ローカル管理配置に関する Cisco ACNS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.4
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

はじめに

スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングの概要

スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのフローチャート

スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのチェックリスト

Setup ユーティリティを使用したスタンドアロン Content Engine の基本設定

Setup ユーティリティで設定できる一般的に使用される キャッシング サービス

Setup ユーティリティの使用

Setup ユーティリティのメニュー オプションと対応する CLI コマンド

Setup ユーティリティで使用できる矢印とキー

スタンドアロン Content Engine のアドレッシング方式の決定

スタンドアロン Content Engine のデバイス ネットワーク設定パラメータの概要

CLI コマンド方式を使用したスタンドアロン Content Engine の一般設定

Setup ユーティリティの起動

手動での Setup ユーティリティの起動

Setup ユーティリティの自動起動

Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定

直接プロキシ ルーティング用のクライアント ブラウザとメディア プレーヤーの設定

スタンドアロン Content Engine をクライアント ブラウザの直接の宛先として指定

PAC ファイルによるクライアント ブラウザの直接宛先としてのスタンドアロン Content Engine の指定

クライアント ブラウザに手動でスタンドアロン Content Engine を指定

Windows Media 9 Player に WMT RTSP 要求の直接の宛先としてスタンドアロン Content Engine を指定

Windows Media Player に WMT MMS 要求の直接の宛先としてスタンドアロン Content Engine を指定

スタンドアロン Content Engine を RealMedia Player の直接の宛先として指定

透過リダイレクション用の WCCP ルータの設定

基本設定の確認

Setup ユーティリティを使用した基本設定の変更

スタンドアロン Content Engine へのログイン

Telnet またはコンソール セッションによるスタンドアロン Content Engine へのログイン

Secure Shell Version 1 または Version 2 を使用したスタンドアロン Content Engine へのログイン

非管理者ユーザ用の SFTP アクセス

Content Engine GUI を使用したスタンドアロン Content Engine へのログイン

Content Engine GUI へのアクセスのイネーブル化とディセーブル化

Content Engine GUI へのログイン

Content Engine GUI からのログアウト

はじめに

この章では、ACNS ソフトウェア リリース 5.4.1 以降を実行しているスタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、およびトラブルシューティングの方法について説明します。また ACNS ソフトウェア Setup ユーティリティを使用して、スタンドアロン Content Engine に一般設定(デバイス ネットワーク設定、ディスク設定)および通常使用するキャッシング サービス セット(表4-2 を参照)の設定を行う方法についても説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

「スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングの概要」

「Setup ユーティリティを使用したスタンドアロン Content Engine の基本設定」

「直接プロキシ ルーティング用のクライアント ブラウザとメディア プレーヤーの設定」

「透過リダイレクション用の WCCP ルータの設定」

「基本設定の確認」

「Setup ユーティリティを使用した基本設定の変更」

「スタンドアロン Content Engine へのログイン」

このマニュアルで使用している「 スタンドアロン Content Engine 」という用語は、Content Engine をスタンドアロン デバイスとして設定、管理、およびモニタできるように、ACNS 管理者が意図的に Content Distribution Manager に登録していない Content Engine を意味します。複数のスタンドアロン Content Engine を配置できます(たとえば、スタンドアロン Content Engine をクラスタ構成で配置できます)。

スタンドアロン Content Engine の基本設定の完了後、システム クロックの設定、ログイン アカウントの管理、ディスクの管理とモニタなど、他の基本作業を実行できます。詳細は、「スタンドアロン Content Engine の他の基本作業の実行」 を参照してください。


) この章で使用する CLI(コマンドライン インターフェイス)コマンドの構文および使用方法については、『Cisco ACNS Software Command Reference』Release 5.4を参照してください。Content Distribution Manager に登録する Content Engine の設定方法の詳細については、『Cisco ACNS Software Configuration Guide for Centrally Managed Deployments』Release 5.4を参照してください。


スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングの概要

ここでは、スタンドアロン Content Engine をキャッシングおよびストリーミング エンジンとして使用する場合の設定、モニタ、およびトラブルシューティング方法の概要について説明します。内容は、次のとおりです。

「スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのフローチャート」

「スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのチェックリスト」

スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのフローチャート

図4-1 に、スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、およびトラブルシューティングを行う場合の一般的なワークフローのハイレベル ビューを示します。表4-1 に、図4-1 に示すワークフローを完了するための作業のチェックリストを示します。


図4-1 に示すように、従来のキャッシング サービス(図4-2)、WMT MMS ストリーミングとキャッシング サービス(図4-3 および図4-4)、および RealMedia ストリーミングとキャッシング サービス(図4-5)の設定については、より詳細なフローチャートが提供されています。


図4-1 スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのハイレベル ビュー

 

図4-2 スタンドアロン Content Engine における従来のキャッシング サービスの設定の詳細

 

この章では、Setup ユーティリティを使用して、スタンドアロン Content Engine に、一般的に使用される 3 つの従来型キャッシング サービス(HTTP リバース プロキシ キャッシング、WCCP Version 2 を使用する HTTP 透過キャッシング、および HTTP フォワード プロキシ キャッシング)を設定する方法について説明します。他の従来型キャッシング サービス(DNS キャッシング、FTP キャッシングなど)と同様に、(Setup ユーティリティの代わりに)Content Engine CLI を使用してこれらのサービスを設定する方法については、「スタンドアロン Content Engine での従来型キャッシング サービスの設定」 を参照してください。

図4-3 スタンドアロン Content Engine での WMT MMS ストリーミングおよびキャッシング サービス設定の詳細ビュー(第 1 部)

 

図4-4 スタンドアロン Content Engine での WMT MMS ストリーミングおよびキャッシング サービス設定の詳細ビュー(第 2 部)

 

この章では、Setup ユーティリティを使用して、スタンドアロン Content Engine に、一般的に使用される 2 つの WMT MMS キャッシング サービス(WMT 透過キャッシングおよび WMT プロキシ キャッシング)を設定する方法について説明します。(Setup ユーティリティの代わりに)Content Engine CLI を使用して、スタンドアロン Content Engine に、これらのキャッシング サービス、他の WMT MMS サービス(WMT ストリーミングなど)、または WMT RTSP サービスを設定する方法については、「スタンドアロン Content Engine の WMT ストリーミング メディア サービスの設定」 を参照してください。

図4-5 スタンドアロン Content Engine での RealMedia ストリーミングおよびキャッシング サービス設定の詳細ビュー

 

この章では、Setup ユーティリティを使用して、スタンドアロン Content Engine に、一般的に使用される 2 つの RealMedia キャッシング サービス(RealMedia 透過キャッシングおよび RealMedia プロキシ キャッシング)を設定する方法について説明します。(Setup ユーティリティの代わりに)Content Engine CLI を使用して、スタンドアロン Content Engine に、これらのキャッシング サービスまたは他の RealMedia サービス(RealProxy ライブ分割など)を設定する方法については、「スタンドアロン Content Engine の RealMedia サービスの設定」 を参照してください。

スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのチェックリスト

表4-1 は、ACNS ソフトウェア リリース 5.4.1 以降を実行しているスタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、およびトラブルシューティングに関する作業のチェックリストです。

 

表4-1 スタンドアロン Content Engine の設定、モニタ、トラブルシューティングのチェックリスト

作業
説明および参照先
基本設定の開始

 

1. スタンドアロン Content Engine の初期設定に使用するアドレッシング方式を決める。

サポートされる 2 つのアドレッシング方式は、相互に排他的です。

スタティック IP アドレスとネットワーク マスクを手動で指定する。

インターフェイス レベルの DHCP アドレッシング方式を使用して、IP アドレスを動的に割り当てる。

「スタンドアロン Content Engine のアドレッシング方式の決定」 を参照してください。

2. スタンドアロン Content Engine の設定に使用する方法を決める。

Setup ユーティリティ

CLI コマンド

この章では、Setup ユーティリティを使用して、スタンドアロン Content Engine の基本設定を迅速に行う方法について説明します。「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」 を参照してください。

CLI 方式を使用して、一般設定パラメータを設定する方法の概要は、「CLI コマンド方式を使用したスタンドアロン Content Engine の一般設定」で説明します。一般設定に使用する CLI コマンドの詳細については、『 Cisco ACNS Software Command Reference 』Release 5.4を参照してください。

CLI方式を使用して、スタンドアロン Content Engine で実行する 1 つまたは複数の一般的なキャッシング サービスおよび各種の他のサービス(DNS キャッシング、FTP キャッシング、WMT ストリーミング、RealMedia ストリーミングなど)を設定または変更する方法については、このマニュアルの次の章を参照してください。

「スタンドアロン Content Engine での従来型キャッシング サービスの設定」

「スタンドアロン Content Engine の RealMedia サービスの設定」

「スタンドアロン Content Engine の WMT ストリーミング メディア サービスの設定」

3. Content Engine の電源を入れ、シリアル ポートの 1 つでコンソール接続を開始する。

物理的にハードウェアを取り付け、Content Engine に電源を入れると、スタンドアロン(未登録)Content Engine(Content Distribution Manager に登録しない Content Engine)の基本設定を実行するためのACNSソフトウェア(Setup ユーティリティまたは CLI コマンド)にアクセスできます。

4. Setup ユーティリティまたは CLI コマンドを使用して、スタンドアロン Content Engine 上で次の一般的な設定を行う。

デバイス ネットワーク設定

ディスク設定

Setup ユーティリティを使用して一般設定を行う方法は、「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」 を参照してください。

CLI コマンド方式を使用して一般設定を行う方法は、「CLI コマンド方式を使用したスタンドアロン Content Engine の一般設定」 を参照してください。

5. スタンドアロン Content Engine 上に配置するサービスを選択する。

従来型キャッシング サービス(DNS、HTTP、FTP、および HTTPS キャッシング)

RealMedia ストリーミングおよびキャッシング サービス

WMT ストリーミングおよびキャッシング サービス

「従来型キャッシング サービスの設定の概要」 を参照してください。

「スタンドアロン Content Engine の RealMedia サービスの設定」 を参照してください。

「スタンドアロン Content Engine の WMT ストリーミング メディア サービスの設定」 を参照してください。

6. コンテンツ要求をスタンドアロン Content Engine に転送するために、1 つまたは複数のルーティング方式を設定する。

直接プロキシ ルーティング(非透過)

透過リダイレクション(WCCP ルーティングまたはレイヤ 4 スイッチング)

直接プロキシ ルーティングの詳細は、「直接プロキシ ルーティング用のクライアント ブラウザとメディア プレーヤーの設定」 を参照してください。

WCCP ルーティングの詳細は、「ルータでの WCCP サービスの設定」 を参照してください。

レイヤ 4 スイッチングの詳細は、「リダイレクション方式としてのレイヤ 4 スイッチングの設定」 を参照してください。

7. 直接プロキシ ルーティングを使用する場合、*.pac ファイルを使用するかどうかを選択する。

使用しない場合には、スタンドアロン Content Engine がダイレクト プロキシ サーバとして参照されるように、各クライアント ブラウザを手動で設定します。詳細は、「クライアント ブラウザに手動でスタンドアロン Content Engine を指定」 を参照してください。

使用する場合には、スタンドアロン Content Engine およびクライアント ブラウザが Proxy Autoconfiguration(PAC)ファイルを使用するように設定します。詳細は、「PAC ファイルによるクライアント ブラウザの直接宛先としてのスタンドアロン Content Engine の指定」 を参照してください。

8. スタンドアロン Content Engine に、選択したキャッシングおよびストリーミング サービスを設定する。

Setup ユーティリティを使用すると、スタンドアロン Content Engine に、一般的に使用されるキャッシング サービスのセット( 表4-2 を参照)を設定できます。このユーティリティを使用して、Content Engine に、1 つまたは複数のキャッシング サービスを設定することを推奨します。これにより、Content Engine を実行し、基本的なキャッシング サービスを開始できるからです。詳細は、「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」 を参照してください。

9. 基本設定を確認する。

基本設定が完了したら、設定したキャッシング サービスが正常に実行されるかどうかを確認します。「基本設定の確認」 を参照してください。

10. この段階で、次の作業を行うことができます。

コンテンツ サービスの設定

Content Engine の拡張設定

モニタおよびトラブルシューティング

この表の作業 11 ~ 23 を参照してください。

コンテンツ サービスの設定(任意)

スタンドアロン Content Engine 上でキャッシングおよびストリーミング サービスを設定した後、アクセス制御や URL フィルタリング、ICAP、および、ルールなどのコンテンツ サービスを設定できます。

11. インターネットへのエンドユーザ アクセスを制御するかどうかを決定する(HTTP、HTTPS および FTP-over-HTTP 要求のアクセス制御)。

制御しない場合は、作業 12. に進みます。

制御する場合は、認証と許可を設定します。詳細は、「スタンドアロン Content Engine のコンテンツ認証および許可の設定」 を参照してください。

12. URL フィルタリングを使用するかどうかを決定する。

使用しない場合は、作業 13. に進みます。

使用する場合は、HTTP、HTTPS および FTP 要求の URL フィルタリングを設定します。詳細は、「スタンドアロン Content Engine 上での事前コンテンツ ロードおよび URL フィルタリングの設定」 を参照してください。

13. 外部 ICAP サーバが存在するかどうかを判別する。

存在しない場合は、作業 14. に進みます。

存在する場合は、HTTP および FTP-over-HTT 要求に使用する Internet Content Adaptation Protocol(ICAP)を設定します。詳細は、「スタンドアロン Content Engine の ICAP の設定」 を参照してください。

14. コンテンツ要求を処理するための特別な要件があるかどうかを判別する。

要件がない場合は、作業 15. に進みます。

要件がある場合は、HTTP、HTTPS、FTP-over-HTTP、WMT および RTSP 要求に使用するルールを設定します。詳細は、「スタンドアロン Content Engine の Rules Template の設定」 を参照してください。

拡張設定作業(任意)

 

15. 拡張透過キャッシング機能(トラフィック バイパス、過負荷バイパス、フロー保護、IP スプーフィングなど)を設定する。

「スタンドアロン Content Engine の拡張透過キャッシング機能の設定」

16. スタンドアロン Content Engine に、追加のネットワーク インターフェイスを設定する。

「スタンドアロン Content Engine での追加のネットワーク インターフェイスと帯域幅の設定」

17. スタンドアロン Content Engine 上で、インターフェイスおよびコンテンツ サービスの帯域幅を設定する。

「スタンドアロン Content Engine での追加のネットワーク インターフェイスと帯域幅の設定」

18. スタンドアロン Content Engine のログイン認証と許可をセットアップする。

「スタンドアロン Content Engine での管理ログイン認証と許可の設定」

19. スタンドアロン Content Engine に、TACACS+ を使用したシステム アカウンティングを設定する。

「スタンドアロン Content Engine での AAA アカウンティングの設定」

20. スタンドアロン Content Engine に、IP Access Control List(ACL;アクセス制御リスト)を設定する。

「スタンドアロン Content Engine での IP アクセス制御リストの作成と管理」

21. スタンドアロン Content Engine の TCP スタック パラメータを表示または変更する。

「スタンドアロン Content Engine での TCP スタック パラメータの表示と変更」

22. スタンドアロン Content Engine のシステム ロギング設定を表示または変更する。

「特定の URL のパフォーマンスのモニタリング」 を参照してください。

モニタおよびトラブルシューティング

 

