中央管理配置に関する Cisco ACNS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.5
索引
Symbols
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

Symbols

*(ワイルドカード)文字  8-53

.asx ファイル  6-3

.nsc ファイル  7-26

.pac ファイル  4-43

Numerics

1 対 1 のチャネル マッピング(図)  1-13

3GPP

Cisco Streaming Engine のサポート  9-17

407 メッセージ  15-8

A

AAA アカウンティング

コマンドのリスト  12-33

設定  12-31

ACL

IP ACL を参照

イネーブル化  18-3

グループ許可に対する設定  18-2

グループベースの許可  15-12

設定の位置の再調整  18-5

設定の表示  18-6

変更  18-4

ACNS Manifest Generator ツール

使用  A-87‐A-99

ACNS ネットワーク

概要  1-2

管理者の役割  1-7

コンテンツ タイプ マッピング  A-41

データの印刷  20-27

データのエクスポート  20-27

トポロジについての考慮事項  1-19

ACNS ネットワーク デバイスのモード変更  13-39

active-active インターフェイス  14-2

active-standby インターフェイス  14-2

admin アカウント

パスワードの設定  12-14

allow

Spider スクリプト  A-80

Apache CLF トランザクション ログ形式  19-3

authentication

設定

プロキシ  6-43‐6-47

B

Bandwidth Efficiency Gain レポート  21-22

Bytes served

レポート  21-21

C

CdnManfest.xsd  A-66

<CdnManifest> タグ  A-4, A-39

CDP

設定  20-8

CIFS

設定

Web サイト アクセス制御  13-20

トラップの設定  13-18

CIFS 共有名

カスタマイズ  13-22

Common Internet File System。CIFS を参照

Cisco Discovery Protocol。CDP を参照

Cisco Streaming Engine

イネーブル化  9-17

プログラムの作成  7-29

ルート フェールオーバー サポート  7-6

CiscoWorks2000  21-7

CLF

ログ ファイル形式  19-2

CLI コマンド

Content Distribution Manager GUI でサポートされていない  D-24

Content Distribution Manager GUI にマップされる  D-1‐D-24

中央管理設定  13-38

CNAME レコード マッピング

設定  8-86

正規名レコード マッピング。CNAME レコード マッピングの参照

<contains> タグ  A-63

Content Distribution Manager

ウォーム スタンバイ

削除  13-6

設定  13-2

主な役割  1-2, 2-18

削除  13-6

設定  2-18

設定の表示  13-2

デバイス登録  2-22

ユーザ インターフェイスの終了  3-13

ロールの切り替え  13-4

ログイン  3-2

Content Distribution Manager GUI

アイコン  3-9

ウィンドウ構成要素  3-5

起動する  2-14, 3-2

機能タブ  3-4

終了  3-13

ナビゲーション  3-1

ユーザ名とパスワードの入力  2-14, 3-2

Content Distribution Manager GUI の起動

手順  3-2

ユーザ名とパスワード  2-14, 3-2

Content Engine

アクティブ化  2-25, 2-27

主な役割  1-2

機能の説明  1-3

再生リストへの割り当て  7-42

削除  13-14

チャネルから  5-17

受信側  5-45

設定

PAC ファイル サーバとして  4-42

Web キャッシュ サービス用の(シナリオ)  4-31, 4-33

ルーティング Content Engine として  4-57

設定プロパティの変更  13-10

追加

チャネルへ  5-17

デバイス グループへ  13-30, 13-35

複数のデバイス グループへ  13-31

統計情報

表示  21-16

表示

コンテンツ複製状況  11-16

チャネル割り当て  13-16

マルチキャストのイネーブル化  5-36

リブート  13-13

ルート  1-14, 5-16

Content Engine GUI

セキュアなアクセスの設定  16-64

Content Engine のルーティング

要求ルーティングの設定  4-46

Content Router

DNS サーバの設定  4-47

アクティブ化  2-25

主な役割  1-2

サービス

設定  13-27

削除  13-25

静的コンテンツの取得  C-9

設定のトラブルシューティング  4-66

統計情報  21-18

動的コンテンツの取得  C-4

負荷ベースのルーティング  4-60

変更  13-23

要求オーバーフロー ルーティング  4-64

レイヤ 4 スイッチ インターオペラビリティ

設定  20-11

Content Router によるルーティング

DNS サーバの設定  4-47

MMS ファイルの使用  C-2

概要  1-9

要求ルーティングの設定  4-46

<contentType> タグ  A-41

Cookie  6-3

CPAN  A-78

CPU Utilization レポート  21-23

<crawler> タグ  A-4, A-55

D

db

Manifest スクリプト  A-84

Spider スクリプト  A-81

depth

Spider スクリプト  A-81

DHCP

インターフェイス レベル  2-9

インターフェイスの設定  14-17

自動登録用  2-8

DHCP サーバ

自動登録の要件  2-8

Differentiated Services Code Point。DSCP を参照

DNS キャッシング

CNAME レコード マッピング  8-86

アドレス レコード マッピング  8-84

コマンドのリスト  8-82, 8-89

サーバ バインディング  8-83

トラップの設定  8-80

リソース レコード  8-82

DNS サーバ

Content Engine の設定  8-87

