Cisco ACNS ソフトウェア デプロイメント コンフィギュレーション ガイド
ストリーミング メディア サービスの 設定
ストリーミング メディア サービスの設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ストリーミング メディア サービスの設定

ストリーミング サーバのライセンシングとイネーブル化

Real-Time Streaming Protocol ゲートウェイの使用

RTSP ゲートウェイの設定

RealProxy のイネーブル化

RealSubscriber のイネーブル化

Cisco Streaming Engine のイネーブル化

Windows Media Technologies の使用

WMT のイネーブル化

WMT プロキシの設定

ユニキャストとマルチキャスト送信用の WMT ライブ スプリットの設定

ライブ ストリーム スプリットのシナリオ

Unicast-in Multicast-out の設定

Multicast-In Multicast-Out の設定

Multicast-In Unicast-Out の設定

Unicast-in Unicast-out の設定

WMT ステーション スケジュールの設定

コンテンツ サービスの帯域幅の設定

コンテンツ サービスのデフォルト帯域幅と最大帯域幅の設定

コンテンツ サービス帯域幅のスケジュール時刻の設定

コンテンツ サービス帯域幅設定のグラフィカル表示

WMT 帯域幅着信バイパス リストの設定

プログラム用のマルチキャスト アドレスの管理

プログラム マルチキャスト アドレスの設定

ストリーミング メディア サービスの設定

ストリーミングとは、コンテンツにアクセスまたは表示する際にすべてのメディア パケットを受信するまで待つ必要をなくする技術です。一方、従来のコンテンツ配信では、コンテンツ全体を受信した後でなければ、コンテンツにアクセスできません。ストリーミング メディアは、ライブ コンテンツとして配信するか、ビデオ オンデマンド(VOD)などのオンデマンド コンテンツとして配信できます。Cisco ACNS ソフトウェアは、RealNetworks RealMedia、Microsoft Windows Media
Technologies、Apple QuickTime など、複数のタイプのストリーミング メディア サービスをサポートします。

この章の構成は、次のとおりです。

「ストリーミング サーバのライセンシングとイネーブル化」

「Real-Time Streaming Protocol ゲートウェイの使用」

「Windows Media Technologies の使用」

「コンテンツ サービスの帯域幅の設定」

「プログラム用のマルチキャスト アドレスの管理」

ストリーミング サーバのライセンシングとイネーブル化

ACNS ネットワーク デバイスがストリーミング メディアを配信できるようにするには、特定のメディア プレーヤー タイプが存在することを ACNS ネットワークに提示する必要があります。


) デバイス グループに対してストリーミング ライセンスを使用可能にするには、その前に ACNS ネットワーク内の各 Content Engine に対して個別に、ストリーミング メディアのライセンスを使用可能にしておく必要があります。


ACNS ネットワーク経由で配信したくない特定のメディア タイプがある場合は、ACNS ネットワーク デバイスがそのメディア タイプを配信しないように、対応するメディア プレーヤーを使用不可にする必要があります。

マニフェスト ファイル内のメディア プレーヤー マッピングを使用して、MIME コンテンツ タイプ、またはファイル拡張子から設定済みメディア プレーヤーへのコンテンツ タイプ マッピングをカスタマイズできます。マニフェスト ファイルの設定について詳しくは、「マニフェスト ファイルによる動作」を参照してください。


) メディア プレーヤーのコンフィギュレーションを変更すると、そのメディア プレーヤー ソフトウェアを実行する ACNS ネットワーク デバイスが再始動し、コンフィギュレーションの変更を登録します。メディア プレーヤーのコンフィギュレーション変更後に再始動するデバイスの数と場所によっては、デバイスがオンラインに復帰するまでの時間(通常は数分)、サービスが一時的に中断する場合があります。


ストリーミング メディア サービスのライセンスを使用可能にする場合は、事前に、デバイスのクロックとカレンダの設定が正しいことを確認してください。正しくない場合、エラー メッセージが表示され、サービスがインストールできません。システム クロックを表示するには、 show clock コマンドを使用します。システム クロックを設定するには、 clock set EXEC コマンドを使用します。

Real-Time Streaming Protocol ゲートウェイの使用

RTSP(Real-Time Streaming Protocol)は、標準のインターネット ストリーミング制御プロトコル(RFC 2326)です。このプロトコルは、幅広く使用されているアプリケーション レベルのプロトコルで、ビデオやオーディオなど、リアルタイム性のあるデータの配信を制御します。Apple QuickTime、RealNetworks、および Cisco Streaming Engine は、ストリーミング制御プロトコルとして RTSP を使用します。

RTSP ゲートウェイは、Content Engine 上で実行されるプロセスで、RTSP 要求を受け入れ、Content Engine 上にある RTSP ベースのストリーミング サーバの代理として、RTSP ベースのクライアント(RealMedia、QuickTime など)との初期 RTSP 通信を実行します。初期の要求動作から得た情報を使用して、RTSP ゲートウェイは URL フィルタリング、ルール、認証、および Unified Name Space(UNS)の各エージェントに照会し、コンテンツが事前に配置済みかどうかを判別します。


) 事前配信コンテンツの要求の受け入れとサービスは、RealMedia と Cisco Streaming Engine のどちらの場合も、RTSP ゲートウェイのデフォルト ポート番号 554 上でだけ行われます。Content Engine が、オリジン サーバからの RTSP 事前配信コンテンツの待機中に、デフォルト RTSP ポート番号が他のポート番号に変更された場合、Content Engine は、コンテンツをサービスできなくなります。


RTSP ゲートウェイは常に使用可能であり、使用不可にはできません。ユーザ エージェント、最終宛先、メディア ファイル タイプなど、着信要求のプロパティに応じて、RTSP ゲートウェイは次の処理を実行します。

RTSP ゲートウェイと同じ Content Engine 上に常駐する RealProxy に着信要求を転送する。

RTSP ゲートウェイと同じ Content Engine 上に常駐する RealSubscriber に着信要求を転送する。

Cisco Streaming Engine に着信要求を転送する。

着信要求をリダイレクトする。

着信要求を拒否する。


) 要求が WCCP 透過リダイレクト要求の場合、RTSP ゲートウェイは要求を処理できず、代わりに要求をリダイレクトしてバイパス エントリを追加します。要求がコンテンツ サーバに転送され、要求に対する ACK を受信した場合は、応答がクライアントに渡されます。


Content Engine は、RealPlayer クライアント ソフトウェアからの従来型のプロキシ スタイル RTSP 要求だけでなく、透過リダイレクト RTSP 要求も受け入れるように設定できます。RealProxy ソフトウェアの設定は、RealAdministrator GUI を使用して行います。この GUI には、Content Engine 管理 GUI の RealProxy ウィンドウからアクセスします。詳細なコンフィギュレーション、統計、および RealProxy の状況レポートは、RealAdministrator GUI を使用して入手できます。 表 13-1 では、ACNS 5.x ソフトウェアの RealProxy 関連の機能をリストしています。

RealProxy ウィンドウが Content Engine 管理 GUI に追加されました。「RealProxy のイネーブル化」を参照してください。RealProxy ソフトウェアがインストール済みで使用可能になっていると、Content Engine Management GUI の Admin ボタンがアクティブになります。Content Engine GUI からこの管理ウィンドウにアクセスするためのデフォルト ユーザ名、およびパスワードが提供されています。


) RealProxy を使用してストリーミング メディアを実行するには、その前に disk config EXEC コマンドを使用してディスク スペースを設定し、mediafs ストレージを組み込む必要があります。


RTSP ゲートウェイの設定

RTSP ゲートウェイ パラメータを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Device Groups の順に選択します。デバイス グループを作成した場合は、Device Group ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 設定するデバイス グループ名の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペイン内から、 RTSP > RTSP Gateway の順に選択します(図 13-1 を参照)。

図 13-1 RTSP Gateway Settings ウィンドウ

 

ステップ 4 Enable チェックボックスにチェックマークを付けます。このボックスにチェックマークを付けると、RTSP ゲートウェイを設定できるようになります。チェックマークを外すと、このウィンドウのフィールドは設定できません。このボックスのチェックマークを外しても、RSTP は使用不可になりません。

ステップ 5 Incoming Port フィールドに、RSTP プロキシが要求の受信に使用するポート番号を入力します。

ステップ 6 IP-Address フィールドに、RTSP ゲートウェイの IP アドレスを入力します。このゲートウェイは通常、要求されたコンテンツをサービスする Content Engine です。

ステップ 7 レイヤ 4 スイッチを使用したリダイレクトを使用可能にするには、 Enable L4 Switch Support チェックボックスにチェックマークを付けます。


 

表 13-1 では、Content Distribution Manager GUI に表示される RTSP ゲートウェイのパラメータについて説明し、対応する CLI コマンドを示します。

 

