Cisco ACNS ソフトウェア アップグレード/メンテナンス ガイド Release 5.x
ACNS 5.1 ソフトウェア リリースから のソフトウェア アップグレード
ACNS 5.1 ソフトウェア リリースからのソフトウェア アップグレード
発行日;2012/01/15 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ACNS 5.1 ソフトウェア リリースからのソフトウェア アップグレード

ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI で現在のソフトウェア バージョンを調べる方法

ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI でメタ ファイルの URL を登録する方法

サンプル メタ ファイル

ACNS 5.1 Content Manager GUI を使用してソフトウェアをアップグレードする方法

デバイス グループを使用して Content Engine の複数デバイスをアップグレードする場合

ACNS 5.1 リリース間での単一デバイスのアップグレード

ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI からアップグレード ファイルを削除する方法

Content Distribution Manager GUI を使用して ACNS 5.1 ソフトウェアから ACNS 4.2.9 ソフトウェアにダウングレードする方法

ACNS 5.1 Content Distribution Manager のアップグレード

ACNS 5.1 スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレード

Content Distribution Manager のダウングレード

ACNS 5.1 ソフトウェア リリースからのソフトウェア アップグレード

この章では、集中管理環境でソフトウェアをアップグレードする方法について説明します。この章の内容は次のとおりです。

「ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI で現在のソフトウェア バージョンを調べる方法」

「ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI でメタ ファイルの URL を登録する方法」

「ACNS 5.1 Content Manager GUI を使用してソフトウェアをアップグレードする方法」

「ACNS 5.1 スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレード」


) 新しいソフトウェアをインストールする前に、必ず、第 1 章「ACNS ソフトウェア アップグレードの概要」に記載されているリリース間の相互運用性の問題および要件を再確認してください。


ACNS 5.1.x ソフトウェア リリースから別の ACNS 5.x.x. ソフトウェア リリースにアップグレードまたはダウングレードする場合は、Content Distribution Manager GUI を使用するか、または CLI を使用するかを選択します。

Content Distribution Manager GUI から、次の作業を実行できます。

現在の ACNS ソフトウェア バージョンを調べます。

Content Distribution Manager に、ソフトウェア ファイルの URL が指定されているメタ ファイルを登録します。

ACNS ネットワーク に含まれている Content Engine および Content Router のソフトウェア アップグレードを実行します。

CLI から、次の作業を実行できます。

現在の ACNS ソフトウェア バージョンを調べます。

個々の Content Distirbution Manager、Content Engine、および Content Router に対するソフトウェア アップグレードを実行します。


) ACNS 5.1 ソフトウェアは、Content Distribution Manager GUI を使用した Content Distribution Manager のアップグレードをサポートしません。Content Distribution Manager をアップグレードするには、「CLI を使用したソフトウェア ファイルのインストール」に記載されている手順に従ってください。

ネットワークに 2 つの Content Distribution Manager があり、一方がプライマリでもう一方がスタンバイの場合は、「ACNS 5.1 スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレード」に記載されている手順に従ってください。


ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI で現在のソフトウェア バージョンを調べる方法

Content Distribution Manager GUI から現在の ACNS ソフトウェア バージョンを調べるには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Content Distribution Managerで動作している現在のソフトウェア バージョンを表示するには、 Devices > CDM を選択します。

ステップ 2 デバイス名の横の Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Distribution Manager ウィンドウに、ソフトウェア バージョンの一覧が表示されます。

ステップ 3 Content Engine 上で現在稼働しているソフトウェア バージョンを表示するには、 Device > Content Engines を選択します。

ステップ 4 Content Engine 名の横の Edit アイコンをクリックします。Contents ペインで、 CDN Settings > Status を選択します。Device Information ヘッダーの下にソフトウェア バージョン番号が表示されます。

ステップ 5 Content Router 上で現在稼働しているソフトウェア バージョンを表示するには、 Device > Content Routers を選択します。Content Router 名の横の Edit アイコンをクリックし、 CDN Settings > Status を選択します。


