Cisco ACE XML Gateway ユーザ ガイド
ポリシーの導入
ポリシーの導入
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/11/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

ポリシーの導入

導入の概要

ポリシーを導入できるユーザ

ポリシーの導入

ポリシー変更の選択的なロールバック

導入時の URL ベース リソースのリロード

承認ベースの導入

承認ベースの導入のイネーブル化

承認ステータスの確認および要求

承認済みのポリシー状態

アクティブなサブポリシーの承認要求のステータス

ポリシー変更の承認の要求

ポリシー変更の承認または拒否

承認済みポリシーの導入

ポリシーの導入

この章では、ポリシーを ACE XML Gateway に導入する方法について説明します。内容は次のとおりです。

「導入の概要」

「ポリシーの導入」

「ポリシー変更の選択的なロールバック」

「導入時の URL ベース リソースのリロード」

「承認済みポリシーの導入」

導入の概要

コンソールで設定を変更し、変更内容を保存している際、ACE XML Manager で作業ポリシーの複製に対する変更がコミットされています。作業ポリシーが ACE XML Manager から導入されるまで、この変更は Gateway で有効になりません。

ポリシーを導入すると、ACE XML Manager から ACE XML Manager の管理用ドメインにある任意の ACE XML Gateway に送信されます。導入すると、ACE XML Gateway によってポリシーのルールと動作が適用されます。

開発設定または評価設定では、変更結果のテストのためなど、ポリシーの導入が頻繁に必要になると考えられます。ただし、運用設定では、ポリシーのテストまたは検証後にだけ導入が行われる必要があります。必要に応じて、承認ベースの導入機能をイネーブルにして導入プロセスを制御できます。

ポリシーは選択的に導入できます(ACE XML Manager のドメインに最近追加した Gateway など)。ただし、一般的には、特定のドメインにおける Gateway のポリシーはすべて同じでなければなりません。

導入プロセスは、複数の手順を経て行われます。

1. ACE XML Manager が設定エラーやその他の潜在的な問題を調べて、ポリシーの基本的な確認を実行します。

2. ACE XML Manager がポリシーをコンパイルして、ACE XML Gateway のネイティブ実行形式に変換します。

3. ACE XML Manager がタイムスタンプと ID コードをポリシーに追加し、アーカイブに保存します。

4. ACE XML Manager が ACE XML Gateway にポリシーを送信します。

5. ACE XML Gateway がポリシーを承認して一時的にサービスを停止し、サービスを再設定して、新しいポリシーを適用し、サービスを再開します。

正常に導入されたことを確認する最初の手順として、[System Management] ページで入出力プロセスの状態を確認することを推奨します。ポリシーに問題がある場合、HTTP サーバまたは Reactor のプロセスの再開を妨げる可能性があります。実行中の全プロセスを Gateway の [Status] 設定の入出力プロセス テーブルで確認できます。

これらの手順が正常に完了すると、ACE XML Gateway が新しいポリシーを適用します。

ポリシーを導入できるユーザ

ポリシーを導入するために(または承認ベースの導入がイネーブルの場合にポリシーの導入を承認するために)、ユーザは適切な権限を持っている必要があります。特に、ユーザは次の条件を満たす必要があります。

Operations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザであること。

Shared サブポリシーおよび導入するサブポリシーにアクセスできること。

これに加え、承認ベースの導入がイネーブルの場合に、ポリシーまたはサブポリシー自体が導入を承認されている必要があります。Administrator ユーザは、常にポリシーを導入または承認できます。Operations ロールを持つユーザは、導入が行われるサブポリシーのほか、Shared サブポリシーにアクセスできる場合にポリシーを導入できます。「任意のサブポリシー」のアクセスで、ポリシーの導入を承認する必要があります。

Shared サブポリシーにアクセスできないユーザは、代わりに承認ベースの導入を使用して管理者にポリシー変更の承認を要求し、実際の導入はその管理者が実行します。

ポリシーの導入

ポリシーを導入すると、現在の作業ポリシーで変更が行われ、その変更が ACE XML Gateway で有効になります。Operations ロールを持つ Administrator ユーザおよび Privileged ユーザだけが、Web コンソールにポリシー変更を導入できます。

