Cisco ACNS ソフトウェア デプロイメント コンフィギュレーション ガイド
ACNS ネットワークのコンテンツ配信 設定
ACNS ネットワークのコンテンツ配信設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ACNS ネットワークのコンテンツ配信設定

コンテンツのチャネル配信の準備

ロケーションの作成と変更

ロケーションの削除

ロケーション ツリーの表示

コンテンツ プロバイダーの作成と変更

コンテンツ プロバイダーの削除

コンテンツ プロバイダーの表示

Web サイトの作成と変更

Web サイトの削除

Web サイトの表示

チャネルの作成と変更

チャネルの作成

チャネルの変更

ルート Content Engine の指定

Content Engine の追加とチャネルからの削除

デバイス グループの追加とチャネルからの削除

チャネル コンテンツの更新

チャネルの削除

チャネルの表示

チャネル ルーティング アルゴリズム

マルチキャストの準備

マルチキャスト配信の概要

マルチキャスト クラウドについて

Sender Delay オプションについて

カルーセル送信の設定について

NACK インターバル係数について

NACK インターバル係数の設定

ファイル再送信/停止機能について

マルチキャスト転送エラー訂正の設定について

チャネル オプションのコンテンツ複製設定について

Content Engine のマルチキャストのイネーブル化

マルチキャスト クラウドのプロパティの設定

マルチキャスト クラウドの変更

マルチキャスト クラウドの削除

マルチキャスト クラウドの表示

受信側 Content Engine の追加と削除

チャネルのマルチキャストまたはユニキャスト送信設定

マルチキャスト クラウドの割り当てとチャネルからの削除

マルチキャスト設定の確認

マルチキャストに関連したコマンド

ACNS ネットワークのコンテンツ配信設定

ACNS ネットワークを構成するハードウェア デバイスが適切に設置されていて、その登録も済んでいる場合、これらのデバイスは、この章で説明する設定手順に従って、事前配信およびライブ メディアをエンド ユーザに配信する ACNS ネットワークに組み込むことができます。

ACNS ネットワークでは、チャネル配信アーキテクチャを使用してコンテンツが複製されます。チャネル内のコンテンツは、ユニキャスト プル、またはマルチキャスト プッシュ(マルチキャストが使用可能になっている場合)によって送信できます。この章では、チャネル配信とマルチキャスト用のネットワーク要素の設定について説明します。この章の構成は、次のとおりです。

「コンテンツのチャネル配信の準備」

「チャネル ルーティング アルゴリズム」

「マルチキャストの準備」

コンテンツのチャネル配信の準備

チャネル配信では、コンテンツが、オリジン Web サーバから、そのコンテンツにサブスクライブされているすべての Content Engine、より具体的には、そのグループのコンテンツ オブジェクトであるチャネルに割り当てられている Content Engine へ配信する方法が記述されています(チャネル配信アーキテクチャの概要については、 「コンテンツ獲得と配信アーキテクチャ」 を参照)。

コンテンツのチャネル配信を準備する際に、ネットワーク要素を次の順で設定する必要があります。

1. ロケーション:ロケーションの作成と変更

2. コンテンツ プロバイダー:コンテンツ プロバイダーの作成と変更

3. Web サイト:Web サイトの作成と変更

4. チャネル:チャネルの作成と変更

ロケーションの作成と変更

ロケーションは、Content Distribution Manager GUI を使用して設定します。Content Engine は、編成およびグループ化されて仮想ネットワークを構築し、チャネルからコンテンツを配信するために使用されます。

Content Engine と Content Router をアクティブにし、ACNS ネットワーク内でオンラインにするには、事前にロケーションを設定しておく必要があります。

新しいロケーションを作成する手順、および既存のロケーションを変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Network > Locations の順に選択します。

Locations ウィンドウが表示されます( 図 5-1 を参照)。

図 5-1 Locations ウィンドウ

 

ステップ 2 タスクバーから Create New Location アイコンをクリックします。Creating New Location ウィンドウが表示されます(図 5-2 を参照)。

図 5-2 Creating New Location ウィンドウ

 

ステップ 3 Name フィールドにロケーションの名前を入力します。


) アスタリスク付きのフィールドは、必須フィールドです。


ステップ 4 Parent Location ドロップダウン リストから親ロケーションまたは、 None を選択します。

親ロケーションが割り当てられていないロケーションは、レベル 1 ロケーションです。レベル 1 の親があるロケーションはレベル 2 ロケーションになり、以下同様です。親ロケーションまたは None を選択し、 Submit をクリックして設定を保存した後、ロケーション レベルが表示されます。

ステップ 5 必要に応じて、Comments フィールドにロケーションについての注釈を入力します。この手順は省略可能です。

ステップ 6 Submit をクリックします。

ステップ 7 ロケーションを変更する場合は、Locations ウィンドウを表示し、変更するロケーションの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 8 必要に応じてロケーション名、親ロケーション、または説明を変更し、 Submit をクリックして変更内容を保存します。


 

ロケーションの削除

ロケーションは、必要に応じて削除できます。ただし、そのロケーションがアクティブになっている Content Engine または Content Router のルート ロケーションの場合は、削除できません。


) ロケーションに Content Engine または Content Router が割り当てられている場合、まず、その Content Engine または Content Router を別のロケーションに割り当ててから、元のロケーションを削除します。


ロケーションを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Network > Locations の順に選択します。Locations ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 削除するロケーションの横にある Edit アイコンをクリックします。

Modifying Location ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Trash アイコンをクリックします。ロケーションの削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックします。ロケーションが削除されます。


 

ロケーション ツリーの表示

ロケーション ツリーは、各ロケーションに親を割り当てたときに設定したネットワーク トポロジーを表します。Content Distribution Manager GUI では、ACNS ネットワークで設定されているロケーション間の関係が図で表示されます。

ロケーション ツリーを表示するには、 Network > Location Trees の順に選択します。ロケーション ツリーが表示されます。図 5-3 では、ロケーション ツリー表示の例を示しています。

図 5-3 ロケーション ツリー表示

 

コンテンツ プロバイダーの作成と変更

Content Distribution Manager GUI では、コンテンツ プロバイダーごとに名前と連絡先情報を表示するコンテンツ プロバイダーのディレクトリを作成できます。コンテンツ プロバイダーの Web サイトのディレクトリを作成する場合は、事前に、最低でも 1 つ以上のコンテンツ プロバイダー リストを作成しておく必要があります。チャネルを作成する場合は、事前に、コンテンツ プロバイダーと Web サイトの両方を ACNS ネットワークで設定しておく必要があります。

コンテンツ プロバイダーを作成または変更するには、会社名と住所、第 1 連絡先情報、またはオプションの第 2 連絡先情報を入力または変更します。

コンテンツ プロバイダーを作成または変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Content Provider の順に選択します。

Content Providers ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 タスクバーで Create New Content Provider アイコンをクリックします。Creating New Content Provider ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 会社名を入力します。住所と連絡先情報を入力することもできます。

ステップ 4 Submit をクリックします。

 

ステップ 5 コンテンツ プロバイダーを変更するには、Content Providers ウィンドウを表示し、変更したいコンテンツ プロバイダー名の横にある Edit アイコンをクリックします。

Modifying Content Provider ウィンドウが表示されます( 図 5-4 を参照)。

図 5-4 Modifying Content Provider ウィンドウ

 

ステップ 6 会社名と住所、第 1 連絡先情報、またはオプションの第 2 連絡先情報を変更します。


Cancel をクリックすると、Content Providers ウィンドウに戻ります。


ステップ 7 Submit をクリックします。


 

コンテンツ プロバイダーの削除

必要に応じて、コンテンツ プロバイダーを削除できます。


) コンテンツ プロバイダーを削除すると、そのコンテンツ プロバイダーに対して追加されたすべての Web サイトとチャネルも削除されます。


コンテンツ プロバイダーを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Content Provider の順に選択します。

ステップ 2 削除するコンテンツ プロバイダー名の横にある Edit アイコンをクリックします。

Modifying Content Provider ウィンドウが表示されます( 図 5-4 を参照)。

ステップ 3 Trash アイコンをクリックします。削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックして実行します。


 

コンテンツ プロバイダーの表示

コンテンツ プロバイダーを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Content Provider の順に選択します。

Content Providers ウィンドウに、ACNS ネットワーク内のすべてのコンテンツ プロバイダーのリストが表示されます(図 5-5 を参照)。

図 5-5 Content Providers ウィンドウ

 

ステップ 2 第 1 連絡先、電話番号、または E メール アドレスで表示をソートするには、対応する列見出しをクリックします。

ステップ 3 この表を印刷するには、 Printer アイコンをクリックします。


 

Web サイトの作成と変更

Content Distribution Manager GUI では、ACNS ネットワーク内のすべての Web サイトを表示するディレクトリを作成できます。Web サイトのリストには、コンテンツ プロバイダーが必要であり、Web サイト コンテンツを保存するオリジン Web サーバの URL を指定する必要があります。

チャネルを作成する場合は、事前に、Web サイトとコンテンツ プロバイダーの両方を ACNS ネットワークで設定しておく必要があります。その後、チャネルは Web サイト コンテンツを ACNS ネットワーク内の Content Engine にマップします。

