Cisco ACNS キャッシング/ストリーミング コンフィギュレーション ガイド
索引
Symbols
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Symbols

* ワイルドカード文字  8-5, 9-33, 9-36

.gz 拡張子  16-26

.nsc file  11-36

.pac ファイル  5-9

A

AAA ベースの管理システム  7-2

access lists enable コマンド  7-52

ACL。 IP ACL を参照

ACNS ソフトウェアの CLI

コマンド モード  2-41

ACNS ソリューション

概要  1-2

コンポーネント  1-2

ACNS ネットワーク

Content Distribution Manager  1-3

Content Engine  1-3

Content Router  1-3

概要  1-3

主要コンポーネント  1-3

中央側での管理  1-3

デバイスのタイプ  1-3

Apache CLF トランザクション ロギング形式  16-17

Apache スタイルのトランザクション ロギング  16-16

Application and Content Networking System。ACNS を参照

authentication configuration radius コマンド  7-24

authentication configuration tacacs コマンド  7-23

authentication login radius コマンド  7-24

B

block.html

カスタマイズされたブロック メッセージ  12-3

bypass auth-traffic コマンド  4-10

bypass load コマンド  4-13, 9-53

bypass static コマンド  4-14

C

Cache アプリケーション

透過キャッシングのディセーブル化  4-23

cache-on-abort  9-18

cfs

機能  3-22

Cisco CSS 1100 シリーズ スイッチ。 CCS スイッチを参照

CDP。Cisco Discovery Protocol を参照

Cisco IP/TV ブロードキャスト サーバ

目的  11-3

Cisco Streaming Engine

目的  11-2

イネーブル化  11-6

CiscoWorks2000  16-29

clear ip wccp コマンド  B-8

CLF

ログ ファイル形式  16-29

CLI

EXEC モード  2-41

HTTPS サーバ設定モード  2-42

インターフェイス設定モード  2-42

オンライン ヘルプ

アクセス  2-43

使用上のガイドライン  2-43

キーボードのショートカット  2-43

グローバル設定モード  2-42

コマンド モード  2-41

目的  2-32

CLI。 ACNS ソフトウェアの CLI を参照

Content Distribution Manager

GUI  1-3

役割  1-3

Content Engine

ACNS ソフトウェアの CLI

目的  2-32

ACNS ソフトウェアの GUI

主要コンポーネント  2-35, 2-37

ログアウト  2-37

DNS キャッシング サービス

DNS サーバの設定  3-29

WCCP 透過代行受信を使用した  3-28

NAS デバイスへのマウント  3-23

WCCP タブとサブタブ  A-2

キャッシングのタブとサブタブ  A-3

交換  2-33

最初のインターフェイス  3-6

システムのタブとサブタブ  A-6

設定

WCCP 用の  4-17

透過キャッシング用の  4-17

リバース プロキシ サービス  6-3, 6-7

設定方法  2-32

中央側での設定  2-32

透過キャッシング サービスのディセーブル化  4-23

取り外し  2-33

役割  1-3

リブート  2-33

ルータとの通信  C-5

ローカル側での設定  2-32

Content Engine GUI

機能タブ  2-38

終了  2-37

使用可能化  2-34

ディセーブル化  2-37

ナビゲーション  2-39

ボタン  2-39

目的  2-32

レポ―ティングのタブとサブタブ  A-7

Content Engine クラスタ

ICP クライアントの設定  A-4

ICP サーバの設定  A-4

Content Router

役割  1-3

CSS 11000 シリーズ スイッチ

リバース プロキシ キャッシング

設定出力例  6-8

を使用した透過キャッシング

設定出力例  4-33

D

debug ip wccp events コマンド  B-19

debug ip wccp packets コマンド  B-20

DHCP

インターフェイス レベル  3-5

自動登録用の  3-4, 3-6

DHCP サーバ

自動登録の要件  3-6

disk config コマンド  2-21

disk コマンド  3-22

dns use-original-server コマンド  3-31

DNS キャッシュ サイズ

CLI を使用した設定  3-32

設定  3-32

DNS キャッシング

Content Engine

キャッシュ可能なリソース レコード  3-26

概要  3-25

存続可能時間  3-25

DNS キャッシング サービス

DNS サーバの設定  3-29

DNS キャッシング ネーム サービス

WCCP 透過代行受信の設定  3-28

DNS サーバ

設定  2-9, 3-25

DSCP

およびコンテンツ事前ローディング  3-34

ルール アクション  13-4

E

EtherChannel

設定  3-17

EXEC モード

CLI  2-41

F