コンテンツ ルーティング用の設定  4-47

DSCP

値の設定  10-10, 20-21

E

eDirectory Agent

概要  16-53

eDirectory Agent の設定

指定  16-56

EIM

グループベースの許可  15-12

コンテンツ認証  15-1

EMBED タグ  6-3

EtherChannel

設定  14-14

Exec timeout

設定  20-6

expires 属性

コンテンツを削除する場合  6-3, A-21

expires ディレクティブ  6-5

<extension> タグ  A-42

F

failRetryInterval 属性  A-21

Fast Cache

Content Engine の設定  9-29

概要  9-28

Fast Ethernet インターフェイス

変更  14-9

Fast Start

Content Engine の設定  9-27

概要  9-27

FEC  5-31

file

FTP

コンテンツの取得に使用  6-5

FTP サーバ

クローラー ジョブ属性  A-8

トランザクション ログのエクスポート  19-10

FTP マニフェスト ファイル

クローラーの作成  A-5

単一項目の作成  A-5

FTP-over-HTTP

キャッシュ フレッシュネス  8-61

キャッシング  8-57

コマンドのリスト  8-59

接続  8-57

G

GLOP アドレス  B-6

GMT からのオフセット  A-72‐A-77

UTC のオフセットも参照

GUI アイコン  3-9

H

<host> タグ  A-44

HTTP

キャッシュ フレッシュネス

コマンドのリスト  8-15

設定  8-12

キャッシング

拡張設定  8-22

コマンドのリスト  8-10, 8-25

設定  8-7

事前配信コンテンツ  6-4

ステータス コード  19-3

接続  8-3

特定の URL の許可  16-32

認証済みのキャッシュ

コマンドのリスト  8-20

設定  8-16

発信プロキシの除外  8-53

リダイレクト  6-4

http append x-forwarded-for-header コマンド  15-10

HTTP 宛先ポート

制限の設定  8-29

HTTP 再生サーバ

カスタマイズ  A-15

HTTP プロキシ

コマンドのリスト  8-6

認証の設定  6-44

HTTP プロキシ サーバ

設定  6-39

HTTP プロキシ認証

設定  6-45

HTTP ヘッダー フィルタリング

マニフェスト属性  A-52

HTTP マニフェスト ファイル

単一項目の作成  A-4

HTTP 要求認証

NTLM を使用  15-32

設定  15-18

透過モード  15-10

<http-meta-data> タグ  A-64

HTTPS

キー

フィルタリング  8-39

サーバの設定  8-47

サーバのフィルタリング  8-49

再生サーバ

カスタマイズ  A-15

事前配信コンテンツ  6-4

透過キャッシング

SSL  8-52

発信プロキシの除外  8-53

HTTPS プロキシ

コマンドのリスト  8-45

設定  8-41

I

IANA  B-2

ICAP

設定

Content Engine の設定  16-2

サーバ  16-10

サービス  16-6

ICP

クライアントの設定  8-90

トラップの設定  8-93

リモート クライアントの設定  8-92

リモート サーバの設定  8-94

Internet Assigned Numbers Authority。IANA を参照

Internet Content Adaptation Protocol。 ICAP を参照

IP ACL

アプリケーションとの関連付け  17-12

インターフェイスへの適用  17-13

概要

削除  17-15

作成上の制約事項  17-3

条件

変更または削除  17-11

条件の追加  17-4

新規作成  17-3

IP アクセス コントロール リスト。IP ACL を参照

IP アドレス

NAT アドレスの設定  5-25

スタティック  2-12

複数の

単一インターフェイスに設定  14-7

IP ディファレンシエーテッド サービス

設定  10-10

IP マルチキャスト

GLOP アドレス  B-6

Protocol Independent Multicast。PIM を参照

安全に問題のあるサービス  B-5

イーサネット MAC アドレスのマッピング  B-7

限定スコープ アドレス  B-5

サーバとクライアント間のファイルのコピー  B-5

使用できないアドレス  B-2

ソース固有のマルチキャスト アドレス  B-5

レイヤ 2 マルチキャスト アドレス  B-6

IP ルート

設定  14-19

IP/TV Program Manager

ACNS ネットワークでの役割  1-3

IP/TV プログラム

ヒントされたおよびヒントされていない  7-3

マルチキャスト IP アドレスの設定  7-4

<item> タグ  A-4, A-46

<item-group> タグ  A-59

J

JavaScript  6-3

K

keepExpiredContent 属性  A-57

keepNoCacheContent 属性  A-57

keepQueryUrl 属性  A-57

L

LDAP サーバ

グループの設定  15-22

パスワードの期限  15-21

ポリシー リダイレクション  15-22

LDAP サーバの設定

設定  15-18

limit

Spider スクリプト  A-81

M

MAC アドレスのマッピング  B-7

Manifest Generator。ACNS Manifest Generator ツールを参照

Manifest Validator ユーティリティ。マニフェスト ファイル検証ユーティリティを参照

Manifest スクリプト

概要  A-78

カスタマイズ  A-85

構文のガイドライン  A-82

コンテンツの選択  A-81

ルール ファイル  A-85

map

Manifest スクリプト  A-84

Spider スクリプト  A-81

match Manifest スクリプト  A-85

<match> サブタグ

time-before 属性

相対時間  A-62

属性  A-12

<matchRule> タグ  A-61

Message of the Day

設定  20-5

MIB

SNMP エージェントによってサポートされる  22-15

Microsoft Active Directory

使用  15-13

MIME コンテンツ タイプ  9-8, A-40, A-41

