Cisco ACNS ソフトウェア デプロイメント コンフィギュレーション ガイド
ソフトウェアのアップグレードとダウ ングレード
ソフトウェアのアップグレードとダウングレード
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ソフトウェアのアップグレードとダウングレード

アップグレード、ダウングレード、および相互運用性の要件

アップグレードの要件

ダウングレードの要件

相互運用性の要件

Cisco.com からのソフトウェア イメージ ファイルの入手

ACNS 5.x ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへのアップグレード

ソフトウェアの現行バージョンの判別

ソフトウェア アップデート ファイルの登録

サンプル メタファイル

Content Distribution Manager GUI を使用したアップグレードまたはダウングレード

アップグレード ファイルの削除

CLI を使用したアップグレードまたはダウングレード

スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレードとダウングレード

ACNS 4.2 ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへのアップグレード

スタンドアロンの ACNS 4.2 Content Engine または Content Router のアップグレード

ACNS 4.x ソフトウェアから ACNS 4.2 ソフトウェアへのアップグレード

Content Distribution Manager GUI を使用したアップグレードまたはダウングレード

CLI を使用したアップグレードまたはダウングレード

ソフトウェアのアップグレードとダウングレード

この章では、ソフトウェアをアップグレードまたはダウングレードする方法を説明します。この章の構成は、次のとおりです。

「アップグレード、ダウングレード、および相互運用性の要件」

「Cisco.com からのソフトウェア イメージ ファイルの入手」

「ACNS 5.x ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへのアップグレード」

「スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレードとダウングレード」

「ACNS 4.2 ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへのアップグレード」

「ACNS 4.x ソフトウェアから ACNS 4.2 ソフトウェアへのアップグレード」

アップグレード、ダウングレード、および相互運用性の要件

一般に、ACNS ネットワークは段階的にアップグレードされます。したがって、ある期間、ネットワークを構成するノードのバージョンが混在する可能性があります。ネットワークのアップグレードまたはダウングレード時には、次の動作が予想されます。

ACNS ネットワークは、配置中のソリューションと異なるメジャーまたはマイナー バージョンが最大 1 つ混合しているが、引き続き動作する。

ACNS ネットワークのアップグレードが完了するまで、デバイスの連携に依存する新機能が完全に機能しない可能性があるが、既存の機能には影響しない。

アップグレード中に、短時間、ノードが使用不能になる。

アップグレード中のノードを除くノードは、すべて引き続きフル キャパシティで動作する。アップグレード時に、他のノードの可用性は影響を受けない。

チャネルを削除するか、 disk および database cleanup コマンドを使用する場合を除いて、アップグレードまたはダウングレード時にコンテンツは保持される。

アップグレードまたはダウングレード時に、すべてのログは保持される。

アップグレードの要件

次の ACNS ソフトウェア リリースのアップグレードを実行できます。

任意の ACNS 4.2.x リリース(ACNS 4.2.1 を除く)から、任意の ACNS 5.1.x リリースへのアップグレード

任意の ACNS 5.x.x リリースから、任意の ACNS 5.x.x リリースへのアップグレード

ダウングレードの要件

次の ACNS ソフトウェア リリースのダウングレードを実行できます。

ACNS 5.x.x リリースから、ACNS 4.2.x リリースへのダウングレード

ACNS 5.1 リリースから、ACNS 5.0.3 リリースへのダウングレード

ダウングレード後、ACNS 5.1 固有の機能は機能しません(たとえば、NTLM 認証)。

ACNS 5.1 Content Engine によって獲得された MMS コンテンツは保持され、ダウングレード後も Content Engine によって処理できます。しかし、ACNS 5.0.3 Content Engine が MMS コンテンツを再獲得することはできません。

ACNS 5.1 から、ACNS 5.0.1 リリースへのダウングレード(推奨できません)