Web サイトを作成または変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Web Sites の順に選択します。

Web Sites ウィンドウに、ACNS ネットワーク上の Web サイトのリストが表示されます。 Rows ドロップダウン リストから、表示する Web サイト数を 10、20、40、または ALL から選択できます。

ステップ 2 新しい Web サイトを作成するには、タスクバーから Create New Web Site アイコンをクリックします。Creating New Web Site ウィンドウが表示されます。

図 5-6 Creating New Web Site ウィンドウ

 

ステップ 3 Web サイトの名前、コンテンツ プロバイダー、およびオリジン サーバを入力します(Web サイトのプロパティについては、 表 5-1 を参照してください)。


) Web サイトを作成するときは、事前に、コンテンツ プロバイダーを設定しておく必要があります。


 

ステップ 4 必要に応じて、 WMT Authentication Type ドロップダウン リストから WMT 認証タイプを選択します。この手順は省略可能です。


) ストリームを正常に再生するには、この設定をオリジン サーバ上の設定と一致させる必要があります。


ステップ 5 DNS 要求に対して着信パケットで指定された DNS サーバだけを使用する場合は、 Pure DNS
Routing
チェックボックスにチェックマークを付けます。これにより、DNS キャッシング ネーム サービスで元の宛先 IP アドレスが判別されます。

 

表 5-1 Web サイトのプロパティ

プロパティ
説明

Name*1

Web サイトの固有の名前。

Content Provider*

コンテンツを提供する会社の名称。


) コンテンツ プロバイダーは、Creating New Content Provider ウィンドウであらかじめ定義されていなければなりません(「コンテンツ プロバイダーの作成と変更」を参照)。


 

Origin Server*

コンテンツが存在するオリジン サーバの完全修飾ドメイン名。

Request Routed FQDN

要求をルーティングするための完全修飾ドメイン名。

WMT Authentication Type

基本認証または NTLM 認証。


) ストリームを正常に再生するには、この設定をオリジン サーバ上の設定と一致させる必要があります。


 

Pure DNS Routing

チェックマークが付いている場合、DNS 要求に対して着信パケットで指定された DNS サーバだけを使用します。これにより、DNS キャッシング ネーム サービスで元の宛先 IP アドレスが判別されます。

チェックマークが付いていない場合(デフォルトでは付いていません)、DNS キャッシング ネーム サービスは、Content Engine で設定されたサーバを使用でき、DNS 要求の WCCP 代行受信が可能になります。

1.* = 入力必須フィールド。その他のフィールドはすべてオプションです。

ステップ 6 Submit をクリックして、設定を保存します。

ステップ 7 Web サイトを変更する場合は、Web Sites ウィンドウを表示し、変更する Web サイトの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Web Site ウィンドウが表示されます。

ステップ 8 必要に応じて Web サイトのデータを変更します。

ステップ 9 Submit をクリックして、変更内容を保存します。


 

Web サイトの削除


) Web サイトを削除すると、その Web サイトに対して追加されたすべてのチャネルも削除されます。


Web サイトを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Web Sites の順に選択します。

Web Sites ウィンドウに、ACNS ネットワーク上のすべての Web サイトのリストが表示されます。

ステップ 2 削除したい Web サイトの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Web Site ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Trash アイコンをクリックします。削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックして実行します。


 

Web サイトの表示

コンテンツ プロバイダーに関連付けられている Web サイトのリストを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Web Sites の順に選択します。

Web Sites ウィンドウに、ACNS ネットワーク上のすべての Web サイトのリストが表示されます。

ステップ 2 Web サイト、FQDN、オリジン サーバ、またはコンテンツ プロバイダーごとに表示をソートするには、対応する列見出しをクリックします。

ステップ 3 この表を印刷するには、 Printer アイコンをクリックします。


 

チャネルの作成と変更

チャネルは、Web サイトからのコンテンツを ACNS ネットワーク内のデバイスにマップします。チャネルを作成する場合は、事前にまずコンテンツ プロバイダーのディレクトリを作成し、それらの Web サイトに URL を指定する必要があります(「コンテンツ プロバイダーの作成と変更」および「Web サイトの作成と変更」を参照)。

Content Distribution Manager を使用して、チャネルを作成、変更、または ACNS ネットワークから削除できます。チャネルを変更すると、ACNS ネットワーク上のコンテンツの使用に影響を与えることに注意してください。

チャネルを作成するには、次の項目を定義します。

名前

コンテンツ プロバイダー

Web サイト

マニフェスト ファイル

チャネルのプロパティ(チャネルの優先順位、マルチキャスト)

チャネルの作成

チャネルを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。ACNS ネットワーク内のすべてのチャネルを表示する Channels ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 タスクバーから Create New Channel アイコンをクリックします。Creating New Channel ウィンドウが表示されます(図 5-7 を参照)。

図 5-7 Creating New Channel:チャネルのプロパティ

 

ステップ 3 Channel Information 見出しの下にあるフィールドを使用して、チャネル名、およびそのチャネルが関連付けられる Web サイトを設定します。

ステップ 4 Acquisition and Distribution Properties 見出しの下にあるフィールドを使用して、チャネルの優先順位の設定、マルチキャストのイネーブル、または暗号化のディセーブルを行います(チャネル プロパティ フィールドについては、 表 5-2 を参照してください。GUI および 表 5-2 では、必須フィールドにアスタリスクが付いています)。

 

表 5-2 チャネルのプロパティ

プロパティ
説明
Channel information

Name*2

チャネルの固有の名前。

Request Routed FQDN

要求をルーティングするための完全修飾ドメイン名。

Origin Server

オリジン サーバの完全修飾ドメイン名。

Content Provider*

このチャネルに関連付けられるコンテンツ プロバイダーの名前。

WebSite*

このチャネルに関連付けられるコンテンツ プロバイダーに属する Web サイトの名前。ウィンドウでコンテンツ プロバイダーを選択した後、ウィンドウが最新表示され、そのコンテンツ プロバイダーに属する Web サイトのみが表示されます。


) Web サイトは、Creating New Web Site ウィンドウであらかじめ定義されていなければなりません。


 

Live Channel

ライブ プログラムまたはスケジュール プログラムを関連した Content Engine に配信するために、ライブ チャネルを作成します。このチャネルには、関連したマニフェスト ファイルがないので、通常のチャネルのような、ファイル ベースのコンテンツの配信には使用できません。ライブ チャネルは、プログラムの属性を記述するプログラム ファイルを通じて、ライブ プログラムについての情報を入手します。

このチェックボックスにチェックマークを付けると、Acquisition and Distribution Properties、Manifest、および Manifest Proxy Information 内のフィールドが使用不可になります。

Acquisition and Distribution Properties

Distribution Priority*

コンテンツ配信の優先順位の設定。選択肢は High、Normal、および Low です。デフォルトは Normal です。

Multicast only、Multicast/Unicast、または Unicast only*

マルチキャストのみ、ユニキャストへのフェールオーバーのあるマルチキャスト送信、またはユニキャストのみの送信を使用可能にします。

「マルチキャスト配信の概要」を参照してください。

Disable Encryption for Distribution

このチェックボックスにチェックマークが付いている場合、配信用の暗号化が使用不可になります。

2.* = 入力必須フィールド。その他のフィールドはすべてオプションです。

ステップ 5 他の Content Distribution Manager ユーザのためにチャネルについての注釈を追加する場合は、
Comments フィールドに入力します。

ステップ 6 Submit をクリックして、チャネル設定を保存します。


 


) チャネルのマニフェスト ファイルおよびマニフェスト プロキシ情報を設定する場合は、「チャネルのマニフェスト ファイルとプロキシに関する情報の設定」を参照してください。


チャネルの変更

チャネルを変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Channels > Channels の順に選択して、Channels ウィンドウを表示します。

ステップ 2 変更したいチャネル名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Channel ウィンドウが表示されます(図 5-8 を参照)。

図 5-8 Modifying Channel ウィンドウ

 

ステップ 3 必要に応じてチャネル設定を変更します。


) Content Provider フィールドと WebSite フィールド内の情報は、このウィンドウでは変更できません。これらのパラメータを設定できるのは、チャネルの作成時だけです。


ステップ 4 Submit をクリックして、チャネル設定に加えた変更を有効にします。チャネル情報が更新されます。


 

新しいチャネルを作成した後、そのチャネルのルート Content Engine を指定し、次に Content Engine またはデバイス グループをチャネルに割り当てる必要があります。ルート Content Engine の指定、およびチャネルへのデバイスの割り当ては、同じ GUI ウィンドウで実行できますが、次の項ではこれらの手順を分けています。

ルート Content Engine の指定

ルート Content Engine は、コンテンツを獲得するためにオリジン Web サーバに直接アクセスする権限が与えられた 1 つの Content Engine です。ルート Content Engine は、チャネル内の他の Content Engine にコンテンツを公開します。コンテンツの配信を行うには、ルート Content Engine を指定する必要があります。

チャネルのルート Content Engine として特定の Content Engine を指定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。

ステップ 2 ルート Content Engine を割り当てるチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Channel ウィンドウが表示されます( 図 5-8 を参照)。

ステップ 3 チャネルにデバイス グループを割り当てるとき、またはチャネルに Content Engine を割り当てるときに、ルート Content Engine を指定できます。

