Cisco Global Site Selector アドミニストレーション ガイド Software Version 2.0
GSS 動作のモニタリング
GSS 動作のモニタリング
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

GSS 動作のモニタリング

GSS および GSSM の状況モニタリング

CLI から GSS 装置のオンライン ステータスを監視する場合

CLI から GSS 装置のシステム ステータスを監視する場合

プライマリ GSSM の GUI から GSS 装置の状況を監視する場合

GSSM データベース状況のモニタリング

データベース状況のモニタリング

データベース レコードの検証

データベース検証レポートの作成

テクニカル サポート用 GSS 稼働設定の表示

GSS 動作のモニタリング

Global Site Selector(GSS)ソフトウェアには、GSS ネットワーク上の GSS 装置の動作状態を監視できる、さまざまなツールが組み込まれています。これらのツールには、CLI ベースのコマンドのほか、GSS、Global Site Selector Manager(GSSM)(プライマリおよびスタンバイ)、および GSSM データベースのステータスを表示するプライマリ GSSM GUI ページがあります。

この章の構成は、次のとおりです。

GSS および GSSM の状況モニタリング

GSSM データベース状況のモニタリング

テクニカル サポート用 GSS 稼働設定の表示


show statistics CLI コマンドを使用すると、GSS グローバル サーバ負荷バランシング動作の各コンポーネントについて、コンテンツ ルーティングおよびロードバランシングの統計情報が表示されます。ブーメラン(CRA)、DNS、DNS スティッキ、ネットワーク プロキシミティ、およびキープアライブです。show statistics コマンドを使用して統計情報を表示する詳細については、『Cisco Global Server Load-Balancing Configuration Guide』(GUI ベースまたは CLI ベース バージョン)を参照してください。


GSS および GSSM の状況モニタリング

各 GSS 装置の CLI から、次の情報を監視できます。

gss status コマンドを使用することによって、個々の GSS サブシステム(サーバ)のオンライン ステータスおよびリソースの使用状況

show system-status コマンドを使用することによって、GSS 装置の現在の動作状態(オンライン ステータス、現在のソフトウェア バージョン、個々の GSS サブシステムが起動した日付または時刻など)

プライマリ GSSM GUI から、GSS ネットワーク内の GSS 装置の状況を監視できます。各装置に関するオンライン ステータス、ソフトウェア バージョン、現在の装置の役割、ネットワーク アドレス、ホスト名、および MAC アドレスが含まれます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

CLI から GSS 装置のオンライン ステータスを監視する場合

CLI から GSS 装置のシステム ステータスを監視する場合

プライマリ GSSM の GUI から GSS 装置の状況を監視する場合

CLI から GSS 装置のオンライン ステータスを監視する場合

CLI から GSS 装置の状況およびリソースの使用状況を監視する手順は、次のとおりです。

1. GSS 装置の CLI にログインし、特権 EXEC モードをイネーブルにします。

gssm1.example.com> enable
gssm1.example.com#
 

2. 次のコマンドを使用し、GSS 装置の現在の動作状況を表示します。

gssm1.example.com# gss status
Cisco GSS - 1.3(1) GSS [Wed Feb 15 21:09:09 UTC 2006]
 
Registered to primary GSSM: 10.86.209.167
 
Normal Operation [runmode = 5]
 
START SERVER
Jul09 Boomerang
Jul09 Config Agent (crdirector)
Jul09 Config Server (crm)
Jul09 DNS Server
Jul09 Database
Jul09 GUI Server (tomcat)
Jul09 Keepalive Engine
Jul09 Node Manager
Jul09 Proximity
Jul09 Sticky
Jul09 Web Server (apache)
 

License Manager(LM)および Distributed Denial of Service(DDoS; 分散型サービス拒絶)防止モジュールの状況は、gss status コマンドの出力に含まれません。DDoS の状況を調べるには、show ddos status コマンドを入力します。LM の状況を調べるには、show processes | grep license_manager コマンドを入力します。たとえば、次のように入力します。

gssm1.example.com# show processes | grep license_manager
license_manager 1705 0.0 00:00:00 Nov02

) DNS サーバが DNS 要求を処理できる状態の場合、次のサブシステム ログ メッセージが生成されて、system.log ファイルに保存されます。

Mar 25 10:45:26 gssm1.example.com DNS-5-SELREADYINFO[2073] Selector ready to start serving DNS requests


3. 次のコマンドを入力して、GSS の現在の動作状態について情報を表示した場合は、CPU の使用状況に関する統計情報が含まれます。

gssm1.example.com# gss status verbose
Cisco GSS - 1.3(1) GSS [Wed Feb 31 21:09:09 UTC 2006]
 