管理者の承認ベースの導入は、Web コンソールで任意にイネーブルにできます。イネーブルにすると、特定のユーザだけがポリシーを承認または導入できます。承認ベースの導入をイネーブルにしてポリシーを導入する手順は、標準的な導入手順にいくつかの手順を追加するのと同様です。詳細については、「承認ベースの導入」を参照してください。

承認ベースの導入がアクティブでない場合は、次の手順でポリシーを導入します。


ステップ 1 ポリシーにサブポリシーが含まれている場合、 Operations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザとして Web コンソールにログインし、アクティブなサブポリシーを導入元のサブポリシーに設定します。

ポリシーにサブポリシーがある場合は、導入が行われるとアクティブになるサブポリシー内でアーティファクトが移動するだけです。複数のサブポリシーから変更を導入する場合、各サブポリシーをアクティブにし、サブポリシーから 1 つずつ導入します。

ステップ 2 ページ最上部の [Deploy Policy] ボタンをクリックします。

リソース リロードがイネーブルの場合、[Step 1 of 4: URL Resource Refresh] ページが表示されます。このページでは、URL から読み込んだ最新バージョンのリソース ファイル(証明書など)がポリシーに含まれていることを確認できます。詳細については、「導入時の URL ベース リソースのリロード」を参照してください。

リソース リロードがイネーブルの場合、ACE XML Manager に [Step 1 of 3: Review Changes] ページが表示されます。このページでは、現在のポリシーと導入するポリシーの間の差異をまとめています。詳細については、「ポリシー変更の選択的なロールバック」を参照してください。

ステップ 3 [URL Resource Refresh] ページが表示されたら、[Reload Resources Now] ボタンをクリックして変更した URL ベースのリソースをアップロードします。

ACE XML Manager は、導入するポリシーで使用するすべての URL ベースのリソースの新しい複製を取得しようとします。その後、[Review Changes] ページが表示されます。


) URL ベースのリソースのリロードを取り消すことはできません。以前に保存したバージョンのリソースに戻す必要があると考えられる場合は、必ず現行バージョンのリソースの複製を保存してから [Reload Resources Now] ボタンをクリックします。


または、[Continue To Next Step] をクリックしてリソースのリロードを省略します。

ステップ 4 [Continue to Next Step] ボタンをクリックして導入プロセスを続行します。

[Step 2 of 3: Basic Policy Review] ページに正常な導入を妨げる状態が表示されます。問題の解決に必要な変更を作成できるよう、影響を受けるポリシー オブジェクトにこのページのリンクからアクセスできます。

新しいポリシーの導入を中止するには、[Exit To Policy Manager] ボタンをクリックします。

ステップ 5 表示されたコンパイル警告またはコンパイル エラーを確認し、必要に応じて対処します。

ACE XML Manager は、コンパイル時間に関するポリシーの広範囲にわたる確認を実行し、導入したポリシーの完全性を確保するのに役立ちます。潜在的な問題を解決するごとに、ACE XML Manager は関連する警告を [Basic Policy Review] ページから削除します。問題解決後に [Basic Policy Review] ページに戻るには、ブラウザの [Back] ボタンを使用します。または、[Deploy] ボタンをクリックして導入プロセスを再開します。

ステップ 6 [Basic Policy Review] ページで警告に対処したら、[Continue To Next Step] ボタンをクリックして導入プロセスを続行します。

[Compile and Deploy] ページが表示されます。ポリシーがコンパイルされると「Please wait」というメッセージが数秒間表示されることがあります。コンパイルによってポリシーが ACE XML Gateway のネイティブ実行形式に変換されます。完了すると、コンパイルされたポリシーに関する情報(タイムスタンプ、ACE XML Manager によって割り当てられた ID 番号など)がページに表示されます。

ステップ 7 [Policy Description] フィールドにこのポリシー バージョンの説明を入力します。

この説明は、コンソールでポリシーを文書化するのに役立ちます。ポリシー履歴の [Description] 列にこの説明が表示されます。デフォルトでは、このフィールドはオプションです。ただし、ACE XML Manager の管理者は、[Manager Settings] ページから必要な説明を作成できます。

ステップ 8 アドレスまたはホスト名の横のチェックボックスをオンにして、コンパイル済みポリシーを転送するアプライアンスを指定します。Gateway の期限切れ状態は、コンパイル済みポリシーが現在導入されているポリシーと異なることを示しています。


