Cisco Global Site Selector アドミニストレーション ガイド Software Version 2.0
GUI からの GSS 装置の管理
GUI からの GSS 装置の管理
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

GUI からの GSS 装置の管理

プライマリ GSSM グラフィカル ユーザ インターフェイスへのログイン

GSS へのログインおよび CNR GUI へのアクセス

GSS 装置のアクティブ化および変更

プライマリ GSSM からの GSS 装置のアクティブ化

GSS 装置の名前とロケーションの変更

GSS 装置の削除

ネットワークからの GSS またはスタンバイ GSSM の論理的な削除

プライマリ GSSM GUI の設定

GSSM データの印刷およびエクスポート

サードパーティのソフトウェア バージョンの表示

GUI からの GSS 装置の管理

この章では、プライマリ Global Site Selector Manager(GSSM)GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)から GSSM および Global Site Selector(GSS)装置を設定および管理する方法について説明します。GSS 装置をアクティブにしてから、設定する手順、GSS ネットワークでプライマリおよびスタンバイ GSSM の役割を変更する手順についても説明します。

この章の構成は、次のとおりです。

プライマリ GSSM グラフィカル ユーザ インターフェイスへのログイン

GSS へのログインおよび CNR GUI へのアクセス

GSS 装置のアクティブ化および変更

ネットワークからの GSS またはスタンバイ GSSM の論理的な削除

プライマリ GSSM GUI の設定

GSSM データの印刷およびエクスポート

サードパーティのソフトウェア バージョンの表示

プライマリ GSSM グラフィカル ユーザ インターフェイスへのログイン

プライマリ GSSM を設定し、イネーブルにすると、GUI にアクセスできます。プライマリ GSSM は、Web クライアントと通信するためにセキュア HTTP(HTTPS)を使用します。

最初にプライマリ GSSM GUI にログインする場合は、システムのデフォルト管理アカウントとパスワードを使用します。プライマリ GSSM GUI にアクセスしたあとに、プライマリ GUI のユーザ管理機能を使用して、別のユーザ アカウントおよびパスワードを作成し、保持することができます。ユーザ アカウントの作成手順については、 第3章「ユーザ アカウントの作成と管理」 を参照してください。

プライマリ GSSM GUI にログインするには、次の手順を実行します。

1. Internet Explorer や Netscape Navigator など、任意のインターネット Web ブラウザ アプリケーションを開きます。

2. アドレス フィールドに、GSSM の セキュア HTTP アドレスを入力します。たとえば、プライマリ GSSM の名前が gssm1.example.com の場合、次の内容を入力して、プライマリ GSSM ログイン ダイアログボックスを表示して、GUI にアクセスします。

https://gssm1.example.com

) プライマリ GSSM DNS 名を特定できない場合は、GSS ネットワークでは安全な接続が使用されているため、GSSM アドレスには一般的な http:// ではなく、https://(HTTP over SSL)が使用されることにご注意ください。


3. プロンプトで Yes をクリックして、シスコシステムズにより署名された認証を受け入れ(信頼)、インストールします。

プライマリ GSSM にログインするたびに認証を承認する手間を省くには、シスコシステムズにより署名された認証を受け入れます。特定のオーナーまたは Web サイトからの認証を信頼する手順については、ご使用のブラウザのオンライン ヘルプを参照してください。

4. 次のように署名された認証をインストールします。

Internet Explorer を使用している場合 ― Security Alert ダイアログボックスで、 View Certificate をクリックして、 Install Certificate オプションを選択し、Certificate Manager Import Wizard のプロンプトに従います。ステップ 5 に進みます。

Netscape を使用している場合 ― New Site Certificate ダイアログボックスで、 Next をクリックして、New Site Certificate Wizard のプロンプトに従います。ステップ 5 に進みます。

5. プライマリ GSSM ログイン ウィンドウで、表示されたフィールドにユーザ名とパスワードを入力してから、 Login をクリックします(図 1-1 を参照)。GSSM への最初のログインである場合は、デフォルトのアカウント名(admin)およびパスワード(デフォルト)を使用して、GUI にアクセスします。

Primary GSSM Welcome ページが表示されます(図 1-2 を参照)。プライマリ GSSM GUI のナビゲーションについては、『 Cisco Global Site Selector GUI-based Global Server Load-Balancing Configuration Guide 』を参照してください。

図 1-1 プライマリ GSSM GUI ログイン ウィンドウ

 

図 1-2 プライマリ GSSM Welcome ウィンドウ

 

6. ウィンドウの右上にある Logout をクリックして、プライマリ GSSM GUI セッションからログアウトします。

プライマリ GSSM GUI セッションからログアウトするかどうかを確認するブラウザが表示されます。

7. OK をクリックして、ログアウトを確認します(または Cancel をクリックします)。

OK をクリックする場合、プライマリ GSSM はユーザをセッションからログアウトし、Primary GSSM GUI Login ウィンドウを再表示します(図 1-1 を参照)。