23. SNMP、ACNS ソフトウェア アラーム、および ACNS ソフトウェア ログを使用して、スタンドアロン Content Engine をモニタする。

「スタンドアロン Content Engine とトランザクションのモニタリング」

24. Traceroute および他のサポートされる診断ツールを使用して、トラブルシューティングを行う。

「トラブルシューティング」

Setup ユーティリティを使用したスタンドアロン Content Engine の基本設定

ここでは、Setup ユーティリティの概要、およびSetup ユーティリティを使用して次のいずれかの状況にあるスタンドアロン Content Engine を設定する方法について説明します。

ケース 1 ― (ACNS 5.4 ソフトウェアと同時に Content Engine を購入した場合など)Content Engine を初めて起動し、Setup ユーティリティを使用して基本設定(デバイス ネットワークとディスクの一般設定、および一般的なキャッシング サービスのセット[ 表4-2 を参照]の設定)を行う場合。

ケース 2 ― すでに基本設定が完了しているスタンドアロン Content Engine の場合(デバイス ネットワーク、ディスク、およびHTTP プロキシ キャッシングが設定済みの Content Engine で ACNS 5.4 ソフトウェアにアップグレードする場合など)。Setup ユーティリティを使用して、スタンドアロン Content Engine の基本設定(未設定の一般的なキャッシング サービスの設定など)を完了する場合。

ケース 1 の場合、デバイスの初回起動時に、Setup ユーティリティが自動的に起動します。この場合、初期の基本設定を完了するには、次の作業を行います。

「スタンドアロン Content Engine のアドレッシング方式の決定」

「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」

ケース 2 の場合、 setup イネーブル EXEC コマンドを使用して、手動で Setup ユーティリティを起動します。詳細は、「手動での Setup ユーティリティの起動」 を参照してください。

この基本設定の完了後、クライアント ブラウザとメディア プレーヤーに直接プロキシ ルーティングを設定し(「直接プロキシ ルーティング用のクライアント ブラウザとメディア プレーヤーの設定」を参照)、WCCP ルータに透過リダイレクションを設定する必要があります(「透過リダイレクション用の WCCP ルータの設定」を参照)。基本設定が正常に動作することを確認したあと、CLI コマンドまたは Content Engine GUI を使用して、キャッシング サービス(DNS キャッシング、FTP キャッシング、および HTTPS キャッシングなど)、ストリーミング サービス(WMT ストリーミングおよび RTSP ストリーミング)、またはコンテンツ サービスを追加設定できます。また、Content Engine の拡張設定またはモニタを実行できます。


) この章で使用するWCCP Version 2 対応ルータという用語は、WCCP Version 2 を実行しているルータを意味します。


Setup ユーティリティで設定できる一般的に使用される キャッシング サービス

表4-2 に、Setup ユーティリティを使用してスタンドアロン Content Engine に簡単に設定できる、一般的に使用されるキャッシング サービスを示します。

 

表4-2 Setup ユーティリティで設定できる一般に使用される キャッシング サービス

キャッシング サービス
説明

HTTP フォワード プロキシ キャッシング

スタンドアロン Content Engine は、HTTP 要求に対して、非透過フォワード プロキシ サーバとして機能します。Content Engine はクライアント ブラウザから直接 HTTP 要求を受信すると、要求されたコンテンツがローカルのキャッシュに保存されていない場合、そのコンテンツを取得し、キャッシュします。それから、要求されたコンテンツを要求元(クライアント ブラウザ)に送信します。

HTTP 透過キャッシング

スタンドアロン Content Engine は、HTTP 要求に対して、透過プロキシ サーバとして機能します。Content Engine はリダイレクトされた HTTP 要求を受信すると、要求されたコンテンツがローカルのキャッシュに保存されていない場合、そのコンテンツを取得し、キャッシュします。それから、要求されたコンテンツを要求元(クライアント ブラウザ)に送信します。Setup ユーティリティを使用して Content Engine を設定すると、WCCP Version 2 対応ルータからリダイレクトされた HTTP 要求を受け入れることができます。Content Engine CLI を使用して Content Engine を設定すると、WCCP Version 2 対応ルータまたはレイヤ 4 スイッチからリダイレクトされた HTTP 要求を受け入れることができます。

HTTP リバース プロキシ キャッシング

スタンドアロン Content Engine は、エンド ユーザ(Web クライアント)に対してはプロキシとして動作しますが、特定の Web サーバ(Web サーバ ファーム内の Web サーバなど)に対しては透過プロキシ サーバとして機能します。Content Engine はリダイレクトされたリバース プロキシ要求を受信すると、要求されたコンテンツがローカルのキャッシュに保存されていない場合、そのコンテンツを取得し、キャッシュします。それから、要求されたコンテンツを要求元(クライアント ブラウザ)に送信します。Setup ユーティリティを使用して Content Engine を設定すると、WCCP Version 2 対応ルータからリダイレクトされたリバース プロキシ要求を受け入れることができます。Content Engine CLI を使用して Content Engine を設定すると、WCCP Version 2 対応ルータまたはレイヤ 4 スイッチからリダイレクトされたリバース プロキシ要求を受け入れることができます。

WMT プロキシ キャッシング

スタンドアロン Content Engine は、Windows Media Player を使用して WMT コンテンツを要求するエンド ユーザに対して、非透過プロキシ サーバとして機能します。Content Engine はクライアントの Windows Media Player から直接 WMT 要求を受信すると、要求されたコンテンツがローカルのキャッシュに保存されていない場合、そのコンテンツを取得し、可能な時はいつでも、そのコピーをローカルに保存します。それから、要求されたコンテンツを要求元(クライアントの Windows Media Player )に送信します。

WMT 透過キャッシング

スタンドアロン Content Engine は、Windows Media Player を使用してコンテンツを要求するエンド ユーザに対して、透過プロキシ サーバとして機能します。Content Engine は透過的にリダイレクトされた WMT 要求を受信すると、要求されたコンテンツがローカルのキャッシュに保存されていない場合、そのコンテンツを取得し、可能な時はいつでもそのコピーをローカルに保存します。それから、要求されたコンテンツを要求元(クライアントの Windows Media Player )に送信します。Setup ユーティリティを使用すると、Content Engine が、WCCP Version 2 対応ルータからリダイレクトされた WMT 要求を受け入れるように設定できます。Content Engine CLI を使用すると、Content Engine が、WCCP Version 2 対応ルータまたは レイヤ 4 スイッチからリダイレクトされた WMT 要求を受け入れるように設定できます。

RealMedia プロキシ キャッシング

スタンドアロン Content Engine は、RealMedia Player を使用して RTSP コンテンツを要求するエンド ユーザに対して、非透過プロキシ サーバとして機能します。Content Engine は RealMedia Player(RealPlayer など)から直接 RTSP 要求を受信すると、要求されたコンテンツがローカルのキャッシュに保存されていない場合、そのコンテンツを取得し、可能な時はいつでもそのコピーをローカルに保存します。それから、要求されたコンテンツを要求元(RealMedia Player)に送信します。

RealMedia 透過キャッシング

スタンドアロン Content Engine は、RealMedia Player を使用してコンテンツを要求するエンド ユーザに対して、透過プロキシ サーバとして機能します。リダイレクトされた RTSP 要求を受信すると、Content Engine は要求されたコンテンツを取得し、可能な時はいつでもそのコピーをローカルに保存します。それから、要求されたコンテンツを要求元(RealMedia Player)に送信します。Setup ユーティリティを使用すると、Content Engine が WCCP Version 2 対応ルータからリダイレクトされた RTSP 要求を受け入れるように設定できます。Content Engine CLI を使用すると、Content Engine が WCCP Version 2 対応ルータまたはレイヤ 4 スイッチからからリダイレクトされた RTSP 要求を受け入れるように設定できます。

Setup ユーティリティの使用

Setup ユーティリティを使用する場合のいくつかの重要事項は、次のとおりです。

デバイス モードの変更(CE-565 または CE-7306 など)をサポートする Content Engine 上で Setup ユーティリティを起動すると、特定のデバイスについてデバイス モードを指定するためのプロンプトが表示されます。プロンプトが表示された場合、 Enter を押すか、または CE と入力して、スタンドアロン Content Engine の Content Engine デバイス モードを指定します。

What is the mode of the device (CE/CR/CDM/PM) [CE]: CE
 

表示内容に従って、 no と入力し、この Content Engine が Content Distribution Manager によって管理されないことを指定します。

Is this CE going to be managed by a CDM (Content Distribution Manager)
(y/n) [y]: no
 

一連の基本設定に関する質問が表示されたら、 Enter を押すか、または y と入力して、スタンドアロン Content Engine に特定のキャッシング サービスを設定することを示します(これらのサービスの説明については 表4-2 を参照してください)。

一連の基本設定に関する質問に答えると、メニューベースのインターフェイスが表示されます。

+-----------------------------------------------------+
¦ Main Menu ¦
+-----------------------------------------------------¦
¦ -General Settings :Incomplete ¦
¦ Caching Related Configurations :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Exit (e) ¦
+-----------------------------------------------------+
Main Menu
Configure network settings, disks, etc
Press '?' to see why this item is incomplete
 

Setup ユーティリティのメニュー オプションは、 表4-3 を参照してください。

 

特定の設定パラメータのプロンプトには、デフォルト値が表示されます。デフォルト値を選択するには、 Enter を押します。たとえば、次のように表示された場合、 Enter を押して、デフォルトの WCCP ルータ(IP アドレスが 10.0.1.1 であるデフォルト ゲートウェイ)を使用することを指定します。

Please enter the IP addresses of WCCP routers [10.0.1.1]:
 

特定の設定を行うかどうかを指定すると、対応するメニュー オプションに「Complete(完了)」または「Incomplete(未完了)」のマークが表示されます。これにより、スタンドアロン Content Engine 上で、設定が完了している基本設定と、設定が完了していない基本設定を確認できます。

Setup ユーティリティのメニュー オプションを選択して、特定の設定パラメータを設定すると、対応する CLI コマンドが設定されます( 表4-3 を参照)。Setup ユーティリティを使用して特定の基本設定パラメータを指定すると、設定された CLI コマンドのリストが表示されます(例を参照)。この設定を保存するかどうかのメッセージが表示されたら、 Enter を押して、表示された設定を保存します。

NOTE: Please remember to configure web-cache service on the router.
Based on the input, the following CLIs will be configured:
 
wccp router-list 1 10.0.1.1
wccp version 2
wccp web-cache router-list 1
 
Do you accept these configs (y/n) [y]:
 

Setup ユーティリティのセッション実行中に作成済みの CLI コマンドのリストを表示するには、Setup ユーティリティ メニューで Print Configurations オプションを選択します。

設定パラメータを指定すると、Setup ユーティリティにより、指定したオプション間の相互依存性または非互換性が通知されます。たとえば、いずれかのストリーミング キャッシング サービスをイネーブルにすると、ディスク設定時にメディア ファイル システム(mediafs)用のディスク スペースの割り当てが必要であることが通知されます。

指定した設定パラメータ(ディスク設定と対応する CLI コマンドなど)を適用したときに何らかの障害が発生すると、Setup ユーティリティにより、どの設定パラメータを適用できないのかを示すメッセージが表示されます。また、エラー メッセージが、/local1/errorlog/setup_(clildisk)_config_error に書き込まれます。

基本設定(例を参照)は、Setup ユーティリティを使用して指定した情報に基づいて構成されます。次に、一般に使用されるキャッシング サービス(7 タイプ)をすべて設定する場合のスタンドアロン Content Engine の基本設定の例を示します。

Here is the current profile of this device
 
CDN device : No
HTTP Proxy Caching : Yes
HTTP Tranparent Caching : Yes
HTTP Reverse Proxy Caching : Yes
WMT Proxy Caching : Yes
WMT Transparent Caching : Yes
Real Media Proxy Caching : Yes
Real Media Transparent Caching: Yes
 
Do you want to change this (y/n) [n]:
 
Press the ESC key at any time to quit this session
 

この基本設定は、キャッシュされます。Setup ユーティリティにより生成された設定のコピーが、ディスク(/local/local1/setup_gen_config.txt)に保存されます。

Setup ユーティリティの起動方法については、「Setup ユーティリティの起動」 を参照してください。

Setup ユーティリティのメニュー オプションと対応する CLI コマンド

Setup ユーティリティのメニュー構造は、階層的です。たとえば、メイン メニューから General Settings オプションを選択すると、General Settings サブメニューが表示されます。次の例に示すように、メニュー オプションのあとに、メニュー構造内の現在の位置が表示されます。

 
+---------------------------------------------+
¦ General Settings ¦
+---------------------------------------------¦
¦-> Network Configurations :Incomplete ¦
¦ Disk Configurations :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Previous Menu (p) ¦
¦ Main Menu (m) ¦
¦ Exit (e) ¦
+---------------------------------------------+
 
Main Menu
---> General Settings
 

表4-3 に、Setup ユーティリティ メニュー オプションと、対応する Content Engine CLI コマンドを示します。ネットワーク設定とディスク設定に使用可能な CLI コマンドの詳細については、『 Cisco ACNS Software Command Reference 』Release 5.4 を参照してください。(Setup ユーティリティの代わりに)CLIを使用して、一般に使用されるキャッシング サービス(表4-2 を参照)を設定する方法と他の機能については、このマニュアルのあとの章で説明します。

 

表4-3 スタンドアロン Content Engineの Setup ユーティリティ メニュー オプションと対応する CLI コマンド

Setup ユーティリティの
メニュー オプション
Content Engine CLI コマンド
一般設定
 

ネットワーク設定

ip address { ip address netmask | dhcp }

ip default-gateway

hostname

ip name-servers

ip domain-name

ディスク設定

disk config sysfs { remaining | disk-space }
[cfs {
remaining | disk-space }] |
[mediafs {
remaining | disk-space }]

キャッシング関連設定
 

HTTP プロキシ キャッシング

http proxy incoming

HTTP 透過キャッシング

wccp router list

wccp web-cache router-list

wccp version 2

HTTP リバース プロキシ キャッシング

wccp router list

wccp reverse-proxy router-list

wccp version 2

WMT プロキシ キャッシング

wmt license-key

wmt evaluate

wmt accept-license-agreement

wmt enable

WMT 透過キャッシング

wccp router list

wccp wmt router-list

wccp version 2

wmt license-key

wmt evaluate

wmt accept-license-agreement

wmt enable

RealMedia プロキシ キャッシング

rtsp proxy media-real license-key

rtsp proxy media-real evaluate

rtsp proxy media-real accept-license-agreement

rtsp proxy media-real enable

RealMedia 透過キャッシング

wccp router list

wccp rtsp router-list

wccp version 2

rtsp proxy media-real license-key

rtsp proxy media-real evaluate

rtsp proxy media-real accept-license-agreement

rtsp proxy media-real enable

Setup ユーティリティで使用できる矢印とキー

表4-4 に、Setup ユーティリティで使用できるキーと矢印を示します。

 

表4-4 Setup ユーティリティで使用できるキーと矢印

キー
説明

?

