Cisco Global Site Selector CLI-Based グローバル サーバ ロード バランシング コンフィギュレーション ガイド Software Version 2.0
プライマリ GSSM グローバル サーバ ロードバランシングの エラー メッセージ
プライマリ GSSM グローバル サーバ ロードバランシングのエラー メッセージ
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

プライマリ GSSM グローバル サーバ ロードバランシングのエラー メッセージ

回答のエラー メッセージ

回答グループのエラー メッセージ

ドメイン リストのエラー メッセージ

DNS 規則のエラー メッセージ

キープアライブのエラー メッセージ

ロケーションのエラー メッセージ

ネットワークのエラー メッセージ

所有者のエラー メッセージ

プロキシミティのエラー メッセージ

リージョンのエラー メッセージ

送信元アドレス リストのエラー メッセージ

スティッキのエラー メッセージ

ユーザ アカウントのエラー メッセージ

ユーザ ビューのエラー メッセージ

プライマリ GSSM グローバル サーバ ロードバランシングのエラー メッセージ

この付録では、プライマリ Global Site Selector Manager(GSMM)GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)を使用してグローバル サーバ ロードバランシングを実行する場合に表示される可能性があるエラー メッセージについて説明します。エラー メッセージは プライマリ GSSM GUI のコンポーネント別になっています。

この章の内容は、次のとおりです。

回答のエラー メッセージ

回答グループのエラー メッセージ

ドメイン リストのエラー メッセージ

DNS 規則のエラー メッセージ

キープアライブのエラー メッセージ

ロケーションのエラー メッセージ

ネットワークのエラー メッセージ

所有者のエラー メッセージ

プロキシミティのエラー メッセージ

リージョンのエラー メッセージ

送信元アドレス リストのエラー メッセージ

スティッキのエラー メッセージ

ユーザ アカウントのエラー メッセージ

ユーザ ビューのエラー メッセージ

回答のエラー メッセージ

表A-1 に、回答を設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-1 回答のエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
Invalid answer name.If entered, name must not be the empty string.

入力された回答名は無効です。回答名をブランクにすることはできません。空白を含めることもできません。

1 ~ 80 文字でスペースを含まない有効な英数字の回答名を入力してください。

Invalid answer name.Name length must not exceed 80 characters.

入力された回答名は文字数が多すぎます。

1 ~ 80 文字でスペースを含まない有効な英数字の回答名を入力してください。

Invalid CRA timing decay.Timing decay must be between 1 and 10.

Content Routing Agent(CRA)タイミング ディケイとして入力された値が無効です。

1 ~ 10 の値を入力してください。タイミング ディケイ値を引き下げると、新しい DNS レースのウエイトが古いレースより大きくなります。ディケイ値を引き上げると、古いレースの方が新しいレースよりウエイトが大きくなります。

Invalid CRA static RTT value.Static RTT must be between 0 and 1000.

スタティック Round-Trip Time
(RTT; ラウンドトリップ時間)として入力された値が無効です。この手動で入力された値は、ホストとのトラフィックの往復にかかる時間を表し GSS にこの値を使用させます。

0 ~ 1000 のスタティック RTT 値を入力してください。

A VIP/Name Server/CRA-type answer named answer_name already exists.If specified, name and type must uniquely identify an answer.

GSS 上にすでにある回答を作成しようとしています。同名、同タイプの回答を 2 つ存在させることはできません。

回答に新しい名前または回答タイプを割り当て、他の回答と重複しないようにしてください。

An unnamed VIP/Name Server/CRA-type answer having address IP_address already exists.Name must be specified to configure an answer with the same address as another answer.

GSS 上にすでにある回答を作成しようとしています。同名で同じ IP アドレスの回答を 2 つ存在させることはできません。

回答に新しい名前を割り当て、他の回答と重複しないようにしてください。

The maximum number of number VIP/Name Server/CRA-type answers has been met.

回答を作成しようとしていますが、そのタイプの回答は、すでに最大数まで作成されています。

既存の同タイプの回答を 1 つ削除してください。

CRA decay value must be specified.

ディケイ値を指定しないで CRA 回答タイプを作成しようとしています。DNS レース結果をどのように評価してウエイトを与えるかを GSS に指示するために、ディケイ値が必要です。

CRA ディケイを表す 1 ~ 10 の値を入力してください。1 を指定すると、GSS は新しい DNS レース結果のウエイトを大きくします。10 を指定すると、新しい DNS レース結果のウエイトが小さくなります。

CRA static RTT must be specified.

スタティック RTT 値を指定しないで CRA 回答タイプを作成しようとしています。RTT 値を指定することにより、要求元 D プロキシに到達するために必要な RTT として指定された値を GSS に強制的に使用させることができます。

CRA の RTT(ミリ秒)として、1 ~ 1000 の値を入力してください。

Invalid keepalive tag.Tag must be at least one character in length.

KAL-AP By Tag キープアライブを指定して VIP(仮想IP)回答を作成しようとしていますが、用意されたフィールドにタグの値が指定されていません。

Tag フィールドに 1 ~ 76 文字の英数字タグを入力してください。

Invalid keepalive tag.Tag length must not exceed 76 characters.

KAL-AP By Tag キープアライブを指定して VIP 回答を作成しようとしていますが、指定されたタグの値は文字数が多すぎます。

Tag フィールドに 1 ~ 76 文字の英数字タグを入力してください。

NS-type answer IP Address has the same IP address as GSS GSS_name.GSS IP addresses must not equal any NS-type answers.