Fibre Channel インターフェイス

設定  3-16

FTP

Rules Template  5-12, 13-2

Squid 構文のトランザクション ログ  2-8, 5-12

および Rules Template  2-8

キャッシュ新鮮度  9-4

接続の設定  9-2

プロキシ  2-8, 5-11

プロキシ キャッシング  5-10

FTP オブジェクト

オブジェクト新鮮度の設定  A-3

FTP サーバ

へのトランザクション ログのエクスポート  16-22

FTP プロキシ コマンド  9-3

G

GLOP アドレス  2-26

GRE encapsulation  4-6

generic routing encapsulation。GRE を参照

GUI

ACNS ソフトウェア Content Engine

目的  2-32

gzip 形式

アーカイブ済みのログ ファイルの圧縮  16-26

H

Help  xxxiv

HTTP

Range 要求のキャッシング  9-16

およびキャッシング  2-5, 2-11, 4-11

拡張キャッシュ認証の設定  9-16

キャッシュ新鮮度の設定  9-12

状況コード  16-17

接続の設定  9-9

透過キャッシングおよびプロキシ キャッシング  5-4

認証済みキャッシュの設定  9-13

発信プロキシの除外  9-33

プロキシ キャッシング  5-4

プロキシ フェールオーバー  8-2

http age-multiplier コマンド  9-5

http authentication cache timeout コマンド  7-10

http cache-cookies コマンド  9-5, 9-7

http cache-on-abort コマンド  9-18

http cluster コマンド  C-10

HTTP 応答

ステータス コード  2-6

HTTP オブジェクト

オブジェクト新鮮度の設定  A-4

HTTP 認証

トランザクション ロギング  7-10

HTTP プロキシ

設定  A-4

HTTP メッセージ

タイプ  2-5

定義  2-5

HTTP 要求認証

LDAP サーバの使用  7-39

HTTPS

Content Engine のセキュリティ  5-6, 9-28, 9-36

outgoing proxy with  9-27

Rules Template  13-2

サポートされる状況  5-5

透過モード  5-5

透過モードでの  9-27

統計のレポート  5-6

トランザクション ロギング  5-7, 9-37

発信プロキシ  5-5

プロキシ モード  5-5

プロキシ モードでの  9-27

プロキシ機能  5-5

HTTPS サーバ設定モード

CLI  2-42

HTTPS プロキシ

設定  A-4

Hypertext Transfer Protocol Secure。 HTTPS を参照

I

IANA  2-22

ICAP

設定

Content Engine 設定  10-2, 10-5

サーバ  10-7

サービス  10-6

ICAP サービス

説明  10-2

ICP

クライアントの設定  9-43

サーバのパラメータ設定  9-45

ICP Client

設定  A-4

ICP クライアント

追加、削除、変更  9-46

ICP サーバ

Content Engine を設定する  A-4

追加、削除、変更  9-44

If-Range ヘッダー  9-16

Internet Assigned Numbers Authority。IANA を参照

Internet Cache Protocol  8-7

Internet Content Adaptation Protocol。 ICAP を参照

IP ACL

インターフェイスへの適用  14-16

カウンタのクリア  14-21

削除  14-19

設定の表示  14-20

説明  14-2

ip address dhcp コマンド  3-6

ip default-gateway コマンド(グローバル設定)  3-15

ip route コマンド  3-15

ip route-cache same-interface コマンド  4-18

ip wccp enable コマンド  B-10

ip wccp group-listen コマンド  C-24

ip wccp redirect exclude in コマンド  C-27

ip wccp redirect out コマンド  C-25

ip wccp redirect-list コマンド  B-11

ip wccp version コマンド  C-28

ip wccp コマンド  C-22

ip web-cache redirect コマンド

Web トラフィック リダイレクションのイネーブル化  B-6

Web トラフィック リダイレクトのイネーブル化  4-17

説明  B-12

IP アドレス

スタティック  3-5

複数の

単一インターフェイス上での設定  3-16

有効な

ルータへの通知  C-12

IP スプーフィング

および透過キャッシング  4-24

リバース プロキシ キャッシング  6-10

IP マルチキャスティング

GLOP アドレス  2-26

Protocol Independent Multicast。PIM を参照

安全に問題のあるサービス  2-25

イーサネット MAC アドレスのマッピング  2-27

基本概念  2-22

限定スコープ アドレス  2-26

サーバとクライアント間のファイルのコピー  2-25

ソース固有マルチキャスト アドレス  2-26

レイヤ 2 マルチキャスト アドレスの考慮事項  2-26

IP ルーティング

インターフェイスの状況の表示  B-13

ISP

配置例  1-5

L

LDAP

セキュリティ オプション  7-40

