中央管理配置に関する Cisco ACNS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.4
コンテンツ複製状況の表示
コンテンツ複製状況の表示
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

コンテンツ複製状況の表示

チャネルごとのシステム全体の複製状況の表示

特定チャネルの複製状況の表示

特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

デバイスごとの特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

あるチャネル内のすべての Content Engine にわたるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

Content Engine ごとのシステム全体の複製状況の表示

特定の Content Engine の複製状況の表示

Content Engine ごとの選択チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

CLI コマンドを使用した複製状況の表示

コンテンツ複製状況の表示

複製状況機能を使用して、Content Distribution Manager GUI、CLI コマンドからの出力、または API ファイルを使用するコンテンツ複製状況を表示できます。この章では、コンテンツ複製状況を Content Distribution Manager GUI からモニタする方法を説明します。

複製状況は、Content Distribution Manager GUI の Content タブおよび Devices タブの下にあります。チャネルごと、またはデバイスごとに複製状況を表示できます。Content Distribution Manager GUI では、特定の Content Engine またはチャネルの詳細表示も可能です。任意のチャネルの特定のコンテンツに関する詳細な複製状況も表示可能です。

この章の構成は、次のとおりです(Content タブを選択したときに取得できる表示内容の説明)。

「チャネルごとのシステム全体の複製状況の表示」

「特定チャネルの複製状況の表示」

「特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示」

「デバイスごとの特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示」

「あるチャネル内のすべての Content Engine にわたるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示」

この章の構成は、次のとおりです(Devices タブを選択したときに取得できる表示内容の説明)。

「Content Engine ごとのシステム全体の複製状況の表示」

「特定の Content Engine の複製状況の表示」

「Content Engine ごとの選択チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示」


) 個々の Content Engine は既知の状況を報告しますが、Content Distribution Manager にはチャネルのグローバル ビューがあり、Content Engine が報告した状況を修正することがあります。ルート Content Engine がマニフェスト ファイルを更新中の場合、または受信側 Content Engine が認識していない新しいコンテンツを検出した場合、受信側 Content Engine は複製状況を「Completed」としてレポートしますが、Content Distribution Manager は「Update Pending」として状況をレポートします。ルート Content Engine が更新に失敗すると、受信側 Content Engine のすべてのステータスが「In Process」としてレポートされます。


チャネルごとのシステム全体の複製状況の表示

Channels ウィンドウでは、システム上のすべてのチャネルがリストされ、チャネルごとの複製状況情報が表示されます。この表示は、所定の状態で特定のチャネルに関連付けられたすべての Content Engine の複製状況をまとめたものです。

チャネルごとのシステム全体の複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI で、 Services > Web > Channels の順に選択し、Channels ウィンドウを表示します(図11-1 を参照)。

図11-1 Channels Window ― チャネルごとのシステム全体の複製状況

 

ステップ 2 チャネルごとの複製状況情報を表示します。 表11-1 では、このウィンドウに表示される状況に関する情報を説明します。

 

表11-1 チャネルごとのシステム全体の複製状況 ― Channels ウィンドウ

カラム見出し
説明

Channel

チャネルの名前。

Type

チャネルのタイプ。チャネルのタイプは、ライブ、およびコンテンツです。

Website

チャネルに割り当てられている Web サイトの名前。

Status

グラフィカル表示にて取得、複製、およびデバイス エラーを表示します。ステータス ライトは検出されたもっとも高いレベルを示しています。

緑 ― エラーは検出されません。

黄 ― マイナー エラーのみ検出。

赤 ― 少なくとも 1 つのクリティカル エラーを検出(取得失敗、コンテンツ複製失敗、Content Engine に障害発生または Content Engine からの応答なしなど)。

エラーの詳細は、特定のチャネルのステータス ライトをクリックして、 Replication Status for Channel ウィンドウへ進みます(ステータス エラーおよびそれに対応するステータス ライトの説明については、 表11-2 を参照)。

State

チャネルの状態。ルート Content Engine、および受信側 Content Engine に関する状態が報告されます(別のチャネル状態の定義については、 表11-3 を参照)。

状態は Replication Status for Channel ウィンドウ へのリンクです。リンク先には、チャネルの複製状況が詳細表示されます(図11-3 を参照)。