同一 GSS ネットワーク上の GSS 装置と同じ IP アドレスで、ネーム サーバ回答タイプを作成しようとしています。ネーム サーバ回答で、同一 GSS ネットワークに属す GSS 装置と同じアドレスを使用することはできません。

ネーム サーバ回答に有効な IP アドレスを割り当ててください。

Invalid answer order.Order must not be negative.

回答に負の順序番号を割り当てようとしました。順序番号は正でなければなりません。

順序に正の整数を入力してください。

回答グループのエラー メッセージ

表A-2 に、回答グループを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-2 回答グループのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
This answer group cannot be deleted because it is referenced by number DNS rule balance clause(s).

1 つまたは複数の DNS 規則で参照される回答グループを削除しようとしました。

回答グループを参照する DNS 規則を変更し、それらの規則がグループを参照しないようにしてから、グループを削除してください。

Invalid answer name.Name must be entered.

名前を指定しないで回答グループを作成しようとしました。あらゆる回答グループに、1 文字以上の名前が必要です。

用意されたフィールドに新しい回答グループ名を入力し、 Save ボタンをクリックしてください。

Invalid answer name.Name length must not exceed 80 characters.

回答グループに無効な名前を割り当てようとしました。

80 文字以内でスペースを含まない英数字を回答グループの名前として入力してください。

Invalid answer name.Name must not contain spaces.

回答グループに無効な名前を割り当てようとしました。

80 文字以内でスペースを含まない英数字を回答グループの名前として入力してください。

An answer group named name already exists.Name must uniquely identify an answer group.

別の GSS 装置がすでに使用している名前を回答グループに割り当てようとしました。

80 文字以内でスペースを含まず、他と重複しない英数字の名前を回答グループ用として入力してください。

The maximum number of number answers per VIP/Name Server/CRA-type group has been met.

すでに最大数の回答が割り当てられている回答グループに、回答を追加しようとしました。

グループから回答を削除するか、まだ最大回答数に達していないグループに回答を追加してください。

Invalid answer load threshold.Load threshold must be between 2 and 254.

LT フィールドで、回答に無効な負荷スレッシュホールドを設定しようとしました。

LT フィールドで、2 ~ 254 の範囲の負荷スレッシュホールドを回答に割り当ててください。

ドメイン リストのエラー メッセージ

表A-3 に、ドメイン リストを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-3 ドメイン リストのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
<domain name> must contain at least one character.

無効な名前が指定されたドメインをドメイン リストに追加しようとしました。ドメイン リスト内のドメインには、1 文字以上の名前が必要です。

1 ~ 100 文字の名前を入力してから、ドメイン リストを保存してください。

<domain name> character limit exceeded.

名前が長すぎるドメインをドメイン リストに追加しようとしました。ドメイン リスト内のドメインに、100 文字を超える名前を使用することはできません。

100 文字以内の新しいドメイン名を入力し、ドメイン リストを保存してください。

Domain specification must not exceed 128 characters.

128 文字を超える名前を指定して、ドメインをドメイン リストに追加しようとしました。ドメイン リストに名前が 128 文字を超えるドメインを登録することはできません。

ドメインに 128 文字以内のドメイン名を指定して、ドメイン リストを保存してください。

<domain name> must not contain spaces.

スペースが含まれる名前を指定して、ドメインをドメイン リストに追加しようとしました。ドメイン リスト内のドメインに、スペースを含んだ名前を与えることはできません。

スペースが含まれないようにドメイン名を変更し、ドメイン リストを保存してください。

<domain name> is not a valid regular expression:<regular expression syntax error message here>

無効な文字またはフォーマットが含まれる名前を指定して、ドメイン名をドメイン リストに追加しようとしました。ドメイン リスト内のドメイン名は、有効な正規表現でなければなりません。

有効な正規表現になるように、また、無効な文字またはフォーマットが含まれないようにドメイン名を変更し
(例:www.cisco.com または
.*/.cisco/.com)、ドメイン リストを保存してください。

<domain name> must not begin or end with '.'

ドメイン名の先頭または末尾に無効な文字が含まれるリテラル名を指定して、ドメインをドメイン リストに追加しようとしました。

名前の先頭または末尾にピリオドが含まれないようにドメイン名を変更し、ドメイン リストを保存してください。

<domain name> component must not begin or end with '-'

ドメイン名のあるコンポーネントの先頭または末尾に無効な文字が含まれるリテラル名
(www.cisco-.com など)を指定して、ドメインをドメイン リストに追加しようとしました。

名前のどのセグメントでも、先頭または末尾にダッシュ(-)が含まれないようにドメイン名を変更し、ドメイン リストを保存してください。

<domain name> contains invalid character '<character>' (<ASCII value of the character>)

無効なテキスト文字が含まれる名前を指定して、ドメインをドメイン リストに追加しようとしました。ドメイン リストに含まれるドメインには、正規表現の名前を与える必要があります。

無効なテキスト文字が含まれないようにドメイン名を変更し、ドメイン リストを保存してください。

This domain list cannot be deleted because it is referenced by X DNS rule

1 つまたは複数の DNS 規則で参照されるドメイン リストを削除しようとしました。

ドメイン リストを使用する DNS 規則を変更しリストを参照しないようにしてから、リストを削除してください。

Invalid domain list name.Name must be entered.

名前を指定しないでドメイン リストを作成しようとしました。ドメイン リストには、1 文字以上の名前が必要です。

ドメイン リストに 1 ~ 80 文字の名前を割り当て、ドメイン リストを保存してください。

Invalid domain list name.Name length must not exceed 80 characters.