) ポリシーはクラスタ内の一部のアプライアンスには導入できますが、すべてのアプライアンスには導入できません。ただし、その理由が正確にわからない場合は、これを行わないでください。これはACE XML Gateway 向けの通常の導入方法ではありません。通常の状況下では、指定したクラスタで ACE XML Manager が制御するすべての Gateway にポリシーを導入するか、あるいはまったく導入しないでください。


ステップ 9 [Deploy To Selected Gateways] ボタンをクリックしてポリシーの導入を完了します。

ACE XML Manager は選択したアプライアンスにポリシーを送信し、このアプライアンスでネットワーク トラフィックにポリシーが適用されます。

導入結果を示す [Compile and Deploy] 画面が再び表示されます。以前に選択した Gateway ごとに、[Status] 列には [Up to Date]、[Deployed Policy Description] 列には新しいポリシーの記述が表示され、[Deployed Policy Timestamp&ID] 列に新しい導入のポリシー ID とタイムスタンプが反映されます。


 

これで新しいポリシーが ACE XML Gateway で有効になります。

ポリシー変更の選択的なロールバック

ポリシー バージョンによってカプセル化された変更は、次の手順でいつでも選択的にロールバックまたは承認できます。


ステップ 1 コンソールでの Operations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザとして、操作メニューで [Policy Manager] リンクをクリックします。

ステップ 2 [Policy Manager] ページ最下部のポリシー履歴のセクションで、ポリシー バージョンの横の [Roll Back] ボタンをクリックして確認します。

[Roll Back To] の説明ページが表示されます。置き換え可能なイタリック体の説明テキストの代わりになるのが、ポリシー履歴で指定したポリシー エントリの [Date Saved] 列と [Description] 列に表示されるテキストです。

ステップ 3 必要に応じて [Accept addition] または [Accept deletion] のチェックボックスをクリックして、ポリシーに対する各変更を承認または拒否します。

[Accept addition] チェックボックスのチェックマークは、指定されたアクションを承認することを示します。チェックマークを外すことは、ラベルが指定するアクションを拒否することを示します。

ステップ 4 [Save Changes] をクリックして変更を確認します。


 

[Policy Manager] ページが表示され、先ほど確認した選択内容が作業ポリシーに反映されます。これで、ポリシーの変更について管理者の承認を要求するか、十分な特権がある場合は、自身で導入することができます。

導入時の URL ベース リソースのリロード

Gateway のポリシーには、URL で指定した場所からポリシーに読み込まれたリソース ファイルが含まれることがあります。通常、ACE XML Gateway は実行時にリモート リソースの取得を試行しません。代わりに、ポリシーにリソースを保存します。ただし、ポリシーを導入するたびに、初めにリソースをポリシーに読み込んだ際に指定した URL にあるバージョンのリソースの複製を次の手順で更新できます。


ステップ 1 [Policy Manager] ページの [Review] セクションで [URL Resource Refresh] ボタンをクリックします。

[URL Resource Refresh] ページが表示されます。このページには、作業ポリシーが使用するネットワークベースのリソースごとに、リソースが提供される URL、リソースのリロードの最終試行時間、および試行結果とともに一覧表示されます。

ステップ 2 [Reload Resources Now] ボタンをクリックします。


) この操作は取り消すことはできません。以前に保存したバージョンのリソースに戻す必要があると考えられる場合は、必ず現行バージョンのリソースを保存してから [Reload Resources Now] ボタンをクリックします。


ACE XML Manager がリストの各リソースの新しい複製のダウンロードを試行します。ダウンロードが進むと、[Last Reloaded] 列および [Result] 列が更新されて各試行のステータスに反映されます。

ステップ 3 [URL Resource Refresh] ページ最下部の [Continue To Next Step] ボタンをクリックします。

ACE XML Manager が URL で指定されたリソースを取得します。


 

承認ベースの導入

承認ベース(2 段階)の導入では、ポリシーを導入するユーザは、最初にポリシーに対する変更の承認を要求します。管理者はその変更を確認し、承認または拒否します。承認されると、管理者によって変更が導入されます。

