Cisco ACNS ソフトウェア デプロイメント コンフィギュレーション ガイド
ACNS ネットワーク デバイスの操作
ACNS ネットワーク デバイスの操作
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ACNS ネットワーク デバイスの操作

Content Distribution Manager の操作

Content Distribution Manager の設定の表示

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の設定

ウォーム スタンバイからプライマリへの Content Distribution Manager の切り替え

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の削除

Content Engine の操作

Content Engine の設定の表示

Content Engine のプロパティの変更

Content Engine のリブート

Content Engine の削除

Content Engine のチャネル割り当ての表示

コンテンツの獲得と配信に関連するコマンド

Content Engine CIFS サーバの設定

CIFS サーバの設定

CIFS Web サイト アクセス制御の設定

Content Router の操作

Content Router のプロパティの変更

Content Router の削除

Content Router の設定の表示

Content Router 上のサービスの設定

デバイス グループの操作

デバイス グループの作成と変更

Content Engine のデバイス グループへの追加、またはデバイス グループからの削除

デバイス グループのオーバーラップのイネーブル化

デバイス グループの削除

デバイス グループの表示

ローカル側でのデバイス設定と中央側での集中管理との比較

ACNS ネットワーク デバイスのモード変更

ACNS ネットワーク デバイスの操作

ACNS ネットワークは、Content Distribution Manager、Content Engine、および必要に応じて Content Router の 3 種類のデバイスで構成される統合システムです。これらのデバイスを使用して要求されたコンテンツを配信するには、Content Distribution Manager GUI を使用して適切に設定する必要があります。また、ACNS 5.x ソフトウェアを使用して複数の Content Engine をデバイス グループに構成すると、Content Engine の 1 つのグループ全体に対して、コンテンツ サービスを一度に設定できるようになります。デバイス グループと Content Engine は、同一設定機能とオプションを共有します。

この章では、ACNS ネットワーク デバイスのプロパティの設定について説明します。この章の構成は、次のとおりです。

「Content Distribution Manager の操作」

「Content Engine の操作」

「Content Router の操作」

「デバイス グループの操作」

「ローカル側でのデバイス設定と中央側での集中管理との比較」

「ACNS ネットワーク デバイスのモード変更」

Content Distribution Manager の操作

Content Distribution Manager に対しては、次の操作を実行できます。

Content Distribution Manager の設定の表示

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の設定

ウォーム スタンバイからプライマリへの Content Distribution Manager の切り替え

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の削除

Content Distribution Manager の設定の表示

Content Distribution Manager の設定を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > CDM の順に選択します。

ステップ 2 表示対象の Content Distribution Manager 名の横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 3 Modifying Content Distribution Manager ウィンドウに、初期セットアップ中に CLI を使用して設定した基本ネットワーク設定値が表示されます。

ステップ 4 パラメータの設定値を表示するには、Contents ペインで Show/Clear Commands > Show Commands を選択します。

ステップ 5 ドロップダウン リストから show コマンドを選択し、 Submit をクリックします。

コマンドの CLI 出力を示すポップアップ ウィンドウが表示されます。


 

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の設定


) プライマリとスタンバイの Content Distribution Manager は、同じバージョンの ACNS ソフトウェアを実行する必要があります。バージョンが異なると、スタンバイ Content Distribution Manager がこれを検出し、問題が解決されるまで構成管理サブシステム(CMS)をシャットダウンします。まず、スタンバイ Content Distribution Manager をアップグレードしてから、プライマリ Content
Distribution Manager をアップグレードすることをお勧めします。


ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager としてデバイスを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 デバイスがまだ Content Distribution Manager として設定されていない場合は、 device mode コマンドを使用してデバイス モードを設定します。

DeviceName# configure
DeviceName(config)# device mode content-distribution-manager
 

「ACNS ネットワーク デバイスのモード変更」を参照してください。

ステップ 2 show clock コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager のクロック設定を取得します。次に例を示します。

PrimaryCDM# show clock
Fri Jan 31 15:02:28 UTC 2003
 

ステップ 3 clock set EXEC コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager のクロックと一致するように、スタンバイ Content Distribution Manager のクロックを設定します。

DeviceName(config)# exit
DeviceName# clock set 15:02:28 31 january 2003
 

ステップ 4 cdm role standby グローバル設定コマンドを使用して、Content Distribution Manager をスタンバイ モードに設定します。

DeviceName# configure
DeviceName(config)# cdm role standby
 

ステップ 5 cdm ip ip_addr グローバル設定コマンドを使用して、プライマリ Content Distribution Manager の IP アドレスを指定します。

DeviceName(config)# cdm ip ip_addr
 

ステップ 6 cms enable グローバル設定コマンドを使用して、デバイスを登録し、管理サービスをイネーブルにします。

DeviceName(config)# cms enable
 

正常に登録されたことを確認してください。正常に登録されたかどうかは、このコマンドからの出力で分かります。

ステップ 7 設定をフラッシュ メモリに保存する前に、 show cms info コマンドを使用して、最後に更新された時刻を確認します。

CDM# show cms info
Registration information :
Device Mode = cdm
Model = CDM4630
Node Id = 96
Time of last update = Fri Jan 31 15:59:28 2003
 

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の設定を最新の状態で保存するには、フラッシュ メモリは、直前の 1 分から 5 分の間に更新されている必要があります。スタンバイ Content
Distribution Manager が、プライマリ Content Distribution Manager の設定を完全に複製したことを確認します。更新時刻が最新の状態でない場合は、接続に問題がないか、またはプライマリ Content Distribution Manager が故障していないかを調べてください。必要に応じて問題を解決したら、CLI コマンドで出力された Time of last update で示されている時刻の設定が更新されるまで待ちます。

また、 show cms processes コマンドを使用して、管理サービスがすべて実行されていることを確認してください。次に例を示します。

CDM# show cms processes
Service cms_httpd running
Service cms_ui running
Service cms_cdm running
 

ステップ 8 copy running-config startup-config EXEC コマンドを使用して、設定をフラッシュ メモリに保存します。

DeviceName(config)# exit
DeviceName# copy running-config startup-config
 


 

ウォーム スタンバイからプライマリへの Content Distribution Manager の切り替え

プライマリ Content Distribution Manager が何らかの理由で作動不能になった場合、ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の 1 つを手作業で設定し直して、プライマリ Content Distribution Manager にすることができます。

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager をプライマリ Content Distribution Manager に切り替える手順は、次のとおりです。


ステップ 1 プライマリ Content Distribution Manager から最近の更新状況を調べます。 show cms info EXEC コマンドを使用して、最後に更新された時刻を確認します。