長すぎる名前を指定してドメイン リストを作成しようとしました。

ドメイン リストに 1 ~ 80 文字の名前を割り当て、ドメイン リストを保存してください。

Invalid domain list name.Name must not contain spaces..

スペースの含まれる名前を指定してドメイン リストを作成しようとしました。ドメイン リスト名にスペースを含めることはできません。

スペースの含まれない名前をドメイン リストに割り当ててください。名前は、1 ~ 80 文字である必要があります。有効な名前を割り当ててから、ドメイン リストを保存してください。

A domain list named '<name>' already exists.Name must uniquely identify a domain list.

同一 GSS ネットワーク上の別のドメイン リストに割り当て済みの名前をドメイン リストに与えようとしました。

新しいドメイン リストに他と重複しない名前を割り当て、リストを保存してください。

The maximum number of <limit> domains per list has been met.

最大数のドメインがすでに追加されているドメイン リストに、さらにドメインを追加しようとしました。

ドメイン リストから既存ドメインを削除し、新しいドメインを追加してください。または、新しいドメインと今後追加するドメインのために、ドメイン リストを作成してください。

DNS 規則のエラー メッセージ

表A-4 に、DNS 規則を設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-4 DNS 規則のエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
TTL must be specified for balance method associated with CRA- or VIP-type answer group.

句から戻る回答に Time To Live(TTL)を指定しないで、分散句を作成しようとしました。

0~604,800 秒で TTL 値を入力してください。

Invalid balance clause TTL. TTL must be between 0 and 604,800.

分散句からの回答に不正な TTL 値を指定して分散句を作成しようとしました。

0~604,800 秒で TTL 値を入力してください。

Invalid balance clause position. Position must be between 0 and 2.

DNS 規則に無効な順序の句を作成しようとしました。DNS Rule Builder では 3 つの分散句を使用できますが、句を順番どおりにスペースを空けずに作成する必要があります。たとえば、分散句を 1 つだけ使用する場合は、先頭位置に指定しなければなりません。先頭位置を空白にしたまま、2 番目または 3 番目の位置に指定することはできません。

DNS Rule Builder で分散句を並べ替え、隙間を空けずに正しい順序で句を指定してください。

Hash type must be specified for answer group using hash balance method.

選択した回答で分散方式 [Hashed] を使用して回答グループを作成しようとしましたが、ハッシュ メソッド(By Domain Name および By Source Address)が 1 つ(または複数)選択されていません。

この分散句で使用するメソッドに対応するボックスをチェックすることによって、使用可能なハッシュ メソッドを 1 つまたは複数選択してください。

Balance clause boomerang fragment size must be specified.

ブーメラン分散方式を使用して分散句を作成しようとしましたが、
Fragment Size フィールドにフラグメント サイズが指定されていません。フラグメント サイズによって、DNS との照合によって生成され、要求側クライアントに送信される、ブーメラン レース回答の優先サイズが決まります。

用意されたフィールドに、28 ~ 1980 のフラグメント サイズを入力してください。フラグメント サイズは 4 の倍数でなければなりません。

Invalid balance clause Boomerang fragment size. Boomerang fragment size must be 0 or between 28 and 1980.

Fragment Size フィールドに、この 分散句では受け付けられないフラグメント サイズを指定しています。

有効なフラグメント サイズを入力してください。フラグメント サイズは 28 ~ 1980 の範囲の 4 の倍数でなければなりません。

Invalid balance clause Boomerang fragment size. Boomerang fragment size must be a multiple of 4.

この ブーメラン分散句に指定されたフラグメントは、許容範囲内ですが、4 の倍数ではありません。フラグメント サイズは 4 の倍数でなければなりません。

28 ~ 1980 の範囲で、なおかつ 4 で割り切れるフラグメント サイズを入力してください。ゼロも有効なフラグメント サイズです。

Balance clause Boomerang IP TTL value must be specified.

ブーメラン分散方式を使用する分散句を作成しようとしましたが、用意されたフィールドに IP TTL が指定されていません。IP TTL では、DNS 規則との一致後、CRA に回答を戻すときに使用できる最大ネットワーク ホップ数を指定します。

フィールドに 1 ~ 255 で IP TTL を入力し、 Save ボタンをクリックしてください。

Invalid balance clause Boomerang IP TTL. Boomerang IP TTL must be between 1 and 255.

ブーメラン分散方式を使用して分散句を作成しようとしましたが、無効な IP TTL が指定されています。

フィールドに 1 ~ 255 で IP TTL を入力し、 Save ボタンをクリックしてください。

Balance clause Boomerang maximum propagation delay must be specified.

ブーメラン分散方式を使用して 分散句を作成しようとしましたが、最大伝播遅延(Max Prop.Delay)がフィールドに指定されていません。最大伝播遅延では、GSS が Content Routing Agent(CRA)に Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)要求を転送するまでの最大時間(ミリ秒)を指定します。

1 ~ 1000 ミリ秒の範囲で、最大伝播遅延を Max Prop.Delay フィールドに入力してください。

Invalid balance clause Boomerang maximum propagation delay. Boomerang maximum propagation delay must be between 1 and 1000.

ブーメラン分散方式を使用して 分散句を作成しようとしましたが、有効な最大伝播遅延(Max Prop.Delay)がフィールドに指定されていません。

1 ~ 1000 ミリ秒の範囲で、最大伝播遅延を Max Prop.Delay フィールドに入力してください。

Balance clause Boomerang padding size must be specified.