Manifest State

マニフェスト ファイルの状態。状態は次のように報告されます。

Fetching ― マニフェスト ファイルを取得中です。

Fail Fetching ― マニフェスト ファイルの取得に失敗しました。

Parsing ― マニフェスト ファイルを解析中です。

Fail Parsing ― マニフェスト ファイルの解析に失敗しました。

Completed ― マニフェスト ファイルの取得および解析が正常に完了しました。

No Status Reported ― ルート Content Engine は Pending(保留中)または Disabled(動作していない)状態です。

 

表11-2 チャネル状況エラー

ステータス ライト
エラー
説明

マニフェスト取得エラー

ルート Content Engine は、1 回あるいは連続して 2 回マニフェスト ファイル取得を試みましたが、取得できません。

マニフェスト取得エラー

ルート Content Engine は、連続して 3 回マニフェスト ファイルの取得を試みましたが、取得できません。

マニフェスト構文エラー

ルート Content Engine は、マニフェスト ファイル解析に失敗しました。

クロール ジョブ処理エラー

ルート Content Engine はコンテンツをクロール中に問題を検出しました。

取得またはコンテンツ複製エラー

Content Engine はコンテンツの取得に失敗しました。

ディスク割当量超過エラー

使用可能なディスク スペースがなかったため、Content Engine はコンテンツの保存または処理ができません。

複製状況アップデート エラー

コンテンツ複製は 1 回または連続して 2 回失敗しました。

複製状況アップデート エラー

コンテンツ複製は連続して 3 回またはそれ以上失敗しました。

Content Engine 通信不能エラー

Content Engine はオフライン、またはポーリング期間中に連続して 3 回の複製状況要求に対して応答がありません。

ルート Content Engine フェールオーバー

ルート Content Engine は、一時的なルート Content Engine へフェールオーバーしました。受信側 Content Engine は有効なルート Content Engine を識別できません。

受信側 Content Engine デバイスまたはチャネル エラー

受信側 Content Engine が複製状況を報告しないか、または何か他のコンテンツ複製の問題です。

 

表11-3 Channel States in Replication Status for Channel ウィンドウ

状態
説明

Completed

すべての受信側 Content Engine は Completed 状態 です。ルート Content Engine は、Completed、Re-checking、Retrieving Manifest、または Processing Manifest のいずれかの状態です(Content Engine の状態については、 表11-6 を参照)。

Re-checking 状態のルート Content Engine が新しいコンテンツを取得する必要があると判断したとき、チャネルの状態は In Process へと変更されます。

In Process

In Process の意味は、次のとおりです。

ルート Content Engine は、Retrieving Manifest、Processing Manifest、Acquiring Content、または、Re-checking Content のいずかの状態です。

任意の受信側 Content Engine は、Pending Update、Replicating、または Recovering from Failure のいずれか状態です。

ルート Content Engine には障害があり、受信側 Content Engine はまだ レポート状態です。

Failed

Failed の意味は、次のとおりです。

取得エラーまたはコンテンツ複製エラーが発生しました( 表11-2 を参照)。

Content Engine がオフラインになったか、または、ポーリング期間中に連続して 3 回報告していない状態です。

チャネルには 2 台以上のルート Content Engine があります。

チャネルにはルート Content Engine が 1 台もありませんが、複製状況を報告する受信側 Content Engine があります。

 


 

特定チャネルの複製状況の表示

特定のチャネルの複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、Services > Web > Channels の順に選択します。特定チャネルの Status カラムにあるアラーム ライト上にマウスを移動すると、そのチャネルのコンテンツ複製状況が表示されます(図11-2 を参照)。

図11-2 Channels ウィンドウ

 

ステップ 2 Status カラムのアラーム ライトをクリックするか、または State カラムにリンクします。Replication Status for Channel ウィンドウが表示されます。ウィンドウには選択した特定のチャネルの複製状況が表示されます(図11-3 を参照)。

表11-4 では、このウィンドウに表示される取得状況情報を説明しています。また、 表11-5 では、このウィンドウに表示される個々のデバイスの複製状況を説明します。