Contents ペインから、 Assign content engines をクリックします。Content Engines Assigned to
Channel ウィンドウが表示されます。ロケーションの名前をクリックするか、すべてのロケーションを選択して、ステップ 4 に進みます。

または、 Assign device groups をクリックします。Device Groups Assigned to Channel ウィンドウが表示されます。デバイス グループの名前の横にあるチェックボックスにチェックマークを付け、ステップ 4 に進みます。

ステップ 4 Root CE ドロップダウン リストから 1 つの Content Engine を選択します。このリストには、使用中のチャネルに現在割り当てられているすべての Content Engine が表示されます。


) チャネルに Content Engine またはデバイス グループが割り当てられていない場合、Root CE ドロップダウン リストには何も表示されません。


ステップ 5 Submit をクリックします。


 

Content Engine の追加とチャネルからの削除

Content Engine を追加またはチャネルから削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。

ステップ 2 変更したいチャネル名の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Channel ウィンドウが表示されます( 図 5-8 を参照)。

ステップ 3 Contents ペインから、 Assign content engines をクリックします。Content Engines Assigned to Channel ウィンドウが表示されます。


) Content Engine は、複数のロケーションからチャネルに追加できます。


ステップ 4 追加する Content Engine が置かれているロケーションの名前をクリックします。そのロケーション内の Content Engine のリストが表示されます。

ステップ 5 チャネルに関連付けたい Content Engine の名前の横にあるチェックボックスにチェックマークを付けます。


) デバイス グループからこのチャネルに割り当てられた Content Engine は、このリストに表示されません。


ステップ 6 Add をクリックした後、 Submit をクリックして、チャネルに Content Engine を追加します。

そのチャネルが割り当てられている Content Engine のリストが更新され、新たに追加された Content Engine が表示されます。

ステップ 7 Content Engine を削除するには、このリストから削除したい Content Engine の名前の横にあるチェックボックスにチェックマークを付け、 Remove Selected CEs をクリックします。

ステップ 8 Submit をクリックします。ブラウザ ウィンドウが更新され、最新のチャネルが表示されます。チャネル内の Content Engine のリストに、最新のカウントが表示されます。


 

デバイス グループの追加とチャネルからの削除

デバイス グループは、Content Distribution Manager GUI を使用してチャネルに割り当てられます。あるチャネルが作成され、そこにデバイス グループを追加したり、またはデバイス グループへのチャネル割り当ての変更などをすると、そのたびにグループ内のデバイスに、関連したチャネルへの割り当てが通知されます。

デバイス グループとチャネル間の関係は、多対多の関係です。1 つのチャネルは複数のデバイス グループをもつことができ、デバイス グループからすると複数のチャネルに属することになります。

デバイス グループを追加またはチャネルから削除する手順は、次のとおりです。


) デバイス グループをチャネルから削除すると、そのデバイス グループに含まれていた Content
Engine もそのチャネルから削除されます。元のチャネル割り当てを含むデバイス グループからデバイスを削除すると、このデバイスの割り当てもチャネルから解除されます。同様に、チャネルがデバイス グループから削除されると、関連したデバイスの割り当ても解除されます。



ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。

ステップ 2 デバイス グループを割り当てるチャネル、またはデバイス グループを削除するチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Channel ウィンドウが表示されます( 図 5-8 を参照)。

ステップ 3 Contents ペインから、 Assign device groups をクリックします。Device Groups Assigned to Channel ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 チャネルに関連付けたいデバイス グループの名前の横にあるチェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 5 Add Selected DGs をクリックした後、 Submit をクリックしてチャネルにデバイス グループを追加します。

ステップ 6 チャネルからデバイス グループを削除するには、チャネルから削除したいデバイス グループの名前の横にあるチェックボックスにチェックマークを付け、 Remove Selected DGs をクリックします。

ステップ 7 Submit をクリックします。


 

チャネル コンテンツの更新

チャネルに関連付けられている Content Engine にコンテンツを複製した後、マニフェストのフェッチ機能を使用してそのコンテンツをいつでも更新できます。たとえば、マニフェスト ファイルを変更して、新しいコンテンツを指定したり、指定をやめたいコンテンツへの参照を削除する場合、そのマニフェスト ファイルを取り出して、新しいチャネル コンテンツの複製を開始し、指定をやめるコンテンツとの接続を切断する必要があります


) マニフェスト ファイルから削除されるコンテンツは、更新されたマニフェスト ファイルがフェッチされると同時に使用不可になります。古いコンテンツは、チャネル キャッシュからただちに削除されず、新しいチャネル コンテンツのスペースを空けるためにいずれ削除されます。


新規または更新済みのマニフェスト ファイルをフェッチする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。

ステップ 2 チャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックして、チャネルを開いて編集します。

ステップ 3 Manifest URL フィールドがチャネルの正しいマニフェスト ファイルを示していることを確認します。

ステップ 4 タスクバーで Fetch Manifest アイコンをクリックします。確認のメッセージが表示されます。

ステップ 5 OK をクリックして実行します。

ステップ 6 OK をクリックします。


 

チャネル コンテンツを強制的に複製し、情報を更新する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。

ステップ 2 変更したいチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックして、チャネルを開いて編集します。

ステップ 3 Contents ペインから、 Replication Status をクリックします。Channel Replication Status ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 タスクバーで Force Replication アイコンをクリックします。確認のメッセージが表示されます。

ステップ 5 OK をクリックします。要求が送信されたことが通知され、数分後に確認するようメッセージが表示されます。

ステップ 6 OK をクリックします。しばらくして、Channel Replication Status ウィンドウが更新されます。

チャネル複製状況のデータについては、「複製状況のモニタリング」を参照してください。


 

チャネルの削除

チャネルを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。

ステップ 2 削除したいチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Channel ウィンドウが表示されます( 図 5-8 を参照)。

ステップ 3 Trash アイコンをクリックします。チャネルの削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックして削除を確認します。チャネルが ACNS ネットワークから削除されます。


 

チャネルの表示

ACNS ネットワーク全体のすべてのチャネルを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Channels > Channels の順に選択します。

ACNS ネットワーク内のすべてのチャネルを表示する Channels ウィンドウが表示されます( 図 5-9 を参照)。

図 5-9 Channels ウィンドウ

 

各チャネルに関連付けられている Web サイトとコンテンツ プロバイダーが、チャネルの行に表示されます。

ステップ 2 Web サイトまたはコンテンツ プロバイダーでチャネルをソートするには、対応する列見出しをクリックします。

ステップ 3 チャネルの表を印刷するには、 Printer アイコンをクリックします。


 

チャネルに割り当てられたすべての Content Engine の表示

Content Distribution Manager GUI では、チャネルに直接割り当てられているデバイスと、デバイス グループを通じて割り当てられているデバイスとが区別されます。デバイスが、直接割り当てられているだけでなく、デバイス グループからも割り当てられている場合、それらの割り当ては別々に追跡されます。追跡のために、直接またはデバイス グループから割り当てられているかにかかわらず、View all Content Engines assigned to Channel ウィンドウに、チャネルに割り当てられているすべての Content Engine が表示されます。

チャネルに割り当てられているすべての Content Engine のリストを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、Channels > Channels の順に選択します。

ステップ 2 表示したいチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Channel ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインで、List all assigned content engines を選択します。View all Content Engines assigned to Channel ウィンドウが表示され、指定されたチャネルに割り当てられているすべての Content Engine のリストが表示されます(図 5-10 を参照)。

図 5-10 View All Content Engines Assigned to Channel ウィンドウ

 

表 5-3 では、このウィンドウに表示されている情報を説明します。

 

表 5-3 Content Engine のチャネル割り当て情報

列見出し
説明

Content Engine

チャネルに割り当てられている Content Engine の名前。

Directly Assigned

Content Engine がチャネルに直接割り当てられたかどうかを示します(Yes または No)。

Assigned through device group

Content Engine がデバイス グループを通じて割り当てられたかどうかを示します。Yes の場合、この列にはそのデバイス グループの名前が表示されます。No の場合、この列には Not Applicable(n/a)が表示されます。


 

チャネル ルーティング アルゴリズム

コンテンツをユニキャストで配信するために、ACNS ネットワークはチャネルごとに単方向の配信ツリーを自動的に作成します。このツリーのルート ノードがチャネルのルート Content Engine であり、チャネルにサブスクライブされている各 Content Engine はツリー上のノードです。

コンテンツ オブジェクトは、ストア アンド フォワード(store-and-forward)方式でツリーのエッジに沿って配信されます。ノードごとに、親ノードは転送側 Content Engine とも呼ばれます。転送側 Content Engine を自動的に計算するためのアルゴリズムは、チャネル ルーティング アルゴリズムと呼ばれます。

現在のチャネル ルーティング アルゴリズムには、次の 3 つの一般的な規則があります。

1. チャネルごとの各ロケーションで、1 つの Content Engine だけがそのチャネル用に別のロケーションからコンテンツをフェッチします。この Content Engine をチャネルのロケーション リーダーと呼びます。このロケーション内のその他の Content Engine はすべて、このチャネルの転送側としてロケーション リーダーを使用します。1 つのロケーション内で、チャネルが異なれば、ロケーション リーダーも異なる可能性があることに注意してください。

