Cisco ACNS キャッシング/ストリーミング コンフィギュレーション ガイド
ストリーミング メディア サービスの 設定
ストリーミング メディア サービスの設定
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ストリーミング メディア サービスの設定

使用上のガイドライン

ストリーミング メディア サービスのライセンスについて

RTSP メディア サービスについて

Cisco Streaming Engine を使用するライブ ストリーミング

ACNS RTSP ゲートウェイの概要

ローカルに配置されている Content Engine への RTSP サービスの設定

RTSP ゲートウェイの設定

Cisco Streaming Engine の設定とイネーブル化

設定例

RealSubscriber の設定およびイネーブル化

RealProxy キャッシングの設定とイネーブル化

WCCP 対応ルータを使用した、RealProxy に対する RTSP トラフィックの透過キャッシングのイネーブル化

RealProxy に対する RTSP トラフィックの従来のプロキシ キャッシングのイネーブル化

RealProxy の考慮事項

ローカルに配置されている Content Engine への WMT サービスの設定

WMT 使用のガイドライン

WMT MMS で許可されるファイル名拡張子の追加または削除

CLI コマンドを使用した WMT パラメータの設定

ローカルに配置されている Content Engine の WMT イネーブル化

WMT プロキシの設定

WCCP 対応ルータを使用した透過 WMT サービスのイネーブル化

従来の WMT プロキシ サービスのイネーブル化

WMT マルチキャスティングの設定

WMTマルチキャスト コマンドおよびブロードキャスト CLI コマンドの使用

WMT マルチキャスト ステーション スケジュールの設定

WMT マルチキャスト ステーションの起動および停止

WMT マルチキャスト ロギング

Unicast-in Multicast-out の設定

Multicast-in Multicast-out の設定

Unicast-in Multicast-out の設定

Unicast-in Unicast-out の設定

WMT ライセンス キーの削除

ストリーミング メディア サービスの設定

ストリーミングとは、コンテンツのアクセスまたは表示する際に、すべてのメディア パケットを受信するまで待つ必要をなくする技術です。それに対して、キャッシングは、コンテンツがアクセスされる前に、そのコンテンツ全体が受信されていなければなりません。ストリーミング メディアは、ビデオ オンデマンド(VOD)などに代表される、ライブ コンテンツやオンデマンド コンテンツとして配信ができます。Cisco ACNS ソフトウェアは、数種類の形式のストリーミング メディア サービスをサポートしていて、その中には RealNetworks RealMedia、WMT(Microsoft Windows Media Technologies)、および Apple QuickTime などが含まれています。

この章では、ローカルに配置されている Content Engine 上でこれらのストリーミング メディア サービスを設定する方法について説明します。この章の構成は、次のとおりです。

「使用上のガイドライン」

「ローカルに配置されている Content Engine への RTSP サービスの設定」

「ローカルに配置されている Content Engine への WMT サービスの設定」


) ストリーミング メディア サービスに関する基本情報については、「ACNS ストリーミング メディアの基本概念」を参照してください。

この章で使用される CLI コマンドの構文と使用方法については、『Cisco ACNS Software Command Reference, Release 5.1』を参照してください。Content Distribution Manager GUI を使用して、これらのサービスを Content Engine で一元的に設定する方法については、『Cisco ACNS ソフトウェア デプロイメント コンフィギュレーション ガイド Release 5.1』を参照してください。


使用上のガイドライン

この項では、ローカルに配置されている Content Engine 上にストリーミング メディア サービスを設定する際の、ガイドラインをいくつか紹介します。この項の構成は次のとおりです。

ストリーミング メディア サービスのライセンスについて

RTSP メディア サービスについて

ストリーミング メディア サービスのライセンスについて

ストリーミング メディア サービスのライセンスを Content Engine 上で有効にするには、事前に、Content Engine のクロックとカレンダーが正しく設定されていることを確認してください。正しく設定されていない場合、エラー メッセージが表示されてインストールは失敗します。システム クロックを表示するには、 show clock コマンドを使用します。システム クロックを設定するには、 clock set EXEC コマンドを使用します。


) Cisco Streaming Engine を使用して RTSP ストリーミング メディアを配信する場合は、ライセンスは必要ありません。Cisco Streaming Engine の詳細は、「Cisco Streaming Engine を使用するライブ ストリーミング」を参照してください。


RTSP メディア サービスについて

Real-Time Streaming Protocol(RTSP)は、標準のインターネット ストリーミング制御プロトコル(RFC 2326)です。このプロトコルは、幅広く使用されているアプリケーション レベルのプロトコルで、ビデオやオーディオなど、リアルタイム性をもつデータの配信を制御します。Apple QuickTime、RealNetworks、および Cisco Streaming Engine 上では、ストリーミング制御プロトコルとして RTSP が使用されています。

Cisco Streaming Engine を使用するライブ ストリーミング

ACNS ソフトウェア リリース 5.1 では、すべての種類のネットワーク トポロジおよび配置シナリオでのライブ ストリーミング コンテンツ処理のサポートが導入されています。この機能により、Cisco IP/TV サーバおよび QuickTime ライブ ブロードキャスト サーバからのストリーミング コンテンツの統合が可能になります。

ローカルに配置されている Content Engine がストリーミング コンテンツの送受信に使用する UDP ポートを定義するには、 rtsp server cisco-streaming-engine broadcast port-list コマンドを使用します。特定の構成を定義するには、 rtsp server cisco-streaming-engine broadcast id コマンド を使用します。

ストリーミングでは、3 種類のソース タイプおよび 2 種類の宛先タイプがサポートされているので、設定の組み合わせは次の 6 通りになります。

プロアクティブに(proactively)ストリーミングされる UDP ユニキャスト ソース

プロアクティブにストリーミングされる UDP マルチキャストの宛先

クライアントが開始したRTSP ユニキャストの宛先

クライアントが開始した RTSP ユニキャスト ソース

プロアクティブにストリーミングされる UDP マルチキャストの宛先

クライアントが開始した RTSP ユニキャストの宛先

プロアクティブにストリーミングされる UDP マルチキャスト ソース

プロアクティブにストリーミングされる UDP マルチキャストの宛先

クライアントが開始したRTSP ユニキャストの宛先

UDP ソースとは、Cisco IP/TV ブロードキャスト サーバなどに代表される外部ストリーミングサーバのことです。UDP ソースは UDP を介して Content Engine に送信されます。ストリーミングを配信するには、外部ストリーミング サーバを ACNS ネットワーク内の必要なコンポーネットにあわせて正しく設定する必要があります。外部ストリーミング サーバは、ストリームを実際に受信しているクライアントが、Content Engine であるか、他のホストであるかは関係なく配信します。UDP ソースは、ユニキャストでも、またはマルチキャストでも配信はできます。

destination-udp オプションを使用すると、ライブ プログラムは、指定された宛先に UDP を介して、ストリームをプロアクティブに送信します。次々に UDP ソースから、ライブ プログラムが配信されます。現時点では、マルチキャストのストリーミングを受信できる UDP 宛先だけがサポートされています。さらに、UDP 宛先は、自動的に RTSP 要求アクセス ポイントになります。

RTSP ソースとは、親 Content Engine などの外部ストリーミング サーバを参照する完全修飾 RTSP 形式の URL のことです。この外部ストリーミング サーバは、対応する RTSP 要求ポイントになります。 destination-pull オプションを使用すると、ライブ プログラムは、RTSP ソースを RTSP プログラム配信拠点に中継できます。その配信拠点には、RTSP 形式の URL を使用してアクセスできます。この URL は、前述の RTSP ソースに対応しています。

UDP ストリームの場合、HTTP 形式の URL を使用して、SDP ファイルのストリームにアクセスできます。このファイルは、外部ストリーミング サーバから配信できるようにしておく必要があります。通常の場合、外部ストリーミング ソースから、2 つのストリーミング トラック(オーディオとビデオ)が Content Engine の 2 つの異なるポートに送信されています。

配信される宛先が UDP マルチキャストに対応しているときは、自動的に RTSP アクセス ポイントになります。

ACNS RTSP ゲートウェイの概要

ACNS RTSP ゲートウェイ(RTSPG)は、RTSP ベースのストリーミング サーバではありません。むしろ、RTSP ゲートウェイは、Content Engine 上で実行されるプロセスで、RTSP 要求を受け入れ、Content Engine 上にある RTSP ベースのストリーミング サーバの代理として、RTSP 対応クライアント(RealMedia、QuickTime など)との初期 RTSP ハンドシェイクを実行します。RTSPG は、初期のハンドシェイク動作から得た情報を URL フィルタリング、ルール、認証、および UNS(Unified Name Space)デーモンに照会し、コンテンツが事前に配置済みかどうかを判別します。

一様性(uniformity)のチェックが正常に完了すると、RTSPG は要求を Content Engine 上の該当するストリーミング メディア サーバにトンネリングします。RTSPG は、要求されたメディア タイプ、メディア サーバのイネーブル/ディセーブル状況、または要求を出しているプレーヤー エージェントに応じて、RealServer、RealProxy、あるいは同一の Content Engine 上の Cisco Streaming Engine に要求をトンネリングします。

RTSPG が要求を特定のメディア サーバにトンネリングし、メディア サーバとクライアントが UDP ポートのネゴシエーションをした後、RTSPG は RTSP メッセージ転送(SETUP)を続行します。RTSP クライアントが PLAY 要求を出すと、ストリーミング サーバは UDP を使用してデータのストリーミングを開始します。

RTSP ゲートウェイ デーモンは、標準の RTSP ポート(デフォルト ポート 554)をリスンし、そのゲートウェイ デーモンを介して着信 RTSP トラフィックを集中させて、統一命名規則、認証と権限、ルール ベースの実装および URL フィルタリングを作成します。RTSP ゲートウェイは常にイネーブルであり、コマンドを使用してディセーブルにはできません。ユーザ エージェント、最終宛先、メディア ファイル タイプなど、着信要求の属性に応じて、RTSP ゲートウェイは次の処理を実行します。

RTSP ゲートウェイと同様に、同一 Content Engine 上で動作している RealProxy に着信要求を転送する。

RTSP ゲートウェイと同様に、同一 Content Engine 上で動作している RealSubscriber に着信要求を転送する。

Cisco Streaming Engine に着信要求を転送する。

着信要求をリダイレクトする。

着信要求を拒否する。


) 要求が WCCP 透過リダイレクト要求の場合、RTSP ゲートウェイはその要求を処理できないため、要求をリダイレクトしてバイパス エントリを追加します。要求がコンテンツ サーバに転送され、要求に対する ACK を受信した場合は、応答がクライアントにパスされます。


Content Engine は、RealPlayer クライアント ソフトウェアからの従来のプロキシ スタイル RTSP 要求だけでなく、透過リダイレクト RTSP 要求も受け入れるように設定できます。RealProxy ソフトウェアの設定は、RealAdministrator GUI を使用して行います。この GUI には、Content Engine GUI の RealProxy ウィンドウからアクセスします。設定と統計、および RealProxy 状況の報告の詳細は、RealAdministrator GUI から入手可能です。