このダウングレードでは、CLI を使用して手作業で管理データベース テーブルを再作成する必要があります。

任意の ACNS 5.x.x リリースから、任意の ACNS 5.x.x リリースへのダウングレード

相互運用性の要件


) 配置中のソリューション内のデバイスでは、メジャーまたはマイナーのソフトウェア バージョンが 2 つ以上異なることはできません。


ACNS ソフトウェア リリースは、次のような混合配置で相互運用します。

任意の ACNS 5.0.x Content Engine と、任意の ACNS 5.0.x Content Engine との相互運用

任意の ACNS 5.0.x Content Engine と、任意の ACNS 5.1 Content Engine との相互運用

任意の ACNS 5.1 Content Engine と、その他の任意の ACNS 5.1 Content Engine との相互運用


) ACNS 4.x ソフトウェア リリースは、ACNS 5.x ソフトウェア リリースと相互運用できません。


ACNS 5.0.1、5.0.3、および 5.1 の Content Engine が、ルート Content Engine、転送側、受信側、およびマルチキャスト送信側などの各種ロールで動作する場合、すべてのリリースに共通の基本機能に対して、任意の組み合せで相互に運用することができます。一連の転送側(チェーン)が、ACNS 5.1 Content Engine から ACNS 5.0 Content Engine にコンテンツを渡した後、別の ACNS 5.1 Content Engine にそのコンテンツを渡す場合、ACNS 5.1 機能は、このチェーンを超えて、3 番目の Content Engine に対して保持されます。

たとえば、上位バージョンの転送側が下位バージョンの受信側に送信する場合、追加のデータベース カラムは、メタデータ フィールド内で名前と値のペアに変換され、送信されます。下位バージョンの受信側は、そのメタデータを無視しますが、データベースにそのメタデータを書き込み、チェーン内の次の受信側に渡します。したがって、チェーン内の次の受信側が、上位バージョンのソフトウェアを実行している場合、その受信側は、メタデータとそれに付属の機能を取得します。

しかし、新規リリースで利用可能な機能は、旧リリースを実行している他の Content Engine では動作しません。たとえば、マルチキャスト バックアップ送信側(ACNS 5.1 の機能)は、ACNS 5.0 マルチキャスト受信側では機能しません。

受信側でプライマリの故障が検出され、NACK と呼ばれるマルチキャスト ファイル ダウンロード要求がバックアップ送信側に送られる場合にのみ、マルチキャスト バックアップ送信側が機能します。したがって、ネットワークに ACNS 5.1 マルチキャスト受信側がない場合、マルチキャスト バックアップ送信側があっても、バックアップ送信側はアクティブになりません。

同様に、インテリジェント再送信機能は、マルチキャスト受信側を使用して、マルチキャスト送信側にファイル要求を送信します。この要求を行うことができるのは、ACNS 5.1 受信側だけです。しかし、ACNS 5.1 と ACNS 5.0 受信側の混合ネットワークでは、ACNS 5.0 受信側 Content Engine は、ACNS 5.1 受信側が要求したファイル送信を受信できます。

Cisco.com からのソフトウェア イメージ ファイルの入手

Cisco.com からソフトウェア イメージ ファイルを入手する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 使用している Web ブラウザを起動して、次のアドレスを指定します。

http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/sw-content.shtml

ステップ 2 プロンプトが表示されたら、指定されたユーザ名とパスワードを使用して Cisco.com にログインします。Software Center ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 必要な Content Networking Software 製品へのリンクを選択します。

Software Download ウィンドウが表示され、そのソフトウェア製品用に使用できるソフトウェア イメージがリストされます。

ステップ 4 Release カラムでソフトウェアの希望するリリース バージョンを探して、ダウンロードするソフトウェア イメージを見つけます。

ステップ 5 必要なソフトウェア イメージ ファイルのリンクをクリックします。Software Download ウィンドウがリフレッシュされ、使用許諾契約へのリンクが示されます。 Software License Agreement リンクをクリックします。

ステップ 6 使用許諾契約を読んだ後、ソフトウェアをダウンロードするにはソフトウェア イメージ ファイルのリンクを右クリックし、 Save Link As または Save Link Target As を使用して、使用している FTP サーバまたは HTTP サーバにファイルを保存します。


 

ACNS 5.x ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへのアップグレード

ACNS ソフトウェアの 5.x リリースから、別の ACNS 5.x リリースへのアップグレードまたはダウングレードには、Content Distribution Manager GUI、または CLI のいずれかを使用します。

Content Distribution Manager GUI を使用すると、次のことが可能です。

ACNS ソフトウェアの現在のバージョンを判別する

アップデート ファイルの URL を含むメタファイルを Content Distribution Manager に登録する。

ACNS ネットワーク内の Content Engine と Content Router に対してソフトウェア アップデートを実行する。

CLI を使用すると、次のことが可能です。

ACNS ソフトウェアの現在のバージョンを判別する。

個々の Content Distribution Manager、Content Engine、および Content Router に対してソフトウェア アップデートを実行する。

ソフトウェアの現行バージョンの判別

ACNS ソフトウェアの現在のバージョンを Content Distribution Manager GUI から判別する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager 上で現在実行されているバージョンを表示するには、 Devices > CDM の順に選択します。