現在、ロケーション リーダーは、チャネル ルーティング アルゴリズムによってのみ自動的に計算されます。どの Content Engine がチャネルの現在の転送側であるかを確認するには、 show distribution channel コマンドを使用できます。または、 show distribution forwarder-list コマンドを使用すると、チャネルに対する Content Engine の転送側の選択順序を確認することもできます。

2. ロケーション リーダーは、ルート Content Engine へのパス上で最も近いロケーションから、サブスクライブされた Content Engine を転送側として検出します。

3. ロケーション リーダーである Content Engine に、ある期間、障害が起きると、そのロケーション内の別の Content Engine がロケーション リーダーの役目を引き継ぎます。ルート Content Engine に障害が起きると、ロケーション内の別の Content Engine が一時的にルート Content Engine として役目を引き継ぎます。

マルチキャストの準備

マルチキャストでは、コンテンツを複数の Content Engine に効率よく配信できるので、多数のエンド ユーザが同じコンテンツを要求する場合に有効です。ACNS ソフトウェアは、衛星またはマルチキャスト対応の地上インフラストラクチャを使用して、Pragmatic General Multicast(PGM)ベースのマルチキャスト複製をサポートします。

コンテンツのマルチキャスト送信を準備する際に、次の順序で各タスクを実行する必要があります。

1. Content Engine のマルチキャストのイネーブル化

2. マルチキャスト クラウドのプロパティの設定

3. 受信側 Content Engine の追加と削除

4. チャネルのマルチキャストまたはユニキャスト送信設定

5. マルチキャスト クラウドの割り当てとチャネルからの削除

マルチキャスト配信の概要

チャネルのルート Content Engine がオリジン サーバからコンテンツを獲得した後、ユニキャストまたはマルチキャスト送信のいずれかで、チャネルを通じてそのコンテンツを複製することができます。基本的なチャネル配信アーキテクチャでは、手作業で設定されたロケーション階層に基づいて体系的に選択された転送側 Content Engine を使用して、ホップ バイ ホップのストア アンド フォワード方式でユニキャスト コンテンツ複製に対応します。マルチキャスト送信が必要な場合、チャネルと Content Engine のマルチキャストを使用可能にすることができます。

マルチキャスト クラウドについて

マルチキャスト コンテンツ複製の場合、Content Engine はマルチキャスト クラウドにグループ化されます。マルチキャスト クラウドは、1 台の送信側 Content Engine、オプションの送信側バックアップ Content Engine、および 1 台以上の受信側 Content Engine が、ハブ アンド スポーク(hub and spoke)トポロジーで構成されます。1 つのマルチキャスト クラウド内のすべての Content Engine は、固有のアドバタイジング アドレスを共有するので、マルチキャスト セッション情報を伝達できます。マルチキャスト クラウドは、1 つ以上のマルチキャスト対応チャネルに関連付けられます。

プルベースのユニキャスト コンテンツ配信では、受信側ユニキャストは、適切な転送側(またはルート Content Engine)からファイル データをプルします。一方、マルチキャスト コンテンツ配信では、マルチキャスト クラウド内の送信側 Content Engine は、積極的にコンテンツをクラウドにプッシュします。

受信側 Content Engine は、アドバタイズメント IP アドレスを受信して、送信側から複製されるコンテンツについての情報を取得し、アドバタイズメントを受け入れるかどうか、コンテンツを受信するかどうかを決定します。

コンテンツのメタデータがまず受信側に配信された後、コンテンツ自体が複製されなければなりません。メタデータは、常にユニキャストを使用して配信されます。しかし、コンテンツの複製には、マルチキャストでも、ユニキャストでも使用できます。コンテンツのメタデータは、どのコンテンツを取得するか、コンテンツをどのように取得するか、最近コンテンツを更新したのはいつか、コンテンツをどのように事前配信するか(たとえば、有効期限)などを指定するのに役立ちます。適切なコンテンツ メタデータがまだ着信していない場合、マルチキャスト受信側は、マルチキャスト送信側によるファイルのアドバタイズメントを拒否します。

Content Distribution Manager GUI では、Creating New Multicast Cloud ウィンドウの Advanced Settings で、オンデマンド カルーセル(carousel)送信、メタデータの遅延(GUI 内の Sender Delay)、使用可能なマルチキャストアウト帯域幅、コンテンツの優先順位などのマルチキャスト クラウド パラメータを設定できます。これらのパラメータについて、次の項で説明します。

Sender Delay オプションについて

送信側の遅延(sender delay)オプションを使用すると、メタデータを受信側に伝搬できる時間を設定し、送信側マルチキャストによるファイルのアドバタイズメントを受信側が拒否するのを避けることができます。送信側マルチキャストは、オンデマンドのみでカルーセル送信を実行します。つまり、送信側は、受信側 Content Engine が要求したファイルのみを再送信します。受信側 Content Engine は、まだ受信していないファイルに対する要求を定期的に送信します。オンデマンドのカルーセル送信を開始するまでの遅延を追加する場合に、sender delay パラメータを使用します。sender delay 間隔を設定する際は、マルチキャスト送信の開始前に、コンテンツのメタデータがまず受信側に伝搬されなければならないことを考慮に入れる必要があります。遅延の期間は、メタデータの伝搬に必要な時間の予想に基づいて設定できます。システムは、ユーザが設定したこの sender delay 値を取り、マルチキャスト送信をその時間分遅らせます。

カルーセル送信の設定について

ACNS 5.1 ソフトウェアでは、カルーセル送信の設定値により、欠落ファイル(missing file)を送信側がマルチキャストで再送信できる最大回数が指定されます。ACNS 5.1 ソフトウェアにおけるカルーセル送信の設定は、ACNS 5.0 ソフトウェアにおけるカルーセル送信の設定とは異なります。ACNS 5.0 ソフトウェアでは、ファイルが欠落しているかどうかにかかわらず、送信側がマルチキャストを再送信する回数を設定します。したがって、ACNS 5.0 ソフトウェアにおけるカルーセル送信は、設定された通りに実行されます。一方、ACNS 5.1 ソフトウェアにおけるカルーセル送信は、初回以後、オンデマンドで実行されます。

ACNS 5.1 ソフトウェアでは、個々のマルチキャスト受信側 Content Engine は、初回のカルーセル送信後、未受信のファイルを定期的に要求します。送信側 Content Engine は、欠落ファイルを送信し、受信側 Content Engine がすべてのマルチキャスト コンテンツを受信した後、送信側はコンテンツの送信を停止します。

この機能をさらに詳しく説明すると、オンデマンド カルーセル送信機能は、次のように働きます。受信側マルチキャストは、欠落コンテンツの情報を定期的に収集し、その欠落コンテンツを示す否定応答(NACK)を送信側 Content Engine に送信します。送信側マルチキャストは、受信側から NACK を受け取ると、要求されたコンテンツを送信します。

ACNS 5.1 ソフトウェアでは、カルーセル送信の上限を設定します(ACNS 5.0 ソフトウェアでは、固定数のカルーセル送信を設定します)。送信側プライマリは、NACK によってトリガーされずに初回のカルーセル送信を行います。それ以後の送信が行われるのは、送信側でコンテンツの欠落を検出する場合だけです。

送信側プライマリに障害が発生し、送信側バックアップがアクティブになる場合、送信側バックアップが NACK 処理を引き受けます。送信側バックアップのカルーセル送信は、常に NACK によってトリガーされます。現在アクティブな送信側のファイルで、カルーセルの最大送信回数に達した場合、必要に応じて、ファイル配信をユニキャストにフォールバックするように設定できます(詳細は、「チャネル オプションのコンテンツ複製設定について」を参照)。

マルチキャスト送信のペーシングを調整するために、Content Distribution Manager GUI のマルチキャスト クラウド設定ウィンドウ( Network > Multicast Clouds )で、欠落ファイルを再送信するまでの経過時間(Delay between passes フィールド)を指定できます。

NACK インターバル係数について

欠落コンテンツを識別し、ファイルの再送信をトリガーするために、受信側 Content Engine から送信側に否定応答(NACK)メッセージが送信されます。NACK メッセージが多数の受信側 Content Engine によって生成されると、送信側が処理できる量を超えたトラフィックが生成される可能性があります。ACNS 5.1 ソフトウェアでは、個々の受信側 Content Engine に対して NACK インターバル係数を設定して、NACK 間の平均間隔を調整できます。この値(0.1 ~ 10 の整数)は、NACK インターバル係数として設定された乗数で、デフォルトの NACK 平均間隔を広げます(デフォルトは 20 分です)。たとえば、NACK インターバル係数を 3 に設定する場合、NACK 間の間隔は、20 分 x 3、つまり 60 分になります。

必要に応じてこの調整を行うには、Content Distribution Manager GUI で Devices > Content Engines > CDN Settings > Acquisition and Distribution Settings の順に選択します。

指定された時間を待たないで、即時に NACK 要求を送信するには、マルチキャスト受信側 Content Engine で distribution multicast send-nack-now コマンドを実行できます。

NACK インターバル係数の設定

受信側 Content Engine は、否定応答(NACK)メッセージを送信側に送信して、欠落コンテンツを識別し、ファイルの再送信をトリガーします。送信側 Content Engine が大量のネットワーク トラフィックにより NACK メッセージを処理するのが困難になる場合、受信側 Content Engine で NACK インターバル係数を設定すると、NACK メッセージが送信される間隔を変更できます。

