ローカル管理配置に関する Cisco ACNS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.3
トラブルシューティング
トラブルシューティング
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

目次

トラブルシューティング

HTTP CLI クライアントによるトラブルシューティング

ログ表示ツールによるトラブルシューティング

Telnet クライアントによるトラブルシューティング

Ping によるトラブルシューティング

traceroute によるトラブルシューティング

WMT 診断ツールによるトラブルシューティング

トラブルシューティング

この章では、ローカル側で管理される環境(スタンドアロン Content Engine)でのトラブルシューティングの方法を説明します。この章の構成は、次のとおりです。

「HTTP CLI クライアントによるトラブルシューティング」

「Ping によるトラブルシューティング」

「traceroute によるトラブルシューティング」

「WMT 診断ツールによるトラブルシューティング」


) この章で使用される CLI コマンドの構文と使用方法については、『Cisco ACNS Software Command Reference, Release 5.3』を参照してください。

Content Router、Content Distribution Manager、または、Content Distribution Manager に登録されている Content Engine(Content Distribution Manager に登録されていない Content Engine の場合とは異なる)のトラブルシューティングについては、『中央管理配置に関する Cisco ACNS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Release 5.3』を参照してください。


HTTP CLI クライアントによるトラブルシューティング

ACNS 5.2 ソフトウェア以降では、HTTP CLI クライアントがサポートされています。この機能を使用すると、接続をテストし、キャッシングに関する問題をデバッグできます。エンド ユーザが Content Engine CLI からデバッグを行う場合は、test-url EXEC コマンドを使用します。このコマンドを使用すると、Web サーバやプロキシ サーバを介して、URL へのアクセス可能性や接続性をテストできます。HTTP、HTTPS、および FTP プロトコルを介した URL の機能をテストできます。このコマンドでは、HTTP プロキシ サーバおよび FTP プロキシ サーバを介して、URL の機能がテストされます。次のコマンド出力は、標準出力(コンソール)に表示されます。

ContentEngine# test-url ?
ftp For request over FTP
http For request over HTTP
https For request over HTTPS
 

表22-1 では、test-url コマンドについて説明しています。

 

表22-1 test-url CLI コマンド

Content Engine の test-url CLI コマンド
説明

test-url http test-URL

指定した URL (テスト URL)への接続性をテストする。HTTP プロキシ サーバ(Content Engine)を介して、URL への接続性(HTTP を介したコンテンツ要求)がテストされます。また、HTTP 要求認証、プロキシ認証、HTTP HEAD 要求、カスタム ヘッダーもテストされます。

ContentEngine# test-url http ?

custom-header Custom header to send to server

head-only To fetch only header information

use-http-proxy Test a url through a proxy. This option can be used only with http protocol

test-url https test-URL

指定した URL (HTTPS を介したコンテンツ要求)への接続性をテストする。HTTPS 要求認証や HTTPS HEAD 要求もテストされます。

ContentEngine# test-url https ?

WORD The test url. Format https://domain.com/path or

https://user:password@domain.com/path

test-url ftp test-URL

指定した URL (テスト URL)への接続性をテストする。FTP プロキシ サーバ(Content Engine)を介して、URL への接続性(FTP [FTP-over-HTTP] を介したコンテンツ要求)がテストされます。FTP-over-HTTP 要求に対する HTTP 認証および、プロキシ認証もテストされます。

ContentEngine# test-url ftp ?

WORD The test url. Format ftp://domain.com/path or ftp://user:password@domain.com/path

 

ContentEngine# test-url ftp use-ftp-proxy ?