この機能がイネーブルの場合、Privileged ユーザはその後も通常どおりにポリシーを編集できますが、[Policy Manager] ページの [Deploy] セクションは [Submit] セクションに置き換えられ、このセクションで、ユーザは作業ポリシーに対する変更について管理者の承認を要求します。

サブポリシー内から承認を要求する場合、サブポリシー内から行った変更だけが変更要求によって表示されます。複数のサブポリシーで作業しているユーザは、サブポリシーごとに承認の要求が必要になります。

承認ベースの導入に適用される手順は次のとおりです。

承認ベースの導入のイネーブル化

承認ステータスの確認および要求

ポリシー変更の承認の要求

ポリシー変更の承認または拒否

承認済みポリシーの導入

承認ベースの導入のイネーブル化

承認ベースの導入はデフォルトでディセーブルです。イネーブルにするには、次の手順を行います。


ステップ 1 ACE XML Manager Web コンソールの Administrator ユーザとして、操作メニューで [System Management] リンクをクリックします。

ステップ 2 [ACE XML Manager] という見出しの右側にある [Manager Settings] と記載されたリンクをクリックします。

ステップ 3 [General] 設定エリアで、[Workflow] 設定オプションを探し、[Use approval-based deployment] オプションをイネーブルにします。

ステップ 4 [Save Changes] ボタンをクリックします。

[System Management] ページが表示されます。

ステップ 5 ACE XML Manager の Web コンソールからログアウトします。

ステップ 6 Operations ロール内の非管理ユーザとして ACE XML Manager の Web コンソールにログインして、承認ベースの導入がイネーブルであることを確認します。

ステップ 7 操作メニューで [Policy Manager] リンクをクリックします。


 

設定が正常に変更されると、[Deploy] セクションの代わりに [Submit] セクションが表示されます。

承認ステータスの確認および要求

承認ベースの導入がイネーブルの場合、サブポリシー導入のステータスに関する追加情報が Manager の [Dashboard] ページに表示されます(このセクションを参照)。

承認済みのポリシー状態

[Dashboard] ページ最上部の [Approved Policy Status] セクションに、管理ユーザの承認待ちの提案済みのポリシー変更が一覧表示されます。

承認ベースの導入がイネーブルの場合だけ、[Approved Policy Status] セクションが表示されます。[Dashboard] ページのこのセクションが表示されるのは(ポリシーの編集または導入ができる)Privileged ユーザだけです。

このセクションには、ACE XML Manager にログイン済みのユーザ アカウントが使用できるサブポリシーだけが表示されます。ユーザが「任意のサブポリシー」にアクセスできる場合、このセクションにはすべてのサブポリシーの状態が同時に表示されます。ユーザが「任意のサブポリシー」にアクセスできない場合、このセクションにはアクティブなサブポリシーだけが表示されます。承認ステータスの別のサブポリシーを表示するには、そのサブポリシーをアクティブにする必要があります。

ACE XML Manager にログイン済みのアカウントに表示されるサブポリシーごとに、このセクションに次の情報が一覧表示されます。

サブポリシーの最終承認日時

最新の承認済みバージョンが導入されたかどうか。

新しいサブポリシーまたは変更したサブポリシーの承認を要求した日時。

要求を発信した Web コンソール ユーザのユーザ名。

ポリシー確認の特権がある場合は、保留中の各要求の横の [Review] ボタンが表示されます。

アクティブなサブポリシーの承認要求のステータス

[Dashboard] ページの [Approval Request Status For] セクションには、アクティブなサブポリシーに対する変更の未処理の承認要求が一覧表示されます。

[Dashboard] ページのこのセクションが表示されるのは(ポリシーの編集または導入ができる)Privileged ユーザだけです。Privileged ユーザでない場合、このセクションにはアクティブなサブポリシーだけが表示されます。このステータスの別のサブポリシーを表示するには、そのサブポリシーをアクティブにします。

このセクションには、各承認要求のステータスが次のいずれかの値で一覧表示されます。

[Approved]:ポリシーの確認者は、サブポリシーの導入を認証しています。「任意のサブポリシー」にアクセス可能な Operations ロール内のユーザは、このポリシーを ACE XML Gateway に送信して適用できます。