NACK インターバル係数を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 設定する Content Engine の名前の横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 3 Content ペインで、 CDN Settings > Acquisition and Distribution Settings の順に選択します。Acquisition and Distribution Settings for Content Engine ウィンドウが表示されます。

図 5-11 Acquisition and Distribution Settings

 


) デバイス グループ設定値が適用されない場合、タスクバーの Remove Device Settings
(Trash)アイコンをクリックすると、デバイスに設定された値を削除できます。デバイスの出荷時のデフォルト値を適用したい場合は、タスクバーの Apply Defaults アイコンをクリックします。デバイスが関連付けられるデバイス グループから設定値が適用された場合、それに応じてタスクバーの項目が変わります。デバイス グループの設定値を変更するには、タスクバーの Override Group Settings アイコンをクリックします。このウィンドウに表示される値で設定された 1 つ以上のデバイス グループにデバイスが関連付けられる場合、そのデバイスに適用したい設定値をもつデバイス グループの名前を選択できます。


ステップ 4 目盛り付きルーラーでの Content NACK Interval Multiplier スライダをドラッグして、NACK メッセージ間の間隔を調整します。調整の範囲は、標準の 10% ~標準の 10 倍です。標準に対応するスケール中央の係数は、デフォルト値の 20 分を示します。スライダの位置に対応する値が、横のフィールドに表示されます。

ステップ 5 Submit をクリックして設定値を保存します。


 

ファイル再送信/停止機能について

特定のファイル、特定のチャネル、またはすべてのチャネルの再送信をトリガーするには、送信側のマルチキャストの設定で、CLI を使用して multicast resend コマンドを実行できます。このコマンドは、目的のターゲットに対して、実行されたカルーセル送信回数を内部でゼロにリセットします。コンテンツの初回の再送信は、NACK にトリガーされずに常に自動的に行われるので、カルーセル送信回数をゼロに設定すると、コンテンツの再送信がトリガーされます。しかし、 on-demand-only オプションも指定される場合、このコマンドの実行後に行われる初回のカルーセル送信は、関係するコンテンツに対する NACK によってのみトリガー可能です。

特定のファイル、特定のチャネル、またはすべてのチャネルの送信を停止するには、送信側マルチキャストで CLI を使用して multicast stop コマンドを実行できます。このコマンドは、実行されたカルーセル送信回数を最大の整数に内部で増やします。これにより、それ以降のカルーセル送信がトリガーされません。

マルチキャスト転送エラー訂正の設定について

転送エラー訂正(FEC)は、再送信をすることなく、送信のエラーを防止するデータ エンコーディングのタイプです。FEC 数は、1 つの FEC 送信グループにエンコーディングされるパケット数を示します。FEC 数が大きいほど、送信グループのサイズは大きくなります。したがって、マルチキャストのエラー耐性が向上しますが、送信側と受信側マルチキャストの計算のオーバーヘッドも増えます。FEC に関連する帯域幅のオーバーヘッドはないことに注意してください。

ACNS 5.0.1 ソフトウェアでは、FEC のデフォルト値は 8 です。ACNS 5.0.3 以降のソフトウェアでは、FEC のデフォルトは 16 です。マルチキャスト送信側のデバイスがハイエンドの Content Engine モデル(たとえば、CE-7325)である場合、特にネットワーク接続の一様損失率が高いときにマルチキャストの信頼性を向上させるために、この数値を高く設定することができます。しかし、この数値を 64 より高く設定しないようにお勧めします。これより高く設定すると、すべての受信側 Content Engine の負荷が大きくなるからです。

これとは別に、PGM config ファイル(Content Engine CLI から /local1/multicast-expert-config/ ディレクトリ内でアクセス可能なテキスト ファイル)を使用して、積極的 FEC を設定することもできます。積極的 FEC とは、FEC 数のデータ パケットごとにマルチキャスト送信側が積極的に送信する余分のパケット数です。積極的 FEC のデフォルト値は 0 です。マルチキャストの信頼性を高めるために、この値を高く設定できます。たとえば、16 FEC パケットごとに 2 つの積極的パケットにすると、12.5 パーセントのトラフィック オーバーヘッド(2 ÷ 16)になります。

積極的 FEC により、標準 FEC より高い信頼性が得られます。標準 FEC には帯域幅オーバーヘッドがかかりませんが、積極的 FEC には発生します。積極的 FEC は、主にマルチキャストの一様損失を防止します。たとえば、ネットワークの一様損失率が 15 パーセントである場合、16 FEC パケットごとに積極的 FEC が 2 つのパケットを追加する(12.5 パーセントの帯域幅オーバーヘッド)場合、実効損失率が 2.5 パーセントまで下がります。大部分のネットワーク損失は完全に一様であるとは限りません。しかし、バースト時にも、積極的 FEC は同様に実効バースト損失率を下げます。たとえば、バースト損失率が 20 パーセント、平均の損失率が 2 パーセントであり、積極的 FEC が 12.5 パーセントである場合、受信側 Content Engine のバースト損失率は 7.5 パーセント、および平均損失率がほぼ 0 パーセントになります。

チャネル オプションのコンテンツ複製設定について

マルチキャスト クラウドが設定された後、コンテンツのマルチキャスト複製をチャネル内で行うには、そのマルチキャスト クラウドを 1 つ以上のマルチキャスト対応チャネルに関連付ける必要があります。チャネルの設定には、コンテンツの複製用にさまざまな送信オプションがあります。チャネルはマルチキャストとユニキャスト用(ユニキャストへのフェールオーバーのあるマルチキャスト)、マルチキャスト専用、またはユニキャスト専用の送信に設定できます。

マルチキャストとユニキャスト

チャネルがマルチキャストとユニキャスト用に設定される場合、受信側 Content Engine がコンテンツのダウンロードにユニキャストを使用するのは、カルーセル送信回数がすべて終わった後、および事前設定されたマルチキャスト送信が失敗した後だけです。送信側バックアップを使用するマルチキャスト クラウド設定では、チャネルのマルチキャストとユニキャストが使用可能である場合、現在アクティブな送信側マルチキャストがファイルのカルーセル送信回数をすべて使い果たしたときに、ユニキャストへのフェールオーバーが発生します。

管理者が Content Engine をユニキャストにフォールバックしたい場合(たとえば、地上マルチキャスト メディアを使用した多層ユニキャスト配置)、マルチキャスト クラウドのカルーセル送信回数を低く(たとえば、1、2、または 3)設定する必要があります。

マルチキャスト専用

一方、マルチキャスト複製のみが必要な場合(たとえば、衛星マルチキャスト メディアを使用したハブ アンド スポークまたはスター トポロジー配置)、マルチキャスト クラウドでカルーセル送信回数を高く設定して(たとえば、10 以上)、マルチキャスト専用としてチャネルを設定する必要があります。

チャネルがマルチキャスト専用に設定される場合(チャネルがマルチキャスト クラウドに関連付けられ、サブスクライブする受信側 Content Engine でマルチキャスト サービスのライセンス交付とイネーブル化が正常に行われた場合)、コンテンツ複製はマルチキャストのみで行われます。ユニキャストの再送信は行われません。これにより、バックグラウンドのユニキャスト ポーリングと、それによる帯域幅の占有が防止されます。しかし、マルチキャスト専用チャネル内の Content Engine で、マルチキャストのライセンス交付とイネーブル化が行われない場合、マルチキャスト専用チャネルからのすべてのコンテンツを、ユニキャストにより引き続き要求します。

Content Engine のマルチキャストのイネーブル化

マルチキャスト クラウドを作成する前に、マルチキャスト配信ライセンス キー(シスコ社から購入)で Content Engine のマルチキャストを使用可能にする必要があります。マルチキャストが使用可能になった Content Engine を、マルチキャスト クラウドの設定時に、送信側と受信側の Content Engine として割り当てることができます。

マルチキャスト用の Content Engine は、マルチキャスト クラウドに割り当てる必要があります。このマルチキャスト クラウドは、マルチキャスト対応チャネルに割り当てられます。また、クラウドの個々の送信側と受信側 Content Engine を、特定のマルチキャスト対応チャネルに登録することも必要です。マルチキャスト クラウドがチャネルに関連付けられている場合であっても、このステップを実行する必要があります。

Content Engine のマルチキャストをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Devices > Content Engines の順に選択します。

ステップ 2 マルチキャストをイネーブルにする Content Engine の名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Content Engine ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 CDN Settings > Multicast Distribution License の順に選択します。Multicast Distribution License Agreement ウィンドウが表示されます。

Multicast Distribution Agreement for Content Engine ウィンドウは、デバイスのマルチキャスト配信ライセンスを読まずに承諾しなかった場合だけ表示されます。このライセンスを承諾する手順は、次のとおりです。

a. この使用許諾契約を読みます。

b. Accept License チェックボックスにチェックマークを付けます。

c. Submit をクリックします。

ページが最新表示され、Multicast Distribution License Settings for Content Engine が表示されます。

ステップ 4 Enable チェックボックスにチェックマークを付け、License Key フィールドにライセンス キーを入力します。

ステップ 5 または、 Evaluate チェックボックスにチェックマークを付けると、評価用ライセンス キーがイネーブルになります。

ステップ 6 Submit をクリックします。

ステップ 7 Modifying Content Engine ウィンドウに戻り、ステップ 1ステップ 6 を繰り返して、ACNS ネットワーク内の他の Content Engine 上でマルチキャストをイネーブルにします。

