSA から除外する方法

ここでは、IP プレフィクス アドバタイズメントを抑制するための 2 つの手段の設定方法について説明します。IP プレフィクス アドバタイズメントを OSPF プロセスまたはインターフェイスごとに抑制できます。ここでは、IP プレフィクスの抑制をトラブルシューティングする方法についても説明します。

「OSPF プロセスごとの IP プレフィクス除外」

「インターフェイス単位での IP プレフィクスの除外」

「IP プレフィクス抑制のトラブルシューティング」

OSPF プロセスごとの IP プレフィクス除外

ここでは IP プレフィクスを、OSPF プロセスのループバック、セカンダリ IP アドレス、およびパッシブ インターフェイス以外のすべてのインターフェイス タイプに対応して、接続しているネットワークから除外するために必要な手順について説明します。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. router ospf [ process-id ] [ vrf vpn-name ]

4. prefix-suppression

5. end

6. show ip ospf

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

router ospf process-id [ vrf vpn-name ]

 

Router(config)# router ospf 23

OSPFv2 ルーティング プロセスを設定し、ルータ コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

prefix-suppression

 

Router(config-router)# prefix-suppression

ループバック、セカンダリ IP アドレスおよびパッシブ インターフェイスに関連付けられているプレフィクスを除き、すべての IP プレフィクスを OSPF がアドバタイズするのを防ぎます。

ステップ 5

end

 

Router(config-router)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show ip ospf

 

Router# show ip ospf

OSPF ルーティング プロセスに関する一般情報を表示します。

(注) このコマンドを使用して、IP プレフィクスの抑制がイネーブルになっていることを確認します。

次の show ip ospf コマンドの出力例は、IP プレフィクス アドバタイズメントが OSPF プロセス 1 で抑制されていることを示しています。

Router# show ip ospf
 
Routing Process "ospf 1" with ID 10.0.0.6
Start time: 00:00:04.912, Time elapsed: 00:02:35.184
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Supports area transit capability
It is an area border router
Router is not originating router-LSAs with maximum metric
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Minimum LSA interval 5 secs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 2. Checksum Sum 0x0132C8
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 3. 3 normal 0 stub 0 nssa
Number of areas transit capable is 1
External flood list length 0
IETF NSF helper support enabled
Cisco NSF helper support enabled
Prefix-suppression is enabled
.
.
.
 

インターフェイス単位での IP プレフィクスの除外

ここでは、特定のインターフェイスに関連付けられているすべての IP プレフィクスを、OSPF ルータがアドバタイズするのを防ぐために必要な手順について説明します。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip ospf prefix suppression コマンドを入力した場合、ルータ コンフィギュレーション モードで入力された prefix-suppression コマンドよりも優先されます。

手順の概要

1. enable

2. configure terminal

3. interface type number

4. ip ospf prefix-suppression [ disable ]

5. end

6. show ip ospf interface

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface type number

 

Router(config)# interface serial 0/0

インターフェイス タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 4

ip ospf prefix-suppression [ disable ]

 

Router(config-if)# ip ospf prefix-suppression

セカンダリ IP アドレスに関連付けられている IP プレフィクスを除いて、特定のインターフェイスに属するすべての IP プレフィクスを OSPF がアドバタイズすることを防止します。

ステップ 5

end

 

Router(config-if)# end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

show ip ospf interface

 

Router# show ip ospf interface

OSPF 関連のインターフェイス情報を表示します。

(注) このコマンドで、IP プレフィクス抑制が特定のインターフェイスでイネーブルになっていることを確認します。

次の show ip ospf interface コマンドの出力例では、プレフィクス抑制がイーサネット インターフェイス 0/0 でイネーブルになっていることを確認できます。

Router# show ip ospf interface
 
Ethernet0/0 is up, line protocol is up
Internet Address 192.168.130.2/24, Area 2
Process ID 1, Router ID 10.0.0.6, Network Type BROADCAST, Cost: 10
Prefix-suppression is enabled
.
.
.

IP プレフィクス抑制のトラブルシューティング

ここでは、 debug ip ospf lsa-generation コマンドを使用して、IP プレフィクス抑制をトラブルシューティングする方法について説明します。

手順の概要

1. enable

2. debug ip ospf lsa-generation

3. debug condition interface interface-type interface-number [ dlci dlci ] [ vc { vci | vpi | vci }]

4. show debugging

5. show logging

手順の詳細

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします。

プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。

ステップ 2

debug ip ospf lsa-generation

 

Router# debug ip ospf lsa-generation

生成された OSPF LSA ごとに情報を表示します。

ステップ 3

debug condition interface interface-type interface-number [ dlci dlci ] [ vc { vci | vpi | vci }]

 

Router# debug interface serial 0/0

インターフェイスまたは仮想回線に基づいて、一部の debug コマンドの出力を制限します。

ステップ 4

show debugging

 