DeviceName# show cms info
 

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の設定を最新の状態で保存するには、フラッシュ メモリは、直前の 1 分から 5 分の間に更新されている必要があります。スタンバイ Content
Distribution Manager が、プライマリ Content Distribution Manager の設定を完全に複製したことを確認します。更新時刻が最新の状態でない場合は、接続に問題がないか、またはプライマリ Content Distribution Manager が故障していないかを調べてください。必要に応じて問題を解決したら、CLI コマンドで出力された Time of last update で示されている時刻の設定が更新されるまで待ちます。

ステップ 2 両方の Content Distribution Manager に同じ世界標準時(UTC)が設定されていることを確認します。各デバイスの時刻を調べるには、 show clock detail コマンドを使用します。次に例を示します。

CDM1# show clock detail
 
Local time: Thu Mar 6 19:03:25 UTC 2003
 
UTC time: Thu Mar 6 19:03:25 UTC 2003
 
Epoch:1046977405 seconds
UTC offset: 0 seconds (0 hours 0 minutes)
 

2 つのデバイスで UTC 時間が一致しない場合は、 clock EXEC コマンドを使用して時間を設定した後、 clock timezone UTC グローバル設定コマンドを使用して、UTC オフセットを一致させます。次に例を示します。

CDM2# clock set 19:03:25 mar 06 2003
CDM2# configure
CDM2(config)# clock timezone UTC 0 0
 

ステップ 3 cdm role primary グローバル設定コマンドを使用して、新しいロールを設定します。

DeviceName# configure
DeviceName(config)# cdm role primary
 

このコマンドは、ロールをスタンバイからプライマリに変更し、管理サービスを再始動してこの変更を認識させます。

ステップ 4 copy running-config startup-config EXEC コマンドを使用して、設定をフラッシュ メモリに保存します。

DeviceName(config)# exit
DeviceName# copy running-config startup-config
 


 

プライマリ Content Distribution Manager が、オンラインでアクティブのときにウォーム スタンバイ Content Distribution Manager をプライマリに切り替えると、両方の Content Distribution Manager が互いを検出し、自動的にシャットダウンし、管理サービスをディセーブルにします。Content Distribution Manager は、ロール停止状態に切り替えられ、自動的にフラッシュ メモリに保存されます。

停止状態の Content Distribution Manager をオンライン状態に戻す手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager ごとにロール(アクティブまたはスタンバイ)を選択します。

ステップ 2 cdm role コマンドを使用してロールを変更します。

ステップ 3 cms enable コマンドを使用して、管理サービスをイネーブルにします。

ステップ 4 copy running-config startup-config コマンドを使用して、設定を保存します。


 

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の削除

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager は、デバイスの登録後で、デバイスがプライマリ Content Distribution Manager としてオンラインになる前であれば、いつでも ACNS ネットワークから削除できます。ただし、いったんデバイスがプライマリ Content Distribution Manager として使用された後は、Content Distribution Manager GUI を使用してデバイスを削除することはできません。

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager を削除するのは、解決できない問題がデバイス(Content Distribution Manager)に生じた場合や、デバイスのネットワーク アドレスや設定が変更され、その新しいアドレスと設定の情報を使用して ACNS ネットワークにデバイスを再度追加する必要がある場合です。

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager を ACNS ネットワークから削除すると、実際には、ACNS ソフトウェアがユーザ要求を満たすために使用するルーティング方式から、そのデバイスとデバイスに含まれるコンテンツを削除することになります。ウォーム スタンバイが削除されているときにプライマリ Content Distribution Manager に障害が発生すると、Content Distribution Manager のフェールオーバーは行われません。

ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager を削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager CLI に直接ログインし、 cms deregister コマンドを入力します。

何らかの理由で登録解除が失敗した場合は、 cms deregister force コマンドを使用して強制的に登録を解除できます。

ステップ 2 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > CDM の順に選択します。

ブラウザがリフレッシュされ、ACNS ネットワーク上の Content Distribution Manager がリストされます。ウォーム スタンバイ Content Distribution Manager は、Standby として示されます。

ステップ 3 削除するウォーム スタンバイ Content Distribution Manager の名前の横にある Edit アイコンをクリックします。ブラウザのウィンドウがリフレッシュされ、Modifying Content Distribution Manager ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 Trash アイコンをクリックします。削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 5 OK をクリックして要求を実行します。


 

Content Engine の操作

Content Engine に対しては、次の操作を実行できます。

Content Engine の設定の表示

Content Engine のプロパティの変更

Content Engine のリブート

Content Engine の削除

Content Engine のチャネル割り当ての表示

Content Engine の設定の表示

Content Engine の設定を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 表示対象の Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 3 Contents ペインで CDN Settings > Status の順に選択します。

View Network Configurations for Content Engine ウィンドウに、初期セットアップ中に CLI を使用して設定した基本ネットワーク設定値が表示されます(図 8-1 を参照)。

図 8-1 View Network Configurations for Content Engine ウィンドウ

 

ステップ 4 または、Contents ペインで Show/Clear Commands > Show Commands の順に選択します。

ステップ 5 ドロップダウン リストから show コマンドを選択し、 Submit をクリックします。

コマンドの CLI 出力を示すポップアップ ウィンドウが表示されます。


 

Content Engine のプロパティの変更

Content Engine のプロパティを変更するには、Content Distribution Manager GUI を使用します。

Content Engine のプロパティを変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 変更対象の Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Engine ウィンドウに、選択した Content Engine のプロパティを編集するためのフィールドが表示されます(図 8-2 を参照)。

図 8-2 Modifying Content Engine ウィンドウ

 

ステップ 3 General Configuration の見出しの下で、Content Engine のプロパティを設定または変更します。

Content Engine の名前を変更するには、Name フィールドに新しい名前を入力します。

Content Engine をアクティブまたは非アクティブにするには、 Activate チェックボックスのチェックマークをオンまたはオフにします。

デフォルトのカバレッジ ゾーンを設定するには、 Set Default Coverage Zone File チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 4 Locality の見出しの下で、ロケーション情報を設定または変更します。

Content Engine のロケーションを変更するには、 Location ドロップダウン リストから、新しいロケーションを選択します。

親ロケーションを変更するには、 Parent of the new Location ドロップダウン リストからロケーションを選択します。

ステップ 5 Content Metadata Poll Interval Multiplier 制御機構を設定するには、Acquisition And Distribution Information 見出しの下で、ユニキャスト受信側 Content Engine の次のメタデータ ポーリング間隔を増減します。

ステップ 6 Request Routing の見出しの下で、ルーティング プロパティを設定または変更します。

Content Engine でルーティングをイネーブルにするには、 Enable Request Routing チェックボックスにチェックマークを付けます。

ルーティングをイネーブルにしたこの Content Engine 上で、ローカル カバレッジ ゾーン ファイルによって ACNS ネットワーク全体のカバレッジ ゾーン ファイルを上書きする場合は、 Coverage Zone File ドロップダウン リストからファイルを選択できます。

Coverage Zone File ドロップダウン リストには、ACNS ネットワークに登録されているすべての有効なカバレッジ ゾーン ファイルの宛先パスが表示されます。このリストからカバレッジ ゾーンを選択すると、Content Engine はこのカバレッジ ゾーン ファイルを使用してユーザの要求をリダイレクトします(カバレッジ ゾーンの登録と適用については、「ユーザ定義のカバレッジ ゾーンの登録と適用」を参照してください)。

Content Engine を PAC ファイル サーバとしてイネーブルにするには、 Enable PAC File Server チェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 7 NAT Configuration の見出しの下で、NAT 設定値を設定または変更します。

NAT ファイアウォールの背後にある ACNS ネットワーク内のデバイスと通信するために、Content Engine のプライマリ インターフェイスで設定された IP アドレスを Content Distribution Manager が使用できるようにするには、 Use CE's primary IP Address オプション ボタンをクリックします。

または、NAT ファイアウォールの背後にあるデバイスと通信するために、Content Distribution Manager に対して管理 IP アドレスを明示的に設定するには、 Use IP Address オプション ボタンをクリックし、IP アドレスとポート番号を入力します。


) Content Distribution Manager が、現行の管理 IP アドレスを使用してデバイスと交信できない場合は、代替 IP アドレスを使用して通信することはありません。


表 8-1 では、表示または変更が可能な Content Engine の設定フィールドを示しています。

 

表 8-1 Content Engine の設定プロパティ

Content Engine の
設定プロパティ
説明
General Configuration

Name

Content Engine の識別名。この名前はコンテンツのルーティングに使用されるので、次のルールに準拠している必要があります。

英数字とハイフン(-)のみを使用する。

最初と最後の文字は、英字または数字でなければならない。

最大長は 63 文字。

名前は大文字と小文字を区別する。


) 次の文字は不適当とみなされ、デバイス名として使用できません。
@, #, $,%, ^, &, *, (), |, \””/, <>


 

Status

読み取り専用。Content Engine の状況は、online、pending、または inactive です。

cdnfs

読み取り専用。cdnfs 事前配信コンテンツのディスク スペース割り当ての現行設定値です。この値は、このウィンドウからは変更できません(「Content Distribution Manager GUI を使用したストレージ容量の更新」を参照)。

Set Default Coverage Zone file

チェックマークを付けると、常駐しているローカル サブネットを処理する Content Engine に対して、デフォルト カバレッジ ゾーンが生成されます。カバレッジ ゾーンは、ユーザ クライアントのアドレスを、そのクライアントへの要求に応じる必要がある Content Engine のアドレスに ACNS ネットワーク全体でマッピングします。

Locality

Location*1

Content Engine のロケーション。

ネットワーク トポロジ ロケーションにより、Content Engine はコンテンツ配信用のバーチャル ネットワークに編成されてグループ化されます。ロケーションは事前に設定しておく必要があります(「ロケーションの作成と変更」を参照)。

Parent of the new Location

このドロップダウン リストの中から、親ロケーションを選択できます。親ロケーションが割り当てられていないロケーションは、レベル 1 ロケーションです。ロケーション レベルは Locations ウィンドウに表示されます。

Acquisition and Distribution Information

Acquisition Proxy Hostname

読み取り専用。獲得および配信用プロキシのホスト名です。この値は、CLI 内でのみ変更できます。

Acquisition Proxy Port

読み取り専用。獲得および配信用プロキシのポートです。この値は、CLI 内でのみ変更できます。

Content Metadata Poll Interval Multiplier

転送側からの新しいコンテンツ メタデータがないかどうかを定期的にポーリングするユニキャスト受信側 Content Engine だけに適用されます。

ユニキャスト受信側 Content Engine の次のメタデータ ポーリング間隔を、標準の 10 パーセントまで、または標準の 10 倍まで増減させることができます。ユーザは、この係数を使用して、受信側 Content Engine がコンテンツの変更を認識する方法を制御できます。この遅延係数は、低遅延ユーザまたは低オーバーヘッド ユーザの両方をサポートします。

たとえば、メタデータのポーリング間隔が標準の 10% に設定される場合、ポーリング間隔の値は、標準の 0.1 倍に相当します。したがって、メタデータ ポーリング間隔の値が 120 秒である場合、標準の 10% は 12 秒に相当し、これが実際のポーリング間隔となります。

Request Routing

Enable Request Routing

Content Engine を、Content Engine としてだけでなく、簡易ハイブリッド コンテント ルータとしても機能させるようにします。

Coverage Zone File

簡易ハイブリッド ルーティング用のインポート済みカバレッジ ゾーン ファイルを選択します。

Enable PAC File Server

Content Engine を、プロキシ オートコンフィギュレーション ファイル サーバとして機能させるようにします。

NAT Configuration

Use CE’s primary IP Address

NAT ファイアウォールの背後にある ACNS ネットワーク内のデバイスと通信するために、Content Engine のプライマリ インターフェイス上で設定される IP アドレスを Content Distribution Manager が使用できるようにします。

Use IP Address

外部 IP アドレスを入力するフィールドと、Port フィールドをイネーブルにします。これは、Content Distribution Manager に対して、NAT ファイアウォールの背後にあるデバイスとの通信を可能にする管理 IP アドレスが明示的に設定されたことを意味します。

Content Distribution Manager が、現行の管理 IP アドレスを使用してデバイスと交信できない場合は、代替 IP アドレスを使用して通信することはありません。

Port

Content Distribution Manager と、NAT ファイアウォールの背後のデバイスとの間での通信を可能にするポート番号。

1.* = このフィールドは必須。

ステップ 8 Submit をクリックします。


 

Content Engine のリブート

Content Distribution Manager GUI を使用して、1 台の Content Engine、または Content Engine のグループをリモート側からリブートできます。このオプションにより、Content Distribution Manager は Content Engine すべての制御シャットダウンを実行してから、各デバイス上でオペレーティング システムを再始動します。

Content Engine を個々にリブートする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 リブート対象の Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。ブラウザのウィンドウがリフレッシュされ、Modifying Content Engine ウィンドウが表示されます(図 8-2 を参照)。

ステップ 3 Reboot アイコンをクリックします。リブートを確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックすると、Content Engine のリブートが開始します。


 

デバイス グループ全体をリブートする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Device Groups の順に選択します。

ステップ 2 リブート対象のデバイス グループ名の横にある Edit アイコンをクリックします。Device Group ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Reboot アイコンをクリックします。リブートを確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックすると、デバイス グループ内のすべての Content Engine がリブートを開始します。


 

Content Engine の削除

回復不能の問題がデバイス(Content Engine)に生じた場合や、デバイスのネットワーク アドレスや設定が変更され、その新しいアドレスと設定の情報を使用して ACNS ネットワークにデバイスを再度追加する必要がある場合は、Content Engine を削除します。

Content Engine を ACNS ネットワークから削除すると、実際上は、ノードとノードに含まれているコンテンツがルーティング体系から削除されることになります。このルーティング体系は、ACNS ソフトウェアがユーザ要求に応じるために使用されます。ACNS 5.0 ソフトウェアは、使用中、オフライン、または欠落している Content Engine を迂回して要求をルーティングするように設計されていますが、Content Engine を削除すると ACNS ネットワークがユーザ要求に応じる速度に影響することがあります。


) Content Engine が、チャネルのルート ロケーションとして指定されているロケーションに割り当てられた最後のノードである場合、その Content Engine は削除できません。チャネルのルート ロケーションを参照するエラーが出された場合は、Content Engine を再度削除する前に、そのロケーションに Content Engine を追加するか、チャネルのルート ロケーションを変更するようにしてください。


ノードを ACNS ネットワークから削除するには、あらかじめ次の条件を満たしておく必要があります。

Content Distribution Manager 内でデバイスがアクティブになっている(「Content Distribution Manager GUI におけるデバイスのアクティブ化」を参照)。

Content Distribution Manager が稼働中である。

デバイスに正しい Content Distribution Manager IP アドレスまたはホスト名が設定されている。

Content Distribution Manager の IP アドレスまたはホスト名がプライマリ Content Distribution Manager を指している。

Content Engine を ACNS ネットワークから削除するには、CLI を使用して Content Engine 自体から登録情報を削除し、Content Distribution Manager GUI から登録レコードを削除する必要があります。

システム ディスクの故障が原因で Content Engine を削除する場合は、「ディスク ベース ソフトウェアの欠落からの回復」を参照してください。


) Content Engine が登録済みでまだアクティブのときに、Content Distribution Manager GUI を使用して Content Engine を削除しないでください。GUI の削除機能は、Content Engine の登録レコードを Content Distribution Manager から削除するだけであり、デバイスの登録を解除するわけではありません。Content Engine は自体の登録情報を保存し、Content Distribution Manager とのコンタクトを継続しますが、Content Distribution Manager は Content Engine を認識しなくなります。

何らかの理由で Content Distribution Manager がデバイスの登録レコードを失った場合は、そのデバイスに対して cms deregister force コマンドを使用して、登録情報をすべて削除します。その後、cms enable コマンドを使用して、デバイスを ACNS ネットワーク内の新規ノードとして Content Distribution Manager に再登録します。


Content Engine を削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Engine CLI への Telnet セッションをオープンします。

ステップ 2 グローバル設定モードで、 no cms enable コマンドを入力します。

CE-507# configure
CE-507(config)# no cms enable
 

) バックアップ送信側が、ネットワークから削除されるアクティブ Content Engine である場合、no cms enable コマンドを実行しても、プライマリ送信側 Content Engine がディセーブルになったり、バックアップ送信側がアクティブになることはありません。逆の場合も同様です。しかし、cms deregister コマンドを実行すると、2 つのマルチキャスト送信側間の通信はディセーブルになります。cms deregister コマンドは、CMS、獲得と配信のすべてのサービス、およびこのデバイスとの間のすべてのルーティング通信をディセーブルにします。


ステップ 3 EXEC モードで cms deregister コマンドを入力します。

CE-507(config)# exit
CE-507# cms deregister
 

cms deregister コマンドは、データベースを自動的にクリーンアップします。cms database delete コマンドを使用する必要はありません。


ステップ 4 何らかの理由で登録解除が失敗した場合は、 cms deregister force コマンドを使用して強制的に登録を解除できます。

CE-507# cms deregister force
 

) 登録解除が失敗したことを示すメッセージが出ても無視してください。cms deregister force コマンドは、登録解除を強制的に続行します。


ステップ 5 デバイスを再度 ACNS ネットワークに追加するには、グローバル設定モードで cms enable コマンドを使用して、Content Distribution Manager にデバイスを再登録します。

CE-507# configure
CE-507(config)# cms enable
 


 

Content Engine のチャネル割り当ての表示

Modifying Content Engine ページを使用すると、どのチャネルにどの Content Engine が割り当てられているかを Content Engine ごとに表示できます。チャネル割り当てを表示すると、ある Content Engine が ACNS ネットワーク全体でどのように配置されているか(所属するチャネル、Web サイト、コンテンツ プロバイダー、マニフェスト URL)の概要を表示できます。

Content Engine のチャネル割り当てを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 チャネル割り当てを表示する対象の Content Engine 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで CDN Settings > Channels の順に選択します。View Channels ウィンドウが表示され、Content Engine が割り当てられているチャネルがすべてリストされます。


 

コンテンツの獲得と配信に関連するコマンド

表 8-2 では、コンテンツ獲得情報の表示に関連するコマンドの一覧とその説明を示しています。使用上のガイドラインや例など、コマンドの詳しい説明については、『Cisco ACNS Software Command Reference, Release 5.1』を参照してください。

 

表 8-2 獲得に関連したコマンド

コマンド
構文
説明

acquirer

start-channel

stop-channel

acquirer { start-channel { channel-id channel_num | channel-name channel-name } | stop-channel { channel-id channel_num | channel-name channel-name }}

指定した獲得機能チャネル上でコンテンツの獲得を開始または停止する。

show acquirer

channels

progress

show acquirer channels { channel-id channel_num | channel-name channel-nam e} | progress { channel-id channel_num | channel-name channel-name }

この Content Engine をルート Content Engine とする、指定したチャネルの獲得機能情報を表示する。

show statistics acquirer

channel-name

contents

errors

job-list

show statistics acquirer [ channel-id channel-num | channel-name name | contents { channel-id channel-num | channel-name name } | errors { channel-id channel-num | channel-name name } | job-list { channel-id channel-num | channel-name name }]

この Content Engine をルート Content Engine とする、すべてのチャネルの獲得機能チャネル統計を表示する。

表 8-3 では、コンテンツ配信情報の表示に関連したコマンドの一覧とその説明を示しています。使用上のガイドラインや例など、コマンドの詳しい説明については、『Cisco ACNS Software Command Reference, Release 5.1』を参照してください。