RealProxy ウィンドウが Content Engine 管理 GUI(図 11-1)に追加されました。Content Engine 管理 GUI 上の Admin ボタンがアクティブになるのは、RealProxy ソフトウェアをインストールし、イネーブルにした場合です。Content Engine GUI からこの管理ウィンドウにアクセスするためのデフォルト ユーザ名、およびパスワードが用意されています。


disk config EXEC コマンドを使用して、mediafs ストレージ用のディスク スペースを確保するように設定すると、RealProxy を使用したストリーミング メディアを実行することができます。


ローカルに配置されている Content Engine への RTSP サービスの設定

この項では、ローカルに配置されている Content Engine 上に RTSP サービスを設定する方法について説明します。この項の構成は次のとおりです。

「RTSP ゲートウェイの設定」

「Cisco Streaming Engine の設定とイネーブル化」

「RealSubscriber の設定およびイネーブル化」

「RealProxy キャッシングの設定とイネーブル化」


ローカルに配置されている Content Engine に RTSP ブロードキャストを送受信するように設定するには、rtsp グローバル設定コマンドを使用します。


RTSP ゲートウェイの設定

ローカルに配置されている Content Engine 上で RTSP ゲートウェイのパラメータを設定するには、次のコマンドを使用します。

rtsp { ip-address ip-address | l4-switch enable | port incoming port }

表 11-1 では、 rtsp ip-address グローバル設定コマンドのパラメータについて説明しています。

 

表 11-1 rtsp コマンド用のパラメータ

パラメータ
説明

ip-address

RTSP ベースのコンテンツ配信用 IP アドレスを設定する。

ip-address

RTSP ベースのコンテンツ配信用 IP アドレスを指定する。

l4-switch

レイヤ 4 スイッチの RTSP との相互運用性を設定する。

enable

レイヤ 4 スイッチの相互運用性をイネーブルにする。

port

RTSP ポートが要求を受信するように設定する。

incoming

着信 RTSP 要求用のリスナー ポートを設定する。

port

着信要求用のポート番号(1 ~ 65535)。デフォルトは、554 です。

次の例では、ローカルに配置されている Content Engine 上に RTSP ゲートウェイ パラメータを設定するためのCLI 使用方法を示しています。


ステップ 1 グローバル設定モードから、Content Engine が RTSP 要求を受信する着信ポートを指定します。

ContentEngine(config)# rtsp port incoming port
 

ステップ 2 RTSP ゲートウェイの IP アドレスを指定します。これは通常、要求されたコンテンツを配信する Content Engine です。

ContentEngine(config)# rtsp ip-address ip-address
 

ステップ 3 Cisco CSS 11000 シリーズ スイッチなどのレイヤ 4 スイッチを使用したリダイレクトをイネーブルにします。

ContentEngine(config)# rtsp l4-switch enable
 


 

Cisco Streaming Engine の設定とイネーブル化

ACNS 5.x ソフトウェアには、標準 RTSP サーバのサポートが組み込まれています。このサーバは、RTSP ストリーミング メディア プロトコル用の Cisco Streaming Engine ソリューションとも呼ばれます。


) Cisco Streaming Engine を使用して RTSP ストリーミング メディアを配信する場合は、ライセンスは必要ありません。


Cisco Streaming Engine パラメータをローカルに配置されている Content Engine 上で設定するには、 rtsp server cisco-streaming-engine グローバル設定コマンドを使用します。

rtsp server cisco-streaming-engine { broadcast port-list list-num port-num [ port-num ] | id id source { source-udp url srce-ip-addr recv-ip-addr recv-port-list-num track-count 1-4 | source-rtsp rtsp-url track-count 1-4 } destination destination-pull | destination-udp ttl dest-ip-addr list-num }

表 11-2 では、 rtsp server cisco-streaming-engine コマンドに関するパラメータについて説明しています。

 

表 11-2 rtsp server cisco-streaming-engine コマンド用パラメータ

パラメータ
説明

server

RTSP サーバのパラメータを設定する。

cisco-streaming-engine

Cisco Streaming Engine のパラメータを設定する。

enable

Cisco Streaming Engine をイネーブルにする。

broadcast

Cisco Streaming Engine を使用してライブ ストリーミングを設定する。

port-list

ライブ ストリーミング コンテンツに使用されるポートの順序リストを指定する。

list-num

ポートリスト用の英数字の識別子。

port-num

ライブ ストリーミングに使用されるポート番号。

id

特定のライブ ストリーミング プログラムを設定する。

id

ライブ ストリーミング ストリーミング用の英文字の識別子。

source

ライブ ストリーミング コンテンツのソースに関する情報を設定する。

source-udp

ユニキャストまたはマルチキャストのストリーミング コンテンツを UDP で送信する外部サーバを指定する。

url

ストリーム用 SDP ファイルのアクセスに必要な HTTP URL。

srce-ip-addr

ストリーミング コンテンツの外部ソースの IP アドレス。

recv-ip-addr

ストリーム受信に使用する IP アドレス。マルチキャスト ストリーム受信時には、マルチキャスト アドレスを使用してください。プロアクティブなストリーミングのユニキャスト転送を受信するときは、 0.0.0.0 を使用します。

recv-port-list-num

ポートリスト用の英数字の識別子。

track-count

ストリーム コンテンツ内のトラック数を指定する。この数は、ポート リストに指定したポート数と一致していなくてはなりません。

1-4

トラック数。

source-rtsp

RTSP ストリーミング アクセスを提供する外部サーバを指定する。

url

アクセスに必要な RTSP URL。

destination

ライブ ストリーミング コンテンツの宛先に関する情報を設定する。

destination-pull

RTSP ユニキャストのオンデマンド アクセス ポイントを指定する。

destination-udp

マルチキャスト UDP の宛先を指定する。

ttl

マルチキャストのライブ ストリーミング パケットの存続時間(Time to live)を指定する。

dest-ip-addr

マルチキャスト転送用の IP アドレス。

dest-list-num

ポートリスト用の英数字の識別子。

設定例

次の例では、ライブ ストリーミングを配信できる Cisco Streaming Engine を使用してサポートされるさまざまなシナリオを紹介します。ライブ ストリーミングのサポートは ACNS ソフトウェア リリース 5.1 で導入されました。

例 1

この例では、送信元のサーバから UDP ユニキャスト形式で配信されるコンテンツは、プロアクティブにストリーミングされることを示しています。

ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast port-list 1 21112 21114
ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast id p1 source source-udp http://172.19.227.80/17902.sdp 172.19.227.78 0.0.0.0 1 track-count 2 destination destination-udp 1 239.2.2.101 1
 

このストリームの ID は p1 です。宛先に到着したコンテンツは、UDP マルチキャスト形式で配信されます。これにより自動的にこの宛先が RTSP アクセス ポイントになります。なお、ユーザがストリームを受信するときに使用する URL は次のとおりです。 rtsp://ContentEngine2.cisco.com/p1.sdp

例 2

この例では、クライアントの要求に基づいて、送信元から RTSP ユニキャスト形式でコンテンツが配信されることを示しています。この宛先に到着したコンテンツは、例 1 と同じように、UDP マルチキャスト形式で配信されます。

ContentEngine1(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast port-list 2 22222 22224
ContentEngine1(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast id p2 source source-rtsp rtsp://172.31.150.162:550/cse_live/ucast/p1.sdp track-count 2 destination destination-udp 2 239.2.2.102 2
 

例 3

この例では、送信元から、最初の例と同様に、UDP ユニキャスト形式でコンテンツがプロアクティブにストリーミングされたことを示しています。この宛先に到着したコンテンツは、クライアントの要求に基づき、宛先から RTSP ユニキャスト形式で配信されます。この設定は、プロアクティブな UDP のストリーミングによって、ネットワーク帯域幅が消費されないようにするときに利用します。

ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast port-list 3 23332 23334
ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast id p3 source source-udp http://172.19.227.80/3861.sdp 172.19.227.78 0.0.0.0 3 track-count 2 destination destination-pull
 

例 4

この例では、クライアントの要求に基づき、送信元から RTSP ユニキャスト形式でコンテンツが配信される 2 番目の例と同じことを示しています。この宛先に到達したコンテンツは、クライアントの要求に基づき、RTSP ユニキャスト形式で配信されます。

ContentEngine1(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast id p4 source source-rtsp rtsp://172.31.150.162:550/cse_live/ucast/p2.sdp track-count 2 destination destination-pull
 

例 5

この例では、送信元から UDP マルチキャスト形式でプロアクティブにコンテンツがストリーミングされ、受信側の IP アドレスがマルチキャスト IP アドレスであることを示しています。つまりこの例では、Content Engine が最初の例と同じ外部サーバからストリームを受信していますが、ここでは、このサーバは Content Engine にユニキャスト形式でストリーム配信する代わりにネットワークにマルチキャスト形式でコンテンツを配信しています。この宛先に到達したコンテンツは、3 番目および 4 番目の例と同様に、クライアントの要求に基づき、RTSP ユニキャスト形式で配信されます。

ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast port-list 5 25552 25554
ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast id p5 source source-udp http://172.19.227.80/17902.sdp 172.19.227.78 239.2.2.240 5 track-count 2 destination destination-pull
 

例 6

次の例では、前述の例と同様の送信元を示していますが、宛先から UDP 上でプロアクティブにマルチキャスト形式でストリーミングされています。もちろん、RTSP アクセス ポイントはここでも機能しています。

ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast port-list 6 26662 26664
ContentEngine2(config)#rtsp server cisco-streaming-engine broadcast id p6 source source-udp http://172.19.227.80/17902.sdp 172.19.227.78 239.2.2.240 6 track-count 2 destination destination-udp 239.2.2.102 2
 

RealSubscriber の設定およびイネーブル化

ACNS 5.1 ソフトウェアには、ストリーミング メディア エンジンとして使用されるオプション コンポーネントとして、RealServer バージョン 9 が組み込まれています。RealServer ソフトウェアが、サブスクライバ専用モードとして設定されている場合、このソフトウェアは RealSubscriber と呼ばれます。

RealSubscriber をローカルに配置された Content Engine 上で設定するには、 rtsp server real-subscriber グローバル設定コマンドを使用します。

rtsp server real-subscriber {accept-license-agreement | drm {accept-license-agreement | enable | evaluate | license-key keyword}| enable | evaluate | license-key keyword}
 

表 11-3 では、 rtsp server real-subscriber コマンドに関するパラメータについて説明します。

 

表 11-3 rtsp server real-subscriber コマンド用パラメータ

パラメータ
説明

real-subscriber

RealSubscriber パラメータを設定する。

accept-license-agreement

RealSubscriber ライセンス許諾書に同意する。 show rtsp server real-subscriber license-agreement コマンドを使用して、RealSubscriber のライセンス許諾書を表示することができます。

drm

Real Subscriber Digital Rights Management を設定する。

enable

RealSubscriber をイネーブルにする。

evaluate

RealSubscriber の 60 日間有効の評価版の使用を開始または継続する。

license-key

RealSubscriber に必要なライセンス キーを設定する。

keyword

RealSubscriber のキーワード ストリングを指定する。

次の例は、RealSubscriber パラメータをローカルに配置されている Content Engine 上に設定するための CLI 使用方法を示しています。


ステップ 1 EXEC モードで show rtsp server real-subscriber license-agreement コマンドを使用して、RealSubscriber のライセンス許諾書を表示します。