ステップ 8 マルチキャスト配信ライセンスの設定値を変更または削除するには、次のオプションがあります。

a. デバイスの設定値を削除するには、タスクバーの Remove Device Settings アイコンをクリックします。

b. デバイスの出荷時のデフォルト値を適用するには、タスクバーの Apply Defaults アイコンをクリックします。

c. デバイスが関連付けられているデバイス グループから適用されたデバイス グループの設定値を変更するには、タスクバーのOverride Group Settings アイコンをクリックします。

このウィンドウに表示される設定値で指定された 1 つ以上のデバイス グループにデバイスが関連付けられている場合、そのデバイスに適用したい設定値をもつデバイス グループの名前を、タスクバーに表示されるドロップダウン リストから選択できます。

現在適用されている設定の詳細(たとえば、デフォルト設定値が適用されたか、デバイスまたはデバイス グループから設定値が適用されたか)が表示され、設定値のソース情報を識別できます。

ステップ 9 次の項「マルチキャスト クラウドのプロパティの設定」に進んで、マルチキャスト クラウドを作成します。


 

マルチキャスト クラウドのプロパティの設定

マルチキャスト クラウドを設定するには、転送されるデータをアドバタイジングするための IP マルチキャスト アドレス、データを転送するための IP マルチキャスト アドレス範囲、プライマリ送信側マルチキャスト Content Engine とオプションの送信側バックアップ、1 組の受信側 Content
Engine、およびデータの最大送信速度を指定します。


マルチキャスト アドレスを x.0.0.y の形式(たとえば、238.0.0.1)で使用しないように強くお勧めします。このようなアドレスは、ローカル マルチキャスト用にルータやスイッチが使用することが多い、224.0.0.x と同じイーサネット アドレス スペースにハッシュされます。これらのアドレス上にトラフィックが増えると、ネットワーク要素のワークロードも増えてしまいます。


マルチキャスト クラウドを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Network > Multicast Clouds の順に選択します。Multicast Clouds ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 タスクバーで Create New Multicast Cloud アイコンをクリックします。Creating New Multicast Cloud ウィンドウが表示されます(図 5-12 を参照)。マルチキャスト クラウドのパラメータについては、 表 5-4 を参照してください。

図 5-12 Creating New Multicast Cloud ウィンドウ

 


図 5-12 のウィンドウ内では、すべてのフィールドが表示されているわけではありません。Content Distribution Manager GUI のすべてのフィールドを表示するには、ウィンドウの一番下までスクロールする必要があります。


ステップ 3 基本的なマルチキャスト クラウド情報を設定します。

a. Name フィールドに、マルチキャスト クラウドの名前を入力します。

b. Advertisement IP address フィールドに、アドバタイズメント アドレスを入力します。

c. マルチキャスト クラウドを作成する際には、固有のアドバタイズメント アドレスを割り当てる必要があります。これにより、1 つのクラウド内のすべての Content Engine が同じアドバタイズメント アドレスをもち、マルチキャスト セッション情報を伝達できます。

d. Port フィールドにポート番号を入力します。これは、ファイル転送アドレスで使用するポートです。デフォルトのポートは 7777 です。

ステップ 4 送信側マルチキャストと送信側バックアップを設定します。

a. 送信側プライマリ Content Engine をリストの中から選択し、 Update Primary Sender CE ボタンをクリックします。Content Engine の名前が、Primary Sender CE フィールドに表示されます。送信側プライマリの選択は必須です。

b. 送信側バックアップ Content Engine をリストの中から選択し、 Update Backup Sender CE ボタンをクリックします。Content Engine の名前が、Backup Sender CE フィールドに表示されます。送信側バックアップの選択は省略可能です。

ステップ 5 マルチキャスト アドレスを設定します。

a. 開始 IP アドレス(Start IP address)と終止 IP アドレス(End IP address)を、指定のフィールドに入力します。

マルチキャスト クラウドを設定する際に、開始 IP アドレスと終了 IP アドレスを入力して、アドレスの範囲を指定する必要があります。マルチキャスト クラウドが設定され、そのマルチキャスト クラウドを 1 つ以上のマルチキャスト対応チャネルに関連付けた後、このマルチキャスト アドレスの範囲は、その範囲に関連した各チャネルに固有のデータ チャネル マルチキャスト アドレスを指定するのに使用されます。マルチキャスト クラウドにチャネルを割り当てる際に、アドレスが 1 つのチャネルだけによって、かつ 1 つのマルチキャスト クラウドだけによって使用されることを確実にするために、未使用の IP アドレスがこの範囲の中から自動的に選択されます。

b. Default Multicast-out Bandwidth フィールドに、マルチキャスト最大速度をキロビット/秒(kbps)で入力します。この値は、送信側 Content Engine に適用されます。

ステップ 6 必要に応じて、マルチキャスト クラウドの詳細を設定します。

a. マルチキャスト送信方法に基づいて、Multicast medium ドロップダウン リストから Satellite または Terrestrial を選択します。

b. IP TTL フィールドに、存続可能時間(Time to Live)のホップ数を入力します。

c. TTL フィールドは、パケットがさらにルーティングされるのではなく、ドロップされる時期をルータが解釈し、決定するためのものです。パケットが宛先に到達したかどうかにかかかわず、パケットが破棄される前に通過するホップ数を指定します。

d. # of Carousel passes フィールドに、カルーセル送信回数を入力します。

これは、送信側マルチキャストが、割り当てられるチャネルのコンテンツを送信できる最大回数です。この最大送信回数後に、送信側マルチキャストをユニキャストにフォールバックするように設定できます。

Content Engine をユニキャストにフォールバックしたい場合(たとえば、地上マルチキャスト メディアを使用した多層ユニキャスト配置)、マルチキャスト クラウドのカルーセル送信回数を低く(たとえば、1、2、または 3)設定する必要があります。

一方、マルチキャスト複製が適切な場合(たとえば、衛星マルチキャスト メディアを使用した、ハブ アンド スポークまたはスター トポロジー配置)、マルチキャスト クラウドでカルーセル送信回数を高く(たとえば、10 以上)設定してください。


) チャネルがマルチキャスト専用に設定されるときに、受信側がマルチキャスト対応になっている場合、設定可能な最大カルーセル送信回数は 1,000,000,000 です。設定された最大送信回数に達すると、syslog はアラートとして警告メッセージを表示します。


e. FEC 送信グループ(FEC transmission group)の値をドロップダウン リストから選択します。

FEC データ エンコーディングにより、送信のエラーが防止され、再送信の必要はありません。FEC 数は、1 つの FEC 送信グループにエンコーディングされるパケット数を示します。この数値が大きいほど、送信グループのサイズは大きくなります。したがって、マルチキャストのエラー耐性が向上しますが、送信側と受信側マルチキャストの計算のオーバーヘッドも増えます。FEC に関連する帯域幅のオーバーヘッドはないことに注意してください。

f. Delay between passes フィールドに、値(分数)を入力します。これは、ファイル送信間の間隔を設定します。

g. PGM パケットの IP ルータ アラート オプションを使用可能にするには、 PGM Router-assist チェックボックスにチェックマークを付けます。

このオプションは、コンテンツの配信のために IP ルータを使用するかどうかを指定します。

h. Primary-to-backup failover grace period に値(分数)を入力します。値の範囲は 5 ~ 7200 分です。デフォルトは 30 分です。

これは、送信側プライマリがアクティブであるかどうかを送信側バックアップが検出する時間です。

i. Backup-to-primary fallback grace period に値(分数)を入力します。値の範囲は 5 ~ 7200 分です。デフォルトは 30 分です。

これは、バックアップがアクティブであるかどうかを送信側プライマリが検出する時間です。

ステップ 7 Comments フィールドに任意のコメントを入力します。このフィールドはオプションです。

ステップ 8 Submit をクリックして、設定を保存します。

これでマルチキャスト クラウドの設定が保存され、「受信側 Content Engine の追加と削除」ステップ 3 に進むことができます。


) 受信側 Content Engine を割り当てていない場合、受信側 Content Engine をマルチキャスト クラウドに割り当てるまでトランザクションが完了しないことを知らせるメッセージが表示されます。


表 5-4 では、マルチキャスト クラウドの設定時に Content Distribution Manager GUI で定義する必要があるパラメータについて説明します。GUI およびこの表では、必須フィールドにアスタリスクが付いています。

 