 

表 8-3 配信に関連したコマンド

コマンド
構文
説明

show distribution

channel

forwarder-list

mcast-data-receiver

mcast-data-sender

processes

show distribution { channel { channel-id channel-num | channel-name name } | forwarder-list [ detail ] [ channel-id channel-num [ detail ] | channel-name name [ detail ]] | mcast-data-receiver | mcast-data-sender | processes }

指定したチャネルに関する配信情報を表示する。

show statistics distribution

all

mcast-data-receiver

mcast-data-sender

metadata-receiver

metadata-sender

unicast-data-receiver

unicast-data-sender

show statistics distribution { all | mcast-data-receiver | mcast-data-sender | metadata-receiver | metadata-sender | unicast-data-receiver | unicast-data-sender }

コンテンツ配信コンポーネントの統計を表示する。

debug distribution

all

mcast-data-receiver

mcast-data-sender

metadata-receiver

metadata-sender

unicast-data-receiver

unicast-data-sender

debug option

ACNS ソフトウェアの配信機能を監視および記録する。


debug コマンドは、シスコ代理店のテクニカル サポート担当者から指示があった場合にだけ使用することをお勧めします。debug コマンドを実行すると、パフォーマンスが影響を受けます。


Content Engine CIFS サーバの設定

Content Engine CIFS サーバがイネーブルになると、Windows クライアントは、Windows ファイル共用プロトコルである Server Message Blocks(SMB)または Common Internet File System(CIFS)を使用して、事前配信コンテンツを Content Engine に要求できます。Content Engine CIFS サーバは、SMB プロトコルを使用して Windows クライアントを処理します。

Content Distribution Manager GUI を使用して、CIFS サーバの設定、変更、および表示を行い、Content Engine とデバイス グループ用の事前配信 Web サイト コンテンツのアクセスを制御できます。


) この節で記述する Content Engine の設定値はすべて、デバイス グループに対しても設定できます。デバイス グループに対する設定を行うには、Content Distribution Manager GUI で、Devices > Content Engines の代わりに、Devices > Device Groups を選択します。


CIFS サーバの設定

Content Engine の CIFS サーバ設定値を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 対象とする Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。左側に Contents ペインのある Modifying Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで、 CIFS > Server Configuration の順に選択します。CIFS Server Settings for Content Engine ウィンドウが表示されます(図 8-3 を参照)。

図 8-3 CIFS Server Settings ウィンドウ

 


) デバイスに対する設定値を削除する場合は、タスクバーの Remove Device Settings アイコンをクリックして、設定値を削除します。デバイスの出荷時のデフォルト値を適用する場合は、タスクバーの Apply Defaults / Override Group Settings with Defaults アイコンをクリックします。デバイスが関連付けられているデバイス グループから、設定値が適用された場合、タスクバーの Override Group Settings アイコンをクリックすると、デバイス グループの設定値を上書きすることができます。このウィンドウに表示される設定値で設定された 1 つ以上のデバイス グループにデバイスが関連付けられる場合、そのデバイスに適用する設定値を持つデバイス グループの名前を、タスクバーに表示されるドロップダウン リストから選択できます。


CIFS Server Settings パネルに、現在適用されている設定の詳細(たとえば、デフォルト設定値が適用されたか、デバイスまたはデバイス グループから設定値が得られたか、など)が表示され、設定値のソース情報を識別できます。選択された設定値は、CIFS サーバの設定に適用されます。

ステップ 4 Authentication Mode パネルで、次の手順を実行します。

a. Authentication Mode ドロップダウン リストから、Windows ファイル共用認証モードを選択します リストに表示されるオプションについては、 表 8-4 を参照してください。


) ce-user モードを使用するには、Content Engine 上でログイン認証方式が local に設定されなければなりません。デフォルトでは、CIFS 認証モードは ce-user に設定されます。


password-server 認証モードが選択される場合は、NTLM Server Settings for Content Engine ウィンドウで設定される NTLM サーバのドメイン名と IP アドレスが適用可能になります。

 

表 8-4 認証モードの設定値

認証モード
説明

ce-user

ACNS ソフトウェアでデフォルトの CIFS 認証モードをイネーブルにし、ファイル共用にアクセスするために、Content Engine で設定されたユーザ アカウントを使用するユーザ ログインを可能にします。これは、ACNS ソフトウェアの旧リリースでの CIFS ユーザ モードとは異なります。同じユーザ アカウントに対して 2 つのパスワードを別々に持つ必要はありません。

public

IP を使用して Content Engine にアクセスできるすべてのユーザが、無保護の事前配信コンテンツを cdnfs 上でブラウズできるようにします。

password-server

統合 NTLM 認証モードをイネーブルにします。このオプションは、Content Engine が、NTLM パスワード サーバに保存されているパスワード データベースを使用してユーザを認証することを指定します。パスワード サーバは Windows ドメイン コントローラです。このオプションを選択すると、Content Engine と Windows クライアントが設定されるドメインまたはワークグループ、およびパスワード データベースを保存するサーバが指定されます。

b. Max Number of Connections フィールドに、事前配信されたコンテンツ共用の最大同時接続数を入力します。基本的なブラウズ要件を満たすためのデフォルト値は 16 です。範囲は 1 ~ 65536 です(必須)。

c. Enable Cifs Server チェックボックスにチェックマークを付けて、Content Engine 上の CIFS サーバをイネーブルにし、ファイル共用のデフォルト認証モードを ce-user に設定します。

d. Submit をクリックして設定値を保存します。

保存が必要な保留中の変更がある場合、「Click to Submit」メッセージは Current Settings の横に赤で表示されます。また、 Reset をクリックすると、以前に設定されていたウィンドウの設定に戻すこともできます。 Reset ボタンが表示されるのは、デフォルトまたはデバイス グループ設定値を適用して現在のデバイス設定値を変更したにもかかわらず、設定値がまだ実行依頼されていない場合だけです。


 

CIFS Web サイト アクセス制御の設定

共用が明示的に設定されている Web サイトがない場合、定義済みのすべての Web サイトは、デフォルトで共用されます。すなわち、すべての CIFS コンテンツは、ACNS ソフトウェアの旧リリースの設定に類似した CIFS ファイル共用を介して、共用されることになります。共用できる最大 Web サイト数は 16 です。