ContentEngine# show rtsp server real-subscriber license-agreement
 

ステップ 2 ライセンス許諾書を読み終えたら、グローバル設定モードに入り、ライセンス許諾書に同意します。

ContentEngine# configure
ContentEngine(config)# rtsp server real-subscriber enable accept-license-agreement
 

ステップ 3 シスコのライセンス キーを入力します。

ContentEngine(config)# rtsp server real-subscriber license-key licensekey
 

別の方法として、 real-subscriber evaluate コマンドを使用して、60 日間の評価ライセンスに同意します。

ContentEngine(config)# rtsp server real-subscriber evaluate
 

RealSubscriber 評価ライセンスに同意すると、限定期間内で RealSubscriber のライセンス付きのソフトウェアを使用することができます。この評価ライセンスは一度に限り行使することができ、ライセンス キーは必要ありません。この評価ライセンスにより、ライセンスを受けたプログラムとして 60 日間使用することができます。

評価期間が経過すると、RealSubscriber は自動的に使用できなくなります。ライセンス キーはシスコ代理店から購入することができます。評価期間内に、このライセンス キーを設定画面で入力すると、RealSubscriber を継続して使用することができます。

ステップ 4 RealSubscriber をイネーブルにします。

ContentEngine(config)# rtsp server real-subscriber enable
 


 

RealProxy キャッシングの設定とイネーブル化

RealProxy ソフトウェアの設定は、RealSystem Administrator GUI を使用して行います。この GUI には、Content Engine GUI の RealProxy ページ(ステップ 6 で説明)からアクセスします。

ローカルに配置されている Content Engine 上に、RealProxy キャッシングを設定し、イネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 EXEC モードで show rtsp proxy media-real license-agreement コマンドを使用して、RealProxy のライセンス許諾書を表示します。

ContentEngine# show rtsp proxy media-real license-agreement
 

ステップ 2 ライセンス許諾書を読み終えたら、グローバル設定モードに入り、ライセンス許諾書に同意します。

ContentEngine# configure
ContentEngine(config)# rtsp proxy media-real accept-license-agreement
 

ステップ 3 シスコのライセンス キーを入力します。

ContentEngine(config)# rtsp proxy media-real license-key licensekey
 

あるいは、 rtsp proxy media-real evaluate コマンドを使用して、60 日間の評価ライセンスに同意します。

ステップ 4 RealProxy を使用している RealPlayer クライアントが利用できる RTSP ゲートウェイの IP アドレスを設定します。

ContentEngine(config)# rtsp ip-address ip-address

ヒント この手順は、RealProxy メディア キャッシングをイネーブルにする前に必要です。

ステップ 5 Content Engine 上で rtsp proxy media-real enable コマンドを使用して、RealProxy メディア キャッシングをイネーブルにします。

ContentEngine(config)# rtsp proxy media-real enable
 

これで RealProxy キャッシングが Content Engine 上でイネーブルになり、透過キャッシングまたは従来のキャッシングによる RTSP トラフィック テクノロジーを使用したストリーミング メディア接続に必要な、RTSP パラメータを設定できるようになりました。


disk config コマンドを使用して、mediafs ストレージ用のディスク スペースを確保するように設定すると RealProxy を使用したキャッシュ ストリーミング メディアを実行することができます。RTSP トラフィックに割り当てられる mediafs スペースをパーセント単位で設定するには、mediafs-division グローバル設定コマンドを使用します。


ステップ 6 RealProxy ソフトウェアを Content Engine 上に設定するには、RealSystem administrator GUI に次のようにアクセスします。

a. Content Engine GUI から、 Caching > Real Proxy の順に選択します。Content Engine Real Proxy ウィンドウが表示されます(図 11-1 を参照)。


) Content Engine GUI にアクセスするには、ブラウザの URL アドレスにセキュア モードで Content Engine の IP アドレスを入力し、デフォルト ポート番号 8003 を付加します。たとえば、https://CEIPaddress:8003 のように URL を入力します。


図 11-1 Content Engine Real Proxy ウィンドウ

 


ADMIN ボタンが Content Engine Real Proxy ウィンドウ上に表示されるのは、RealProxy ソフトウェアがインストールされて、イネーブルになっているときのみです。


b. Content Engine Real Proxy ウィンドウ内で、 ADMIN ボタンをクリックします。

c. Content Engine Real Proxy ウィンドウから、Real System administration GUI にアクセスするには、デフォルト ユーザ ネームとして admin を使用し、パスワードとして diamond を使用してください。RealSystem administrator GUI のメイン ウィンドウ(図 11-2)が表示されます。

図 11-2 Real System Administrator GUI

 

ステップ 7 RealProxy ソフトウェアをローカルに配置されている Content Engine 上で設定するには、RealSystem administrator GUI を使用します。


 

WCCP 対応ルータを使用した、RealProxy に対する RTSP トラフィックの透過キャッシングのイネーブル化

透過キャッシング時に、ユーザのネットワーク トラフィックは、Content Engine ではなく、WCCP 対応ルータを経由して、ストリーミング メディアにアクセスします。ローカルに配置されている Content Engine 上の RealProxy サーバに対して RTSP トラフィックの透過リダイレクトをイネーブルにするには、次のものが必要です。

ACNS 4.1 またはそれ以降のソフトウェアを実行する Content Engine

マウント済みの mediafs 区画にインストールされている RealProxy ソフトウェア

RealNetworks, Inc.のライセンス キー

RealProxy とルータの IP アドレス

ローカルに配置されている Content Engine 上の RealProxy サーバに対する RTSP トラフィックの透過リダイレクトをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 RealProxy サーバをローカルに配置された Content Engine 上でイネーブルにします。


) RealProxy をローカルに配置された Content Engine 上でのイネーブル化については、「RealProxy キャッシングの設定とイネーブル化」を参照してください。


ステップ 2 WCCP Version 2 を実行しているルータ上で、ローカルに配置された Content Engine に RTSP トラフィックをリダイレクトするために使用される指定サービス グループに対して、WCCP 機能を有効にします。ルータ コマンドの詳細は、 付録 C「Web Cache Communication Protocol Version 2」 を参照してください。

Router(config)# ip wccp 80
 

ステップ 3 インターネットへの発信インターフェイスを設定し、インターフェイス設定モードに入ります。次の例では、発信インターフェイスが、Ethernet 0 デバイスであることを示しています。

Router(config)# interface Ethernet 0
 

ステップ 4 ステップ 3で指定されたインターフェイス上で、サービス グループ 80 への WCCP リダイレクトをイネーブルにします。この例では、送信ルータ インターフェイスが RTSP トラフィックを代行受信するために選択されていることを示しています。 ip wccp 80 redirect in コマンドを使用すると、受信インターフェイスのトラフィックを代行受信することもできます。

Router(interface)# ip wccp 80 redirect out
 

ステップ 5 WCCP Version 2 をローカルに配置された Content Engine 上でイネーブルにします。

ContentEngine(config)# wccp version 2
 

ステップ 6 次の例では、WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスは 172.16.25.25 および 172.16.26.26 であることを示しています。

ContentEngine(config)# wccp rtsp router-list 1 172.16.25.25 172.16.26.26
 

ステップ 7 直前のステップで設定したルータ リストをイネーブルにします。

ContentEngine(config)# wccp rtsp router-list-num 1
 

ステップ 8 新しい設定を保存します。

ContentEngine# copy running-config startup-config

ステップ 9 RealSystem administrator GUI を使用して、必要に応じて RealProxy パラメータを設定します( 図 11-2 を参照)。

RealSystem administrator GUI の詳細を表示するには、RealSystem administrator GUI にある Documentation をクリックします。


 

RealProxy に対する RTSP トラフィックの従来のプロキシ キャッシングのイネーブル化

従来のプロキシ キャッシング時には、ユーザのメディア プレーヤーは、WCCP 対応ルータではなく Content Engine に向けられて、ストリーミング メディアにアクセスします。RTSP の従来のプロキシ キャッシングをローカルに配置された Content Engine 上で設定するには、次のものが必要です。

ACNS 4.1 またはそれ以降のソフトウェアを実行する Content Engine

マウント済みの mediafs 区画にインストールされている RealProxy ソフトウェア

RealNetworks, Inc.のライセンス キー

RealProxy の IP アドレス

ローカルに配置された Content Engine 上の RealProxy サーバに対して従来のプロキシ キャッシングをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine 上で RealProxy をイネーブルにします。


) RealProxy をローカルに配置された Content Engine でイネーブルにする方法については、「RealProxy キャッシングの設定とイネーブル化」を参照してください。


ステップ 2 指定されたポート上で RTSP トラフィックを受信するように、Content Engine を設定します。デフォルトの RTSP ポートは 554 です。

ContentEngine# rtsp port incoming portnumber
 

ステップ 3 Content Engine 上で RealProxy を使用するように、RealPlayer 8.02 クライアントを設定します(図 11-3 を参照)。

a. RealPlayer を開きます。

b. View > Preferences の順に選択します。

c. Category settings の Proxy オプションをクリックします。

d. Streaming Settings の下で、 Change Settings をクリックします。

e. Use proxies オプション ボタンをクリックします。

f. RTSP Proxy アドレス フィールドに、Content Engine の IP アドレスを入力します。

g. Port フィールドに、ステップ 2 で入力したポート番号を入力します。

h. OK をクリックします。

図 11-3 RTSP トラフィックの従来のプロキシとして Content Engine を使用するように設定された RealPlayer 8.02

 

ステップ 4 RealSystem Administrator GUI を使用して、必要に応じて RealProxy パラメータを設定します。

RealSystem Administrator Configuration ウィンドウが表示されます(図 11-2 を参照)。

これで、RealPlayer は、Content Engine を RealProxy として使用して、ストリーミング オブジェクトをフェッチすることができるようになりました。


ヒント RealProxy で使用される RealSystem コンポーネントのセットアップの詳細は、次の URL にある Readme の「Setting Up RealSystem Server」のセクション、および「Setting Up RealSystem Player」のセクションを参照してください。
http://service.real.com/help/library/guides/proxy/readme.htm#5

ステップ 5 Content Engine の設定をフラッシュ メモリに保存します。

ContentEngine# copy running-config startup-config
 


 

RealProxy の考慮事項

次の項では、ローカルに配置された Content Engine 上で RealProxy 追加機能の設定に役立つシナリオを紹介します。

RealMedia キャッシングのディセーブル化

RealProxy プレーヤーには、オンデマンド コンテンツを複製するために、独自のストリーミング メディア キャッシュが付属しています。しかしながら、システム管理者は、種々の理由でキャッシングをディセーブルにしたい場合があります。たとえば、次のような場合です。

キャッシュ ヒットまたはキャッシュ ミスに関する、より正確なデータを収集する

古いデータが配信されないようにする

ユーザによるコンテンツの個別設定を防止する

すべてのサーバと RealProxy からどの素材のキャッシングもできないようにする手順は、次のとおりです。


) Content Engine 上で設定されているシステム管理者、ユーザ名、および関連したすべてのパスワードは、RealProxy 認証データベースに保存されているものとは同じではありません。したがって、すべての Content Engine ユーザが、RealSystem Administrator GUI にアクセスできるわけではありません。



ステップ 1 Content Engine GUI の RealProxy ウィンドウ上で Admin ボタンをクリックして、RealSystem Administrator GUI ウィンドウにアクセスします(図 11-1 を参照)。このウィンドウ内の Admin ボタンを使用する場合は、事前に RealProxy を使用可能にしておく必要があります。