ブーメラン分散方式を使用して分散句を作成しようとしましたが、Pad Size フィールドに埋め込みサイズが指定されていません。埋め込みサイズは、各 CRA 応答パケットに組み込まれ、ルーティング決定時に CRA の帯域幅および待ち時間を判断するために使用される外部データの容量(バイト数)です。

Pad Size フィールドに、0 ~ 2000 の範囲で有効な埋め込みサイズを入力してください。

Invalid balance clause Boomerang padding size. Boomerang padding size must be between 0 and 2000.

ブーメラン分散方式を使用して分散句を作成しようとしましたが、Pad Size フィールドに無効な埋め込みサイズが指定されています。

Pad Size フィールドに、0 ~ 2000 の範囲で有効な埋め込みサイズを入力してください。

Invalid balance clause Boomerang secret. If specified, Boomerang secret must be between 1 and 64 characters in length.

ブーメラン分散方式を使用して分散句を作成しようとしましたが、Secret フィールドに無効なシークレットが指定されています。ブーメラン シークレットは、ブーメラン サーバと CRA 間で送信される機密データを暗号化するために使用する、1 ~ 64 文字の文字列です。この鍵は、設定されている各 CRA 間で共通していなければなりません。

Secret フィールドに、1 ~ 64 文字で有効なブーメラン シークレットを入力してください。

Balance clause Boomerang server delay must be specified.

ブーメラン分散方式を使用して分散句を作成しようとしましたが、Server Delay フィールドにサーバ遅延が指定されていません。ブーメラン サーバ遅延は、GSS のブーメラン サーバ コンポーネントが要求側ネーム サーバへの応答として「一番最後」のサーバのアドレスを転送するまでに待機する最大遅延(ミリ秒)です。

Server Delay フィールドに、32 ~ 999 ミリ秒の有効なサーバ遅延を入力してください。

Invalid balance clause Boomerang server delay. Boomerang server delay must be between 32 and 999.

ブーメラン分散方式を使用して分散句を作成しようとしましたが、Server Delay フィールドに無効なサーバ遅延が指定されています。

Server Delay フィールドに、32 ~ 999 ミリ秒の有効なサーバ遅延を入力してください。

Invalid DNS rule name. Name must be entered.

名前を指定しないで DNS 規則に作成しようとしました。DNS 規則には、1 ~ 100 文字の名前を与える必要があります。

Rule Name フィールドで DNS 規則に名前を割り当て、規則を保存してください。

Invalid DNS rule name. Name length must not exceed 100 characters.

DNS 規則に割り当てようとした名前は長すぎます。DNS 規則名は 100 文字以内です。

1 ~ 100 文字で DNS 規則名を入力し、規則をもう一度保存してください。

Invalid DNS rule name. Name must not contain spaces.

DNS 規則にスペースが含まれた名前を割り当てようとしました。

1 ~ 100 文字で、スペースを含まない有効な DNS 規則名を入力してください。

A DNS rule using the specified source address list, domain list, and matching query type already exists. Source address list, domain list, and matching query type must uniquely identify a DNS rule.

すでに存在している DNS 規則を作成しようとしました。DNS 規則では、送信元アドレス リスト、ドメイン リスト、および一致するクエリー タイプを他と重複しない組み合わせで指定しなければなりません。

すでに存在している規則と完全には一致しないように、DNS 規則を設定し直して保存してください。

Duplicate answer group/balance method assignment detected. A DNS rule cannot use the same answer group and balance method in multiple balance clauses.

DNS 規則でまったく同じ 2 つの回答グループおよび分散方式句を作成しようとしました。句ごとに、他と重複しない回答グループおよび分散方式の組み合わせを使用しなければなりません。

回答グループと分散方式のペアの一方を変更し、他方と重複しないようにしてから、DNS 規則を保存してください。

Balance clause gap detected at position {0,1,2}. Balance clauses must be specified sequentially without gaps.

DNS 規則に無効な順序の句を作成しようとしました。DNS Rule Builder では 3 つの分散句を使用できますが、句を順番どおりにスペースを空けずに作成する必要があります。たとえば、分散句を 1 つだけ使用する場合は、先頭位置に指定しなければなりません。先頭位置を空白にしたまま、2 番目または 3 番目の位置に指定することはできません。

DNS Rule Builder で分散句を並べ替え、隙間を空けずに正しい順序で句を指定してください。

A DNS rule named DNS_Rule_name already exists. Name must uniquely identify a DNS rule.

別の規則に割り当て済みの名前を DNS 規則に割り当てようとしました。DNS 規則名は一意でなければなりません。

未使用の名前を規則に割り当て、規則を保存してください。

Balance clause 1/2 cannot be sticky because clause number 0/1 is not sticky.

最初に Balance Clause 1 のスティッキ性をイネーブルにしないで、
Balance Clause 2 のスティッキ性をイネーブルにしようとしました。GSS では、最初に Balance Clause 1 のスティッキ性をイネーブルにしない場合に Balance Clause 2 のスティッキ性をイネーブルにすることはできません。またこの制限事項は、最初に Balance Clause 2 のスティッキ性を設定しないで Balance Clause 3 のスティッキ性をイネーブルにしようとした場合もあてはまります。

Balance Clause 1 のスティッキ性をイネーブルにしてから、Balance Clause 2 のスティッキ性をイネーブルにします。必要な場合は、Balance Clause 2 のスティッキ性をイネーブルにしてから、Balance Clause 3 のスティッキ性をイネーブルにします。

Invalid balance method. Proximity can not be enabled for balance method Hashed.