アクセス レベルとして share を選択し、認証モードを public に設定すると、警告メッセージが表示されます。これは、保護されているすべてのコンテンツが、IP を使用して Content Engine にアクセスできるあらゆるユーザからアクセス可能になるからです。

cdnfs で所定の事前配信 Web サイトに対してアクセス制御を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Devices > Content Engines の順に選択します。Content Engines ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 対象とする Content Engine の横にある Edit アイコンをクリックします。左側に Contents ペインのある Modifying Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで CIFS > Website Access Control の順に選択します。Cifs Websites for Content Engine ウィンドウが表示され、アクセス制御が定義されたすべての Web サイトをリストします。


) このウィンドウに表示される設定値で設定された 1 つ以上のデバイス グループに、デバイスが関連付けられる場合、そのデバイスに適用する設定値を持つデバイス グループの名前を、タスクバーに表示される Select a Device Group ドロップダウン リストから選択できます。保存が必要な保留中の変更がある場合、「Click to Submit」メッセージは Current Settings の横に赤で表示されます。また、Reset をクリックすると、以前に設定されていたウィンドウの設定に戻すこともできます。Reset ボタンが表示されるのは、デフォルトまたはデバイス グループ設定値を適用して現在のデバイス設定値を変更したにもかかわらず、設定値がまだ実行依頼されていない場合だけです。


現在適用されている設定の詳細(たとえば、デフォルト設定値が適用されたか、デバイスまたはデバイス グループから設定値が得られたか、など)が表示され、設定値のソース情報を識別できます。

ステップ 4 Select new settings ドロップダウン リストから、適用する設定値を選択します。Content Engine のデバイス設定値またはデフォルト設定値を適用するか、Content Engine のすべての設定値をディセーブルにするか、またはあらかじめ設定されたデバイス グループの設定値を適用することができます。選択された設定値は、CIFS サーバの設定に適用されます。

ステップ 5 タスクバーの Create New Cifs Website アイコンをクリックします。Creating New Cifs Website for Content Engine ウィンドウが表示されます(図 8-4 を参照)。

図 8-4 Creating New CIFS Website ウィンドウ

 

ステップ 6 Website Name ドロップダウン リストから、事前配信された cdnfs コンテンツへのアクセスを制限する Web サイトを選択します(必須)。これらの Web サイトは、Creating Web Site ウィンドウであらかじめ定義されていなければなりません。

ステップ 7 Path フィールドに、選択した Web サイトの第 1 レベルのコンポーネントを入力します。このコンポーネントは、Creating Web Site ウィンドウで指定されたオリジン サーバの FQDN と結合されます。特定の Web サイトのパス、つまり第 1 レベルのコンポーネントのベース名は、固有でなければなりません。たとえば、パスが www.domain.com/subdomain として入力される場合、subdomain はパスのベース名を指し、2 つの Web サイトで同一であってはなりません。

ステップ 8 Access Level ドロップダウン リストから、Web サイトに許可されるアクセスのレベルを選択します。保護された cdnfs コンテンツを共用したい場合は、share を選択できます。それ以外の場合は、protect を選択して、保護された cdnfs コンテンツへのアクセスを拒否してください。

ステップ 9 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

Content Router の操作

Content Router に対しては、次の操作を実行できます。

Content Router のプロパティの変更

Content Router の削除

Content Router の設定の表示

Content Router のプロパティの変更

Content Router を変更するには、Content Distribution Manager GUI の Devices タブを使用します。

Content Router の次のプロパティを変更できます。

名前

ロケーション

カバレッジ ゾーン ファイル

説明

Content Router を変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Routers の順に選択します。Content Routers ウィンドウが表示され、ACNS ネットワークに登録されている Content Router がすべてリストされます。

ステップ 2 変更対象の Content Router 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Router ウィンドウが表示されます(図 8-5 を参照)。

図 8-5 Modifying Content Router ウィンドウ

 

ステップ 3 Content Router の名前を変更する場合は、Name フィールドに新しい名前を入力します。

ステップ 4 ロケーションを変更するには、新しいロケーションを Locations ドロップダウン リストから選択します。

ステップ 5 このルータ上で、ローカル カバレッジ ゾーン ファイルによって ACNS ネットワーク全体のカバレッジ ゾーン ファイルを上書きする場合は、Coverage Zone File ドロップダウン リストからファイルを選択できます。

Coverage Zone File ドロップダウン リストには、ACNS ネットワークに登録されている有効なカバレッジ ゾーン ファイルの宛先パスが表示されます。このリストからカバレッジ ゾーンを選択すると、Content Router はこのカバレッジ ゾーン ファイルを使用してユーザの要求をリダイレクトします(カバレッジ ゾーンの登録と適用については、「ユーザ定義のカバレッジ ゾーンの登録と適用」を参照してください)。

ステップ 6 Content Router の識別に使用する説明を変更する場合は、新しい説明を Comments フィールドに入力します。

ステップ 7 Submit をクリックします。トランザクションが正常に完了したことを示すメッセージが、ウィンドウの一番下に表示されます。


 

Content Router の削除

回復不能の問題がデバイスに生じた場合は、Content Router を削除できます。Content Router が ACNS ネットワーク内に 1 つしか存在しない場合は、それを削除すると、ACNS ネットワーク上で WCCP またはプロキシ ルーティングを設定していない限り、ACNS ネットワークはユーザ要求を満たすことができなくなります。

ACNS ネットワークからノードを削除するには、CLI を使用して ACNS ネットワーク サービスをシャットダウンし、ノードの登録を解除する必要があります。ハードウェアが故障し、CLI を使用してノードにアクセスできないためにノードを削除する場合は、Content Distribution Manager GUI を使用してノードを削除できます。ただし、CLI を使用してノードを登録解除するまで、ノードには登録情報が引き続き保存されています。

Content Router を削除して登録解除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Router CLI への Telnet セッションをオープンします。

ステップ 2 グローバル設定モードで、 no cms enable コマンドを入力します。

CR# configure
CR(config)# no cms enable
 

no cms enable コマンドを実行しても、デバイス上の獲得と配信のサービスはディセーブルにはなりません。しかし、cms deregister コマンドを実行すると、ディセーブルになります。cms deregister コマンドは、CMS、獲得と配信のすべてのサービス、およびこのデバイスとの間のすべてのルーティング通信をディセーブルにします。


ステップ 3 EXEC モードで cms deregister コマンドを入力します。

CR(config)# exit
CR# cms deregister
 

cms deregister コマンドは、データベースを自動的にクリーンアップします。cms database delete コマンドを使用する必要はありません。


ステップ 4 何らかの理由で登録解除が失敗した場合は、 cms deregister force コマンドを使用して強制的に登録を解除できます。

CR# cms deregister force
 

) 登録解除が失敗したことを示すメッセージが出ても無視してください。cms deregister force コマンドは、登録解除を強制的に続行します。


ステップ 5 デバイスを再度 ACNS ネットワークに追加するには、グローバル設定モードで cms enable コマンドを使用して、Content Distribution Manager にデバイスを再登録します。