) 別の方法として、Services > Web > Channels の順に選択し、複製状況を表示するチャネルの横にある Edit アイコンをクリックし、Contents ペインから Replication Status を選択することもできます。


図11-3 Replication Status for Channel ウィンドウ

 

このウィンドウでは次のこともできます。

検索基準を使用して、複製状況の詳細表示を参照する(特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示を参照)。

チャネル内の選択したContent Engine のコンテンツ項目の複製状況を照会する(デバイスごとの特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示を参照)。

 

表11-4 チャネルの取得状況

フィールド
説明

User Selected Root CE

ユーザが選択したルート Content Engine の名前。

Current Root CE

現行のルート Content Engine の名前。ユーザが選択したルートがアクティブであるかぎり、現行のルート Content Engine は、ユーザが選択したルート Content Engine と同じです。何らかの原因で失敗した場合は、一時的なルート Content Engine が現行のルート Content Engine となります。

Disk Quota Used

チャネルに使用されている使用可能なディスク スペース容量。

Status

ルート Content Engine の状態(ルート Content Engine の状況の説明については、 表11-6 を参照)。

Manifest Last Modified Time

マニフェスト ファイルが最後に保存された時刻。これは Content Engine 上に記録されます。

Manifest Last Checked Time

ルート Content Engine がマニフェスト ファイルの変更を最後にチェックした時刻。

 

表11-5 チャネルに割り当てられたデバイスの複製状況

フィールド
説明

Device

チャネルに割り当てられている Content Engine の名前。

Type

Content Engine のタイプ:root(ルート)、receiver(受信側)、temporary root(一時的なルート)のいずれか。

Status

グラフィカル表示にて取得、複製、およびデバイス エラーを表示します。ステータス ライトは検出されたもっとも高いレベルを示しています。

緑 ― エラーは検出されません。

黄 ― マイナー エラーのみ検出。

赤 ― 少なくとも 1 つのクリティカル エラーを検出(取得失敗、コンテンツ複製失敗、Content Engine に障害発生または Content Engine からの応答なしなど)。

エラーの詳細については、ステータス ライトをクリックします。ダイアログ ボックスに、エラー リストが表示されます(ステータス エラーおよびそれに対応するステータス ライトの説明については、 表11-2 を参照)。

State

ルート Content Engine または受信側 Content Engine いずれかの状態(Content Engine の状態については、 表11-6 を参照)。

Last Report Time

Content Engine からの最後のレポートを Content Distribution Manager が受信した時刻。タイム スタンプには Content Distribution Manager のクロックを使用します。

File Count

Completed

Content Engine が正常に取得または受信したファイルの数。

In Process

取得または複製する新しいファイルの数。以前に取得または複製の行われていないファイルのみが対象です。

Failed

ルート Content Engine:少なくとも 1 度は取得を失敗しているファイルの数。

受信側 Content Engine:少なくとも 1 度は複製を失敗しているファイルの数。


) 受信側 Content Engine の失敗のカウントは、ルート Content Engine の失敗のカウントとは関係ありません。ルート Content Engine が項目の複製に失敗すると、受信側はその項目を「In Process」とカウントします。


 

Total

Completed、In Process、および Failed のファイル数の合計。

 

表11-6 Content Engine の状態

状態
説明

ルート Content Engine

Retrieving Manifest

ルート Content Engine がオリジン サーバからマニフェスト ファイルを取得しているか、またはマニフェスト ファイルに変更があるかを再チェックしています。

Processing Manifest

ルート Content Engine はマニフェスト ファイルを取得し、解析中です。

Acquiring Content

ルート Content Engine はマニフェスト ファイルの処理を完了し、コンテンツをクロールまたは取得しています。

Re-checking Content

ルート Content Engine はコンテンツ、またはクロール ジョブ更新のチェック中です。

No Status Reported

No Status Reported の意味は、次のとおりです。

ルート Content Engine は、ポーリング期間中連続して 3 回通信不能でした。

ルート Content Engine は、オフラインです。

Content Distribution Manager は最近再起動したばかりで、ルート Content Engine からまだレポートを受け取っていません。

Completed

ルート Content Engine は、Retrieving、Processing、Acquiring、Re-checking、または、Unreachable のいずれの状態でもありません。

受信側 Content Engine

Pending Update from Root

受信側 Content Engine は、ルート Content Engine と同期していません。

Replicating

受信側 Content Engine は、ルート Content Engine と同期して、コンテンツを複製しています。

Completed

受信側 Content Engine は、エラーが発生することなくすべてのコンテンツの複製を終了しました。

Recovering from Failure

受信側Content Engine は、ルート Content Engine を識別できていません。この状態は、ルート Content Engine から一時的な ルート Content Engine へのフェールオーバー中に発生します。

No Status Reported

No Status Reported の意味は、次のとおりです。

受信側 Content Engine は、ポーリング期間中連続して 3 回通信不能でした。

受信側 Content Engine は、オフラインです。

Content Distribution Manager は最近再起動したばかりで、受信側 Content Engine からまだレポートを受け取っていません。

 


 

特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

チャネルのコンテンツ項目の詳細な複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Services > Web > Channels の順に選択します。Channels ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 複製状況を表示するチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 3 Contents ペインから、 Replication Status を選択します。Replication Status for Channel ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 View Detailed Replication Status セクション(図11-3 を参照)では、Search Criteria フィールドを使用して、Get Detailed Status にストリングを入力します。1 つ以上の文字との一致を示すには、アスタリスク(*)を使用します。1 文字のみとの一致を示すには、疑問符(?)を使用します。

条件は、マニフェスト ファイルの <item> タグに指定された相対cdn-url 属性と照合されます。検索条件は、*.htm または *clip.mpeg などのワイルドカードの指定によって開始することを推奨します。

ステップ 5 指定した項目を取得するには、 Go ボタンをクリックします。Replication Items ウィンドウには、特定のチャネルにおけるコンテンツ項目の複製状況が表示されます(図11-4 を参照)。 表11-7 では、このウィンドウに表示される情報を説明します。

図11-4 特定チャネルにおけるコンテンツ項目の複製状況

 

 

表11-7 チャネルにおける項目の複製状況

カラム見出し
説明

Url

Web サイトのコンテンツがあるオリジン Web サーバの URL。

Size

取得またはクロールするファイルのサイズ。

Status

そのチャネルのコンテンツの複製状況。チャネルに割り当てられたすべての Content Engine 上で複製が完了した場合、状況は Complete として示されます。

Replied CEs

この項目を複製した Content Engine の数。

Playtime

ファイルの再生時間。

Modification Time

アクティブ Content Engine からそのチャネルに対する最も早い更新のタイム スタンプ。

 


 

デバイスごとの特定チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

コンテンツ項目の複製状況を詳細に判別するために照会を行うと、大規模な CPU サイクルがトリガーされ、メモリが大量に消費されます。これは、1 つのチャネルに割り当てられているすべての Content Engine をポーリングする必要があり、取得される複製状況が、Content Distribution Manager のメモリにキャッシュされるためです。この結果、パフォーマンスが低下します。特定のコンテンツ項目の複製状況を詳細に取得するとともに、メモリ リソースの使用量を最適化するために、1 つのチャネルに割り当てられた 1 つの Content Engine を選択し、照会を生成することができます。

デバイスごとのチャネルの詳細な複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Services > Web > Channels の順に選択します。Channels ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 表示するチャネルの横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 3 Contents ペインから、 Replication Status を選択します。Replication Status for Channel ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Devices Assigned to Channel セクション(図11-3 を参照)で、表示するデバイス名の横にあるオプション ボタンをクリックします。

ステップ 5 View Detailed Replication Status for Channel by Device セクションで行う作業は、次のとおりです。

a. コンテンツ項目を Get ドロップダウン リストから選択します( all replicated 、または nonreplicated )。

b. Search Criteria for Selected Device フィールドに、表示するコンテンツ項目のタイプを指定するストリングを入力します。

c. 指定した項目を取得するには、 Go ボタンをクリックします。

たとえば、選択したデバイスのSearch Criteria *.wmv を使用して、Get replicated コンテンツ項目を入力します。


) 1 つ以上の文字との一致を示すには、アスタリスク(*)を使用します。1 文字のみとの一致を示すには、疑問符(?)を使用します。


選択したデバイスの Replication Items フィールドが表示されます(図11-5 を参照)。 表11-8 では、このウィンドウに表示されるフィールドを示します。