プロキシミティがイネーブルな分散句の回答グループにハッシュ分散方式を指定しようとしました。GSS は、ハッシュ分散方式による DNS 規則の近接をサポートしていません。

Select Balance Method ドロップダウン リストで、回答グループの別の分散方式を選択します。

キープアライブのエラー メッセージ

表A-5 に、キープアライブを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-5 キープアライブのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
Invalid CAPP hash secret.Secret must be entered.

CAPP ハッシュ シークレットを使用して KAL-AP キープアライブを作成しようとしましたが、フィールドにシークレットが指定されていません。

フィールドに 31 文字以内で CAPP ハッシュ シークレットを入力してください。

Invalid CAPP hash secret.Secret length must not exceed 31 characters.

CAPP ハッシュ シークレットを使用して KAL-AP キープアライブを作成しようとしましたが、フィールドに指定されたシークレットが長すぎます。

フィールドに 31 文字以内で CAPP ハッシュ シークレットを入力してください。

Invalid HTTP HEAD response timeout.

指定した HTTP HEAD 応答タイムアウトが無効です。

Shared Keepalive の詳細ページの HTTP HEAD response timeout
フィールドに、20 ~ 60 秒の範囲で応答タイムアウトを入力してください。

Response timeout must be between 20 and 60 seconds.

指定した HTTP HEAD 応答タイムアウトが無効です。

Shared Keepalive 詳細ページの HTTP HEAD response timeout
フィールドに、20 ~ 60 秒の範囲で応答タイムアウトを入力してください。

Invalid HTTP HEAD destination port.Destination port must be between 1 and 65,535.

HTTP HEAD トラフィックに指定したポート番号が無効です。

Shared Keepalive 詳細ページの HTTP HEAD destination port
フィールドに、HTTP Head キープアライブ トラフィックが通過するポートの番号を 1 ~ 65,535 の範囲で入力してください。デフォルトのポートは 80 です。

Invalid HTTP HEAD path.Path length must not exceed 256 characters.

指定した HTTP HEAD パスが無効です。

Shared Keepalive 詳細ページの HTTP HEAD default path フィールドに、256 文字以下の有効なパスを入力してください。

Invalid <keepalive type> minimum probe frequency.Frequency must be between <min> and <max>.

キープアライブ タイプに指定した最小プローブ間隔が無効です。

Shared Keepalive 詳細ページで、そのキープアライブ タイプに指定された範囲内の間隔(秒)を指定してください。CRA キープアライブ タイプの間隔は、1 ~ 60 秒です。その他のすべてのキープアライブ タイプでは、45 ~ 255 秒です。

Duplicate keepalive address detected.A keepalive must not be configured to use the same primary and secondary addresses.

設定しようとした KAL-AP キープアライブは、すでにある同タイプのキープアライブとまったく同じです。

別のプライマリおよびセカンダリ アドレスを使用して、KAL-AP キープアライブを設定してください。

Duplicate keepalive primary address '<primaryaddress>' detected.An address can be used by at most one KAL-AP type keepalive.

設定しようとした KAL-AP キープアライブは、すでにある同タイプのキープアライブとプライマリ IP アドレスが同じです。

他のキープアライブでまだ使用されていないプライマリ IP アドレスを使用して、KAL-AP キープアライブを設定してください。

Duplicate keepalive secondary address '<secondary address>' detected.An address can be used by at most one KAL-AP type keepalive.

設定しようとした KAL-AP キープアライブは、すでにある同タイプのキープアライブとセカンダリ IP アドレスが同じです。

他のキープアライブでまだ使用されていないセカンダリ IP アドレスを使用して、KAL-AP キープアライブを設定してください。

HEAD Duplicate keepalive detected.An HTTP HEAD keepalive must not use the same address, destination path, host tag, and port as another HTTP HEAD keepalive.

設定しようとした HTTP HEAD キープアライブは、GSS ネットワーク上の別の HTTP HEAD キープアライブと設定がまったく同じです。

他と重複しないアドレス、宛先パス、ホスト タグ、およびポート設定を使用して、HTTP HEAD キープアライブを設定してください。

Duplicate keepalive detected.An ICMP keepalive must not use the same address as another ICMP keepalive.

設定しようとした ICMP キープアライブは、GSS ネットワーク上の別の ICMP キープアライブと IP アドレスがまったく同じです。

一意の IP アドレスを使用して ICMP を設定してください。

Invalid CAPP hash secret.Secret length must not exceed 31 characters.

CAPP ハッシュ シークレットを使用して KAL-AP キープアライブを作成しようとしましたが、フィールドに指定されたシークレットが長すぎます。

フィールドに 31 文字以内で CAPP ハッシュ シークレットを入力してください。

Invalid HTTP HEAD destination port.If specified, destination port must be between 0 and 65,535.

HTTP HEAD トラフィックに指定したポート番号が無効です。

Shared Keepalive 詳細ページの HTTP HEAD destination port
フィールドに、HTTP Head キープアライブ トラフィックが通過するポートの番号を 1 ~ 65,535 の範囲で入力してください。デフォルトのポートは 80 です。

Invalid HTTP HEAD host tag.Host tag length must not exceed 128 characters.

作成しようとした HTTP HEAD のホスト タグが長すぎます。

128 文字以下の HTTP HEAD ホスト タグを入力してください。

ロケーションのエラー メッセージ

表A-6 に、ロケーションを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-6 ロケーションのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
The location is still being referenced by other objects and cannot be removed.

回答または GSS 装置が関連づけられているロケーションを削除しようとしました。

ロケーションと回答または GSS 装置の関連づけを解消してから、ロケーションを削除してください。

There already exists a location named <name> in region <region> with the same name.Please specify a different location name.