CR# onfigure
CR(config)# cms enable
 


 

ハードウェア障害の場合は、Content Distribution Manager GUI を使用して ACNS ネットワーク ルーティング体系からノードを削除しなければならないことがあります。

Content Distribution Manager GUI を使用してノードを ACNS ネットワークから削除するには、あらかじめ次の条件を満たしておく必要があります。

Content Distribution Manager 内でデバイスがアクティブになっている(「Content Distribution Manager GUI におけるデバイスのアクティブ化」を参照)。

Content Distribution Manager が稼働中である。

デバイスに正しい Content Distribution Manager IP アドレスまたはホスト名が設定されている。

Content Distribution Manager の IP アドレスまたはホスト名がプライマリ Content Distribution Manager を指している。

Content Distribution Manager GUI を使用して Content Router を削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Cisco Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Routers の順に選択します。Content Routers ウィンドウが表示され、ACNS ネットワーク内の Content Router がリストされます( 図 8-6 を参照)。

デバイスのオンライン状況が Status カラムにリストされます。

図 8-6 Content Routers ウィンドウ

 

ステップ 2 削除対象の Content Router 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Router ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Trash アイコンをクリックします。削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックして要求を実行します。Content Router が Content Distribution Manager GUI から削除されます。

ステップ 5 可能であれば、Content Router CLI にアクセスして Content Router の登録を解除します。

ステップ 6 cms deregister force コマンドを入力します。


) Content Distribution Manager GUI 内でデバイスを削除した後、cms deregister force コマンドを使用する必要があります。これは、デバイスを削除した後、Content Distribution Manager にはそのデバイスの情報がなくなるからです。


ステップ 7 デバイスを ACNS ネットワークに再度追加するには、グローバル設定モードで cms enable コマンドを使用して、Content Distribution Manager にデバイスを再登録します。


 

Content Router の設定の表示

Content Distribution Manager GUI の Devices タブを使用して、Content Router の設定を表示できます。Content Router の設定を表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Routers の順に選択します。Content Routers ウィンドウが表示され、ACNS ネットワークに登録されている Content Router がすべてリストされます。

ステップ 2 表示対象の Content Router 名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Router ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで CDN Settings > Status の順に選択します。View Network Configurations for Content Router ウィンドウが表示されます(図 8-7 を参照)。

図 8-7 View Network Configurations for Content Router ウィンドウ

 


 

Content Router 上のサービスの設定

Content Router 上でイネーブルにする必要がある機能は、プラットフォーム設定と認証サービスだけなので、Content Router 上のサービスの設定は、Content Engine およびデバイス グループ上のサービスの設定とは異なります。

これらの機能の設定ウィンドウは、Content Engine およびデバイス グループに対して使用するウィンドウと同じです。設定については、次の項とページを参照してください。

プラットフォームの設定については、次の項を参照してください。

「NTP の設定」

「CDP の設定」

認証と許可については、次の項を参照してください。

「ログイン認証と設定許可の設定」

「コンテンツ要求認証の設定」

ACNS ネットワーク環境での Content Router の使用の詳細については、「ACNS ネットワークにおけるコンテンツ要求ルーティングの設定」 を参照してください。

デバイス グループの操作

デバイス グループとは、共通の特性と機能を共有している類似デバイス(Content Engine など)の集合です。共通する特性としては、ディスク容量、配信最小帯域幅、ルーティング プロパティなどが挙げられます。

デバイス グループは、Content Distribution Manager GUI を使用してチャネルに割り当てられます。チャネルを作成してデバイス グループを追加したとき、またはデバイス グループに対するチャネル割り当てを変更したときは、そのグループ内のデバイスに変更と割り当てに関する通知が出されます。

Content Distribution Manager のデバイス グループ機能を使用して、新規のデバイス グループ定義を作成したり、デバイス グループに関する情報を変更したり、システムからデバイス グループを削除したりできます。

デバイス グループに対しては、次の操作を実行できます。

デバイス グループの作成と変更

デバイス グループの削除

デバイス グループの表示

デバイス グループの作成と変更

デバイス グループを作成または変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Device Groups の順に選択します。Device Groups ウィンドウが表示されます(図 8-8 を参照)。

図 8-8 Device Groups ウィンドウ

 

ステップ 2 タスクバーの Create New Device Group アイコンをクリックします。Creating New Device Group ウィンドウが表示されます(図 8-9 を参照)。

図 8-9 Creating New Device Group ウィンドウ

 

ステップ 3 Name フィールドにデバイス グループの名前を入力します。

名前は固有で、システム上の他のデバイス グループから容易に区別できる名前にしてください。

ステップ 4 必要に応じて、Comments フィールドにグループに関するコメントを入力します。このフィールドはオプションです。


) デバイス グループに割り当てられている Content Engine のリストを変更する場合は、
「Content Engine のデバイス グループへの追加、またはデバイス グループからの削除」
を参照してください。


ステップ 5 Submit をクリックします。

ステップ 6 デバイス グループを変更するには、Device Groups ウィンドウに進み、変更対象のデバイス グループ名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Device Group ウィンドウが表示されます。

ステップ 7 必要に応じて、デバイス グループ名または説明を変更し、 Submit をクリックします。


 

Content Engine のデバイス グループへの追加、またはデバイス グループからの削除


) ACNS 5.x ソフトウェアでは、デバイス グループは Content Engine のみをサポートします。Content Router をデバイス グループに割り当てることはできません。


Content Engine をデバイス グループに追加する、またはデバイス グループから削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Device Groups の順に選択します。

ステップ 2 編集対象のデバイス グループ名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Device Group ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで Assign Devices をクリックします。

ステップ 4 デバイスのロケーションをクリックします。

ステップ 5 デバイス グループに割り当てるデバイス名の横にあるチェックボックスにチェックマークを付けて、 Add Selected CEs をクリックし、 Submit をクリックします。

ステップ 6 Content Engine のデバイス グループを表示するには、 Devices > Content Engines の順に選択します。デバイス名の横にある Edit アイコンをクリックします。Contents ペインで Basic Settings > Device Groups を選択します。

ステップ 7 デバイスをデバイス グループから削除するには、デバイス名の横にあるチェックボックスにチェックマークを付けて Remove Selected CEs をクリックし、 Submit をクリックします。


 