表 13-1 RTSP ゲートウェイ関連機能のパラメータ

主要パラメータ
機能
CLI コマンド

Incoming Port

RTSP 要求を受信するポートを指定する。

rtsp ports

IP Address

RTSP ゲートウェイの IP アドレスを指定する。

rtsp ip-address

Layer 4 Switch Support

Cisco CSS 11000 シリーズ スイッチなどのレイヤ 4 スイッチを使用したリダイレクトを使用可能にする。

rtsp L4-switch enable

RealProxy のイネーブル化

RealProxy ソフトウェアの設定には、RealSyatem Administrator GUI を使用します。この GUI には、Content Engine 管理 GUI の RealProxy ページからアクセスします。Content Engine GUI から RealProxy GUI にアクセスする方法について詳しくは、『Cisco ACNS キャッシング コンフィギュレーション ガイド、Release 5.x』を参照してください。

ACNS 5.x ソフトウェアは、ストリーミング メディア エンジンとして使用されるオプション コンポーネントとして、RealServer バージョン 9 を組み込んでいます。


) デバイス グループ内で RealProxy を使用可能にするには、その前に ACNS ネットワーク内の各 Content Engine 上で RealProxy ストリーミング ライセンスを使用可能にしておく必要があります。


ストリーミング メディア サービスのライセンスを使用可能にする場合は、事前に、デバイスのクロックとカレンダの設定が正しいことを確認してください。正しくない場合、エラー メッセージが表示され、サービスがインストールできません。システム クロックを表示するには、 show clock コマンドを使用します。システム クロックを設定するには、 clock set EXEC コマンドを使用します。

Content Engine 上で RealProxy を使用可能にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engine が登録済みの場合は、Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 設定する Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 RTSP > RTSP License の順に選択します。Real Proxy License Settings ウィンドウが表示されます(図 13-2 を参照)。

図 13-2 Real Proxy License Settings ウィンドウ

 

ステップ 4 RealProxy ライセンスをアクティブにするには、 Enable チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 5 License Key フィールドにライセンス キー番号を入力して、永続 RealProxy ライセンスを取得します。

ステップ 6 入力したライセンス キーを検証するには、 validate チェックボックスにチェックマークを付けます(このボックスには、デフォルトでチェックマークが付いています)。

ステップ 7 または、 Evaluate チェックボックスにチェックマークを付けて 60 日間の一時ライセンスを使用します。

ステップ 8 デバイス グループからの設定値を適用するには、タスクバーのドロップダウン リストからデバイス グループを選択します。

また、タスクバーの Apply Defaults アイコンをクリックして、デフォルト設定を適用することもできます。 Reset ボタンを押すと、最近保存された設定値に戻ります。

ステップ 9 Submit をクリックして、新しい設定値を保存します。


 

RealSubscriber のイネーブル化

ACNS 5.x ソフトウェアは、ストリーミング メディア エンジンとして使用されるオプション コンポーネントとして、RealServer バージョン 9 を組み込んでいます。RealServer ソフトウェアが、サブスクライバ専用モードに設定されている場合、このソフトウェアは RealSubscriber と呼ばれます。

Content Engine 上で RealSubscriber を使用可能にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engine が登録済みの場合は、Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 RTSP > Real Subscriber の順にクリックします。RealSubscriber License Settings ウィンドウが表示されます(図 13-3 を参照)。

図 13-3 Real Subscriber License Settings ウィンドウ

 

ステップ 4 RealSubscriber ライセンスをアクティブにするには、 Enable チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 5 License Key フィールドにライセンス キー番号を入力して、永続 RealSubscriber ライセンスを取得します。

ステップ 6 入力したライセンス キーを検証するには、 validate チェックボックスにチェックマークを付けます(このボックスには、デフォルトでチェックマークが付いています)。

ステップ 7 または、 Evaluate チェックボックスにチェックマークを付けて 60 日間の一時ライセンスを使用します。

ステップ 8 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

Cisco Streaming Engine のイネーブル化

ACNS 5.x ソフトウェアには、標準 RTSP サーバのサポートが組み込まれています。このサポートは、RTSP ストリーミング メディア プロトコル用の Cisco Streaming Engine ソリューションとも呼ばれます。


) Cisco Streaming Engine を使用して RTSP ストリーミング メディアを配信するために、ライセンスは必要ありません。


Cisco Streaming Engine パラメータを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 RTSP > Cisco Streaming Engine の順に選択します(図 13-4 を参照)。

図 13-4 Cisco Streaming Engine Settings ウィンドウ

 

ステップ 4 RTSP プロトコル用 Cisco Streaming Engine を使用可能にするには、 Enable チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 5 デバイス グループからの設定値を適用するには、タスクバーのドロップダウン リストからデバイス グループを選択します。

また、タスクバーの Apply Defaults アイコンをクリックして、デフォルト設定を適用することもできます。 Reset ボタンを押すと、最後に保存しておいた設定値に戻ります。

ステップ 6 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

Windows Media Technologies の使用

WMT(Microsoft Windows Media Technologies)は、インターネット上のデジタル メディア ファイルを作成、配信、および再生するためのストリーミング ソリューション セットです。WMTは、次のアプリケーションから構成されています。

Windows Media Player:エンド ユーザ アプリケーション。

Windows Media Server:サーバと配信アプリケーション。

Windows Media Encoder:配信用のメディア ファイルをエンコードします。

Windows Media Codec:ライブ コンテンツまたはオンデマンド コンテンツに適用される圧縮アルゴリズム。

Window Media Rights Manager(WMRM):コンテンツを暗号化し、ユーザ権限を管理します。


) ACNS 5.1 ソフトウェアは、WMT Version 9 の Windows Media Player、Windows Media Encoder、Windows Media Codec、および Windows Media Server と相互運用します。しかし、Content Engine は、WMT Version 9 Windows Media Server の完全な機能を備えているわけではないので、このリリースのサーバと完全に置き換えることはできません。


ACNS 5.1 ソフトウェアは、MMS を介した Windows Media Encoder からの WMT Version 9 ライブ ストリーミング、Codec バージョン 9 でエンコードされるファイルの配信、および WMT Version 9 Windows Media Player へのライブまたはオンデマンド コンテンツのストリーミングをサポートします。

ACNS 5.1 ソフトウェアは、RTP または RTSP を介した WMT ファイルの配信、またはファイルの配信前の WMT Version 9 Windows Media Server に対する認証をサポートしません。

WMT のイネーブル化

ライブおよび事前配信 Windows Media コンテンツを ACNS ネットワークに配信するには、Content Engine 上で WMT キャッシング プロキシとサーバの機能が使用可能になっている必要があります。


) WMT を使用してストリーミング メディアを実行するには、その前に disk config EXEC コマンドを使用してディスク スペースを設定し、mediafs ストレージを組み込む必要があります。



) デバイス グループで WMT を使用可能にするには、その前に ACNS ネットワーク内の各 Content Engine 上で WMT ストリーミング ライセンスを使用可能にしておく必要があります。


WMT パラメータを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engine が登録済みの場合は、Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 WMT > WMT License の順にクリックします。WMT License Settings ウィンドウが表示されます(図 13-5 を参照)。

図 13-5 WMT License Settings ウィンドウ

 

ステップ 4 Enable WMT Services チェックボックスにチェックマークを付けて、WMT を使用可能にします。

ステップ 5 WMT キャッシング プロキシ機能を使用可能にするには、 Enable WMT Proxy チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 6 License Key フィールドにライセンス キー番号を入力して、永続 WMT ライセンスを取得します。

ステップ 7 入力したライセンス キーを検証するには、 validate チェックボックスにチェックマークを付けます(このボックスには、デフォルトでチェックマークが付いています)。

ステップ 8 または、 Evaluate チェックボックスにチェックマークを付けて 60 日間の一時ライセンスを使用します。

ステップ 9 デバイス グループからの設定値を適用するには、タスクバーのドロップダウン リストからデバイス グループを選択します。

また、タスクバーの Apply Defaults アイコンをクリックして、デフォルト設定を適用することもできます。 Reset ボタンを押すと、最後に保存しておいた設定値に戻ります。

ステップ 10 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

WMT プロキシの設定

WMT プロキシとして動作する Content Engine は、基本的なプロキシ機能をサポートします。つまり、着信 WMT ストリーミング要求をクライアントから受け取り、クライアントの代理としてオリジン サーバと通信します。WMT プロキシは、HTTP プロトコルのほかに MMS(Microsoft Media Server)プロトコルによるストリーミング要求を受け入れ、処理します(図 13-6 を参照)。MMS は、WMT がプレーヤーとサーバ間の通信に使用するプロトコルです。

図 13-6 従来型 WMT キャッシング プロキシとしての Content Engine

 

可能ならば、WMT プロキシはストリーミング コンテンツをキャッシュに保存し、要求に対するサービスをオリジン サーバの代わりにキャッシュから供給します。プロキシは、透過的に代行受信した WCCP またはレイヤ 4[L4]リダイレクトによる要求、およびアップストリームのプロキシを使用するように設定されたクライアントからの手動プロキシ要求を受け入れます。