特定のメニュー項目(ネットワーク設定など)が現在「Incomplete」である理由を表示します。

ESC

現在の対話セッションを終了し、直前のメニューに戻ります。

e

メニューから、このホット キーを使用して、メニュー インターフェイスを終了します(現在の Setup ユーティリティ セッションを終了)。

 

+---------------------------------------------+

¦ General Settings ¦

+---------------------------------------------¦

¦-> Network Configurations :Incomplete ¦

¦ Disk Configurations :Incomplete ¦

¦ Print Configuration ¦

¦ Previous Menu (p) ¦

¦ Main Menu (m) ¦

¦ Exit (e) ¦

+---------------------------------------------+

 

要求されたオプションのいずれかが不十分な場合は、次の内容が表示されます。

Some of the configurations are still incomplete.
Do you want to go back and complete them (y/n) [y]:
 

Enter を押してメイン メニューに戻り、要求されたオプションの設定を完了するか、 n と入力して、要求されたオプションの設定を完了せずに Setup ユーティリティ セッションを終了します。

m

サブメニューからメイン メニューに戻ります。

p

サブメニューから直前のメニューに戻ります。

Enter

強調表示されたメニュー オプションを選択するか、または表示されているデフォルト オプションを選択します。

上矢印

カーソルを 1 行上に移動します。

下矢印

カーソルを 1 行下に移動します。

スタンドアロン Content Engine のアドレッシング方式の決定

スタンドアロン デバイスとして Content Engine の初期設定を開始するときは、事前にこの Content Engine で使用されるアドレッシング方式を決めておくことが必要です。ACNS 5.x ソフトウェアを実行しているスタンドアロン Content Engine でサポートされる次の 2 つのアドレッシング方式は、相互に排他的です。

スタティック IP アドレスとネットワーク マスクを手動で指定する。

インターフェイス レベルの DHCP アドレッシング方式を使用して、IP アドレスを動的に割り当てる。


) インターフェイス レベルの DHCP またはスタティック IP アドレスを使用して、Content Engine のインターフェイスを設定する前に、Content Engine で自動登録をディセーブルにしておく必要があります。Setup ユーティリティを使用して自動登録をディセーブルにする方法については、「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」ステップ 1 を参照してください。


Content Engine 上でインターフェイス レベルの DHCP をイネーブルにしていない場合には、Content Engine のスタティック IP アドレスとネットワーク マスクを指定する必要があります。Content Engine をネットワークの別の部分にある他の場所に移動した場合には、Content Engine の新しい スタティック IP アドレスとネットワーク マスクを手動で入力する必要があります。

DHCP をイネーブルにし、Setup ユーティリティを使用してスタンドアロン Content Engine を設定するには、プロンプトに従って、y と入力します(Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定ステップ 7を参照)。

Do you want to enable DHCP on this interface? (y/n) [y]:y
 

(Setup ユーティリティではなく)CLI 方式を使用してスタンドアロン Content Engine を設定する場合には、 ip address dhcp インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、スタンドアロン Content Engine 上でインターフェイス レベルの DHCP をイネーブルにします。

スタンドアロン Content Engine のデバイス ネットワーク設定パラメータの概要

ご使用のネットワーク上にスタンドアロン Content Engineを配置するには、最初に Content Engine 上で一連のネットワーク パラメータを設定する必要があります。これらのパラメータを、まとめて デバイス ネットワーク パラメータ と呼びます。スタンドアロン Content Engine にデバイス ネットワーク パラメータを設定すると、Content Engine をネットワーク上でアクティブにできます。

基本設定を行う前に、次のデバイス ネットワーク設定パラメータを用意しておく必要があります。

Content Engine のホスト名。たとえば、Content Engine に CE7305 という名前を割り当てると、プロンプトは次のように表示されます。

CE7305(config)#)
 

インターネット プロトコル(IP)のドメイン名(cisco.comなど)

管理者パスワード

Content Engine の IP アドレス

Content Engine にスタティック IP アドレスを割り当てる場合には(図4-6 に示す 10.0.1.2 など)、IP アドレスのネットワーク マスク(255.255.255.0 など)も割り当てる必要があります。


ヒント 手動でスタティック IP アドレスおよびネットワーク マスクを Content Engine に割り当てる方法ではなく、インターフェイス レベルの DHCP を使用して、動的に IP アドレスを割り当てる方法もあります。

デフォルト ゲートウェイ(図4-6では、アドレス 10.0.1.1 のルータが Content Engine のデフォルト ゲートウェイ)

DNS ネーム サーバ(図4-6 では、Content Engine は、ドメイン名解決にアドレス 172.16.0.2 の DNS サーバを使用)

図4-6 スタンドアロン Content Engine のデバイス ネットワーク パラメータの設定

 


) この章の後半では、デバイス ネットワーク設定とディスク設定の両方を、まとめて一般設定としています。


ACNS 5.x ソフトウェアには、Network Attached Storage(NAS)デバイスと通信するために、Common Interface File System(CIFS)クライアントおよび Network File System(NFS; ネットワーク ファイル システム)クライアントが提供されています。詳細は、「ネットワーク接続ストレージ デバイスへのマウント」 を参照してください。

CLI コマンド方式を使用したスタンドアロン Content Engine の一般設定

(Setup ユーティリティではなく)CLI コマンド方式を使用してスタンドアロン Content Engine の一般設定を行う手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine のコンソール接続を開き、スーパーユーザ権限を持つACNS システム アカウントを使用して、Content Engine CLI にログインします(Telnet またはコンソール セッションによるスタンドアロン Content Engine へのログインを参照)。

ステップ 2 イネーブル EXEC モードからグローバル コンフィギュレーション モードを開始し、スタンドアロン Content Engine の一般設定値を指定します。

CE# config
 

ステップ 3 Content Engine にイーサネット インターフェイスを設定します。次のいずれかを実行する必要があります。

(このインターフェイスで DHCP を有効にせず)スタティック IP アドレスとネットワーク マスクを指定するには、次のコマンドを入力します。

CE(config)# interface {FastEthernet | GigabitEthernet} slot/port
ip address ip-address netmask
 

インターフェイス レベル DHCP をイネーブルにするには、次のコマンドを入力します。

CE(config)# interface {FastEthernet | GigabitEthernet}
slot/port ip address dhcp
 

インターフェイス レベル DHCP を使用して、ご使用のイーサネット インターフェイスを設定すると、このスタンドアロン Content Engine のデバイス ネットワーク設定パラメータの残りが自動的に設定され、デバイス ネットワーク設定パラメータの設定が終了します。手動でスタティック IP アドレスを割り当てる場合には、 ip default-gateway ip name-server hostname ip domain-name primary-interface グローバル設定コマンドを使用して、残っているデバイス ネットワーク設定パラメータを指定します。ディスク スペースを設定するには、Content Engine CLI コマンドの disk config sysfs グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。


 

Setup ユーティリティの起動

Setup ユーティリティは、次の方法で起動できます。

CLI プロンプトから setup イネーブル EXEC コマンドを入力し、任意に手動で起動する

デバイスの初期起動時に自動的に起動する


) ACNS ソフトウェアを実行する Content Engine には、1 つのスーパーユーザ アカウント(ルート管理者)が事前定義されています。Setup ユーティリティを起動するには、この事前定義されたアカウントを使用します。この事前定義スーパーユーザ アカウントのユーザ名は admin、デフォルトのパスワードは default です。他の ACNS システム管理者がこれらのデフォルトを変更している場合は、変更後のユーザ名とパスワードを入手する必要があります。


手動での Setup ユーティリティの起動

デバイス ネットワーク設定パラメータが定義されたスタンドアロン Content Engine 上で Setup ユーティリティを手動で起動する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スーパーユーザ権限をもつログイン アカウントを使用して、Telnet または Secure Shell(SSH; セキュア シェル)Version 1 または Version 2 を使用して、Content Engine CLI にログインします。


) Content Engine CLI へのログインの詳細は、「Telnet またはコンソール セッションによるスタンドアロン Content Engine へのログイン」 を参照してください。CLI モードの詳細は、「スタンドアロン Content Engine のための ACNS ソフトウェア CLI コマンド モード」 を参照してください。


ステップ 2 1 つまたは複数の一般的に使用されるキャッシング サービス(表4-2 を参照)を設定するために、Setup ユーティリティを手動で起動します。

ContentEngine# setup
 

このスタンドアロン Content Engine の現在の基本設定が表示されます。

また、基本設定には、一般的に使用されているキャッシング サービスのうち、Content Engine に設定済みであるサービスが示されます。この例では、現在、Content Engine に HTTP プロキシ キャッシング サービスだけが設定されています。

Here is the current profile of this device
 
CDN device : No
HTTP Proxy Caching : Yes
HTTP Tranparent Caching : No
HTTP Reverse Proxy Caching : No
WMT Proxy Caching : No
WMT Transparent Caching : No
Real Media Proxy Caching : No
Real Media Transparent Caching: No

) 表示される基本設定から、Content Engine が CDN デバイスではないことがわかります。スタンドアロン Content Engine は、Content Distribution Manager に意図的に登録されないからです。


スタンドアロン Content Engine の基本設定を変更するには、次のように表示されたときに、 y と入力します。

Do you want to change this (y/n) [n]:y
 

Setup ユーティリティを使用して、Content Engine の基本設定を行う、または変更する方法の詳細は、「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」 を参照してください。


 

Setup ユーティリティの自動起動

デバイスの初期起動時に、Setup ユーティリティを自動的に起動する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine の電源を入れると、コンソール接続が始まります。

Content Engine 上でこれらのデバイス ネットワーク設定パラメータを初期設定するには、Telnet セッションではなくコンソール接続を使用する必要があります。ただし、一度コンソール接続を使用して、デバイス ネットワーク設定パラメータを指定すると、その後Telnet セッションを使用して、この Content Engine 上の以後のコンフィギュレーション タスクを実行できるようになります。コンソール接続の詳細は、「Telnet またはコンソール セッションによるスタンドアロン Content Engine へのログイン」 を参照してください。

オペレーティング システムの起動が終わると、次のプロンプトが表示されます。

ACNS boot:detected no saved system configuration
Do you want to enter basic configuration now?
hit RETURN to enter basic configuration:0019
 

このプロンプトが表示されると、30 秒のカウント ダウンが開始され、その間に、Setup ユーティリティを起動できます。

ステップ 2 Enter を押します。

ステップ 3 プロンプトに管理者パスワードを入力し、 Enter を押します。

admin password:
 

これは、事前定義されたスーパーユーザ アカウントなので、パスワードは大文字と小文字が区別されます。このパスワードには、任意の印刷可能文字を含めることができます。デフォルトでは、ユーザ名は admin 、パスワードは default です。管理者パスワードは 20 文字まで設定でき、大文字と小文字を区別します。ファームの各 Content Engine に、パスワードを設定しておく必要があります。 Enter を押す前に、パスワードを入力する必要があります。

ステップ 4 プロンプトに管理者パスワードを再入力し、 Enter を押します。

re-enter password:
 

Setup ユーティリティが自動的に起動して、この特定のデバイスのデバイス モードを指定するためのプロンプトが表示されます。デバイス モードの変更(CE-565 など)をサポートする Content Engine 上で Setup ユーティリティを起動すると、この特定のデバイスのデバイス モードを指定するためのプロンプトが表示されます。

ステップ 5 プロンプトが表示された場合、 Enter を押すか、または CE と入力して、スタンドアロン Content Engine の Content Engine デバイス モードを指定します。

What is the mode of the device (CE/CR/CDM/PM) [CE]: CE
 

ステップ 6 プロンプトに no と入力し、Content Engine が Content Distribution Manager によって管理されないことを指定します。

Is this CE going to be managed by a CDM (Content Distribution Manager)
(y/n) [y]: no

デバイスの初回起動後に Setup ユーティリティを使用する方法については、「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」 を参照してください。


 

Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定

Setup ユーティリティを使用して、スタンドアロン Content Engine の基本設定を行う手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Setup ユーティリティを起動します。

デバイスを初回起動する場合の手順は、次のとおりです。

デバイスの電源を入れて、コンソール接続を開くと、自動的に Setup ユーティリティが起動します(詳細は、「Setup ユーティリティの自動起動」 を参照してください)。

デバイス モードの変更(CE-565 など)をサポートする Content Engine 上で Setup ユーティリティを起動すると、特定のデバイスのデバイス モードを指定するためのプロンプトが表示されます。プロンプトが表示されたら、 Enter を押すか、または CE と入力して、スタンドアロン Content Engine の Content Engine デバイス モードを指定します。

What is the mode of the device (CE/CR/CDM/PM) [CE]: CE
 

プロンプトに n を入力し、Content Engine が Content Distribution Manager によって管理されないことを指定します。

Is this CE going to be managed by a CDM (Content Distribution Manager)
(y/n) [y]:n
 

デフォルトでは、Content Engine の自動登録がイネーブルに設定されています。
Content Engine は、自動登録がイネーブルになっている場合、自動的に検索を行って、ネットワーク上の Content Distribution Manager への登録を行います。Content Engine を Content Distribution Manager に登録せずに スタンドアロン デバイスとして配置する場合には、 n を入力し、Content Engine の自動登録をディセーブルにする必要があります。


) (Setup ユーティリティではなく)CLI 方式を使用してスタンドアロン Content Engine を設定する場合には、no auto-register enable グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、手動で自動登録をディセーブルにします。


ステップ 2 に進みます。

スタンドアロン Content Engine が ACNS 5.4 ソフトウェアを実行していて、すでに基本設定の一部が完了している場合の手順は、次のとおりです。

手動で Setup ユーティリティを起動します。起動方法は、「手動での Setup ユーティリティの起動」 を参照してください。

ステップ 2 に進みます。

ステップ 2 プロンプトが表示されたら、 Enter を押すか、または y と入力して、スタンドアロン Content Engine に、一般的に使用されるキャッシング サービス(7 タイプ)のうちの 1 つまたは複数のサービスを設定することを指示します。