ロケーションを作成しようとしましたが、このリージョンには同名のロケーションがすでにあります。

リージョン内で重複しないように、ロケーション名を変更してください。

ネットワークのエラー メッセージ

表A-7 に、プライマリ GSSM ネットワークを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-7 プライマリ GSSM ネットワークのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
Maximum number of GSSMs exceeded.A GSS network can contain at most 2 GSSMs.

GSSM をイネーブルにしようとしましたが、GSS ネットワークではすでに 2 つの GSSM がイネーブルになっています。

必要に応じて、GSS ネットワークからスタンバイ GSSM を削除し、そのうえで GSSM をイネーブルにしてください。

The maximum number of <size> <className> has been met.

GSS ネットワークにリソースを追加しようとしましたが、そのリソースはすでに最大数に達しています。

同タイプの既存リソースを削除してから、新しいリソースを追加してください。

所有者のエラー メッセージ

表A-8 に、所有者を設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-8 所有者のエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
Invalid owner name.Name must be entered.

所有者名を割り当てないで所有者を作成しようとしました。

所有者には一意の名前が必要です。フィールドに所有者名を入力し、所有者を保存してください。

Invalid owner name.Name length must not exceed 80 characters.

所有者に割り当てた名前が長すぎます。

80 文字以内の名前を所有者に割り当ててください。

An owner named <owner name> already exists.Name must uniquely identify an owner.

所有者に割り当てようとした名前は、GSS ネットワーク上の別の所有者にすでに与えられています。

所有者に一意の名前を割り当ててください。

プロキシミティのエラー メッセージ

表A-9 に、ネットワーク プロキシミティを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-9 プロキシミティのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
Mask:Invalid value 255.255.abc.1.Please enter mask using proper format.

Global Proximity Configuration 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正なグローバル サブネット マスクが入力されました。

有効なホストまたはネットワーク サブネット マスクを入力してください。サブネット マスクは、ドット付き 10 進表記(255.255.255.0 など)または CIDR ビット カウント表記のプレフィクス長として(/24 など)入力してください。

Invalid Equivalence window.Equivalence window must be between 0 and 100.

Global Proximity Configuration 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正なEquivalence
Window 値が入力されました。

等価ウィンドウ値を 0 ~ 100% で入力して、GSS が同様に近接であるとみなす必要がある他のゾーンの相対的な RTT 値を特定するために、最も近接な(最短の)RTT 値に適用する割合値を指定します。デフォルト値は、20% です。

Invalid Entry inactivity timeout.Entry inactivity timeout must be between 15 and 10080

Global Proximity Configuration 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正なEntry Inactivity Timeout 値が入力されました。

5 分間隔(15、20、25、30 など、最大 10080)で指定される 15 ~ 10080(分)の値を入力して、GSS がプロキシミティ データベース エントリへのルックアップ要求を受信しないで、そのエントリが削除されるまでに経過できる最大時間間隔を設定してください。デフォルト値は、60 分 です。

Invalid Refresh probe interval.Refresh probe interval must be between 1 and 72

Global Proximity Configuration 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正なRefresh Probe Interval 値が入力されました。

1 ~ 72 時間の値を入力して、PDB 内のエントリの RTT 値をプローブおよびアップデートするリフレッシュ プロービング プロセスの頻度を指定してください。デフォルト値は、8 時間です。

Invalid Acceptable RTTAcceptable RTT must be between 50 and 500.

Global Proximity Configuration 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)または DNS Rules Builder で不正な許容可能 RTT 値が入力されました。

許容可能 RTT 値を 50 ~ 500(ms)で入力して、GSS が最も近接な回答を判別する場合に、許容可能 RTT 値として使用する値を指定してください。デフォルト値は、100 msです。

Invalid Acceptable percentage of available zones.Acceptable percentage of available zones must be between 3 and 100

Global Proximity Configuration 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)または DNS Rules Builder で不正な近接許容可能ゾーンの割合が入力されました。

ゾーンの割合を 3 ~ 100% で入力して、許容可能な数のゾーンが有効な RTT 値戻しているかどうかを GSS が判別するのに使用する割合値を指定してください。デフォルト値は、40% です。

Invalid DRP key.Key must have an Id.

Creating New DRP Key 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で ID 値を指定しないで DRP 鍵を作成しようとしました。

鍵の ID 番号を 0 ~ 255 で入力して、GSS が使用する ID 値を指定してください。ID 値は、Cisco IOS ベースのルータ上の DRP エージェントと GSS 間で同じである必要があります。

Invalid DRP key.Key must have a string.

Creating New DRP Key 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)でストリングを指定しないで DRP 鍵を作成しようとしました。

1 ~ 80 の英数字(大文字および小文字)でストリングを入力してください。最初の文字には、数字を指定できません。DRP ストリングは、Cisco IOS ベースのルータ上の DRP エージェントと GSS 間で同じである必要があります。

Invalid key ID. Key with the ID 'xxx' already exists.

既存 DRP 鍵の ID を使用する DRP 鍵を作成しようとしました。

Creating New DRP Key 詳細ページで、別の ID を持つ DRP 鍵を指定してください。ID 値は、Cisco IOS ベースのルータ上の DRP エージェントと GSS 間で同じである必要があります。鍵の ID 番号の有効範囲は、0 ~ 255 です。

Invalid DRP Key Id. DRP Key Id must be between 0 and 255.

Creating New DRP Key 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正な DRP 鍵の ID が入力されました。

鍵の ID 番号を 0 ~ 255 で入力して、GSS が使用する ID 値を指定してください。ID 値は、Cisco IOS ベースのルータ上の DRP エージェントと GSS 間で同じである必要があります。

Invalid DRP Key String Length.DRP Key String Length must be between 1 and 80.