設定  7-43

LDAP Active Directory  7-48

LDAP サーバ

Content Engine に対する設定  A-4

LDAP 認証  7-39

アクセス リスト  7-52

load-balance コマンド  3-18

logging host コマンド  16-31

logging コマンド  16-31

M

MAC アドレスのマッピング  2-27

mediafs

機能  3-22

mediafs-division コマンド  2-21

MIB

サポートされる  16-4

Microsoft Media Server。 MMS を参照

MMS

Rules Template  13-2

およびコンテンツ事前ローディング  3-33

N

N2H2 URL フィルタリング  12-24

NAS デバイス

マウント  3-23

NAS デバイスへのマウント  3-23

no authentication login local enable コマンド  7-28

no authentication login radius enable コマンド  7-30

no auto-register enable コマンド  3-5

no wmt enable コマンド  11-41

NTLM

HTTP 要求認証  7-37

エンドツーエンド認証

オブジェクト キャッシング  7-46

パススルー サービス  7-46

認証  2-18

ntlm server domain コマンド  7-55

ntlm server enable コマンド  7-55

ntlm server host コマンド  7-55

ntlm server コマンド  7-37

NTLM サーバ

Content Engine に対する設定  A-5

O

online help  xxxiv

P

PIM  2-26

PNA

サポート  2-13

Point of Presence。POP を参照

POP

配置例  1-5

pre-load schedule コマンド  3-33

Progressive Networks Audio。 PNA を参照

Protocol-Independent マルチキャストPIM を参照

R

RADIUS

認証および許可

イネーブル化  7-28

ディセーブル  7-28

RADIUS キー

Content Engine 上での指定  7-16

RADIUS サーバ

Content Engine に対する設定  A-5

認証  7-15

認証サーバとして指定  7-16

リダイレクト  13-5

RADIUS 認証

RADIUS キーの指定  7-16

RADIUS サーバの指定  7-16

概要  7-7

再送信回数の指定  7-16

タイムアウト時間  7-16

radius-server コマンド  7-24, 7-36

Range 要求  9-20

RealMedia キャッシング

ディセーブル  11-16

RealPlayer  11-14

RealProxy

CLI コマンド  2-21

Content Engine 上でのイネーブル化  11-12

RealMedia キャッシングのディセーブル化  11-16

アクセス制御  11-17

エラー コード  16-32

機能と利点  2-20

従来の RTSP プロキシ サービス  11-14

設定  2-21

透過 RTSP プロキシ サービス  11-12

統計情報  2-22

RealProxy エラー レベルと Syslog 優先レベルとのマッピング  16-32

RealSubscriber

設定とイネーブル化  11-6, 11-12

RealSystem Administrator ページ  11-11

Real-Time Streaming Protocol

RTSP を参照

RealTime Streaming Protocol。RTSP を参照

RTSP

Content Engine の設定  A-2

Rules Template  13-2

ゲートウェイの概要  11-3

サポート  2-13

設定とイネーブル化  11-5

説明  2-5

rtsp L4-switch command  2-21

rtsp proxy コマンド  2-21

RTSP ゲートウェイ

概要  11-2

関連コマンド  11-5

設定  11-5

目的  11-3

RTSP プロキシ サービス

WCCP 対応ルータを使用した透過  11-12

従来の  11-14

rule action no-persistent-connection command  9-20

rule no-auth domain コマンド  7-10

rule コマンド  7-36

Rules Template

ToS または DSCP の設定  13-4

アクション  13-3

実行順序  13-8

アクションの実行順序  13-8

設定  13-2

説明  2-11

パターン  13-7

実行順序  13-9

S

sfadmin コンソール  12-21

show disks コマンド  3-22

show http age-mult command  9-7, 9-8

show ip interface コマンド  B-13, C-29

show ip wccp web-caches コマンド  B-17

show ip wccp コマンド  B-16, C-21, C-32

show running-config コマンド  C-14

show standby コマンド  3-16

SmartFilter ソフトウェア  12-21

SNMP

サポートされる MIB  16-4

サポートされるバージョン  16-3

セキュリティ モデルとセキュリティ レベル  16-4

定義

サーバ ユーザ  16-9

モニタリング  16-2

SNMP トラップ