また WMT プロキシは、ライブ ストリームのマルチキャストと分割(単一着信フィードの複数クライアントへの分割)もサポートします。


) TCP および UDP 上で MMS を使用する場合、キャッシュに保存された項目を後で信頼性のある完全な状態で配信できるように、プロキシは、常に TCP(MMST)を使用してサーバからストリームを取り出します。HTTP を使用して要求されたストリームは、HTTP を使用して取り出されます。


WMT プロキシ設定パラメータを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 WMT > WMT General の順に選択します(図 13-7 を参照)。

図 13-7 WMT General Settings ウィンドウ:WMT Proxy Settings

 

ステップ 4 レイヤ 4 スイッチを使用したリダイレクトを使用可能にするには、WMT Proxy Settings 見出しの下で、 Enable L4 Switch Support チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 5 キャッシュに保存されるオブジェクトの最大サイズを設定できるようにするには、 Enforce Max Object Size チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 6 Max Object Size フィールドに値(MB)を入力します。デフォルト値は 1024 MB です。

ステップ 7 発信 MMS over HTTP プロキシを設定するには、 Enable Outgoing HTTP Proxy チェックボックスにチェックマークを付けます。次に、発信プロキシのホスト名または IP アドレス、およびポート番号を入力します。ポート番号の範囲は 1 ~ 65535 です。

ステップ 8 発信 MMS プロキシを設定するには、 Enable Outgoing MMS Proxy チェックボックスにチェックマークを付けます。次に、発信プロキシのホスト名または IP アドレス、およびポート番号を入力します。ポート番号の範囲は 1 ~ 65535 です。

ステップ 9 WMT プロキシのキャッシュ パフォーマンスを改善できるようにするには、 Enable Fast Proxy Cache チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 10 WMT General Settings 見出しの下で、必要に応じて WMT トラフィックを使用不可にします(図 13-8 を参照)。

a. HTTP WMT トラフィック(streaming over http://)を不許可にするには、 Disable HTTP WMT Traffic チェックボックスにチェックマークを付けます。

b. TCP WMT トラフィック(mmst://)を不許可にするには、 Disable TCP WMT Traffic チェックボックスにチェックマークを付けます。

c. UDP WMT トラフィック(mmsu://)を不許可にするには、 Disable UDP WMT Traffic チェックボックスにチェックマークを付けます。

図 13-8 WMT General Settings

 

ステップ 11 Port to handle WMT Traffic フィールドに、WMT が要求の受信に使用するポート番号を入力します。WMT トラフィック用に使用されるデフォルト ポート番号は 1755 です。

ステップ 12 Maximum Concurrent Connections フィールドに値を入力します。デフォルト値は 3000 セッションです。

ステップ 13 サービス可能な最大ビット レートを設定するには、 Enforce Maximum Bitrate チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 14 Maximum Bitrate フィールドに Kbps 単位の値を入力します。

ステップ 15 URL をライブ スプリットに使用する場合、事前に URL から個人情報設定を除去しておくには、 Enable Live URL Stripping チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 16 WMT プロキシのライブ スプリットのパフォーマンスを改善できるようにするには、 Enable Fast Live Split チェックボックスにチェックマークを付けます。この機能は、WMT プロキシのパフォーマンス改善の拡張版です。

ステップ 17 WMT によって配信される、Content Engine に付属のファイル名拡張子のデフォルト リストに追加または削除するには、 Enable Mms Allowed Extenstions チェックボックスにチェックマークを付けます。

ファイル名拡張子のデフォルト リストには、asf、none、nsc、wma、および wmv が含まれます。ファイル名拡張子のないファイル(たとえば、ライブ エンコーダ URL)を Content Engine が配信できるようにするために、ファイル名拡張子 none が含まれています。nsc ファイル名拡張子は、マルチキャスト メディア ファイルに使用されます。

ステップ 18 Mms Allowed Extensions フィールドに、MMS に使用可能な拡張子のリストを指定します。拡張子のデフォルト リストが、このリストに自動的に入ります。

ステップ 19 WMT Multicast Settings の下で、WMT パケットのマルチキャストの存続ホップ数を入力します。デフォルトは、5 ホップです。範囲は 0 ~ 255 ホップです。

クライアントが、マルチキャスト ステーションとして機能する Content Engine から離れており、多数回のルータ ホップが必要な場合、要求側クライアントに配信されない場合があります。つまり、配信デバイスは、Content Engine で設定されたマルチキャスト アドレスにコンテンツを送信したにもかかわらず、要求側クライアントにまだ配信されません。このような場合、Content Engine に到達するまでに通過するネットワーク要素数、つまりホップ数を増やしてください。

ステップ 20 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

GUI パラメータと CLI グローバル設定コマンドの両方を使用して WMT の一般設定値を指定するには、 表 13-2 を参照してください。

 

表 13-2 WMT General Settings パラメータ

主要な GUI パラメータ
説明
CLI コマンド
WMT Proxy Settings

Enable L4 Switch Support

Cisco CSS 11000 シリーズ スイッチなどのレイヤ 4 スイッチを使用したリダイレクトを使用可能にする。

wmt l4-switch

Enforce Max Object Size

キャッシュに保存することができるオブジェクトの最大サイズ。

wmt cache max-obj-size

Max Object Size(MB)

ストリーミング メディア オブジェクトの最大値をメガバイト(MB)単位で指定する。

wmt cache max-obj-size

Enable Outgoing HTTP Proxy

発信 MMS-over-HTTP プロキシ設定を使用可能にする。

wmt proxy outgoing http

Host Name

発信 HTTP プロキシのホスト名、または IP アドレス。

Port

発信プロキシのポート(標準ポート:1755)。

Enable Outgoing MMS Proxy

発信 MMS プロキシ設定を使用可能にする。

wmt proxy outgoing mms

Host Name

発信 MMS プロキシのホスト名、または IP アドレス。

Port

発信プロキシのポート。

WMT General Settings

Disable HTTP WMT Traffic

HTTP(streaming over http://)を不許可にする。

wmt disallowed-client-protocols HTTP

Disable TCP WMT traffic

TCP(mmst://)を不許可にする。

wmt disallowed-client-protocols TCP

Disable UDP WMT Traffic

UDP(mmsu://)を不許可にする。

wmt disallowed-client-protocols UDP

Port to handle WMT Traffic

WMT が要求の受信に使用するポート番号(1 ~ 65535)。特定のポートを指定しない場合は、デフォルトとしてポート 1755 が使用されます。

wmt incoming port number 1-65535

Maximum Concurrent Connections

サービスを受けることができるユニキャスト クライアントの最大数。範囲は、プラットフォームの物理的な制約によって異なります。デフォルト値は 2500 です。

wmt max-concurrent-sessions

Enable Maximum Bitrate

配信できる最大ストリーム ビット レートの強制を可能にする。

wmt max-bitrate

Maximum Bitrate(Kbps)

サービスできる最高ストリーム ビット レート。範囲は 0 ~ 2147483647 kbps です。デフォルト値はありません。

wmt max-bitrate

Enable Live URL Stripping

ライブ スプリットに使用する前に、URL から個人情報を除去する。

wmt live-url-stripping

Enable Fast Live Split

WMT プロキシのライブ スプリット パフォーマンスの改善を可能にする。

Enable Mms Allowed Extensions

Mms Allowed Extensions フィールドを使用可能にする。

Mms Allowed Extensions

MMS に使用できる拡張子のリスト。

このリストからファイル名拡張子を追加または削除できますが、次の制限があります。

各拡張子は英数字であり、拡張子の先頭文字は文字でなければならない。

ファイル名拡張子内の文字数は 10 文字以下でなければならない。

使用できるリストに追加できる
ファイル拡張子は 20 個以下でなければならない。

WMT Multicast Settings

Number of hops to live

WMT パケットのマルチキャストの存続ホップ数。デフォルトは、5 ホップです。範囲は 0 ~ 255 ホップです。

ユニキャストとマルチキャスト送信用の WMT ライブ スプリットの設定

スプリットとは、インターネットを介してプロキシ エッジ デバイスにライブ データを送信する方式です。ライブ ストリームは、ユニキャストまたはマルチキャストを使用して複数のダウンストリーム クライアントに配信されます(図 13-9 を参照)。

WMT 対応 Content Engine は、ストリーミング サーバまたはブロードキャスト サーバのプロキシの役目をし、ストリームをローカル ユーザに複製します。Content Engine プロキシでストリームを分割する方が、サーバで分割するより適しています。これは、プロキシの方がクライアントに近いので、クライアントとサーバ間の相当なネットワーク帯域幅を節約できる可能性があるからです。

図 13-9 ライブ スプリット

 

クライアントが ASF ファイルを指定せずにサーバ上のパブリッシング ポイントを要求すると、
Content Engine は、リモート サーバを参照するエイリアス ファイルを動的に作成します。そのステーションに対するそれ以降の要求はすべて、ストリームのスプリットにより処理されます。オリジナル ストリームを最初に要求したクライアント(Client 1)が、ネットワークから切り離されても、すべてのクライアントがネットワークから切り離されるまで、プロキシは、他のクライアント(Client 2 と Client 3)に引き続き配信することに注意してください。