use-ftp-proxy Test a url through a proxy. This option can be used only with

http protocol

test-url EXEC コマンドを使用する際には、次のいずれかの形式でテスト URL (test-url protocol test-URL EXEC コマンド)を指定できます。

http://domain.com/path or http://user:password@domain.com/path

次の例では、テスト URL(www.cisco.com)に対して HTTP 要求を行い、要求は成功しています。

ContentEngine# test-url http http://www.cisco.com
--17:34:50-- http://www.cisco.com/=> `/dev/null'
Len - 21 , Restval - 0 , contlen - 0 , Res - 134728056Resolving www.cisco.com
done.
Connecting to www.cisco.com[192.168.0.0]:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response...
1 HTTP/1.1 200 OK
2 Date: Fri, 25 Jun 2004 17:09:06 GMT
3 Server: Apache/1.0 (Unix)
4 Content-Type: text/html
5 Set-Cookie: CP_GUTC=172.16.0.0.133781088183346835; path=/; expires=T
19-Jun-29 17:09:06 GMT; domain=.cisco.com
6 Via: 1.1 Application and Content Networking System Software 5.2.0
7 Connection: Close
(-1 to go)
[<=> ] 0 --.--K/s
en - 1185 ELen - 0 Keepalive - 0
[ <=> ] 56,249 1.38M/s
 
17:34:50 (1.38 MB/s) - `/dev/null' saved [56249]
 

次の例では、ホストが見つからなかったため、テスト URL(gmail.google.com)への HTTPS 要求が失敗したことを示しています。

ContentEngine# test-url https https://gmail.google.com head-only
--17:43:13-- https://gmail.google.com/=> `/dev/null'
Len - 25 , Restval - 0 , contlen - 0 , Res - 134728056Resolving gmail.google.com
...
Resolving gmail.google.com failed: Host not found.
 

次の例では、テスト URL は、要求用 FTP プロキシとして Content Engine を使用した FTP-over-HTTP 要求を示しています。

ContentEngine# test-url ftp ftp://1234567:pAB6rB7x@smartfilter.com use-ftp-proxy ?
WORD Proxy-url. Format http://proxyIp:proxyPort or
http://proxyUser:proxypasswd@proxyIp:proxyPort
ContentEngine# test-url ftp ftp://1234567:pAB6rB7x@smartfilter.com use-ftp-proxy ?
172.16.0.0:8080
 

ログ表示ツールによるトラブルシューティング

ACNS 5.2 ソフトウェア以降では、less EXEC コマンドを使用して、表示対象の ACNS ソフトウェア ログのファイル名を指定します。

ContentEngine# less ?
WORD file name

Telnet クライアントによるトラブルシューティング

ACNS 5.2.1 ソフトウェア以降では、Telnet CLI クライアントがサポートされています。この Telnet クライアントを使用すると、宛先ポートを指定できます。Content Engine CLI から Web サイトに対して telnet での接続を実行することによって、Web サイトをテストできます。この機能をサポートするために、telnet EXEC コマンドが追加されました。

ContentEngine# telnet ?
Hostname or A.B.C.D Remote host or IP address

Ping によるトラブルシューティング

基本的なネットワークの接続性を診断するため、ネットワーク上にエコー パケットを送信する場合は、ping EXEC コマンドを使用します。

ping { hostname | ip-address } | PING options

ACNS 5.2.1 ソフトウェア以降では、ping EXEC コマンドの機能により、すべての標準 ping オプションがコマンド引数としてサポートされます (標準 ping オプションの詳細は、Linux の man ページを参照)。

ContentEngine# ping ?
LINE Destination Host or IP Address (or PING options)
 

hostname 引数とともに ping EXEC コマンドを使用する場合は、Content Engine 上で DNS の機能を設定しておくようにしてください。応答がないホストに対してタイムアウトを強制実行する場合、またはループの繰り返しを排除する場合は、 Ctrl-C キーを押します。

次の例では、Content Engine CLI から IP アドレス 172.19.131.189 のホストに対して ping することを示しています。

ContentEngine# ping 172.19.131.189
PING 172.19.131.189 (172.19.131.189) from 10.1.1.21 : 56(84) bytes of data.
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=0 ttl=249 time=613 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=1 ttl=249 time=485 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=2 ttl=249 time=494 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=3 ttl=249 time=510 usec
64 bytes from 172.19.131.189: icmp_seq=4 ttl=249 time=493 usec
 