Registered to primary GSSM: 10.86.209.167
 
Normal Operation [runmode = 5]
 
%CPU START SERVER
0.0 11:55 Boomerang
0.0 11:55 Config Agent (crdirector)
0.0 11:55 Config Server (crm)
0.0 11:55 DNS Server
0.0 11:55 Database
0.0 11:55 GUI Server (tomcat)
0.0 11:55 Keepalive Engine
0.0 02:58 Node Manager
0.0 02:58 Proximity
0.0 02:58 Sticky
0.0 11:55 Web Server (apache)

CLI から GSS 装置のシステム ステータスを監視する場合

CLI から GSS 装置の現在の動作状態を監視する手順は、次のとおりです。

1. GSS 装置の CLI にログインし、特権 EXEC モードをイネーブルにします。

gss1.example.com> enable
gss1.example.com#
 

2. 次のコマンドを入力し、GSS 装置の現在の動作状況を表示します。

gssm1.example.com# show system-status
Cisco GSS - 1.3(1) GSS Manager - primary [Wed Feb 15 16:37:37 UTC 2006]
 
Normal Operation [runmode = 5]
 
START SERVER
Jul09 Boomerang
Jul09 Config Agent (crdirector)
Jul09 Config Server (crm)
Jul09 DNS Server
Jul09 Database
Jul09 GUI Server (tomcat)
Jul09 Keepalive Engine
Jul09 Node Manager
Jul09 Proximity
Jul09 Sticky
Jul09 Web Server (apache)

) 同等の CLI コマンドは gss status です。


プライマリ GSSM の GUI から GSS 装置の状況を監視する場合

プライマリ GSSM の GUI から GSS 装置の状況を監視する手順は、次のとおりです。

1. プライマリ GSSM の GUI から Resources タブをクリックします。

2. Global Site Selectors ナビゲーション リンクをクリックします。ネットワークに含まれる各 GSS の状況、役割、および IP アドレスを示した Global Site Selector リスト ページが表示されます。

3. 監視する GSS または GSSM の Modify GSS アイコンをクリックします。Global Site Selectors の詳細ページが表示され、ページの最下部に、装置の設定および状況に関する情報が示されます。Node Services カラムに装置タイプ(GSS または GSSM)が表示されます。

表示される情報は、次のとおりです。

Status ― オンラインまたはオフライン

Version ― 装置に現在ロードされているソフトウェア バージョン

Node services ― 装置の現在の役割(GSS、プライマリ/スタンバイ GSSM、または両方)

IP アドレス ― 装置のネットワーク アドレス

Hostname ― 装置のネットワーク ホスト名

MAC(メディア アクセス 制御) ― 装置のマシン アドレス

4. Cancel をクリックし、Global Site Selectors リスト ページに戻ります。

GSSM データベース状況のモニタリング

GSS ソフトウェアには、GSSM データベースおよびその内容の状況を監視する、多数の CLI コマンドがあります。ここで説明する内容は、次のとおりです。

データベース状況のモニタリング

データベース レコードの検証

データベース検証レポートの作成

データベース状況のモニタリング

プライマリ GSSM 上のデータベースが正しく動作しているかどうかを確認する手順は、次のとおりです。

1. プライマリ GSSM の CLI にログインし、特権 EXEC モードをイネーブルにします。

gssm1.example.com> enable
gssm1.example.com#
 

2. 次のコマンドを入力し、GSSM データベース動作状況を表示します。

gssm1.example.com# gssm database status
GSSM database is running.

データベース レコードの検証

GSSM データベースのレコードを検証する手順は、次のとおりです。

1. プライマリ GSSM の CLI にログインし、特権 EXEC モードをイネーブルにします。

gssm1.example.com> enable
gssm1.example.com#
 

2. 次のコマンドを入力して、GSSM データベースの内容を検証します。

gssm1.example.com# gssm database validate
GSSM database passed validation.

データベース検証レポートの作成

GSSM データベースの検証時に問題が発生した場合は、validation.log というレポートを作成できます。このレポートには、検証エラーが発生したデータベース レコードの詳細が記されます。 gssm database report コマンドは、GSSM データベースに含まれる無効なレコードのリストを作成し、/home ディレクトリの validation.log に結果を書き込みます。

データベース検証レポートを作成する手順は、次のとおりです。

1. プライマリ GSSM の CLI にログインし、特権 EXEC モードをイネーブルにします。

gssm1.example.com> enable
gssm1.example.com#
 

2. 次のコマンドを入力して、GSSM データベースの内容に関する検証レポートを作成します。

gss1.example.com# gssm database report
GSSM database validation report written to validation.log.
 

