Cisco 4710 Application Control Engine Appliance ハードウェア インストレーション ガイド
製品概要
製品概要
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 849KB) | フィードバック

目次

製品概要

システム ハードウェアの機能

前面パネルの機能

背面パネルの機能

ポートおよびコネクタ

イーサネット ポート コネクタ

コンソール ポート

RJ-45/DB-9 または RJ-45/DB-25 アダプタ

製品概要

Cisco 4710 Application Control Engine(ACE)Appliance は、サーバ グループ、サーバ ファーム、ファイアウォール、およびその他のネットワーク デバイス間で、レイヤ 3 およびレイヤ 4 ~レイヤ 7 のパケット情報に基づいて、高性能サーバ ロード バランシング(SLB)を実行します。ACE では、SSL 暗号トラフィックを開始および終端できるため、セキュアなエンドツーエンド暗号化を実現しながら、同時に、インテリジェントなロード バランシングが可能です。また、ACE はアプリケーション高速化機能により、Web アプリケーションのパフォーマンスを高速化し、ネットワーク パフォーマンスを最適化します。


) このマニュアルでは、Cisco 4710 ACE Appliance の意味で ACE という用語を使用します。ACE の機能の詳細については、『Cisco ACE 4700 Series Application Control Engine Appliance CLI Quick Configuration Note』および『Cisco 4700 Series Application Control Engine Appliance Device Manager GUI Quick Configuration Note』を参照してください。


この章では、ACE について概説し、ハードウェア、主要コンポーネント、前面パネルおよび背面パネルの各種インジケータとコントロールについて説明します。この章の内容は、次のとおりです。

システム ハードウェアの機能

ポートおよびコネクタ

システム ハードウェアの機能

ACE は AC 入力電源で動作するように設計されており、1 台の AC 入力電源装置を備えています。ACE の構成コンポーネントは次のとおりです。

Intel 3.4 GHz Pentium 4 CPU

4 ポートの PCI-X ドーター カード。10 Mbps、100 Mbps、または 1000 Mbps ネットワークに接続するためのレイヤ 2 イーサネット ポートを 4 つ搭載。各レイヤ 2 イーサネット ポートは、イーサネット LAN 上で、自動ネゴシエーション、全二重、または半二重のいずれかの方式をサポートしており、指定された VLAN 内でトラフィックを伝送します。各イーサネット ポートは、RJ-45 レセプタクルを備えています。

シリアル ポート

ここで説明する内容は、次のとおりです。

前面パネルの機能

背面パネルの機能

前面パネルの機能

ACE の前面パネルには、各種 LED インジケータと電源ボタンがあります。 図1-1 に、ACE の前面パネルを示します。

図1-1 前面パネルの外観

 

 

1

組み込みの電源インジケータ付き電源ボタン。インジケータが点灯している場合、このボタンを押してシャーシの電源を切断します。

グリーン = 電源オン
オレンジ = スタンバイ モード
消灯 = 電源オフ

4

システム ID ボタン。このボタンにより、ラックに複数のデバイスが設置されている場合、反対側からユニットを識別できます。このボタンを押すと、ユニットの前面パネルと背面パネルにあるブルーのシステム ID インジケータが点滅します。

前面パネルにあるシステム ID ボタンを押すと、背面パネルのインジケータがブルーで点滅します。背面パネルにあるシステム ID ボタンを押すと、点滅しているインジケータが消灯します。

2

マスク不能割り込み(NMI)ボタン。通常の動作時に、この凹型プッシュ ボタンを使用して NMI をトリガーする必要はありません。このボタンはデバッグ時に使用します。

3

ハード ドライブ インジケータ(サポートされていません)

5

システム ID インジケータ。前面パネルまたは背面パネルのシステム ID ボタンを押すと、ブルーのシステム ID インジケータが点滅します。再度システム ID ボタンを押すと、インジケータが消灯します。

6

USB ポート(サポートされていません)

背面パネルの機能

背面パネルには、AC 電源コンセント、イーサネット コネクタ、コンソール用シリアル コネクタがあります。 図1-2 に、背面パネルの各種ポートとコネクタを示します。

図1-2 背面パネルの外観

 

 

1

AC電源コンセント

12

システム ID ボタン/システム ステータス インジケータ。このボタンにより、ラックに複数の装置が搭載されている場合、反対側からユニットを識別できます。このボタンを押すと、ユニットの前面パネルと背面パネルにあるブルーのシステム ID インジケータが点滅します。

背面パネルにあるシステム ID ボタンを押すと、前面パネルのインジケータがブルーで点滅します。前面パネルにあるシステム ID ボタンを押すと、点滅しているインジケータが消灯します。