) ソフトウェア バージョンは、ソフトウェア アップグレードが正常に完了するまで更新されません。ソフトウェアアップグレードの進行中に表示されるバージョン番号は、基本バージョンであり、アップグレード後のバージョン番号ではありません。


ステップ 6 あるいは、特定のデバイス用の Contents ペインで、 Show/Clear Commands > Show Commands を選択します。 version を選択し、 Submit をクリックします。2 番めのウィンドウが表示され、 show version コマンドの CLI 出力が表示されます。


 

CLI から現在の ACNS ソフトウェア バージョンを調べるには、 show version EXEC コマンドを使用します。

ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI でメタ ファイルの URL を登録する方法

Content Distribution Manager GUI を使用してソフトウェアをアップグレードするには、先に Content Distribution Manager にメタ ファイルの URL を登録する必要があります。メタ ファイルには、デバイスをアップグレードするために登録するソフトウェア ファイルのポインタおよびその他の説明的な情報が指定されています(メタ ファイルの内容については、 表7-1 を参照)。

メタ ファイルの URL を入力するには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Content Distribution Manager を起動し、管理者のユーザ名とパスワードを使用してログインします。

ステップ 2 Content Distribution Manager GUI から、 System > Software Update を選択します。Software Update File Registration ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 新しいメタ ファイルを登録する場合は、 Add Software Update File アイコンをクリックします。Registering New Software Update File ウィンドウが表示されます(図7-1 を参照)。

図7-1 Registering New Software Update File ウィンドウ

 

ステップ 4 Web サーバ上のメタ ファイルの URL を表示されたフィールドにペーストします。

サンプル メタ ファイルおよびフィールドの説明については、「Cisco.com からメタ ファイルを入手する方法」を参照してください。たとえば、有効な URL は、次のようになります。

http://internal.mysite.com/acns/ACNS-version.meta

ACNS-version は、ソフトウェア アップグレードのバージョン番号です。


) ソフトウェア ファイル(.upg または .bin ファイル)に直接リンクしないでください。ソフトウェア ファイルの相対位置は、メタ ファイルで指定します。


ステップ 5 Submit をクリックします。


 

これで、使用するメタ ファイルが、Content Distribution Manager に登録されます。登録したメタ ファイルの URL は、ソフトウェアのアップグレードを実行する際に Update Software ウィンドウで使用できる選択肢の 1 つになります(図7-2 を参照)。


) パッチ リリースの場合のように、メタ ファイルが指定するソフトウェア ファイルが Web サーバ上で変更されても、メタ ファイルの URL は変わりません。新しいメタ ファイルを登録しようとすると、メタ ファイルはすでに登録されているとみなされ、GUI が登録を拒否します。この状況が発生するのは、メタ ファイルの他の内容が変更されていても、メタ ファイルの URL が同じだからです。したがって、登録済みのメタ ファイルをアップグレードする場合は、先に既存のエントリを削除してから、新しいメタ ファイルを登録する必要があります。


登録済みのメタ ファイルを削除するには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 System > Software Update を選択します。Software Update File Registration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ターゲット メタ ファイルの横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Software Update File ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Trash アイコンをクリックします。

ステップ 4 プロンプトが表示されたら、 OK をクリックして決定を確認します。

これで新しいメタ ファイルが登録されます。


 

サンプル メタ ファイル

次に、ACNS 5.x ソフトウェア リリース間でアップグレードする場合のサンプル メタ ファイルを示します。

updateFileSize=97205475
version= 5.1.0.b.26
description= testing
updateFileUrl= ftp://vista.cisco.com/ACNS-5.1.3-K9.bin
user=anonymous
password=user-email-name@cisco.com
 

表7-1 で、メタ ファイルの行項目について説明します。

 