3. 次のコマンドを入力して、検証レポートの内容を表示します。

gss1.example.com# type validation.log
validation.log
Start logging at Wed Feb 15 19:17:21 GMT+00:00 2006
- storeAdmin Validating ... Wed Feb 15 19:17:23 GMT+00:00 2006 -
- ObjectId Object_Name.Field_Name Description -
Validating FactoryInfo
Validating answerElement
Validating answerGroup
70 answerGroup.OwnerId Many-To-One List
Validating CachingConfig
Validating ClusterConfig
Validating CmdControl
Validating CmdPurgeRd
Validating CmdUpdate
Validating ConfigProperty
Validating Customer
Validating DistTree
Validating DnsRule
Validating DomainElement
Validating DomainGroup
Validating ENodeConfig
Validating ENodeStatus
Validating KeepAliveConfig
Validating KeepAlive
Validating Location
Validating OrderedanswerGroup
Validating Owner
Validating Region
Validating RequestHandler
Validating RoutedDomain
Validating RoutingConfig
Validating RrConfig
Validating RrStatus
Validating SNodeConfig
Validating SourceAddressElement
Validating SourceAddressGroup
Validating SpInfo
Validating SystemConfig
Validating UpdateInfo
Validating UserConfig
Validating VirtualCDN
Validating WlpanswerElement
Validating User Validations
End of file validation.log

テクニカル サポート用 GSS 稼働設定の表示

GSS ソフトウェアには、TAC の担当者が GSS ネットワークの潜在的な問題をトラブルシューティングできるように支援するための CLI コマンドが 2 つ組み込まれています。次の CLI コマンドを使用します。

show tech-support [config | core-files] ― GSS 装置の現在の稼働設定について、レポートを表示します。TAC の担当者は、GSS ネットワークの問題をトラブルシューティングするときに、このレポートを使用できます。 config オプションを指定すると、設定されているすべてのフィールドの出力がプライマリ GSSM GUI からエクスポートされます。

gss tech-report filename ― 詳細レポートを作成します。TAC の担当者は GSS の持続的な問題をトラブルシューティングするときにこのレポートを使用します。生成されるファイルは、拡張子が .tgz の、圧縮された tar フォーマットのアーカイブ ファイルです。 filename 引数で、 gss tech-report コマンドで生成されたレポートにユーザが割り当てた名前を指定します。

たとえば、GSS 装置の稼働設定レポートを表示する場合は、次のように入力します。

gssm1.example.com(config)# show tech-support
Cisco GSS - 1.3(1.0.0) - host-gss GSS software GSSM - standby [[Wed Feb 15 16:39:09 UTC 2006]
 
Registered to primary GSSM: 10.86.209.252
 
Normal Operation [runmode = 5]
START SERVER
Sep15 Boomerang
Sep15 Config Agent (crdirector)
Sep15 Config Server (crm)
Sep15 DNS Server
Sep15 Database
Sep15 GUI Server (tomcat)
Sep15 Keepalive Engine
Sep15 Node Manager
Sep15 Web Server (apache)
*** clock ***
System time: Wed Feb 15 16:41:24 UTC 2006
*** uptime ***
Uptime: 22 Hours 41 Minutes and 48 seconds
*** running-config ***
interface ethernet 0
ip address 10.86.209.220 255.255.254.0
gss-communications
interface ethernet 1
ip address 192.168.1.25 255.255.255.0
gss-tcp-keepalives
...
 

プライマリ GSSM の GUI から設定されているすべてのフィールドの出力をエクスポートする場合は、次のように入力します。

gssm1.example.com(config)# show tech-support config
GUI Configuration Export:
Wed Feb 15 16:46:24 GMT+00:00 2006
Global Site Selectors:
GSS1:
Global Site Selector: charon.cisco.com
Status: Online
Node Services: GSS
IP Address: 192.168.209.224
Location:
Region:
GSS2:
Global Site Selector: geryon.cisco.com
Status: Online
Node Services: GSS
IP Address: 192.168.209.225
Location:
Region:
GSS3:
GGlobal Site Selector: ladon.cisco.com
Status: Online
Node Services: GSS; Standby GSSM
IP Address: 192.168.209.222
Location:
Region:
GSS4:
Global Site Selector: icarus.cisco.com
Status: Online
Node Services: GSS
IP Address: 192.168.209.221
Location:
Region:
DNS Rules:
Rule1:
Name: ECommerce
Source Address List: Anywhere
Domain List: ECommerce
Owner: ECommerce-Database
Status: Active
Match DNS Query Type: A record
Answer Group 1: Database-Services
Balance Method 1: Hashed
Balance Clause Options 1: DNS TTL: 20; Return Record Count: 1;
Answer Group 2:
Balance Method 2:
Balance Clause Options 2:
Answer Group 3:
Balance Method 3: