発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

A

ASR。適応型セッションの冗長性を参照

B

BACKUP_IP 変数  3-21

I

IP 仮想ルータ、VIP 冗長性の設定  1-21

IP 冗長 VIP、VIP 冗長性の設定  1-23

IP 冗長インターフェイス

VIP 冗長性のための設定  1-25

表示  1-55

IP 冗長性。ボックスツーボックス冗長性を参照

IP のクリティカル サービス

VIP 冗長性のための設定  1-36

表示  1-55

ISC。スイッチ間通信を参照

L

LifeTick  2-7

LOCAL_VIPR_IP 変数、設定  1-53

R

REMOTE_IP 変数、設定  3-21

REMOTE_VIPR_IP 変数、設定  1-53

running-config の例

ASR  2-14

VIP および仮想 IP インターフェイスの冗長性  1-19

VRID ピアリング  1-31

クリティカル phy  1-42

ボックスツーボックス冗長性  3-9

V

VIP 冗長性

IP 仮想ルータ  1-21

running-config の例  1-19

VIP 表示  1-57

回線 IP インターフェイス、設定  1-20

概要  1-4

クリティカル サービス  1-36

冗長 VIP の設定  1-23

冗長インターフェイス  1-25

ステートレス フェ-ルオーバー  3-28, 3-36

セッションの冗長性  2-9

設定のクイック スタート  1-17

設定の同期  1-48

設定、表示  1-55

VRID ピアリング

概要  1-27

クリティカル レポーター、設定  1-35

設定  1-31

設定のクイック スタート  1-30

設定要件と制限事項  1-29

背景  1-27

VRRP  1-5, 1-49, 3-36

仮想ルータ冗長性プロトコル。VRRP を参照

アップリンク サービス、冗長の設定  3-23

一時的なマスター CSS、ボックスツーボックス冗長性  3-22

インデックス、冗長  2-8, 2-17, 2-24

回線 IP インターフェイス、VIP 冗長性の設定  1-20

回線、ボックスツーボックス冗長性における冗長性  3-14

仮想インターフェイスの冗長性

running-config の例  1-19

概要  1-6

設定  1-20

設定のクイック スタート  1-17

仮想インターフェイス、設定  1-25

仮想ルータ

ID  1-24

VRID ピアリング  1-26

クリティカル レポーターへの関連付け  1-35, 1-47

設定  1-21, 1-26

設定、表示  1-58

キープアライブ

IP のクリティカル サービス  1-36

アップリンク サービスの冗長  3-23

休止フロー  2-5, 2-22

クイック スタート

VIP 冗長性  1-17

VRID ピアリング  1-30

仮想インターフェイスの冗長性  1-17

クリティカル phy  1-40

適応型セッションの冗長性  2-12

ボックスツーボックス冗長性  3-6

クリティカル phy

概要  1-38

クリティカル レポーター、設定  1-47

設定  1-42

設定のクイック スタート  1-40

設定要件と制限事項  1-39

物理インターフェイス、設定  1-45

レポーターのアクティブ化  1-46

レポーターの一時停止  1-47

クリティカル サービス

VIP 冗長性のための設定  1-36

VIP 冗長性の表示  1-61

ボックスツーボックス冗長性の設定  3-23

ボックスツーボックス冗長性の表示  3-25

クリティカル レポーター、仮想ルータへの関連付け  1-35, 1-47

グループ、冗長  2-19, 2-24

ケーブル、ボックスツーボックス冗長性のクロス  3-10

ボックスツーボックス冗長性のクロス ケーブルのピン配置  3-10

コンテンツ ルール、冗長  2-18, 2-24

サービス、冗長  2-17, 2-24

冗長

インデックス  2-8, 2-17, 2-18, 2-19, 2-24

回線、ボックスツーボックス冗長性の設定  3-14

コンテンツ ルール  2-18, 2-24

サービス  2-17, 2-24

ソース グループ  2-10, 2-19, 2-24

冗長性

IP 冗長 VIP  1-23

VIP  1-1, 1-4, 1-20

アップリンク サービス  3-23

アップリンクの設定例  3-23

インターフェイスの表示  1-55

仮想インターフェイス  1-1, 1-4, 1-6, 1-20, 1-25

クリティカル サービス  1-36

冗長 VIP の表示  1-57

ステートレス フェ-ルオーバー  3-28, 3-32, 3-36

セッション  2-4

設定のクイック スタート  1-17, 2-12, 3-6

設定の同期  1-48, 3-16

設定の表示  3-42

適応型セッション  2-1

物理インターフェイス  3-26

ボックスツーボックス  3-1

冗長性設定の同期  1-48

冗長プロトコル

設定  3-14

ボックスツーボックス、概要  3-4

スイッチ間通信

概要  2-6

情報の表示  2-21

制限事項  2-9

設定  2-16

スクリプト

commit_redundancy  3-16

commit_vip_redundancy  1-50

設定の同期化  1-50, 3-16

ステートフル フェールオーバー  2-4

ステートレス冗長フェールオーバー

CSS パラメータの設定  3-30

VIP および仮想 IP インターフェイスの冗長性  3-36

VIP 冗長性の設定例  3-37

概要  3-28

設定の制約  3-29

設定の同期化  3-31

ボックスツーボックス冗長性の設定  3-32

ボックスツーボックス冗長性の設定例  3-33

セッションの冗長性

インデックス、冗長  2-8, 2-24

概要  2-4

コンテンツ ルール、冗長  2-18

サービス、冗長  2-17

情報の表示  2-21

スイッチ間通信  2-16

設定のクイック スタート  2-12

設定要件と制限事項  2-9

ソース グループ、冗長  2-11, 2-19

設定のクイック スタート

VIP 冗長性  1-17

VRID ピアリング  1-30

仮想インターフェイスの冗長性  1-17

クリティカル phy  1-40

適応型セッションの冗長性  2-12

ボックスツーボックス冗長性  3-6

設定の同期化

BACKUP_IP 変数  3-21

REMOTE_IP 変数  3-21

VIP 冗長性のスクリプト  1-49, 1-50

概要  1-48, 3-16

結果のロギング  1-54, 3-21

ボックスツーボックス冗長性のスクリプト  3-17

ロック ファイル  1-53, 3-20

ソース グループ

冗長  2-10, 2-19, 2-24

対象読者  xiv

適応型セッションの冗長性

running-config の例  2-14

インデックス、冗長  2-8

概要  2-4

コンテンツ ルール、冗長  2-18

サービス、冗長  2-17

冗長インデックス  2-24

情報の表示  2-21

スイッチ間通信  2-16

設定のクイック スタート  2-12

設定要件と制限事項  2-9

ソース グループ、冗長  2-11, 2-19

フェールオーバー

ステートフル  2-4

ステートレス  3-28

物理インターフェイス

クリティカル phy の設定  1-45

ボックスツーボックス冗長性の設定  3-26

物理リンク リスト  3-26

フロー、休止  2-5, 2-22

プロトコル

VRRP  1-5

ボックスツーボックス冗長性  3-4, 3-14

変数

LOCAL_VIPR_IP、設定  1-53

REMOTE_IP、設定  3-21

REMOTE_VIPR_IP、設定  1-53

ボックスツーボックス冗長性

CSS のケーブリング  3-10

概要  3-1

ステートレス フェ-ルオーバー  3-28, 3-32

設定  3-11

設定のクイック スタート  3-6

設定の同期  3-16

設定の表示  3-42

プロトコルの設定  3-14

無効化  3-13

マスター CSS、一時的  3-22

マニュアル

記号と表記法  xix

章の内容  xiv

セット  xv

対象読者  xiv

ルータ

VRID  1-21, 1-34, 1-35, 1-48

仮想  1-21, 1-24, 1-58

ASR の running-config  2-14

VIP および仮想 IP インターフェイスの冗長性の running-config  1-19

VIP 冗長性のためのステートレス冗長フェールオーバー  3-37

VRID ピアリングの running-config  1-31

アップリンク サービスの冗長性  3-23

クリティカル phy の running-config  1-42

ボックスツーボックス冗長性のステートレス冗長フェールオーバー  3-33

ボックスツーボックス冗長性の running-config  3-9

レポーター

アクティブ化  1-34, 1-46

一時停止  1-35, 1-47

クリティカル  1-35, 1-47

設定  1-31, 1-42

タイプ  1-32, 1-43

ロギング、設定同期化の結果  1-54, 3-21