ステップ 2 デバイス名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Distribution Manager ウィンドウが表示され、ソフトウェア バージョンがリストされます。

ステップ 3 Content Engine 上で現在実行されているソフトウェアのバージョンを表示するには、 Devices >
Content Engines
の順に選択します。

ステップ 4 Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインから、 CDN Settings > Status の順に選択します。Device Information 見出しの下にソフトウェア バージョン番号が表示されます。

ステップ 5 Content Router 上で現在実行されているソフトウェアのバージョンを表示するには、 Devices > Content Routers の順に選択します。Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックし、 CDN Settings > Status の順に選択します。


) ソフトウェアのアップグレードが正常に完了するまで、ソフトウェアのバージョンはアップデートされません。ソフトウェアのアップグレードの進行中に表示されるバージョン番号は、ベース バージョンであり、アップデート後のバージョン番号ではありません。


ステップ 6 別の方法としては、任意のデバイスの Contents ペインから Show/Clear Commands > Show
Commands
の順に選択します。 version を選択し、 Submit をクリックします。2 つ目のウィンドウがポップアップ表示され、 show version コマンドの CLI 出力が表示されます。


 

現在の ACNS ソフトウェアのバージョンを CLI から判別するには、 show version EXEC コマンドを使用します。

ソフトウェア アップデート ファイルの登録

Content Distribution Manager GUI を使用してソフトウェアをアップグレードするには、まずソフトウェア アップデート メタファイルの URL を Content Distribution Manager に登録する必要があります。メタファイルには、デバイスのアップデート用に登録するソフトウェア イメージへのポインタ、およびその他の記述情報が入っています(メタファイルの内容については、 メメタファイルの行項目の説明モ を参照)。

ソフトウェア アップデート メタファイルの URL を登録する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager を起動し、管理者用のユーザ名とパスワードを使用してログインします。

ステップ 2 Content Distribution Manager GUI から、 System > Software Update の順に選択します。Software Update File Registration ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 新しいソフトウェア アップデート ファイルを登録するには、 Add Software Update File アイコンをクリックします。Registering New Software Update File ウィンドウが表示されます(図 15-1 を参照)。

図 15-1 Registering New Software Update File ウィンドウ

 

ステップ 4 表示されたフィールドに、Web サーバにあるアップデート メタファイルの URL を貼り付けます(サンプル メタファイルとフィールドの説明については、「サンプル メタファイル」を参照)。たとえば、有効な URL は次のようなものです。

http://internal.mysite.com/cdn/ ACNS-version .meta

ここで、ACNS-version はソフトウェア アップグレードのバージョン番号です。


) ソフトウェア イメージ(.upg または .bin ファイル)へは、直接リンクしないでください。ソフトウェア イメージの相対位置がメタファイルによって示されます。


ステップ 5 Submit をクリックします。


 

これで、使用したいソフトウェア イメージが Content Distribution Manager に登録されました。ソフトウェア アップデートを実行すると、登録したアップデート メタファイル URL が、Update Software ウィンドウの選択項目の 1 つとして表示されるようになります(図 15-2 を参照)。


) アップデート メタファイル URL が指すソフトウェア イメージが、Web サーバ上で変更された場合(たとえば、パッチ リリースの場合)であっても、このアップデート メタファイル URL は変わりません。新しいソフトウェア アップデート メタファイルを登録しようとしても、このアップデート メタファイルがすでに登録されているように見えるので、GUI により拒否されます。これは、メタファイルの他の内容が変更されても、アップデート メタファイルの URL は同じであるからです。したがって、以前に登録されたアップデート メタファイルを更新する場合は、まず、既存のエントリを削除した後、新しいアップデート メタファイルを登録する必要があります。


登録済みのアップデート メタファイルを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 System > Software Update の順に選択します。Software Update File Registration ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 対象とするアップデート ファイルの横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Software Update File ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Trash アイコンをクリックします。

ステップ 4 プロンプトで OK をクリックして、削除を確認します。

これで、新しいソフトウェア アップデート メタファイルを登録できるようになりました。


 

サンプル メタファイル

次に、ACNS 5.x ソフトウェアのリリース間でアップグレードを行うためのサンプル メタファイルを示します。

updateFileSize=97205475
version= 5.0.0.b.26
description= testing
updateFileUrl= ftp://vista.cisco.com/ACNS-5.0.3-K9.bin
user=anonymous
password=user-email-name@cisco.com
 