図11-5 選択したデバイスの複製項目

 

 

表11-8 デバイスごとのあるチャネルにおける項目の複製状況

カラム見出し
説明

Url

Web サイトのコンテンツがあるオリジン Web サーバの URL。

Size

取得またはクロールするファイルのサイズ。

Status

選択した Content Engine のコンテンツの複製の状況。

Playtime

ファイルの再生時間。

Modification Time

オリジン サーバに記録された、コンテンツ項目最新アップデートの GMT(グリニッジ標準時)タイム スタンプ。


) 選択したデバイスの Replication Items ウィンドウのタスクバーから Force replication
information refresh
アイコンをクリックすると、このチャネルに割り当てられた Content Engine から情報を再取得するかどうかを確認するダイアログ ボックスが、システムから表示されます。更新プロセスを続行するには、OK をクリックします。要求がキューに入れられたことが通知され、しばらく後に再度確認するようプロンプトが表示されます。


ステップ 6 このウィンドウから検索条件を絞り込む手順は、次のとおりです。

a. Get ドロップダウン リストで選択を行います。

b. Search Criteria フィールドに、検索ストリングを入力します。

c. 指定した項目を取得するには、 Go ボタンをクリックします。

ステップ 7 Replication Status for Channel ウィンドウに戻るには、Content Distribution Manager GUI タスクバーにあるストレート ブルーの Back の矢印をクリックします(ブラウザの Back ボタンではありません)。


 

あるチャネル内のすべての Content Engine にわたるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

オリジン サーバの URL を選択し、すべての Content Engine にわたってコンテンツ項目の詳細な複製状況を要求して、統合複製状況要求をトリガーすることができます。Detailed Item Replication Status ウィンドウで、複製状況がキャッシュに最後に保存された時刻(GMT)を示すタイム スタンプを表示して、詳細なコンテンツ複製状況の更新についての情報を得られます。

あるチャネル内のすべてのデバイスにわたって同一の項目の詳細な複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Services > Web > Channels の順に選択します。Channels ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 複製状況を表示するチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 3 Contents ペインから、 Replication Status を選択します。Replication Status for Channel ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 View Detailed Replication Status セクション(図11-3 を参照)では、Search Criteria フィールドを使用して、Get Detailed Status にストリングを入力します。1 つ以上の文字との一致を示すには、アスタリスク(*)を使用します。1 文字のみとの一致を示すには、疑問符(?)を使用します。

条件は、マニフェスト ファイルの <item> タグに指定された相対cdn-url 属性と照合します。検索条件は、*.htm または *clip.mpeg などのワイルドカードの指定によって開始することを推奨します。

ステップ 5 指定した項目を取得するには、 Go ボタンをクリックします。Replication Items ウィンドウには、特定のチャネルにおけるコンテンツ項目の複製状況が表示されます(図11-4 を参照)。

ステップ 6 表示する URL の横にある View アイコンをクリックします。Replication Items ウィンドウには、そのチャネルにおける各 Content Engine のコンテンツ項目の複製状況が表示されます(図11-6 を参照)。 表11-9 では、このウィンドウ内のフィールドについて説明します。

図11-6 チャネル内のすべてのContent Engine のコンテンツ項目の複製状況

 


) Replication Items ウィンドウでの表示件数は、スケーラビリティの理由により設計上特に、5000 オブジェクトまでに制限されています。これはシステム上の制限で、複製状況報告において特別に強制されるわけではありません。


 

表11-9 1 つのチャネルにあるすべてのContent Engine の 1 つのコンテンツ項目の複製状況

カラム見出し
説明

CE

その項目が複製された Content Engine の名前。

Size

取得またはクロールするファイルのサイズ。

Status

そのチャネルのコンテンツの複製状況。チャネルに割り当てられたすべての Content Engine 上で複製が完了した場合、状況は Complete として示されます。

Playtime

ファイルの再生時間。

Modification Time

オリジン Web サーバ上に記録された、コンテンツ項目の最新アップデートのタイム スタンプ。

ステップ 7 Replication Status for Channel ウィンドウに戻るには、Content Distribution Manager GUI タスクバーにあるストレート ブルーの Back の矢印をクリックします(ブラウザの Back ボタンではありません)。