ステップ 2 Configure > Cache の順に選択します。

ステップ 3 Enable Caching フィールドで、 No を選択します。

ステップ 4 Apply をクリックします。

ステップ 5 Content Engine GUI を再始動して、RealProxy を再始動します。


 

オンデマンド クリップのストリーム化

すべてのオンデマンド クリップは、自動的に Content Engine から利用できるようになります。RealServer によって配信されるコンテンツで、キャッシュに保存したくない場合は、「RealMedia キャッシングのディセーブル化」 を参照してください。

ユニキャスト、分割、およびマルチキャスト

ライブ クリップは、キャッシング ソフトウェアから利用できません。ただし、RealProxy は引き続きクライアントに対するライブ ブロードキャストを配信するプロキシとして機能します。RealServer は、ライブ分割の送信元として機能します。また、RealProxy はスプリッタとして機能します。

アクセス制御

クライアントからキャッシュに入っているストリームが要求されると、RealProxy はその要求を送信元の RealServer に送信してアクセス許可を求めます。アクセスが許可されると、クライアントは要求したストリームを再生できるようになります。RealServer に要求が拒否されると、RealProxy は、クライアントがストリームを受信することを許可しません。

1 つの RealProxy が、RealServer が配信する素材をキャッシュに保存しないようにするには、その RealProxy の IP アドレスから RealServer に接続できないようにするアクセス制御ルールを、RealSystem Administrator GUI から作成します。また、プレーヤーの数と帯域幅に基づいて、コンテンツへのアクセスを制限することもできます。

RealProxy は、ライブ ブロードキャストをキャッシュに保存することができません。その理由は、キャッシュに入れる実際のダウンロード可能なファイルが存在しないからです。しかし、RealProxy には、クライアント間でライブ ストリームを「共用」して、送信装置が要求する帯域幅を削減する機能が組み込まれています。RealServer と RealProxy は、ライブ分割を通じて通信します。RealServer は、送信側として機能するように事前設定され、RealProxy は、受信側として自動的にセットアップされます。


) RTSP の説明は IETF RFC 2326 を参照してください。


RealProxy の例

次の例は、RTSP 要求統計を示しています。報告される統計情報は、処理された要求の合計数、キャッシュ ヒットとキャッシュ ミスの合計数、合計デマンド パススルー、およびライブ接続の合計数(分割かライブ パススルーによる)です。

ContentEngine# show statistics rtsp proxy media-real requests
Media Cache Statistics - Requests
Total % of Requests
---------------------------------------------------
Total Received Requests: 17 -
Demand Cache Hit: 11 64.7
Demand Cache Miss: 6 35.3
Demand Pass-Through: 0 0.0
Live Split: 0 0.0
Live Pass-Through: 0 0.0
 

次の例では RTSP 節約統計情報を示しています。この例で報告される統計情報は、処理された要求の合計数、キャッシュ ヒットとキャッシュ ミスの合計数、配信されたバイト数、およびキャッシングによる節約率です。

 
ContentEngine# show statistics rtsp proxy media-real savings
Media Cache Statistics - Savings
Requests Bytes
-----------------------------------------------------------
Total: 17 16666028
Hits: 11 3656524
Miss: 6 13009504
Savings: 64.7 % 21.9 %
ContentEngine#
 

ローカルに配置されている Content Engine への WMT サービスの設定

Microsoft Windows Media Technologies(WMT)Version 9 は、インターネット上のデジタル メディア ファイルを作成、配信、および再生するための一連のストリーミング ソリューションです。ここでは、ローカルに配置されている Content Engine 上に WMT サービスを設定する方法について説明します。この項の構成は次のとおりです。

「ローカルに配置されている Content Engine の WMT イネーブル化」

「WCCP 対応ルータを使用した透過 WMT サービスのイネーブル化」

「従来の WMT プロキシ サービスのイネーブル化」

WMT 使用のガイドライン

WMT ストリーミング メディア サービスをローカルに配置されている Content Engine 上に設定するときは、次の点に注意してください。

WMT Version 9 は、インターネット上でデジタル メディア ファイルの作成、配信、および再生を行うための一連のストリーミング ソリューションです。WMT には、エンド ユーザ アプリケーション(Windows Media Player)、サーバと配信アプリケーション(Windows Media Server)およびエンコーダ アプリケーション(Windows Media Encoder)が組み込まれています。


) ACNS 5.1 ソフトウェアは、WMT Version 9 Windows Media Player、Windows Media Encoder および Windows Media Server との相互運用性があります。しかし、Content Engine は、WMT Version 9 Windows Media Server の機能を完全に提供してないため、Content Engine のこのリリースでは、このサーバの機能を補うことはできません。


Windows Media Player 9.0 が、プロキシをバイパスして、オリジン サーバから要求を処理するのは、プロキシ サーバに障害が発生して、MMS over HTTP をプロトコルとして使用する要求を処理できないときです。Windows Media Player の以前のバージョン(バージョン 6.4 および 7.0)では、この機能はサポートされていません。

通常、プロキシ サーバが要求を処理できないのは、次のような場合です。

要求されたメディア ファイルが Content Engine 内に設定されている値(帯域幅、最大セッション数、および最大ビット レート)を超えている。

URL が Content Engine 内で設定されたルールまたは URL フィルタに準拠しない。

プロキシ サーバがダウンしている。

ライブ形式の事前配信 Windows Media コンテンツを ACNS ネットワークに配信するには、Content Engine 上に WMT キャッシング プロキシとサーバの機能が必要です。このガイドでは、Content Engine の WMT キャッシング機能を中心に説明します。WMT サーバ機能の詳細は、『Cisco ACNS ソフトウェア デプロイメント コンフィギュレーション ガイド Release 5.1』を参照してください。

disk config EXEC コマンドを使用して、mediafs ストレージ用のディスク スペースを確保するように設定すると、WMT を使用したストリーミング メディアを実行することができます。

Content Engine 上でストリーミング メディア サービスの WMT ライセンスを有効にする前に、Content Engine のクロックとカレンダーが正しく設定されていることを確認してください。正しく設定されていない場合、エラー メッセージが表示されてインストールは失敗します。システム クロックを表示するには、 show clock コマンドを使用します。システム クロックを設定するには、 clock set EXEC コマンドを使用します。

WMT 要求統計を表示するには、 show statistics wmt requests コマンドを使用します。この例で報告される統計情報は、処理された要求の合計数、コンテンツのタイプ(ライブまたは VOD)、トランスポート プロトコル、およびコンテンツの送信元です。

ContentEngine# show statistics wmt requests
Unicast Requests Statistics
===========================
Total unicast requests received: 4
-------------------------------------
 
Total % of Total
Unicast Requests
--------------------------------------------
 
Total Requests served: 4 100.00%
 
Total % of Total Requests
---------------------------------------------
 
By Type of Content
------------------
Live content: 2 50.00%
On-Demand Content: 2 50.00%
 
By Transport Protocol
---------------------
MMSU: 4 100.00%
MMST: 0 0.00%
HTTP: 0 0.00%
 
By Source of Content
--------------------
Local: 0 0.00%
Remote MMS: 4 100.00%
Remote HTTP: 0 0.00%
Multicast: 0 0.00%
 
ContentEngine#
 

次の例では、マルチキャスト サーバに送信されたマルチキャスト統計情報のログを示しています。

10.1.101.2 2003-05-11 13:39:21 - asfm://239.1.4.5:4000 0 30 1 200 {5DC90EEB-CEB1-467C-9F7A-BCF5EEEDE3FF} 10.1.0.3055 en-US - - wmplayer.exe 10.1.0.3055 Windows_2000 10.0.0.2195 Pentium 0 152543 65389 asfm UDP WINDOWS_MEDIA_AUDIO_V2 MICROSOFT_MPEG-4_VIDEO_CODEC_V3 http://172.16.192.91/cisco.nsc - 166245 - 176 0 0 0 0 0 01 0 100 239.1.4.5 - - -
 

次の例では、表示されるフォーマットを示しています。

c-ip date time c-dns cs-uri-stem c-starttime x-duration c-rate c-status c-playerid c-playerversion c-playerlanguage cs(User-Agent) cs(Referer) c-hostexe c-hostexever c-os c-osversion c-cpu filelength filesize avgbandwidth protocol transport audiocodec videocodec channelURL sc-bytes c-bytes s-pkts-sent c-pkts-received c-pkts-lost-client c-pkts-lost-net c-pkts-lost-cont-net c-resendreqs c-pkts-recovered-ECC c-pkts-recovered-resent c-buffercount c-totalbuffertime c-quality s-ip s-dns s-totalclients s-cpu-util CE-action CE-bytes Username
 

WMT MMS で許可されるファイル名拡張子の追加または削除

Content Engine は、ファイル名拡張子リストを使用して、WMT が処理するファイル タイプであるかを判別します。通常、Content Engine は、WMT によって処理されるファイル名拡張子リストがデフォルトで設定されて出荷されています。ACNS ソフトウェア リリース 5.0.5 より前のリリースでは、ファイル名拡張子をこのリストに追加、または削除することはできませんでした。ACNS ソフトウェア リリース 5.0.5 では、 wmt mms allow extension グローバル設定コマンドが追加され、ファイル名拡張子をこのリストに追加することが可能になりました。このコマンドに no を使用する( no wmt mms allow extension )と、リストからファイル名拡張子を削除できます。

Content Engine 内のデフォルトのリストには、次のファイル名拡張子が含まれています。

asf

none

nsc

wma

wmv


) デフォルトのファイル名拡張子リストには、none が含まれています。これはContent Engine がファイル拡張子のない状態(例えば、ライブ エンコーダ用のブロードキャスト エイリアスまたは URL)でメディア ファイルを処理しないようにするためです。また、このリストには、ファイル名拡張子、nsc が含まれていて、これにより、Content Engine はメディア ファイルをマルチキャストすることができます。


このリストにファイル拡張子を新規に追加する場合、次の制限があります。

リスト内に 20 を超えるファイル拡張子を含めることはできません。

ファイル拡張子には英数字を使用し、各拡張子の先頭の文字は英文字にする必要があります。

1 つのファイル拡張子は 10 文字以内にする必要があります。

次の例では、ファイル拡張子 mp3 を WMT でサービスされるファイル拡張子のリストに追加しています。

ContentEngine(config)# wmt mms allow extension mp3
ContentEngine(config)#
 

ファイル拡張子の追加または削除後に、 show wmt mms allow extension EXEC コマンドを使用して、リスト内に含まれているファイル拡張子を検索することができます。


ヒント show wmt mms allow extension は、デフォルト リストを変更しても、何も表示しません。


次の例では、 show wmt mms allow extension コマンドを示しています。この例では、ファイル拡張子のデフォルト リストは変更されていません。

ContentEngine# show wmt mms allow extension
ContentEngine#
 

この例では、ファイル拡張子 mp3 をファイル拡張子リストに追加した後の、 show wmt mms allow extension コマンドを示しています。

ContentEngine(config)# show wmt mms allow extension
WMT mms extensions allowed :
asf mp3 none nsc wma wmv
ContentEngine(config)#
 