Creating New DRP Key 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正な DRP 鍵の ストリング が入力されました。

1 ~ 80 の英数字(大文字および小文字)でストリングを入力してください。最初の文字には、数字を指定できません。DRP ストリングは、Cisco IOS ベースのルータ上の DRP エージェントと GSS 間で同じである必要があります。

Invalid key String.Key String cannot start with a digit.

数字で始まる DRP 鍵を作成しようとしました。

1 ~ 80 の英数字(大文字および小文字)でストリングを入力してください。最初の文字には、数字を指定できません。DRP ストリングは、Cisco IOS ベースのルータ上の DRP エージェントと GSS 間で同じである必要があります。

Invalid key String.Key String is limited to alphanumeric characters.

サポートされていない文字を含む DRP 鍵を作成しようとしました。

1 ~ 80 の英数字(大文字および小文字)でストリングを入力してください。最初の文字には、数字を指定できません。DRP ストリングは、Cisco IOS ベースのルータ上の DRP エージェントと GSS 間で同じである必要があります。

The maximum of 32 DRP Key has been met.

プライマリ GSSM GUI は最大 32 の鍵をサポートします。

必要な場合は、プライマリ GSSM GUI から 1 つまたは複数の DRP 認証鍵を削除してください(「ネットワーク プロキシミティの設定」 を参照)。

Invalid Zone Index.Zone Index must be between 1 and 32.

Creating New Zone 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正なプロキシミティ ゾーン インデックス が入力されました。

プロキシミティ ゾーン インデックスには、1 ~ 32 の整数を入力してください。デフォルト値はありません。

Invalid zone name.Zone with index ‘xxx’ already has the name ‘yyy’.

既存のゾーン名を使用しているプロキシミティ ゾーンを作成しようとしました。

別のプロキシミティ ゾーンの説明を入力してください。入力可能なのは、英数字およびアンダーライン(_)だけです。

Invalid zone index.Zone with the name ‘yyy’ already has index ‘xxx’.

既存のインデックスを使用しているプロキシミティ ゾーンを作成しようとしました。

別のプロキシミティ ゾーン インデックスを入力してください。1 ~ 32 の整数を入力してください。デフォルト値はありません。

The maximum of 32 Zones has been met.

プライマリ GSSM GUI は最大 32 のプロキシミティ ゾーンをサポートします。

必要な場合は、プライマリ GSSM GUI から 1 つまたは複数のプロキシミティ ゾーンを削除してください(「ネットワーク プロキシミティの設定」 を参照)。

Invalid probe device address.A probe device with address ‘1.2.3.4’ already exists.

既存のIP アドレスを使用しているプロキシミティ ゾーンを作成しようとしました。

Creating New Zone 詳細ページの
Probe Device フィールドまたは
Backup Probe Device フィールドで(エラー メッセージが生成されるフィールドに応じて)、このゾーンを処理するプローブ装置の適切な IP アドレスを入力してください。

リージョンのエラー メッセージ

表A-10 に、リージョンを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-10 リージョンのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
The region is still being referenced by other objects and cannot be removed.

削除しようとしたリージョンは、GSS ネットワーク上の GSS と関連付けられています。

リージョンと GSS の関連付けを解消してから、リージョンを削除してください。

There already exists a region named <region name>.All region names have to be unique.

リージョンに割り当てようとした名前は、GSS ネットワーク上の別のリージョンですでに使用されています。

リージョンに一意の名前を割り当ててください。

送信元アドレス リストのエラー メッセージ

表A-11 に、送信元アドレスを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-11 送信元アドレス リストのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
Invalid source address block '<block string>'.Address block must specify a host or a network.

指定した送信元アドレス範囲が無効です。

有効な送信元アドレスまたは送信元アドレス ブロックを入力してください。送信元アドレスとしてマルチキャスト アドレス リストを指定することはできません。

Invalid source address block '<blockstring>'.Address block must specify a class A, B, or C host or network.

指定した送信元アドレス範囲が無効です。

有効な送信元アドレスまたは送信元アドレス ブロックを入力してください。送信元アドレスとしてマルチキャスト アドレス リストを指定することはできません。

Invalid source address list name.Name must be entered.

リストに名前を指定しないで、送信元アドレス リストを作成しようとしました。

Name フィールドに、送信元アドレス リストの名前を入力してください。

Invalid source address list name.Name length must not exceed 80 characters.

作成しようとした送信元アドレス リストは名前が長すぎます。

文字以内でスペースを含まない有効な送信元アドレス リスト名を入力してください。

Invalid source address list name.Name must not contain spaces.

スペースの含まれる名前を指定して送信元アドレス リストを作成しようとしました。送信元アドレス リスト名にスペースを含めることはできません。

文字以内でスペースを含まない有効な送信元アドレス リスト名を入力してください。

This source address list cannot be deleted because it is referenced by <number> DNS rules.

1つまたは複数の DNS 規則で参照される送信元アドレス リストを削除しようとしました。

DNS Rule Builder または DNS Rule Wizard を使用して、送信元アドレス リストと DNS 規則の関連付けを解消してから、送信元アドレス リストを削除してください。

A source address list named '<name>' already exists.Name must uniquely identify a source address list.

GSS ネットワーク上の別の送信元アドレス リストですでに使用されている名前を指定して、送信元アドレス リストを作成しようとしました。

80 文字以内でスペースを含まない固有名を送信元アドレス リストに割り当ててください。

The maximum number of 30 source address blocks per list has been met.