Router# show debugging

ご使用のルータでイネーブルになっているデバッグのタイプに関する情報を表示します。

ステップ 5

show logging [ slot slot-number | summary ]

 

Router# show logging

syslog の状態と標準システム ロギング バッファの内容を表示します。

次の debug ip ospf lsa-generation コマンドの出力例では、イーサネット インターフェイス 0/0 の場合、接続しているネットワーク 192.168.131.0 からの IP プレフィクスが除外されていることが確認できます。

Router# debug ip ospf lsa-generation
 
OSPF summary lsa generation debugging is on
 
Router# debug condition interface e0/0
 
Condition 1 set
 
Router# show debugging
 
IP routing:
OSPF summary lsa generation debugging is on
 
Condition 1: interface Et0/0 (1 flags triggered)
Flags: Et0/0
 
Router# show logging
 
*Jun 5 21:54:47.295: OSPF: Suppressing 192.168.131.0/24 on Ethernet1/0 from router LSA
*Jun 5 21:54:52.355: OSPF: Suppressing 192.168.131.0/24 on Ethernet1/0 from router LSA
.
.
.

接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムの設定例

ここでは、次の例について説明します。

「OSPF プロセスの IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する例」

「特定のインターフェイスの IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する例」

OSPF プロセスの IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する例

この例では OSPF ルーティング プロセス 23 に IP プレフィクス抑制が設定されます。

router ospf 23
prefix-suppression
end
 

show ip ospf コマンドが入力されると、表示される出力で、IP プレフィクス抑制が OSPF プロセス 23 でイネーブルになっていることが確認されます。

Router# show ip ospf
 
outing Process "ospf 23" with ID 10.0.0.6
Start time: 00:00:04.912, Time elapsed: 00:02:35.184
Supports only single TOS(TOS0) routes
Supports opaque LSA
Supports Link-local Signaling (LLS)
Supports area transit capability
It is an area border router
Router is not originating router-LSAs with maximum metric
Initial SPF schedule delay 5000 msecs
Minimum hold time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Maximum wait time between two consecutive SPFs 10000 msecs
Incremental-SPF disabled
Minimum LSA interval 5 secs
Minimum LSA arrival 1000 msecs
LSA group pacing timer 240 secs
Interface flood pacing timer 33 msecs
Retransmission pacing timer 66 msecs
Number of external LSA 2. Checksum Sum 0x0132C8
Number of opaque AS LSA 0. Checksum Sum 0x000000
Number of DCbitless external and opaque AS LSA 0
Number of DoNotAge external and opaque AS LSA 0
Number of areas in this router is 3. 3 normal 0 stub 0 nssa
Number of areas transit capable is 1
External flood list length 0
IETF NSF helper support enabled
Cisco NSF helper support enabled
Prefix-suppression is enabled
.
.
.

特定のインターフェイスの IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する例

この例では、イーサネット インターフェイス 0/0 に関連付けられているすべての IP プレフィクスの抑制が設定されます。

interface Ethernet 0/0
ip ospf prefix-suppression
end
 

show ip ospf interface コマンドが入力されると、表示される出力で、IP プレフィクス抑制がイーサネット インターフェイス 0/0 でイネーブルになっていることが確認されます。

Router# show ip ospf interface
 
Ethernet0/0 is up, line protocol is up
Internet Address 192.168.130.2/24, Area 2
Process ID 1, Router ID 10.0.0.6, Network Type BROADCAST, Cost: 10
Prefix-suppression is enabled
.
.
.

参考資料

ここでは、接続された IP プレフィクスを LSA アドバタイズメントから除外する OSPF メカニズムに関する参考資料を紹介します。

関連資料

関連項目
参照先

OSPF コマンド:コマンド構文、コマンド モード、コマンド履歴、コマンド デフォルト設定、使用に関する注意事項、および例

『Cisco IOS IP Routing: OSPF Command Reference』

規格

規格
タイトル

なし

--

MIB

MIB
MIB リンク

この機能に関連する新しい MIB はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

なし

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。

テクニカル サポートを受ける

ソフトウェアをダウンロードする

セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける

ツールおよびリソースへアクセスする

Product Alert の受信登録

Field Notice の受信登録

Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索

Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する

トレーニング リソースへアクセスする

TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/techsupport

用語集

ネットワーク LSA :同一インターフェイス上のルータのグループを示す代表ルータ(DR)、または 疑似ノードで作成されるリンクステート アドバタイズメント。ネットワーク LSA では、ネットワーク上のルータのグループを示す要約情報がアドバタイズされます。

ルータ LSA :ルータによって生成されるリンクステート アドバタイズメント。ルータ LSA では、ルータのルーティング情報(接続しているルート)がアドバタイズされます。