表7-1 メタ ファイルの行項目

フィールド
説明

updateFileSize

イメージ ファイルのサイズ(バイト数)

version

アップグレードまたはダウングレード後のソフトウェア バージョン

description

メタ情報についてのコメント(任意)。これらのコメントは、Content Distribution Manager の GUI で表示されます。

updateFileURL

イメージの保存先 URL。FTP URL または HTTP URL のどちらでも可能です。


) HTTP URL の場合、認証型サーバはサポートされません。サポートされるのは、ポート 80 だけです。


user

ログイン ユーザ名(FTP URL の場合のみ)

password

ログイン パスワード(FTP URL の場合のみ)

次に、ACNS 4.2 ソフトウェアにダウングレードする場合のサンプル メタ ファイルを示します。

updateFileSize=97205475
version= 4.2.0.b.1
description= testing
updateFileUrl= ftp://vista.cisco.com/ACNS-5.x.x-TO-4.2.1-K9.bin
user=anonymous
password=user-email-name@cisco.com
CDM-IP=1.1.1.1
 

CDM-IP フィールドは、ソフトウェアを ACNS 4.x にダウングレードしたあとの、ACNS 4.x Content Distribution Manager の IP アドレスです(このフィールドは任意であり、該当するのは ACNS 4.x ソフトウェアにダウングレードする場合だけです)。ダウングレード後、Content Engine はこのフィールドに指定された IP アドレスで Content Distribution Manager に登録されます。

ACNS 5.1 Content Manager GUI を使用してソフトウェアをアップグレードする方法

Content Distribution Manager GUI を使用して、Content Engine および Content Router のソフトウェアをアップグレードできます。アップグレード時には、先に Content Engine および Content Router をアップグレードしてから、Content Distribution Manager アップグレードします。


) デバイスの正しいアップグレード順序については、「アップグレード、ダウングレード、および相互運用性に関する考慮事項」を参照してください。



) ACNS 5.1 ソフトウェアは、Content Distribution Manager GUI を使用した Content Distribution Manager のアップグレードをサポートしません。Content Distribution Manager のアップグレードは必ず、CLI を使用して行う必要があります。単一のContent Distribution Manager をアップグレードするには、「CLI を使用したソフトウェア ファイルのインストール」に記載されている手順に従ってください。ACNS 5.1 ネットワーク内のプライマリおよびスタンバイ Content Distribution Manager をアップグレードする場合は、「ACNS 5.1 スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレード」に記載されている手順に従ってください。


アップグレード手順が完了すると、Content Distribution Manager がリブートし、その間、デバイスと GUI が使用できなくなります。Content Distribution Manager が自身のソフトウェアをアップグレードし、リブートすると、異なるバージョンの ACNS ソフトウェアが動作するデバイスと通信できなくなる場合があります。

デバイス グループを使用して Content Engine の複数デバイスをアップグレードする場合


) この手順は、Content Engine 専用です。Content Router および Content Distribution Manager をデバイス グループと対応付けることはできません。


複数の Content Engine で ACNS 5.1.x ソフトウェア リリースから別の ACNS 5.x ソフトウェア リリースにアップグレードする場合は、次の手順に従ってください。


ステップ 1 ACNS 5.1 ソフトウェアの Content Distribution Manager GUI から Devices > Device Groups を選択します。Device Group ウィンドウが表示され、ACNS ネットワーク内のすべてのデバイス グループが一覧表示されます。

ステップ 2 デバイス グループ名の横の Edit アイコンをクリックし、Contents ペインの Status をクリックしてソフトウェア バージョンを確認します。

選択する予定のバージョンがデバイスでまだ稼働していないことを確認します。さらに、アップグレードを予定しているバージョンへのアップグレード パスが現在のバージョンにあることを確認します。

ステップ 3 Contents ペインで、 CDN Settings > Software Upgarde/Downgrade を選択します。Update Software ウィンドウが表示されます。


) 必ず、Content Engine をアップグレードしてから、対応する Content Distribution Manager をアップグレードします。


ステップ 4 ドロップダウン リストからメタ ファイルの URL を選択します。

ステップ 5 Submit をクリックします。

ステップ 6 アップグレードの進行状況を確認するには、Device Group ウィンドウを表示します(ステップ 1 を参照)。

Software Version カラムに、ソフトウェア アップグレードのステータス メッセージが表示されます。これらの中間メッセージは、Content Engine のシステム ログにも書き込まれます。