--- 172.19.131.189 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max/mdev = 0.485/0.519/0.613/0.047 ms
 

ACNS 5.2.1 ソフトウェア以降では、 ping EXEC コマンドの機能により、すべての標準 ping オプションがサポートされます (標準 ping オプションの詳細は、Linux の man ページを参照)。

ContentEngine# ping ?
LINE Destination Host or IP Address (or PING options)

traceroute によるトラブルシューティング

traceroute は、ほとんどのオペレーティング システム上で広く使用されているユーティリティです。traceroute は、ping と同様に、ネットワークの接続状態を判定する重要なツールです。ping を使用すると、ユーザは、2 つのエンド システム間が接続されているかどうかを知ることができます。traceroute は ping と同様に動作しますが、さらに 2 つのシステム間を中継する中間ルータもリストされます。したがって、ユーザは、あるシステムから別のシステムにパケットが移動するルートを知ることができます。

ホスト名または IP アドレスが既知の場合にリモート ホストへのルートを検出するには、 traceroute EXEC コマンドを使用します。

ContentEngine# traceroute yahoo.com
traceroute to 66.218.71.113 (66.218.71.113), 30 hops max, 38 byte packets
***
***
***
***
10 p3-3.paloalto-cr2.bbnplanet.net (4.0.26.13) 3.219 ms 2.001 ms 2.097 ms
11 p7-1.paloalto-nbr2.bbnplanet.net (4.0.6.77) 3.133 ms 1.949 ms 2.076 ms
12 p4-0.paloalto-nbr1.bbnplanet.net (4.0.5.65) 2.755 ms 2.204 ms 2.037 ms
13 p1-0.paix-bi2.bbnplanet.net (4.0.6.98) 2.928 ms 2.146 ms 2.334 ms
14 p1-0.xpaix17-level3.bbnplanet.net (4.0.1.70) 3.397 ms 3.631 ms 3.081 ms
15 gige10-0.ipcolo4.SanJose1.Level3.net (64.159.2.42) 3.334 ms 2.999 ms 2.388 ms
16 cust-int.level3.net (64.152.69.18) 3.871 ms 3.031 ms *
17 ge-3-3-0.msr1.pao.yahoo.com (192.168.101.42) 3.695 ms ge-2-3-0.msr2.pao.yahoo.com (192.168.101.46) 6.998 ms *
18 vl16.bas1.scd.yahoo.com (66.218.64.146) 6.282 ms 5.091 ms 5.162 ms
19 w2.rc.scd.yahoo.com (66.218.71.113) 6.028 ms 5.782 ms 5.544 ms

WMT 診断ツールによるトラブルシューティング

ACNS 5.3.1 ソフトウェア以降では、Content Engine CLI を介して次の 3 つの WMT 診断ツールにアクセスできます。

asfhead:Windows Media ファイル(たとえば .asf、.wmv、または wma ファイル)のヘッダーを検証します。

asfhead ツールにアクセスするには、次のように show wmt diagnostics header-info stream-file EXEC コマンドを入力します。

ContentEngine# show wmt diagnostics header-info stream-file word
 

where word is a local file.

nschead:.nsc ファイルのヘッダーを検証します。

.nsc ファイルは、マルチキャスト ステーションが設定されるときに作成されます。このツールは、マルチキャスト デバッグに有効です。nschead ツールにアクセスするには、次のように show wmt diagnostics header-info nsc-file EXEC コマンドを入力します。

ContentEngine# show wmt diagnostics header-info nsc-file .nsc-filename
 

mmsdig:tcpdump トレース(または標準ネットワーク トレース出力)で取り込む MMS プロトコル(バイナリ プロトコル)をデコードします。

このツールにアクセスするには、次のように show wmt diagnostics network trace EXEC コマンドを入力します。

ContentEngine# show wmt diagnostics network-trace ?
WORD Local tcpdump file.
 