表 5-4 マルチキャスト クラウドのパラメータ

フィールド
説明
Multicast Cloud Information

Name*3

マルチキャスト クラウドの ID として使用する名前。この名前は、システム全体で固有のものでなければなりません。

Advertisement IP address*

通信チャネルを実装するために、マルチキャスト クラウドによってまとめて認識され、使用されるマルチキャスト アドレス。

アドバタイズメント IP アドレスは、次のガイドラインに従う必要があります。

システム全体で固有のものでなければならない。

各クラウドには 1 つのアドバタイズメント アドレスが必要である。

別のマルチキャスト クラウドで使用してはならない。

RFC マルチキャスト範囲(224.0.0.0 ~ 239.255.255.255)内でなければならない。

このクラウドによって指定される開始と終了の範囲外でなければならない。

プログラムに対してユーザが指定するマルチキャスト アドレスであってはならない。

プログラム マルチキャスト プールの開始と終了の範囲
System > Program Addresses で指定)内であってはならない。

マルチキャスト アドレスの制約事項については、 付録 B「IP マルチキャスト」 を参照してください。

Port*

ファイル アドレスに使用するポート。デフォルトのポートは 7777 です。

Multicast Cloud Sender

Primary Sender CE*

マルチキャストを使用する 1 組の受信側 Content Engine に、コンテンツをプッシュする転送側プライマリ Content Engine。

送信側プライマリは、次の規則に従う必要があります。

送信側プライマリは、同じクラウドの送信側バックアップにすることはできない。

送信側プライマリは、同じクラウドの受信側にすることはできない。

送信側プライマリは、別のクラウドの送信側プライマリにすることはできない。

送信側プライマリは、別のクラウドの送信側バックアップにすることはできない。

送信側 Content Engine は、ネットワークから削除できません。送信側 Content Engine を削除する場合は、事前に、マルチキャスト クラウドの送信側として別の Content Engine を選択しておく必要があります。

Backup Sender CE

送信側プライマリ Content Engine の障害時のバックアップ用に設定する Content Engine。送信側バックアップ Content Engine は、送信側プライマリと同じマルチキャストアウト帯域幅値を使用します。

送信側バックアップは、次の規則に従う必要があります。

送信側バックアップは、同じクラウドの送信側プライマリにすることはできない。

送信側バックアップは、同じクラウドの受信側にすることはできない。

送信側バックアップは、別のクラウドの送信側プライマリにすることはできない。

送信側バックアップは、別のクラウドの送信側バックアップにすることはできない。

マルチキャスト クラウドの送信側プライマリと送信側バックアップは、Content Distribution Manager GUI によって実行される、同じマルチキャスト対応チャネルのセットに登録されなければなりません。

Multicast Cloud Settings

Start IP address*

IP アドレス範囲の開始値。224.0.0.0 ~ 239.255.255.255 の範囲内でなければなりません。

IP アドレスの範囲は、次の規則に従う必要があります。

IP アドレスの範囲は、プログラム マルチキャスト プール アドレスと重なってはならない。

IP アドレスの範囲には、関連したチャネルと共にこのクラウドが使用するすべてのマルチキャスト アドレスが入っていなければならない。


) 1 つのマルチキャスト クラウドの IP アドレス範囲は、別のマルチキャスト クラウドの範囲と重複させることができます。重複があるが、マルチキャストが可能というメッセージが表示されます。マルチキャスト アドレスの制約事項については、付録 B「IP マルチキャスト」を参照してください。


 

End IP address*

IP アドレス範囲の終了値。開始 IP アドレスより大きくなければなりません。終了 IP アドレスは、224.0.0.0 ~ 239.255.255.255 の範囲内でなければなりません。

マルチキャスト アドレスの制約事項については、 付録 B「IP マルチキャスト」 を参照してください。

Default Multicast-out Bandwidth*

キロビット/秒(kbps)単位のマルチキャスト最高速度。最低速度は 10 kbps です。

これは、デフォルトのマルチキャストアウト帯域幅で、1 日 24 時間適用されます。マルチキャストアウト帯域幅は、送信側 Content Engine だけに関連付けられます。

個別の曜日に帯域幅速度をカスタマイズするには、A&D Bandwidth Settings ページを使用してください。これらの設定値により、ユーザが指定するデフォルトの期間が変更されます(「スケジュール時刻の獲得と配信用帯域幅パラメータの設定」を参照)。


) マルチキャストアウトの時刻帯域幅設定はサポートされません。ただし、ゼロ(0)に設定する場合を除きます。


マルチキャストアウト帯域幅の設定は、送信側バックアップが設定される場合、送信側プライマリと送信側バックアップの両方で使用されます。

Advanced Settings

Multicast medium

マルチキャストを送信する手段。Satellite(衛星)または Terrestrial(地上)。デフォルトは Satellite です。

IP TTL

存続可能時間(Time to Live)のホップ数。範囲は 1 ~ 255 です。デフォルトは 255 です。

FEC transmission group

FEC(転送エラー訂正)ブロックのサイズ(パケット数)(詳細については、RFC 3208 「PGM Reliable Transport Protocol Specification」を参照)。指定できる入力値は、2、4、8、16、32、64、および 128 です。デフォルトは 16 です。

# of Carousel passes

送信側マルチキャストがオンデマンド カルーセル用に欠落コンテンツを送信しようとする最大回数。範囲は 1 ~ 1000000000 です。デフォルトは 5 です。


) 送信側マルチキャストが時刻 t にオブジェクト上で最後のカルーセルを終了するときに、送信側マルチキャストが t+carousel_delay 内に NACK を受信する場合、送信側マルチキャストは時刻 t+carousel_delay にこのオブジェクトの次のカルーセルを開始します。つまり、カルーセルの遅延がゼロ(0)より大きい場合、マルチキャスト カルーセルは NACK の受信直後にはトリガーされません。


 

Delay between passes

ファイル送信間の遅延(分数)。デフォルトは 0 分です。範囲は 0 ~ 10080(7 日 * 24 時間 * 60 分)です。

PGM Router-assist

コンテンツの配信のために IP ルータを使用するかどうかを指定します。このチェックボックスにチェックマークを付けると、PGM パケットの IP ルータ アラート オプションが有効になります。


) PGM パケット ルーティングは、Cisco IOS 12.0(5)T およびそれ以降の 12.0 T リリースでサポートされます。


 

Primary-to-backup failover grace period

送信側プライマリがアクティブであるかどうかを送信側バックアップが検出する時間。送信側バックアップがこの猶予期間内に送信側プライマリからハートビートを受信しない場合、送信側バックアップはアクティブ ロールを引き受けます。

値の範囲は 5 ~ 7200 分です。デフォルトは 30 分です。

Backup-to-primary fallback grace period

バックアップがアクティブであるかどうかを送信側プライマリが検出する時間。送信側バックアップがこの猶予期間内に応答しない場合、送信側プライマリはアクティブ ロールを引き受けます。

値の範囲は 5 ~ 7200 分です。デフォルトは 30 分です。

Comments

マルチキャスト クラウドについての注釈。

3.* = 入力必須フィールド。その他のフィールドはすべてオプションです。


 

マルチキャスト クラウドの変更

マルチキャスト クラウドを変更する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Network > Multicast Clouds の順に選択します。

Multicast Clouds ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 変更したいマルチキャスト クラウドの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。

Modifying Multicast Cloud ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 必要に応じて情報または設定値を編集します。

ステップ 4 Submit をクリックして、変更内容を保存します。


 

マルチキャスト クラウドの削除

マルチキャスト クラウドを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Network > Multicast Clouds の順に選択します。Multicast
Clouds ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 削除したいマルチキャスト クラウドの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Multicast Cloud ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 タスクバーから Trash アイコンをクリックします。削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 4 OK をクリックします。マルチキャスト クラウドが削除されます。


 

マルチキャスト クラウドの表示

ネットワーク内で設定されているすべてのマルチキャスト クラウドを表示する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Network > Multicast Clouds の順に選択します。ACNS ネットワーク内のすべてのマルチキャスト クラウドを表示する Multicast Clouds ウィンドウが表示されます。

この表には、マルチキャスト クラウドごとの送信側 Content Engine も表示されます。

ステップ 2 この表のデータを印刷するには、 Printer アイコンをクリックします。


 

受信側 Content Engine の追加と削除


) Content Engine をマルチキャスト クラウドに追加する場合は、事前に、マルチキャスト配信ライセンスを使用して Content Engine をマルチキャスト対応にしておく必要があります(「Content Engine のマルチキャストのイネーブル化」を参照)。


マルチキャスト クラウドを作成するには、少なくとも受信側 Content Engine を 1 台追加する必要があります。受信側 Content Engine を追加する場合は、次のガイドラインに従ってください。

受信側になる Content Engine を少なくとも 1 台選択する必要があります。

追加可能な受信側の最大数は、システム内の Content Engine の合計数です(送信側 Content Engine を除く)。

受信側は、別のマルチキャスト クラウドの受信側になることはできません。

受信側は、同じマルチキャスト クラウドの送信側になることはできません。別のマルチキャスト クラウドに割り当てられていない Content Engine だけが、Content Distribution Manager GUI 内の選択肢として表示されます。

マルチキャスト機能を使用可能にするためにチャネルに関連付けることができるのは、少なくとも 1 つの受信側 Content Engine をもつ完全に設定されたマルチキャスト クラウドだけです。

選択する Content Engine のリストは、ロケーション別にソートされます。このマルチキャスト クラウドに追加する個々の Content Engine を、1 つ以上のロケーションから選択できます。


) Content Distribution Manager GUI で選択肢として表示されるのは、別のマルチキャスト クラウドに受信側 Content Engine として割り当てられていない Content Engine、およびこのクラウドに送信側 Content Engine として割り当てられていない Content Engine に限られます。