表 15-1 で、メタファイルの行項目について説明します。

 

表 15-1 メタファイルの行項目の説明

フィールド
説明

updateFileSize

イメージ ファイルのサイズ(バイト)。

version

アップグレードまたはダウングレードの対象とするソフトウェア バージョン。

description

メタ情報に関するコメント(オプション)。これらのコメントは、Content Distribution Manager GUI に表示されます。

updateFileURL

イメージのロケーションの URL。FTP URL または HTTP URL のいずれかを指定できます。


) HTTP URL の場合、認証を行うサーバはサポートされておらず、ポート 80 だけがサポートされます。


 

user

ログイン ユーザ名(FTP URL にのみ適用)。

password

ログイン パスワード(FTP URL にのみ適用)。

次のサンプル メタファイルは、ACNS 4.2 ソフトウェアへのダウングレード用です。

updateFileSize=97205475
version= 4.2.0.b.1
description= testing
updateFileUrl= ftp://vista.cisco.com/ACNS-5.x.x-TO-4.2.1-K9.bin
user=anonymous
password=user-email-name@cisco.com
CDM-IP=1.1.1.1
 

CDM-IP フィールドは、イメージを ACNS 4.x にダウングレードした後の ACNS 4.x Content Distribution Manager の IP アドレスです(このフィールドはオプションで、ACNS 4.x ソフトウェアへのダウングレードにだけ適用されます)。ダウングレード後、Content Engine は、このフィールドに指定された IP アドレスを使用して Content Distribution Manager に登録されます。

Content Distribution Manager GUI を使用したアップグレードまたはダウングレード

Content Distribution Manager GUI を使用すると、Content Engine および Content Router 上のソフトウェアをアップグレードできます。アップグレードの際には、Content Distribution Manager をアップグレードする前に、Content Engine と Content Router から始めます。

アップグレード手順が完了すると、Content Distribution Manager のリブートが行われます。このため、デバイスとグラフィカル ユーザ インターフェイスを一時的に操作できなくなります。

いったん Content Distribution Manager のソフトウェアがアップグレードされ、リブートされると、異なるバージョンのACNS ソフトウェアを実行しているデバイスとは通信できなくなることがあります。


) ACNS 5.x ソフトウェアは、Content Distribution Manager GUI を使用する Content Distribution Manager のアップグレードをサポートしていません。Content Distribution Manager をアップグレードするには、「CLI を使用したアップグレードまたはダウングレード」の手順に従ってください。


Content Engine および Content Router 上で、ACNS 5.x ソフトウェア リリースから別の ACNS 5.x ソフトウェア リリースにアップグレードする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ACNS 5.x ソフトウェアの Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engines ウィンドウが表示され、ACNS ネットワーク内の Content Engine がすべてリストされます。

Content Router の場合は、 Devices > Content Routers の順に選択します。Content Routers ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 デバイス名の横にある Edit アイコンをクリックし、Contents ペインの Status をクリックして、ソフトウェアのバージョンをチェックします。選択中のデバイスがアップグレード予定のバージョンをすでに実行していないことと、アップグレード予定のバージョンへのアップグレード パスが現在のバージョンに存在することを確認します。

ステップ 3 Contents ペインから、 CDN Settings > Software Upgrade/Downgrade の順に選択します。Update
Software ウィンドウが表示されます(図 15-2 を参照)。


) Content Engine および Content Router をアップグレードするときは、必ず関連付けられている Content Distribution Manager をアップグレードする前に行ってください。


図 15-2 Update Software ウィンドウ

 

ステップ 4 ドロップダウン リストからメタファイル URL を選択します。

ステップ 5 Submit をクリックします。

ステップ 6 アップグレードの進行状況を表示するには、Content Engines ウィンドウまたは Content Routers ウィンドウに進みます(ステップ 1 を参照)。Software Version カラムに、ソフトウェアのアップデート ステータス メッセージが表示されます。これらの中間メッセージも、Content Engine のシステム ログに書き込まれます。

表 2 では、ソフトウェア アップデート用の事前配信イメージ ファイルの要求時に、Content
Distribution Manager GUI の Content Engines ウィンドウにある Software Version カラムに表示される、アップデート ステータス メッセージを示しています。

 

表 2 チャネル アップデート ステータス メッセージ

条件
アップデート ステータス メッセージ

URL が事前配信イメージ ファイルの URL であることが判別された。

Proceeding with Prepositioned Download

事前配信イメージ ファイルが要求され、処理中である。「Completed」は、処理済みのメガバイト数を示します。

Prepositioned Download in Progress(Completed ...)