Do you want to configure this CE for doing HTTP Proxy Caching (y/n) [y]:y
 
Do you want to configure this CE for doing HTTP Transparent Caching
using WCCP (y/n) [y]:
y
 
Do you want to configure this CE for doing HTTP Reverse Proxy Caching
using WCCP (y/n) [y]:
y
 
Do you want to configure this CE for doing WMT Proxy Caching (y/n) [y]:y
 
Do you want to configure this CE for doing WMT Transparent Caching
using WCCP (y/n) [y]:
y
 
Do you want to configure this CE for doing Real Media Proxy Caching (y/n) [y]:y
 
Do you want to configure this CE for doing Real Media Transparent Caching
using WCCP (y/n) [y]:
y
 

スタンドアロン Content Engine の Setup ユーティリティのメイン メニューが表示され、このメニューの General Settings メニュー オプションが強調表示されます。次の例では、General Settings および Caching Related Configurations が現在、「Incomplete」になっています。

 
+-----------------------------------------------------+
¦ Main Menu ¦
+-----------------------------------------------------¦
¦-> General Settings :Incomplete ¦
¦ Caching Related Configurations :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Exit (e) ¦
+-----------------------------------------------------+
 
Main Menu
 
Configure network settings, disks, etc
Press '?' to see why this item is incomplete
 

) Content Engine の設定の一部(デバイス ネットワーク設定、ディスク設定、HTTP プロキシ キャッシングなど)がすでに完了しているため、スタンドアロン Content Engine の Setup ユーティリティを手動で起動した場合でも、これらの設定のステータスは「Incomplete」と表示されます。Setup メニューで設定を「Complete」として表示するには、最初に Setup ユーティリティを使用して、デフォルト値(現在の設定値)を受け入れる必要があります。(値を入力するプロンプトに、現在の設定値がデフォルト値として表示されます。Enter を押して、デフォルト値を受け入れます。)


ステップ 3 一般設定値(デバイス ネットワーク設定およびディスク設定)がすでに Content Engine に設定されている場合は、ステップ 10 に進み、Content Engine に 1 つまたは複数の一般的に使用されるキャッシング サービスを設定します。それ以外の場合は、ステップ 4ステップ 9 を実行し、スタンドアロン Content Engine の一般設定を行います。

ステップ 4 メイン メニューで、 Enter を押して、強調表示されている General Settings メニュー オプションを選択します。General Settings サブメニューが表示され、Network Configurations オプションが強調表示されます。

 
+---------------------------------------------+
¦ General Settings ¦
+---------------------------------------------¦
¦-> Network Configurations :Incomplete ¦
¦ Disk Configurations :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Previous Menu (p) ¦
¦ Main Menu (m) ¦
¦ Exit (e) ¦
+---------------------------------------------+
 
Main Menu
---> General Settings
Configure IP address, default gateway, name servers, domain name, etc
Press '?' to see why this item is incomplete
 
 

ステップ 5 Enter を押して、強調表示されている Network Configurations メニュー オプションを選択します。

次の警告が表示されます。

WARNING: Changing any of the network settings from a
telnet session may render the device inaccessible on
the network. Therefore it is suggested that you have
access to the console before modifying the network settings.
 

ステップ 6 警告表示後に、この Content Engine を初期設定する場合にはインターフェイス識別子を選択するようにプロンプトが表示されます。インターフェイス識別子を入力します(たとえば、 1 と入力して、ギガビット イーサネット 1/0 インターフェイスを指定します)。

Please choose an interface to configure from the following list:
1: GigabitEthernet 1/0
2: GigabitEthernet 2/0
 
Enter choice:1
Press the ESC key at any time to quit this session
 

) 以降で、CLI コマンドを使用して、Content Engine にインターフェイスを追加設定できます。設定方法は、「追加のネットワーク インターフェイスの設定」 を参照してください。


ステップ 7 インターフェイス ID を指定すると、この特定のインターフェイス上でインターフェイス レベルの DHCP をイネーブルにするかどうかを問い合わせる質問が表示されます。

インターフェイス上で DHCP をイネーブルにしない場合には、ステップ 8 に進みます。

インターフェイス上で DHCP をイネーブルにする場合には、次のプロンプトに y と入力します。

Do you want to enable DHCP on this interface? (y/n) [y]:y
 
Based on the input, the following CLIs will be configured:
 
interface GigabitEthernet 1/0
ip address dhcp
exit
 
Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

もう一度、y を入力して設定を受け入れると、デバイス ネットワーク設定パラメータの残りがこの Content Engine 用に自動的に設定されます。Setup ユーティリティのメイン メニューが表示され、Content Engine のデバイス ネットワーク設定パラメータ(Network Configuration)が「Complete」になります。ステップ 9 に進みます。

ステップ 8 スタティック IP アドレス方式を使用して設定プロセスを続行する(および Content Engine 上でインターフェイス レベルの DHCP をイネーブルにしない)手順は、次のとおりです。

a. プロンプトに、 n と入力します。

Do you want to enable DHCP on this interface? (y/n) [y]:n
 

b. ローカル IP アドレスのプロンプトが表示されたら、スタティック IPアドレス(10.0.1.2 など)を指定します。

Please enter the IP address of this interface:10.0.1.2
 

c. プロンプトに、ネットワーク マスク(255.255.255.0 など)を指定します。

Please enter the netmask of this interface:255.255.255.0
 

d. プロンプトに、ゲートウェイの IP アドレス(10.0.1.1 など)を指定します。

Please enter the default gateway:10.0.1.1
 

e. プロンプトに、DNS サーバの IP アドレス(172.16.0.2 など)を指定します。

Please enter the domain name server IP:172.16.0.2
 

f. プロンプトに、Content Engine の IP ドメイン名(cisco.com など)を指定します。

Please enter the domain name:cisco.com
 

g. プロンプトに、Content Engine のホスト名(CE7305 など)を指定します。

Please enter the hostname:CE7305
 

入力に基づいて設定される CLI コマンドを示すメッセージが表示されます。

Based on the input, the following CLIs will be configured:
 
interface GigabitEthernet 1/0
ip address 10.0.1.2 255.255.255.0
exit
ip default-gateway 10.0.1.1
ip name-server 172.16.0.2
ip domain-name cisco.com
hostname CE7305
 

h. プロンプトに y と入力して、スタンドアロン Content Engine のネットワーク設定を保存します。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

メイン メニューが表示され、スタンドアロン Content Engine のデバイス ネットワーク設定(Network Configuration)が完了したことが示されます。


) これで、Content Engine のデバイス ネットワーク パラメータの設定が完了し、Content Engine はスタンドアロンになります。次のステップでは、スタンドアロン Content Engine にディスク スペースを設定します。ステップ 9 に進みます。


ステップ 9 スタンドアロン Content Engine にディスクを設定する手順は、次のとおりです。

a. メイン メニューから、General Settings オプションを選択します。表示された General Settings サブメニューから、Disk Configurations オプションを選択します。スタンドアロン Content Engine の現在のストレージ割り当てが、次のように表示されます。

Here is the current storage allocation scheme:
SYSFS 29.9GB
CFS 0.0GB
MEDIAFS 0.0GB 0.0% (from-unused)
CDNFS 1.0GB
 
Do you want to change this (y/n) [n]:
 

ACNS ソフトウェアのディスク スペースは、ディスク単位ではなく、ファイル システム単位で割り当てられます。ディスク ストレージ全体の割り当ては、使用するクライアント プロトコルの種類、および次の表に示す各機能に必要なストレージ容量に応じて設定します。

 

ディスク ストレージのタイプ
機能

sysfs(システム ファイル システム)

トランザクション ログ、Syslog、および内部デバッグ ログを含むログ ファイルが保存されます。また、イメージ ファイル、およびコンフィギュレーション ファイルも保存されます。

cfs(キャッシュ ファイル システム)

HTTP オブジェクトおよび FTP オブジェクトをキャッシュします。

mediafs(メディア ファイル システム)

2 つのストリーミング プロトコル(RTSP および WMT)を使用して取得するコンテンツをキャッシュします。デフォルトでは、mediafs スペースの 30 % が RTSP ストリーミング コンテンツ用、70 パーセントが WMT ストリーミング コンテンツ用に予約されます。

b. プロンプトに y と入力し、Content Engine の現在のストレージの割り当てを変更します。

Do you want to change this (y/n) [n]:y
 
The following questions will prompt you how the available
storage is to be allocated to different file systems.
You can either enter an absolute amount of storage in
GB or MB, or a percentage of the available storage.
In the former case, the desired amount should be entered
followed by either 'GB' or 'MB', and in the latter case,
the number should be followed by '%'
 

c. プロンプトに、sysfs に割り当てるストレージ容量を入力します。たとえば、 2GB と入力します。

Please enter the amount of storage to be allocated
to SYSFS (This file system is used for storing user
and logging files; at least 1GB required):2GB
 

d. プロンプトに、cfs に割り当てるストレージ容量を入力します。たとえば、 20MB と入力します。

Please enter the amount of storage to be allocated
to CFS (This file system is used for storing HTTP
objects):20MB
 

e. プロンプトに、 0GB または 0% と入力して、ACNS ネットワーク ファイル システム(cdnfs)にはストレージを割り当てないことを指定します。

Please enter the amount of storage
to CDNFS (This file system is used for
prepositioned content):0GB
 

) cdnfs には、ストレージを割り当てる必要はありません。これは、このファイル システムは登録されている Content Engine の事前配信コンテンツを保存するために使用されるからです。スタンドアロン Content Engine のコンテンツは事前配信できません。ただし、以降でスタンドアロン Content Engine 上にコンテンツを事前にロードできます。詳細は、「スタンドアロン Content Engine の事前コンテンツ ロードの設定」 を参照してください。


f. プロンプトに、mediafs に割り当てるストレージ容量を入力します。スタンドアロン Content Engine 上で WMT キャッシングまたは RTSP キャッシングをイネーブルにする予定がある場合には、mediafs 用のストレージを割り当てる必要があります。たとえば、 10MB と入力します。

Please enter the amount of storage to be allocated
to MEDIAFS (This file system is used for storing WMT
and Real media content):10MB
 

スタンドアロン Content Engine に割り当てる新しいディスク設定が、次のように表示されます。

Here is the new disk configuration:
 
SYSFS 2GB
CFS 20MB
CDNFS 0GB
MEDIAFS 10MB
 

g. プロンプトに y と入力し、新しいディスク設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

General Settings のサブメニューが表示され、Disk Configurations オプションが「Complete」になります。これで、スタンドアロン Content Engine の一般設定(ネットワーク設定およびディスク設定)は完了です。

 
+---------------------------------------------+
¦ General Settings ¦
+---------------------------------------------¦
¦-> Network Configurations :Complete ¦
¦ Disk Configurations :Complete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Previous Menu (p) ¦
¦ Main Menu (m) ¦
¦ Exit (e) ¦
+---------------------------------------------+
 
Main Menu
---> General Settings
 
Configure IP address, default gateway, name servers, domain name, etc
 

ステップ 10 スタンドアロン Content Engine に、1 つまたは複数の一般的に使用されるキャッシング サービス(表4-2 を参照)を設定します。

a. 次のいずれかの方法で、Caching Related Configurations サブメニューを表示します。

General Settings サブメニューから、 Main Menu オプションを選択して、メイン メニューに戻ります。Content Engine には、まだキャッシング サービスが設定されていないので、Caching Related Configurations メニュー オプションは現在「Incomplete」と表示されています。

メイン メニューから、 Caching Related Configurations オプションを選択して、Content Engine に 1 つまたは複数の一般的に使用されるキャッシング サービスを設定します。Caching Related Configurations サブメニューが、選択されているキャッシング サービスのリストとともに表示されます。まだ設定が完了していないので、次の例では、すべてのキャッシング サービスが「Incomplete」です。

 
+-----------------------------------------------------+
¦ Caching Related Configurations ¦
+-----------------------------------------------------¦
¦-> HTTP Caching :Incomplete ¦
¦ WMT Caching :Incomplete ¦
¦ Real Media Caching :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Previous Menu (p) ¦
¦ Main Menu (m) ¦
¦ Exit (e) ¦
+-----------------------------------------------------+
 
Main Menu
---> Caching Related Configurations
Configure HTTP Caching
 

b. スタンドアロン Content Engine に HTTP キャッシングを設定するには、ステップ 11 を実行します。

c. スタンドアロン Content Engine に WMT キャッシングを設定するには、ステップ 15 を実行します。

d. スタンドアロン Content Engine に RealMedia キャッシングを設定するには、ステップ 18 を実行します。

ステップ 11 HTTP キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. Caching Related Configurations サブメニューから、HTTP Caching オプションを選択します。

使用可能な HTTP キャッシング サービスのオプションを示す、HTTP Caching サブメニューが表示されます。次の例では、3 つすべての HTTP キャッシング サービス(HTTP プロキシ キャッシング、HTTP 透過キャッシング、HTTP リバース プロキシ キャッシング)を、Content Engine に設定します。

 
+-------------------------------------------------+
¦ HTTP Caching ¦
+-------------------------------------------------¦
¦-> HTTP Proxy Caching :Incomplete ¦
¦ HTTP Transparent Caching :Incomplete ¦
¦ HTTP Reverse Proxy Caching :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Previous Menu (p) ¦
¦ Main Menu (m) ¦
¦ Exit (e) ¦
+-------------------------------------------------+
 
Main Menu
---> Caching Related Configurations
---> HTTP Caching
 
Configure this CE for doing HTTP Proxy caching

b. HTTP プロキシ キャッシングを設定するには、ステップ 12 を実行します。

c. WCCP を使用した HTTP 透過キャッシングを設定するには、ステップ 13 を実行します。

d. HTTP リバース プロキシ キャッシングを設定するには、ステップ 14 を実行します。

ステップ 12 HTTP プロキシ キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. HTTP Caching サブメニューから、HTTP Proxy Caching オプションを選択します。

b. プロンプトに、クライアント ブラウザからのプロキシ スタイル HTTP 要求を受信する着信プロキシ ポートを指定します。このスタンドアロン Content Engine が着信プロキシ スタイルの HTTP 要求を受け入れるポート番号は複数あります。Content Engine が要求されたコンテンツを要求元(クライアント ブラウザ)に配信するために使用するポートも複数あります。HTTP プロキシ キャッシングの場合、スタンドアロン Content Engine はクライアント ブラウザから HTTP 要求を直接受信する、非透過フォワード プロキシ サーバとして機能しています。