) ライブ スプリットは、各種データ パケット転送プロトコル(HTTP、MMS TCP[MMST]、MMS UDP[MMSU]、および IP マルチキャスト)に対してサポートされています。


ライブ ストリーム スプリットのシナリオ

ネットワークの機能と制約に応じて、Content Engine は、IP マルチキャストまたはユニキャスト送信を使用して次の 4 種類の組み合せで、WMT ストリーミング コンテンツを受信および配信できます。

Unicast-in Multicast-out

Multicast-in Multicast-out

Multicast-in Unicast-out

Unicast-in Unicast-out

これら 2 つの WMT マルチキャスト発信機能を組み合わせると、IP マルチキャストを使用して WMT ストリーミング メディア コンテンツを受信および配信でき、またマルチキャストからユニキャストへ(およびその逆)の変換を行うことができます。


) ACNS 5.x ネットワーク内で WMT マルチキャストを使用可能にするには、その前に WMT ライセンスに承諾し、Content Engine とデバイス グループ上で WMT を使用可能にする必要があります。「WMT のイネーブル化」を参照してください。


各ステーションにマルチキャスト IP アドレスが必要です。有効なクラス D IP アドレスのマルチキャスト アドレスを、224.0.0.0 ~ 239.255.255.255 の範囲内で入力する必要があります。ただし、次に示す RFC 1700 および関連文書に基づく予約済み IP 範囲は除きます。

224.0.0.0 ~ 224.0.6.255

224.0.13.0 ~ 224.0.13.255

224.1.0.0 ~ 224.2.255.255

232.0.0.0 ~ 232.255.255.255


) 同じマルチキャスト対応ネットワーク設定の中で、競合しないマルチキャスト IP アドレスを選択する必要があります。このマルチキャスト IP アドレスは、Content Engine の IP アドレスとは関係がありません(「使用できない IP マルチキャスト アドレス」を参照)。


定義可能なマルチキャスト ポート範囲は、1 ~ 65535 です。ただし、マルチキャスト対応のネットワークによっては、ポートの指定に制約を設けている場合があります。通常、1024 より小さいポート番号は避ける必要がありますが、Content Engine では特に制限はありません。


) ライブ ストリームがサーバ側で中断された場合、ライブ マルチキャストを再開するには、マルチキャスト ステーションを停止して、このステーションを再始動する必要があります。


Unicast-in Multicast-out の設定

Unicast-in Multicast-out マルチキャスト配信機能を使用すると、IP マルチキャスト上のさまざまなデバイスが、単一のメディア コンテンツ ストリームを Content Engine から同時に受信できるので、ストリーミング メディアの配信が効率的になります。これにより、ストリームが要求されるたびに単一のストリームが単一のデバイスに送信されるのでなく、単一のストリームが多数のデバイスに送信されるため、ネットワーク帯域幅の消費量を大幅に節約できます。このマルチキャスト配信機能を使用可能にするには、同じチャネルからコンテンツを受信するようにそれぞれのデバイスを設定し、これらのデバイスが受信予約できる Content Engine 上でマルチキャスト アドレスを設定します。配信側のデバイスは、Content Engine にセットアップされているマルチキャスト アドレスにコンテンツを送信します。コンテンツは、Content Engine から、受信予約をしている受信側のデバイスすべてに提供されます。

Unicast-in Multicast-out の WMT サービスを使用可能にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 WMT > WMT Multicast Stations の順に選択します。WMT Multicast Station for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Aggregate Settings セクションでは、Yes オプション ボタンがデフォルトで選択されています。これは、Content Engine とそれに関連したデバイス グループ用に作成されたブロードキャスト エイリアスが表示されることを指定します。Content Engine だけの設定値を適用する場合は、No オプション ボタンをクリックしてください。

ステップ 5 Create New Multicast Station アイコンをクリックします。Creating New WMT Multicast Station が表示されます(図 13-10 を参照)。

図 13-10 WMT マルチキャスト ステーションの設定

 

ステップ 6 WMT Station 見出しの下の Station Name フィールドに、マルチキャスト ステーションの名前を入力します(必須)。

ステップ 7 Address フィールドに、マルチキャスト ステーションの IP アドレスとして使用するクラス D IP アドレスを入力します(必須)。

ステップ 8 Port フィールドに、このステーションが使用するポート番号を入力します(必須)。

ステップ 9 Media フィールドに、WMT ストリーミング メディアのソースを入力します(必須)。

ステップ 10 このソースがメディア ファイルを中断せずに再生を続けるようにしたい場合は、 Repeat Forever
チェックボックスにチェックマークを付けます。このチェックボックスにチェックマークを付けない場合は、 source.nsc ファイルの最後に達するとマルチキャスト ストリームの再生が停止します。

図 13-10 の例では、 Multicast Station 1 という名前のマルチキャスト ステーションが設定され、マルチキャスト ソース ファイルとして Content Engine に使用されます。ステーションのクラス D IP アドレスは 233.33.33.33 で、マルチキャスト ポートは 3333 です。 Repeat Forever オプションが使用可能になっています。入力の source.asf ファイルが VOD ファイルの場合、このファイルの最後に達すると、 source.asf ファイルの先頭からマルチキャストが自動的に再開します。


) このソース ファイル source.asf は、Windows サーバなどの任意の WMT サーバに置くことも、Content Engine に置くこともできます。Content Engine の場合、事前配信メディア ファイルは、/local1/wmt_vod ディレクトリに保存する必要があります。このシナリオでは、メディア ソースは、mms://CEIPaddress/wmt_vod/source.asf になります。ここで、CEIPaddress は Content Engine の IP アドレスです。


ステップ 11 マルチキャストで通信できないクライアントに対してユニキャスト ライブ スプリットを可能にするには、Enable Unicast URL チェックボックスにチェックマークを付け、Unicast URL フィールドに URL を入力します。

WMT マルチキャスト ストリームを受信できないビューア、またはマルチキャストにアクセスできない VPN ユーザの場合、ユニキャストでパブリッシュされる URL を、ユニキャスト ライブ スプリットに使用できます。マルチキャストが失敗する場合、WMT プレーヤーはユニキャストにフォールバックします。ユニキャストでパブリッシュされる URL は、マルチキャスト記述メタファイル(.nsc)内でビューアに提供され、ユニキャスト ライブ ストリームに自動的にロールバックします。マルチキャストをルート指定できない場合、またはクライアントがマルチキャスト ストリームを受信できない場合、要求が ACNS ネットワークによって代行受信されないと、ユニキャスト URL はバックアップ URL の役目をします。

ステップ 12 Content Engine が .nsc ファイルを使用して、マルチキャスト ストリームに関する統計を収集できるようにするには、WMT Multicast Logging Settings の下で Enable WMT Multicast Logging チェックボックスにチェックマークを付けます。

WMT サーバは、マルチキャスト時に特定のストリームに対して多数のプレーヤーをサポートするので、サーバをロードしなくてもスケーラビリティが得られます。また、ストリームの再生中にクライアントがバッファに入った回数、送信中に失われたパケット数、WMT プレーヤーがブラウザに組み込まれている場合に使用されるブラウザ タイプ、およびストリームのアクセスに使用されるプロトコルなどの、所定の統計データについてのフィードバックを受信することもできます。ビジネス アナリストやプログラム作成者が、マルチキャストされたプログラムの効果を調べる場合に、これらの詳細情報が役立ちます。WMT プレーヤーは、マルチキャスト統計をログに記録するために、.nsc ファイルに組み込まれている URL を、リスンするマルチキャスト IP アドレスとポート番号と一緒に取得します。ストリームが再生を停止すると、WMT プレーヤーは自動的に統計を収集し、HTTP POST を使用してマルチキャスト ロギング URL にその統計を送信します。ユーザは、Windows メディア トランザクション ログ ファイルが送信される先の URL を指定できます。

ステップ 13 別の方法として、 Enable Local Multicast Logging チェックボックスにチェックマークを付けて、Multicast Logging URL フィールドに URL を入力します。

ステップ 14 Submit をクリックして設定値を保存します。

ステップ 15 使用している Windows Media Player を開き、 File > Open URL の順に選択します。次の URL を入力します。

http://CEIPaddress/MulticastStation1.nsc


) ストリーミング用のソース ファイルは、Windows サーバなどの任意の WMT サーバに置くことも、Content Engine に置くこともできます。Content Engine の場合、事前配信メディア ファイルは、/local1/wmt_vod ディレクトリに保存する必要があります。この場合、メディア ファイルのソースは、URL を使用すると mms://<ceIpAddress>/wmt_vod/<asf_file> と表わされます。


ステップ 16 OK をクリックします。Windows Media Player は、マルチキャスト記述 .nsc ファイルを取得して、ステップ 6 で指定したマルチキャスト ステーションに加えられます。


) WMT マルチキャスト用の URL には、ポート 80 を使用することが暗黙で指定されています。URL は、http://CEIPaddress:80/test1.nsc に相当します。