MPEG ファイル仕様

TV-Out 対応デバイスの場合  7-37

N

N2H2

サポートされる機能  16-35

設定上の制約事項  16-40

フィルタ設定  16-35, 16-37

NACK インターバル乗数  5-30

NAT ファイアウォール

IP アドレスの設定  5-25

コンテンツ ルーティングおよび  4-52‐4-57

no-cache ディレクティブ  6-4

noProxy 属性  6-41

NS

コンテンツ ルーティング用のレコード  4-47

NSC ファイル

Windows Media サーバ側の再生リストをマルチキャスト  7-26

NTLM

HTTP 要求認証  15-32

コマンドのリスト  15-28, 15-31

トラップの設定

設定  15-24

認証  19-8

プロキシ認証  15-7

NTLM 認証

概要  15-3

バージョン 2 のサポート  15-4

NTLM 認証コンテンツ

取得  6-42

NTP

システム クロック  20-14

設定  20-13

O

OBJECT ID タグ  6-3

<options> タグ  A-42

P

PAC ファイル サーバ

Content Engine の設定  4-42

PAC ファイル テンプレート

概要  4-36

登録  4-39

例  4-38

Perl スクリプト

マニフェスト ファイル用  A-78

Perl ソフトウェア

インストレーション  A-78

PGM

マルチキャスト エキスパート モードを使用して設定する  5-32

PIM  B-5

<playServer> タグ  A-40, A-41

playservertable

Manifest スクリプト  A-84

PlayServerTable スキーマ  A-70

<playServerTable> タグ  A-40

PlayServerTable.xsd  A-70, A-71

prefix

Spider スクリプト  A-80, A-81

prepos

Manifest スクリプト  A-84

<proxyServer> タグ  A-46

Q

QoS

設定  20-19

QoS 配信

設定  20-19

Quick Crawl ユーティリティ

使用  6-12

Quick Start ツール

ネットワーク設定に使用  2-13

R

RADIUS Agent

概要  16-53

RADIUS Agent 設定

CLI を使用した指定  16-55

RADIUS サーバ

コマンドのリスト  12-10, 15-35

設定  12-8, 15-33

RCP services

Content Engine 上でのイネーブル化  20-10

RealProxy

イネーブル化  9-12

RealSubscriber

イネーブル化  9-14

reject

Spider スクリプト  A-80, A-81

reportBrokenLinks 属性  A-57

RTSP ゲートウェイ

概要  9-9

コマンドのリスト  9-11

設定  9-10

Rules Template

アクション

実行順序  16-63

設定

CLI の使用  16-22

Content Distribution Manager GUI の使用  16-14

S

<server> タグ  A-44

set Manifest スクリプト  A-84

SFTP サーバ

トランザクション ログのエクスポート  19-11

show コマンド ツール

トラブルシューティング用  21-4

size Manifest スクリプト  A-85

SmartFilter ソフトウェア

rule action no-auth コマンド  16-61

URL フィルタリング  16-60

SNMP

サポートされる MIB  22-15

主要な CLI コマンド  22-16

設定

グループの設定  22-8

コミュニティの設定  22-6

トラップ  22-5

トラップの設定  22-3

ビューの設定  22-11

ホストの設定  22-12

ユーザの設定  22-9

トラップ  22-5

マネージャ

使用  22-2

Spider スクリプト

概要  A-78

カスタマイズ  A-81

キーワード  A-80

クロール範囲の拡大  A-80

クロール範囲の縮小  A-80

構文のガイドライン  A-80, A-82

ルール ファイル  A-85

Spider と Manifest スクリプト用のルール ファイル  A-85, A-86

Spider の検索範囲の制限  A-80

Squid トランザクション ログ形式  19-3

SSL

HTTPS のキャッシング  8-52

start Spider スクリプト  A-80

Streaming Session レポート  21-22

T

TACACS+ サーバ

コマンド  12-12, 15-37

設定  12-10, 15-35

TCP

再送信タイマー  10-8

スロー スタート  10-8

パラメータ設定  10-2

輻輳ウィンドウ  10-7

明示的輻輳通知  10-7

TCP-over-satellite 拡張

概要  10-9

Telnet サービス

Content Engine 上でのイネーブル化  20-2

コマンド  20-2

TFTP

設定

一般設定  8-73

プロキシ サーバ  8-74

ディレクトリ

設定  8-77

TFTP ゲートウェイ

概要  8-73

Third Generation Partnership Project。3GPP を参照  9-17

ToS

値の設定  10-10

ttl 属性  A-21

TV-Out デバイス

サポートされる MPEG ファイル仕様  7-37

TV-Out プログラム

概要  7-9

コマンドのリスト  7-36

type Manifest スクリプト  A-85

Type of Service。ToS を参照  10-10

U

UNS エラー  6-59

URL

モニタリング  21-24

URL のモニタリング  21-24

URL フィルタリング

Content Distribution Manager GUI を使用した設定  16-25

N2H2 サーバによる  16-34

SmartFilter ソフトウェアによる  16-60

URL リストを使用した  16-31

Websense を使用した  16-45

概要  1-11

カスタム ブロッキング メッセージ  16-30

設定の概要  16-25

UTC  20-14

UTC からのオフセット

GMT からのオフセットも参照

V

VBScript  6-3

W

W3C カスタマイズ可能なロギング形式  19-6

WCCP  1-3