表7-2 に、ソフトウェア アップグレード用に事前配信のソフトウェア ファイルを要求したときに、Content Distribution Manager GUI の Device Groups ウィンドウで Software Version カラムに表示されるステータス メッセージを示します。

 

表7-2 チャネル ステータス メッセージ

状態
ステータス メッセージ

事前配信のソフトウェア ファイルの URL が確定しました。

Proceeding with Prepositioned Download

事前配信のソフトウェア ファイルが要求され、処理中です。「Completed」は、処理されたメガバイト数を示します。

Prepositioned Download in Progress (Completed ...)

事前配信のソフトウェア ファイル要求が正常に処理されました。

Prepositioned Download Successful

事前配信のソフトウェア ファイル要求を処理できませんでした。トラブルシューティングが必要です。

Prepositioned Download Failed


) チャネル ステータス メッセージは、ソフトウェア アップグレード用の事前配信ソフトウェア ファイルに関してのみ意味があります。これらのメッセージが表示されるのは、ソフトウェア アップグレードの処理中のみです。



 

ACNS 5.1 リリース間での単一デバイスのアップグレード

個々の Content Engine および Content Router で ACNS 5.1.x ソフトウェア リリースから別の ACNS 5.x ソフトウェア リリースにアップグレードする場合は、次の手順に従ってください。


ステップ 1 ACNS 5.1 ソフトウェアの Content Distribution Manager GUI から Devices > Content Engines を選択します。Content Engines ウィンドウが表示され、ACNS ネットワーク内のすべての Content Engine が一覧表示されます。

Content Router に関しては、 Devices > Content Routers を選択します。Content Routers ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 デバイス名の横の Edit アイコンをクリックし、Contents ペインの Status をクリックしてソフトウェア バージョンを確認します。

選択する予定のバージョンがデバイスでまだ稼働していないことを確認します。さらに、アップグレードを予定しているバージョンへのアップグレード パスが現在のバージョンにあることを確認します。

ステップ 3 Contents ペインで、 CDN Settings > Software Upgarde/Downgrade を選択します。Update Software ウィンドウが表示されます(図7-2 を参照)。


) 必ず、Content Engine および Content Router をアップグレードしてから、対応する Content Distribution Manager をアップグレードします。


図7-2 Update Software for Content Engine ウィンドウ

 

ステップ 4 ドロップダウン リストからメタ ファイルの URL を選択します。

ステップ 5 Submit をクリックします。

ステップ 6 アップグレードの進行状況を確認するには、Content Engines または Content Routers ウィンドウを表示します(ステップ 1 を参照)。

Software Version カラムに、ソフトウェア アップグレードのステータス メッセージが表示されます( 表7-2 を参照)。これらの中間メッセージは、Content Engine のシステム ログにも書き込まれます。


) チャネル ステータス メッセージは、ソフトウェア アップグレード用の事前配信ソフトウェア ファイルに関してのみ意味があります。これらのメッセージが表示されるのは、ソフトウェア アップグレードの処理中のみです。



 

ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI からアップグレード ファイルを削除する方法

ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI からアップグレード ファイルを削除するには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Update Software ウィンドウ(図7-2 を参照)に複数のファイルが選択肢として表示されている場合は、削除するアップグレード ファイルの横のボタンをクリックします。それ以外の場合は、次の手順に進みます。

ステップ 2 Delete をクリックします。アップグレード ファイルを削除するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

ステップ 3 OK をクリックします。選択したアップグレード ファイルが ACNS ネットワークから削除された状態の Software Update ウィンドウへ戻ります。


 


) CLI を使用して Content Distribution Manager または Content Engine および Content Router をアップグレードする場合は、「CLI を使用したソフトウェア ファイルのインストール」に記載されている手順に従ってください。

ネットワークにスタンバイ Content Distribution Manager がある場合は、「ACNS 5.1 スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレード」のアップグレード手順を使用します。