CLI コマンドを使用した WMT パラメータの設定

WMT パラメータをローカルに配置されている Content Engine 上に設定するには、 wmt グローバル設定コマンドを使用します。

wmt accept-license-agreement

wmt bandwidth incoming bypass-list { ip-address | hostname } [ ip-address | hostname ]

wmt broadcast { alias-name name source url }

wmt cache { enable | max-obj-size size | unique-stream-key }

wmt disallowed-client-protocols [ HTTP ] [ TCP ] [ UDP ]

wmt enable

wmt evaluate

wmt fast-live-split enable

wmt fast-proxy-cache enable

wmt incoming number

wmt l4-switch enable

wmt license-key key

wmt live-url-stripping enable

wmt max-concurrent-sessions number

wmt mms { allow { extension { file name }}}

wmt multicast { schedule-start name minute hour day month | station-configuration name dest_addr dest_port media_source [ log { local | webserver }] [ play-forever ] [ unicast-url url ] | time-to-live ttl }

wmt proxy outgoing { http | mms } host { hostname | ip-address } port

表 11-4 では、WMT パラメータをローカルに配置されている Content Engine 上で設定するのに使用される wmt グローバル設定コマンドのパラメータを説明しています。

 

表 11-4 wmt CLI コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

accept-license-agreement

エンドユーザ使用許諾契約書(EULA)を確認し、それに同意する。このコマンドに no を用いた形式が CLI から使用できますが、EULA への同意は取り消すことができないというエラー メッセージが表示されるだけです。

bandwidth

WMT 着信帯域幅の構成を設定する。

broadcast

ライブ ブロードキャストを設定する。

alias-name

ブロードキャストのエイリアスを設定する。

name

ブロードキャストのエイリアス。

source

ブロードキャスト ソースの URL を指定する。

url

ソースの URL をブロードキャストする。

cache

WMT キャッシュを設定する。

enable

WMT メディア キャッシュをイネーブルにする。

max-obj-size

キャッシュされるオブジェクトの最大サイズを設定する。

size

メガバイト単位のオブジェクト サイズ(1 ~ 1000000)。

disallowed-client-protocols

許可しない WMT クライアント プロトコルを指定する。

HTTP

(オプション)HTTP を許可しない( http:// でのストリーミング)。

TCP

(オプション)TCP(mmst://)を許可しない。

UDP

(オプション)UDP(mmsu://)を許可しない。

enable

WMT サーバをイネーブルにする。

evaluate

WMT の 60 日間有効の評価プログラムを開始または継続する。

fast-live-split

ライブ分割のパフォーマンス向上を指定する。

enable

ライブ分割のパフォーマンス向上をイネーブルにする。

fast-proxy-cache

ライブ分割キャッシュのパフォーマンス向上を指定する。

enable

ライブ分割キャッシュのパフォーマンス向上をイネーブルにする。

incoming

着信 WMT 要求を設定する。

number

要求を受信するポート番号(1 ~ 65535)。

l4-switch

レイヤ 4 スイッチの WMT に対する相互運用性を設定する。

enable

レイヤ 4 スイッチの WMT に対する相互運用性をイネーブルにする。

license-key

WMT ライセンス キーを設定する。このコマンドの no 形式が CLI から使用できますが、ライセンス キーを削除できないというエラー メッセージが表示されるだけです。

key

ライセンス キー。

live-url-stripping

WMT プロキシがパーソナリゼーション情報を WMT 再生中にライブ分割のために使用する前に、その情報を URL からストリッピングを行うことを許可する。

enable

ライブ URL ストリッピングをイネーブルにする。

max-concurrent-sessions

同時に処理できるユニキャスト クライアントの最大数を設定する。

number

着信ユニキャスト要求に対する制限。この制限はプラットフォーム上の物理的リソースの影響を受けます(1 ~8000)。

mms

MMS 構成内を指定する。

allow

MMS 許可リスト構成を設定する。

extension

リスト構成内に使用される MMS 拡張子を設定する。

file

リスト構成内に使用されるファイルを設定する。

name

リスト構成内に使用するファイル名を設定する。

multicast

マルチキャスティングとスケジューリングを設定する。

schedule-start

自動開始スケジュールを設定する。

name

マルチキャスト ステーション名。

minute

分単位の開始時刻(0 ~ 59)。

hour

時間単位の開始時刻(0 ~ 23)。

day

開始日(1 ~ 31)。

month

開始月(1 ~ 12)。

station-configuration

マルチキャスト ステーションを設定する。

name

マルチキャスト ステーション名。

dest_addr

マルチキャスト ステーションの宛先 IP アドレス。

dest_port

マルチキャスト ステーションの宛先ポート(1 ~ 65535)。

media_source

マルチキャスト ステーションのメディア送信元。

log

(オプション)マルチキャスト URL のロギングをイネーブルにする。

local

マルチキャスト URL のローカル ディスクへのロギングを設定する。

webserver

マルチキャスト URL の Web サーバへのロギングを設定する。Web サーバのロケーションを特定する URL を入力します。

play-forever

(オプション)ストリームがループして再開するように設定する。デフォルトでは、ストリームを一度再生したら、停止します。

unicast-url

(オプション)ステーションがマルチキャストを受信できない場合の、ユニキャスト ロールオーバー URL。

url

完全修飾ユニキャスト ロールオーバー URL。

time-to-live

マルチキャスト サーバとして機能する Content Engine に到達するために必要な最大ホップ数を設定する。

ttl

ホップ数(0 ~ 255)。デフォルトは、5 ホップです。

proxy

プロキシを設定する。

outgoing

発信プロキシを設定する。

http

HTTP プロキシの発信 Microsoft Media Server(MMS)を設定する。

mms

発信 MMS プロキシ構成を設定する。

host

発信 MMS over HTTP プロキシのホストを設定する。

hostname

発信プロキシのホスト名。

ip-address

発信プロキシの IP アドレス。

port

発信プロキシのポート番号(1 ~ 65535)。

WMT のイネーブル化、MMS トラフィックの透過的なリダイレクトのイネーブル化、Content Engine が WMT クライアントに WMT プロキシとしてサービスするための設定、および WMT マルチキャスティングをイネーブル化する方法については、この章の次項以降を参照してください。

ローカルに配置されている Content Engine の WMT イネーブル化

WCCP 対応ルータを使用した透過 WMT サービスのイネーブル化

従来の WMT プロキシ サービスのイネーブル化

WMT マルチキャスティングの設定

ローカルに配置されている Content Engine の WMT イネーブル化

ローカルに配置されている Content Engine 上の WMT をイネーブルにする手順は、次のとおりです。


) Content Engine 上の WMT をイネーブルにするには、CLI コマンドを使用する必要があります。



ステップ 1 CLI にアクセスし、EXEC モードで show wmt license-agreement コマンドを使用して、WMT 使用許諾契約書を表示します。

ContentEngine# show wmt license-agreement

ステップ 2 ライセンス許諾書の内容を確認した後、グローバル設定モードに入り、ライセンス許諾書に同意します。

ContentEngine# configure
ContentEngine(config)# wmt accept-license-agreement
 

ステップ 3 シスコのライセンス キーを入力します。

ContentEngine(config)# wmt license-key licensekey
 

別の方法として、 wmt evaluate コマンドを使用して、評価ライセンスに同意します。

ContentEngine(config)# wmt evaluate
 

ステップ 4 wmt enable コマンドを使用して、Content Engine 上の WMT を使用可能にします。

ContentEngine(config)# wmt enable
 

これで、透過キャッシング、または従来のプロキシ キャッシングによる WMT を使用したストリーミング メディア接続に必要な、WMT パラメータを設定できるようになりました。


 


disk config コマンドを使用して、mediafs ストレージ用のディスク スペースを確保するように設定すると、WMT を使用したキャッシュ ストリーミング メディアを実行することができます。


WMT プロキシの設定

WMT プロキシのパラメータをローカルに配置されている Content Engine 上に設定するには、 wmt グローバル設定コマンドを使用します。


) Content Engine 上の WMT をイネーブルにするには、CLI コマンドを使用する必要があります。



ステップ 1 L4 スイッチのサポートをイネーブルにします。

ContentEngine(config)# wmt l4-switch enable
 

Cisco CSS 11000 シリーズ スイッチなどのレイヤ 4 スイッチを使用したリダイレクトをイネーブルにします。

ステップ 2 ストリーミング メディア オブジェクトの最大値をメガバイト(MB)単位で指定します。

ContentEngine(config)# wmt cache max-obj-size size
 

ステップ 3 発信 HTTP プロキシをイネーブルにします(発信 MMS-over-HTTP プロキシ設定をイネーブルにします)。

ContentEngine(config)# wmt proxy outgoing http host {hostname | ip-address} port
 

ここで、それぞれの意味は次のとおりです。

hostname はホスト名、 ip-address は HTTP 発信プロキシの IP アドレスです。

port は、発信プロキシのポート番号です(標準ポートは 1755)。

ステップ 4 発信 MMS プロキシをイネーブルにします(発信 MMS プロキシ設定をイネーブルにします)。

ContentEngine(config)# wmt proxy outgoing mms host {hostname | ip-address} port
 

ここで、それぞれの意味は次のとおりです。

hostname はホスト名、 ip-address は発信 MMS プロキシの IP アドレスです。

port は、発信プロキシのポート番号です。


 

WCCP 対応ルータを使用した透過 WMT サービスのイネーブル化

透過キャッシング時に、ユーザのネットワーク トラフィックは、Content Engine ではなく、WCCP 対応ルータを経由して、ストリーミング メディアにアクセスします。透過キャッシングをイネーブルにする際は、事前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

ACNS 4.1 またはそれ以降のソフトウェアを実行する Content Engine

Content Engine 上のマウント済みの mediafs 区画にインストールされている、WMT プロキシ ソフトウェア

WMT ライセンス キー

1 台または複数台のルータの IP アドレス

ローカルに配置されている Content Engine に MMS トラフィックを透過的にリダイレクトする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ローカルに配置されている Content Engine 上の WMT をイネーブルにします。

WMT をイネーブルにする方法は、「ローカルに配置されている Content Engine の WMT イネーブル化」を参照してください。

ステップ 2 WCCP Version 2 を実行しているルータ上で、WMT トラフィックを Content Engine にリダイレクトするときに使用される指定サービス グループに対して、WCCP を使用可能にします。ルータ コマンドの詳細は、 付録 C「Web Cache Communication Protocol Version 2」 を参照してください。

Router(config)# ip wccp 81
Router(config)# ip wccp 82
 

) MMS は 2 つのトランスポート プロトコル上で動作します。それらは、TCP と UDP です。MMS トラフィックの WCCP 宛先変更を実行しているには、ルータが、TCP と UDP の両方のトラフィックをリダイレクトする必要があります。つまり、WCCP Version 2 を実行しているルータの場合は、このルータ上で 2 つの WCCP サービス グループをイネーブルにする必要があります。TCP の標準サービス グループは 81、UDP の標準サービス グループは 82 です。


ステップ 3 インターネットとの発信インターフェイスを設定し、インターフェイス設定モードに入ります。次の例では、発信インターフェイスとして、Ethernet 0 デバイスを設定していることを示しています。

Router(config)# interface Ethernet 0
 

ステップ 4 指定されたインターフェイス上で、サービス グループ 81 および 82 への WCCP リダイレクトをイネーブルにします。

Router(interface)# ip wccp 81 redirect out
Router(interface)# ip wccp 82 redirect out