HTTPS トラフィック サービス  4-6

カスタム Web キャッシュ サービス  4-7

クライアントの IP スプーフィング

概要  4-9

クリーン シャットダウン

概要  4-10

サービス グループ  4-5

スロー スタート

概要  4-10

設定

Content Engine の一般設定  4-7

Content Engine のサービス設定  4-10

サービス マスク  4-20

ポート リスト  4-18

ルータ リスト  4-14

透過キャッシング オプション  4-24

動的リダイレクション サービス  4-5

トラフィックのバイパス

設定  4-25

リストの表示  4-28

負荷分散

概要  4-14

ルータ上でのイネーブル化  4-29

WCCP サポート

ルータ上でのイネーブル化  4-29

WCCP 透過代行受信  4-3

WCCP バイパス

設定  4-25

リストの表示  4-28

WCCP ルーティング

概要  1-8

静的コンテンツの取得  C-16

動的コンテンツの取得  C-12

Web Cache Communication Protocol。WCCP を参照

Web キャッシュ サービス

クライアントとキャッシュが異なるサブネット上にある場合  4-33

クライアントとキャッシュが同一サブネット上にある場合  4-30

設定例

同じサブネット上  4-32

異なるサブネット上  4-34

Web クローラー  A-8

Web サイト

概要  1-13

クローラー ジョブ属性  A-8

クロール

範囲の拡大  A-80

範囲の縮小  A-80

削除  5-10

使用  5-8

定義  1-15

変更  5-10

Web サイトのクロール  A-80

Web マスター

役割  1-7

Websense サーバ

イネーブル化  16-45

コンポーネント

インストレーション  16-53, 16-55, 16-56

概要  16-52

設定上の制約事項  16-59

統合サーバ

使用  16-44

ポートの設定  16-44

フェールオーバーの設定  16-45

Web トラフィック

キャッシング  1-3

Windows Media

一般設定(図)  9-23

イネーブル化  9-18

コマンドのリスト  9-25

着信帯域幅バイパス リスト  9-53

プロキシ設定  9-20

マルチキャスト  9-38

マルチキャスト ステーション スケジュール  9-42

要求認証  15-6

ライブ ストリーム分割  9-32‐9-40

Windows Media のサーバ側の再生リスト

NSC ファイルの使用  7-26

サポートされる機能  7-7

Windows Media の再ブロードキャスト  7-8

Content Router のリダイレクト  C-2

ストリーミングの設定  7-33

プログラムの作成  7-29

WMT

Fast Cache

Content Engine の設定  9-29

Fast Start

Content Engine の設定  9-27

WMT トランザクション ロギング

概要  19-17

設定  19-18

ログ形式  19-17

X

xml

Manifest スクリプト  A-84

XML スキーマ

PlayServerTable  A-70

デフォルトの PlayServerTable  A-71

マニフェスト  A-66

XSD  A-66

アイコン  3-9

アクセス コントロール リスト。ACL を参照

アクティブ化

ACNS ネットワーク デバイス  2-25

アップロード

プロキシ エラー メッセージ  20-31

アドレス レコード マッピング

設定  8-84

アラーム

過負荷検出

概要  21-13

設定  21-14

コンテンツ複製  21-5

デバイスの問題報告  21-3

イーサネット MAC アドレスのマッピング  B-7

印刷

ACNS ネットワーク  20-27

インターフェイス

DHCP 用に手動で設定  14-17

インターフェイス レベル DHCP

概要  2-12

注  2-8

ウォーム スタンバイ

Content Distribution Manager の設定  13-2

プライマリへの切り替え  13-4

エクスポート

ACNS ネットワーク  20-27

ログ ファイル  19-10

エクスポート プログラム

概要  7-9

エスケープ文字

URL  6-32

エラー コード  6-59

エラー メッセージ

設定  20-28

エンティティ

定義済み  12-26

ドメインへの追加  12-28

オーバーフロー

コンテンツ ルーティング  4-64

オーバーレイ イメージ

再生リストへの追加  7-39

パラメータ(表)  7-41

編集  7-40

メディアへの割り当て  7-41

オフライン検出

概要  20-26

設定  20-25

オフライン動作

イネーブル化  20-32

オリジン サーバ

コンテンツの複製  6-51

設定  6-3

オンデマンド コンテンツ

概要  1-6

オンライン ヘルプ  3-12

カーネル デバッガ

イネーブル化  21-27

外部 FTP サーバ

トランザクション ログのエクスポート  19-10

パーマネント エラー  19-10

概要  2-2

拡張 HTTP キャッシュの設定

設定  8-22

拡張 Squid トランザクション ログ形式  19-3

取得

show コマンドのリスト  6-48

結果の確認  6-48

スケジュール

マニフェスト ファイル内  A-10

帯域幅設定

グラフィカル表示  6-55

チャネル向け取得方法の選択  6-7

リトライと更新のメカニズム  6-50

確認

コンテンツ取得  6-48

パターン リストに対して実行されたアクション  16-24

カスタマイズされたブロッキング メッセージ

設定  16-30

カスタム トランザクション ログ形式

概要  19-3

形式トークン値  19-5

ログ形式ストリング値  19-4

カスタム ブロッキング メッセージ

URL フィルタリングで  16-30

カバレッジ ゾーン

NAT ファイアウォールがない場合  4-52

NAT ファイアウォールに複数の IP アドレスがある場合  4-56

NAT ファイアウォールの背後に Content Engine がある場合  4-54

NAT ファイアウォールの背後に複数の Content Engine がある場合  4-55

選択  4-48

適用  4-49

デフォルト  4-49

ファイルの要素  4-47

ユーザ定義  4-49

カバレッジ ゾーン ファイル

登録  4-48

過負荷検出

アラーム  21-13

過負荷バイパス  4-24

カルーセル送信

設定  5-30