デバイス グループのオーバーラップのイネーブル化

デバイスを複数のデバイス グループに割り当てるようにするには、デバイス グループのオーバーラップをイネーブルにする必要があります。Content Distribution Manager GUI 内でデバイス グループのオーバーラップをイネーブルにすると、Content Engine を複数のデバイス グループに割り当てることができるようになります。デバイス グループのオーバーラップをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 System > System Configuration の順に選択します。Config Properties ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 プロパティ名 DeviceGroup.overlap の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Config Property, DeviceGroup.overlap ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Value ドロップダウン リストから true を選択します(デフォルトは false です)。

Value ドロップダウン リストから false を選択すれば、いつでもデフォルトに戻すことができます。デバイス グループのオーバーラップをディセーブルにすると、オーバーラップする既存のデバイス グループは保存され、オーバーラップがイネーブルになっていたときと同様に処理されます。ただし、新規に追加されたグループはオーバーラップ不可になり、オーバーラップする既存のグループに新規デバイスを追加できなくなります。

ステップ 4 Submit をクリックします。


 

デバイス グループの削除

デバイス グループを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Device Groups の順に選択します。Device Groups ウィンドウが表示されます(図 8-8 を参照)。

ステップ 2 削除対象のデバイス グループ名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Device Group ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 タスクバーの Trash アイコンをクリックします。デバイス グループの削除を確認するプロンプトが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックして削除を確認します。デバイス グループが ACNS ネットワークから削除されます。


 

デバイス グループの表示

ACNS ネットワーク内にあるすべてのデバイス グループを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Device Groups の順に選択します。Device Groups ウィンドウが表示されます(図 8-8 を参照)。

ステップ 2 タスクバーの View All Device Groups アイコンをクリックして、表をリフレッシュします。

表にはデバイスのタイプとコメントも表示されます。カラムの見出しをクリックすると、カラムをソートできます。

ステップ 3 表のデータを印刷するには、タスクバーの Printer アイコンをクリックします。


 

ローカル側でのデバイス設定と中央側での集中管理との比較

Cisco ACNS 5.x ソフトウェアで使用される CLI コマンドの中では、特に ACNS ネットワーク機能に関わるコマンドが重要です。ACNS ネットワーク機能はデバイス グループを使用して管理されるからです。Content Engine GUI か CLI のいずれかを使用して、Content Engine または Content Router からこれらのコマンドを設定する場合、設定値は、Content Distribution Manager の ACNS ネットワーク全体の設定データの一部として保存されません。その上、Content Distribution Manager によって上書きされる可能性があります。


) 中央側で管理されるこれらのパラメータを、ローカル デバイスの GUI または CLI から設定しないようにお勧めします。


さらに、Content Distribution Manager に未登録の Content Engine や Content Router でこれらのパラメータを設定したとしても、Content Distribution Manager GUI に設定し直さなければなりません。

これらのコマンドには、次のものがあります。

authentication

bandwidth

bypass

cdp

dns-cache

dns enable

error-handling

ftp

http

https

icp

ldap

logging

multicast

ntlm

ntp

proxy-auto-config

proxy-protocols

radius-server

rtsp

次のものを除きます。

rtsp server real-subscriber accept-license-agreement

rtsp proxy media-real accept-license-agreement

rtsp-proxy

tacacs

rule

transaction-logs

url-filter

multicast accept-license-agreement

wmt

次のものを除きます。

wmt proxy

wmt accept-license-agreement

wmt live-url-stripping

ACNS ネットワーク デバイスのモード変更

ハードウェアのモデルによっては、デバイス モードを変更して、デバイスをネットワーク内で別の用途として再配置できる場合があります。たとえば、Content Engine を、フェールオーバーや冗長性に備えて、Content Distribution Manager として使用するように変更できます。

デバイス モードを変更できるハードウェア モデルは、次のとおりです。

CE-7305

CE-565

デバイスのデバイス モードを変更するには、あらかじめ対象とするデバイス モードに応じたディスク スペースの割り当てを設定し、デバイスをリブートして新しい設定を有効にしておく必要があります。

device mode コマンドを使用して再設定できるデバイスであっても、デフォルトでは Content Engine として出荷されます。Content Engine のデバイス モードを Content Router または Content Distribution Manager に変更する場合は、sysfs を設定し直す必要があります(「ディスク スペースの設定」を参照)。

一方、Content Router または Content Distribution Manager のデバイス モードを再び Content Engine に戻す場合は、Content Engine で使用する sysfs、cfs、mediafs、および cdnfs のディスク スペース割り当てを設定し直す必要があります( 付録 A「ディスク スペースの設定」 を参照)。次に例を示します。

DeviceName# disk config sysfs 10% cfs 20% mediafs 10% cdnfs 60%
 

) Content Engine 上でコンテンツ ルーティングをイネーブルにすることは、デバイス モードの変更ではありません。コンテンツ ルーティング機能をイネーブルにするために、次に説明する手順を行う必要はありません(Content Engine 上でコンテンツ ルーティングをイネーブルにするには、「Content Engine のプロパティの変更」を参照)。


すでに ACNS ネットワークの一部として動作しているデバイスのデバイス モードを変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 デバイスの CLI にアクセスします。

ステップ 2 show device-mode current コマンドを入力して、現行のデバイス モードを表示します。

DeviceName# show device-mode current
Current device mode:content-engine
 

ステップ 3 グローバル設定モードで device mode コマンドを使用して、新しいデバイス モードを設定します。次に例を示します。

DeviceName# configure
DeviceName(config)# device mode content-router
 

ステップ 4 cms deregister force コマンドを使用して、デバイスの登録を解除します。

DeviceName(config)# cms deregister force
 

ステップ 5 write memory コマンドまたは copy running-config startup-config コマンドを実行して、設定を保存します。

DeviceName# write memory
DeviceName# copy running-config startup-config
 

ステップ 6 restore factory-default preserve basic-config コマンドを使用してソフトウェアをリロードし、デバイス モードの設定を適用します。

DeviceName# restore factory-default preserve basic-config
 

) このコマンドは、デバイス上の既存コンテンツをすべて消去します。ただし、ネットワーク設定値は保存され、デバイスのリブート後に Telnet と Secure Shell(SSH)を使用してデバイスにアクセスできます。


ステップ 7 新しい設定を確認します。現在のデバイス モードと設定されているデバイス モードが同じであることを確認します。次に例を示します。

DeviceName# show device-mode configured
Configured Device mode:content-router
DeviceName# show device-mode current
Current device mode:content router
 

ステップ 8 disk config コマンドを使用して、新しいデバイス モードとネットワークに応じたディスク スペースを割り当てます。

ステップ 9 「ACNS ネットワーク デバイスの設定と登録」の説明のとおりに、新しいデバイスの設定、登録、およびアクティブ化を行います。