Cisco ACNS ソフトウェア アップグレード/メンテナンス ガイド Release 5.x
独立型 Content Engine のソフトウェ ア アップグレード
独立型 Content Engine のソフトウェア アップグレード
発行日;2012/01/15 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

独立型 Content Engine のソフトウェア アップグレード

必須のアップグレード アイテム

CLI を使用したソフトウェア ファイルのインストール

CLI を使用した ACNS 5.x ソフトウェアから ACNS 4.2.9 ソフトウェアへのダウングレード

独立型 Content Engine のソフトウェア アップグレード

この章では、独立型 Content Engine 上の ACNS ソフトウェアをアップグレードする方法について説明します。この章の内容は次のとおりです。

「必須のアップグレード アイテム」

「CLI を使用したソフトウェア ファイルのインストール」

「CLI を使用した ACNS 5.x ソフトウェアから ACNS 4.2.9 ソフトウェアへのダウングレード」

「独立型 Content Engine」という用語は、ACNS 5.x ソフトウェアのマニュアル全体を通じて使用されています。これは、独立型デバイスとして設定、管理、および監視できるように、ACNS の管理者が故意に Content Distribution Manager(ネットワークに配置されている場合)に登録しなかった Content Engine のことです。「ローカル管理型の展開」とは、キャッシングおよびストリーミング エンジンとして機能する、1 つ以上の独立型 Content Engine で構成される展開を意味します。独立型 Content Engine は複数配置できます(たとえば、独立型 Content Engine からなるクラスタを展開できます)。


) 新しいソフトウェアをインストールする前に、必ず、第 1 章「ACNS ソフトウェア アップグレードの概要」に記載されているリリース間の相互運用性の問題および要件を再確認してください。



) この章では、ACNS 4.x リリースと ACNS 5.x リリース間のアップグレードまたはダウングレード手順については説明しません。この詳細については、第 9 章「ACNS 4.x ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへの移行」に記載されているソフトウェアの移行および「独立型 ACNS 4.2 Content Engine または Content Router のアップグレード」に記載されているアップグレード手順を参照してください。


必須のアップグレード アイテム

集中管理型 ACNS ネットワークの構成要素として動作していない Content Engine 上のソフトウェアをアップグレードする場合は、次のアイテムが必要です。

ソフトウェア ファイルが保存されている FTP または HTTP サーバ

アップグレードされるデバイスとアップグレード ファイルのホスト サーバとの間のネットワーク接続

該当する次のような .bin ソフトウェア ファイル(ACNS リリース イメージ)

ACNS-5.2.1.7-K9.bin

ACNS-5.10.110.6-K9.bin

ACNS-5.00.170.6-K9.bin

CLI を使用したソフトウェア ファイルのインストール

ソフトウェア ファイルをインストールするには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Cisco.com から必要なソフトウェア ファイルを入手します。

詳細については、「Cisco.com からソフトウェア ファイルを入手する方法」を参照してください。

ステップ 2 copy ftp install または copy http install EXEC コマンドを使用してソフトウェア ファイルをインストールします。

ContentEngine# copy ftp install ftp-server remote_file_dir ACNS-X.x.x-K9.bin
 
ContentEngine# copy http install http-server remote_file_dir ACNS-X.x.x-K9.bin
[portnumber]
 

ステップ 3 または、Content Engine 上にソフトウェア ファイルのローカル コピーを保存する場合は、 copy ftp disk EXEC コマンドを使用してから、 install EXEC コマンドを使用します。

ContentEngine# copy ftp disk ACNS-X.x.x-K9.bin
ContentEngine# install ACNS-X.x.x-K9.bin
 

install コマンドを実行すると、ソフトウェア ファイルが展開されます。展開されたファイルによって、Content Engine 上の既存ファイルが上書きされます。新しくインストールしたバージョンが有効になるのは、システム ソフトウェアのリロード後です。


install コマンドは .pax ファイルを受け付けません。.bin タイプのファイルにする必要があります(ACNS-5.x.x-K9.bin など)。


ステップ 4 ソフトウェア ファイルがシステムにコピーされた後、 reload EXEC コマンドを使用してリブートします。

ContentEngine# reload
 

リブート後、インストール処理が自動的に続行されます。それ以上の処理は不要です。


 

CLI を使用した ACNS 5.x ソフトウェアから ACNS 4.2.9 ソフトウェアへのダウングレード

CLI を使用すると、個々のデバイスを一度に 1 つずつダウングレードできます。ACNS 5.x ソフトウェアが稼働しているデバイスから ACNS 4.x ソフトウェアに、CLI を使用してダウングレードを実行する場合、次のものが必要です。

ダウングレード ソフトウェア ファイルが保存されている FTP または HTTP サーバ

ダウングレードするデバイスと該当するファイルのホスト サーバとの間のネットワーク接続

適切な .bin ダウングレード ファイル:ACNS-5.x.x.x-TO-4.2.x-K9.bin

ACNS 4.x Content Distribution Manager の IP アドレスが指定されているメタ ファイル:acns4_cdm_ip.meta


) Content Distribution Manager の GUI を使用して管理対象の Content Engine およびその他のデバイスをダウングレードし、その後、CLI を使用して Content Distribution Manager をダウングレードすることを推奨します。



) Content Distribution Mangaer をダウングレードする場合は、ステップ 2ステップ 4 を省きます。


CLI を使用してソフトウェアをダウングレードするには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 Cisco.com から適切なソフトウェア ファイルを入手します。

詳細については、「Cisco.com からソフトウェア ファイルを入手する方法」を参照してください。

ステップ 2 Cisco.com から適切なメタ ファイル(acns4_cdm_ip.meta)を入手します。

詳細については、「Cisco.com からメタ ファイルを入手する方法」を参照してください。

メタ ファイルには、ダウングレードの完了後、ACNS 4.2 Content Distribution Manager に Content Engine を自動的に登録するために必要な情報が含まれています。

ステップ 3 任意のテキスト エディタでメタ ファイルを編集します。

詳細については、「メタ ファイルの編集」を参照してください。

ステップ 4 copy ftp disk EXEC コマンドを使用して、Content Engine 上の /local1 ディレクトリにメタ ファイルを保存します。

copy ftp disk {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename localfilename
 

copy ftp disk コマンドによって、FTP サーバから Content Engine 上の sysfs 記憶域にファイルがコピーされます。

ステップ 5 copy ftp install または copy http install EXEC コマンドを使用して、Content Engine にソフトウェア ファイルをコピーします。

ContentEngine# copy {ftp | http} install server-containing-dng-image
directory-to-dng-image dng-image-name
 

次に例を示します。

ContentEngine# copy ftp install my-ftp-server /my-ftp-directory
ACNS-5.
x.x.x-TO-4.2.x-K9.bin
 

ステップ 6 ソフトウェア ファイルがシステムにコピーされた後、 reload EXEC コマンドを使用してリブートします。

ContentEngine# reload
 

リブート後、インストール処理が自動的に続行されます。それ以上の作業は不要です。