) 支社の場合の一般的なルータ設定には、発信インターフェイスの設定が含まれていますが、トラフィックの宛先を変更するために、ルータ上で着信インターフェイスを設定することもできます。これは、主にクライアントのネットワーク トポロジーにより決まります。


ステップ 5 Content Engine 上で WCCP Version 2 をイネーブルにします。

ContentEngine(config)# wccp version 2
 

ステップ 6 このサービスに関連付けるルータ リスト(番号付き)を入力作成します。次の例では、WCCP Version 2 対応ルータの IP アドレスは、172.16.25.25 と 172.16.26.26 であることを示しています。

ContentEngine(config)# wccp router-list 1 172.16.25.25 172.16.26.26
 

ステップ 7 直前のステップで作成したルータ リストを使用可能にします。

ContentEngine(config)# wccp wmt router-list-num 1
 

ステップ 8 新しい設定を保存します。

ContentEngine# copy running-config startup-config
 

ステップ 9 WMT パラメータを必要に応じて、CLI コマンドまたは Content Engine GUI を使用して設定します。


) WMT パラメータの詳細は、『 Cisco ACNS Software Command Reference, Release 5.1』を参照してください。別の方法として、Content Engine GUI から、Caching > WMT-Streaming の順に選択し、WMT Config ボタン(図 11-4 を参照)をクリックして、Content Engine GUI で WMT パラメータを設定します。


図 11-4 Content Engine GUI 内の WMT Administration ページ

 

ステップ 10 WMT プレーヤーを始動した後、次の CLI コマンドを使用して、すべての WMT 統計情報を表示します。

ContentEngine# show statistics wmt all

ヒント WMT 統計情報は、WMT クライアントにより要求されたオブジェクトの中から、MMS を介して転送されたオブジェクトだけに関連したものです。HTTP を介して転送されたオブジェクトは、HTTP 統計情報にカウントされます。



 

従来の WMT プロキシ サービスのイネーブル化

従来のプロキシ キャッシング時には、ユーザのメディア プレーヤーは、ストリーミング メディアにアクセスするために WCCP 対応ルータではなく、Content Engine に向けられています。従来の WMT プロキシ サービスをイネーブルにする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

ACNS 4.1 またはそれ以降のソフトウェアを実行する Content Engine

Content Engine 上のマウント済みの mediafs 区画にインストールされている、WMT プロキシ ソフトウェア

Microsoft WMT ライセンス キー

Content Engine の IP アドレス

従来の WMT プロキシ サービスを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine 上の WMT をイネーブルにします。

WMT をイネーブルにする方法は、「ローカルに配置されている Content Engine の WMT イネーブル化」を参照してください。

ステップ 2 指定するポート上で WMT トラフィックを受信するように、Content Engine を設定します。デフォルトの WMT ポートは 1755 です。

ContentEngine(config)# wmt incoming portnumber
 

ステップ 3 ローカルに配置されている Content Engine を WMT プロキシとして使用するように、WMT メディア プレーヤーを設定します。

a. Windows Media Player を開きます。

b. Tools > Options の順に選択します。

c. Network タブをクリックします(図 11-5 を参照)。

図 11-5 WMT Media Player のネットワーク オプション画面

 

d. Multicast UDP TCP 、および HTTP の各オプション ボックスをクリックします(選択されていない場合)。

e. Proxy Settings の下で MMS をクリックし、 Configure をクリックします。Configure Protocol 画面が表示されます(図 11-6 を参照)。

図 11-6 WMT Media Player の MMS プロトコルのプロキシ設定画面

 

f. Use the following proxy server をクリックします。

g. Address フィールドに、Content Engine の IP アドレスを入力します。

h. Port フィールドに、ステップ 2 で入力したポート番号を入力します。

i. OK をクリックします。

ステップ 4 新しい設定を保存します。

ContentEngine# copy running-config startup-config
 

ステップ 5 WMT パラメータを必要に応じて、CLI コマンドまたは Content Engine GUI を使用して設定します。

WMT パラメータの設定に使用する wmt コマンドの説明については、「CLI コマンドを使用した WMT パラメータの設定」 を参照してください。 wmt コマンドの情報については、『Cisco ACNS Software Command Reference, Release 5.1』を参照してください。

Content Engine GUI から、 Caching > WMT-Streaming の順に選択します。表示された WMT ウィンドウで( 図 11-4 WMT Config ボタンをクリックします。WMT パラメータをこの Content Engine 上で設定するために使用する Content Engine ウィンドウにアクセスするには表示されているリンクを使用します。


ヒント Content Engine GUI にアクセスするには、ブラウザの URL アドレスに Content Engine の IPアドレスを入力し、デフォルト ポート番号 8001 を付加します。たとえば、
https://CEIPaddress:8003
を URL として入力します。Content Engine GUI にサポートされている機能にアクセスする方法の詳細は、「Content Engine GUI へのアクセス」を参照してください。

ステップ 6 WMT プレーヤーを始動した後、次の CLI コマンドを使用して、WMT 統計情報をすべて表示します。

ContentEngine# show statistics wmt all
 

表示されている WMT 統計情報は、WMT クライアントにより要求されたオブジェクトの中から、MMS を介してトランスポートされたオブジェクトだけに関連したものです。


) HTTP を介して転送されたオブジェクトは、HTTP 統計情報にカウントされます。他のクライアントにより要求されたストリーミング オブジェクト、または RTSP(RealPlayer ストリーミング メディア用)以外の他のプロトコルを介して転送されたストリーミング オブジェクトは、Content Engine をバイパスします。


WMT マルチキャスティングの設定

ネットワークの機能と制限に基づいて、Content Engine は、次の方法で IP マルチキャストを介して、WMT ストリーミング コンテンツの受信と配信を行います。

「WMT マルチキャスト ステーション スケジュールの設定」

「Multicast-in Multicast-out の設定」

「Unicast-in Multicast-out の設定」

「Unicast-in Unicast-out の設定」

Unicast-in Multicast-out マルチキャスト配信機能を使用すると、ストリーミング メディアの配信が効率的になります。IP マルチキャスト上のさまざまなデバイスが、単一のメディア コンテンツ ストリームを Content Engine から同時に受信できるようになります。これにより、ストリームが要求されるたびに単一のストリームが単一のデバイスに送信されるのでなく、単一のストリームが多数のデバイスに送信されるため、ネットワーク帯域幅の消費量を大幅に節約できます。このマルチキャスト配信機能を使用するには、同一チャネルからコンテンツを受信するように各デバイスを設定し、これらのデバイスがサブスクライブできる Content Engine 上でマルチキャスト アドレスを設定します。配信側のデバイスは、Content Engine にセットアップされているマルチキャスト アドレスにコンテンツを送信します。このアドレスから、サブスクライブされている受信側のデバイスのすべてにコンテンツが配信されます。

Multicast-in Multicast-out マルチキャスト受信機能を使用すると、IP マルチキャスティングを通じて配信されたマルチキャスト WMT ストリームを受信し、別の配信チャネル(ユニキャストまたはマルチキャスト)を介してエンド ユーザに中継できます。これら 2 つの WMT マルチキャスト発信機能を組み合わせると、IP マルチキャストを使用して WMT ストリーミング メディア コンテンツの受信と配信を行うことができます。またマルチキャストからユニキャストへ(およびその逆)の変換を行うことができます。

Multicast-in Unicast-out シナリオを使用すると、ストリーミング メディアの送信元からマルチキャストを使用して、着信ライブ ストリームを要求側のクライアントに配信するブロードキャスト パブリッシング ポイントを作成できます。

Unicast-in Unicast-out シナリオでは、クライアントと Content Engine 間でポイントツーポイント接続を行います。Content Engine は、メディア サーバに対して順次、単一接続を行います。Content Engine がメディア サーバへの単一接続を維持している間に、同じストリームに対する複数の要求は Content Engine によって分割されて、各クライアントが別個のデータ ストリームを直接 Content Engine から受信できるようになります。クライアントは、保存されているコンテンツまたはライブのコンテンツを含むストリームを要求できます。


) マルチキャスト ステーションは、定義済みのロケーション、つまりプレーヤーがストリームを受信できる IP アドレスおよびポートです。


WMTマルチキャスト コマンドおよびブロードキャスト CLI コマンドの使用

次の項で説明する 4 つの WMT マルチキャスティング シナリオでは、Content Engine を設定するために、グローバル コンフィギュレーション CLI コマンドが 2 つ必要です。

wmt broadcast :Multicast-in Unicast-out、Unicast-in Unicast-out

wmt multicast :Unicast-in Multicast-out、Multicast-in Multicast-out


wmt multicast コマンドと wmt broadcast コマンドを使用する場合は、事前に Content Engine 上の WMT をイネーブルにしておく必要があります。「ローカルに配置されている Content Engine の WMT イネーブル化」を参照してください。


WMT ブロードキャスティング CLI コマンドの使用

wmt broadcast { alias-name name source url } コマンドを使用して、Content Engine 上で Multicast-in Unicast-out ブロードキャスト シナリオを設定します。このコマンドを使用すると、ストリーミング メディアの送信元からマルチキャストを使用して、要求元のクライアントに着信するストリームをライブで配信するブロードキャスティング エイリアスを 作成することができます。

wmt broadcast {alias-name name source url}

WMT マルチキャスティング CLI コマンドの使用

wmt multicast { schedule-start name minute hour day month | station-configuration name dest_addr dest_port media_source [ play-forever ]} コマンドを使用して、Content Engine上でUnicast-in Multicast-out、および Multicast-in Multicast-out のシナリオ用の WMT マルチキャスティングをイネーブルにします。

station-configuration name dest_addr dest_port media_source オプションは、作成されたマルチキャスト ステーションに対して、マルチキャスト ステーション名、IP マルチキャスト アドレス、ポート番号、およびメディアの送信元を指定します。各ステーションにはマルチキャスト IP アドレスが必要です。有効なクラス D の IP アドレス、つまりマルチキャスト通信用アドレスを、224.0.0.0 ~ 239.255.255.255 の範囲で指定する必要があります。ただし、次のように RFC 1700 および関連資料に基づいて予約済みの IP 範囲を除きます。

224.0.0.0~224.0.6.255

224.0.13.0~224.0.13.255

224.1.0.0~224.2.255.255

232.0.0.0~232.255.255.255


) 同じマルチキャストに対応しているネットワーク設定の中で、競合しないマルチキャスト IP アドレスを選択する必要があります。このマルチキャスト IP アドレスは、Content Engine の IP アドレスとは関係がありません。使用できないマルチキャスト アドレス範囲については、表 2-9「IP マルチキャスティングの基本概念」 を参照してください。


dest_port オプションによって指定できるマルチキャスト ポート範囲は、1~65535 です。ただし、マルチキャスト対応ネットワークでは、ポート選択時に一定の制限が加えられています。通常、1024 より小さいポート番号は避ける必要がありますが、Content Engine では特に制限はありません。

media_source オプションは、マルチキャストの送信元を決定します。送信元は、任意の有効な WMT 形式の URL にすることができます。つまり、Windows Media Player 上で URL を再生できれば、その URL をマルチキャストの送信元にすることができます。

ACNS 5.1 ソフトウェアでは、WMT マルチキャストに TTL を設定するための新しい CLI グローバル設定コマンドが追加されました。wmt multicast time-to-live ttl コマンドを使用して、TTL の値を 0 ~ 255 ホップに設定します。デフォルトは、5 ホップです。