設定  16-10

SNMP ユーザ

定義  16-5

Squid スタイルのトランザクション ロギング  16-29

Squid トランザクション ロギング時のカスタム形式  16-17

SSH

サポート  2-44

sshd コマンド  2-44

ssh-key-generate コマンド  2-44

SSL トンネリング  5-4

standby コマンド  3-14

statistics wmt requests コマンド  11-19

stream splitting  11-36

sysfs

機能  3-22

syslog

優先レベルと RealProxy エラー コードとのマッピング  16-32

syslog メッセージ

CW2K syslog サーバへの送信  16-29

T

TACACS+

認証および許可

イネーブル化  7-30

TACACS+ キー

Content Engine 上での指定  7-19

TACACS+ サーバ

認証サーバとして指定  7-19

TACACS+ 認証

HTTP  7-37

TACACS+ キーの指定  7-19

TACACS+ サーバの指定  7-19

TACACS+ パスワード認証方式の指定  7-19

再送信回数の指定  7-19

タイムアウト時間  7-19

TACACS+ 認証および許可  7-30

TCP

Content Engine GUI を使用したパラメータの設定  15-3, 15-4

Over Satellite 拡張機能  15-5

TCP リダイレクト プロセス  C-6

Telnet

ログイン試行の制限

TACACS+  7-7

TFTP ゲートウェイ

イネーブル化  9-39

設定  9-40

TFTP サーバ

イネーブル化  9-39

設定  9-40

tftp-server access-list コマンド  9-40

tftp-server dir コマンド  9-40

tftp-server gw proto コマンド  9-40

ToS

Rules Template  13-4

およびコンテンツ事前ローディング  3-34

設定  13-4

Traceroute のサポート  16-37

Transmission Control Protocol。 TCP を参照

Trivial File Transfer Protocol。 TFTP を参照

Type of Service。ToS を参照

U

UDP

説明  2-13

ロール  2-13

URL フィルタリング

N2H2 サーバを使用した  12-24

SmartFilter ソフトウェアを使用した  12-21

Websense  12-12

Websense サーバを使用した  12-12

設定  12-2

User Datagram Protocol。 UDP を参照

username コマンド  2-30

V

VOD

説明  2-12

W

WCCP

Content Engine 上でのイネーブル化  A-2

Version 1

概要  B-2

コマンド  B-8, C-20

サポートされるプラットフォーム  B-4

前提条件  B-4

リダイレクト プロセス  B-3

操作  C-2

Version 2

概要  C-2

サービス グループの設定  C-9

サポートされるプラットフォーム  C-9

制約事項  C-7

設定タスク  C-9

設定値の確認  C-14

設定例  C-16

前提条件  C-9

操作  C-3

マルチルータ サポート  C-2

モニタリング  C-16

イネーブル化

ルータ上での Version 1  4-17, B-6

ルータ上でのサポート  4-17, B-5, B-6

および透過キャッシング  4-2

加速された  4-29

サービス グループ  4-5

設定値の表示  C-18

透過キャッシング

ストリーミング メディア  11-12

トラフィックのバイパス

設定  9-54

フロー保護  4-11

ルータ上でのイネーブル化  4-32, 4-17

wccp flow-redirect コマンド

WCCP フロー保護用の  4-11

wccp rtsp コマンド  2-21

WCCP Version 2

汎用的なサービスの設定  A-2

WCCP クラスタ化

パラメータの設定  A-2

WCCP サービス グループ

サービス グループ メンバ  9-49, C-4

サービス グループ番号  4-5

サービスの説明  4-5, 9-49, B-3, C-4

説明  4-5

WCCP スロー スタート

説明  2-11

WCCP 対応ルータ

および透過キャッシング  4-4

WCCP バイパス

設定  9-54

WCCP フロー保護

説明  2-11

Web Cache Communication Protocol。 WCCP を参照

Web オブジェクト

説明  2-2

Web キャッシュ

Content Engine の設定  A-2

Web キャッシュ サービス

クライアントとキャッシュが異なるサブネット上にある場合  4-21

クライアントとキャッシュが同一サブネット上にある場合  4-18

設定例

同じサブネットの  4-20

異なるサブネット  4-22

Web キャッシュ パケットの戻り  C-6

Web サーバの高速化  6-2

Websense サーバ

CLI を使用した設定  12-17

GUI を使用したイネーブル化  12-16

GUI を使用した設定  12-14

GUI を使用したディセーブル化  12-16

および URL フィルタリング  12-12

設定  12-12

設定ファイルの保存  12-12

ポート設定  12-14

リモート  12-12

ローカル  12-12

WMT

Content Engine 上でのイネーブル化  11-12

MMS で許可されるファイル名拡張子  11-20