着信プロキシ ポート番号は、1 ~ 65535 です。着信プロキシ ポート番号は、スペースで区切ることにより、最大 8 つ指定できます。着信プロキシ ポートは、スタンドアロン Content Engine で使用可能な透過モード サービス(HTTP 透過キャッシングなど)が使用するポートと同一です。

Please enter all the HTTP Proxy incoming ports
(up to 8, separated by spaces) [80 8080]:80 8080 8081
 

設定済みの CLI コマンドのリストが表示され、この設定を保存するプロンプトが表示されます。y と入力して、この設定を受け入れます。

Based on the input, the following CLIs will be configured:
http proxy incoming 80 8080 8081
 

c. プロンプトに y と入力して、この設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

指定した設定パラメータが保存され、HTTP キャッシング サブメニューが再表示されます。HTTP Proxy Caching オプションは、「Complete」になります。Content Engine を HTTP プロキシ サーバとしてクライアント ブラウザの直接の宛先にするには、クライアント ブラウザの設定が必要であることに注意してください。詳細は、「スタンドアロン Content Engine をクライアント ブラウザの直接の宛先として指定」 を参照してください。

ステップ 13 WCCP を使用した HTTP 透過キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. HTTP Caching サブメニューから、HTTP Transparent Caching オプションを選択します。

b. プロンプトに、スタンドアロン Content Engine のポート 80 だけに HTTP 要求を透過的にリダイレクトする WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスを指定するか、Enter を押してデフォルト ゲートウェイを使用します。この例では、デフォルト ゲートウェイ(Content Engine のデフォルト ゲートウェイとして指定された WCCP Version 2 対応ルータ)の IP アドレスは、10.0.1.1 です。

Please enter the IP addresses of WCCP routers [10.0.1.1]:
 

c. y と入力して、Content Engine の HTTP 透過キャッシングをイネーブルにします。

Do you want to enable HTTP transparent caching (y/n) [y]:y
 

WCCP Version 2 対応ルータ上に web キャッシュ サービス(WCCP service 0)を設定する必要があることを示すメッセージとともに、設定された CLI コマンドのリストが表示されます。

NOTE: Please remember to configure web-cache service on the router.
Based on the input, the following CLIs will be configured:
 
wccp router-list 1 10.0.1.1
wccp version 2
wccp web-cache router-list 1
 

d. y と入力して、この設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

指定した設定パラメータが保存され、HTTP キャッシング サブメニューが再表示されます。HTTP Transparent Caching オプションは、「Complete」になります。WCCP Version 2 対応ルータに web キャッシュ サービス(WCCP service 0)を設定する必要があることに注意してください。詳細は、「ルータでの WCCP サービスの設定」 を参照してください。

ステップ 14 WCCP を使用した HTTP リバース プロキシ キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. HTTP Caching サブメニューから、HTTP Reverse Proxy Caching オプションを選択します。

b. プロンプトに、Content Engine にリバース プロキシ パケットをリダイレクトする WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスを指定するか、または Enter を押して、デフォルト ゲートウェイ(IP アドレスが 10.0.1.1 の WCCP Version 2 対応ルータなど)を使用します。

Please enter the IP addresses of WCCP routers [10.0.1.1]:
 

c. y と入力して、Content Engine の HTTP リバース プロキシ キャッシングをイネーブルにします。

Do you want to enable HTTP reverse proxy caching (y/n) [y]:y
 

WCCP Version 2 対応ルータに WCCP サービス 99(リバース プロキシ キャッシング)を設定する必要があることを示すメッセージとともに、設定された CLI コマンドのリストが表示されます。

NOTE: Please remember to configure service 99 on the router.
Based on the input, the following CLIs will be configured:
 
wccp router-list 1 10.0.1.1
wccp version 2
wccp reverse-proxy router-list 1
 

d. y と入力して、この設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

指定した設定パラメータが保存され、HTTP キャッシング サブメニューが再表示されます。HTTP Reverse Proxy Caching オプションは、「Complete」になります。WCCP Version 2 対応ルータにリバース プロキシ キャッシング サービス(WCCP service 99)を設定する必要があることに注意してください。詳細は、「ルータでのリバース プロキシ サービス(サービス 99)の設定」 を参照してください。

ステップ 15 WMT キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. 次のいずれかの方法で、WMT Caching サブメニューを表示します。

HTTP Caching サブメニューから Previous Menu オプションを選択し、Caching Related Configurations サブメニューから WMT Caching オプションを選択します。

Caching Related Configurations サブメニューから、WMT Caching オプションを選択します。

メイン メニューから Caching Related Configurations オプションを選択し、Caching Related Configurations サブメニューから WMT Caching オプションを選択します。

次の例では、スタンドアロン Content Engine に、両方の WMT キャッシング サービス(WMT プロキシ キャッシングと WMT 透過キャッシング)を設定します。

 
+----------------------------------------------+
¦ WMT Caching ¦
+----------------------------------------------¦
¦-> WMT Proxy Caching :Incomplete ¦
¦ WMT Transparent Caching :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Previous Menu (p) ¦
¦ Main Menu (m) ¦
¦ Exit (e) ¦
+----------------------------------------------+
 
Main Menu
---> Caching Related Configurations
---> WMT Caching
 
Configure this CE for doing WMT Proxy caching
 

b. WMT プロキシ キャッシングを設定するには、ステップ 16 を実行します。

c. WCCP Version 2 を使用した WMT 透過キャッシングを設定するには、ステップ 17 を実行します。

ステップ 16 WMT プロキシ キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. WMT Caching サブメニューから、WMT Proxy Caching オプションを選択します。

b. Content Engine に、WMT ライセンスがすでにインストールされている場合は、次のプロンプトに、n を入力します。

WMT license key is already installed. Do you want to install
a different license key (y/n) [n]:n
 

それ以外の場合には、WMT ライセンス キーがあるかどうかを指定します。WMT 製品の Cisco ライセンス キーがある場合は、y と入力します。ライセンス キーがない場合には、n と入力し、スタンドアロン Content Engine 上で WMT 機能の評価版ライセンスを使用します。

Do you have the license key for WMT (y/n) [y]:n
Do you want to evaluate WMT (y/n) [y]:y
 

) Setup ユーティリティを使用して WMT プロキシ キャッシングを設定すると、Content Engine が着信 WMT 要求を待ち受けるポートとして、自動的にデフォルト ポート(ポート 1755)が設定されます。


設定された CLI コマンドのリストが表示され、この設定を保存するプロンプトが表示されます。評価版ライセンスを使用して Content Engine の WMT をイネーブルにすると、作成済みの CLI コマンド リストに wmt evaluate コマンドが含まれます。Cisco WMT ライセンスを使用した場合は、wmt evaluate ではなく、wmt license-key コマンドがリストされます。

Based on the input, the following CLIs will be configured:
wmt evaluate
wmt accept-license-agreement
wmt enable
 

c. プロンプトに y と入力して、この設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

指定した設定パラメータが保存され、WMT Caching サブメニューが再表示されます。WMT Proxy Caching オプションは、「Complete」になります。Content Engine をプロキシ サーバとして直接の宛先にするには、エンド ユーザのデスクトップ上で Windows Media Player を設定する必要があることに注意してください。詳細は、「Windows Media Player に WMT MMS 要求の直接の宛先としてスタンドアロン Content Engine を指定」 を参照してください。


ヒント また、Content Engine CLI を使用して、以降で Content Engine に WMT ストリーミングを設定することもできます。詳細は、「スタンドアロン Content Engine の WMT ストリーミング メディア サービスの設定」 を参照してください。

ステップ 17 WMT 透過キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. WMT Caching サブメニューから、WMT Transparent Caching オプションを選択します。

b. プロンプトに、WMT 要求を Content Engine にリダイレクトする WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスを指定します。Enter を押して、デフォルト ゲートウェイを使用するか、または WMT 要求を Content Engine にリダイレクトする他の WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスを入力します。この例では、デフォルト ゲートウェイ(Content Engine のデフォルト ゲートウェイとして指定された WCCP Version 2 対応ルータ)の IP アドレスは、10.0.1.1 です。

Please enter the IP addresses of WCCP routers [10.0.1.1]:
 

c. Content Engine に、WMT ライセンスがすでにインストールされている場合は、次のプロンプトに、n を入力します。

WMT license key is already installed. Do you want to install
a different license key (y/n) [n]:n
 

それ以外の場合には、WMT ライセンス キーがあるかどうかを指定します。WMT 製品の Cisco ライセンス キーがある場合は、y と入力します。ライセンス キーがない場合には、n と入力し、スタンドアロン Content Engine 上で WMT 機能の評価版ライセンスを使用します。

Do you have the license key for WMT (y/n) [y]:n
Do you want to evaluate WMT (y/n) [y]:y
 

d. 次のプロンプトに y と入力して、Content Engine の WMT 透過キャッシングをイネーブルにします。

Do you want to enable WMT transparent caching (y/n) [y]:y
 

WCCP Version 2 対応ルータに mmst サービス(service 81)および mmsu サービス(service 82)を設定する必要があること示すメッセージとともに、設定された CLI コマンドのリストが表示されます。評価版ライセンスを使用して Content Engine の WMT をイネーブルにすると、設定済みの CLI コマンドのリストに、wmt evaluate コマンドが含まれます。Cisco WMT ライセンスを使用した場合、wmt evaluate ではなく、wmt license-key コマンドがリストされます。

NOTE: Please remember to configure services 81 and 82 on the router.
Based on the input, the following CLIs will be configured:
wmt evaluate
wmt accept-license-agreement
wmt enable
wccp router-list 1 10.0.1.1
wccp version 2
wccp wmt router-list 1
 

e. プロンプトに y と入力して、この設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

指定した設定パラメータが保存され、WMT Cashing サブメニューが表示されます。WMT Transparent Caching オプションは、「Complete」になります。WCCP Version 2 対応ルータに WCCP サービス 81(mmst サービス)および 82(mmsu サービス)を設定する必要があることに注意してください。詳細は、「ルータでの MMST サービス(サービス 81)の設定」 および 「ルータでの MMSU サービス(サービス 82)の設定」 を参照してください。

ステップ 18 RealMedia キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. 次のいずれかの方法で、RealMedia Caching サブメニューを表示します。

WMT Caching サブメニューから Previous Menu オプションを選択し、Caching Related Configurations サブメニューから WMT Caching オプションを選択します(下記参照)。

Caching Related Configurations サブメニューから、Real Media Caching オプションを選択します。

メイン メニューから Caching Related Configurations オプションを選択し、Caching Related Configurations サブメニューから Real Media Caching オプションを選択します。

次の例では、スタンドアロン Content Engine に、両方のRealMedia キャッシング サービス(RealMedia プロキシ キャッシングおよび WCCP Version 2 を使用する Real Media 透過キャッシング)を設定します。

 
+-----------------------------------------------+
¦ Real Media Caching ¦
+-----------------------------------------------¦
¦-> Caching :Incomplete ¦
¦ Real Transparent Caching :Incomplete ¦
¦ Print Configuration ¦
¦ Previous Menu (p) ¦
¦ Main Menu (m) ¦
¦ Exit (e) ¦
+-----------------------------------------------+
 
Main Menu
---> Caching Related Configurations
---> Real Media Caching
Configure this CE for doing Real Proxy caching
Press '?' to see why this item is incomplete
 

b. RealMedia プロキシ キャッシングを設定するには、ステップ 19 を実行します。

c. WCCP Version 2 を使用した RealMedia 透過キャッシングを設定するには、ステップ 20 を実行します。

ステップ 19 RealMedia プロキシ キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. RealMedia Caching サブメニューから、Real Proxy Caching オプションを選択します。

b. Content Engine に、RealProxy ライセンスがすでにインストールされている場合は、次のプロンプトに n と入力します。

Real Proxy license key is already installed. Do you
want to install a different license key (y/n) [n]:n
 

それ以外の場合には、RealProxy ライセンス キーがあるかどうかを指定します。Cisco RealProxy ライセンス キーがある場合は、y と入力します。ライセンス キーがない場合は、n と入力し、スタンドアロン Content Engine で RealProxy 評価版ライセンスを使用します(下記参照)。

Do you have the license key for Real Proxy (y/n) [y]:n
Do you want to evaluate Real Proxy (y/n) [y]:y
 

設定された CLI コマンドのリストが表示され、この設定を保存するプロンプトが表示されます。評価版ライセンスを使用して、RealMedia 要求の RTSP プロキシをイネーブルにすると、設定済みの CLI コマンドのリストに rtsp proxy media-real evaluate コマンドが含まれます。

Based on the input, the following CLIs will be configured:
rtsp proxy media-real accept-license-agreement
rtsp proxy media-real enable
rtsp proxy media-real evaluate
 

c. プロンプトに y と入力して、この設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y

) Setup ユーティリティを使用して RealMedia プロキシ キャッシングを設定すると、Content Engine が着信 RealMedia 要求を待ち受けるポートとして、標準 RTSP ポート(デフォルト ポート 554)が設定されます。RTSP ゲートウェイは、RTSP メッセージを受信するスタンドアロン Content Engine上の単一のエントリ ポイントです。RTSP ゲートウェイは、Content Engine 上で動作し、自動的にイネーブルになります。デフォルトでは、RTSP ゲートウェイは着信 RTSP 要求をポート 554 で待ち受けます。RTSP ゲートウェイを設定して、着信 RTSP 要求をデフォルト ポート(ポート 554)以外のポートで待ち受ける場合には、着信 RTSP ポートを変更する必要があります。Content Engine CLI(rtsp port incoming rtsp-gateway-incoming-port-number グローバル コンフィギュレーション コマンド)を使用して、スタンドアロン Content Engine の RTSP 着信ポートを変更する必要があります。詳細は、「RTSP ゲートウェイの基本設定値の設定」 を参照してください。


指定した設定パラメータが保存され、RealMedia Caching サブメニューが再表示されます。RealProxy Caching オプションは、「Complete」になります。Content Engine をプロキシ サーバとして直接の宛先にするには、クライアントのデスクトップ上で RealMedia Player を設定する必要があることに注意してください。詳細は、「スタンドアロン Content Engine を RealMedia Player の直接の宛先として指定」 を参照してください。


ヒント また、以降で、Content Engine に RealMedia ストリーミング(VOD ファイルおよびライブ分割)を設定することもできます。詳細は、「スタンドアロン Content Engine の RealMedia サービスの設定」 を参照してください。

ステップ 20 WCCP を使用した RealMedia 透過キャッシングを設定する手順は、次のとおりです。

a. RealMedia Caching サブメニューから、Real Transparent Caching オプションを選択します。

b. プロンプトに、RealMedia 要求を Content Engine にリダイレクトする WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスを指定します。Enter を押して、デフォルト ゲートウェイを使用するか、または RealMedia 要求を Content Engine にリダイレクトする他の WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスを入力します。この例では、デフォルト ゲートウェイ(Content Engine のデフォルト ゲートウェイとして指定された WCCP Version 2 対応ルータ)の IP アドレスは、10.0.1.1 です。

Please enter the IP addresses of WCCP routers [10.0.1.1]:
 

c. Content Engine に RealProxy ライセンスがすでにインストールされている場合には、次のプロンプトに、n と入力します。

Real Proxy license key is already installed. Do you
want to install a different license key (y/n) [n]:n
 

それ以外の場合には、RealProxy ライセンス キーがあるかどうかを指定します。Cisco RealProxy ライセンス キーがある場合は、y と入力します。ライセンス キーがない場合は、n と入力し、スタンドアロン Content Engine で RealProxy 評価版ライセンスを使用します(下記参照)。

Do you have the license key for Real Proxy (y/n) [y]:n
Do you want to evaluate Real Proxy (y/n) [y]:y
 

d. y と入力して、Content Engine の RealMedia 透過キャッシングをイネーブルにします。

Do you want to enable Real Media transparent caching (y/n) [y]:y
 

WCCP Version 2 対応ルータに rtsp サービス(service 80)を設定する必要があることを示すメッセージとともに、設定された CLI コマンドのリストが表示されます。評価版ライセンスを使用して、RealMedia 要求の RTSP プロキシをイネーブルにすると、設定済みの CLI コマンドのリストに rtsp proxy media-real evaluate コマンドが含まれます。

NOTE: Please remember to configure service 80 on the router.
Based on the input, the following CLIs will be configured:
rtsp proxy media-real accept-license-agreement
rtsp proxy media-real enable
wccp router-list 1 10.0.1.1
wccp version 2
wccp rtsp router-list 1
 

e. プロンプトに y と入力して、この設定を受け入れます。

Do you accept these configs (y/n) [y]:y
 

指定した設定パラメータが保存され、RealMedia Caching サブメニューが再表示されます。Real Transparent Caching オプションは、「Complete」になります。WCCP Version 2 対応ルータに rtsp サービス(service 80)を設定する必要があることに注意してください。詳細は、「ルータでの RTSP サービス(サービス 80)の設定」 を参照してください。


) Content Engine が Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)対応ルータの背後に配置されている場合、RTSP ゲートウェイの IP アドレスも指定する必要があります。Setup ユーティリティで Content Engine の基本設定を完了したあと、Setup ユーティリティを終了し、Content Engine CLI を使用して、RTSP ゲートウェイの IP アドレスを指定できます。RTSP ゲートウェイの IP アドレスを指定するには、rtsp ip-address rtsp-gateway-ip-address グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。使用方法は、「RTSP ゲートウェイの基本設定値の設定」 を参照してください。



 

直接プロキシ ルーティング用のクライアント ブラウザとメディア プレーヤーの設定

スタンドアロン Content Engine に非透過(プロキシ)キャッシングを設定したあと、コンテンツ要求が直接 Content Engine にルーティング(直接プロキシ ルーティング)されるように、クライアント ブラウザおよびメディア プレーヤーを設定する必要があります。クライアント ブラウザまたはメディア プレーヤーの宛先として、非透過プロキシ サーバとして機能しているスタンドアロン Content Engine を指定する方法については、表4-5 を参照してください。

 

表4-5 コンテンツ要求の直接プロキシ ルーティング用のクライアント ブラウザおよびメディア プレーヤーの設定

非透過キャッシング
説明および参照先

HTTP プロキシ キャッシング

スタンドアロン Content Engine をクライアント ブラウザの直接の宛先として指定

HTTPS プロキシ キャッシング

スタンドアロン Content Engine をクライアント ブラウザの直接の宛先として指定

WMT プロキシ キャッシング

Windows Media Player に WMT MMS 要求の直接の宛先としてスタンドアロン Content Engine を指定

Windows Media 9 Player に WMT RTSP 要求の直接の宛先としてスタンドアロン Content Engine を指定

RealMedia プロキシ キャッシング

スタンドアロン Content Engine を RealMedia Player の直接の宛先として指定

スタンドアロン Content Engine をクライアント ブラウザの直接の宛先として指定

非透過キャッシングを使用して、非透過プロキシ サーバとして機能しているスタンドアロン Content Engine にコンテンツ要求を転送する場合、Content Engine をクライアント ブラウザの直接の宛先として設定する必要があります。クライアント ブラウザに Content Engine を指定するには、プロキシ自動設定(PAC)ファイルを使用するか、またはブラウザを手動で設定し、特定のスタンドアロン Content Engine を指定します。

これらの 2 つの方法の詳細については、次の項を参照してください。

「PAC ファイルによるクライアント ブラウザの直接宛先としてのスタンドアロン Content Engine の指定」

「クライアント ブラウザに手動でスタンドアロン Content Engine を指定」

PAC ファイルによるクライアント ブラウザの直接宛先としてのスタンドアロン Content Engine の指定

ACNS 5.x ソフトウェアには、スタンドアロン Content Engine(クライアント ブラウザの非透過フォワード プロキシ サーバ)をクライアント ブラウザの直接の宛先として指定するための PAC ファイルが提供されています。PAC ファイルは、JavaScript で記述された設定ファイルで、ご使用の イントラネット内の FTP サーバに保存されます。PAC ファイルを使用して、スタンドアロン Content Engine をクライアント ブラウザの直接の宛先として指定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 PAC ファイルを作成して、FTP サーバに保存します。

ステップ 2 FTP サーバから、クライアント ブラウザのプロキシ サーバとして動作する Content Engine に、PAC ファイルをダウンロードします。

新しい PAC ファイルをスタンドアロン Content Engine にダウンロードする手順は、次のとおりです。

a. Content Engine 上のプロキシ自動設定をディセーブルにします( no proxy-auto-config enable コマンド)。

b. 新しい PAC ファイルを Content Engine にダウンロードします。


) 自動設定ファイルをディスク/local1 または/local2 のいずれかにダウンロードする前に、これら 2 つのディスク を Content Engine の sysfs ボリュームとして設定する必要があります。


c. proxy-auto-config enable コマンドを入力して、自動プロキシ設定機能を再度イネーブルにします。

ブラウザに手動で自動プロキシを設定するには、Content Engine の IP アドレス、着信ポート番号、ファイルのディレクトリ、および PAC ファイル名を明示的にブラウザに指定します。


) Microsoft Internet Explorer および Netscape ブラウザは、PAC ファイルをサポートしています。


ステップ 3 ブラウザに自動プロキシが設定されている場合には、ブラウザ起動時に、ブラウザは必要なプロキシ情報(プロキシ サーバの IP アドレスおよびポート設定情報など)を PAC ファイル(.pac ファイル)から入手します。


 

次に、PAC ファイルを使用して、クライアント ブラウザに Content Engine を指定する手順を示します。


ステップ 1 PAC ファイルを作成して、FTP サーバに保存します。

次に、proxyfile.pac という名前の単純な PAC ファイルの例を示します。この場合、プロキシ(スタンドアロン Content Engine)は 1 つだけで、「cisco.com」を宛先としないトラフィックは、すべてのインターネット要求を処理するプロキシ サーバ(Content Engine)に送信されます。

Example #1: Use proxy for everything except local hosts
This would work in Netscape's environment. All hosts which aren't fully
qualified, or the ones that are in local domain, will be connected to
directly. Everything else will go through w3proxy:8080. If the proxy goes
down, connections become automatically direct.
function FindProxyForURL(url, host)
{
if (isPlainHostName(host) ||
dnsDomainIs(host, ".cisco.com"))
return "DIRECT";
else
return "PROXY ce1.cisco.com:8080; DIRECT";
}Note: This is the simplest and most efficient autoconfig file for cases
where there's only one proxy.
 

ステップ 2 指定した FTP サーバから Content Engine に PAC ファイルをダウンロードします。デフォルトでは、PAC ファイルは Content Engine の現在の作業ディレクトリにダウンロードされます。

次に、IP アドレス 172.16.10.10 の FTP サーバから Contrent Engine に、proxyfile.pac という名前の PAC ファイルをダウンロードする例を示します。クライアント ブラウザは、起動時にこの PAC ファイルを参照するので、Content Engine は、PAC ファイル サーバとして機能します。

ContentEngine# proxy-auto-config download 172.16.10.10 remotedirname proxyfile.pac
 

ステップ 3 スタンドアロン Content Engine 上でブラウザ自動設定機能をイネーブルにします。

ContentEngine(config)# proxy-auto-config enable
 

ステップ 4 各クライアント ブラウザに手動で自動プロキシを設定します。ブラウザに自動プロキシが設定されている場合には、ブラウザは起動時に毎回、必要な情報を指定された .pac ファイルから入手します。Content Engine の IP アドレス、着信ポート番号、ファイルのディレクトリ、および .pac ファイルを明確にブラウザに指定する必要があります。

次に、Internet Explorer Version 6.0 で、この作業を実行する例を示します。

a. Internet Explorer GUI から、 Tools > Internet Options の順に選択します。Internet Options ウィンドウが表示されます(図4-7 を参照)。

図4-7 Internet Options ウィンドウ

 

b. Internet Options ウィンドウの上部にある、 Connections タブをクリックして、このタブを表示します(図4-8 を参照)。

図4-8 Connections タブ ウィンドウ

 

c. Connections タブで、 Settings ボタンをクリックします。Settings ウィンドウが表示されます(図4-9 を参照)。

図4-9 Settings ウィンドウ

 

d. Use automatic configuration script チェックボックスにチェックマークを付けます。

e. Address フィールドに、ブラウザのコンテンツ要求の宛先となるプロキシ サーバ(Content Engine)を決定するために使用する .pac ファイルの URL を入力します。

http://ContentEngine-IPaddress:portnumber/pac filename
 

次に、IP アドレスが 172.16.10.10で、着信ポートとして 8080 を使用する Content Engine(非透過フォワード プロキシ サーバ)上に保管されている、proxyfile.pac という名前の .pac ファイルの URL を指定する例を示します。

http://172.16.10.10:8080/proxyfile.pac
 

) .pac ファイルの URL にポート番号を指定する場合には、プロキシの着信ポート番号と同一のポート番号を使用します(http proxy incoming portnumber グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用するか、または「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」ステップ 12 に示す方法で Setup ユーティリティを使用します)。たとえば、http proxy incoming 8080 コマンドでポート 8080 を指定した場合には、.pac ファイルの URL にポート番号 8080 を使用します。


f. OK をクリックして、設定パラメータを保存し、Settings ウィンドウを閉じます。

ステップ 5 ユーザのインターネットアクセスを制御するために、NTLM がこの環境で使用されている場合は、クライアント ブラウザでユーザ認証を行うためのデフォルト設定を変更する必要があります。設定を変更しないと、ユーザが新しい Web サイトにアクセスしてログインするたびに、ポップアップ ウィンドウが表示されます。次に、Internet Explorer Version 6.0 で、デフォルト設定を変更する例を示します。

a. Internet Options ウィンドウ(図4-7 を参照)で、 Security タブをクリックします。Web コンテンツ ゾーンとして Internet が選択された状態で、Security タブが開きます(図4-10 を参照)。

図4-10 Security タブ

 

b. Custom Level ボタンをクリックします。Security Settings ウィンドウが表示されます。

c. Security Settings ウィンドウで、User Authentication までスクロールします(図4-11 を参照)。

図4-11 Security Settings ウィンドウ

 

図4-11 では、デフォルトのユーザ認証設定は、イントラネット ゾーン限定の自動ログオンになっています。

d. デフォルトのユーザ認証設定を変更するには、Automatic logon with current username and password ボタンをクリックします(図4-12 を参照)。

図4-12 デフォルトのユーザ認証設定の変更

 

e. OKをクリックして、Security Settings ウィンドウを閉じます。


 

クライアント ブラウザに手動でスタンドアロン Content Engine を指定

プロキシ自動設定(PAC)ファイルではなく、手動で、クライアント ブラウザの宛先をスタンドアロン Content Engine に設定するには、Content Engine(クライアント ブラウザの非透過プロキシ サーバ)の IP アドレスとポート番号を明示的にブラウザに指定する必要があります。

次に、Internet Explorer Version 6.0 で、この作業を実行する例を示します。


ステップ 1 Internet Explorer GUI から、 Tools > Internet Options の順に選択します。Internet Options ウィンドウが表示されます(図4-7 を参照)。

ステップ 2 Internet Options ウィンドウの上部にある、Connections タブをクリックして、このタブを表示します(図4-8 を参照)。

ステップ 3 Connections タブから、 Settings ボタンをクリックします。Settings ウィンドウが表示されます(図4-9 を参照)。

ステップ 4 Settings ウィンドウで、 Use a proxy server for this connection チェックボックスにチェックマークを付け、手動でブラウザの直接の宛先を Content Engine に設定します(図4-13 を参照)。

図4-13 ブラウザの直接宛先として手動で Content Engine を指定

 

ステップ 5 Address フィールドに、ブラウザの宛先とする Content Engine の IP アドレスを入力します。

クライアント ブラウザがコンテンツ要求を直接送信する Content Engine の IP アドレスを指定します。たとえば、IP アドレス 172.16.10.10 の Content Engine を直接プロキシ サーバとして指定するには、Address フィールドに、 172.16.10.10 と入力します。

ステップ 6 Port フィールドに、ブラウザのプロキシ サーバとなるスタンドアロン Content Engine のポート番号を入力します。


) スタンドアロン Content Engine に HTTP プロキシ キャッシングを設定した場合、着信プロキシ ポートとして指定したポート番号の 1 つを使用します。この設定には、Setup ユーティリティ(「Setup ユーティリティによるスタンドアロン Content Engine の基本設定」の ステップ 12 を参照)または http proxy incoming portnumber グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。たとえば、着信プロキシ ポートとしてポート 8080 を指定した場合(http proxy incoming 8080 コマンド)は、Port フィールドのポート番号として 8080 を入力します。


ステップ 7 OK をクリックします。

ステップ 8 NTLM を使用してユーザのインターネット アクセスを制御する場合には、ユーザが新しい Web サイトにアクセスするごとにログイン用のポップアップ ウィンドウが表示されないように、クライアント ブラウザのデフォルトのユーザ認証の設定を変更する必要があります。

Internet Explorer Version 6.0 でデフォルト設定を変更する例は、ステップ 5 を参照してください。


 

Windows Media 9 Player に WMT RTSP 要求の直接の宛先としてスタンドアロン Content Engine を指定

WMT 透過リダイレクションではなく直接プロキシ ルーティングを使用して Windows Media 9 Player の WMT RTSP 要求をスタンドアロン Content Engine に直接送信するには、クライアント デスクトップの Windows Media 9 Player に、Content Engine(Web クライアントの非透過 WMT プロキシ サーバ)を直接の宛先として設定する必要があります。

Windows Media 9 Player からの WMT RTSP 要求に対して直接プロキシ ルーティングをサポートするには、Content Engine で ACNS ソフトウェア リリース 5.3.1 以降を実行する必要があります。

クライアント デスクトップ上の Windows Media 9 Player で、特定のスタンドアロン Content Engine を直接の宛先として明示的に指定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 クライアント デスクトップ上で Windows Media Player を起動します。

ステップ 2 Windows Media Player のメニュー バーで、 Tools > Options の順に選択します。Options ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Options ウィンドウで、Network タブをクリックします(図4-14 を参照)。

図4-14 Network Options タブ

 

ステップ 4 Network タブの Streaming protocols の部分で、 Multicast UDP TCP 、および HTTP のチェックボックスが選択されていない場合には、チェックマークを付けます。

ステップ 5 Network タブの Streaming proxy settings の部分で、 RTSP を選択し、 Configure をクリックします。Configure Protocol ウィンドウが表示されます(図4-15 を参照)。

図4-15 ストリーミング プロトコルとして RTSP を設定

 

ステップ 6 Use the following proxy server ボタンをクリックします。

ステップ 7 Address フィールドに、Content Engine(Windows Media 9 Player の RTSP 要求に対する非透過 WMT プロキシ サーバ)の IP アドレスを入力します。

ステップ 8 Port フィールドに、Windows Media 9 Player からの着信 WMT RTSP 要求を受け入れる Content Engine 上のポート番号を入力します。RTSP 着信要求のデフォルトのポートは、ポート 554 です。

デフォルトでは、Content Engine は、ポート 554 で着信 RTSP 要求を待ち受けます。Content Engine のデフォルトのポート設定を変更した場合( rtsp port incoming port-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、Content Engine がポート 554 以外のポートで着信 RTSP 要求を待ち受けるように設定した場合)には、Configure Protocol ウィンドウの Port フィールドに、必ず、変更後のポート番号を入力してください。

ステップ 9 OK をクリックして、Configure Protocol ウィンドウを閉じます。

ステップ 10 Apply をクリックして、Windows Media 9 Player に設定を適用します。

ステップ 11 OK をクリックして、Windows Media 9 Player の Options ウィンドウを閉じます。


 

Windows Media Player に WMT MMS 要求の直接の宛先としてスタンドアロン Content Engine を指定

直接プロキシ ルーティングを使用して、Windows Media Player からの WMT MMS 要求をスタンドアロン Content Engine に直接転送するには、クライアント デスクトップ上の Windows Media Player の直接の宛先として、Content Engine(Web クライアントの非透過 WMT プロキシ サーバ)を設定する必要があります。

WMT MMS 要求が特定のスタンドアロン Content Engine に直接送信されるように、クライアント デスクトップ上の Windows Media Player を明示的に設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 クライアント デスクトップ上で Windows Media Player を起動します。

ステップ 2 Windows Media Player のメニュー バーで、 Tools > Options の順に選択します。Options ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Options ウィンドウで、Network タブをクリックします(図4-14 を参照)。

ステップ 4 Network タブの Streaming protocols の部分で、 Multicast UDP TCP 、および HTTP のチェックボックスが選択されていない場合には、チェックマークを付けます。

ステップ 5 Network タブの Streaming proxy settings の部分で、 MMS を選択し、 Configure をクリックします。Configure Protocol ウィンドウが表示されます(図4-16 を参照)。

図4-16 Configure Protocol ウィンドウ

 

ステップ 6 Use the following proxy server ボタンをクリックします。

ステップ 7 Address フィールドに、Content Engine(Windows Media Player の非透過 WMT プロキシ サーバ)の IP アドレスを入力します。

ステップ 8 Port フィールドに、Windows Media Player からの着信 WMT MMS 要求を受け入れる Content Engine 上のポート番号を入力します。

デフォルトでは、Content Engine は、WMT クライアントからの着信 MMS 要求をポート 1755 で待ち受けます。Setup ユーティリティを使用して WMT プロキシ キャッシングを設定すると、Content Engine は、デフォルト ポート(ポート 1755)で着信 MMS 要求を受け入れるように自動的に設定されます。Content Engine のデフォルトのポート設定を変更した場合( wmt incoming port-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、Content Engine がポート 1755 以外のポートで着信 MMS 要求を待ち受けるように設定した場合)には、Configure Protocol ウィンドウの Port フィールドに、必ず、変更後のポート番号を入力してください。

ステップ 9 OK をクリックして、Configure Protocol ウィンドウを閉じます。

ステップ 10 Apply をクリックして、Windows Media Player に設定を適用します。

ステップ 11 OK をクリックして、Windows Media Player の Options ウィンドウを閉じます。


 

スタンドアロン Content Engine を RealMedia Player の直接の宛先として指定

RTSP 透過リダイレクションではなく直接プロキシ ルーティングを使用して RealMedia Player からの RTSP 要求をスタンドアロン Content Engine に直接転送するには、クライアント デスクトップ上の RealMedia Player の直接の宛先として、Content Engine(Web クライアントの非透過 RealProxy サーバ)を指定する必要があります。

クライアント デスクトップ上の RealMedia Player (RealPlayer Version 8.02 または 9.0)が、RTSP プロキシ サーバとして動作する特定のスタンドアロン Content Engine を直接の宛先とするように明示的に設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 クライアント デスクトップ上で RealPlayer を起動します。

ステップ 2 RealPlayer メニューから、 View > Preferences の順に選択します。

ステップ 3 Category settings の Proxy オプションをクリックします。

ステップ 4 Streaming Settings の Change Settings をクリックします。

ステップ 5 Use proxies ボタンをクリックします。

ステップ 6 RTSP Proxy アドレス フィールドに、RealMedia プロキシ キャッシングを設定したスタンドアロン Content Engine の IP アドレスを入力します。

ステップ 7 Port フィールドに、Content Engine が RTSP 着信要求を受け入れるポート番号を入力します。

デフォルトでは、Content Engine は、ポート 554 で着信 RTSP 要求を待ち受けます。Content Engine のデフォルトのポート設定を変更した場合( rtsp port incoming port-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、Content Engine がポート 554 以外のポートで着信 RTSP 要求を待ち受けるように設定した場合)には、Configure Protocol ウィンドウの Port フィールドに、必ず、変更後のポート番号を入力してください。

ステップ 8 OK をクリックします。


 

透過リダイレクション用の WCCP ルータの設定

スタンドアロン Content Engine に透過プロキシ キャッシングを設定した場合、WWCP Version 2 対応ルータがコンテンツ要求を代行受信し、Content Engine に透過的にリダイレクトするように設定する必要があります。WCCP Version 2 対応ルータ上で必要な WCCP サービスを設定する方法については、表4-6 を参照してください。

 

表4-6 コンテンツ要求の透過プロキシ ルーティングをサポートする WCCP ルータの設定

WCCP を使用する透過キャッシング
説明および参照先

HTTP 透過キャッシング

ルータでの標準 Web キャッシュ サービス(サービス 0)の設定

ルータでのカスタム Web キャッシュ サービス(サービス 98)の設定

HTTP リバース プロキシ キャッシング

ルータでのリバース プロキシ サービス(サービス 99)の設定

MMS 透過リダイレクションによる WMT 透過キャッシング

ルータでの MMSU サービス(サービス 82)の設定

ルータでの MMST サービス(サービス 81)の設定

WMT RTSP 透過リダイレクションによる WMT 透過キャッシング

ルータでの RTSP サービス(サービス 80)の設定

ルータでの WMT-RTSPU サービス(サービス 83)の設定

RealMedia 透過キャッシング

ルータでの RTSP サービス(サービス 80)の設定

基本設定の確認

ここでは、スタンドアロン Content Engine 上の基本設定を確認する方法について説明します。ここでは、スタンドアロン Content Engine 上で、 web キャッシュ サービス (WCCP を使用した HTTP 透過キャッシング)の設定を確認する例を示します。この例の前提条件は、次のとおりです。

WCCP Version 2 がイネーブルである単一のスタンドアロン Content Engine(Content Engine A)を使用する。

HTTP 要求が Content Engine A(透過プロキシ サーバ)にリダイレクトされるように設定した、単一の WCCP Version 2 対応ルータ(ルータ A)を使用する。

Content Engine A の HTTP 透過キャッシング サービスがイネーブルで、Content Engine A はルータ A からリダイレクトされた HTTP 要求を受け入れるように設定されている。

クライアント A および クライアント B のブラウザは、Content Engine A を直接の宛先とするように設定されていない。

クライアント A とクライアント B は、同一サブネット上にある。

web キャッシュ サービス(WCCP を使用する HTTP 透過キャッシング)が正常に動作することを確認する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 クライアント A のクライアント ブラウザを使用して、インターネットまたは社内イントラネット上のいくつかの Web ページを開きます。2 回以上、それらのページを要求します。クライアント A のブラウザが発行する HTTP 要求がルータ A にルーティングされるように、接続先 Web サーバは、クライアント A とは異なるサブネット上に配置されている必要があります。

ステップ 2 管理者権限(権限レベル 15)のあるログイン アカウントを使用して、Content Engine A の Content Engine CLI にログインします。

Content Engine CLI を使用してスタンドアロン Content Engine にログインする方法は、「Telnet またはコンソール セッションによるスタンドアロン Content Engine へのログイン」 を参照してください。

ステップ 3 Content Engine A で、Content Engine の HTTP キャッシングの節約統計情報を表示します。

ContentEngineA# show statistics http savings
 
Statistics - Savings
Requests Bytes
-----------------------------------------------------------
Total: 525980242 79047534484
Hits: 1966223 19865155481
Miss: 524014019 59182379003
Savings: 0.4 % 25.1 %
 

ヒント Content Engine GUI で Reporting > Savings の順に選択し、これらの統計情報を表示することもできます。Content Engine GUI へのログイン方法については、「Content Engine GUI へのログイン」 を参照してください。

ステップ 4 Content Engine A で、Content Engine が受信した HTTP 要求数を表示します。

ContentEngineA# show statistics http requests
 

ステップ 5 クライアント B のブラウザを使用して、クライアント A から要求した Web ページと同じ Web ページを要求します。

これにより、Content Engine A が Web ページをオリジン サーバから再度取得するのではなく、要求された Web ページのコピーをローカル キャッシュに保存しているかどうかを確認できます。

show statistics http savings コマンドの出力に表示されるキャッシュ ヒット数は、クライアント B ブラウザを使用して、クライアント A から要求した Web ページと同じ Web ページを要求すると増加します。

show statistics http requests コマンドの出力に表示される HTTP 要求数は、クライアント B ブラウザを使用して、クライアント A から要求した Web ページと同じ Web ページを要求すると増加します。

ステップ 6 ルータ A 上で、コンソールまたは Telnet セッションをオープンします。

ステップ 7 ルータ A 上で、ルータ A の統計およびステータス情報を表示します。

RouterA# show ip wccp
 

統計情報では、リダイレクトされたパケットについて、0 より大きい数値が表示されます。また、最小限、Content Engine A がルータ A に登録され、ルータ A と通信していることを示す、ハッシュ割り当てを確認します。

ステップ 8 パケットが Content Engine A にリダイレクトされていることを、ルータ A が示しているかどうかを確認します。

ルータ A が Content Engine A にパケットがリダイレクトされていることを示している場合、Content Engine A およびルータ A 上でサービス(HTTP 要求の透過リダイレクション)が正常に機能しています。

ルータ A が Content Engine A にリダイレクトされているパケットが存在しないことを示している場合、Web キャッシュ サービスは正常に機能していません。この場合、Web キャッシュ サービスの設定に関する問題のトラブルシューティングを行う必要があります。次に、例を示します。

Content Engine A で、Conget Engine A に現在、設定されている WCCP サービスのリストを表示します。標準 web キャッシュ サービス(Web Cache)がリストされていることを確認します。この例は、出力の一部です。

ContentEngineA# show wccp services
Services configured on this Content Engine
Web Cache
RTSP
FTP
ContentEngine#
 

Content Engine A で、Content Engine A を認識している WCCP 対応ルータのリストを表示します。この例は、出力の一部です。

ContentEngineA# show wccp routers
Routers Seeing this Content Engine
Router Id Sent To
10.0.0.0 10.1.1.1
Routers not Seeing this Cache Engine
10.1.1.1
Routers Notified of but not Configured
-NONE-
 

コマンド出力から、Content Engine A を認識している WCCP 対応ルータのリストにルータ A が含まれているかどうかを確認します。

 

Content Engine A で、Content Engine A の WCCP Generic Routing Encapsulation(GRE; 汎用ルーティング カプセル化)パケット関連情報を表示します。

ContentEngineA# show wccp gre
 

コマンド出力から、Content Engine A が拒否したリダイレクト パケット数と、受け入れたリダイレクト パケット数を確認します。要求側クライアント(クライアント A およびクライアント B)と異なるサブネット上にある Web サーバ上の Web ページの要求を継続し、受け入れたパケット数が増加するかどうかを確認します。


) ACNS ソフトウェア ログの使用方法の詳細は、「スタンドアロン Content Engine とトランザクションのモニタリング」 を参照してください。



 

Setup ユーティリティを使用した基本設定の変更

Content Engine ですでに Setup ユーティリティを実行している場合、以降で(setup イネーブル EXEC コマンドを使用して)Setup ユーティリティを手動で起動すると、スタンドアロン Content Engine の現在の基本設定が表示されます。次の例のように、プロンプトに y を入力すると、Setup ユーティリティで現在の基本設定をすぐに変更できます。

Here is the current profile of this device
CDN device
No
HTTP Proxy Caching : Yes
HTTP Tranparent Caching : Yes
HTTP Reverse Proxy Caching : Yes
WMT Proxy Caching : Yes
WMT Transparent Caching : Yes
Real Media Proxy Caching : Yes
Real Media Transparent Caching: Yes
Do you want to change this (y/n) [n]:y

スタンドアロン Content Engine へのログイン

ここでは、スタンドアロン Content Engine にログインするための、次の方法について説明します。

「Telnet またはコンソール セッションによるスタンドアロン Content Engine へのログイン」

「Secure Shell Version 1 または Version 2 を使用したスタンドアロン Content Engine へのログイン」

「Content Engine GUI を使用したスタンドアロン Content Engine へのログイン」

ACNS ソフトウェアには、事前定義されている 1 つのログイン アカウント(ルート管理者)があります。最初に、このアカウントを使用して Content Engine にアクセスし、他のユーザをシステムに追加できます。このログイン アカウントには、スーパーユーザ権限(権限レベル 15)が設定されています。事前定義されたスーパーユーザ アカウントのユーザ名は admin、デフォルトのパスワードは default です。他の ACNS システム管理者がこれらのデフォルトを変更している場合は、変更後のユーザ名とパスワードを入手する必要があります。

Telnet またはコンソール セッションによるスタンドアロン Content Engine へのログイン

Telnet またはコンソール セッションを使用してスタンドアロン Content Engine にログインする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Telnet または Content Engine のシリアル ポートに接続されたコンソールを使用して、Content Engine にログインします。たとえば、Telnet セッションを開始したあと、 open コマンドを使用してログイン先の Content Engine を指定します。

Microsoft Telnet> open IP_address_of_Content_Engine
 

ステップ 2 ログインのプロンプト画面が表示されたら、ユーザ名とパスワードを入力します(図4-17 を参照)。

図4-17 Telnet セッション Login ウィンドウの例

 

ステップ 3 正常にログインすると、ログイン アカウントの権限レベルに応じて、Content Engine CLI に次のいずれかのプロンプトが表示されます。

イネーブル EXEC モード(権限レベル 15)

ContentEngine#
 

ユーザ EXEC モード(権限レベル 0)

ContentEngine>
 

ここで、ContentEngine は、Content Engine のホスト名です。

図4-18 に、イネーブル EXEC モードのシステム プロンプトの例を示します。

図4-18 イネーブル EXEC モードの CLI システム プロンプト

 


ヒント Content Engine との Telnet セッションは、exec-timeout グローバル コンフィギュレーション コマンドで指定した時間がタイムアウトになるまで、無動作でも継続してオープンしておくことができます。デフォルトのタイムアウトは 15 分です。有効値は、0 ~ 44640 分です。exec-timeout の時間がタイムアウトになると、Content Engine は Telnet セッションを自動的に終了します。

ステップ 4 Content Engine CLI コマンドを使用して Setup ユーティリティを起動するか(setup イネーブル EXEC コマンドを入力)、CLI コマンドを使用してスタンドアロン Content Engine の設定またはモニタを実行します。

ACNS ソフトウェアの CLI を使用してスタンドアロン Content Engine の設定またはモニタを実行する場合に、使用できるコマンド モードの説明については、「スタンドアロン Content Engine のための ACNS ソフトウェア CLI コマンド モード」 を参照してください。オンライン ヘルプとキーボードのショットカットの使用方法については、「ACNS ソフトウェアの CLI オンライン ヘルプおよびキーボード ショートカット」 を参照してください。


) ACNS ソフトウェアのデバイス モードは、デバイスが Content Engine、Content Distribution Manager、Content Router、または IP/TV Program Manager のどれで機能するかを決定します。特定の CLI モードから使用できるコマンドは、有効な ACNS ソフトウェアのデバイス モードによって決定されます。デフォルトのデバイス動作モードは、Content Engine です。


ステップ 5 logout または exit EXEC コマンドを入力すると、いつでも CLI セッションを終了できます。


 

Content Engine との Telnet セッションは、 exec-timeout グローバル コンフィギュレーション コマンドで指定した時間がタイムアウトになるまで、無動作でも継続してオープンしておくことができます。デフォルトのタイムアウトは 15 分です。有効値は、0 ~ 44640 分です。 exec-timeout の時間がタイムアウトになると、Content Engine は Telnet セッションを自動的に終了します。

Secure Shell Version 1 または Version 2 を使用したスタンドアロン Content Engine へのログイン

SSH を使用すると、暗号化された安全なチャネルを介して Content Engine にログインできます。SSH は、サーバおよびクライアントのプログラムで構成されています。Telnet と同様に、クライアント プログラムを使用して、SSH サーバを実行しているマシンにリモートからログオンできます。ただし、Telnet と異なり、クライアントとサーバ間で伝送されるメッセージが暗号化されます。SSH の機能には、ユーザ認証、メッセージ暗号化、およびメッセージ認証が含まれます。

sshd コマンドをイネーブルにするには、事前に ssh-key-generate グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、クライアント プログラムがサーバの ID を確認するために使用する秘密鍵および公開ホスト鍵を生成します。

ユーザが SSH クライアントを実行し、Content Engine にログインすると、Content Engine 上で実行されている SSH デーモンの公開鍵が、ユーザのホーム ディレクトリにある、クライアント マシンの known_hosts ファイルに記録されます。Content Engine の管理者が、以降で ssh-key-generate コマンドを使用してホスト鍵を再生成する場合、ユーザは、SSH クライアント プログラムを実行して Content Engine にログインする前に、known_hosts ファイル内の、Content Engine に対応付けられている古い公開鍵エントリを削除しておく必要があります。 ユーザが古いエントリを削除したあとで SSH クライアント プログラムを実行すると、known_hosts ファイルは、Content Engine 用の新しい SSH 公開鍵に更新されます。


) Telnet デーモンは、Content Engine で引き続き使用できます。SSH は Telnet を置き換えません。


次に、SSH 公開鍵を生成し、SSH サービスをイネーブルにする例を示します。

Console(config)# ssh-key-generate
Ssh host key generated successfully
Saving the host key to box...
Host key saved successfully
 
Console(config)# sshd enable
Starting ssh daemon ..
Ssh daemon started successfully
 

非管理者ユーザ用の SFTP アクセス

ACNS ソフトウェア リリース 5.3.5 では、非管理者ユーザ(UID が非ゼロのユーザ)が SFTP を使用して Content Engine にアクセスできるように、Content Engine 上の Secure File Transfer Protocol(SFTP; セキュア ファイル転送プロトコル)サーバが拡張されています。ACNS ソフトウェア リリース 5.3.5 には、この新機能をイネーブルまたはディセーブルに設定するための sshd allow-non- admin-users および no sshd allow-non-admin-users CLI グローバル コンフィギュレーション コマンドが追加されています。デフォルトでは、Content Engine のこの機能はディセーブルで、非管理者ユーザが SFTP を使用して Content Engine にアクセスすることはできません。この機能をイネーブルにするには、Content Engine 上で sshd allow-non-admin-users コマンドを入力します。この機能をイネーブルにしたあと、再びディセーブルにするには、Content Engine 上で no sshd allow-non- admin-users コマンドを入力します。

この機能をイネーブルにすると、 show running-config EXEC コマンドの出力に、Content Engine 上でこの機能がイネーブルであることが示されます。

Content Engine GUI を使用したスタンドアロン Content Engine へのログイン

Content Engine GUI(図4-19)は、スタンドアロン Content Engine をキャッシング エンジンおよびストリーミング エンジンとして設定するための Web ポータルです。

図4-19 Content Engine GUI

 


) Content Engine GUI では、GUI にログインした特定のユーザに許可される、すべての管理機能およびオペレータ機能にアクセスできます。


Content Engine に ACNS ソフトウェアをインストールしたあと、標準 Web ブラウザを使用して Content Engine GUI にログインし、アクセスします。

Content Engine GUI にログインする前に、次の情報を用意しておく必要があります。

ログイン先の Content Engine の名前または IP アドレス。

設定、モニタ、またはトラブルシューティングのために Content Engine にログインする場合のログイン アカウント(ユーザ名とパスワード)。ログイン アカウントがない場合には、ACNS システム管理者にログイン アカウントの作成を依頼する必要があります。

Content Engine GUI でイネーブルなアクセスのタイプ(保護された、または保護されていない)。


) Content Engine GUI への保護された、または保護されていないアクセスのイネーブル化の詳細は、「Content Engine GUI へのアクセスのイネーブル化とディセーブル化」 を参照してください。


Content Engine GUI へのアクセスのイネーブル化とディセーブル化

Content Engine GUI には、保護された、または保護されていないアクセスを設定できます。デフォルトは、保護されたアクセスです。Content Engine GUI への保護された、または保護されていないアクセスのどちらかを選択できますが、両方を選択することはできません。たとえば、保護された Content Engine GUI がイネーブルである場合( ポート 8003 上の https://アクセス など)、保護されていない Content Engine GUI( ポート 8001 上の http://アクセス など)は使用できません。

Content Engine GUI サーバのポート番号をイネーブルにする、または指定するには、 gui-server グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ContentEngine(config)# gui-server {enable | port port |
secure {enable | port port}}
 

Content Engine GUI への保護されたアクセスをイネーブルにするには、 gui-server secure enable port グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ContentEngine(config)# gui-server secure enable port 8003
 

ポート番号は、1 ~ 65535 です。GUI への保護されたアクセスの場合、デフォルト ポートは 8003 です。この例では、Content Engine GUI への保護されたアクセスが、デフォルト ポート番号 8003 でイネーブルになります。

Content Engine GUI への保護されていないアクセスをイネーブルにするには、 gui-server enable port グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ContentEngine(config)# gui-server enable port 8001
 

ポート番号は、1 ~ 65535 です。GUI への保護されていないアクセスの場合、デフォルト ポートは 8001 です。この例では、Content Engine GUI への保護されていないアクセスが、デフォルト ポート番号 8001 でイネーブルになります。


) Content Engine GUI への保護された、または保護されていないアクセスのどちらかがイネーブルであれば、GUI にアクセスできます(Content Engine GUI へのログインを参照)。


Content Engine GUI をディセーブルにするには、 no gui-server グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

no gui-server { enable | port | secure { enable | port port }}

たとえば、Content Engine GUI への保護されたアクセスがポート 8003 でイネーブルになっている場合、次のコマンドを使用して、Content Engine GUI をディセーブルにします。

ContentEngine(config)# no gui-server secure enable port 8003
 

次の例では、Content Engine 上のポート 8001 への保護されていないアクセスが無効になります。

ContentEngine(config)# no gui-server enable port 8001
 

Content Engine GUI へのログイン

Content Engine GUI にログインする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine が置かれているネットワークにアクセスできるデバイス上で、Web ブラウザを始動します。


ヒント Microsoft Internet Explorer(IE)を使用する場合、IE で Java、JavaScript、および Cascading Style Sheets を使用できることを確認します。Netscape を使用する場合は、バージョン 4.0 以降を使用してください。

ステップ 2 Web ブラウザに、Content Engine の URL または IP アドレスを入力します。ポート番号を付加します。

Content Engine の URL(ロケーション)は、ACNS ソフトウェアのインストール時に指定されます。現在使用中のネットワークが DNS をサポートし、Content Engine の IP アドレスが DNS テーブルに追加されている場合には、Content Engine の DNS 名を使用して、Content Engine GUI にアクセスできます。

Content Engine GUI のポート番号は、Content Engine に ACNS ソフトウェアをインストールするときに指定されます。保護されていないアクセスの場合のデフォルト ポート番号は、8001 です。保護されたアクセスの場合のデフォルト ポート番号は、8003 です。Content Engine GUI への保護されたアクセスは、デフォルト ポート番号 8003 でイネーブルになります。保護されていないアクセスには HTTP が使用され、保護されたアクセスには HTTPS が使用されます。

次に、保護されていないモードがデフォルト ポート(ポート 8001)でイネーブルな場合、Content Engine GUI に保護されていないモードでアクセスする URL の例を示します。

http://ContentEngine-name:8001
 

または、次のように IP アドレスを入力します。

http://ContentEngine-IP-address:8001
 

次に、保護されたモードがデフォルト ポート(ポート 8003)でイネーブルな場合に、Content Engine GUI に保護されたモードでアクセスするときの URL の例を示します。

https://ContentEngine-name:8003
 

または、次のように IP アドレスを入力します。

https://ContentEngine-IP-address:8003
 

ステップ 3 保護されたアクセスを指定した場合、Security Alert ウィンドウが表示されます。 Yes をクリックして、セキュリティ証明書を受け入れます。Enter Network Password ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Username フィールドにユーザ名を入力します。Password フィールドにパスワードを入力し、 OK をクリックします。

Username: admin
Password: password
 

ステップ 5 指定されたログイン情報をシステムが確認すると、Content Engine GUI のメイン ウィンドウが Web ブラウザに表示されます。デフォルト管理者の場合、設定、モニタ、またはトラブルシューティングの目的で Content Engine にアクセスする必要のある ACNS システム管理者、または他の ACNS 管理担当者用のログイン アカウントを作成する必要があります。

Content Engine GUI にアクセスすると、Content Engine メイン ウィンドウと呼ばれるウィンドウ(ページ)が表示されます(図4-19 を参照)。Content Engine GUI には、一連のタブとボタンがあります。メニュー オプションの説明は、 付録 A「Content Engine GUI のメニュー オプション」 を参照してください。


ヒント ブラウザ ウィンドウの右下隅にあるロック アイコンは、Content Engine GUI が保護されていないモードではなく、保護されたモードでアクセスされていることを示します。Content Engine GUI への保護された、または保護されていないアクセスのイネーブル化については、「Content Engine GUI へのアクセスのイネーブル化とディセーブル化」 を参照してください。


表4-7 に、Content Engine GUI の主なボタンおよび関連する機能を示します。

 

表4-7 Content Engine GUI のボタン

ボタン
説明

Clear

Content Engine のメモリおよびハード ディスクから、キャッシュ可能なオブジェクトをすべて削除します。

Reboot

Content Engine を再起動します。

Save Config

システムの実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションに保存します。

Update

現在の Content Engine GUI ウィンドウで指定された変更内容を、システムの実行コンフィギュレーションに適用します。

Help

特定の Content Engine GUI ウィンドウに関するコンテキスト ヘルプを表示します。Help ウィンドウの Back ボタンをクリックして、コンテキスト ヘルプを開始した場所から Content Engine GUI ウィンドウに戻ります。

ステップ 6 メイン ウィンドウに戻るには、Content Engine ウィンドウ(図4-20 を参照)の左上隅に表示されている Content Engine をクリックします。

図4-20 Content Engine GUI のナビゲーション バー

 

ステップ 7 Content Engine GUI で別のウィンドウに移動するには、タブの 1 つをクリックして、サブタブを表示します。サブタブをクリックして選択します(図4-21 を参照)。

図4-21 Content Engine GUI のタブとサブタブ

 


 

Content Engine GUI からのログアウト

Content Engine GUI からログアウトする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Update ボタンをクリックして、現在の Content Engine ウィンドウで行った変更を保存するか、または Cancel ボタンをクリックして、変更を取り消します。

ステップ 2 Content Engine のメイン ウィンドウ(図4-19)に戻るには、現在の Content Engine ウィンドウの左上隅に表示されている Content Engine をクリックします。

ステップ 3 セッション中に変更した内容を保存してからログアウトする場合には、Content Engine メイン ウィンドウの Save Config ボタンをクリックします。

ステップ 4 File > Close の順に選択するか、ブラウザの Close ボタンをクリックします。