簡易ネットワーク管理プロトコル。SNMPを参照

簡易ハイブリッド ルーティング

DNS サーバの設定  4-47

監査証跡ログ

表示  12-34

管理

中央とローカルとの対比  13-38

簡略セットアップ方法  2-8

関連付け

既存のパターン リストへのアクション  16-23

機能タブ  3-4

機能の説明

Content Engine  1-3

基本認証

概要  15-3

キャッシュの設定

HTTP  8-7

キャッシュ フレッシュネスの設定

FTP  8-61

HTTP  8-12

キャッシング

Web トラフィック  1-3

共通ログ形式。CLF を参照

共有属性

指定  A-11

許可

HTTP URL  16-32

コンテンツ許可  15-12

拒否

HTTP URL への要求  16-32

クライアントの IP スプーフィング  4-9

グループベースの許可

ACL  15-12

ルール  15-12

クローラー フィルタ

指定  A-12

クロール ジョブ

指定  A-8

クロール タスク

取得ルールの設定  6-16

チャネルへの追加  6-15

クロック

設定  20-14

限定スコープ アドレス  B-5

更新間隔  6-27

構文

Spider スクリプト

ガイドライン  A-80

項目のプライオリティ  6-26

コマンドライン インターフェイス

アクセス  2-22

手動でネットワークを設定  2-17

コンテンツ

ACNS ネットワーク上での作成と管理  1-7

Manifest スクリプトを使用した選択  A-81

更新  6-51

更新と確認  A-20

項目のチャネルへの追加  6-12

事前配信  1-10

配信  5-3, 5-11

フィルタリング  1-11

複製の強制  6-52

分類  1-6

マッピング  A-40

優先順位の指定  A-13

コンテンツ アラーム

概要  21-5

コンテンツ サービス

概要  1-10

指定

属性  A-17

メタデータ  A-19

コンテンツ プロバイダー

概要  1-13

削除  5-7

使用  5-6

変更  5-6

コンテンツ許可

概要  15-1

コンテンツ取得

スケジュール  A-10

コンテンツ取得と配信

概要  1-13

コンテンツ属性

リスト  A-46

コンテンツ認証

概要  15-1

コンテンツの配信  5-3, 5-11

コンテンツの優先順位

指定  A-13

コンテンツ配信ネットワーク コンポーネント

概要  1-3

コンテンツ複製

概要  1-17

コンテンツ複製状況

Content Engine

表示  11-16

すべてのチャネル

表示  11-2

チャネル

表示  11-5

コンテンツ複製の強制  6-52

コンテンツ ルーティング

要求オーバーフロー  4-64

サーバ バインディング

設定  8-83

サービス マスク

WCCP 用の設定  4-20

サービス ルール

設定  16-14

Rules Template も参照

サービス品質。QoS を参照

再生

スケジュールの設定  7-42

再生ガイド  7-45

再生サーバ

設定

<playServer> タグとの比較  A-41

マッピング

受け入れられるロケーション  A-40

マニフェスト ファイル内でのカスタマイズ  A-15

割り当て  6-33

再生サーバ リスト

生成  6-34, A-14

再生サーバ リストの生成  6-34, A-14

再生時間

定義  7-9

再生リスト

MPEG ファイル仕様  7-37

再生ガイドの表示  7-45

再生スケジュールの設定  7-42

追加

オーバーレイ イメージ  7-38

メディア  7-38

定義  7-9

割り当て

Content Engine  7-42

デバイス グループ  7-44

再送信時間係数

概要  10-8

再送信するファイル

トリガー  5-31

再ブロードキャスト プログラム

Content Engine の割り当て  7-32

スケジュール  7-34

デバイス グループの割り当て  7-33

メディア ファイルの選択  7-29

削除

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager  13-6

コンテンツ プロバイダー  5-7

チャネルから Content Engine  5-17

チャネルからデバイス グループ  5-18

ネットワークから Content Engine  13-14

ネットワークから Content Router  13-25

ロケーション  13-9

サニタイズされたトランザクション ログ  19-9

サブタグ

属性  A-12

時間帯

設定  20-14

マニフェスト ファイル内  A-72

時刻

Manifest スクリプト  A-85

マニフェスト ファイル  A-19

時刻値

指定  A-19

システム イベント ロギング

設定

CLI の使用  21-10

GUI を使用  21-7

メッセージのプライオリティ レベル  21-10

システム イベント ログ

表示  21-11

システム ステータス

モニタリング  21-2

システム ステータス バー

トラブルシューティング

コンテンツ複製  21-6

デバイス  21-4

システム プロパティ

変更  20-22

システム メッセージ ログ

使用  21-7

表示  21-11

事前配信コンテンツ

概要  1-6, 1-10

更新  A-64

取得  6-25

ライブ コンテンツとの対比  A-82

事前配信コンテンツの更新

設定  A-64

事前ロード コンテンツ

概要  1-6

自動登録

DHCP サーバが必要  2-8

終了

Content Distribution Manager GUI  3-13

受信側 Content Engine  5-45

手動でのセットアップと登録  2-12

取得

NTLM 認証コンテンツ  6-42

事前配信コンテンツ

Content Distribution Manager GUI を使用した  6-10‐6-24

外部でホストされているマニフェスト ファイルの使用  6-25

ファイル

SMB サーバから  6-2

マニフェスト ファイル  6-51

取得機能

エラー コードのリスト  6-61

コマンドのリスト  13-16

取得と配信

アーキテクチャ概要  1-13

取得に関連したコマンド  13-16

条件

IP ACL からの変更または削除  17-11

使用できないマルチキャスト アドレス  5-37, B-2

承認

デバイス

Content Distribution Manager GUI で  2-25

初期設定

簡略セットアップ方法の使用  2-8