Content Distribution Manager GUI を使用して ACNS 5.1 ソフトウェアから ACNS 4.2.9 ソフトウェアにダウングレードする方法

ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI を使用して ACNS 4.2 ソフトウェアにダウングレードするには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Cisco.com から適切なソフトウェア ファイルを入手します。

詳細については、「Cisco.com からソフトウェア ファイルを入手する方法」を参照してください。

ステップ 2 Cisco.com から適切なメタ ファイル(acns4_cdm_ip.meta)を入手します。

詳細については、「Cisco.com からメタ ファイルを入手する方法」を参照してください。

メタ ファイルには、ダウングレードの完了後、ACNS 4.2 Content Distribution Manager に Content Engine を自動的に登録するために必要な情報が含まれています。

ステップ 3 任意のテキスト エディタでメタ ファイルを編集して保存します。

UpdateFileUrl フィールドの URL を、Cisco.com からダウンロードした ACNS-5.1 . x.x-TO-4.2.9-K9.bin ソフトウェア ファイルの URL に置き換えます。

ユーザ名とパスワードを編集します。

詳細については、「メタ ファイルの編集」を参照してください。

ステップ 4 Content Distribution Manager にメタ ファイルの URL を登録します。

「ACNS 5.1 Content Distribution Manager GUI でメタ ファイルの URL を登録する方法」に記載されている手順に従ってください。

Software Update Meta File URL フィールド(図7-1 を参照)に、ダウングレード メタ ファイルの URL を入力します。

ステップ 5 ダウングレードを完了するには、「ACNS 5.1 Content Manager GUI を使用してソフトウェアをアップグレードする方法」に記載されている手順に従ってください。


 

CLI を使用して ACNS 5.1 ソフトウェアから ACNS 4.2.9 ソフトウェアにダウングレードする場合は、「CLI を使用した ACNS 5.x ソフトウェアから ACNS 4.2.9 ソフトウェアへのダウングレード」の手順に従ってください。

ACNS 5.1 Content Distribution Manager のアップグレード

ACNS 5.1 ソフトウェアは、Content Distribution Manager GUI を使用した Content Distribution Manager のアップグレードをサポートしません。Content Distribution Manager をアップグレードするには、「CLI を使用したソフトウェア ファイルのインストール」に記載されている手順に従ってください。Content Distribution Manager ソフトウェアは、必ず最後にアップグレードします。

ネットワークに 2 つの Content Distribution Manager があり、一方がプライマリでもう一方がスタンバイの場合は、次に説明する手順に従ってください。プライマリおよびスタンバイ Content Distribution Manager は、同じバージョンの ACNS ソフトウェアを使用する必要があります。バージョンが異なる場合、スタンバイ Content Distribution Manager はこの相違を検出し、プライマリ Content Distribution Manager から受信した設定更新を処理しません。CLI を使用して ACNS 5.1 ソフトウェア リリースから Content Distribution Manager をアップグレードする場合は、プライマリ Content Distribution Manager を先にアップグレードしてから、スタンバイ Content Distribution Manager をアップグレードすることを推奨します

ACNS 5.1 スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレード

Cisco ACNS 5.1 ソフトウェアは、スタンバイ Content Distribution Manager 機能を実装し、第 2 Content Distribution Manager がプライマリ Content Distribution Manager から更新を受信できるようにするので、ACNS ネットワーク構成のコピーが維持されます。プライマリ Content Distribution Manager で障害が発生した場合は、プライマリの代わりにスタンバイを使用できます。

スタンバイ Content Distribution Manager を使用する場合は、プライマリ Content Distribution Manager と同じソフトウェア バージョンにして、Content Distribution Manager 構成を完全に維持する必要があります。

スタンバイ Content Distribution Manager が含まれている ACNS 5.1 ネットワークをアップグレードする場合は、次の手順に従ってください。


ステップ 1 no cms enable コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager を停止させます。

ステップ 2 no cms enable コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager を停止させます。

Content Distribution Manager を停止させても、他の ACNS ネットワークのコンテンツ要求またはコンテンツ事前配信サービスに影響を与えることはありません。