 

Multicast-In Multicast-Out の設定

Multicast-in Multicast-out マルチキャスト受信機能を使用すると、IP マルチキャストを使用して配信されたマルチキャスト WMT ストリームを受信し、別の配信チャネル(ユニキャストまたはマルチキャスト)を介してエンド ユーザに中継できます。

このマルチキャスト シナリオでは、記述ファイル *.nsc が作成され、クライアントは、マルチキャスト発信を介してこのファイルにアクセスできます。このシナリオは、入力ソースがマルチキャストであることを除いては、Unicast-in Multicast-out シナリオと同様です。クライアントは、この記述ファイルを使用してマルチキャストにサブスクライブします。

Multicast-in Multicast-out の WMT サービスを使用可能にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 WMT > WMT Multicast Stations の選択します。WMT Multicast Station for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Aggregate Settings セクションでは、Yes オプション ボタンがデフォルトで選択されています。これは、Content Engine とそれに関連したデバイス グループ用に作成されたブロードキャスト エイリアスが表示されることを指定しています。Content Engine だけの設定値を適用する場合は、No オプション ボタンをクリックしてください。

ステップ 5 Create New Multicast Station アイコンをクリックします(図 13-11 を参照)。

図 13-11 WMT マルチキャスト ステーションの設定

 

ステップ 6 Station Name フィールドに、マルチキャスト ステーションの名前を入力します。

ステップ 7 Address フィールドに、マルチキャスト ステーションの IP アドレスとして使用するクラス D IP アドレスを入力します。

ステップ 8 Port フィールドに、このステーションが使用するポート番号を入力します。

ステップ 9 Media フィールドに、マルチキャスト ソース *.nsc ファイルを入力します。

ステップ 10 このソースがメディア ファイルを中断せずに再生を続けるようにしたい場合は、 Repeat Forever
チェックボックスにチェックマークを付けます。このチェックボックスにチェックマークを付けない場合は、 source*.nsc ファイルの最後に達するとマルチキャスト ストリームの再生が停止します。

この例では、 Multicast Station 2 という名前のマルチキャスト ステーションが設定され、マルチキャスト ソース ファイルとして Content Engine に使用されます。ステーションのクラス D IP アドレスは 233.33.33.34 で、マルチキャスト ポートは 3334 です。 Repeat Forever を使用可能にしない場合、 source*.nsc ファイルの最後に達すると、マルチキャスト ストリームの再生が停止します。


) このソース ファイル source.nsc は、Windows サーバなどの任意の WMT サーバに置くことも、Content Engine に置くこともできます。Content Engine の場合、事前配信メディア ファイルは、/local1/wmt_vod ディレクトリに保存する必要があります。このシナリオでは、メディア ソースは、mms://CEIPaddress/wmt_vod/source.asf として表わされます。ここで、CEIPaddress は Content Engine の IP アドレスです。


ステップ 11 マルチキャストで通信できないクライアントに対してユニキャスト ライブ スプリットを可能にするには、 Enable Unicast URL チェックボックスにチェックマークを付け、Unicast URL フィールドに URL を入力します。

WMT マルチキャスト ストリームを受信できないビューア、またはマルチキャストにアクセスできない VPN ユーザの場合、ユニキャストでパブリッシュされる URL を、ユニキャスト ライブ スプリットに使用できます。マルチキャストが失敗する場合、WMT プレーヤーはユニキャストにフォールバックします。ユニキャストでパブリッシュされる URL は、マルチキャスト記述メタファイル(.nsc)内でビューアに提供され、ユニキャスト ライブ ストリームに自動的にロールバックします。マルチキャストをルート指定できない場合、またはクライアントがマルチキャスト ストリームを受信できない場合、要求が ACNS ネットワークによって代行受信されないと、ユニキャスト URL はバックアップ URL の役目をします。

ステップ 12 Content Engine が .nsc ファイルを使用して、マルチキャスト ストリームに関する統計を収集できるようにするには、WMT Multicast Logging Settings の下の Enable WMT Multicast Logging チェックボックスにチェックマークを付けます。

WMT サーバは、マルチキャスト時に特定のストリームに対して多数のプレーヤーをサポートするので、サーバを準備しなくてもスケーラビリティが得られます。また、ストリームの再生中にクライアントがバッファに入った回数、送信中に失われたパケット数、WMT プレーヤーがブラウザに組み込まれている場合に使用されるブラウザ タイプ、およびストリームのアクセスに使用されるプロトコルなどの、所定の統計データについてのフィードバックを受信することもできます。ビジネス アナリストやプログラム作成者が、マルチキャストされたプログラムの効果を調べる場合に、これらの詳細情報が役立ちます。WMT プレーヤーは、マルチキャスト統計をログに記録するために、.nsc ファイルに組み込まれている URL を、リスンするマルチキャスト IP アドレスとポート番号と一緒に取得します。ストリームが再生を停止すると、WMT プレーヤーは自動的に統計を収集し、HTTP POST を使用してマルチキャスト ロギング URL にその統計を送信します。ユーザは、Windows メディア トランザクション ログ ファイルが送信される先の URL を指定できます。

ステップ 13 別の方法として、Content Engine 上で設定された WMT サーバに WMT プレーヤーがマルチキャスト統計を送信できるようにするには、 Enable Local Multicast Logging チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 14 Multicast Logging URL フィールドに、HTTP POST を使用してマルチキャスト統計を送信する必要がある WMT サーバの URL を入力します。WMT サーバが Content Engine 以外の WMT サーバで設定される場合、URL を明示的に指定する必要があります。

ステップ 15 Submit をクリックして設定値を保存します。

ステップ 16 使用している Windows Media Player を開き、 File > Open URL の順に選択します。次の URL を入力します。

http://CEIPaddress/MulticastStation2.nsc


) ストリーミング用のソース ファイルは、Windows サーバなどの任意の WMT サーバに置くことも、Content Engine に置くこともできます。Content Engine の場合、事前配信メディア ファイルは、/local1/wmt_vod ディレクトリに保存する必要があります。この場合、メディア ファイルのソースは、URL、mms://<ceIpAddress>/wmt_vod/<asf_file> として表わされます。


ステップ 17 OK をクリックします。Windows Media Player は、マルチキャスト記述 .nsc ファイルを取得して、ステップ 6 で指定したマルチキャスト ステーションに加えられます。


) WMT マルチキャスト用の URL には、ポート 80 を使用することが暗黙で指定されています。URL は、http://CEIPaddress:80/test1.nsc に相当します。



 

Multicast-In Unicast-Out の設定

Multicast-in Unicast-out シナリオを使用すると、マルチキャストをストリーミング メディアのソースとして使用して、着信ライブ ストリームを要求側のクライアントに配信するための、ブロードキャスト パブリッシング ポイントを作成できます。

このシナリオでは、マルチキャスト ストリームをユニキャストに変換することによって、着信マルチキャスト ライブ ストリームを要求側のクライアントに配信するための、ユニキャスト発信パブリッシング ポイントを作成します。

Multicast-in Unicast-out の WMT サービスを使用可能にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines を選択します。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 WMT > WMT Broadcast Alias を選択します。WMT Broadcast Alias for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Aggregate Settings セクションでは、Yes オプション ボタンがデフォルトで選択されています。これは、Content Engine とそれに関連したデバイス グループ用に作成されたブロードキャスト エイリアスが表示されることを指定します。Content Engine だけの設定値を適用する場合は、No オプション ボタンをクリックしてください。

ステップ 5 Create New WMT Broadcast Alias アイコンをクリックします。Creating New WMT Broadcast Alias for Content Engine ウィンドウが表示されます(図 13-12 を参照)。

図 13-12 WMT Broadcast Alias ウィンドウ

 

ステップ 6 Broadcast Alias フィールドに、ステーション名のエイリアスを入力します。

ステップ 7 Source URL フィールドに、ブロードキャストに使用するステーションの URL を入力します。

ステップ 8 Submit をクリックして設定値を保存します。

図 13-12 では、マルチキャスト ソース station.nsc ファイルを指定して、エイリアス名 broadcast1 のユニキャスト パブリッシング ポイントを設定しています。このソースは、WMT マルチキャスト ストリームを送信するサーバです。エイリアスのソースの形式 http://server/file.nsc は、このソースをマルチキャスト入力ソースとして扱うように Content Engine に指示します。

ステップ 9 使用している Windows Media Player を開き、 File > Open URL を選択します。次の URL を入力します。

mms://CEIPaddress/broadcast1

ステップ 10 OK をクリックします。Windows Media Player は、ステップ 6 で指定された MMS メディア ソースを受信します。このシナリオでは、ストリーミング メディアへのアクセスに MMS URL を使用し、マルチキャスト発信シナリオの *.nsc ファイルの代わりに、 alias-name だけを指定している点に注意してください。

これにより、マルチキャスト ストリームがユニキャストに変換され、要求側のクライアントに送信されます。


 