mmsdig ツールは、次のように MMS プロトコルのデコーディングをサポートします。

ContentEngine# show wmt diagnostics ?
header-info Display header information
network-trace Display mms diagnostics information
 

mmsdig ツールは、現在は RTSP、RTP、および RTCP プロトコルのデコーディングをサポートしていません。ACNS 5.3.1 ソフトウェアでは、Windows Media 9 のクライントおよびサーバー用の RTSP サポートが追加されました。

次の例では、 show wmt diagnostics header-info stream-file EXEC コマンドからの注釈付き出力を示します。この例では、このコマンドは、256.wmv という名前の .wmv ファイルのヘッダーを表示するために使用されています。このコマンド出力例に関する注釈は、ボールド体で強調表示され、丸カッコで囲まれています。

ContentEngine# show wmt diagnostics header-info stream-file 256.wmv
Description object:
VBR info object (2 streams) (VBR: variable bit rate file)
streamid 1 bitrate 34319 (0000860f) (in this file there are 2 bit rates)
streamid 2 bitrate 195798 (0002fcd6)
Global properties object:
GUID = f9 dd df 7e 6c 80 85 46 83 3c c1 23 4b 2f 4f 6b (object ID)
File Size = 8104309 (object size)
Total Packets = 2816 (total number of data packets)
Time_mkin = 0x0000000001c0debc
Time_mkout = 0x00000000a9e1af60
Send duration = 2817510000 (Specifies the time needed to send the file
in 100-nanosecond units)
Broadcast Flag = 0
Seekable Flag = 1
Minimum Packet Size = 2877 (Specifies the minimum data packet size in bytes)
Max Packet Size = 2877 (Specifies the maximum data packet size in bytes)
Max Bitrate = 230117 (Specifies the maximum instantaneous bit rate in
bits per second for the entire file)
Unknown object:
uuid: b5 3 bf 5f 2e a9 cf 11 8e e3 0 c0 c 20 53 65 len: 0x16
00000000: 11 d2 d3 ab ba a9 cf 11 8e e6 00 c0 0c 20 53 65
00000010: 06 00 00 00 00 00
Extended Content Description Object (two entries):
WMFSDKVersion (unicode) 7.00.00.1956
WMFSDKNeeded (unicode) 0.0.0.0000
Codec description object (2 streams) (audio and video codec information)
Type = 0x2
Description = Windows Media Audio V7
32 kbps, 32 kHz, stereo
ID = 61 01
Type = 0x1
Description = Windows Media Video V7
ID = 57 4d 56 31
Index:
Index #0
Interval = 10000000
Max_pkt# = 9
Entry = 286
Stream ID = 0
 

次の例では、 show wmt diagnostics header-info nsc-file EXEC コマンドからの注釈付き出力を示します。この例では、このコマンドは、estmcast.nsc という名前の .nsc ファイルのヘッダーを表示するために使用されています。

ContentEngine# show wmt diagnostics header-info nsc-file testmcast.nsc
Press Ctrl-C to abort, if no information is shown within 30 secs.
 
[Address]
Time To Live=0x00000005 (ttl)
IP Address=233.33.33.33 (Multicast address that is configured.)
IP Port=0x00000D10 (Multicast port that is configured.)
Delivery Mode=0x00000002
NSC Format Version=3.0 (version of NSC format)
[Description]
Description=
Auto Archive=0x00000000
Format1 id 4d2
Description1=http://192.168.192.4:8080 (Source of the media stream,
for example, the WMT server/encoder)
 
header information:
 