ヒント Content Engine GUI を使用して、WMT マルチキャスティング パラメータを設定することも可能です。図 11-4 に示される WMT Config ボタンをクリックすると、これらのパラメータにアクセスできます。


WMT マルチキャスト ステーション スケジュールの設定

WMT マルチキャスト ステーション用のスケジュールを設定するには、 wmt multicast schedule-start コマンドを使用します。 schedule-start name minute hour day month オプションを使用すると、指定された時刻に Content Engine がマルチキャストを開始するスケジュールが作成されます。このオプションが有効なのは、 wmt multicast station-configuration コマンドを使用して、最初にマルチキャスト ステーションが設定されている場合のみです。

表 11-5 では、 wmt multicast schedule-start コマンドを示しています。

 

表 11-5 wmt multicast schedule-start コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

multicast

マルチキャトとスケジュールを設定する。

schedule-start

自動開始スケジュールを設定する。

name

スケジュールが作成されているマルチキャスト ステーションの名前。

minute

分単位の開始時刻(0 ~ 59)。

hour

時間単位の開始時刻(0 ~ 23)。

day

開始日(1 ~ 31)。

month

開始月(1 ~ 12)。

WMT マルチキャスト ステーションの起動および停止

特定の WMT マルチキャスト ステーションの起動と停止を行うには、 wmt multicast-station コマンドを EXEC モードで使用します。

ContentEngine# wmt {multicast-station {start name | stop name}
 

表 11-6 では、 wmt コマンド用のマルチキャスト ステーション パラメータを示しています。

 

表 11-6 WMT マルチキャスト ステーションの開始および停止を行う wmt コマンドのパラメータ

パラメータ
説明

multicast-station

WMT マルチキャスト ステーションの起動と停止を設定する。

start

WMT マルチキャスト ステーションを起動する。

name

開始する WMT マルチキャスト ステーションの名前。

stop

WMT マルチキャスト ステーションを停止する。

name

停止する WMT マルチキャスト ステーションの名前。

次の 2 つの例では、acme という名前のマルチキャスト ステーション上の start および stop オプションを示しています。

ContentEngine# wmt multicast-station start acme
 
ContentEngine# wmt multicast-station stop acme
 


 

WMT マルチキャスト ロギング

WMT ログは、次のいずれかのファイルとしてローカル ディスク上の作業がログに記録されます。作業ログが置かれるディレクトリは、sysfs が Content Engine 上のマウントされる場所によって異なります。

/local1/logs/export/working.log 、または

/local2/logs/working.log

wmt multicast log オプションを使用して、マルチキャスト サーバの管理者にマルチキャスト統計情報を提供します。これらの統計情報には、マルチキャスト IP アドレス、ポート番号、開始時刻、クライアント数などが含まれています。このオプション設定時には、マルチキャスト ロギング情報を送信できるローカル URL、あるいはこれら統計情報を受信できる外部の完全修飾されたサーバ URL のいずれかを提供するかを選択できます。すなわち、マルチキャスト ロギング URL オプションにより、マルチキャスト サーバ自体、またはそのマルチキャスト アドレスをサブスクライブしていたユーザから提示された情報を処理する Web サーバをすべて参照できます。

wmt multicast {schedule-start name minute hour day month | station-configuration name dest_addr dest_port media_source [log {local | webserver}] [play-forever] [unicast-url url] | time-to-live ttl}
 

これらの統計情報には、マルチキャスト IP アドレス、ポート番号、開始時刻、クライアント数などが含まれています。このオプション設定時には、マルチキャスト ロギング情報を送信できるローカル URL、あるいはこれら統計情報を受信できる外部の完全修飾されたサーバ URL のいずれかを提供するかを選択できます。すなわち、マルチキャスト ロギング URL オプションにより、マルチキャスト サーバ自体、またはそのマルチキャスト アドレスをサブスクライブしていたユーザから提示された情報を処理するすべての Web サーバを参照できます。

次の例では、マルチキャスト サーバに送信されたマルチキャスト統計情報のログを示しています。

10.1.101.2 2003-05-11 13:39:21 - asfm://233.0.4.5:4000 0 30 1 200 {5DC90EEB-CEB1-467C-9F7A-BCF5EEEDE3FF} 10.1.0.3055 en-US - - wmplayer.exe 10.1.0.3055 Windows_2000 10.0.0.2195 Pentium 0 152543 65389 asfm UDP WINDOWS_MEDIA_AUDIO_V2 MICROSOFT_MPEG-4_VIDEO_CODEC_V3 http://172.16.192.91/cisco.nsc - 166245 - 176 0 0 0 0 0 01 0 100 233.0.4.5 - - -
 

次の例では、表示されるフォーマットを示しています。

c-ip date time c-dns cs-uri-stem c-starttime x-duration c-rate c-status c-playerid c-playerversion c-playerlanguage cs(User-Agent) cs(Referer) c-hostexe c-hostexever c-os c-osversion c-cpu filelength filesize avgbandwidth protocol transport audiocodec videocodec channelURL sc-bytes c-bytes s-pkts-sent c-pkts-received c-pkts-lost-client c-pkts-lost-net c-pkts-lost-cont-net c-resendreqs c-pkts-recovered-ECC c-pkts-recovered-resent c-buffercount c-totalbuffertime c-quality s-ip s-dns s-totalclients s-cpu-util CE-action CE-bytes Username
 

表 11-7 では、上述の例に使用されているフィールドを示しています。

 

表 11-7 wmt multicast logging フィールドの説明

フィールド
説明

c-ip

クライアント コンピュータの IP アドレス。正しく接続されていないクライアントの場合、クライアントの IP アドレスではなく、クライアント プロキシ サーバの IP アドレスを提供する。

date

ログ ファイル内にエントリが生成された日付(グリニッジ標準時による)。

time

ログ ファイル内にエントリが生成された時刻(グリニッジ標準時による)。

c-dns

クライアント コンピュータの DNS 名。

cs-uri-stem

ユニキャストの場合は .asf ファイル、マルチキャストの場合は .asx ファイルとして再生されるファイル名。

c-startime

エントリがログ ファイルに生成されたときのストリームのタイムスタンプ(秒単位)。

x-duration

クライアント イベント(早送り、巻き戻し、一時停止、またはマーカーにジャンプ)が発生する前にクライアントがコンテンツを再生した時間。ログ エントリは、これらのイベントが発生すると必ず生成されます。

c-rate

最後にコマンド イベントが送信された時の Windows Media Player のモード。

1 = Windows Media Player が再生、早送り、巻き戻し、またはマーカーにジャンプ中に停止または一時停止した。

-5 = Windows Media Player が再生、停止、または一時停止操作から巻き戻された。

+5 = Windows Media Player が再生、停止、または一時停止操作から早送りされた。

c-status

クライアント状況を説明するコード。HTTP/1.1 にマッピングされ、Request for Comments(RFC)2068 と RFC 2326 に規定されている RTSP クライアント状況コード。Windows Media Services には、拡張可能なクライアント状況コード 480(同時クライアント接続数がサーバのクライアント制限を超えた)および 483(ストリームがサーバの最大ファイル ビット レート制限を超えた)が含まれています。

c-playerid

プレーヤーのグローバルに一意な識別子(Globally unique identifier; GUID)。

c-playerversion

プレーヤーのバージョン番号。

c-playerlanguage

クライアント コンピュータの言語(国別)コード。

cs(User-Agent)

Windows Media Player の機能がブラウザに組み込まれている場合は、ブラウザ タイプ。

cs(Referer)

Windows Media Player の機能が組み込まれている(組み込まれていた)Web ページの URL。

c-hostexe

ホスト アプリケーション。たとえば、ブラウザ内の Web ページ(iexplore.exe)、Microsoft Visual Basic アプレット(vb.exe)、またはスタンドアロン Microsoft Windows Media Player(mplayer2.exe)。

c-hostexever

ホスト アプリケーションのバージョン番号。

c-os

クライアント コンピュータのオペレーティング システム。

c-osversion

クライアント コンピュータのオペレーティング システムのバージョン番号。

c-cpu

クライアント コンピュータの CPU タイプ。

filelength

ファイルの長さ(秒単位)。ライブ ストリームの場合、この値は 0 です。

filesize

ファイルのサイズ(バイト単位)。ライブ ストリームの場合、この値は 0 です。

avgbandwidth

クライアントがサーバに接続するときの平均帯域幅(bps 単位)。

protocol

ストリームにアクセスするのに使用されるプロトコル。MMS、HTTP、または ASFM(マルチキャスト プロトコル)。

transport

ストリーム配信に使用される転送プロトコル(UDP、TCP、または IP マルチキャストを介した UDP)。

audiocodec

ストリームのエンコードに使用されるオーディオ コーデック。

videocodec

ストリームのエンコードに使用されるビデオ コーデック。

channelURL

.nsc ファイルに対する URL。ユニキャスト クライアントの情報ログ ファイルには、このフィールドにダッシュ(-)が記録されます。

sc-bytes

サーバからクライアントに送信されるバイト数。

c-bytes

サーバからクライアントが受信するバイト数。ユニキャストの場合、c-bytes 値と sc-bytes 値は同じになっている必要があります。これらの値が同じでない場合、パケット ロスが発生します。

s-pkts-sent

サーバが送信したパケットの合計数。

c-pkts-received

クライアントが最初の試行でサーバ(s-pkts-send)から正しく受信したパケット数。

c-pkts-lost-client

サーバからクライアントへの転送中に喪失したパケット数。喪失したパケットは、クライアント レイヤではエラー訂正を介して、またネットワーク レイヤでは User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)を介して再送信されます。

c-pkts-lost-net

ネットワーク レイヤ上で喪失したパケット数。

c-pkts-lost-cont-net

ネットワーク レイヤ上でサーバからクライアントへの転送中に連続して喪失した最大パケット数。

c-resendreqs

新しいパケットを受信するクライアント要求の数。このフィールドには、クライアントが UDP 応答を使用している場合にのみ、値が含まれます。

c-pkts-recovered-ECC

クライアント レイヤ上で修復と回復が行われたパケット数。クライアント レイヤで修復と回復が行われたパケットは、c-pkts-lost-net と c-pkts-lost-client との差に等しくなります。

c-pkts-recovered-resent

UDP を使用して再送信されたために、回復したパケット数。

c-buffercount

ストリーム再生中にクライアントがバッファリングされる回数。

c-totalbuffertime

ストリームをバッファリングするのにクライアントが使用する時間(秒単位)。クライアントが、ログ エントリ生成前に 2 回以上ストリームをバッファリングした場合、c-totalbuffertime はクライアントがストリーム バッファリングに要した合計時間になります。

c-quality

クライアントが受信したパケットのパーセンテージ。これによって、ストリームの品質が示されます。

cPacketsRendered がクライアントによって受信されたすべてのパケット(エラー訂正および UDP 再送信(c-pkts-received + c-pkts-recovered-ECC + c-pkts-recovered-resent)により回復したパケットを含む)場合、c-quality は次のように計算できます。[cPacketsRendered / (cPacketsRendered + c-pkts-lost-client)] * 100

s-ip

サーバの IP アドレス。

s-dns

サーバが使用する DNS。

s-totalclients

サーバに接続しているクライアント(ただし、必ずしもストリームを受信しているとは限らない)。

s-cpu-util

サーバ プロセッサにかかる平均的な負荷を表すパーセンテージ(0 ~ 100%)。複数のサーバが存在する場合、この値はすべてのプロセッサに対する平均値です。

CE-action

Content Engine によって実行されるアクション。

CE-bytes

Content Engine によって受信されたバイト数。

Username

WMT プレーヤーが取得したストリーミング メディアにアクセスするのに必要なユーザ名。

Unicast-in Multicast-out の設定

Content Engine は、Unicast-in Multicast-out ストリームに対して、いくつかの異なる送信元をサポートします。これはストリーム分割とも呼ばれます。ユニキャスト データは、ビデオ オンデマンド(VOD)パブリッシング ポイント、ライブ ユニキャスト パブリッシング ポイント、エンコーダ、またはローカル ディスクのストリーミング メディアの送信元に由来します。ユニキャスト入力から得られる ASF ヘッダー、およびマルチキャスト ステーションの設定に使用されるパラメータは、Content Engine がマルチキャスト description.nsc ファイルを自動的に作成するために使用されます。クライアントは、マルチキャストをサブスクライブするためにこのアクセスしやすいファイルを使用します。