Unicast-in Unicast-out の設定

このシナリオでは、Unicast-in Unicast-out によって、クライアントと Content Engine 間をポイントツーポイント接続します。Content Engine は、順次メディア サーバとの単一接続を行います。同じストリームに対する複数の要求は、Content Engine によって分割されます。その結果、Content Engine はメディア サーバとの単一ストリーム接続を保持すると同時に、各クライアントは Content Engine から直接、別個のデータ ストリームを受信します。クライアントは、保存されたコンテンツまたはライブ コンテンツが入っているストリームを要求できます。

ネットワーク上でメディアをストリーミングする際のユニキャストの利点は、オリジン サーバと Content Engine 間のネットワーク上でプルする必要があるのは、1 つのストリームだけであるにもかかわらず、そのストリームを、非マルチキャスト環境内の複数のクライアントに配信できる点です。Windows Media Services を実行するサーバは、Content Engine に配信される単一ストリームを介して、複数のクライアントへのユニキャスト ビデオ ストリームを提供できます。これらのクライアントは、Windows Media Player 内の VCR に似た制御機構を利用して、ストリームを一時停止したり、後方または前方にスキップする(保存されたコンテンツ[ビデオ オンデマンド]の場合)ことができます。

Unicast-in Unicast-out の設定には、次の 2 通りの方法があります。

設定なしにライブ スプリットする方法。この場合、Content Engine はプロキシの役目をします。クライアントが同じユニキャスト URL を要求する場合、Content Engine プロキシは、ソースからクライアントにストリームを自動的に分割します。

ブロードキャスト エイリアスを使用して Content Engine を設定する方法。この場合、クライアントは、Windows Media Server である場合と同じように、Content Engine に要求を行い、Content Engine は、着信ストリームが存在するかどうかを調べます。着信ストリームが存在する場合、Content Engine はそのストリームを結合し、新しいクライアントに分割します。このストリームに対する最初のクライアント要求である場合、Content Engine はその要求をサーバに送信した後、新しいクライアントに配信します。

Unicast-in Unicast-out の WMT サービスを使用可能にする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 WMT > WMT Broadcast Alias を選択します。WMT Broadcast Alias for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Aggregate Settings セクションでは、Yes オプション ボタンがデフォルトで選択されています。これは、Content Engine とそれに関連したデバイス グループ用に作成されたブロードキャスト エイリアスが表示されることを指定します。Content Engine だけの設定値を適用する場合は、No オプション ボタンをクリックしてください。

ステップ 5 Create New WMT Broadcast Alias アイコンをクリックします。Creating New WMT Broadcast Alias for Content Engine ウィンドウが表示されます(図 13-12 を参照)。

ステップ 6 Broadcast Alias フィールドに、ソース URL のエイリアス名を入力します。

ステップ 7 Source URL フィールドに、ブロードキャストに使用するコンテンツのソース URL を入力します。次に例を示します。

mms://wms.company.com/cotv

ここで、wms.company.com は、Windows Media Server の名前であり、cotv は、ブロードキャスト エイリアスが作成されるときに使用される名前です。ストリームの取得には、MMS プロトコルが使用されます。

ステップ 8 Submit をクリックして設定値を保存します。

ステップ 9 使用している Windows Media Player を開き、 File > Open URL を選択します。次の URL を入力します。

mms://CEIPaddress/broadcast1

ここで、CEIPaddress は、Content Engine の IP アドレスまたはドメイン名であり、broadcast1 は、ステップ 6 で使用されるエイリアス名です。

ステップ 10 OK をクリックします。Windows Media Player は、ステップ 7 で指定された MMS メディア ソースを受信します。


 

WMT ステーション スケジュールの設定

Content Engine の WMT ステーション スケジュールを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 ステーション スケジュールを設定する Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、WMT > WMT Station Schedules を選択します。WMT Station Schedule for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Create New WMT Station Schedule アイコンをクリックします。Creating New WMT Station Schedule for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 5 Station Name ドロップダウン リストから、マルチキャスト ステーションを選択します(必須)。

ステップ 6 Month フィールドに月( 1 12 )を入力します(必須)。

ステップ 7 Day フィールドに日( 1 31 )を入力します(必須)。

ステップ 8 Hour フィールドに時間( 0 23 )を入力します(必須)。

ステップ 9 Minute フィールドに分数( 0 59 )を入力します(必須)。

ステップ 10 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

コンテンツ サービスの帯域幅の設定

コンテンツ サービスの帯域幅設定値により、各コンテンツ サービスがユーザにコンテンツをサービスするのに使用する帯域幅量が制御されます。

コンテンツ サービスの帯域幅には、WMT、RealProxy、RealServer、および Cisco Streaming Engine サービス用の帯域割り当てが含まれています。WMT 帯域幅設定は、ライブ コンテンツ、キャッシュ コンテンツ、および事前配信コンテンツの WMT ストリーミングに適用されます。RealServer 帯域幅設定は、チャネル用のマニフェスト ファイルで指定された事前配信コンテンツとライブ コンテンツの Real ストリーミングに適用されます。RealProxy 帯域幅設定は、チャネル用のマニフェスト ファイルで指定されていないキャッシュ コンテンツとライブ コンテンツの Real ストリーミングに適用されます。Cisco Streaming Engine 帯域幅設定は、事前配信コンテンツのみの標準 RTSP サーバ ストリーミングに適用されます。

帯域幅のタイプごとに、特定の時間間隔で使用される帯域幅量を指定できます。これは、帯域幅のスケジュールと呼ばれます。デフォルト帯域幅とは、スケジュールされた帯域幅がないときに、各コンテンツ サービス タイプに関連した帯域幅量です。デバイスにデフォルトの帯域幅が指定される場合、デバイス グループ レベルの設定値が上書きされます。この上書きが行われるのは、Content Engine がデバイス グループのメンバーである場合です。しかし、Content Engine に設定値が指定されていない場合、デバイス グループの設定がデバイスに適用されます。Content Engine が複数のデバイス グループのメンバーである場合、最後に変更されたデバイス グループの設定値が使用されます。

最大帯域幅は、帯域幅量の上限を指定します。この上限を超えて、使用する帯域幅を設定することはできません。すべてのコンテンツ サービスに設定されている帯域幅の合計は、特定の Content Engine プラットフォーム モデルに指定されている帯域幅限界を超えてはなりません。また、WMT に対して設定されたライセンス キーも、最大帯域幅を、各 Content Engine モデルに許可されている最大帯域幅以下に制限します。

コンテンツ サービスのデフォルト帯域幅と最大帯域幅の設定

コンテンツ サービスのデフォルト帯域幅と最大帯域幅を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 表示対象の Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで、Content Services > Content Service Default/Max Bandwidth を選択します。Default and Max Bandwidth for Content Engine ウィンドウが表示されます。


) デバイスに対する設定値を削除したい場合は、タスクバーの Remove Device Settings アイコンをクリックして、設定値を除去します。デバイスの出荷時のデフォルト値を適用する場合は、タスクバーの Apply Defaults / Override Group Settings with Defaults アイコンをクリックします。デバイスが関連付けられているデバイス グループから、設定値が適用された場合、タスクバーの Override Group Settings アイコンをクリックすると、デバイス グループの設定値を上書きすることができます。このウィンドウに表示される設定値で設定された 1 つ以上のデバイス グループに、デバイスが関連付けられる場合は、そのデバイスに適用したい設定値を持つデバイス グループの名前を、タスクバーに表示される Select a Device Group ドロップダウン リストから選択できます。

現在適用されている設定の詳細(たとえば、デフォルト設定値が適用されたか、デバイスまたはデバイス グループから設定値が得られたか)が表示され、設定値のソース情報を識別できます。


ステップ 4 WMT Incoming に対して、Default Bandwidth フィールドに、エンド ユーザからの着信 WMT トラフィックのデフォルト帯域幅量(kbps)を入力します。Max Bandwidth フィールドに、システム ライセンスによって許可される最大帯域幅(kbps)を指定します。

ステップ 5 WMT Outgoing に対して、Default Bandwidth フィールドに、Content Engine からの発信 WMT トラフィックのデフォルト帯域幅量(kbps)を入力します。Max Bandwidth フィールドに、システム ライセンスによって許可される最大帯域幅(kbps)を指定します。

ステップ 6 Real Proxy Incoming に対して、Default Bandwidth フィールドに、エンド ユーザからの着信 RealProxy トラフィックのデフォルト帯域幅量(kbps)を入力します。Max Bandwidth フィールドに、システム ライセンスによって許可される最大帯域幅(kbps)を指定します。RealProxy トラフィックとは、エンド ユーザからの要求に応答してキャッシュに保存された RealMedia トラフィックを指します。

ステップ 7 Real Proxy Outgoing に対して、Default Bandwidth フィールドに、Content Engine からの発信 RealProxy トラフィックのデフォルト帯域幅量(kbps)を入力します。Max Bandwidth フィールドに、システム ライセンスによって許可される最大帯域幅(kbps)を指定します。