Windows NTLM プロトコルを使用した認証  2-18

キャッシングの概要  2-15

コンポーネント  2-14

従来のプロキシ サービス  11-27

説明  2-5

トランザクション ロギング  2-18

発信プロキシ  8-2

マルチキャスト

Multicast-in と Multicast-out  11-37

Multicast-in と Unicast-out  11-38

Unicast-in と Multicast-out  11-32

マルチキャスト ステーション、開始および停止  11-32

マルチキャスト ロギング  11-33

ユニキャスティング

Unicast-in and Unicast-out  11-39

要求統計情報の表示  11-19

ライセンス キーの削除  11-18

wmt cache enable コマンド  2-15

wmt cache max-obj-size コマンド  2-15

wmt max-bitrate コマンド  2-17

wmt mms allow extension コマンド  11-20

wmt multicast time-to-live ttl command コマンド

WMT マルチキャスト

TTL の設定  11-32

WMT キャッシング プロキシ

可変ビット レートのサポート  2-17

機能  2-17

プロキシ認証  2-18

ライブ分割  2-17

WMT ストリーミング

Content Engine の設定  A-2

WMT マルチキャスト ステーション

起動および停止  11-32

スケジュールの設定  11-32

アクション

Rules Template  13-3

実行順序  13-8

アクセス コントロール

IP ACL  14-2

RealProxy  11-17

アクセス コントロール リスト。 IP ACL を参照

アクセス リスト

グループ認証の  7-52

アクセス リスト、グループ名ベースの

イネーブル化  7-50

設定  7-51

説明  7-9

アクティブ/アクティブ インターフェイス  3-14

アクティブ/スタンバイ インターフェイス  3-14

イーサネット MAC アドレスのマッピング  2-27

イネーブル化

Content Engine 上のRealProxy  11-12

RADIUS 認証および許可  7-28

WCCP

ルータ上での  4-17, 4-32

永続的接続  9-20

カスタム Web キャッシュ サービス  C-13

ダイナミック認証バイパス  4-10

透過エラー処理  4-10

透過キャッシング

WCCP を使用した RTSP トラフィックの  11-12

リバース プロキシ サービス  C-12

ルータ上での WCCP サポート  4-17, B-5, B-6

ローカル認証および許可  7-26

インターネット サービス プロバイダー。 ISP を参照

インターフェイス

帯域幅  3-19

インターフェイス コマンド  3-14

インターフェイス レベルの DHCP

注  3-6

インターフェイス設定モード

CLI  2-42

衛星接続

および TCP  15-5

永続的接続

イネーブル化  9-20

設定  A-5

ディセーブル  9-20

目的  9-20

エラー ロギング

WMT  2-16

エラー処理

イネーブル化  9-56

エンドツーエンド認証  7-46

NTLM  7-46

基本  7-46

オブジェクトの選別打ち切り  9-18

親プロキシ フェールオーバー  8-2

オリジン Web サーバ

説明  2-2

オンデマンド コンテンツ  1-7

説明  1-7, 2-2

例  2-12

開始および停止

WMT マルチキャスト ステーション  11-32

階層化キャッシング  2-10, 7-13

プロキシ モードでの  7-39

外部 FTP サーバ

からのパーマネント エラー  16-27

へのトランザクション ログのエクスポート  16-22

拡張 HTTP キャッシュ認証の設定  9-16

拡張 Squid スタイルのトランザクション ロギング  16-15

拡張 Squid トランザクション ロギング時のカスタム形式  16-17

確認

WCCP 設定値  C-14

ソフトウェア設定  4-23

カスタム Web キャッシュ

Content Engine の設定  A-2

イネーブル化  C-13

ルータ設定  C-13

カスタム ブロック メッセージ

URL フィルタリングでの  12-24

高速 WCCP サポート  4-29

過負荷バイパス  4-11, 9-53, 9-56

説明  2-11

簡易ネットワーク管理プロトコル。SNMP を参照

キー入力の組み合せ、CLI  2-43

キーボードのショートカット

CLI  2-43

基本エンドツーエンド認証  7-46

キャッシュ ヒット

新鮮度チェック  13-5

説明  2-2

キャッシュ ミス

no-proxy アクション  13-5

アップストリーム プロキシの使用  13-6

説明  2-2

キャッシュ新鮮度の設定

FTP  9-4

HTTP  9-12

キャッシュ認証

設定  A-3

キャッシング

Range 要求での全オブジェクトのキャッシング  9-17

説明  2-2

特定クライアントに対するキャッシュのディセーブル  C-14

キャッシング プロトコル

設定  9-1‐11-32

キャッシング階層  2-10

キャッシングに関する用語

リスト  2-2

共通ログ形式。 CLF を参照

許可

方式

リモート RADIUS  7-3

リモート TACACS+  7-3

許可、ユーザ

方式

ローカル認証  7-3

クライアント

説明  2-2

グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)