2

PS/2 マウス ポート(サポートされていません)

3

USB ポート(サポートされていません)

4

コンソール/シリアル コネクタ( 図1-4 を参照)

5

VGA ポート

6、7

RJ-45 イーサネット 1 および 2 ポート コネクタ(予備)

8~11

RJ-45 イーサネット ポート コネクタ(左から順に 4 ~ 1 番、10/100/1000 Mbps で動作、ステータス LED 付き)

13

PS/2 キーボード ポート(サポートされていません)

ポートおよびコネクタ

ACE の背面には、次のポート コネクタがあります。

イーサネット ポート コネクタ

コンソール ポート


警告 感電事故を防ぐため、Safety Extra-Low Voltage(SELV; 安全超低電圧)回路をTelephone Network Voltage(TNV; 電話網電圧)回路に接続しないでください。LAN ポートには SELV 回路、WAN ポートには TNV 回路が内蔵されています。LAN ポートおよび WAN ポートの両方に RJ-45 コネクタを使用していることもあります。ケーブルを接続するときは十分注意してください。


イーサネット ポート コネクタ

ACE には、サーバ、PC、ルータ、その他の装置を ACE に接続する物理イーサネット ポートがあります。ACE には、レイヤ 2 スイッチングを実行するためのレイヤ 2 イーサネット ポートが 4 つあります。

この 4 つのレイヤ 2 イーサネット ポートは、10 Mbps、100 Mbps、または 1000 Mbps のネットワークに接続するためのインターフェイスを提供するように構成できます。各レイヤ 2 イーサネット ポートは、イーサネット LAN 上で、自動ネゴシエーション、全二重、または半二重のいずれかの方式をサポートしており、指定された VLAN 内でトラフィックを伝送します。

イーサネット ポートにアクセスするには、シャーシの背面にある各 RJ-45 コネクタに、カテゴリ 3、4、または 5 シールドなしツイストペア(UTP)ケーブルを接続します。


) 100BASE-TX/1000BASE-TX イーサネット規格では、長さ 328.08 フィート(100 m)以内の標準 4 ツイストペア カテゴリ 5e ケーブルを使用する必要があります。


図1-3 に、イーサネット ポート用の LED インジケータと RJ-45 ポートのピン番号配置を示します。図1-3 のイーサネット ポート 4 に示したとおり、各イーサネット ポートの右下の LED がそのポートのインジケータになっています。イーサネット リンクが接続されると、このインジケータはグリーンで点灯し、動作中はイエローで点滅します。

図1-3 イーサネット ポート コネクタ

 

コンソール ポート

ACE の背面パネルには、コンソール ポートとして動作する標準 RS-232 シリアル ポートが 1 つあります。内蔵シリアル ポートは、9 ピン オス D シェル コネクタを使用しています。図1-4 に、9 ピン ポート のピン番号割り当てを示します。

コンソール ポート コネクタのピン配置については、 表1-1 を参照してください。

図1-4 コンソール ポート コネクタのピン番号

 

 

表1-1 コンソール ポート コネクタのピン配置

ピン
信号
I/O
定義
1

DCD

I

データ キャリア検出

2

SIN

I

シリアル入力

3

SOUT

O

シリアル出力

4

DTR

O

データ ターミナル レディ

5

GND

N/A

信号アース

6

DSR

I

データ セット レディ

7

RTS

O

送信要求

8

CTS

I

クリア ツー センド

9

RI

I

リング インジケータ

シェル

N/A

N/A

シャーシ アース

コンソール ポートは、 表1-2 に示す出荷時の設定で動作します。ユーザはこれらの設定を変更できません。

 

表1-2 ACEコンソール ポートの設定

パラメータ
設定

ボー

9600

データ ビット

8

パリティ

なし

ストップ ビット

1

端末タイプ

VT100/ANSI

ハードウェア フロー制御

オン

RJ-45/DB-9 または RJ-45/DB-25 アダプタ

表1-3 に、RJ-45/DB-9 または RJ-45/DB-25 アダプタのケーブル ピン割り当てを示します。DB-9 アダプタは、ロール型 RJ-45 ケーブルをコンソールのシリアル ポートに接続するために使用します。DB-9 または DB-25 アダプタは、ロール型 RJ-45 ケーブルの他方の端を PC または端末のシリアル ポートに接続するために使用します。

 

表1-3 RJ-45/DB-9 または RJ-45/DB-25 のケーブル ピン割り当て

信号
RJ-45 のピン
DB-9 または DB-25 のピン

RTS

8

8

DTR

7

6

TxD

6

2

GND

5

5

GND

4

5

RxD

3

3

DSR

2

4

CTS

1

7