ステップ 8 Real Server に対して、Default Bandwidth フィールドに、エンド ユーザに RealServer トラフィックを流すためのデフォルト帯域幅量(kbps)を入力します。Max Bandwidth フィールドに、システム ライセンスによって許可される最大帯域幅(kbps)を指定します。RealServer トラフィックは、事前配信された RealMedia コンテンツを指します。

ステップ 9 Cisco Streaming Engine に対して、Default Bandwidth フィールドに、Cisco Streaming Engine がエンド ユーザにコンテンツを流すためのデフォルト帯域幅量(kbps)を入力します。Max Bandwidth フィールドに、システム ライセンスによって許可される最大帯域幅(kbps)を指定します。

ステップ 10 HTTP に対して、Default Bandwidth フィールドに、HTTP トラフィックに関連したデフォルト帯域幅量(kbps)を入力します。Max Bandwidth フィールドに、HTTP 要求を処理する最大許容帯域幅(kbps)を指定します。

ステップ 11 Submit をクリックして設定値を保存します。保存が必要な保留中の変更がある場合、「Click Submit to Save」メッセージが Current Settings の横に赤色で表示されます。また、Reset をクリックすると、以前に設定されていたウィンドウの設定に戻すこともできます。 Reset ボタンが表示されるのは、デフォルトまたはグループ設定値を適用して現在のデバイス設定値を変更した後、それらがまだ更新されていない場合です。


 

コンテンツ サービス帯域幅のスケジュール時刻の設定

コンテンツ サービスの帯域幅を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 設定する Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインが左側に表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 Content Services > Content Service Bandwidth の順に選択します。Bandwidth Settings for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Aggregate Settings では、Yes オプション ボタンがデフォルトで選択されています。これは、Content Engine とそれに割り当てられたデバイス グループの帯域幅設定が、このウィンドウに表示されることを指定します。Content Engine のみの帯域幅設定値を適用し、表示する場合は、No オプション ボタンをクリックします。

ステップ 5 Create New Bandwidth Settings for Content Engine アイコンをクリックします。Create New Content Service Bandwidth Settings ウィンドウが表示されます(図 13-13 を参照)。

このウィンドウに表示される各フィールドの説明については、表 13-3 を参照してください。

図 13-13 Create New Content Service Bandwidth Settings ウィンドウ

 

ステップ 6 Bandwidth Configuration セクションの Bandwidth Type ドロップダウン リストから、帯域幅のタイプを選択します(必須)。

ステップ 7 Bandwidth Rate フィールドに、使用可能な帯域幅に対するレート制限(kbps)を入力します(必須)。

ステップ 8 Bandwidth Time Settings セクションに、現在の時刻が UTC で表示されます。Time Selection の該当するフィールドに、使用可能な帯域幅の開始時刻と終了時刻(hh:mm 形式)を入力します。


) 午後 8 時から午前 8 時までのスケジュールの場合、それらが 2 日間にわたるために、管理者は 2 つのスケジュールを設定する必要があります。1 つのスケジュールは、午後 8 時から午後 11 時 59 分(20:00 ~ 23:59)、もう 1 つのスケジュールは午前 0 時から午前 8 時(00:00 ~ 08:00)です。


ステップ 9 Use Specific days オプション ボタンをクリックして、帯域幅の設定が週全体に適用されるか、特定の曜日に適用されるかを指定します。設定値が適用される曜日を示すチェックボックスにチェックマークを付けてください。

ステップ 10 別の方法として、Specific day range オプション ボタンをクリックして、ドロップダウン リストから帯域幅設定の開始曜日と終了曜日を選択します。

ステップ 11 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

 

表 13-3 ストリーミング帯域幅の設定

帯域幅設定フィールド
説明

Bandwidth Type(必須)

WMT Incoming は、エンド ユーザからの着信 WMT ストリーミング コンテンツ要求の場合です。

WMT Outgoing は、Content Engine からの発信 WMT メディアの場合です。

Real Proxy Incoming は、エンド ユーザからの着信 RealProxy トラフィックの場合です。

Real Proxy Outgoing は、Content Engine からの発信 RealProxy トラフィックの場合です。

Real Server は、エンド ユーザへの Real Media 事前配信コンテンツのストリーミングの場合です。

Cisco Streaming Engine は、エンド ユーザからの RTSP 要求に応答したコンテンツのストリーミングの場合です。

HTTP は、エンド ユーザからの HTTP 要求に応答したコンテンツの送信の場合です。

Bandwidth Rate(必須)

許可する最大の帯域幅(kbps)。

Start Time(必須)

帯域幅レート設定の開始時刻。24 時間制の現地時間(hh:mm)を使用します。

End Time(必須)

帯域幅レート設定の終了時刻(hh:mm)。

Use specific days(必須)

帯域幅の設定が適用される曜日。

Full Week ñ 許容可能な帯域幅設定値が、週全体に適用されることを指定します。

Sun、Mon、Tue、Wed、Thu、Fri、および Sat ñ 許容可能な帯域幅設定値を有効にする、個々の曜日を指定します。

Specific day range

帯域幅の設定が適用される曜日の範囲。

Start day ñ 許容可能な帯域幅の開始曜日。

End day ñ 許容可能な帯域幅の終了曜日。

時間をオーバーラップさせて、帯域幅の設定をスケジュールすることができます。デバイスとデバイス グループ設定の統合方式を使用する場合、デバイスとデバイス グループに設定されている設定値のリストで、スケジュールが重複している可能性があります。しかし、帯域幅の設定が重複した、同じタイプの帯域幅を設定することはできません。この設定が可能であるのは、タイプが異なる帯域幅のみです。

たとえば、Content Engine にデバイス グループが関連付けられ、2 つの帯域幅設定が指定されているとします。1 つは、毎月曜日の 13:00 ~ 15:00 に、20 Mbps のレートで Content Engine に対するスケジュールを持つ、WMT-incoming 帯域幅であり、もう 1 つは、毎月曜日の 12:00 ~ 17:00 に、20 Mbps のレートでデバイス グループに対するスケジュールを持つ RealProxy outgoing 帯域幅です。この場合、帯域幅のタイプが異なるので、設定は正常に行われます。同じシナリオを前提とすると、Content Engine の時刻設定と重複した時刻設定を持つデバイスに対して、WMT-incoming 帯域幅を設定しようとすると、設定は失敗します。

実際の帯域幅設定値により、多数の設定が重複する可能性があります。このような複雑な設定の結果、曜日に対して許容可能な帯域幅設定の図表示が必要になる場合があります。このために、コンテンツ サービスの帯域幅設定を表すグラフを表示できます(「コンテンツ サービス帯域幅設定のグラフィカル表示」を参照)。

Aggregate Settings オプションが選択されている場合、Content Engine が属するデバイス グループに対して以前に設定された帯域幅設定は、Content Service Bandwidth Settings for Content Engine ウィンドウで変更も削除もできません。つまり、デバイス グループに対して作成された帯域幅設定を表示することしかできません。

コンテンツ サービス帯域幅設定のグラフィカル表示

コンテンツ サービスに対して Content Engine 上で設定されている帯域幅設定をグラフィカル表示できます。グラフの縦軸は帯域幅量(kbps)を表し、横軸は曜日を表します。縦軸に表示される目盛りは、特定の帯域幅の帯域幅レートに基づいて動的に決定され、適宜増分されます。曜日ごとに横軸に表示される目盛りは、1 時間ごとに増分されます。各タイプの帯域幅は、固有の色で表示されます。グラフの下の凡例では、各色に対応する設定済みの帯域幅のマッピングを示しています。

獲得と配信用の帯域幅を示すグラフを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 目的のデバイス グループの横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで、Content Services > Content Service Bandwidth を選択します。Bandwidth Settings for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 タスクバーで Display Graph アイコンをクリックします。別の Content Service Bandwidth for Content Engine ポップアップ ウィンドウが表示され、帯域幅設定グラフを示します(図 13-14 を参照)。

ビュー オプションを示す名前をクリックすると、帯域幅グラフに適用したいビューのタイプを選択できます。帯域幅タイプ、デバイス グループ、または曜日別にグラフを表示できます。ビュー オプションについては、 表 13-4 を参照してください。

図 13-14 コンテンツ サービス帯域幅グラフ

 

ステップ 5 Refresh をクリックして、最新の帯域幅設定を表示します。

ステップ 6 設定値の表示が終わったら、Close をクリックします。


 

 