Content Distribution Manager  1-3

Content Engine  1-3

グループ認証

LDAP  7-52

グループ名ベースのアクセス リスト  7-9

グループ名ベースのアクセス リスト

イネーブル化  7-52

設定  7-51

説明  7-9

グローバル設定モード

CLI  2-42

限定スコープ アドレス  2-26

交換

Content Engine  2-33

高度な透過キャッシング

技術  2-11

サービス  2-11

コマンド

WCCP Version 1  B-8, C-20

コマンド行インターフェイス

手作業でネットワーク設定値を設定する  3-11

コマンド行インターフェイス。ACNS ソフトウェアの CLI を参照

コマンド行インターフェイス。 ACNS ソフトウェアの CLI を参照

コンテンツ

オンデマンド  1-7

事前配信  1-7

事前ロード コンテンツ  1-7

タイプ  1-6

配信  1-8

フィルタリング  1-11

分類  1-6

コンテンツ キャッシング

コンテンツ サービスのタイプ  1-8

コンテンツ サービス

コンテンツ キャッシング  1-8

事前配信コンテンツ  1-8

コンテンツ事前ローディング  3-33, 3-34, 3-38

設定  A-3

コンテンツ配信

事前配信方式  1-8

事前ロード方式  1-8

プル方式  1-8

サーバの冗長性  7-10, 7-39

サービス グループ

WCCP Version 2 を使用した設定  C-9

サービス グループ番号  B-3

最初のインターフェイス

Content Engine  3-6

再送信回数

RADIUS サーバ認証の  7-16

TACACS+ サーバ認証の  7-19

サニタイズド トランザクション(sanitized transaction)ログ  16-29

システム ロギング

syslog ファイル用の特定パラメータの設定  16-29

事前配信コンテンツ

説明  1-7

事前ローディング

コンテンツの

HTTP、FTP、および MMS プロトコルに対するサポート  3-33

ToS と DSCP に対するサポート  3-34

打ち切り後の再開  3-41

帯域幅管理  3-19, 3-38

事前ロード コンテンツ  1-7

自動設定

ブラウザの  5-9

始動ダイアログ

ネットワーク パラメータの設定用の  3-8

ネットワーク設定値の設定用の  3-11

自動登録

DHCP サーバの要件  3-6

使用禁止  3-5

修正

再生サーバの設定  2-12, 11-1

使用許諾契約書

WMT  11-21

使用禁止

自動登録  3-5

使用できないマルチキャストアドレスの割り当て  2-23

除外

IP アドレス  9-35

ドメイン名  9-35

ホスト名  9-35

スタティック IP アドレス  3-5

スタティック バイパス  4-11, 9-56

設定  4-14

スタンバイ グループ

インターフェイスの  3-14

ストリーミング

説明  11-1

ストリーミング メディア

サービス  2-12

サポートされるプロトコル  2-13

配置例  2-12

ストリーミング メディア サービス

ライセンス  11-2

ストリーミング メディア ファイル

説明  2-12

配信  2-12

ストリーミング メディアのキャッシング

説明  2-12

制約事項  12-12

セキュア シェル。SSH を参照

設定

Rules Template  13-1

URL フィルタリング  12-1

グループ名ベースのアクセス リスト  7-51

サービス グループ  C-9

再生サーバ  2-12, 11-1

スタティック バイパス リスト  4-10

ディスク スペース割り当て  3-22

透過キャッシング サービス  4-17

透過モードでの Content Engine の  4-17

トランザクション ロギング  16-1

認証および許可  7-1

ヒーリング モード  C-10

プライマリ プロキシ サーバ  8-1

プロキシ型キャッシング  5-1

リバース プロキシ キャッシング  6-2

設定方法

中央側での Content Engine の設定  2-32

ローカル側での Content Engine の設定  2-32

ソース固有マルチキャスト アドレス  2-26

存続可能時間。 TTL を参照

帯域幅

インターフェイス、設定  3-19

ネットワーク リソース  3-19

帯域幅管理

およびコンテンツ事前ローディング  3-38

ダイナミック Web キャッシュ サービス  C-13

ダイナミック クライアント バイパス

説明  2-11

ダイナミック トラフィック バイパス  4-10