[Approval Requested]:ポリシーの確認者は、新しいサブポリシーまたは変更したサブポリシーの導入を認証するよう、ユーザが要求しています。確認者はサブポリシーを承認する前に、このポリシー / サブポリシーと ACE XML Gateway が現在適用しているポリシー / サブポリシーの間の違いを調べます。確認者は各変更を個別に承認または拒否して、最終的に ACE XML Gateway に導入されたポリシーが目的どおりに実行されることを確認します。

[Rejected]:ポリシーの確認者は、新しいサブポリシーまたは変更したポリシーの導入の認証を拒否しています。ポリシーの許容できない部分を変更した後、承認を再度要求できます。

ポリシー変更の承認の要求

承認ベースの導入がイネーブルの場合、Operations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザが変更を承認するまでは新しいサブポリシーまたは変更したサブポリシーを導入できません。

新しいサブポリシーまたは変更したサブポリシーの承認を要求するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 変更が承認されたサブポリシーをアクティブにして、ページ最上部の [Request Approval] ボタンをクリックします。

リソース リロードがイネーブルの場合、[Step 1 of 4: URL Resource Refresh] ページが表示されます。ポリシーを導入する前に、[Resource Refresh] ページを使用して、リモートでホストされる最新バージョンのリソース(URL から取得したスキーマや証明書など)がポリシーに含まれていることを確認できます。詳細については、「導入時の URL ベース リソースのリロード」を参照してください。

リソース リロードがイネーブルの場合、ACE XML Manager に [Step 1 of 3: Review Changes] ページが表示されます。このページでは、現在のポリシーと導入するポリシーの間の差異をまとめています。[Review Changes] ページの詳細については、「ポリシー変更の選択的なロールバック」を参照してください。

ステップ 2 [URL Resource Refresh] ページが表示されたら、[Reload Resources Now] ボタンをクリックして URL ベースのリソースを読み込みます。

ACE XML Manager は、導入するポリシーで使用するすべての URL ベースのリソースの新しい複製を取得しようとします。完了すると、[Review Changes] ページが表示されます。


) URL ベースのリソースのリロードを取り消すことはできません。以前に保存したバージョンのリソースに戻す必要があると考えられる場合は、必ず現行バージョンのリソースのバックアップ コピーをアーカイブしてから [Reload Resources Now] ボタンをクリックします。


ステップ 3 [Continue to Next Step] ボタンをクリックします。

[Step 2 of 3: Basic Policy Review] ページが表示されます。このページには、変更したポリシーによって発生する可能性のある潜在的な問題に関する警告が表示されます。

ステップ 4 警告を確認します。警告を生成した問題を解決するか、または現時点では警告を無視するかを選択できます。ポリシーを変更して警告を解決する必要がある場合は、[Exit to Policy Manager] をクリックして承認プロセスを終了し、ポリシーを編集します。

編集が完了したら、[Continue to Next Step] ボタンをクリックします。

ステップ 5 [Step 3 of 3: Submit Request] ページで、[Description] フィールドに短い説明またはコメントを入力します。

説明は通常、管理者または他の導入者に変更を提案する際に、その変更を特徴付けるために使用します。この説明は、ポリシー表示の権限を持つユーザには表示されます。

ステップ 6 次の手順で、任意に要求の電子メール通知を送信します。

a. [Send e-mail notification of this approval request] ボタンをクリックします。

b. 受信者のアドレスを [To e-mail address] フィールドに入力します。

c. 送信者の電子メールアドレスを [From e-mail address] フィールドに入力します。通常、これは要求元のアドレスになります。

ステップ 7 [Submit Request] ボタンをクリックします。


 

[Dashboard] ページに承認要求が表示されます。Operations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザの場合、[Dashboard] ページ最上部の [Approved Policy Status] ペインに要求が表示されます。Shared サブポリシーにアクセスできるユーザの場合、[Approval Request Status for Shared] セクションに要求が表示されます。

ポリシー変更の承認または拒否

Operations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザは、ポリシーの変更を確認して承認または拒否できます。変更要求の承認後でなければ、変更したポリシーを ACE XML Gateway に導入できません。

Manager の [Dashboard] ページの [Approved Policy Status] セクションに、提案済みおよび承認済みの最新の変更がサブポリシーごとに表示されます。各行にはサブポリシーの最終承認日、導入ステータス、および承認待ちの最新の変更が表示されます。すべての承認要求の全リストについては、[Policy Manager] ページ最下部のポリシー履歴を参照してください。