ステップ 3 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename EXEC コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager に新しいソフトウェア バージョンをインストールします。

インストール手順の一部として、プライマリ Content Distribution Manager がリブートします。

ステップ 4 リブート後、ソフトウェア アップグレード手順の一部として作成した Content Distribution Manager データベースのバックアップを安全な場所にコピーします。

これらのバックアップは /local/local1 ディレクトリに作成され、ファイル拡張子は .dump です。copy ftp disk {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename localfilename EXEC コマンドを使用すると、これらのファイルを別の場所にコピーできます。

ステップ 5 cms enable コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager を再起動します。

ステップ 6 Content Distribution Manager のデバイス リストで、デバイスのステータスが「online」になっていて、なおかつ新しい Content Distribution Manager ソフトウェアで ACNS ネットワークが動作していることを確認します。

ステップ 7 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager をアップグレードします。

インストール手順の一部として、スタンバイ Content Distribution Manager がリブートします。

ステップ 8 cms enable コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager を再起動します。


 

Content Distribution Manager のダウングレード

Content Distribution Manager のダウングレード時には、ダウングレード ソフトウェア バージョンをインストールする前に、以前のデータベース バックアップを元に戻す必要があります。Content Distribution Manager をダウングレードするには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 スタンバイ Content Distribution Manager がある場合は、no cms enable コマンドを使用して停止させます。

ステップ 2 no cms enable コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager を停止させます。

Content Distribution Manager を停止させても、他の ACNS ネットワークのコンテンツ要求またはコンテンツ事前配信サービスに影響を与えることはありません。

ステップ 3 現在の設定データを維持する場合は、cms database backup コマンドを使用して、既存のプライマリ Content Distribution Manager データベースのバックアップを作成します。これによって、/local/local1 ディレクトリにデータベースの .dump ファイルが作成されます。

ステップ 4 バックアップの完了後、既存データベースをその中のすべてのテーブルを含めて消去する必要があります。組み込みデータベース ファイルを削除するには、cms database delete コマンドを使用します。

ステップ 5 cms database restore filename コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager に、ダウングレード ソフトウェア バージョンと対応するデータベース バックアップを復元します。

cms database restore filename コマンドを使用するには、このデータベース バックアップが Content Distribution Manager 上に存在していなければなりません。Content Distribution Manager のアップグレード時に、/local/local1 ディレクトリにデータベース バックアップとして .dump ファイルが作成されます。データベース バックアップ ファイルをデバイスにコピーするには、copy ftp disk {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename localfilename コマンドを使用します。

ステップ 6 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename EXEC コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager にダウングレード ソフトウェア バージョンをインストールします。

インストール手順の一部として、プライマリ Content Distribution Manager がリブートします。

ステップ 7 リブート後、cms enable コマンドを使用して、CMS プロセスを再起動します。

ステップ 8 スタンバイ Content Distribution Manager がある場合は、cms database backup コマンドを使用して、既存データベースのバックアップを作成します。これによって、/local/local1 ディレクトリに データベースの .dump ファイルが作成されます。

ステップ 9 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename EXEC コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager にダウングレード ソフトウェア バージョンをインストールします。

ソフトウェア バージョンは、プライマリ Content Distribution Manager のバージョンと一致していなければなりません。インストール手順の一部として、スタンバイ Content Distribution Manager がリブートします。

ステップ 10 リブート後、データベース定義がソフトウェアのバージョンと一致するように、スタンバイ Content Distribution Manager CMS データベースを再作成する必要があります。

cms database delete コマンドを入力して、スタンバイ Content Distribution Manager の旧ソフトウェア バージョンのデータベースを削除します。

cms database create コマンドを入力して、スタンバイ Content Distribution Manager で対応するデータベース定義を作成します。

ステップ 11 cms enable コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager の CMS を再起動します。

スタンバイ Content Distribution Manager がプライマリ Content Distribution Manager に、全面的なデータ更新を要求します。