作業の概要  2-5

デバイス用

CLI の使用  2-15

概要  2-2

自動登録の使用  2-8

セットアップ ユーティリティの使用  2-10

ネットワーク用

Quick Start ツールの使用  2-13

資料

関連  xxx

入手  xxxi

表記法  xxx

スケジュール済みの Windows Media の再ブロードキャスト

概要  7-8

スケジュールの設定  7-35

スタティック IP アドレス  2-12

スタティック IP ルート

設定  14-19

スタンバイ Content Distribution Manager

設定  2-19

スタンバイ インターフェイス

設定  14-4

優先順位設定  14-5

スタンバイ グループ

インターフェイス  14-2

ストリーミング サーバ

ACNS ソフトウェアでサポートされる  9-1

ライセンシングとイネーブル化  9-8

ストリーミング統計情報

表示  21-19

スロー スタート  4-10

正規表現

作成  A-10

協定世界時。 UTC を参照

セキュア FTP  6-6

セキュア シェル

設定  20-2

デーモン パスワード試行  20-5

ホスト鍵  20-5

セキュアではないアクセス

設定  16-64

セキュアなアクセス

設定  16-64

設定

ACNS ネットワーク  2-5, 2-8

HTTP 要求認証  15-18

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager  13-2

デバイス

ローカルと中央との比較  13-38

透過モードでの Content Engine  4-7

セットアップ ユーティリティ

デバイス設定用  2-10

送信側遅延間隔

設定  5-32

ソース固有のマルチキャスト アドレス  B-5

属性

共有

指定  A-11

コンテンツ サービス  A-17

ソフトウェア クロック  20-14

帯域幅

Windows Media 着信バイパス リスト  9-53

ストリーミング取得用のスケジュール  6-58

帯域幅設定

コンテンツ サービス

グラフィカル表示  9-50

デフォルト  9-46

予定  9-47

取得と配信

グラフィカル表示  6-55

デフォルト  6-53

予定  6-56

代替ドメイン

定義  4-64

タイムアウト

ログイン  3-13

ダウンロード

サンプル マニフェスト ファイル  A-28

タグ

マニフェスト ファイル内  A-35

単一コンテンツ項目

指定  A-7

チャネル

コンテンツの更新  6-51

コンテンツ複製オプション  5-35

削除  5-20

取得と配信に関するプロパティ

指定  6-25

使用  5-11

セット トップ ボックスのエクスポート

選択  7-46

追加と削除

Content Engine  5-17

デバイス グループ  5-18

定義  1-13, 1-14

表示

コンテンツ複製状況  11-5

システム全体の複製状況  11-2

すべてのチャネル  5-21

チャネルに割り当てられている Content Engine  5-21

プロキシ情報

設定  6-27

プロパティの設定  5-12

変更  5-15

マニフェスト ファイル情報

設定  6-27

マルチキャスト クラウドの割り当て削除  5-46

ライブ  7-15

チャネル ルーティング アルゴリズム  5-22

チャネルの割り当て量  6-26

チャネル配信  5-3, 5-11

チャネル割り当て

表示  13-16

直接プロキシ ルーティング  1-8

追加

Content Engine をチャネルへ  5-17

既存パターン リストへのパターン  16-23

デバイス グループをチャネルへ  5-18

メディアとオーバーレイ イメージを再生リストへ  7-38

ディスク

sysfs スペースの設定  2-21

テキスト表記  xxx

デバイス

ステータスのモニタリング  21-15

パフォーマンス統計情報のモニタリング  21-16

モード変更  13-39

レポート

Bandwidth Efficiency Gain  21-22

Bytes served  21-21

CPU Utilization  21-23

Streaming Session  21-22

デバイス アラーム

概要  21-3

デバイス グループ

Content Engine の削除  13-30, 13-35

オーバーラップのイネーブル化  13-31

概要  1-11

再生リストへの割り当て  7-44

削除  13-32

使用  13-28

追加と削除

Content Engine  13-30, 13-35

チャネルから  5-18

統計情報  21-18

表示  13-32

デバイス クロック

設定  20-14

デバイス モード

設定  2-15

変更  13-39

デバイス設定

ローカルと中央との比較  13-38

デフォルトの PlayServerTable スキーマ  A-71

転送エラー修正。FEC を参照

転送側

検索レベルをセットする  5-23

選択確率の設定  5-23

透過キャッシング

SSLを使用  8-52

発信プロキシの除外  8-53

透過代行受信

WCCP を使用  4-3

透過モード

階層型キャッシング  15-10

統計情報

Content Engine  21-16

Content Router  21-18

Websense  16-57

ストリーミング  21-19

デバイス グループ  21-18

統合ネーム スペース エラー。UNS エラーを参照

動的 WCCP リダイレクト  4-5

動的なプロキシ自動設定

概要  1-8, 4-36

登録

Content Distribution Manager にデバイスを  2-22

トークン ストリング

カスタム形式トランザクション ロギング内  19-3

特権プロファイル

概要  12-18

ドメイン

エンティティの追加  12-28

設定  12-26

表示  12-29

変更と削除  12-29

ユーザ アカウントへの割り当て  12-30

トラップ

SNMP  22-5

トラブルシューティング

Content Router の設定  4-66

show コマンド ツールを使用  21-4

トランザクション ロギング

Content Distribution Manager GUI によるイネーブル化  19-12

NTLM 認証  19-8

WMT

使用  19-17

設定  19-18

ログ形式  19-17

形式  19-3

W3C カスタマイズ可能  19-6

サニタイズ  19-9

リアルタイム

使用  19-21

設定  19-22