事前配信イメージ ファイルに対する要求が正常に処理された。

Prepositioned Download Successful

事前配信イメージ ファイルに対する要求を処理できなかった。トラブルシューティングが必要です。

Prepositioned Download Failed


) チャネル アップデート ステータス メッセージは、ソフトウェア アップデート用の事前配信イメージ ファイル専用です。これらのメッセージは、ソフトウェア アップデートが進行中の場合にのみ表示されます。



 

ACNS ネットワーク内のデバイスに対するソフトウェア アップグレードのステータスの詳細は、「システム メッセージ ログの使用」 を参照してください。

アップグレード ファイルの削除

ACNS ソフトウェア アップグレード ファイルを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Update Software ウィンドウ(図 15-2 を参照)でアップグレード ファイルが複数ある場合は、削除するアップグレード ファイルの横にあるボタンをクリックして選択します。削除するファイルが 1 つの場合は、次のステップに進みます。

ステップ 2 Delete をクリックします。ソフトウェア アップグレード ファイルを削除するかを確認するプロンプトが表示されます。

ステップ 3 OK をクリックします。Software Update ウィンドウが再度表示され、選択したソフトウェア アップデートが ACNS ネットワークから削除されます。


 

CLI を使用したアップグレードまたはダウングレード

CLI を使用してアップグレードを実行するには、次のものが必要です。

アップグレード パッケージ ファイルを格納している FTP または HTTP サーバ

アップグレード予定のデバイスとアップグレード ファイルを格納しているサーバ間のネットワーク接続

適切な次の .bin アップグレード パッケージ ファイル、またはダウングレード パッケージ ファイル:

ACNS-5.x. x -K9.bin

CLI を使用してアップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイルをインストールする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 copy ftp install コマンド、または copy http install コマンドを使用して、アップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイルをインストールします。

CE# copy ftp install ftp-server package-file-path package-file-name
 
CE# copy http install http-server package-file-path package-file-name [portnumber]
 

ステップ 2 ソフトウェア イメージのローカル コピーを Content Engine に残しておく場合は、 copy ftp disk コマンドを使用し、その後 install コマンドを使用できます。次に例を示します。

CE-507# copy ftp disk ACNS-5.x.x-K9.bin
CE-507# install ACNS-5.x.x-K9.bin
 

install コマンドを実行すると、イメージ ファイルが展開されます。展開されたファイルは、Content Engine 内の既存ファイルを上書きします。新しくインストールしたバージョンは、システム イメージのリロード後に有効になります。


install コマンドは、.pax ファイルを受け入れません。ファイルのタイプは .bin でなければなりません(例:ACNS-5.x.x-K9.bin)。


ステップ 3 パッケージ ファイルがシステムにコピーされた後、 reload コマンドを使用して再起動します。

CE# reload
 

再起動後、インストレーション プロセスが自動的に続行されます。以上で作業は終了です。


 

スタンバイ Content Distribution Manager のアップグレードとダウングレード

Cisco ACNS ソフトウェアは、スタンバイ Content Distribution Manager 機能を実装しました。この機能では、2 番目の Content Distribution Manager が、プライマリ Content Distribution Manager からアップデートを受信するので、ACNS ネットワーク設定のコピーを保持することができます。プライマリ Content Distribution Manager に障害が起きると、プライマリの代わりにスタンバイが作動します。

相互運用性の観点から、完全な Content Distribution Manager 設定を維持するには、スタンバイ Content Distribution Manager とプライマリ Content Distribution Manager とで、同じソフトウェア バージョンを使用する必要があります。

スタンバイ Content Distribution Manager を含む ACNS ネットワークをアップグレードする場合の手順は、次のとおりです。


ステップ 1 no cms enable コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager を停止します。

ステップ 2 no cms enable コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager を停止します。Content
Distribution Manager を停止しても、他の ACNS ネットワーク コンテンツ要求またはコンテンツ事前配信サービスには影響ありません。

ステップ 3 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename EXEC コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager に新しいソフトウェア バージョンをインストールします。

インストレーション手順の一環として、プライマリ Content Distribution Manager が再起動します。

ステップ 4 再起動後、ソフトウェア アップグレードの一部として作成される Content Distribution Manager データベース バックアップを、安全な場所にコピーしておきます。これらのバックアップは、/local/local1 ディレクトリに作成され、.dump ファイル拡張子を持ちます。これらのファイルを別の場所にコピーするには、copy ftp disk {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename localfilename EXEC コマンドを使用します。