ヒント ライブ ストリームがサーバ側で中断された場合、ライブ マルチキャストを再開するには、マルチキャスト ステーションを停止してから、このステーションを再起動する必要があります。wmt multicast-station stop stationname コマンドを EXEC モードで使用すると、このステーションを停止できます。また wmt multicast-station start stationname コマンドを EXEC モードで使用すると、ステーションを再起動できます。


ローカルに配置されている Content Engine 上で Unicast-in Multicast-out 用の WMT マルチキャスティングをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine 上のグローバル設定モードで、マルチキャスト ステーションを設定するには、 wmt multicast station-configuration コマンドを使用します。

ContentEngine(config)# wmt multicast station-configuration test1 233.33.33.33 3333 mms://172.16.30.31/source.asf play-forever
ContentEngine(config)#
 

この例では、 test1 と名付けられたマルチキャスト ステーションが設定され、Content Engine によりマルチキャスト ソース ファイルとして使用されていることを示しています。このマルチキャスト ステーションのクラス D の IP アドレスは 233.33.33.33 であり、マルチキャスト ポートは 3333 です。 play-forever オプションが使用されます。入力元のファイル source.asf ファイルが VOD ファイルの場合、いったんこのファイルの最後に到達すると、このオプションは、自動的に source.asf ファイルの最初から再開されます。


) この入力元のファイル source.asf は、どの Windows WMT サーバ上にも置くことができます。


ステップ 2 EXEC モードで、 wmt multicast-station コマンドを使用してマルチキャストを開始します。

ContentEngine# wmt multicast-station start test1
ContentEngine#
 

ステップ 3 使用している WMT プレーヤーを開き、 File > Open URL の順に選択します。

ステップ 4 次の URL を入力します。

http://CEIPaddress/test1.nsc
 

ステップ 5 OK をクリックします。

WMT プレーヤーは、マルチキャスト記述 .nsc ファイルを取得して、ステップ 1 で指定したマルチキャスト ステーションに結合されます。


) WMT マルチキャスト用の URL には、ポート 80 を使用することが暗黙指定されています。上記の例と等価な URL は http://CEIPaddress:80/test1.nsc です。



 

Multicast-in Multicast-out の設定

このマルチキャスト シナリオでは、記述ファイル *.nsc が作成され、クライアントは、マルチキャスト発信を介してこのファイルにアクセスできます。このシナリオは、入力元がマルチキャストであることを除いては、Unicast-in Multicast-out シナリオと同様です。クライアントは、この記述ファイルを使用してマルチキャストにサブスクライブします。

ローカルに配置されている Content Engine 上で Multicast-in Multicast-out 用の WMT マルチキャスティングをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine 上のグローバル設定モードでマルチキャスト ステーションを設定するには wmt multicast station-configuration コマンドを使用します。

ContentEngine(config)# wmt multicast station-configuration test2 233.33.33.34 6667 mms://172.16.30.31/source.nsc
ContentEngine(config)#
 

この例では、 test2 と名付けられたマルチキャスト ステーションが設定され、Content Engine によりマルチキャスト ソース ファイルとして使用されていることを示しています。このマルチキャスト ステーションのクラス D IP アドレスは、233.33.33.34 で、マルチキャスト ポートは 6667 です。マルチキャスト ストリームは、 play-forever オプションが使用されない限り、いったん source.nsc ファイルの最後に到着すると、プレーを停止します。

ステップ 2 EXEC モードで、 wmt multicast-station start コマンドを使用してマルチキャストを開始します。

ContentEngine# wmt multicast-station start test2
ContentEngine#
 

ステップ 3 使用している WMT プレーヤーを開き、 File > Open URL の順に選択します。

ステップ 4 次の URL を入力します。

http://CEIPaddress/test2.nsc
 

ステップ 5 OK をクリックします。

WMT プレーヤーが、ステップ 1 で指定した MMS メディア ソースを受信します。


 

Unicast-in Multicast-out の設定

このシナリオでは、着信ストリーム ライブを要求側クライアントに送信するために、Unicast-out パブリッシング ポイントが作成されます。

ローカルに配置されている Content Engine 上で Multicast-in Unicast-out 用の WMT マルチキャスティングをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine 上のグローバル設定モードで、ブロードキャスティング エイリアスを設定するには、次のように wmt broadcast コマンドを使用します。

ContentEngine(config)# wmt broadcast alias-name myunicast source http://172.16.30.31/station.nsc
ContentEngine(config)#
 

このステップでは、エイリアス名 myunicast をもつユニキャスト パブリッシング ポイントが、マルチキャスト ソース station.nsc ファイルを使用して設定されます。このソースは、WMT マルチキャスト ストリームを送信するサーバです。エイリアスのソースの形式 http://server/file.nsc は、このソースをマルチキャスト入力ソースとして扱うように Content Engine に指示します。

ステップ 2 使用している WMT プレーヤーを開き、 File > Open URL の順に選択します。

ステップ 3 次の URL を入力します。

mms://CEIPaddress/myunicast
 

ステップ 4 OK をクリックします。

WMT プレーヤーが、ステップ 1で指定した MMS メディア ソースを受信します。このシナリオでは、MMS URLがストリーミング メディアにアクセスするために使用されていることに注意してください。また Multicast-out シナリオでは、 *.nsc ファイルの代りに alias-name だけが指定されたことに注意してください。

これにより、マルチキャスト ストリームがユニキャストに変換され、要求側のクライアントに送信されます。


 

Unicast-in Unicast-out の設定

このシナリオでは、Unicast-in Unicast-out により、クライアントと Content Engine 間でのポイントツーポイント接続が提供されます。Content Engine は、メディア サーバに対して順次、単一接続を行います。Content Engine がメディア サーバへの単一接続が行われている間に、同じストリームに対する複数の要求を Content Engine によって分割して、各クライアントが別個のデータ ストリームを直接 Content Engine から受信できるようにします。クライアントは、保存されているコンテンツまたはライブのコンテンツを含むストリームを要求できます。

ネットワーク上でメディアをストリーミングする際のユニキャスティングの利点は、ネットワーク上でオリジン サーバ と Content Engine との間に単一のストリームを留めておくだけで済むことです。しかし、このストリームはマルチキャストに対応していない環境にある複数のクライアントにも配信可能です。Windows Media Services を実行しているサーバは、Content Engine に配置される単一のストリームを介してユニキャスト形式のビデオ ストリームを複数のクライアントに配信できます。これらのクライアントは Windows Media Player で VCR と似た制御を行って、ストリームの一時停止または巻き戻し、早送り(コンテンツが保存されている場合 [ビデオオンデマンド])が可能です。

Unicast-in Unicast-out を設定するには、次の 2 つの方法があります。

設定をまったく行わないライブ分割による方法。この場合、Content Engine はプロキシとして機能します。複数のクライアントが同じユニキャスト URL を要求したとき、Content Engine のプロキシはソースからクライアントへのストリームを自動的に分割します。

ブロードキャスト エイリアスを使用して Content Engine を設定する方法。この場合、クライアントは Content Engine に対して、あたかも Content Engine が Windows Media Server であるかのように、着信ストリームが存在していることを確認します。着信ストリームが存在する場合、Content Engine ストリームを結合し、新しいクライアントに対してそのストリームを分割します。要求がこのストリームに対する最初のクライアント要求である場合、Content Engine はその要求をサーバに送出し、それから新しいクライアントにサービスを行います。

ローカルに配置されている Content Engine 上に Unicast-in Unicast-out 用の WMT サービスをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine GUI から、 Caching > WMT-Streaming の順に選択します。WMT Streaming ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 WMT Config をクリックします。WMT Configurations ページが開きます。

ステップ 3 Broadcast Unicast Publishing リンクをクリックします。WMT Broadcast Unicast Publishing ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Alias Name フィールドに、ブロードキャスト ライブ設定用のブロードキャスト エイリアス(たとえば、 broadcast1 )を入力します。

ステップ 5 Source フィールドに、ブロードキャスト ライブ ソース用のブロードキャスト ライブ設定を入力します。次の形式で設定します。

<protocol>://<server-name>:<port-num>/<path>/<file-name>
 

パラメータは、次のとおりです。

protocol は、mms または http のいずれか

path は、完全パス名

port-num は、ポート番号(デフォルトのポートは 1755)

file-name は、メディア ファイル名(コンテンツがコンテンツ ルート ディレクトリ内にある場合)

次に例を示します。

mms://wms.company.com/cotv
 

この場合、 wms.company.com は Windows Media Server の名前で、 cotv は、ブロードキャスト エイリアスが作成されるときに使用する名前です。MMS プロトコルを使用して、ストリームを取得します。

ステップ 6 Update をクリックして設定を保存します。

ステップ 7 使用している WMT プレーヤーを開き、 File > Open URL の順に選択します。次の URL を入力します。

mms://CEIPaddress/broadcast1
 

パラメータは次のとおりです。

CEIP address は、Content Engine の IP アドレスまたはドメイン名

broadcast1 は、ステップ 4で指定されたエイリアス

ステップ 8 OK をクリックします。

WMT プレーヤーが、ステップ 5 で指定した MMS メディア ソースを受信します。このシナリオでは、ストリーミング メディアにアクセスするために 1 つの MMS URL が使用されており、Multicast-out シナリオの *.nsc ファイルの代わりにエイリアス(たとえば、 broadcast1 )だけが使用されていることに注意してください。これにより、マルチキャスト ストリームがユニキャストに変換され、要求側のクライアントに送信されます。


 

WMT ライセンス キーの削除

WMT ライセンス製品機能が不要になったため、WMT ライセンス キーがデバイス上で不要になった場合、 no wmt license-key コマンドを使用して、WMT ライセンスをアンインストールできます。1 つのデバイス上でライセンス キーをアンインストールした後、別のデバイスが WMT ライセンス キーをサポートしている場合、ライセンス キーをそのデバイスで使用できます。


) ローカルに配置されている Content Engine 上に、WMT ライセンス キーをインストール解除する前に、no wmt enable コマンドを使用して、WMT 機能をディセーブルにする必要があります。