 

Content Engine ごとのシステム全体の複製状況の表示

デバイスごとのシステム全体の複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、Devices > Statistics > Replication Status の順に選択します。Device Replication Status ウィンドウが表示されます。

このウィンドウは、所定の状態で特定の Content Engine に関連付けられているすべてのチャネルの複製状況をまとめたものです(図11-7 を参照)。

図11-7 Device Replication Status ウィンドウ

 

ステップ 2 デバイスごとの複製状況情報を表示します。 表11-10 では、このウィンドウに表示される状況情報について説明します。

 

表11-10 Device Replication Status ウィンドウ

カラム見出し
説明

Device

Content Engine の名前。

Status

グラフィカル表示にて取得、複製、およびデバイス エラーを表示します。ステータス ライトは検出されたもっとも高いレベルを示しています。

緑 ― エラーは検出されません。

黄 ― マイナー エラーのみ検出。

赤 ― 少なくとも 1 つのクリティカル エラーを検出(取得失敗、コンテンツ複製失敗、Content Engine に障害発生または Content Engine からの応答なしなど)。

(ステータス エラーおよびそれに対応するステータス ライトの説明については、 表11-2 を参照)。

Channel Count

特定の状態にある Content Engines を報告するチャネルの数(Content Engine の状態については、 表11-6 を参照)。

Completed

Completed 状態にあるこの Content Engine を報告するチャネルの数。

In Process

In Process の意味は、次のとおりです。

Retrieving Manifest、Processing Manifest、Acquiring Content、または Re-checking Content のいずれかの状態にあるこの Content Engine を(ルート Content Engineとして)報告するチャネルの数。

Pending Update、Replicating、または Recovering from Failure のいずれかの状態にあるこの Content Engine を(受信側 Content Engineとして)報告するチャネルの数。

Failed

Failed または Failed Update 状態にあるこの Content Engine を報告するチャネルの数。

Unknown

No Status Reported 状態にあるこの Content Engine を報告するチャネルの数。

ステップ 3 特定の Content Engine に割り当てられている個々のチャネルの複製状況を表示するには、次の 特定の Content Engine の複製状況の表示 を参照してください。


 

特定の Content Engine の複製状況の表示

特定の Content Engine の複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、Devices > Statistics > Replication Status の順に選択します。Device Replication Status ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 表示する Content Engine の横にある View アイコンをクリックします。Replication Status for Device ウィンドウが表示されます。

Replication Status for Device ウィンドウには、特定の Content Engine に割り当てられている個々のチャネルの複製状況が表示されます。この情報は、チャネル別、またはこのウィンドウに表示されているその他のカテゴリ別にフィルタを設定できます(図11-8 を参照)。

表11-5 では、このウィンドウに表示されているステータス情報を説明します。ただし、このウィンドウの最初のカラムには、例外的に、 表11-5 で説明しているチャネル内のデバイスではなく、Content Engine が割り当てられているチャネルが表示されています。

図11-8 Replication Status for Device ウィンドウ

 

 

ステップ 3 選択したチャネルへの Content Engine 転送側パスを表示するには、チャネル名の横にある View アイコンをクリックします。Replication Status for Device ウィンドウに戻るには、Contents ペイン内の Replication Status をクリックします。

ステップ 4 選択したチャネルの複製の詳細を表示するには、次の Content Engine ごとの選択チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示 を参照してください。


 

Content Engine ごとの選択チャネルにおけるコンテンツ項目の詳細な複製状況の表示

詳細な複製状況を要求すると、集計複製状況アップデート要求がトリガーされます。これによって、Content Engine と Content Distribution Manager の両方のキャッシュ状態が同時に更新されます。

Content Engine ごとに選択されたチャネルのコンテンツ項目の複製状況を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、Devices > Statistics > Replication Status の順に選択します。Device Replication Status ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 表示する Content Engine の横にある View アイコンをクリックします。Replication Status for Device ウィンドウが表示されます(図11-8 を参照)。