表 13-4 コンテンツ サービス帯域幅グラフ:ビュー オプション

オプション
説明
View specific servers

このタイプのビューは、選択された対応する帯域幅タイプの帯域幅設定値を表示します。

WMT In

着信 WMT トラフィックの帯域幅設定値を表示します。

WMT Out

発信 WMT トラフィックの帯域幅設定値を表示します。

Real Proxy In

着信 RealProxy トラフィックの帯域幅設定値を表示します。

Real Proxy Out

発信 RealProxy トラフィックの帯域幅設定値を表示します。

Real Server

RealServer トラフィックの帯域幅設定値を表示します。

Cisco Streaming Engine

Cisco Streaming Engine の事前配信コンテンツの帯域幅設定値を表示します。

HTTP

HTTP 要求の帯域幅設定値を表示します。

All Servers

設定されたすべての帯域幅タイプの統合ビューを表示します。これを Full Week ビューと組み合わせたものが、デフォルトのビューです。

View mode

このタイプのビューは、詳細な帯域幅設定と複合帯域幅設定を表示します。

Show Detailed Bandwidth / Show Effective Bandwidth

これはトグル制御機構であり、どちらかを選択して両方のビューを交互に表示できます。

Show Detailed Bandwidth を選択した場合、デバイスとそれに関連したデバイス グループの詳細な帯域幅設定値を表示します。デバイスとデバイス グループの帯域幅設定値は、見分けやすいように別々の色で表示されます。

Show Effective Bandwidth を選択する場合、デバイスとそれに関連したデバイス グループの複合または統合帯域幅設定値を表示します。

Show Aggregate View / Show Non-Aggregate View

対応するデバイス グループに設定された帯域幅設定値を表示または非表示にします。

これもトグル制御機構であり、どちらかを選択して両方のビューを交互に表示できます。

View by day

このタイプのビューは、特定の曜日、またはすべての曜日の帯域幅設定値を表示します。

Sun、Mon、Tues、Wed、Thurs、Fri、Sat

対応する曜日の帯域幅設定値を表示します。

Full Week

週全体の帯域幅設定を表示します。これを All Servers ビューと組み合わせたものが、デフォルトのビューです。

WMT 帯域幅着信バイパス リストの設定

着信帯域幅とは、ローカル Content Engine とオリジン サーバ間の帯域幅を指します。Content Engine が WMT プロキシ サービス用に設定されている場合、ビデオ オンデマンド(VOD)コンテンツの着信帯域幅使用量は予測不能です。この理由は、VOD コンテンツの着信帯域幅使用量が、コンテンツを要求するエンド ユーザによって任意にトリガーされるからです。VOD コンテンツが Content Engine キャッシュ内に見付からない場合、キャッシュ ミスが発生します。その場合、WMT プロキシには、オリジン サーバからコンテンツを取り出す必要が生じます。Content Engine の管理者は、こうしたイベントの着信帯域幅使用量を予測できません。したがって、多数のキャッシュ ミス VOD 要求により、着信帯域幅を完全に消費してしまう可能性があります。

WMT 着信帯域幅バイパス設定により、管理者は、着信帯域幅の制限をバイパスするホストのリストを設定できます。この設定でホストとしてリストされているソースからのコンテンツは、ブロードキャスト エイリアスまたはマルチキャスト ステーションのコンテンツがないかを探す着信帯域幅検査をバイパスできます。これが特に便利なのは、管理者が、企業の CEO からのメッセージなどの重要なライブ コンテンツ用に、ブロードキャスト エイリアスまたはマルチキャスト ステーションを設定したい場合です。

着信帯域幅制限をバイパスするホストのリストを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI で、Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 目的の Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Engine ウィンドウが表示され、左側に Contents ペインがあります。

ステップ 3 Contents ペインで、Content Services > Local Content Services の順に選択します。Local Content Services Settings for Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Local Content Services セクションで、 Select new settings ドロップダウン リストから、適用したいデバイス設定のタイプを選択します。Content Engine の設定値(デバイス、デフォルト、または設定なし)の適用を選択できます。選択された設定値は、WMT 着信帯域幅バイパス リストの設定として適用されます。

ステップ 5 WMT BW Incoming Bypass List フィールドに、着信帯域幅検査をバイパスするホストの IP アドレスまたはホスト名を入力します。各エントリは、スペースで区切る必要があります。

ステップ 6 Submit をクリックして設定値を保存します。保存が必要な保留中の変更がある場合、「Click Submit to Save」メッセージが Current Settings の横に赤色で表示されます。以前に設定されたウィンドウ設定値に戻るには、Reset をクリックします。 Reset ボタンが表示されるのは、現在のデバイス設定を変更してから、 Submit をクリックするまでの間だけです。


) WMT BW バイパス着信リストには、最大 4 つのホストを設定できます。バイパス リストに 5 つ以上のホストを設定しようとすると、エラー メッセージが表示されます。



 

プログラム用のマルチキャスト アドレスの管理

ACNS ソフトウェア Release 5.1 は、ライブ マルチキャスト イベントとスケジュール再ブロードキャスト イベントをサポートするプログラムの概念を導入しています。ACNS ネットワークにおける「プログラム」とは、エンド ユーザにコンテンツを配信するスケジュール イベントとして定義されます。プログラムの属性は、プログラムの開始時刻と終了時刻、コンテンツが事前配信であるか、ライブであるか、プログラムに割り当てられる Content Engine のセット、およびコンテンツ配信に使用されるストリーミング サーバを指定します。Content Engine 上で設定されるストリーミング サーバが、ブロードキャストを開始する必要がある時期を認識するように、マルチキャスト プログラムをスケジュールする必要があります。

プログラムには、次の 3 つの属性があります。

スケジュール:いつコンテンツがエンド ユーザに提供されるかを定義します。

コンテンツ:何がエンド ユーザに提供されるかを定義します。ACNS ネットワークでは、事前配信コンテンツか、ライブ コンテンツにすることができます。

プレゼンテーション:どのようにコンテンツがエンド ユーザに提供されるかを定義します。プレゼンテーション属性には、プログラムを認識する Content Engine のセット、およびコンテンツの配信に使用されるストリーミング サーバを識別するサービス タイプがあります。ストリーミング サーバは、Content Engine 内に存在するか(Windows Media Technologies[WMT]、RealServer、または Cisco Streaming Engine)、または外部に存在する(たとえば、セット トップ ボックスまたは IP/TV Program Manager)ことができます。

属性は、プログラム ファイル内で定義されます。プログラム ファイルには、スケジュール、コンテンツ、およびプレゼンテーション属性を定義する要素が入っています。プログラム ファイルは、XML 形式で作成されたテキスト ファイルであり、マニフェスト ファイルに似ています。

プログラムのタイプにより、ユーザへのコンテンツ配信に必要なハードウェアまたはソフトウェア コンポーネントが決まります。プログラムのタイプは、次のとおりです。

Cisco Streaming Engine

WMT

Real

TV-out

Export(セット トップ ボックスなどのサードパーティ製デバイス用)

Content Distribution Manager は、プログラムに使用されるマルチキャスト アドレスを管理します。プログラムに割り当てられる各 Content Engine は、ブロードキャストにマルチキャスト アドレスを使用します。Content Engine は、プログラム データに基づいてどのマルチキャスト アドレスを使用するかを決定します。1 組のマルチキャスト アドレスを Program API で、または Content Distribution Manager を使用して指定できます。プログラムにマルチキャスト アドレスが必要な場合、Content Distribution Manager はアドレスの 1 つをプログラムに関連付けます。アドレスは、プログラムの存続期間中、割り当てられます。プログラムには、自動削除機能を設定できます。この機能を使用すると、プログラム スケジュールが完了してから約 24 時間後に、プログラム アドレスは自動的に解放されます。


) Program API の詳細については、『Cisco ACNS ソフトウェア API ガイド、Release 5.1』を参照してください。


プログラム マルチキャスト アドレスの設定

プログラム用のアドレスのプールを設定すると、ACNS ソフトウェアは、これらのアドレスがマルチキャスト クラウドによって現在使用中でないことを確認します。ユーザが、プログラムに使用する特定のアドレス、または一連のアドレスを要求すると、ACNS ソフトウェアは、マルチキャスト クラウド用に設定されていないアドレスで、既存のプログラムが使用していないものだけを発行します。インポートされたプログラムに関連したマルチキャスト アドレスがないときに、プールから設定できるアドレスがないか、マルチキャスト プールが設定されていない場合、ユーザはエラー メッセージを受け取ります。


) プログラムを作成し、プログラム ファイル内で一連のマルチキャスト アドレスを指定する場合、Content Distribution Manager GUI を使用してアドレスのプールを設定する必要はありません。マルチキャスト アドレスのプールが必要なのは、プログラム ファイルでマルチキャスト用に使用されるアドレスを指定していない場合だけです。


プログラムに使用されるマルチキャスト アドレスのプールを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI で、 System > Program Addresses の順に選択します。Program Multicast Addresses ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 Start Address フィールドに、プール内の最小マルチキャスト IP アドレスを指定します。

ステップ 3 End Address フィールドに、プール内の最大マルチキャスト IP アドレスを指定します。

ステップ 4 TTL フィールドに、プールで設定されたすべてのアドレスの存続可能時間を指定します。

ステップ 5 Submit をクリックして設定値を保存します。プログラムがアドレスを要求すると、プログラムのデータベース レコードにマルチキャスト アドレスが組み込まれます。

特定のプログラム用に現在設定されているマルチキャスト アドレスのリストが、Multicast Address 列に表示されます。ユーザがプログラム用に特定のアドレスをすでに指定している場合、User Specified 列に true と表示されます。