送信元アドレス リストに送信元アドレス ブロックを追加しようとしましたが、リストには最大数である 30 の送信元アドレス ブロックがすでに追加されています。

既存の送信元アドレス ブロックを削除するか、追加すべき送信元アドレス ブロック用に新しい送信元アドレス リストを作成してください。

スティッキのエラー メッセージ

表A-12 に、DNS スティッキを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-12 スティッキのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
Mask:Invalid value 255.255.abc.1.Please enter mask using proper format.

Global Proximity Configuration 詳細ページで不正なグローバル サブネット マスクが入力されました。

有効なホストまたはネットワーク サブネット マスクを入力してください。サブネット マスクは、ドット付き 10 進表記(255.255.255.0 など)または CIDR ビット カウント表記のプレフィクス長として(/24 など)入力してください。

Invalid Sticky inactivity timeout.Sticky inactivity timeout must be between 15 and 10080

Global Sticky Configuration 詳細ページまたは DNS Rules
Builder で不正なEntry Inactivity Timeout 値が入力されました。

5 分間隔(15、20、25、30 など、最大 10080)で指定される 15 ~ 10080(分)の値を入力して、スティッキ データベース内で使用されていない回答が有効のままである最大期間を設定します。デフォルト値は、60 分 です。

Invalid Sticky inactivity timeout.Sticky inactivity timeout must be a multiple of 5.

Global Sticky Configuration 詳細ページまたは DNS Rules
Builder で不正なEntry Inactivity Timeout 値が入力されました。

5 分間隔(15、20、25、30 など、最大 10080)で指定される 15 ~ 10080 分の値を入力して、スティッキ データベース内で使用されていない回答が有効のままである最大期間を設定します。デフォルト値は、60 分 です。

Invalid encryption string.Its length must not exceed 32 characters.

Global Sticky Configuration 詳細ページ(Traffic Mgmt タブ)で不正な暗号化ストリングが入力されました。

メッシュ内の GSS ピア間の通信を認証して、非認証装置によるアクセスを防止するために使用される暗号化ストリングとして、最大 32 文字のスペースを含めない単純文字列を入力してください。

ユーザ アカウントのエラー メッセージ

表A-13 に、ユーザ アカウントを設定する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-13 プライマリ GSSM ユーザ アカウントのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法
There already exists a user account named <user name>.All user accounts must have a unique username.

既存のアカウントと同じ名前を指定して、ユーザ アカウントを作成しようとしました。

新しいユーザ アカウントに一意の名前を割り当ててください。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration Guide 』を参照してください。

You cannot delete the account with username 'admin'.This account must exist.

管理者のユーザ アカウントを削除しようとしました。

プライマリ GSSM GUI では、管理者アカウントを削除することを禁止しています。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration
Guide
』を参照してください。

ユーザ ビューのエラー メッセージ

表A-14 に、ユーザ ビューを作成する場合に表示される可能性のあるエラー メッセージ候補を示します。

 

表A-14 プライマリ GSSM ユーザ ビューのエラー メッセージ

エラー メッセージ
説明
推奨される対処法

ビューは「いくつか」のユーザに参照されるため、削除できません。

1 つまたは複数のユーザ アカウントに割り当てられたユーザ ビューを削除しようとしました。

Modifying User 詳細ページにアクセスして、View All に割り当てられたビューを変更してください。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration Guide 』を参照してください。

Invalid view name.Name must be entered.

Create User Views 詳細ページまたは Modify User Views 詳細ページで不正なビュー名が入力されました。

有効なビュー名を入力してください。ビュー名は、1 ~ 80 文字のスペースを含めない英数字で入力できます。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration Guide 』を参照してください。

Invalid view name.Name length must not exceed 80 characters.

Create User Views 詳細ページまたは Modify User Views 詳細ページで不正なビュー名が入力されました。

有効なビュー名を入力してください。ビュー名は、1 ~ 80 文字のスペースを含めない英数字で入力できます。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration Guide 』を参照してください。

A view named [name] already exists.Name must uniquely identify a view.

Create User Views 詳細ページまたは Modify User Views 詳細ページで重複したビュー名が入力されました。

有効なビュー名を入力してください。ビュー名は、1 ~ 80 文字のスペースを含めない英数字で入力できます。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration Guide 』を参照してください。

The maximum number of 500 owners per view has been met.

プライマリ GSSM GUI は、カスタム ユーザ ビューで最大 500 の所有者をサポートしています。

必要な場合は、事前にカスタム ビューに割り当てられた 1 つまたは複数の所有者を削除してください。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration Guide 』を参照してください。

The maximum number of 1000 locations per view has been met.

プライマリ GSSM GUI は、カスタム ユーザ ビューで最大 1000 のロケーションをサポートしています。

必要な場合は、事前にカスタム ビューに割り当てられた 1 つまたは複数のロケーションを削除してください。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration Guide 』を参照してください。

The maximum number of 100 answers per view has been met.

プライマリ GSSM GUI は、カスタム ユーザ ビューで最大 100 の回答をサポートしています。

必要な場合は、事前にカスタム ビューに割り当てられた 1 つまたは複数の回答を削除してください。詳細については、『 Cisco Global Site
Selector Administration Guide
』を参照してください。

The maximum number of 100 keepaives per view has been met.

プライマリ GSSM GUI は、カスタム ユーザ ビューで最大 100 のキープアライブをサポートしています。

必要な場合は、事前にカスタム ビューに割り当てられた 1 つまたは複数のキープアライブを削除してください。詳細については、『 Cisco Global Site Selector Administration
Guide
』を参照してください。