ステップ 3 選択したチャネルの詳細な複製状況を表示するには、チャネル名の横にあるオプション ボタンをクリックします。

ステップ 4 Get ドロップダウンリストから表示する項目のタイプを選択します( all replicated 、または non replicated )。

ステップ 5 Search Criteria for Selected Device フィールドに、正規表現( *.html *.mpg *.jpg 、または *.* など)を入力します。1 つ以上の文字との一致を示すには、アスタリスク(*)を使用し、1 文字のみとの一致を示すには、疑問符(?)を使用します。

ステップ 6 指定した項目を取得するには、 Go ボタンをクリックします。Replication Items - Channel:Content Engine ウィンドウが表示されます(図11-9 を参照)。 表11-11 では、このウィンドウに表示されるフィールドを説明しています。


) Replication Items - Channel:Content Engine ウィンドウでの表示件数は、スケーラビリティの理由により設計上、特に 5000 オブジェクトまでに制限されています。これはシステム上の制限で、複製状況報告において特別に強制されるわけではありません。


図11-9 Replication Items - Channel:Content Engine ウィンドウ

 

 

表11-11 選択されたチャネル内にある Content Engine の複数の項目の複製状況

カラム見出し
説明

URL

Web サイトのコンテンツがあるオリジン Web サーバの URL。

Size

取得またはクロールするファイルのサイズ。

Status

ルート Content Engine からのコンテンツ複製状況。

Playtime

ファイルの再生時間。

Modification Time

アクティブ Content Engine からそのチャネルに対する最も早い更新のタイム スタンプ。

ステップ 7 検索の質を高めるために、必要に応じてドロップダウン リストから項目タイプを変更するか、または別のファイル タイプ(たとえば、 *.html *.mpg 、または *.jpg など)を Search Criteria フィールドで指定します。指定した項目を取得するには、 Go ボタンをクリックします。

ステップ 8 最新のコンテンツ複製情報を強制的に再取得するには、タスク バー内の Force replication information refresh アイコンをクリックします。特定のチャネルに割り当てられた Content Engine から情報を再取得するかどうかを確認するように求められます。

ステップ 9 更新プロセスを続行するには、 OK をクリックします。要求が送信されたことが通知され、数分後に確認するように指示されます。

ステップ 10 Replication Status for Device ウィンドウに戻るには、タスクバー内のストレート ブルーの Back ボタンをクリックします。


 

CLI コマンドを使用した複製状況の表示

Content Engine CLI から、次のコマンドを使用してチャネルのコンテンツ複製状況を表示することができます。

show distribution channel channel-id コマンドを使用して、チャネルについて完了していないジョブがリストされているかどうかを確認します。この例の最後の行は、完了していないジョブがないことを示しています。

ContentEngine# show distribution channel channel-id 158
Channel ID: 158
Channel Name: sz300
Website Name: website3
Channel Priority: 500
ID of Configured Root CE: 140
Name of Configured Root CE: sz590b
IP of Configured Root CE: 10.1.1.170
This CE's Role: Not a Root CE
In Full Reload: No
Mcast Receiving: No
Mcast Sending: No
Metadata-Forwarder ID: 140
Metadata-Forwarder Name: sz590b
Metadata-Forwarder IP: 10.1.1.170
Ucast-Forwarder ID: 140
Ucast-Forwarder Name: sz590b
Ucast-Forwarder IP: 10.1.1.170
Last gen-id Switch: Never
ID of Effective Root CE: 140
Current root-ce-uid: 1042665163
Current low-water-marker: 1
Current max-gen-id: 300
Current max-del-gen-id: 0
Has Unfinished Job: No

) Has Unfinished Job 行が使用可能なのは、Content Engine がルート Content Engine でない場合のみです。受信側 Content Engine 上でのみ使用可能です。


show statistics replication コマンドを使用して、チャネルの複製状況を表示します。
show statistics replication コマンドは、取得と複製時のファイル カウント状況を連続的に表示します。

Content Distribution Manager の show statistics replication コマンドからの出力例を次に示します。

CDM# show statistics replication channels selected-channel ws1 ch1c
Channel: ch1c
State: Completed
Status: Green
User Selected Root CE: ce-s4
Current Root CE: ce-s4
Receiver CEs Completed: 1
Receiver CEs In Progress: 0
Receiver CEs Failed: 0
Receiver CEs Not Responding: 0
 