ポリシー導入の特権がある場合は、承認待ちの最新の要求の横に [Review] ボタンが表示されます。[Review] ボタンをクリックすると、ACE XML Manager はサブポリシーに影響する保留中のすべての変更を、全体で承認または拒否できる 1 つのサブポリシーとして扱います。変更を選択的に承認または拒否するには、「ポリシー変更の選択的なロールバック」を参照してください。

アクティブなサブポリシーにすべての変更を承認または拒否するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 コンソールでのOperations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザとして、[Dashboard] ページの [Approved Policy Status] セクションにある、ポリシーが承認または拒否されたことを記述している行の右端の [Review] ボタンをクリックします。

ステップ 2 [ Review Approval Request ] ページで、次の手順でポリシーを承認または拒否します。

すべての変更を承認するには、[Approve Changes] ボタンをクリックします。

すべての変更を拒否するには、[Reject Changes] ボタンをクリックします。

変更せずに終了するには、承認要求を保留中にしたまま、[Cancel Review] ボタンをクリックします。

[Dashboard] ページが表示されます。[Approved Policy Status] エリアおよび [Approval Request Status] エリアに選択結果が反映されます。


 

ポリシー承認プロセスにより、管理者はポリシーを全体として承認または拒否できます。承認後に、Policy Manager のロールバック プロセスを使用して選択的な承認を有効にすることができます。詳細については、「ポリシー変更の選択的なロールバック」を参照してください。

承認済みポリシーの導入

ポリシー承認要求が提示または承認されると、要求内でカプセル化された変更はOperations ロールを持つ Administrator ユーザまたは Privileged ユーザによって導入できます。

ポリシーにサブポリシーがある場合は、導入が行われるとアクティブになる(Shared などの)サブポリシー内でアーティファクトが移動するだけです。複数のサブポリシーから変更を導入する場合、各サブポリシーをアクティブにし、サブポリシーから 1 つずつ導入します。

承認ベースの導入がイネーブルのポリシーを導入するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Web コンソールで、[Deploy Approved Policy] ボタンをクリックしてポリシーをコンパイルし、ACE XML Gateway に送信して適用します。

[Step 2 of 3: Basic Policy Review] ページに承認ステータスが一覧表示されます。ポリシーの提示に対して同様のレビューが表示されますが、提示後にポリシーが変更されている可能性があるため、[Basic Policy Review] ページがもう一度表示されることがあります。

ステップ 2 ACE XML Manager の警告を確認して対処します。

ポリシーは承認済みであるため、変更できません。ポリシーをそのままの状態で導入しない場合は、[Exit to Policy Manager] ボタンをクリックして導入をキャンセルする必要があります。その後、Policy Manager でポリシーを編集し、承認のために再提示することができます。

ステップ 3 承認済みのポリシーに満足している場合は、[Continue To Next Step] ボタンをクリックして導入プロセスを続行します。

ポリシーがコンパイルされて ACE XML Gateway のネイティブ実行形式に変換されると、[Compile and Deploy] 画面に「Please wait」というメッセージが表示されます。完了すると、このポリシーを読み込んで適用する ACE XML Gateway アプライアンスを指定できるコントロールとともに「This policy is compiled and can now be deployed」というメッセージが表示されます。

ステップ 4 各 Gateway アプライアンスの横のチェックボックスをクリックしてこのポリシーを受信します。


) ポリシーはクラスタ内の一部の Gateway には導入できますが、すべての Gateway には導入できません。その理由が正確にわからない場合は、これを行わないでください。通常の状況下では、クラスタ内のすべての Gateway にポリシーを導入するか、あるいはまったく導入しないでください。


ステップ 5 [Deploy To Selected Gateways] ボタンをクリックしてポリシーの導入を完了します。

ACE XML Manager は選択した Gateway にポリシーを送信します。この Gateway がポリシーを承認して自らを再設定し、ポリシーを適用します。[Compile and Deploy] 画面に導入結果が表示されます。[Timestamp&ID] 列に新しい導入のポリシー ID とタイムスタンプが反映されます。


 

これで、新しいポリシーが有効になります。