受信側 Content Engine をマルチキャスト クラウドに追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、 Network > Multicast Clouds の順に選択します。Multicast Clouds ウィンドウが表示されます。

ステップ 2 受信側 Content Engine を追加するマルチキャスト クラウドの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Multicast Cloud ウィンドウが表示されます。

ステップ 3 Contents ペインから、 Assign receiver CEs をクリックします。Assigning Receiver CEs to Multicast Cloud ウィンドウが表示されます。

ステップ 4 個々の受信側 Content Engine を追加するために、ロケーションの名前をクリックします。そのロケーション内の Content Engine のリストが表示されます。

ステップ 5 リスト内の Content Engine の 1 つをマルチキャスト クラウドに追加するために、追加する Content Engine の名前の横にあるチェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 6 Add をクリックした後、 Submit をクリックします。 Submit ボタンの左側にあるメッセージ バーに、「Change Submitted」というメッセージが表示されます。

マルチキャスト クラウドを設定した後、そのマルチキャスト クラウドをマルチキャスト対応チャネルに追加できます(「マルチキャスト クラウドの割り当てとチャネルからの削除」を参照)。

ステップ 7 Content Engine をマルチキャスト クラウドから削除する場合は、削除する Content Engine の名前の横にあるチェックボックスにチェックマークを付けます。

ステップ 8 Remove Selected CEs をクリックした後、 Submit をクリックします。


 

チャネルのマルチキャストまたはユニキャスト送信設定

Cisco ACNS 5.1 ソフトウェアでは、ユニキャストにフェールオーバーするマルチキャスト送信、マルチキャスト専用送信、またはユニキャスト専用送信用にチャネルを設定できます。

チャネルのマルチキャストまたはユニキャスト送信を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、Channels > Channels の順に選択します。ACNS ネットワーク内のすべてのチャネルを表示する Channels ウィンドウが表示されます(図 5-9 を参照)。

ステップ 2 タスクバーから Create New Channel アイコンをクリックします。Creating New Channel ウィンドウが表示されます または、既存のチャネルをマルチキャスト対応にするには、変更したいチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。

ステップ 3 Configuration Information 見出しの下にあるフィールドを使用して、チャネルのプロパティを設定または変更します(「チャネルの作成と変更」を参照)。

ステップ 4 Acquisition and Distribution Properties 見出しの下にある Multicast only、 Multicast/Unicast 、または Unicast only のオプション ボタンをクリックして、適切な送信モードにチャネルを設定します。

ステップ 5 Submit をクリックします。


 

マルチキャスト クラウドの割り当てとチャネルからの削除

マルチキャスト クラウドの割り当てや削除は、マルチキャスト対応チャネルからのみ実行できます。チャネルをマルチキャスト対応にするには、そのチャネルの作成または変更時に、
Multicast/Unicast オプション ボタンか、Multicast-only オプション ボタンをクリックします(「チャネルの作成と変更」を参照)。


) マルチキャスト クラウドがチャネルに割り当てられる場合、そのマルチキャスト クラウドに含まれている Content Engine も、個別にマルチキャスト用のチャネルに割り当てる必要があります。Content Engine をチャネルに割り当てるには、「Content Engine の追加とチャネルからの削除」 の手順を実行します。


マルチキャスト クラウドを割り当てる手順、およびマルチキャスト対応チャネルから削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Content Distribution Manager GUI から、Channels > Channels の順に選択します。ACNS ネットワーク内のすべてのチャネルを表示する Channels ウィンドウが表示されます(図 5-9 を参照)。

 

ステップ 2 マルチキャスト クラウドを割り当てるチャネル、またはマルチキャスト クラウドを削除するチャネルの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Modifying Channel ウィンドウが表示されます( 図 5-8 を参照)。

ステップ 3 チャネル上でマルチキャストをまだ使用可能にしていない場合は、次の手順で使用可能にします。

a. Multicast only または Multicast/Unicast オプション ボタンをクリックします。

b. Submit をクリックします。

ステップ 4 Contents ペインから、 Assign Multicast Cloud を選択します。Assigning Multicast Clouds to Channel ウィンドウが表示されます(図 5-13 を参照)。

図 5-13 Assigning Multicast Clouds to Channel ウィンドウ

 

ステップ 5 タスクバーから Assign Multicast Cloud to Channel アイコンをクリックします。Assign Multicast
Cloud to Channel Assignment ウィンドウが表示されます。

ステップ 6 ドロップダウン リストからマルチキャスト クラウドを選択します。ウィンドウが最新表示され、そのマルチキャスト クラウドの IP アドレス範囲が表示されます。IP address to use for this Channel フィールドに、この範囲の中からこのチャネルに割り当て可能な IP アドレスを入力します(割り当て可能なアドレスが自動的にこのフィールドに読み込まれていますが、このアドレスは変更できます)。

図 5-14 では、マルチキャスト クラウドを選択して画面が更新された後、そのクラウドの IP アドレス範囲が表示されています。

図 5-14 Assigning Multicast Cloud to Channel Assignment ウィンドウ

 

ステップ 7 Submit をクリックします。

ステップ 8 チャネルからマルチキャスト クラウドを削除するには、Assigning Multicast Clouds to Channel ウィンドウを表示します(図 5-13 を参照)。

ステップ 9 削除したいマルチキャスト クラウドの名前の横にある Edit アイコンをクリックします。Assign Multicast Cloud to Channel Assignment ウィンドウが表示されます。

ステップ 10 Trash アイコンをクリックします。削除を確認するメッセージが表示されます。

ステップ 11 OK をクリックします。チャネルが削除されます。


 

マルチキャスト設定の確認

次のチェックリストを使用して、マルチキャスト設定を確認してください。

1. show multicast コマンドを使用して、マルチキャスト クラウドに追加される Content Engine がすべてオンラインであり、マルチキャスト対応になっていることを確認します。

2. マルチキャスト接続が確認された後、マルチキャスト クラウドのパラメータ(送信側、アドバタイズメント アドレス、転送アドレス、範囲、マルチキャストアウト帯域幅、衛星または地上、最大カルーセル送信回数、および受信側 Content Engine)を設定します。

3. 送信側 Content Engine には show distribution mcast-data-sender コマンドを使用して、受信側 Content Engine には show distribution mcast-data-receiver コマンドを使用して、マルチキャスト クラウドのプロパティを確認します。

4. チャネルにマルチキャストを設定し、そのチャネルにマルチキャスト クラウドを割り当てます。

5. 送信側マルチキャストと目的の受信側 Content Engine を、チャネルが割り当てられたマルチキャスト クラウドから割り当てます。

6. マルチキャスト用のチャネルを Content Distribution Manager を使用して設定した後は、 show
statistics distribution mcast-sender
コマンドと show statistics distribution mcast-receiver コマンドを使用して、転送の進行状況を表示します。

マルチキャストに関連したコマンド

表 5-5 では、マルチキャストに関連するコマンドを説明します。使用上のガイドラインや例など、これらのコマンドの詳しい説明については、『Cisco ACNS Software Command Reference, Release 5.1』を参照してください。

 

表 5-5 マルチキャスト関連コマンド

コマンド
構文
説明

distribution multicast

distribution multicast send-nack-now

未完了のオブジェクトについて NACK を生成し、受信側マルチキャストに送信します。

 

distribution multicast resend

個々のオブジェクトを再送信する( object オプション)か、最初のカルーセルが NACK によってのみトリガーされる( on-demand-only オプション)ことを指定します。

 

distribution multicast stop

マルチキャスト カルーセルがトリガーされないように、カルーセル完了回数を最大値に設定します。

 

distribution multicast connectivity-test

送信側と 1 つ以上の受信側との間のマルチキャスト接続を確認します。

multicast

multicast {accept-license-agreement | enable | evaluate | license-key key | sender-delay delay}

ライセンスの受諾、およびキーの入力を含めて、マルチキャストのイネーブルとディセーブルを制御します。


) マルチキャストの設定には、Content
Distribution Manager GUI の使用をお勧めします。


 

 

multicast fixed-carousel enable

受信側のフィードバックに関係なく、固定されたカルーセル送信を使用可能にします。インテリジェント カルーセルは使用不可になります。送信側プライマリのみに適用され、Content Engine が送信側バックアップになると削除されます。

 

multicast priority-weight

優先順位ベースのスケジューリングに対してマルチキャスト帯域幅のパーセントを設定します。残りの帯域幅は、キューにあるジョブの時間ベースのスケジューリングに与えられます。

デフォルトは 50% です。

show multicast

show multicast [license-agreement]

マルチキャスト クライアントの現在の状況を表示します。このコマンドに license-agreement オプションが指定されている場合、マルチキャスト使用許諾契約の全文が表示されます。

show distribution

show distribution mcast-data-receiver

show distribution mcast-data-sender

受信側または送信側マルチキャストの状態を示します。マルチキャスト クラウドについての情報を表示します。

show statistics distribution

show statistics distribution mcast-data-receiver

show statistics distribution mcast-data-sender

マルチキャスト データの受信側または送信側のコンテンツ配信統計を表示します。

clear statistics distribution

clear statistics distribution mcast-data-receiver

clear statistics distribution mcast-data-sender

マルチキャスト統計情報を消去します。