トリビアル ファイル転送プロトコル。TFTP を参照

ナビゲーション

Content Distribution Manager GUI  3-1

認証

HTTP 要求  15-7

Windows Media 要求  15-6

設定

デバイスへのログイン  12-8

ユーザ  1-11

ネイティブ FTP 要求  15-16

パススルー モード  15-2

プロキシモード  15-2

認証機構

NTLM  15-3

基本  15-3

認証キャッシュ

アクセス制御  15-7

サイズ調整  15-11

認証サーバ

設定  12-8, 12-10, 15-18‐15-35

認証済み HTTP キャッシュの設定

設定  8-16

認証トラフィックのバイパス  4-25

認証のバイパス

設定  4-25

認証方式

設定  15-38

ネイティブ FTP キャッシング

カスタム メッセージ  8-69

キャッシュ フレッシュネス  8-67

クライアント側  8-67

制限  8-64

接続  8-65

の概要  8-66

プロキシ認証  8-66

ネイティブ FTP 要求

認証  15-16

ネーム サーバ。NS を参照

ネットワーク タイム プロトコル。NTP を参照

ネットワーク設定

手動で設定  2-17

ハードウェア クロック  20-14

配信に関連したコマンド  13-17

配信のプライオリティ  6-25

配置のシナリオ  1-4

パススルー認証  15-2

パスワード

CLI ユーザ

変更  12-22

ユーザ名  2-14, 3-2

パターン リスト

アクションの確認  16-24

アクションの関連付け  16-23

設定  16-22

パターンの追加  16-23

バックアップ ルート Content Engine

割り当て  6-6

バナー

メッセージの設定  20-5

パブリッシング URL

生成  6-31

マルチキャスト  7-26

ユニキャスト  7-25

表記法  xxx

ヒントされたファイル

再生  7-3

ヒントされていないファイル

再生  7-3

ファイアウォール

を経由したコンテンツの配信  5-25

ファイバ チャネル インターフェイス

設定  14-12

変更  14-12

ファイバ チャネル ストレージ アレイ

使用  2-22

ファイル

Manifest スクリプト  A-83

Spider スクリプト  A-81

ファイル拡張子

タグ  A-42

マッピング  A-40

ファイル共有

設定  13-18

ファイル属性

インポートのマーキング  A-46

フィルタリング

クロール ジョブ  A-12

コンテンツ  1-11

フェールオーバー

ライブ プログラム  7-6

負荷分散の重み付け

ライブ ストリーム分割のための設定  9-44

複数の IP アドレス

カバレッジ ゾーン  4-56

単一インターフェイスに

設定  14-7

複数のデバイス グループ

Content Engine の割り当て  13-31

複数のネットワーク インターフェイス

設定  14-2

複製  11-2

概要  1-17

複製状況

Content Engine

表示  11-16

コマンドのリスト  11-19

詳細の表示  11-9

チャネル

表示  11-5

輻輳ウィンドウ

概要  10-7

プライマリ Content Distribution Manager

設定  2-18

プロキシ エラー メッセージ

設定

アップロード設定  20-31

ダウンロード設定  20-28

プロキシ サーバ

設定

CLI の使用  6-39

マニフェスト ファイル取得  6-41

マニフェスト ファイルの使用  6-40

認証  6-43

プロキシ プロトコルのパラメータ  8-55

プロキシ自動設定ファイル  4-43

プロキシ設定  4-36

チャネル  6-27

プロキシ認証

設定  6-43‐6-47

CLI の使用  6-45

プロキシ認証モード  15-2

プログラム

API 定義の変更  7-11

Cisco Streaming Engine 再ブロードキャスト

使用  7-29

TV-Out  7-9

使用  7-36

スケジュール  7-42

メディア ファイルとオーバーレイ イメージの選択  7-38

Windows Media の再ブロードキャスト

概要  7-8

使用  7-29

エクスポート

使用  7-46

メディア ファイルとオーバーレイ イメージの選択  7-38

概要  7-2

設定

Cisco Streaming Engine ライブ  7-23

Windows Media 再ブロードキャスト ストリーミング設定  7-33

Windows Media ライブ  7-20

表示  7-10

プレビュー  7-12

ライブのスケジュール  7-26

プログラム マルチキャスト アドレス

管理  7-53

設定  7-53

ブロッキング メッセージ

URL フィルタリングで  16-30

プロンプトなし認証

IE ブラウザの設定  15-12

ベースライン グループ

操作  13-33

変更

Content Router のプロパティ  13-23

コンテンツ プロバイダー  5-6

ロケーション  5-3, 13-7

ポート チャネル インターフェイス

設定  14-14

負荷分散  14-15

ポート リスト

WCCP 用の設定  4-18

ポーリング間隔

コンテンツ更新用の設定  5-24

ポリシー

Rules Template  16-13

ポリシー サーバ

サードパーティの設定  16-66

マイグレーション

ACNS 4.x ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへ  A-6

マニフェスト XML スキーマ  A-66

マニフェスト タグ

まとめ(表)  A-35

マニフェスト ファイル

<crawler> 機能  A-2

更新  6-51

構造と構文

概要  A-35

修正  A-34

コンテンツの更新と確認  A-20

サンプル  A-22‐A-28

サンプル PERL スクリプトの取得  A-35

サンプル マニフェスト ファイルの変更  A-35

時間帯  A-72

時刻値  A-19

指定

クロール ジョブ  A-8

ライブ コンテンツ  A-21

自動化スクリプト  A-78

取得  6-51

スキーマ  A-65

正規表現  A-10

タグ(一覧)  A-35

単一 <item>  A-2

チャネル情報

設定  6-27

定義  1-15

配信  A-2

マニフェスト ファイル検証ユーティリティ

アクセス  A-29

出力エラー  A-33

出力例  A-31

マニフェスト ファイル内の live コマンド  A-82, A-83