GSS へのログインおよび CNR GUI へのアクセス

Cisco CNS Network Registrar(CNR; Cisco ネットワーク レジストラ)を使用して、GSS の機能を拡張できます。CNR は、別個の追加ライセンスとして購入でき、既存の GSS ソフトウェア ライセンスをアップグレードする手順が必要になります。CNR ライセンスの取得、インストール、およびアクティブ化の方法に関する詳細については、 第2章「CLI からの GSS の管理」 を参照してください。

CNR をインストールし、アクティブにしたら、次の手順を実行して CNR GUI にアクセスします。

1. Internet Explorer や Netscape Navigator など、任意のインターネット Web ブラウザ アプリケーションを開きます。

2. 次のようにアドレス フィールドに、GSS の セキュア HTTP アドレスを入力します。

http:// gss-machine:8080
 

ここでは、gss-machine は、gss-example.cisco.com またはそのマシンの IP アドレスなどの解決可能な名前です。たとえば、次の各アドレスは有効なアドレスになります。

http://gss-example.cisco.com:8080
 

または

http://16.1.1.114:8080
 

Network Registrar ログイン ページが表示されます(図 1-3 を参照)。

図 1-3 Network Registrar ログイン ウィンドウ

 

3. Network Registrar ログイン ウィンドウで、表示されたフィールドにユーザ名とパスワードを入力してから、 Login をクリックします。

Web ベースのユーザ インターフェイス(Web UI)を使用した CNR の設定方法については、『 Cisco CNS Network Registrar User's Guide 』を参照してください。

GSS 装置のアクティブ化および変更

プライマリ GSSM GUI から GSS 装置をアクティブにして、GSS ネットワークにこれらの装置を追加します。プライマリ GSSM GUI を使用して、機能していないスタンバイ GSSM または GSS 装置をネットワークから削除します。

ここで説明する手順は、次のとおりです。

プライマリ GSSM からの GSS 装置のアクティブ化

GSS 装置の名前とロケーションの変更

GSS 装置の削除

プライマリ GSSM からの GSS 装置のアクティブ化

CLI から GSS 装置をスタンバイ GSSM または GSS として機能するように設定したら、プライマリ GSSM GUI からこれらの装置をアクティブにして、ユーザ要求の受信と処理が行われるようにします。

プライマリ GSSM GUI から GSS またはスタンバイ GSSM をアクティブにするには、次の手順を実行します。

1. Resources タブをクリックします。

2. Global Site Selectors ナビゲーション リンクをクリックします。Global Site Selectors リスト ページが表示されます(図 1-4 を参照)。アクティブなすべての GSS 装置は、[Online] ステータスで表示されます。アクティブ化が必要な GSS 装置は、[Inactive] ステータスで表示されます。

図 1-4 Global Site Selectors リスト ページ ― Inactive ステータス

 

3. アクティブにする最初の GSS 装置の Modify GSS アイコンをクリックします。Modifying GSS 詳細ページが表示されます(図 1-5 を参照)。

図 1-5 Modifying GSS 詳細ページ

 

4. Activate チェックボックスをオンにします。このチェックボックスは、GSS 装置をアクティブにしたあとは、Modifying GSS 詳細ページに表示されません。

5. Submit ボタンをクリックします。これにより、Global Site Selectors リスト ページに戻ります(図 1-6 を参照)。アクティブ GSS 装置のステータスは、[Online] です。

装置が正常に機能しており、装置とプライマリ GSSM 間のネットワーク接続が良好な場合、約 30 秒以内に装置のステータスが [Online] に変わります。


) 装置が正常に機能していない場合、またはネットワーク接続に問題がある場合、装置のステータスは、[Inactive] から変わりません。この場合は、GSS 装置の電源を再投入し、ネットワーク接続を確認してから、この手順を繰り返します。それでも GSS 装置をアクティブにできない場合は、Cisco TAC にお問い合わせください。


図 1-6 Global Site Selectors リスト ページ ― Active ステータス

 

6. 各非アクティブ GSS またはスタンバイ GSSM でステップ 1 ~ 5 を繰り返します。

GSS 装置の名前とロケーションの変更

プライマリ GSSM GUI を使用して、すべての GSS 装置の名前とロケーションを変更できます。ホスト名、IP アドレス、または役割など、その他のネットワーク情報を変更するには、その GSS 装置の CLI にアクセスする必要があります(『 Cisco Global Site Selector Getting Started Guide 』を参照)。

プライマリ GSSM GUI から GSS 装置の名前とロケーションを変更するには、次の手順を実行します。

1. Resources タブをクリックします。

2. Global Site Selectors ナビゲーション リンクをクリックします。Global Site Selectors リスト ページが表示されます(図 1-4 を参照)。アクティブなすべての GSS 装置は、[Online] ステータスで表示されます。アクティブ化が必要な GSS 装置は、[Inactive] ステータスで表示されます。