タイムアウト時間

RADIUS サーバ認証の  7-16

TACACS+ サーバ認証の  7-19

ディスク

sysfs スペースの設定  3-23

ストレージのタイプ  3-22

ディスク スペース割り当て

NFS/CIFS ストレージ  3-23

設定  3-22

ディセーブル

RADIUS 認証および許可  7-28

RealMedia キャッシング  11-16

TACACS+ 認証および許可  7-30

永続的接続  9-20

透過キャッシング

特定クライアントに対するキャッシング  C-14

ローカル認証および許可  7-26

ディセーブル化

Content Engine GUI  2-37

透過キャッシング

Content Engine 上での  4-23

透過キャッシング サービス  4-23

テキスト オブジェクト

説明  2-2

テキスト表記  xxxiii

デバイス モード

リンクされた CLI コマンド  2-44

デフォルト ユーザ アカウント  2-29

転送

HTTP、HTTPS、および FTP プロキシ スタイル要求  9-36

透過エッジ代行受信

説明  2-2

透過エラー処理  9-56

透過キャッシング

CSS 11000 シリーズ スイッチ  4-2, 4-32

WCCP 対応ルータを経由  4-4

WCCP を使用した RTSP トラフィックの  11-12

および IP スプーフィング  4-24

および発信プロキシの除外  9-33

およびプロキシ キャッシング  8-3

概要  1-14

高度な透過キャッシング技術  2-11

高度なサービス  2-11

設定  4-17

ディセーブル化  4-23

配置  4-1‐4-18

プロキシ キャッシング  5-4

レイヤ 4 CCS スイッチによる  1-14

透過キャッシング サービス

Rules Template  2-11

WCCP スロー スタート  2-11

WCCP フロー保護  2-11

過負荷バイパス  2-11

ダイナミック クライアント バイパス  2-11

ディセーブル化  4-23

透過的に受信したプロキシ スタイル要求の処理  9-35

透過モード

階層化キャッシング  7-12

認証  7-11

統計

N2H2  12-8

統計情報

RealProxy  2-22

トークン ストリング  16-17

ドメイン名の指定  8-5

トラフィックのバイパス

設定  A-3

認証バイパス  A-3

バイパスのタイプ  A-3

負荷バイパス  A-3

トラブルシューティング

Traceroute のサポート  16-37

トランザクション ロギング

Apache スタイルの形式  16-16

HTTP 認証の  7-10

Squid スタイルの形式  16-29

WMT  2-18

拡張 Squid スタイルの形式  16-15

カスタム形式  16-17

形式  16-17

サニタイズド  16-29

と NTLM 認証  16-20

認証後  7-10

トランザクション ロギング時のカスタム形式  16-17

トランザクション ログ

サニタイジング  16-21

トランザクション ログのサニタイジング  16-21

取り外し

Content Engine  2-33

ナビゲーション

Content Engine GUI  2-39

ニアミス

定義  9-23, C-10

認証

HTTP

キャッシュ エントリの削除  9-15

保持されるエントリ  9-15

HTTP 要求  7-8

LDAP グループ  7-52

WMT と NTLM  2-18

WMT プロキシ  2-18

アクセス リストのイネーブル化  7-50

エンドツーエンド

NTLM  7-46

基本  7-46

グループ名ベースのアクセス リスト  7-52

設定  7-23

ユーザ  1-11

TACACS+  7-23, 7-24

ローカル  7-23

認証キャッシュ

サイズの調整  7-33, 9-13

認証サーバ

LDAP サーバ  A-4

NTLM サーバ  A-5

RADIUS サーバ  A-5

認証済み HTTP キャッシュの設定  9-13

認証トラフィックのバイパス  4-10, 9-54

認証バイパス

設定  A-3

認証フェールオーバー コマンド  7-5

認証方式

リモート TACACS+ サーバ  7-23

ネットワーク インターフェイス

設定  3-14

ネットワーク設定値

手作業による設定  3-2

配置構成  1-14

バイナリ オブジェクト

説明  2-2

バイパス  4-10‐4-14

イネーブル化  9-56

過負荷  9-56

スタティック  9-56

スタティック リストの設定  9-56

ディセーブル  9-56