ステップ 5 cms enable コマンドを使用して、Content Distribution Manager を再始動します。

ステップ 6 Content Distribution Manager デバイス リストでデバイスの状況が「online」であること、および ACNS ネットワークが、新しい Content Distribution Manager ソフトウェアで作動していることを確認します。

ステップ 7 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager をアップグレードします。

インストレーション プロセスの一環として、スタンバイ Content Distribution Manager が再起動します。

ステップ 8 cms enable コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager を再始動します。


 

Content Distribution Manager をダウングレードする場合は、ダウングレードするソフトウェア バージョンをインストールする前に、以前のデータベース バックアップを復元しておく必要があります。Content Distribution Manager をダウングレードする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スタンバイ Content Distribution Manager がある場合、no cms enable コマンドを使用して、この Content Distribution Manager を停止します。

ステップ 2 no cms enable コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager を停止します。Content Distribution Manager を停止しても、他の ACNS ネットワーク コンテンツ要求またはコンテンツ事前配信サービスには影響ありません。

ステップ 3 現在の設定データを保存する場合は、cms database backup コマンドを使用して、既存のプライマリ Content Distribution Manager データベースをバックアップします。この処理により、/local/local1 ディレクトリにデータベース .dump ファイルが作成されます。

ステップ 4 バックアップが完了した後、既存のデータベースから、すべてのテーブルを削除する必要があります。組み込みデータベース ファイルを削除するには、cms database delete コマンドを使用します。

ステップ 5 cms database restore filename コマンドを使用して、ダウングレードしたソフトウェアのバージョンを、プライマリ Content Distribution Manager と一致させるデータベース バックアップを復元します。cms database restore filename コマンドを使用するには、このデータベース バックアップが Content Distribution Manager 上に存在する必要があります。Content Distribution Manager がアップグレードされる場合、データベース バックアップ .dump ファイルが /local/local1 ディレクトリに作成されます。データベース バックアップ ファイルをデバイスにコピーするには、copy ftp disk {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename localfilename コマンドを使用します。

ステップ 6 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename EXEC コマンドを使用して、ダウングレードしたソフトウェア バージョンをプライマリ Content Distribution Manager にインストールします。インストレーション手順の一環として、プライマリ Content Distribution Manager が再起動します。

ステップ 7 再起動後、cms enable コマンドを使用して CMS プロセスを再開します。

ステップ 8 スタンバイ Content Distribution Manager がある場合、cms database backup コマンドを使用して、既存のデータベースのデータベース バックアップを作成します。これにより、/local/local1 ディレクトリにデータベース .dump ファイルが作成されます。

ステップ 9 copy ftp install {hostname | ip-address} remotefiledir remotefilename EXEC コマンドを使用して、ダウングレードしたソフトウェア バージョンをスタンバイ Content Distribution Manager にインストールします。ソフトウェア バージョンは、プライマリ Content Distribution Manager のバージョンと一致する必要があります。インストレーション手順の一環として、スタンバイ Content Distribution Manager が再起動します。

ステップ 10 再起動後、データベース定義がソフトウェアのバージョンと一致するように、CMS データベースを再作成する必要があります。これを行うには、まず、cms database delete コマンドを使用して、古いソフトウェア バージョンのデータベースを削除します。次に、cms database create コマンドを実行して、一致するデータベース定義を作成します。

ステップ 11 cms enable コマンドを使用して、スタンバイ Content Distribution Manager で CMS を再始動します。スタンバイ Content Distribution Manager は、プライマリ Content Distribution Manager に、完全なデータ アップデートを要求します。


 

ACNS 4.2 ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへのアップグレード

ここでは、ACNS ネットワークの一部として動作していないデバイス上で、ACNS 4.2 ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアにアップグレードする方法について説明します。このアップグレード手順を実行した後、デバイスを ACNS 5.x ネットワークに組み込むには、その前にデバイスを手作業で設定し、Content Distribution Manager に登録する必要があります。ACNS ネットワークに組み込まない場合、デバイスはスタンドアロンのキャッシング デバイスとして動作します。

ACNS ネットワークの一部として動作しているデバイスをアップグレードする場合、またはネットワーク全体を ACNS 5.x ソフトウェアにマイグレーションする場合は、『Cisco ACNS ソフトウェア マイグレーション ガイド、Release 5.x』で説明しているマイグレーション手順を慎重に実行する必要があります。この資料は、次の URL でオンライン資料として入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/conntsw/ps491/products_getting_started_guides_list.html