3. アクティブにする最初の GSS の Modify GSS アイコンをクリックします。Modifying GSS 詳細ページが表示されます(図 1-5 を参照)。

4. Global Site Selector Name フィールドに、装置の新しい名前を入力します。多数の装置が同時に表示されるプライマリ GSSM リスト ページでは、特定の GSS 装置を他の GSS 装置から簡単に見分けられる装置の名前を使用します。

5. Location ドロップダウン リストから、新しい装置のロケーションを選択します。

6. Submit をクリックして変更内容を保存してから、Global Site Selectors リスト ページに戻ります。

GSS 装置の削除

GSS またはスタンバイ GSSM などの GSS 装置を削除すると、機能していない装置をネットワークから削除したり、GSS 装置を再設定してから再度アクティブにしたりできます。プライマリ GSSM GUI を使用すると、プライマリ GSSM を除く GSS 装置をネットワークから削除できます。

プライマリ GSSM GUI から GSS 装置を削除するには、次の手順を実行します。

1. Resources タブをクリックします。

2. Global Site Selectors ナビゲーション リンクをクリックします。Global Site Selectors リスト ページが表示されます。

3. 削除する GSS 装置の左側にある Modify GSS アイコンをクリックします。Modifying GSS 詳細ページが表示されます。

4. ページの右上隅にある Delete アイコンをクリックします。GSS ソフトウェアは、GSS 装置を削除するかどうかを確認するプロンプトを表示します。

5. OK をクリックして確認してから、Global Site Selectors リスト ページに戻ります。削除した装置がリストから削除されます。

GSS 装置を再設定するには、『 Cisco Global Site Selector Getting Started Guide 』を参照してください。

ネットワークからの GSS またはスタンバイ GSSM の論理的な削除

ここでは、ネットワークから GSS またはスタンバイ GSSM を論理的に削除する手順について説明します。次の作業を実行するときに、ネットワークから GSS を論理的に削除する必要があります。

GSS ネットワーク間で GSS 装置を移動する場合

GSS またはスタンバイ GSSM を物理的に取り外したり、交換したりする場合

修理または交換の目的で GSS またはスタンバイ GSSM を送る場合


) GSS ネットワークからプライマリ GSSM を論理的に削除しないでください。メンテナンスまたは修理の目的でプライマリ GSSM をオフラインにする必要がある場合は、第2章「CLI からの GSS の管理」「GSS ネットワークでの GSSM 役割の変更」の説明に沿って、プライマリおよびスタンバイ GSSM の役割を一時的に切り替えます。


この手順の最初の 4 つのステップでは、GSS またはスタンバイ GSSM が動作可能な状態であることを前提とします。それ以外の場合は、直接ステップ 5 に進んでください。

ネットワークから GSS またはスタンバイ GSSM を論理的に削除するには、次の手順を実行します。

1. CLI にログインし、特権 EXEC モードをイネーブルにします。

gss1.example.com> enable
gss1.example.com#
 

2. 次のコマンドを入力して、GSS またはスタンバイ GSSM 装置のスタートアップ コンフィギュレーション ファイルをバックアップします。

gss1.example.com# copy startup-config disk configfile
 

3. 次のコマンドを入力して、GSS で実行されている GSS ソフトウェアを停止します。

gss1.example.com# gss stop

4. 次のコマンドを入力して、GSSM または GSS をディセーブルにします。

gss1.example.com# gss disable
gss1.example.com# shutdown
 

gss disable コマンドは、既存の設定を削除し、GSS 装置を初期状態に戻します。これにより、GSS 装置の GSSM データベースのほか、設定されたすべての DNS 規則とキープアライブが削除されます。

GSS 装置の電源を切断する場合は、 shutdown コマンドも入力する必要があります。

5. プライマリ GSSM グラフィカル ユーザ インターフェイスにアクセスし、 Resources タブをクリックして、ネットワークから GSS またはスタンバイ GSSM を論理的に削除します。

6. Global Site Selectors ナビゲーション リンクをクリックします。Global Site Selectors リスト ページが表示されます。

7. 削除する GSS 装置の左側にある Modify GSS アイコンをクリックします。Modifying GSS 詳細ページが表示されます。

8. ページの右上隅にある Delete アイコンをクリックします。GSS ソフトウェアは、GSS 装置を削除するかどうかを確認するプロンプトを表示します。

9. OK をクリックして確認してから、Global Site Selectors リスト ページに戻ります。削除した装置がリストに表示されなくなります。

ネットワークから GSS を物理的に取り外したり、交換したりする方法の詳細については、『 Cisco Global Site Selector Hardware Installation Guide 』を参照してください。