マルチキャスト

Content Engine のイネーブル化  5-36

概要  1-17

カルーセル送信  5-30

コマンドのリスト  5-49

準備  5-28

送信側遅延間隔  5-32

定義  1-17, 5-28

マルチキャスト IP アドレス

IP/TV プログラムの設定  7-4

マルチキャスト アドレス

使用できない割り当て  5-37, B-2

プログラム  7-53

マルチキャスト エキスパート モード

使用  5-32

マルチキャスト クラウド

概要  1-17, 5-28

削除  5-43

受信側 Content Engine  5-45

設定  5-37

チャネルへの割り当てと削除  5-46

パラメータ  5-40

表示  5-43

変更  5-42

ルート Content Engine  5-16

受信側 Content Engine の追加と削除  5-43

マルチキャスト ロギング  5-30

マルチキャスト設定

確認  5-48

マルチキャスト送信

ロギング情報  5-30

マルチキャスト送信側遅延

間隔の設定  5-32

マルチキャスト配信ライセンス キー  5-36

明示的輻輳通知

概要  10-7

メタデータ

コンテンツ サービス  A-19

メタデータのポーリング間隔乗数

設定  5-24

メッセージ ログ

表示  21-11

メディア ファイル

再生リストへの追加  7-38

メディア属性

インポートのマーキング  A-46

モニタリング

システム ステータス  21-2

ユーザ アカウント

CLI ユーザ

パスワードの変更  12-22

概要  12-18

監査証跡ログ

表示  12-34

管理  12-18‐12-22

使用

Content Distribution Manager GUI の使用  12-19

ドメイン

エンティティの追加  12-28

設定  12-26

表示  12-29

変更と削除  12-29

割り当て  12-30

表示  12-23

変更と削除  12-21

ロール

使用  12-23

表示  12-25

変更と削除  12-24

割り当て  12-26

ユーザ インターフェイス

Content Distribution Manager  3-5‐3-13

ユーザ認証

概要  1-11

ユーザ認証ログイン認証を参照

ユーザ名とパスワード  2-14, 3-2

ユニキャスト  1-17, 5-22

ユニキャスト コンテンツ転送  1-17

要求オーバーフロー ルーティング

代替ドメインの定義  4-64

要求の代行受信

概要  1-8

要求ルーティング

Content Router の使用  4-46

ライセンス キー

マルチキャスト配信  5-36

ライブ イベント

概要  7-4

設定要件  7-4

プログラムの作成  7-15

ライブ コンテンツ

Manifest スクリプトを使用した選択  A-81

概要  1-7

事前配信コンテンツとの対比  A-82

指定  A-21

ライブ ストリーム設定

Cisco Streaming Engine プログラム  7-23

Windows Media プログラム用  7-20

ライブ ストリームの中断  7-5

ライブ ストリーム分割

Multicast-in Multicast-out  9-35

Multicast-in Unicast-out  9-38

Unicast-in Multicast-out  9-32

Unicast-in Unicast-out  9-40

負荷分散の重み付け  9-44

ライブ チャネル

Content Engine の割り当て  7-17

新規作成  7-16

デバイス グループの割り当て  7-17

プライミング  5-19, 7-18

プログラムへの選択  7-15

ライブ プログラム

スケジュール  7-26

ストリーミングの設定  7-20

ルート Content Engine フェールオーバー  7-6

ライブ スプリット

関連コマンド  9-45

ライン コンソール キャリア検知

設定  20-7

リアルタイム トランザクション ロギング

設定  19-22

リソース レコード  8-82

リトライと更新のメカニズム

コンテンツ取得  6-50

リブート

Content Engine  13-13

リブート オプション

Content Engine  13-13

リモート ログイン

アクセスの制御  20-2

ルータ

WCCP サポートのイネーブル化  4-29

コマンドのリスト  4-29

設定

Web キャッシュ サービス用  4-31, 4-34

ルータ リスト

WCCP 用の設定  4-14

ルータ リダイレクト

概要  1-8

ルーティング Content Engine  4-57

ルーティング統計情報  21-18

ルート Content Engine

指定  5-16

定義  1-14

フェールオーバー  5-15, 7-7

ライブ プログラムのフェールオーバー  7-6, 7-7

ルート ロケーション

Content Engine の削除  13-14

ルール

グループベースの許可  15-12

ルール ファイルを作成するテキスト エディタ  A-86

ルール設定

イネーブル化  16-13

ルールベースのフィルタリング

クロール ジョブ  A-12

レイヤ 2

マルチキャスト アドレス  B-6

レベル

定義  1-14

ロール

作成と管理  12-23

設定の表示  12-25

変更と削除  12-24

ユーザ アカウントへの割り当て  12-26

ロギング

コマンドのリスト  21-10

システム イベント  21-11

設定  21-10

マルチキャスト送信  5-30

メッセージのプライオリティ レベル  21-10

ログ ファイル

エクスポート  19-10

エクスポートの再開  19-10

ログ ファイルのエクスポートの再開  19-10

ログイン

タイムアウト  3-13

ユーザ インターフェイス  3-2

ログイン アクセス

制御  20-2

ログイン認証

概要  12-2

設定  12-8, 12-13

デフォルト設定  12-4

フェールオーバー  12-4

ローカル アクセス データベース  12-6

ログ形式

WMT トランザクション ロギング  19-17

ロケーション

削除  13-9

操作  13-7‐13-9

定義  1-14

デフォルトの作成  2-26

変更  5-3, 13-7

ロケーション ツリー

定義  1-14

表示  13-9

ロケーション リーダー

プライオリティ設定  5-23

ワイルドカード文字  8-53

割り当て

再生サーバ  6-33

デバイスを複数のデバイス グループに  13-31