) シスコは現在、ネットワークのマイグレーション オプションを 2 つサポートしています。1 つ目のオプションでは、ACNS ネットワークをシャットダウンして、ネットワーク全体を ACNS 5.x ソフトウェアに変換する必要があります。2 つ目のオプションでは、ACNS ネットワークの稼働を継続しながら、ACNS 5.x ソフトウェアへの段階的なマイグレーションを行うことができます。

どちらのオプションを使用するかを決定するには、ネットワークのパフォーマンス要件、および選択するネットワーク マイグレーション方式を完了するために、どのような機器を追加する必要があるかを検討する必要があります。


旧リリースの ACNS ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへアップグレードするには、ACNS 4.2 ソフトウェア、またはそれ以降のバージョンの ACNS 4. x ソフトウェアを実行している必要があります。ACNS 4.1.3 またはそれ以前のバージョンの ACNS ソフトウェアを実行している場合は、まず、そのソフトウェアを ACNS 4.2 にアップグレードしてから、ACNS 5.x ソフトウェアにアップグレードしてください(「ACNS 4.x ソフトウェアから ACNS 4.2 ソフトウェアへのアップグレード」を参照)。

Cache ソフトウェアまたは E-CDN ソフトウェアを実行している場合は、まず ACNS 4.2 ソフトウェアにアップグレードし、次に ACNS 5.x ソフトウェアにアップグレードします。これらのアップグレード手順については、『Cisco ACNS ソフトウェア メンテナンス トラブルシューティング ガイド』を参照してください。この資料は、次の URL でオンライン資料として入手できます。

http:/www.cisco.com/en/US/products/sw/conntsw/ps491/products_maintenance_guides_ books_list.html


) インターネット CDN(ICDN)ソフトウェアから ACNS ソフトウェアへのアップグレードは、サポートされていません。



) ACNS 4.2 ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアにアップグレードする際には、ecdnfs ファイル システムがすべて cdnfs ファイル システムに自動的に変更されます。ファイルは、管理者が明示的に削除しない限り削除されません。


スタンドアロンの ACNS 4.2 Content Engine または Content Router のアップグレード

ACNS 4.2 の ACNS ネットワークの一部として稼働していない Content Engine または Content Router 上で、ACNS 4.2 ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアへのアップグレードを実行するには、次のものが必要です。

アップグレード パッケージ ファイルを格納している FTP または HTTP サーバ

アップグレード予定のデバイスとアップグレード ファイルを格納しているサーバ間のネットワーク接続

適切な次の .bin アップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイル:

ACNS-4.2.x-TO-5.x. x -K9.bin

アップグレード パッケージ ファイルをインストールする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 copy ftp install コマンド、または copy http install コマンドを使用してアップグレード パッケージ ファイルをインストールします。

Device# copy ftp install ftp-server package-file-path package-file-name
 
Device# copy http install http-server package-file-path package-file-name [portnumber]
 

ステップ 2 パッケージ ファイルがシステムにコピーされた後、reload コマンドを使用して再起動します。

Device# reload
 

これでスタンドアロンの Content Engine または Content Router が ACNS 5.x ソフトウェアのもとで稼動します。


 

このアップグレード手順を実行した後、デバイスを ACNS 5.x ネットワークに結合するには、その前にデバイスを手作業で設定し、Content Distribution Manager に登録する必要があります(「ACNS ネットワーク デバイスの設定と登録」 を参照)。

スタンドアロンの Content Engine を ACNS 5.x ネットワークに接続する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine CLI で、 cdm ip コマンドを使用して、Content Distribution Manager の IP アドレスを ACNS ネットワークに対して設定します。

ContentEngine(config) cdm ip cdmIPaddress
 

ステップ 2 Content Management System(cms; コンテンツ管理システム)をイネーブルにします。

ContentEngine(config)# cms enable
 

ステップ 3 現在の設定をメモリに書き込みます。

ContentEngine# write memory
 


 

ACNS 4.2.x ソフトウェアから ACNS 5.x ソフトウェアにアップグレードした後、Content Engine を Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)用に再設定して、Content Engine 上のシステム クロックと NTP タイム サーバのクロックとの同期を必ず確認してください。Content Engine 上で確認するには、ntp server {ip-address | hostname} グローバル設定コマンドを使用するか、Content Distribution Manager GUI を使用します(「NTP の設定」を参照)。