output_head() starting
Description object:
clip: WMT Live testing (title of the stream, configured
on the WMT server/encoder)
author: John Doe (author of the stream,
configured on the WMT server/encoder)
VBR info object (2 streams)
streamid 1 bitrate 34995 (000088b3)
streamid 2 bitrate 253711 (0003df0f)
Global properties object:
GUID = 33 36 59 e6 6a 7d 4e 49 99 5e cf 71 39 b9 61 54
(guid: unique identifier of this stream)
File Size = 2810 (size in bytes)
Total Packets = 4294967295
Time_mkin = 0x0000000001c4de45
Time_mkout = 0x0000000000000000
Send duration = 0
Broadcast Flag = 1
Seekable Flag = 0
Minimum Packet Size = 1444
Max Packet Size = 1444
Max Bitrate = 288706
Unknown object:
uuid: b5 3 bf 5f 2e a9 cf 11 8e e3 0 c0 c 20 53 65 len: 0x707
00000000: 11 d2 d3 ab ba a9 cf 11 8e e6 00 c0 0c 20 53 65
00000010: 06 00 f1 06 00 00 a9 46 43 7c e0 ef fc 4b b2 29
00000020: 39 3e de 41 5c 85 27 00 00 00 00 00 00 00 01 00
00000030: 0c 65 00 6e 00 2d 00 75 00 73 00 00 00 cb a5 e6
00000040: 14 72 c6 32 43 83 99 a9 69 52 06 5b 5a 58 00 00
00000050: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
00000060: 00 00 00 00 00 00 7d 00 00 88 13 00 00 00 00 00
00000070: 00 00 7d 00 00 88 13 00 00 00 00 00 00 00 03 00
00000080: 00 00 00 00 00 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
00000090: 00 00 00 00 00 cb a5 e6 14 72 c6 32 43 83 99 a9
000000a0: 69 52 06 5b 5a 6e 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000000b0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 68 ad 03
000000c0: 00 88 13 00 00 00 00 00 00 68 ad 03 00 88 13 00
000000d0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 02 00 00
000000e0: 00 63 17 05 00 00 00 00 00 00 00 01 00 50 94 bd
000000f0: c6 7f 86 07 49 83 a3 c7 79 21 b7 33 ad 02 00 00
00000100: 00 00 00 5d 8b f1 26 84 45 ec 47 9f 5f 0e 65 1f
00000120: c5 af 5b 77 48 84 67 aa 8c 44 fa 4c ca e0 00 00
00000130: 00 00 00 00 00 04 00 00 00 01 00 0c 00 02 00 02
00000140: 00 00 00 49 00 73 00 56 00 42 00 52 00 00 00 00
00000150: 00 00 00 01 00 34 00 00 00 06 00 00 00 44 00 65
00000160: 00 76 00 69 00 63 00 65 00 43 00 6f 00 6e 00 66
00000170: 00 6f 00 72 00 6d 00 61 00 6e 00 63 00 65 00 54
00000180: 00 65 00 6d 00 70 00 6c 00 61 00 74 00 65 00 00
00000190: 00 4c 00 32 00 00 00 00 00 02 00 0c 00 02 00 02
000001a0: 00 00 00 49 00 73 00 56 00 42 00 52 00 00 00 00
000001b0: 00 00 00 02 00 34 00 00 00 0c 00 00 00 44 00 65
000001c0: 00 76 00 69 00 63 00 65 00 43 00 6f 00 6e 00 66
000000d0: 00 6f 00 72 00 6d 00 61 00 6e 00 63 00 65 00 54
000001e0: 00 65 00 6d 00 70 00 6c 00 61 00 74 00 65 00 00
000001f0: 00 4d 00 50 00 40 00 4c 00 4c 00 00 00 74 d4 06
00000200: 18 df ca 09 45 a4 ba 9a ab cb 96 aa e8 0a 05 00
00000210: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
.
.
.
000006e0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000006f0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
00000700: 00 00 00 00 00 00 00
Extended Content Description Object (3 entries):
WMFSDKVersion (unicode) 9.00.00.2980
WMFSDKNeeded (unicode) 0.0.0.0000
IsVBR (bool) 0
Codec description object (2 streams)
Type = 0x2
Description = Windows Media Audio 9
32 kbps, 32 kHz, stereo (A/V) 1-pass CBR
ID = 61 01
Type = 0x1
Description = Windows Media Video 9
ID = 57 4d 56 33
Multicast object (len 0x18):
00000000: 50 0f 1d 54 4b 5b cf 11 a8 fd 00 80 5f 5c 44 2b
00000010: 04 00 00 00 0a 00 00 00
ContentEngine#