削除した GSS またはスタンバイ GSSM を GSS ネットワークに再び追加するには、『 Cisco Global Site Selector Getting Started Guide 』に記載された手順に従ってください。GSS またはスタンバイ GSSM を設定したら、GSS 装置のスタートアップ コンフィギュレーション設定値のバックアップ コピーをリロードできます( 第2章「CLI からの GSS の管理」 「startup-config ファイルと running-config ファイルの保存」を参照)。

プライマリ GSSM GUI の設定

プライマリ GSS GUI が提供する多数のコンフィギュレーション オプションを使用することによって、プライマリ GSSM Web ベース GUI の動作およびパフォーマンスを変更できます。GUI の無活動タイムアウトの間隔、GSS 装置のレポート間隔、および GUI 画面のリフレッシュ間隔を設定できます。

プライマリ GSSM GUI から GUI の設定項目を変更するには、次の手順を実行します。

1. Tools タブをクリックします。

2. GUI Configuration ナビゲーション リンクをクリックします。GUI Configuration 詳細ページが表示されます(図 1-7 を参照)。

図 1-7 GUI Configuration 詳細ページ

 

3. 次のように 1 つまたは複数の GUI コンフィギュレーション パラメータを調整します。

GUI のアクティビティがない場合に、プライマリ GSSM が自動的に GUI セッションを終了するまでの有効期間を変更するには、次の手順を実行します。

a. GUI Session Inactivity Timeout Enable チェックボックスをオンにします。

b. GUI Session Inactivity Timeout フィールドに、ユーザ アクティビティがない場合に、プライマリ GSSM がセッションを終了するまでの有効期間を入力します。有効なエントリは、5 ~ 120 分です。デフォルトは、10 分です。

GSS 装置がステータスをプライマリ GSSM に報告するまでの有効期間を変更するには、GSS Reporting Interval フィールドに値を入力します。有効なエントリは、30 ~ 4000 分です。デフォルトは、300 分です。

プライマリ GSSM GUI で画面を自動的にリフレッシュする間隔(時間)を変更するには、Monitoring Screen Refresh Interval フィールドに値を入力します。有効なエントリは、0 ~ 86400 秒です。デフォルトは、60 秒です。自動的な画面のリフレッシュ機能をディセーブルにするには、0 の値を入力します。

4. Submit をクリックして、プライマリ GSSM を更新します。Transaction Complete アイコンが設定エリアの左下隅に表示され、GUI セッション設定の更新が正常に行われたことを示します。

GSSM データの印刷およびエクスポート

プライマリ GSSM GUI に表示されるデータは、ワークステーションに設定されたローカルまたはネットワーク プリンタに送信できます。フラット ファイルにそのデータをエクスポートして、他のオフィス アプリケーションで使用することもできます。データの印刷またはエクスポートを行うと、プライマリ GSSM は GUI ページに表示されるすべての情報を送信します。データの一部分を出力することはできません。

プライマリ GSSM GUI から GSSM データを印刷またはエクスポートするには、次の手順を実行します。

1. エクスポートまたは印刷するデータが含まれるリスト ページまたは詳細ページにナビゲートします。

2. 次のいずれか 1 つを実行します。

データをエクスポートする場合は、 Export ボタンをクリックします。ソフトウェア プロンプトによって、エクスポートしたデータをカンマ区切りのファイルとして保存するか、または指定の CSV エディタを使用して開くように求められます。

データを印刷する場合は、 Print ボタンをクリックします。ワークステーションの Print ダイアログボックスが表示されます。使用可能なプリンタのリストからプリンタを選択します。


 


) シスコのテクニカル サポート担当者と GSS 装置のトラブルシューティングを行う場合に、プライマリ GSSM GUI が設定されているすべてのフィールドの出力をエクスポートするには、show tech-support config CLI コマンドを入力します。詳細については、第9章「GSS 動作のモニタリング」を参照してください。


サードパーティのソフトウェア バージョンの表示

GSS ソフトウェアは、多くのサードパーティ ソフトウェア製品を内蔵しています。そのため、プライマリ GSSM GUI では、GSS が使用するすべてのサードパーティ ソフトウェア情報を簡単に追跡できます。

プライマリ GSSM GUI から GSS で現在実行されているサードパーティ ソフトウェアの情報を表示するには、次の手順を実行します。

1. Tools タブをクリックします。

2. Third-Party Software ナビゲーション リンクをクリックします。GSSM の Third-Party Software リスト ページが表示されます(図 1-8 を参照)。このページには、次の情報が表示されます。

Product ― RedHat Version 9.0 などのサードパーティ ソフトウェア製品

Version ― GSS 装置に現在インストールされているサードパーティ ソフトウェアのバージョン

URL ― ソフトウェア製品の Web URL

図 1-8 GSSM の Third-Party Software リスト ページ