Displaying Device Acquisition Replication Status
Device: ce-s4 (CE ID: 92)
Channel: ch1c (Channel ID: 246)
Website: ws1
Type: Root
State: Completed
Status: Green
Completed: 1
To Do: 0
Failed: 0
Total: 1
Last Report Time: Mon Apr 19 20:37:43 GMT 2004
Disk Quota Used: 281.171 KB
Manifest Last Modified: Mon Sep 29 14:59:01 GMT 2003
Manifest Last Check: Wed Apr 14 18:19:12 GMT 2004
Manifest State: Completed
 
Displaying Device Distribution Replication Status
Device: CE2 (CE ID: 97)
Channel: ch1c (Channel ID: 246)
Website: ws1
Type: Receiver
State: Completed
Status: Green
Completed: 1
To Do: 0
Failed: 0
Total: 1
Last Report Time: Mon Apr 19 20:32:16 GMT 2004
 
Detailed Error for CE2
 

選択したチャネルの Content Engine の複製状況の出力例を次に示します。

CDM# show statistics replication content-engines selected-channel ws1 ch1c
Displaying Device Acquisition Replication Status
Device: ce-s4 (CE ID: 92)
Channel: ch1c (Channel ID: 246)
Website: ws1
Type: Root
State: Completed
Status: Green
Completed: 1
To Do: 0
Failed: 0
Total: 1
Last Report Time: Mon Apr 19 20:42:38 GMT 2004
Disk Quota Used: 281.171 KB
Manifest Last Modified: Mon Sep 29 14:59:01 GMT 2003
Manifest Last Check: Wed Apr 14 18:19:12 GMT 2004
Manifest State: Completed
 
Displaying Device Distribution Replication Status
Device: CE2 (CE ID: 97)
Channel: ch1c (Channel ID: 246)
Website: ws1
Type: Receiver
State: Completed
Status: Green
Completed: 1
To Do: 0
Failed: 0
Total: 1
Last Report Time: Mon Apr 19 20:42:12 GMT 2004
 
Detailed Error for CE2
 

Content Engine の show statistics replication コマンドからの出力例を次に示します。

ContentEngine# show statistics replication channels selected-channel ws1 ch1c
Displaying Device Acquisition Replication Status
Device: ce-s4 (CE ID: 92)
Channel: 5001Item (Channel ID: 412)
Website: ws1
Type: Root
State: Re-checking Content
Status: Green
Completed: 5001
To Do: 0
Failed: 0
Total: 5001
Last Report Time: Mon May 03 14:09:45 GMT 2004
Disk Quota Used: 1.340 GB
Manifest Last Modified: Wed Dec 18 15:15:49 GMT 2002
Manifest Last Check: Thu Apr 29 12:02:45 GMT 2004
Manifest State: Completed
 
Displaying Device Acquisition Replication Status
Device: ce-s4 (CE ID: 92)
Channel: syntaxError (Channel ID: 280)
Website: ws1
Type: Root
State: Processing Manifest
Status: Red
Completed: 0
To Do: 0
Failed: 0
Total: 0
Last Report Time: Mon May 03 14:09:45 GMT 2004
Disk Quota Used: 0 Bytes
Manifest Last Modified: Thu Oct 03 11:00:19 GMT 2002
Manifest Last Check: Mon May 03 14:08:13 GMT 2004
Manifest Error: Syntax Error: Parser Error at (line 5, char 35): Datatype error: Type:InvalidDatatyp
eValueException, Message:The unary operation node had a binary node type.
Manifest State: Fail Parsing Manifest
7.3.4.2 Get selected channel
CE#sh statistics replication channels selected-channel ws1 ch1c
Displaying Device Acquisition Replication Status
Device: ce-s4 (CE ID: 92)
Channel: ch1c (Channel ID: 246)
Website: ws1
Type: Root
State: Completed
Status: Green
Completed: 1
To Do: 0
Failed: 0
Total: 1
Last Report Time: Mon May 03 14:08:50 GMT 2004
Disk Quota Used: 281.171 KB
Manifest Last Modified: Mon Sep 29 14:59:01 GMT 2003
Manifest Last Check: Wed Apr 14 18:19:12 GMT 2004
Manifest State: Completed