ACNS 4.x ソフトウェアから ACNS 4.2 ソフトウェアへのアップグレード

ACNS ソフトウェアの 4.x リリースから、別の ACNS 4.x リリースへアップグレード、またはダウングレードするには、Content Distribution Manager GUI を使用するか、CLI を使用するかの 2 つの方法のうちいずれかを選択できます。

Content Distribution Manager GUI を使用したアップグレードまたはダウングレード

Content Distribution Manager GUI を使用して、アップグレードまたはダウングレードを実行する場合は、次のファイル セットを使用する必要があります。

ACNS-4. x.x -K9.upg

ACNS-4. x.x -K9.meta

Content Distribution Manager GUI を使用して、アップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイルをインストールする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ACNS 4.x Content Distribution Manger GUI から、 Channels > Channel Console の順に選択し、次の手順で行います。

a. ウィンドウの上部にある Add Channel ボタンをクリックします。

b. 追加したチャネルの横にある Edit ボタンをクリックします。

c. Name フィールドに MANUAL_UPGRADE と入力して、「MANUAL_UPGRADE」というチャネルを作成します。

d. Auto-Replicate チェックボックスにチェックマークを付けます。

e. ウィンドウの上部にある Save Changes ボタンをクリックします。

ステップ 2 Devices > Bandwidth の順に選択して、アップグレードまたはダウングレードしようとしているデバイスごとに、複製帯域幅が正しく設定されたことを確認します。この帯域幅には、可能な限り高い値を指定してください。

ステップ 3 Channels > Subscriber の順に選択し、使用するデバイスを MANUAL_UPGRADE チャネルに登録します。

ステップ 4 Channels > Channel Editor > Media Importer の順に選択し、アップグレードまたはダウングレードするパッケージ ファイルをインポートします。

a. アップグレードまたはダウングレードするパッケージ ファイルを MANUAL_UPGRADE チャネルにインポートします。

b. Channels > Channel Editor > Import Progress の順に選択し、Import Progress ステータス フィールドで、インポートが 100 パーセント完了したことを確認します。

c. チャネルの複製が終了するまで、さらに 20 分前後待ちます。

d. Channels > Channel Console の順に選択し、Replication Status フィールドで、
MANUAL_UPGRADE チャネルの複製が 100 パーセント完了したことを確認します。

ステップ 5 Devices > Software Update の順に選択し、Content Engine および Content Router に対してアップグレード、またはダウングレードを実行します。Content Distribution Manager は、後で別のステップでアップグレード、またはダウングレードします。

a. アップグレード パッケージ、またはダウングレード パッケージのバージョンを選択し、次にアップグレードまたはダウングレードしたいデバイスのデバイス名をすべて選択します。 Start Update ボタンをクリックします。

b. アップグレードまたはダウングレードが完了するまで、約 30 分待ちます。

ステップ 6 Software Update ウィンドウの Version フィールドを調べて、アップグレードまたはダウングレードが正常に行われたことを確認します。アップグレードまたはダウングレードが正常に行われた場合、選択されたデバイスの Version フィールドは、新しいソフトウェア バージョンで更新されています。

ステップ 7 すべての Content Engine および Content Router に対してアップグレードまたはダウングレードが完了した後、Content Distribution Manager のアップグレードまたはダウングレードが必要になります。

a. Devices > Software Update の順に選択します。アップグレード パッケージまたはダウングレード パッケージのバージョンを選択し、次に Content Distribution Manager を選択します。ウィンドウの上部にある Start Update ボタンをクリックします。

b. アップグレードまたはダウングレードが完了するのを待ちます。


 

CLI を使用したアップグレードまたはダウングレード

CLI を使用して、ACNS 4.x ソフトウェアを実行するデバイスのアップグレードまたはダウングレードを実行する場合は、次のものが必要になります。

アップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイルを格納している FTP サーバ

アップグレードまたはダウングレード予定のデバイスと該当するファイルを格納しているサーバ間のネットワーク接続

適切な次の .bin アップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイル:ACNS-4. x.x -K9.bin

CLI を使用してアップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイルをインストールする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 copy ftp install コマンドを使用して、アップグレード パッケージ ファイルまたはダウングレード パッケージ ファイルをインストールします。

ContentEngine# copy ftp install ftp-server package-file-path package-file-name
 

ステップ 2 パッケージ ファイルがシステムにコピーされた後、 reload コマンドを使用して再起動します。

ContentEngine# reload
 

再起動後、インストレーション プロセスが自動的に続行されます。以上で作業は終了です。