パケット マーキング  13-4

パスワード

設定値  C-13

パスワードの設定  C-13

パターン

Rules Template  13-7

ヒーリング モード

設定  C-10

ビデオ オンデマンド。 VOD を参照

非透過キャッシング

概要  1-17

プロキシ モードの動作  5-2

秘密キー

RADIUS キーの指定  7-16

TACACS+ キーの指定  7-19

表示

WCCP 設定値  C-18

ファイル システムのタイプ

説明(表)  3-22

フィルタリング

コンテンツの  1-11

フェールオーバー  8-2

プロキシ サーバ  13-6

負荷バイパス

設定  A-3

複数の IP アドレス

単一インターフェイス上での

設定  3-16

複数のネットワーク インターフェイス

設定  3-14

複数ルータのサポート  C-2

プライマリ プロキシ サーバ  8-1

ブラウザ

自動設定  5-9

ソフトウェア設定を確認するための  4-23

フロー保護

WCCP  4-11

プロキシ サーバ

フェールオーバー  13-6

プライマリ  8-1

プロキシ フェールオーバー  8-2

プロキシ プロトコル

除外

IP アドレス転送  9-35

ドメイン名転送  9-35

ホスト名転送  9-35

プロキシ プロトコルのパラメータ  9-35

プロキシ モード

動作  5-2

プロキシ型キャッシング  5-1, 8-5

プロキシ型要求の処理  8-5

プロキシ転送

除外項目  9-35

プロキシ転送からのグローバル除外  8-5, 9-36

プロキシ認証

WMT キャッシング プロキシ  2-18

ヘルパー アドレス

IP  B-14

ホーム ルータ

Content Engine の取り外し  2-33

ポリシー

Rules Template  13-2

マニュアル

表記法  xxxiii

マルチキャスティング

IP マルチキャスティングを参照

マルチキャスト

WMT、ロギング  11-33

マルチキャスト アドレス

使用できない割り当て  2-23

ルータの登録  C-13

マルチポート透過リダイレクション  4-15

明示プロキシ キャッシング

説明  2-2

メディア ファイル システム。mediafs を参照

モニタリング

SNMP を使用した  16-2

WCCP Version 2  C-16

有効な IP アドレス

ルータへの通知  C-12

ユーザ アカウント

管理  2-29

デフォルト アカウント  2-29

ユーザ認証  1-11, 7-23

RADIUS  7-24

TACACS+  7-23

ローカル  7-23

要求のプロキシ サーバへの転送  9-36

ライブ コンテンツ

説明  1-7

ライブ分割

説明  2-17

リスト

DNS キャッシュ可能なリソース レコード  3-26

キャッシングに関する用語  2-2

高度な透過キャッシング技術  2-11

リダイレクト

複数 TCP ポート用  C-6

リダイレクト プロセス  B-3

リバース プロキシ キャッシング

CSS 11000 シリーズ スイッチ

設定出力例  6-8

設定プロセス  6-7

IP スプーフィング  6-10

概要  1-18

設定

WCCP 対応ルータに基づいた  6-3

レイヤ 4 スイッチに基づいた  6-7

リバース プロキシ サービス

Content Engine の設定  A-2

イネーブル化  C-12

リブート

Content Engine  2-33

ルータ

Content Engine との通信  C-5

Content Engine の取り外し  2-33

WCCP サポートのイネーブル  B-5, B-6

WCCP サポートのイネーブル化  4-17

設定

リバース プロキシ サービス  6-4

マルチキャスト アドレスへの登録  C-13

有効な IP アドレスの指定  C-12

ルータの登録

マルチキャスト アドレスへの  C-13

レイヤ 2

マルチキャスト アドレス  2-26

リダイレクション  4-7

レイヤ 4 スイッチ

リバース プロキシ キャッシング  6-7

ローカル ユーザ認証  7-3

ローカル認証および許可

イネーブル化  7-26

ディセーブル  7-26

ロード バランシング  C-7

ロード制限  C-7

ログ ファイル

エクスポート  16-22

エクスポートの再開  16-27

ログ ファイルのエクスポート  16-29

ログ ファイルのエクスポートの再開  16-27

ログアウト

Content Engine GUI  2-37

ログイン

Content Engine

SSH を使用  2-44

ワイルドカード文字  9-33

ワイルドカード文字 *  8-5